5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もしも四馬鹿+シンが兄弟だったら19

1 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 18:59:25 ID:???
五人兄弟
長男:キラ・・・ニートでエロゲオタ。エロゲ界のカリスマ。幼女が好きだったりおっぱい星人だったり
長女;ラクス・・・狂的なシンに対するブラコンで帝王。ひんぬーなどの発言は(ネライウツゼ
次男:アスラン・・・髪の毛が絶望的のためワカメと育毛剤に全てを捧げる男。コスプレ萌え
次女:カガリ・・・シンの前では暴食魔人。表向きには有能国家元首(流派、東方不敗)。心の底ではラクスに対する狂的なシスコン
三男:シン・・・ツッコミ、家事、全てをこなすスーパー苦労人。なのになぜか立場が弱い。何だかんだ言ってブラコンでシスコン

愉快な仲間たち
PP(ファントムペイン)
ネオ(本編のネオとは別人)・・・仮面を着けている。キラのことが好き。正体はフ○イ
オクレ・・・通称・オクレ兄さん。PPの家事担当で、苦労人。このスレでの数少ない常識人
アウル・・・キラのエロゲ仲間。キムチが大好物。出番の少なさをネタにされる
ステラ・・・癒し系天然。ほぼ五人兄弟の家に居座っている。ラクスやルナとはライバル関係を経て、桃園の誓いを結んだ

パルス家
カナード・・・キラに対抗心を抱いているが、隠れエロゲオタでキラに借りも多く、言葉に反して意外と仲が良い。だがやっぱりダメ人間
ミーア・・・さまざまな展開を経てキラに惚れている。ネオに出来ない大胆なアプローチでキラを攻めるが、まったく気づいてもらえない
マユ・・・パルス家の家事、苦労人担当。シン争奪戦に加わっていたはずだが流派、東方不敗を学んでいる間に桃園の誓いが結ばれ、置いて行かれる。だが諦めたわけではない

ホーク姉妹
ルナ・・・お金がないところを五人兄弟の家にご飯をたかりに行った。それ以来ほぼ兄弟家に居座っており、実は食通。シンを嫁にしようとラクスやステラと争ったが、今は桃園の誓いのお陰で仲が良い
メイリン・・・姉と同じく兄弟家にご飯をたかりにいったが、気付けばPP家に居座る。出番と引き換えに平穏を手にしたが、実は信じられないほど激辛好き

その他
レイ・・・シンの親友。変態仮面であるクルーゼに頭を悩ませている
クルーゼ・・・変態仮面。アスランの上司。見た目はアレだが性格はまともだったりする
サトー・・・キラが働いてる寿司屋の店長。ミーアや三馬鹿も雇っている。キラのサボリに頭を悩ませる
アビー・・・同人作家。ネタのためなら何でもする
ユウナ・・・超武闘派文官。カガリに振り回されるうちに同じ穴の狢に
刹那・・・シンの親友。好きな言葉は「ガンダム」。なんかいろんなのに狙われてる
     ロックオン、アレルヤ、ティエリアと兄弟で、ロックオンはラクス直属のスナイパー、ティエリアはキラのエロゲ仲間


2 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 19:01:30 ID:???
もしも四馬鹿+シンが兄弟だったら
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/shar/1137410259/
もしも四馬鹿+シンが兄弟だったら2
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/shar/1140095497/
もしも四馬鹿+シンが兄弟だったら3
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/shar/1145175896/
もしも四馬鹿+シンが兄弟だったら4
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/shar/1171692981/
もしも四馬鹿+シンが兄弟だったら5〜妄想の代償〜
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/shar/1173290409/
もしも四馬鹿+シンが兄弟だったら6〜反逆のキラ〜
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/shar/1175871882/
もしも四馬鹿+シンが兄弟だったら7〜ピンクの悪魔〜
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/shar/1180578266/
もしも四馬鹿+シンが兄弟だったら8〜骨肉の争い〜
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/shar/1189899860/
四馬鹿+シンが兄弟だったら(9)
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/shar/1196794426/
もしも四馬鹿+シンが兄弟だったら10
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/shar/1199460701/
もしも四馬鹿+シンが兄弟だったら11
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/shar/1207204649/
もしも四馬鹿+シンが兄弟だったら12
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/shar/1215099791/
もしも四馬鹿+シンが兄弟だったら13
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/shar/1225173514/
もしも四馬鹿+シンが兄弟だったら14
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/shar/1229999552/
もしも四馬鹿+シンが兄弟だったら15
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/shar/1231403870/
もしも四馬鹿+シンが兄弟だったら16
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/shar/1233473885/
もしも四馬鹿+シンが兄弟だったら17
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/shar/1233473885/
もしも四馬鹿+シンが兄弟だったら18
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/shar/1234609793/



保管庫

ttp://neuteprosopoadelfos.web.fc2.com/index.html


3 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 19:14:37 ID:???
>>1乙!


4 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 19:32:23 ID:???
アスラン「乙かれ様だな>>1。」

5 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 20:08:21 ID:???
>>1

ディランディ兄弟の誕生日で思ったんだが、00キャラの年齢基準はどっちなんだ一体。

6 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 20:12:48 ID:???
>>1


>>5
職人次第だろう
誕生日ネタはライルに合わせてあるようだが(三十路とか)通常は1期の印象で読んでる

7 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 20:24:31 ID:???
ヴァーチェ「ドラマも早10話か。」
スタッフ「平気視聴率28%ですから、大成功ですよ。」
ヴァーチェ「シン君レイ君に君たちスタッフと関わってる人達のおかげだねー、さぁてラストに向けて頑張るかぁ!」

8 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 20:49:21 ID:???
レイ「大学に通いながら役者か…」
ステラ「う?」
レイ「ハッ!?お、俺は今何を考えて…!?」
壁|∀`)ルナマリア(ハマってきちゃったみたいね)
壁|〜 ̄;)シン(レイって一度没頭すると、とことんやらないと気が済まないからなぁ…)
壁|^∀^o)ネーナ(プリンス俳優デビュー…あながちそうなるかもねー)

9 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 21:00:31 ID:???
フェルトとは逆に、マリナやスメラギを若返らせるとかどーよ?

10 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 21:04:51 ID:???
>>9
マリナ「!?」
スメラギ「!?」
タリア「!?」
セレーネ「!?」
マリュー「!?」


マリナ「若返って、刹那と同じ歳に」
スメラギ「若返って青春謳歌」
タリア「若返って、お肌の曲がり角脱却」
セレーネ「若返ってもう一度青春を」
マリュー「若返ってもう一度セーラー服美少女戦ゲフンゲフン」

11 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 21:09:37 ID:???
>>10
マリュー先生wwww

12 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 21:14:17 ID:???
シン「マリュー先生って、セーラー服で戦うんですか?」
マリュー「な、ちょっ、それはその。誰がそんな事言ってたの?」
シン「キラ兄ですけど。」


道端 
キラ「♪新しいエロゲ買っちゃった〜♪(ネライウツゼ!)エロゲがぁぁぁぁぁぁっ!!?(絶望のエロゲ粉砕)」



マリュー(望遠鏡で見てた)「凄いわね、半信半疑でネットから依頼したんだけど、本当にやってくれるなんて。これで依頼料3万円は安い方かしら?」

13 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 21:19:04 ID:???
>>12
一般人からも依頼受けてんのかロックオン兄弟w

14 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 21:19:37 ID:???
>>12
マリュー先生が闇サイトに…( ̄□ ̄;

おまえら、前スレから埋めれw

15 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 21:21:58 ID:???
カガリ「私達も依頼するか?」
ユウナ「そうだねぇ、僕達自身が出張るのが一番早いけど、やっぱ国のトップが武闘派なイメージが先行してもなんだし。確実に闇討ちしたかったら彼らにお願いしよっか。」

16 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 21:23:10 ID:???
>>14
マリュー「ラクスさんから聞いたの。冗談かと思ったんだけど・・・」

17 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 21:27:03 ID:???
>>15
とっくに先行しとるわぁぁぁぁぁぁっ!!!(力の限りの叫び)

18 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 21:40:04 ID:???
ラク姉「いよいよ大台の20まで後一つ。」
シン「うん、よくまあここまで来たもんだよな。」
ラク姉「ですがシン、わたくし達にはまだ足りない物がございますのよ?」
シン「足りない物?それって――ちょっとラク姉?何でにじり寄ってくんの?な、何で歩きながら服を一枚ずつ脱いでるの?」
ラク姉「ウフフ…ウフフフフフフフフフフフフフフ……新たな領域に到達する前に!わたくしは!シンの初物を!戴くのですわっ!!(ルパンダイブ)」
シン「ちょっ!?やめアッーー!?」

19 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 22:03:40 ID:???
ラクス「前スレで『1000ならシンとラクス、刹那とマリナでWデート』とありました。」
ラクス「ならばその素晴らしき夢、実現しようではありませんか!」


ラクス「ささ、まず刹那を確保してから芋づる式にシンとマリナさんを…。」


20 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 22:05:01 ID:???
>>19
うん、せっちゃん使えば確かに釣れるからなwwなんてズル賢いんだラク姉w

21 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 22:12:28 ID:???
>>19
やば、そのWデートスゲェ楽しみwww

22 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 22:20:03 ID:???
ラクス「しかし、どうやって刹那を誘いましょうか?やはり正攻法で行きますわ!」
刹那「?何を叫んでいるんだ?」←遊びに来てた 
ラクス「Goodタイミングですわ刹那!刹那、今度の日曜日にわたくしやシンと遊びに行きません事?」
刹那「日曜日か…バイトも休みだし、構わない。」
ラクス(うおっしゃあ!)
刹那「…何だか怪しいな。」
ラクス「へっ!?」
刹那「あんたから得体の知れない脳量子波を感じるんだが(イノベEYE)」
ラクス「!?(イ…イノベ!?)ま、まさか。純粋に一緒に楽しみたいだけですわよ?」
刹那「そうか…疑ってすまなかった。」
ラクス「お…おほほほほ(まさかイノベ能力とは…どこまで侮れないんですの、この子は!?)」

23 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 22:23:39 ID:???
デートっていうか家族旅行ww

24 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 22:29:19 ID:???
シン「遊びに行く?ラク姉と?」
ラクス「ええ、日頃ゆっくり遊べないシンも、たまには羽を伸ばすべきですわよ。」
シン「まあ確かに・・オレとラク姉だけなの?」
ラクス「後は刹那も来ますわ。レイと沙慈君は残念ながらドラマ収録がまだ残っているようで。」
シン「そういやオレの収録は今週分は終わったからな・・うん、いいかも。」
ラクス「取ったどぉぉぉっ!!(握り拳)」
シン「楽しみだなぁ、どこ行こうかなぁ!」
ラクス「嗚呼・・ウキウキしてるシン可愛いですわハァハァハァハァハァハァ」

25 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 22:36:58 ID:???
刹那「そんな訳で、日曜日はシン達と遊びに行く。」
ロックオン「そっか、きっちり楽しんでこいよ?」
ネーナ「………」



ネーナ「もしもし、マリナ母さん?ネーナだよ〜!あのね、今度の日曜日に――うん、そうなの。ネーナ、都合悪いんだ…だからマリナ母さん代わりに行ってくれない?せっちゃんも喜ぶよ。…うん、じゃあね♪」

ネオ「ネーナ、いいの?」
ミーア「どうせラク姉のよからぬ策略だろうけど、チャンスだよ?」
ネーナ「いいの、ネーナは普段せっちゃんと一緒に居られるけど、マリナ母さんはあまり一緒に居られないから…たまにはね。ネーナはマリナ母さんとライバルだもん。フェアな勝負がしたいの。」
ネオ「……あら?おかしいわね…目から汗がっ」
ミーア「なんて…なんてよい娘なのかしら…!」

26 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 22:38:29 ID:???
ステラ「ステラも行きたい…」
ルナ「姉さん、抜け駆けはなしでしょ!」
マユ「シンおにいちゃんが行くならマユも〜」
ネーナ「せっちゃんが行くならネーナもね!」
ミハエル「ネーナが行くなら俺もだ!」

シン「…ラク姉、みんなで行かない?」
ラクス「…はい」

27 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 22:50:05 ID:???
普段は兄弟達のおかん、しかしロックオンとてまだ20代の男性。
一人で飲みたい日もある。

ロックオン「ふー」
アズラエル「(がらがらがら)大将、とりあえず熱燗ひと…おや、珍しい」
ロックオン「ん?何だ、あんたか。珍しいな、こんなところで」
アズラエル「それはこちらの台詞で、ふぅどうやらあなたも丸くなっ…」
ロックオン「俺の後ろに立つな…」
アズラエル「そこのところは相変わらずですか」
ロックオン「仕事の相手でもないあんたは正直な」
アズラエル「そこのところも昔のままですか、やれやれですね。それに…そのモノは…
      どうやら、私の商品をまだ使い続けてくれてるようですね」
ロックオン「これについてはあんたのとこが一番信用できるからな」
アズラエル「そこのところで褒めるとは…ツンデレって奴ですかね」
ロックオン「好きに言え、親父。餅いり巾着と卵を一つ」
アズラエル「それにしても護身用とはいえそれはあまりに強すぎますよ、少し弱めのにしたら」
ロックオン「悪いな、あの時よりも臆病になっているもんでな」
アズラエル「(『ジャッカル』…とても人間には片手で扱えない代物ですが…。
       どうやら昔に比べて臆病になったというのは本当のようですね)」

28 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 22:54:44 ID:???
>>27
なんて大人なコラボだ!

29 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 22:57:38 ID:???
盟主王は手広すぎるww

30 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 23:05:20 ID:???
>>27
盟主王「如何ですか、最近は。」
ロックオン「ん?ああ、充実してるぜ――マジでな。」
盟主王「それは何よりです。私も貴方にはよくお世話になっていましたからねぇ…例えば○○国の重鎮狙撃や」
ロックオン「今はプライベートだ…そんな話はしなさんなよ。」
盟主王「これは失礼。――ああ、そうそう。これは私の独り言ですが」
ロックオン「前置きのある独り言なんざウザい限りじゃねえか。」
盟主王「どこかのお家の三男と末っ子…巷で噂の『イノベイター』反応が出たらしいですねぇ」
ロックオン「っ!?貴様…」
盟主王「イノベイターはスーパーコーディネーターと並ぶ未知の人種。欲しがる組織や軍事機構など幾らでもありますよねぇ?」
ロックオン「……」
盟主王「リボンズ率いるイノベイターチーム以外にイノベイターが存在するとなれば…」
ロックオン「だから…だからこそ、俺は銃を手放さないんだ…!」
盟主王「まあ、貴方とはお付き合いに恩もありますのでね、連合以下手の届く範囲内の連中には貴方達家族には手を出すなと厳命してありますので、ご心配なく。――では、またいつか…」


ロックオン「……俺が守るんだ…俺が…!」

31 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 23:06:34 ID:???
時にはシリアスに
ライル兄さんはなんやかんや考えてるのさの巻

ライル「まったく兄さんは鈍感すぎるぜ?」
ニール「何の話だ?」
ライル「おいおい本気かよ。」
ニール「まぁこいつは独り言だ・・・・俺の同業者にとある女の子に思いを寄せられている奴がいたんだが俺はそいつに聞いたんだ『なんで答えてやらないんだ』ってな。」
ライル「・・・・・」
ニール「その子はまだ少女って言ってもいい年頃だったんだが・・・・そいつはこう言ったんだ。『こんな因果な商売してんだ。いつ死んでもおかしくねぇ。俺が死んだ後どうすんだ?』だとさ。」
ライル「・・・・」
ニール「その後そいつは仕事をしくじりやがってな。まぁそうゆうこった。おっと独り言が長くなっちまったぜ。」
ライル「兄さん・・・・・」




ニール「ちなみ数週間後元気に病室でいちゃつく二人の姿があったとさ。」
ライル「は?」
ニール「そいつ曰く『あと四年後くらいが食べごろかなと思ってたがそんなことなかったぜwww』」
ライル「なん・・・だと・・・・?」
ニール「まぁ俺としてはあと四年くらい待つさ。俺の狙いは完璧だぜ?」


32 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/03(火) 23:36:38 ID:???
>>30
誕生日なのに苦境に立たされる兄さん・・・家族のために心砕いてるんだなあ
と思ったら、>>31でアンタwwwww

33 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 00:05:31 ID:???
カガリ自体の出番も激減してるから、何とも言えないが。
テンプレのカガリのトコに『心の底ではラクスに対する狂的なシスコン』って
あるけど、最近見てないな……もうこれはなかったことに?

34 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 00:13:21 ID:???
シンの料理を食べてればコンプレックスもなんのその。

35 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 04:38:34 ID:???
むしろシンのご飯が食べられなくて餓死寸前まで行くからな・・・
そう考えるとシンのご飯ってカガ姉にとっては中毒にふくまれるんじゃね?

36 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 10:28:43 ID:???
ソレスタ家の場合

ロックオン「刹那。今日の夕飯、リクエストはあるか?」
刹那「特には無い。おまえの料理は0ガンダムだ。いつも感謝している、おまえが無理ない程度で構わない」
ロックオン「刹那…(感動)……じゃなくて、たまには言ってくれていいんだぞ。と言うより、言ってくれ。俺が、おまえが食べたい物を作ってやりたいんだよ。単に俺のワガママだな」
刹那「…了解。では筑前炊きを頼む」
ロックオン「了解だ!撮影、頑張ってこいよ!」



5兄弟の場合

シン「ラク姉、今夜のおかずって何がいい?」
ラクス「夜の、オカズ?」
シン「うん、そう。たまにはリクエスト聞いてみようかと」
ラクス「まあまあ嫌ですわシンったら、まだ朝というかお昼前ですのよ!なのに今から計画立てるだなんて用意周到ですわ!」
シン「いや、今から用意しとけばギリギリにならなくて楽だろ?」
ラクス「そ、そうですわね。ギリギリまでじらされるのは私も辛いですわ…それもまた楽しめるかもしれませんが」
シン「ラク姉は我慢弱いからねえ、確かにお腹空きまくりの方が尚更美味しく感じるかもだけど」


アスラン「あいつらは何の話をしているんだ?」
キラ「さ〜あ?」
カガリ「私は肉があれば構わん」

37 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 11:49:24 ID:???
>>36
何なのこの違いはwwww

38 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 13:14:28 ID:???
ヴァーチェ「ふう・・・」
スタッフ「どうしたんですか? 監督」
ヴァーチェ「うん、上から続編作らないか?って・・・ 予算も増やしてくれるって」
スタッフ「いい話じゃないですか! それが何か?」
ヴァーチェ「うん、断ろうと思って・・・」
スタッフ「な、なんでですか!! こんなに評判いいんですよ! それにシン君達だって協力を・・・」
ヴァーチェ「だからだよ。 頼めばきっとまた協力してくれるだろうね。見てて分かっただろうけど彼らの演技力は普通じゃない。このまま演技の道を進めばきっと一流の俳優や女優になれる子たちだ。けどさ、あの子たち無理してるんじゃないかって思ってさ」
スタッフ「けれども・・」
ヴァーチェ「彼らぐらいの歳の頃ってバカなことやったりしてるわけじゃん。シン君や刹那君見てるとね・・・ あの子たちは大人過ぎる。 それにあの子たち見てるとこの世界に閉じ込めておくにはあまりにも惜しいと思うんだ。まぁこの道に進んでくれるなら僕は応援するけどね」
スタッフ「監督・・・ じゃあ続編の話は」
ヴァーチェ「撮影が終わるまでには結論を出すさ。それまでは全力で作るよ、いいドラマにするために」

39 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 15:21:52 ID:???
>>38
ヴァーチェ監督・・・今俺の中の全米が感涙している・・・ 

40 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 17:17:23 ID:???
>>38
ヴァーチェ監督は善き漢、善き大人だ!

41 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 19:47:25 ID:???
最近ヴァーチャ監督が出張りすぎてもう一人の監督がまったくでてこないな
スレでも現実でも

42 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 19:50:13 ID:???
>>41
それはもう皆誰もがスルーだものw

43 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 19:55:01 ID:???
>>9
もし飲み薬なら…このスレのマリナ様に渡すとうっかり飲みすぎて…とか
色々妄想していて今日あまり仕事してませんでしたごめんなさい

http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/90069.jpg

台詞が目的を見失ってるのは気にしないこと

44 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 19:58:55 ID:???
>>43
マリナちゃまぁぁぁぁぁっ!!!!!!(崇める)

45 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 20:15:05 ID:???
馬鹿野郎…!
お母さんが妹に変わっただけで、刹那の射程外なのは相変わらずじゃねーか!www

46 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 20:22:43 ID:???
キラ「マリナちゃま…マリナちゃまハァハァ」
マリナちゃま「ふぇ?」


47 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 20:25:01 ID:???
誰かキラを隔離しろ
マリナちゃまの教育に悪い

48 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 20:32:27 ID:???
キラ「幼女!幼女!幼女ぉぉっ!!!」
アウル「幼女!Yo‐jyo!」
リヒティ「マリナちゃま可愛いッス。半端ないッス・・・ジュルリ」
アーサー「僕好みの可憐で清純な幼女!」
マリナちゃま「こ、こないで・・・こないで!(ビクビク)」
キラ「マリナちゃまぁ〜ン!」

つ※遥か遠距離からトランザムライザー・GNイデオンソード 

キラアウルリヒティアーサー「「「「うぎゃぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」」」」
マリナ「ひっく、えっく」 



刹那「目標の駆逐を確認。ミッションコンプリート・・・(怒)」

49 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 20:50:43 ID:???
せっちゃんが怒ってる……珍しくね?

50 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 20:53:06 ID:???

刹那「大丈夫か、マリナ・イスマイール」
マリナちゃま「おにいちゃん、だあれ?」
刹那「刹那だが…お前、俺が分からないのか?」
マリナちゃま「うん。わかんない」
刹那「そうなのか…まさか記憶まで退行しているなんて…」
キラ「隙ありっ!」←マリナちゃまをかっさらう
マリナちゃま「きゃあ!」
刹那「何!?まだ動けたのか!」
キラ「ウフフフフ…ボクに隙を見せるだなんてらしくないじゃない、刹那!
   …それとも、マリナさんが君を忘れてしまったのがそんなにショックだったのかな?」
刹那「貴様…!」
キラ「おお、怖い怖いwでもボクはこれ以上君とおしゃべりしているつもりは無いんだよね☆
   こうしてようじょもGETしたことだし、ためつすがめつ撮影して!マリナちゃま写真集でも作って!
   収益の一部はアザディスタンの復興に役立てたりしちゃおっかな〜!」
刹那「そんな事を…俺が許すとでも思っているのか!!キラァーーーーーー!!!(トランザム)」
キラ「止めてごらんよ!世界のようじょはボクのものなんだよ!!刹那ァーーーー!!!(種割れ)」

マリナちゃま「よくわからないけれど、ひろいんってこういうことなのかしら…」

51 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 20:53:44 ID:???
>>49
マリナ様関連で怒るのは初だと思う。 
ネオ、ミーア、ネーナ絡みで怒った…を通り越してKillモードになった事は前スレであった。 


両方とも怒らせたのはキラ兄なんだよな…(合掌)

52 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 21:06:08 ID:???
>>50
キラ「カモン、ストライクフリーダム!」
刹那「00ライザー!」
キラ「今度も僕の邪魔をして…いつもいつも君には散々な目に合わされるよ!」
刹那「ふざけるな!そうさせているのは貴様だろうに!」
キラ「大体、君が何かにつけて頭に来るんだよ!いつも僕とは正反対でさ!」
刹那「そう感じるのは貴様が歪んでいるからだろう!?」
キラ「歪み?そうかもね…前に前に歩いていく君と違って、僕は前になんて進めないんだからねっ!」 
刹那「それは貴様の弱さだろう!克服する勇気も、意思さえも無い者が!泣き言を言うなぁ!!」

:ここまで全くの互角

キラ「言いたければ言えばいいさ、僕の気持ちなんて――君には解らない!」
刹那「解るワケなんて無い…!俺は貴様じゃない!」
キラ「他人よりも少しだけ何かするだけで、簡単にやれてしまうんだ、僕は!『人以上』の僕なんて、皆から腫れ物扱いだったさ!昔から!」
刹那「…スーパーコーディネーター…」
キラ「だから他人が怖かった!僕が上に行けば行く程、皆が僕から離れていく…だから僕は変わりたくなんて無い…人から恐がられるなら!(種割れ)」
刹那「っ!?」
キラ「『僕自身を見てもらえない』のなら!」
刹那「ぐぁっ!?」
キラ「僕は、世の中になんて出たくは無いんだぁぁっ!!(フルバースト)」
刹那「――――っ!」

53 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 21:08:08 ID:???
あれ?主人公ってもう一人いたような…

54 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 21:14:04 ID:???
シンならマリナちゃまを保護してるよ。

55 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 21:22:57 ID:???
>>52
キラ「(フルバースト後の爆煙を見ながら)はぁっ…はぁっ…はぁっ…直撃……ハハ、久々に全力出しちゃったなぁ……」
キラ「……初めてだ…家族以外にこんな事言ったのは…」
『―――少しは気分が晴れたか?』
キラ「!?」
刹那「なら――ここからが本当の決着だ!(トランザム+イノベイター覚醒)」
キラ「なっ…トランザム!?しまった、粒子化か!」
刹那「うおぉぉぉっ!!」
キラ「ぐぅぅっ!?」
刹那「貴様は弱い。周りを気にして引きこもっているくせに、肝心な現実がまるで見えていない!」
キラ「何を偉そうに!」
刹那「反論すると言うならば!貴様を心から慕うネオ姉さんやミーア姉さんは何だ!!」
キラ「!!?」
刹那「あの二人は貴様がいう自分を見てくれない人達か?違うだろう!?」
キラ「あ…」
刹那「あんたの辛さは俺には解らない。多少は理解出来ても、心からは理解出来ない…だが姉さん達は!シン達家族は!あんたの全てを愛している!それだけは解る!!」
キラ「あ…うっ」
刹那「それでも!あんたは!!自分で作りあげた隠れ蓑に包まって!あんたを包んでくれる人達からさえも目を背けているのか!?」
キラ「ぐっ……!」
刹那「俺は民族・宗教内紛で母さんと父さんを失った。絶望して心を閉ざしもした。」
キラ「刹那!?」
刹那「あんたと同じだ…自分だけの世界が全てだった。だが、今は違う。ロックオン達家族がいる、シン達親友がいる!様々な人達がいてくれて、俺は俺自身を変革できる!」
キラ「変革…」
刹那「あんたはどうなんだ?辛いからと二次元をカムフラージュに現実から逃げ、自分に自信が無いからと慕う人達の気持ちを知らぬふりをして!!」
キラ「僕は…僕はぁぁぁぁっ!!!」
刹那「あんたの歪みは――俺が断ち斬る!他ならないライバルとして!」
キラ「刹那ぁぁぁぁぁっ!!!」
刹那「キラァァァァァァっ!!!」

56 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 21:27:18 ID:???
シン「ほーら、刹那とうちのバカ兄貴が戦ってるから応援しようなー」
マリナ「ふれー、ふれー」
シン「そうそう、マリナちゃまは偉いなー」

アスラン「あっちに比べてこっちは平和すぎだろ…」

57 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 21:40:18 ID:???
>>55
キラ「刹那ぁぁぁぁぁっ!!!」
刹那「キラァァァァァァっ!!!」

:ストライクフリーダムと00ライザー交錯→互いにサーベルが腹部(コクピット避けて)に刺さる 

キラ「うあぁぁぁぁぁぁぁっ!!!?」
刹那「ぐあぁぁぁぁぁぁっ!!!!」



:動かなくなった機体から降りた二人(夕焼け) 

キラ「―――僕はさ…素直に君が羨ましいんだ。年は僕が上なのに、どうしてこうも違うんだろうって」
刹那「俺はあんたが言う程立派な人間じゃない。自分一人では何も出来やしない…単なる子供だ。」
キラ「…君に言われた言葉は、いつも自問自答していたんだ。人に言い当てられたのは初めてだけどね。」
刹那「そうか。」
キラ「本当に…僕は怖いんだよ。自分に自信が持てないし、正直、僕は存在していてもいいのかな…って思う時もあるよ…」
刹那「…」
キラ「解ってはいるよ?シン達は掛けねなしに僕を受け入れてくれてる。ネオやミーアは僕を僕として愛してくれてるってさ。だけどね…僕は、皆に何も応えられないんだ。」
刹那「…」
キラ「だから現実のしがらみを避けて、エロゲだの二次元に走って…まあ、趣味でもあるんだけど。僕は―――逃げてばかりだ。」
刹那「気休めは言いたくない…一言だけ言わせてもらう。」
キラ「?」
刹那「あんたの身近にいる誰もが、あんたを愛している。それを忘れるな。あんたがどんな奴だろうと…あんたは俺の寿司職人ライバルだ…(去る)」
キラ「あ…刹那!?」
刹那「明日はバイトだ。団体客が来るから忙しくなるだろう――あんたの力に期待している。」
キラ「刹…那」



キラ「―――何だか…少しスッキリしたなぁ。……帰って、早く寝て。……サトーさんの所に行こうかな…(笑顔)」

58 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 21:42:27 ID:???
素晴らしきシリアス乙!!!キラ兄に泣いたしせっちゃんに泣いた…

59 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 21:43:21 ID:???
キラ「それでも僕は種死の主人公なんだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
ぷちっ
シン「なんだって?アンタって人はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!(種割れ)」
刹那「シン退いていろ!!!」
シン「うるさい!!俺が・・・・・俺こそが主人公だ!!!来いディスティニー!!」
キラ「はっ?それなら主人公の座を奪って見せてよ!」
シン「望むところ!!!!」
刹那「ちっ!?シン、キラ両名を敵対勢力と認定。00ライザー目標を駆逐する!!」

60 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 21:43:25 ID:???
カナード「ここはマリナのためにキラを撃つべきか、それともエロゲ友のため刹那を撃つべきか……(対MSロケット弾を持ちながら)」
マユ「お兄ちゃん?(指パキパキ)」
カナード「墜ちろ!!キラ・ヤマトォォォ!!」
ミーア「あれ……そういえば一緒に薬飲んだスメラギ姉さんは……?」

61 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 21:45:19 ID:???
何この素晴らしきクロスオーバー戦闘www

62 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 21:48:18 ID:???
>>60
ヤバい、とっととスメラギさん見つけないと・・・
下手すりゃビリーが再起不能になるw

63 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 21:49:08 ID:???
せっちゃん=中身はせっさんをしかと思い知らされたw 
つかさ、マジでキラ兄とせっちゃんは良きライバルだわ。

64 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 21:51:00 ID:???
>>57
キラと刹那はすげぇハマり関係 



俺の中で完全にハマったぜ…。

65 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 21:53:50 ID:???
戦闘中の会話レコーダー再生 


カガリ「……」
アスラン「……」
ラクス「……」
3人「「「刹那…絶対精神年齢せっさんだ…(汗)」」」


66 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 21:53:51 ID:???
ブシドーが宿命になりたそうに刹那を見ています。戦ってあげますか?

67 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 21:56:26 ID:???
ブシドーよりマリナちゃまと遊んであげて下さい

68 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 22:00:07 ID:???
キラ兄(ノд<。)゜。
キラ兄大丈夫だよ、このスレのキャラは皆キラ兄が大好きさ。

69 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 22:14:21 ID:???
ネーナ「うわー!マリナちゃまカワイイー!」
マリナちゃま「おねえちゃん、いきができないわ…!」
刹那「やめろ、ネーナ。俺も経験があるからわかるが、お前の『それ』は人を殺せる」
ネーナ「はーい」
マリナちゃま「ぷはっ…しぬかとおもったわ」
ネーナ「それで、どーしてネーナを呼んだの?」
刹那「良かったらマリナと一緒に遊んでやってほしい。俺一人では勝手がわからない…」
ネーナ「いいよ!ネーナ、昔から妹が欲しかったんだ」
刹那「俺も男兄弟しかいないからな。助かる」
ネーナ「当然せっちゃんも面倒みるんだよ?子供にはおとーさんとおかーさんが必要なんだから!」
刹那「そうなのか?…了解した(深く考えてない)」
ネーナ「うん!これでバッチリだね!(深い意味で言ってない)」
マリナちゃま「おとーさん…?おかーさん…?」

ラクス「いろんな意味で平和ですわー、あの人たちは」
シン「とにかく早くスメラギさんを探したり、学園長に解毒剤を頼まないと…!」

70 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 22:22:28 ID:???
カガリ「ユウナ、国防軍に要請してスメラギを捜すんだ!」
ユウナ「イェッサー!」
カガリ「急げ、ビリーのスメラギへの愛が憎しみに変わる前に!!」

71 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 22:23:47 ID:???
ブシドー「そうか!私がマリナ嬢と遊べば万事解決と言うわけだな!」
まりな「わあ!へんなひとだ!こわい!」
シン「大丈夫だよ、マリナちゃま。この人は無害な変態だから」
アスラン「そして全く問題は解決していない事に気付けグラハム…」
ブシドー「グラハムでは(略)…まあいい。しかしマリナ嬢、君には以前から仄かな同調を感じていた…
      そのズレた行動力といい、結果の伴わない労苦を払い続けるところといい、
      少年を追い続ける所といい…他人の気がしない!」
まりな「なにいってるのこのへんなひと…むずかしくてよくわかんない…」
ブシドー「フフフ…へんなひとか…流石に小さな女の子は直球だな!正直ちょっと泣きそうだが私は泣かない!
      泣かないと言った!……うう、ぐすっ…ひっく…」
アスラン「ああもう、結構ナーバスなんだよなーグラハムは…ほら、ハンカチ」
ブシドー「すまない、アスラン。して、本題だ。短刀直入に言おう、マリナ嬢!貴女と私は同類だ!!
      そうだとも!君は僕に似ているッ!!」
まりな「シンおにいちゃん、へんなひとがへんなこといってるよう…こわい…」
シン(…普段のマリナさんを見る限り、完全に否定できないところが苦しいな…)
ブシドー「さあ、似たもの同志、親睦を深めようではないか!同志と出会えて私は今、欣喜雀躍の心持ちだぞ!」
まりな「…きんき…きっず?」
アスラン「きんきじゃくやくだよ、マリナちゃま…懐かしいなあ、もう」
シン(そして、今そんな話をしても元に戻ったら忘れちゃってるだろうから、
   全く意味が無いんですよ…グラハムさん…)

この後4人でのUNOが始まり、ブシドーが18連続ドベという快挙付きでフルボッコされたそうな

72 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 22:32:54 ID:???
ネオ「それにしても構造的欠陥の塊とでも言うべきストフリで
   00ライザーと互角に渡り合ってるって……キラって実はすっごく強い?」
ミーア「いや、そこはまぁ……ゲームバランス的な補正じゃない?(汗」

73 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 22:33:22 ID:???
ブシドーお前前回の放送で刹那にグラハムだってばらしてたからもう隠す必要ないだろ

74 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 22:38:10 ID:???
>>73
個人的には言い張って欲しい
お面付けてたらミスターブシドーであると

75 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 22:42:33 ID:???
ミスターブシドーは他称でんがな。

76 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 22:44:23 ID:???
>>75
本編でも、呼ばれるのが嫌なら適当に偽名でも名乗っときゃいいのになww

77 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 22:45:25 ID:???
マリナちゃま「みどりいろ〜のく〜さ〜で〜ごろごろし〜た〜い〜♪」
アスラン「マリナちゃまは歌が上手いな。」
カガリ「他には何か歌えるのかな?」
マリナちゃま「うん、歌えるよ」
カガリ「そうか、なら頼めるかな。」
マリナ「はーい。」
マリナ「ふさふさの〜あた〜ま〜でわしゃわしゃし〜た〜い〜♪」
アスラン「……………マリナちゃま。そのお歌、誰に習ったのかなぁ…?」
マリナちゃま「キラお兄ちゃん。」
キラ「ぷくくくく」
アスラン「キィィィラァァァァッッ!!!!」

78 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 22:46:06 ID:???
ミスターサムライとかミスターモノノフとかミスターハガクレとか?

79 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 22:51:08 ID:???
>>78
このスレでマリナ様歌手フラグ?
大人に戻ったらラク姉とデュエットとか……

マリナと子供達の歌、CDのマリナソロ聞くとスゲェ上手いんだよな。

80 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 22:52:20 ID:???
>>79>>77宛てでした……。

81 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 23:01:15 ID:???
ラクス「カガリさん、スメラギさんは見つかりまして?」
カガリ「ああ、たった今見つかったと連絡が入ったんだが…」
アスラン「何か問題でも?」
カガリ「それが…」



スメラギちゃん「離してよ、私大人なんだから!」
お巡りさん「どうみてもキミは小学生だろ!?子供がお酒買ったらダメでしょうが。お父さんお母さんは?迎えに来てもらわないと」
スメラギちゃん「だぁかぁらぁ〜!私子供だけど2(ピー)なのぉ!」



アスラン「…紛れもなくスメラギさんだ。」
ラクス「ええ…正しく。」

82 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 23:10:52 ID:???
>>81
スメラギまで子どもに・・
てっきり若い頃に戻ったかとw

83 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 23:13:36 ID:???
>>82
スメラギちゃん「子供って良いわね〜、おはだツルツル♪」
キラ「普段は熟じゲフンゲフン、なのに幼女化したら可愛らしいなんて…」
アウル「攫う?」
キラ「…やめとくよ。また刹那と全力全開バトルはこりごりだからね。」

84 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 23:22:27 ID:???
どうやらエンジン全開のようです
喪神「クジョウたんクジョウたんクジョウたんクジョウたんクジョウたんくぅあいいクジョウたんクジョウたんクジョウたんハァハァハァハァハァハァハァハァhぁぁあぁぁぁぁぁぁぁああっぁぁぁあ!!!・・・・・ふぅ」

85 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 23:25:37 ID:???
スメラギちゃんはどうなんだろう
可愛いのは間違いなさそうだが、全くイメージが沸かない

86 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 23:30:07 ID:???
>>79
マリナ「私の歌を聴けーー!」
ですねわかります

87 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 23:33:24 ID:???
カガリ「えっと、スメラギちゃん?」
スメラギちゃん「ん〜私なかみは大人だから違和感あるわね…いつも通りでよんでくれてかまわないわ。」
カガリ「あ、じゃあスメラギさん、今にデュランダル氏が元に戻る薬を」
スメラギちゃん「えー?」
カガリ「えー?と来たか!?」
スメラギちゃん「だってぇ、まだ若いままでいたいんだもん♪」
カガリ「マリナちゃまとはやはり違うなぁ・・・」
スメラギちゃん「だって、なかみは大人だもん。」



キラ「中身は大人・・・ああ、成る程ね。(チラッ)」
刹那「ん?」

88 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 23:44:49 ID:???
>>81
カナード「すみません保護者です。どうも失礼しました。ほら、行くぞ」
スメラギちゃん「ああ、お酒は!お酒!」
カナード「炭酸飲料で我慢しろ」
スメラギちゃん「嫌だ!お酒お酒〜!(ジタバタ)」
カナード「暴れるなこの……!」
スメラギちゃん「嫌だ嫌だお酒〜!(ジタバタ)」
カナード「完全に子どもだな……イテテッ髪引っ張るな!」
マユ「精神は子どもでもお酒は忘れない執着心はすごいね」
カナード「せめて少しはマリナみたいに可愛げのある子どもだと良かったんだが」
スメラギちゃん「む………(ゲシ!)」
カナード「痛っ」
スメラギちゃん「うるさい、バカ(頬膨らませ)」
マユ「あはは、お転婆だね………今からなら資格あるかも」
カナード「頼む、止めてくれ」

89 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 23:47:11 ID:???
可愛いじゃないか、スメラギちゃん…

90 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 23:50:18 ID:???
カナードんちが一気に保育園になったなw

これは劾活躍フラグ!

91 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/04(水) 23:55:08 ID:???
>>86
こうですか?

マリナ嬢「あいのちーからしんじんたいー♪あふれるおもいーをうたにのせ♪」
ラク姉「傷つけ合うこの世界…ブチ壊す!…」
マ・ラ「「ハートアンソウゥゥル!!!このハートアンソウゥゥル!!!(はーあんそー!!!はーあんそー!!!)」」
マリナ「こっとっばだけじゃとどかない♪きえていくおもいうたにのせ♪」



ラク姉「ふぅ…たまにはシャウト系も悪くありませんわね…」        マリナ嬢「ラクスおねーちゃん、マリナうまく歌えてた?」
ラク姉「大変お上手でしたわよ?今度はミーアさんも誘って歌いましょうね?」
マリナ嬢「わーい♪」

92 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 00:01:09 ID:???
>>91
何やっとんのラク姉www

93 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 00:21:06 ID:???
マリナ「マリナ、大きくなったら刹那お兄ちゃんのお嫁さんになるの」
スメラギ「ああもう、もう少し大きくなって堂々とお酒飲みたいわ」

カガリ「何だろうな、この差は」
カナード「さあな……」

94 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 01:14:39 ID:???
シン「でも中身は大人な分、そちらの方が対処しやすいですよね」
カナード「違うな。確かにスメラギは記憶はそのままだがな、精神は………」
スメラギちゃん「カナード〜お酒飲みたい〜」
カナード「駄目だ。元に戻ってからにしろ」
スメラギちゃん「む〜嫌だ嫌だ嫌だ! お酒飲みたい〜!(ジタバタ)」
カナード「ああ、コラ、暴れるな」
スメラギちゃん「うわぁぁカナードのケチ!」
カナード「ああ、もう、帰りにファミレスでクリームソーダ買ってやるから我慢しろ」
スメラギちゃん「え、本当?やった〜!」
カナード「と、言う具合に精神的は幼児化してるから質が悪い。マユは妹が出来たと大喜びだがな」
シン「なんかしばらく会わない間に苦労してるっぽいですね」
カナード「ああ、なんか最近はエロゲをプレイする暇もない感じだ。キラが羨ましい……」
シン「いや、そこ羨ましがったら駄目ですよ」

95 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 01:14:57 ID:???
>>91
こんな電波も


マリナ嬢「ひーとつめのこーとばゆめ♪ねーむりのなかかーら♪」

ミーア「溶けーていったー悲しい事をー♪」

ラク姉「金いーろの林檎ーがまたひーとつ落ちる…」


マリナ嬢「ふぇぅええ…なんか悲しい歌だよこれぇ…」
ミーナ「ごめん、あたしなにかこの歌好きで…」
ラク姉「…私も嫌いではありませんわ。この歌。むしろ好みですわよ?」
カラオケ店員「あのーそろそろお時間…」
ラ・ミ「「んあ?!」」
カラオケ店員「はひっ!御延長ですね!わかりました!」

96 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 02:29:32 ID:???
まりな「うわーん、怖いー」
すめらぎ「変なグラサン仮面メイドがいる〜」
劾「ぬう!泣く子も黙る俺を前にしても泣き止まぬとは!
  まだまだ修行が足らぬこの俺メイド劾、何たる不覚」
シン「しょうがないなぁ…」

まり・すめ「おいし〜〜〜〜」
劾「うぬぬ、レシピをもらっても再現できぬ噂のシンプリン!
  さすがといいたい!」

97 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 06:46:44 ID:???
まりな「こんにちはー。」
すめらぎ「ティエリア世話になるわね。」
ティエリア「了解した。(新作エロゲを入手した日に皆用事があるとはorz)とりあえずハロと遊んでいろ。」
『はーい♪』

ティエリア「私の部屋に入ろうとするな!!」
すめらぎ「けち〜」

まりな「ガンダムがいっつぱいありますねー」
ティエリア「勝手に触ると刹那が怒るぞ?」
まりな「はーい」

まりな「おなかすいたー」
すめらぎ「お酒飲みたいー」
ティエリア「はぁ・・・・少し待っていろ(ヴェーダから何かランチのレシピを・・・・そういえば料理をするのは久しぶりだな。)」

まりな「これ凄くおいしいわ♪」
すめらぎ「あなた料理なんてできたのね。」
ティエリア「当たり前だ。(くそっ・・・・指を切ってしまった・・・喜んでいるからまぁいいか)」
まりな「おなかもいっぱいになったしお散歩に行きたいわ。」
ティエリア「私は行かないぞ?」
すめらぎ「何言ってるの?保護者が一緒じゃないとダメじゃない。」
ティエリア「はぁ・・・・分かった。」

98 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 06:50:10 ID:???
カガリ「ふぅ、後はデュランダルが解除薬を仕上げてくれるのを待つだけだな。」
カナード「出来れば急いでもらいたい…いい加減エロゲがしたくて禁断症状がorz」
カガリ「いやぁー、この環境下でエロゲやれたら凄いぞお前。あっはっはっ」
カナード「死活問題なんだよ、俺には!」
アスラン「やめてくれマリナちゃま、スメラギちゃん!髪は、髪だけは勘弁(ブチブチぃっ!)うぎゃ〜〜〜っ!!?」
マリナちゃま「おうまさん!おうまさん!」
スメラギちゃん「いけいけ〜!」

99 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 06:54:37 ID:???
>>97
意外と眼鏡は面倒見が良い事実wwまあ刹那やミレイナで慣れてるもんね。

100 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 07:11:42 ID:???
続き

すめらぎ「まりなそっちに行ったわ!」
まりな「まてー」
ハロ「ウワーオッカケテクルー」
ティエリア「ふぅ・・・・無邪気なものだ。自分達がどんな状態か分かっているのだろうか・・・・・」
まりな「やったーつかまえた♪」
ハロ「ウワー」
すめらぎ「ふふっ♪あれ?ティエリアなぜ笑っているの?」
ティエリア「何を言っている?別に笑ってなどはいな・・・・いや・・・・・なぜか自然と笑みがこぼれる・・・・」
すめらぎ「人間ってゆうのは毎日大きくなっていくの。あなたも成長してるってことじゃない?心当たりあるでしょ?」
ティエリア「・・・・・・」
まりな「すめらぎちゃん、ティエリアお兄ちゃん一緒に遊ぼー?」
すめらぎ「いまいくー!ティエリアこうゆうの嫌い?」
ティエリア「昔は嫌いだったけど・・・・今は悪くないな(微笑)」

ロックオン「ただいまーティエリア、ちゃんと面倒みてたか?」
刹那「ロックオン、ミラージュコロイドだ。」
ロックオン「ん?ははっこいつは傑作だw」
刹那「ティエリアはZZガンダムだ」
ロックオン「だなw記念に写真でも撮っとくかな?」
カシャ
つ 三人で川の字で寝ている写真
ロックオン「じゃあしばらくこのままにしておいてやるかな?」
刹那「了解した(微笑み)」

101 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 07:24:41 ID:???
後日談
ティエリア「キラ、今の私にはこれは必要ないから欲しい者にでもやってくれないか?」
つ 妹モノとロリ系のエロゲ
キラ「じゃあ遠慮なく貰うよwでも急にどうしたんだい?」
ティエリア「好みが変わったとでも言うべきか・・・・エロゲは続けるがそれらはいらないんだ。」
キラ「ふーん(何か思うところがあるのか・・・・)」

ティエリア「ふぅすっきりした(ヴェーダにアクセス、看護士、教師、保父・・・・・・・・ふっ・・・・・エロゲマイスターである私らしくない・・・・だがこうゆうのも悪くないな)」

102 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 07:25:12 ID:???
>>100
ティエリアに和む日がこようとは…!

103 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 07:27:43 ID:???
>>101
ティエちゃんに変化が!?妹+子供パワーすげーwwwww

104 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 10:25:42 ID:???
元々がカナードに次いでまともだったしね

105 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 10:26:38 ID:???
元々がカナードに次いでまともだったしね

106 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 12:18:51 ID:???
次の年齢変化は、
マリナ・イスマイールじゅうななさい
スメラギ・李・ノリエガじゅうななさい
これで。
スメラギさんは結局お酒飲めないけど。

107 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 12:22:34 ID:???
キラ「そういえばさー」
シン「ん?どうしたんだよキラ兄」
キラ「たしか、この二人のほかにも薬ほしがってた人いたよね?」
シン「カティ先生だよな、肌荒れ云々とかいってたし。でも、あの人は結構まじめだし、不用意に飲んだりはしな・・・」

アレレー、コンナトコロ(ry
ソウカ、このジケンノハンニンハ(ry

シン「・・・何も見なかった」
キラ「・・・ああ、何もみなかったね。体は子供、頭脳は大人な探偵なんていなかったよ」

すまん、確かマネキン大佐も欲しがってたと思って書こうとしたらコイツしか出てこなくなったw

108 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 12:30:38 ID:???
二人とも頭脳派だし、しゃーないw

109 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 12:54:45 ID:???
>>106
マリナ17「やったわ!ついに理想の年齢に……!」
スメラギ17「ふう、若いっていいわね」
ミーア「2人とも若い〜」
マユ「お母さんがお姉ちゃんになっちゃった」
カナード「…………」
スメラギ17「年齢的にはよくないけど頑張ればこれでお酒を売ってもらえるわ!」
マリナ17「これなら刹那と釣り合うわ!」
スメラギ17「じゃあ、早速お酒買いに行くわよカナード(ポン)」
カナード「! さ、触るな!!///」
スメラギ17「?」
マリナ17「どうかしたの?」
カナード「う、うるさい! 上目使いで近寄るな!!/////」
マユ「どうしたのお兄ちゃん?」
劾「フフフ、突然美少女化した2人にどう接すればいいかどぎまぎしているのだよ」
ミーア「まあ、妹に腕組みされたくらいで顔真っ赤にする兄だしね」
スメラギ17「カナード〜!」
マリナ17「熱でもあるんですか?」
カナード「寄るな! 近づくな! そんな綺麗な目で俺を見るな!!」

110 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 17:55:51 ID:???
>>107
バーローwww

111 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 18:32:51 ID:???
>>109
そういやカナード自身もすげー美男なんだよなー…両手に花まで頂いちゃって、美しい光景ですねw
なんかパルス家に俺の好きなキャラが集中している気がする

112 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 18:34:52 ID:???
カガリ「うわっ、若くなったなマリナ!」
マリナ「そうかしら?それよりも見て、カガリ!身体が若返って、キレが凄いのよ!ほら、このゴッドフィンガーの威力!!」
カガリ「おおぉっ!!?確かに凄いじゃないか!よぉし、私と組み手でもやるか!」
マリナ「ええ!いざ!」



シン「…あ、頭痛い…」

113 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 18:40:19 ID:???
シン「今週もドラマ面白かったな。さて、洗いものの続きするか」      テレビ(議会で争点となっている定額給付金の問題で大統領は今日、正式に受け取りを表明しました。
記者「定額給付金の使途について聞かせていただけますか?」
カガリ「給付金の使い道は弟と相談して決めたいと思います」
シン「カガ姉・・・」(でもどうせ食費になるんだろうな)

114 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 18:55:22 ID:???
>>113
たった12000×5受け取ったって1週間分の食費にもならんだろ兄弟家w

115 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 18:57:06 ID:???
レイ+ルイス「「受け取ってもな(ねぇ)・・・」」
シン「いや、そりゃあお前達はそうだろうけど(汗)」

116 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 19:14:27 ID:???
17歳マリナは弱々しいを書こうとしたが先に強いのを書かれちまったぜ……

117 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 19:34:10 ID:???
大丈夫だ!投下してくれ

118 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 20:30:17 ID:???
メイリン「定額給付金!?」
ルナマリア「是非下さいお願いします!」←土下座

119 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 20:39:37 ID:???
>>118
ギル「君達姉妹はそんなに生活に困っているのかい?」
ルナマリア「実は――」
ギル「な、成る程。それは確かにどん底だね…(引きつり)」
メイリン「シンやオクレ兄さん達にご飯もらうのだって、実際気が引けるし…(シュン)」
ルナマリア「そうなの?」
メイリン「お姉ちゃんはもっと遠慮って単語を理解しようね?」
ギル「まぁまぁ、落ち着きなさい。ふむ…ならば丁度良いかもしれないね。」
ルナマリア「何がですか?」
ギル「実は当校は来年度から学生寮を拓こうと思っていてね?寮は私が所有しているマンションを、と思っているんだが…どうだろう?君達さえ良ければ入寮しないかい?」
ルナマリア、メイリン「「本当に!?」」
ギル「本当だとも。但し条件が一つ。」
メイリン「条件…(ゴクリ)」
ギル「今度の小テストで、各教科平均70点以上取る事だ。入寮希望の生徒は多いだろうし、私の個人的な裁量で君達を――と言うのは同じ希望者達から見れば贔屓だからね。」
ルナマリア「平均70点…(フラッ)」
メイリン「私は大丈夫!」
ギル「頑張ってくれたまえ。」


さあ、ルナマリアは大丈夫か!?

120 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 20:58:03 ID:???
>>119
ルナ、地獄の猛勉強ターン突入www

121 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 21:00:53 ID:???
>>113
シン「カガ姉、区役所から定額給付金の申請用紙が来たんだけど…ちょっと早くない?」
カガリ「そうかそうか、まあなんだ、私が在住している関係上、公へのアッピールもあってな。
家族単位での銀行振込みになってるだろう?
お前の口座でいいから必要なとこ記入してポストに投函してくれ。」
シン「了解〜。」
ラクス「私の分はシンにあげますわ、お金には困ってないですし。」
シン「え?なんか悪いような…」
ラクス「ならこうしましょう、シンが給付金で私の「春」を買うのです…!
特別プレイつけて24時間、私…あなたの専属娼婦に…」
シン「却下。」
アスラン「給付金との連動キャンペーン…○○社の新作育毛剤五本2万円のところを1万2千円…むむむ…」
ラクス「今なら穴は三つとも使用可ですわよ!しかもローション無料サービス付き!」
シン「(ラクスは無視)うーんと、支店名から書くのか…えーと…」
キラ「…」



―その日の深夜―
キラ「…たしかここの奥に…」ガサガサ…
キラ「…見っけ!」
キラ「訂正印を押して…僕の口座番号に…」
キラ「にひひ…悪く思わないでね…イケナイのは…新作ラッシュのエロゲ業界なんだから…」

122 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 21:17:06 ID:???
メイリンはちゃんと居候としての条件を満たしているイメージだな
オクレ兄さんの家事手伝い(洗濯・掃除、料理は唐辛子まみれだから×)とか、家族の和を乱さない様にしているし
ルナマリアは論外すぎるwwwwwwww ステラとネーナはやはり修行がてらに手伝っているイメージあり

123 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 21:23:03 ID:???
>>121
え〜?同じピンクでもミーアやフェルトなら即買いだけどラク姉はねぇw

124 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 21:31:24 ID:???
>>121
ガン無視されてるラク姉ステキです…ここまで来ると寧ろ可愛く見えてくるのが困る
キラがいつもどおりになってて安心したが、死亡フラグにしか見えないwww

125 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 21:31:34 ID:???
>>123
世の中にはニッチ産業ってモノがあってだね…

126 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 21:45:23 ID:???
確かに狭い市場ではあるけど、どれくらいのニーズがあるのか気になるところ
思いつくのはシン一人だけどね!

127 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 22:26:44 ID:???
男A「かーのじょ、俺達これからカラオケ行くんだけどどうよ?」
マリナ17「(これがナンパというものね)せっかくですが……」
男B「いーじゃんいこーよ」
マリナ17「お断りします」
男C「大丈夫ダイジョウブ。ほら行こーぜ」
マリナ17「離して下さい!(振りほどけない?)」
若返ったことで積み上げた修練の結果を失っているマリナ。
男A「うわ、ウブな反応たまんねー」
男B「カラオケがんばっちゃうよ俺?」
マリナ17「やっ、せ、せつな――」
刹那「トランザムッ、ライザァァァアーッッ!!」
男共「プギャーっ!」

刹那「大丈夫か」
マリナ17「刹那……ありがとう……」
刹那の腕をつかみ、肩に軽く額を乗せるマリナ。
刹那「……マ、マリナが無事ならば、そ、それでいい……」

128 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 22:29:44 ID:???
ルナマリア「ひーん、勉強いやぁぁぁ!」 
シン「しっかりしろよルナ、きちんとした生活の為だろ!?」
ルナ「うっ!?まあそうなんだけどさぁ…アタシに平均70点はつらいわよ!この前の学年末テストだって赤点すれすれだったんだから!」
シン「そけはホラ、あの……えっと……んー…まあ、あれだよあれ……あ〜〜…何と言うか……………奇跡?」
ルナ「そ、そこまで悩んで出た言葉が奇跡なアタシって…(泣)」

129 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 22:31:27 ID:???
>>127
何だこの清純フラグはwww後、せっちゃん・・・一体どこから聞きつけてんだか見てるんだよw

130 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 22:44:34 ID:???
せっちゃんは、自分にとって大切な人達の危機にはイノベ能力で反応して
トランザムで駆けつけるんだよ、多分。

131 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 22:45:48 ID:???
どうやら刹那はマリナちゃまやマリナ17歳に庇護欲をかき立てられているようです。

132 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 22:55:01 ID:???
>>130
スーパーマーケット暁

シン「くそっ、あのお一人様3パック卵まで辿り着けない…ちくしょう!!!」


どっかその辺り 

刹那「キィィィン(←イノベイターアイ覚醒音)――むっ…シンが…!トランザム!!!」


スーパー暁 

シン「あ、後残り3パックだけかよ…」
刹那「シン!!(粒子化して卵ゲット)」
シン「刹那!?助けに来てくれたのか…!?」
刹那「無論だ。俺はガンダムだからな。」

133 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/05(木) 22:56:52 ID:???
>>126
狭いというかかなり薄い市場なのは確かですね

134 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 00:12:53 ID:???
キラ「うぅん、マリナちゃまも良かったけど、マリナちゃん(17)も良いね〜。あの清純可憐さが新鮮だよ。」
アーサー「ハァハァハァハァハァハァマリナちゃん(17)ハァハァハァハァ」
ティエリア「そうか?僕は然程でも無いが。」
キラ「何を言ってるんだティエちゃん!君はエロゲマイスターの誇りと理念を失ってしまったのか!?」
ティエリア「いいや、そんな事は無いが……うはwキタキタパソコン擬人化美少女wwこれは即CGギャラリーにコレクションせねば!!」
アーサー「あの〜、ティエリア?こっちに幼女うはw妹うははwなゲームあるんだけど?」
ティエリア「もう幼女には興味無いし(上レス参照)、妹欲情はミハエルの守備範囲だろう。」
キラ「ティエちゃん…君は遠くに行ってしまったんだね……(涙)」
ティエリア「ぬぉっ!?パソコン美少女が○○○で○○○な事をっ!?何というトライアルシステムだ!」

135 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 00:16:19 ID:???
ミレイナの妹オーラに染まり、マリナちゃまとスメラギちゃんの清らかさによってティエリアが変革された―――恐るべし、人の影響力…

136 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 00:21:27 ID:???
せっちゃーん、マリナ様(17)が危険だ。
エロゲ同盟の二人を駆逐した方がいいぞ。

137 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 00:21:37 ID:???
>>127
せっちゃんトランザムライザーは今日も忙しい

マリナ17「刹那、助けてくれてありがとう。もし良かったら、このまま…」
刹那「ん?すまないマリナ。俺は行く」
どーん!
マリナ17「…凄い速さだわ」

ミーア「いっぱい買い物したのはいいけど、こんなに持てないわ。どうしよう…」
どーん!
刹那「ミーア、助けに来た。貸してくれ、俺が運ぼう」
ミーア「さすがせっちゃん!頼りになる〜」

ネオ「困ったわ…早くキラを連れてこないと、またサトーさんが…」
どーん!
刹那「キラならここだ。早く連れて行くといい」
キラ「えっ?な、なに!?どうして僕、外にいるの!?」
ネオ「ありがとう、刹那。ほら、キラ行くわよ」
キラ「え〜」

ネーナ「帰るのが遅くなっちゃった。早く帰らないとヨハンにぃとついでにミハにぃが心配するなぁ…」
変質者「…お、お嬢ちゃん、俺のビームサーベル見ていかないか…?はぁ、はぁ…」
ネーナ「キャー!へんたいー!」
どーん!
変質者「ぷげらっ!」
刹那「…目標は駆逐した。大丈夫か、ネーナ?」
ネーナ「えーん、せっちゃん怖かったよー」
刹那「…怖がっているようには見えないが」
ネーナ「せっちゃんが助けに来てくれるって信じてるからね。
    …来なかったら、あのビールサーベルをへし折ってただけだけどね」
変質者「ひっ!」
刹那「俺はどっちを助けたんだ…」

138 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 00:24:59 ID:???
>>137
せっちゃんは働き者だなぁww

139 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 00:27:52 ID:???
シン「最近洗濯物やら買い物が増えて疲れる」
せっちゃん「最近トランザムする事が多くて疲れる」
シン「…」
せっちゃん「…」

つガシッ!←堅い握手

140 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 00:28:38 ID:???
マリナ「あぁ…元の歳に戻ってしまったわ」
スメラギ「若いのもいいけど、やっぱりお酒が飲めないとね!
     さぁ、マリナ!家に帰って飲み直しよ!」
マリナ「え、私は別に…」
スメラギ「さぁさ、家でアルコールが待ってるわよ!」
マリナ「…本当にお酒のことしか目にないのね」

議長「あんまり私を働かせないでほしいがね」
カナード「元はといえば、お前の薬が原因なんだ。アフターサービスくらいはしっかりやれ」
議長「…確かにあまりこの薬に頼るのは良くないようだ。人は正しい時の中で生きなければいけないからね」
カナード「そういうことだ(これでやっとエロゲができる…)」

141 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 00:33:07 ID:???
リヒティ「キラさんキラさん、マリナさんを盜撮するッスよ。同人エロゲに役立てるッス!」
アーサー「マリナちゃんのスカートの中身は何だろな〜♪」
キラ「あのね、二人とも。そりゃあ僕だってそれを実行に移したいよ。でも・・無理だね。」
リヒティアーサー「「何故?」」
キラ「そんな事してご覧よ・・・・・来るよ?GNイデオンソードがさ。(もうお互いに全力で勝負したくないし・・・)」
リヒティ「い・・今噂のトランザムライザーッスか!?」
アーサー「ひぃぃぃ〜!」

142 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 00:59:31 ID:???
>>141
リヒティ「それでも諦められないッスよ!マリナさんを激写するッス!」
アーサー「ん、マリナちゃんが通るみたいだね。行くよ、リヒティくん!」
リヒティ「はいッス!アーサーさん!」
二人「「覚悟!」」
パシャッパシャッ
マリナ「きゃっ!」
リヒティ「…やった!やったッスよー!」
アーサー「さっそく確認だ!マリナちゃんの今日のパンツはなーにー…こ、これは!」
「「…モ、モモヒキ…!」」
リヒティ「あー!よく見たらマリナさんが17歳じゃないッスよ〜!」
アーサー「なんということだ…!この僕が間違えるなんて!」

マリナ「…それで言いたいことは、それだけかしら?」

二人「「ひ、ひっ!」」
マリナ「私の秘密を見た者は許さないわ…!」
二人「「ぎゃあー!!!」」

スメラギ「ん?どこに行ってたの、マリナ?」
マリナ「貴女がお酒が切れたって言うから買ってきたのよ。そのせいで酷い目に合ったわ…」
スメラギ「? ところでどう?モモヒキ。私の作戦通りあったかいでしょ?」
マリナ「…確かに暖かいけどこれは…」
スメラギ「これで冬もバッチリよね!」
マリナ(うう…誰にも言えないわ、こんなこと…)

143 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 01:01:01 ID:???
死体だらけで足の踏み場もない
一体何があったんだ・・・

144 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 01:12:25 ID:???
ももひき暖かいですよねマリナ様…俺も手放せないです
スメラギさんも履けばいいと思いますよ、うん

145 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 01:20:34 ID:???
店員「今日は閉店覚悟の大セール!!全品格安価格だよ!!」
主婦達「うぉぉぉぉぉっ!!」
刹那「なっ!!俺のトランザム(+イノベ覚醒)でも突破できない!?」
キラ「だめだ!ざっと計算してみたけど僕達の力じゃとても…カガリ達ならなんとか」
シン「それでも欲しい食材があるんだ!行くぞ、兄さん方!」
ロックオン「おう」
スティング「遅れんじゃねぇぞ」
三人「スクリーオカンミンバス!!」
刹那「あれは…からだ全体からおかん粒子を放出して突破口を開く大技」
カナード「が、ダメだ。それでもあの群れは突破できない」
キラ「どういうことさ、カナード」
カナード「いかにあの三人が歴戦の勇者だとしてもあそこに群がっているのはそれと
     同等の猛者達…多くの戦場を経験してきてはいるがここほど熱気が肌を刺してくる
     戦場はない。正直、本気モードのマユ達でもてこずるぞ」
マリー「そんな…そんなところに私はこれからいかなくてはいけないの」
アレルヤ「大丈夫さマリー、僕がついている」
沙慈「新婚オーラで凌ぎきれるほど、この戦場は甘くないよ。その甘さが…命取りになる!!」

シン「くっ、ダメだ。相殺されて…元から遅れをとっている分こっちが不利だ」
ロックオン「こうなったら最終手段だな」
スティング「ああ、やるしかねぇ」
三人「O!(オカン・エクスクラメーション!!)」

刹那「ああ、あの光は………子供の頃にみた救いの光に良く似ている…」
沙慈「あれが…おかん奥義オカン・エクスクラメーション…極めて高レベルのおかん三人
   が集まらなければ使う事ができない技…。くっ、僕も早くあの高みに」
マリー「あなたおかんじゃなかったんだ」
劾「くくく、『主夫』としてのスキルは高いが『おかん』としてはまだまだなのだよ。
  かく言う俺も主夫なメイド劾、まだまだ精進あるのみよ!」
キラ「うわぁ…なんか凄い事になってる…」
カナード「(一般レベルでこれだから一番平和で一番危険なところなんじゃないのか、この国は)」

146 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 01:30:59 ID:???
むしろ一般人の実力が高いレベルで拮抗していて平和なのでは・・・
って、占領も殲滅も不可能じゃないか!
うわぁ、戦争したくねぇ


147 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 03:07:53 ID:???
前大戦時
おばちゃん「はっMSを捌くのは以外と簡単だねぇ?」
おじさん「こんなこともあろうかと鍛え続けたこの体!!」
おにいさん「OTAKUの聖地は俺達が守る!!」
おねいさん「厚化粧は伊達じゃない。」
ズガーン

アズラエル「一つ聞きたいのですが・・・・なんで軍人より一般人のほうが強いんですか!!」
ウズミ「平和を思う気持ちに不可能は無いのだよ。それより君の部下も中々じゃないか。一般人に死者がいないぞ?」
アズラエル「当たり前です。無駄な犠牲を出さないに越したことはないですよ。」
ウズミ「なるほど。いい心がけだ。しかし、両軍は壊滅し貴兄のジブニックアズライガーも落ちたが、私は立っている。これはオーブの勝ちかな?」
アズラエル「はて?誰も切り札を切ったとは言ってないですよ?」
ウズミ「・・・・何?」
アズラエル「連合に伝わる宝刀 護流出怨班真・・・卍解・・・・『護流出怨狗羅紗亜』!!!まだ勝負は着いてないですよ?」
ウズミ「ふっ・・・・ならば流派東方不敗の名の下に捻り潰してくれるわ!!!」
「「「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」」」

148 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 03:21:16 ID:???
人外魔境オーブかい

149 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 03:23:51 ID:???
もう四年に一度ガンダムファイトやればいいんじゃないw

150 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 07:40:18 ID:???
>>142
フタリノエロゲドウメイカメイシャヲカクニン。ユルサレザルオコナイヲシタトシテブリョクカイニュウスル…00ライザー、モクヒョウヲクチクスル!トランザムライザァァァーッ!!!

151 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 08:48:17 ID:???
盟主王「>>147なんてことがあったのですよ・・・」
カガリ「流石はお父様と我らがオーブの民だ! アレルヤ、無理して軍に入れなくてもいいかもな」

152 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 09:36:12 ID:???
カガリ「大物下院議員の汚職事件はこれぐらいにして、次は薬物犯罪の急増の件、
    軍高官のシビリアンコントロール問題と大洋州連合との紛争は後回しに…」
ユウナ「カガリ、少し休憩したら?午後はずっと仕事だったでしょ?」
カガリ「…そうだな、腹も減ったし。ちょっと売店に行ってくるか。」
ユウナ「ゆっくりしておいで。売店の小母ちゃんも君のこと気にしてたよ。」 カガリ「了解。」

ユウナ「…やっと行ったね。けどさ、カガリが根詰め過ぎるのもわからないではないかな。
    ここ最近の情勢を見ると、人間の欲望っていうか、そんなのが特に末恐ろしくなってくるよ。」
ミナ「全くお前は…。政治家が口にする言葉ではないな…」
ユウナ「へ?そうかい?」
ミナ「はぁ…。ユウナ、『ファラリスの牝牛』という話を知っているか?」
ユウナ「何それ?」
ミナ「ファラリスというのは古代シチリアの僭主なんだが、
   青銅で牝牛を造らせてな、中は空洞になっていて、
   鼻の部分にだけ穴が開いていてそこに笛が取り付けてある。」
ユウナ「美術品にしては奇妙な構造だね。」
ミナ「この青銅の牝牛の中に囚人を閉じ込めて、とろ火でじわじわと炙り殺したらしい。
   そうするとだ、囚人の出す悲鳴が笛を通って,『楽曲』として流れてくることになる。
   ファラリスは、その笛の音の鑑賞を事のほか愉しんだそうだ。」
ユウナ「うげぇ…えげつない話だね…。というか、その牛と政治家になんの関係があるのさ?」

ミナ「ファラリスの趣味は単に歴史的存在や逸脱者のそれとして、つまり、例外として語ることができないのだ。
   外から見ただけでは、青銅の牝牛の中に何が入っているかはわからない。
   人の内面には、まだ見つけられていない部屋、かつては知られていた部屋がある。
   それは柔毛(にこげ)のようであり人の好奇心をくすぐるが、
   而して実は破滅的でもある。外面にはっきりと現れていなければその分マシ、ということでもない。」
ユウナ「どっかで聞いたような話だね。」
ミナ「受け売りだからな…。とにかく、人間の本質を知り、リアリストに徹しろということだ。
   カガリは余りにも単純…というか人間が良すぎる。
   もっとも、奴のそういうところは嫌いではないが…。そんな国家元首がいてもいいだろう。
   だが直近の人間までそうでは駄目だ。
   極めて怜悧で、最悪を予想し、目標実現のためには最大限の手段を最大限に活用する。
   お前もそうであれ、ということさ。」
ユウナ「君という人はトンでもない事をシレっというね…。」
ミナ「ふふ…私としてはお前を"教育"してやっているつもりなのだがな。」
ユウナ「とか言いながら、カガリのことを嫌いじゃない…か。カガリが聞いたら喜ぶね、『つんでれだ!』とかいいながら。」
ミナ「そ、それはアレだ、言葉の…言葉の綾だあや!」
ユウナ「本当に…。リアリストに徹し切れてないのはどっちなんだか…」

153 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 09:56:23 ID:???
シン「キラ兄はストライクフリーダム、刹那はトランザムライザー、俺はデスティニー…
   キラ兄はスーパーコーディネイター、刹那はイノベイター、俺は…俺は…なんなんだぁぁぁ!!!」

カガリ「あいつもちゃんと主役として活躍したかったんだな…(ホロリ」
アスラン「ラクス…自分の趣味全開のドラマを作る前に、シン主役のガンダムをヴァーチェ監督に頼んでみたらどうだ?」
ラクス「う…それはかなり難しい話ですわね…」

キラ「シンは『オカンネイター』じゃないのかな?」
刹那「ああ、シンの力は『おかん』として革新している…」

154 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 10:37:10 ID:???
最近はご近所の平和まで守り始めたせっちゃん

男「へへへ、窓が開いてるじゃねえか。このまま部屋に押し入って…」
刹那「そこまでだ。お前を犯罪幇助の対象として武力介入する」
男「な、なんだお前は!…はっ!まさか最近噂の『ソレスタル…』」
刹那「大人しくお縄につけ。でなければ貴様を駆逐する」
男「ちくしょう!」
スッ…
男「ナ、ナイフが当たらねえ!急に消えやがった!」
刹那「どうやら投降する気はないようだな…(ゆらり)」
男「ひっ、ひぃぃっ!だ、誰かぁ!」
ネーナ「…無駄だよ、通信はネーナが遮断してるからね。ざ〜んね〜んでした、おじさん☆」
男「な、なんだ!?周りが真っ赤で何も見えねえぞ!」
刹那「目標を…駆逐する!」
男「ぎゃあぁぁぁ!!!」

刹那「次に行くぞ、ネーナ、沙慈」
ネーナ「はぁ〜い」
沙慈「ちょ、ちょっと待ってよ!ちゃんと僕達がいたって証拠を消して、警察に電話して…
   あの二人はやった後には興味ないから困るよ…待ってよ、刹那〜」

翌日
生徒「昨日の夜も『ソレスタルビーイング』が現れたんだって!」
生徒「また三人も犯人を捕まえたらしいね。いったいどんな人なんだろう…」
生徒「誰も見た人がいないらしいね。なんか周りが真っ赤になって何も見えなくなったり、
   電話が使えなくなったりするらしいよ」
生徒「消えたとか言ってる犯人もいるって…」
生徒「「うーん…謎だ」」

ルイス「なんだか沙慈、とっても眠そうね。ちゃんと寝てる?」
沙慈「あはは…当分はゆっくり寝れなそうだよ。ふぁ〜」
ルイス「?」
ネーナ「すーすー…」
刹那「……」

155 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 11:31:42 ID:???
意外と治安が悪いのか、バーローの居るところに殺人が起こる的感覚なのか・・・

156 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 11:58:52 ID:???
>>154
何だその治安維持な必殺仕事人はwwせっちゃんにネーナに沙慈w

157 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 12:17:21 ID:???
シン「ハァ…俺も何かしら特別になりたいなぁ」
ラク姉「シン〜、一緒にお風呂に入りましょう!勿論殿方が羨む濃厚泡姫シチュエーションですわ!!」
ルナ「ずるい姉さん、アタシも入る!」
ステラ「ステラも!」
シン「ちょ、待ってアッーー!!!」


シン「洗濯30分、掃除30分…ま、割と早く終わったかな。」


シン「今日は和風、明日は中華、明後日はイタリアンでもしてみようかなぁ」


アスラン「充分凄いと思うが…」

158 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 13:25:38 ID:???
介入野郎Sチーム

刹那「俺はリーダー、刹那・F・セイエイ。通称せっちゃん。トランザムと量子化の名人。
   俺のような男でなければこいつらのリーダーは務まらない」
ネーナ「ネーナはネーナ・トリニティ。通称くぎゅううう。自慢のルックスに、せっちゃんはイチコロよ。
    GN粒子で通信からレーダーまで何でも妨害しちゃうよ」
沙慈「沙慈・クロスロード。通称匙(みんな、ちゃんと名前書いてね…)。フォローの天才だ。
   刹那のどんな行動でもフォローしてみせるよ。でもルイスだけはかんべんね」
ブシドー「はっはっは!待たせたなぁ!私の名前はグラ…。通称ミスター・ブシドーだ。
     パイロットとしての腕は天下一品!愛?宿命?それがどうしたと言うんだぁ!」


刹那「(コソコソ)おい、何故奴がここにいる…?」
ネーナ「(コソコソ)ネーナは知らないよ」
沙慈「(コソコソ)どうも勝手についてきちゃったみたいだよ…」
ブシドー「町の自警団をやっているとは少年達も心憎いことをする…。
     及ばずながら、この私も手を貸させてもらうぞ!さぁ行くぞ、少年達!」
三人「「「はぁ…」」」

159 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 14:08:33 ID:???
こりゃまたいろんな意味でロックオン兄さんの胃が痛くなるようなwwwww

160 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 17:12:14 ID:???
>>158
刹那「なお、俺達の司令官はシンだ。」
シン「何故に!?(゜U。)?」

161 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 17:56:57 ID:???
シン「3月かあ。お花見したいな。(疲れ気味)」
ラクス「(キラーン)」



ラクス「――と、言う訳ですのよ。」
カガリ「花見!?食い放題!?なら賛成するしかないな!よし、オーブ記念公園の桜ヶ丘に場所を取っておく!」
ラクス「宜しくお願いしますわ、カガリさん。(これでシンを酔わせて勢いで初物を…桜はピンク、わたくしもピンク…げへへ)」

162 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 18:04:07 ID:???
>>161
シン「花見!?本当に!?やったぁ!」←おおはしゃぎ
ラクス「あらあら、シンったらもう♪」←ニヤリ
シン「じゃあ弁当沢山作って、飲み物用意して・・・」
アスラン「それでもお前はおさんどんなんだなぁ・・・・」←ホロリ
シン「あ、じゃあ皆も呼ぼうよ。大勢なら楽しいよ?」
ラクス「(ちぃっ!!わたくしの初物計画がっ!)」
キラ「企みが見え見えだよラクス・・」
カガリ「オクレ兄さんにオルガにマユにレイにマリナにロックオンにアレルヤに刹那にアニューに沙慈にフェルトにサトーさんに・・・」
アスラン「全員料理得意なメンツじゃないか!?」
シン「うわっ、カガ姉が全開だ」

163 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 18:25:19 ID:???
>>162
当スレが誇る料理人達による、凄まじく美味でグレートなお弁当の数々が振る舞われるのですねわかります。

164 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 19:14:04 ID:???
痔「俺のチャーハンが忘れ去られてる…」

165 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 19:34:35 ID:???
炒飯以外
その他>>>ディアッカ

炒飯
ディアッカ>>>(本編でのシンとキラの扱いの差位の壁)>>>その他

166 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 20:02:19 ID:???
カガリ「ディアッカには悪いが…炒飯だけってのはつまらないぞ?」
ディアッカ「そ…そうか。」
ユウナ「何か炒飯以外のレパートリーは無いの?」
ディアッカ「それがなぁ…実は全く無いんだよ。」
カガリ「シンでさえ適わない炒飯が作れるんだから、少し練習すればたちまちレパートリーも増えるんじゃないか?」
ディアッカ「いや、それが何故か炒飯以外は失敗しちまってよ…トホホ」
カガリ、ユウナ「「うーん…」」

167 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 20:07:59 ID:???
ディアッカ 「だが炒飯のレパートリーなら多いぜ。四川風、関東風、台湾風、餡かけ、海鮮、辛味、なんでもありだ。」

168 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 20:15:14 ID:???
まずはピラフから挑戦してみたらどうだ?

169 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 20:18:04 ID:???
>>167
イザーク「俺は炒飯は苦手だ…(青ざめ)」
シン「え?何でですか?」
アスラン「それはな…」
アスラン達小学生時代

ディアッカ(8)「おいイザーク、お前んち、親が二人ともはたらいててご飯おそいんだろ?」
イザーク(8)「うるさい!さびしくなんか…(どんっ)ん?チャーハン?」
ディアッカ「試しにつくってみたぜ、くってみろよ。」
イザーク「ふん、きをつかうなこしぬけ――あ…ウマい。」
ディアッカ「グゥレイト!」
イザーク「ふ、ふん!まあまあだな!(むしゃむしゃ)」


アスラン「――それ以来、小中高現在に至るまでディアッカが炒飯作りにハマってしまってな…その度イザークが試食してるんだ。」
シン「そりゃ飽きるよイザークさんも…(汗)」
イザーク「まあ…きっかけが俺の為だからな。嫌な顔はできんだろう。(ため息)」
シン「良い話なんだけど可哀想なイザークさん…」

170 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 21:23:57 ID:???
シンの料理をちょっとずつ取り分けて炒飯を作るディアッカが脳内再生された。

171 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 21:41:07 ID:???
アレルヤ「それで僕の所に来たんですか?」
ディアッカ「炒飯は中華、中華ならお前だろ?頼む、俺レパートリー増やしたいんだ!」
アレルヤ「判りました、喜んで協力しますよ。」
ハレルヤ(チェンジ)「おい色黒、お前人選間違えちまったなぁ?」
ディアッカ「いきなり変わるなっ…つか、何だよいきなり」
ハレルヤ「ま、今に解るぜぇ、ヒャハハハハ!!」
ディアッカ「何だ何だぁ?(怪訝)」

で、特訓中… 

アレルヤ「火は強火で!炒める時は素早く!違います、もっと速く!鍋を反すタイミングを見誤らないで!!!!(凄く真剣)」
ディアッカ「お、おう!(必死)」
アレルヤ「片栗粉はそんなに入れない!それじゃあとろみを通り越して不味い塊ができてしまいますよ!?」
ディアッカ「イェッサー!!!(ハレルヤが言ってたのはこの事かよ!?めちゃくちゃ厳しいじゃねーかぁっ!)」
アレルヤ「中華料理は仕込み8割仕上げ2割!!仕込みの時点で完成させるつもりでないと、人様になんて出せませんよ!!!」
ディアッカ「ひぃぃぃぃぃっ!!!!」
アレルヤ「回鍋肉、中華饅頭、青椒肉絲、北京ダック、春巻、餃子、天津飯、ルースー、麻婆豆腐に杏仁豆腐!!まだまだこれからですよディアッカさん!!!」
ディアッカ「人選間違えたぁぁぁぁぁぁっ!!!!(涙)」

172 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 21:46:38 ID:???
大きくなって帰って来いよディアッカ
幾ら作っても本番ではすぐになくなっちまうからな…

173 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 21:50:58 ID:???
>>171
普段がおっとりまったりだけに、真剣なアレルヤが怖い…ガタガタ

174 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 21:58:54 ID:???
変態商事にて:

ディアッカ「師匠、書類出来たか?」
アレルヤ「はい、資料と見積書できてます――あの、ディアッカさん・・・・師匠って(困惑)」
ディアッカ「何言ってんだ、お前は俺の師匠だろが。」
アレルヤ「・・・ハァ(苦笑)。」
アスラン「師匠?はて?」
イザーク「何でも最近アレルヤに中華料理を教わっているらしいがな。」
ニコル「アレルヤにですか?なら優しく教えてもらえそうですねぇ(ニコニコ)」
マリー「・・・・・(皆、知らない方が幸せかしら・・・)」


その晩: 

アレルヤ「何度言えば判るんですか!?豆板醤は抑え目にと言ったじゃないですか!!」
ディアッカ「スミマセン師匠!!」
ハレルヤ「おいアレルヤよぉ、ちったぁ優しく「黙っててよハレルヤ?(怒)」・・・おぅ。(引っ込む)」    


175 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 22:01:29 ID:???
普段…おっとり優しいお兄さん 

料理中…真剣さと本気さでハレルヤもビビる程の鬼気迫る迫力 


なんてジキルとハイドだアレルヤww

176 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 22:05:16 ID:???
シン「すごい迫力だな、アレルヤさん」
ルナマリア「いつもまったりしてるから、何だか話しかけられないわよね(ブルブル)」
ステラ「アレルヤ、怖い…」
シン「あのアレルヤさんって…」
ルナマリア「シンも近づき難いって思うでしょ?」
シン「正に料理人という名の『職人』、いやあれはもう文字通り『魂』だよな!!(憧れの眼差し)」
ルナマリア「シン!?」

177 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 22:12:25 ID:???
>>176
同じ職人(料理人)気質を持つ者への共感ですね大いにわかります!! 


アレルヤ「シン君、青椒肉絲出来たかい!?」
シン「青椒肉絲上がりました!飲茶は!?」
アレルヤ「バッチリだよ!さぁ、じゃんじゃん作ろうか!」←爽やか笑顔
シン「はい、アレルヤさん!」←同じく

178 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 22:17:22 ID:???
シン←ネーナ、ステラ
アレルヤ←ディアッカ
カガリ←マユ、マリナ
サトー←連合3人組、刹那
新たな師弟関係がwww

179 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 22:52:39 ID:???
キラ「ハレルヤは何か料理はしないの?」
ハレルヤ「やらねぇし、できねぇ。つか面倒くせぇよ。」
キラ「ふむふむ、僕と気が合いそうだねww」
刹那「しかし、以前俺が熱を出して倒れた時には温かいボルシチを作ってくれたが。」
キラ「なんと!?」
ハレルヤ「なっ!?ば、馬鹿野郎、あっさりバラすなガキぃっ!(アタフタ)」
キラ「仲間だと思ってたのにー!」
ハレルヤ「テメーと一緒にすんじゃねえ!!」

180 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 22:56:31 ID:???
カガリ「中華だと?ならば花見には是非満漢全席を希望するぞ!!!」
シン「三日間食べ続けるあれ?(カガ姉なら1日保たないよなぁ)」

181 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/06(金) 23:30:49 ID:???
どこのスレでもシンは半料理人なんだなぁ。

182 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 03:19:45 ID:???
マリナ「じゅ、17歳なんだもの。有りよね」
スメラギ「ちょ、サイズ間違えたかしら。きつい…」
カナード「よりにもよってそれ(コードギアスデザインのスク水)を着てくるとは…」
ネーナ「え?うちの学校ってそのデザインだよ?」
アレルヤ「ってことはもしかしてマリーも持ってたのかい?」
マリー「え?うーん」
ソーマ「一応、あるぞ。持ってもきている」
アレルヤ「」←言葉にできない喜びを表現している
ミーア「一応あの学校でてるから皆もってるのよね、それより刹那。きちんと見てあげなさいよ」
刹那「が、ガンダム」
ネーナ「じゃ、私も水着に着替えてこよーっと」
刹那「ガ、ガンダァァァム!!」

ふと、スク水縛りでのプールっていうのを思いついた。
教師陣?いやだな、競泳水着で監視に決まってるじゃないですか。

183 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 03:28:25 ID:???
おお、俺が水曜にしていた妄想じゃないか!
でもマリナ様も他の娘も、スク水なんか着たら撮られちゃって悔しい展開に…!

184 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 04:01:09 ID:???
ラクス「アビーさん、アビーさん、ラク×シン本はあるかい?」
アビー「本編では会話がないでしょ」
ラクス「ひんにゅ〜ん…」

ミーア「アビーさん、アビーさん、ミア×キラ本はあるかい?」
アビー「本編では死んだでしょ」
ミーア「きょにゅ〜ん…」

ネオ 「アビーさん、アビーさん、ネオ×キラ本はあるかい?」
アビー「本編ではあなた男でしょ」
ネオ 「ふれい〜ん…」

ステラ「アビー、アビー、ステラの本はある?」
アビー「あなた高校生でしょ」
ステラ「ですとろーい!」

フェルト「アビーさん、アビーさん、ロク×フェル本はありますか?」
アビー 「あなた14歳でしょ」
フェルト「第二期では18歳だからいいんです!」

刹那 「アビーよ、お前はガンダムか?」
アビー「私はM9ガーンズバックです」
刹那 「ジェット・ストリーム・アタックだ」

シン 「アビーさん、アビーさん、俺に平和な未来は来るんでしょうか?」(切実)
アビー「ねえよwww」
シン 「うわぁぁぁぁぁぁぁぁん!!」(脱兎)

ちょっと時期逃しちゃった気もするが…

185 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 04:23:59 ID:???
>>184
> ラクス「ひんにゅ〜ん…」

すげぇや、ラク姉が自分の体型を認めt



アロ ホゲェーーーッ

186 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 06:56:33 ID:???
ラクス「そうですわ…これならば!(ごそごそ)」
シン「ただいま――って、うおっ!?」
ラクス「おかえりなさいシン」←スク水(学園仕様) 
シン「な、な、な!?ラク姉、その格好は…///」
ラクス「ウフフ、シン達が通う学園の水着ですのよ。当時を思い出して、戯れに着てみたのですが――いかがですか?(クルッとターン)」
シン「あ、いやまあ、うん…お似合いで///(見つめられない)」
ラクス「シン、ちゃんと見て下さいまし?(目の前でうずくまり)」
シン「あぅあぅ///(直視できない)」
ラクス「あらあら。(うぉっしゃあ!!大成功ですわぁぁぁっ!!!)」←内心ガッツポーズ 
ラクス(か…かなり納得いきませんが、スク水ならば胸が足りなモゴモゴでもまた違う魅力がありますもの。嗚呼、シンのこの反応…生きていて良かったですわ…)←めっちゃ充実感

187 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 07:26:44 ID:???
>>186
さすがラク姉、逆に貧乳が活きる攻め方でくるとはな!

188 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 08:04:54 ID:???
>>186
シン「スクール水着は反則だよ…」

189 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 10:29:45 ID:???
ステラ、ルナ、メイリン、ネーナ、ルイス=現役なので
フェルト、ミレイナ=ここでは現役なので
マユ=当然着れる
スメラギ、マリナ=かなり前なのでサイズ(主に胸)キツいが着れる
ネオ、ミーア、クリス=完璧な体型維持で学生時代のスク水も問題無し

以上着れる方々。見る方にはかなりの破壊力だが


ソーマ(マリー)=大分背が伸びたのでヤバい
アレルヤ「スクール水着ではいれぐははんそkぶはっ」鼻血
ハレルヤ(妄想逞しくなったなコイツも)

190 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 11:54:38 ID:???
>>189
キラ「妄想が止まらない君には『むっつりスケベ』の称号を進呈します♪」
アレルヤ「はい?(ギロッ)」
キラ「いえ何でもありません。(そそくさ)」
アスラン「馬鹿だなキラ、真剣なお付き合いしてる奴は、からかうと予想外に恐ろしいんだぞ?」
キラ「うん、今すごく実感したよ(ブルブル)」

191 :1/2:2009/03/07(土) 12:00:54 ID:???
刹那「…おい、沙慈。何故冬だというのにプールがあるんだ」
沙慈「知らないよ。どうも学園長が一夜のうちにこの温水プールを建てたみたいだけど…」
レイ「ギル…」

議長「ふふふ…あとでプールの調子はどうか確認しに行かなければならないだろうね。
   タリアの競泳水着(*´д`*)ハァハァ」

ルナ「シン、どう?私の水着」
シン「あ、赤だと…!」
ルナ「そうよ。赤は三倍速いらしいのよ。これでこのプールのマーメイドは私のものね!」
シン「確かに角があって赤いけどな…」
ステラ「シン…ステラのも見て」
シン「し、白スク水…!」
ルナ「へー、夏のときは黒ビキニだったけど、スクール水着は白にしたのね」
ステラ「うん…このほうが『まにあっく』な受けがいいってアウルが言ってた」
シン(アウル…あんたって人はー!)

レイ「メイリンはライムグリーン、フェルトはピンクか」
メイリン「うん、この学校は指定水着のくせに色は自由なんだよね。意味わかんない」
レイ(ギル…)
フェルト「私はちょっと恥ずかしいかな…」
メイリン「…何言ってるのよ、こんなボリュームがあるくせにー!」
フェルト「きゃ…!触らないで…!」
レイ「安心しろ、メリイン。お前のも需要があると思うぞ」
メイリン「それ、慰めになってないー!」
ミレイナ「やっぱりお姉ちゃんにはボリュームで負けるですぅ…」
フェルト「ミレイナはイエローね。よく似合ってると思うわよ」
ミレイナ「クリスお姉ちゃんやフェルトお姉ちゃんに比べるとミレイナは全然ですぅ…」
フェルト「そんなこと…」

ティエリア「そんなことはない!ミレイナ、お前の水着は十分よく似合っている!
      これで落ちない奴は私自ら引導を…待て!むしろ落ちた人間に引導を渡すべき…かはっ」
クリス「はーい、ティエリア君は一緒に帰ろうねー。フェルト、ミレイナ、またねー」

ミレイナ「クリスお姉ちゃん凄いですぅ!一瞬でアーデさんの首にスタンガンを当ててたですぅ」
フェルト「……」

192 :2/2:2009/03/07(土) 12:02:25 ID:???
ネーナ「ねー、せっちゃん。ネーナの水着はどう?」
刹那「あ、ああ…トランザムライザーだ」
ネーナ「やった!せっちゃんの最上級貰っちゃったよ!わーい!」
すかっ。
ネーナ「…あれ?」
刹那「(その状態で)俺に触れるな…」
ネーナ「なんで逃げるのよー。ほーら、せっちゃん!」
すかっ。
ネーナ「…今、量子化して逃げたでしょー!」
刹那「く、来るな…!」
ネーナ「もう…」

ミハエル「おい、このクソガキ!ネーナの水着姿のどこから逃げる必要があるんだよ!
     大人しくネーナの水着を褒めてりゃいいんだ!…待ちな、むしろ褒めたら殺…ぐはっ!」
ヨハン「すまない、邪魔をしたな。そのまま続けてくれ」

ネーナ「…続けろだって。というわけで、せっちゃん…(にじり)」
刹那「くっ…沙慈!救援を…!」
沙慈「ごめん、刹那。…僕、もう捕まってるんだ」
ルイス「ねぇ〜、沙慈。私の水着見て何かないの〜。カワイイよ、とか、似合ってるね、とか〜」
沙慈「ルイス、その水着とっても似合ってるし、可愛いよ」
ルイス「きゃあ〜」
刹那「沙慈、お前もか…ぐっ!」
ネーナ「せっちゃん、つーかまえたー!」
刹那「やめろ…俺に密着するな…!」
ネーナ「ダメ♪」
刹那「ウボアー!」

コーラ「カティ先生はいないのか!ちくしょー!俺のかっこいい水着姿を見せたかったのに…!」
ブシドー「はっはっは!ナンセンスだな、そこの君!真にかっこいい水着スタイルとは、
     そのようなビキニパンツではなく、このふんどしに決まっている!」
コーラ「そうだったのかー!よし、さっそくふんどしに着替えて、カティ先生に見せてくるぜ!」
ブシドー「そうだ、頑張りたまえ!」

レイ「気にするな、俺は気にしない」

193 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 12:14:47 ID:???
プール一つでよく大騒ぎできるなお前らwwww 
ちなみにシン、ステラが泳いでる時は注意しろよ?



…透けるからw

194 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 12:15:59 ID:???
>>179
ルイス「ねぇ刹那、今日のお弁当…ソレ肉まん?」
匙「…じゃないよね」
シン「ピロシキか?」
刹那「ああ。今日はロックオンがどうしても忙しいと言ってな」
シン「ロックオンさんならどんなに忙しくても弁当持たせそうなのにな」
刹那「ああ…しかし今日の弁当はハレルヤ作だ」
全員「?!」

刹那「ハレルヤ曰く、作り過ぎたから弁当にでも持って行け。量はあるから余りそうならダチにでも押しつけて来い、と言うことだ」

全員「…ツンデレ…なのか?」
刹那(モグモグ)(ちょっと嬉しそう

195 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 12:24:19 ID:???
>>194
シン「これがピロシキか(もらった)戴きます―――う…美味い!!!」
刹那「ハレルヤはキュリオスだ。」



※夕方、ソレスタ家

ハレルヤ「さて、今週の週刊猫♪猫☆はどこだったか「(バタンっ!)ハレルヤさぁぁぁぁぁぁん!!!!」いきなり何だガキ!?」
シン「ハレルヤさん、是非ピロシキを――いやロシア料理を伝授して下さい!!」
ハレルヤ「何!!?」
シン「俺、和洋中インドにフレンチにイタリアンはマスターしてますけど、ロシアはまだなんです!ピロシキ、感動しました…お願いします!!」
ハレルヤ「…ハン、まあいいか。オラ、キッチンに来な。(嬉しそう)」
シン「はい!!!」

196 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 12:30:15 ID:???
>>193
だいたいステラってカナヅチじゃないのか?
本編で溺れてた続編

197 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 12:32:58 ID:???
>>196
金づちなステラを優しく泳ぎを教えるシンと、ジェラシーから横槍入れるルナを容易に想像できるなw

198 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 12:33:40 ID:???
>>196
なぜか学校のプールなのに浮き輪で浮いているステラを想像した

199 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 12:36:12 ID:???
しかしこのスレの女性陣の水着姿は半端ない破壊力だぜ…(鼻血+一部分トランザム)

200 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 12:38:43 ID:???
俺の親父の母校では十月か十一月にプールが完成したんで、めっちゃ寒いなか水泳の授業をやったそうだ。

201 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 12:41:01 ID:???
>>198
ステラ「プカプカ、気持ちいい…♪」←浮き輪 
シン「なんだろう…すっごく和むのは…(ホワワン)」


アーサー「ハァハァステラたんの浮き輪で戯れる姿ハァハァ…激写するしか!」
シン「させるかぁぁぁーっ!!!」←アロンダイトでカメラ破壊→パルマでアーサーふっ飛ばし 
アーサー「んぎゃぁぁぁぁぁぁぁあああぁぁっ―――アァァ…アァァァ(ドップラー効果)」
レイ「…俺は何も見なかった。ああ、見なかったとも。」

202 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 14:27:49 ID:???
ちょww剣の勝負じゃ互角以上だったのにww
竹刀を持たないアーサーが弱いのか
シンが段々強くなってるのか・・・

203 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 14:59:19 ID:???
ミーア「うわ、久しぶりに着てみたけどパツパツ(主に胸が)」
ネオ「懐かしいわね、でもちょっと小さくなってる?(主に胸が)」
クリス「二人とも、横乳、横乳!」

シン「(なんでここにいるんだろう、二人とも)」←うずくまりながら
レイ「ギルが呼んだらしい、なんか学校関係者関係なく解放するとかで」
ラウ「ふははは、私のお稲荷さんが一番だね!」
シン「………そうか」
レイ「ああ………………」


204 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 17:07:32 ID:???
>>203
うずくまりなシン…健全な男子なら当然ですな。

205 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 17:10:36 ID:???
>>204
その程度でうずくまっているなら、ステラやルナと風呂に入ったらどうなるのかと…ラク姉?ラク姉はほらh

206 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 17:47:55 ID:???
クリスさんクリスさん、クリスさんも横乳ハミ出て・・・フゥ

207 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 18:24:52 ID:???
男子水着編 


シン「まあいっか、去年海水浴言った時の海パンで。(赤いロング海パン)」
レイ「競泳水着(公式大会用)でいい。」
沙慈「僕は無難に海パンで。(白いロング海パン)」
刹那「待たせた。ガンダイバー。」
シン「おっ、来たか刹那――刹那ぁぁぁっ!?」
刹那「な…何だ?」


ルナ「刹那ってめっさ細いのに…」
メイリン「せっちゃん…凄い引き締まった肉体…」
ネオ「な、なんてギャップなのかしら…」
ミーア「腹筋凄いねせっちゃん…」
シン「すげぇ、オレなんかひょろひょろなのに…」
ルナ「アンタのその柳みたいな身体は女装する為にあるのよ?」
シン「嬉しくない…シクシク」

208 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 18:46:30 ID:???
>>207
しっかり鍛えてるからな、せっちゃん。シンは・・・シンはさ。もうその身体は芸術なんだよ!(力説)

209 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 19:23:39 ID:???
「フシダラナオトコハネライウツゼ。」
「ニイサン、スコープデジョセイジンヲミナガライワレテモ、セットクリョクナイゼ。」

210 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 19:27:40 ID:???
体は17歳でも心は24歳のため、似合っていても恥じらうマリナ17とか良くね?

211 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 20:00:18 ID:???
>>209
ロックオン「フゥム、役得だな。」←狙撃スコープで鑑賞 
ライル「まあ俺達も健全な男って事でw」←同じく

アニュー「ライル?(笑顔+背景に仁王様)」
ライル「いやあのなアニュー、これは男の性というかだな!?」
ロックオン「やべぇ(携帯着信)お?」
フェルト『ロックオン…私以外の人に鼻伸ばしたら、イヤ…』
ロックオン「(何で気付いてんだぁぁ!?)」



刹那「(イノベEYE)――すまないロックオン、ライル。不埒な行為は見逃せない。」
レイ「いい子だ刹那。」

212 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 20:13:30 ID:???
良かった、兄さんにもちゃんとそういう部分があって。

4年後頑張れフェルトwwwwwwwwwwwww

213 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 20:17:39 ID:???
アスラン「シン達はプールか…キラ、お前は行かないのか?好きだろう、巨乳。」
キラ「行かな〜い。だって今忙しいもん。」
アスラン「忙しいって、何をやって………本当に何やってるんだ?(汗)」
キラ「エロゲの虫干し。たまには日の光に当ててあげないと、湿気でダメになっちゃうからね♪」
アスラン「………訳がわからん…」

214 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 20:48:50 ID:???
>>213
ネオミア「(ピキーン!)」
刹那「ネオ姉さんにミーア姉さん…どうした?」
ネオ「ん…?ちょっとね、良いことを思い付いたのよ」
ミーア「となるとキラを連れてこなくちゃね!」
ネオ「ええ!」
ネオミア「名付けて虫干しで引きこもり虫退治大作戦ーッ☆」
刹那「…良く分からないがキラが絡むなら俺も協力しよう」


キラ「(ゾクッ)何か嫌な予感が…」

続かない

215 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 21:00:57 ID:???
>>214
いや、美味しいから続けさせてもらうぜw

ネオ「――で、こうなって」
ミーア「ふむふむ」
刹那「了解。ミッション実行開始…ファーストフェイズに入る。」


兄弟家・ 
キラ「ふんふーん♪(エロゲ虫干し中)」
刹那「――ターゲット捕捉。セカンドフェイズに移行する。(こそこそ)」
キラ「ん〜、後でやらなくなったエロゲをまたやろうかな――ん?」
ピョコン、とエロゲが移動 
キラ「え!?エロゲが動いてる!ちょ、待ってよー!」
刹那「セカンドフェイズ終了、サードフェイズに移行…このままプールまで誘き寄せる。(釣竿でエロゲを引っ張りながら)」


プール・
ネオ「よし、いいわよ刹那!」
ミーア「さすがせっちゃん!」
シン「引きこもり打開の為なら幾らでもやっちゃって下さい。」

216 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 21:07:52 ID:???
ネオ「プールと言えばやっぱり」
ミーア「サンオイルよねー」
キラ「いや、それ海だから!プールでやることじゃないから!!」
刹那「知らなかったのか?この学校のプールは本格的で真夏の太陽光も
   完全に再現してるんだぞ?」
キラ「何でそんなとこに拘ってんのさこの学校!絶対おかしいって!」
刹那「では、後は3人で楽しんでくれ」
キラ「ちょ、待ってってば!!って、塗られるの僕!?2人とも何その怪しい手付き……アッーーーーー」

217 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 21:11:02 ID:???
>>211
アニュー「だいたい見たいなら行けばいいんですよ、さぁ二人ともいきますよ」
録音「ちょっと! 仕事が!? 」
アニュー「大丈夫です。依頼人も分かってくれます」
ライル「俺たちは部外者だぜ」
アニュー「学園長にも許可を取りました。ライルは私の水着姿、見たくないの?」

ライル「・・・見たいです」
アニュー(ニコッ)「じゃあ決まりです。行きましょ、ライル」

こっちも続かない

218 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 21:29:25 ID:???
>>216
キラ兄、生きて帰ってこいよ?(遠い目)

219 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 21:36:39 ID:???
ネオはプールは入れないんじゃね?
入ったら仮面が取れんじゃないかって言う意味で。

220 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 21:38:01 ID:???
>>217
シン「あ。アニューさんも来たんで…うぁっ!?(驚き)」
アニュー「お久しぶりですね、シン君。」←着痩せするらしく、脱いだらスゴい 
ライル「ああ…生きてて良かったぜ。」
ロックオン「現金だなぁ、お前は(くいくい)ん?フェルトか。」
フェルト「ロックオン…私の水着、どう?////」
ロックオン「おう、バッチリだぜ。」


シン「あ、アニューさんって着痩せするんだ…(茫然)」
ルナマリア「むっ!?ステラ、やるわよ!」
ステラ「うぇい!」
※ルナマリアとステラ、シンの前後を挟んで抱きつく
シン「二人とも!ヤバい!抱きつく所ヤバいから!特にルナ!!!」
ルナマリア「さぁぁてシンちゃん?いつまで耐えられるかな〜?(ニヤニヤ)」
ステラ「シン、ステラ達嫌い?」
シン「嫌いじゃない!嫌いじゃないけどこれはヤバ――ああぁ胸が!前と後ろに柔らかい感触がぁぁぁっ!!!」
キラ「やめてー!ネオもミーアもやめてー!そんな所アッーー!」
ネオ「ほぅら、気持ちいいんでしょ?素直になりなさいな。」
ミーア「ここ?ここも塗って欲しいのキラ♪」


レイ「…ある意味地獄絵図だな。」
沙慈「うん…」

221 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 21:42:19 ID:???
>>220
女王様全開だなネオwwwwwつかアニューの水着姿…すげー見たい

222 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 21:46:35 ID:???
水着のルイスと水着のルイスママが現れた。
ルイスママの攻撃。 
沙慈に100のダメージ。
沙慈は赤くなった。
ルイスの攻撃。
ルイスは胸を強調した。
沙慈に500のダメージ。 
沙慈は鼻血を出した。
母子の合体攻撃
沙慈は二人に連行された。二人は肌がツヤツヤになって帰ってきた。 
沙慈は倒れた。



遠くで見ていた子熊が倒れた。


223 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 21:48:37 ID:???
>>222
沙慈、GameOverか…南無。

224 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 21:53:11 ID:???
ルナマリア(水着)とステラ(水着)が現れた。 

ルナマリアの先制攻撃、「ぷるるんっ」
シンに255のダメージ。

シンは防御している。

ステラの攻撃、「シン…ステラ達と遊ぼ?」
シンに防御無視の255のダメージ 

シンは逃げ出した 

しかし逃げられなかった

ルナマリアとステラの同時攻撃「「ねぇ、シン。(挟み込み)」」

シンに痛恨の一撃、360のダメージ 
シンは戦闘不能になった…

225 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 21:56:51 ID:???
>>224
あー、確かにステラのうるうる攻撃は防御できんわww

226 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 21:57:44 ID:???
なんかもう…許してあげてください。

227 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 22:04:43 ID:???
刹那「さて、姉さん達にキラを任せて帰って来たはいいが…暇だな。ガンプラでも作るか。」
アスラン「お、刹那じゃないか。」 
刹那「アスランか…メリクリウス。」
アスラン「へ?あ、えーっと…ヴ、ヴァイエイト?」
刹那「!?…ビルゴ。」
アスラン「ビルゴ!?(どんな意味だ?)あ〜…リーオー、でいいのか?」
刹那「(キラーン!)キャンサー、パイシーズ。」
アスラン「あ、あの…トーラス、えっと…トラゴス!」
刹那「マグナアック!!(喜んでる)」
アスラン「アフマド専用マグナアックーーっ!(アレルヤに仕事の資料渡しに来ただけなのに、何故ガンダム語に苦しむ羽目になるんだーーっ!?)」

228 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 22:11:34 ID:???
一方その頃
アウル「先輩、あそこですよ。あそこの娘、ターゲットと少し前まで付き合いがあったの」
ニコル「そうですか、それじゃ…」

プールサイドにて
休暇中のOL「〜〜♪(どん)キャッ」
ニコル「あ、お嬢さん(スチャッ)←グラサンを外して
    すいませんね、怪我、しなかったかな」
OL「えっ!(ドッキーン)」

229 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 22:12:31 ID:???
>>210
実にいいね
恥ずかしがって後ろ向いてしゃがみこむんだけど、
その後姿のほうがイケナイラインが出てしまってエロい事にも気付かないんだろう?
…ふぅ

230 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 22:13:40 ID:???
ニコルの魅力が大変危険な事になっているwww

231 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 22:17:53 ID:???
>>227
アス兄「な、なぁ刹那」
刹那「サーペント」
アス兄「俺はガンダム語は解読できなくて」
刹那「リーオー宇宙型」
アス兄「頼むから普通に」
刹那「トーラスサンクキングダム仕様」
アス兄「喋らせて欲しいん」
刹那「エアリーズ!」
アス兄「あぁぁぁぁ…訳分からん……しかも何故量産機ばかり(涙涙)」
刹那「量産機を甘く見るな。ガンダムとはガンダムだけが光れば良い作品じゃない。確かに華はガンダムだが、実際ガンダムよりも目立つのは敵味方関係無く量産機だ。」
アス兄「は?」
刹那「ザク然り、ドム然り、ギラ・ドーガ然り、フラッグにティエレン然り…どんなにガンダムが格好よくても、主役やライバルと共に戦場を駆ける量産機無くしてガンダムは語れない。」
アス兄「…いやあの」
刹那「完全なワンオフ機よりも、寧ろ激中では量産機こそが活躍すると言っても過言ではない…様々な戦術でガンダムを追い詰め、機体性能でガンダムに劣っていても、歴戦のパイロットの腕でガンダムを苦しめる量産機には言葉にならない感動がある」
アス兄「(何でそんな時だけまともに喋るんだ…)」
刹那「来いアスラン、今からそれを『じっくり』教える。(ズールズル)」
アス兄「待て刹那!待ってくれぇ〜!!!(刹那の部屋に連行)」

232 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 22:22:01 ID:???
>>231
せっちゃん、流石に良く理解してるじゃないか!!!

233 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 22:30:50 ID:???
>>231
刹那の部屋… 

アスラン「なぁ刹那・・・ザクってのはこんなに弱いのか?」
刹那「いや、ガンダムからすれば性能は劣るがガンダム以上の汎用性と戦術における柔軟性、加えてロマンがある。」
アスラン「・・・・ロマン?」
刹那「ロマンだ。」


2時間後…
アスラン「刹那、俺はバーザムよりハイザックの方がいいんだが。」
刹那「それは面白い着眼点だ。」


4時間後… 
アスラン「ベルガ・ダラスよりもジェガンだろ!?」
刹那「ジェガンもいいが、やはりジムシリーズも捨てがたい。」
アスラン「いや、ジェガンのあのシンプルかつジム系統を受け継いだデザインが」
刹那「ならばそこに」


ドア|ティエリア「な、何故アスランが熱くガンダム談義を!?」

234 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 22:33:08 ID:???
>>233
ちょwwwwww 
シン達がプールで騒いでる裏でアス兄が何だか目覚めてるじゃないかwwwwwwwwwwちなみにアス兄、スタークジェガンもなかなか良いぜ?

235 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 22:36:03 ID:???
珍しくせっちゃんと交流してると思ったら、何してんのアス兄w

236 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 22:39:33 ID:???
そういやアス兄も量産型操縦する時は評価が中々高かったからなw

237 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 22:42:28 ID:???
アスラン「キラ…ザクウォーリアやジンやゲイツは馬鹿に出来ないな。」
キラ「はい?」

238 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 22:48:25 ID:???
ラクス「は?アスランが量産機大好きに?」
カガリ「ああモグモグ、何でもムシャムシャ刹那にガツガツバクバクガンダムを見せてもらったゴックンゴックンらしくてな。」
ラクス「まず食べてからおっしゃって下さいな(汗)…まあ大体想像はできますわ。きっと刹那に量産機のなんたるかを叩き込まれたのでしょう。」
カガリ「ぷはぁっ…まあいいんじゃないかなと。」
ラクス「バカ真面目なアスランですから、たまには童心に返るのも悪くは無いでしょう。」
ラクス(アスランがガンダムに夢中になれば、シンとのピーッを邪魔する輩が減りますわ…んっふっふ)

239 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 22:51:38 ID:???
刹那って量産機乗ったことあったっけ?

240 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 22:51:50 ID:???
それにしても、ラク姉ほどげへへ笑いの似合うヒロインがいただろうか

241 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 23:04:21 ID:???
>>240
おらんww

242 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 23:05:08 ID:???
>>239
無い。けどガンダムスキーとしてせっちゃんの量産機愛は本物だ…

243 :1/4:2009/03/07(土) 23:14:58 ID:???
アスラン「例の会社ですが、やはり不正を働いてるようです。
     このまま放っておくと取引をしているうちの会社まで印象が悪くなるかもしれません」
ラウ「ふむ…身内の掃除くらいは自分達でしてほしいものだがな。
   仕方がない。いつもどおり私達の手で処理してしまおう」
アスラン「わかりました」


警備員「うっ!」
バタン
アスラン「…イザークとシホは裏口から進入して警備室を制圧。その後、監視カメラを使って俺達を誘導してくれ。
     アレルヤとマリーは俺と一緒に正面だ」
アレルヤ「はい」
マリー「わかりました」
ブシドー「私は勝手にやらせてもらうぞ。何故なら私には…」
ビリー「はいはい、ライセンスだろう?セキュリティは僕がいじっておくから、君は好きなところから入るといいよ」
ブシドー「感謝する」
アレルヤ「アスランさん、課長にディアッカさん、ニコルさんは?」
アスラン「ディアッカには潜入捜査。ニコルには一番奥の部屋に入るためのパスワードを聞き出してもらっている。
     課長はまぁ…美味しいところで出てくるんだろう」
アレルヤ「は、はぁ…」
アスラン「とにかく解散だ。全員手はずどおりに行くぞ!」

イザーク「…ハッ!」
警備員「うわっ!」
バタン
イザーク「…よし、警備室の制圧は完了だな」
シホ「前から思っていましたが、イザークのその技はもしや流派…」
イザーク「ああ、そうだ。俺も習っていた」
シホ「やっぱり!じゃあイザークも人外魔境なの…?」
イザーク「いや、俺はそうなる前に師匠とケンカ別れした。…今は随分と可愛らしい弟子を取ってるみたいだがな。孫弟子らしいが」
シホ(シーゲル・クラインのことね…)
イザーク「とにかくさっさと仕事を終わらせるぞ。こんな腰抜け共相手に一秒でも遅らすわけにはいかない!」
シホ「了解だわ!」

244 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 23:18:04 ID:???
>>243
ちょい待てそこのサラリーマンの皮被った特殊な連中www

245 :2/4:2009/03/07(土) 23:22:51 ID:???
アスラン「イザーク達が警備室を制圧したようだ。俺達はこのまま…」
警備員「誰だ!…う゛っ!」
バタン
ディアッカ「危ないところだったなぁ、アスラン」
アスラン「そうでもないが…ともかくありがとう、ディアッカ」
アレルヤ「ディアッカさん、その格好…」
マリー「中華鍋?」
ディアッカ「よう、アレルヤ、マリー。俺はここの食堂のコックとして潜入してるんだよ。
      お前の料理修行のおかげで助かったぜ」
アレルヤ「どうも…」
アスラン「それでどうだ。例の資料は…」
ディアッカ「ああ、やっぱり一番奥にあるらしいぜ。食堂は噂が飛び交う場所だからな。
      情報収集には持ってこいだぜ」
アスラン「そうか。俺達はこのまま行く」
ディアッカ「あいよ。俺はいろいろと証拠を消しておくぜ」
アスラン「わかった。後は任せた」
ディアッカ「了解」

ブシドー「…カダギリ、ここがそうなのか?」
ビリー『ああ、そこが君が目指していたこの会社の予備の発電施設だよ。
    そこを破壊すればこの会社はもう完全な丸裸さ』
ブシドー「さながら課長の姿のようなものか…いや、課長の裸は無防備とは断じて違うな」
ビリー『その点には同意するよ』
ブシドー「とにかくここは破壊させてもらう。何かの理由で通報されては困るからな」
ビリー『セキュリティなら僕が抑えてるけど?』
ブシドー「気にするな。私がただ破壊したいだけだ」
ビリー『…最悪だね、君は』
ブシドー「やはりこういうシチュエーションは派手にやるに限ると決まっているからな。御免!」
ドカーン!

246 :3/4:2009/03/07(土) 23:24:27 ID:???
アスラン「くそ、自動ドアが開かなくなった!ブシドーがまた勝手にどこかを破壊したな…」
アレルヤ「アスランさん、僕に任せてください。よいしょ…」
アスラン「重い金属のドアを軽々と…」
アレルヤ「伊達で筋肉をつけてるわけじゃないですから」
マリー「アレルヤ、かっこいいわ」
アレルヤ「そんなことないよ、マリー」
アスラン「惚気るのは後にしてくれ。それより…来たぞ!」
ロボ「ピー、ガガガ」
アスラン「自動で動く警備ロボだ。とんでもないものを入れているな…」
アレルヤ「アスランさんは先に行ってください。ここは僕達が引き受けます!」
マリー「ええ」
アスラン「…わかった。手加減してやれよ」
アレルヤ「わかってます…!」
マリー「任せて!」

アレルヤ「ふん!」
ドカン!
マリー「えい!」
バキン!
アレルヤ「その程度の銃弾じゃ僕達に当てるのは無理だよ。ビームくらい装備してないと」
マリー「それでも銃口が上がる前にかわせるけどね」
ハレルヤ「面白うそうなことしてるじゃねえか、アレルヤ…俺も混ぜろよぉ!」
ソーマ「私が体がなまっていたところだ…久々に暴れさせてもらうぞ!」
マリー(はぁ…)
アレルヤ(やりすぎるとアスランさんに怒られるんだけどなぁ…)

アスラン「…ここか。ここに来るまでにざっと警備員30人に警備ロボットが20機…この先に不正の証拠があると見て間違いなさそうだ。
     後は部屋には入るためのパスワードだが…(ブーブー)…来たか。(ピッ)ああ、俺だ」
ニコル「今、そこの秘書の方からパスワードを聞き出しました。…僕にかかればイチコロですがね」
アスラン「自慢話はいいから、さっさとパスワードを教えてくれ」
ニコル「わかりましたよ」

247 :4/4:2009/03/07(土) 23:25:43 ID:???
アスラン「…よし、これで証拠は確保した。後は脱出するだけだが…」
ラウ『私だ。ブシドー君が派手にやったおかげで、このビルは既に包囲されている。
   私が正面から出て囮を引き受けるので、君達は隙を見て脱出するといい』
アスラン「また、いつもと同じですか…」
ブシドー『私もまだまだ暴れたりないので参加させてもらうぞ、課長!』
アスラン「あんたが原因なんだから当然だ!」
ラウ『それでは行くぞ、ブシドー君!』
ブシドー『了解だ、課長!』
アスラン「はぁ…みんな、いつもどおり課長達が引き付けてくれてるので、俺達は別ルートから脱出するぞ。よろしく」
ラウ『さぁ、皆!私のおいないりさんを見るがいい!』
ブシドー『私の愛を受け取れ!』
アスラン「……」


カガリ「ふむふむ…また会社の不正が暴かれたらしいな。しかもその会社で騒ぎがあったらしいな」
ラクス「テレビで見ましたわ。変な仮面の男が二人、警察相手に飛び回っていましたわ」
キラ「僕はあんな仮面知らない僕はあんな仮面知らない僕は…」
シン「…ん?アス兄、どうかしたのか?いつもより毛が抜けてるけど」
アスラン「いや…(一度でいいから騒ぎにならないうちに仕事を終わらせたいな…)はぁ…」
シン「?」

248 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 23:32:15 ID:???
何て連中だよこいつらw 
何気にイザークが人外魔境だったり武士道はやっぱ武士道だったり、アレハレソーマリーがすっかり馴染んでたりニコルはやはりだったりwww

249 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 23:32:58 ID:???
>>247
乙っした!
ブシドーが普通に足引っ張ってるように見えて吹いたw
アスランも大変なのね…っつーかもう特殊部隊化しとるwww

250 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 23:39:18 ID:???
>>221
亀だがアニューには白ビキニが似合うと思うんだ。
清純そうなイメージだし…


それに水に濡れれば透k(アニューヲマモルタメニモネライウツゼ!!

251 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 23:41:18 ID:???
>>248
イザークは人外魔境手前みたいだぞ。
中の人からすると怪しいが…

252 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/07(土) 23:47:52 ID:???
俺の中ではアスランが白兵戦最強かな

ただその上に「人外魔境(カガリ、マユ、マリナなど)」、「変態(ラウ、ブシドーなど)」、「ピンク」という
別次元のランクの奴らがいるから、目立てないんだよなw

あと、「おかん」とか

253 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 00:47:16 ID:???
>>158
亀だがこんな妄想が

ラクス「刹那さん達が性戯…いえ、正義の味方として活動を始めたそうですのよ?ご存知でしたか?」
マリナ「え…ええ、助けて貰ったりもしましたから…」
ルイス「沙慈まで混ざってるんだ…そういえば結構子供っぽい所あるのよね」
ルナ「シンが司令官かぁ…うーん、でもメンツ的にすぐ悪者の供給が絶たれてしまうような…」
ラクス「そう!そこですわ!!」
ステラ「うぇい?」
ラクス「あまりに強すぎるが故に、そんじょそこいらの悪者では彼らの相手は務まりません!
    従って、それに釣り合うライバルが必要なのです!」
ルナ「まさか…」
ラクス「ウフフ…私達が、Aチームの皆様の遊び相手になって差し上げる…というのが、私の提案ですわ。
     戦力面を見越してマリナさんとステラさん、沙慈さんのストッパーとしてルイスさん、マスコットとして
     ルナマリアさんを揃え、頭目にこの私が就く…そして私達は敢えて悪となり世の中を乱すのです!」
ルナ「マスコットって何!?」
ラクス「悪の組織には絶対領域が必要ですのよ、ルナマリアさん」
ルナ「…そうなんだ…そうなのかな…納得しちゃいけない気がするな…」
ステラ「うぇーい、ルナ、ぜったいりょういきー♪」←わかってない
マリナ「でも、私…悪いことをするのにはちょっと抵抗が…」
ルイス「私は乗ったわ」
マリナ「え!?」
ルイス「マリナさん…沙慈ったら最近あんまり構ってくれないんですよ?もうウサ晴らしに悪いことの一つや二つしてやりたくもなりますよ!
     私のフリスク勝手に捨てるし!」←普通のお菓子ですが、食べすぎなので止められてます
マリナ「でも、みんなに迷惑が…」
ラクス「フフ…そういうマリナさんも、数々のイベントをこなしつつも今ひとつ成果を出せずに居る今の自分に
    満足していらっしゃるとは思えませんわよ?トラックには撥ねられるわ、作ったチョコをわざわざ自分で
    叩き割るわ、若返ったはいいもののデートの一つもせずに終わってしまうわ…正直、私より遅れていますわ!」
マリナ「はうっ!耳が痛いわ…」
ルイス「そう…思い切りが足りないんですよ、マリナさんは。人のことばっかり気にして、自分のことが全然出来てないでしょ?
     ここは一つ、度胸をつけるのに悪人になってみましょうよ。断言します…事ここに至りて、必要なのは劇薬です!
     いい人なだけじゃ、いつまでも今のままなんですよ!」
ステラ「うぇーい、じゃあステラも悪の組織なるー♪」←わかってない
ラクス「ルナマリアさん、ステラさん、ルイスさんは決まりですわね…感謝しますわ。さて…どうしますか?マリナさん」
マリナ「わ…わかったわ…やります、私…悪事を働いて、世の中を乱します!」
ラクス(…押しに弱いのもマリナさんの弱点ですわね…フヒヒwwwこれでシンと遊ぶ口実が出来ますわ)
ラクス「悪の秘密結社『エターナル』結成の瞬間ですわね…ククク…!」
ルナ「なんて黒いオーラなの…」
ルイス「リーダーが適任なのは分かったわ…」

254 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 01:02:52 ID:???
待つんだ!マリナもルイスもそっちに行ってはイカン!

255 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 01:27:42 ID:???
なんかマリナとネーナの立場がどんどん本編と逆になっていくんだがww

256 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 01:35:21 ID:???
マリナ様をもうちょっとヒロインさせてあげて下さい……
スメラギさんをラブコメさせてあげて下さい……


257 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 01:45:37 ID:???
>>256
やあ、俺と好みが似通っているようだね

でも今は定期的に出番あるからまだいいかなーなんて思っている俺の志は多分低すぎる

258 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 01:49:28 ID:???
マリナは出番多いほうだと思うぞ
ドラマ編ではいつも優遇してもらってるし

259 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 01:53:49 ID:???
このスレの主役はあくまで五人兄弟だしなー

260 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 01:56:40 ID:???
>>259
最近の比率だと主役刹那だけどなw

261 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 03:05:57 ID:???
秘密結社エターナル…ラク姉がハマりすぐるw

262 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 04:42:52 ID:???
傾向としてはどれだ?
@アイマスクだけして後は普段どおり。でもなぜかばれない
A化粧、カツラ、服装等も普段とは全く違うのに声でばれる
Bお互いがお互いの正体を知った上であえて知らないフリ

263 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 06:26:28 ID:???
>>262
@なら面白いw 
しかしBも捨てがたいww

264 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 06:30:42 ID:???
Bだと抱腹絶倒だが、シンが黙ってないだろうから@だろうか。キャッツアイみたいで結構よくね?

265 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 07:02:22 ID:???
シン「えーと、今夜の成果は空き巣4人に痴漢4人、放火未遂2人か。」
沙慈「なかなか治安が悪いね。」
ネーナ「最近、よその国は不況だから…そのせいでオーブでも失業者が増えてるみたいだよ?」
刹那「世界と無関係でいる事は出来ない。」
シン「気の毒とは思うけど、だからって悪い事するのはな「オホホホホ!!ホが4つ!」誰だ、こんな夜中に昔懐かしい笑い方撒き散らす奴は!!?」
???「ウフフ…わたくし達は悪の秘密結社エターナル!介入野郎Sチームさん達…貴方方と対を為す存在ですわ!」
ネーナ「あ、悪の秘密結社!?」
沙慈「え〜っと…アン○ンマンに対するバイキ○マンみたいなものかなぁ?」
???「ちょっとぉ!もう少し気の効いた例えしてよ!!」
刹那「仲間がいるのか?」
?????「そうよ、アタシ達は強固な結束で悪を貫く組織!アンタ達に止められるかしら?」
???「うぇーい!」
???「ああ…や、やっぱり恥ずかしいわ…」
シン「何だかやたら個性的な面子らしいけど…宣戦布告だなんて強気じゃないか!刹那、ネーナ、沙慈、やるぞ!!」
刹那「了解!」
ネーナ「ネーナにお任せね!」
沙慈「僕『普通』以上の何物でも無いんだけど!?」
???「あらあら、せっかちさんですわねぇ…残念ながら、本日は貴方方と争う為に来たのではありませんわ。あくまでも宣戦布告を…」
シン「舐めるな!」
???「あふぅ///攻撃的なシンに『舐められる』だなんて!イヤンそんな所嗚呼…」
???「ちょっとちょっとラクゲッフンゲフン、エターナルピンク様!」
Eピンク「ハッ!?い、いけないいけない、つい脳内桃源郷にトリップしてしまいましたわ…ではSチームの皆様方、ごきげんよう!」
?????「アタシはEレッド。明日から大忙しね、アンタ達!バイバ〜イ!!」
???「うぇい。えっと、E…ゴールドなの。また、遊ぼ。」
???「ンフフ〜、私はEイエローだよ!宜しくね♪ばいばーい!」
???「…E…ブラック、です。もうダメ限界、恥ずかしい!では皆様ごきげんよう!!」



シン「悪の秘密結社エターナル…一体どんな奴らなんだ…!」

266 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 07:53:06 ID:???
そのメンバーだと配分はこうなるぞw

ブシドー「あの連中…!桃色はもとより別格のようだが、中でも一番異彩な空気を放っているのはあの黒…!
     悪いが奴の相手は私がさせてもらう!」
ブラック「え?で、できれば私は刹那の相手を…きゃっ!」
ブシドー「…初撃をかわしたか、やはり只者ではない!」
ブラック「わ、私は〜」>二人フェードアウト
刹那「…ハッ!出遅れてしまった…。ネーナ、沙慈、俺達もすぐに…ん?」
ネーナ「司令官ならあのピンク色に、沙慈なら黄色の子さらわれちゃったよ」
刹那「なんだと…!」
レッド「あ〜、ホントだ!ラク…ピンクったら一人だけ抜け駆けして!私達も追うわよ、ゴールド!」
ゴールド「うぇ〜い」>二人フェードアウト
刹那「お、おい!俺達がまだ残って…行ってしまった」
ネーナ「きゃあ〜、せっちゃんと二人っきり!」
刹那「…とにかくみんなを探すぞ。ブシドーは放っておいてもいいが、沙慈は危険だ」
ネーナ「は〜い」

イエロー「んっふっふ〜、私の相手は君に決定よ!」
沙慈「困ったなぁ…僕、戦闘とかできないんだけど」
イエロー「そ、それなら君は私のおしゃべりの相手になってもらうわ!」
沙慈「おしゃべり?それくらいならいいけど…(なんかこのテンションに慣れているような気が…)」

レッド「ラク…ピンク!一人だけ抜け駆けしてシンを独り占めするなんでズルいわよ!」
ピンク「敵の親玉と味方のトップが二人きりでお話しするのはよくあるシチュエーションですわ!」
ゴールド「シン、ステ…ゴールドとトランプする?」
シン「特にすることもないからいいけど、いいのか?あいつら放っておいて」
ゴールド「大丈夫、二人は仲良しだから…」
シン「それならいいけど…じゃあババぬきで」

ブシドー「ふははは!やはり君も私と同じか!私と同じ匂いを感じていた!」
ブラック「そ、そんな匂いは嫌です…!」
ブシドー「何を拒む!私は今打ち震えているぞ、久々に私と打ち合うことができる敵と出会えたこの瞬間をー!」
ブラック「変わってる!この人、変わってるわ!」
ブシドー「今さら何をー!」
ブラック「きゃあー!」

刹那「…誰も見つからない」
ネーナ「ねーねー、せっちゃん、あそこに美味しそうなクレープ屋さんがあるよ〜」

267 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 08:00:33 ID:???
>>264
俺はすぐさまとんちんかんを思い浮かべた

268 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 08:06:57 ID:???
>>266
ちょwwブシドーwww 
沙慈は放っておいて大丈夫だろ、平和だから(最悪食べられるかもしれないがw)
つかステゲフンゲフンゴールドの一人勝ちw

269 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 08:10:31 ID:???
シン「ちくしょう、エターナルの連中…!」
刹那「悪事とは言っても、毎回ばか騒ぎするだけだから力技で解決するのも気が引けるな。」
ネーナ「騒がしい以外、これといって被害無いもんね。」
沙慈「ただお祭り騒ぎがしたいだけかな?」
ラク姉(うふふふふ、シンはわたくしに首ったけですわ♪♪)

270 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 08:42:20 ID:???
アビー「(キュピーン)次の同人誌のネタは悪の女患部に貪られる一般人で行きますか」
キラ「ほんと何でもネタにするね……いや、悪いとは全然思わないけど」

271 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 11:58:47 ID:???
深夜 

シン「出たなエターナルピンク!今夜こそアンタを捕まえてやる!」
エタピン「オホホ!なんて可愛らしい追っかけでしょう♪よろしいですわ、今宵もわたくしとダンスを踊りましょう!!」
シン「こなくそっ!」
エタピン「(ヒラリ)うふふ…こちらですわよ?」
シン「くそっ、速い!」
エタピン「ではこちらからも参りましょう…」
シン「消えた!?(ガバッ!)な、いつの間に!?」
エタピン「(羽交い締め)フフフ…まだまだ荒削りですわね?可愛い司令官さん?(フゥっ、と耳に吐息)」
シン「う…あっ(ビクン)」
エタピン「うふふ…」
シン「くそっ…毎回毎回(首筋なぞられ)あぁっ!」
エタピン(ハァハァハァハァなんて感度が良いんでしょうハァハァハァハァ)
刹那「シン!」
エタピン「援軍ですか――今夜はおいとま致しますわ…では!」


シン「ハァ…ハァ…くそっ、次こそは必ず…!」


翌朝 
シン「眠い…(目に隈)」
ラク姉「おはようですわ…(目に隈)」
シン「ラク姉、寝不足?」
ラク姉「ええ、まぁ…(ああ、シンと同じ時間を共有しているこの快感…!)」

272 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 12:19:25 ID:???
頑張ってるラク姉最高ですw


273 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 12:31:51 ID:???
>>271
何故だ…ラク姉がエロかっこよく見えるのは…

274 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 12:42:29 ID:???
翌日の深夜 

Eレッド「来たわねSチームのシン!」
シン「Eレッド!?今夜はアンタかよ!」
Eレッド「そんな邪険にしないでよ。これでも結構友好的だと思うけど?」
シン「何を!うおぉっ!!」
Eレッド「流石に速いわね――きゃあ!?(ムニュッ)」
シン「へ?(勢い余って服の胸元から直接胸にパルマ)」
Eレッド「ちょっ!?ちょっと!いきなりそんな――あん!」
シン「い、いやあのこれは!!」
Eレッド「やだ、動かさないであぁんっ!!」
シン「うわわわわ!ごめんごめんごめん今手をどけるから」
Eレッド「あ、やん、だから動かさないで――あっ、ダメ!もう…立てない……」
シン「お、オレって奴はぁぁぁっ!!!!」
Eピンク「レッド!?何を羨ましいじゃなくてああもう、退散しますわよ!!(Eレッドを担いで去る)」
シン「……オレって…オレって奴はぁぁぁっ」


で、翌朝学園にて 

シン「………(どんより)」
レイ「シン、どうした?」
フェルト「今朝からずっとこんな感じ」
沙慈「あれ?ルナマリアは?」
メイリン「お姉ちゃん、今日は学校休むって。何でも『腰砕け』だって…何だろう?」

275 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 12:53:11 ID:???
マリナ「ああ、刹那でなくなんであんな人に付け狙われるのかしら……。
    スーパー戦隊シリーズを見て研究しようかしら」

『ガオシルバー!』
『アバレキラー!』
『ウルザードファイヤー!』

マリナ「……これよ!」

276 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 13:00:34 ID:???
>>274
豊乳を揉みしだくなど・・・・羨ましいシンめ(ギリギリギリ)

277 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 13:02:39 ID:???
>>274
ラッキースケベ過ぎるwwwつかどんなテクだよシンwww
よし、ちょっと家に来ないk…ん?何だあのピンクの物体…

278 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 15:18:03 ID:???
秘密結社エターナルには毎回ゲスト参戦するキャラがいるという電波を受信した。

279 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 17:43:07 ID:???
で、更にまた深夜ねw 

エターナルゴールド「うぇーい、ゴールドと遊ぼ。」
シン「く、来るなぁ!来ちゃ駄目だ!」←前回の罪悪感 
エターナルゴールド「シン、ゴールドの事…嫌い?(しょんぼり)」
シン「いやそもそもアンタの事よく知らないし…まあ、雰囲気とか知ってる娘に何となく似てるから、嫌いじゃないけど。」
エターナルゴールド「ホント?あのね、ゴールドもシンの事大好きなの。」
シン「はぁ!?えっとあの、オレ達会って間もないってかアンタ達を捕まえようとしてんですけど!?」
エターナルゴールド「シン、遊ぼ!」←ぴょーんとジャンプ 
シン「そんな高い所から飛び降りるな――ってちょっと待て〜!!(ズドン)むぎゅっ!!?」←ゴールド、シンの顔面にしりもち着地
ゴールド「着地…失敗したの。」
シン「もが〜!!ふがふが!!」
ゴールド「(びくん)ひゃう!?」
シン「ふごっ(もぞもぞ)」
ゴールド「はぅっ…シ、シン、何だかムズムズするの///」
シン「ふんがふがふごっ(どいてくれ〜)」
ゴールド「ひゃあん!!」
シン「むがむごふがが〜!!(またこのパターンかよぉぉ!?)」


で、翌朝学園にてw

シン「……オレって…オレって女の敵なんだろーか……ブツブツブツ」
レイ「だ…大丈夫かシン…?」
メイリン「あれ?ステラお休み?」
フェルト「朝スティングさんから聞いたら、「何だかもじもじして布団から出てこない」って。で、ネオさんが「女の子は色々あるのよ」ってお休みさせたんだって。」
シン「……今晩は平和に過ごしたい……」

280 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 17:48:06 ID:???
本編を見てやはりマリナのネタの書き方はこれでいいんだと革新した俺

281 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 17:53:08 ID:???
>>280
本編でも射程外に追いやられて寧ろ燃えてきたよ俺は…
俺の中ではもう刹那はフェルトにお任せです☆

282 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 17:54:20 ID:???
>>279
シンのラッキースケベスキルがどんどん上昇している…!!

283 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 17:58:59 ID:???
シン「オレもうお婿に行けない…」
ラクス「( ̄□ ̄;)!!」

284 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 18:24:20 ID:???
シン「この手が!この顔が俺をこんなボッ///(思い出した)……グラハムさんと滝に打たれてくる…」

285 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 18:29:11 ID:???
本編があれだからこそ逆にという逆転の発想は・・・・?

286 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 18:31:39 ID:???
>>279
某所でルナとステラと○○○が戦隊組んでシンに3P仕掛けるSSがあったが
そこだとステラは黒(ガイアの色の)だったんだが…

金はカガ姉がいるしさ。

287 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 18:34:12 ID:???
>>284
駄目だシン!引き返せない道だけは駄目だー!!

288 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 18:38:58 ID:???
>>286
髪の色じゃね?いやゴールドとイエローの違い聞かれても困るけど

289 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 18:43:00 ID:???
※某所の滝

グラハム「少年、大自然に身を委ね、我が身を打ち叩く滝に心を委ねるのだ!!!」
シン「はい、グラハムさん!」
グラハム「今この瞬間、全ての雑念を滝に流すのだ。そして覚醒せよ!」
シン「はいっ!!!」


木|ラウ「私も混ざりたい…」

290 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 19:42:15 ID:???
>>283
アスラン(シンは家から出てかない…)
キラ「つまり僕の世話を生涯してくれるんだね」
カガリ「私の食事に決まっているだろ」

291 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 19:55:08 ID:???
>>290
お前ら兄貴姉貴としての威厳無いじゃんw

292 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 20:01:48 ID:???
>>290
婿には行かなくても嫁は来るぞww

293 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 20:12:06 ID:???
ラク姉「シンの嫁No.1!」
ルナマリア「同じくNo.2!」
ステラ「ステラ、シンのお嫁さん。No.…3?」



シン(滝修行中)「…あ、何か悪寒が。」

294 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 20:27:56 ID:???
刹那「シンはいるか?」
ステラ「シン、いない。えっとね…グラハムと「しゅぎょー」に行ったの。」
刹那「…修……行?(汗)」
ステラ「ステラつまんないの。せっちゃん、ステラと遊んで?」
刹那「了解だ。」


アスラン「ただいまー…誰か居るかな――ん?」

つステラと刹那、仲良く縁側で寄り添って丸くなってお昼寝

アスラン「――ハハ、子犬と子猫のお昼寝か。何だか和むなぁ…(ほわわん)」

295 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 20:36:46 ID:???
>>294
仔犬と子猫の丸まってお昼寝だと…!?なんて素晴らしい癒しワールド!!!

296 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 20:38:16 ID:???
>>294
二大癒しキャラのお昼寝姿・・・・誰かイラスト化希望っ!

297 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 20:43:05 ID:???
>>294
ステラとせっちゃんが仲良くお昼寝なんて、それだけで小動物が寄り添ってる微笑ましい光景w

298 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 21:06:48 ID:???
ステラ「すやすや…」
刹那「すー…すー…」



シン「(ステラ…刹那…よい子はお昼寝の時間だぞ。あいつらよい子だから今頃ちゃんとお昼寝してるだろうし――そういえば戸棚に三時のおやつ入れてあるから起きたら食べるかな?)」←滝に打たれてる

グラハム「少年よ…こんな時までおかん・THE・パワーを放つとは…!」

299 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 21:29:53 ID:???
ラクス「シンはどこですの!はっあそこに!」

シン(とハム)白装束姿で滝に打たれ透け透け

ラクス「!ふつくしいですわシン!ハァハァ」

ハム「(むっ邪気が)少年は続けたまえ。そこか!」ダッ
ラクス「ちぃッ!気づかれましたわ」
ハム「ちぇすとぉおお(ガキン)なに!?」
ラクス「ちぇすと…ですって?」
ハム「馬鹿なッ?胸で受けただと?こやつ、まな板か!」
ラクス「まな板…」ゴゴゴゴゴゴ
ハム「この気迫!なに奴?」
ラクス「あなたにはシンの美しい姿を見せて頂きました。命だけは助けてあげましょう」
ハム「ぐ、(動けん!気圧されているだと?阿修羅を超えるというのか)」
ラクス「シンは早急にお返し頂けますね?」
ハム「ぐ、は!はい…」
ラクス「ありがとうございます、それではごきげんようグラハムさん」

ハム「あやつ(ガチガチ)化け物か震えが止まらん」
シン「どうしたんですか」
ハム「君はもう帰りたまえ、ご家族が心配しておられる」
ハム「私もまだまだだな…」

300 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 21:30:01 ID:???
シンは仮面をつけてミスター・オカンになって帰ってきます

301 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 21:41:21 ID:???
シン「滝修行もしたし、これでオレの変なジンクス(ラキスケ)も消え去ったはず…これならエターナルを相手にしても大丈夫さ!」
ルナマリア「あ、シンじゃない。久しぶり〜」
シン「ルナか。なぁ、学校休んでたけど大丈夫だったか?」
ルナマリア「へ?あ、ああ、まぁね。ちょっと立てなくてさ…(アンタがテクニシャンなのが悪いのよ!)」
シン「ならいいけど――(トラック接近)ルナ、危ない!」
ルナマリア「きゃっ!」
シン「ったく…きちんと道路走れよな。大丈夫だった、ルナ―――あ。(胸パルマ)」
ルナマリア「……あふっ///(恍惚)」
シン「オレって奴はぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」

302 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 21:54:19 ID:???
>>301
諦めるんだシン。キミの先天性スキル・ラキ☆スケはもうどうにもならないのだよ…

303 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 22:03:03 ID:???
兄弟家
シン「滝修行も意味が無かった…地下室で座禅でも組もう。」
アスラン「お、シンじゃないか。何してるんだ?」
シン「アス兄…いや、ちょっとね。アス兄は?」
アスラン「ああ、趣味でグライダーでも造ろうかとな。地下室に材料があるから取りに来たんだが。」
カガリ「お前らも来たのか。私は干し肉を♪」
ラクス「干し肉ですの…」
シン「カガ姉、ラク姉も。」
ラクス「しかしまぁ、この地下室もまた無駄に広いですわね。使って無い部屋もあるんでしょうに。」
カガリ「ああ、そこのドアなんか一度も開いた事無いらしいぞ?」
シン「ああ…何だかいかにもなデザインだよね(ギギィ〜)って何開けてんのさアス兄ぃぃっ!?」
アスラン「あ、何だか気になって…」
ラクス「全くこのKYは―――」

つ開いたドアから光

シン「な…何だ!?うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」


シン「――ん…ここ…は?」
つ一面大草原
シン「どこだよここ…!?」
ラクス「うぅん…」
アスラン「くっ…」
カガリ「気が付いたかシン」
シン「カガ姉…ここは?」
カガリ「解らない…」

304 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 22:04:35 ID:???
>>294
http://imepita.jp/20090308/792490
何とか雰囲気だけでも…!

305 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 22:09:20 ID:???
>>303
シン「どこなんだよここ!?訳分からない!」
アスラン「落ち着けシン、まずは」
一同『『『お前が原因だろーがぁぁっ!!!』』』


カガリ「…と、まあアスランの制裁も済んだ事だし。これからどうするかだが…」
ラクス「あの、何だか気になる事が一つ。」
シン「何、ラク姉?」
ラクス「皆様…なんか武器持ってませんこと?」
シン「武器――あっ!?」

シン…バスタードソード+折り畳み式ロングバレルライフル 

ラクス…杖 

カガリ…ごっついナックル
アスラン…双刀+ブーメラン 

アスラン「これは…」
カガリ「なんだかゲームみたいだなぁ…」
シン「いよいよもって訳分からない…」

306 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 22:10:21 ID:???
>>304
神が降臨なされた!皆の衆、崇めるのじゃあ〜!

307 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 22:17:02 ID:???
キラ「さってエロゲエロゲ…あれ?おかしいな。こんなRPGやってた時無いけど―――えっと、このキャラ達…シン達に似てる…いやこれシン達じゃないか!?何で!?しかも台詞が」

キラ「どう見てもおかしい…えっと、ステータスは」
シン…「万能ソルジャー」
ラクス…「ソーサラー」

カガリ…「グラップラー」
アスラン…「スラッシャー」

キラ「えーと…ちょっとマズいよ…カガリでさえ人外から標準になってる。ゲームバランス補正!?しかも皆レベル1じゃないか!」
キラ「良かった、僕が操作出来るなら何とか出来る――待ってて、必ず何とかしてみせるから!」


続きは任せた

308 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 22:23:14 ID:???
>>304
グレート?いやいやゴッド!ゴッドジョブと読むGJ!

309 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 22:24:37 ID:???
おお!?ゲーム引き込まれネタか。キラ兄何とかしてくれ! 
しかしカガ姉はバランス補正で標準…かなりキツいぞw

310 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 22:28:02 ID:???
シン→近中遠万能型 
ラク姉→魔法中心
カガ姉→格闘・スピード型 
アス兄→近距離型 

だろうか。こりゃキラ兄に頑張ってもらわないと…

311 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 22:28:49 ID:???
しかしどーなってどこに繋がってんだ兄弟家はwwww

312 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 22:39:45 ID:???
シン「参ったな・・・どうしよう。」
ラク姉「シン・・・(見知らぬ土地でシンとハァハァ)」
アス兄「顔が緩んでるぞラクス・・・(げんなり)」
カガ姉「全くこんな所でも―――ラクス!(突飛ばし)」
ラク姉「ひゃあっ!」
魔物「グルルル・・・」
シン「ねぇアス兄・・・こいつ、何・・!?」
アス兄「ゲームの魔物みたいだな・・・」
カガ姉「喋ってる場合じゃない、とにかくやるぞ!とぉぉぉっ!!」
シン「カガ姉!?――うぉぉっ!!」
アス兄「援護する!」
ラク姉「えっと、杖という事は・・あ、火が出ましたわ!とぅっ!」
魔物「ギャァァっっ!?」
シン「倒した・・・のか?」
アス兄「らしいな。」
カガ姉「見ろ、こいつの死骸の跡に通貨っぽいのとアイテムっぽいものが!」
ラク姉「ますますゲームみたいですわ・・・」



キラ兄「よし、バトルの感覚は掴んだ。用はオンラインゲームの要領だね。これなら何とかなるかもしれない・・・」

313 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 22:45:31 ID:???
キラ兄に頼るしかないな、これは。つか必死なキラ兄はVSせっちゃん以来だwww

314 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 23:06:01 ID:???
流れぶったぎってすまん
昨日ポトフつくったんだが
今、鍋見たらじゃがいもがくずれちまった
シン、何か助言頼む…

315 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 23:07:52 ID:???
スメラギ「ふふ、楽しいわね」
カナード「何も買わずに店を回るのがか?」
スメラギ「ウィンドウショッピングってのはそんなものよ」
カナード「っていうか何故俺は付き合っているんだ」
スメラギ「チェスに負けたからよ」
カナード「クソっ、何故また賭けなんてしたんだ俺は!」
男「おーい、そこのお嬢さん」
スメラギ「あら、ナンパ。いやねぇ、私もまだまだ現役よね」
男「あ、いや、あんたじゃなくてそっち」
スメラギ「は?」
カナード「………?」
男「そこの髪の長いワイルドなお嬢さん。良かったら僕とお茶してくれないかな? 僕一目惚れみたいで……」
カナード「…………(プツン)」



マリナ「それで、喧嘩してボロボロなのね」
マユ「お兄ちゃんってよく間違いられるよね」
ミーア「でもカナ兄をボロボロにするなんてそのナンパ男もやるわね」
カナード「嫌、そのナンパ男からは一発も喰らってない」
全員「「「?」」」
カナード「スメラギにやられた……」
全員「「「ああ……」」」



スメラギ「ヒック……なんで私じゃなくてカナードなのよ!!……ヒック」
アレルヤ「あ、その、大変ですね」
刹那「もしもし、ミーア姉さんか? すまんが早く迎えに来てくれ。アレルヤが可哀想だ」

316 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 23:12:02 ID:???
仕方ないよ、カナードのかんばせと来たら捧げた花も自信なくして散る程可愛いもの

317 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 23:26:13 ID:???
>>314
シン「煮込む順番ちゃんと守ってる?じゃがいもの煮え加減は竹串刺してすんなり通る位が丁度いいよ。一晩経てばもっと味がしみ込むから、余程柔らかいのが好きじゃなければほどほどにホクホクしてる状態が一番。」

318 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 23:28:44 ID:???
キラ「現時点でシン達のレベルは15。だいぶ上がったかな…装備品も割と充実してきたし、そろそろ先に進んでも良い頃かな?」
キラ「あはは、ゲームの中でもラクスってばシンにお熱だねw」


319 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/08(日) 23:42:07 ID:???
シン「鳳凰天躯!!」
アスラン「虎牙連斬!」
ラクス「『お馬鹿さぁん』召喚!お行きなさい!!」
カガリ「疾風三連撃!!」
シン「ふーっ、何だか色々技使えるようになって来たなぁ。」
ラクス「これがゲームならレベルが上がってる状態ですわね。」
アスラン「いや、正にゲームだろうな、これは。」
カガリ「事実、私の力もここではまだまだ弱いからな…これはこれで強くなる実感があっていいが(笑)」
シン「でも、どうにかして戻らないと…」
ラクス「シン…」
シン「明日の買い物とかバーゲンとか特売セールとかステラや刹那達の面倒みたりとか洗濯とかお昼の笑っていいべさ!とか…」
全員(画面越しのキラ含め)「「「「心配するとこそこ!?」」」」

320 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 06:00:45 ID:???
>>319
シン、お前ホンマにオカンやなぁw

321 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 06:56:03 ID:???
昔あったモンハンin種死のスレを思い出すな
この流れ
アレは良スレだったんだかなぁ…

322 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 07:18:20 ID:???
キラ「だけど、どうしてこんな事に…。地下室の開かずの間が開いてたから、何か関係があるのかな?」
ギルえもん「それは私が説明しようか。」
キラ「いつの間に居たんですか!?てかまた理事長の発明絡みですか!!?」
ギルえもん「いや、実はその通りなのだよ。今から20年程前だろうか…君達の父上から頼まれて制作した私の発明品『RPG体感マシン』だ。」
キラ「父さんが原因!?」
ギルえもん「彼は普段から育児や家事に追われていてね。たまにはスカッと気分転換がしたいと私に溢していたんだ。そんな彼の為に私は当時人気だったゲームを元にマシンを制作、マシン本体と仮想空間をこの家の地下室に設置したのさ。」
キラ「……えっと…父さんも辛かったんですね…」
ギルえもん「はっはっは…………それはもう…見るに耐えなかったね…(遠い眼差し)」
キラ「じゃあこれが仮想空間なら、シン達は大丈夫なんですね?」
ギルえもん「それは安心したまえ、仮にゲーム内でケガや戦闘不能になっても現実の肉体には影響は無い。それに一度仮想空間に入ったら10時間で強制終了するように設定してあるからね。」
キラ「ほっ…良かったぁ…」
ギルえもん「まあそんな訳だから、バーチャルゲームを楽しんで問題は無いよ。しかし…」
キラ「?」
ギルえもん「フフ、普段と違って、君も家族の事となるとさすがに慌ててしまうようだね。」
キラ「…まあ、僕は一応長男ですから。(笑)」

323 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 10:14:25 ID:???
>>319
シンの必殺技なら「ふっはっくらえ」があるじゃないかw

324 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 12:10:01 ID:???
>>322
いいなー、自宅に超リアルバーチャル世界…

325 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 12:58:59 ID:???
>>294
シン「(滝から帰ってきた)刹那にステラ?ああ、もうしょうがないなぁ」←慈母に溢れる笑顔
アスラン「(なんか別の方向でパワーアップを遂げている!!)」

326 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 17:05:23 ID:???
>>325
さらなるオカンに進化を遂げたか、シンよ…

327 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 17:16:56 ID:???
シンと刹那とステラが一緒に出かけて、スーパーのおばちゃんに 
「あら、随分お若いお母さんに可愛らしいお子さん達ねぇ♪」
とか言われても全く違和感無いと思うのは何故だろうwww

328 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 17:43:36 ID:???
シン強化の流れ切っちゃうけど投下

五兄弟自宅 朝

アスラン「おはよう、みんな」
カガリ「ああ、おはよう。珍しいな、お前が最後(キラを除く)なんて」
アスラン「昨日は書類整理が結構時間かかってな、それが原因かも」
カガリ「お前も大変だな。」
アスラン「まぁ、みんなのためだ。特に苦にはならないさ。それに、大変なのはお互い様だろ?」
カガリ「私の場合、優秀な部下が多いからそこまで大変じゃないぞ?」
アスラン「そういいつつ、昨日も電話で少子化対策云々って遅くまで話してただろ?」
カガリ「あんなもの、雑談のようなものさ。何でも、男性の積極性が下がったとかそのおかげで女性に積極性が増したとか・・・私にはよくわからん」
アスラン「草食男子、肉食女子ってやつか、たまにテレビとかでも話題になってるな」
カガリ「そうなのか?」
アスラン「夕食のときとかにたまに・・・って、カガリは食べるのに集中してあんまり聞いてないか」
カガリ「そんなことはないぞ!食事8割団欒2割だ!」
アスラン「どっちにしろテレビの情報0じゃないか(苦笑」
カガリ「まぁな。ところで、その草食男子、肉食女子ってのは具体的にどういうことだ?女子の肉好きが増えたわけじゃないんだろう?」
アスラン「あ〜つまりだな〜・・・」

ラクス「シンのエプロン姿はやっぱり萌えますわ〜・・・そんなにお尻を振って、誘ってますの?誘ってるんですのね!!いざっ!!(ルパンダ〜イブ」
シン「あ、おいやめろよラク姉!って服を脱ぐな!そして脱がそうとするなー!!!」
ラクス「えへへへへ・・・よいではないかよいではないか〜(ガシッ」
シン「よ・く・ねええええええっ!!!(じたばた」

アスラン「つまり、ああいうことだ」
カガリ「うむ、わかりやすい例えがいて助かったな」
シン「なんかいろいろ間違ってるって!っていうかのんびり見てないで助けろよ!ってアッー!」



これっておそらくソレスタ家でもカナード家でも説明可能だよな

329 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 18:13:34 ID:???
>>328
はい、説明可能ですともw 

ロックオン「少子化対策?」
刹那「ああ。理屈は理解できるが、細かい対策は何なんだ?」
ティエリア「ああ、なら――(指差す)」
ライル「なぁアニュー、今夜は…な?」
アニュー「もう//狼ね。」

刹那「なるほど、理解した。」


マユ「シンお兄ちゃんとラブラブになりたーい!」
ミーア「キラと既成事実作りたーい!」
マリナ「刹那をお婿に迎えたい…。」
カナード「…オーブは少子化など無縁だろうな。」
劾「……ああ。」

330 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 19:30:12 ID:???
>>329
カナード「…空回りシスターズ(ボソッ)」
マユ「お兄ちゃん、ひどーい!別にマユは空回りなんかしてないよ!相手にしてもらってないだけだもん!」
劾「いや、それもどうかと思うが…」
ミーア「あたしだってそうよ!マユやマリナに比べたら断然構ってもらってるほうよ!」
カナード「…あれでか?」
ミーア「そうよ!キラは今はやりの、ツ…ツンデレなのよ!」
カナード「あいつがツンデレねぇ…ん?マリナは特に文句はないのか?」
マリナ「私がシスター…(恍惚)…そうね!まだ2(ピー)歳はまだまだイケるわ!」
カナード「…シスターに若いという意味はないぞ…」

331 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 19:38:22 ID:???
空回りシスターズww確かにwww

332 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 19:43:46 ID:???
刹那「ミーア姉さんが空回り…キラ、あんたは…」←睨み
キラ「い、言っておくけどマリナさんだって君が原因で空回りしてるんだからね!?」
刹那「俺が?…知らない内にマリナを傷つけてしまっていたんだろうか…何か気に障る事をしてしまったのか。」←真剣に悩む 
キラ「キミ、本当に判らないの!?」
刹那「何をだ?」
キラ(シンといい刹那といい、究極鈍感って奴はぁぁ〜!)

333 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 19:49:45 ID:???
>>332
ネオ「それじゃあ」
ミーア「貴方は違うって所見せてもらおうかなー」
キラ「ちょwwwwww心までwwww読まれたwwwww」

ずーるずーる

334 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 19:52:41 ID:???
ネオ「わ、私もキラと既成事実作りたいわよ!」
ミーア「もう1夫多妻で構わないし、私とネオのダブル奥さんでいいわ。キラのお嫁さんになってみせる!」
刹那「姉さん達が燃えている…」
シン「キラ兄、五体満足でいられるかなぁ…(引きつり)」
ネオ、ミーア「「FIGHT!オーっ!!」」

シン「同じお姉ちゃんズでもネオさんやミーアさんに比べてソーマリーさんにアニューさんは物静かだよな。」
アレルヤ「マリー///」
マリー「アレルヤ///」
ライル「アニュー、ほらこっちこいよ。」
アニュー「やだ、もう…///」



シン「……ああ、余裕あるからか。(すっげえ納得)」

335 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 19:56:27 ID:???
今後の展開しだいでは刹那にももう一本フラグが立つような立たないような…
まぁ、いいや!俺、このスレのカオス具合が好きだし!

336 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 20:12:06 ID:???
シン「オレも余裕が欲しいな・・・・」
ラク姉「シン、わたくしとハァハァな事を致しせう♪」
ルナマリア「抜け駆け禁止!アタシもする!」
ステラ「ステラも」←わかってない 
シン「・・・・うん、余裕無し♪(涙)」

337 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 20:19:26 ID:???
>>336
可哀想なシン(同情)。 
そんな時はせっちゃんとステラをだっこするんだ、そりゃもう癒されるぞwww 


あ…ステラも原因だったw

338 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 20:27:15 ID:???
>>336
ラクス「ならば私とラブラブになれば大人の余裕も出ますわ〜」ルパンダイブ
シン「俺が欲しいのはそういう余裕じゃなアッーーーーー」

339 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 20:39:06 ID:???
レイ「余裕か…」
レイ「もしかすると、俺は良いポジションなのか?」

340 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 20:53:55 ID:???
学園にて・ 

シン「球技大会?」
レイ「ああ、種目は男子はバスケット、女子はバレーらしい。各学年、クラス代表を選びトーナメント方式で争う。」
シン「男子がバスケ、女子はバレーか。」
ルナマリア「あーん、面倒くさい〜」
レイ「なお、優勝クラスにはギルから学年末テストに+補正が与えられるそうだが。」
ルナマリア「やるわよ皆!1‐Dの力を見せてやりましょう!!!」
シン「変わり身早っ!!!」
沙慈「僕は自信ないなぁ…運動はそこそこ出来るけど。」
刹那「俺がガンダムだ。」
ネーナ「バレーかぁ、ネーナ、スパイク打ちまくるね☆」
ルイス「あたし自信なーい。」
フェルト「頑張る…。」
ミレイナ「頑張るですぅ!!」
ステラ「バレー…くるくる?」
メイリン「違う違う、ステラそれ違うから(汗)」
シン「勝負なら負ける訳にはいかないよな――よし、じゃあ早速練習しよっか!」
全員『『おーっ!!!』』



その他クラスメイト達(((うちのクラス優勝できるよなぁ…あいつら規格外だし)))

341 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 21:06:02 ID:???
>>340
引き継いでみよっかなw


シン「――レイ、パス!」
レイ「そらっ」
刹那「沙慈、Oライザードッキングモード!!(スイッチの事)」
沙慈「わかった!!」
シン「よし…シュート!」
三時間後―

レイ「ふむ…良い連携だな。これで更に攻めのパターンを構築していけば…(ホワイトボードとにらめっこ)」
沙慈「シンがPF、刹那がSF、レイがPGで僕がSGでいいかな?Cは誰かが入るとして」
レイ「ああ、問題ない。それが現状でベストだろう。俺達は上背が無いから機動力と速攻性で攻めて行く。」
沙慈「まずレイが司令塔になってコート全体にパスを散らして――」
レイ「――更に刹那が走り回り撹乱、シンで止めを刺す。沙慈は常にフリーの状態を維持、3ポイントを狙う。」
沙慈「リバウンド勝負は高さが無いから辛いけど、シンなら相手より速く飛べるから悲観的にならずに済むね。刹那は基本的に切り込んで、中から攻めてもらおう。」
レイ「そうだな、更には―――」


シン「…………話に加われない…」
刹那「あれはレイと沙慈の領域だな…Iフィールドだ…」

342 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 21:10:13 ID:???
>>341
レイPGハマり過ぎだwww

343 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 21:16:19 ID:???
女子・バレー特訓中

ルナマリア「そぉれ!」←ぶるるるん! 
ステラ「うぇい!」←ゆっさゆっさ 
ネーナ「えいっ!」←ばるるんっっ 
ルイス「おっ、とっ、と!」←ばいんばいんっ! 
フェルト「…えい」←ぶぷるんっ!
メイリン「とぉっ」←ぷるっ 
ミレイナ「ですぅ!」←ぴょんっ 
シン「・・・・////」
レイ「俺は気にしない。」←視線逸らし 
沙慈「////」
刹那「・・・」←必死に目ぇ瞑ってる

344 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 21:43:09 ID:???
>>343
なんというけしからん光景。

まーたロックオン兄弟が覗き見してファングで串刺しにされてそうだなwwwwwwww

345 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 21:50:20 ID:???
今ならセラフィムも来ます

346 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 21:53:58 ID:???
>>344
ロックオン「おいライル、お前またやってんのか?」
ライル(スコープ覗き)「いやぁ、眼福眼福w兄さんはやらないのか?」
ロックオン「俺はパスだ。またフェルトからお叱り受けそうだからな……お。(すたこらさっさ)」
ライル「うぅむ、あれで本当に高校生のスタイルかよ?信じられねぇな…」
アニュー「行きなさい、ファング!!!!」

つファング乱舞 

ライル「ぎぇぇぇぇぇっ!!!!」
アニュー「全くもう…男の性だから仕方ないけれど、いい加減にしなさいライル。」
ライル「は………はい…………ガクッ」

347 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 21:58:26 ID:???
>>346
ティエリア「今までとは違い、自らの意思、ミレイナへの妹愛でその姿を晒そう・・・」
ライル「(ボロボロ)な、この声は・・・」
ティエリア「セラフィム!ガンダム!!」 
ライル「ちょ!?いくらなんでもオーバーKILLだろーがっ!!?」
ティエリア「譲れないものは此方にもある!!貴様の行い――万死に値するっっ!!!!(ツインバスターキャノン)」
ライル「あ、久々聞いたなその台詞。・・ってぎぇ〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!」

348 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 22:02:15 ID:???
レイ「何だかセラフィムが砲撃したりファングが乱れ飛んでいても俺は気にしない。さて、改めて練習だ。」
シン「いや少しは気にしようよ!?」
刹那「アニューは間に合ったようだな。」←イノベ能力で知らせた張本人
沙慈「あ。セラフィムが去って行ったね。」

349 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 22:04:19 ID:???
いやいや、妹といえばまずはこの人だろ

ミハエル「ガンダムスローネツヴァイ、ミハエル・トリニティ……エクスターミネート!!」

つまりは、ファングがいつもの2倍飛んでおります

350 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 22:07:19 ID:???
イノベ思考会話…
アニュー(刹那、いつも教えてくれてありがとうね?)
刹那(いや。だがいかに見過ごせないとはいえ…身内を晒すのはやはり気が引けるな。)
アニュー(いいのよ、ライルには良い薬だわ。)
刹那(だがそんなライルでもアニュー義姉さんは愛しているんだな。)
アニュー(ええ////)
刹那(ガデッサ。)
アニュー(フフ…ガラッゾ。)


シン「おーい刹那、どうしたんだよ、ボーッとして?」
刹那「(イノベ眼解除)―――あ、いや、何でも無い。練習を続けよう。」

351 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 22:12:52 ID:???
>>350
なぜだ?お義姉ちゃんと義弟の和やかな会話なのに、空恐ろしいと感じるのはなぜなんだ…!?

352 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 22:20:25 ID:???
ステラ「はいっ!!」
ルナマリア「ナイストスよステラ!そぉいっ!」
ネーナ「フェルト、アタックアタック!」
フェルト「うん!」
メイリン「お姉ちゃん、下がって!とぉっ」
ルイス「よいしょおっ!」
ミレイナ「凄いチームプレーですぅ!!」
ルナマリア「ふぅっ、これなら優勝間違い無しね。」 
ルイス「ステラの反射神経にルナの怪力、ネーナの攪乱とフェルトにミレイナの頭脳プレー、あたしとメイリンのサポート…イケるよこれ☆」
ルナマリア「そうね、ちなみにルイス。怪力って何かしらぁぁ?」←頭ぐりぐり 
ルイス「痛い痛い痛い!ごめんなさぁ〜い!」
メイリン「お姉ちゃん、腕力万力以上なんだからやめてあげて「アンタもかぁ!」痛い痛い痛いえーん!」
シン「なんだかんだ平和だな、女子達w」

353 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 22:25:48 ID:???
たまにはコーラさんも仲間に入れてあげてください…

354 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 22:40:46 ID:???
>>353
炭酸「うらぁガキども!センターならこのスペシャルな俺様が務めてやるぜ!!」
シン「あ、サワーさん久しぶりですね。」
炭酸「おう久しぶり…って違う違う!俺様はコーラサワー!サワーなんて略すんじゃねえ!!」
レイ「よし、例え直線バカでも上背と運動神経とコクピット付近に直撃食らってもぴんぴんしている頑丈さがあれば大丈夫だろう。これで球技大会に臨めるな。」
炭酸「おうよ、まっかせとけ!!」
沙慈「いえ、今さらっと凄くキツい事言われたの気付かなかったんですか!?」

355 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/09(月) 22:51:18 ID:???
>>354
バスケは5人だからこれで揃ったなw

356 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 00:51:04 ID:b5Ec5dfJ
ルイス「あ、お母さんからだ。うん、そうなの球技大会で…。
    え!?優勝したら系列スーパーでセールしちゃう!?
    そんな学校の行事くらいでそんな」
シン「よし、皆。気合入れていくぞ」
ルイス「………ぜひやって下さい」

357 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 01:13:35 ID:???
>>346
>>350

何かライルとアニューのこのやり取り見てるとシティーハンターの僚と香を思い出したwww

358 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 01:21:56 ID:???
シンがダンクをぶちかますフラグがたちました>セール



ガードがレイってことはアリウープもありか?

359 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 04:04:49 ID:???
まさか・・・シンとレイで花道とりょーちんのアレを!?

360 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 04:10:12 ID:???
い゛っ

361 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 06:47:29 ID:???
レイ「シン!」キラッ☆
シン「おう!」キラッ☆

つアリウープ 

シン「なぁレイ、あの『キラッ☆』って合図、何とかならないか?恥ずかしくて…」
レイ「気にするな、俺は気にしない。『い¨っ』よりは良い…俺達がそれをやったら何だか不味い気がするのでな…」

362 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 07:01:48 ID:???
沙慈「皆凄いなぁ・・やっぱりシン達には運動量とかついていけないや。」
ルイス「頑張りなさいよ沙慈、優勝したらスーパー特売よ?」
沙慈「勿論頑張るけど、ほら、僕は普通くらいしか色々出来ないからさ」
ルイス「まー、沙慈は普通だからね〜。」



レイ「そうはいうがな」
シン「沙慈の3Pシュート成功率37/40・・・」
刹那「凄いを通り過ぎて凄まじいんだが・・・」

363 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 08:03:22 ID:???
>>362
沙慈すげー!!wwwシュートだけなら上手いのかwww

364 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 08:11:31 ID:???
コーラ「スペシャルリバウンド!」
コーラ「マネキン先生LOVEスクリーンアウト!」
コーラ「AEUエースブロック!!」
コーラ「2千回ダンクーっ!!!」
シン「騒がしいけどすごい…(汗汗)」
レイ「本編に違わず敵にすると楽だが味方にすると心強いとはな…(汗)」
沙慈「大体逆のパターンなのにね(汗)」

365 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 09:25:49 ID:???
アスランが羨望の眼差しでコーラを見ています
コーラはなんだか草尾声の赤毛不良なイメージだなw

366 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 10:49:56 ID:???
こ、これに対抗できるチームは存在するのか?
先生達しか思い浮かばないんだが

367 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 11:26:39 ID:???
>>352
メインアタッカー・ルナマリアは火力は高そうだが
精度はとてつもなく低いような気がする
存外得点力は低いのでは

368 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 11:48:55 ID:???
>>367
ルナマリア「あ、また外れた…」
メイリン「お姉ちゃんって馬鹿力だけど粗いから(ぐりぐり)いたたたたた!!」
ネーナ「大丈夫だよ、ネーナ達が援護するから。」←支援得意 
ルイス「まあ、ルナの馬鹿力が無いと火力がね〜(げしげし)ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!」
ルナマリア「ったく、馬鹿力馬鹿力って…」
フェルト(床突き抜けて出現できる事自体、証拠だと思う…)←桃園の誓い参上シーン参照

369 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 12:26:46 ID:???
レイ「沙慈!」
沙慈「オッケー、パトリックさん!」
コラ沢「イィヤッフゥゥ!!!」←ダンク 
シン「よし、パターンC!刹那!」
刹那「1stフェイズ了解!レイ!」
レイ「良いパスだ!」
コラ沢「俺様がスペシャルで!模擬戦2000回無敗のパトリック・コーラサワー様だぜぇぇっ!!!」←スラムダンク
レイ「うーむ…コーラサワーが活躍する姿に新鮮さを感じるのは何故だ…?」
シン「多分、コーラサワーさんだからだと思う…」

370 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 12:42:29 ID:???
コーラはまだカティ先生の応援を残している・・・この意味がわかるな?

371 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 12:50:25 ID:???
>>370
つまり…コーラ爆発のターンがまだあるという事か…(ゴクリ)

372 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 12:59:02 ID:???
けどまだ練習=模擬戦だから
本番で・・・
がんばれよ、コーラ

373 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 15:15:59 ID:???
カティさんが応援すればコーラはスペシャルな選手になるよ!



なるよ・・・・・・な?

374 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 15:57:17 ID:???
女子の応援
シン「ああ、まずいよ。押されてる」
刹那「相手チームから異常なほどの殺気を感じる」
匙「(相手胸が小さい娘中心でうごいてるとこだからなぁ)」
レイ「しょうがない、シン。これを大声で読め」
シン「えーっと『優勝したら一月は昼食のデザートにプリンをもってきてやるぞー』

ズバン!
ルナ「ッシャァッ!」
メイリン「やったね、お姉ちゃん!」
ステラ「(目が据わって)相手の動きが…見える」
フェルト「このボールの軌道だと…メイリン!あげて!」
ルイス「ブロック!?」
ネーナ「支援がメインだからって攻撃に出ないと思った?甘いわね」

刹那「皆がトランザムしている…っ!!」
匙「げに恐ろしきはシンのプリン」

375 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 16:03:43 ID:???
>>374
ちょwwwwプリン効果すげえwwwwww

376 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 16:12:27 ID:???
男子編 

敵「うぉっ!?」
刹那「ドリブルが甘い」ドリブルカット→ジャンプシュート 
シン「ナイス刹那!」
敵「ちくしょう、カウンターを…」
レイ「させてもらえると思うか?」展開読んでマンツーマン 
敵「うっ!」
沙慈「隙あり!」ボール奪取→下がって3Pシュート
レイ「良いタイミングだ、沙慈。」
敵「まだだ!モブの意地を見せてやる!」レイアップシュート 
炭酸「スペシャル様参上ーっ!!」シュートブロック
敵「嘘ぉっ!?」
シン「ヘイ、コーラサワーさん!」
炭酸「仕方ないから見せ場やるぜ赤目ぇ!」パス 
シン「うぉぉっ!」ダンクシュート 


敵「モブはモブでしかないのかぁぁぁぁ〜!!!!」
敵「しかも…しかも(チラッ)」
ルナマリア、メイリン、ステラ、ネーナ、フェルト、ミレイナ『『『FIGHT、FIGHT、1‐D!!!(チアガール姿で応援)』』』

敵『『『どちくしょ〜〜〜〜っ!!!!』』』

377 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 16:15:56 ID:???
>>376
ルナ達のチアガールだと…!? 


すみません、この学園の入学願書貰えませんか?

378 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 16:28:24 ID:???
球技大会・昼休み

シン「皆、午後の試合も頑張ろうぜ!」
沙慈「そんな訳で、僕とシンでお弁当作って来たよ。」
一同「「「おーっ!?」」」
ルナマリア「美味い!美味いわ!活力が漲ってくるわ!!」
メイリン「食べる!今この瞬間だけは体重気にせず食べる!」
ネーナ「師匠と沙っちゃんのお弁当美味しい〜!」
ルイス「沙慈の愛情弁当!!!」
ステラ「ステラ、沢山食べるの!」
フェルト「もぐもぐ…美味しい。」
ミレイナ「美味しいですぅ!!」  
レイ「やはり女子は激戦だったようだな…(引き)」
シン「ほら、ウチの女子って同じ女子から羨ましがられたりしてるから…(涙)」
沙慈「ああ、ここぞとばかりに憎まれるわけだね…(涙)」
刹那「もぐもぐ」

379 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 16:55:44 ID:???
>>378
ルナマリア「そうは言うけど、アンタ達の時だって凄いのよ?他の男子の歯ぎしりとか女子からの黄色い声援とか」


試合中… 

男子1『アスカ転べー!』
2『バレルのバカやろー!』
3『クロスロードのアホんだらー!』
4『セイエイのチビすけー!』
※この後、女子達から袋叩き 

女子1『シンくんカッコいい〜!!』
2『プリンス様ぁ、こっち向いてぇ!』
3『縁の下の力持ちな沙慈君が大好き〜!!』
4『せっちゃん可愛い〜!!』
5『コーラサワー様ぁ、抱いて〜!』


シン「コーラサワーさんまで!?( ̄□ ̄;)!!」
メイリン「ほら、ちょっと『アレ』だけどフツーにモテるし、パトリックさんって…( ̄〜 ̄;)」


380 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 16:59:16 ID:???
>>379
いやいや、まだ平和だよ。だって 


シン→ラク姉、キラ兄、アス兄、カガ姉、マユ 

レイ→ラウ 

せっちゃん→ブシドー、お姉ちゃんズ 


…な?上記のメンツが応援に来てないだけなら黄色い声援+野次で済むwwwww

381 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 17:07:32 ID:???
>>380
・・・君は今軽率な事を言った・・・
他はともかくとしても、あのピンクの平板が、シンの体操服姿を生で拝みにこないはずないだろう!!
そして、たまに見える腹ちらだとか、へそちらとか、さらにその太ももとか・・・
おや、誰か着たみたいだ、ちょっと行ってく

382 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 17:24:18 ID:???
>>381
ゲンカンカラミエタトコロヲネライウツ!!

383 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 17:55:49 ID:???
学生「あんなやつらに勝てるわけないだろう…」
???「ふむ、なるほどな…」

シン「さぁー、こっちは勝ったしあとはルナ達が勝てば優勝間違い無しだ」
レイ「ちょうど、俺達のとかぶっている。急いで戻るぞ」
クラスメイト「大変だ!!押されている」
全員「何ィッ!!」

ズバシィッ!!
ルイス「く、重っ…もたないかも」
ネーナ「ハァッ、ハァッ、一体なんなの強すぎ」
メイリン「何とかリードしてるけど…このままじゃ皆もたない」
ステラ「あいつ…、何者!」
ルナ「私とステラのアタックを余裕で受けれる相手がいるとはっ」
フェルト「違う…あんなの学園内の生徒のデータじゃない…」

???「(ふぅ、制御用のサポーターを付けているとはいえ。よくやるじゃないか)」
??「(少々侮っていたか…)」
???「(こういうのあんまりやったことないから楽しいですね)」
????「(この後のビールが美味い!!)」

刹那「皆の疲労が見て取れる…相手は誰なんだ」
匙「っていうか、壁やら床に亀裂や穴が…」
レイ「修理にまた金が…ん?どうした、シン」
シン「あれは…眼鏡にかけてるけどカガ姉にミナさん!!っていうかマリナさんにスメラギさんまで!!
   体操服(ブルマ付き)で何やってんだあの人たち!」
マリュー「いや、なんかあの子達のワンサイドゲームじゃ面白くなかろうとかで」
タリア「はぁ、頭が痛いわ」
カティ「くっ、くっつくな!!」
コーラ「カティせんせ〜〜〜い」
匙「あれ?先生方…まで体操服ですか」
タリア「教師チームで出たのよ、OBチームに負けたのだけれど」
レイ「というOBチームは4人しか出ていないのですが、それに?」
刹那「レイ、よく見てみろ。スメラギは役に立っていない。実質三人だ」
シン「…まぁ、これにラク姉が絡んでいないあたりよしと思うか」
レイ「(さっきから視界の片隅に入る三つ編みピンク髪の眼鏡をかけた女子生徒(体操服)はなんなのだろうな)」

384 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 17:59:04 ID:???
>>383
先生方とOG組の体操服か…カガ姉はともかく後は熟女じゃ(ザシュッ!!

385 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 18:08:48 ID:???
教師チーム戦、プレイバック☆ 


タリア「はいっ!(ばいーんばいーん!)」
マリュー「オーライ!(魔乳の揺れ方!)」
カティ「逃がさん!!(ばいんっ!)」
セレーネ「ブロックします!(ぶるんぶるん!)」

男子生徒一同「「「「拝め!!奉れ!!!ひれ伏せ!ひれ伏せ!激写しろぉぉぉぉっ!!!!!!」」」」

386 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 19:37:03 ID:???
なんという……俺もこの学園に入学したい

387 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 20:01:53 ID:???
女子組VSOGチーム
ネーナ「くっ、さすがマリナお母さん・・・凄いスパイク!」
マリナ「ネーナちゃん、今は手加減出来ないわ。刹那は・・・刹那は私のお婿さんにするの!」:アタック
ネーナ「いくらお母さんでもそれは譲らないんだから!せっちゃんはネーナのせっちゃんだもん!」:アタック 
マリナ「ぐぅっ・・・ネーナちゃん、私だって刹那を愛してるの!」:アタック
ネーナ「ネーナもだよ!ファーストキスだってせっちゃんだからしたんだもんっ!!!」
マリナ「!ファーストキス!!?」:硬直 
メイリン「今よ!」
ルナマリア「赤ザクスパイク〜!!」
カガリ「マリナ、マリナ!?しっかりしろマリナぁ!」
ミナ様「ぬぅ・・・精神的打撃を与えてくるとはっ」
マリナ「刹那・・・刹那とネーナちゃんがふぁ、ふぁファーストキス・・・ブツブツ」



シン「したの!?」
刹那「以前な・・・いきなりだった。(真っ赤)」

388 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 20:13:41 ID:???
>>387
後日談… 

ネオ「ネーナ、詳しく教えて貰えるかしら?」
ミーア「ネーナちゃん、教えて教えて♪」
マリー「素敵ね…私もファーストキスはアレルヤと無人島で////」
アニュー「私は、まあよくしてますから///」
ネーナ「えーん、お姉ちゃんズが怖いー!」
ネオ「弟のファーストキスの出来事を知るのはお姉ちゃんズとして当然よ。」
ミーア、マリー、アニュー「「その通り!」」
ネーナ「えっと・・・ネーナ達がオーブに来て、せっちゃんと久しぶりに会えた時にぃ」
ミーア「うんうん!それで!?(ワクワク)」
ネーナ「ネーナ嬉しくて、出会い頭に不意討ちで///」
マリー「不意討ち!?」
アニュー「しかもネーナちゃんから!?」
ネオ「あ〜・・・流れとしては本編のあれね・・・」
ネーナ「クスン・・・それからせっちゃん、『俺に触れるな』って・・・」
ミーア「・・・・・ごめんネーナちゃん・・・それ当たり前(汗汗汗汗)」
ネーナ「え〜ん!」

389 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 20:16:08 ID:???
シンはあったっけ?
キラ兄はいろいろ大人疑惑が出てるけど…

390 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 20:25:06 ID:???
覚えてる限り、本編ならルナ、このスレ内ならラク姉とn回

俺なら赤い方を選ぶぜ!

391 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 20:29:15 ID:???
>>388
ネーナ「うー、そんな事言うネオさんやミーアさんはどうなの?」
アニュー「何度か彼の捕獲には成功しているようですが」
ネオ「……それは」

キラ「これは自由への逃走だあああああああ!!」

ミーア「ああいう時に限ってカガリさんとか、その辺ぐらいの凄い身体能力にorz」

マリナ(悲惨だわ)
マリー(アレルヤも最初は手を繋ぐだけで……)以下のろけ思い出ノンストップ

392 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 20:54:14 ID:???
>>387
カナード「マリナの様子を見に来て見れば………」
マユ「うわぁ……お母さん目が死んでる……」
カナード「スメラギは何もやってないな。また、戦術プランとか言って作戦考えてるだけか。やれば出来るクセに……」
マユ「お兄ちゃん、それ勉強しない子供を持った親の発言だよ」
カナード「しかし、変装してるのにやたら注目されるな」←長ラン学ラン
マユ「何故だろうね」←ぶかぶかなセーラー服
劾「そりゃ不良とセーラー服着た幼女が一緒にいたら誰だって気になるだろ」←メイド服
カナード「なるほどお前か……」
通りすがりの生徒「(何あの謎の組み合わせ?)」


393 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 20:57:29 ID:???
お姉ちゃんズの出番と聞いて・・・・ 


カラオケ『シラヌイ』

ミーア「さぁ張り切って歌うわよ〜!」
ネオ「久々の仕事休みだから、すっきりさせてもらうわ。」
マリー「私、カラオケってあまり来ないから新鮮です。」
アニュー「ええ、私も。」
 

三時間経過・・・・ 

アニュー「皆さんやっぱり上手ね。」
ネオ「アニューだって上手だったわよ?マリーもね。」
マリー「どうも。ミーアさんは流石でしたね。」
ミーア「まあ職業柄ね☆あ、そーだ(携帯操作)」
ネオ「?誰か呼ぶの?」
ミーア「うん、せっちゃん。私まだせっちゃんの歌うトコ見た事無いし」
アニュー「あ・・言われてみれば。」


で、20分後 

刹那「来たぞ。」
ミーア「待ってましたぁ!(マイク差し出す)」
刹那「・・・歌え、と?(やや引き)」
マリー「ええ。」
ネオ「ちゃんと歌わないと許さないわよ?(ワクワク)」
アニュー「諦めなさい刹那♪」
刹那「・・・り・・了解。」
刹那「箱の底で見上げたー箱空ーただ白く赤く青く黒く、変化するー・・♪」
刹那「答えーの無い旅のー先で迷いーながら僕達は♪」
刹那「君が死ねば誰かがー泣いてくーれる唯・・そーんな普通の世界であればーいいーのにー・・答えはまだ見つからない・・♪」
ネオ「・・・・」
ミーア「・・・・」
マリー「・・・・」
アニュー「・・・・」
刹那「フゥ・・・歌い終わったが―――何故姉さん達は土下座しているんだ・・・(唖然)」
ネオ「いえ」
ミーア「正直」
マリー「ここまでとは」
アニュー「思って無かったの・・・」
刹那「・・・・・ガンダム、だ。」

394 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 21:00:18 ID:???
>>393
せっちゃんのキャラソン素直に上手いからなぁwwwつか学園組のシンレイせっちゃん沙慈は全員歌唱力が半端ねえwww

395 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 21:02:42 ID:???
>>393
レイがマイク持って待機して―――いや、スタンバイOKらしいですww 

レイ「無性にクライマックスと叫びたい衝動が…」

396 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 21:05:02 ID:???
>>393
シン(洗濯中)「あ・・何だか急にDoubleなアクションしたくなってきた」

397 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 21:40:53 ID:???
>>396
ラクス「ならばわたくしと二つの声を重ねませう!もちろん性的な意味で!!」(ルパンダイブ)
シン「ちょ!ラク姉やめて!答えは聞いてない!」(ジタバタ)

録音「ここで満を持して降臨したいが稼ぎがなぁ…」←スコープ覗きながら

398 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 22:09:08 ID:???
あげ

399 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 22:15:54 ID:???
ラク姉「シン!わたくしとハァハァでハァハァなハァハァ過ぎるDoubleActionをいざ!」
シン「いや何言ってんのかわからないから!!」
ラク姉「貴方が!貴方がいけないのです!わたくしの琴線に触れるフレーズを口にする貴方がぁぁぁっ!!!(ルパンダ〜イブ)」
シン「助けてアッーっ!」
アスラン「いつもと変わらぬ1日…と。(お茶ズズーッ)」

400 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 22:45:47 ID:???
シン「もうやだ、こんな生活!!一番上の兄はニートで、実の姉に襲われ、食費はビックバンだし、次男は頭のことばっか気にして………」



ブシドー「それで君は何故私と一緒にまた滝にうたれているのだね?」
シン「いや、こうすればいろいろと落ち着くかなって思ったので(遠い方を見る)」
ブシドー(この少年、今更だがよくあんな家庭でまともに育ってこれたな)

401 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 22:50:47 ID:???
>>400
うわ〜…ブシドーにまで心配されるなんて末期だなシンw

402 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 23:02:14 ID:???
あ、沙慈誕生日オメ

403 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 23:05:37 ID:???
沙慈「うん、そうだよね。そりゃ他の人に比べたらすっごくキャラ薄いし、地味だから誕生日なんてギリギリに思い出されるくらいなんだよね。あははははは(乾いた笑い)」


404 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/10(火) 23:50:37 ID:???
そんなこといって、ルイスとイチャイチャしてたんだろ?こやつめ!



405 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 00:10:13 ID:???
ルイスが首にリボン巻いて
「誕生日プレゼントは私」とか言って来たのかにゃー?

406 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 00:12:34 ID:???
>>404
その時シンのラキ☆スケが感染した

ルイス「沙慈お誕生日おめでとう♪」
沙慈「ありがとうルイス///」
ルイス「沙慈・・・・キスしていいよ?」
沙慈「ル、ルイス!?」
ルイス「女の子に恥かかせたらダメ♪」
沙慈「ルイス・・・・」
顔が近づいて・・・・・

バーン
ルイスママ「お待ちなさい!!」
ルイス「ママ!!」
ルイスママ「沙慈くんのお誕生日おめでとう・・・・ちょっと大人になってみる?」
ルイス「えっ!?何言ってるのよ!!」
ルイスママ「誕生日プレゼントに大人の魅力を教えてあげるだけよ。」
ルイス「ダメ!!沙慈は私のモノなの!!」
ルイスママ「なら勝負しましょ?沙慈くんを満足させたほうが勝ちよ。」
ルイス「受けて起つわ!!」
沙慈「えっと・・・僕そろそろおいとましようかなぁなんてアハハ。お邪魔しました。(貞操の危機だ!!)」
ガシッ
ルイス「何言ってるの?まだ夜は始まったばかりよ?」
ルイスママ「今夜は寝かせないわ。」
沙慈「ちょっ!?ダメだって!!僕未成年だしってズボン脱がさないで!!いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

407 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 00:16:45 ID:???
>>406
ピキーン!!
刹那「沙慈が危ない!!(イノベEYE)」

408 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 00:40:18 ID:???
>>406
そして、滝打ち修行3人目へ

409 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 00:57:39 ID:???
沙慈「ちょ!うわぁああやめて〜〜〜」ムニ
ルイス「やん///もう沙慈ったら大胆」
沙慈「え?あ…ごめん!違っこれは事故ぉおおお」
ルイスママ「まあルイスばっかりズルいわあ」


絹江「まったく、弟の誕生日を祝いに帰って来てみれば……」

410 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 07:08:16 ID:???
えーっと…………あれ?本人は地味とか言って控え目だけど………沙慈…お前随分幸せ者じゃね?(ギリギリギリギリ)

411 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 07:25:49 ID:???
>>407
沙慈「ぼ、僕の貞操がぁ〜!」
ルイス「んしょんしょ(服脱ぎ下着姿)さぁ沙慈!覚悟しろ〜!!」
※キィィィィ…ン 
ルイスママ「きゃあ!何この赤い粒子!?」
ルイス「前が見えな―――あれ?沙慈がいない…今までここに手足縛っておいたのに!?」



刹那「大丈夫か、沙慈。」
沙慈「助かったよ刹那…(涙)」
刹那「いや…何だかお前の危機だと察して助けに入ったが」
沙慈「が?」
刹那「…ルイスの心情や流れ的に助けない方が良かったかもしれない…」
沙慈「刹那ぁぁぁ!?」
刹那「い、いや…少なくともお前を祝いたいというのど、お前への愛情は本物だろう?」
沙慈「…まあ、ね。唯…僕にはああいうのはまだ早いよ。もっと大人になって――自分で責任を果たせるようになってから、かな。」
刹那「そうか…。」

412 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 11:55:40 ID:???
>>411
シン「沙慈!」
沙慈「シン!」
つ泣きながら堅い堅い握手


アスラン「同じ境遇同士か。・・・羨まし・・あ、いやいやけしからん!・・・・・・・・サビシクナンテナイサー・・・・」

413 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 12:22:34 ID:???
>>412
シン「よくアス兄は嘆いてるけど、アス兄だって充分人気ありそうだと思うんだけどな」
キラ「まあ見た目はいいから、最初は女の子も寄ってくるんだけどね」
シン「けど?」
キラ「中身は『頭髪中毒』『堅物』『KY』『優柔不断』とくればねぇ…いくら善い人でも自然に離れていくって。」
シン「………成る程」
アスラン「(洗面所で)ぶぇっくし!風邪か?それより生え際が…生え際が生え際が生え際が生え際が生え際が生え際が生え際が」

414 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 12:25:07 ID:???
アス兄はビリーと友達になれそうな気がする

415 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 15:52:10 ID:???
マリー「そういえばうちの課ってディアッカさん以外みんなお強いですけど。
    なぜディアッカさんだけ…」
シホ「違うわ、マリー。ディアッカは前に出ないだけであれで相当の使い手よ。
   以前銃を持った暴漢が…」

暴漢「けっ、うちを潰しにきたことを後悔させてやる!(バキューン)」
ディアッカ「グゥ…レィトォゥッ!!」
暴漢「何ィ!!銃の玉の勢いをお玉の中で転がして無効化させた!?」

シホ「という事があってね、さらには日本舞踊に見立てた華麗なコンボ技が…」
イザーク「こら、そこ、何をサボっている!!」
シホ・マリー「は、はい!!]

アスラン「(あれ?俺もしかしてこの会社じゃ地味系?)」

416 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 15:56:49 ID:???
>アスラン
お前は白兵戦最強だからそれでいいだろw地味だけどw

417 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 18:26:44 ID:???
キラ「白兵戦最強、最強と皆言うけどさ」
カガリ「確かに(人外魔境除いて)最強だが。アスランは揺れ幅が激しくてなぁ・・正直信用ならないんだ。」 
ラクス「昨日は最強だったり、今日は最弱だったり、明日は中間だったり」
シン「まあアス兄らしいけど。」
アスラン「・・・・・」



グラハム「・・・・で?何故アスランが私と共に滝修行を?」←滝修行中
アスラン「・・・・いや・・・自分の存在意義が見えなくなって(泣)」←滝修行中

418 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 18:37:17 ID:???
>>417
数日後 

シン「アス兄どこ行ったんだろ。急に有給取って書き置き残して…」
ラクス「しかも書き置き内容が『自分探しにいざゆかん』ですからねぇ。」
カガリ「まあお腹が空いたら帰ってくるだろ?」
キラ「そんなカガリじゃあるま「ただいま帰って来たぞ」あ、帰って来たよ?」
シン「おかえりアス兄。一体どこ行って……行って………どちら様ですか…?」
???「私か?私は…ミスター・ディノだ!(お面+陣羽織)」
ラクス「………何してますのアスラン……」
ミスター・ディノ「アスラン?私はそんな名前では無い。私はミスター・ディノ!ディノだと言った!」
カガリ「あ、アスラ「私はミスター」あぁ解った解った!解ったから」
キラ「今すぐ出ていけ♪」ミスター・ディノ「何故だ!?何故開眼した私を拒否するのだ我が家族達よ!?」
シン「…………アス兄が何してたかよぉぉぉぉく解った……」

419 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 18:41:31 ID:???
グラハムの所が駆け込み寺にwww

420 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 18:48:36 ID:???
ちょっとちょっとwwwwww Mr.ディノってwwwwwwwアス兄また変な方向に開眼してもーたw

421 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 18:54:24 ID:???
>>418
ディノ「私はアスランでは無い。アスランは死んだ…あのような優柔不断で凝り固まった男は最早いない!私は生まれ変わったのだ、ミスターディノとして!」
つトランザムライザーソード 

ディノ「(直撃)んぎゃああぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」
シン「あ、ライザーソード。刹那か」


離れた公園
刹那「(イノベイター眼)何故か無性にライザーソードを放ちたくなった。」
ミーア「急に何で?」
刹那「何となく、お面で陣羽織には拒否反応が出てしまう…」
ネオ「…難儀ね」

422 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 19:13:32 ID:???
アス兄・・・滝なんて強烈な刺激を頭皮に与えたら・・・

423 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 19:19:51 ID:???
>>422
ディノ「心配無用。何故ならば、滝修行中はヘルメット(フルフェイス)を被っていたからな!」

424 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 19:32:47 ID:???
ちょwそれ意味無いからwww

425 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 19:50:28 ID:???
いや、俺は滝の刺激が頭のつぼを刺激して育毛効果があるって聞いたぞ

426 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 20:02:53 ID:???
>>425
Mr.ディノ「ちょっと滝へ出向いてくる。」
シン「アス兄また行くの?」
Mr.ディノ「私はアスランではないと(ry」 
シン「ああはいはいいってらっしゃい…晩御飯には帰ってきてよ。」
Mr.ディノ「承知した。晩御飯にはワカメ炊き飯を希望する。では!」

427 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 20:08:05 ID:???
>>426
それで数万本の髪の毛の命がなくなったアス兄を想像した

428 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 20:32:44 ID:???
>>426
フルフェイスの高湿度でダメージを与えられた毛根にトドメをさすつもりか・・・!?

429 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 20:50:02 ID:???
それと、わかめが頭髪にいいというのはデマらしい
食べ物に関しては効果は期待できなくて
育毛専用の薬でいいのがあるからそれを服用しなさいって
テレビでなんかの先生が言ってた

うろ覚えだけどな

430 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 20:57:33 ID:???
???「残念ながらワカメはあくまで毛の質を良くするだけなのだよ…
毛根から治すには薬物の他に地肌をよく洗い余分な油分を落とし、よく乾かしてからブラッシングで血行を良くする事をお勧めするよ(マジで)。
何、私が怪しいと?
フフフ悲しいな、疑うのは私の髪を見てからにして貰いたいものだよ…」

431 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 21:02:47 ID:???
>>430
ディノ「師匠と呼ばせて戴きたい!」
???「誰だね君は!?」

432 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 21:18:41 ID:???
>>431
???「そんな怪しいワカメヘアーより僕の所に来ないかい?
今ならこの僕が作った『FPP(フサフサ・ポニテ・ポーション)』で君の悩みは解決さ。
条件は只一つ、我が喪神教団に入団するだけだよ…」

433 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 21:19:54 ID:???
変態商事☆ 

ディアッカ「…(チラッ)」
イザーク「…(イライラ)」
ニコル「…(溜息)」
アレルヤ「…(見ないフリ)」
マリー「…(アウトオブ眼中)」
シホ「…(無視)」
Mr.ディノ「課長、今月の決済報告書です。」
ラウ「う、うむ…時にアスラン…その格好は何のコスプレかね?」
全員(((聞くのか!?流石課長、勇気あるなぁ…)))
Mr.ディノ「課長、私はアスランではありません。私は…Mr.ディノ。毛髪と武に目覚めし新たなる姿!」
Mr.ブシドー「フフフ、その姿、その心意気や良し!正に素晴らしい境地だ我が盟友よ!!」
Mr.ディノ「ブシドー!(握手)」
ビリー「ハァァ…頭痛の種が増えてしまったね…(どんより)」

434 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 21:20:45 ID:???
シン「そういやキラ兄って子供の頃今より少しはマトモだったよな。
   足踏み外した直接の原因ってなんだったんだろう」
キラ「刹那に関連して最近シンまで辛口になってるね、それでも負けないけど。
   そうだね、僕がエロゲの目覚めたきっかけっていったら…」

中学時代
キラ「(あーあ、つまんないや。なんで世の中こんなにつまんないんだろう)」
マルキオ「少年、そこの目が少し枯れ気味の少年」
キラ「む、何さおじさん。おじさんこそ目が死んでるじゃない」
マルキオ「世の中つまらないみたいな目をしているが…これでもやってもっと世の中の楽しさを知りなさい」


キラ「あれがギャルゲーとの出会いだったよ。そして僕はいつしかエロゲの道にも目覚め。
   いや、あの怪しいおっさんがいなかったら今の僕はないね」
シン「(余計な事を…)」

435 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 21:28:40 ID:???
>>433
シホ「(ピポパポ…Prrr)」
イザーク「シホ、誰に電話しているんだ?」
シホ「ちょっと学生時代の友達に――あ、もしもしミーア?久しぶりねぇ。ごめん、いきなりで悪いんだけどお願いがあるの。ええ――うん、ありがとう。今度ショッピングにでも行きましょ♪じゃあね。」
ディアッカ「ミーアか。なんか頼み事だったのか?」
シホ「ええ、そろそろかしら…」
ニコル「そろそろって…(窓の外が一面GN粒子に)何ですか!?」

トランザム!ライザァァァッ!!!! 

ディノ「ぬぉぉ〜〜っ!!!?」
ブシドー「ぐはぁぁぁ〜っ!!!?」

シホ「――と、まぁミーアにお願いしてね。彼女が可愛がってる子に〈掃除〉してもらったの。」
イザーク「…な…なるほ…ど…(ガタガタ)」

436 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 21:31:13 ID:???
>>434
ちょっと煩悩まみれの怪僧オヤジを修正してくる 


なっ…バカな…マルキオの目が開いて……うわぁぁぁっ!!?

437 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 21:32:40 ID:???
>>435
確かにこれ程ウザいコンビはないわなwwwwwしかしシホ、ミーア介してせっちゃん使うかおまえww

438 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 21:51:33 ID:???
>>436
マルキオ「フフフ…私の夢はこのオーブをエロゲドリームアイランドにする事。キラをエロゲに染めたのは実に正解でしたね。」
マルキオ「さて、今日は誰を我がアイランドの住人に・・・おや、あの少年にしましょう。」
せっちゃん「?ビグロ。」
マルキオ「ガンダム語とはなかなか・・・グラブロです。」
せっちゃん「ブラウ・ブロ?」
マルキオ「ええ、私はマルキオ。ヴァル・ヴァロなオーブをエロゲドリームアイランドに作り替える男です。」
せっちゃん「・・・ビグザム?」
マルキオ「ザクレロですよ?いかがですか少年、貴方も我がアイランドに」
せっちゃん「断る。」←即答+スタスタ去る 
マルキオ「・・・・わ・・我が誘いを即座に拒否して去るとは・・・何て侮れない少年でしょうか・・・!」

439 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 22:20:52 ID:???
>>438
刹那「――そんな事があった。」
キラ「僕の恩人だよ!会いたいなぁ…!」
シン「会うなバカ兄貴。」

440 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 22:21:04 ID:???
>>438
刹那にちょっかい出すと酷い目にあうぜ?マルキオさんよ
人外魔境からお姉ちゃんズからおかん同盟まで動き出すからな

441 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 22:21:48 ID:???
信念の違いだな

442 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/11(水) 22:54:51 ID:???
マルキオ「ならば」


シン「さぁて帰ってご飯の支度を…」
マルキオ「少年、そこの少年。」
シン「え?オレですか?」
マルキオ「ええ、君ですよ。突然ですがこんな物に興味はありませんか?」

つエロゲ 

シン「!!?////な、ななななぁっ!?」
マルキオ「(キラーン)フフフ…やはり年相応の反応をしますね。良い。実に良いですよ?」
シン「な、なんだってこんな物をいきなり…はっ!?まさかアンタがマルキオ!?」
マルキオ「そう、私はマルキオ…エロゲドリームアイランドを夢見る人畜無害な僧です。」
シン「いっぺん人畜無害って単語の意味を調べてノートに10000回書き取りしてこいっ!!」
マルキオ「ハハハ、なかなか厳しいですね、さすがはキラの弟ですか…いやしかし、君は良いですねぇ…可能性を感じますよ。」
シン「全力でそんな可能性否定してやる!!!」
マルキオ「いやはや今日はここまで。またお会いしましょう、シン君。(フェードアウト)」
シン「…な、なんか秘密結社エターナルと一緒に壊滅させなきゃ、な人物が増えた…」

443 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 00:43:16 ID:???
バロスwww

444 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 01:12:38 ID:???
シンや沙慈の場合、持っていたのがバレただけで終わるからな………(チェリー的な意味で)
それを参考にあの手この手のプレイを強制的にやらされるなんて、どう考えても地獄だぞ!!
そしたら精神的な意味でも終わりそうだ;

445 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 01:14:14 ID:???
ライル「ラクス嬢からシンに近づく有害な輩は廃除するように言われてるからな。
兄貴もいないし、ここは俺が(麻酔弾を)ネライウツゼ。」
ピキーン
マルキオ「ん?あぁ、麻酔弾ですか。古い手を使う人もいるものです。」
ライル「馬鹿な…狙撃を避けただと!?何者だあいつ。……消えた!」
マルキオ「おやおや、スナイパーが背後を取られるなんて不覚ですよ。」
ライル「ッッ!いつの間に!?」グハッ
マルキオ「エロゲドリームを広げるための礎になって貰いますよ。」


数日後
シン「ライルさん落ち込んでるけどどうしたの?」
刹那「ジム頭。」
シン「ライルはガンダムじゃないことをした。」
刹那「ブルーデスティニー1号機。」
シン「路上でエロゲを抱えて気絶してた!?」
刹那「ジムキャノン。」
シン「それをアニューさんに見つかってこっぴどく叱られたのか。」

446 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 01:54:07 ID:???
カガリ「最近マルキオ氏がなにやら動いているな?」
ユウナ「うん、いつぞやのエロゲ戦争、影で暗躍したのもどうやら…またキラ君使って良からぬ事を画策してるんじゃ…」
カガリ「エロゲ戦争か…あの時は本当にまいったよ…国防軍の四割は向こうについた上、キサカやトダカまでもが…」
ミナ「ふむ、堕弱なものだな、オーブ国防軍も。」
カガリ「ミナ、頼めるか?まずは情報が欲しい。ミハシラの力を借りたい。」
ミナ「ふん、報酬上乗せだな。ギナの奴に新しいスーツも買ってやりたいしな。」
カガリ「すまん、頼む。」ミナ「貴様は念のためキラの動きの監視をおことたるなよ?あと国防軍の内部掌握も、だ。」
カガリ「わかってる。ユウナの方は…」
ユウナ「なんかしらメディアに出てくるだろうから調査するさ♪」

447 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 02:16:04 ID:???
シン「なんだ刹那のところにも現れたのか」
刹那「ジムスナイパーだ」
アーサー「何、どうしたの二人とも」
シン「あ、先生。実はかくかくしかじかで…」
アーサー「何だって!?大僧正が表に!?」
シン「だ、大僧正!?」
アーサー「ああ、そうだよ。本来色欲を禁ずるのに色欲…いやエロゲ欲のみで悟り
     を開いた伝説のお人なんだよ。ここ数年はさらなる悟りを開きに山にこもって
     いたと聞いていたけれど…。きっと新たな悟りを開かれたんだ」
シン「(いらない、そんな悟りいらない)」

448 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 06:21:03 ID:???
マルキオ「フフフ…フフフ、ハハハ…素晴らしい、この国は実に素晴らしい!最高の素材、最高のエロゲサークル、最高の環境!!長年夢見ていたエロゲドリームアイランドはここ以外にあり得ません!」


ニール「ちきしょう、あのおっさんがライルを…!狙い撃つぜ!!」
マルキオ「!?(直撃)」
ニール「よし!」
マルキオ(ニールの背後に瞬間移動)「…おやおや、随分物騒な方がいらっしゃるのですね?」
ニール「なっ!?馬鹿な、直撃したはず」
マルキオ「質量のある残像……と、耳にした事はありますか?」
ニール「F91かよ!?」
マルキオ「さて、ニール・ディランディ…貴方も双子の後を追いなさい。」
ニール「何故俺達の名を――うぁぁぁぁっ!?」


449 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 07:07:34 ID:???
何だこの大僧正は…ガタガタ

450 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 07:29:15 ID:???
刹那「ロックオン!?ロックオン、しっかりしろ!」
ロックオン「エロゲが・・・・エロゲがエロゲがエロゲが・・・う〜ん・・・」
シン「重症だ・・・」
刹那「・・(ギリッ)犯人は解っている。刹那・F・セイエイ、目標を駆逐する!!!」←量子化してマルキオの元へ
シン「刹那!待てよ――って、ああもう!どこだ刹那ーっ!!」


マルキオ「さて、次なる標的は――――(ガキィィン!)うぉっ!?」
刹那「貴様ぁぁぁっ!!!」
マルキオ「ぐぅっ・・いつぞやの少年、確か刹那といいましたか・・成る程仇討ちという訳ですか!」
刹那「破壊する!」
マルキオ「むっ」
刹那「ただ破壊する――こんな・・こんな行いをする貴様をっ!!(GNソードUごんぶとビームキャノン)」
マルキオ「ぬぅ!?(回避)やりますね刹那!いいでしょう、相手になりますよ!大僧正百歩神拳!!」
刹那「な・・手が幾つも!?」
マルキオ「さぁさぁさぁさぁ!!我が拳、貴方に見切れますかな!?」
刹那「ぐっ、あっ・・うぉぉっ!!」
マルキオ「!?捌きましたか、ならば!大僧正煩悩滅殺砲!!(どす黒いオーラキャノン)」
刹那「これは・・!?」
マルキオ「我が果てなき煩悩を集約、具現化し放つ大技・・・これを使うのは実に久しぶりですよ。」
刹那「ぬぁぁぁっ!(GNシールドで受け止める)くっ、出力が桁違いすぎる!!」 マルキオ「フフフ・・・いつまで耐えられますかな?しかし苦しむ美少年というのもなかなか乙ですねぇ!」
刹那「・・・いい気に、なるなっ・・・・変態がぁぁぁぁぁっ!!(トランザムして量子化)」
マルキオ「!?量子化だと!?」
刹那「ハァァァ!!(ライザーソード)」
マルキオ「ぬおおおぉぉっ!!?(煩悩シールドで受け止め)ぬっ、おぉっ・・こ、これはまた強烈ですねっ・・・今日の所はこれで退きましょう。ですが近々またお会いしましょう刹那。その時は君の友人達も交えてね!(瞬間移動)」


刹那「はっ・・・はっ・・・・はっ・・・くそ、逃がし・・・た・・・(ドサッ)」←気絶

451 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 09:24:18 ID:???
ギル「フム、覚醒したあの刹那君ですら手におえないとは…(思案しながら)

どうやら『時』が来たのかもしれないね。エクシアやダブルオーのデータを元に各方面からの技術提供を受け開発した、魔改造ビックリドッキリウェポン『GNソードV』を出す時が…

これがあれば刹那君は『真のライザーソード』を使い、極みに達する事となるだろう…」

452 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 09:40:15 ID:???
何このパワーアップフラグwww

453 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 09:59:37 ID:???
ラウ「マルキオ大僧上、あなたはやり過ぎた。ここは我々の出番のようだな。」
ブシドー「「変態」の神聖なる真名ば犯す輩…滅せよ!」ラクス「あの…なんで私も混ざっているんでしょうか?」
ラッセ「オレたちに敵うかなァ?エロゲなんかよりよっぽどイイコト…
    てめえのケツに教えてやるぜ!」
ラウ「我々…変態四天王がお相手しようっ!」
ラクス「なんで私もカウントされてるのです!?」


454 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 10:34:50 ID:???
>>453
は、そうか!!今なら二人ともダウンしてるから言えるぞ!


当たり前じゃんラク姉…ブラコン、近親狙い、おまけに貧乳、変態以外の何者でも無いよ☆

455 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 10:48:45 ID:???
>>454

ロックオンニカワリホンマルヲネライウツ!
トランザム、ライザアァッー!!

456 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 11:58:20 ID:???
ダメじゃ無いかラクスを褒めないと。ラクスは鮮やかなピンク色の髪で、
露出の高い服を着て、星型の髪止めをしていて巨乳……どこぞの陣羽織り着た貧乳とは偉い違いだな。
ん、誰か来たみたいだ…

457 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 12:06:10 ID:???
>>456
(´・ω・`)ムチャシヤガッテ

お前の意思を継ぐが少しボカして言おう…おっきいのは正義!!さて、何がとは決して言わないよ?

458 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 12:11:46 ID:???
シン「刹那!」
ネーナ「せっちゃん!せっちゃん!!(涙目)」
刹那「…(意識不明)」
レイ「刹那でさえ苦戦するとはな…」
シン「ちくしょう、もう許さないぞマルキオォォっ!!!(壁殴り)」
レイ「シン、落ち着け(携帯鳴る)はい…ギル、それは?ええ、判りました。伝えておきます。」
ネーナ「ひっく…誰から?」
レイ「ギルからだ、刹那の新しい武装を用意したらしい――シン、お前にもだそうだ。」
シン「オレの!?」
レイ「ああ、刹那をソレスタ家へ運んでからギルの元へ向かおう。」
シン「マルキオ…!!(ギリッ)」

459 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 12:24:13 ID:???
>>450
ネオ「もしもしアズラエル?連合艦隊を寄越して頂戴。理由?どこかの奇天烈変態がウチの刹那にナめた真似してくれたからよ!!」←激怒 
ミーア「カナ兄、傭兵仲間集まるだけ集めて!!武器はアームストロング砲にガトリング、対MSバズーカに後はオートマトン以下様々!!!」←ぶちギレ 
ソーマ「許さんぞ変態がーっ!!」←GNアーチャー 
マリー(チェンジ)「よくも可愛い義弟を!!」←マジギレ 
アニュー「リヴァイヴ?今すぐヒリング、ブリング、デヴァイン、リジェネ…イノベイターチーム全員召集して。リボンズの許可?知った事じゃないわ!!リボンズも連れて来なさい!!!」←ガデッサ 
マリナ「流派東方不敗…今こそふるう時よ!!」←珍しくマジギレ 
アレルヤ「…行こうか、ハレルヤ。」←完全キレモード 
ハレルヤ(チェンジ)「ハーッハッハァッ!いいぜアレルヤぁぁぁっ!」←アリオス 
ティエリア「許さん…許さんぞマルキオ!!」←セラヴィー+イノベイターEYE

460 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 12:26:01 ID:???
ちょいと間違いあるな。アニューMSはガッデスという名前らしいぞ

イノベイターチームって……240人以上(推定)を全召集かよwwwwwwwwwww

461 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 12:32:57 ID:???
珍しくキレたマリナ様が恐ろしい…お姉ちゃんズはもっと恐ろしい…ガタブルガタブルガタブル…

462 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 12:39:01 ID:???
>>459
リヴァイブ「……というわけでして」
リボンズ「冗談は困るよホント。原作展開の都合上全員なんて出せる訳無いだろうに……」
リヴァイブ「ならガデッサでもアルヴァトーレでも何でもいいからとりあえず乗せろと言ってます」
リボンズ「とりあえず彼女には落ち着いてもらおうか」(掌握開始)

・・・
・・・・・
リボンズ「カノジョノイウトオリ二ゼンイノベイターシュツゲキノテハイヲ。ボクモOガンダムデデルヨ」
リヴァイブ(逆に掌握されてるうううううううううううう!?)

463 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 12:42:00 ID:???
マルキオ「ふふふ。皆さん血気立っていますね。これは大きな戦いの予感がします――ならば私も動くとしましょう。(ぱちん、指鳴らす)」
アッシュ「呼んだかよマルキオ?」 
マルキオ「アッシュ、君に指令を下しましょう。このオーブを我々のエロゲドリームアイランド――エロゲユートピアにする為に。」
アッシュ「へっ、ようやく出番か。いいぜぇ、暴れ回ってやるぜ!!俺のリジェネイトが血とエロゲを求めてるんでなぁ!!」
マルキオ「頼もしいですね。では指令内容ですが・・・各地でエロゲを布教している我が同胞を集め、この国の主要人物達を始末なさい。」
アッシュ「おう!」


マルキオ「ふふふ・・・これは聖なる戦い・・ふはははは!!!」

464 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 12:43:38 ID:???
>>462
義弟への愛情はリボンズ様の支配さえ越えるのか!?ww

465 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 12:45:29 ID:???
マルキオには頑張って欲しいと思う俺は異端なのか?

466 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 12:48:40 ID:???
ライル「アニューや他の皆に任せっぱなしでいられるかよ…俺はやるぜ、今日は本気モードだ!!」→ケルディムサーガ(通称セブンガン)



ロックオン「刹那までヤられたとあっちゃぁ黙ってらんねぇな。慈悲なんてくれてやるか、奴には容赦しねぇ!!」→デュナメス&GNアームズタイプD


録ラ「「だがその前に>>456>>457。待たせたな…狙い撃つぜぇ!!」」

467 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 12:51:35 ID:???
>>463
ギルえもん「…動き出したようだね、堕僧マルキオ」
ギルえもん「だが、君の下らない………いやもう本気で下らない目的の為に、この国と人々を犠牲にする事は許さないよ。」

つパッと明かりがつき、二振りの剣が現れる 

ギルえもん「アロンダイトとエクスカリバー、二つの剣を研究して作り上げたこの超魔改造兵器『ライン・アロンダイト』」
ギルえもん「そして上レスで説明した『GNソードV』」
ギルえもん「更にドラグーンの反応速度と思考伝達ネットワークを改良、砲塔を増やし火力を向上させた『ドラグーン・Verレイ』」
ギルえもん「頼むよ、シン君、レイ、刹那君…」

468 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 12:53:39 ID:???
そういやデュナメスはニールの兄貴が使ってるけど、他三機は今空席なんだよなぁ。
ギル「と言うわけで、エクシア、キュリオス、ヴァーチェ(&ナドレ)をそれぞれ
   シン、ルナマリア、レイ用に改造してくれんかね?」
イアン「いきなりこっち来たと思ったらまた無茶な……」

469 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 12:54:04 ID:???
>>467
ちょwwwギルえもんすごすぎるwwww 


マルキオも戦力集め始めたし新しいエロゲ大戦の幕開けか!!?

470 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 12:57:02 ID:???
>>463
アッシュかぁぁぁ?!!
マルキオの戦力ってどんぐらいなんだw

471 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 12:59:53 ID:???
とりあえずイノベの機体を勝手に纏めてみた。
リボンズ…0ガンダム

ヒリング…ガラッゾ

リヴァイブ…ガデッサ

デヴァイン…エンプラス

ブリング…プルトーネ(黒)

リジェネ…???


現時点ではリジェネがヴァーチェでも良いんしゃね?

472 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 13:02:18 ID:???
>>471

ごめん抜けてたι
アニュー…ガッデス

473 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 13:13:25 ID:???
>>468

エクシア…サジ

キュリオス…ハロ

ってどう?

474 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 13:14:22 ID:???
>>468
イアン「まぁシン坊主達にゃあ娘が世話になってるみたいだしな。何だかんだで造ってみたぜ」
つガンダムエクシア・ランセル
装備:上記のライン・アロンダイト(を更にGN粒子で強化・加工
    GNシャイニングフィンガー

475 :474:2009/03/12(木) 13:19:29 ID:???
シン「あれ、俺これだけ!?」
イアン「いやぁスマンスマン先走った。では改めて……」
つガンダムエクシア・ランセル
装備:上記のライン・アロンダイト(を更にGN粒子で強化・加工
    GNパルマ・フィオキーナ
    GNシャイニングフィンガー
    GNビームシールド
シン「パルマとシャイニングフィンガー一緒ですか?」
イアン「そりゃぁパルマは名の通り掌を武器化したもんだからな。フィンガー(指)とは別モンだぜ
    GNシャイニングフィンガーがフィールドを構成してパルマのビーム砲の威力と射程を強化してくれるぞ」
シン「セラヴィーのアレみたいなものですね、わかります」
イアン「一見銃が無いから不安に思うだろうが安心しろ、中近距離ならパルマの砲撃機能で充分戦える」

476 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 13:21:26 ID:???
エロゲの帝王、キラはどっちにつくんだ?ww

477 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 13:36:15 ID:???
身内が味方についてるカナード、ティエリア、ニダはともかく他のポニテやリヒティ、アビー、アーサーがどっちに付くか解らない…

478 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 13:40:12 ID:???
いまんとこエロゲ同盟だとティエリアのみシン、刹那サイドか
まあキラとカナードとアウルはネオとミーアに無力化されるだろうけど

479 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 13:51:24 ID:???
ギル「しかし、願わくばこれを使うことがなくよう・・・」
イアン「呼ばれて来てみたがこいつは!」
ギル「シン君のデスティニーに君の資料から作った太陽炉を搭載した物だ。残念だが疑似太陽炉だがね。ハイパーデュートリオンと太陽炉のハイブリッドシステムに手間どった・・・ ライン・アロンダイトは元々この機体用に設計した」
イアン「刹那のGNソードVだけじゃなくこんなものまで」
ギル「君のエクシアもいいが、私はシン君とデスティニーの相性の良さに賭けたいのだよ。マルキオ氏はそれほどに強いのだ」

480 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 13:54:55 ID:???
シン刹サイドに参戦しました

ティエリア「いくらなんでも」
キラ「これは・・・許さない(激怒)」
つフレイが○○されるエロゲとデスドリルと落書きされた写真

481 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 14:52:16 ID:???
マルキオ「首尾はどうですか?」
ビリー「は、大僧正…現在オートマトンをクゥエルモードで多数配備してますがやはり数ではこちらが不利です。」
マルキオ「ふむ、200を超えるイノベ軍団がやはり弊害ですね…ですが相手が赤髪イケメンで来るならこちらは青髪美少年軍団で行こうじゃありませんか!」(指パッチン)

ビリー「な!?」
アビー「美少年ハァハァ」
マルキオ「戦闘用コーディネーターソキウス、彼らは私が手塩にかけて(エロゲの知識を)純粋培養した存在です…更にこちらのツテで募った猛者たち。充分に勝算はありますよ。」


劾「俺には譲れないモノがある。そしてこのメイド劾、彼らと剣を交えたいとも思っている。」→ブルーフレームサード

イライジャ「何で俺まで…ι」→専用ザク

イルド「エロゲーマー養成機関『サーカス』の力を見せてあげるよぉ!!」→プロトセイバー

ルカス「フ、煩悩と言う名の獣の本能を鎖で縛れると思うなよ?」→スペキュラムライゴウ

アッシュ「クククク…血とエロゲを求めて俺のリジェネレイトが疼くぜぇっ!」→リジェネレイト

ソキウス部隊「「「「オォールハアァイルエロゲェ!!ジークエロゲ!!」」」」→ハイペリオンG他ダガー各種

マルキオ「フフフフ…さぁ聖戦の始まりです」

482 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 15:12:25 ID:???
マルキオ「諸君、私はエロゲが大好きだ。諸君、私はエロゲが大好きだ。私はエロゲが大好きだ。
ロリ物が好きだ。妹物が好きだ。熟女物が好きだ。姉物が好きだ。擬人化物が好きだ。ナース物が好きだ。巨乳物が好きだ。近親物が好きだ。ハーレム物が好きだ。痴漢物が好きだ。
家で、ネカフェで、電車で、アウトドアで

この世界に存在するありとあらゆるエロゲが大好きだ。全てのフラグを乗り越え汁イベントを見るのが好きだ。新作を大人買いするのは胸がすくような気持ちだった。
イベント画をフルコンプした時は心が踊る。初心者が必死にフラグを集めてる姿は歓喜すら覚える。大画面スクリーンで完徹をした時は絶頂すら感じる。

諸君、私はエロゲを…楽園の様なエロゲドリームを望んでいる。私に付き従う諸君、君たちは何を望ますか?」

マルキオ軍団「「「聖戦、聖戦、聖戦!!」」」

マルキオ「よろしい、ならば聖戦です。我々の楽園を築く為に必要な戦いです。大聖戦を…一心不乱の大聖戦を!!我々を忘却の彼方に追いやり眠りこけている連中を引き込みましょう。
相手を引きずり込み眼を開けさせ教えましょう。エロゲの良さを!!素晴らしさを!!我々の愛を!!
天と地のはざまには彼らの哲学では思いもよらない楽しい事があることを教えてあげましょう…」

483 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 15:30:29 ID:???
少佐www

484 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 16:17:19 ID:???
カガリ「面白くなってきたな、これは本気で闘りあえそうだ」
ミナ「死狂うのもまた国を司るものの定めよ」
ユウナ「ああ、もう早くこないかな!!」
アスラン「うわ、勝ち身煙で煙い!!」
マユ「ねーなんで私は行っちゃダメなの?」
シン「変態の真っ只中にマユちゃんを突っ込ませられないよ。
   (でも…どうしよう原因はあの変大僧正のせいだけどこのままだど大変
    な事になる。戦争か…俺にできる事、俺に…できる事…」

シン「悔しいけれど俺にはプリンを作る事しかできない」
ソキウス(先遣隊)「な、なんだ。この形容し難いまろやかな味は優しくて…
          純粋に『美味しい』としかいえないこのプリンは…。
          ああ、汚れた殺気がプリンの甘みに溶けていくようだぁぁぁぁっ!!」
(ソキウス達に浄化の光が発生する)

マリュー「これは不浄なモノが払われた時に発生する浄化の光!?一体なにが…」
タリア「マリュー先生、その手に持っている銀水晶とロッドは何ですか?」

485 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 17:11:29 ID:???
レイ「ドラグーンVerレイ…ギル、こんな物まで」
ギル「普段珍妙な開発しかしないと思われがちだがね。こんな時ぐらい、本領発揮とさせてもらうさ。」
レイ「ギル。―――行ってきます。」
ギル「頼んだよレイ。マルキオ軍勢の救いようのない野望を叩き潰してくれ。」
レイ「はい!」

486 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 17:12:02 ID:???
ビリー「報告!!ソキウス先遣隊、後続部隊全滅。ソキウス隊壊滅しました!!」
マルキオ「何・・・・・・?先遣隊はともかく後続部隊はなぜ全滅したのですか!?」
ビリー「セレブや昼下がりの奥様達に(性的な意味で)食べられました・・・・・orz(血涙)」
マルキオ「なんてうらやま・・・じゃないこ、これは計算の範囲内です。プランBからDに移行しなさい。」
ビリー「はっ!!」

アビー「まぁ何も知らない美少年なんて奥様の大好物ですよ。かくゆう私もフフフ」
ソキウス801「もっと・・・もっと踏んでくださいご主人様あああああああああああ!!」


487 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 17:14:56 ID:???
>>486
ソキウス役に立たないじゃんwwwwwww

488 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 17:23:28 ID:???
ニコルがターンエーで、ムゥがターンエックスで、
イザークがゴッドガンダムで、シーゲルがマスターガンダムで出れば終わるんじゃない?

489 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 17:25:06 ID:???
ユウナ「という報告があったけれどどうなんだい?」
ニコル「ふぅ、まぁ僕だって体は一つしかありませんから。
    一人で相手に出来るのは限られているとしかいえないですね」
ギナ「(だから欲求不満のマダム達にソキウス達の情報を流したか…あなどれん)」

490 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 17:42:42 ID:???
>>486

マルキオ「(だがもしもプランDが破られた時は…)カタギリ君、一緒に来て貰えますか?そしてアビーさん、ここは任せますよ」

アビリー「「はい!」」


『地下格納庫』

ビリー「大僧正、これは…」

マルキオ「最終手段プランX…とあるツテで頂いた新型MSです。この機体は自己再生、自己進化、自己増殖の三大理論を実現した特殊な細胞で構成されています。本来なら女性が適任なのですが…
我々の新たな楽園の為に少々変更しています。その条件は『30歳を過ぎて清らかな体を持つもの』つまり最終童貞である貴方の喪神力で力を発揮します。

私は若さ故の過ちを犯しソープで純潔を散らしてしまいました…ですからもしもの時はこれで貴方に出てもらいたいのです。貴方に未来を託したい…」

ビリー「大僧正…(血涙)」

491 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 17:46:56 ID:???
マルキオ「フフフ、人とは欲望に満ち溢れているている生き物。
特に男の性欲ほど深いものはありません。ビリーさん初めて下さい。」
ビリー「洗脳電波発信!!!」

連合兵「アズラエル様!先行部隊が謀反を起こし、味方部隊と交戦中です!」
盟主王「どういうことです?彼等は連合でもトップクラスの忠誠心を持つ者達ですよ。」
連合兵「それが、通信でエロゲ万歳!と叫ぴ続けていまして。」


マルキオ「戦力差があることは想定済み。洗脳電波で性欲を増幅された兵士達は我等の手駒となる。
同士討ちで勝手に潰れてくれればそれだけこちらの作戦を進み易くなります。
ちなみに女性を見たら襲うぐらいに強化されてますので女性の方は注意してくださいよ。
それでも出てくるのなら容赦はしません。」

492 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 17:54:02 ID:???
何このスーパーエロゲ大戦www

493 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 18:29:09 ID:???
オーブ司令室

オペレーター「敵ハッカー、オーブのメインコンピュータに侵入……ッッ!40…50…このままでは敵に通信網を乗っ取られます!」
カガリ「電子戦も仕掛けてくるとはな。こりゃ、まずいぞ。」
ユウナ「カガリ!大変だ。敵兵が避難シェルターに侵入して女性を襲ってるよ!」
カガリ「なんだと!?奴らには見境が無いのか…。」

避難シェルター
フェルト「キャァァァ!」クリス「フェルト!!」
???「エロゲ万歳!!喰わせろ〜女〜」
ニール「大丈夫かフェルト、クリス。」
クリス「私は大丈夫よ。それよりアレって……。」
リ?テ?「クリス〜クリス〜」
クリス「リヒティ?そんな……嘘でしょ!」
リヒティ「クリス…っすか?あれ、俺なんでこんな所に。」
クリス「いったい何があったの?」
リヒティ「え〜と……」
ズブリ
リヒティ「ウガァッッッ!!」
クリス「リヒティ!ちょっと何があったのよ!」
マルキオ(声)「ちょっとした興奮剤ですよ。彼は最後まで味方に付くのを渋っていたのでね。
最愛の人に会って理性を取り戻すとは意外でした。そんなことが無いよう今度は3倍投与しましたが。」
クリス「そんな……許さない!!私も戦うわ。行くわよフェルト!」
フェルト「うん。」

オーブ司令室
クリス「こんなあまっちょろいハッキング、跳ね返して逆に潰してあげるわ!」

494 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 18:39:19 ID:???
>>493
クリス「メインシステムハッキングルート確保!」
フェルト「追跡及び防御プログラム無効化完了!」
ミレイナ「こちらのハッキングプログラム、シールド完璧ですぅ!!」
クリス「さぁ、女の敵をぎゃふんと言わせてあげるんだから!」
フェルト、ミレイナ「「うん!!」」


カガリ「凄いなこの姉妹…」

495 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 18:41:35 ID:???
お、女の敵だが、何故かマルキオを応援してしまう俺。

496 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 18:55:48 ID:???
ギル御殿

シン「国中が被害にあってる…くそっ!(モニターで状況を見ながら)」
ギル「待たせたね、シン。君にこの機体を与えよう…」

ハッチが開く 

シン「これは…!?」
ギル「GV‐000『デスティニーランセル』…私とイアン氏で共同開発した機体だ。」
イアン「本体をギルバート、武装面をワシが担当した。」
ギル「ラインアロンダイト、GNビームシールド、遠近対応のパルマフィオキーナに両足のビームサーベル、通常のビームサーベルを持つ完全な君の専用特機だよ。」
イアン「擬似太陽炉とHDの融合が生み出すこの機体のポテンシャル…お前さんなら完全に引き出す事が出来るだろう。」
シン「……凄い!」
ギル「頼むよシン…君とレイ、刹那が我々の希望だ。」
シン「はいっ!!!」
シン「シン・アスカ、デスティニーランセル行きます!!!」

497 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 19:06:54 ID:???
>>495
ビリー「ようこそ僕らの世界へ」

498 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 19:15:24 ID:???
>>493>>494
クリスこのスレで久々にまともに動いてるの見た気がする
ほんとっすよ…ほんと…に…

499 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 19:28:02 ID:???
>>496
マルキオ「そうはさせませんよ。どんなに強力な新型と言えど、
      乗る前に無力化さえすれば何と言う事もありません」

ギル御殿前にMS隊集結

マルキオ「さあ、MS部隊攻撃を開始なさい」

MS部隊、次々と爆発

マルキオ「レーダーの範囲外からの超長距離狙撃!?これは……」

ヨハン「間に合ったか。トリニティ兄弟、これより武力介入を開始する」

GNギガランチャー第2射

マルキオ「ですがたった3機で何ができると言うのです。擬似GNドライブで
     それだけの無駄遣いをすればすぐにすっからかん……っと、第3射!?」

ネーナ「残念でした!このリィアンには急造だけどGN粒子補給装置も付いてるんだから!」
ミハエル「つまり、だ。テメエらは最後まで俺たちの全力を受け続けるって事だ!!」
ヨハン「ロックオンや刹那君を傷付け、あまつさえネーナを泣かせたんだ。楽に終わると思うなよ?」

500 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 19:33:02 ID:???
シンの新型に加えトリニティブラザーズも…燃えるじゃないか!!!

501 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 19:39:03 ID:???
市民シェルター防衛ライン
ロックオン「GNアームズtypeD!圧倒するぜ!!」
ライル「ケルディムサーガ、狙い撃つぜぇ!!!」
アレルヤ「アリオス、迎撃行動に入る!!」
ハレルヤ「ハハハァ!じゃんじゃんきやがれ雑魚どもぉっ!!!」
ティエリア「セラヴィー、マルキオ軍勢を殲滅する!!!」
ソーマ「GNアーチャー、敵を落としまくってやる!」
マリー「今日は存分に戦うわ!」
アニュー「ガッデスで敵を滅ぼすわ!!」


502 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 19:39:38 ID:???
またソレスタルガンダムやシン達の合体ガンダムとか出ねぇかなぁ…

503 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 19:54:07 ID:???
>>501
市民シェルターU防衛戦線… 

シャニ「うざーい!」
クロト「多・過ぎ!!」
オルガ「おらぁぁぁっ!!ちっ、倒しても倒しても湧いてきやがる!!」
ネオ「しっかりなさい、あんた達!あたし達が倒れたら国中の女性が!!」
シャニ「分かってるよー、とにかくこいつらうざーいうざーいうざーいウゼえぇーっ!!!!」
クロト「危・機!!」
オルガ「ちくしょう、北側が突破された!?」
ネオ「JPジョーンズ、突破する機体を何としても撃ち落として!」
シャニ「マズい…!!」

※突如、敵機爆発 

オルガ「な、何だ!?」
アズラエル『やれやれ、貴方方もだらしないですねぇ。』
クロト「盟・主!?」
ネオ「アズラエル!?」
アズラエル『ささ、早いとこ片付けましょう。私は忙しいんですから……と、言う事で。シャニ』
シャニ「OK」
アズラエル『クロト』
クロト「了・解!」
アズラエル『オルガ』
オルガ「けっ!さっさとやるぞ!」
アズラエル『行きますよ――ファイナル!フュュュュューッッジョン!!!』
ネオ「あれは…盟主王!!!」
アズラエル『アズ!!ライ!!!ガーッッッ!!!!!』
アズラエル『さぁ、我が友国を散々散らかしてくれた事…たっぷりと後悔させて差し上げます!!!』

504 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 19:58:11 ID:???
ビリー「各戦線は押され気味か。でもね、こちらにだってまだまだ手札はあるんだよ?
    擬似トランザム搭載部隊、出撃だ」

ミハエル「げえっ、こいつら急に動きが良くなったぞ兄貴ぃ!!」
ヨハン「ふむ、トランザムか。中々に厄介ではあるが……こちらもそうすればいいだけの事だ」

スローネアイン、トランザム

ヨハン「なるほど……これは凄いな。ミハエルとネーナの力を借りなくともギガランチャーの使用が可能とは」
GNギガランチャー連射

ミハエル「次は俺だああ!!兄貴は下がって補給しろ!!」
ファングを飛ばしつつGNバスターソードで膾切り

ネーナ「まだまだ行けるよ!!ヨハ兄もミハ兄も負けないで!!」
ヨハン「任せろネーナ。お前の無念は必ず晴らしてやる」
ミハエル「よっしゃああああ!!ネーナの応援さえあれば俺様は無敵だああああああ!!」

ビリー「馬鹿な!?何故敵側の擬似GNドライブでトランザムが……まさか?!」

グラハム「流石はエイフマン教授……後は私のスサノオの調整を待つだけだな」
エイフマン「馬鹿弟子の不始末の処理を押付ける形で申し訳ないが頼むよ」
グラハム「道を踏み外した友を殴りつけてでも正気に戻すのもまた友として当然の役割。私はそれを果たすまでです」

505 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 20:01:21 ID:???
〜その頃の刹那〜

刹那「俺は、勝てなかった……。これではガンダムではない……」
ネーナ「せっちゃん……」
刹那「俺は……強くなりたい」
ネーナ「せっちゃん……あ、それなら心当たりがあるんだけど」

マリナ「――それで強くなりたいからと、私の所に?」
刹那「ああ、その通りだ」
ネーナ「マリナお母さんなら、せっちゃんを強くできるでしょ?」
マリナ「何のために強くなりたいのかしら?」
刹那「俺は奴に勝てなかった。だから強くなりたい。ガンダムになりたい」
マリナ「勝てなかったから強くなりたい……それでは駄目ね」
ネーナ「そんな!」
刹那「……何故だ?」
マリナ「刹那、頭を冷やしなさい。一晩考えて、また明日来なさい。
    その時もう一度、強くなりたい理由を答えなさい。それで私が納得すれば、流派中東不敗の一端を授けるわ」
刹那「……分かった」

カナード「まさか、断るとはな」
マユ「お母さん、いいの?」
マリナ「いいの、と言うのは?」
ネーナ「そうよ。私が言うのもなんだけど、せっちゃんが弟子入りすれば、その分一緒に居られるんじゃない?」
スメラギ「確かにいい機会ね」
マリナ「それはそれ、これはこれよ。あのままで強さを求めては、いつかは歪む。
     歪んだ強さは刹那やその周りの人達を傷つける。
     それが分かっていながら教えを授けるなんてできないわ」
マユ「お母さん……」
カナード「フン。どうせ正しい答えを見つけて来ると思っているんだろう?」
マリナ「勿論よ。だからネーナちゃん、一緒に信じて待ちましょう」
ネーナ「うん!」
スメラギ「これって実はノロケかしら?」

506 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 20:06:09 ID:???
市民シェルターV防衛戦

マルキオ「何!!Vに派遣した部隊が全…滅?しかも旧式たった一機に!?」


サトー「ふぅ、まったく魚の方が捌きがいがあるというものだ」←サトー専用ジン+対艦刀

507 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 20:07:33 ID:???
>>505
これは…マリナ様が心まで武を志すものになっている…!

508 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 20:11:11 ID:???
キラ「フルバーストッ!!ハァハァ…なんとかココらへんの敵は撃退できた見たいだ……ん?何だコレ……ウァァァァ!!」
マルキオ(声)「自分は不細工だ。女性と付き合ったことなんてない。自分に自信が持てない。
そんなあなたでもヒーローになれる場所がある。さぁ、友に目指しましょう夢のエロゲワールドを。
理性など要りません。ただ、欲望のおもむくままにエロゲをするのです。
しかし、それを邪魔する者達がいます。駆逐するのです。悪しき邪教徒達を。」
キラ「頭の中に…声が流れ込んでくる。」
マルキオ「元々キラ君はこちらの人々と同じ性質の人間。洗脳電波で堕ちるのも時間の問題です。」

キラ「確かに僕は毎日のようにエロゲをしている……でも僕にだって守りたい人がいるんだぁぁぁぁ!!」
敵2小隊撃破!
マルキオ「SEEDを発動させて洗脳電波を断ち切っただと!?なかなかやりますね彼も。」

509 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 20:21:28 ID:???
自分の恋より刹那自身を心配するとは……その気持ち、まさしく愛だ!

510 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 20:27:48 ID:???
>>493
キラ「フェルトやクリスは大丈夫みたいだね。残りのモブは僕らに任せて。彼らは間違っている」マルチロック
アウル「そうだ!エロゲエロゲと言いながら!ごめんね強くってさあ!」
ティエリア「三次元の女に手を出すなど万死に値する!君らはエロゲマイスターに相応しくない。圧縮粒子、解放!」

511 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 20:54:43 ID:???
ストライクフリーダム、インフィニットジャスティス、アカツキ、デスティニー、エターナル、レジェンド、インパルス、デストロイ、カオス、アビス、ドレッドノートΗ、
デュエルAS、バスター、ブリッツ、シグーDA、プロヴィデンス、カラミティ、レイダー、フォビドゥン、ジン、ガオガイガー、ゴールドフレーム天、
ダブルオー、デュナメス、ケルディム、アリオス、GNアーチャー、セラヴィー、スローネアイン、スローネツヴァイ、スローネドライ、アルケー、レグナント、
スサノオ、ガッデス、ガデッサ、ガラッゾ、エンプラス、GNアームズと戦って勝てると思えません…

これでリボンズがνガンダムに、リジェネがターンエーに、ギルがサザビーに乗ってきた日にゃ…

さらに流派東方不敗のマユに流派中東不敗のマリナ、そしてマスターガンダムのシーゲル…

512 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 21:20:30 ID:???
>>505
続き

マユ「刹那お兄ちゃん大丈夫かな……」
スメラギ「ホント、心配よね……心配で飲まなきゃやってられないわ」
カナード「まったくお前は……」
スメラギ「何よぅ。心配じゃないの?」
カナード「刹那も心配だがお前の肝臓も心配だ」
スメラギ「ちょっと、お酒返してよ」
カナード「ま、信じて待つ。それだけだ」
ネーナ「あ!せっちゃん!」
刹那「マリナ……」
マリナ「答えは出た?」

刹那「ああ。俺は、俺はガンダムになりたい」

ネーナ「せっちゃん!?」
マユ「刹那お兄ちゃん!?」
カナード「ちょwwおまwwwそれが答えかよwwwwww」
スメラギ「とんでもないガンダム馬鹿ね」

513 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 21:21:50 ID:???
刹那「そのために俺は大切な事を忘れていた……。俺は人を守るために戦っていた。
   俺の大切な人達のために戦っていた。俺は、大切な人達を守るために強くなりたい。
   それが、それこそが、ガンダムだ!!」

マリナ「それが、ガンダム……ね」
ネーナ「マリナお母さん……?」
マリナ「……流派中東不敗は流派東方不敗の流れを汲む拳。
その流派東方不敗を遡ると、古代インド拳法まで行きつくの」
刹那「古代インド拳法……?」
マリナ「そう。そしてその古代インド拳法を編み出したのは、釈尊の高弟達と伝えられているわ」
ネーナ「釈尊?」
スメラギ「シャカ、ブッダ、ゴーダマ・シッダルタ。世界三大宗教である仏教の創始者ね」
カナード「ん?マリナはイスラm……うわなにするのやめくぁwせdrftgyふじこ」
マリナ「釈尊が布教を行っていた当時のインドは治安が悪く、危険が多かったそうよ」
ネーナ「世紀末覇王とか聖帝とかがいるような感じ?」
マリナ「そうね。そんな情勢不安の中で釈尊の高弟達は、拳法を編み出したと言われている。
    釈尊と教団を守護するため、あくまで自衛のためにね」
刹那「自衛のため……」
マリナ「そう、貴方が出した答えと同じ。守るためよ」
刹那「守るため……」
マリナ「だから合格よ、刹那。貴方には流派中東不敗を受け継ぐ資格がある」
ネーナ「マリナお母さん!」
刹那「よろしく頼む」

514 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 21:29:17 ID:???
シン「凄い……EN供給が消費を常に上回ってる」
ギルえもん「技術向上による出力・容量の強化に加えて、デュートリオン送電システムにも変更を加えてね。
イナクトの動力を応用して、供給源を中心とする一定範囲内ならば常にENが供給される。
常時供給されるデュートリオンエネルギーによる発電、そしてそれによる半永久のGN粒子生成。
理論上は限りなく純正太陽炉に近い物となったよ。トランザムも使用可能だ。
スローネや『ガッ』シリーズへの実装が間に合わなかったのが残念だがね」
シン「これなら本編みたいな醜態も晒さないぜ。
俺はこのデスティニー・ランセルで、(周りに危害を為す)全てを薙ぎ払う!」
ルナ「このルナマリア・ホークを襲いたければ襲ってみなさい!
インパルス・ギネヴィアで達磨にしてやるわよ!」
レイ「俺達の友ひ手を出そうとした報い、受けて貰おうか。
レイ・ザ・バレル、レジェンド・ガウェイン、目標を殲滅する!
(しかしギル、このMS達の命名は……後でルナに殺されても知りませんよ)」

515 :514:2009/03/12(木) 21:32:55 ID:???
最後のレイの台詞、
友『ひ』じゃなくて友『に』ですorz
脳内補完して読んでくり;

516 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 22:06:45 ID:???
そろそろ連投規制に引っ掛かったかな?

517 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 22:24:08 ID:???
沙慈「刹那。」
刹那「沙慈、何故ここへ…Oライザーも!?」
沙慈「シンやレイ、ルナマリアは新型で出撃したよ。僕達も行こう刹那、大事な物を守る為に。」
刹那「しかし…お前は争いは」
沙慈「確かに争い事は嫌いだよ。だけどこれは僕達自身が戦わないといけないと思うんだ。…僕は引き金を引けない…だけど、君のバックアップは出来るから。」
刹那「……わかった。頼りにさせて貰う。」
沙慈「うん!」
刹那「OOガンダム、刹那・F・セイエイ…出る!!」
沙慈「Oライザー、沙慈・クロスロード、発進します!」
刹那「争いを生む存在…俺達がその歪みを断ち切る!」

518 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 22:32:58 ID:???
シン達の新型に刹那のパワーアップ、全員参戦…めちゃくちゃ熱いぜ!!!!

519 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 22:35:45 ID:???
アーサー「エロゲが争いを生む存在…そんな風に言われるのはエロゲが可哀想です…でも、僕は…」

520 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 22:35:57 ID:???
喪神の底力に期待

521 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 22:39:37 ID:???
刹那が流派中東不敗って似合いすぎw
キングオブハートに対応するような称号も欲しいところだ。



……キングオブアザディスタン?

522 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 22:44:00 ID:???
>>521
アザディスタンじゃなくてクルジスだろ

523 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 22:48:15 ID:???
キング・オブ・ガンダム

524 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 22:50:29 ID:???
>>523
ア○ロ「ガンダムを一番うまく使えるのは僕だから」

525 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 22:52:16 ID:???
アッシュ「ハハハハハ!!そら逃げろ逃げろ!逃げないと黒焦げにしちまうぜ!?」
キラ「やめろぉぉ!!」
アッシュ「おぉう!ハハハァ、キラ・ヤマトか。お前さんどっちかと言えば俺達側だろうによぉ・・正義の味方気取りか?」
キラ「僕は君達が許せない!エロゲはエロゲを愛する人達が各々楽しむモノ・・・それを最悪な形で撒き散らし、エロゲの権威を下げているというのに!」
アッシュ「エロゲを愛しエロゲを崇めエロゲの為に生きる!それが真理だろうがっ!」
キラ「うぁっ!?そ、そんなの!単なるエゴだ!」
アッシュ「ヒュゥ、さすがスパコ、やるねぇ!だが!」
キラ「しまった・・・」

つ特大ビーム 

アッシュ「あ!?」
ティエリア「圧縮粒子解放、クアッドキャノン!」
キラ「ティエちゃん!」
アッシュ「ちっ、援軍か!」
ティエリア「貴様らは最早何をしても許されん!キラ!」
キラ「ティエちゃん!」
アッシュ「うだうだ喚いてんじゃねえ!」
ティエリア「GNフィールド!」
アッシュ「防いだだと!?」
キラ「ターゲットマルチロック」
ティエリア「圧縮粒子最大解放」
キラ、ティエリア「「ハイマット・ハイパーバースト!!!!」」
アッシュ「こ、こんな・・・俺は・・・俺はエロゲとエロゲをエロゲがエロゲでリジェネイトが血を求めエロゲを求めて・・・うぎゃあぁぁぁぁぁぁっ!!!?」
キラ「エロゲは・・・エロゲはそんな血生臭い物なんかじゃないんだ・・・!」

526 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 22:55:25 ID:???
>>522
アザディスタンの皇女と結婚すればキング・オブ・クルジスでありながらキング・オブ・アザディスタンに。
ムスリムなら一夫多妻制で、ネーナも一緒になり角が立たないハーレムエンドに。

527 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 22:56:46 ID:???
>>521
まぁ、あくまでも心構えのみで、刹那は人外魔境にはなってほしくないな…

528 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 22:57:43 ID:???
>>526
マリナさん、乙です

529 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 22:58:38 ID:???
キラ兄と眼鏡の合体技に燃えた俺がいる!

530 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 23:00:23 ID:???
キングオブソレスタルビーイング。
長い。

531 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 23:01:01 ID:???
>>525
巧いな、ストフリのフルバーストとセラヴィーのフルバーストで「ハイマットハイパーバースト」か。 

セラヴィーが盾になりつつ、セラヴィーの後ろ斜め上からストフリと一緒に一斉にフルバーストする姿が想像できたよ。

532 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 23:02:33 ID:???
そもそも刹那、量子化できるから流派中東不敗はいらないんじゃね?

533 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 23:05:50 ID:???
量子化のおかげでターンエーとかの規格外機体以外には負けないんじゃ、とか言われるくらいだしな

534 :1/3:2009/03/12(木) 23:05:50 ID:???
シン「シェルターの防衛線もこの調子なら押し戻せ……あれは!」
レイ「最早なりふり構わずデストロイか。
   ご丁寧に護衛機も一個中隊付けて、本編の様に易々とは行かないだろうな」

マルキオ「ふっふっふ、蹂躙兵器とはこの様に使うのですよ。
      充分な護衛戦力を伴った上での殲滅。
      最も、薙ぎ払うのは防衛戦力に限りますがね」

シン「…やるか、レイ」
レイ「あぁ、ぶっつけ本番だがこの際だ。躊躇ってはいられないな」
シン&レイ「「トランザム!!」」

535 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 23:06:05 ID:???
ルナマリア「行くわよ!」
レイ「援護する。」
シン「うぉぉぉっ!!」


マルキオ兵「大僧正様、我が軍の拠点防衛ラインに敵機が!」
マルキオ兵「敵3機、我が軍の戦力を物ともせず!更に向かって来ます!」
マルキオ「むぅ…来ましたか、未来を掴まんとする若者達が。残存戦力を集結させなさい、彼らをこれ以上近付けてはなりません!」
マルキオ兵「はっ!」

536 :2/3:2009/03/12(木) 23:07:24 ID:???
護衛機パイロットA「正気か!? 僅か二機でこの部隊に!」
レイ「ドラグーン!」
護衛機PB「舐めるな、所詮は只のラジコンビーム砲…何っ! 何だこの機動は!!」
レイ「素晴らしいな、脳量子波サイコミュと言う物は……見えたッ!」
護衛機PB「ちょwww速過ぎwwwww目で追えなアッー!」
護衛機PA「のおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ…」

シン「これがトランザム…この速さ、GN粒子無きゃ胃潰れてるぜ、全く!」(←何か嬉しそう
護衛機PC「くっ、MSの機動じゃ…あふん!」
護衛機PD「こなくそっ…ふべろっ!」
デストロイパイロット「だが、どれだけ落とそうが…!」
レイ「後ろからも増援か、デストロイ一機を守るのに必死だな」
シン「けど、これだけ落とせば……」
レイ「突破口は……」
シン&レイ「開いた!!」

537 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 23:08:41 ID:???
>>533
00ライザーに勝てそうなのがターンシリーズか、なんだろうと気合いで勝つGガンダムぐらいだしね

538 :3/3:2009/03/12(木) 23:08:44 ID:???
レイ「行けッ!」
護衛機PE「またドラグーンか。だが同じ手が二度も……なっ!!?」
護衛機PF「MSが……増えたっ!!??」

レイ「俺のガウェインが放つドラグーンが投影機となり、
シンのランセルが放つGN粒子とミラージュコロイドが俺達の幻影を作り出す」
シン「しかも只の幻影じゃあない。
ドラグーンから作られる幻影は縦横無尽に飛び回り、ビームも撃てるしファングも刺せる!
嘗ての見掛け倒しとはわけが違うぜ!!」

護衛機PG「くそっ、どれだ、どれが本物だ!?」
デストロイP「真☆DE☆S☆TO☆RO☆Yのビットでも追従しきれないっ!」

シン「これが、俺の!」
レイ「俺達の!!」
デストロイP「しまった、本命はこっちか!」(護衛を突破し、眼前に迫るランセルとガウェイン
シン「最強の必殺技ァ!!!」
デストロイP「うわあああああああああ!!」(ライン・アロンダイトの刃に切り裂かれ、崩れ落ちるデストロイ

シン&レイ「「ダブルアクション・ファントムだ!!!!」」

539 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 23:11:12 ID:???
>>534
シン「ラインアロンダイト!」
レイ「ドラグーンVerレイ展開!」
ルナ「ギネヴィア、エクスカリバー2nd!」
シン「くっ…こ、これがトランザム…」
レイ「凄まじい反動だ…!」
ルナ「こんな無茶苦茶な事、ソレスタ兄弟は毎回やってる訳!?」
シン「でも、いける!これならデストロイ相手でも!!」
ラインアロンダイトで一刀両断 
レイ「貫く!」
ドラグーンVerレイで蜂の巣 
ルナ「ギッタギタにしてやるわ!」
エクスカリバー2ndでぶった斬り 
シン「まだまだ、これからだマルキオ!」

540 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 23:13:43 ID:???
>>538
二つの声が重なる時、最高に強くなれるんですね分かります、めっちゃ熱く分かります!

541 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 23:16:45 ID:???
シン「こんな戦いあっちゃならない、やってることは戦争だけどその中身はひどく
   情けない理由なんだ!そんな争いで人が悲しみ泣くような事はあってはならないんだ!」
レイ「そうだ、シン。早くこの戦いを終わらせよう」
シン「ああ、これが終われば勝利記念で割引セールが始まる、だから…勝たなくちゃいけないんだよ!
   バーゲンのために!!」
レイ「シン…(ほろり)」

スティング「おおおおおお」
ライル「そらそらそら」

刹那「上昇率が激しく上がっている!?これは…沙慈の力か!!」
沙慈「僕たちは負けない!明日(のセール)のために!」

542 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 23:19:16 ID:???
>>541
これが主夫の光か・・・

543 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 23:21:01 ID:???
>>532
刹那が強くなったら沙慈いらないしな
ここは二人の力で勝ってほしいぜ

544 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 23:27:54 ID:???
マルキオ「どうやらだいぶ押されているようですね…仕方ありません、私も出ます。」

アビー「そんな、大僧正!?」

マルキオ「後は任せますよアビーさん。そしてもし私が堕ちた時は…プランX(>>490)に以降してください。この戦い…勝利の鍵はビリーさん、いえ最終童貞。貴方が握っています。」

ビリー「は、お任せください。大僧正」

マルキオ「頼みましたよ、私達の楽園を…」

545 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 23:30:32 ID:???
シン「敵が多い!」
レイ「いかにトランザム可能とはいえ、こうも湧いてこられては…!」
ルナマリア「ちょっと、どれだけいるのよこいつら!」
シン「ルナ、危ない!」
ルナマリア「!?」
???「ハァァ!(グリフィンビームブレイド)」
レイ「ガイア――ステラか!」
ステラ「ステラも戦うの。シン、行って!」
シン「ステラ、でもステラ一人じゃ――」
アウル「僕もいるってね!(アビス・一斉射撃)」
レイ「アウル!」
スティング「おらぁっ!!」
ルナマリア「オクレ兄さん!」
スティング「ここは俺らに任せて行け、お前ら!」
アウル「ちゃんとボス倒さないと承知しないからな!?」
ステラ「頑張って…!」
シン「…ああ、必ず!(先を急ぐ)」
スティング「へっ、いい顔しやがって(笑)――さぁ、気合い入れろよアウル、ステラ!」
アウル「もち!」
ステラ「うぇい!」

546 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 23:39:03 ID:???
何だこのダイナミックな展開はww手に汗握るじゃねーかw

547 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 23:45:30 ID:???
市民シェルターW攻防戦

イザーク「どんどんかかってこんか、この腰抜け共がぁぁぁぁ!!!」←シヴァ連射
ディアッカ「俺の狙いから逃げられると思うなよ!?」←超速インパルス砲
ニコル「あっはっは…攻める場所を間違えましたねぇ、貴方達♪」←ランサーダート連発 
シホ「全ての女性の身の安全を守るのよ!」←グフ・スレイヤーウィップ 
イザーク「貴様ら、五体満足でいられると思うなよ!!」

548 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 23:46:06 ID:???
だいぶ職人がいろいろきてるな
まぁ悪いとは言わないが

549 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 23:52:36 ID:???
>>548
何が言いたいの?楽しんだらいけないわけ?

550 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 23:57:38 ID:???
>>544
シン「何だ?」

マルキオ「だいぶ好き勝手にやってくれましたね…ですがそれもこれまでです。」

レイ「貴方は最早これまでだ…丸腰と言えど容赦はしません、行けぇ!ドラグーン!!」

マルキオ「ハァッ!」

レイ「な、馬鹿な…避けただと!?」

マルキオ「確かに貴方の操作技術、速度は郡を抜いている。ですがそれを上回る速度で私が動けば良いだけなのです。」

キラ「シン、レイ!一度下がって!!」

キラ&ティエリア「「ハイマットハイパーバースト!!」」

シン「やったのか?」

マルキオ「威力は絶大ですが…いかんせんタイムラグがありますからね、避けるのも容易い。」

キラ「そんな…いつ後ろに!?」

サトー「ウオォォォッ!!」(上空から斬りかかる)

ドオォン…
サトー「これならどうだ…何!?」

マルキオ「どんなに鋭利な刃物でも、接地点をずらせば脅威にはなりません…では次はこちらの番です。」(高く跳躍しデストロイの残骸に乗る)

シン「あ、あんた…そんなとこに立ってどうするつもりなんだ!?」

マルキオ「なに、このデストロイは少々細工を施してありましてね…本来の姿に戻すだけですよ。
さぁ私の煩悩を吸い高まり真の姿を表しなさい!!」

シン「何だ?急に触手が…」

レイ「それだけじゃない…壊れた部分が直っていく。」

キラ「しかも四脚になって…ウェッキモい」


マルキオ「三大理論のプロトプログラムを組み込み進化したデストロイ…差し詰めグランドマスターデストロイといった所でしょうか…
さて、第2ラウンドの始まりです」

551 :550:2009/03/12(木) 23:59:36 ID:???
後は任せた…ι

552 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/12(木) 23:59:41 ID:???
>>550
触手とは…エロゲ大僧正なだけにw

553 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 00:12:04 ID:???
が、頑張れ! 大僧正!!

554 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 01:35:11 ID:???
シン「何だ、夢か・・・」

555 :決戦1:2009/03/13(金) 01:58:12 ID:???
シン「どうする、DAP(ダブルアクション・ファントム)を使うか?」
レイ「いや、アレは今使うべきではない。DAPの真価は……彼が来る時にこそ出る」
シン「彼……そうか」
レイ「来るぞ」

刹那「破壊する……俺が、俺達が、貴様と言う歪みを破壊する!」
沙慈「ダブルオーライザー、到着しました!」

マルキオ「来ましたか……刹那・F・セイエイ」
刹那「マルキオ僧正…貴様の行いは、自らのエゴを押し付け、撒き散らしているだけの歪みだ!」
沙慈「自分の考えの為なら、自分と違う思想の人はどうなろうとかまわない。
そんなやり方で楽園だなんて夢のまた夢だよ!」
マルキオ「あなた方には理解も共感も出来ない思想でしょう。
友情に、家族愛に、恋愛に恵まれたあなた方リア充にはね。
『喪』と言う生き物は恵まれぬ者達。
故にエロゲと言う唯一至高の存在を見出し新たなる恵みを得るのです。
そしてその存在に異を唱える者は如何なる存在であろうと排斥してみせましょう」

556 :決戦2:2009/03/13(金) 02:00:21 ID:???
キラ「それは違うね! ぶっちゃけた話僕は友達少ないし家族からは容赦無く扱われるし恋愛だってきっつい思い出あって恵まれてるとは言い難いけどさ、それとエロゲは別問題だよ!」
ティエリア「その通りだ! エロゲから得られる萌エネルギーとは人間関係から得られるモノとは根本的に別種! エロゲが至高である事には同意だが、それを唯一存在とするなどナンセンスだ!!」
カナード(←いつの間にか来た)「『恵まれぬ者達』だと? 笑わせるな! 貴様らは己の境遇に甘え、自らの限界を越えようとしなかった。真に排するべきは、お前達の心の弱さだ!!」

マルキオ「……そうか、残念だよ、キラ君。君達ならばわかってくれると思ったのだが……」
キラ「やめてよね。三次元に危害及ぼすオタはオタ名乗る資格無いよ。寧ろ死ねば良いんだよ」
カナード「よし、ならばお前はこの戦いが終わった後切腹しろ。介錯は俺がしてやる」
ティエリア「(やりとり無視)Yesロリ&Noタッチ。この原則を守れぬ者など……万死に値する!!!」

557 :決戦3:2009/03/13(金) 02:02:30 ID:???
シン「…何だか真面目だかふざけてんだかわかんないんだが」
レイ「今は真面目と言う事にしておくぞ。今はそれよりも…良いな、刹那、沙慈?」
刹那「問題無い」
沙慈「今更躊躇う事は無いよ。僕達四人…いや、『皆』なら負けはしない!」
レイ「よし、一気に決着をつける!」
シン「ラスボス戦お約束の『序盤は苦戦』なんてすっ飛ばすぜ!」(これは多分ラスボスの一つ前ですが
刹那「沙慈、行くぞ!」
沙慈「ダブルオーライザー、全出力正常、行けるっ!」
「「「「トランザム!!!!」」」」

マルキオ「ハッ、しまった!」
キラ「アレ、あっちでもう何か始まっちゃってるよ!?」
カナード「ちょっ、俺達が舌戦やってる間に血戦始めるな!」
ティエリア「ええい続くぞ、トランザム!」
マルキオ「……こうなれば、このグランドマスターデストロイの力を持って
 鎮 め る しか無いようですね」
キラ「やってみなよ! ……て、え?」
カナード「何だ、これは!?
ティエリア「これは、まさか…!」

558 :決戦4:2009/03/13(金) 02:05:05 ID:???
ティエリア「これは…ッ!」
キラ「ダブルオーライザーの量子空間…って何で皆ちゃんと服着てるのさ!
やめてよね、おにゃのこの裸が見れないじゃない!!」
刹那「そんな事はどうでも良い(←着せた犯人)。
皆、俺達の声が聞こえるか?」
ロックオン「……あぁ、バッチリだぜ刹那。
いきなりこんなとこに放り込まれてビビりはしたがな」
シン「今俺達は、マルキオ僧正との直接戦闘に突入しています。
けど正直な話、今いる面子じゃあ勝つ自信無いんですよね」
沙慈「だから、皆の力がいるんです」
ハレルヤ「皆の力…どうしろってんだ?
テメェらの勝利を祈って願えば良いのか?」
レイ「いえ、物理的に貸して頂きます。こちらに来て」
男友情カルテット以外全員「「「「「「「「は?」」」」」」」」
シン「(ここまで散布出来れば…行ける!) 刹那!」
刹那「ダブルオーライザー、見せてくれ、お前の新しい力を!」
マリナ「えっ…これは…何!?」

559 :決戦5:2009/03/13(金) 02:08:14 ID:???
マルキオ「なん…と……」
カガリ「ここは……」
マユ「いつの間に…!?」
マルキオ「これは……まさか、周囲のあらゆる存在を量子化したと!?」
シン「そうよ、そのまさかよっ!」
アリー「俺の台詞取んなっ!」
レイ「ダブルオーライザーの高濃度粒子を、
ランセルの光の翼(made of GN粒子)に乗せてオーブ中に広げさせて頂いた。
俺のガウェインのGN粒子も使ってね。後はシンプルに、量子ワープで仲間を呼ばせて貰ったよ」
シン「正直ネーナの手借りたかったけどな」

ギルえもん「ふっ、デスティニーランセル……シンばかりではなく、
ダブルオーライザーの更なる力すら引き出すとは驚いたよ」
イアン「それでも、単純にGN粒子を撒いただけじゃ量子化なんて起こりはしねぇ。
ランセルも只のMSじゃないみたいだな」
ギルえもん「そこは単純に…『想いの力』で済ませてみないかね?」
イアン「……そうだな、それも悪くはねぇや」

560 :決戦6:2009/03/13(金) 02:10:17 ID:???
ミーア「しっかしこんな事までやっちゃうなんて……」
ネオ「流石はウチの刹那と言ったところかしらね。
ま、今は刹那を褒めてあげるより、そこの変態坊主をぶっ潰すのが先よ!」
マルキオ「……成程、感服です。
しかし、今の大規模量子化でその三機はGN粒子を枯渇している。
その様では勝利はおろか、戦う事すらもかないますまい?」
ネーナ「ところがぎっちょん! その為のアタシ、ネーナ・トリニティよ!」
アリー「だから俺の台詞(ry)」
HA☆RO「GN粒子補給! フルチャージ!! ノンストップ!!! チャージ完了!!!!」
マルキオ「早っ……と言っている場合ではない!」
刹那「これで終わりだ、マルキオ僧正!」
沙慈「これが、皆の思いが、僕達の力だ!」
シン&レイ「「最 初 か ら ク ラ イ マ ッ ク ス だ ぜ !!!!」」
ダブルアクション・ファントム、発動

561 :決戦7:2009/03/13(金) 02:12:36 ID:???
シン&レイ「「二つの声なんて言わねぇ! 皆の声を重ねるんだ!!」」
ルナ「アレ、シンとレイ何かシンクロしちゃってない?
てか二人とも微妙に性格変わってない!?」

ロックオン「行くぜライル、ハロ! 」
ライル「OK!」
ハロ「マカセトケ!マカセトケ!」
ニール&ライル&ハロ「狙い撃つぜぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!(副音声:ネライウツゼェェェェェェェェェェ!!!!!)」
アレハレユカイ「久々の!「本気モードだぜぇ!「軸線を合わせて!「足と!「同時攻撃を!!」
ソーマリー「見える…これが!「反射と!「思考の!「融合!!」
アニュー「イノベイター全ての声を重ねるのよ!」
リボンズ「イノベイタースベテノコエヲカサネルノヨ!」
リジェネ「重ねる前に戻って来いリボンズ!!」
リヴァイヴ「と言うかアニュー、早く掌握解除しろ!」
ヒリング「もう勝手に行くよー!」
ブリング&ディヴァイン「「まてヒリング!!」」

カガリ「流派!」
マユ「東方不敗と!」
マリナ「中東不敗は!」
カガリ&マユ&マリナ「「「王者の風よ!!! 全新系裂天破驚乱!!!
見よ、我らの心は紅く燃えている!!!
三位一体・石波天驚拳ーッ!!!!!!」」」

562 :決戦8:2009/03/13(金) 02:16:52 ID:???
マルキオ「一線級のMS達が全て幻影となって襲ってくる…これがっ!」

ギルえもん「これが、ダブルアクション・ファントムの真の力か……」
イアン「周り全てを幻影にするだけじゃない。ダブルオーライザーの力に呼応し、
ヒトの精神力をMSの力に変える……何とも大したもんだ」

シン&レイ「(けど、ミラージュの展開にランセルとガウェインは機動以外の全出力を割かないといけない……
つまり俺達は攻撃が出来ない。真の切り札は刹那、沙慈、お前達だ!)」

マルキオ「ダブルオーライザーは……そこかっ!」
ネーナ「しまっ…せっちゃァん!」
ルイス「沙慈ィ!」
マルキオ「一度分離して近づこうとは…中々考え…ッ!」
触手に貫かれたと思ったダブルオーとオーライザー、
……の幻影から現れたモノは
マルキオ「デス…ティニーに……レジェンド!?」
シン&レイ「「今だ、刹那ァ、沙慈ィィィィィィィィ!!!!!」」
刹那&沙慈「「トランザムゥ!!!」」
マルキオ「上…か……!!」
刹那&沙慈「「ライザァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!」」



よし、続きは頼んだ!w

563 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 02:49:43 ID:???
沙慈「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」
刹那「沙慈ィィィィィィ!!」
マルキオ「グフッ・・・中々危なかったですがまだまだ私の煩悩はこの程度では滅びませんよ。」
刹那「くそっヤツは不死身か?!化け物め・・・・」
マルキオ「さぁ崇めよ・・・・恐れよ・・・・・跪け!!」
刹那「俺は・・・」
マルキオ「フハハハハハハハハ!!」
刹那「ここで終わるのか・・・・」
シン「馬鹿野朗!!俺達はまだ倒れてない!!」
刹那「シン!!」
シン「俺達にとってこんな変態なんて敵じゃない!!そうだろ?刹那・F・セイエイ!!」
刹那「はっ・・・・そうだなたいしたことないな・・・今は・・・・俺とお前で00ライザーだ!!」
キラ「おっとこんな熱い展開に主人公として乗り遅れるわけにはいかないじゃない?」
シン「キラ兄!!」
キラ「僕がフレイ・・・じゃなくてネオとミーア手を出されて黙ってるわけないでしょ。」
刹那「キラ・・・・」
キラ「とっとと終わらせて帰ろうよ。たまには本気出そうかな!!」
パリーン
シン「いくぞ刹那!!キラ兄!!」
パリーン
刹那「了解!!トランザム!!」
キュイーン
「「「SS(ダブルシード)コンビネーション!!」」」
シン「俺が!!」
キラ「僕が!!」
刹那「俺達が!!」
「「「ガンダムだ!!」」」

564 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 06:45:02 ID:???
マルキオ「バカな…私が…この大僧正マルキオが…こんな所で……!!!」
 
どがぁぁぁぁん!!! 

シン「よ…っしゃああぁぁぁぁ!!!!」
キラ「ふう…」
刹那「ミッション、コンプリート…!」
ルナ「やったじゃないシン!」
ネオ「キラ!」
ミーア「キラぁ!」
ネーナ「せっちゃん!」
マリナ「刹那!」
レイ「フッ…これで、この戦いも―――!?バカな、何だこの反応は!?」 
ロックオン「おい、見ろ!何か出てくるぜ!?」 
???『恵まれた者が憎い…』
アレルヤ「何だ…!?」
???『自分の容姿に自信が持てない…』
ティエリア「この膨大な出力反応…」
???『周りがデートだホテルだとノロケるのを黙って見ている辛さ…』
カナード「おい、この声は」
???『喪男達よ、決起せよ!我が元へ!リア充への憎しみを!エロゲへの情念を!』

どがぁぁぁぁぁぁぁぁ!

シン「な…で、でかい!?」
キラ「何さあれ!?」
刹那「…歪んでいる!」
ビリー『さぁ最終決戦と行こうか諸君!!これは聖戦だ…我々エロゲ喪男が勝つか!諸君らリア充が勝つか!!!』
レイ「ビリー氏!?」
アウル「ビリー!何でまたあんなモンに!?」
ビリー『このデビルガンダム・アンチリアで諸君らを討ち滅ぼし!!我々はこの国をエロゲドリームアイランドへと作り代える!!』
シン「ふざけるな!そんな下らない理由で滅茶苦茶にされてたまるか!!行くぞぉぉぉぉっ!!!」

565 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 06:51:34 ID:???
ラスボスwwwwwwwwwww

ビリーさんwwwwwwwwwwwwwww

566 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 07:41:13 ID:???
まぁスメラギさん連れて来れば、瞬殺だろうがなw
あれ?もしかしてスメラギさんが活躍するの初めてか?

567 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 08:12:00 ID:???
マルキオ決戦編連投した職人さん乙!

568 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 09:17:46 ID:???
やべぇwww口が裂けてもシン達に勝てとは言えねぇwww
でもビリーにも勝てとはいえない矛盾

569 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 10:02:56 ID:???
マルキオ「フフフ…ついに目覚めましたねビリーさん。いや、最終童貞…」(ボロボロの格好でグランドマスターデストロイの残骸から出てくる)

シン「アンタ…まだ動けるのか!?」

マルキオ「こんな事もあろうかと、鍛えておいたこの体。と言う奴ですよ…ですがこれで貴方たちは終わりです。彼はさしずめRPGの裏ボス、表ボスである私を上回っています。
私の煩悩カウンターで見ても彼が産み出す煩悩と言う名の喪神力はかなりの数値をしめしている…素晴らしい、これ程の力があればオーブ全土の喪男達は彼の尖兵…喪神兵(デスアーミー)となり世界を多い尽くすでしょう…フフフフフ、ハハハハッ…ガハッ」(突然倒れる)

刹那「安心しろ、峰打ちだ。アンタでも今とは違う未来へと進む事は出来る…」(イノベEYE)

サジ「刹那…ありがとう。そう言いたい気分なんだ。」

刹那「サジ、その言葉はまだ早いかもしれない。俺達は真の平和を築く為にももう少し戦わなければならない…」

サジ「あぁ…行こう!!」

刹那「了解、刹那・F・セイエイ」
サジ「サジ・クロスロード」

刹那&サジ「「目標を駆逐する(します)!!」」




アビー「刹那キュンとサジ君ハァハァ」

570 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 11:18:56 ID:???
これは石破ラブラブ天叫拳とかでしめかな?

571 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 11:20:37 ID:???
>>570
刹那くんと沙慈くんのですね、わかります。

シン「何やってるの、アビーさん?」

572 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 11:31:04 ID:???
俺は、ビリーを応援したい…

573 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 11:49:36 ID:???
>>572

アンタとは良い酒が飲めそうだな。

574 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 11:55:03 ID:???
一週間後、そこ(極東、偶像崇拝の街)には元気に買い物をするマルキオの姿が!

575 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 11:56:49 ID:???
あと一日くらい、この戦いは続くのかな…

576 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 12:16:56 ID:???
>>569
最短ルート

ビリー「喪男ビーム!!」
ドカーン
ビリー「僕は無敵だ!!ははははははははは」
刹那「今、お前は玩具屋(のガンダム)を破壊した・・・・」
シン「さっきは特売セールがお得なスーパーをぶち壊した・・・・」
「「万死に値する!!」」
ビリー「戦闘力8000・・・12000・・・・20000・・・・バカな戦闘能力が跳ね上っていくだと!?」
ぱりん
ビリー「スカウター(眼鏡)が?!」
シン「倒してもいいよね?答えは聞いてない!!」
刹那「目標を駆逐する!!」
「「おらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおらおら」」
ビリー「のわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」
シン「終わったな・・・・」
刹那「あぁ・・・・」
シン「プリン食べるか?」
刹那「ありがとう。」
シン「明日は隣町のスーパーのセールだったっけ・・・・」
〜マルキオ大僧正編 完 〜

577 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 12:23:18 ID:???
ギルえもん「ピピピ…ふむ、この煩悩カウンターとやら…表す数値はアレだがかなりの高性能だね。」(マルキオからパチッた)

レイ「ギル、それはどう見ても野菜人のアレにしか見えないのですが…」

ギルえもん「確かにデザインはそのままだがね、中々面白い物だよ。これは数値をプラスとマイナスの値で示すらしい…
試しに見てみると一般人の煩悩はプラスの100M(モエー)だとするとキラ君は8310M、ティエリア君は8042M…かたや堕僧マルキオはマイナスの数値で124110M(喪)、そして覚醒したビリー君にいたっては420000以上をはじき出し今も上昇中だ…
正直驚かされるね、煩悩の力には。だが…」

レイ「何かあったのですか?」

ギルえもん「………ラクス嬢からも同様のエネルギーが観測されたのだ。しかもマイナスの数値でね…おまけに測りきれずにカウンターがショートしそうになったよι」

578 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 12:26:15 ID:???
スメラギ「お酒を止めるばかりで付き合ってくれないビリーなんか大っ嫌いよ」グビグビ
カナード「この非常時に…!」
マユ「こんな状態で片桐さん止めるのに使えるのかなあ」

579 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 12:36:05 ID:???
デビルガンダム・・・コアの解放・・・これだ!

カナード「というわけで、とりあえず裸でコックピットで抱き合いつつ必殺技でいけると思うんだが」
マユ「お母さんを裸にして放り込む気?!」
カナード「いや、この場合、コア側がビリーなわけだし、裸のビリーを抱きしめつつガンダムに乗ったスメラギが・・・」
マユ「それただの変態だよね(汗」
スメラギ「それに、私はビリーに欠片どころか素粒子1個分も愛情を抱いてないから無理ね〜」


580 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 14:26:35 ID:???
ラク姉www

581 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 14:52:48 ID:???
>>580
愚痴スレからお帰りなさい

582 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 15:49:33 ID:???
最終童貞の元ネタって何?

583 :最終決戦【前】:2009/03/13(金) 15:50:40 ID:???
シン「くっそ、無理させすぎたか、ランセルがもう動けない…!」
レイ「ガウェインもだ。ドラグーンこそ飛ばせられるが残存数は3…心許ない
(その上ヤツの奇襲で周りの皆もほぼ全滅……絶望的か」
ビリー「そりゃあ触手に潰された機体を更に引きずった結果、当然だよ。
肉を切らせて骨を断つ戦法が仇となったね。君達はもう戦えまい?」
沙慈「……まだだ」
刹那「まだ俺達が残っている!」
ビリー「まだ立ち上がる、その意思は素晴らしいねぇ。けどたったの一機では…」
????「違うな、二機だ!」
ビリー「何ッ!?」

ハム「待たせたな、少年達よ!」
シン「ハムさん!?」
レイ「なぜ今頃になって…」
ハム「なぁに、先程の量子ワープ時、『グラハム・エーカー』はこの世にいなかったものでな」
沙慈「(あぁ、ブシドーだったから刹那にハブられたんですね、わかります)」

584 :最終決戦【前】:2009/03/13(金) 15:52:10 ID:???
ビリー「グラハム……やはりと言うべきか、君も僕の邪魔をするようだね」
ハム「無論だ。このグハラム・エーカー、間違った道を歩もうとする友がいれば、殴り飛ばしてでも道を正してみせよう!」
ビリー「ふっ、道を踏み外しているのは君の方さ。そして正道を歩むのはこの僕、ビリー・カタギリだ!」
ハム「笑止! 己の欲望の為に世の女性に危害を加えるなど言語道断!!
その様な不埒者が宿るガンダムの皮を被った八岐大蛇など、このスサノオが斬り捨ててくれる!!!」
ビリー「日本神話もちょっぴりかじる様になったみたいだね。
出来るならば僕もスサノオとなって櫛名田比売を助けてみたかったよ(嗚呼クジョウ…)。
だが今の僕は違う。デビルガンダム・アンチリアに選ばれた、暗黒喪神ダークカタギリだ!!」

585 :最終決戦【前】:2009/03/13(金) 15:53:31 ID:???
シン「とうとう暗黒喪神名乗っちゃったよあの人」
レイ「既にデビルガンダムに取り込まれているな…ところでシン、ランセルの粒子散布機能は生きているか?」
シン「何とかな。動力死んでるからコンデンサの粒子だけが頼りだけど。
その上粒子残量からしてトランザムも使えない(=DAPも使えない)、あまり派手で確実な撹乱は出来ないな」
レイ「充分だ。三人のタイミングを見計らえ。一撃で決めてやるぞ」
シン「了解!」

ハム「最早言葉は通じんか…ならば拳と剣で我らの意思を叩き付けるまで!」
沙慈「話してる間にダブルオーライザーの粒子充填も完了したよ!」
刹那「了解した。グラハム、準備は良いか?」
ハム「無論だ。あの様な大型の敵相手には、クロスレンジでの一撃必殺に限る」
ビリー「来るかい? だが所詮は僅か二機の突撃。行動パターンの推察も容易だよ」
ハム「侮ってもらっては困る。1+1+1=3では無いという事を教えてやろう」
刹那「行くぞ、沙慈、グラハム!」
沙慈「ああ!」
ハム「特と見るが良い、我らの力を!!」
刹那&沙慈&グラハム「「「トランザム!!!!!!」」」

586 :最終決戦【前】:2009/03/13(金) 15:56:51 ID:???
ビリー「トランザムを使おうと、ガンダムヘッドォ!!」
ハム「それがどうしたあっ!」(ガンダムヘッドの群れを一刀両断
ビリー「えええっ!?」
刹那「わかるまい、人の愛を知ろうとしない貴様には!
この俺達の体を、通して出る力が!!」
沙慈「たとえ倒れていても、周りの皆が力をくれる!
僕達三人だけじゃない、皆と一緒に戦っているんだ!!」
レイ「その通りだ!」
シン「俺達の力は、こんなもんじゃない!!」
ビリー「何っ、ドラグーンがまだ!? だがたったの三基!!」
レイ「フッ)甘いな、『たったの三基』故に動きはより複雑に精巧になる。それこそトランザム発動時並に、な!」
ビリー「落とせない…ッ、駄目かっ!」(アンチリアに突き刺さるドラグーン
ビリー「……だが残念だったね、その程度ではアンチリアは落ちはしないさ」
シン「安心しなよ、最初からそれで倒すつもりなんて無いさ」
ビリー「何? ……あ、あ、あああああああああ!!!」



一旦ここで止め。次回辺りでそろそろ決着つけて日常に戻りたいぜw
さぁ、ビリーが見た物は何だ!?

587 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 16:03:03 ID:???
>>582

多分ドスペラードだと思う。

588 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 17:07:22 ID:???
あれ?(ゴシゴシ)あれれ?おかしいな…ハムがかっこよく見える!

589 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 20:00:43 ID:???
シンの隠し玉は一体…あぁ気になってしょうがない!

590 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 20:46:06 ID:???
仮に終戦したら 


シン「――さて…この人達どうしようか…?(怒)」
アビー「ビクッ!?(正座)」
ビリー「ビクッ!?(正座+ギザギザ石の上)」
レイ「今回の被害は尋常ではないからな…!(怒)」
アビー、ビリー「「お、お許しを〜!」」

591 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 20:55:53 ID:???
>>590
キラ「今回ばかりは庇う事は出来ないよアビー?」
アビー「そ、そんなぁ…!」
ティエリア「エロゲマイスターとしても、人としても見過ごせん。大人しく裁きを受けるべきだな。」
ビリー「あぁ…これも喪男故の悲劇か…」
カガリ「とりあえず二人を政府直轄収容所へ連れていけ、処罰は審議が終わってから下す。」
ユウナ「オッケー!」
アビー「あぁっ!BGMにドナドナが流れてるぅぅぅ!!!」←す巻きにされて移送
ビリー「世界よ、喪男の恐ろしさを思い知ったかぁぁぁ!!!」←同じく 
ルナマリア「これで暫くは平和ね。」

592 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 21:15:52 ID:???
とりあえず、前回は騒ぎの主犯アビーに妄想1週間禁止だったな。

今回は主犯クラス マルキオ、ビリー、アビー辺りに”1ヶ月間二次元禁止令”辺りかw

593 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 22:31:32 ID:???
>>592
いやいや、一生涯エロゲ禁止でいいんじゃね?
普通ならその場で殺されたって文句は言えないんだから。

594 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 22:35:07 ID:???
なんとなく思いついた

リヒティ「二人とも、着いたっすよ」
フェルト「ここは…?」←目隠しを取りながら
クリス「こんなところに連れてきて、私達をどうするつもりなの!」←目隠しを取りながら
リヒティ「ククク…警備が尋常じゃなくて、攫ってくるのも一苦労だったっすよ!
     ハッキングの妨害をしてくれたお礼に、これからお二人を苛め抜いてやるっす!」
クリス「リヒティ、目を覚まして!そんな馬鹿なことやめてよ!」
リヒティ「聞く耳持たないっす!さあ、まずはコイツを見るっすよ!」
フェルト「これは…!」
リヒティ「この炭水化物の塊を大量に摂取してもらうっす!
     二人ともカロリー過多にしてやるっすよ!」
クリス「そんな…私今ダイエット中なのに…ケーキだなんて、酷い…!」
リヒティ「さあ苦しむがいいっすよ!あ、二人ともフォークでいいっすよね?」
フェルト「うん」
クリス「残忍すぎるわ…!」

フェルト「…おいしかった」
クリス「ああ…食べちゃった…」
リヒティ「お次はこいつっすよ!…ちょっと熱いんでフーフーしてから飲んで下さいっす」
フェルト「ありがとう、リヒティ」
クリス「くっ…ホットミルクだなんて…働きづめで疲れてるのにこんなものを飲んでしまったら…!」

フェルト「…ちょっと眠くなってきちゃった」
クリス「ヤバイ…私も、もう限界だわ…」
リヒティ「さあ、アレを見るっすよ二人とも!」
クリス「ああっ、アレは…!」
フェルト「ベッド…」
リヒティ「これから強引に二人をあれに寝そべらせて、分厚い羽毛布団で拘束してやるっす!
     あ、パジャマも何着かあるんで好きなの着て下さいっす。一回出て行きますんで、
     着替え終わったら呼んで下さいっす」

フェルト「…リヒティ、着替え終わったよ」
クリス「くっ…こんなフリフリで可愛いパジャマなんて…!卑怯よ、リヒティ!」
リヒティ「ククク…二人ともお似合いっすよ!さあ、とっととベッドに行くっす!布団に入るっすよ!」
クリス「…は、入ったわよ!これでいいの?」
リヒティ「それじゃ電気消すっすよ〜。用事があったら枕もとのインターホンで呼んで下さいっす」
フェルト「うん。おやすみ、リヒティ」

クリス「……あれ?私達、特に何もされてないような…」
フェルト「zzz…」


595 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 22:46:54 ID:???
リヒティ(素直になれなくて、へんなこと言っちゃったけどしっかりお礼は出来たはずっすよね………)

596 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 23:18:40 ID:???
ギルえもん「とうとう、これの封印を解く日が来てしまったか」

“おかんオルタネーター”
人間の持つ『おかん力』を増幅させ、広域におかんの波動を発し人間の悪しき心を浄化する装置。
副次効果として、搭載した機体をハイパー化する機能をもつ。
戦争を止めるための手段として開発していたが、
その起動にはすさまじい『おかん力』が必要とわかり封印していた。
パイロットによってはダブルオーライザーに匹敵する出力を出すことも可能である。

イアン「よりにもよって太陽炉との併用ができないとはなぁ」
ギル 「『デスティニーランセル』も通常兵器とは一線を画す性能を持っている。
    しかし、彼らの悲しき最終兵器を迎え撃つには、シンの『おかん力』が必要不可欠だ」
エイフマン「『マザーデスティニー』の最終調整・・・急がなければ・・・・」


出遅れたが、意地を見せるぜ!

597 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/13(金) 23:59:13 ID:???
ちょwww俺が予想してた展開と同じwww

598 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 00:12:09 ID:???
そろそろ〆か…

599 :最終決戦【後】:2009/03/14(土) 00:36:06 ID:???
遅れてしまったが、ファイナルです



ビリー「クジョウ! クジョオ!! クジョオォォォォォォ!!!」(←あまりにリアリティあり過ぎる上18禁妄想なのでお見せできません
レイ「…シン、お前まさか……」
シン「いや、今さっきカナードさんから預かったメモリを映像ソフトに使ったんだけど…
『幻覚を見せるならビリーにはこれが効く。あ、お前は見るなよ』って。ひょっとして……『そーゆー』内容?」
レイ「ひょっとしなくてもそうだろう。まぁお陰様でアンチリアの反応速度が種死本編の量産機並に落ち込んでいるな」
シン「よっしゃ、行け刹那、沙慈!! それとハムさん!」

600 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 09:33:02 ID:???
ぬるぽ

601 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 11:08:35 ID:???
ラク姉「ちょっ!?私の出番は!?スーパーエターナルは!?
    私とシンのラブラブパルマフィオキーナは!?」

602 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 11:14:34 ID:???
ラク姉、150レスぶりですね。時間にすると2日ぶり

603 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 11:32:14 ID:???
>>600
ガッ!

604 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 11:48:06 ID:???
>>601
キラ「ラクスは出てきたらマズいでしょ?」
ラクス「何故ですの!?」
キラ「だってさ、マルキオや喪神よりラクスの方が遥かに煩悩パワー強いんだから、勝負にならないし盛り上がらないじゃない?」
ラクス「ああっ、我が尽き果てぬシンへの愛と煩悩が憎いですわっ!!!」

605 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 12:03:45 ID:???
ニール「しかし、商店街は被害0…」
スティング「なんでもよ、近所の主婦達が『商店街は死守する!』って護衛してたらしいぜ。」
沙慈「あ、何だかわかる気がします。」
シン「ありがとうおばちゃん達。これでオレ達のバーゲンセールは守られた…」

606 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 12:11:39 ID:???
ここまでラク姉が出ないのも珍しいな…

607 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 12:19:46 ID:???
マルキオ「ふふふふ……どちらにせよ我々の勝利です」
ラクス「まだそんな事を言うのですか?」
ビリー「ここ数日の騒ぎで君達全員忘れてるようだけどさ、今日は何の日かな?」
シン「今日……だと?しまったああああああああああ」
沙慈「何時の間にかホワイトデーになってる!?」
レイ「俺は量が量なだけに3月になった時点で準備は終えているが……」
マルキオ「お返しに用意できそうなスイーツ等は全て買い占めて消費させていただきました」
ビリー「つまり、戦いがここまで長引いた時点で君達リア充は負けてたのさ」

残念、男達の戦いはまだまだ続きそうだなw

ラクス(お返しが用意できなかったらそれを理由に身体で払わせる……介入せず戦いを長引かせたのは
    大正解でしたわ……後はシンとあんな事やこんな事を……げへへへ)

608 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 12:26:59 ID:???
>>607
ラク姉、今まで沈黙していたのはそんな策略を踏まえて…恐ろしい

609 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 12:30:19 ID:???
>>607
シン「仕方ない」
刹那「既製品は買い占められてしまったが」
沙慈「無いなら」
アレルヤ「作ればいいよね」
スティング「ま、そっちの方がしっくりくるしよ」
オルガ「つか、ハナからそのつもりだぜ」
レイ「俺はもう用意してある。」


マルキオ、ビリー「「……( ̄□ ̄;)!!」」

610 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 13:24:44 ID:???
???「あらあらあらまあまあまあマルキオ様、こんな事をなさって」
マルキオ「ぎくっ」
???「主婦(&主夫)の戦場である商店街にまで手を出されてしまいましたのね〜」マルキオ「いや、あのそれは信者が勝手に」
???「あらあらまあまあ言い訳ですか?問答無用でございます〜」
???「必殺おかん乱舞!あらあらあらあらあら!トドメはおかんボディープレスまあ!」
マルキオ「ちょ!まってアッーーー!」ぷち


マーサさんだっけ?なんとなく思い出した。なかなかのおかんだと思う

611 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 13:39:13 ID:???
>>610
さらば大僧正…合掌。

612 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 13:53:15 ID:???
シン「でも凄い戦争だったなぁ・・・(ぐったり)」
レイ「ああ、精根尽き果てたな・・・(ぐったり)」
せっちゃん「・・・GN粒子が尽きた(ぐったり)」
沙慈「もうキツい・・・(ぐったり)」
ルナマリア「シン、皆もお疲れ様。アンタ達全員、すっごく格好よかったわよ?」
ステラ「シン、ステラ頑張ったよ。」
ルイス「沙慈!大丈夫!?怪我はしてない!?」
ネーナ「せっちゃん!」
メイリン「皆無事で良かったよぉ(涙目)」
フェルト「終わったね。」
ミレイナ「終わりですぅ!」

シン「・・・やっと・・日常、かぁ」
刹那「―――ああ。」
ルナマリア「そ。で、今日はホワイトデーなんだけど。」
シン「あ。」
刹那「あ。」
沙慈「あ。」
ルナマリア「シン、まだ用意してないなら身体でお返し頂戴♪♪!」
ステラ「ステラも」←理解してない 
ルイス「沙慈、まだ用意してないの?じゃあ身体で♪」
ネーナ「せっちゃん、ネーナにも♪」
シン、刹那、沙慈「「「ちょ、待ってアッーっ!!」」」

613 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 14:05:33 ID:???
材料も買い占めりゃ良くね?

614 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 14:08:01 ID:???
>>613
マルキオ「おお、その手がありましたね。では早速――」


二時間後 

マルキオ「…おばちゃん怖いおばちゃん怖いおばちゃん怖いおばちゃん怖いおばちゃん怖いおばちゃん怖いおばちゃん怖いおばちゃん怖いおばちゃん怖い」
シン「バカだな〜、いくら煩悩パワーが凄くても商店街やスーパーじゃ何の意味も無いのに。」

615 :599:2009/03/14(土) 14:39:45 ID:???
投稿途中で規制くらったわ畜生orz
では続きをば…

616 :最終決戦【後】:2009/03/14(土) 14:41:20 ID:???
沙慈「アンチリアの動きが鈍った! 刹那!」
刹那「了解、ダブルオーライザー、目標を駆逐する!!」
ハム「隙ありィィィィィィィィィィィ!!!」
刹那&沙慈「「トランザムゥ!!!!」」
ハム「斬り捨てェェェ!!」
刹那&沙慈「「ライザァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!」」
ハム「御ォめェェェェェェェェん!!!」
ビリー「違う…違ううッ!! これは幻覚だ!!
最早僕にとってのリアルはクジョウでは無いイィッ!!!」
刹那「!? 動きが戻った!」
ハム「チイイィィッ! 仕損じたか!! …だが」
ビリー「ふふふ…そう何度もトランザムライザーを使っては……
超必殺技の連発は只の敗北フラグだよ? 今度はこっちの」
ハム「番は無いぞ?」
ビリー「何っ? …ちょ、まw アンチリアが動かない!?」
ハム「カタギリ、君の言う通り、同じ手の連続使用は好ましくない。
手の内を見せる、特性を晒すということは己の『死』を晒すと同義。
だが君はここで重大なミスを犯した。
君は『ダブルオーライザーの手の内』を把握していたと同時に警戒していた。
あまりに強大過ぎる力を恐れ、もう一体の脅威を軽視していたのだよ
『新兵器』が何故恐ろしいか、その理由は『手の内がわからないから』だろう?」

617 :最終決戦【後】:2009/03/14(土) 14:43:27 ID:???
カタギリ「スサノオの剣が動力部に……いつの間に!?」
ハム「これがスサノオの奥儀、神速也!!!
トランザムの限界時間はとうに過ぎたが、残るはこのビームサーベル(←マスラオで使ってたアレ)で充分!」
ビリー「アンチリアが……所詮夢想だと言うのか、僕らの理想郷は……」
刹那「貴様は『自分の現実はスメラギ・李・ノリエガでは無い』と言ったな。
その言葉が過ちだ。貴様は現実から目を背け、その夢で塗り固められた悪魔に身を委ねようとしただけだ!」
沙慈「僕もあなたも、生きるのは夢の中じゃない。今ここにある現実なんです!」
刹那「貴様の行いも、思想もガンダムでは無い! その歪み、俺達が断ち切る!!」
ハム「良く言った少年!!!」
ビリー「ガッデェェェェェェェェム!!!」

618 :最終決戦【後】:2009/03/14(土) 14:44:52 ID:???
ハム「君の負けだ、カタギリ」
ビリー「ふっ、やはり君には、敵わないなぁ…っ」
シン「やっと終わったか、これで特売にも行ける…」
レイ「(平和になったらすぐ主夫に…シン、お前という奴は…orz)」
刹那「感謝する、グラハム・エーカー」
沙慈「ハムさん、有難う御座いました」
ハム「礼を言うのはまだ早い。
少し待ちたまえ、このたわけ者にトドメをさす」
シン「は?」
ハム「グラハム・ファイナルアタァック!!!」
ビリー「ギャアアアアアアアアアァァァァァァァァァァ!!!!!!!!」
シン「…ハ、ハムさん」
沙慈「やり過ぎ…です…」



最終決選編、完。
すまないがここまでが限界だ。事後処理は他の職人さん達に任せるorz

619 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 15:16:40 ID:???
>>618

GJ!!
最初のGNソードVや大僧正の少佐節、グランドマスター、ビリーのDG化のフラグとかを書いたけどまさかここまで熱い展開になるとは…

乙!!そして他の職人の方々もGJ!!


でも昨日から何か調子がおかしい…普段と比べても尋常じゃない頻度の短パン、PCでアクセスしてもエラーの嵐、しかも新シャアだけと言う…はっ、まさかこれはビリーや大僧正の喪神力の影響か!?

620 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 15:16:57 ID:???
ラストバトルお疲れ様っした!GJだ!

621 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 15:18:53 ID:???
マルキオ「(ビリーまでやられてしまいましたか…こうなれば本当の切り札を…!!)」

ゴゴゴゴゴゴ
刹那「何!?デストロイの残骸から反応が!?」
マルキオ「はははは、ビリーの喪力を受け取ったデビルガンダムと再融合を果たし
     私はさらなる力を得るのです。これこそ真・グランドマスターデストロイ!!」
ティエリア「くっ、ダメだ。周囲の空気まで喪の気に犯され始めている。グググ」
キラ「うっあがぁぁぁ」
シン「キラ兄!ティエリアさん!」
レイ「マルキオの気に犯され始めているのだろう、今まで耐えていたよりも強大な力で
   侵食が始まっているんだ」
ビリー「二人ともリア充なのに…死ねばいいのに…」
ハム「パワーを吸われたカタギリは隅っこで体育座りして使い物にならんか…」
(通信)
ギル「やぁ、大変な事になっているようだね」
レイ「ギル」
ギル「しかし、慌てる事はない。皆、シン君のディスティニーにエネルギーチューブ
   を接続するんだ」
シン「え、お、俺のに!?」
ギル「この勝負の行く末は君にかかっている、シン君。大丈夫、もう少しで増援がくる」
スティング「待たせたな!」
ロックオン「こりゃ…随分な事になってやがるな」
シン「オクレ兄さんに録音さん…はっ、このメンバーはまさか!!」
ギル「そう、君のディスティニーにはもう一つ秘密兵器O(おかん)ドライブ
   というのをつけている。一見、弱点がない喪男にも実は最大の弱点がある。
   それは…」
キラ「ぐっ…おかん…かあちゃんだね」
ギル「その通り、さすがキラ君だ」
レイ「よし、それなら一気にカタをつけるぞ。すでにディスティニーの炉心はガタガタだ
   だがレジェンドのを使えばもつ、刹那のOOは量子化を頼む」
刹那「しかしそれではレジェンドの…」
アレルヤ「刹那ーーーー」
マリー「義弟のピンチに駆けつけれなくてなにが義姉ですか!」
全員「電池キターーーーー」

622 :621:2009/03/14(土) 15:35:11 ID:???
マルキオ「無駄なあがきを…見よ!この喪神の神々しい姿を!」
シン「よし、エネルギー来た!」
レイ「ぶつけてやれ、お前の力を」
シン「おう!ちょっと!!何やってるんだあんたはーーーー!!」
マルキオ「む、な、なんで…ひ、ひぃっか、かあちゃん!」
シン「本当あんたって子は人様に多大な迷惑かけて、一体今年でいくつになるんだい!」
マルキオ「うぐっ、だ、だって…私には喪の…エロゲの…」
シン「いい年こいてエロゲエロゲと結婚する気もないし一体いくつになったら孫を見せてくれるんだい」

刹那「シン…すっかりおかんになりきっている」
レイ「ギルの用意した台本を読み上げているのだが、まぁドラマでも役者として評価されているからな」
キラ「心が…痛い…」
ティエリア「なんだろう、この罪悪感と自分への敗北感は」
ビリー「チガウンダカアチャン,ケッコンシナインジャナクテデキナインダ」
ハム「マルキオではなく他のエロゲマイスターまでにもダメージがいっている…か」
スティング「シンにばっかりまかしちゃおけねぇ俺達もいこうぜ」
沙慈「そうだね」

ロックオン「おい、マルキオ。いったいいつまで遊んでいるんだ。そんな年じゃないだろう」
スティング「昔は神童って言われているくらいだったのに、どこで道を踏み外したのかねぇ」
沙慈「おじさん結婚しないの?」

マルキオ「やめてー、そんなに私を責めるのはやめてくれーーーー」
刹那「な、何をされても余裕を崩さなかったマルキオにダメージを」
キラ「…おかんだけじゃなくて親戚からも言われているんだ、あれはそうとうクルよ」
ティエリア「見ていて心が軋む光景だ」

シン「かあちゃんだって長くはないんだからね、いつまでも養ってもらえると思うんじゃないよ」
マルキオ「ご、ごめんよーーーーーかあちゃーーーーーーん」

刹那「ああ、デストロイから光が!」
レイ「喪エネルギーが浄化されているんだ」
マリー「光が…綺麗…」
アレルヤ「エネルギー源が源だから素直にそう思えないよマリー」
ハム「ともかく、これで終わったのだな」
サトー「うむ、完全決着だ」←最後に親父の一喝いれようとして機を逃した人

623 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 15:49:52 ID:???
正に恐ろしいオカンの力!・・・うん、俺もグサッと来たよ。ゴメンカァチャン

624 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 16:06:49 ID:???
シン「そう言えば>>481にあった他の幹部ってどうしたんだっけ?」

レイ「あぁ、それなら…」


〜対グランドマスターデストロイ(無印)戦〜


マルキオ「さて、皆さん…エロゲ四天王-1+αの出番ですよ。」

劾「このメイド劾の実力、舐めてもらっては困る。」

イルド「エロゲ養成k(ry)」

ルカス「本能の鎖を解き放った獣を見せt(ry)」

イライジャ「待て、+αって俺のk…」


刹那「トランザム、ライザアァッッ!!」


四天王-1+α「「「「ひでぶっ!?」」」」


〜回想終了〜

レイ「っとなったんたんだ。」

シン「どこの『ソードマスターヤマト』だ…ι」

625 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 16:16:36 ID:???
>>624
ルカス「ぐっ…ぐがが…け、獣は鎖で縛られはしねぇ…」
ステラ「あ。生きてた」
ルカス「うはww目の前に金髪天然不思議っ娘ボインがwww」
ステラ「うぇい。(グシャっ)」←あっさり後頭部踏みつけ 
ルカス「ぶふぉあっ!!!(ガクッ)」
アウル「よ、容赦無いなお前…」

626 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 16:20:24 ID:???
第二次エロゲ大戦の被害… 

シン「・・・・嘘・・」
キラ「これはまた・・・」
カガリ「・・えらくぐしゃぐしゃになったなぁ(汗)」
ラクス「・・・(ぼーぜん)」
アスラン「・・・・ぎゃふん」

兄弟家宅――――ほぼ崩壊。 
シン「・・・あぅ。(倒れる)」

627 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 16:30:22 ID:???
>>626
シン「これからどうしよう…」
ラクス「シン、どうか気を落とさずに。(悲しみのシンもまた乙ですわw)」
キラ「エロゲが…パソコンがぁぁぁ〜(だだ泣き)」
カガリ「腹が減ったなー」
アスラン「洗面所の育毛剤が…V○5がサク○スがぁぁぁ!」
シン「ホワイトDAYだから大急ぎでクッキー作ろうとか、洗濯とか、晩御飯の用意とかあははははははははははははははははははははははははははは」
カガリ「シンが壊れた!?」
ラクス「シン、(現実に)帰って来て下さいましー!!(ゆさゆさ)」
キラ「キミ○ス僕が執○で君が主でToHe○rtToH○art2…WHIT○ALBUM」
カガリ「キラも壊れたぁ!」
ラクス「消し飛んだエロゲの数々ですわね…」
アスラン「育毛剤がワカメが発毛テキストがぁぁぁ」
カガリ「あー、アスランは放っておいても大丈夫だろ。」

628 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 16:33:05 ID:???
大丈夫さシン、マルキオに家直す費用出させればいいじゃん☆

629 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 16:45:29 ID:???
>>628
オーブ直轄収容所にて

マルキオ「フッ、御免ですな。何故私が貴方方の自宅を直す金額を負担しなければならないのです?」
シン「こ、こいつ!」
キラ「うはぁ…ここまで性根曲がった人はいないね。」
カガリ「マルキオ、どうしてもイヤか?」
マルキオ「ええ、イヤですとも。」
カガリ「そうか――なら、仕方がないな。(指パチン)」
ラウ「フハハハハハ!(マルキオの牢屋内に参上)」
ラッセ「おぉっ、なかなかシブイおっさんだなぁ!?(同じく)」
マルキオ「な!?」
ラウ「(マルキオの顔面すれすれにお稲荷さん)さぁマルキオよ、我がお稲荷さんの耽美かつ芸術的な魅力をたっぷりと焼き付けるがいい!!!!!(ぐーねぐねぐね)」
ラッセ「おっさんよぉ、エロゲよりもお と こ が さ い こ う だ ぜ!!(マルキオを後ろから羽交い締め)」
マルキオ「やめろ!あぁ顔面にお稲荷さんが!?後ろから嫌な感触がぁぁぁぁぁ!!!!!!」
カガリ「おーいマルキオ〜、考えは改めたか〜?」
マルキオ「改めた!改めさせて戴きます!だから何とかしてうわやめそれ以上近づかないでぇぇぇぇ!!!」
シン「地獄絵図だ…」
キラ「最悪だよね…」
カガリ「よし、ならば我が家だけでなく被害にあった全ての人々にお前の活動資産を割け、いいな?」
マルキオ「はいぃぃぃぃ!!!」
カガリ「よし、ならば―――ラウ、ラッセ。延長タイム突入だ♪」
マルキオ「鬼だ!鬼がいる!!!」
ラウ「フハハハハハはーっハハハハハハ!!!」
ラッセ「おらおらおらおらおらおらおらおらぁっ!!!!」
シン「カガ姉容赦ない…」

630 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 16:55:23 ID:???
さて、どこの家としばらく同居するか…一番安全なのはソレスタ家だなw個々の関連も強いし

刹那→シンの友達
ロックオン→ラクスのボディガード
アレルヤ→アスランの部下、カガリの弟子(?)
ティエリア→キラのエロゲ仲間

631 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 16:59:30 ID:???
>>630
レイ「うちにと言いたいが…」
ラウ「私のお稲荷さんは―――」
レイ「あれがいるしな…(溜息)」

632 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 17:00:43 ID:???
もういっそ主要キャラ全員の住まう兄弟荘を(ry

633 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 17:02:41 ID:???
シン「じゃあ、俺はレイの家にでも行くかな、刹那のとこだとさすがにこの人数だと邪魔だし」
ラクス「それでは私も…」
シン「ラク姉はロックオンさんのところが安全だろ?じゃ」
アスラン「それじゃ、俺はカナードのところにいくかな。劾の先の戦いでメイド服が
     駄目になったというし」
キラ「それじゃ僕は」
サトー「よし、いい機会だ。うちにこい」
キラ「うわぁぁぁぁ………」
カガリ「仕方ない、執務に励むか」
ラクス「………はっ!展開の速さに呆然としてましたわ!」

634 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 17:08:55 ID:???
>>633
キラ「ハァァァァ………」
ネオ「な、何だか魂まで抜けそうなため息ね…」
ミーア「どうしたのキラ?」
キラ「いやさ、ウチが壊れてサトーさんのトコに僕やっかいになってるじゃない?」

朝…5:00起床→7:00までジョギング+寿司練習
以降寿司屋で仕事

夜…エロゲ無し 

キラ「ハァァァァ〜…」
ネオ「……ふ…ふぁいと…」
ミーア「あははは…」

635 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 17:16:54 ID:???
シンinレイの御殿

メイド「シン様、掃除なら私達がやりますから!」
シン「いや、だって、ただ住まわせてもらうなんて悪いですし」
メイド「シン様、お料理ならば私達が」
シン「手伝わせて下さい、何だか悪いですし」
メイド「シン様、洗濯は私達が」
シン「こんな良い天気は洗濯したくなるんです」
メイド「シン様、お買い物ならば」
シン「特売セールはオレの戦場なんです!!」
レイ「……シン…(ホロリ)」
ギル「何だか泣けてくるね…(ホロリ)」
ラウ「……くっ(ホロリ)」
ムゥ「良い子だよなぁ(ホロリ)」

636 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 17:25:34 ID:???
せっちゃん「ラクス、晩御飯だ。」
ラク姉「あら、ありがとう刹那。」
ロックオン「我が家は慣れたかい、お姫様。」
ラク姉「ええ、随分良くして頂いて感謝致しますわ。」
アレルヤ「困った時はお互い様ですよ。」
ティエリア「その通り。我が家もだいぶそちらに世話になっているしな。」
マリー「アレルヤ、お醤油取ってくれないかしら。」
アニュー「ライル、好き嫌いは駄目よ?」
ライル「納豆は勘弁して欲しいぜ」
ラク姉「まあ、ウフフフ」

ラク姉(とても居心地は良いですし、幸せですが・・・・シンが足りないですわ・・・・ぐはっ!)

637 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 17:41:58 ID:???
ソレスタ家・ラクスの間借り部屋…
ラクス「ハァ、シンが欲しい・・・(グスッ)」
壁|〜 ̄;)刹那「・・・」


一時間後 

ラクス「シン・・・(コンコン)はい、どなたですの?」
刹那「・・・」←髪の毛寝かせ+シンをイメージした跳ね具合 
ラクス「・・え、と・・・刹那?」
刹那「俺はシンでは無いが・・気休めくらいにはなるだろう。寂しい気持ちはわかるからな。(見上げ視線)」
ラクス「・・・っ・・・っ!!(ブルブル)」
刹那「(やはり失敗だったか・・・)」
ラクス「ありがとうですわ刹那・・・(ガバッ)シン〜〜〜っ!!おーいおいおいえくえくえくえく」
刹那「・・・(よしよしと頭撫で)こんな事くらいしかできないが・・・少しは寂しさを紛らわせるといい。」
ラクス「おーいおいおい!!!」

638 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 17:46:51 ID:???
>>637
嗚呼、ラク姉もせっちゃんの癒しと優しさに触れたか…(ジーン)

639 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 17:58:02 ID:???
しかし5兄弟の家は何か有る度に大被害だなwwwwww

けどその度に魔改造されてんだろうなあ とも思うが

640 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 18:04:12 ID:???
>>639
過去ログ見ると軽く要塞みたいになってるんだがw

641 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 18:14:50 ID:???
>>637
ニール「ぶっちゃけ、ああいう行動がまたたまらんワケよ。」
ライル「ああ、あれは年上のお姉様方はクラッと来るわな。」
レイ「普段は中身はせっさんでも、ふとした仕草や行動そのものは紛れもなく年相応ですからね。そこがギャップとなり、愛らしさが引き立つ訳です。」
アレルヤ「加えて、刹那自体醸し出す雰囲気は小動物だからね。」
ティエリア「我が弟ながら恐ろしい。何が恐ろしいって、全て天然で計算無しだから恐ろしい…」
ニール「道理でシンと気が合うはずだよな(笑)」

642 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 18:38:10 ID:???
あぁ〜なんか我が家にも刹那が来てほしくなった…

643 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 19:02:28 ID:???
>>642
奇遇だな、俺はシンと刹那とステラのセットで欲しいw

644 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 20:30:49 ID:???
シンはシンでメイドより仕事してるしww

645 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 20:43:30 ID:???
キラ「エロゲがしたいなぁ」
サトー(包丁ギラリ)
キラ「いえ何でもありません(土下座)」


奥さん「ねえあなた、キラ君に厳し過ぎないかしら?」
サトー「そうは言うがな、これは良い機会だ。あいつを鍛え直す。」
奥さん「あまり締め付けすぎたらダメよ?」
サトー「わかっている。俺とて鬼ではあるが、全て鬼という訳では無いからな。」
奥さん「本当かしら(笑)」 
サトー「本当だとも。」
キラ「ウチに帰りたいよ〜」

646 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 21:15:38 ID:???
キラ兄、みっちりサトーさんに鍛え直してもらいなさいwwww

647 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/14(土) 21:32:01 ID:???


648 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/15(日) 02:19:40 ID:???
もう日付変わっちゃったけど、ホワイトデーネタということで一つ

ロックオン「フェルト」
フェルト 「あ、ロックオン」
ロックオン「ほい」<小さな包みを投げる
フェルト 「?」
ロックオン「バレンタインのお返し」
フェルト 「ありがとう…指輪?」
ロックオン「ああ。サイズはぴったりのはずだぜ」
フェルト 「…」<何の疑いもなく左の薬指へ
ロックオン「いや、薬指じゃなくて小指「ぴったり」へ?」
フェルト 「ありがとう、ロックオン。私、嬉しい」<花が咲いたような笑顔
ロックオン「あ、ああ…喜んでもらえて何よりだ…」



ロックオン「話が違うじゃねぇか!!」
クリス  「あ〜ら何のこと?」
ロックオン「フェルトの指輪だ!」
クリス  「合わなかった?おかしいわね」
ロックオン「ぴったりだったよ!ぴったりすぎて愕然としたよ!」
クリス  「それは何より。よかったわね〜?あの子おおはしゃぎで、お風呂の時以外いつもつけてるみたいよ?」
ロックオン「ざけんな!俺はフェルトの小指のサイズを聞いたんだぞ!」
クリス  「そうだっけ?」
ロックオン「そうだ!」
クリス  「でも、『フェルトの指のサイズ』とは聞いてたけど、『どの指のサイズ』とは聞いてないはずよ?」
ロックオン「その前に、ホワイトデーのプレゼント相談したときに、『魔除けの指輪なんてどう?』っていったのはお前じゃねぇか!!」
クリス  「ごめーん、うっかりしてたー」(棒読み)
ロックオン「反省する気ないだろ、お前」


649 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/15(日) 02:20:04 ID:???
ラクス「このわたくしが本編に絡めないままとうとう二日も出番なし。
    その上、シンと一週間以上も離れ離れになるなんて断じて認めませんわ!
    このままではヒロインとしての地位が! 名誉が!」
トラ 「このスレのヒロインは君じゃなくてシンく・・・・(アベシッ」

ラクス「やはり、シンが戦闘で目立てなかったのが原因でしょうか?
    主人公ポジをダブルオーライザーに奪われた上
    おかんの面ばかりが強調されてあまりに不憫ですわ・・・」
トラ 「ぐぐ・・・ど、どういう目で見ているんだね君は(汗)。だいたいシン君は一般人。
    刹那君達と同等に戦えという方が無理な話だ。
    それに彼がおかんになったのは君達が原因・・・・(ウぐほッ」

ラクス「刹那に怨みはありません。ダブルオーライザーが憎い訳ではありません
    (癒してもらった恩もあるしむしろプラス)
    しかし! シンが本当の意味でこのスレの主役に返り咲くためには
    あなた達は目立ちすぎました!!
    シンをおかんではなく真の男にするため! 
    わたくしがこのスレのヒロインとして返り咲くために・・・・
    今、わたくしは立つのです! いざ行かん栄光の道(ロード)へ!!」
トラ 「ゲホゲホッ 心配しなくても彼はこのスレの主役として十分活躍しているだろう
    というか、いい加減人の話を聞いて・・・行ってしまった」

シン「いや〜平和だな〜。皆には悪いけど久々に羽を伸ばしている気がする」
レイ「シン、緊急事態だ! これを見てくれ」

テレビ<大変です! 今入った情報によるとあのデビルガンダムが復活した模様です!!

レイ「コアを得た途端にこの再生力だ。やはり海に沈めておくべきだったな」
シン「そんな! このコアになってるのって・・・・まさかラク姉!!!?」


650 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/15(日) 02:27:43 ID:???
シン「くそ! 早く助けに行かないと!」
レイ「既に刹那達が迎撃に向かっている。俺たちは彼らを信じてここで待つんだ」
シン「けど、レイ!」
レイ「俺達の機体はまだ修理が終わっていないのを忘れたのか。
   行っても、足手まといになるだけだ・・・」
シン「・・・・・・!」

キラ  「改めて見てみるとかなりの大きさだよねこれ」
アスラン「のんびりしている暇はないぞ。いつ動き出すのか分からないんだ」
沙慈  「コアが露出している今のうちに引き剥がせばいいんだよね」
刹那  「はやく終わらせてしまおう。長引けばそれだけシンやみんなが悲しむ」

キラ  「う〜ん」
アスラン「どうかしたのかキラ」
キラ  「いや、上半身裸なのに何か足りない気がしてたんだよ」
カナード「そういえば、女性として決定的な何かが足りない気がするな」
アスラン「ああ、胸がないから色気が足りないんじゃないか?」
キラ  「なるほど、そういえば刹那も沙慈も女性の裸なのに平気そうだね――――って、ギャアアアアァッッ!!」
アスラン「――――髪が! 髪があああああ!」
カナード「キラ! アスラン! うわあああああああっ!」

ハム 「・・・・言ってはならないことを言ってしまったようだな」
二―ル「鳥も鳴かずば撃たれまいに(涙)」


651 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/15(日) 02:31:02 ID:???
沙慈  「あの三機が触れてもいないのに落されただって!?
     そんな・・・直前まで動態反応も熱反応もなかったのに・・・」
刹那  「デビルガンダム、起動してしまったか。
     やるぞ沙慈。彼らがいないのなら俺達が止めるしかない」
沙慈  「そ、そうだね。ダブルオーライザーのトランザムでいっきに助け出そう」

メイリン「スメラギさん! 周辺のGN粒子が異常低下。どんどんゼロに近付いています」
スメラギ「沙慈、刹那、一旦離れて! 何かがおかしいわ」

刹那 「問題ない。あと少しで・・・・・な!? どうしたんだガンダム!」
沙慈 「しゅ、出力が上がらない! 何とか不時着を!!」
刹那 「動け、動いてくれガンダアアアアアアム!!」

シン「刹那! 沙慈!」
レイ「前の三人と同じく脱出はしている。命に別状はないはずだ。
   それよりギル、何が起こったのです?」
ギル「届いたばかりの情報によると人間には聞こえない波長の特殊な音波が
   あのデビルガンダムから発せられているそうだ。
   憶測だが、その歌がGN粒子を分解してしまうようだね。
   キラ君たちを撃墜したのはその応用だろう」
レイ「つまり、太陽炉、擬似太陽炉を使った機体は使用できないということですか」
シン「ちくしょう、ラク姉の歌をそんなことに使うなんて・・・・」


途中だけど眠気が限界ッス 需要があれば続きを

652 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/15(日) 02:34:09 ID:???
逆襲のラク姉ww

653 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/15(日) 02:36:06 ID:???
>>648
何て策士なんだクリスねえちゃんは!

654 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/15(日) 02:42:57 ID:???
>>651
ラク姉(ああ、シンの視線を感じますわ…今わたくしはシンによって助け出されるヒロイン…!)
キラ「ったく、活躍しないままリタイアなんて!僕は主人公なのに(拡散メガ粒子砲)ぎゃあぁぁぁぁぁぁ!!!」
アスラン「キラ!?(ガンダムヘッド)やめろ!髪を食い千切るんじゃな――やめてくれぇぇぇ!!!!」
ラク姉(シンの主役街道を脅かす存在は消えなさい!)
刹那「うっ…沙慈、無事か?」
沙慈「なんとかね…あれ?僕達には攻撃が来ないね…」
ラク姉(刹那には癒して戴いた恩がありますし、沙慈君はシンの主夫仲間ですから危害は加えません事よ)

655 :通常の名無しさんの3倍:2009/03/15(日) 02:46:53 ID:???
すげえwwwwwwwwww愛する弟のためなら同じ兄弟すら容赦0やんけwwwwwwwww
流石ラク姉、そこまで来るともう憧れるしかねえよwwwwwwwwww

295 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)