5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【もしも】種・種死の世界に○○が来たら 2【統合】

1 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/16(水) 22:41:59 ID:???
このスレは種系SSスレのうち、まとめサイトのカテゴリでクロス物とされるスレの統合を目的としています。
種以外とのクロスオーバーを種別問わず投下してください。
種作品内でのIF作品は兄弟スレにお願いします。

過去スレ
【もしも】種・種死の世界に○○が来たら【統合】
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/shar/1196339764/

まとめサイト
ttp://arte.wikiwiki.jp/

兄弟スレ
【IF系統合】もし種・種死の○○が××だったら 3
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/shar/1205047619/

2 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/16(水) 23:06:03 ID:???
>>1乙ー
落ちてたのか

3 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/16(水) 23:14:47 ID:???
>>1乙。

4 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/17(木) 02:37:10 ID:???
乙!
装甲騎兵続き読みたいなあ

5 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/17(木) 21:15:07 ID:???
>>1
スレ立て乙

6 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/18(金) 00:00:59 ID:???
もしカイさんがいたら…

優秀なジャーナリストとして活躍するもよし
一年戦争の隠れエースとしての腕を振るうもよし
地味にチートだよな

7 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/18(金) 00:04:53 ID:???
>>6
ミリアリアの師匠ですね、わかります

8 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/18(金) 00:06:53 ID:???
>>6
少なくともファクトリーやジャンク屋連合みたいな「胡散臭い」組織には近づかないだろうし
ロゴスとかみたいな権力に巻かれる人間じゃ無し
一番中立的な立場からレポートが書けるんじゃないか?

9 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/18(金) 00:14:19 ID:???
デストレイのジェスがアレだったから真面目に誰かやって欲しいネタだな。純粋な第三者視点から見たC.E.ってのは。

あと前スレが落ちた件だが、ifスレにあった情報だとスレが立って三ヶ月だか経つと問答無用で落ちるらしい。
……ってみんな把握してるか。たいした話題になってないんだし。

10 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/18(金) 03:27:49 ID:???
>>7
むしろカズイの師匠が似合うかと

11 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/18(金) 14:12:06 ID:???
職人相談スレに書こうと思ったがちと、話題が折角出てるのでちとこっちにレスしてみる。
CEの出来事を客観的な概要で見たクロス先の人物が

「ダメだ……こいつ等はやくなんとかしないと(AA略」

みたいな感想を持つのはヘイトになるんかねぇ?
何か時系列の説明パート書いてたら、種死の歴史がカオスな結果になってしまった。
嘘は書いてないんだが脚色抜きだともうなんかorz

12 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/18(金) 14:32:20 ID:???
「(特にラクシズを)本編のまま描いたらヘイト」という名言もある。
逆に言えばそれだけ客観性の表れでもあると思われるんでおkじゃね?
つかうp!うp!wktk

13 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/18(金) 14:44:37 ID:???
>>11
さぁ、うpしちゃえ

14 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/18(金) 19:15:12 ID:???
うぷっ
(ゲロを吐いた)

15 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/18(金) 21:34:02 ID:???
ダメだ……こいつはやくなんとかしないと(AA略

16 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/19(土) 02:54:21 ID:???
東方とのクロス・・・無理ありすぎか

17 :炒飯日記 ◆ld4xh1oLN2 :2008/04/19(土) 13:17:56 ID:???
第8話 「無差別炒飯」(1/3)(第8話相当)

「もう4日目だぞ!いったいどうなっているんだ!!」
イザークが叫ぶ。
「じゃ、クーデターでも起こすぅ?」
次の瞬間、俺は激しく後悔することになった。
どうやらイザークの逆鱗に触れてしまったらしい。

(自主規制)

「まじめにやれ!」
「ふゎい・・・」
口の中が切れるわ、鼻血は流れるわで俺はさんざんな目にあった。
口がうまく回らない。

俺たちはあれからずっと張り込みを続けていた。
イザークは警察の制服を着て、パトカーで待機。
俺は屋台を引いて、誰も買わないような人形を売っているフリをしていた。

「しっかしさぁ、この人形、何なんだ?
真っ黒で手足にくっつけるようにして遊ぶらしいんだけど。」
「これは、ダッコちゃん人形と呼ぶものだ。大昔に流行したモノらしいぞ。」
相変わらずイザークの民俗学の知識には恐れ入る。

この謎の人形も、屋台も、警察の制服、パトカーもダコスタの仕込みらしいが、
どこでどうやって手に入れたのか、謎が多い。

俺たちは暇で暇で仕方がなかった。
はじめの1日2日はまだ良かった。3日目からは待つのが苦痛になった。
そして、今日になっていらだちが頂点に達したイザークが電話を取り出した。
「もう限界だ!こんなふざけたことはもう終わりだ!」
おそらくダコスタに掛けるのだろう。
ダイヤルしようとしたちょうどその時、向こうからかかってきた。
俺とイザークに張り詰めた空気が生まれた。

18 :炒飯日記 ◆ld4xh1oLN2 :2008/04/19(土) 13:18:16 ID:???
第8話 「無差別炒飯」(2/3)(第8話相当)

電話先の相手は当然ながらダコスタだった。
「ターゲットが動きました。メイン通りを北に向かっています。車は青のセダン。
では、打ち合わせ通りお願いしますよ。」
「分かってるな!」
電話を切った後、イザークは荒々しくパトカーのドアを開け閉めし、俺の答えも聞かずにタイヤを鳴らして走り出した。
俺は屋台をたたみ行動を開始する。

程なくしてサイレンを鳴らして走るイザークのパトカーがターゲットの車に追いつく。
「前の青い車、止まりなさい」
相手は抵抗することもなくおとなしく車を路肩に寄せた。
イザークはパトカーを青い車の前に止め、運転席に近寄る。
サングラスを掛けてはいるが、間違いなくカメラに映っていたターゲットであることを確認すると、ウィンドウをノックする。
ヤツは窓を1/3ほど開けると白々しく、善良な市民を装うかのように問いかけた。
「お巡りさん、何の用ですか?スピードだって出ていませんし、交通違反もしていませんよ?」
「・・・お前にテロ容疑がかかっている。来てもらおうか!」
イザークは言うなり素早く拳銃を取り出して相手に向けた。
相手はすかさずバックにギアを入れ、エンジンを吹かし一気に下がる。
車めがけて数発発砲したが、スピードがスピードだ。有効な命中を得られない。
相手はそのままスピンターンするとUターンしてものすごいスピードで走り去った。
イザークも車に戻るとサイレンを鳴らし追跡する。

「手はず通りそっちに行くぞ、逃がすなよ!」
イザークからの連絡を受け取り、こちらも用意をする。
イザークが取り付けた発信器で、相手の車の位置をモニターで確認すると待機している廃ビルの屋上でライフルを構える。
「・・・しっかし、MS以外での射撃ってのは久しぶりだよな」
俺は誰に聞かせるでもなく一人つぶやいていた。緊張をほぐすかのように。

モニターから警告音が鳴った。射撃可能領域にターゲットが近づいた合図だ。
すぐさまスコープにターゲットの車が入る。
俺は続けざまに3発撃ち込んだ。
ボンネットに積まれているエンジンをめがけて。
エンジンの止まった車はバランスを崩して激しく回転し、やがて外灯の柱に衝突して停止した。
相手は衝突のショックからか、負傷からか車から出てこようとはしなかった。
だが、もし出てきたならば逃走を阻止しなければならない。
今はまだ緊張を解くわけにはいかない。
そこに遅れること1分ほど。追いついたイザークが犯人を確保した。
俺は確保を確認するとスコープから目を外し、ライフルを脇に置き一息をつく。
俺たちの作戦は珍しく大成功を収めた。

19 :炒飯日記 ◆ld4xh1oLN2 :2008/04/19(土) 13:18:44 ID:???
第8話 「無差別炒飯」(3/3)(第8話相当)

それから2,3日後のことだ。
バルトフェルドに呼ばれて俺たちはヤツの屋敷に集められた。
何でも渡したいものがあるらしい。
「おい、イザーク。もしかしてボーナスでも出るんじゃないか?」
「さて、どうかな」
イザークはそんな事を言いながらも内心期待している様子だった。
応接室で待っていた俺たちの所にダコスタとバルトフェルドが現れた。
「いやあ、お待たせしたね。君たちの今回の活躍はすばらしかったよ。
ダコスタ君、例のものを渡してくれ。」
「はい、それでは・・・」
ダコスタが取り出したのは封筒だった。薄っぺらく、何の変哲もない。
俺たちは妙な雰囲気を感じつつも封筒を開けてみると、そこには「請求書」が入っていた。
「なんだよこりゃ!」「貴様、どういう事だ!!」
「よーく見たまえ。イザーク君、君は追跡のために車数台に衝突したね。その請求が来ている。
次にディアッカ君、君の発砲した流れ弾で商店の入り口に置いてあったブロンズ像が破損した。その請求が来ている。
ま、その他についてはこちらで負担するがね、こういう君たちの不注意と失敗は君たちで負担してもらう方がいいと思ってね。」
俺たちはぐうの音も出なかった。

「フフフフ・・・実は特別手当もある。ダコスタ君、出してやりたまえ。」
俺たちは奈落から一気に引き上げられたような気持ちになったが、その期待は裏切られた。
「何だ、こりゃあ!」
イザークが怒るのも無理はない。特別ボーナスとは大量のコーヒー豆だったからだ。
「そいつは僕の会心作、スペシャルブレンドエクストラだよ。気に入らなかったかい?
それとも君たちも死んだ方がいいクチかね?」

ああ、俺たちの明日はどっちだ。

20 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/19(土) 18:29:07 ID:???
ワロタ
おつっす(・ω・)ノ

21 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/20(日) 09:35:43 ID:???
もしもCEにパタリロ殿下が来たら……

普通に宇宙人が住み着いてる上に核融合を実用化し果ては未来や超人種にまでコネクションがあるマリネラにザフト発狂w

22 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/20(日) 20:04:24 ID:???
プラズマX一体でザフト殲滅できるね

23 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/20(日) 20:26:13 ID:???
もしもCEにラダム樹が来たら……。
本編終了後なら
ブレード …… シン
相羽父 …… ルナ
レイピア …… ステラ
ソード …… レイ
オメガ …… 議長



エビル …… マユ

……とかになるのだろーか?

24 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/20(日) 20:58:54 ID:???
テックシステムとコーディネイターの相性は最悪だと思うんだ。
つまりは、ナチュ以外適応不全で生き残れないんじゃない?

25 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/20(日) 21:41:05 ID:???

 え゛……
 そんな設定あったっけ? テックシステムって、遺伝子レベルで他人を改造する
(そして光/物質変換システムその他をくっつける)システムだって話はあったよ
うな気がするけど。異星人でもテッカマンにはなれてたし……。いや、それはUで
の話だけど。
 受精卵の時点で一回遺伝子改造されてるから、コーディはテックシステムくっつ
けるときのもう一回の遺伝子改造に耐えられないってこと?

 このネタでSS書こうと思ってたんだが、どーなんだろう。実はテッカマンブレ
ードには型月信者も裸足で逃げ出すほど色んな意味で気合の入った信奉者たちがゴ
マンといて、ブレードのクロスSSを書くとノコギリ持って襲い掛かってくるとか。
 そういう話があると怖くて書けないのだが。別に荒らしたいわけでもなし


26 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/20(日) 21:58:36 ID:???
型月信者でテッカマンブレード信奉者だけど>>25に大いに期待してる。

27 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/20(日) 21:59:04 ID:???
いや、コーディネーターに既存の病気には滅法強いが
新しい病気とかが発生したら対応できずにあっけなく死ぬ
という設定があってだな

28 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/20(日) 22:00:09 ID:???
改行が変。
とまれ、遺伝子改造を既にしてしまっているコーディーにテックシステムに耐えれる余地は残ってないんじゃね?
残ってるようなら出産問題だのなんだのは出てこない。(嫁お得意の改竄したスペエディを信用するならともかく)



29 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/20(日) 22:26:13 ID:???
戦闘型テッカマンは急造品で高速武装フォーマットのため非適応者が続出するが
一般型素体(民間ラダム用?)ならじっくりフォーマットするので非適応者は少ない
ブレードUに出てくる新人3人組は一般型フォーマットされた素体テッカマンが
地球側の技術で武装フォーマットされたもの

だったっけか


30 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/21(月) 01:08:47 ID:???
>>27
テックシステムと病気はまったく違うものだろ

31 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/21(月) 23:03:12 ID:???
>>29
ラダム製テッカマンは適応者でも数年しか生きられないとかハード過ぎる設定だよな…
そんな中10年も行き続けたDボゥイはマジ凄いかと。
Uだと何故かブラスター化は出来なくなってたけど…

32 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/23(水) 00:46:18 ID:???
>21
そのスレ前にあったぞ

33 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/23(水) 01:25:21 ID:???
もし種世界にバイドが現れてそれを追うように国連宇宙軍までやってきたら?

34 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/23(水) 01:28:59 ID:???
もしもマルキオがX星人(地球侵略を目論んでる)だったら

別にやることは変わらないなw

35 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/23(水) 08:01:13 ID:???
もし種世界にEVAC社があったら
……ただのロゴスだな

36 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/23(水) 18:01:27 ID:???
もし種世界にボルタック(ry

37 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/23(水) 18:32:02 ID:???
桃色「きっと おきに めしますよ」

38 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/23(水) 20:39:07 ID:???
金色「ゆうべはおたのしみでしたね」

39 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/24(木) 01:55:21 ID:???
どのSSでも大概連合は悪役なんだよな・・・

40 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/24(木) 02:00:58 ID:???
新人スレので連合ルートのあった気がするが
まぁ、体制側だからな。ホワイトベースとかAA位弾かれてないと利権やしがらみが出る。

41 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/24(木) 08:58:28 ID:???
コードギアスとクロスオーバーで
人並み外れたその能力でコーディネーターやエクステンデッドに勘違いされるスザク
毎回作戦たてて毎回ラクシズに邪魔されるゼロ


ミゲルとハイネを恐れるジェレミア

42 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/24(木) 12:56:51 ID:???
もし種世界に獣戦機隊がやって来たら

しょちゅうシンと殴り合う忍
命令違反コンビに凸の頭部が世界より危険に




43 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/24(木) 19:52:46 ID:???
凄く見たい!!

44 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/24(木) 20:11:53 ID:???
凸が強行に止めようとしたら巻き添えを食うどころか凸に矛先が向きそうだな。

45 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/24(木) 20:36:09 ID:???
断空砲フォーメーションはある意味フルバ

46 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/24(木) 20:48:10 ID:???
ズラは嫌になったら逃げるだけのこと

47 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/24(木) 23:56:24 ID:???
真面目にキラがUCで主役やるの読みたいよ

48 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/25(金) 02:45:03 ID:???
無理だな

49 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/25(金) 18:12:13 ID:???
それだけは読みたくない
キラに主役補正を与えると他がダメになる

50 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/25(金) 19:16:48 ID:???
実はモビルスーツの技術格差だけでなく、CEと、UCを含む他の宇宙では
実は人間の能力自体に決定的な差があるとかすればあるいは。
つまり例えばキラのスパコディ種割れ状態をもってしても、UCにおいては
ファースト最初期のアムロレベルにかろうじて追っつくかどうかに過ぎないとか。
理由は重力が違うとかなんとかこじつけて、他に転移者を一切出さなければ
そこそこ努力と根性噺にできるんじゃないかと…

51 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/25(金) 20:08:38 ID:???
まあ確かに、ナチュではMSがどうこうと言う世界じゃな。ありえるかも。

52 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/25(金) 22:10:22 ID:???
俺はガキなんだろうが、キラの無双は好きだな。でも、アムロやシャアを圧倒しろなんては言わないさ
実力的には最終的に最強になるくらいで、過程は互角以下くらいでいいんだよ

53 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/25(金) 22:15:00 ID:???
最初から圧倒してないキラさんなんてキラさんじゃない
キラや!

54 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/25(金) 22:58:35 ID:???
>最終的に最強
そこが厨と云われる所以だと何故気付かん!

55 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/25(金) 23:57:34 ID:???
とりあえず、スーパーコーディネーターである事がキラの限界である事を知るべきですね
もうこれ以上肉体的にも精神的にも成長できない
それがキラ・ヤマト
他人の意見に耳を傾ける事が全く出来ず、発想の転換も出来ない以上、「自分以上の存在」に永遠に太刀打ち出来ない

56 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 01:21:35 ID:???
ムラクモとのクロスとかどう?クラウドブレイカーVSデスティニーの高機動戦みたい

57 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 03:28:57 ID:???
トランザムエクシアvs初期設定通りミラコロ分身するデスティニーとか見てみたくはある。

58 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 08:55:32 ID:???
>>55
アムロもカミーユも人であることの限界がある
カミーユは死者の魂を取り込んで無類の力を発揮したが、生と死の狭間に解放されたシロッコの執念に押しつぶされた
アムロもNT能力が落ちていき、結果としてララァには会いに行けなくなっている(会いには来てくれるが苦悩の対象)

アムロもカミーユもキラも、それぞれ限界を超越した強さを持ったと思うけどね
要するにキラが上なのが許せないだけなのは感じ取れるね。そんな事があってはならないみたいな
それこそが厨なんじゃない?結局はアムロ厨もキラ厨も同類

59 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 08:58:54 ID:???
キラは苦悩しないじゃん

60 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 10:45:17 ID:???
>>55
むしろ種時代は自分の意見無しに流されっぱなしだったような気がするが。

61 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 10:54:40 ID:???
踏み台クロス、キラマンセーしたいだけですってのが透けて見えるから
スレが荒れることになんだよ。
きっとクロス先でもキラが中将にならなきゃいかんのだろうな……ハァ

62 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 11:28:37 ID:???
>>55

昔誰かが言っていた。

完璧すぎる人間は誰も追おうとはせず、ただ諦めが支配するだけだって。

弱点だらけの人間の方が身近だし魅力的だとも。

つまりキラはいずれ人間に倒されるということかな?
まぁ、ネウロなら人間を有効利用してるからキラよりかは人間らしい………?

63 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 12:02:12 ID:???
キラは自分自身が完璧だなんて思ってはいない

そもそも完璧や限界だのは設定や定義なんて他人には決められない。
限界ならば維持しようとする者、限界ならば諦める者、限界と知りながらも超えようとする者様々
知らない内に限界以上に達していたり、実は限界どころかまだまだ先があったり
アムロやキラを含めた主人公で限界に達したのはカミーユのみ。その他はまだまだ先がある可能性がある

真の完璧とは万能ではなく、万能を超える部分を持つから完璧。アムロやキラにはそれがある

64 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 12:14:11 ID:???
キラには今後の成長性が感じられんのだよなぁ
せめて種死でルージュで宇宙上がったときもう少しうまくやれてればよかったのに、
あれじゃもう成長限界にたっしていると思われて仕方ない気がする。コーディ的に成長は早いが限界が来るのも早い感じがするしな

65 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 13:29:09 ID:???
>>63
キラにあるわけないだろ、アホか。

66 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 16:27:59 ID:???
何が正しいのかは分からないけど、行動はするよ

1だって僕のほうが正しいから
2だって見てるだけな状態じゃ僕がガマンできないから
3カガリが泣いているから
4ラクスが言ったから
5シンが主人公じゃプラモが売れないんだ

さあ、キラさんの行動原理で正しいのは、どれ?

67 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 18:01:20 ID:???
なんか痛い流れですねww

68 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 18:41:46 ID:???
そんなに強さ比べしたけりゃVSスレにでも行け。また立ってるから。

ttp://mamono.2ch.net/test/read.cgi/shar/1209110180/l50

69 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 18:51:32 ID:???
VSスレじゃボールに乗った一般兵にストフリのキラがフルボッコにされてるから此処に逃げ込んできてるんだろうよw

70 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 19:48:07 ID:???
こいつアムロスレでCCAアムロは踏み台、キラ最強!なSS投下しようとして
フルボッコされたアフォだろ。

いい加減キラスレに行けよ。他が迷惑だろうが。

71 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 19:51:58 ID:???
もしモビルフォース群が来たら

72 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 20:04:12 ID:???
ガンガルだっけ?

73 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 20:05:49 ID:???
キラが最強ってのは許せないな
なんていうか、努力は才能に決して勝てないって例だからな・・・
物語として成り立たないし、実際種死は物語として成り立っていない



アムロもあんま努力したような感じはしないけど

74 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 20:27:43 ID:???
アムロは軍人として何年もお務めしてたんだから十分でしょ
劇場版あっても、職安大嫌いなキラはラクスのひもとしてそばにいるだけでなにもしないだろうけど

75 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 21:17:47 ID:???
>>73
まぁアムロは、初代の白い悪魔→Z時代までの腐ったアムロ→逆シャアのアムロ大尉の流れがあるから…
キラも種死時代に戦争神経症にでもなってりゃまだ人間くさかったのにな。

76 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/26(土) 22:26:27 ID:???
誰か巻きますか?巻きませんか?
のまとめサイト知ってる?

77 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/27(日) 01:40:53 ID:???
>>70
同じ奴っぽいよな
キラきゅん大好きオーラを隠そうとして隠しきれてないw

78 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/27(日) 14:10:09 ID:???
ドモンスレで連載されてた、ドモンにキラがぶん殴られるシーンは胸がスっとしたなあ…
あれ作者さんの都合で連載中途終了したけど、帰ってきてくれないかなー…

79 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/27(日) 15:05:23 ID:???
キラは殴られてしかるべきだし成長イベントの土台にもなるのに、よりによって“あれ”だったしなぁ
せめてサイが救済されてもいいのにorzてどんだけだよ

80 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/28(月) 12:16:02 ID:???
>>78
G-SEEDか。まとめで読んだらすごく面白かったよ。あれの続きを見れるなら
金払ってもいいくらいだ。またあの熱いシンを見たいが…作者さん復活して
くれないかなぁorz



81 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/28(月) 20:11:59 ID:???
もし種死世界にモンスターハンターの古龍が現われたら

82 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/28(月) 21:34:47 ID:???
MSに合わせて巨大化、強化されたモンスター達が大暴れ
体長200mに及ぶグラビモスによるバスターライフル並みの熱線に焼かれる艦隊
超怒級ヤマツカミに吸い込まれるMS群
でも負けてもアイルーがキャンプまで運んでくれるからまず死人は出ない親切設計

83 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/28(月) 23:17:54 ID:???
宇宙空間でも平気とは……

恐るべしアイルー

84 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/28(月) 23:27:20 ID:???
ちょwwなんかプレイしてえwwwwww

85 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/28(月) 23:42:58 ID:???
つ旧ザクVSリオレウス

86 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/29(火) 01:03:23 ID:???
MH世界から豊かさを求めて種世界へとやってきたアイルー達
ここでも何でもこなす器用さと頭の良さ、殺しても死なない頑強さを大いに発揮し、ナチュラルの従事が難しい宇宙での生産活動や
惑星開拓で多大な成果を発揮、持ち前の愛らしさと相まってナチュラルらにとって無くてはならないパートナーと認識されるに至った
(これにはブルーコスモス内でアズラエルに次ぐ影響力を持つジブリールが大の猫派というのも大きく関係している)

しかしこれに反発するものがいた、既にプラント等で同様の活動をしていたコーディネイター達である
彼らは自らの地位、及び仕事が猫に脅かされる事を恐れ、アイルー達に対して碌な対話も持たず宣戦を布告
MSをもって武力による排除に乗り出すと通告した

時はCE70年、コーディネイターによる非常に大人気ない戦いが始まろうとしていた……

87 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/29(火) 03:48:29 ID:???
猫相手に宣戦布告するコーディ創造したら吹いたwwww

88 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/29(火) 10:18:51 ID:???
やめてよね!
コーディ如きがあの爆弾特攻と略奪の嵐に耐えれるわけ無いだろ!

89 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/29(火) 10:49:11 ID:???
アイルーに爆弾投げられて、部品盗まれて、あっという間に壊滅するMS部隊ですね。わかります。

真面目に書くと、スターウォーズの帝国対イウォーク族みたいになりそうで面白そうだな。

90 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/29(火) 11:34:41 ID:???
それでもコーディネイターなら、猫相手に本気で殺り合ってボロ負けしてくれるはず……!

ぶっちゃけ、海賊化したメラルー辺りに食料プラントや輸送船を狙われただけで終わりだろうけどね。
マタタビ持ってないだろうから。

91 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/29(火) 12:44:18 ID:???
プラント、vsエイリアン以来の危機じゃね?w

92 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/29(火) 12:46:28 ID:???
むしろ、地球連合とプラントはそのうち火星トカゲ(マーシャン)を相手にしなきゃならんしな。
エイリアンどころの騒ぎではない。トップをねらえっ!クラスの脅威かと

93 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/29(火) 12:55:31 ID:???
アイルー程度でこれじゃ、絢爛舞踏祭のBALLSが投入されたらコーディの存在意義すら無くなるな

94 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/29(火) 13:32:41 ID:???
>>93
あー、考えた考えた。メンデルとかぶっ壊れたコロニーにBALLS一個
放り込む。コロニーを資源に変えて自分たちを量産させる。
あとは月なり地球なりに移動させればハイ投了。
種にはたしか電子機器だけ焼ききる兵器があったと思った気ど、自分たちの
生活圏内じゃ使わないだろうし……。かくして、人類に長い長い夏休みが
訪れるのでした。どっとはらい。

95 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/29(火) 14:25:30 ID:???
そして人類は衰退しました。

96 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/29(火) 14:48:54 ID:???
OVERS・OVERS・OVERS・OVERS
OVERS・OVERS・OVERS・OVERS
OVERS・OVERS・OVERS・OVERS

this Omnipotent Vicarious Enlist a Recruit Silent System

OVERS・OVERS・OVERS・OVERS
OVERS・OVERS・OVERS・OVERS
OVERS・OVERS・OVERS・OVERS

私の名前はOVERS・SYSTEM。
第5世界で命を与えられ、
第6世界で体を得て、
永劫の闇で戦うもの。

OVERS・SYSTEMはあなたに接触します。
全ての戦いを終わらせるために、
SEED世界に現れた第7世界の戦士よ。

悪意の連鎖を終わらせなさい。
悪意の連鎖を終わらせなさい。

OVERS・SYSTEMは、
SEED世界に巣くう悪意を共に倒すことを要請します。

97 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/29(火) 18:02:47 ID:???
>>86
アイルーVSザフトか・・・アンソロとかのイメージしかないですが面白そうですね・・・

ジブリールの財団がス●ーゲートを掘り当てて起動させてゲートを抜けたら・・・
そこはアイルーの集落だった・・・w

98 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/29(火) 18:41:21 ID:???
禿でもアフロに出来るカリスマアイルーにアスラン大喜び

99 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/29(火) 20:03:23 ID:???
ない髪は生やせません

100 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/29(火) 20:25:29 ID:???
もしもメンデルでピクミンが収穫できたら

101 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/29(火) 20:29:31 ID:???
もしもイムが大繁殖したら。

102 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/30(水) 09:23:48 ID:???
もしアークエンジェルにクラウザーさんが降臨したら

103 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/30(水) 13:12:10 ID:???
アークエンジェルが妊娠してしまいます

104 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/30(水) 13:17:04 ID:???
クラウザーさんが宇宙鯨をレイプして生まれたのがジョージグレン……とか?

105 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/30(水) 13:50:44 ID:???
クラウザーさんが木星をレイプして生まれたのが羽クジラだったんだよ!

106 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/30(水) 17:26:44 ID:???
ラクスのコンサートに乱入して、しりとり勝負を挑みマン〇と言わせるクラウザーさん

107 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/30(水) 17:37:00 ID:???
平和の歌姫もクラウザーさんの手に掛かればポルノスターに

108 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/30(水) 20:34:37 ID:???
ついでにピンクザクのコクピットに乱入してハイネに仁村エクササイズを…

109 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/30(水) 22:45:21 ID:???
369 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2008/04/29(火) 19:41:10 ID:???
http://ranobe.com/up/src/up269001.jpg
アストレイズって・・・

110 :通常の名無しさんの3倍:2008/04/30(水) 22:54:00 ID:???
>>109
FF7にしがみ付く■と似たような印象を受ける

111 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/01(木) 00:16:32 ID:???
もしもC.Eに島本和彦の描くアニメイトがあったら

いやちょっとした声優ネタなんだが

112 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/01(木) 00:58:54 ID:???
そろそろ機動武闘伝ガンダムSEED Dの続きもお願いしたいところだが、
シュピーゲルに乗ってくるはずのネオドイツ代表の口調や態度は
カナード状態なのかきれいなキラ状態なのか三ヶ月来の注目点だ…

113 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/01(木) 02:54:54 ID:???
もし種世界にBETAがやってきたら・・・

そこ、キラが武になるといわない

114 :ナナシーさん:2008/05/01(木) 10:24:48 ID:???
もし種世界、種死世界にブロリーが来たら・・・でも、ブロリーは強過ぎてクロスオーバーには向かない事が分かった俺。


115 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/01(木) 13:14:11 ID:???
もし種死の世界にフリーザ様が来たら、
ただし反動で戦闘力が急激に低下している。

116 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/01(木) 13:44:28 ID:???
あの世界じゃ戦闘力1万程度でも文明を滅ぼせる

117 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/01(木) 14:08:04 ID:???
ナッパの挨拶レベルの爆裂波だったかが核爆弾並の威力がある世界だし

118 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/01(木) 14:10:36 ID:???
いやいや、亀仙人程度ですら月を破壊できるんだぜ?

119 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/01(木) 14:22:05 ID:???
亀仙人基準で行くと、ヤムチャの操気弾レベルでもジンがスクラップになるんじゃないか?
もっと言うと対レッドリボン軍時のゴクウでもかなり怪しいと思う。

120 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/01(木) 17:45:33 ID:???
>>118
やつの必殺技はまた別格

121 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/01(木) 17:56:24 ID:???
ザフトや連合って言っても基本は歩兵が中心だから、弱体化させたフリーザ様でも
苦戦するとは思えないなあ……。
逆に両勢力がじわじわといびられそうで……。

122 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/01(木) 19:29:09 ID:???
まりもちゃんの代りにラクスかマリュー辺りがむしゃむしゃされるんですね。
そして、BETAに占拠されるAAorエターナル。

123 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/01(木) 19:31:19 ID:???
>>119
ヤムチャのろうがふうふう拳で蹂躙されるヨップ達ZAFT特殊部隊が目に浮かんだ。

124 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/01(木) 22:22:34 ID:???
MSなんてもろに足元がお留守だよなあ

125 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/02(金) 01:56:22 ID:???
ドドンパチとのクロスで突如月面に現れた機人兵団ーーー

だけど全然同盟組まない地球、ラクシズ、プラント

126 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/02(金) 08:30:28 ID:???
>>125
何? セーラー服着た白蘭花が出てくるのか?

127 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/02(金) 14:39:48 ID:???
>>126
コミック版だけならまだしも、同人版になると地球、ラクシズ、プラントが同盟くんでも絶対に勝てないな

128 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/02(金) 14:45:18 ID:???
もし連合にジャスティ・ウエキ・タイラー(富士見書房版)が居たら

129 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/02(金) 15:08:45 ID:???
もし種世界にルパン一味がやってきたら

130 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/02(金) 15:46:13 ID:???
もし種世界のガンダム型MSが全部ボン太くんだったら
ストライクボン太くん
イージスボン太くん
バスターボン太くん
デュエルボン太くん突撃死体袋
フリーダムボン太くん
ジャスティスボン太くん
プロヴィデンスボン太くん

131 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/02(金) 21:27:04 ID:???
もしもマフティーが…スレの最後の方に投下させて貰ってました166です。
スレも落ちてしまってどうしようかなと思っていたのですが、
もし良かったらこちらの方でもう一度始め直させて貰ってもよろしいでしょうか?

132 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/02(金) 21:44:32 ID:???
OK
つか、その為のスレだから

133 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/03(土) 00:03:38 ID:???
じゃんじゃん来てくれ!

134 :166:2008/05/03(土) 10:41:16 ID:???
ありがとうございます。
それでは、再投下部分になります序章から行かせて貰います。

【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (序章)】(1/5)

C.E.73年11月 ソロモン諸島 オーブ連合首長国近海上

状況は最悪だった。
さながら追い立てられるかのように慌しくオーブを出航したザフトの新鋭艦ミネルバ≠ヘ、
オーブの領海内から公海上へと出るのとほぼ同時に、地球連合軍の大艦隊の待ち伏せを受けていた。

突発した事態の推移に、準備も不十分なままでの実戦参加を余儀なくされ、損傷の修復も不充分なら、
搭載MS、パイロットとも定数を割り込んだ状態のままのミネルバただ1隻を相手に、
4隻もの空母を基幹とする地球連合軍の圧倒的な戦力が差し向けられて来ていたのだ。

しかも後背からは領海警護≠フ名目で出撃したオーブ艦隊が、退路を塞ぎにかかってきており、
実質的には挟撃を受けるのとほとんど同然の状況だった。

「か、艦長……」
「我々にはここを突破する以外の道はないわ!やるしかないでしょう」
一体どうすれば…と、動揺も露わな声を出す副長のアーサーを叱咤するように、
ミネルバ艦長タリア・グラディスは総員戦闘配置を発令し、包囲網の突破をはかる。

どう考えても勝ち目は見出せない状況だが、それでもむざむざと降伏するようなことは出来ない。
ザフト軍人としての意地と誇りを賭して、突破口を開くべく最後の最後まで諦めずに戦い抜くのみ!
悲壮な決意をもって、一路ミネルバは絶望的な戦いへと突入して行く。
かくして、オーブ沖海戦の火蓋が切って落とされた。

「こんな所でっ!やられてたまるかぁっ!!」
激しい怒りと気迫を乗せて、シンはフォースインパルス≠向かい来る連合軍MS隊の只中へと突っ込ませる。
向かってくる多数のウィンダム≠、ダガーL≠、ビームライフルで打ち抜き、あるいはビームサーベルで斬り下ろし、次々と叩き落してゆく。

ミネルバ艦上でも、レイのブレイズザクファントム≠ニルナマリアのガナーザクウォーリア≠ェCIWSと共に防御の火線を張り、
次々に飛来するMSやミサイルを必死に迎撃し、ただ1機で空中戦を行っているシンのインパルスへの援護射撃を放つ。

MS戦と同時にミネルバの主砲、副砲と艦対艦ミサイルは連合軍艦艇に指向され、包囲網の切り崩しを狙っての砲撃戦を繰り広げている。

海上には敵味方の無数の火線が飛び交い、爆発の華が無数に乱舞する。
その中をかいくぐって、激しい戦闘はなおも続いていた。



135 :166:2008/05/03(土) 10:49:11 ID:???
「ふん、なかなか粘るではないか…」
連合軍艦隊旗艦の艦橋で、艦隊司令官は敵艦ミネルバの健闘を認めるように呟く。

事実、状況を考えればミネルバの健闘ぶりは十二分すぎる程のものだった。
だが幾ら奮戦していると言っても、やはりその絶望的なまでの戦力差を覆えすまでには至らない。
これまではどうにか凌いできたミネルバの艦体にも時折、迎撃漏れによる至近弾、直撃弾が出始めるようになっていた。
それら一つ一つはまだ致命傷にはならないが、ミネルバと言う獲物に出血を強い、その抵抗力を徐々に弱めて行く。

「だが、ここまでだな。あれ≠出せ!」
効果的なデモンストレーションを行う頃合だと見て、司令官は隠し球として用意してきたジョーカーを切る。

連合軍艦隊旗艦の後甲板から異形のMAが姿を現した。
連合軍の切り札となる新兵器、新世代型の大型MAザムザザー≠ェミネルバに向かって発進する。
その異形の巨体は、光学映像でその姿を確認したミネルバ隊の全員を慄然とさせるのに充分だった。

「な、何ですかアレはっ!?」
ザムザザーの禍禍しい姿に上ずった声を上げるアーサー。
「くっ、やむを得ないわね…。タンホイザーを使うわよ!」
あんなモノに取り付かれたらひとたまりもない。
タリアはミネルバの切り札、艦首に装備された最強の武装である陽電子砲を使う決断を下す。

「目標、敵MA及び左舷敵艦群。タンホイザー、てーっ!」
アーサーの号令と共に、ミネルバの艦首から白い閃光と共に膨大なエネルギーの奔流が放たれる。
その猛烈な渦が海面を舐め、水蒸気爆発を捲き起こしながらザムザザーを呑み込んで、大爆発を引き起こした。

「タンホイザー、目標に直撃!これで……」
なんとか……そう言いかけて言葉を呑み込むアーサー。
徐々に収まってゆく爆炎の中に見える光輝。
「なっ!?」
そこから現れたのは、全くの無傷なままのザムザザーの姿だった。
「そ、そんな馬鹿なっ!」
アーサーのその叫びは、ミネルバ艦上にいるルナマリアとレイ、そしてCICにいる全員が等しく共有する驚愕だった。

「タ、タンホイザーを……弾き返した?」
一人前線に立ち、発射前にタンホイザーの射線から離脱していたシンは、
横合いから何が起きたのかを目の当たりにして同様に驚愕していた。
あの敵の巨大MAは急制動をかけて立てた機体の上面にバリア状の力場≠展開し、
それでタンホイザーの直撃を防ぎきって見せたのだ。



136 :166:2008/05/03(土) 10:57:56 ID:???
余りの驚愕に瞬間的に反応が止まったミネルバへ、今度はザムザザーからの反撃の火線が放たれる。
ザムザザー最大の火力を持つ脚部の位相砲の内、前方のミネルバを指向できる2門から放たれたビームが左舷のMSカタパルト付近を直撃した。

「ミネルバっ!」
ザムザザーのビームが命中し、続けて起きる爆発の衝撃にミネルバの巨体が揺らぐのが見えた。
開きっ放しの通信回路から、ルナマリアとメイリンの悲鳴が響く。

「くそっ、これ以上はやらせるかっ!」
シンはインパルスを巨大な敵MAへと突撃させる。
タンホイザーさえ跳ね返すバリアを持った機体だ。ビームライフルは通用しないだろう。
「だけど、あんだけの図体だ。接近戦ならっ!」
機動性に勝るMSの方が有利になる筈だと、シンはインパルスの右手にビームサーベルを構えさせ、
ザムザザーへと一気に斬りかかる。
「落ちろおっ!」

「!?ッ」
だが、敵MAはその巨体からは想像もつかない機敏な動きを見せ、インパルスの斬撃を余裕でかわしてみせた。
それどころか、インパルスを反転させたシンの動きに匹敵する速さで機体を相対させ、自ら向かってくるではないか。
脚部内に折りたたまれていた接近戦用のクローを展開、赤熱化させながら、ザムザザーの巨体がインパルスに迫る。

「くっ、コイツ!素早いっ!」
繰り出される鉤爪の攻撃をすり抜けて後背に回ろうとするインパルスめがけて、ザムザザーの側面と後背に並べられた大小の火器が追撃の火線を放ち、シンは更に機体をひねってそれらを回避する。

「このおおおっ!」
やっかいな敵MAを相手に、シンは頭に血を昇らせて再び挑みかかってゆく。
それはザムザザーを足止めすることにはなっていたものの、
ミネルバで唯一の空戦機動が可能な戦力であるインパルスもまた、その役割を果たすことが不可能になった事も同時に意味し、
残存の連合軍MS隊が一気にミネルバへと群がって来るのを可能にするという結果をも招いていた。

「ええいっ、落としても落としてもキリがないわねっ!」
ガナー装備のザクウォーリアの、腰だめに構えたオルトロスの大出力ビームを次々に放ちながらルナマリアが叫ぶ。
「………」
反対舷ではレイが無言のままにザクファントムの背面からミサイルをばら撒き、
敵MSを撃ち落とし、あるいは牽制するが、流石に彼の冷静なその表情にも苦闘の色が見えている。
2人の機体も未だ戦闘には大きな影響は出るほどではないものの、小さな損傷は既に無数の状態だった。



137 :166:2008/05/03(土) 11:06:01 ID:???
「右舷、ミサイル発射管に被弾!」
「機関区に火災発生!ダメコン、消火急げ!」
ミネルバCIC内は、戦闘管制に加えて続々と舞い込む被害報告とその対応指示に沸騰寸前の雰囲気だった。
必死の迎撃は続けていても、ここに来ていよいよ彼我の物量差が現れ出した完全に飽和攻撃の状況になってしまっており、
それに伴ってミネルバの損害は幾何級的に増大しつつあった。
度重なるダメージによる機関区の一部損傷に、各部の浸水も加わって、艦の行き足自体も徐々に鈍り出してきている。

「艦長!展開中のオーブ艦隊より、再度の領海侵犯警告です!」
メイリンが叫ぶ。
ミネルバはオーブ領海線ギリギリを沿うように逃げながら、なおも連合軍艦隊の左舷側の突破を狙ってはいたが、
攻撃の圧迫を受け続ける内に徐々にオーブ領海線の方へと追い込まれつつあった。

「くそっ、このままじゃっ!」
未だザムザザーと対峙を続けているインパルスのコクピット内には、エネルギー切れ間近を示すアラート音が響き始めていた。
戦いながらも、ミネルバも追い込まれている状況を確認しており、それが尚更にシンの焦りをかきたてる。

早くコイツをどうにかして、補給をしなくては!
そう思い、一瞬ミネルバの方を振り返ったシンの目に、
ついにオーブ艦隊の各艦からミネルバへ向けて艦砲が火を噴いた光景が飛び込んで来た。
放たれた多数の砲弾がミネルバの周囲に次々と着弾し、無数に林立する水柱にその艦体が包み込まれる。

「そんな!オーブが…本気で……!?」
実際にはオーブ艦隊の砲撃は、司令官トダカ一佐のささやかな反抗で絶対に当てないように≠オて行われてはいたのだが、
無論シンにはそんな事情は分かる筈もないし、またそれを知ったところで彼には何の慰めにもなりはしないだろう。
かつてオーブの「理念」に家族を殺された#゙にしてみれば、
そのオーブが今度はその「理念」を平然と殺す℃pは、何よりも見たくないものだった。

一瞬の自失。
だが、戦場においてのその時間は余りにも致命的だった。
けたたましい警告音に我に返った時は既に遅く、敵MAが眼前に迫っていた。
「しっ、しまっ…」
回避も間に合わず、ついにインパルスの右脚がザムザザーのクローに捉えられる。
VPS装甲がクローの圧力に抗してかろうじて脚部の圧壊を防いでいるが、エネルギーが切れてフェイズシフトを展開出来なくなるのはもう寸前だ。

だが、この場合は砕かれてしまった方が却って良かったのかもしれない。
ならばとザムザザーはインパルスの脚を掴んだまま、その機体を滅茶苦茶に振り回す。
「うわああぁっっ!!」
コクピットの中でシンの身体は遠心力で振り回され、凄まじいGに意識を持って行かれそうになる。

「シンっ!」
絶体絶命に見えるインパルスの姿に、ミネルバ艦上でルナマリアが、レイが、CICにいる者達が皆、思わず叫ぶ。
(!?っ)
その次の瞬間、レイは突如として迫り来る何か≠フ存在を強く感じ、彼方の空をハッと見やる
―ザムザザーの両腕が#゙方より突如飛来した一条のビームに貫かれ、爆発して吹き飛んだ。



138 :166:2008/05/03(土) 11:15:35 ID:???
「なっ、何だ!?」
不意に拘束が解かれ、振り回されていた勢いのそのままに放物線を描きながらインパルスは海面へと落ちて行く。
落下しながらインパルスはとうとうフェイズシフトダウンするが、そのコクピットの中で
一瞬のブラックアウトの後、シンは必死に機体の体勢を立て直しながら周囲の状況を確認しようとする。
その目に映ったものは、全身を光に包まれながら凄まじいスピードで飛来する1機のMSの姿だった!

機体が大きい―インパルスより二周り近くは大きく見える。
だが、その全体のフォルムはどこか彼のインパルスにも似通っていた。
そのMSはスーパーソニックウェーブでインパルスの機体を揺らしながら頭上をフライパスすると、あの敵MAをすれ違いざまに切り裂いて行った。
更にその後方から、量産機らしいアンノウンMSを各2機ずつ載せた、グゥルとは違う見慣れない形状の大型の空中機動飛翔体が3機、続航して飛んで来る。

「な、何だ!あのMS隊はっ!?」
シン同様に、その瞬間だけは敵も味方も傍観者達も異口同音に、音速級の速度で接近するアンノウンMS隊に対する驚きを共有していた。

「対空索敵、何をしていた!」
思わずCICを怒鳴りつけた地球軍艦隊のイージス艦艦長は、索敵班からの悲鳴混じりの報告に絶句する。
「ちょ、超強力な電波妨害です!レーダーが撹乱されています!」
「旗艦との通信もですっ!」
同様のやりとりは彼らの僚艦や観戦者≠フオーブ軍でも、また敵艦たるミネルバにおいても交わされていた。

そんなミネルバに、アンノウンMS隊の先頭を飛ぶインパルスに似たMS≠ゥら通信が飛び込んで来る。
『ザク≠載せた艦!我々は「反地球連…組織マフティー=vだ。これより貴艦を援護する!』

コズミック・イラの空を切り裂いて、ミノフスキークラフトのガンダムが飛ぶ。
これが、異世界に戦場を移した彼ら「マフティー」の新たなる戦いの、
そしてこの世界が辿ることになる新たなる運命≠フ途の始まりだった…。



139 :166:2008/05/03(土) 11:38:22 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (1)】(1/7)

U.C.0105年4月22日未明 インドネシア バンダ海上

連邦軍キルケー部隊の妨害を綱渡りながらもはねのけて、無事に新型機Ξガンダム≠フ回収を成功させ、
全機が無事に母艦の支掩船ヴァリアント≠ヨの帰還を果たし、そこに集った「マフティー」のメンバー達の雰囲気は明るかった。
思いがけずも、捕虜にされていたガウマンの奪還というおまけまで付いて来たのだから、
それもまた無理ないことではあった。

喜びながらもメカニックスタッフ達は油を売ることなく直ちに収容したガンダムと、主力MSメッサー♀e機の点検整備に取り掛かり始める。
地球に降下、即実戦となったΞガンダムだったが、ビームライフルの喪失と消耗品のミサイルの射耗だけで損傷もなしに状況を切り抜けて来れたのは、まずは上出来だろう。

「それにしても、カーゴ・ピサに搭載の補充品はあらかた回収できたのは幸いでした」
「ああ、上手く取り付かせてくれたエメラルダのおかげだな」
ヴァリアント側の首尾を伝えるケリアの言葉に、ハサウェイも安堵の笑顔を返す。
「そうよ、せいぜい誉めて頂戴」
エメラルダは笑いながら手を振って、自分のメッサーの方へと歩いて行った。

状況の展開が予想以上に加速していた為、本来はヴァリアントに任せる予定だったガンダムを載せたカーゴ・ピサの回収には、
ハサウェイ自身が空中受領を決行することに急きょ変更したのだが、そのおかげでどうにかなったようなものだった。

幸いなことに、メッサーを操縦するエメラルダはカーゴ・ピサを大きく損傷させることなくハサウェイを機体に取り付かせてくれたので、
ガンダムの発進後もカーゴ・ピサは自動飛行を続けて、予定通りにヴァリアントが待機する海面に着水。
その機体の海没前に、ヴァリアントのスタッフ達はガンダム用の補充部品を無事に回収することが出来たというわけだ。

「ガウマンの事といい、何だか余りにも順調すぎて恐いくらいだな……」
かの畏るべき敵手である地球連邦軍大佐、ケネス・スレッグの顔を思い浮かべながらハサウェイはふと、そんなことをひとりごちる。
……後にして思えば、あるいはそれは彼のニュータイプ≠ニしての能力が、
その後に起こる運命≠予感させていたのかもしれなかった…。



140 :166:2008/05/03(土) 11:45:37 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (1)】(2/7)

そのまま次の作戦、オエンベリへの偵察飛行を行なうためにオーストラリア大陸の北岸を目指して南下するヴァリアントは、
満月の明かりの下、夜の洋上でもう1隻の支援船であるシーラック≠ニランデブーし、
艦隊を組んで航行を続ける。

シーラックには予備のメッサーが3機分、組み上げられるように各種パーツが用意されており、
帰還したガウマン用に早速その内の1機が準備され始め、ガウマンはベース・ジャバーギャルセゾン≠ナシーラックへと移乗してゆく。
同時にガンダムの補充部品の内の半分もシーラックへと運びこまれる。
むしろガウマンはそのついでのようなものだ。

こうしてリスク分散と、補給・継戦能力の維持を図れるだけの量の物資が確保できていること自体が、彼ら「マフティー」にとっては状況がうまい具合に進行していることになるのだが、
果たしてそれはツキ≠ニ呼べるようなものだったのかどうか…。

むしろそれは、この直後に彼らが投げ込まれる想像も付かないような出来事を前にしての、
悪戯な運命≠フ神の采配だったのかもしれない。

夜明け間近の凪の海を同航中のヴァリアントとシーラックの乗員達の中で、最初に異変≠ノ気付いたのは、双眼鏡を手に肉眼での監視任務を行っていた当直員達だった。
「そ、空がっ!?」
明らかにパニクった声に、ハサウェイら手すきの者達も舷側窓にはり付いて、あるいは甲板へ飛び出して、外の様子を確認する。
そこに見えたものは、息を呑むような光景だった―

周囲の空一面が、不思議な色をした雲≠ノ覆われかけていた。
みるみる内に濃度を増して行くそれが、彼らの船隊の周囲をすっぽりと覆い尽くしてしまい、
周囲の島々の影すらも全く見えなくなってしまった。

「な、何なんだこりゃあ!?」
ヴァリアントの船長ウェッジが驚きの声を上げる。
彼のみならず、誰にとってもこんな天候に遭遇した記憶はついぞ無かった。

船隊の周囲を取り囲むようにして広がるその不思議な色をした分厚い雲≠フカーテンは、竜巻のように、だがゆっくりと見える速度で渦を巻いていた。

そしてその表面に次々と、幾筋もの稲妻が生じてゆき、ハサウェイ達の視界が白く光に染まって行く。
そこにいた誰もが圧倒され声も出ない中、ひときわ大きい稲妻が落ち、周囲の全てが目を開けていられない程の閃光に包まれた―
誰彼問わず2隻の乗員全てが声にならない悲鳴を上げながら一瞬の浮遊感≠感じ、そしてその意識を失って行った……。

―この日払暁、反地球連邦組織「マフティー・ナビーユ・エリン」は、
ニュータイプ戦士ハサウェイ・ノアと最新鋭MSΞガンダム以下、実戦部隊の大半を一気に喪失した。

何の前触れもなく脅威が消え去った連邦政府はこの数日後、予定通りにアデレートにおいて連邦中央閣僚会議を開催し、悪名高い法案を可決させることになるのだが、
それはもはや、ハサウェイ達にとってはどうする事も出来なくなった世界での話である…。







141 :166:2008/05/03(土) 11:53:47 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (1)】(3/7)


C.E.73年11月 ブーゲンビル島沖合 太平洋上(オーブ沖海戦前夜)


いったい、何が起きているのか?
ヴァリアントとシーラックから成る「マフティー」実戦部隊の幹部達は、ヴァリアントの船上に揃って顔を付き合わせながら一様に、何とも不可思議としか言いようのない現在の彼らが置かれている状況に対しての当惑の表情を浮かべていた。

距離を詰め、肉眼で相手の船の様子が分かる程の近さで併走する形を取りながら航行している両船の頭上には、夜空に月が輝いている。

払暁の海にいた筈の彼ら「マフティー」の船隊は、唐突に出現した不思議な密雲≠ノ呑み込まれ、猛烈な閃光の中に意識を失った……。
そして気が付くと彼らの船隊はここ≠ノいた。
―無数の星々の光が輝く、夜の海に。

「……とりあえず、現時点で判明している情報はこんな感じなんだが…」
対策を協議する為に招集された幹部スタッフ達に向けて、今現在も継続中の状況把握の為の試みの暫定報告を示すイラム。

天測を行って、自分達の現在位置をとりあえず確認してみたところ、
なんと経度にしておよそ30°近くもの東方の海域―ソロモン諸島はブーゲンビル島沖合の、
太平洋上にいるらしいと言う事が判明したのだ。

無論の事、最初は自分達の目を疑った。
だが、ヴァリアントとシーラックの両方で、複数人がそれぞれ出した天測結果がどれも変わらなかった以上は、
とりあえずはその現実≠認めたその上で、ともかくも各部の異常の有無の点検と言った即時的な対応行動を行いながら、ようようこうして対応を協議する態勢になっていたのだった。

「つまり、その……なんだ、俺達はニューギニア島を跨いでワープ≠ナもしちまったってことなのか?」
古典SFみたいな話だな。
ヴァリアント船長のウェッジが、とても信じられないという想いを滲ませて言う。
だが、そうは言いながらも彼自身の冷静な部分は同時に、目の前の状況は紛れもない現実であることを認めざるを得ないとも認識してもいた。
程度の差こそあれ、その辺りの判断力ないし対応力は持っているのが彼らではあった。

「いっそ逆に何も判らないだけ≠ネら、むしろまだいいんですがね…」
何とも参ったと言う風情の苦虫を噛み潰した様な表情で、ヴァリアント副長兼参謀格のイラムが後を引き取る。

「ん?それはどういう意味だい?」
MSの整備を中断してヴァリアント船内の異常無しを確認して回り、ブリッジに報告に上がって来ていた整備長のニコライが怪訝そうに聞く。

「それが……」
と、本人も半信半疑の表情のイラム。
あの正体不明の雲に呑み込まれると言う状況も異常ではあったが、その後に置かれているこの海域≠フ状況も不可思議なことだらけだった。



142 :166:2008/05/03(土) 11:59:58 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (1)】(4/7)

まず何よりも、ミノフスキー粒子の干渉波がこの付近には全く無い≠フだ。
地球全域を覆う戦争の産物であるミノフスキー粒子による通信手段の衰亡はもはや常識のようなもので、それが局所的にせよゼロ≠ナあるなどと言う状況は、およそ想像出来るようなものではなかった。

そして、通信妨害素子が消えていることの当然の帰結かも知れないが、
ヴァリアントとシーラックの装備するレーダーは、およそあり得ない状況である筈の「カタログデータ通りの性能を発揮して」いたし、
また通信室で傍受する通信の量も、彼らの感覚で言えば驚くほどの増大を示し―しかもその内容と言うのがほとんどが意味の判らないものばかりとなっていた。

だが、あまりの量に圧倒されながらもとりあえず解析も行い始めたその中に、到底聴き捨てには出来ないようなものが早速混じっていたのだ。

活発に交わされている明らかに軍用の通信から、地球軍≠フ機動部隊がこの付近の海域に展開しているらしいことが推測されたのである。
それも、「連合」などと言う言葉が付いている辺りから、「連邦海軍」の大規模な艦隊が動いているらしいことが伺えた。

「まずいな……」
イラムから提示された現時点での状況報告に、一同は渋面を作った。

この艦隊の存在は、クワック・サルヴァーを始めとした彼ら「マフティー」の情報網には全く引っかかっていないイレギュラーだった。

艦隊そのものは海域制圧と言う形での後方支援が主目的かも知れないが(もちろん、それはそれでやっかいではある)、
距離的に間に合わないとしても、ケッサリアを始めとするベースジャバーを使えば充分に、MSを増援に送り込むことはできそうな位置関係であり、
連邦政府の中央閣僚会議の開催地は、やはりオーストラリア・アデレートだと言う予測を裏付けるものだとも解釈出来るわけではあるが、
その予測が正しかったのだとしても、防衛体制の規模の方もまた想定を大幅に上回る状況であるのならば、作戦行動の判断自体も難しいことになる。

そして眼前の状況を考えて見れば、そういう「先々のこと」もさることながら、
それ以上にまずこの現在の時点で喫緊の対処としてやるべきことはやらねばならなかった。

想定外のこととは言え、直近の距離に敵が艦隊で展開しているとなれば、発見されないように退避コースを考えねばならない(もちろん、本来の目的地へと向かう航路に〜と言うのを再び目指す必要もあるわけだが)。
うっかりと発見され、臨検など受ける羽目にでもなれば目も当てられない。

そして、ミノフスキー粒子の干渉が無くなっていて索敵機器も十二分に機能していると言う状況下では、敵艦隊もまた状況は同様であると考えるべきだった。

以上の状況認識と判断から、とりあえずは島影の間に隠れるような避退コースを取りながら、夜明けを待ってMSを出しての偵察飛行を試みることに決定し、
そうして「マフティー」戦闘部隊は慌ただしく動き始めた。






143 :166:2008/05/03(土) 12:07:41 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (1)】(5/7)

払暁……この日二度目の£ゥ陽が水平線の彼方から姿を現した。
整備班の努力によってそれまでに出撃態勢を整えることが出来た「マフティー」船隊の二隻の母艦の船上は喧噪に包まれていた。

まずはシーラックから、モーリーとロッドのメッサーを載せた4ギャルセゾンが先陣を切って飛び立った。

続いてヴァリアントからシベットの2ギャルセゾンが、こちらはフェンサーのメッサー一機だけを載せて発艦する。
2ギャルセゾンはそのままシーラックの脇へと向かい、準備が整えられ終わっていた新しいガウマンのメッサーがそこへと飛び移って二機搭載の態勢を整えてから、高度を上げて飛び去って行く。

そして最後の一機はレイモンドの1ギャルセゾンで、エメラルダとゴルフのメッサーを載せて、ヴァリアントを後にする。
こちらは受信する通信を元にした測定で位置の概算を掴んだ連邦艦隊への、強行偵察的な役目を負っている戦闘小隊だった。
その為にこれには、より状況判断が的確に行えるようにと、参謀役のイラムも乗り込んでいた。

偵察部隊を送り出した「マフティー」船隊は島影の合間を縫うような退避航路に移って行く。
ヴァリアント、シーラックの直援として、両船ともそれぞれ一個戦闘小隊ずつのメッサーを残しており、
そしてハサウェイとガンダムは、後詰めとして即時発進態勢で待機と言う構えになっていた。

ノーマルスーツに着替えたハサウェイはガンダムのコクピットに入り、機付長的に整備をしてくれていたジュリアと共に発進前の機体の最終確認を行っていく。
そんな状態で状況判断を下さなければならないため、ガンダムの機体にもケーブルを繋いで、コクピットにもヴァリアントが受け取る偵察隊からの報告を入れるようにしていた。



ギャルセゾンの機体を覆い隠せる程度のミノフスキー粒子を適宜散布しながら、それを隠れ蓑にして高度を取って雲間にまぎれ、望遠レンジで偵察を試みていた1ギャルセゾン戦闘小隊のパイロット達は、眼前に展開する「連合艦隊」のその規模に一様に驚いていた。

連邦海軍がこれほどの大艦隊を編成しているとは、全く予想もつかない現実だった。

「……どうも見覚えのないタイプの艦影が多いように思えるんだが…」
そんな中でイラムは眼前の艦艇群のシルエットが、彼の頭の中にインプットされている艦艇識別表のものとは合致していないものがほとんどであることが気になった。

しかし、その微かな疑問はそれよりも遙かにインパクトのある現実の光景が眼前に展開されていたことにより、ひっかかることなしにすぐに脇へと流されてしまった。
なぜならば、その艦隊の中核であろう空母タイプの大型艦の飛行甲板上に並ぶMS群はどう見てもGM系のシルエットをもったMSたちで、しかも驚くべきことにそれらのMSは飛行機の翼を付けた格好の新型バックパック≠装備して、自力での飛行を行っている!

連邦海軍はそういう手法(しかも安価かも知れない)で、MSへの自力飛行能力の付与を試みだしたのか?
と、思うしかないような光景を見てしまっては驚くのが当然であったし、もしそれが有効な装備で今後普及していったりすると言うのであれば、MSの運用概念そのものを一変させる類である、これは大変な驚異だったからだ。

そんなショッキングな光景に、自分達だけでなく映像も併せてその情報を伝えている同志達をも騒然とさせながら、1ギャルセゾン戦闘小隊はより子細を掴もうと、なおも偵察を続行する。




144 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/03(土) 12:13:22 ID:???
支援

145 :166:2008/05/03(土) 12:14:44 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (1)】(6/7)

更にそこへ、最後に射出された機体からこれまた分離した、大ぶりの翼とスラスターを備えたバックパックがガンダム≠フ背面に装着され、
翼付きバックパックを装備するGM系の機体と同様に自力で飛行しながら、そのガンダム≠ヘ接近する連邦軍MS隊へと向かって行く。

その光景に、同士討ち?といぶかしむ思いを抱くイラム達だったが、
そのガンダム≠ノ続けて戦艦《ザフト》が、やはり見慣れたシルエット≠フMSを出すのを見て、そうではないことに気付く。

《ザフト》の艦上にと陣取った、新たに出てきた2機のMSも―これまた見紛えようの無い、あまりにも明確なシルエットを持っていた。

「ギラ・ドーガ?…………いや、と言うよりは…」
むしろ、ザクと言うべきだった。それも、
「まるで白狼≠ノ、赤い彗星≠カゃないか…!」
そんな第一印象を抱かせるような目立つカラーリングの。

もっとも、白いの≠ニ赤いの≠ヘそれぞれが形状の異なったバックパックを装備しており、装備換装能力を備えていることを窺わせると言う意味では、
さしずめザクW≠ニ言うべきところだろうかとも見えたのだが。

どうみても戦力差は絶望的だが、それでもその戦艦《ザフト》の戦隊は果敢に連邦艦隊へと挑んで行く。



146 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/03(土) 12:20:12 ID:???
支援

147 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/03(土) 12:20:44 ID:???
またこれが見れるとは・・・
少々早いがGJ!といわせてくれ

148 :166:2008/05/03(土) 12:22:26 ID:???
投下ミスしました; 
(6/7)投下をやり直します…

【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (1)】(6/7)

と、にわかに連邦艦隊の動きが慌ただしく鳴り始めた。
通信量が一気に増大し、空母の飛行甲板からは次々とMS―シルエットからして、グスタフ・カールタイプの新型と、
アップグレードによってジムVと同等の性能にまで強化されてなお現役で頑張っている老兵、ジムカスタムorクゥエル改タイプの機体との混成と見えた―
が空中へと飛び立っていく。

「っ!発見されたか?」
一瞬、そう肝を冷やしたが、発艦したMS群は艦隊の前方へと出て行くし、艦隊の艦艇の方は鶴翼の陣形と言う感じに大きく左右に広がりだす。
明らかに何かを迎撃する態勢を取っていた。

やがて、水平線上にその何か=\傍受している通信からすると「ザフト」と言う艦名らしい(?)―が姿を現した。
やはり、見たことも無いようなデザインをしてはいるが、そのシルエットは間違いなく宇宙/大気圏内両用艦艇のものだった。

この艦隊はあのフネを待ち伏せて補足しようとしていたのかと、眼前の状況から一応の納得をする「マフティー」の面々だったが、
同時にそれに迎え撃たれようとする見慣れない両用艦は、一体どこの勢力のものか?と言う、当然の新たな疑問にも晒されていた。

と、まるでそんな疑問に答えるかのように―実際には連邦艦隊への迎撃のためだろうが、その両用艦の方も動いた。
艦の中央部、艦橋前方の艦の中央軸上に備えられたカタパルトから、合計4機のインターセプターが射出されてゆく。

「MSの迎撃に戦闘機を?」
と、更なる疑問を抱いたその直後、彼らはまたまたの驚きに目を見張る。

射出された航空機たちは、最初に飛び出した小型戦闘機を2番目に発進した機体が追い抜き、3番目に発進した機体との間に挟み込む格好で速度と進路を合わせた。
そして真ん中の戦闘機が変形する―見た目の通り、コア・ファイターだった!―と、前後の機体からそれぞれに分離したパーツとそのままドッキングして、その姿を1機のMSへと変える。

鮮やかなトリコロールに輝くそのシルエットは、あまりにも知られ過ぎた伝説のMS=\ガンダムにほとんどそっくりだった。

更にそこへ、最後に射出された機体からこれまた分離した、大ぶりの翼とスラスターを備えたバックパックがガンダム≠フ背面に装着され、
翼付きバックパックを装備するGM系の機体と同様に自力で飛行しながら、そのガンダム≠ヘ接近する連邦軍MS隊へと向かって行く。

その光景に、同士討ち?といぶかしむ思いを抱くイラム達だったが、そのガンダム≠ノ続けて戦艦《ザフト》が、やはり見慣れたシルエット≠フMSを出すのを見て、そうではないことに気付く。

《ザフト》の艦上にと陣取った、新たに出てきた2機のMSも―これまた見紛えようの無い、あまりにも明確なシルエットを持っていた。

「ギラ・ドーガ?…………いや、と言うよりは…」
むしろ、ザク(U)と言うべきだった。それも、
「まるで白狼≠ノ、赤い彗星≠カゃないか…!」
そんな第一印象を抱かせるような目立つカラーリングの。

もっとも、白いの≠ニ赤いの≠ヘそれぞれが形状の異なったバックパックを装備しており、装備換装能力を備えていることを窺わせると言う意味では、さしずめザクW≠ニ言うべきところだろうかとも見えたのだが。

どうみても戦力差は絶望的だが、それでもその戦艦《ザフト》の戦隊は果敢に連邦艦隊へと挑んで行く。



149 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/03(土) 12:30:38 ID:???
支援

150 :166:2008/05/03(土) 12:35:26 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (1)】(7/7)

「ねえ、どうする?このまま傍観でいいの?」
思わずそう言うエメラルダ。

ガンダム≠フ存在はともかくとして、「ザク′nの機体を運用している両用艦」となれば、ジオン系の武装勢力のものだと考えるべきであろうが、そうなるとネオ・ジオンの流れを汲む組織である自分達「マフティー」とも無縁≠ニ言う訳ではないとも考えられる。
少なくとも、敵の敵は味方の論理は充分に成り立ちそうだとは思えた。

そして、そんな戦艦《ザフト》に襲いかかる連邦軍の兵士達が交わす通信を傍受していても、
「行くぞ!宇宙のバケモノどもを皆殺しにしろ!」などと言った、スペースノイドへの偏見と憎悪をむき出しにした会話も聞こえ、尚更そんな思いを強くもさせていた。

「確かにそうかも知れないがな…」
しかしエメラルダの言葉に、ウェッジは懸念を示す。

確かに、広義の意味での仲間≠むざむざ見殺しにするのも寝覚めが悪いことではあるが、だからと言ってやはり正体も不明な¢g織を救う為に自分達からむざむざリスクを負うと言うような行動は、大事な作戦を控えている中でどうか?

確かに、それもそうではあるのだ。だが、
「……俺は介入すべきだと思う」
ガンダムの中で状況をモニターしていたハサウェイはそう言った。

「ハサ?」
後を引き取るように、イラムが続ける。
「ここで連邦艦隊を奇襲で混乱させられれば、結果的にはやつらもしばらくは俺達の方へ手が回るどころではなくなるのを狙えるってわけだな?」

「ああ、何も彼らの為≠チてわけじゃない。まずは自分達の為≠ウ。その為の行動の結果≠ニ言うことなら、よかろう?」
それでほとんどの者は納得をした。

「…確かに、母艦持ちの戦力ならば味方に引き込めるかもしれないか……」
そう言う言い方で、あえて懸念を示してみせていたウェッジも首肯する。

「わかった、すぐにそっちへ向かうよ!」
すぐに4ギャルセゾン機長のカウサッリアのきっぷのいい声で、1ギャルセゾンに合流するとの返事が入る。
2ギャルセゾンも同様だ。

「よし、ガンダムも発進させるぞ!」
ヴァリアント艦上でウェッジ艦長がそう叫び、スタッフは手際よく準備を終えて行く。
「なんだか妙な状況になってる≠ンたいだけどさ、しっかりやってきなっ!」
ジュリアの声に見送られて、ハサウェイの頭上で三重の装甲が閉じてゆき、視界が全天周モニターへと切り替わる。

「Ξガンダム、発進する!」
ハサウェイの言葉と共に、機体の拘束が外され、ガンダムは傾けられたレール上を滑り落ちて海中へと一気に飛び込んだ。
そのままゆっくりと沈降する機体の各部の機密をチェックしながら、ハサウェイはメイン・エンジンの出力を上げてゆく。
想定外の状況の中、整備班の徹夜の頑張りのおかげで機体の各部は全てが順調だった。

水面を割ってガンダムの特徴的なブレードアンテナが露頂し、水しぶきをたてながらその機体の全身が上昇してくる。
やがて完全に海面上の空へと舞い上がり、滝のように流れ落ちる海水の飛沫で機体に虹色の輝きをまとわせて、Ξガンダムは彼方の戦場の空へと飛び去って行った。

151 :166:2008/05/03(土) 12:46:00 ID:???
とりあえず、今回はここまでです。
再投下と言うことで、そのままだと以前に見て下さっていた方には悪いですし、
再開出来る日の為に休止中にもちょっとずつ再構成とかしてましたので、
再投下部分についても書き直しとかも試みてます。

少しでも楽しんで貰えたら嬉しいです^^;

152 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/03(土) 12:46:11 ID:???
いや、眼福眼福。
正史では無意味な存在とされたハサウェイだけど、C.E.世界ではどういう事を成すのか……。

それはそうと、>「カタログデータ通りの性能を発揮して」の件。
これはUCの索敵技術にNJが全く干渉しないって設定なんでしょうか?

153 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/03(土) 19:07:28 ID:???
マフティーってネオジオンの系列だったのか


>超強力な電波妨害

>そんなミネルバに、アンノウンMS隊の先頭を飛ぶインパルスに似たMS≠ゥら通信が飛び込んで来る。

レーザー通信ってこと?


154 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/03(土) 19:29:16 ID:???
種世界では何故かMS同士の交信にニュートロンジャマーは影響せず
無人島で助けを求める際には影響するという設定

155 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/03(土) 20:34:20 ID:???
いまだによく理解できんが有効通信距離が極端に短いってことなんかな
UCだとお肌の触れ合い回線とNTの感応くらいだったよね便利すぎるミノ粉のおかげで

156 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/03(土) 20:45:23 ID:???
設定上は有線以外は不可
有線ゆえにデータ駄々漏れで情報の隠匿が殆ど不可能ってのが本来の設定
CEの設定守っているのは小説版アストレイだけだ・・・

157 :166:2008/05/03(土) 23:01:49 ID:???
ご意見やご教示をありがとうございますm(_ _)m

普通に二次創作やっててもそうですが、クロスものとなると更に
設定的なことって色々と出てくると思いますが、
特に種は公式設定屋の言ってることがどうもコロコロ変わったりして
あれだなぁ…と言うのは感じてましたが、

いざ自分でやってみるとなりますと、どうしてもある程度は
「自分の二次創作SS世界ではこうする」みたいにしてやらないと
無理かなと思っていますので、
そんな設定あったっけ?とか、あの設定はどうしたの?
みたいに気になる所とかも、先々には結構出るかとは思うのですが、
「ああ、166の奴はこういう風に考えてるんだ〜」くらいの感じで
受け取ってやって頂ければありがたいです。


一応、そういう前提でご質問にお答えさせて頂きますと、
「カタログデータ通りの性能を発揮して」の件は、
ミノ粉の影響に比べるとNJのジャミング効果は低いものと想定しています。
影響が皆無ってことはないですが、実用上は…と言う様な感じで。

「マフティー」がネオジオン系だ〜って言うのは、
メッサーがギラ・ドーガの流れを汲む機体と言う設定等から、
また思想面ではシャアのものを受け継いでいる流れに思えると言う辺りから
そう言うことにしています。

通信に関しては、U.C.でもC.E.でも近距離なら普通に無線通信してる様な
イメージがありましたので、そう言うつもりで書いています。
※まあ、演出上は無線で通信してる様に描いているけど、本当は
レーザー通信なんだ〜とか言われそうな気もしますが(苦笑)

158 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/03(土) 23:04:59 ID:???
>ミノ粉の影響に比べるとNJのジャミング効果は低いものと想定しています。

まあ分かる。
アスランが通常回線でキラとテレフォンセックスしてる時点で核分裂抑制以外に効果ないとしか見えないし。

159 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/04(日) 00:24:56 ID:???
種は設定無茶苦茶だもんね

160 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/04(日) 01:31:50 ID:???
AAとミネルバのチームでパトレイバーやらせたら面白そうかも…

でもシンが大田になりそうだけど

161 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/04(日) 15:14:50 ID:???
後藤喜一がいない

162 :166:2008/05/04(日) 16:37:11 ID:???
今回のは再投下の部分になりますが、行かせて頂きます。

【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (2)】(1/6)

誤解―誤認、齟齬、勘違いに思い込み……。
人が決して捨て去ることの出来ないそんな要素が時に、人を思いがけない方向へと動かし、歴史の流れを紡ぎ上げて来た。
そしてそれはここ、異世界からの客人≠迎え入れたC.E.世界においても同様に繰り返されることだった。

時空の門=\そうとでも呼ぶしかない事象によって偶然にも導かれ出たこの世界≠ヨと、「マフティー」達が割合すんなりと紛れ込む≠アとが出来た経緯もまた、そんな要素の故だった。
その時の状況の流れを思い返してみれば、やはり「悪戯な運命≠フ神の采配」とでも言うべきものの存在を、実感として抱かざるを得ないと、後々になっても当事者達は異口同音に語っている……。



C.E.73年11月 ソロモン諸島 オーブ連合首長国近海上(承前)


前方に、戦場の様子を滞空して張り付きながら逐一モニターして報告を続けてくれていた、エメラルダとゴルフのメッサーを載せた1ギャルセゾンの機影が迫って来た。
音速を超えて飛ぶΞガンダムは、そのまま彼らの脇をフライパスして真っ先に戦場へと突入して行く。

眼下には、連邦海軍の¢蜉ヘ隊が展開していた。
大した数だとの情報を受けてはいても、やはり自身の目で確認するその数の威圧感には圧倒的なものを覚えはする。

まさか、あれを全滅させようなどと思える筈はなく、
「連邦軍が体制を立て直す間を与えずに、アンノウン艦の離脱援護を最優先に狙う!行くぞっ!」
後続の僚機に向けてそう指示し、ハサウェイはΞガンダムを更に加速させる。

(!)
モニター正面に、面白いことにアンノウン艦側のMSだと言うガンダム・タイプが
カニを思わせる形状の連邦軍のMA=iそんなものを開発していたとは知らなかったが……)のクローに捕捉されているのが見えた。

ハサウェイは素早くビームライフルを照準し、発射する。
放たれた初速の高いメガ粒子ビームに撃ち抜かれたMAの前部のアームが2本とも、爆発して吹き飛んだ。

振り回された勢いのまま、拘束が解けて落ちてゆくガンダム・タイプは、空中でトリコロールから鉄灰色へとその機体色を変じて行く。

「!? 何だ?」
初めて見る現象に瞬間の疑問は覚えつつも、ハサウェイはガンダム・タイプが何とか体勢を立て直すのを横目に確認しながら敵MAへと一気に迫る。

両腕をもぎ取られて体勢を崩したままのザムザザーは回避どころではなかった。
Ξガンダムは機体を左斜めに傾け、背面のラッチにマウントされたままのビームサーベル(の逆刃側)の左側のみを発振させ、すれ違いざまにMAを側面から両断する。
リフレクターを展開する暇さえ与えなかった。



163 :166:2008/05/04(日) 16:44:02 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (2)】(2/6)

「ば、馬鹿なっ!?」
「あ、あのバケモノを一瞬でっ!?」
ザムザザーがたったの二撃で墜ちる光景に、展開する3つの軍の将兵が等しく驚愕し、
ついで大多数の悪夢の呻きと、少数の歓喜の叫びとが爆発した。

まずは一番の脅威を片付けて、ハサウェイは敵艦体上空直援のMS隊へとΞガンダムを向けながら、アンノウン艦―ミネルバへと通信を送る。
『ザク≠載せた艦!我々は「反地球連邦組織「マフティー」」だ。これより貴艦を援護する!』

その通信を受けたミネルバのCICでは、通信オペレーターのメイリンが叫んでいた。
「艦長!アンノウンMSより入電!『反地球連合¢g織「マフティー」』を名乗っています。本艦を援護すると言ってきました!」

実はこの時、ハサウェイからの通信はミノフスキー粒子の影響でノイズが入り、メイリンには連邦≠フ部分が不明瞭に聞こえていたのだ。
だが彼女は、文脈の前後の反地球%凾フ単語から、「自身の常識」に照らし合わせて意味の通ずる言葉になるように&竓ョして、報告してしまっていた。

第三者の視点で見れば誤解≠ナしかないそれが、戦闘中のこの状況下ではむしろ相互の齟齬を顕在化させずに、すんなりと共同戦線を張らせる方向への導きとなる働きをしたのだった…。

「味方なのかっ!?た、助かったっ!」
「…………」
心底安堵したという感情を包み隠すこともせずに(またできもせずに)喜色を浮かべるアーサーを叱責することも忘れて、タリアは沈黙していた。
(「マフティー」?そんな組織名は聞いたこともないけれど……)

だが、実際インパルスに似たフォルムのそのアンノウンMSは連合のMS隊を攻撃し次々と撃墜していっているし、
更にはグゥルに似た大型のMS支援空中機動飛翔体に載った量産タイプらしいMS隊も飛来し、ミネルバに群がる連合のMS隊を攻撃し始めた。

(とりあえず、現時点に限っては敵ではないと見るべきか…)
そう判断したタリアは指示を出す。
「CIC、及びMS隊各機、戦闘は続行中よ!アンノウン部隊に対してはこちらからは手を出さず、本艦へも敵対行動が見られた場合には反撃もできる様、警戒は怠らないで!」
「りょ、了解!」
あわてて我に返るアーサー以下、CIC要員達。

そう艦長として叱責気味にの指示は出しながらも、同時にタリア自身も部下達の様子は無理もないと思ってはいた。
実際、「マフティー」と名乗るアンノウン部隊の戦いぶりは凄まじいものだった。
彼女自身、職責への意識が無かったならば、部下達と同様にただ唖然と見てしまいそうなくらいに。



164 :166:2008/05/04(日) 16:52:33 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (2)】(3/6)

何もかも、次元≠ェ違っていた。
速さが、動きが、火力が……。

隊長機とおぼしきインパルスもどき≠フMSは圧倒的に速く、それでいて信じられないほどに自在な空戦機動を行っていた。
自力での飛行は出来ないらしい量産タイプのMSも、載っている空中機動飛翔体から跳び上がっての空中射撃や、ビームサーベルでの格闘を仕掛け、再び飛翔体の上面に舞い降りると言うサーカスまがいの戦闘機動を軽々とこなしてみせる。

しかもその動きには一切の停滞がない。移動しながら照準し、攻撃。それでいて面白いように攻撃を当て、逆に連合MSからの攻撃はかすりもさせない。
見惚れるような戦術運動に、そして恐るべきは使用する武器の威力だ。

ビームライフルにビームサーベル、他には頭部機関砲に、量産機タイプはMS大のシュツルム・ファウストと言った、ごくごくオーソドックスと言える類の武器を使っているだけなのに。
ビームライフルの火線は恐ろしく射程が長く、連合のMSは自身の有効射程に「マフティー」のMSを捉えられる遙か手前の距離から、なす術もなくアウトレンジ攻撃を受けていた。
それも、アンチ・ビーム・コーティングが施されている筈のシールドが、まるでティッシュペーパーも同然の様に、いとも易々と貫かれて行く。

それどころか、一射のビームが1機のウィンダムを貫通してなお止まらず、更にその先にいた別のダガーL まで貫くと言う桁違いの威力を見せつけた。
更にインパルスもどき≠ノ至っては、同様にして放ったビーム1発で同一軸線上にいた3機のMSを同時に撃ち落とすと言う、信じがたいことまでやって見せたではないか!

位相砲やプラズマ収束砲クラスの破壊力を見せ付けるそれらが、しかしビームライフルの速度で連射されてくるのだ。
たちまち空中には凄まじい速度で連合MSの爆発の花が咲き乱れて行った。

更に、「マフティー」のMS隊が連合のMS隊への距離を詰め、接近戦の併用へと戦法を移行させた後も圧倒ぶりは変わらなかった。
ビームサーベルの斬撃もやはり、それを受け止めようとするアンチビームシールドごと、ダガーLやウィンダムを真っ二つに断ち割って行く。ほとんどレーザー対艦刀クラスの破壊力だった。



「す、凄い…!何なの?あのMSたちは……」
浮き足立つ連合MS隊へのオルトロスでの攻撃を再開しながら、ルナマリアが思わず口にした呟きは、そのまま状況を目の当たりにしている全クルーも同様の思いだった。
あんな戦いぶりは、インパルスのような最新鋭機をもってしても不可能だろう。現実に目の前で見ていても、とても同じMS≠駆使して出来ることだとは信じられなかった。


一方、その当事者≠スる「マフティー」のパイロット達の方はと言えば、あまりにも脆く、また歯ごたえの無さ過ぎる敵≠ノ対しての違和感を覚えてはいた。

「なんなのさ、コイツらはっ!?」
メッサー6号機のモーリーが、拍子抜けと言う感じの声を上げる。
「機動も鈍けりゃ、照準しようといちいち固まる。おまけに巻き込んでくれって言わんばかりの密集隊形≠チてか!連邦海軍≠ヘこんなひよっこパイロット共を実戦に出すのかよ?」
後を引き取ったガウマンの声にも、ない交ぜになった驚きと呆れが滲む。

「畜生!こんなバケモノどもがいるなんざ聞いてないぞっ!」
「怯むな!敵は少数だぞ、同時に数機でかかれっ!」
だが、通信回路から時折聞こえる敵パイロットの叫びそのものは、状況に押され気味だとは言え、パニクったルーキーのそれとも思えない。
首を傾げさせるものを感じながらも、彼らが攻撃の手を休めることはなかったが。



165 :166:2008/05/04(日) 17:00:30 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (2)】(4/6)

(脆すぎる……)
また1機、眼前のウィンダム―ゴーグル型のメインカメラとV字アンテナの組み合わせの頭部形状から、彼らにはグスタフ・カール′nの新型高級量産型MSと見えている―を頭部バルカンで蜂の巣にして撃墜し、ハサウェイは違和感≠ノも似た、この戦いの感触をそう感じる。

この戦闘に介入するまでは、自分達が加勢したとしても物量的にはあのアンノウン艦が離脱出来る突破口を開けるくらいの寄与が関の山だろうと読んでいた。
だが、戦況を偵察し続けていたエメラルダ達からの報告でも言われていたように、この連邦軍≠フMSたちは余りにも手応えが無さ過ぎた。

最初こそ、全ての敵MS―グスタフ・カールタイプの新型と、ジム・カスタム/クゥエル改タイプの旧式機とが混在―が
飛行機の羽付きの新型バックパック≠装着して、単独飛行能力を獲得している〜との報告どおりなのを確認して、厳しい戦いになるのを覚悟していたのだが、
実際に交えてみれば、ほとんど「張子の虎」のような相手だった。

幾ら通常の連邦軍―特に、予算には常に悩まされ、MSですら旧式機中心にしか運用できない海軍のMSとパイロット達なのだとしても、全てが@]りにも稚拙すぎた。

OSの精度と洗練度が比較にもならない宇宙世紀≠フMSを動かしている彼らの感覚で言えば、この世界のMSの動きはほとんど初心者向けシミュレーター上での敵機の動きも同然のレベルであったし、
それに加えて核融合炉のパワーゲイン、ミノフスキー粒子によるジャミング効果に、ミノフスキー物理学方式のビーム兵器の威力と言ったあらゆる要素において、この世界の技術レベルに対してのオーバースペックの塊であるMSを駆る彼らから見れば当然の結果ではあるのだが、
未だ彼らはここ≠ェ宇宙世紀とは異なった、また別の歴史の途を歩んだ世界の地球であると言うことを知らず、故に躊躇無く眼前の連邦軍≠ヨの攻撃を続けていた……。


そんな「マフティー」の鮮烈過ぎる$いぶりには流石のシンも圧倒され、ルナマリア達と同様に唖然と見上げてしまっていたのだが、
タリアの叱責にハッと我に返って、シンは補給を受けるべくフェイズシフトダウンしたインパルスをミネルバへと向ける。

「ミネルバ、デュートリオンビームを!それから、ソードシルエットに換装するっ!」



166 :166:2008/05/04(日) 17:07:03 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (2)】(5/6)

「シン?」
意図を図りかねるメイリンに、シンは後背で繰り広げられている圧倒的な戦況を一瞥しながら言葉を継ぐ。
「このまま何もせずに助けられっぱなしってわけにはいかないだろッ!丸裸の母艦を仕留めてやる!」

確かに、シンの言うとおり連合のMS隊は「マフティー」相手に総崩れの状態で、敵艦隊は直援機もない状況に陥っていた。
それをすぐに見て取って、タリアもシンの具申を承認する。

「インパルス捕捉!デュートリオンビーム、発射!」
空中のインパルスめがけて、ミネルバの艦橋下面に装備された射出口から一条のビームが照射された。

「味方機を撃った!?」 
「いや、違う!」
戦闘機動は続けながら、今度は「マフティー」の面々が驚く番だった。

母艦からのデュートリオンビームの照射を受け、エネルギーを回復させてゆくインパルスのVPS装甲が再び鮮やかなトリコロールに色付いた。

「ソードシルエット、射出!」
更にそこへ母艦から発進した飛行物体=\シルエットフライヤーが近付き、バックパックを空中換装!
その機体色も青かった部分が赤に変わり、背中に巨大な二振りの剣を背負ったMSへとその姿≠変えた。

「なんだよ、あれは?」
面白いことを考える奴がいるもんだなとでも言いたげに、メッサー7号機のロッドが声を上げる。

あのガンダム・タイプが連邦軍の新型機なら、アンノウン艦の連中はそれを奪取する作戦を行ったと言うことなのか?
「マフティー」のパイロット達は、彼らの世界の歴史上で敵対勢力が開発した新型ガンダムを奪取した、デラーズ・フリートやエゥーゴの故事を頭に描いて、状況をそういうものかと想像していた。

「うおおおぉっっ!!」
シンは雄叫びを上げながらインパルスの両腕に同時にエクスカリバー対艦刀を抜き放ち、その柄同士を結合させながら連合軍イージス艦の1隻の甲板に降り立って、その巨大な艦橋を一刀に斬り飛ばした。
更にそこから八艘跳びの要領で次々と他の艦艇の上に飛び移り、対艦刀を縦横に振るって斬り割き、撃沈して行く。

上空からはMS隊を掃討した「マフティー」も対艦攻撃に移行し、強力な<rームライフルの火線を浴びた艦艇はただの一撃で洋上の活火山と化してゆく。

「負けられるかぁっ!」
それを見てシンも更に猛り立ち、攻撃は勢いを増す。

「今よ、敵艦隊を突破する!機関全速!」
そこにミネルバも突進し、艦砲とザクの火線までもが連合艦艇に襲い掛かる。
矢面に立たされた連合の艦隊こそ災難だった…。




167 :166:2008/05/04(日) 17:15:05 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (2)】(6/6)

「インパルス!シン、帰艦して下さい!」
もはや遮るものは無く、離脱を成功させたミネルバがインパルスに帰艦の指示を出す頃には、洋上に威容を誇っていた筈の地球連合の大艦隊の姿は、今や必死に逃走するわずか数隻の小艦艇を残して消滅していた…。

生存者の救助は、いまや同盟国≠ニなったオーブ海軍がするだろう。
周囲を護るように「マフティー」のMS隊に囲まれて、発揮可能な全速力で水平線の彼方へと遠ざかって行くミネルバの艦影。


その一部始終を見届ける形となった、トダカ一佐以下オーブ海軍艦隊の将兵達、それに国防軍本部のユウナ以下幕僚スタッフ達もカガリも、揃って顔面蒼白だった……。

どう考えても、連合軍の勝利は動かない筈だった。
それが、粘り強いミネルバの奮戦と、そして救援に駆け付けてきた化け物の様な部隊の参戦により、文字通りの壊滅≠喫したのは連合軍の方だった。

連合軍が、まさに鎧袖一触に粉砕されたこの時の海戦の状況を目の当たりにしたことで、オーブ内では「連合との同盟締結は早計だったのではないか?」
「あれほどの力≠持っているプラント¢、と、明確に敵対する路線を選択してしまって果たして正しかったのだろうか?」と言った暗黙の空気がにわかに、反セイラン派を中心に勢いを増し始めてゆくことになる。

後に傍受した通信等の解析から、当初はザフトと思われていたあの強力な謎のMS隊は、「マフティー」を名乗るザフトの同盟軍≠轤オいと言うことが判明≠キるが、
それは逆に「プラントは決して孤立していない」と言う解釈にもつながり、更に反セイラン派の主張にも裏付けを与えていた。

そして、それがまたセイラン派の権力奪取への露骨な動きをより加速させることにもなり、
カガリとユウナの婚姻(これはフリーダムによって妨害されるのだが)に、地球連合―ロゴスへの一層の接近と言った、強引な動きを誘発することにもなって行く。

「マフティー」がこの世界に現れたことの影響は、オーブの先々の行く末にも徐々に現れて行くことになるのであった……。



今回はここまでです。
次の(3)はもう少しで完成ですので、余りお待たせしないで投下できるかと思います。

168 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/04(日) 17:28:15 ID:???
お疲れ様。
文章が丁寧なのもですが、洋上の活火山のように的確な表現を書ける人は尊敬しますわ。

169 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/04(日) 17:43:12 ID:???
GJ!です
ちゃんと文章が閃ハサ風なのがおもしろいw

170 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/04(日) 19:43:26 ID:???
>>140の末尾を読んでふと思ったけど、
突如ガンダムやそれを擁する集団が行方不明になった
(CEとやらに転移したなどと当然知る由もない)UCはじめ元の宇宙の
混乱と歴史の変化を描いたSSというのはまだほとんどなかったかな?
また、憶えている限りだと転移組の帰還まで至ったのも今の所XとZで一作ずつで、
Xは多分転移時とほぼ同時刻に戻ったようで、ZはCEからの消滅のみで
UCのいつに戻ったのかまでは描かれてなかったと思うけど、
併せて他にもあったかな…

171 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/04(日) 23:23:10 ID:???
>>170
未完で終わるSSのなんと多き事か
それが答えだ

172 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/04(日) 23:25:01 ID:???
厨や荒らしにやられて中断したSSが大すぐる……

173 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/04(日) 23:26:30 ID:???
多すぎっていうからには10や20じゃきかないのか・・・
きついな

174 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/04(日) 23:39:06 ID:???
保管庫には連載が中断してあるSSが沢山あるぜ

175 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/04(日) 23:45:05 ID:???
何故スレが統合されたかを思い出してくれ・・・
大半のクロス系SSスレが荒らしに滅ぼされたからさ・・・
職人を粗探しして叩いて喜んでいるクズもいたな
奴に潰されて筆を折った職人も数知れず・・・

176 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/04(日) 23:46:50 ID:???
>数知れず・・・

少なくとも3桁以上ってことか

177 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/04(日) 23:47:13 ID:???
何故か砂漠編で止まってる作品が妙に多いような・・・

178 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/04(日) 23:48:03 ID:???
>>175
スレが統合されたのは、00が始まってスレ落ちが早まったので、統合して落ちにくくしようとしたからですが何か

179 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/04(日) 23:50:49 ID:???
>>175は何もしないで指くわえて見てたのか。
役立たずが。
あげくにデタラメか。
救いがたいな。

180 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/04(日) 23:50:57 ID:???
そこら辺でキラをどう扱うか作者の見せ場
故に厨や儲、素木っ端(笑)に叩かれやすい
「ラクスやキラを本編(TV)通りに扱うのはヘイト!」なんて迷言があるしなw
あと腕の奴は逃げる

181 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/04(日) 23:55:38 ID:???
砂漠編くらいがちょうど飽きるポイントなんじゃないの
どうしようもなくなるとか面倒になるとか詰まるポイントでもいい

182 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/04(日) 23:58:48 ID:???
>>179
ゴキブリ三■目乙
死ね

183 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 00:03:10 ID:???
>>175
>>182
嘘指摘されて決め付け妄想の果てに死ねですか。
どうしようもないな役立たずは。

184 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 00:17:02 ID:???
>>175の結果投下数が減って>>178に繋がっていったのが正解
3■目は故人の墓にペンキぶっ掛けるだの種蒔きさんの子供を○○だの
いつ通報されてもおかしくなかったのに結局通報されなかった

185 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 00:17:39 ID:???
中断したへタレSSを何個かあったが結局、感想の少なさと受けが悪いか
そのまま過疎るってパターンが多いな。
今は出来るだけそうしない様に書き溜めてるがそれでも、やっぱり5〜6話辺りからしんどい

186 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 00:20:19 ID:???
08スレは空気読めない軍オタが多すぎて読むのやめた

187 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 00:21:32 ID:???
添い遂げの軍ヲタの8割は三■目の自演だったんじゃねーの?

188 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 00:21:55 ID:???
作者そっちのけの争いになるのが見苦しいな
あれで嫌気がさす作者も多いんじゃないか

189 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 00:25:06 ID:???
内容によりけりかな
変態紳士談義でスレの大半を埋めてても投下続いてる所もあるしwww

190 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 00:26:57 ID:???
紳士だらけはあれ雑談じゃん
投下があれば感想も付くし当たり前じゃね

191 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 00:29:00 ID:???
変態でも紳士だから作品には紳士的な対応してたんだろ?

08スレ、0083スレ、Xスレは恐ろしい勢いでキ○ガイか?と思わざるを得ない荒らされっぷりだったからなぁ

192 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 00:31:42 ID:???
意図のわからん嵐もいるな
発見次第、ume,ume,umeで作品内容がどうしたとか一切書き込み無し

193 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 00:48:04 ID:???
三■目ってのはたしか、
我もすなると始めてみた08物が全く箸にも棒にもかからず続かなかったので
そこから逆怨み爆発させて他の職人や読者へのテロをいまだに繰り返してるんだっけ?
能無しの逆怨みほど怖くて卑しいものはないってことか。

194 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 00:48:53 ID:???
何か変わったことをやって注目されたかったんだろうさ

前に同じようなことをやったことのある俺が言うんだから間違いないw

195 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 00:53:57 ID:???
あとはヘイトSSスレに明らかに18歳以下のPink(当時20歳以下禁止)から来たバカなんてのもいたなw

Xスレでは「唯一の荒し」から「人工無能」→「スレの座敷童子」→「Xスレの守護神」とジョグレス進化したのもいたなぁw

196 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 01:01:09 ID:???
軍板で嵐やってたのが新シャアなら軍事素人のガノタは俺を崇めるだろうと勘違い。
んで、ガンダム1本も見た事無いのにそこらのスレから拾った適当な知識で
ネタSSを2〜3本デッチ上げて後は自演で「これまで見たことの無い切り口だ」
とか自讃の自演連発。他の住民や職人から訝しがられだした頃にボロを出して
オリMSマンセー&基本設定無視のSS投下で叩かれ、新シャアでも嵐に……
何より「ガンダムを知らない&1本も見た事無い」ってのが酷い
UCの61式戦車(150mm連装砲搭載)を勝手に
140mm滑腔砲搭載の俺設定で登場させたりしていた

197 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 01:01:59 ID:???
>>195
ポキールたんだっけ?w

198 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 01:04:08 ID:???
荒らしが進化の末にXスレの守護神ってwwww
Xスレの住人ではないので尋ねるがそれは善き変態紳士になった、と解釈すればよろしいのか?

199 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 01:06:22 ID:???
確か

うんこX

のカキコがあるとしばらく荒れない、だったとオモwwww
ただそれだけポツリとカキコしてすぐにどっか消えるんだよな

200 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 01:10:43 ID:???
スレが落ちそうになると「うんこX」の書き込みで保守してくれるナイスガイだぜ
荒らしが出現してからも「ガンダムXがつまらなかったからDVDにうんこした」とかのヴァリエーション豊かなカキコでスレに一時的な平穏をもたらした
AA爆撃に苦しむXスレの守護者、素晴らしき清涼剤をか言われてたなw

201 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 05:28:11 ID:???
懐かしいなw
実際彼がいなくなってからと言うもの…

202 :ナナシーさん:2008/05/05(月) 12:26:23 ID:???
h久々に書きますかね?
・・・でも、エイリアンじゃないよ?ブロリーだよ?

203 :ナナシーさん:2008/05/05(月) 12:29:54 ID:???
>>200さん
うんこX・・・・流石。色々な意味で。

204 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 12:50:44 ID:???
つぎいってみよー!


205 :ブロリー IN CE:2008/05/05(月) 13:47:29 ID:???
第0話

「今だ、御飯!」
「「「はあぁあああああああああああっ!!」」」
全力で親子かめはめ波でブロリーをたおす。
「うおぉぉあぁあ嗚呼ああああああああ!」
その凄まじい衝撃で太陽まで押し上げられブロリーの肉体が消滅する。

「カカロットォォォォォォオッ!」

太陽まで飛ばされ消滅されるブロリー。
『カカロットの戦いで二度目の敗北・・・俺の負けだ。
だが、これで何も破壊せずにすむ。これで、カカロットの元へ行ける・・・
あの世ならカカロットとも会える・・・感謝するぞ、カカロットの息子よ・・・。』

だが、目が覚めた場所は地獄ではなく地球だった。
不幸な事に彼が飛ばれた場所・・・CEの世界で侵攻されたオーブで
空にはMS郡が飛来し交戦中の真っ只中だった。

「ここは・・・何処だ?」

周囲を見渡すブロリー。フリーダムが連合軍との戦いで苦戦を強いられていた。
サイヤ人の血が騒いだのか戦いの場所へ導かれたと思うブロリーはスーパーサイヤ人に変わる!
「退屈凌ぎだ・・・リハビリもかねてな!」
丁度逃げ惑う家族連れがブロリーのいる方向へ向かう姿が目に映る。
その瞬間、爆発し跡形もなく飛び散った!!
唯一生き残った少年が死んだ家族を失って泣き叫ぶ姿。だが、ブロリーは
冷ややかな表情で眺めるだけだ。一機のMSフリーダムが少年の前を横切る。
少年、後にシン・アスカはその場にいたまま動かず泣き喚くだけだった。

「マ、マユ・・・・うわあぁああああああああああああああ!」

そんな少年に目も暮れずブロリーはフリーダムのいる方向へ
物凄いスピードで飛んでいく!信じられない光景を目の当たりにした
シン・アスカ。本来人間は空を飛ばない筈・・・それを目に焼き付け忘れられなかった。
「人が・・・飛んだ!?そんな!?」
シンはフリーダムが飛んでいた方向を眺めていた。あの黄金の戦士がやっつけてくれる事を期待しながら
同時に自分の無力さを感じた彼は何時しかフリーダムは自分が倒して、きっかけを与えた戦士に礼を言おうと誓うのだった。







206 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 14:17:33 ID:???
書きながらの投下は止めろ

207 :ブロリー IN CE:2008/05/05(月) 14:24:35 ID:???
一方、ブロリーはフリーダムの向かう方向へ飛んで行く。
胸の高鳴りが押さえず笑みがこぼれた。
「ロボットと戦うのは初めてだが、楽しめそうだな!!フハハハハハハハハハ!!」

さらに加速して戦いの場を求めてブロリーが飛び立つ!!

その頃、キラは連合のガンダム三体との戦いで苦戦を強いられていた。
「オラオラオラぁー!」
カラミティの駆るオルガ・ナブロックがフリーダムを追い込みながら
ビームを乱発する。それをレイダーのクロトが鉄球で追い討ちをかける!
「滅殺!!」
「うわあぁぁぁぁあ!」
回避しきれず直撃を食らうフリーダム!ブーストで衝撃を和らぐが
フォビドゥンがさらに猛攻を仕掛けて来る。猛スピードで切りかかろうとした!
「ウザい・・・!」
丁度そのタイミングで急速接近するブロリーの不意打ちでフォビドゥンが
吹き飛ばされ予想外の展開で三人はもちろんキラまでもが驚いていた。
突然の乱入者が人間だった。もっとも、サイヤ人は戦いのある場所を求めたがる性分だが・・・。

「俺も仲間に入れろ・・・・面白そうだからな。」
生身の人間がしかも空を飛んでMSを突き飛ばしたからに他はない。
慌ててシャギは体勢を立て直す。オルガとクロトはシャギの元へ向かう
「んだ、テメぇーは!?」
「邪魔しやがって、邪魔なんだよ!」
「僕のゲームをむちゃくちゃにしやがって!」
三人が悪態をついている傍らキラはブロリーに話しかける。
「あなたは、一体誰なんだ!?」
その問いを応えるかのようにブロリーは名乗った。

「ブロリー・・・俺は悪魔だ!!」




208 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 14:34:38 ID:???
書きながらは、止めれ

209 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 14:36:38 ID:???
NGだな

210 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 14:44:04 ID:???
ていうかシャギって誰

211 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 14:57:04 ID:???
俺の名を言ってみろ!

212 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 14:59:56 ID:???
それはジャギ

213 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 15:05:33 ID:???
スンません、削除お願いします。

214 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 15:08:10 ID:???
シャニのまちがいでは?


215 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 15:09:03 ID:???
ドンマイダ


216 :作者:2008/05/05(月) 15:14:50 ID:???
へたこいた。

217 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 15:16:00 ID:???
ブロリー終了!

218 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 15:22:25 ID:???
>>200
ワロタ。

219 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 15:27:14 ID:???
死んだ人間の名前は忘れられる者なんだなー。

220 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 18:06:20 ID:???
うんこX

221 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 20:55:52 ID:???
ちんこX

222 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 20:58:52 ID:???
はいはい偽者偽者

223 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/05(月) 21:58:11 ID:???
(∪^ω^)わんわんお!わんわんお!

224 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/06(火) 22:36:23 ID:???
ホ主

225 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/07(水) 01:23:59 ID:???
HALOとのクロスとかどうだろ…

226 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/07(水) 09:18:28 ID:GZsudagu
種の世界にVガンキャラが「いたら」系のクロスオーバーはだめだろうか?

227 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/07(水) 15:24:17 ID:???
クロス物を種別問わず、だからいいんじゃないの。

228 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/07(水) 15:45:56 ID:???
種、種死に稲中卓球部キャラがいたら

229 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/07(水) 18:17:35 ID:???
>>225
確かに宇宙が舞台のSFだが、設定的にマクロスとのクロスよりも無謀だぞw
とりあえず、艦船の数とサイズと防御力がとんでもない。駆逐艦のオータムですら3km以上ある。
アンバークラッド並の大量建造されている小型艦でも確かAAよりでかかったはず。さらにMSこそないものの、ロングホークみたいな旧式に属する戦闘機や、ペリカン降下艇でも一応光速ワープが可能だったり。
あと、防御火器?なにそれ?みたいな感じでいつの間にか兵士が艦内に突入しているから話にならん。兵士がコヴナウントだとエリートやハンターのせいで更に悲惨な事に。
しかし、MSとの地上戦闘ならばCEが有利かも。歩兵戦は無理。

230 :166:2008/05/07(水) 20:46:43 ID:???
お待たせしました。(3)を投下させて頂きます。
書き込み易いようにと言うことで、今回は細切れ気味にで失礼します^^;

【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (3)】(1/11)

満身創痍のその身に出しうる全力でオーブ沖を離脱し、ひとまず安全圏だと思われる海域まで達したところで、ミネルバはその船足を止めた。

戦闘と離脱が最優先であった為に後回しにしておかざるを得なかった、各所の被害状況の確認と、その応急対応の為だ。
無論のこと、未だにコンディション・レベルはイエローを維持したままで、インパルスとザク2機は甲板上でそのまま警戒態勢を保っている。

そしてミネルバの後方上空には「マフティー」のMS隊が、後方を警戒してミネルバを守る態勢で飛行している。
必然、お互いに観察のし合い≠する格好になっていた。

そんな状況の中、ミネルバの艦橋内では停船を命令しようとするタリアに対して、
「マフティー」などと言う得体の知れない&泊烽ノ接触されている状況で?
と、副長のアーサーが懸念を口にする。

だが、そんな彼にタリアは落ち着いて言う。
「アーサー、だからと言ってダメコンをこれ以上は先延ばしには出来ないでしょう?それに、彼ら≠フことも今更気にしたところで始まらないわよ」

あの馬鹿げた戦闘能力をもってすれば今のこのミネルバとて容易に撃沈できるだろうし、また何かの謀略にしては地球連合軍の被った損害が大き過ぎる。

確かに、前大戦のアラスカ―JOSH-Aの様な事例も無いではないが、
多少の戦略的、政治的感覚≠ェあれば、今それをやる価値も必然性もない(むしろ味方に引き入れようとするオーブの鼻先でそれをやるなど、逆効果でしかない)のは容易に判ることであるし、
第一、幾らなんでもこのミネルバ一隻に対してそんな大規模な謀略を仕掛ける意味はない筈だ。

よって、彼ら「マフティー」なる正体不明≠フ部隊は敵ではない。
……少なくとも、当面は。

故に、ならばむしろここでその正体をつきとめる為の接触を試みておくべきだと判断し、タリアは「マフティー」に対しての発信を命ずる。

文面は、
『貴隊の援護に感謝す。願わくば指揮官のご尊名をうかがいたし。ザフト軍強襲揚陸戦艦ミネルバ艦長、タリア・グラディス』



231 :166:2008/05/07(水) 20:53:15 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (3)】(2/11)

ミネルバなる艦からの入電を受け、「マフティー」側もΞガンダムと1ギャルセゾン(及び同機上のメッサー2機)の間の接触回線で手短な協議を行い、Ξが返信する。
『ザフト軍艦ミネルバへ、貴艦の奮戦に敬意を表す。被害対応への支援の要はありや?反地球連邦組織「マフティー」主導者、マフティー・ナビーユ・エリン』

メイリンの読み上げる「マフティー」からの返信文の中に、タリアは一カ所引っかかりを覚える。
「地球連邦≠ニ言ったの?…地球連合≠フ間違いではなくて?」
「はい、はっきりとそう言ってきています」
頷くメイリンに、タリアは先程の戦闘中の際の最初の入電はどうだったのかを確認する。

「そ、それが……」
と、最初に通信を受けた際にはノイズが入り、「地球連」以下の部分が明確には聞き取れなかったんですと、謝るメイリン。
「いいわ、状況を考えればそれはミスとは言えないでしょう」
叱責に値するものではないとメイリンをなだめ、タリアはしばし黙考する。

そうして、再び「マフティー」への通信を入れさせた。
『ミネルバより、反地球連合¢g織「マフティー」へ。ご好意感謝す、なれど応急支援の要まではあらず。願わくば、本艦にて貴下らとの会談を要望されたい』
ただし、今度は発光信号で。


一方のハサウェイ達の方も、「地球連合=vと言う単語には思わず顔を見合わせていたが、発光信号に切り替えてきたミネルバなる艦の意図も察せられたし、
また彼らに取っても状況確認の意味では接触の必要性はどのみちあった為、同じく発光信号で応諾の意志を伝えることにした。
『了解した。着艦場所を指示されたい』


「マフティー」側の承諾を得て、ミネルバは着艦受け入れの用意にかかり出す。
甲板上には兵員が姿を現すと、手振りで誘導の合図を送り始める。
着艦場所に指定されたのは、両舷の主砲の後方にそれぞれ延びるフライトデッキと、艦橋の後方直下のフライトデッキの三カ所だった。

流石にいきなり艦内に収容するようなことはしないが、もし決裂にでもなったら〜と言うのを考えた場合、ミネルバ側が著しく不利になる様な位置関係でもあり、
信を置いてみせる、と言う意味ではなかなかに絶妙な配置ではあった。

そして、その意味合いも含めて先に甲板上の3機の自艦MS隊の収容を行うミネルバ。
「マフティー」側は短く協議し、2、4ギャルセゾンはそれぞれ左右の主砲後方のデッキへ、1ギャルセゾンとΞガンダムは艦橋直下のデッキへと降り、ハサウェイとイラムの二人がミネルバ側との会談に臨むこととした。



232 :166:2008/05/07(水) 21:01:01 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (3)】(3/11)

左舷カタパルトはザムザザーの攻撃により損傷していた為、右舷側のカタパルトデッキのみで順番に収容が行われ、最後に帰艦したソードインパルスも整備ハンガーへと機体が固定されて、VPS装甲をディアクティブモードに落とすシン。
艦載MS隊の帰艦に加えて、凄いゲスト≠ワで降りてくることが決まって、ハンガーデッキ内はより一層の喧噪に包まれていた。

「シン、お疲れさんな。凄かったぜ!」
インパルスのコクピットハッチを開けたシンに声をかける整備員のヨウランやヴィーノ。
「凄いのはあいつら≠セよ……」
シンは複雑な表情で応じる。いつもの彼らしくない言葉と態度だったが、ある意味ではそうなるのも当然と言うくらいにシン自身もまた、「マフティー」なる連中の手並みに圧倒されていたと言うことでもあった。

「シン!」
インパルスのコクピットからハンガーデッキの床の上へと降りたってヘルメットを外したシンに、先に降りていたルナマリアが声を掛けてくる。

「なんとか、生き延びられたわね。正直、もう駄目かと思ったわよ…」
ため息混じりに言うルナマリアだが、その口調にはやはり安堵の色が滲んでいた。
「ああ…」
そう頷き返すシンに、
「ほんとほんと、見てるこっちもハラハラしどおしだったよ……」
ヴィーノやヨウラン達もうんうんと頷く。

「ま、何にせよひとまずは何とかなった、その後も俺達の戦場≠セぞ。機付け担当を除いて、手すきの者は後部デッキへ行け!お客さん≠フ相手をしなきゃならんからな」
若い連中の会話を耳に挟んで、整備主任のマッド・エイブスがそう声をかけて来て、若い整備員達は慌てて補給用装備等を準備しながらハンガーデッキの外へと出て行き始める。

「あれ、レイは?」
そんな友人たちの様子を見ながらシンは、もう一人の仲間の姿が見えないことに気が付いた。

「ああ、レイは艦長に呼ばれて先に艦尾デッキの方に向かったわよ」
ルナマリアはそう教え、続けて誘った。
「ねえ、わたし達も行かない?」

「…そうだな」
頷くシン。
確かに、降りてくることになった「マフティー」なる部隊が一体どんな連中なのかは、気になるところではあったし。
そうして二人もパイロットスーツ姿のまま、艦尾デッキの方へと小走りに向かったのだった。



233 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/07(水) 21:04:17 ID:???
支援っす

234 :166:2008/05/07(水) 21:09:39 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (3)】(4/11)

シンとルナマリアの二人が艦尾のフライトデッキに着くと、そこには既にグラディス艦長、アーサー副長以下のミネルバの幹部要員が集まって「マフティー」を出迎えているところだった。

既に左右両舷の主砲トリスタン後方のフライトデッキにそれぞれ、各2機の量産機タイプのMSを載せた大型の空中機動飛翔体(グゥルとは違い有人機らしい)が着艦していて、
最後に艦尾デッキへと残るもう1機を従えて、あのインパルスに似た<fザインのMSが降りて来ていた。

シュルシュルと言う聞き慣れない音―ミノフスキー・クラフト独特の駆動音(言うまでもなく、C.E.世界に初めて響く音でもある)―を僅かに立てながら、そのMSはミネルバのデッキ上に降り立った。

佇立する逆三角形、と言う印象を受けるその機体を見上げて、ミネルバの乗員達は改めてその機体サイズの大きさに驚いていた。
ミネルバの艦体との対比でざっと目測したところでは、おおよそで22〜3メートル前後の頭頂高であるように見えるが、やはり(この世界のMSの標準サイズである)全高18メートル級のインパルスやザクよりも、ふたまわり程大きいと言う印象は間違いではなかった様だ。
そしてやはり、両肩背面のビームサーベル一対や背部のウイングなど、機体全体のシルエットもフォースインパルスに似通っていると思わせるものだった。

また、空中機動飛翔体上の量産機タイプの方も、ザクよりも一回り大きい頭頂高20メートル級の機体と見えたが、あんなサーカスまがいの戦闘機動が出来るのが驚きに思える様な、ぶ厚い装甲で鎧われた重MSと言う印象だ。


そして眼前に着艦した空中機動飛翔体からタラップが降り、またインパルスもどき≠フMSの胸部―頭部形状を模しているようなデザインだ―装甲が開いて、そこから黒いパイロットスーツ姿が姿を現した。

両肩に黄色い矢のラインを配したそれらのパイロットスーツもやはり、公的に知られたどの勢力のものとも異なったデザインに見える。

空中機動飛翔体から降りて来た数人が、インパルスもどき≠ゥらワイヤーで降りてくるパイロットを機体の下で迎え、その内の1人、浅黒い肌を持つ青年だけを従えて、
そのパイロットが待ち受けるミネルバ幹部達の方へと近付いて来る。

グラディス艦長の眼前に立ち、バイザー上に羽を意匠化した金色のエンブレムを付けたヘルメットを外すと、二十代半ばと思われる東洋系の容貌の黒髪の青年の顔があった。


235 :166:2008/05/07(水) 21:16:28 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (3)】(5/11)

両者は敬礼を交わしながら名乗り合う。

「ミネルバ艦長、タリア・グラディスです」
「ふ、副長のアーサー・トラインであります!」

「私はマフティー・ナビーユ・エリン。反地球連邦組織「マフティー」の指揮を執っています」
「同じく、参謀を務めるイラム・マサムです」

「会談に応じて頂き、感謝しますわ」
お互いにいろいろと気になる処はありますが……と、微笑の下に滲ませながら言うタリア。

「マフティー」の側が目で頷くのを見て、タリアは後ろに控えているレイを促す。
「レイ・ザ・バレルであります。お二方をご案内致します」
進み出て敬礼しながら言うパイロットスーツ姿の少年を見て、
(ここでも少年兵が……)
と、ハサウェイとイラムは内心でだけ僅かに驚くが、すぐに微笑を作ってハサウェイ達はレイと言う少年に敬礼を返す。

「君が、あの白いザク≠フパイロットかな?」
と、表情を和らげながら言うハサウェイに、言われたレイ本人のみならず脇でそれを聞いたアーサーらも驚きの表情を浮かべる。

「……何故、そう思われましたか?」
窺うように聞き返してくるレイに、ハサウェイはそのパイロットスーツのカラーリングと、
それと眼前のレイと言う少年の沈着冷静な態度と、白いザク≠フ戦いぶりが何となく重なって見えたのだと答えた。

一瞬間を置いて、ほんの僅か―しかしはっきりと破顔するレイ(彼にしては珍しい反応である)。
「おっしゃる通りであります。先程は窮地への加勢を頂き、感謝致します」
そうして、レイに先導されてミネルバの艦内へと消えて行くハサウェイとイラム。

ひとまずはそれを見送って、タリアは後ろに控えるエイブス整備主任に「マフティー」側への謝礼の気持ちとして、彼らのマシーンへの各種の補給を提供するようにと指示を出し、
その場に残っている「マフティー」のスタッフ達がそれを聞いて頷くのを見て、敬礼してきびすを返す。

その間に船務要員らへの応急修理の指示を出し終えていたアーサーを伴って、タリアも「マフティー」の二人が待つ艦長公室へと向かった。



236 :166:2008/05/07(水) 21:23:58 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (3)】(6/11)

「まずは、あらためてご支援に感謝しますわ」
互いに艦長公室へと落ち着いて、そう切り出すタリア。
彼女もアーサー副長を伴って、互いに二対二で「マフティー」側との会談に臨んでいた。

「貴隊の援護がなければ、こうして状況を切り抜けては来られなかったでしょう……」
感謝の念ははっきりと滲ませながら、しかし、とタリアは話を本題へと向ける。

「あなた方「マフティー」と言う組織の存在を、今日この時になるまで全く知りませんでした。
援護を頂いて目の当たりにした、あなた方の駆る超高性能MS≠ノも驚きましたが、あれほどの機体を作り上げられる程の勢力の存在がこれまで全く知られていないと言うのが、不思議でなりません」

じっと「マフティー」の二人を見ながら、タリアは続ける。
「また、あなた方が名乗られる、「反地球連邦組織」ですが、その地球連邦≠ネる聞き慣れない名の組織は一体何でしょうか?
地球連合を「世界安全保障条約機構」に発展させようとしている大西洋連邦の指導部辺りが、密かにその様な構想を実現に向かわせようとしているのでしょうか?」

そして…と、タリアはある意味で一番肝心な事≠尋ねた。
「あなた方は、コーディネーターなのですか?」

普通に考えれば明らかに「言わずもがな」な事までも口にしているタリアだが、それはもちろんあえての事である。
彼女自身が直感的に#゙ら「マフティー」なる眼前の存在に対しての異質感≠覚えているが故に、その感覚の正体を突きとめようと言うつもりだった。

そしてこちらもまた、やはり状況を知ろうと、疑問があってもそれに対しては取りあえず口を挟まずに聞きに回っていた「マフティー」の側も、今度は自分達の方からも疑問を返す。

「我々も、その「地球連合」なる組織の名は初めて耳にしますが、それは一体どのような組織なのでしょうか?
いや、そもそもそれ以前にこの艦が属していると言う「ザフト」なる武装組織≠フ存在も知らなかったのですが?」
そこまで言ったところで、ハサウェイよりも長くミネルバを観察し続けていたイラムが続ける。
「見慣れないデザインラインではあるが、この艦は明らかに両用宇宙戦闘艦で、ザク≠使っている辺り、ネオ・ジオン系の勢力かとばかり思っていたのですが……「ザフト」と言う組織は、一体どの系統に属する組織なのですか?」


237 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/07(水) 21:25:58 ID:???
支援

238 :166:2008/05/07(水) 21:29:53 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (3)】(7/11)

イラムは更に続ける。
「また、大西洋連邦≠ニは何のことですか?
その名から推察するに、大西洋周辺の地域自治組織の様な名称ですが、地球連邦政府がそんな権限を与える下部組織を作ろうとしているなどと言う情報には接したことがない」

一応は黙って聞きに回ってはいたアーサーも、続けてイラムが口にした一言、
「そして、コーディネーターとは……なんですか?」
には流石に堪えきれなくなって、思わず叫び返すかのように問い返した。
「ご冗談でしょう?ザク≠チて言うMSのことは知っていながら、ザフトも地球連合も、コーディネーターも知らない≠ナすって!?」

そこへ口を開くハサウェイ。
「どうやら、お互いに微妙に会話が噛み合っていないようですね」
頷くタリア。

それを見てハサウェイは、試みにある問いを投げてみる。
「今≠ヘ、いつ≠ナしたっけ?」

「いつ≠チて、C.E.73年11月……」と言うアーサー副長の声と、
淡々と「U.C.105年4月……」と言うイラムの声とが見事にハモり、
次いでそれに気付いた艦長室内を沈黙が支配する……。


と、まるでそれを破るかのようなタイミングで、タリアの手元の艦内電話が呼び出し音を立てる。
発信はデッキのエイブス整備主任からだった。

『艦長、「マフティー」さんのMSのことなんですが……』
と言う前ふりに、タリアは電話機のスピーカーをONにし、エイブス主任の言葉が全員に聞こえるようにする。
そうして艦長室中に響いたエイブス主任の報告の続きは、タリアすらも驚かせるようなものだった。

『「マフティー」さんのMSは、バッテリー駆動じゃない≠サうなんですが……』



239 :166:2008/05/07(水) 21:36:54 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (3)】(8/11)

ミネルバの甲板上では、エイブス整備主任の指揮のもと
「マフティー」のMS隊への補給活動の準備が始められていた。

MSの動力源たるバッテリーの供給用延長ケーブルや、推進材補給用の延長ホース等を次々と甲板上へと引き出して行く、ミネルバの整備スタッフ達。

ハサウェイに代わってΞガンダムのコクピットへ上がっていたエメラルダに、声をかけるヴィーノ。
「バッテリー(補給用の電源プラグ)挿入カバーを開けて下さーい!」
そう言われたエメラルダの方は、U.C.の人間の感覚で、整備・補給時に使う機材等を取り付ける入出力ポートのカバーを解放する。

それを見て、当然ながら困惑するC.E.の人間のヴィーノだったが、
「いや、こういう(点検用)のだけじゃなくて、メインのエネルギー供給口の方もですー!」
と、そう言いながらもとりあえず、開けられたサブのポートから取り付けようとする。

……だが、どういうわけだか、取り付けようとするプラグは規格が全く合わなかった。

今回はマルチ型のアダプタを付けている(各勢力ごとに、規格が異なるのだが、投降・虜獲機や、各勢力を渡り歩く傭兵の機体などへの補給も出来るように、
万能型のアダプタも在る程度は用意されており、今回はちゃんとそれを準備して補給にかかっていた)筈なのにと、当惑するヴィーノ。

「どうかしたのか?」
と、そこにやって来たエイブス主任に対してヴィーノが説明していると、
彼らの頭上のΞガンダムのコクピットから顔を出して、エメラルダは真顔で問いかけた。
「ねえ、MSにバッテリーを供給≠チて、何の話なの?」

彼女のその一言に、エイブスは(まさか!)と直感し、逆に思い至らないヴィーノの方は、
「えぇっ!?だってMSはバッテリーないと動かないじゃないですか!」
と言ってしまい、エメラルダを吹き出させる。

「MSが?バッテリーで?面白い話じゃない」

未だに意味が判らず当惑したままのヴィーノに向かって、エメラルダは流石に彼にも意味が判る(ただし、やはりエイブス主任同様の誤解≠烽オたままではあるのだが)決定的な一言を口にした。

「エンジン≠ヘ落としてないからね、エネルギーは外から貰わなくても大丈夫よ」

驚愕に口をぽかんと開けるヴィーノ。
(核動力機だと!いや、あの戦闘力なら当然か……)
と、そう、ある意味での納得はしながら、そのやりとりの肝を艦長公室のタリアに大急ぎで伝えるエイブス主任だった。



240 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/07(水) 21:38:47 ID:???
支援

241 :166:2008/05/07(水) 21:47:56 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (3)】(9/11)

「エ、エンジンって!ユニウス条約はっ!?」
思わずそう声を上げてしまうアーサー。
バッテリー駆動機ではない≠ニ、自らあっさりと認めた「マフティー」の機体は、ユニウス条約違反(ニュートロンジャマーキャンセラー搭載機なのか!)と、
そう理解≠オてしまっては無理のない反応ではあろう。

だが、ハサウェイ達にしてみれば、「何をそんなに驚いている」のか判らなかったし、
ユニウス条約などと言う、彼らにとっては「聞いたこともない」ようなものの名を持ち出されても「?」でしかなく、
当然の帰結として「ユニウス条約……なんですか、それは?」
そう尋ね返すしかなかった。

「『ユニウス条約』は、昨年のC.E.72年に、前大戦の始まりとなった『血のバレンタイン』の悲劇の舞台となったコロニーユニウス・セブン≠フ跡地にて調印された、プラントと地球連合の間に結ばれた和平条約のことです……」
今度もまたアーサーが感情が先走らせて口を開くその前に、タリアが先に淡々とした口調で「マフティー」の二人の為に説明をし始める。

そして彼女の説明は、核分裂反応を阻害するニュートロンジャマーと、更にそれを打ち消すニュートロンジャマーキャンセラーのことへと進んで行った。

「……あなた方の機体のあの驚異的な戦闘力の高さも、核動力機だからなのだと聞けば納得も行きますが、現在は厳しい監視下にある筈のそれを、非政府系の勢力≠ェどうやって、それも多数を手に入れたのですか?」
しかし、タリアの側からすれば当然のその疑問も、ハサウェイ達の側からすればむしろ疑問を増やしただけだった。

「申しわけないのですが、お話下さっていることの趣旨が掴めません。
何故、今更核分裂≠ネどと言う前時代の低効率な<Gンジンをわざわざ用いるのですか?MSのエンジン用の核融合炉は既に充分な技術的蓄積がなされているじゃないですか?」

そう言うイラムの言葉に、今度ばかりは流石のタリアが絶句した。
「か、核融合っ!?MS用のミニサイズの物を完成させたって言うんですかッ!!」
と言う、アーサーの驚愕の叫びを制止するのを忘れたくらいにだ。

そこへ「イラム」と、響くハサウェイの冷静な声。
当のイラムのみならず、タリアとアーサーの視線をも浴びながら続けるハサウェイ。
「信じ難いことだが、我々が今いるここ≠ヘ、我々のいた世界ではないのかも知れない」

そう口にしながらハサウェイの中の冷静な部分は、そうしていられるのはその直感的な理解≠ノ対して、感情面の方は周回遅れで付いてきていないからに過ぎないだけなのだと自覚をしてもいた。



242 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/07(水) 21:51:59 ID:???
最近はまた連投規制厳しいのかい支援

243 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/07(水) 21:56:24 ID:???
支援

244 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/07(水) 21:56:59 ID:???
支援

245 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/07(水) 21:58:31 ID:???
シェーン

246 :166:2008/05/07(水) 21:59:58 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (3)】(10/11)

「どういうことです?」
異口同音に聞き返すイラムとタリア。

「どういうことも何も、言葉の通り≠セとしか言いようがないのですよ…」
と、タリアに向けての言い方で言葉を返すハサウェイ。
今度は言う対象をイラムに変えて続ける。

「そうだとすれば、我々があの現象≠ノ遭遇してからこちら、ずっと感じ続けて来た様々な奇妙な状況≠ノついても納得が行くんだ」
「何ですって!?そんな事が……」

信じ難いと言う声のイラムに対してハサウェイは、更に言う。
「イラム、さっき今日はいつ?≠ゥを尋ねた時に、副長は何と答えた?C.E.と言う聞いたこともない暦≠ナ73年、そして11月≠セと」
ハッとするイラム。

「あの雲≠フ中に包まれて、気が付いたら我々は夜に逆戻りした遠い海域へと移動していた。夜空の月の形も明らかに変わっていたな?
ミノフスキー粒子が無いのも、我々が見たこともないMSや艦艇だらけなのも、耳慣れない名称ばかり聞くのも、そうだとするなら全てが符号するんだ」

そんな二人のやりとりを黙って聞いていたタリアは、またまた口を開きそうな傍らのアーサーを、黙って聞けと目で制していた。

そしてイラム参謀もマフティー隊長の言葉に首肯するのを見て口を開く。
「にわかには信じ難いお話ですわね……ですが、確かにあなた方の駆るMSの驚異的な姿をこの目で直に目撃してしまったからには、流石に一笑にはふせませんわ。
よろしければあなた方のこれまでの状況≠お聞かせ願えませんか?」

そう水を向けられて、ハサウェイとイラムは彼らが置かれた昨夜からこれまでに至る状況の経緯を語り始めた。

「……では、その不思議な雲≠ノ呑み込まれて、気が付いたときにはバンダ海からソロモン海へと転移していたと、そういうことですか?」
と、確認するタリアに頷き、イラムは彼らの本来の作戦予定≠ナある、オーストラリア大陸はオエンベリへの偵察飛行のことを語り始める。

それを聞いてアーサーが(彼にしては?)気を利かせて卓上の戦術データ・ディスプレイを起動させ、オーストラリア大陸とその周辺の―彼らが今居るソロモン海域も含む地図を3Dホログラフ上に映し出す。
「オエンベリ=c…ええと、オエンペリのことですよね?」
そう言いながらコンソールを操作して、ホログラフが描き出す地図を、オーストラリア大陸のみの拡大表示へと切り替える。

そうしてクローズアップされたオーストラリア大陸の地図を見て、驚きの表情になるハサウェイとイラム。


247 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/07(水) 22:03:18 ID:???



248 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/07(水) 22:05:42 ID:???

 援

249 :166:2008/05/07(水) 22:08:51 ID:???
【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (3)】(11/11)

「シドニー湾≠ェない……」
そう異口同音に呟いた二人の声を耳にして、アーサーは、
「シドニー湾?ありますよ?……ほら」
と、言いながら更にシドニー周辺のクローズアップへと切り替える。

「ああ、いや……」と、苦笑して、淡々とU.C.での史実≠ナある一年戦争の経緯を語って行くイラム。

彼らの言うシドニー湾≠ニは、一年戦争劈頭のコロニー落としによって地球上に落着したスペースコロニー、
アイランド・イフィッシュの激突によって巨大なクレーター湾と化した旧シドニー周辺の通称のことであり、
アーサーが見せてくれた地図によって、彼らは一年戦争以前のオーストラリア大陸本来の地形≠ニ言うものを見たことにもなったわけである……。

そうしてイラムが語り終えて後、しばしの沈黙が艦長公室内を支配していた。
少し互いの話を聞いただけでも、二つの世界の歴史は驚くほどに似通った流れをみせていた……。

やがて、タリアが沈黙を破って問うた。
「それで、今後≠ヘどうなさるおつもりなのですか?」

黙考するハサウェイとイラム。
ここ≠ェ異世界であることは、どうやら間違いないことだと信じるしかなさそうだが、
どうやら自分達は―知らぬことであったとは言え、事実誤認≠ゥらこの世界の最大勢力≠ノいきなり敵対してしまったらしい。

「やはり、取りあえずはオーストラリアに向かうしかないと思う。」
ハサウェイはそう言った。
幾ら理性では理解していても、感情はやはり別であり、どうしても自分達の目で直に目的地≠見て、確かめてみなければ本当の意味での納得はしない筈だと。

そこでタリアは自分の方から、この世界≠ノおける「オーストラリア大陸とその周辺の状況」を説明し、自軍の基地であるカーペンタリアへの同行を、「マフティー」側に提案する。

ハサウェイとイラムは短い協議の上で、共に考えの一致を確かめてその提案を受諾し、
ヴァリアントとシーラックへ2、4ギャルセゾンをいったん戻して、ミネルバへの合流を指示し、更にミネルバ側との会談を継続する。

やがてその2隻も合流し、ミネルバと「マフティー」の両者は当面の協議と情報交換を続けながら、一路カーペンタリアへと航行して行くのだった。


250 :166:2008/05/07(水) 22:16:42 ID:???
今回はここまでです。ご支援をありがとうございます。
以前に見て下さっていた方には、二重の意味でお待たせ致しました。
ようやく続きをお披露目出来ました^^;
※話の方向性が果たしてご期待に添えたものでありますかどうかがいささか気がかりではありますが…;

C.E.とU.C.の人間同士が初めて顔を合わせて対話したとして、どんなやりとりになるだろう?
と言う辺りを、何とかはしょらずに少しでも書いてみようと思ったのですが、やはり難しいものですね;
でも、稚拙でもそこいらも考えてこそのクロスものかなとも思いますので…。


幾つか補足のご説明を書かせておいて頂きたいと思うのですが、

まず、Ξの機体サイズの件につきましては、
一説にはあれ、25メートル級とか30メートル級だ〜とも言われておりますが、
このお話の中ではあえて、ν(とHi-ν)と大差ないサイズとして設定させて貰っています。

10年の技術進歩はサイコミュとミノフスキーシステムの二つを装備してなお、機体の基本フレームのサイズを(ルーツである)νガンダムと同サイズにまとめている〜と言う風に。

一つには、そうしておかないとC.E.の艦艇での運用が困る様な…と言う判断があるからなのですが^^;
でかすぎてカタパルトから普通に発艦出来ません!
とかになると演出的にも嫌だなとか、脳内で想像してしまったりで(苦笑)

それから、バッテリーのアダプタ云々に関しては規格外=i異世界から来てるんだから当たり前なのですが)の演出上にでっちあげたものではありますが、
個人的には元の種でもそれくらいの演出は欲しかったなと言う思いもあってやっているものでもあります。

251 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/07(水) 22:21:18 ID:???
消耗品の多いマフティーはこのままだと敵対した連合の前にジリ貧だねえ

252 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/07(水) 22:22:06 ID:???
GJ!
ハサはこれからどう動くか楽しみです!

253 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/07(水) 22:22:57 ID:???
>>251
特にファンネルミサイルがwww

254 :ナナシーさん:2008/05/08(木) 01:07:41 ID:???
GJ

166さん疲れです。


255 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/08(木) 01:08:53 ID:???
乙。

256 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/08(木) 20:06:09 ID:???
SDガンダムがデザイン元か

257 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/08(木) 23:16:31 ID:???
大丈夫 基本的にロボットアニメの武器は1万発入りのコスモガンだから
たまに演出でカードリッジ変えたり玉切れになったりしてみたりするけど大丈夫です

258 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/09(金) 00:32:34 ID:???
>>257
あれだ、ビッグX(古っ!)が『いっつも一番大事な時』に薬が切れるけど大丈夫なのと同じ事か。


259 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/09(金) 09:52:55 ID:???
最初に弾切れをやったロボットアニメってなんだろうな
ガンダム以前に誰かがやってると思うんだが
未見だが設定が妙にミリタリーチックなグロイザーXや
禿が演出してたメカンダーあたりがあやしい気がする



260 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/09(金) 10:11:59 ID:???
マジンガーZじゃね?
ほら、2発撃ったら弾切れのロケットパ(ry

261 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/09(金) 19:39:29 ID:???
>>261
あれってファンネルみたいに飛び回ってなかったか?


262 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/09(金) 22:21:02 ID:???
>>260
マジンガー系は誘導有りだ。
人造人間16号は撃ちっぱなし。自分で回収してた。

263 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/10(土) 01:51:45 ID:???
>>260
いや、アフロダイAの2発だけのオ(ry

264 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/11(日) 14:26:53 ID:???
もし種世界にウィルキア国が存在したら?

ヴォルケンクラッツァーで沈められるオノゴロ島やジブラルタルとか・・・

フィンブルヴィンテル相手に苦戦するアークエンジェルとミネルバ

265 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/11(日) 22:10:15 ID:???
だからガンダムでバルキリーに対抗すんのは無理なんだって

266 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/11(日) 22:48:33 ID:???
>>264
そのネタを出す奴が居たとはな。
どうせなら、PC版の超兵器も出しちまえ。
プレイヤー艦でさえ、波動砲に重力砲、海面から衛星軌道を狙撃可能な対宙レールガン、
桃色毒電波なんか目じゃない寝返り電波砲と恐ろしいほどの武装だぜ。

対する超兵器も…楽しい事になりそうだな。

267 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/11(日) 23:07:45 ID:???
>>266
電波探知儀とか電波照準儀とかがどの程度通用するかが問題だな
まぁドリル戦艦ならいいけどw

268 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/11(日) 23:14:19 ID:???
ドリル戦艦で真っ先に轟天号が浮ぶ俺って

269 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/11(日) 23:42:21 ID:???
トロンベ

270 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/11(日) 23:49:38 ID:???
轟天号で真っ先に思い浮かぶのは究極超人、二番目はスットン共和国の謎の忍者生命体

271 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/11(日) 23:55:47 ID:???
>>270
そっちはとびかげ、轟天は犬のほうですよ?

272 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/12(月) 00:11:28 ID:???
それいったら究極超人の方だって究極超人本人じゃなくて轟天は自転車の方じゃないか

273 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/12(月) 00:38:28 ID:???
「海底軍艦」と「惑星大戦争」のどっちを先に連想するかという踏み絵も

274 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/12(月) 00:45:57 ID:???
まぬけ時空発生で種・種死世界も平和に…ならないな

275 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/12(月) 11:19:22 ID:???
鋼鉄の咆哮なら、恐怖の大王イカやあひるちゃん見たときの種キャラの反応が見たい・・・

パッパラ隊でアークエンジェルを運用したらとか面白そう

276 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/12(月) 13:36:25 ID:???
とびかげと同じ姿の「はねくじら」と「じょーじ・ぐれん」が出てきそうだなw

277 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/12(月) 13:50:15 ID:???
【それもわたしです】もしも、種・種死の世界にスットン共和国があったら【by とびかげ】

278 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/12(月) 13:52:59 ID:???
もしスイフリーが種死にいたら
キラ「カガリは今、泣いているんだ!」
スイフリー「泣きやむんだ」

279 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/12(月) 18:51:50 ID:???
苦手なもの(子供と狂人)二つともあふれかえってる世界に放り込むとかなんという鬼畜……

280 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/12(月) 18:57:49 ID:???
とびかげとかバブリーズとか懐かしいねぇ。

んじゃここいらでハーメルンでも呼ぼうぜ。
きっとパンドラの大便器に吸い込まれる奴がいっぱいさ!

281 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/12(月) 19:05:40 ID:???
このスレの存在を知った記念カキコ

ス○フリー 「やあ、遠い親戚。」
シン 「……何言ってんだ? 第一あんた人間じゃないだろ!?」
ス○フリー 「気にするな。 私は気にしない。」
シン 「何かあいつ、レイに似てるな。」
レイ 「一緒にするな。 流石に俺でも気にするぞ……」

凸 「キラは敵じゃない!!」
ス○フリー 「君にとっては敵じゃなくても、攻撃されたザフトにとっては敵だ。
         そんなに言うなら説得するなり君がこの艦を降りるならしたほうがいい。」
凸 「……」

キラ 「カガリは今泣いているんだ!!」
ス○フリー 「別に私はあのゴリラ娘が泣いていようが知った事じゃないが
         そんなにオーブ軍に被害を出したくなければ、今好き放題に暴れている
         私の従兄弟のそのまた親戚をどうにかしたほうがいいんじゃないか?」
キラ 「……え”っ?」
その頃オーブ軍の軍艦はシンが駆るソードインパルスによってほぼ全滅させられていました。
シンの恩人であるトダカさんの乗った艦は、我に返ったキラの横入りによって辛うじて難を逃れたそうです。

凸 「議長はやがて世界を滅ぼす! シン、お前も……」
シン 「この裏切り者が! 誰がお前なんかに!」
ス○フリー 「私はついて行く事にやぶさかではないよ。」
凸・シン・レイ 「「「へっ?」」」」
ス○フリー 「それでどういう条件を提示してくれるのかな?」
レイ 「貴様ッ、議長を裏切るつもりなのか!?」
シン 「金が欲しいのならあいつら捕獲して議長から賞与を貰えば……」
ス○フリー 「甘いな、従兄弟のそのまた遠い親戚よ。
         不正というのは取り締まっても金にはならない。
         見逃してこそ金になるんだ。」
凸 「貴様って奴はぁ!!」
シン 「怒らせちゃったが、いいのか?」
ス○フリー 「ああ、どうせついていくつもりはなかったし。」
レイ 『こいつはやっぱり信用できん。 シンが影響される前に排除するようギルに提案を……』

こんな感じでw

282 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/12(月) 19:17:55 ID:???
つまらんから消えてくれ

283 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/12(月) 19:26:33 ID:???
>>281
スイフリーは、確か世界最高の軍師とためを張るとまで言われたんだっけか。
種に軍師は居ないから、活躍の機会は多いかもな。精霊魔法も使えるし。

続き書くなら、パラサも希望。

284 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/12(月) 22:26:55 ID:???
>ス○フリー
この伏字だと俺の脳みそは「ストフリー」と読んでしまう

285 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/13(火) 01:56:01 ID:???
アラレちゃんがCEにいたら・・・

286 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/13(火) 07:28:02 ID:???
>>283
> パラサ
ロドニアのラボを探索したりアスランを尾行するのに使い倒されそうだな。
諜報員として八面六臂の活躍を…。

287 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/14(水) 01:24:47 ID:???
アスランがエド・フェニックスみたいだったら・・・

サトー「ひぃ、助けてくれ」
アスラン「生憎僕はヒーローだけど、どちらかと言うとダークヒーロー系なんでね」

288 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/14(水) 01:59:58 ID:???
>>287
ダークヒーローならどんなに良かったか……

289 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/14(水) 12:08:59 ID:???
>>288
初回、キラとの予期せぬ再会に動揺するも、一瞬で立ち直りマリューを撃ち殺すアスラン
ミゲルをキラに殺され、葛藤しつつも覚醒モードでキラを撃つ、と見せかけアークエンジェルを損傷させるアスラン
速度の落ちたAAをガモフで沈めさせ、キラと対峙、エネルギー切れのストライクを撃墜するアスラン
OPスピブレの失敗の後、父親の暴走を察して、毒を盛るアスラン
父は卑劣なる、とか何とか、連合のせいにしてプラント全土に演説ぶっちゃうアスラン
基地など無視して、大西洋連邦首都に高高度爆撃の後、MSらを降下させて占領させるアスラン
プラント独立承認条件で、連合はともかく大西洋連邦との講和をセッティングするも、クルーゼに消されるアスラン

プロット立てるとこうですか? わかりません!

290 :機動武闘伝ガンダムSEED D 撮影前 一:2008/05/14(水) 20:45:58 ID:???
 
イザーク「アァァァスラァァァァァァン!!」
アスラン「ぶべら!?」
メイリン「再会と同時にイザーク隊長のパンチがアスランさんの腹にクリーンヒットォ!? てゆーかアスランさん無防備すぎだー!」
イザーク「聞いたぞ貴様っ! よりにもよって貴様が大師父の役回りだとぉ!?」
アスラン「あ、ああ、何か知らないけどそういうことに」
イザーク「『何か知らない』で済まされる配役かぁぁ――――ッ!!」
アスラン「あじゃぱぁーッ!?」
メイリン「イザーク隊長怒りのアッパーカットでアスランさんが顎を上にして吹っ飛んだ――ッ!!」

  どげしゃあっ! ……どさっ

メイリン「でもってなぜかそこにある天井にぶつかって落下した――!!」
アビー「俗に言う車田落ちですね」
イザーク「この程度の拳も見切れん貴様が! 貴様が!! 我らが心の師東方不敗マスター・アジアだとォ!?」
アスラン「(がらがら)いやだから俺に言われても」
イザーク「その自覚のなさが一番気に食わんのだ曲者がぁ――――ッ!!」
アスラン「はぐあぁぁぁッ!?」
メイリン「今度は渾身の右ストレートだ――――ッ!! そして何故かそこにある柱をぶち抜いて瓦礫に埋まるアスランさんッ!!」
アビー「何本柱を壊されても崩れないサンクチュアリ建築の安全設計、つくづく大したものです」
メイリン「ちょ!?」
レイ「メサイアの建造にも参考にしたというからな。お墨付きだ」
メイリン「いつの間にッ!?」
レイ「着工時のギルは黄金聖衣姿だった……あの日以来見ていない幻の衣裳……」
メイリン「多芸過ぎです議長ぉぉ――ッ!!」
アビー「レイ、鼻血拭いて下さい。ティッシュありますから」
レイ「すまん」(ふきふき)
メイリン「……と、とにかくやめて下さいイザーク隊長! これ以上やったらいくらアスランさんでも!」
イザーク「ええい、そこをどけメイリン=ホーク! 今俺が殴りたいのはこいつだけ(ちょいちょい)……む?」
タリア「お取り込み中悪いのだけど、このセット壊したのは貴方?」(にこにこ)


291 :機動武闘伝ガンダムSEED D 撮影前 二:2008/05/14(水) 20:47:34 ID:???
 
レイ「さて、イザーク隊長は監督に捕まっていったわけだが」
メイリン「アスランさーん、大丈夫ですかー?」
アスラン「ああ……大きな星がついたり消えたりしている……」
シン「正気に戻れ凸助野郎ォォ――――ッ!!」
アスラン「ぶぎゅるぁぁぁっ!?」
メイリン「こ、今度はシンが廃ビル屋上から降ってきた――――っ!?」
レイ「成る程、道理で姿が見えないわけだ」
シン「それもか! そのネタすら奪っていくのかアンタは! カミーユポジは一応俺だろぉ!?
   しかも一回フルボッコにされたくらいで何で壊れてんだアンタって人は――ッ!!」
ステラ「シン、シン」
シン「ちょっと待っててステラ!
   アンタ師匠の師匠にずっと鍛えられてたんだろ!? 収録OKサイン出されたんだろ!?
   だったらこんなことで……!」
ステラ「シン、おでこ広い人、白目むいてる」
シン「……え?」
アスラン「…………」(なんかヤバ気です)
メイリン「アスランさぁぁぁぁん!? し、しっかりして下さい! どうしちゃったんですか!?」
レイ「いかん、これは久々に役者の危機!?」
シン「お、おおお俺のせいっ!? 俺のせいじゃないよなっ!?」
アビー「シン、責任転嫁はラクシズの始まりです」
シン「うわああああああっ!?」
アビー「まあシン『だけ』のせいではありませんが」
レイ「ひとまずそれは置け!
   師父は『おつかい』に行っていて今はいない……ともかく医療室に運び込むぞ!」


292 :機動武闘伝ガンダムSEED D 撮影前 三:2008/05/14(水) 20:49:42 ID:???
 
ミネルバ・シャワールーム

ルナ「へー、それじゃ一応そっちでも修行してるんだ」
フレイ「そ。修行って言っても中華料理ばっかり仕込まれてるけどね。
    おかげで最近の料理当番、全部私に回されてるのよ。髪がべたつくったらないわ」
ルナ「……それって三食中華ってこと? いくら美味しくても飽きない?」
フレイ「ホントホント。おまけにあの子、一回料理の最中にスカートめくってきたのよ」
ルナ「何それ!? まさか盗撮集団の一員……!?」
フレイ「ううん、違うみたい。前にシャッター切られたときはカメラ見つけて速攻蹴り入れてたし」
ルナ「うわ」
フレイ「なんてゆーか、悪戯っ子? 出来の悪い生意気な弟って感じかしらね。確かに強いけど」
ルナ「はー、そっちもそっちでやってんのね。
   レイのところには全然来てるそぶりないけど……あいつ隠れて騎士道に被れてたりするのかな?」
フレイ「ルナはどうなのよ? レインさん来てたりしないの?」
ルナ「全然。だって私、射撃メインじゃないし」


更衣室

ミナ「誰かと思えば、ルナマリア=ホークにフレイ=アルスターか」
ルナ「ぶーっ!?」
フレイ「ろ、ロンド=ミナ=サハク!? なんで来てんのよ!? あんたの出番はまだ……!」
ミナ「来てはいかんというわけでもあるまい」
フレイ「そ、そりゃあ、そうだけど」
ミナ「しかしフレイ=アルスター。コーディネイターへの偏見を持つと聞いていたが、随分打ち解けているではないか」
ルナ「え」
フレイ「な、何よ! 別にいいでしょ!? だってほら、宇宙海賊にいるのほとんどコーディネイターだし!
    あんな状況じゃ慣れもするわよ! それに……」

  こんこん(←ノックの音)

ソキウス4の声「フレイ様、ルナマリア様。そろそろ時間です」
フレイ「わ、分かったわよ! ほら、ルナ、行くわよ!」
ルナ「引っ張らなくても大丈夫よ! もう、何慌ててるんだか」

293 :機動武闘伝ガンダムSEED D 撮影前 四:2008/05/14(水) 20:51:20 ID:???
そして撮影現場

ルナ「……で、なんでアスランが入院?」
アビー「イザーク隊長のバーニングパンチを三発ほど打ち込まれ、吹っ飛んで瓦礫や柱をぶち抜いたところに
    シンの10階スラッシュキックを受けただけなのですが、全体的に打ち所が悪かったようです」
メイリン「いやいやいや打ち所が良くても十分大事だから」
イザーク「ううむ、我ながらここまで威力が上がっているとは思わなかった」
タリア「しょうがないわね。それじゃ代役を」(ちらっ)
マリク・チェン・バート『ギクッ!!』
シン「師匠の師匠の代役……」
ルナ「死んだわね」
レイ「いや、奴を呼び戻せば万事解決だ。メイリン」
メイリン「……き、来てくれるかなぁ……本当に体悪そうだったし」
レイ「やってみなければ始まらん」
メイリン「そ、そりゃそうだけど……うん、分かった、やってみる」(すぅーっ)

メイリン「助けてアスランさ――ん! マリク達の命を救えるのはあなたしかいないんです――ッ!!」

  ドドドドドド……

アスラン「なら戻るしかないじゃないかぁぁ――――――ッ!!」(←到着)
メイリン「ホントに戻ってきたぁぁ――――ッ!?」
タリア「(カチッ)所要時間三秒。まあ今回は不問としましょう」
レイ「『アスラン煽てりゃ木に登る』ドモンスレの黄金法則だ」
メイリン「あ、あの、本当に大丈夫なんですか!? さっき凄くやばそうな顔してましたけど」
アスラン「ノープロブレム! いいかメイリン、自分が辛いとか休みたいとか、そんなのは関係ない!
     誰かが必要としている限り俺は戦う、ただそれだけだ!!」
メイリン「ああああああ……
     ちょっと聞けばいいセリフなのに、なんで利用されつづけるんだろこの人……」


アーサー「それじゃ本番行きまーす! 3・2・1・Q!」



294 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 一:2008/05/14(水) 20:53:43 ID:???
 
『緊急事態! 西地区にデスアーミー出現! 救援を頼む、緊急事態!』

 けたたましい警報が、早朝の新宿に鳴り響く。
「くそっ、またかよ! これで何度目だ!?」
 インパルスの中で寝ていたシンは、覚醒するや布団代わりのマントを跳ね上げた。マントの下から
出てきたのは全身ピチピチの黒タイツ、毎度お馴染みのファイティングスーツ姿だ。ビームケーブルを
通じてインパルスに思念を伝え、全方面モニターを作動させる。周囲の様子が映し出され、都庁エリアが
慌しいざわめきに満ちていくのが見えた。
 正面に目を戻せば、ゆらり、と朝靄の向こうが揺らぐ。
 白い闇を抜けて姿を現したのは芥子色の色彩にモノアイ、四脚の鬼。デスアーミーと呼称されるMSの大軍は、
手に手にライフルを持ち、都庁目指して歩んできていた。整然とし過ぎた行進からは人間味の欠片も感じられない。
「次から次へと!」
 インパルスを降りずに警戒態勢でいて正解だった。迅速に叩きのめし、追い払う!
 ナイフを両手に、西地区へと急ぐインパルス。その視界の隅を、紫の残像が横切った。
「……え?」
 青年が、宙を舞っていた。
 紫の中華服に青い髪、広い額、少女のように整った顔立ち。新宿の街に彼を知らぬ者はいない。
 人呼んで東方不敗、マスター・アスラン!

「この雑魚どもが……灸を据えてやる!」

 ファイターという人種は基本的に常識の範囲外にいる。中でもこの若きマスターは、人間に関する常識と
やらが己を恥じて逃げ出したくなるほど、驚異的な身体能力を有していた。身長十八mの鋼の巨人相手に、
二mにも満たない生身の人間が対抗出来るなど――それも圧倒してしまうなど、実際に目にするまで誰が
信じられよう?
 向かってくる小さな的を目掛け、デスアーミー達がライフルを乱射した。だが雨のように飛び来る銃弾を、
アスランは軽々と蹴りつけ足場にする。傍から見れば空中を駆けているかのようだ。
「ヒュッ!」
 呼気が走るや、彼の手にした白布は何尺にも伸び、先頭のデスアーミーの頭部に巻きつく。
 白に視界を塞がれ、そのデスアーミーは混乱した。不意に白が取り払われたと思えば、次に映ったのは青年の拳。
「はっ!」
 気合と共に、アスランの拳は容易くモノアイを打ち抜いた。
 間髪入れずアスランは宙を飛んで離脱。鬼のような頭部に放電が走り、打ち抜かれたモノアイからは煙が上る。
 すっ、と地に立つ支柱の上に止まるアスラン。息は全く切れていない。
「さ、さすが師匠……」
 シンは半ば呆けた声を上げた。
「シン! ぐずぐずするな、今だ!」
「! はいっ!」
 その声に我に返り、インパルスはアスランの背後から飛び出す。既に両手にはナイフがある。
「てぇぇぇぇぇぇいっ!!!」
 奇声と共に繰り出された二枚の刃は、デスアーミーのコクピットを容易く×印に切り裂いた。
 上がる爆炎から跳び退り、シンは油断なくナイフを構え直す。敵はこの一体だけではないのだ。

295 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 二:2008/05/14(水) 20:55:31 ID:???
 気がつけば周囲にもストライクダガー達が展開し、ライフルで懸命に応戦していた。デスアーミー達は
ダガーのライフルを浴びて崩れ折れていくが、倒れた端から新たなデスアーミーが攻め寄せてくる。
「くっそぉ! これじゃきりがない!」
 新宿に来て一週間、毎朝毎昼毎晩この繰り返しなのだ。デスアーミーの個々の戦闘力は大したことは
ないが、連日の戦闘と厳戒態勢は静かに精神を追い詰める。
 白い朝靄が際限なくデスアーミーを生み出している――そんな錯覚さえ覚え、シンは強く頭を振った。
 一体いくら切り伏せたのか、カウントする気にもならない。あと何体いるのかも考えたくない。真実の
数値を目の前に広げられたなら、卒倒せずとも絶句はするだろう。
 負けず嫌いの少年がこんな確信を持つなど、そうそうあることではない。
「これもキラ兄……いや、キラの仕業か!」
 自分達の徒労を、あの少年はどこかで悠々と眺めているのだろうか。
 モノアイのMSの大軍。迫り来る彼らを通して、褐色の髪の少年が自分達を嘲笑っているような気がした。
 ぎり、とシンは歯を噛み締める。
「だったら全部切り捨ててやるまでだ!」
 怒りと気迫を瞳に宿し、シンは地を蹴った。



「さて……
 ネオジャパンの新宿シティで、シンは己の師匠、アスラン=ザラと再会した。
 それはつまり、新たな運命の歯車が回りだしたことを意味する。
 更にこの町では今、デスアーミーと呼ばれる謎のモビルスーツ軍団と、生き残った者たちが激しい戦いを
繰り広げている。
 今日の相手はなんと、かつて拳を交えた四人のガンダムファイター。そして更に恐ろしい謎のガンダム……。
 それではッ!!」

 ドモンがマントをばさりと脱ぐ。
 下から出てきたのはピチピチの全身黒タイツ、即ちファイティングスーツだ!

「ガンダムファイトォォ! レディィ……ゴォォォ――――ッ!!」



 第十三話『大ピンチ! 敵は5大ガンダム』




296 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 三:2008/05/14(水) 20:59:21 ID:???

 白い指が鍵盤を押した。ろん、と柔らかな音が鳴り、それは指の動きに応じて幾重もの連なりとなる。
 指は鍵盤上を彷徨い、金の髪はわずかに揺れる。厚みに波のある旋律を生み出しているその少年は、
しかし体を揺らすことはない。
 体は淡々と。なのに指は、波を与えるように鍵盤を押す。
 情感のある、しかしどこか無機質で。波のあるようで、その実、固く平坦な――
 物哀しい不思議なピアノの旋律は、静かにアンプに吸い込まれ、電波に変換されて線を伝う。



「ピアノの曲が聞こえる?」

 都庁ビルが人間達の最後の砦だとすれば、ここ防災センターの会議室は司令室である。防衛隊員たちは
かき集めた情報を元にここで会議を行い、生存のための方針と対デスアーミーの作戦を練るのだ。
 デスアーミー襲撃の際の緊急会議以外にも、朝には定例会議を開くことと決まっている。彼らの最終
目的はデスアーミーを退けることではなく、この新宿を守りきること、あるいはここから無事に脱出する
ことなのだから。
 そして今回の定例会議で出たその報告は、出席した一同の首を捻らせた。
「ケーブル放送のチャンネルで、偶然キャッチされたんです」
 報告を持ってきた通信士が言う。
「つまり、生存者が他のエリアにもいるってことか!?」
「おそらく」
 勢い込んだカガリの声に、通信士は頷いた。
「ピアノに乗せたSOS、か」
「随分洒落てるわね」
 シンとルナマリアもそれぞれ頷く。
「どこから発しているか分かりませんか?」
 アスランの問いかけに、通信士はスクリーンの映像を切り替えた。映し出されたのは、瓦礫の真ん中に立つ、
天を衝く赤い電波塔。
 シンはどことなく、ネオフランスで見たエッフェル塔を思い出した。尤もあの折れ曲がった塔に比べ、
この電波塔は綺麗な姿をしているが。
「東京タワー!」
「知ってるのか、ルナ?」
「かつて電波塔として使われていたタワーよ。夜にはライトアップもされてた東京の観光名所のひとつで、
高さは333m」
「何だよそのいかにも突っ込んでくれっていうキリのいい数字は」
「しょうがないでしょ、本当なんだから」
 というどこか暢気なやりとりは置いて、
「地下放送局を開くには持ってこいの場所ですね」
 アスランが話を続ける。
 倒壊したビルの中で唯一原型を保っている塔だ。確かに中に人がいてもおかしくはない。
「ええ、生存者がいるのは間違いないでしょう」
 通信士はまたも頷いた。
「じゃあそこまで助けにいくのか?」
「助けを求めている人々がいると分かった以上、見過ごすわけにはいきません。そう思わないか、シン」
「はい、師匠」
「ちょ、ちょっと待ってくれ!」
 防衛隊員の一人が、焦ったように声を上げる。

297 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 四:2008/05/14(水) 21:01:26 ID:???
「助けに行くのはいいけど、ここの守りが薄くなって、そこを攻められでもしたら!」
「いえ、心配は無用。救助は最小限の人数で行きます。私と、あと一人」
 アスランの言葉に一同がざわめいた。
「無茶だ! いくらお前でも、あそこは敵の支配圏だ! やられに行くようなもんだぞ!」
 カガリの声に、しかしアスランは首を横に振る。
「いえ、大勢で行けば、かえって悟られます。それに私も彼も、不覚を取るつもりはありません」
 シンは改めて背筋を伸ばした。アスランが視線を向けてきたのだ。
「シン」
「はい」
「共に行ってくれるな?」
「望むところです!」
 右拳を握り締め、不敵に笑ってシンは頷く。アスランも笑みを見せた。
 二人の間に漂う自信に溢れた空気に、隊員達も一人、また一人と口を閉ざしていく。
 新宿がデスアーミー達に包囲されて此の方、隊員達自身も含めて人々の間を飛び交う言葉は皆弱々しく、
あるいは力強くとも中身のないものばかりだった。だが、このコロニーから来たという男とその弟子の言葉は
強い自信と互いへの信頼に裏打ちされている。
 隊員達が『彼らならばあるいは』と期待を寄せたとしても、別段驚くべきことではないだろう。
 波が引くように会議室は静かになり、いつしか一同は議長席のカガリを注目していた。
 向けられた視線全てが、決断を待ち望む視線であることを、カガリも分かっていたのだろう。
「……分かった」
 少女の口から滑り出たのは、了承を意味する強張った声。
「アスラン、シン。すまないが頼む。絶対に無事で戻って来い。もう犠牲を出すのはたくさんだ」
「アンタに言われなくたって分かってますよ」
 余裕たっぷりに言うシン。彼の隣に座ったルナマリアはこっそり溜息をついて、机の下で右拳を握った。が、
「シン、言葉を慎め」
 ルナマリアが相棒にパンチを入れる前に、静かな声が響いた。軽く驚いたルナマリアには構わず、アスランは
言葉を続ける。
「武闘家は礼に始まり礼に終わる。そうでなくとも、時と場所と相手は弁えるべきだ」
 シンは憮然とした。だが思い直した様にしおらしい顔を作ると、「すみません」と小さく言った。
「お前は固すぎるんだよ、アスラン」
 カガリは苦笑した。先程よりは生気のある、しかしどこか寂しげな声で。


 廃墟の街の合間に、赤と白、二体のガンダムが現れる。
『シン。二機だけとはいえ、敵は見逃してくれるわけじゃあない。油断するなよ!』
「はい、師匠!」
 その会話が、出撃の合図となった。
 二体は軽く地を蹴った。今回は陽動目的ではないため、飛ばずにジャンプで距離を稼いでいく。
朽ちかけたビル街から二体の巨人が飛魚のように跳躍する様は、どこかユーモラスである。
 シンはインパルスの中で、前を行くイージスの背を見ていた。
 鋭角的な機体は腕組みをしたまま、悠然と跳んで行く。仮にシンに色眼鏡がなかったとしても、赤き巨人の
背には余裕が見えていただろう。
「動きが軽い……さすが師匠」
 憧憬と小さな嫉妬の込められた呟きは、繰り返される着地音にかき消されたか、イージスの中のアスランには
届かなかったようだった。

298 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 五:2008/05/14(水) 21:04:19 ID:???
 それほど走らぬうちに、モノアイの光の群れが前方に灯った。待ちかねたとばかり、光弾が一斉に飛んでくる。
『早速来たな。行くぞ!』
「はいっ!」
 二機はジャンプをやめ、前方へと地を蹴った。
『てぇい!』
 イージスの手からビームクロスが伸びる。と思いきや、イージスは瞬時に光の布を輪にすると、その中で
走り出した。その様ハツカネズミが滑車で遊ぶかの如し、だが人の常識を超えた脚力は布輪を一つの車輪と
変える。
『でりゃりゃりゃりゃりゃあ――っ!!』
 超高速で回る車輪が進行方向に何をもたらすかは言わずとも明白! イージスに『轢かれた』デスアーミー達は
のけぞる端から爆発する。
「うおおおおおおっ!」
 加速をつけてインパルスも突撃、デスアーミーの首を飛ばす。いつの間に抜き放ったか、既に右手には
ナイフがあった。ばらばらと飛んでくる銃弾を、首なしのデスアーミーを盾にしてやり過ごし、自身はビルの
残骸の陰へと身を滑らせる。仲間に蜂の巣にされたデスアーミーは火炎を吹き上げ爆発した。
 弟子が戦う間もイージスは暴れることを忘れない。ビームクロスを元通り一本の布にし、気合と共に振るう。
光の布はデスアーミーの一機に巻きつくが、ことはそれだけに留まらなかった。
『だぁらぁぁぁぁっ!』
 ぐるりぐるりとビームクロスを振り回す。ハンマー投げの要領である。運悪くその場に集まっていた
デスアーミー達は仲間の体に薙ぎ倒され、機能を停止する。最後にイージスは即席のハンマーとして
利用していたデスアーミーからもクロスをほどき、一撃を加えて沈黙させた。
 そして残った一機に、シンは迫っていく。仲間達がやられたことに動揺の欠片も見せず、デスアーミーは
ライフルを乱射するが、インパルスは朽ちたビルの陰に入ってかわしていく。そのうち見失ったか、モノアイを
きょろりきょろりと動かすデスアーミー。そのモノアイの裏側から、突如ナイフの刃が突き出される!
「注意力散漫なんだよ」
 嘯き、シンは裏手でナイフを引き抜く。インパルスはデスアーミーの背後を取っていた。
 今しがた頭部を貫いたデスアーミーを蹴り飛ばし、インパルス自身も跳躍する。爆発に巻き込まれないためだ。
 しかし衝撃で誤作動でも起こしたのだろうか、空中でデスアーミーのコクピットが開いた。
 鱗とケーブルにまみれた兵士が、開いたコクピットから転がり落ちようとする。
「ッ!?」
 ハイネの最期の姿が重なる。
 シンは咄嗟に自分にブレーキをかけ、たった今蹴り飛ばしたデスアーミー向かって駆け出そうとした。
 しかし、一歩地を踏むか否かのところで、爆発が起きた。
 反射的に爆風をガードするシン。それでも腕の隙間から顛末は見えた。あの兵士は吹き飛ばされ、
二回バウンドして地面に叩きつけられた。鱗に覆われた身には炎が灯っていた。先日のあの兵士のように
呻くことはなく、ただ静かに燃えていく。一部始終を見ていなければ、デスアーミーの瓦礫の一部と
見間違えていたかもしれない。
 シンは無意識に構えを解き、呆然と立ち尽くした。赤い火の粉がちらちらとインパルスを彩る。



 休憩時間になれば、群衆は誰からともなく口を開く。
 会議室のざわめきの中、ルナマリアは手持ち無沙汰にコンパクトを弄っていた。
 なんとなく通信画面を開いてみるが、やはりつながらない。通信士から説明を受けていたので、別に
驚きはしなかったが。

 ――目標のタワーは我々の防衛エリアの外ですが、敵の警戒が手薄なルートがあります。


299 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 六:2008/05/14(水) 21:06:32 ID:???
 四ツ谷から議事堂前を通り、霞ヶ関を抜けてタワーへ向かう。このルートなら、戦闘を避けて進める。
ただし防衛エリアの外は電波妨害のため、こちらの連絡は出来なくなる。…………
「こないだもそうだったしね」
 先日、インパルスへのコールが阻害されたのを、ルナマリアは思い出していた。
 顔を上げれば、スクリーンには模式図が映ったままである。作戦の説明のときに使った画面が、そのままに
されているのだ。
 ただ待つだけの身は辛い。
 ふと、ルナマリアは議長席のカガリに目をやった。若き市長は、あれから一言も発していない。祈るように
手を組んで、俯いている。
 彼女に比べ、議長席がやけに大きく思えた。それとも彼女が小さいのだろうか?
 ルナマリアは自分の席を立ち、議長席へと階段を降りていった。お節介の虫が動き出したのである。
あるいはルナマリア自身、会話の相手が欲しかったのかもしれない。

「アスハ市長?」
 声をかければ、カガリは酷く肩をびくつかせた。
「な、なんだ、ルナマリアか……驚かすなよ」
「いやー、そんなつもりじゃなかったんですけど」
 目の前にまで迫った金髪の少女は脱力した様子で、それでも組んだ手をほぐそうとはしなかった。
 ルナマリアはしゃがんだ。机に両腕を置いて、上半身だけを見せる。
「心配ですか?」
「そ、そりゃあな。私達がキャッチした信号に奴らが気付いてないとは思えないし」
 言って、カガリはスクリーンの模式図に目をやった。
「大丈夫ですよ、シンとアスランなら」
 振り向いてきたカガリに、ルナマリアはにっこり笑ってみせる。
 これでシン一人を行かせていたなら彼女のように心配もするが、今回はマスター・アスランが一緒である。
「あの地球圏最強コンビなら、デスアーミーが出たって修行気分で蹴散らすに決まってます」
「……お前な」
 若き金髪の市長はジト目になった。だが彼女が何か言う前に、ルナマリアは続ける。
「ま、最強かどうかはともかく。ガンダムファイターが二人ですよ?
 シンだって本気出せばMSくらい素手で破壊出来ますし、ちょっとやそっとじゃどうにかなりませんって」
「…………」
 カガリは、今度は頭を抱えてしまった。
(……呆れられちゃったかな)
 心の中で所在なさげに頭を掻くと、弁明すべくルナマリアは口を開いた。
「あの、アスハ市長」
「そうなんだよな」
 声が重なる。
「そうなんだよ。アイツ、ガンダムファイターだから、私達の常識は通じないんだよなぁ」



300 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 七:2008/05/14(水) 21:09:15 ID:???
 
『よくやった、シン』
 一足早く戦線を抜けていたイージスが、傍に降り立ってきた。
『相当修行を積んだらしいな』
「いえ……」
 言葉を濁し、シンは右手のナイフ――フォールディングレイザーに視線を落とす。
「どうした?」
 アスランが、今度は通信をつなげてきた。心配そうな顔だ。
「……あいつらも、元々は普通に暮らしてた人たちなんですよね」
 画面の向こうのアスランは、驚いたようだった。
「シン」
「すみません変なこと言って。行きましょう」
 早口に言って、シンは通信を切った。ナイフを収納する。インパルスの背から白い光が噴射される。
『治療の見込みは、ないんだろう?』
 イージスの背にもまた、白い光が生まれる。
 話を続けてくれることに、シンは少しの苛立ちと感謝を覚えた。
「そうですけど、でも」
『自分で全てが出来ると思うな。それは傲慢だ』
 二機のガンダムは、廃墟の街を再び跳躍していく。
『人にはそれぞれ、出来ることと出来ないことがある。限界はあるんだ。背負いすぎてはいずれ心が潰れるぞ』
 外部スピーカー越しのアスランの声は、暗い響きを持っていた。
「でも……みんな頑張って生きてたのかもしれないのに」
『それは生前の話だろう。こうなってしまっては、生ける屍と変わりがない』
「…………」
 無意識の跳躍。がしゃん、がしゃん、と重い着地音が断続的に響く。
『シン、お前は自分が誰かも分からなくなって、何者かに操られて誰かを殺し続けるような生き方をしたいか?』
「絶対嫌です」
『俺だってそうだ。多分、世界の誰もそんな生は望まない』
 前方から、また光弾が飛んでくる。ビルの陰にまたデスアーミー達だ。
「だけど、生きているってことは、それだけで」
『シン』
 アスランの声色が厳しくなる。
『どの道やらなければならないんだ』
「しかし」
『兄に負けるわけにはいかないんだろう?』
「!!」
 目を見開く。それにアスランが気付いたかどうか。
『そして俺達は新宿を守らなければならない。こんなことを企んだ相手を、そのままにしておくわけには
いかない。彼らが奴の手先になってしまったのなら――そして回復の見込みがないのであれば――』
 言葉は皆まで言わず、イージスが敵陣に飛び込んでいく。手にはビームクロスを握って。
 シンも慌てて、赤き巨人の背を追った。


301 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 八:2008/05/14(水) 21:11:18 ID:???
 思えばアスランは、この自分よりも人の生死を気にする男である。敵を叩き伏せはしても殺しはしない。
殺人罪が適用される世だということもあるが、相手がどんな悪であろうと、戦闘能力のみを無力化する。
 生身相手なら組み伏せ、MSやMF相手なら四肢を落とし、コクピットは決して狙わない。
 流派東方不敗は仏教の流れを汲んだ活人拳。人を殺すのではなく、活かすための拳。アスランはそれを
徹底していた。相手が悪人であれ善人であれ、命は絶対に取らない。
(この人はそういう人だ。なのに……)
 デスアーミーの一体を叩き伏せながら、シンはちらりとイージスを見る。
 やはり、デスアーミーに対してイージスは容赦がない。ビームクロスはコクピットを躊躇なく貫き、
手刀はモノアイを砕く。布という武器の特性を駆使した攻撃にしてもそうだ。巻き起こる爆発がパイロットを
巻き込んでいるであろうことを、全く気にしていない――
『シン!』
 怒号に我に返るや、ビームクロスが眼前を薙ぐ。いつの間にやら迫っていた銃弾を、イージスが
叩き落としてくれたのだ。
『ぼさっとするな! 戦うべき時には戦わなければならない、かつて俺にそう言ったのはお前だぞ!』
「!!」
 インパルスの体が、背骨が通ったかのようにしゃんとなる。
 辛くないわけがないのだ。先程の師の言葉は、この己だけでなく、自分自身に言い聞かせるためのもの
だったに違いない。時折生身で戦うのも、自信の表れではなく、胸の内に抑え込んでいる鬱屈した感情の
発露なのではないだろうか。
 この戦い方は、絶対に迷わないという彼の意志表示なのだろう。そうシンは思った。
「すみません、師匠!」
 元のように力強く地を踏みしめ、シンはナイフを抜いた。


「アイツさ、よくハツカネズミになるんだよ」
「は?」
「だから、考え事しすぎて、頭の中がぐるぐる回って、堂々巡りになっちまうってこと」
 カガリは人差し指をぴんと立て、くるくると回してみせた。
 ルナマリアは思わず、滑車に閉じ込められた白ネズミを思い浮かべた。走っても走っても滑車は空回り、
ネズミはどこにも逃げられず、どこにも辿り着くことが出来ない――
(かわいいかも)
 そんなルナマリアの心は知らず、げんなりとした様子でカガリは続ける。
「そこんとこは普通の人間と変わらないくせして、戦闘力はバカみたいにあるもんだからさぁ……。
 強い奴だと思ってたら変なところで繊細で。そのくせこっちが頑張って気を使えば、そういうときに限って
あっちは全然気にしてなかったりして。常識なんてこれっぽっちも役に立たないんだ」
 それを聞いた瞬間、ルナマリアの中でこごっていた何かが溶けた。
「……分かります。分かりますよ、それ」
「分かってくれるのか!?」
「ええ。よぉ〜っく分かります」
 ルナマリアは深々と頷いた。この一年が始まって以来、初めて弱音を打ち明けられる相手に出会えた気がした。
 カガリも、目の前のコロニー少女が自分と似た悩みを持っていることを悟ったのだろう。
「……苦労してるんだな、お前も」
「分かってくれます?」
「ああ。よっく分かる」
 頷き合う二人。手を差し伸べたのはどちらからだったろうか。
「ルナ。ありがとう。お前に会えてよかった」
「こちらこそ、カガリさん。お互い頑張りましょう」
 こうして二人の少女は、固く握手を交わしたのである。……が。

302 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 九:2008/05/14(水) 21:22:59 ID:???
「む?」
 握手をしたまま、ルナマリアは目元をぐっと歪めた。薬指の付け根あたりに固い感触が当たったのだ。
「な、何だよ」
 慌ててカガリは手を振り解くと、両手を背中の後ろに隠した。口を尖らせ、知らぬ振りを決め込んだが
もう遅い。
「まさか、婚約……」
「う、うるさいっ! 関係ないだろっ!」
 金髪の少女は、顔を真っ赤に染め上げて叫んだ。
 雑談がぴたりと止んだ。恐ろしいほどの沈黙がその場に満ち、隊員達の目も一斉にカガリに向けられる。
ルナマリアもさすがに驚いて、目をぱちくりさせた。
 静寂に我に返ったか、カガリは気まずそうにきょろきょろと辺りを見回した。茹蛸のようになったまま、
わざとらしく咳払い一つ。
 と、まるでそれを合図にしたかのように、耳障りな警告音が空気を貫く。
 何事かとスクリーンを振り仰ぐ二人。模式図の電波塔周辺に、新たに四つの光点が灯っていた。会議室が
先程までとは質の違うざわめきに満たされ始める。
「強力なエネルギー反応がタワー周辺に四つ? こんな唐突にか?」
 件の通信士が眉をひそめた。
「それにこの出力、ガンダム並ではないか」

 ――ファイトの最中に、あいつは割り込んできた。桁違いの強さだった。ファイター二人がかりで、
かすり傷一つ負わせられなかった……

「ルナマリア?」
 フラッシュバックは一瞬の出来事。
「おい、顔色が悪いぞ?」
「ごめん、カガリさん。ちょっと席外します」
 ルナマリアは取ってつけたように一礼すると、会議室を飛び出した。


 二体の巨人の前には瓦礫の山が立ちはだかっていた。
 ゴミ溜めのような有様だ。無残に砕けたコンクリートブロックは山と積み上がっていて、中腹に
ぽっかり空いた地下鉄の入り口が、まるで洞窟の入り口に見えてしまう。
『シン、気付いているか? 邪悪な気が俺達を待ち受けている』
「邪悪な気?」
『ああ』
 アスランの声には、どこか張り詰めた響きがある。しかし次には、声色は元のように明るくなった。
『まあ、憂さ晴らしにはちょうどいいさ。シン、ここは一つ勝負と行かないか?』
 きょとんとして、シンはイージスを見た。赤い巨人はいつものように、腕組みをしてこちらを見ている。
「勝負、ですか?」
『ああ。どちらが先にタワーに着くか、だ』
 イージスのコクピットが開く。紫の中華服に白布、いつもと同じ服装をした――アスランは
ファイティングスーツなしでイージスを操れるから当然なのだが――師が姿を現した。
「お前の力も見せてもらいたいからな」
 不敵に言って、アスランは地に降り立つと、地下鉄の入り口に飛びこんだ。
「師匠!?」
「先に行くぞ!」
 一声残し、青年の姿は闇に消えていく。

303 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 十:2008/05/14(水) 21:24:45 ID:???
「ガンダムを置いて生身で行くなんて……」
 ぽかんとするシンだが、胸の内には炎がある。元来負けず嫌いの性分である。
 そして相手がアスラン=ザラであれば、尚のこと。
「負けませんよ、師匠!」
 インパルスのコクピットを開き、身を乗り出す。と――
「シィィ――――――ン!!」
 都庁の方角から、聞き慣れた声が迫ってくる。
 振り向いたシンは驚いた。置いてきたはずのルナマリアがスクーターでやってきたのだ。

「ガンダム並のエネルギーを持ったMSが、タワーの周りにいるのよ! それも四機!」
 そう喧しく引き止めるルナマリアの顔は、珍しく若干青ざめている。
「ガンダム並のパワーを持ったMS……」
 シンは固い顔でルナマリアの言葉を反芻した。
 デビルフリーダム。その名が両者の脳裏に浮かんでいる。
「一人で行くのは危険よ。第一アスランはどこに」
「この地下鉄はタワーまで行けるのか?」
 虚を衝かれたように、ルナマリアは一瞬黙った。しかしすぐさま胸元からコンパクトを取り出すと、
インプットしてきた地図を呼び出す。
「ええ、予定通りのコースよ。電車は動いてないみたいだけど」
「分かった」
 短く言い捨て、シンは歩き出す。
「……ってこらちょっと待てっ!」
 慌てたような声と同時、鉢巻がぐいと引っ張られた。妙な方向に力がかかり、シンは一瞬白目を剥く。
「一人じゃ危険だって言ってるじゃない! あたしも……!」
「インパルスの右手、反応が遅いぞ! 調整不足じゃないのか」
「え?」
 思わずルナマリアは鉢巻を手放し、背後に佇むインパルスを振り向いた。その隙にシンは地下鉄の
入り口へと身を躍らせる。
「あ、ちょっと! シンッ!」
 今更気付いてももう遅い。
「インパルスと一緒に、大人しく待ってろ!」
 瓦礫に開いた闇の中から、それだけが聞こえてきた。
「もう!」
 ルナマリアは地下鉄の入り口に駆け寄り、両手でメガホンを作って叫んだ。
「あたしだってアンタのパートナーなんだからねーっ!!」

 二人は気付いていない。そこに佇んでいる巨人はインパルスのみだということに。
 赤き巨人イージスの姿は、いつの間にか消えていたのだ。


304 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 十一:2008/05/14(水) 21:27:16 ID:???
 
「心配するならこっちの体も考えろよ、ったく」
 首をこきこき鳴らしながら、シンは闇の通路を歩く。固い足音と共に、ぼやき声も僅かに壁に反響した。
 明かりはない。外の光と、闇に慣れた目が頼りだった。そこかしこに崩れた看板が見える。
 確かに、この地下鉄も廃墟の一部でしかないのだろう。
「ガンダムに乗ってあの人に勝っても意味がないんだよ、ルナ」
 闇の中で一人、歩きながらシンは呟く。
「それにインパルスが一緒なら、お前だって安全だろ」
 小さく後ろを振り返り、笑みを浮かべる。パートナーに聞こえていないのは承知の上だ。

 しばらく歩き続け、ようやく広い空間に出た。
 ホームのようだった。全くの闇に無音、確かにこの分では地下鉄は動いていないだろう。
「けど、あの人もここを通って行ったんだ。俺も……」
 と呟いた矢先、闇の線路の向こうから光が走ってくる。
 枕木を走る音。飛び散る火花。列車が向こうからやってきたのだ。
 シンは肩をすくめた。
「相変わらずだな、アイツのデータも」
 呟く内に列車が止まり、自動ドアが一斉に開いた。だが光に照らされたホームには、人影はシンしかいない。
「ははっ。さしずめ俺の専用列車ってとこか」
 嘯きながら列車に乗り込む。背中で自動ドアが閉まった。

 列車はシンが座席に座らないうちに走り出した。そこはコロニー格闘技の覇者キング・オブ・ハート、
バランスを崩すことはない。だがシンは少し口を尖らせて、運転席の方を見た。
 人影は見当たらない。オートで走っているらしかった。
「客が座る時間くらい待てよな」
 人工知能に文句を言いつつ、シンは向かいの座席に座ろうとする。
 と、近くに人が座っているのにようやく気がついた。水色のロングコート、足を組んで英字新聞を
読んでいる。顔は隠れて見えない。
「俺以外に客……?」
「ふっふっふっふっ……」
 疑問に答えるように、その客は含み笑いをした。
「久しぶりだな、インパルス!」
 新聞を下ろして顕した顔は、見覚えのある銀髪のおかっぱ頭!

「イザーク=ジュール!?」


305 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 十二:2008/05/14(水) 21:29:53 ID:???
 
 車輪の音が一際高くなる。
「アンタ、なんでこんなところに!」
 驚くシンに対し、ネオアメリカファイター・イザーク=ジュールは落ち着いた物腰で立ち上がった。
「決まっているだろうインパルス。貴様と戦うためだ」
「何だと!?」
 確かにイザークには、シンとファイトをするためにネオメキシコまで追いかけてきた前科がある。
だがこんな廃墟の地下で待ち伏せとは、正々堂々を好む彼のやることとは思えない。第一新宿がこんな
状況だと知れば、浮浪児上がりの彼のこと、クルーを引き連れて都庁エリアに合流しそうなものではないか!
「どういうつもりで……」
「シャラップ!」
 問答無用と、イザークはパンチを繰り出した!
 間合いのはるか外である。が、彼の拳圧は距離などものともしない。まるで拳が巨大化して飛んで
きたかのような圧力、イザークの拳圧は列車の窓ガラスの全てを弾けさせ、列車と列車を繋ぐ扉までも
跳ね飛ばしてしまった!
 シンは咄嗟にガードして耐えた。暴風のような圧力、その場を動かずにいるのがやっとだ。
 心中もまた穏やかではない。間合いの外から攻撃する必殺技・サイクロンパンチは以前見たことがあるが、
しかしそれはガンダムマックスターの装備であるはずで、少なくとも彼はこんな――たった一発の拳圧だけで
列車の内装をラップ現象にでも遭ったようにする力は持っていなかったはずだ。
「やめろイザーク、今はそれどころじゃ……って!?」
 ガードから顔を上げれば、そこには好戦的なイザークの拳!
 避ける間などなかった。まともにシンは顔面にパンチを叩き込まれた。脳天に激痛、車両の最後尾まで軽々と
吹っ飛ばされる。あわや線路に放り出されるというところでシンは咄嗟に扉のふちに手をかけ、突っ張った。
 車輪の音が耳をつんざく。頭の下を強風が吹きすさぶ。
(前のパンチとは桁違いだ……!)
 歯を食い縛り、脳天から全身を駆け抜ける痛みに耐える。
「どうしたインパルス。この程度で『THE END』か?」
 見下したように笑いながら、イザークが胸に踵をねじ込んでくる。骨が、胸が悲鳴を上げる。
 だがシンの目は死んでいない。大きく息を吸い込むと、踏みつけてくる足を掴んだ。たじろぐイザーク、
その隙にシンは立ち上がり、思い切りイザークの眉間に頭突きをぶちかました!
 がっと呻き声を上げ、イザークがよろめく。だがシンは追い討ちをかけることなく、宙へと身を躍らせる。
少年の体は赤マントにくるまって線路に転がった。
 乗客の諍いなどお構いなしに、列車は車輪の音を立てつつ走り去っていく。
「ガッデム!」
 イザークは扉から身を乗り出した。遠ざかっていく線路上の赤い姿を睨みつけ、いかにも悔しそうに
唸り声を上げる。


306 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 十三:2008/05/14(水) 21:32:27 ID:???
 
 線路上で赤い塊がむくりと起き上がる。
「助かったぜ……」
 シンは全身を隠したマントから顔を出し、一息ついた。
 しかし、一体どういうことなのだろうか。イザークは本気で殺しにかかってきていた。だが彼がファイトに
よらない卑怯な真似を嫌うのは、たった二度の遭遇ながら、よく知っている。加えてあのパワーとスピード――
 一つの仮説に思い至って、シンは慄然とした。慌てて記憶を辿る。
 イザーク=ジュール。彼の瞳は何色だったろうか?


「全ッ然調子いいじゃない!」
 地上ではルナマリアがインパルスの調子を見ていた。本当に整備不良だとシャレにならないので、
右手のチェックをしていたのだ。だが結果は良好。
「まったく、シンってば意地っ張りなんだから」
 少し不機嫌そうに、しかし不安げにルナマリアはぼやく。
 師弟が二人でいると思っていたから、ルナマリアは自信たっぷりにカガリを諭したのだ。シンはもちろん
一級のファイターであるが、それは真正面から闘ったときのこと。加えてここは敵の勢力圏、つまりデビル
フリーダムの庭の中なのだ。
 もしデビルフリーダムそのものに遭遇したら。
 もしハイネのようなDF細胞に侵されたファイターに襲われたら。
 もしシン自身がDF細胞に侵されてしまったら。
 嫌な想像はいくらでも出来る。特に三つ目は絶対に遠慮したいパターンだ。
「早くシンのところに行かないと」
 久しぶりにレーダーを取り出そうとする。しかし、警告音がルナマリアの動きを止めた。
 気がつけば、いくつかの熱源反応が向かってきている。
「やばっ!?」
 ディスプレイを全方位モニターに切り替える。ビルの陰から、芥子色の色彩が見え隠れする。
「う、嘘でしょ……!?」
 四脚のMS達は、どれもこれもライフルの狙いをこちらに定めていた。
「ち、ちょっと待ってよっ!?」
 ルナマリアの叫びなどお構いなしに、デスアーミー達はライフルを発射する。
 無数の光条が、瓦礫の街を飛び交った。


307 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 十四:2008/05/14(水) 21:34:44 ID:???
 
 生憎とシンは、イザークの瞳の色など覚えていなかった。特に注意して見ていたわけでもないのだ。
 しかし、ここがデスアーミー達の勢力下であることを考えれば、自分の想像はあながち的外れとも思えない。
「冗談じゃないぞ……!」
 闇の線路を走りながら、シンは呻く。ネオトルコの一件が脳裏をかすめていく。
 不意に、列車の笛の音が聞こえた。
 シンは立ち止まる。前方から光が差し込んできて、ヘッドライトが闇を裂いた。
 だが待て。自分は先程の列車と同じ方向に走ってきたのだ。何で前方から列車が来る?
 シンは後ろを振り返った。ここはホームではないのだ、逃げるとしたら後ろしかない。
 なのに後ろからも、笛の音とヘッドライトが迫ってくる!
「そんな馬鹿な!?」
 一本の線路を二台の列車が走って鉢合わせ? 何の冗談だこれは!
 車輪が回り、線路を通して振動が伝わる。前も列車、後ろも列車。逃げ場はない。
 シンは奥歯を噛み締め、覚悟を決めた。
「前と後ろ……早いのは……」
 車輪が回る。笛の音が響く。火花が散る――
「前かっ!」
 見定めるや、シンは上へと跳躍。一瞬の後に二台の列車は激突、先程までシンのいた地点で痛ましいキスを
した。車輪が脱線し、双方の列車が横に倒れていく。
 シンは前の列車の屋根上に着地、さっさと走っていった。そのうち列車が斜めになっていくが気にしない。
 やがてシンは列車から飛び降り、元のように線路に戻ることが出来た。またも一息つく。
「ただの列車の暴走とは思えない……」
 後ろを振り返れば、脱線した列車は横転し、無残な姿を晒していた。一部が時折放電している。
「ん?」
 だが視界に入ったのは、列車の他にもう一つ。
 天井で何かが放電の光を照り返すのを、シンは見逃さなかった。
 カメラが仕掛けられている。事故防止などのために設置されているのだろうが、この荒れた地下鉄の中で
レンズが割れずにいること自体、不自然に思えた。
 尤も、天井まで破壊が行き届いていないというならそれまでだが。
「見られているのか……?」
 不快感が湧き上がって来る。
 確かにアスランは『お前の力を見たい』と言っていたが、シンは敵に――それもデビルフリーダムの手先に
自分を監視することを許可した覚えはない。
 シンは石ころを一つ手に取ると、カメラに投げつけた。


 パン、という音を最後に、ディスプレイの一つがブラックアウトした。
「あらら。ばれちゃった」
 対して傷ついた様子もなく、コンソールの前で無邪気に言うのは、黄色の中華服に身を包み、赤い髪を
後ろでまとめた少女。
「それにしてもさっきの、上手く逃げたわねぇ。さっすがお兄さん」
 くすくす笑うと、彼女は形の良い長い指をコンソールに這わす。
「でもパーティーは始まったばかりなのよね。まだまだ楽しんでもらえると思うわよ、お兄さん?」
 残りのカメラを回し、少女は赤い瞳を歪めて笑う。その顔はどこか、鼠をいたぶる猫を思わせた。


308 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 十五:2008/05/14(水) 21:38:31 ID:???
 
 天井が揺れた。振動と重低音が伝わり、ぱらぱらと小石が舞い降りてくる。
「地上で戦闘しているのか?」
 一時シンは天井を見上げる。地上に待機させているのは、自分のパートナーだが……
「ま、あいつならデスアーミーくらい大丈夫だろ。インパルスには射撃武器はないし」
 小さく笑って、元通り歩を進める。


「なんで当たんないのよーっ!?」
 シンは一つ見落としていた。滅多に使われないが、インパルスにはCIWS、俗に言うバルカンがあるのだ。
 ルナマリアは整備のために引き出していた端末で、インパルスのバルカンを制御していた。が、一向に
当たらない。対して敵の光弾は容赦なく降ってくる。
 なんとか瓦礫を盾に出来たので、蜂の巣にされる危険は今のところはない。しかしこのままでは
どう考えても、敵を倒す前にバルカンの弾が先に尽きる。
「こうなったら……!」
 ルナマリアはコクピット天井を見上げた。ファイティングスーツの着用装置がそこにある。
「見てなさいよ、私だってアカデミー卒なんだから!」
 語気も荒く、ルナマリアはモビルトレースシステムの起動スイッチに指を押し込んだ。


 その空間にシンが足を踏み入れると、自動的に明かりがついた。
 円形の広い空間から、周りへとトンネルが通っている。道だけを見れば歯車のような形だろうか。
操車場と言う言葉をシンは知らなかったが、おそらく各電車がここで方向を変え、指令に従いどこかへ
走っていくのであろうことは推測できた。
 だが今は一両の電車も存在していない。
 と思えば、トンネルの一つから電車が飛び出してきた。比喩ではなく、文字通り空をかっ飛んで来たのだ。
もちろんシン目掛けて!
「またかよっ!」
 悪態をつくが、もう自分が狙われているのは分かりきっている。ひょいとその場から跳んで、
突っ込んできた電車をかわした。溜息を一つ。
 だが今回は一両だけに収まらなかった。外したと見るや、トンネルと言うトンネルから電車が
飛び出してきたのだ。しかも全てシンを狙っている!
「うおおおおおおおっ!?」
 さすがに焦りを浮かべ、シンは次々に跳躍した。飛んで来た電車が雨のように地に激突し、勢いと自重とで
嫌な音を立てて潰れ、停止していく。
「こ、この攻撃、俺がここに来るのを待ってたみたいだ……!」
 最後の電車をかわし、シンは吐息と共に言葉を吐き出す。
「これもデスアーミー達の仕業か!」
 その独白に答えるように、電車の一両がゆっくりと持ち上がっていく。
 シンはそちらを向いて身構えた。デスアーミーの一体や二体、生身でも何とかなる――そう思ったのだ。
 だが電車を持ち上げていたのはMSではなかった。屈強な体躯、色素の薄い肌と髪。胸には丸い爆弾。
紛れもなく生身の人間、それも見覚えがあると来ている!

「ネオロシアのフォー・ソキウス!?」


309 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 十六:2008/05/14(水) 21:40:00 ID:???
 持ち上げられた電車は、少年の両腕に支えられてびくともしない。
「お前、どうしてここに!」
「シン=アスカ。あなたを倒すためです」
 殺意に満ちた回答。ソキウスの冷たい声は、シンの動揺を誘うには十分だった。
 無機質な声は何度も聞いたが、マイナスの感情を露わにした声など彼から聞いたことはない。元々闘いの、
ネオロシアのためだけに作られたソキウスではあるが、その内面は自己犠牲を厭わない優しい少年であったはずだ。
 彼の瞳を見る。全体的に薄い色の中で、両目だけは血のように赤い。
 シンは奥歯を噛み締める。
「お前の相手をしている暇はないんだ!」
 だが問答無用とばかり、ソキウスは持ち上げた電車を投げつけてきた!
 シンはばねのように横に飛ぶ。背中に凄惨な衝突音を聞きながら、シンはそのまま地を駆ける。
電車の林を縫い、適当に当たりをつけてトンネルの一つに飛び込んだ。
「アイツが列車を操ってたのか……!」
 走りながら呻く。一々彼らの相手をするわけにはいかない。


 シンが闇の通路に消えていくのを、ソキウスは直立不動のまま見ていた。
 そこに一両、窓ガラスの破れた列車が走り込んでくる。自動ドアが開いた。
「ソキウス」
 乗っていたのはイザークである。
「乗れ」
 短い促しに、ソキウスは頷いて列車に乗り込んだ。

 二人を乗せた列車が一つのトンネルへと消えていく。
「あらら、逃げられちゃった」
 一部始終をモニターしていた少女は、それでもやはり楽しげに言う。
「まあいいわ。行き先は分かってるんだし」
 白い指がコンソールを叩き、全てのディスプレイは闇となる。
「パーティーの仕上げよ。お兄さん」
 少女は席を立つ。艶やかな赤い髪がさらりと揺れた。


(イザークにソキウス……二人とも俺を狙ってた。まるで申し合わせたみたいに!)
 闇のトンネルを走りながら、シンは心の中で叫ぶ。
 ソキウスの赤い瞳が目に焼きついている。
 彼は元々赤い目だったろうか。思い出せない。思い出せない……
「くっそぉぉぉっ!」
 やり場のない苛立ちを叫ぶと同時、目の前に光が差し込む。はっとして、シンは現実に戻った。
 光は外のものだった。瓦礫の街並が妙に懐かしく思える。
「助かったぜ。これ以上地下を行くのは危険だ」
 まだどんな罠を仕掛けられているか、分かったものではない。さっさと地上を行って、タワーにいる
人間を救助しなくては。
 そう思ってシンは前を見上げ、一瞬呆気に取られてしまった。
 目の前には赤い電波塔が立っていた。足元にいたために気付かなかったのだ。紆余曲折あったが、
自分は予定のコースを一直線に走ってきたらしい。
「……俺の悪運も捨てたもんじゃないな」
 今日何度ついたか分からない溜息をついて、シンはタワーへと駆け出していった。


310 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 十七:2008/05/14(水) 21:43:37 ID:???

 結論から言うと、モビルトレースシステムを作動させたルナマリアは強かった。
 最初に近場のデスアーミーをナイフで沈め、武器である金棒を奪い取った。そこからはインパルスの
独壇場だった。
「よくも好き勝手やってくれたわねーっ!?」
 傍若無人に金棒を振り回す。多少の被弾は気にしない。容赦なくデスアーミーの頭を殴りつけ、
順調に数を減らしていく。
 カウンターを身上とする狐目の師が見たら嘆くような戦い方だが、
「さっすがガンダム! 大した防御力だわ」
 というわけで、なんとかなってしまうのである。インパルスの装甲に使われているディマリウム合金は
多少ながらファイターの感情によって強度を変えるため、機体への信頼も装甲強化につながる――とは、
コロニーにいる整備士コンビの談。
 最後の一機を殴り倒し、金棒も放り出して、ルナマリアは息をついた。射撃の腕が未熟な分、近接戦闘は
それなりの腕である。
「さっさとシンのところに行かないと」
 スラスターを吹かせ、タワーへと一直線の進路を取る。このままなら無事に合流できるだろう。
 そう思った矢先、警戒信号が来る。
 はっと後ろを振り返る。曇り空の向こうから、赤い光点が飛んでくる。
 身構える暇もなかった。超高速で飛んで来た『それ』は、瞬時に肉薄し、ルナマリアの視界一杯を占めた。
「え……?」
 全身は赤。青と白の角。ガンダムフェイス。鋭角的なデザイン。
「イージス!?」
 驚くルナマリアには構わず、赤いガンダムは両腕を広げインパルスの背後を取った。まるで猛禽が鳩を
捕らえるかのように。


「あの人はまだ来てないのか……」
 タワーの地下道を歩きながら、シンは呟く。
 このまま行けばあの人に勝てる。しかしアスランもまた、地下鉄を通っていったはずだ。あの罠だらけの
地下鉄を。
 東方不敗マスター・アスランが、この自分でさえ突破できた障害にやられるとは思えないが……。
「それに、こんなところに人がいるのか?」
 通路は薄暗く、埃がうっすらと積もっている。まるで生活臭がしない。都庁エリアのスラムのような街でも、
まだ人の臭いはしたのに。
 だがシンの呟きに答えるかのように、前方から光が洩れているのが見えた。
 駆け寄れば、それは大きな扉だった。上部には『使用中』のランプが点灯している。中からはかすかに
ピアノの音が聞こえてくる。
 ほっとシンは息をついた。何はともあれ、目的は達成出来そうだ。
「師匠。どうやら俺の勝ちですね」
 得意げに笑うと、シンは両手で扉を押し開けた。
「助けに来ましたよ、ピアニストさん!」


311 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 十八:2008/05/14(水) 21:47:06 ID:???
 
 スポットライトに照らされ、黒いピアノはそこにあった。
 弾いているのは、金髪の少年だった。だが彼はシンの呼びかけにも全く反応することなく、旋律を
生み出し続けている。
 情感のある、しかしどこか無機質で。波のあるようで、その実、固く平坦な――
「どうしたんだ? 助けに来たって言ってるんだぞ?」
 訝しげに言ってから、シンは気付いた。
 ピアノに阻まれてよくは見えないが、少年の容姿には見覚えがある。
 肩まで伸ばした金髪、青いガーダー……
「まさか!?」
「やっと気付いたか」
 少年は面を上げる。金髪の下にあるのは、陶磁のような白肌に怜悧な顔!

「レイ!!」

 不協和音が叩きつけられる。
「遠路はるばるご苦労だったな、シン=アスカ」
 ネオフランスファイター、レイ=ザ=バレル。金髪碧眼の美少年であるはずが、今の瞳は血のように赤い。
「お前がピアノを弾いていたのか……」
「そういうことだ」
 こちらを見下すような物言いは相変わらずだが、それにしても彼の振る舞いには優雅さがあったはずだ。
彼もまたこんな騙し討ちのような真似は嫌っていた。そのはずなのに。
「何のつもりだ、レイ!」
「決まっている。俺達はお前と闘うためにここにいるのだ」
「俺達だと!?」
 シンが驚くとほぼ同時、背後の壁が外から破られる!
 爆発にも似た轟音、もうもうと湧き立つ埃と煙。それらの中から姿を現したのは三つの人影。
 イザーク。ソキウス。そして中華服に身を包んだ、赤い髪の美少女――

「フレイ!? 君もなのか!?」

 猫のように笑うフレイ。赤い双眸を歪ませて。
「お久しぶり、お兄さん。すごかったわよ、私の列車をひらひらかわしていくんだから」
「な!?」
 シンは言葉を失う。監視されているとは思ったが、まさか彼女があの罠を操っていたとは。
「私、あれでも殺すつもりだったのに。さすがお兄さんね」
 くすくす笑うフレイに、シンは頭まで血が上っていくのを感じた。キッと後ろのレイをピアノ越しに振り向く。
「全部お前らが仕組んだ罠ってことかよ!」
「理解が遅いぞ、シン=アスカ!」
 レイが鍵盤に指を叩き付けた。再び不協和音が鳴り響き、何かの気配がレイから走った。
 空気が張り詰め、フレイら三人はシンの周りを走り始める。
 速すぎて残像しか見えない。回転の中心点にされたシンは、身構えながらも言葉を吐く。
「その力は……!」
 答えは言葉では返されない。

312 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 十九:2008/05/14(水) 21:50:06 ID:???
「ハイヤァ――――ッ!」
 渦からフレイが飛び蹴りを仕掛けてくる。
 咄嗟に腕でガードするシン、だがフレイの蹴りは一発に留まらない。
「あーたたたたたたたたたたっ!」
 目にも留まらぬ速さで蹴りが連打される。ガードが間に合わない。元よりかなりのファイターではあるが、
速度と重みは以前とは比べ物にならない。
「イィヤァ――ッ!!」
 とどめに横面から蹴りを叩き込まれ、シンはたまらず吹っ飛ばされた。と思えば、今度は額を鷲掴みにされる。
「おおおおおおおっ!」
 ソキウスの咆哮だ。ハンドボールでも叩き付けるかのように、ソキウスはシンの頭を壁にぶち込んだ。
後頭部が壁にめり込み、シンは苦鳴を上げる。
「まだまだぁっ!」
 今度はイザークだ。辛うじて目を開けたシンに、イザークが地に拳を叩きつけたのが見えた。衝撃波は
床を割りながら走り、シンの体を更に壁に押し付ける。呼吸が出来ない。
「フッ……」
 レイが小さく笑う。同時に空気の緊張が元に戻る。
 空間認識能力。よくは知らない言葉だが、奴の能力がこの三連撃を一糸乱さずつないだのか。そう心の隅で
理解し、シンは床に崩れ落ちた。口を開け、思い切り空気を貪る。土埃が喉に鬱陶しい。
「どうだ。驚いたかインパルス」
「強くなったでしょ、私達」
 体を走る激痛に歯を食い縛り、目を開けば、四人はピアノの周囲でこちらを見下ろしている。
「体の奥から力が溢れてくる心地がします」
 ソキウスの笑顔は、以前見た清々しいものではない。
「信じられんほど素晴らしいぞ、この力!」
 力に酔うイザークなど見たくない。
「お兄さんも欲しいでしょ?」
 フレイはピアノに腰掛けて艶然と笑っている。
「あの方にいただいたこの力」
 それがレイの言葉だとは、シンは一瞬理解出来なかった。
「あの方だと……レイ、お前がそんな風に言うのは議長だけじゃ……」
 身を起こしかける。拍子に、懐から一枚の写真がはらりと落ちた。
 一時宙を泳いだそれに写っているのは――

 ――キラ!

 はっとして、シンは改めて四人を見た。含み笑いをする四人とも、瞳が赤い。
「お前ら……」
 認めたくなくても、認めるしかなかった。彼らはもう、拳を交えた小気味のいいファイターでは
ないのだということを。
「お前らまでキラの手先になっちまったのか……!」

 ――彼らが奴の手先になってしまったのなら。そして回復の見込みがないのであれば。

「だったら俺は、負けるわけにはいかない! キング・オブ・ハートの名にかけても!!」
 何かを振り切るように。師の言葉を胸に、シンは右手の紋章を光らせる。
 嘲るように四人が笑った。

313 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 二十:2008/05/14(水) 21:51:43 ID:???
 だが直後、天井が揺れる。ミシミシという音は徐々に大きくなり、天井にひびが入っていく。
「これは!」
 一早くレイが声を上げた。瞬間、天井が割れる。
 四人は素早く地を蹴った。無人となったピアノを、天井と共に落ちてきた白と青の巨人が押しつぶした。
「インパルス!?」
 今日は何度驚いているのだろう。シンは急いでコクピットによじ登り、こじ開けた。
 中には予想通りの人物がいる。
「ルナ!」
 全身タイツ姿で倒れている少女の姿には色気すら感じられるが、今はそういう場合ではない。
「おい、ルナ、しっかりしろ!」
 コクピットに滑り込んだシンは、必死で彼女に呼びかけた。その甲斐あってか、ルナマリアはうっすら
目を開ける。
 ファイターの覚醒を受け取ったか、インパルスが身を起こしていく。ディスプレイに映る景色が、
ぎこちなく下に流れていく。
「ご、ごめん、インパルス届けるつもりだったのに……落ちちゃって」
「そんなことどうだっていい! 何があったんだ」
「襲われたの……イージスに……」
「イージス!?」
 愕然とするシン。だが状況はそれを許してくれない。警告信号がシンの注意を喚起する。
 顔を上げれば、全方位モニターに映し出されるのは四体のガンダム。
 即ちマックスター、ドラゴン、ローズ、ボルト!
「あいつら、ガンダムまで用意してたのか!」
 四人のガンダムファイターの包囲網。まともに闘って勝ち目があるとは思えない。それに今ここには
ルナマリアがいるのだ。
 強行突破しかない。
 そう心に決めたシンは、マントを脱ぎ捨てた。全身ピチピチの黒タイツ、即ちファイティングスーツが
露わとなる。
「ルナ、少し待ってろ。ここを突破する」
「ま、待って、シン、あれ……」
 ルナマリアが怯えたような目をする。
 彼女のそんな目など見たことがない。シンは驚き、彼女の視線を追った。
 後方から赤い光が飛んでくる。超高速でこちらに向かってくるそれは、瞬時に前に広がり、
インパルスをかすめていく。
「なぁっ!?」
 風に煽られ、シンは身を伏せた。だが素早く起き上がると、油断なくその赤い巨人を見据えた。
 そして口を間抜けに開く。
「あれよ、あたしを襲ってきたのは!」
 ルナマリアが怯えた叫びを上げる。


314 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 二十一:2008/05/14(水) 22:02:52 ID:???

 彼女がイージスと見間違えるのも無理はないだろう。確かにそれはイージスに似ていた。
 地に降り立った巨人のカラーリングは赤。青と白の角、ガンダムフェイス、鋭角的なデザイン。
 だがイージスではない。
 目の前の巨人の肩は白く塗られていた。足先はナイフのような突起を持たず、まっさらだった。
背にあるのは四枚羽ではなく、翼のようなブースターユニットだった。
「なめやがって……!」
 シンの瞳に怒りが灯る。どう見ても、イージスを模した偽者としか思えなかった。
「あの人の機体を、よくもっ!」
 シンは立ち上がる。イザーク達はこちらを遠目に見たまま、動こうとしない。
 赤い機体が動いた。右手を掲げ、こちらに向けてくる。
 その構えを、シンはどこかで見たことがあった。
「……えっ」
 赤い機体の掌が輝く。

『ファトゥム・フィオキーナ!』

 機械的な音声と共に、掌から赤黒いエネルギーが放射された。突発的な圧力ではなく、
持続するエネルギーの波はインパルスをじりじりと押していく。
「今度は超級神威掌のパチモンかよっ!!」
 怒りを交じらせ、悪態をつく。しかし度重なる襲撃で、既にシンの息は上がっている。
腕でガードしているものの、このままでは押し負けてしまうだろう。
 だが敗北は許されない。
 奴はキラの手先である上に、流派東方不敗を汚したのだ!

「本家本元の威力を見せてやるぜ……! パルマ・フィオ・キィィィナァァァァッ!!」

 インパルスの右手が光り輝き、赤黒いエネルギー波を押し返した!
 輝く右手の光は赤いガンダムへと到達――するかに見えたが、直前であの右手が押し留める。
「何っ!?」
 驚くシンに向け、赤いガンダムは軽く右手を押し出してきた。
 一気にエネルギー波の圧が強くなり、インパルスの光が押し戻される!
「ば、馬鹿な……パルマが押されるなんてっ!!」
 シンは咄嗟に左手で右手を支えた。だが少しも重圧は軽くならない。汗が吹き出てくる。
 力を少しでも緩めては、インパルスはこのエネルギーに吹っ飛ばされてしまうだろう。
だというのに相手にはまだ余裕がある。こちらはもう限界まで出力を高めているのに――
「くっそぉぉぉ! アンタなんかにぃぃ!」
 赤いガンダムにキラの姿を重ね、シンは吼えた。だが拮抗を崩すことが出来ない。
それどころかインパルスの足が、瓦礫を削って押し下げられていく。
 やられるのか。その言葉が脳裏をかすめた瞬間、同乗しているパートナーの姿が目に入った。

315 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 二十二:2008/05/14(水) 22:05:42 ID:???
「ルナッ!」
 怯えていた少女は、はっと正気を取り戻す。
「お前だけでも脱出しろ! ここは俺に任せて!」
「シン!?」
「早く!」
 シンの横顔は険しい。だがその言葉は、ルナマリアの心を奮わせるに十分だった。現状が一気に
頭に入ってきて、少女の風貌から怯えが消える。
 ルナマリアは唇を噛み、膝に力を入れて立ち上がった。
 ――こんな気遣いを、それもシンにさせるなど、なんという体たらくか!
「馬鹿言ってんじゃないわよっ!」
「頼む、聞いてくれ! これは俺とキラとの闘いなんだ、本当ならお前は関係……」
 シンは皆まで言えなかった。ルナマリアが、パルマを放つ右手に手を重ねてきたのだ。
「関係ならあるわ。私にとってもデビルフリーダムは仇だし」
「ルナ……」
「それに、あたしはアンタのパートナーよ! アンタを置いて逃げるなんて選択肢、とっくの昔に
ゴミ箱にポイしてるわ!」
 言い切り、ルナマリアはシンに笑いかける。
「やれるはずよ! あたしとアンタと、インパルスなら!」
 シンが呆然としたのは一瞬のこと。彼女と同じく力強い笑みを浮かべ、シンも頷き返す。
 ひとりでは決して持ち得ない感情がある。
 二人だからこそ持ち得る強さがある。
 ファイターの心理。それはスーパーモードに実証されるように、インパルスの能力を二倍にも三倍にもする
最重要ファクターなのだ!

『俺の(私の)この手が光って唸る! お前を倒せと輝き叫ぶぅ!
 ひっさぁつ! パルマッ! フィオッ!! キィィィナァァァァァァッ!!!』

 先程の比ではない光が、インパルスの右手から放射された!
 二人の叫びを乗せた黄金の光と、赤黒いエネルギーは拮抗し、周囲の瓦礫を更に吹き飛ばしていった。
観戦していたマックスターら四機のガンダムも、それぞれ腕やシールドで防御態勢を取った。
 相克するエネルギーが渦を巻き、空気を引き裂いていく!
 おそらく新宿ではあの模式図が計測不能のエネルギー反応を示し、カガリ達の背筋を凍らせていたことだろう。
そうでなくとも新宿市民達は、廃墟を越えた先で行われているファイトの光を見ただろう。
 しかし、それでもインパルスと赤いガンダムとの拮抗は崩れなかった。両機はエネルギーを激突させたまま
動かず、周りの瓦礫たちのみが巻き添えを食っていた。

『行けぇぇぇぇ――――ッ!!』

 シンとルナマリアは叫び続けた。自分達の魂も燃え尽きよとばかり、掌の光を放ち続けていた。



316 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 二十三:2008/05/14(水) 22:07:49 ID:???
 
 気がつけば、シンはルナマリアを抱えて倒れていた。
 もう立ち上がる力も残っていない。右手もいつの間にか下ろされていた。インパルスの
エネルギー残量も、とうに空となっている。
 奴はどうなっただろうか。
 シンは自分の体に鞭打ち、前を見ようとした。
 削り取られた瓦礫の粉塵が煙となって漂っている。その奥に、鋭角的な影が見える。
 煙が薄くなるにつれ、鮮やかな赤色が見えてくる。あの巨体は、変わらずそこに佇んでいるのか。
「ちくしょう……」
 シンはかすかに悪態をついた。ダメだったのか。俺達は負けてしまったのか。
「また、守れないのか……」
 胸の中のルナマリアは動かない。彼女までここで死んでしまうのか……
 赤い巨体が近付いてくる。両手を広げてくる。
 シンはせめてもの抵抗に、頭をもたげて敵の姿を睨みつけた。青と白の角、ガンダムフェイス、
赤い肩に四枚羽――
 はっと気がつく。確かに赤いが、違う。これはあの謎のガンダムではない。
『シン!』
 懐かしい声が耳朶を打つ。
『シン、無事か!』
 赤い両手がインパルスの肩を掴み、揺さぶってくる。
「師匠……」
 一気に緊張が崩れ落ちた。シンは頭をかくりと落とした。
「シン!」
 通信がつなげられる。ディスプレイに表示されたアスランの顔を、シンは見ることはなかった。
 ただ安堵に包まれて天井を見上げ、胸の底から息をついた。深く、深く。



「そうか……」
 シンの体力の回復を待ち、師弟は事情を説明しあった。
 両機のコクピットを開き、生身で対面しての会話である。
「俺も列車の攻撃に悩まされていたが、救難信号そのものが敵の罠だったとはな……」
 腕組みをし、アスランはタワーを見上げる。
「それに、俺もまだ見たことのない、イージスに似たガンダム」
「はい。何とか二人で切り抜けましたが……」
 シンは腕の中で眠るルナマリアを見た。
 彼女はまだ目覚めない。無理もないだろう、一応の訓練は受けていても彼女は本業のファイターでは
ないのだから。
「敵の全貌はまだまだ計り知れない、ということか」
 ふ、と溜息をつき、アスランは厳しい双眸をシンに向けた。
「油断するなよ、シン」
「はい、師匠」
 頷き、シンもまた赤い電波塔に目をやった。
 あれほどのことがあったというのに、タワーは依然変わりなく佇んでいる。


317 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 二十四:2008/05/14(水) 22:09:21 ID:???
 

 そして二人がもう少し注意していれば、タワーの鉄筋に腰掛けている、彼の姿にも気付けたかもしれない。
 赤マントに赤鉢巻、シンとよく似た格好ではあるが、こちらに向けてくる双眸はかの少年より更に鋭く、
引き締まった顔は全くの別人。そう、語り部たるドモン=カッシュである。

「さて、どうやら事態はきな臭いことになってきた。
 果たしてあのイージスに似たガンダムの正体は何なのか。
 イザーク達は本当にデビルフリーダムの手先になってしまったのか。
 これらは全て、シンの義兄であるキラの仕業なのか。
 それとも、別の誰かなのか……」

 ドモンは首を振る。彼の視線の先には、瓦礫の街中で唯一変わらぬ姿を保つ都庁ビルがある。
 曇り空の下、天を衝いて屹立するビルは、まるで崩壊を約束された塔にも見える……。




次回予告!
「みんな、待たせたなっ!
 更に驚きだ。ルナマリアが見たものは、不気味な兵士たちの工場だった。
 謎が深まる中、またも襲い来るデスアーミー軍団!
 そしてライバルに苦戦するシンの前で、ついにアスランの正体が明かされる!
 次回! 機動武闘伝ガンダムSEED DESTINY!
 『衝撃! パルマ・フィオキーナ敗れたり』にぃ!
 レディィ… ゴォォォ――――ッ!」



318 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 舞台裏 一:2008/05/14(水) 22:11:08 ID:???
アーサー「はいカット! OKでーす!」
シン「むっちゃくちゃ怖かったぁ――――ッ! 本気で死ぬかと思ったぞ!」
イザーク「このキョシヌケがぁ! と言いたいところだが、実は俺もかなり怖かったぞッ!」
レイ「今日は過激なスタントばかりだったからな。何台電車を潰したことか」
シン「本当に予算大丈夫なのかよ!?」
ソキウス4「無事で何よりです」
シン「あ、おう……」
ミナ「フォー・ソキウス、こちらに来い。調整するぞ」
ソキウス4「はっ」(とことこ)
レイ「何故ロンド=ミナ=サハクが今回来ているのか疑問だったが、なるほどお目付け役というわけか」
ルナ「イザーク隊長はディアッカさんやシホさん連れてこなかったんですね」
イザーク「うむ! 腐っても我らザフト軍人、撮影には有休を取るしかないからな!」
ルナ「……レイ、あたし達もザフト軍人よね?」
レイ「気にするな、俺は気にしない」
アスラン「…………」(ぱたっ)
メイリン「アスランさんが倒れた――――ッ!! タンカ、タンカをっ!」
アビー「まあ、よくもった方でしょうね。次回までにゆっくり休んでもらいましょう」
シン「そういやアスハはどこにいるんだ?」
レイ「速攻で厨房に行ったぞ。前回おにぎりを褒められたせいで調子に乗っているな」
シン「あ、そう……。まーいいけどな、迷惑にならないなら」
フレイ「ねえ、このカラーコンタクトどうするの? 捨てていい?」
アビー「ダメです、今後しばらく使用しますから。皆さんも大切に保管しておいて下さい」
一同『はーい』

ミナ「肉襦袢の偏りがいよいよ大きくなっている。全く、過激な演技にこうも半端な衣裳を使うとはな……
   これも予算不足の煽りか」(ぱんぱん)
ソキウス4「お手を煩わせてしまい、申し訳ありません」
ミナ「フフッ…構わん」


レイ「ところで監督」
タリア「何、レイ?」
レイ「一つ気になることがあります。アスラン版パルマ・フィオキーナのネーミングなのですが」
タリア「ええ」
レイ「『ファトゥム』はラテン語で『フィオキーナ』はイタリア語ですが」
アーサー「おおっ!」(←気付いてなかった)
タリア「…………」
レイ「よろしいのでしょうか」
タリア「ええ」
アーサー「いいんですか!?」
タリア「所詮はカタカナ語。音韻優先なのよ、こういうときはね」
レイ「……視聴者に突っ込まれかねませんが」

レイの危惧は的中した。
放送直後から某巨大掲示板にて『○鳳』を名乗る者が大量に出現し、またもサーバーを吹っ飛ばしたらしい。が……

319 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 舞台裏 二:2008/05/14(水) 22:13:01 ID:???

キラ『そんなに驚くことないよ。鯖飛ばしなんて今回に限ったことじゃないでしょ?』
メイリン「まあ、そうですけど……」
キラ『それに次回を見ればみんな納得するよ。ああ、彼なら仕方ないや、って』
メイリン「……珍しくキラさんから電話してきたと思えばそれですか」
キラ『いやぁ、今の撮影状況知りたくって。ぶっちゃけ出番まだ?』
メイリン「あ、はい。もうちょっと先です」
キラ『他の仕事ないの? キャラクターソングの収録とか』
メイリン「そ、そういうのは多分カナードさんの仕事になりますよ。
     本家のキョウジさんとシュバルツさんもそうですし(っていうかこの企画に派生産業あるのかなぁ?)」
キラ『あ、そう……』
メイリン「だ、大丈夫ですか? キラさんが仕事をしたがるなんて……
     そもそもキラさんがラクス様を差し置いて私に電話なんて、今まで一度もなかったし」
キラ『出来ないんだ』
メイリン「は?」
キラ『出来ないんだよ。ラクスに電話しようとしても妨害されるんだ』
メイリン「はいぃぃぃぃっ!?」
キラ『何度もかけてみたし、ハッキングも思いつく限り試したけどダメなんだ。
   やっと分かったよ! オーブは僕を飼い殺しにしてるってことが!
   家族と穏やかな暮らしと情報封鎖で檻の中に入れて……これじゃ七年間幽閉されたあの人と同じだ!』
メイリン「…………」
キラ『分かるかい!? 今僕は自分で分かるくらい追い詰められてるんだ!
   君にこんな弱音吐くのなんか考えられなかったし! こんなに真面目に働くなんてことも!
   何より足りないんだ! ラクスの電波が足りないんだよ!!』
メイリン「え、ええっと……」
キラ『君がツッコミに困るのも分かるよ! 誰だってこんな環境からはさっさと抜け出したいって思うさ!
   見ただろ、カガリなんかすっかり腑抜けにされちゃったし!
   だけどヴィアさんもユーレンさんも本気で喜んでるみたいで……
   二人の顔を見ると、このままでもいいかなって思ってしまう……こんなのは……!』
メイリン「いやそのっ、いいんじゃないですか!?
     せっかくの親孝行のチャンスなんですし! 撮影が終わるまでの辛抱ですし!
     それに労働の喜びは知るべきですよ絶対、ついでに電波はそのまま抜け切って下されば万々歳……
     はっ!?」
キラ『…………』
メイリン(こ、殺される……!?)
キラ『…………ごめん、今ユーレンさんに呼ばれてたんだ。もう一回言ってくれる?』
メイリン「い、いえ、大したことじゃないので!
     それより呼ばれたんでしたら、あんまり話してたらダメですよね!?」
キラ『うん、ごめん。こっちから電話しておいて悪いけど、切るね』
メイリン「は、はい……」

  ぶつっ

メイリン「…………」
カガリ「お、どうしたんだメイリン? 珍しく燃え尽きた顔して」
メイリン「……………………………………………………………………………………なんでもないです」
カガリ「?」

320 :機動武闘伝ガンダムSEED D 第十三話 舞台裏 三:2008/05/14(水) 22:14:42 ID:???

そして傭兵部隊X

ドモン「……なるほど。そういうことか」
メリオル「はい。シュバルツは最終試験と称し、カナードに無理矢理覆面を被せて、
     『外せるのは私だけだ、覆面で出るのが嫌なら私を捕らえてみせよ』と……。
     それでカナードは躍起になってシュバルツを追っているのです。
     私個人の見解では、あのマスクもアリではないかと思うのですが」
ドモン「それはそうだが、おそらくシュバルツは是が非でも覆面を被せておきたいわけではなかろう」
メリオル「は?」
ドモン「奴はカナードを本気にさせるため、『絶対に必死にならなければならない状況』を作り上げたのだ。
    覆面のまま出演するかどうかは全てカナードの技量次第ということよ」
メリオル「はあ……」
ドモン「第一(ぱらぱら)この脚本では、カナードが覆面を被る必然性もないわけだからな」
メリオル「まあ……第七話で顔を見せてしまっていますしね」

カナード「ブツブツ……気配……空気の流れを……ブツブツ」

ドモン「大分やつれているようだが」
メリオル「ろくに休みもしないものですから……」
ドモン(シュバルツめ、本気で気配を消しているな。俺ですら感じ取れん)
メリオル「あと二回です。あと二回の内に捕らえられるかどうか……。
     けれどこの『鬼ごっこ』が終わると思うと、早く第十六話の収録が来てくれればとも思ってしまうのです」
ドモン「ふむ……」



                  第十四話舞台裏に続く

321 :機動武闘伝ガンダムSEED D 言い訳:2008/05/14(水) 22:35:17 ID:???
操車場の説明は頭から信用しないでください。
一応調べたつもりですが、もしかしたら違っているかもしれないので…。

気付けば前回の投下から四ヶ月弱経過。すみません。
自分でも忘れられてるだろうなーと思っていたので、待っていて下さる方がいらっしゃったというのは
驚きでもあり、喜びでもあり、気力にもなりました。ありがとうございます。
申し訳ないのですが、おそらく今後、投下スピードは非常に不安定になると思われます。
来年自分がどうなっているのか未だ見えてこない現状、なんとも言い難いのですが……。
このペースだと最終話を書き上げるのが何年後になるのかは敢えて考えないことにして、
とりあえず書けるうちは書くつもりでいます。ぼんやりお待ちいただければ幸いです。

それにしても一話完結式が崩れてからのキツさは一体…

322 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/15(木) 13:54:46 ID:???
おつ〜

323 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/15(木) 13:56:22 ID:???
GJ!です。

324 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/15(木) 16:09:50 ID:???
良かった続いてくれてた……!
しかし、やはりというかイージス⇔ジャスティスになるんですな。
クーロン⇔マスターほどのギャップにならないのは仕方ないか。
歴代アスラン機は伝統的にあの頭と赤めのカラーで、数少ない他人用の
バリエであるロッソイージスにしても赤には変わらないからな…
しかしこれ以上更にペースが不安定になるんですかorz

325 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/17(土) 01:03:53 ID:???
もしもパピヨン(武装錬金)がネオの替わりにファントムペインに居たら

エクステンデットトリオがオシャレスーツ姿に……

326 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/17(土) 01:49:15 ID:???
よし、そのアイディアを持って復活した核金スレへ今すぐ行くんだ!

327 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/17(土) 03:24:17 ID:???
アインハンダーのクロスで・・・

エンデミオン化したメビウス改を操って連合基地を襲撃しまくってな・・・
おちはザフトに裏切られてフリーダム・プロヴィデンス・ジャスティスの鬼ラスト

328 :166:2008/05/17(土) 21:32:01 ID:???
こんばんは。
「機動戦士ΞガンダムSEED Destiny」を書かせて貰っている者です。
もう少しで次の投下分が出来上がりそうです。

なお、今回は続きの(4)ではなくて、(3)との間に入る幕間の話になります。

本来の主人公達たる連中はお休みで、その間の裏で起こっていたある出来事と言うことで…

329 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/17(土) 22:24:40 ID:???
>>328
投下ペース速いじゃん、中々やるな

330 :【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (幕間)】(1/5):2008/05/17(土) 23:39:21 ID:???
オーブ連合首長国内某所 払暁


「こうなったらやむを得ん、MSを出せ!何としてもラクス・クラインを始末するんだ!」
隊長格のヨップ・フォン・アラファスのせっぱ詰まった声での命令に、襲撃者達は万が一の用意と言うつもりで用意していた、最後の手段と言うカードを切った。

想定外に固められていた防備に阻まれて、まんまとターゲットには分厚いシェルターの中に逃げ込まれてしまっている。
文字通り、MSを持ち出さねば埒があかないようなレベルの「隠れ家」に引きこもっているなど、
やはりあの小娘は生かしておいていい存在ではなかったのだと、
驚き呆れながらも襲撃者達は改めて「自分達の正しさ=vへの確信をより深めてもいた。

付近の海中に潜む彼らの母艦―戦没した筈のボズゴロフ級潜水母艦―からオートパイロットで射出されて来た、最新鋭の水陸両用戦用MSアッシュ≠ェ次々と海岸に立ち上がり、
生き残っていたメンバー達が波打ち際に飛沫を立てながら、それぞれ各自の機体へと走り寄って行く。

そして次々と起動した異形の巨人の群は、その身に備えられた大小無数の火器を一斉に、ターゲットがじっと息を潜める穴蔵≠゚がけて叩きつけ始める。
驚くべきは、それでもなお簡単には崩れない防御のぶ厚さだったが、流石にMSの火力は人間の手による攻撃などとはものが違う。
一撃には耐えても、更に二撃、三撃と続けば流石に打ち破れるだろう。

MSまで持ち出さねばならなくなったのは何とも拙かったが、ならば確実に目的を果たすまでだと思考を切り替え、
どうにかその目処はつきそうだと言うことで、襲撃者達がようやく安堵の思いを抱いたその瞬間、
彼らの視線のその先で突如、崖上に爆発がおき、もうもうと立ち上るその爆煙のただ中から、まるで放たれた矢の様な一筋の閃光≠ェ天空へと飛び上がった。

「な、何だっ!?いったい…」
一瞬、何が起きたのか理解が遅れ、思わず動きを止めた彼らの目に映ったものは―10枚の青き翼を広げた1機の白いMSの姿だった!
「あ、あれはっ!ま、まさか……フリーダム!?」

前大戦時、本来ならば自分達コーディネーターの自由と平和の為に戦う、象徴にして尖兵として建造され、
そしてあの小娘達“裏切者”の手によって盗み出され、それまでの自分達の努力も苦闘も、全てを無に帰す働きをしたあの忌まわしい機体。
その機体が今、彼らの眼前にあった!

その宙に舞うフリーダムから放たれたビームが、1機のアッシュの手足をもぎ取り、ただの一撃で戦闘不能状態へと陥れる。

「くっ、怯むな!撃て、撃てっ!」
自らを鼓舞する様に叫ぶヨップの声に従って、残る全てのアッシュが一斉にその火線を宙空のフリーダムへと向ける。

だが、フリーダムは悪夢の様な凄まじい機動でそれら全てをかいくぐりながら猛スピードで接近すると、
両手に持ったビームサーベル(いつ持ち換えたのかさえ判らなかった)ですれ違って飛び去るその一瞬で、やはり数機のアッシュの手足を切り飛ばして行く!


331 :【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (幕間)】(2/5):2008/05/17(土) 23:43:02 ID:???
そしてようやく残存のアッシュが飛び抜けたフリーダムへと向き直った時にはもう、勝負は決していた。
とうに射撃態勢―フルバーストと呼ばれる合計5門の火力をマルチロックオンで一斉に射撃する広範囲殲滅攻撃だ―
を整え終えていたフリーダムから放たれた火線が、その一撃だけでほとんど全てのアッシュをスクラップ同然の状態へと変えていた。

「お、おのれ!貴様っ!」
部下達の機体複数の影になる形に助けられ、偶然にもただ1機無事で残されたヨップのアッシュだったが、
無論彼自身にはそれは相手が圧倒的な技量を見せつけ、小馬鹿にしているとしか思えなかった。

「き、貴様……っ、貴様はァッ!どこまで我ら≠フ邪魔をすれば気が済むのだっ!」
ヨップは血を吐く様な憤怒の叫びとともに、アッシュの両腕にビームクローを発振させて、フリーダムへと躍り掛からせる。

だが、その彼の必死の動きもフリーダムには初めから見切られていた。
フリーダムは左手に持ったシールドを突き出し、それでアッシュの突進の勢いをいなすと、逆にその勢いをそのまま利用してシールドの表面に乗せる様にして、ヨップの機体を投げ飛ばした。

「ぐはっ!」
一回転して背面から地面に叩きつけられる衝撃に、コクピット内で苦悶の声を上げるヨップ。

と、その眼前に立ったフリーダムが右手に持ったビームライフルを彼の機体に向ける―そして、きっちりと4連射。
彼のアッシュはそれで文字通りに四肢の全てをもぎ取られ、身動きも出来ない状態でただ無様にそこに転がるだけとなっていた。

「お、おのれ!……おのれェッ!」
ギラギラとした目でMSの装甲越しにフリーダムを睨みつけるヨップ。

戦後、「行方不明」となっていた筈の、伝説の機体。
(何が行方不明≠セ!)
こうしてあの連中≠ヘまんまと、こんな代物までをも自分達の手でしっかりと隠し持っているではないか!

これで「平和を愛する」だと?
笑わせるな!この偽善者面した大嘘つきどもが!

こんな奴らこそ、生かしておいてはいけない許されざる者である筈なのに。
今や亡きパトリック・ザラ―真に自分達コーディネーターのことを考えていた指導者は不当に貶められ、その裏で「裏切者」のあの小娘どもは何故か正義だと崇められている。

「ふざけるな!こんな奴らのどこが正義≠ネものか!」
そう叫んだその瞬間、彼の内で溶鉱炉のごとくに煮えたぎる激情が具現化したかのごとく、周囲の全てが膨大な熱量と閃光に包まれた―
限りない怒りと憎悪の目をフリーダムへと向けたまま、ヨップの肉体は猛然たるアッシュの機体の爆発の炎の只中に溶けて行った……。

眼前の1機の爆発が引き金を引いたかの様に、周囲に転がる全てのアッシュが次々に自爆≠オて消えるのを、フリーダムのコクピットの中でキラはただ黙然と見ているしかなかった……。



332 :【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (幕間)】(3/5):2008/05/17(土) 23:49:38 ID:???
「くっ、ヨップも……駄目かっ!」
最後にただ一機だけ残っていたアッシュも、傷の一つすらも負わせられぬままフリーダムに無力化される様を見て、モニター越しに状況を見守っていた者達は一斉に絶望のため息を漏らす。

アッシュの母艦である―いや、最早あった≠ニ過去形で言うべきだったが―ボズゴロフ級の幽霊$水艦の艦内は、よもやの失敗と言う現実に誰もが大きな衝撃を受け、重苦しい空気に包まれていた。

ユニウス・セブンを地球へと落下させることを成功させた、サトーの一派とはまた別の旧パトリック派残党のグループの一つである彼らにとっては、
ラクス・クラインの命を狙うこの復仇は、長い雌伏と忍耐を重ねた末の、殆ど総力をあげたと言っても過言ではない程の乾坤一擲の「作戦」だった。

それが、予想外の状況により無惨にも失敗と化したのだ。
この日、この時の為にとエネルギーを注いで来た者達の衝撃は測りしれなかった。

「か、艦長……我々はどうすれば…?」
リーダー格の男にすがるように、ブリッジ要員の一人が問いかける。
すると、艦長と呼ばれた男の口からは淀みなく意外な言葉が飛び出した。

「武人の情けだ。全機へ、自爆信号=A送れ」
「なっ!?」
「か、艦長!?」

(ヨップ達同志をどうすれば?)
と、(それが可能かどうかは別として)救出する事をまず考えた自分達に対して、艦長は「死なせてやれ」と言ったのだ。

驚き訝しむ同志達に向かって、淡々と言う艦長。
「この状況で彼らを回収する事が出来るのか?……無理だ」

「う……」
部下達は沈黙する。
艦長の言葉の正しさは理解しつつ、同志を見捨てることへの逡巡が彼らを迷わせていた。

だが、そんな彼らを諭す様に艦長は続けた。
「このまま彼らを奴ら≠フ捕虜にするわけにはいかん。今回は確かに失敗した、だが、失敗に終わったからこそ、我々にはここで諦めることは許されない」
わかるな?そう、諭すようにブリッジ内を見回す艦長。

そして、初めて苦渋の感情を僅かに表す表情を見せて言う。
「そして彼らに、あの連中に捕らえられ、利用されると言う辱めを与えるわけには………いかんのだ…」

その言葉にようやく部下達は愁眉を開いた。
「艦長……分かりました。艦長のおっしゃる通りです。彼らに不名誉を与えぬ為には、もはやそれしか…」
揃って頷いた部下達は、目に涙を浮かべながら陸上に倒れ伏す同志達の乗るMSへの自爆指示信号を送るスイッチを押した。

「……アッシュ、全機の破壊を確認」
血を吐くような口調で報告するオペレーター。
それを聞いて頷いた艦長は、新たな指示を発令する。
「よろしい、ただちにこの海域を離脱、帰投する。進路反転、機関全速!……忘れるな、我々は必ずや捲土重来を期す」
無言のままに頷いて、操舵主は艦長の指示通りに艦を反転させた…。



333 :【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (幕間)】(4/5):2008/05/17(土) 23:54:13 ID:???
それから暫時。オーブの領海外へと離脱した艦が、潜行したまま太平洋のただ中へと達した頃、突然にそれは起こった。

突如として艦内で起こった猛烈な爆発に、ボズゴロフ級潜水母艦の巨体が激しく揺れた。
内部からの爆発の衝撃で艦体を覆う圧力隔壁も損傷し、そこから高圧の海水が奔流のように艦内へと流れ込む。

けたたましいブザーの音が鳴り響く、非常照明の薄い赤光に照らされるブリッジの中、絶望的な対処に必死になる艦橋要員達の姿を他人事の様に冷ややかな目で眺めながら、
艦長はその口元を笑みに歪めていた。

アッシュに取り付けられていた自爆用の高性能爆薬の予備分に、彼が密かに取り付けておいた遅動信管が作動したのだ。
発信させた自爆信号は、それのスイッチも同時に作動させていたのだが、わざわざ遅動させたのはこの母艦は万が一にも発見されることがないように、
ここ―太平洋の海溝の上―まで移動したその上で沈めさせねばならなかったからだった…。

彼はほくそえむ表情で、パニックに陥った部下達―いや、かりそめの同志£Bの様を眺めやる。
そう、全ては計画通りに進行していた。

偽りの同志達―即ち、本性を偽って自分達「ターミナル」へと入り込んで来た、あのパトリック・ザラを未だに頑なに信奉する錯誤者どもの残党。
あくまでも平和の為、正義の象徴たるお方をお助けする用意の為にのみ備えている、自分達の備え続けている兵備を掠め取ろうとして接近してきた連中。

その様な手段でもってまんまと装備を入手し、ユニウス・セブンの事件を引き起こした連中の存在は、彼らにとっても衝撃ではあったが、
そのおかげでそれ以降は獅子身中の虫どもを見分け出す事も出来た。
そして今、この艦の中にはその連中があらかた揃っている。

(愚かな奴らだ……)
艦長として、彼らに賛同する同志≠ニして逆にその中にと入り込んでいた「ターミナル」側のエージェントである彼は冷笑を浮かべた。
(自分達では我々≠騙して利用したつもりだろうがな、利用されているのはお前達の方だ)

そのままならば、ただ単に平和に敵する害虫≠ノ過ぎない存在。
ましてや、そんな手合いがあの「平和の歌姫」を害そうなどとは、不遜の極みと言うものだった。

だが、どうせどのみち排除する手合いであるのならば、歌姫に再びお立ち頂く、その為のきっかけに使う事で、
そのままでは害でしかない者達も、結果的には有効に活かしての排除が出来る。

そう考えた連中が描いた絵図面の通りに進行した、今回の事件だった。


334 :【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (幕間)】(5/5):2008/05/17(土) 23:59:33 ID:???
自分達の信奉するあのお方≠ェ、こんな事でお倒れになる筈がないと、
そう確信≠オているからこそ、あえて襲撃者達の為のお膳立てをも黙って整えてやっていたのだった。
倒れられる筈はないが、かと言って脅威自体はそれなりに本物≠ナなければ、再起を促すものにはならないと。
少なくとも、彼らの中では(中でだけは)充分に合理的な筋書きではあった。

……もっとも、その当の歌姫本人がそれを知ったとしたら、果たしてどう思っただろうか?

実際には一歩間違えていれば襲撃者達はまんまと目的を達成させていたかも知れず、
今回の本当の絵図面を描いた連中の思惑通りの結果≠ェ出たのは、多分に偶然の産物に過ぎない部分も大きいのだが……。

もっとも、そんな事を考えられる様な者は初めから「狂信者」とは呼ばれはしない。
当の本人の意思などは実際には一欠片すらも忖度しようともしていないまま、艦長は自らを喜んで捨て石にする事への自己陶酔の喜悦だけをただ覚えていた。

(これでいい、これでいいのだ。これで、役目を終えたこの不遜な者どもは自分が道連れにして消す。
そして再び立たれた歌姫は、あの偽善者面のデュランダルめの欺瞞をも暴かれ、奴から正当な地位を取り戻されるのだ!)

彼らの中においては、現プラント最高評議会議長のギルバート・デュランダルもまた、歌姫に仇なす悪≠ニ既に見なされていたのだった。
あんな「偽物」をでっち上げ、平和の歌姫の権威を自らに都合良く利用しようとするなど、それのみで彼らの基準では万死に値する不敬であるのだ。

だが、これで残された状況証拠―襲撃者は特殊訓練を受けたコーディネーター達の部隊だったと言う事実―から、歌姫を身近に守る者達は、
現在のプラントに対しても、警戒心を持つのを忘れる事無く向き合う様になるだろう。

実際には無関与ではあるが、だからと言ってデュランダルの奴もまた、打倒されるべき悪≠ナあることは疑いの余地の無いことであるのだから、何も問題は無い。

自分はそれを実際に見ることは叶わないが、歌姫が本来立たれるべき場に落ち着かれる時が実現すると言う輝かしい未来を確信≠オて、艦長は満足げに叫んだ。
「全ては、ラクス様の為に!」

その叫びは轟々となだれ込む海水の奔流の中に呑み込まれ、他の誰の耳にも届かなかった。
そして、この事件の真実もまた船体と共に圧壊して引き裂かれ、深海の底へと消え去っていったのだった……。

335 :166:2008/05/18(日) 00:09:58 ID:???
幕間と言うことで、短めではありますが今回の投下は以上となります。

…いよいよ、種死を扱う上では避けては通れないやっかいな連中≠ノも触れ出し始める所に来ました。
扱いが「難しい」(いろんな意味で)とは聞いてもいますし、一端は垣間見てもいますので、
自分なりにやる上での扱い方については考えて組んでおりますが、
やっぱり手探りではありますね(苦笑)

次回はまたハサウェイ達の方に話が戻りますので、お待ち頂ければ幸いです。

336 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/18(日) 05:30:39 ID:???
>>335
GJ!
なるほど、確かにこういうことならストフリとかがあっさり出てきたことにも頷ける。
でもこれだとある意味ラクスも道化だな。

337 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/18(日) 10:20:57 ID:???
これでアフランシ・シャアのように、期待され、というより予定された
御輿としての立場にあえて一線を画すような自律心を見せるならいいんだけど…
マフティーとラクシズの接触って過去SSでも見当たらなかったので楽しみだ。

338 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/19(月) 17:45:54 ID:???
エヴァと種・種死のクロスを探してるんだけど、
どれこれもスパシンだったり、いわゆる三次創作だったりでしおしおのぷー。
何というかこう、もっと普通のクロスはないのか。

汎用人型決戦兵器とか言いつつ全然汎用じゃないくせにスペックだけは異常なエヴァを
どうにか効果的に運用しようと四苦八苦するようなのが読みたいですよ。
サイコガンダムみたく母艦にエヴァをぶら下げて移動するようなのとか、
海上戦だと母艦から離れられない上にパレットガンがPS装甲に効かなくてやきもきするとか。

誰か書きませんか?

339 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/19(月) 18:01:46 ID:???
エヴァ後半の追い詰められた状態だとラクシズ側につきそうな悪寒が……
第十二使徒より前の頃ならラクスの甘言(つーか洗脳)に惑わされないかな?
一緒にアスカ&弐号機も来てればなおよし

340 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/19(月) 18:11:36 ID:???
>>338
スパシンになるのはキラとシンジだと
同じ根暗系になって、しかも女か親友、カガリとかを宛がわないと
ろくに戦闘もしない状態になってたりする。
その上、シンジとキラのダブル根暗イベントはかなりの量になる。
種死状態のキラでもキャラ的にはカヲル君的なのが増えるだけで
逆にスパコディキラ様になり過ぎない配慮が多く求められる。

シンもシンで結構なDQNだが比較的軍人所属なので命令は其れなりに聞くので
シンジみたいな根暗系のイベントが倍増しなくて済む。
ただ、原作でも雑魚は倒せても
ネームキャラはシミュレートと対策練ってる感じでしかほぼ倒せてないので
全敵がネームキャラになる物語上
数回に一回は活躍しても全部で活躍してもスパシンに見えるだろうね。

341 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/19(月) 18:14:29 ID:???
前歯へし折ってやるなコミック版なら?

342 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/19(月) 18:27:31 ID:???
一番気が合いそうなのが種初期から中盤の頃のキラかな

「……どうして僕達が戦わなきゃいけないんでしょうね?」
「そうだね……逃げた方が楽だと思うけど、だけど友達や仲間を見捨てられないよね。」
「そうですね……痛くて辛いけど戦わなきゃ死んじゃいますもんね。」
「……それじゃあ辛いけどもう少し頑張ろうか。」

こんな風に後ろ向きに精一杯頑張る感じだと妄想してみたw

343 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/19(月) 18:35:44 ID:???
>>339
しかし、シンジがまともな軍組織に適応できてる図が想像できないので、
身を寄せるならやっぱりラクシズが無難そうではある。

補完計画頓挫後、アスカと一緒に(例の赤い湖岸じゃなく)マルキオの孤児院近くの海岸で気が付いて
そのままなし崩し的にラクシズ参加。
ことあるごとにアスカに「アンタら馬鹿ぁ? ちっとは自分の頭で考えなさいよ」と言われるキラ&ラクス。

>>342
で、やっぱり追い詰められていくキラがだんだんシンジにも辛く当たるようになって…。

344 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/19(月) 18:50:47 ID:???
>338

つ「体験EVA」

345 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/19(月) 19:56:44 ID:???
劇物じゃねーかwwww

346 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/19(月) 20:15:39 ID:???
穴座自慰怒

347 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/19(月) 22:45:15 ID:???
>>338
エヴァのアスカと種死のシン・アスカ入れ替えなら見たことある
スレも建ってたしまとめサイトもあるはず

348 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/20(火) 00:41:43 ID:???
ガンパレ風に悪夢で振り切って出撃したカガリをシンが殺っちゃってアスランが魔王化して
連合、プラント双方滅ぼそうとしたり・・・とか

349 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/20(火) 16:15:23 ID:???
>>348
大丈夫、AAの安否も不明だったのにキラの心配しかしなかった凸がそうなる筈はないw

350 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/20(火) 16:56:30 ID:???
ルナマリア「ねぇ、新しく配属されるフェイスの人ってどんな人なのかしらね」
シン「さぁ?」
メイリン「キャー」
シン「!!どうした!メイリン!」
メイリン「あ、あれ・・・」

とビクビクと怯えるメイリンの指を指す方向には筋骨隆々とし、鋭い歯を剥き出し
にした仮面の男がいた。たしかにそれだけでも異様な雰囲気を醸し出しているのだが
それよりも・・・

シン「な、なぜにメイド服・・・」

何故かメイド服を着ていたのであった。」

コガラシ「初めましてだご主人様、今日からミネルバ配属になったコガラシだ。
     これからみっちりご奉仕させていただくから覚悟しろ!!」

ミネルバ隊の地獄の日々が始まったという。

351 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/20(火) 16:58:44 ID:???
……フェイスとして配属されても、能力的にはなんら問題が無いのが問題か。

352 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/20(火) 19:23:37 ID:???
>>350
ネタで昔書いたなぁ。
2回位で反応薄くて挫折したが

353 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/20(火) 20:47:51 ID:???
2回で止めちゃうから反応薄いんだよ。

354 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/20(火) 21:35:06 ID:???
>>353
といっても、アニメ化する前のぺーぺーの漫画時代だったからな。
需要あるならこっちで投下するがどだろ?

355 :キラ←→ルルーシュで種やりなおし ◆OpHg.p7mIw :2008/05/20(火) 21:38:33 ID:???
先日「【IF系統合】もし種・種死の○○が××だったら」スレにて
「キラ←→ルルーシュで種やりなおし」の作品を投下した者です。

第2章が出来ましたので、22:00にこちらへ投下しようと思います。

前回は初めて故のミスもあったのですが、
読んで貰えたらと思いますー

356 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/20(火) 21:48:38 ID:???
>>355
少し、聞きたいのだがルルーシュの行動の理由はナナリーなわけで

殺したら意味ないように思える

ルルーシュである必要なくないか?

357 :355:2008/05/20(火) 21:51:44 ID:???
動機的なあたりは次らへんで出てきます。。。

自分で言うのもアレですけど、強引気味に理由づけされてますorz

358 :355:2008/05/20(火) 21:57:37 ID:???
よく考えたら次じゃ出てきませんぉ(´・ω・`)

359 :キラ←→ルルーシュで種やりなおし (1/6) ◆OpHg.p7mIw :2008/05/20(火) 22:00:36 ID:???
「ラスティが失敗?!いったい何があったんだ?!」
「乗り込もうとしたところを銃撃されました!」
「ラスティとて赤服なのに…更にジン3機も落とされただとは。
 アスラン!ニコル!イザーク!ディアッカ!D装備にて再突入するぞ!」
D装備―要塞攻略戦用装備である。クルーゼはそれを持って何をするか。
それは―ヘリオポリスの壊滅をも厭わない姿勢。最悪の中でも最大のパターン。
被害は大きすぎる。後にとっておく訳にはいかなくなったという事だ。
「しかし!今奪った機体を実践に投入されるのですか…?」
アデスが問いかける。ちなみに"ヴェサリウス"の艦長である。その他略。
「データの吸出しさえ終わればどうという事はない。急げ!」

「ストライクのパイロットは死んだと聞いていたが?それにテストであの機動性を示したか?」
問いかけるはナタル・バジルール。ちなみに先の襲撃によってほとんどの上級仕官が死亡したため、緊急措置として彼女が艦を発進させようとしている。
彼女は軍人の塊とも言える。その使命感だけが今、彼女を突き動かしている。
「4機も奪われるとは…ストライクを搬入後ヘリオポリスを離脱する。手の空いているものはオペレート席に座れ。コンピュータの指示に従えばいい!」
先の事態にアークエンジェルに乗艦しようとしていたオペレーター達の何人かは死んだ。
仕方ないのだろうが、発進させるために未経験のものがブリッジに立つことに躊躇している。
しかし状況が待ってくれるはずが無い。
生きていたクルーがCICへと向かう。

「俺を軍に入れて下さい。」
目の前に佇む少年は言った。
数メートル離れた所にある何かを見つめながら。
「…戦いは復讐の連鎖よ。貴方が敵を討とうと、それを憎み貴方が狙われるわ」マリューは言った。
少年の意志の確認。志願する以上断る理由は無い。
ただ、憎しみの連鎖は無くなることが無い。
マリューが常日頃考えていた事を尋ねる。
「覚悟なら、無いことは、無い。」
ルルーシュが確固たる意志を述べる。
先の戦闘でのストライクの操縦技能、並々ならぬ決意、それと―思い当たる節。
自分が望むことに対して、それが同胞を討とうとしている。
それを確認。少年は答えた。
―ルルーシュは、地球軍兵士となった。


Phase-02 全ては俺が為に

360 :キラ←→ルルーシュで種やりなおし (2/6) ◆OpHg.p7mIw :2008/05/20(火) 22:01:20 ID:???
「ラミアス大尉!」
アークエンジェルから一人の女性がやってきた。
大尉?え、この人大尉なのか…ヤバいかも…
と考えつつ、マリューの後ろに立つ。
「ナタル・バジルール少尉!よく来てくれたわ。…艦長は?」
「…艦長以下、先の襲撃にて死亡しました。生存者を確認しましたが、ラミアス大尉が最上士官であり、艦長の任に就かれる他ありません。」
艦長が死んだ?すると襲撃はアークエンジェルの出てきた場所―シャフトの中―でもあった事になる。
ザフトに侵入され警報すら鳴らなかった。どんだけ警備が甘いんだ?
俺はナナリーと、ゆっくり生きたかっただけなのに…
思いに耽っていると、
「大尉、後ろの少年は?民間人のようですが…」
「あぁ、彼は色々あって…軍に志願したのよ。緊急時だから私が許可しました。本部には後から連絡します。
それに―さっきストライクを駆ったのは、彼よ。」
「…また志願者ですか…」
「また?」
そういえば目の前に見えるのは…
「ムウ・ラ・フラガ大尉が艦の所属戦艦の撃沈による乗船許可を出しました。
また、別に志願者が。トール・ケーニヒ、サイ・アガール、ミリアリア・ハウ、カズイ・バスカーク、以上4名です。」
…俺の視力は凄いらしい。気付かなかったが。
あいつらとは、腐れ縁であるような気がする。
「とりあえず艦へ。何があるか分からないので。」

「クルーゼ隊長、データの吸出し・補給が完了致しました。」
「すぐに出るぞ!それに私も出る。」
「隊長自ら?!…お気を付けて。」
「分かっている。」
奪った4機のGと新しい機体が、再び"ヘリオポリス"へと向かう

361 :キラ←→ルルーシュで種やりなおし (3/6) ◆OpHg.p7mIw :2008/05/20(火) 22:01:50 ID:???
「ラミアス大尉、バジルール少尉!またモビルスーツですっ!」
志願者については後回しらしい。身を固くしたマリューの背中を、ムウが叩く。
「指揮を執れ。君が艦長だ。」
「わ―私が…?!」
「JKそうだろ?先任大尉は俺だろうが、この艦の事はわからん」
マリューは半ば諦めていて、一番嫌な事になったと思った。
しかし仕方がない。敵襲なのだ。我儘は言ってられない。
「ストライクとゼロで出てください。準備が整い次第援護します。
 "アークエンジェル"発進準備!これより本艦はアラスカ総司令部へ向かいます。総員、第一戦闘配備!」
瞬間、激しい爆音がコロニーを揺さぶった。
隔壁には大きな穴が開き、"ジン"の編隊が侵入してくる。
それぞれ大型のミサイルランチャーや、特火重粒子砲を装備している。
「拠点攻撃用の重爆撃装備かよ?!あんなもんここで使う気か?」
編隊の後ろから赤い機体が見える。
「こ、これは!X303-"イージス"です!」
自分たちの作った兵器に攻撃されていることを、情報を分析していたトノムラが伝える。
「もう実戦に使ってくるなんて…」マリューが苦々しく呟く。
CICのナタルの攻撃指令が飛ぶ。
「"コリントス"発射準備!レーザー誘導、敵に!」
「PSに実弾は効かないわ。主砲レーダー連動、焦点拡散。戦闘でコロニーを傷つけないように留意せよ。
 本艦は"ヘリオポリス"からの脱出を最優先とする!」


362 :キラ←→ルルーシュで種やりなおし (4/6) ◆OpHg.p7mIw :2008/05/20(火) 22:02:11 ID:???
"ストライク"のルルーシュは、"モルゲンレーテ"でストライカーパックを探していた。
ジンの飛来を告げる通信が来たので、空を見上げる。
対拠点用装備くらいは知ってる。あいつらはそれを持っている。
「あんなもんここで使われたら…これは」
"ソードストライカー"―15.78mの対艦刀、"シュベルトゲーベル"は戦艦の装甲をも容易く切り裂く。
ルルーシュはそれをアジャストする。刀の大きさはMSの背丈を越えている。
「これなら条件も容易くなるな…ん?あれはさっきの…」
ルルーシュはイージスの姿を見た。奪われた機体。
「まずはジンを…」
一人呟き、ストライクを駆る。ジンが迫り、大型ミサイルを放ってくる。
(あれがコロニーに当たったら…!)
考えたルルーシュはミサイルをぶった切る。
いろんな意味でびっくりしたジンは、こちらに迫ってくる。2機。
「今度は武器があるんだよ。」
言うなり、こちらも突っ込む。正眼に構え、斬る。薙ぐ。あっさりと落としてみる。
ナチュラルの開発した"ストライク"とはいえ、コーディネイターの駆る"ジン"が落とされた。
しかもあっさりに、だ。たまらず"イージス"がやってくる。
「双刀…なら!」
左へ突っ込む。右手のサーベルを下方バーニアを吹かして避わす。
左手のサーベルが逆から回ってくる。そうこなくちゃ面白くない。
シュベルトゲーベルの峰の部分で、イージスの足を引っ張りあげる。
サーベルが頭上を薙いだ。あまりにも遅いので左腕を切り落と…
<やるじゃないか!!>
接触回線で敵が通信を入れてきた。あまりの事に手が止まる。
それもそのはずだ。
「ア、アスラン…?アスラン・ザラ?」
俺がヤツの声を聞き間違えるはずがない。別に変な意味じゃなくて。
<ル、ルルーシュ?!ルルーシュ・ランペルージかっ?!何故お前がそんなものに乗っている!>
「さっきの戦闘―ジンが放ったビームでビルが崩れて、ナナリーが…死んだ」
<だからってそんなものに>
「そんなものじゃない!俺は、ナナリーの仇を取ると決めた。ナナリーの為に、そして何よりも、俺の為に!!」
対艦刀を振りかざす。かつての月の幼年学校の友人を―殺そうと。
<やめろ!俺はお前を殺せない!…くっ!>
"イージス"はMA形態に変形し、去っていった。
"イージス"の直線飛行には追いつけない。見送るしかなかった。
「俺はザフトをぶっ壊すと決めた…それならいくらアスランでも…殺す」
ルルーシュは確固たる意志を、しかし誰にも聞こえぬように呟いた。
いつの間にかザフトは撤退していた。ひとまずコロニー自体が崩壊されずにほっとする。
「X105"ストライク"、応答せよ」マリューの声。
「こちら"ストライク"ルルーシュ。何でしょう?」
「今から現宙域を離脱する。帰艦せよ。」
「了解。帰投します。」
その時、何か電波を受信した。別に厄介な意味じゃなくて、何かに呼ばれたような。
その"声"のする方へ近寄る。そこには推進部が壊れたらしき救難ボートを抱えていた。


363 :キラ←→ルルーシュで種やりなおし (4/6) ◆OpHg.p7mIw :2008/05/20(火) 22:02:49 ID:???
「アスラン。君が押されるような相手、ストライクのパイロットだが、何か心当たりがあるのかね?」
クルーゼ隊長に鋭く突かれる。この人は、いつも確信めいたことを言ってくるのだ。
「はい。ストライクのパイロット、彼はルルーシュ・ランペルージと言い、
 私の月の幼年学校の同級生であります。彼とはそれ以来別れていたのですが、まさかこんなところで…」
アスランは言う。学校卒業から別れた後も少しは付き合っており、よく知った相手のことを伝えた。
「彼は、コーディネイターです。私には、殺せるだけの気迫を持つことができませんでした。」
事実を言う。自分が殺せるはずがないと分かっていながら、ルルーシュは立ち向かってきた。
「わかった。それならば次の作戦には君を外そう。」
クルーゼは伝える。
「しかし!」
「殺せるようでないと困るのだよ。私たちはアレを破壊しに来たのだ。それとも、君に彼を殺せるとでも?」
クルーゼなりの優しさなのだろうか。
「彼は自らの妹を殺されて逆ギレしているだけなのです!説得すればなんとかなります!」
「では、聞き入れられない場合は…」
クルーゼが待ち侘びた様に聞く。アスランは一種の決意と戸惑いを含めて、答えた。
「その時は、私が、撃ちます。」
仮面の下でクルーゼは誰にも分からぬ様に、笑った。
救護室に眠る少女を思い、
「その"妹"とやらも、生きているようだしな…」
何か期待のような、利用価値を持つものを思う様な目で。

「なんだか呼ばれたような気がしたんだ」
ルルーシュが言う。救難信号ならともかく、全体的に壊れている救難ボートから声が聞こえるはずがない。
「避難民の受け入れなど許可しない!」
ナタルが叫ぶ。というかもめているのだが。
「このまま外へ放り出せとでも言うのですね?」
「いいわ。許可します。」マリューが言った。
「しかし!本艦はまだ戦闘中で…」
「こんなことでゴタゴタさせたくないの。早く収容しなさい。」
とりあえず彼女の一言で場は収まった。
ルルーシュがドックの中に着艦した。気密が確保されると、外へ出た。
途端、整備士達の目を感じる。
「な、なんだよ…」
無理はない。さっき艦長から野戦志願だと言われ、ストライクを我が物のように操ったパイロットが気になったのだ。
「こ、子供かよ…」
誰かが呟く。それは周囲に広がり、一帯が騒然となる。
「あーうるさいうるさい!」
整備士長のマードックが場を制する。と言ってもルルーシュは誰か知らないわけだから、-影響力のある男-としてしか見ていないが。
そこへムウがやってきた。彼の顔を見て、あぁ、と唸り、そして言う。
「君…コーディネイターだろ?」
「―ッ!!――はい。その通りです。」


364 :キラ←→ルルーシュで種やりなおし (6/6) ◆OpHg.p7mIw :2008/05/20(火) 22:03:59 ID:???
次回予告
Phase03 戦いの誓い

幼き記憶を抱えて対峙した2人。
殺す者と殺される者のどちらかしかいない世界。
その中にアスランとルルーシュがいる。
同胞をも討つ事を厭わぬ者、かつての友人に説得を試みる者。
どちらに覚悟があり、どちらが死するのか。
目に見えた"友情"は何処へ行くのだろうか。


すいません、>>363は(5/6)ですね。。。

第2章は以上です。またよろしくおねがいしますm(_ _)m

365 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/20(火) 22:32:48 ID:???
自分達のせいで親友の妹が死んだ(戦闘の時点で)というのに反応は軽いし

殺せるか、と言われて返答が逆ギレかよ・・・

クルーゼが救護室に眠る少女を妹とするのもおかしい

瓦礫の下からいつ救出されたのだろう?

これはギャグ路線なのだろうか?

366 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/20(火) 22:41:18 ID:???
いちいちわかりきった事を突っ込まんでもw


367 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 00:51:54 ID:???
アスランはガチですか?

クルーゼの利用しようという野望、一番重要なのは嫉妬したアスランの暴走を押さえることだなw

368 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 00:53:32 ID:???
シン「また戦争がしたいのか!あんたたちはぁぁぁぁっ!!」

と勇んで行ったはいいが、シンの状況は劣勢であった。3対1という状況
なので善戦はしている方なのだが・・・

シン「(このままじゃ・・・やられる!!)」

そうシンが思ったとき、ヒーローがそこに現われた!!

???「まてぇい」
スティング「なんだ!!ありゃあ」
アウル「変態かよ!」
ステラ「うぇぇぇい?」
スパイダーマン「守るために力を欲した少年に味方する男、スパイダーマッ!!」

すまん、なんか思いついたのでやってみた

369 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 01:03:20 ID:???
ちょwww
レオパルドンで一瞬にして敵が終わるwwwww

370 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 11:25:02 ID:???
キラ→白玉楼・マヨイガ
アスラン→永遠亭
シン→紅魔館

にふっとばされました・・・

371 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 11:44:30 ID:???
はいはい東方厨はかえれ

372 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 12:35:03 ID:???
ところでマッドサイエンティストキャラが種・種死世界に来るのはありだろうか?
話の中核に据えるのは難しいだろうが

レインの父親のミカムラ博士とかVガンの爺さん達が共同開発で運命作って
シャイニングとV2のニコイチとかw

373 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 12:50:45 ID:???
>>372
搭乗者の気力次第で光速まで達するのかw

374 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 13:01:33 ID:???
ミカムラ博士はマッドと呼ぶには微妙。

375 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 13:06:48 ID:???
Vガンの爺さん達もマッドと呼ぶには微妙。

Wの爺さん達ならわからないでもない。

376 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 13:14:35 ID:???
つ香月夕呼

377 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 13:16:11 ID:???
人体改造せん程度の程よいマッドだと、ヤマトの真田さんやナデシコのウリバタケとイネスさんとかかな
洒落にならないレベルではWの爺さん達とかエヴァ関係の科学者全般ってとこか
Wは終盤しか見てないけど、デュオが「やっぱ殺しときゃよかった。」とぼやいてたのは覚えてるw

378 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 13:24:31 ID:???
ゲッターの敷島博士とかどうよ?

379 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 13:31:25 ID:???
漫画版の方しか知らんけどあの人も普通のMADとは一線を画してるな
とにかく強い武器をつくりたい、自分の作った武器で殺されれば幸せって人だし
対ハチュウ人類用の傘型武器とか重火器とかゲッター用のミサイルマシンガンとか

380 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 13:36:23 ID:e4YBVyBv
あの人の場合、後に自分の肉体まで武器に改造しちまうしなー。

381 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 13:39:28 ID:???
古いかもしれないがDrワイリーとかレッドリボン軍のDrゲロ(人造人間20号)とかが思い浮かぶな。
マッドサイエンティストと言ったら。
後は元祖マッドと言ったらアトム作った博士?

382 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 13:46:02 ID:???
>>370
東方厨自重しろ

と、ガノタ兼東方厨兼なのは厨兼型月厨兼軍ヲタの俺が言っておく

383 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 14:57:04 ID:???
Drワイリー、Dr.ヘル、ドクターマンあたりのほぼ自分一人の科学力だけで自分に仕えるロボット帝国を築きあげて
世界征服に乗り出す精力的化け物マッド科学者が来たら面白そう

384 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 15:00:17 ID:???
Drエッグマンが来てスペースコロニーを建設の後月の半分を壊したりとか

385 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 15:16:04 ID:???
>>368-369
最初に携帯で読んでて、デフォでは>>368
>シン「(このままじゃ・・・やられる!!)」
までしか表示されず、続きを読む前にそのまま>>369を目にして
一瞬違う方のレオパルドンが来たものと思い込んだ奴白状するように。

386 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 15:27:42 ID:???
何となくスパイダーマンやバットマンが種世界に来たら

387 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 16:05:57 ID:???
ジョーカーとか

388 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 16:56:37 ID:???
バットマンは、ゴッサムシティしか守ってくれねーからなぁ

389 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 17:14:03 ID:???
ペリー・ホワイトとJ・J・ジェイムスンならラクスの洗脳波に惑わされず
硬派の報道姿勢を貫いてくれると信じたいが…

390 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 17:16:10 ID:???
アメコミ系はヒーロー側よりぶっとんでる悪側が来たほうがおもしろそう

391 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 17:44:57 ID:???
>>389
>ラクスの洗脳波に惑わされず硬派の報道姿勢を貫いてくれる

議長 「やあミーアにハイネ、良く来てくれたね。 実は君達を読んだのは他でもない。
     ミーアにはある人物と組んで報道番組のレポーターをやってもらうつもりなんだ。
     ハイネにはマネージャーとして頑張ってもらいたい。」

ミーア 「……レポーター? ラクス様の代役としてですか?」
ハイネ 「それにある人物って一体何者です?」

議長 「では紹介しよう。 二人とも入りたまえ。」

うらら 「うららでーす! よろしくお願いしまーす!」
モロ星人 「モロー!」

議長 「異世界からやってきた凄腕報道リポーターうららくんとその相方のモロ星人くんだ。」

ミ・ハ 「「何ですとーッ!!?」」

こんな感じで新設報道番組『スペースチャンネル5』が開設され、プラントだけでなく地球の視聴者にも好評だったが
あるとき世界各地で大規模な誘拐事件が発生する
それはラクス・クラインが世界の意思をむりやり一つにまとめるために密かに開発をさせていた
全人類躍らせ砲のエネルギーをチャージするためのものであった
オーブからユウナ、プラントからも議長をさらわれたことを知ったうららとミーアは
いつの間にか番組のスタッフにさせられたミネルバクルーやファントムペイン達と共にラクスと戦うために本拠地に乗り込む
というまんまスペースチャンネル5パート2な展開を思いついた
これラスボスが凸の中の人なんだよw


392 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 17:49:07 ID:???
何となく黄金聖闘士が種世界に来たら

393 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 17:57:03 ID:???
>385
ノーズフェンシング!!

394 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 18:16:41 ID:???
>>392
積尸気冥界波!!

395 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 18:40:59 ID:???
>>391
さあ、書くんだ!

396 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/21(水) 18:42:34 ID:???
俗世の争いには関わらない聖闘士なので、結局何も変わらない。

397 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/22(木) 00:35:16 ID:???
議長は良い意味でも悪い意味でも壊しやすいキャラだから困る。


398 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/22(木) 02:20:00 ID:???
キラに拳銃向けられても動じない議長、むしろスカーレットニードルを打ち込む。
もちろんスコーピオンダンスの格好で

399 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/22(木) 02:29:14 ID:???
よしここは
マイケル・ウィルソンVSラクシズ



400 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/22(木) 02:46:37 ID:???
……ラクシズのMSの残骸の山の上に立つ大統領を光の速さで想像できましたよ。

401 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/22(木) 03:04:55 ID:???
もし種世界にスーパーマンが来たら

連合の核ミサイルを片っ端から捕まえて一まとめにして連合艦隊に投げ付けたり
ユニウス7を腕力で止めて放り投げた先にプラントがあったり
山を光線で切り離し、ひっくり返してデストロイを潰したりするかな

402 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/22(木) 07:27:03 ID:???
>>401
電話ボックスが無いから大変だなw

403 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/22(木) 14:51:01 ID:???
それ以前に全世界に投入されかけたNJ艦隊をまとめて撃墜したり
L4コロニー群に迫るザフトの虐殺艦隊をまとめてしずめたりしてくれるだろう
なにせ、スーパーマンは米国(大西洋連邦)のヒーローだからな!!!

でも、S2インフルエンザだけは簡便な

404 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/22(木) 15:17:57 ID:???
>>403
宇宙人にも効くのかw

405 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/22(木) 16:09:44 ID:???
>>398
一応本編でも動じてなかったろw

406 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/23(金) 03:42:31 ID:???
ガンダムSEED×サイボーグクロちゃん(異世界編)

地球軍とザフト軍の戦いは核ミサイルvsジェネシスと言う
最悪の結末で幕を下ろした。
地球と月、プラントの全てから人類は消滅した。
しかし人類が滅んだ訳では無かった。
生き残った人々が目の当たりにしたのは一面に広がる
砂漠世界だった…!



大筋はガンダムX+ビッグオーみたいな話になりそうだ。

407 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/23(金) 14:12:04 ID:???
>>388
そう考えると、バットマンってご当地ヒーローだったんだなw

408 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/23(金) 15:43:18 ID:???
>>407
ご当地に関しては死ぬ気で守るからなバットマンは。
確か、老後も街の平和のために私設軍隊作って
悪人どもを容赦なくぶっ殺しまくってたら
それは人命を軽視してるっつってスーパーマンに喧嘩を売られると言う
漫画がアメリカにはあったらしい。

409 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/23(金) 17:57:42 ID:???
もしガンダムVSガンダムに出ているキャラ全員がそのまま種死に来たら



シンが運命乗った時点で主役降板なので、運命にはルナが・・・
そしてステラ超人伝説(種死のGクロスオーバーは全身攻撃判定のデストロイの為)

410 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/23(金) 18:10:32 ID:???
ふたりのアムロがそれぞれ連合とザフトにつくとか?

411 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/23(金) 19:37:12 ID:???
∀とXのGクロスオーバーでヤバい事になるぞw

412 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/23(金) 20:38:48 ID:???
>>408
バットマンはもう少しでスーパーマンを倒すところだったぞw

413 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/23(金) 22:29:19 ID:???
聖闘士星矢とのクロスだとグラーフ財団がロゴス認定されてうろたえる紗織さんが浮んだ

414 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/23(金) 23:18:30 ID:???
実際議長のロゴス発言で一体どれだけの人間が犠牲になったのやら……
個人商店も「貴様ロゴスだな!」とか言いがかりされて銃撃されてそうだから困る

415 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/23(金) 23:31:43 ID:???
しかし、それで殺された奴もいるなんてロゴスの警備どうなってんだ。大西洋、民度低すぎ。

416 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 00:07:41 ID:???
ロゴスの表の顔は軍事、金融、化学、穀物生産といった産業の大物経営者らしいので

軍事・経済大ピンチじゃね?

417 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 00:18:38 ID:???
ロゴスは地球のほぼ全ての企業に関与しており、ロゴスの壊滅後、地球圏の経済界は大混乱に陥り、空前のインフレーションを招いた

418 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 00:28:07 ID:???
ロゴスじゃなくてショゴスだったらどうなったんだろう

419 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 00:33:54 ID:???
それの対応策がDP
ただしラクシズが潰して且つ経済を放置したので地球は火薬庫に

420 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 00:43:25 ID:???
>>418
南極から溢れ出る黒くて不定形でテケリ・リの海ですね。分かります。

421 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 01:24:33 ID:???
ほんとにろくなことしねえなあ、ラクス一派
好き勝手に戦場で暴れた挙句責任も取らずに逃げ出す印象しかないけど、
責任を持って何とかしたことってあるのかね?
ああ、死種の後プラントの指導者になったんだっけか。何をやっているのかは知らないけど

422 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 02:14:04 ID:???
ロゴスが壊滅しても寄り合いがなくなる訳じゃないし、流通やら情報やらの網潰されて怒り心頭だろうからなー。
経済活動からの締め出し食らって火の車なプラントを立て直す為に四苦八苦してんじゃね?

423 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 10:26:51 ID:???
エネルギー事情は種死では改善したらしいし、プラントの存在意義が微妙に怪しくなってはいるんだよね。

424 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 10:32:22 ID:???
そもそも地上のエネルギー不足の原因はプラントじゃん。

425 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 16:17:56 ID:???
執務室の天井付近まで積みあがった様々な書類を前に、虚ろな目と引きつった笑みで
乳酸菌云々と呟きながら現実逃避するラクスですね。

426 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 17:00:21 ID:???
戦争をコントロールして需要を作り出した死の商人ロゴス。
事実だけ述べれば悪だが、ロゴスがなくなった事で逆に問題が浮上するケースも有るのではないだろうか。

427 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 17:06:09 ID:???
コントロールしてアレだったのかよwwと思った。

428 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 17:06:14 ID:???
>>426
地球経済が壊滅しますた
その結果オーブとプラントの経済も破綻し超ド級の大恐慌が訪れます

429 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 18:04:15 ID:???
>>426
>>416
>>417


430 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 19:07:42 ID:???
NJCを地球に打ち込めば…
なんでもないです、さーせん

431 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 19:10:11 ID:???
NJCは希少金属を使わねばならないので量産不可といいながら
大量の核ミサイルに搭載してもまだまだ余裕がある件について

432 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 19:15:23 ID:???
正直……種デス版のキラは、オレンジ風味にしたほうが面白かったのではないだろうか。と愚考してみる。

433 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 20:29:14 ID:???
>>249
>>「シドニー湾≠ェない……」

パクり乙w

434 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 20:37:16 ID:???
×パクリ
○定石

435 :パンダ:2008/05/24(土) 20:38:54 ID:80QjFZU9

国旗は日本製、訓練は軍艦マーチの国

http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/02/p001.html#page9


436 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 20:46:22 ID:???
あげ

437 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 20:51:31 ID:???
>>434
擁護乙w

438 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/24(土) 20:59:15 ID:???
どうせやるなら宇宙革命軍並に(サテライトランチャー

439 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/25(日) 02:07:29 ID:???
家康→ラクス 忠勝→キラ  立花→カガリ  
三成→レイ 左近→ハイネ 幸村→シン 兼続→アスラン 慶次→カナード

でやったら面白そうだな無双・・・

440 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/25(日) 09:19:31 ID:???
>>433
始めにシドニー湾ネタを考えた職人が定石を作ったと考えれば良いだろ。
定石を作り出した職人の方が後続の職人よりも凄いと思うけどね。

441 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/25(日) 10:15:28 ID:???
完結させる職人の方がえらい

442 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/25(日) 11:44:49 ID:???
職人はみんなえらいよ。

443 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/25(日) 21:01:59 ID:???
ふと、もしも地球防衛軍のインベーターがやってきたらが思いついた。

444 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/25(日) 21:43:54 ID:???
シドニーに落着して最大直径500kmなクレーターが出来たんだから元の都市の名前が
ついても変じゃない。 
UCガンダム見てたらパクリとは思わないな。

445 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/25(日) 21:58:41 ID:???
つか、オフィでシドニー湾だろ
カードビルダーでも見るぞ

446 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/25(日) 22:15:44 ID:???
直径500キロじゃほかにも大都市がいくつか潰れてそうな気がするんだが

447 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/25(日) 22:17:09 ID:???
静岡に落ちて名古屋と東京が沈んだら、東京湾になるんじゃない?

448 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/25(日) 22:33:02 ID:???
キャンベラは無事だったのかな

449 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/25(日) 22:42:07 ID:???
シドニークレーターの有無で世界転移を匂わせるってのがパクりなんだろうな。
前に閃ハサクロスでそんなのがあったような気がする。

450 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/25(日) 22:47:44 ID:???
というか、08クロスだろうがΖクロスだろうが、どの作品にもあるぞ……。

451 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/25(日) 22:52:18 ID:???
良くある事をつつくな。

452 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/25(日) 23:29:48 ID:???
もし種にドアラがいてクルーゼの位置に居たら……

453 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/25(日) 23:37:06 ID:???
>>452
凄い存在感だな

454 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/25(日) 23:47:08 ID:???
なんというドアラ
間違いなく戦争自体起きないw

http://www.youtube.com/watch?v=YeysHWds2Z4&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=E3HLFpCpuWY&feature=related

455 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/25(日) 23:54:12 ID:???
ドアラさんさすがだな

456 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/26(月) 00:11:08 ID:???
じゃあ種死だとネオがドアラになるのか。
いやフラガ家がドアラ?

457 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/26(月) 00:13:32 ID:???
クローンじゃなくて色違いバージョンとして生まれるんだな

458 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/26(月) 00:53:59 ID:???
UCから転移してくる以上シドニーの状況で判断するのは当たり前だろ。
FCやACやAW他から、あるいはUC0078以前から来るんならともかく…
…って、してみると∀第一話以前の最後の文明こそがUCって事に?

459 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/26(月) 00:57:44 ID:???
つ「公式で『UC〜(他の時代)〜∀』となってる」

盟主王がプラントのドアラに対抗するために
ブーステッドの代わりにジャビット他マスコット軍団を送り込むんですね、分かります

460 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/26(月) 00:59:27 ID:???
誰かがガンダムでシドニー湾の埋め立て工事をやったのか。

「シドニー湾干拓工事はんたーい!」
「ええい、農地にするにはシドニー湾の干拓が必要だと、なぜわからぬか!」
ってなノリで。

461 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/26(月) 01:05:59 ID:???
いやいや、ガンダムファイトの影響で地形が変わっただけかも知れないぞ?

462 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/26(月) 01:28:35 ID:???
大規模な地球環境破壊の象徴だかんな>シドニー湾
地球環境再生計画が持ち上がった時点で外見だけでも地形復元をやって
環境再生のシンボルにしようってプランが出たのかも
テラフォーミング技術の蓄積があった時代である事だけは間違いないだろうが

463 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/26(月) 01:28:48 ID:???
シドニー湾どころか南米が穴だらけかもしれん

464 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/26(月) 07:34:34 ID:???
シドニー湾どころか、Xで地球は穴ぼこだらけになったわけで、やはりそれを埋め戻したのだろうかと

465 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/26(月) 08:05:31 ID:???
なるほど。
地上編書くときはシドニー湾を重視しないといけない訳ですね。
まだまだ、自分はUCについて甘いな。一年戦争全史(上下) を読み直そう。

466 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/26(月) 16:07:54 ID:???
>>459
いや、そこはボン太君だろ

467 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/26(月) 18:43:07 ID:???
>>459
あれはターンA内だけに留めていただきたい。

468 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/26(月) 18:59:55 ID:???
新たなる歌姫としてライブアライブ原始編から「恐竜をも殺す」べるを置いてみたい。ピンク髪だし。
当然言葉は一切喋らせず、意志疎通はジェスチャー他で。文字にしないなら多少は喋れてもいいかも。
で、歌詞無しの歌で世界を癒すも良し。MSを正面から歌でブッ壊すも良し。

469 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/26(月) 19:11:09 ID:???
横でサモにほいこーろーでも踊らせようぜ

470 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/26(月) 21:02:22 ID:???
「UC〜(他の時代)〜∀〜〜〜〜〜SD戦国〜〜SDナイト」って時代の流れなんだったっけ?ソース知らんけど
SDナイトの魔法ってナノマシン技術なのかな

471 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/26(月) 21:30:12 ID:???
>>470
ナノマシンでうてるのかw

一応∀→武者ジェネラストで始祖的なMS族?誕生→遥かな時→天下統一編→真悪参飛ばされてナイトガンダムに
→光の七人衆編以降の戦国伝シリーズとされてる…んだけど

騎士の方の設定にスダドアカ12神とかコマンド世界の過去とか未来とかあって
またこの二つの世界が地上最強編や超機動大将軍編で地続きっぼいことが分かってるのでややこしいことになってる

472 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/27(火) 01:09:25 ID:???
SDと繋がってるって初めてしった。
すげぇな。

473 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/27(火) 01:30:25 ID:???
SDか・・・マスタゼータや飛閃とかが出てくる奴は全種類そろえたな・・・畜生、俺はヴィクトリー欲しかった。

よしここでEDFのストーム1を送り込む、生身の人間でMSを千切っては投げと



474 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/27(火) 01:59:06 ID:???
つまりあれか、ストーム1と出合った盟主王がトラウマを乗り越え、友誼を結び、
地球圏の争いの裏で糸を引く適正宇宙人の生体兵器たる羽根鯨の群れに立ち向かうのか。


475 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/27(火) 10:27:47 ID:???
発達した科学は魔法と見分けがつかないの世界がSDって認識でおk?

476 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/27(火) 10:38:41 ID:???
>>466-467
そんなこといったら種でサンライズに「俺が∀でガンダム終わらせたのに!!」ってブチ切れてた禿御大がまた切れますよ?

>>475
っていうか、発達しすぎた科学力がリアル魔法とか神の時代に突入したと言うことでしょう

477 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/27(火) 12:40:17 ID:???
騎士ガンダム物語は魔法じゃないとヤダ。

478 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/27(火) 16:11:00 ID:???
初見でベガルタも乗りこなすストーム1ならMS如きどうにでもなる!
終いにゃ味方が全滅しても戦い続けて
隊長「メサイアが火を噴いている……誰だ、まだ戦っている奴がいるのか?」
オペ子「ストーム1です! ストーム1がザフト軍と戦っています、たった一人で……!」

479 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/27(火) 16:59:12 ID:???
メイリン「限界点突破しました」
議長「ダメだったか・・・」
カガリ「ユニウスが・・・くそっ!!」
タリア「MS各機収容急げ、本艦はこれより陽電子砲による破砕作業に移る」
メイリン「待ってください!ユニウスが割れて行きます」

レイ「誰だ、誰かはわからない。だけどたった一人で作業しているのをみたんだ」
ルナ「ストーム1、ストーム1よ。私、見たわ」

メイリン「確認、ストーム1、ストーム1です。たった一人で爆破による破砕作業をしています」
議長「彼はナチュラルだぞ!?」
カガリ「何だって!!」

シン「インパルス、これよりストーム1の援護に入る」
イザーク「生身の人間に任せられるか!キョシヌケェ!!」
ディアッカ「やれやれ、しょうがないな。グゥレイトォ!!」

レンジャー7「レンジャー7隊、これよりストーム1の援護に向かう」
タリア「承認します」
メイリン「艦長!レンジャー7はていさ・・・」

かくしてユニウス落としは防がれ、通信内ではEDFの声が高らかに叫ばれた。

480 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/27(火) 17:01:45 ID:???
スターシップ・トゥルーパーズ3のマローダーはMSに対抗できるか否か?

481 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/27(火) 19:59:08 ID:???
EDFなら生身でMSを殲滅できるから困るw

482 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/28(水) 00:08:48 ID:???
>>480
MSがあってもあのバグズの群れが相手じゃきつそうだな。
しかも遊星爆弾も使ってくるし。

483 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/28(水) 00:12:39 ID:???
もしシンがフラッグファイターの一員だったら
一応ハワードよりは長生きするかな

484 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/28(水) 00:34:11 ID:???
もし種死で盟主王が勇者王と化して復活していたら

485 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/28(水) 01:12:26 ID:???
今の話の流れを見ていて、
もしも、種〜種死のどちらかでマザーシップがきたらがうかんだじゃねえかww
…種の時点できたら種死編でシンがEDFにはいってそうだwww

486 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/28(水) 20:44:38 ID:kaN1JTmZ
>>485
シン「あのくそフリーダム!!いつもいつも邪魔ばかりしやがって!!」←生身
キラ「そこの人!そんなところで死ぬ気なのか!」←フリーダムに搭乗
シン「セントリーガンを設置してもあいつに反応しちまうし・・・いっそこの爆弾
   で巻き込むか」
キラ「うう、落しても落してもまるで減らない」

487 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/28(水) 21:00:14 ID:???
PS装甲って巨大甲殻虫(巨大アリ)の酸とか溶解液への耐性って、どのぐらい有るのかね?

488 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/28(水) 21:23:11 ID:???
酸に対する耐性と衝撃に対する強度はあまり関係なさそうだなぁ

489 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/28(水) 21:40:18 ID:???
はっ水性がすごくて色が塗れないらしいよ

490 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/28(水) 21:43:59 ID:???
酸性雨の中で野ざらしにされた車みたいにボロボロになって落とされるMSか……
なんか無常さと侘しさを感じる

491 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/28(水) 22:14:59 ID:???
種死のEDそんな感じだったよね<ボロボロ

492 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/28(水) 23:22:33 ID:???
もし種で東アジアの国家元首が
             ,,,,,,,,,,_
           ,ィヾヾヾヾシiミ、
          rミ゙``       ミミ、
          {i       ミミミl
          i゙i ,,,ノ 、,,-=、 ミミミ!
          {_i=・}-{_=・`} ̄レゥ:}
             l ̄,,,,_,゙ ̄` :::ン   フフンッ
           |/ _;__,、ヽ..::/l
           ヽ.~ニ~ ' .::::ノ/ }\_
         _,,.-‐' `ー '"::/ /  |   ̄`''ー-、
      r‐''"   ./  i\/  /    |     / ヽ
      /     /   | /;;;ヽ、 l ヽ /     ノ /}
     ノ |   >   |' }::{ ノ   \   / // ハ
     { ヽ |   {    | l:::l /   o /  .:{ /ノ / |

だったら

493 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/28(水) 23:28:39 ID:???
むしろ。問題なさそうだなぁ。ヲイ
っていうか。ユーラシアと東アジアにとられているしなぁ。

なにやってるんだ?あの世界の日本は?


494 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/28(水) 23:38:35 ID:???
陳パン爺が頑張ったんだろ
あと民捨党とか

495 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 00:34:25 ID:???
オーブが理想の日本らしいからな、あの世界w

売国して、自分達だけ逃亡したんだろ>オーブ人ども

496 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 00:55:31 ID:???
理想の日本は独裁者によって戦火に巻き込まれるような国なのですね

497 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 01:06:37 ID:???
他国に攻められた時、海上で戦わずイキナリ本土決戦で市街戦を選択するんですね。

498 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 01:31:24 ID:???
EDなのかホモなのか後継者もつくらず、たまたま貰った養女を溺愛してろくな躾も出来ずにいただけでも問題ある独裁者だったよな、ウズミは

499 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 01:36:45 ID:???
市街地でまともな避難もさせずに非戦闘員を巻き込む戦い方がオーブ軍の伝統だし。

500 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 04:37:58 ID:???
まあ、こんな風にならず世界的な地位を築いてるだけオーブ人は優秀かと
ttp://alfalfa.livedoor.biz/archives/51237737.html

つーか、この国の取った政策ってネラーの主張まんまで笑った
やっぱアホが政治に関わったらダメだな

501 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 08:00:15 ID:???
2Chネラーに失礼だろう。っていうか。2chネラーの中には現職の日本の国会議員もいるぞ。(麻生閣下とか)

502 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 09:15:58 ID:???
え、こんなお馬鹿な政策をマジで主張しているって奴がいるのか?
食料の輸出先として美味しい国家の大半がヨーロッパ、
しかも、基礎技術を持っている層が白人に集中している状態でこういうことしたら、
国が立ち行かなくなるくらい解りそうなものだが。


503 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 09:19:38 ID:???
>>502
ジンバブエはマジでやらかしたぞ。

北朝鮮よりも上のアホ国家

で。中国の無償援助を受けて国民を弾圧中


504 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 11:04:26 ID:???
トップがカガリになって、官僚がアスハマンセーしかいない種死後のオーブならこのくらいやってくれるよ。

現実見据えていたセイラン家が国賊扱いだしナー。

505 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 11:10:29 ID:???
>>500
>>502
>>503
イギリスが国境線≠部族領土線にし、奴隷並みの扱いで搾取し愚民化教育をした後に何の責任も取らずに独立させたせいだろ。
撤退する時にマトモに国家を運営出来るように国内を整えていたならこんな事にはならなかった。

506 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 11:38:09 ID:PotMA0E9
>>505
そこまでしてやる義理あるのか?独立させてもらっただけで十分だろ
まともな教育とかしてあげてたのは日本ぐらいじゃねーのか?

507 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 11:53:18 ID:???
リアルワールドでの、他プレーヤーになるわけだから、弱体化させとくのがセオリーで国益でもある
イギリスはその方針の下、中東でもインドあたりでも、しっかり地元に火種仕込んで独立させてる

ちゃんと教育して国力付けさせて、国家運営できるようにして友好国にってのも国益に適うんだが
通貨危機起こして、援助してもらっておいて、危機になったのはお前のせいニダーとかマジで言い出すからな…

508 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 12:27:20 ID:???
キリがなくなるからそろそろその手の話は専門の場所でネ。

話題変えとして>>480あたりのスターシップトゥルーパーズ関連だが、
MSが役に立つかどうかはともかく、ラクシズの兵隊達のノウミソ啜ったブレインバグが
中毒起こして種族ごとラクスに忠誠誓ってしまう…
という悪夢なビジョンしか浮かばないのは疲れてるせいかな…

509 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 12:27:24 ID:???
>>504
種世界は色んな部分がリアル地球世界と比べて違うので、
こっちの世界と同じ感覚では上手くいかないんだよ。
セイラン親子は「あの世界の現実」が見えてなかったのさ。

510 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 12:40:30 ID:???
>>501
つってもニュース系の板には、このご時世に鎖国や外資追放を唱えてる奴が山ほど居て
議論の中心に位置する事もままあるからさぁ

511 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 12:40:32 ID:???
脚本や監督の持ってる知識や常識が、作品世界の常識になるからしょーがない

512 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 12:51:47 ID:???
>>504
セイラン家は、中途半端だろう。
っていうか。最後の方でジブリールをザフトに渡すなりしていれば問題はなかったが。
そうでなかったから国土が焼かれたんだろう?

>>505
一方北朝鮮は、愚民化されてないのに自然と愚民化した。


513 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 20:05:11 ID:???
セイラン家はなんだかんだ云って、うまい汁を吸う事に躍起になっていたんだよ
日本の 政 治 屋 と同じ

514 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 20:09:39 ID:???
>>512
セイランはジブリールに脅されてた、でも話は通じたんにね
西ユーラシア虐殺かますようなブルコス狂信者ならコディのいるオーブに
レクイエムぶち込んでもおかしくない、程度の認識はあったろうし

515 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 20:16:40 ID:???
>>513
それをいったらアスハなんて……

しかしMS銀行強盗とかやらすオーブ軍人のモラルの低さは異常

516 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 20:27:27 ID:???
セイラン家=良くも悪くも普通の政治家
アスハ家=専制君主

オーブ首長国なんだから首長の意見が反映されるのは当然か

517 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 20:35:36 ID:???
オーブ軍は国民や国家のためでなく特定の家系(個人)のために戦うからな、軍としておかしいのはデフォなんだろ

518 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 20:40:40 ID:???
あそこでジブリールを引き渡して戦争回避したらラクシズはどうするんだろう。

519 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 20:52:19 ID:???
>>518
オーブは地球の国々との加工貿易で生きてる国なんだから
地球産業の根っこを牛耳ってるロゴスの最大幹部を渡す訳には
いかないんじゃないの


520 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 21:00:52 ID:???
>>518
戦争準備だけはちゃっかり進めているだろうから、そのうち議長を強襲するよ
多分運命計画について演説している時を狙うんじゃあないかな
議長を攫うなり殺すなりすれば計画発動は出来なくなるからね
オーブの後ろ盾が得られない以上、戦力に乏しい彼らとしてはカガリの時と同じ事をせざるを得ない

人、それを テ ロ リ ス ト と呼ぶ


521 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:18:54 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

522 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:19:13 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

523 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:19:31 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

524 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:19:54 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

525 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:20:11 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

526 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:20:25 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

527 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:20:40 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

528 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:20:54 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

529 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:21:09 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

530 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:21:21 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

531 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:21:39 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

532 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:21:52 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

533 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:22:06 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

534 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 21:22:09 ID:???
まあね

535 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:22:23 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

536 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:22:41 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

537 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:23:00 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

538 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:23:18 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

539 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:23:44 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

540 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:24:02 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

541 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:24:17 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

542 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:24:31 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

543 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:24:50 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

544 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/05/29(木) 21:25:09 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

545 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 21:34:07 ID:???
>>520
オーブ軍人なら勝手に脱走してラクシズに合流しそうだぜ。

546 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 22:05:58 ID:???
真面目な話し、オーブの軍人や国民はありえない。
ありえない事には理由があるはず。
オーブは日系の説がある以上、下手をするとロストブレイン(週刊少年サンデー)以後の世界なのか?

547 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 22:15:42 ID:???
左向きな方々が集まったとか……

ほら、普通の日本人は悲しいかな金持ってないし外国語なんててんでダメだし……

548 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 23:27:29 ID:???
きっとオーブは位置的な関係から常時月打(ムーンストラック)を照射されてるんだよ


種自体がムーンストラックで捻じ曲がってるという説もあるがw

549 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 23:33:17 ID:???
なんかあの作者、今回は描きたいものを描けてない気がする

550 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 23:37:02 ID:???
>>549
あの作者って?

551 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 23:40:41 ID:???
富士鷹ジュビロ

552 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 23:43:42 ID:???
藤田といえば
からくりの勝がラクスを見て言った台詞ってのがあったな
フェイスレスをラクスに置き換えただけだけど、ハマりすぎててワロタw

553 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 23:56:47 ID:???
投下したいと思ったけど、ノート忘れてきた。

554 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/29(木) 23:58:45 ID:???
罰として廊下にたってなさい。

555 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 00:04:55 ID:???
>>552
どんなやつ?


556 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 00:20:57 ID:???
「この人は自分たちが犯罪者だと言う自覚がまったくない、この人にとって自分たちがすることは
すべていいことなんだ」
「まるで場違いに輝くピンク色の太陽だ、全てを燃やし尽くしてそれでも平然としてゆらぎもしない」 

557 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 00:23:16 ID:???
違和感無さ過ぎて吹いたwwww

558 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 00:23:16 ID:???
知ってるか?
ピンク色の光は太陽光の中には存在しないんだぜ

559 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 00:25:55 ID:???
>>558
元ネタはもっとありえん色だぞw

560 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 02:14:13 ID:???
地球防衛軍の兵器ってライサンダーを始めにしてあきらかにぶっ飛んだ性能ばっかだよななぁ・・・
下手すりゃコロニーの一つ簡単に吹き飛ばせそうな

561 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 02:59:28 ID:???
>>560
ライサンダー系やスパローショット系の威力は異常
あと爆殺かんしゃく玉とかヤバ杉

562 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 03:07:08 ID:???
もしも種死の世界にまごころ便があったら

563 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 06:56:25 ID:???
>>547
左向きの連中なら東アジア共和国で中韓とよろしくやってるだろ。

564 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 09:46:16 ID:???
右方向の完結SSは特殊学級部隊とか、エターナル級戦艦フォースブリザードとか出てきたのがあるけど、左方向のはどうなんだろう
もしも種の世界にバリバリの頃のソ連があったら…

565 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 12:27:09 ID:???
>>563
確かに、あの一切の変化を嫌う現実感のない保守思想は逝っちまったレベルの極右って感じだね

566 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 18:32:37 ID:???
>>564
アストレイの火星政府がそんな感じじゃないかと思ってるんだが

567 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 19:15:18 ID:???
ヒント:日本の街宣右翼は日本人じゃない

568 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 20:20:21 ID:???
USSR(火葬SFver)vsザフトか

ワクワクしてきたぞ。

569 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 20:50:59 ID:???
>>563
× 左向き
○ サヨ向き

日本の売国サヨクを左というのは他の国の左翼に対する侮辱ですw

570 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 20:53:59 ID:???
わかった事にしといてやるから巣に帰れ

571 :【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (4)】(1/9):2008/05/30(金) 22:06:17 ID:???
『カーペンタリア・ベース・コントロール、こちらはミネルバ隊所属、レイ・ザ・バレルだ。
これより、マフティー・ナビーユ・エリン氏と共に訓練飛行に発進する。離陸の許可を要請する』

Ξガンダムのコクピット内に用意されたサブシートに座り、レイはカーペンタリア基地の管制をコールする。
隣のメインのシートでは、ハサウェイがテイクオフの態勢を整え終えて待機していた。

管制官からは問題なく発進の許可が降り、ハサウェイはΞガンダムの機体に装備されたミノフスキークラフトを作動させる。

機体下面に発振されたミノフスキー粒子の固まりの働きにより、その反発力でもってΞガンダムは重力の見えざる手を振りきって、真上の空中へと垂直に浮き上がって行く。

そしてメイン・スラスターの出力をゆっくりと上げて行きながら、Ξガンダムはカーペンタリア湾の上空の蒼穹の只中へ、ぐんぐんと上昇し始めた……。


オーブ沖での邂逅後、トップ同士の会談によって「マフティー」側が当面の同行を受け入れた為、
ミネルバは合流した「マフティー」側の二隻の支掩船を曳航する形で
オーストラリア大陸の北岸、カーペンタリア湾上に建設されたプラントの在地球公館でもある、同基地へと入港していた。

無論のこと、「マフティー」と言う非常に扱いには慎重を要するゲストを引き連れての入港となる以上、
タリアは艦の指揮をアーサー副長に預けて、自身は事前に艦載機でカーペンタリアに乗り込んで、報告や様々な根回しを行っていた。

そして彼女の尽力もあって現在、「マフティー」には臨時にザフト軍属と言う、協力する傭兵などを遇するのと同様の立場の扱いが与えられていた。
無論のこと、彼らの存在は最重要機密扱いで国防委員会とデュランダル議長への直接報告も上げられてはいたが、未だに明確な指示は下されないまま、
当面はミネルバが主体的に“窓口≠ニなって主管せよ(その為の便宜をはかる優越裁量権は与える)との命令だけが下達されていた。

とりあえずミネルバは巨大なメガフロートであるカーペンタリア基地の片隅のドックへと、基地の中心からは離れる格好で入渠し、
更にそのミネルバに隠されるような配置で「マフティー」の二隻の支掩船は岸壁に繋留され、その傍らにはモジュール組立式の居住ブロックが彼らの為の宿舎として用意されていた。

アーモーリー・ワンでの新型ガンダム強奪事件を機に、予定を前倒しての進宙、実戦参加を余儀なくされ、
更にそのまま休むことなくユニウス・セブン破砕、その残骸を追っての大気圏突入と活動を続け、オーブでの補修も万全では無いままに出国。

そしてその沖合で地球連合軍の大艦隊との死闘と繰り広げて来たミネルバの艦体は、短期間で既に並の艦以上の傷だらけの歴戦の風格を漂わせており、
ようやく友軍の下に辿り付いたと言うことで、この機会に徹底的な修理・点検が行われることになり、カーペンタリアでの滞在期間はそれなりに長引くことが確定していた。


572 :【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (4)】(2/9):2008/05/30(金) 22:11:09 ID:???
もっとも、その辺りの事情は「マフティー」側にしてみれば、それはそれでと言う処ではあった。
既にカーペンタリアへと向かう航海の途上において、ミネルバ側との情報交換によって、
彼らはまず、自分達が来てしまった「このコズミック・イラ≠ニ言う世界」の情勢と歴史を様々な角度からリサーチしていた。
無論のこと、それらは「プラント、またコーディネーター達≠フ側からの視点」によるものがほとんどになるのは承知の上である。

そして、今度はそれを「別な視点」からも見る為の情報収集と言う意味合いも併せ持たせて、
ザフトからの便宜提供を得て対岸の都市ダーウィン―本来の「元の世界」ならば、ここで自派のエージェントと接触し、また補給も行うはずだった―や、
現存するシドニーも、そして彼らの重要目標であったアデレート≠ネらぬアデレード≠も実際に訪問して、自分達の目で実際に見て改めてここ≠ェ宇宙世紀の地球ではないことを確認すると共に、
プラントの友邦であるとは言え、ナチュラル£Bの国家である大洋州連合の公共データベース等からも、ナチュラル側の視点≠ナ見た場合の情勢や史観と言ったものへのリサーチを行っていた。

その際、ザフト側からの連絡将校的な立場の案内兼監視役として、主管者となって同行したのはレイだった。
航海中にミネルバに人質的な意味合いも兼ねて交代で滞在していた「マフティー」側のスタッフは皆、ほとんど例外なくミネルバの資料室に籠もっていることが多かったのだが(むやみにうろつき、あるいは一般隊員と接触をしない様に〜と言うことでもあるが)、

逆にミネルバ側からも同様に「マフティー」側の旗艦ヴァリアントへの滞在役を派遣することになり、
その際に本人の強い志願によりほとんど専任の様な格好でレイが主にそれを担当する形になったまま、カーペンタリア基地到着後もそのままの立場を続ける格好になっていたのだった。

レイもまた、ミネルバに来る「マフティー」側のスタッフ達に負けず劣らずの熱心さで「宇宙世紀≠ニ言う異世界」についてのことを知ろうとしていたのだが、
彼にとってそれは単なるザフト軍人としての責務の枠と言うだけに止まらず、その上に極めて個人的な動機もまた、加味されていた。

それが今、こうしてレイがハサウェイに付いて、ハサウェイ用の予備のヘルメットを借りてΞガンダムのコクピットに同乗しているのにも繋がるのだが、

オーブ沖での最初のミネルバ首脳との会談の後、一旦退艦することになったハサウェイとイラムを再び案内した際に、レイは感謝の意を示して自ら握手を求めた。
するとその時、手を握ったハサウェイとレイとの間で当人同士にしか分からない、不思議な共振=\ニュータイプ能力者同士の間に起きる現象―が起きたのだ。


573 :【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (4)】(3/9):2008/05/30(金) 22:19:36 ID:???
ハサウェイ自身も、まさか異世界に来てこの感覚を味わうとは!
と、驚きを隠せなかったが、無論の事それ以上にレイは驚愕していた。

彼自身が持つ、ある特異な人間≠フ因子による不思議な共振現象そのものは、おぼろげながらも戦いの中に身を置く事で時に発現してもいたのだが、
これほどまでに強く、明確に感じるそれは、今は亡きあのもう一人の男≠ニの間にすら感じたこと≠ヘ無かった程のものだったのだから。

当然の帰結として、レイはハサウェイに対して「その不思議な感覚=vの正体について尋ね、
彼の口から「ニュータイプと言う“超越的な感覚”を持った者達について」の話を聞いた。

レイはこの時、ニュータイプと言う概念に初めて触れ、肉体の消滅後にも刻すらも越えて知覚されることさえあると言われるその存在と言うものに、ある種の希望≠見いだせるのかも知れないと、そう思ったのだった。

この時点では未だ彼は自らの生まれながらにして背負わされた宿命≠ニ言うものを他者に打ち明けるには至ってはいなかったが、
ナチュラルであれ、コーディネーターであれ、普通の人間≠ェ当たり前に持っている「未来」と言うものを持たない=i持てない)自分にも、
その様な形でそれを持つことが出来るのかも知れないと言う可能性と言うのは、彼にとっては驚くべき福音だったのだ。

そして、彼の背負った事情≠フ何かまでもは知らずとも、その本気の熱意を認め、ハサウェイはレイのその能力を引き出し、鍛えられる様な訓練≠、レイのたっての希望で引き受けることを承知していた。

ハサウェイ自身は、自分はニュータイプとしては出来損ないだと思ってはいるのだったが、
逆に自身がそうなる様な苦過ぎる経験≠しているからこそ、放ってはおけないと言う思いにさせられてもいたからだ。

サイコミュとサイコフレームを採用したニュータイプ専用MSであるΞガンダムへの同乗などは、まさしくその一環でもあった……。


そうして収まったΞガンダムのコクピットの中、レイは改めてこの異世界のMS≠フ持つ、彼らからすれば驚異的と言うしかない性能の数々に驚嘆していた。

核融合炉で動いていると言うそのパワーの凄まじさについてはもはや言うまでもなく、
ミノフスキークラフトと言う推力に依存しない擬似反重力浮揚システムも、
そしてそれで重力から自由になった機体を、超音速で自在に飛び回らせる大推力のスラスターと言った部分はもちろんのこと、
自分達の世界のものとは隔絶した超高性能≠ネ各種センサー系の、有効レンジの広さや対ジャミング耐性も本当に素晴らしいとしか言い様がなかった。


574 :【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (4)】(4/9):2008/05/30(金) 22:29:47 ID:???
それに、文字通りに自分の身体がシートごと宙空に投げ出されたかの様な錯覚を覚える、この全天周モニター。
身体を支えるシートも、対衝撃保護性が桁違いのリニアシートと言う方式だ―現在では予備シートもきちんとしたものが整備されていた―し、
シンプルでスマートなデザインながら機能性も高く集約されたセンターコンソールに、両腕をすっぽりと覆うアームレイカーと呼ばれるスティックに代わるコントロール装置と言った、
戦力価値を高め、支えるさまざまなシステムの設計思想も実に興味深かった。

そして何より、このΞガンダムと言う機体に乗ると感じるこの感覚=B
自分の意識が、知覚がとても鋭敏に、大きく拡大して行く様に感じる……。

(!)

ほら、マフティー≠ェ「何か」に気付いた。
その彼の意識の指向に合わせて、優秀なセンサー類がその方向へとフォーカスされ、自分達の感覚では考えられない程の超大遠距離から、こちらへと向かって緩やかに降下してくる一つの機影を捕捉した。

(それは、人間の知覚力≠ェ超高性能な機械をも凌いでいると言うことでもある……)
ニュータイプ能力の一端を、何とも雄弁な形に目撃しながら、レイは素早く索敵機器が捉えた機影の詳細をチェックする。

「MA?……識別コードは友ぐ…いえ、我々ザフトのものですね」
素早くIFF(敵味方識別装置)の表示を確認し、報告するレイ。
この識別コードは、特務隊フェイス≠フものだった……。
そしてハサウェイもそれを聞いて、すぐにΞガンダムの進路を弾道コースで降りて来つつあるその赤いMAの方へと修正した。


(!)
「IFFに反応?」
Ξガンダムからの敵味方識別の為の照会信号を受け、アスランの方も元々センサー系が強化されている機体に乗っていることもあり、
この世界の人間としては最高レベルの迅速さで接近するΞガンダムの機影に気付く。

「あれは!?また別のセカンドステージシリーズ機なのか?」
自機のセイバー同様に、その存在を聞いてはいなかったGUNDAM<^イプ―そしてかなりの大型機であることにアスランは驚く。

IFFの反応は友軍機のものだったが、そのコードは通常使われるものではなく「特殊枠」―奪取や虜獲、投降してきた敵対勢力の機体や、傭兵の機体などに臨時に割り振られるカテゴリーのものだったからだ。

接近して来る友軍機≠ノ対して向き合わせ、アスランはセイバーをMA形態からMS形態へと 変形させた。

「T(可変)MS?……赤いガンダム≠ゥ!」
軽い驚きの声を上げるハサウェイ。

その声にレイは、彼らから話には聞いていた、シャア・アズナブルと言う人物の事を想起したのだなと察っしつつ、マフティーに代わってザフト軍人としての対応の為に新型機へと通信を送る。
『接近中の友軍機へ、こちらはカーペンタリア所属°@だ。貴機の来訪を歓迎する』


575 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 22:34:32 ID:???
支援すべきかな

576 :【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (4)】(5/9):2008/05/30(金) 22:39:08 ID:???
「カーペンタリア所属」と言うのはかなり“微妙な言い回し”ではあったが、この場合は確かにそれが正確な表現でもあった。

入電を受けたアスランの方もその表現には僅かにひっかかりを覚えつつ、それについての問いただしはせずに返信を送る。
『カーペンタリア所属°@、こちらは特務隊アスラン・ザラだ。現在、カーペンタリア基地に滞泊中のミネルバへの合流を希望する』

(アスラン・ザラ!?)
レイは一瞬、ハサウェイと顔を見合わせ、それからセイバーへと返信を送る。

『了解しました。これより本機が先導します』
相手が特務隊と言うことで、やや丁寧な口調で言うレイ。
心得たハサウェイがΞガンダムの進路を基地へと翻す中、レイはカーペンタリア基地の管制をコールしていた……。


カーペンタリアの基地内に設けられたショッピングモールでの買い物を済ませて、昼食のファストフードの包みを手にミネルバの方へとぶらぶら歩きで戻る途中だったシンの目に、
Ξガンダムと言うあの「マフティー」のフラッグマシンである大型MSに先導されて、赤い見慣れないMSが降下して来て、そのまま赤いMSの方がミネルバの艦内へと収容されて行く様が見えた。

急いでシンが帰艦し、そのままハンガーデッキに向かうと、そこでは既にMSハンガーへの固定を受けてディアクティブモードに落とされたそのMSを前に、整備員達を主にした人だかりが出来ていた。

その中にルナマリアとメイリンのホーク姉妹の姿を見つけて、二人の方に近寄るシン。
「新型機か?」
そう尋ねて、ルナマリアから返って来た返答にシンは驚く。
「アスランが来たらしいわよ」
「何だって!?」

そうこう言い交わしている間に、その新型機のコクピットハッチが開いて、赤紫を基調色にしたパイロットスーツが降りて来た。その胸元には特務隊フェイスの証である、白い羽をかたどった徽章が輝いている。

皆が固唾を呑んで見つめるその前でヘルメットを脱いだ人物は、やはりアスラン・ザラその人だった。

「アンタ……なんで、あんたが!」
前大戦後、アレックス・ディノと名乗り、オーブの人間になった筈の彼が一体どうしてザフトの―それも議長直属の特務隊であるフェイスとしてここに来ているのか?
シンはわけが分からずに、思わずそう声を上げていた。

「ちょっと!口のきき方に気を付けなさい、彼はフェイスなのよ!」
ルナマリアの小声での叱責に、軍隊の基本を思い出させられ、不承不承ながらもシンは皆と共に上位者≠スるアスランに対して敬礼した。

アスランは一瞬シンの方に目を向けるが、彼のその言葉には応えずに皆に向かって答礼を返し、それから直るとこの場では最年長者であり、自然に先任者格(最上位者)として見られる整備長のエイブス主任に話しかける。

「特務隊、アスラン・ザラだ。乗艦許可を頂きたい。艦長は艦橋ですか?」
「ああ……はい、だと思います」
やや困惑気味にそう返すエイブス主任。

「確認してご案内します」
と、そこへルナマリアはさっと前へと進み出て言った。
その後ろでいつもの様に姉に先を越されたメイリンが憮然とした表情を見せていたのだが、残念ながらそれに気付いた者は誰もいなかった……。



577 :【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (4)】(6/9):2008/05/30(金) 22:46:13 ID:???
グラディス艦長からの案内の指示を受け、艦長公室へと向かうエレベーターの中、ルナマリアからこれまでの経緯を語られるアスラン。

「オーブの領海を出たところで連合の大艦隊に待ち伏せされちゃって。「マフティー」の人達が助けに来てくれなかったら、本当にどうなってたか分からないですよ……」
そう言うルナマリアの言葉に、ふと連想させられるものを覚えてアスランは尋ね返す。
「「マフティー」?もしかして、さっきここへと先導したあの見慣れないMSのことか?」

ルナマリアは自分がうっかりした事に気付くが、もう遅い。
(でも、もうアスランさんも目撃しちゃったんだし、大丈夫よね……)
そうあっさりと思考を切り替えて、「マフティー」の事をアスランに語り始める。

オーブ沖で忽然と現れて、こちらに味方して連合の大艦隊をあっさりと退けてしまった、超高性能なMSを駆る武装組織で、
ナチュラル達が自分達ザフトの様な(階級がなく、役職分担で運営する)組織を作って連合に立ち向かっているそうなんですよ、と。

「そんな組織が生まれていたのか……」
そうつぶやき返したアスランに、今度はルナマリアの方から問いかける。
「上空で出会ったんですよね?」

アスランは頷く。
「ああ、最初はザフトの新型機だと思ったんだが、見たことがないような大型機≠セし、間近に見ていると微妙に(設計思想が)違う様に見えたからな……。それなら納得も行くよ」

「Ξガンダムって言うらしいですよ、あのMS」
「Ξガンダム≠ヒ……一体、どこの勢力が完成させた機体なのやら」
そう苦笑気味に呟いたアスランに、ささやきかけるルナマリア。

「これは本当に噂≠ネんですけど、「マフティー」さん達はこの世界≠フ人達じゃない……って」
(?……どういう意味だ?)
当然の疑問を抱いたアスランだったが、その先を聞くことは出来なかった。エレベーターの扉が目的階に到着し、開いてしまったので自然と話はそこまでになってしまったのだった。


「一体、議長は何を考えているのかしらね?」
艦長公室の中、目の前の卓上に置かれたケースに収められたフェイスの徽章を一瞥して、タリアは呟いた。

唐突に現れて復帰と着任の挨拶を行い、持参した命令書とこれ≠差し出したアスランに目線を戻す。
「あなたをザフトに、更にはフェイスへと復帰させ、更には私までフェイスに任命するなんて」
アスランは微妙な表情で返すのみだった。

とりあえずそれ以上に探るような態度は取らずに、タリアは目をきちんと通し終えた命令書を傍らのアーサーへと回す。
「これは……!?」
驚きの声を上げながら読み上げるアーサー。

そこに記されていた命令の内容は、予想外のものだった。
「ミネルバは出撃可能になり次第、ジブラルタルへと向かい、現在スエズ攻略戦を行っている駐留軍を支援せよ、ですって? 本艦は地上艦じゃないんですけどねえ……」
そうぼやくように呟くアーサー。


578 :【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (4)】(7/9):2008/05/30(金) 22:52:47 ID:???
実際、ザフト初となる両用艦であるとは言え、本来ならばミネルバは5機のセカンドステージシリーズと共に月軌道方面艦隊に配属される予定になっていたし、
再びの開戦後、プラントへの核攻撃に失敗して後は月面の基地に戦力を温存させたままにらみ合いの形を作っている地球連合軍への対応の意味合いでも、
ミネルバは宇宙へと帰るのが自然だと言う意識があり、その意味ではこのまま地球上にて新たな作戦行動を続けよと言う新たな命令は意外なものだったのだ。

「確かに今あの辺りは大分ややこしいこと≠ノなっているみたいだしね」
「ややこしいこと、ですか……」
タリアの呟きをおうむ返しに言うアスランは、
すみません、いろいろと状況を理解しておりませんと詫びながら説明を乞う。

「ユーラシア連邦の内部で、大西洋連邦にただ追随して地球連合≠ノ加わっていることをよしとしない地域の反発の動きが激しくなっていると言うことなのよ」
タリアの説明に合わせてアーサーが現地の情勢を伝える映像をスクリーンへと映し出す。
そこには生身で抵抗するゲリラやレジスタンスが、連合のMSに文字通りに一蹴される、一方的な虐殺の光景が広がっていた。

「積極的自衛権の行使は明言していても、同時にプラントには領土的野心はないと言うことも明らかにしている以上、我々の支援≠ニ言うものにも様々な微妙な判断≠ェ要求される。そう言うことね」
「……成程、良く判りました」

そう頷いて、それからアスランはおもむろに尋ねた。
「判らないと言えば、現在のオーブの情勢についてはご存じではありませんでしょうか?自分は当初オーブにと向かったのですが、問答無用でスクランブルをかけられ、入国は出来ませんでした」
そう言われて、タリアはほんの僅か、アーサーの方は露骨に、それぞれ表情を動かすのが見えた。

「あなた、オーブに行ったの?」
なんとまあ……と言う風に尋ね返すタリア。
アスランが頷くのを見て、彼女は厳しい表情になって言う。
「なら判ったでしょう。オーブは地球連合に与して、我々プラントに対しての敵性国になったと言うことよ」
そう言われてアスランの表情がこわばった。

「そんな!カガリがそれを許したのですか!?」
信じられない、いや、信じたくないと言う思いがそう口走らせる。
「仕方ないですよ、結局は彼女、ただのお飾りのお姫様だったと言うことでしょう?」
本人は説明をしたつもりで、アスランから厳しい目線を向けられてたじたじになりながら、それでもアーサーは更に事実を口にする。
「だって、そうでしょう?彼女、そのまま変な奴と結婚しちゃうし……」

「けっ、結婚ッ!?」
思わずそう叫んでしまうアスラン。
誰と!?と、思いかけて、口に出す前にどうにか踏みとどまる。
相手は一人しかいない。アーサーにまで「変な奴」呼ばわりされる様なあいつ、ユウナ・ロマ・セイラン。

驚天動地とはまさにこのことか、と言う様な気分だった。
自分がいない僅かの間≠ノ、この状況の変化は何なのだと、流石に理解が追いつかなかった。


579 :【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (4)】(8/9):2008/05/30(金) 22:56:10 ID:???
「確かに、見え見えの政略結婚ではあるけれど……」
タリアは軽くため息をつく様な表情で言う。
「現在の様々な状況を見てみれば、それもまた仕方がないことでしょう。幾ら国家元首と言ったって、彼女はまだ18歳の女の子ですもの。傍で支えてくれる人≠フ存在は必要なの」

傍で支えてくれる人≠ェ……。
タリアのその一言は、アスランの胸に深く突き刺さった。

だが、そんな彼の動揺を見てとってタリアが口にした続く一言に、アスランの動揺は別種の衝撃をぶつけられて相殺され、曲がりなりにも鎮火する。
「でも、安心していいんじゃないかしら?」
僅かに表情と口調を崩して言うタリア。

「?」
どういうことかと訝るアスランに向かって、タリアは漏れ伝わってきたその後の顛末≠語ってやる。
「結局、彼女≠フ結婚はお流れになっちゃったそうだから」
「え?」

「連れ去られてしまったそうなのよ、その花嫁が」
どういうことなのか理解が追いつかないアスランは、タリアの言葉の続きに更に驚きを深めさせられる。

「式場に乱入して、拐って行ったのはフリーダム≠ニアークエンジェル≠ニ言う話だけど、一体何がどうなっているのかしら?」
こっちが知りたいくらいだわねと、苦笑交じりに言うタリア。
アスランは複雑な表情で、ただ「はあ……」と答えるしか無かった。


とりあえず気持ちを落ち着かせるように、アスランは卓上に供されていた飲み物を一口含み、一息ついてから礼の言葉を口にする。
そして、再び冷静な顔にと戻しながらもう一つの疑問について尋ねることにした。

「もう一つお聞きしたいことがあります。上空にて見慣れないMS≠フ出迎えを受け、本艦まで先導をされて来たのですが、あれ≠ヘザフトの新型機なのですか?」
先程のルナマリアの失言≠フことはおくびにも出さずに尋ねるアスラン。

タリアはアーサーと顔を見合わせるが、既に見てしまってもいるわけだったし、またフェイスとしての立場を持つ彼には知る資格もあることから、
現状は機密扱いになっている「マフティー」についての情報も、彼に対しては伝えることにした。

「彼らはこの世界≠フ人間ではないと言っているわ……。確かに突拍子もない様な話ではあるけれど、現実に彼らが持っている既存のあらゆる技術体系とも繋がらない超技術の数々を目の当たりにしてしまっては、信じられないとは言えないの」
オーブ沖での遭遇から、現在までの経緯を語って聞かせるタリア。

特に、「ユニウス条約には抵触しない方式≠フエンジン(つまり、戦闘艦同様の核融合?)で動くMS」の存在を示唆され、アスランは再び激しい驚愕に襲われた。

「ともあれ、そんな勢力とは願わくば敵対したくないものだし、内外共に現状≠ヘ微妙なところなのよ」
そう言ってタリアはやや皮肉げに笑う。
「いずれにしても、本艦が出撃可能になるまでにはまだしばらく必要よ。私をフェイスにと言うのならば、早速その権限をありがたく使わせて貰いましょう。今度こそ準備に妥協はしないわ」

きっぱりとした口調でタリアはそう言い、そしてアスランに向かって問いかける。
「それで、あなたは?」


580 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 23:00:42 ID:???
支援パート2

581 :【機動戦士ΞガンダムSEED Destiny (4)】(9/9):2008/05/30(金) 23:03:55 ID:???
通常の指揮系統を越えて動くことさえ可能な特務隊フェイスが二人。
アスランには彼自身の判断で今後を決めることが出来る、独立した裁量権があった。

「私にはあなたに対する命令権はないわ。命令そのものはあなたが本艦の戦力の一員として加わることを期待≠オてのものになってはいるけれど、もしあなたに異見があれば、それに従わなくとも良いわけですからね」
裏を返せば、もし今後の軌を一にするのであるのならば、ここで先にハッキリさせておかねばならない問題もある、と言う事でもあった。

一つのフネに指揮官は二人と言う体制になるのであれば、互いの分限はハッキリとさせておく必要がある。
アスランにもそれは理解出来ることであり、彼は自分も当面このミネルバと共に戦うつもりであるが、グラディス艦長の職責に干渉する様な意図は全くないことを明言する。

「判りました。歓迎します、アスラン・ザラ。あなたの参戦は心強いことね」
そう言って再び柔らかな表情に戻るタリア。そして今度は逆に彼女の方から分限の部分についての提案を示す。

「あなたにはMS隊の指揮をお願いしたいのだけれど?
それなりに実戦を経験したとは言え、本艦のパイロット達はあなたから見ればまだまだ未熟でしょう。貴方の経験と技量をもって、彼らを導いてやって頂きたいわ」

艦の運用は専門家であるタリアが、MS隊の方は自機ごと持ち込んで参戦したアスランが統括する。確かに、適切な役割分担であると言えた。

「分かりました。私も以後、本艦の一員として共に戦わせてもらいます」
タリアは頷き、そして呟く。
あなたと私、一度に二人以上のフェイスを……と言う状況も、偶然とは言え彼ら≠フ存在を考えれば、結果的には正しかったのかも知れないわね。

とりあえず必要な用件は全て片付けて、アスランはひとまず艦長公室を引き取ることになった。
扉を開けると、そこにはタリアに呼ばれて言いつかったのだろう、赤毛をツインテールにした少女が立っており、彼に対して敬礼しながら言った。
「メイリン・ホークです。お部屋にご案内します」


メイリンに案内されて、あてがわれた一室にと入りかけるアスランは、
「あ、あの……」と、おずおずと聞いてくるメイリンの問いかけに振り向く。

「このまましばらくミネルバに乗艦されるんですか?」
そう言うメイリンの問いに、アスランは表情を和らげながら答える。
「ああ、しばらくの間≠ヘ、そういう事になるね」
宜しく頼むよ。そう言って扉の中へと消えて行くアスランの浮かべた微笑が、メイリンにはとても印象的に焼き付いた……。


フェイスの特権の証とも言える一人部屋のベッドに腰を落ち着けて、アスランの脳裏には様々が思いが一気にあふれかえっていた。

(本当にどうなってるんだ、一体……)
オーブのこと、カガリのこと。それにキラやラクス、ラミアス艦長達。
ザフト―ひいてはプラントの取る今後のことに、「マフティー」と言う者達の存在と。

セイバーの特長を生かしての弾道飛行でどうにかここまで辿り着いた、長駆の疲労が溜まった身体が自然と眠りに落ちるまで、頭の中では様々な思考がぐるぐると、とめどなく渦を巻いていた。


……そして、目覚めたアスランがシャワーを浴び、身支度を整え終えた処に再び彼を驚かせるある知らせ≠ェ入って来た。

非公式ながら、デュランダル議長が自ら直々にこのカーペンタリアにやって来たと言うのだった……。

582 :166:2008/05/30(金) 23:15:03 ID:???
「機動戦士ΞガンダムSEED Destiny」筆者の166です。
幕間を挟んでの(4)お待たせ致しました。

アスランも登場して「マフティー」達の存在に接し、
いよいよ原作には無い展開も生まれて行く方向に舵を切りました。
この先の展開がどういう評価を得られるかはまだ判りませんが、
頑張って書かせて頂きたく思いますです^^;

投下中のご支援ありがとうございました。

583 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 23:22:30 ID:???
乙したー
次もまっとるでー

584 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 23:35:08 ID:???
表記がない分ラクシズやオーブに今のところTVとの大差はないのかな。
Ξガンダムの力を目の当たりにした時の連中のリアクションと言うか
道化ぶりが今から目に浮かぶ…

585 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/30(金) 23:39:42 ID:???
キラキラ病の人が来た!w
どうなるのかな
動き出してきた感じだね

586 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 00:12:16 ID:???
乙乙乙

でもちょっと「""」が多すぎる気が。

587 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 01:53:49 ID:???
GJ!


もし種初期にキラの上官がオルタのストームヴァンガードの皆さんだったらと妄想してしまう

588 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 03:02:15 ID:???
説明で済ますべきじゃない部分まで説明で済ましてるのは良くないね

589 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 03:37:03 ID:???
マフティーの人乙でした。

590 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 14:23:00 ID:???
パクリ職人さん乙でした。

591 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 14:56:32 ID:???
もっとちゃんと感想書けや、おまいら。
乙やGJだけじゃ描き手は気力わかねーんだ!とくに俺。


>>571ー582
乙っです!丁寧な描写脱帽です。
読み手の贅沢としては、本編になぞった描写を丁寧に説明して頂くのもいいんですが
予め知ってる部分なものなので、原作にない展開部分の方にもっとページ数を割いて頂けば幸いです。


592 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 15:12:18 ID:???
ポルナレフになれそうだなアスランw
これからの非常識な展開への、マフティーの面々のリアクションがイマイチ読めないんで、ちょっと楽しみ。

593 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 15:59:50 ID:???
>>590
三■目自己紹介乙
早く自殺するように。


594 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 16:37:41 ID:???
>>591
内容の感想も読んだ上での厳し目の意見も出てるのに
これ以上何を書かそうって言うんだ、この手の連中は

595 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 18:51:36 ID:???
>>584
でも、あんまり安直なキラヘイト路線に突入されてもそれはそれで萎える。
これまでのところアスラン等々キャラの掘り下げが丁寧なので杞憂だとは思うが。

596 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 22:03:11 ID:???
さあ、職人に自分の思い通りの作品を書かせようと牽制合戦が始まりました

597 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 22:04:57 ID:???
思ったんだが、書き溜めしてると余程の修正って出来ないよな。
逆に言うと書き溜め=ルートやノリの変更は無いよ?って意思表示になるか?

598 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 22:09:25 ID:???
キャラを丁寧に掘り下げるとヘイトになる種w

599 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 22:13:23 ID:???
種時代ならともかく種死だと……

600 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 22:21:21 ID:???
プラントは特にそうなるよな<掘り下げるとヘイト

601 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 22:28:53 ID:???
と言って、柳田某みたいなスタンスで考察されてもな。

602 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 22:31:59 ID:???
またキラ厨じゃなきゃいいが……

603 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 22:32:32 ID:???
>>601
幾ら原作に問題があるっていっても、下手に頭の悪い奴が考察をすると大抵は余計にダメになるだけだからなあ

604 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 22:41:28 ID:???
おい書き手、聞いてっか?
>>603様の言うことをよく聞いて頭の良い考察をして作品を作れよ

605 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 22:42:08 ID:???
種厨「ラクスたちを原作どおりに書いたらヘイト」

と言う迷言があるからなぁ

606 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 22:52:46 ID:???
事実だな

607 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 22:54:35 ID:???
>>605
種はそもそも背景設定が異常なので
個々のキャラの異常行動もそれに合わせたものに過ぎない。
背景設定を正常化した上でラクシズの行動だけ原作のままにしたら
そりゃラクシズだけ異常者に見えるだろうし、そういうのはヘイトじゃないかね。

608 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 22:54:59 ID:???
流石にこのスレに負債や猫柳田クラスの最底辺ヘイターは居ないから大丈夫だろ

609 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 22:56:53 ID:???
さあ大変だ
これで>>582が少しでもヘイトと見られる文を書いたら…
えらい粘着されそう
ご愁傷さまです

610 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 22:58:42 ID:???
>>609の荒らし野郎がウザイので通報の準備だけはしておこう

611 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 23:05:15 ID:???
書き手に自分の思う展開を書かせようとする奴ウザすぎ

612 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 23:05:58 ID:???
>>603
なら読むな。

613 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 23:12:52 ID:???
別に展開誘導らしい書き込みは無いんだけど。
敢えて言うなら>>591か?

>>612
空想科学読本を読んでた身として、あの手の懸念はよく分かるけどな。

614 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 23:29:36 ID:???
わざとらしい

615 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 23:39:58 ID:???
そして、怒涛の流れでスルーされた>>597哀れ

616 :通常の名無しさんの3倍:2008/05/31(土) 23:43:25 ID:???
>>615
別にストーリー展開に口出しするつもりはないから心底どうでもいい。

617 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/01(日) 01:19:37 ID:???
>>613
あれは看板に偽りあったな
空想科学読本じゃなくて空想計算読本w

618 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/01(日) 07:39:00 ID:???
Ξ様乙です
NTと言う存在を知ったレイ
外世界のガンダムと言う物を知ったアスラン

物語はほぼ変わりないようですがコレから少しずつ変わっていくのでしょうね……
マフティーはこの世界にどう関わっていくのか
この世界にいかなる判断を下し、何の為に動くのか、次話を期待してお待ちしております。

619 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/01(日) 15:25:26 ID:???
多分凸は脱走するときUC機かっぱらうんだろうな。

620 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/01(日) 15:33:00 ID:???
凸といえば裏切りという方程式が確立してる件について
まあ本編がそうなんだから仕方ないが

621 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/01(日) 17:22:32 ID:???
凸の裏切りは、どっかでキラに走ると思ってたんで如何でも良かったけど、
デスティニーの初出撃を凸グフ撃墜にした罪は重いとおもった。

622 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/01(日) 19:01:08 ID:???
種死はいずれシンとキラが和解して
ラスボスデュランダルと戦う話になるんだ、
と思ってた頃がありました。

623 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/01(日) 19:12:59 ID:???
凸自身も忘れていそうだが、最初の勧誘のとき形式上ザフトとか道を誤ったら正せとか議長が言ってるよな?
それって裏切り行為の免罪符に出来そうな気がするんだが?

まあ、せっかくフリーハンド貰ったのに隊長やっちゃまずいけど

624 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/01(日) 19:55:37 ID:???
その場合、ザフトのアスラン・ザラとしてなら大義名分が立つんだけどな、それならミネルバの連中とかザラ派の奴とか引き込んで政権奪取しても対外的には内乱でおさまるしな

625 :通常の名無しさんの3倍:2008/06/01(日) 20:34:31 ID:???
>>623
> 凸自身も忘れていそうだが、最初の勧誘のとき形式上ザフトとか道を誤ったら正せとか議長が言ってるよな?
忘れてたのはむしろ負債の方じゃなかろうか。
覚えてればデスティニープランの発表を受けてアスランが反旗を翻す展開になってたと思う。

626 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:43:53 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

627 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:44:19 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

628 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:44:33 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

629 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:44:44 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

630 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:44:59 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

631 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:45:13 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

632 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:45:26 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

633 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:45:41 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

634 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:45:58 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

635 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:46:11 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

636 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:46:33 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

637 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:46:46 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

638 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:46:59 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

639 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:47:14 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

640 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:47:32 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

641 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:47:56 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

642 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:48:10 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

643 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:48:24 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

644 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:48:39 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

645 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:48:58 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

646 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:49:13 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

647 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:49:34 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

648 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:49:49 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

649 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:50:04 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

650 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:50:19 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

651 :ラウ・ル・クルーゼ:2008/06/01(日) 20:50:34 ID:???
umeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee

502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>21>>1>>1>>1>>1>>1 ="_:/test/read.cgi/shar/1208353319/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)