5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【社会】奈良の病院で死亡した妊婦の遺族らが、インターネット上の中傷被害について講演

195 :名無しさん@九周年:2008/10/11(土) 03:54:45 ID:qau9OICk0
割り箸スレで見つけた


472 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2008/10/05(日) 21:31:02 ID:uWUBIpqj0
ttp://www.genkoku.jp/archives/133
奈良女子大学で、下記の企画がございます。 ご多忙中恐れ入りますが、ご出席いただけましたら幸いです。
恐れ入りますが定員の都合がありますので、ご参加のときは、お手数ですが事前にお知らせ下さい。よろしくお願い致します。

人権講座 「ネット社会と人権侵害−医療被害者の経験すること」
 杉野文栄 (杉並割り箸事故事件) 30分
 高崎憲治 (大淀町立病院事件) 20分
 山口研一郎 やまぐちクリニック院長 20分
 質疑応答 20分
 日時 10月10日(金) 16:30-18:00
 場所 奈良女子大学 生活環境学部会議室 約80席

 趣旨
医療事故被害者は、事件そのもので本人および家族に身体的・精神的・社会的被害が及ぶだけではなく、
その後の社会から受けるバッシングによっても大きな被害を受ける傾向がある。
この講演会では、1999年7月に杉並区の養護学校行事で綿飴を咥えて転倒し、口蓋内に折れた割り箸が残留して
なくなった事件の当事者である杉野さんと、大淀町立病院で出産中に脳出血を起こし搬送先が6時間見つからず
にようやく受け入れられた病院で1週間後に亡くなられた女性の義父に当たられる高崎さんから、
事件後に、とくにネット上で医師等から受けたバッシングについて語っていただく。
   また、医師の立場から、山口研一郎氏よりネット社会において医療被害者の人権をどう守って
いかなければならないかについて語っていただきます。

              奈良女子大学 栗岡幹英

275 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)