5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【論説】 「9・11疑惑、日本のマスコミは報道せず…民主・藤田氏の9・11追及質問、世界は次々報道」…国際コーディネーター★3

299 :名無しさん@八周年:2008/05/11(日) 19:23:18 ID:ohyZQ1A80
911で核兵器が使われたという疑惑を生む理由が以下にまとまってる。

http://www.asyura2.com/0601/war81/msg/241.html

6月11日付記事(1)参照。
WTC現場で911以降勤務した人たち8000人が健康被害を訴えて、当局を集団告訴しているが、そのうち、283人が癌を発症し、33人が既に死亡している。
極めて異常な発症頻度である。特に多くみられる種類の癌が、白血病、リンパ腫、ホジキン病、骨髄腫といった血液細胞の癌である。
(ちなみに米国の40歳以下の白人男性が、白血病に罹患する確率は、15万人にひとり。)
他にも、舌癌、喉頭癌、睾丸癌、乳癌、膀胱癌、腎臓癌、結腸癌、大腸癌、肺癌がみられる。

集団訴訟の弁護士は、WTCの粉塵に含まれたベンゼンなどの発がん性物質が原因ではないかとしているが、
ベンゼンに起因する癌は、脾臓の間葉系組織由来の腫瘍、線維腫、線維肉腫、骨肉腫、肉腫NOS、血管肉腫及び副腎の褐色細胞腫などであり、
WTCで多発している白血病・脳腫瘍との因果関係は考えにくい。また、アスベストが原因であるというならば、肺癌と中皮腫が結果であるべきだ。
また、これに先立つ4月9日付の別の記事(2)では、WTCの現場に入った、少なくとも10数人が、「脳腫瘍」に罹患しているとのこと。
NYPDの警官6人が、同様に脳腫瘍になり3人が既に死んでいる。(脳腫瘍が、6/11の記事から除外されているのが、気になるが。)

白血病、脳腫瘍といえば、放射線被爆に起因する癌を思い起こさせる病気である。
現場にありえた発がん性物質で発症しうる癌とは、種類が異なるのではないか?では、現場に放射性物質が存在したのであろうか?
医療機関にあったかもしれない少量の放射性物質が、これだけの被害を与えているとは考えにくい。
では、劣化ウランか?突入したボーイングの機体に劣化ウランが使われていたのか?
この種の機体には、かわりにタングステンが使われており、劣化ウランはありえないとボーイング自体が証言している。

記事(1) CANCER HITS 283 RESCUERS OF 9/11 By SUSAN EDELMAN
http://www.nypost.com/news/regionalnews/cancer_hits_283_rescuers_of_9_11_regionalnews_susan_edelman.htm
記事(2) 6 COPS GOT BRAIN CANCER By CARL CAMPANILE and SUSAN EDELMAN
http://www.nypost.com/news/regionalnews/64219.htm


277 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)