5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【社会】萩本欽一さんが会見。「個人的には幸せな気分でした」[4/26]

836 :名無しさん@八周年:2008/04/27(日) 01:02:30 ID:RlC7HKDN0
(走り終えた感想)
走る前は笑顔や幸せなどを考えていたが、走ったらその空気に浸ることもなく、
いつハイタッチしようかと思ってるうちに終わった。最後に次のランナーの吉田さんと
笑顔でハイタッチしたことぐらいしか記憶に無い。でも、幸せだった。

(物が投げられたということだが)
横にいた警察の方が「位置につけ」と言ったら一斉に横を向いて欽ちゃん走りになったので、
「どうして警察がするんだろう」と思ったら、どうも、物が投げられたと。意識はなかったが、
何かがあったのかなっていうのはあった。
あの場所は揺れていた。「この雰囲気で走るのは嫌だ」と思ったら、そこが私だった。
こっちはハッピーに終わりたいと思っていたのに。でも、「欽ちゃんとこで何か言いたい」
という人がいたってことも、僕にとっては許せる。自分の中で不愉快な思いは全くない。

(長野五輪の時の平和なリレーと全然違ったが)
だから、できれば、記憶の中では長野五輪の司会のときの幸せ感で埋め尽くしたいと思う。

(沿道は中国の国旗で真っ赤な印象だったが)
大きな声で中国語で叫ばれ、意味がわからず怒られてるような気がした。
何て言ってるのかを星野さんに聞いたら、「頑張れ」という意味だとわかり、ホッとした。

(厳重な警備)
僕にとって悔しかった。長野のおばちゃんや子供とハイタッチしようと思って長野にやってきたが、
どこでしようかと思ってるうちに終わってしまった。だから、自分の思うようにできなかったので、
できればトーチを持ってもう一回街に出て、ハイタッチしてから帰る。


209 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)