5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【文化】書評:私のマルクス [著]佐藤優・起訴休職外務事務官

1 : ◆Robo.gBH9M @うしさん大好き! ロボ-7c7cφ ★:2008/01/28(月) 20:20:17 ID:???0
■知的剛腕の自叙伝
衝撃の書、『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』(二〇〇五年)以来、読書界を
席巻している著者の思想的自叙伝である。「世界」、「正論」、「アサヒ芸能」などストライクゾーンの
左右高低を限界まで活用する知的剛腕のビルドゥングス・ロマン(教養小説)として読み応えある作品だ。

一九七五年浦和高校入学から一九八五年外務省入省までが描かれている。東西冷戦下に
ハンガリーのペンフレンドと会うため一人旅する十五歳の回想も魅力的だが、圧巻は同志社大学
神学部のアザーワールド(自治会室のあだ名)を舞台とする一九八〇年代前半の学生生活である。

八〇年代前半といえば新保守主義とポスト・モダンの時代だが、著者に一年遅れて京都で生活を
始めた私も、大学生の嗜みとして著者が挙げる左翼文献を真面目に読んだ記憶がある。だが、
私のいた百万遍(京大周辺)より鴨川をへだてた烏丸(からすま)今出川(同志社大周辺)に、
もっとディープな秘境があったようである。ちなみに、著者が外務省でインテリジェンス(諜報)活動に
従事していた一九九〇年代、私は同志社大学で学生にインフォメーション(情報)とは何かを
講義していた。それゆえ、本書に登場する教室から居酒屋まですべてがなつかしい。

京大と同志社の思想風土に違いがあったとすれば、信仰と直接向き合う神学部の有無に
起因するのだろう。本書は大学入学後に洗礼を受けた著者の信仰告白ともなっている。
タイトルも「私とマルクス」ではなく、神学的に「私のマルクス」が選びとられている。「神が
神であることに安住せずに人になる」キリスト教を前提にすれば、著者は「私はマルクス」の
自負心を抱いているのだろう。最終頁で「過去に自分がマルクス主義者であったことは、実は
一度もなかった」という。「主義者」ではない、と。一九九〇年代のモスクワ国立大学を舞台とする
「後篇(こうへん)」が待ち遠しい。評・佐藤卓己(メディア社会学者)

◇さとう・まさる=1960年生まれ。元外務省主任分析官。現在は起訴休職外務事務官。
文芸春秋 1619円

(2008年1月28日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20080128bk05.htm

2 :名無しさん@八周年:2008/01/28(月) 20:20:48 ID:5r0cxiP+0
ヤッターマン

3 :名無しさん@八周年:2008/01/28(月) 20:21:32 ID:vnmyepgc0
>>1
日本語でおk

4 :名無しさん@八周年:2008/01/28(月) 20:34:33 ID:HEf/XhDu0
佐藤優バブル
ttp://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/b0484c361bb6195f6feee22abfc3e064

5 :名無しさん@八周年:2008/01/28(月) 20:39:44 ID:NTZFNEOP0
マルクス主義が成功した国って、狂信者の脳内国家以外で何処?

6 :名無しさん@八周年:2008/01/28(月) 20:43:46 ID:KH5s4ja70
>>5
日本

7 :名無しさん@八周年:2008/01/28(月) 20:45:44 ID:Fd3WVvta0
Wikiepedia に護憲派とか書いてあって笑わせるぜw

8 :名無しさん@八周年:2008/01/28(月) 21:02:33 ID:PvcL5mKe0
潮にも寄稿したことあるから、主義者ってこともないのか
でも、手塚治虫も晩年は潮出版社にも書いてたからなあ

ところで休職外務事務官ってのは、どういう状況なの
ただ給料をもらってないってことなの?

9 :名無しさん@八周年:2008/01/28(月) 21:05:38 ID:VYL6h4p+0
この人って誰でも大学いける現代で
高卒最高の知性じゃないかと思う

10 :名無しさん@八周年:2008/01/28(月) 21:09:39 ID:VYL6h4p+0
勘違いしてた、ノンキャリってだけで大卒か

11 :名無しさん@八周年:2008/01/28(月) 21:09:52 ID:r/qjJivw0
>>8
 休職は休職。通常は起訴された公務員は自ら職を辞すべきものだが、
優ちゃんは辞めない。でも、外務省としては職に就かせるわけにもいかない。
無罪なら復職させるしかないがそれは無いから、有罪確定で外務省も
やっと堂々と免職に出来る

12 :名無しさん@八周年:2008/01/28(月) 21:11:20 ID:KH5s4ja70
>>10
大卒どころか院卒

13 :名無しさん@八周年:2008/01/28(月) 21:13:34 ID:q0ezjka3O
一度、生でこの人を見たことがあるけど眼光の鋭さが尋常じゃなかった
睨まれたら多分ションベンちびる

14 :名無しさん@八周年:2008/01/28(月) 21:22:02 ID:1MS9zcz50
同志社の自治会って中核派の巣窟じゃないのか?
だから逮捕されたのかな。

15 :名無しさん@八周年:2008/01/28(月) 22:05:19 ID:GJkYs8uh0
>>16
現役バリバリのロシアのスパイ
エージェント・オブ・インフルエンスって奴

16 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 02:03:44 ID:0KQrg4Cy0
こいつ捕まった時のロシアでの報道
ロシアへのスパイ活動でって出てたんだぜ。
で、当時は公安がスパイとしてマークしてるって報道あった。

最終的には
公安が無能なのか、検察が無能なのか、外務省がが協力しなかったのか知らんけど
スパイどうのはウヤムヤのまま現在にいたってる。

こいつ自身は文壇に食い込んで着々とファン層を増やしてる。
ロシアの犬かどうがもう関係ないって感じだ。
まあ、検察がそれで起訴できなかったんだからどうにもならんけどな。

どうなってんだよ日本の防諜って。

17 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 02:54:15 ID:MrTVl3qL0
この人の本が書店にあった。本の帯の文章を読んだ印象は、
「日本語が不自由な人」。

18 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 02:57:57 ID:RI4LBksq0
浦和か。。

19 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 02:58:09 ID:tSKWIVFE0
5 :名無しさん@八周年:2008/01/28(月) 20:39:44 ID:NTZFNEOP0
マルクス主義が成功した国って、狂信者の脳内国家以外で何処?


6 :名無しさん@八周年:2008/01/28(月) 20:43:46 ID:KH5s4ja70
>>5
日本

www

20 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:01:51 ID:PO0DhHoU0
>>16
ロシアは誰でもスパイ扱いする国だ。そんなの常識だろ。

21 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:08:15 ID:AYFu2zobO
立ち読みしたけどムズカッタ。

22 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:12:20 ID:+NLqEtf40
>>1
高卒の俺様には何言ってんだかさっぱりだ。


23 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:14:34 ID:xZuao9tw0
佐藤優は痩せろ

24 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:15:56 ID:L4vIN9hh0
当時のハイレベルな浦和高校→同志社大ってことは浦高の落ちこぼれか。
こういう馬鹿の書いた本なんか読む価値ないね。

25 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:16:07 ID:wfa+8TVY0
同志社(笑)

26 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:16:48 ID:N76TGEML0
>>24
佐藤優は琉球大にも合格したんだぞ

27 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:18:54 ID:nQoX+MfA0
>>23
ロシア人のオッさん体型だなw

28 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:20:20 ID:jBLJopInO
鈴木宗男とか宮崎学との交流もあるよね、この人。
なんだか得体の知れなさ感だけはたっぷりある。

29 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:20:21 ID:MXbivyfPO
東大卒のガリレオ教授や早稲田卒の福田よりは賢いな
大学入学で成長が止まった奴に用は無えよ。

30 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:20:43 ID:CfBwqshT0
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%84%AA_(%E5%A4%96%E4%BA%A4%E5%AE%98)

>護憲派にして、「国体」を重視し皇統の維持を強く訴える尊皇家であり、キリスト教徒でもある。

ただの基地かwwwwwwwwww

31 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:23:16 ID:BXRUVoPlO
やっぱり官僚の世界で出世するだけあって、教養があるね


32 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:24:51 ID:jBLJopInO
>>30
実体のみえないプロフィールは正にスパイw

33 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:25:11 ID:pPsuW19L0
当時「国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて」
を読んで感動した記憶がある。
でも、再度読みたいと思わないし、手放しても惜しいと感じない
不思議な本だった。
なんていうかな、きわもの的な読み物だな。

34 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:25:44 ID:ETkKoV+x0
ま、教養とはいえんなw

35 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:27:35 ID:L4vIN9hh0
単に要約能力がないだけだろ、こいつの場合は。
国家の罠だってもっとわかりやすく少ない枚数で書けた。
難しい=教養的、と思ってる馬鹿が絶賛してるだけ。

36 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:27:50 ID:BXRUVoPlO
>>17
帯は別人が書いてるだろw

37 :(´Д`)y━・~~~煙草ウマー ◆DwPN/l.o/6 :2008/01/29(火) 03:28:10 ID:Q6VIqrCx0
>>1

(´Д`)y━・~~~まぁ、現役ならば安っぽい暴露本なんぞ出す暇も無い罠・・・

>外務省のラスプーチンと呼ばれて
↑このくだりにはワロタwwwwっw

38 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:28:17 ID:N76TGEML0
>>12
同志社の院なら、高卒とレベル変わらんだろ。

39 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:29:15 ID:AYFu2zobO
ポプラ社 マルクスの資本論
これいいよ。面白くて分かり易い。佐藤が推薦と解説してる。

40 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:30:47 ID:u2KlOzTC0
日本なら共産主義も可能だよ。
キューバでも医療は先進にできたんだから
日本なら経済大国でありながらユートピアにもなれるんじゃないか。

41 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:30:52 ID:1Hlc5RWw0
この人、ウォンバット系だよね

蛭子さんとか出川とか

42 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:30:57 ID:4RiUCr3A0
ビルドゥングス・ロマンの訳が教養小説ってのには違和感がありまくり

43 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:33:45 ID:3JTiq7woO
>>30
天皇制がなくなるとファシズムになるとか真性の基地です。
南北朝問題について対談した東大の先生もこいつの阿呆さ加減に唖然としただろうな。
こんな馬鹿に騙されるのが半端な自称読書家階層。ネタとして読むべき。

44 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:33:58 ID:1Hlc5RWw0
学歴とか関係ねーよ

学歴ヲタって本当に頭悪いよな

逮捕されても凹まない生き方が面白いわけじゃん

45 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:34:26 ID:IIQjxsA60
佐藤は愛国心の塊だろう

46 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:35:00 ID:XmY2rhKs0
>>30
象徴天皇制も現行憲法に書かれてる事だから護憲派と矛盾しないし
キリスト教徒でありながら天皇制の護持を訴えてる自民党総裁候補もいるだろ

47 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:38:17 ID:xO4LS2XE0
麻生太郎はカトリックだよな。
麻生が総理になったら、天皇制は廃止されるぞ。

48 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:38:36 ID:CfBwqshT0
>>43
なるほどw
民衆をとことん馬鹿にしてるってわけだw
で、その民衆の底上げもやろうとせず、放棄してるわけだw
宮沢のジジィも言ってたけどなwそれ

49 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:38:41 ID:MXbivyfPO
天皇がいなくなって大統領制もしくは首相公選制になったら
創価学会にゆかりがある立候補者ばかりが当選する未来が予想できるんだが、ファシズムとは違うか?

50 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:38:49 ID:1Hlc5RWw0
だいたい職場のイジメ程度でみんな凹むわけよ

逮捕なんかされたら人生イヤになって引き篭もるか頭下げて職場斡旋してもらうか

これがフツウ

でも完全にブチ切れて著作連発、外務省も辞めません

これは面白い動物だよ

51 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:40:15 ID:cBQ9y/z10
>>50
朝鮮人並みの厚かましさだなw

52 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:40:34 ID:T5xzky+kO
>>46
それ以前に、敗戦後天皇制の廃止と靖国神社の廃止に最も強硬に反対したのがローマ教皇庁。

53 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:41:21 ID:EJBG38KoO
めっさ近所で驚いたw

54 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:42:16 ID:pOF8ssPX0
>>52
それウソだよ

55 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:43:05 ID:CfBwqshT0
>>46
よく嫁w

>護憲派にして、「国体」を重視し皇統の維持を強く訴える尊皇家であり、

重視し、強く訴える、とある。
消極的支持ならまだわかるが、積極的支持だw
で、かつクリスチャンw
現状としては、国民は戦前と同じく、天皇を象徴として見ているのではなく、
神に近いものとして見ている。

56 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:43:18 ID:Ob5Mz/eV0
>>42
「ラノベ」の方がしっくりくるな。

57 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:43:58 ID:1Hlc5RWw0
ツラの皮が厚いな

だいたいこういう奴はゴロツキになる

勉強なんかしない

でもコイツは勉強してるからな

そこが稀有なわけよ

58 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:44:27 ID:msPrZrr60
>>51
外交官は鉄面皮が国際常識。
・・・日本も同じだが何故か向きが逆。

59 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:45:20 ID:jqk+IpuC0
>>30
なんか朝鮮フラグ立ってないか?

60 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:46:02 ID:XmY2rhKs0
>>55
日猶同祖論とか言い出しかねん程度のレベル?

61 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:49:13 ID:1Hlc5RWw0
日本の外交官はみんな世襲だから鉄面皮なわけねーだろ

ちょっと脅されたらシドロモドロの坊ちゃん揃い

褒められれば嬉しくなって日本も売っちゃうみたいな

日本国民は辛いのぉ

62 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:49:36 ID:Ob5Mz/eV0
>>41
武田信玄とか

63 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:50:31 ID:ZK1Lx7uT0
潮はアレだが、コミックトムは良い漫画雑誌だったよ。


だから、TPボンのコミック未収録集を出せ。

64 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:52:16 ID:IIQjxsA60
講演でもあの体格でずっとガン飛ばしながらしゃべってて怖すぎるよ。

65 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 03:56:03 ID:Q0zgtezy0
去年↓行ったけど怖くなかったよ。意外とサービス精神旺盛な感じで。
ttp://www.junkudo.co.jp/sakkashoten/09satomasaru/satomasaru.html

まぁあれだけ多筆だし、今必死に稼いでるんだろうけど。

66 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 04:01:50 ID:PO0DhHoU0
ゴロツキ?顔で判断するなw

こいつはクリスチャンだよ。カトリックとかそういう系列じゃないが。

67 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 04:08:54 ID:IIQjxsA60
金光翔のWikiがおもしろいな。朝鮮ナショナリスト左派って。
朝鮮ウヨクが日本で活動すれば、サヨクに分類されるってだけだろ。
姜尚中しかり、辛淑玉しかり。

68 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 04:20:23 ID:PNHjBIayO
同志社大学卒ww
こいつの人生はこの1ワードで語り尽くせるだろ

69 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 04:22:53 ID:5vKLGa8i0
同志社っつーたら、関東でいうと日大駒沢レベルか。
DQNだなww

70 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 04:23:44 ID:IIQjxsA60
>>65
萌え死にそうだ

71 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 04:25:13 ID:VfzBikn00
佐藤優でさえちくま書房の労組から「右翼の本を出すとはけしからん!」と言われてるとか。

72 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 04:39:56 ID:0G3T+0vm0
>>16
平成の北一輝かよ

73 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 04:42:02 ID:vX5tHh45O
同志社神学部自治会ってガチガチの左翼じゃん。佐藤優も活動家だったという噂あるし。キリスト教とマルクスを足したような感じ。
今の佐藤は左派系雑誌には左派向け言説をし、右派系雑誌には右派向け言説をするただの商売人。


74 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 04:43:53 ID:0G3T+0vm0
>>60
ようするにペテン野郎、と。

75 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 04:52:48 ID:vX5tHh45O
佐藤の経歴からして護憲派でキリスト教徒でマルキストであるのは確かだろうけど。尊皇派であるというのはどこまでも怪しい。こんな奴をありがたがる保守論壇ってよほど人材不足なんだな。


76 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 04:56:48 ID:8Z2Du4fw0
>>66
なんでクリスチャンだとゴロツキじゃないのだ?
イタリアのマフィアなんか、みんなクリスチャンじゃないか。

77 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 05:01:43 ID:PO0DhHoU0
>>76
だからなんでゴロツキなんだよ。何か読んだのか?

クリスチャンは参考情報だ。日本人でクリスチャンになるのは何か理由がある。
全員クリスチャンのイタリアとは違うんだよw

ドアホ。

78 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 05:05:00 ID:EJBG38KoO
この人、雑学博士だよw
凄い記憶力と読書量
(刑務所で読書する時間が嬉しかったらしい)

79 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 05:05:38 ID:tSKWIVFE0
つうかなんぜクリスチャンとマルキストが両立するんだよ!?
誰かバカな俺に教えてくれ。


80 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 05:07:13 ID:8Z2Du4fw0
>>77
クリスチャンが参考情報なら、人相が悪いのだって参考情報だろうが。
ヤクザの親分から神父になって映画化されたヤツも居たぞ。

81 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 05:09:06 ID:PO0DhHoU0
>>80
アホは来るな。2chがバカの巣窟になる。

82 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 05:12:24 ID:vX5tHh45O
同志社大卒の土井たか子もクリスチャンでマルキストらしいけど。

だいたい日本に社会主義思想を持ち込んだ多くの人物がクリスチャン

83 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 05:15:14 ID:FEqLQG220
この人、テレビ出演の誘いはほとんど全て蹴ってるってのは好印象だな、意見をつまみ食い
されて挙げ句のはてに電波芸者化されるのわかってるんだろうね。
ま、左右どちらの論壇も、いかにまともな人材がいないかって事の証明だわな。

84 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 05:23:56 ID:8Z2Du4fw0
>>81
別に本が一冊発売になったぐらいで、スレが立つほどのこともなかろうとは思うが、
地味なスレでも付き合いで書き込んでるだけだろうが。
このスレで一番アホなのはお前だ。元々2chなんかバカの巣窟だ。

>>79
戦前も戦後も、日本でクリスチャンと言ったら、アカの一種と見なされてるものだよ。
「左派」「革新」というのは、それ自体では定義しようがない。
既存の伝統文化や体制に対する批判が本義だから、まずは既存の物が何なのかが問題になる。

西洋では、キリスト教が絶対的な既存制度の根本だから、無神論であるマルクス主義が、
それに対置する物になろうが、日本人にとっては、所詮、どっちも新参者。
左派になるわけだな。

だから日本人で、キリスト教徒で、マルクス主義者というのは、そんなに違和感のある立場じゃないぞ。
むしろ、しばしば、そんな立ち位置に行かざるを得ないんだろうなあという気はする。

85 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 05:25:20 ID:Yy2yyQVU0
>ちなみに、著者が外務省でインテリジェンス(諜報)活動に
>従事していた一九九〇年代、私は同志社大学で学生にインフォメーション(情報)とは何かを
>講義していた。それゆえ、本書に登場する教室から居酒屋まですべてがなつかしい。

プッ 無用なふたりの人間が出逢ったわけだ。

86 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 05:27:30 ID:AJyRhYYn0
正直この本すげえ面白かったよ。
内容が濃い。超おすすめ


87 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 05:35:39 ID:tSKWIVFE0
>84
なるほど勉強になります。
でもマルクス主義って唯物論が根底にあるのでは?
それがなぜ一個人の中で「信仰」と両立するのかがわからない。

88 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 05:36:02 ID:AYFu2zobO
文系学部卒の人にとって佐藤の著書は難しい部類?
教養の幅が広くて読むだけでも往生するが。

89 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 05:39:56 ID:5vKLGa8i0
>>87
マルクス主義はキリスト教の一派という見方もある

90 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 05:40:34 ID:vX5tHh45O
ちなみに吉田茂がカトリックになったのは、かつて西洋諸国では仏教や神道がキリスト教に反する異端とされていたために西洋諸国と対等な外交をするためにはクリスチャンになりすますことが有利だったから。

麻生さんが本物のクリスチャン化したかどうかは分からない。そろそろ麻生家も家の伝統宗教に戻る時かも。


91 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 05:45:43 ID:lBzgaXH+O
東洋経済に連載してる人だっけ。
確かロシアの高官と互いにちんこ握り合って情報を提供してもらったとかうんちゃらかんちゃら

92 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:07:22 ID:9Rem0CAI0
>>87
マルクス自身の著作はちゃんと読んだことないから推測だけど、
マルクスの立場というのは、社会というのは人間の意志で動いてるんじゃなくて、そこから遊離した社会法則で動いているという考えで
そこに超注目してみた理論なんだよ。だから唯物論なんだけども、だからどうしても神を否定しないといけないわけでもないみたいだ。
そのないがしろにされた人間に注目したのが疎外論で、
要は人間の本来的状態というのが仮定されてないとこの話はなりたたない。そのあたりでキリスト教との接点が出てくる。
その仮定を否定すると物象化論となる。それを言ったのが広末渉という学者。

てなことを書いてあった。


93 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:11:29 ID:QsKUyEqc0
>>88
普通じゃないの?
高校生でも読みたい人がいそう

というか、私のマルクスに出てくる人って
みんなかっこよすぎワロタ

私のマルクスの最新号の話で
(文学界2月号かな)
閉鎖核都市出身の金髪の女学生の話が出てきたけれど

地図上も存在しない
不思議な核実験用都市が
ソ連にあったなんて話、
高校で習わなかったぞ

94 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:11:30 ID:vX5tHh45O
クリスチャンが極左化することもあるが、極右化することもある。

その論理はこう。旧ソ連のようなキリスト教を圧迫するような社会主義国は抹殺すべし。尊皇派ではないが日本の反共主義民族主義者を応援するぞみたいな。


95 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:14:01 ID:QsKUyEqc0
そうそう、
新潮に掲載し始めた
高畠素之の解説はよさそうだぞ

96 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:19:51 ID:vX5tHh45O
日本の極左クリスチャンや極右クリスチャンの目的はただ一つ。アジアのキリスト教化。



97 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:23:56 ID:Xp07cOwiO
革命的マルクス共産主義万歳!

98 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:24:59 ID:MaHJDNhYO
同志社なの?経歴から勝手に東大法学だと思ってたよ

99 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:30:57 ID:Iz2GoGAQ0
この人が雑誌で話してた記憶力アップ法をやってみたら結構効き目があった。

100 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:32:44 ID:/KP7skpn0
.
1. 共産主義ってのは、机上の空論を全国民盲信しなければ実現しない。
   国家への忠誠が必要になる。 必然的に全体主義となる。

2. 異論があったり、労働意欲がわかないという当然の帰結が容認できない。
   思想の自由を排除、政治犯収容所の必要性、必然的に恐怖政治となる。

3. 国民が萎縮、思考停止、経済活動が発展しない、国民総貧乏化。
   飢餓、生活困窮から不満蓄積、政治体制への疑問が生じる。

   政治体制維持のため、1.に戻る。

1〜3.のループを繰り返しながら、事態は最悪の方向へ・・・
多数の餓死者、異論への弾圧という自国民大虐殺を繰り返す。

自国と周辺国の間で格差が生じる → 格差は解消されるべき → 富は分配されるべき
周辺国へ工作・侵攻が始まる、彼らにとってはまさに聖戦。
聖戦のための軍事力はキレイな軍事力、必然的に軍事優先、軍国主義となる。

取り込んだ周辺国で、1.からの同じ過ちを繰り返す。


共産主義に関しちゃ国際的にも結論出てる。
信じてる奴はカルトの池沼、やってる国は人民大虐殺国家。
ひとつの例外もない。

101 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:34:27 ID:AYFu2zobO
面白いこと考えるよねえ

102 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:35:56 ID:7VMoqHL9O
>>90
死んでから洗礼名を付けただけ。
先に亡くなった雪子夫人(牧野伸顕の娘)がクリスチャンだったから。
ジョーゼフ。

103 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:38:35 ID:VjQCYQIS0
>>73
文型の極み、小役人の極みって感じだよね。

国家の罠読んでて、文型ってどうしようもないなって思った。
最初から最後まで利の絡み合い。理が一つも出てこない。
だから色々駄目なんだと思う。

104 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:38:58 ID:7VMoqHL9O
>>98
浦和高校卒なのに同志社大学ってのが謎www
しかも神学部ww

105 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:39:59 ID:2Ohg7vYZ0
どっちにしても追い出されるから一緒w

106 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:40:20 ID:yt15kXoN0
まだ読んでない人には
「国家の罠」→「自壊する帝国」→「私のマルクス」
と続けて読むことを勧める。時系列的には逆になるが。


107 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:44:18 ID:1V0LfvpV0
マルクスって貧乏無職のアル中オヤジだよw
娘2人に自殺され、隠し子を友人に引き取ってもらった糞野郎もいいとこ。

そんな自身の境遇に対して、

  「オレが貧乏で、無職で、アル中で、不幸なのは社会が悪いんだ!!!!」

  「オレのとこにも富と幸を再分配せよ!!!!」

というアル中の叫びがマルクス主義なわけでねw

そんなもんに感化され、国づくりをしようとするから、ソ連や北朝鮮みたいな国に
なっちゃうわけよ。

普通の知性で考えれば、

  「グチってねーで、アル中治してマジメに働けや!!!!」

てなもんだが、なぜかサヨちゃん連中は共感しちゃうのねwww

ヒキコモリニートサヨ+アル中の戯言を真に受けるほどマヌケな話はない。
サヨの知性が知れるわいwww


108 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:44:22 ID:MaHJDNhYO
>>104
同志社神学から国Tって
多分この人が最初で最後だよ

109 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:45:23 ID:0G3T+0vm0
>>100
隷属への道ってやつだね

110 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:46:37 ID:VjQCYQIS0
>>106
国家の罠読んだけど、
文系の仕事って限りなく不毛かつ、無駄って感じなんだよね。

右のものを左に移し変えるか、移させないかって話。なんら生産が無いわけで。
外交の現場にいた人なんだからもう少し何かがあるのかな?って思ったけど
なかったなぁ。


111 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:47:34 ID:Iz2GoGAQ0
この人の履歴書かなり迷走した感じになるんだろうなぁw

112 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:48:38 ID:yt15kXoN0
>>108
語学、神学の為、チェコへ留学出来ることを期待して
ノンキャリで入ったが、配属はロシアだった。

113 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:50:37 ID:0G3T+0vm0
>>107
え、大学で教鞭とってたんじゃないの?
アル中おやじだったんだ。

そーだとすると、ルンペンを罵倒してたのって
同属嫌悪かww

114 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:52:12 ID:GKBhO1nl0
「自国の善をもって自国の悪を討つ」
いかなる世、いかなる国といわず、改造または革新の必要は、国民的生命の衰弱・
退廃から生まれる。生命の衰退・退廃は、善なるものの力弱り、悪なるものの
横行跋扈することによる。故にこれを改造するためには、国民的生命の裏に潜む
偉大なるもの・高貴なるもの・堅実なるものを認識し、これを復興せしむること
によって、現に横行しつつある邪悪な打倒しなければならぬ。

簡素に言えば、改造または革新とは、

自国の善をもって自国の悪を討つことでなければならぬ。

そは他国の善なるごとく見ゆるものを借りてきて、自国の悪に代えることであってはならぬ。

かくの如きは、せいぜい成功しても木を竹につぐに止まり、決して樹木本来の生命
を更新するではなく、これを別個の竹たらしむるに終わるであろう。
(大川周明『日本二千六百年史』1939年)

C外国の内在的な思想、例えばアメリカ型の新自由主義を善の要素と思って日本に移入しても、
それは短期的な弥縫策で終わることが目に見えている。日本という木に竹を接ぎ木することにしか
ならず、木の生命を更新できない。
佐藤 優「日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く」

115 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:55:59 ID:JhBZDkCr0
国家の罠を読んでこいつのファンになったし、素直に凄い人材だと思った。外務省はなんてことしたんだと。
俺の中で鈴木宗男の評価も格段に上がった。
佐藤優、鈴木宗男、東郷和彦は本当の国士だったんだとね。
しかしその後、こいつが出す本を全て読んだが、中途半端で浅い考察が露見してきて???の気持ちが強くなってきた。
そして、最近の「野蛮人のマナー」、白人の綺麗な女の横で睨み利かせて座る佐藤。なんか最近商魂逞しくね?
そして、俺の中である人物の面影が重なってきたのだ。
昔、そいつの国際ジャーナリストとして活躍する生き方に憧れた。
本を読んでたら、自分を狙ったスパイ達に目の前で恋人を殺されたとか、うそ臭い描写に???の疑念がわいて、彼が押尾学と同じ人種であることが判った。
こいつも、ロシアでスパイして、毒盛られたなんてスリリングな話は良かったけどさ(嘘くさかったけど)!
リトビネンコ暗殺で、こいつが語った完全に的を外した推測。
ロシアのこと本当に判ってんの?、ほんとにスパイやってたの?毒盛られたの?って湧き上がる疑問・・・。

そして俺の中で、疑念は確信に至ったのです。

この人、あのスーパードライのCM出てた自称国際ジャーナリストと同じ人種じゃん!wwwwwってね。


116 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 06:57:17 ID:VjQCYQIS0
>>114
国家の罠が受けたから、そういうこと書き始めるようになったけど、
どうしても、そう書けば受けるっていう意図の元に書いてるのがミエミエ。
左翼的な考えが正解だった時期に、左翼的な言説ばかり書いてた
人間と同じ匂いがするし。

ようはね、日露交渉に失敗したんだから腹を切れって事。

逮捕されちゃったおかげで、逆に無能外交の責任を問われてないのが
大問題だと思う。

117 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:00:53 ID:QsKUyEqc0
>>116
>ようはね、日露交渉に失敗したんだから腹を切れって事。

>逮捕されちゃったおかげで、逆に無能外交の責任を問われてないのが

いやいや、外務省の権力争いでしょ?


118 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:01:03 ID:mJDU9MzrO
>>107
ちょwwwwおまっwwwww、デフォルメしすぎwwwww

119 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:03:31 ID:AYFu2zobO
ルンペンのアル中の書があれだけの大事を引き起こしたことが
面白いじゃない。

120 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:05:39 ID:VjQCYQIS0
>>117
それってただの言い訳。文系が結果責任を負わなきゃ、ただの無駄飯くらい。
ただの無駄飯食らいだったから、日露交渉の決裂を受けて、ケジメ付けてもらったの。
それが本当の意味での国策捜査。

そこを意図的に歪めてるのは、文系だから。

本人も認めてるように、微罪逮捕だ(結局犯罪は犯してる)って事で、日露交渉をまとめるから
お目こぼしを受けてた、よって交渉に失敗したら、ケジメが必要だったわけ。
そこを美味いこと歪めて、20云年に渡って無駄飯食ってきたことをうやむやにしてる。
研究者だって、20年も無駄飯食ってたら首になって当然。それなのに、言い訳かましてる文系死ね、ってこと。

121 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:09:30 ID:ZXfVUzWj0
オレのマルクスはグルーチョ、ハーポ、チコだ。
マルクス芸人主義万歳!!!

122 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:10:30 ID:MaHJDNhYO
>>112
国Tじゃないの?

なんか凄いな、この人

123 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:10:49 ID:TlmQ+26y0
●● 投資ファンドに買収された会社の末路 ●●
@ファンドが買収のために借りた金を負債として計上させられ、利子も含めて返済させられる
Aファンドに多額の顧問料を払わせられる
B特別配当の実施のため、多額の借金をさせられる
C借金の返済のためリストラが強行され、売れる資産は全て売られる
「ファンドは買収企業を巨大なATM(現金自動預払機)と見立て空っぽになるまで引き出そうとする。人材育成や生産性向上を重視した投資が不可能になる」
「経営者ではないオーナーが労組と話す必要はないと主張し労組との対話には応じない」
ttp://www.business-i.jp/news/kinyu-page/news/200706080011a.nwc (リンク切れ)


124 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:11:15 ID:kcveJQKK0
自称理系のルサンチマンは
醜いことこの上もない


125 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:11:21 ID:JhBZDkCr0
リトビネンコ暗殺事件について、こいつが出したコメント読むだけでも
こいつが偏った情報しか持ってない、ただの無能な外交官だったことが判るよ。

外務省にとっても全然損失じゃないと思うw

126 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:12:44 ID:2Ohg7vYZ0
――おお、ワシの思った通りにテキパキ進んでいるよ?

127 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:14:23 ID:VjQCYQIS0
>>125
それ以前にロシアの復活を読めてなくて、建国の苦しみの時に足元見まくってディーゼル発電
ごときで恩売ろうとしたりして、逆にロシアとの交渉が不利になって、サハリン2の権益取られて、
パイプラインでも中国にやられてるのは、佐藤の夢見がちな分析の結果だという事実がすっかり
無かったことになってるのが論外。

文系市ねって感じ。

128 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:16:24 ID:AYFu2zobO
ここで佐藤批判してるのは官僚か?

129 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:17:33 ID:VjQCYQIS0
佐藤が本当に本人の言うように諜報機関所属なら、その所属先は中国かアメリカだと思う。
文系死ねって感じ。

130 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:17:51 ID:3JTiq7woO
北畠親房の神皇正統記を読んで独善的ナショナリズムの脱構築とかほざいてて
あーマルクス主義者っぽいと思ったぜ。本読めば世界が変わるってか?
そのくせ天皇制廃止したらファシズム到来とか奇妙奇天烈摩訶不思議な
電波ですよ。まあ馬鹿のリトマス紙みたいで便利だが。

131 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:18:45 ID:AO0WmBfD0
どうでもいい読書感想文なんて本にすんなよ

書評もアホの日記みたいな駄文だし

佐藤氏は諜報の本だけでいいんだよ、無理すると読者が引くぞwww



132 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:19:40 ID:yt15kXoN0
>>120
国の指令で諜報活動をやってる人間を毎度このように
吊し上げてたら、今後は誰も日本の外交官に情報を
持ってこなくなるし、危険を冒してそのような仕事をする
外交官もいなくなる。
仕事をしてるにケジメつけさせてたら何もしない奴が残る
けどそれでもいいのかい?

133 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:19:45 ID:2Ohg7vYZ0
そこで祭り寿司ですよ。



134 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:21:54 ID:JhBZDkCr0
>>131
もう引いてるよw
「野蛮人のマナー」の表紙見てみろよ。
ビールのコマーシャル出てたあの人の再来だよw

135 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:22:38 ID:yt15kXoN0
>>131
この本は感想文じゃなくて自叙伝だよ。

136 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:24:06 ID:AO0WmBfD0
>>130
いまどき「脱構築」とか喋るのは相当なアホ、ていうか恥ずかしいKYだぞ
大学生でもそんな奴はまず見かけないww

ていうかデリダとかドゥールーズの文章って3行読むと意味不明になってしまう
本人たちの頭が完全に狂ってるんだろなww



137 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:24:49 ID:VjQCYQIS0
>>131
その諜報がおかしいと思う。ロシアの資源とか、工業力を冷静に分析出来てたら
大国ロシアの復活は十分に読めたはず。もちろんプーチンと言う強力な人間が出てこないと
それは適わない訳だけど、潜在力っていうのをちゃんと分析してないで、誰と誰が仲良しか?
とかばっかり(利)に目が行ってるから、ファンダメンタル、つまり(理)の分析が疎かになって、
ロシア復活をまるで読めてないで、米露中国という、大国全てに依存するような関係に
陥ってる。小泉の無茶外交5年が無ければ、米露中国3国と良好に関係を維持出来てたはず。

その辺が無茶苦茶。で、佐藤が本人の言うだけの仕事やってたのなら、
露西亜担当として最低最悪の結果をもたらしてると思う。

138 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:26:07 ID:aBA6DkzTO
ここで佐藤を批判してる奴が普段どんな板に常駐してるのかが気になる

139 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:27:23 ID:AO0WmBfD0
>>137
佐藤氏もコラムで書いてるように、
国会議員の酒と女の後始末やら世話が大半なんだろ、大使館員なんてのは。

そんな男芸者たちに、ガチの外交交渉なんて夢のまた夢
大半は通訳しておしまい、のはずよ。



140 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:28:14 ID:mJDU9MzrO
>>117
落合かよwwww
まぁ質の高低は別にして、体制から発信してんのが佐藤、周縁からが落合。

141 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:29:49 ID:6bi3VPR70
佐藤氏の本はどれもおもしろいですね

142 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:30:50 ID:NHpa5ldi0
言論誌の妙な持ち上げぶりがうざい

143 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:31:02 ID:3JTiq7woO
>>136
アンダーソンの想像の共同体論とかデリダの脱構築論とかそれ自体は面白いが本人の手から
離れる、他人がこれらの理論を拝借すると途端に魅力を失う。左翼は反省しなさい。

144 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:32:11 ID:AO0WmBfD0
>>140
いや落合氏の場合は、脳内から発信してますが。

>>141
それは認めるけど、マルクス、脱構築、ビルドゥングスロマン
といったあまりにもKYな恥ずかしい単語は使わないほうがいいぞ

団塊のバカ教授と金魚のフンが好みそうな、コンプレックス溢れる悲しい言葉だ。
いつの時代も、西洋かぶれとは恥ずかしいのォ。

145 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:33:10 ID:JhBZDkCr0
半年後には絶対に判ってると思うよ

佐藤優=落合信彦 だったってことをね!!!w

146 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:33:13 ID:VjQCYQIS0
>>139
露西亜が大国に復活するから、こう接待するとか、復活の時期がまだ遠そうだから
こう接待するとか、そういのが大事だろ?諜報職員なんだからそれ無しに(そこを読み間違って)
接待してたのなら、只のただ飯くらいじゃん。
外務省内の足の引っ張り合いで失脚したとか言ってるけど、サラリーマンだって社内営業6割とか
言うのは普通、自組織に足引っ張られて失脚してる諜報職員って無能の極みって言うやつじゃん。

そういう部分を問わないで、佐藤を評価してるのは脳内お花畑って言うやつ。


147 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:34:55 ID:9WtreBceO
安田弁護士の友達か

148 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:34:58 ID:mJDU9MzrO
>>136
その「脱構築」から未だに逃れていないんだよ、どうしてくれんの

149 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:35:02 ID:jM/SPgN5O
>>138
フラストレイテッドオーサーって奴じゃない?
他人より優れた視点から俺は物考える事が出来るんだ!
作家になりたい!こいつらより俺の方が相応しいんだ!
って香具師多いしね

150 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:35:13 ID:aE9cwEb40
ソ連崩壊直後にロシアがここまで盛り返すのを予見してたのは反ソキチガイの中川八洋くらいだから
佐藤がロシアの動向を読み間違って責められるのもかわいそうな気がするな
もっとも、中川八洋は佐藤優のことを「ロシアに踊らされた低学歴二流外交官」と書いていたりするわけだが

151 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:37:02 ID:2Ohg7vYZ0
ほうかほうかw
語学が堪能でその故にスノッブで人の意見蹴るんも勝手ジャガ?

――ホワイ?
アフリカでバナナウランのん?

152 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:37:02 ID:JhBZDkCr0
ほんとロシアに踊らされた二流低学歴外交官で間違ってないよ。

ほんと、リトビネンコ暗殺事件の考察はアホ杉!

153 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:37:17 ID:VjQCYQIS0
>>150
佐藤の仕事はそこを読み間違えないのが仕事なんだって(w


154 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:38:20 ID:AO0WmBfD0
>>149
体が弱くていつも吐いてるフランス人が「実存」と言えば悩み
完全に狂ってるフランス人が「脱構築」と言えば、右往左往する

西洋かぶれのバカ知識人とは悲しくも滑稽な存在だよなー。
いっぺん抜いてスッキリしたほうがいいぞ。


155 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:38:28 ID:Iz2GoGAQ0
諜報とか裏工作とか聞くとこのコピペを思い出すw

297 名前:名無し三等兵 投稿日:2006/01/22(日) 20:31:44 ID:xtLs2EmQ
別冊正論、覆面記者座談会より

小泉首相の初訪中時、同行の安倍は、十三億から選りすぐりの美女軍団に
接待され、「マジやばい」と思い部屋に戻ると、イケメンボーイズが並んでた。
何か間違っていると感じたという。

それを聞いた石破茂長官は期待して訪中した。
そして歓迎の宴席の最後に、何故か一人だけカレーライスが出てきたという。
ゲル長官はカレー好き。本当だ。

156 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:40:58 ID:AYFu2zobO
文系は流行でマルクスやデリダを読んでるわけだから、
今となってはダサいと感じるんだろうが、ぶっちゃけ
中身はぜんぜん面白いよ。恥ずかしいとか言う奴の方が
恥ずかしくないか。

157 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:41:38 ID:yt15kXoN0
>>144
「私のマルクス」本編序
>ソ連・東欧圏の崩壊は、その依って立つ基本原理であるマルクス・レーニン
>主義の無効性を証明したものに他ならないのに、なぜお前はマルクスの言説
>などという過去の遺物を取りあげるのかという、当然想定される読者からの
>質問に答えておきたい。 (以下略



158 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:44:14 ID:AO0WmBfD0
>>156
いやデリダとかは恥ずかしいだけでなくて、人生にとって有害な本。
なぜなら1行も読めないほどの超悪文ばかりで、読んでると脳に悪いから。

マルクスもきっと似たようなもんだと思うぞ
無職で家政婦との子供を親友に押し付けたようなオヤジに
まともな文章が書けるとは思えない



159 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:48:15 ID:VjQCYQIS0
>>156
すれ違いだけど、そこにははげ同。流行廃りで思想を語るなって感じがする。
でも、文系の○○論者は、神学者みたいに、○○はこう言ってると、その後の知見を
疎かにしたりするし。本当にどうしようもないと思う。

で、強引にスレに戻すと、佐藤の言い分思考思想は完璧にこの文系の屑思考だと思う。
自然科学的分析能力が絶無で、○○さんがどうしたこうした、○○さんの情報って言うことで、
その情報がなぜ生まれたか?っていう部分が欠落してるんだよね。

誰がなんと言おうが、朝になれば太陽が昇るんだよ。例えローマ法王が否定しようがね。
そういう思考が一切出来ないので、日本の対露政策は大失敗を犯したんだと思う。
で、こんな馬鹿がなぜ評価されてたのかと言うと、外交官も文系で馬鹿だから、馬鹿にとって
そいう事実はどうしようもないから嫌いなんだよね。○○がどうこう言ってるって言う情報の方が
楽しい、なんとかしようがあるように感じるから、それで、佐藤のもたらす情報に喜んで飛びついて
便利に使ったから、日本は露西亜との関係を仕切りなおさないといけなくなった。

最悪だと思う。

160 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:50:22 ID:Iz2GoGAQ0
>>159
日本の文系には世界を牽引するような哲学を構築して欲しいねぇ・・・

161 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:51:11 ID:mJDU9MzrO
>>158
をいをいw要約本か予備校の講師の受け売りか?
ショーペンハウエルは美食美酒に酔いながら自殺を勧めたし、サルトルは意見の食い違いだけで論壇からカミュを追い出す狭量。
マルクスは長くデリダは抽象に過ぎるが読んで良いと思うぞ。

162 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:51:33 ID:AO0WmBfD0

ていうかムネオの男芸者で、酒と女と裏社会に精通してた日本屈指のトラブル処理二級外交官だろ

男芸者に徹したという意味では実に立派な人だと思う

露骨に下品な政治屋ムネオと気が合ったのも、そのなりふり構わぬ権力欲において
二人の意見が一致したからだろな



163 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:56:50 ID:yt15kXoN0
>>162
>露骨に下品な政治屋ムネオ

釣りで言ってるのか?5年前ならまだしも。

164 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 07:58:50 ID:mJDU9MzrO
>>159
その自然科学的分析とは?虚数世界で太陽は東から上る?コギトエルゴスム的論法が真実だとでも?帰納法分析に帰るなよw

佐藤のマルクス論は拘置中に仕入れただけ。熱に侵された程度。そんなに目くじら立てるなよw


165 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:02:24 ID:VjQCYQIS0
>>164
現実社会の分析に、いきなりコギトとか持ち出すのは、文系がまともな事実から
目をそむけて相手を煙に巻くため。でも朝になれば太陽が上ってくる。それまでの
時間稼ぎで、稼いだ時間が無為になってしまう。それが文系であり佐藤のやったこと。


166 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:03:54 ID:AO0WmBfD0

ムネオが大手商社と組んで北方での金儲けに邁進してたのは
コネなし地盤なしの三流与党代議士としては実に当然のことであって
別に責める気は無いが、

合法違法すれすれの(ていうかむしろ違法なww)やばい金儲けに随行してた
佐藤氏も、当時のままの覚悟でもって、露骨な現実主義者のままでいてほしいね

マルクスだのデリダだの、頭の弱い私立大学生みたいな妄言を吐くようになったら
物書きとしてはオシマイだろな



167 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:04:46 ID:yt15kXoN0
>>164
高校の頃からやってる。そのへんがこの本に書いてある。
ちなみに叔父さんは社会党のそこそこ有名な県議だったらしい。

168 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:06:58 ID:yt15kXoN0
>>166
ムネオが金儲けしてたら、今頃国会に出てこれないよ。
検察もアホじゃないから。

169 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:09:15 ID:VjQCYQIS0
>>166
国家の罠ではリアリストを自認してたけど、リアリストなら、なぜ露西亜の復活を読めなかったのか?
って言われると返答に困るほど無能だから、今はお花畑に逃げてる、国家芸者から、売文芸者へ
転向したわけで、そういう醜いデブ豚無能文系の言説に騙されるのは高校生までにしておきなさい。

170 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:09:49 ID:wpd2Q+pu0
朝早くからこんなとこで文系文系と・・・・・
まったくご苦労なこった

171 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:10:05 ID:JhBZDkCr0
つうか、お前らも落合信彦臭感じろよw

「野蛮人のマナー」の表紙なんて完全に落合信彦路線だし、

落合が、最愛の人を自分を追っていたスパイに目の前で殺されたとか書いた脳内話と

佐藤の、深い追いしすぎて毒盛られたとか完全に被るからw

172 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:10:19 ID:AO0WmBfD0
>>168
あのなー、代議士が何のために私設秘書をたくさん抱えてんだ
金儲けのためだろが。
いろんなトラブルや案件に首を突っ込んで献金に変える商売なんだよ。
彼らは、個人商店の経営者なんだから、金儲けに邁進して当たり前なの。
中学生みたいな書き込み>>168はやめようね。



173 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:11:50 ID:VjQCYQIS0
>>171
落合信彦は、軍産複合体って言う概念をエンターテイメントとして紹介してた。
と考えれば許せるけど、佐藤は醜い文系の保身臭しか匂わない。

174 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:12:59 ID:ijD/ZeVo0
落合落合って騒いでる奴はアホなのか?


175 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:13:26 ID:0KQrg4Cy0
アンチ元気だな・・・・。
朝からテンションたけー。

でも、面白いからもっとやれー

176 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:14:06 ID:mJDU9MzrO
>>165
おいおい、「我思う…」を言い出した人は近代自然科学の元になってるのはわかってんだろな?

リベタスボスリベラビト

受験がんがれよ!

177 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:14:45 ID:yt15kXoN0
>>172
おやおや。商社の人間を逮捕したのに私設秘書は
放って置いたのか?

178 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:16:56 ID:AO0WmBfD0
>>176
いやいや近代自然科学を本格的に確立・普及させたのは
ダランベールをはじめとする百科全書派だろ

それ以前の科学者なんて、単なる奇人変人であって
事実としては、骨董的価値しかないよ


179 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:20:01 ID:AO0WmBfD0

読者が佐藤氏に期待するのは、汚い大使館員の裏仕事と、利権にたかる政治家の実態だろ

そもそも「思想」が読みたきゃ他の本を読むのであって、くれぐれも勘違いしたKYにならないように。



180 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:23:21 ID:AO0WmBfD0
それにしても大金持ちになっても「オメコ」とか「おまえらしょうもない貧乏人は」とか
言ってた故・青木雄二は偉大だったな

181 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:24:52 ID:7VMoqHL9O
>>164
哲厨は哲板に帰れよw

182 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:26:11 ID:ijD/ZeVo0
>179

KY(笑い)


183 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:27:26 ID:VjQCYQIS0
>>179
汚いなりに筋(理)がとおってればいいんだけど、佐藤が言ってるのは利だけだから、
文系のどうしようもない話されてもなぁって言うのがねー。

美味しんぼで、美味い飯食わせたからって大企業が簡単に発注先変えたりしてるのと
いっしょのような気がして、だから日本は駄目なんだって話しか見えてこない。

184 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:27:29 ID:Iz2GoGAQ0
>>180
マルクス語りながら真っ赤なフェラーリ乗ってたんだよなw

185 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:28:17 ID:mJDU9MzrO
>>178
受験生扱いして失礼した。スマン。

なるほど百科全書派か、一理あると思う。しかし「哲学」を諸常認識把握とし、近代の幕開け…
ってスレ違いだし、モダンについての論になりそうなんで止める。そもそも「近代」という文部省的区分が嫌いなので、デカルトを持ち出したくないし。ディドロあたりも。

ごめん仕事だ、失礼する。また!

186 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:29:59 ID:yt15kXoN0
>>179
ホントに子供だな。
外務省にそんな大層な利権なんか無いよ。
何は古いとかKYとか20代後半過ぎたら
使わないほうがいいよ。

187 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:31:41 ID:AYFu2zobO
青木雄二は亡くなったんだね 知らなかった

188 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:33:32 ID:AO0WmBfD0
>>186
小学生乙!ww

貴重な体験を本にしている佐藤氏が、空気読めない路線変更で
出版社のお荷物になりそうだから忠告してんだよ

ちょっと本が売れるといい気になって、迷走するアホが多いからな
編集者がもう制御できてないとしたらオワットルぞ



189 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:35:39 ID:ijD/ZeVo0
空気空気って自分の独りよがりな考えで世相を判断するなって


190 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:36:19 ID:yt15kXoN0
>>188
最高裁の結果が出るまでは彼の闘争は続く。
それまでは好きにやらせてあげたい。
批判するのはそれからでもいいだろ?

191 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:37:11 ID:AO0WmBfD0
>>189
それはこの本の売れ行きが証明するんじゃねーか?

ニューアカ(恥)丸出しの三流学者が推薦文を書いてる時点で、もうどの程度の
売れ行きが予測できるけどなww

192 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:39:50 ID:ijD/ZeVo0
>>189
へえーそんなので予測できるんだ

すごいねw


193 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:40:56 ID:VjQCYQIS0
>>188
てか、あれ以上書くこと無いんだと思う。

例えば、北方領土に恒久的な施設建設する事は、露西亜の実効支配を認めることに成りかねない
から、ディーゼル発電機とプレハブ小屋にしたと言うけど、逆にいえば、日本国の領土だから、日本国が
地域住民の為に、インフラを整備するのが当たり前と言う理屈で、火力発電所と、鉄筋コンクリートの
施設を建設するって言う考え方も有りで、なんら不整合は無いはずなのに、何故か、片方の考え方しか
強調してないんだよね。これは佐藤が文系の白痴であるって言うことの証明。

その文系白痴が、自分の一番美味しい部分を本にしてしまったんだから、もう書くこと無いんだと思う。

194 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:41:42 ID:AO0WmBfD0
>>192
いまどきニューアカって言葉を書くのも恥ずかしかったわ

そんな紹介すら恥ずかしいような本を書くなよww
そんなKYじゃ裁判も負けるぞww



195 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:43:01 ID:tZ8axAad0
マルクス理論に対抗するには、遺伝子改良して人間が変化するしかない
水中でも無酸素でも生活できれば経済から離れて生きられる

196 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:44:49 ID:yt15kXoN0
>>191
つーか君、この本読んでないだろ。
3回ほど通読しろ。

197 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:45:00 ID:AO0WmBfD0
>>195
光合成すればいいじゃね? 葉緑体を入れるだけだから簡単だと思うよ

198 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:46:20 ID:VjQCYQIS0
>>196
対露政策で大失敗した佐藤の本を読むのはどうかと思う。
無駄飯食らいの言い訳を読むと言う事にお金や時間を投資する価値があるのか?
って言う話で。

199 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:47:26 ID:SeM3JK+/O
>>194みたいな空気ってまだ絶滅してないんだ
芯でいいよw

200 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:50:02 ID:ijD/ZeVo0
× >>189
○ >>191
アンカー間違えた



201 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:50:31 ID:AO0WmBfD0
>>198
いやいやロシア語の達人で、国会議員の夜のトラブル処理係なんて
滅多にいるもんじゃない。

貴重な出版社の稼ぎ頭です。マルクスとか妄言を吐かないで
夜の諜報合戦をあばいてほしいね


202 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:52:43 ID:yt15kXoN0
>>198
このスレに張り付いてる間に1/3くらいは読める。
「自壊する帝国」と「私のマルクス」は読み物としては良かったよ。



203 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:53:14 ID:+JIM4Fj3O
この人国際政治の基本を学ぶのに高校参考書のΣベスト政治経済薦めてたね


204 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:54:06 ID:WBIRFHfpO
今のロシアについて勉強してる俺にとって
この人がリトビネンコ事件について語ったことは首を傾げざるをえません。
何故?

1 事件のたびに犯人予想して外しまくる馬鹿な刑事と同レベルの知識しかないから。

2 プーチンの犬だから

3 落合信彦だから


205 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 08:55:21 ID:AO0WmBfD0
>>202
いやいや私立大学生の、童貞と妄想の渦巻く自治会館なんて
普通はページをめくる気が起きない

そんな青臭い、本当に臭い文章を読むヒマがあったら
うちのネコのタマと遊んでるほうがまし


206 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 09:12:16 ID:icdkO5d70
1960年生まれか。もっと若いのかと思っていた。

>天皇制がなくなるとファシズムになる
禿同。マルクスとか共産主義とか良く知らないが今までの日本はそういう種類が
成功した社会ではw

207 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 09:13:39 ID:yt15kXoN0
>>204
首を傾けるほどの内容か?

>要するに、ロシア政府、イギリス政府、ベレゾフスキー氏の間で「リトビネンコ氏は
>なにやら怪しげなカネをいじっていたので利権抗争殺されたのだろう。われわれ
>三者は今まで通りの均衡を維持する」という「手打ち」が行われたのであると筆者は
>見ている。リトビネンコ事件の真相は闇に閉ざされることになった。

208 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 09:14:34 ID:ijD/ZeVo0
知りもせずに批判する人間のなんと多いことよ


209 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 09:17:21 ID:VjQCYQIS0
>>208
国家の罠買って損したというか、文系の愚かさにまた絶望が増えてしまった
俺としては、批判するのなら読んでからっていうのは、違うと思うようになってきた。
読む時点で餌を与えてしまってるので、負けかな?と、読まずに批判するのも
ある意味正しいのかもしれない。

210 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 09:17:58 ID:Fjs5Nlm10
>>1
何と言うか、古式ゆかしいインテリなんだなあ。
戦前の大学生かと思った。タシナミとか作法があるんだろうね。

211 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 09:18:15 ID:GKBhO1nl0
読みやすいのがいいな
読み難いと余計なこと考えて頭に入らない

212 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 09:19:29 ID:jM/SPgN5O
>>198
まずどのような(政策?対敵諜報)面で失敗だったのか、現在はどうなのかって辺りから論じた方が良いんでない?


213 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 09:22:44 ID:VjQCYQIS0
>>212
日露平和条約が終結されてない。
これに尽きる。これ以外を評価するのは間違い。
それでもあえて評価するなら、大国露西亜の復活を事前に把握してなかったこと。
国家の罠では、露西亜が復活すると言う思考が一切みられない。それじゃあ駄目。

214 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 09:23:59 ID:yt15kXoN0
>>193
>日本国の領土だから、日本国が地域住民の為に、インフラを整備
>するのが当たり前と言う理屈で

交渉っていうのは利害を調整する事な訳で、実行支配されてる状態で
そんな事飲む分けない。それじゃ喧嘩売ってるだけ。

215 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 09:29:40 ID:VjQCYQIS0
>>214
いや、佐藤によれば、現地政府が火力発電所を求めてきたわけ、
そこで、火力発電所を建設してればその後は変わったかもしれない。

日本国の財産として認めろ、って言う所からはじめてよかったのにね、
現地政府を半ば説き伏せる形で、ディーゼル発電所にした。

現地に建設される発電所の帰属に付いてはロシア側が条件を出してきたと言う
話は一切無いし、発電所を頼むって言う話ししかなかったと明記してる。

216 :こんぺいとう ◆pWevIavO/Q :2008/01/29(火) 09:32:18 ID:2MLRX3ELO
逮捕される前まではガリガリだったからな
佐藤氏はリベラルな近代主義者という
似非保守の体系に立った印象があるけど、実際どうなのか
いかんせん対談相手が胡散臭い奴ばかりで本は手に取りにくい

217 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 09:37:24 ID:TxD4UWvg0
なんだか即+らしからぬスレだな
とりあえず初心者にわかりやすく解説しろよ

218 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 09:43:51 ID:yt15kXoN0
>>217
>>106の3冊を嫁。

219 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 09:46:29 ID:jM/SPgN5O
>>213
エネルギー面で自己完結し自国ブロック経済外に存在する弱体化した大国と、
領土問題を含んだ条約を締結する千載一遇の機会を喪った観は確かに有るね。
恐らく今となってはもう不可能だろう。

ただ、現在の対露外交に行き詰まりを私は感じてはいる、少なくとも中国からパイプラインを掻払ってきた当時は、
こちらが切れるカードを一応使ってロシアの政策に食い込む努力をしていた様に見えるね。

長期展望に関しては…あれは外れるモノでしょw、多人数のフィルターを通った情報は凡百の追認結論だけしか出ない。
アメは展望に現実を従わせようとするけどなw

220 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 09:50:26 ID:VjQCYQIS0
>>219
>こちらが切れるカードを一応使ってロシアの政策に食い込む努力をしていた様に見えるね。

カードの切り方が悪いって感じ?で、なぜ誤ったカードの切り方したかといえば、佐藤が無能だったから。
露西亜情報収集のリーダーが間抜け(もしくは日本国以外のスパイ)だったから、日本はカードの切り方を
間違えた。だから今、対露外交が行き詰まってる。原因は佐藤。

221 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 10:04:27 ID:yt15kXoN0
>>220
佐藤を使ったのは橋本・小渕・森の各政権。
で、佐藤以外の人間なら上手くやれたという根拠は?


222 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 10:07:28 ID:LKlnAj+f0
>>38
高卒乙w

223 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 10:12:58 ID:Fjs5Nlm10
妙なカリスマ性のある人なんだな。ファンだか信者だかが煩い気もするが。

224 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 10:33:51 ID:jM/SPgN5O
>>220-221
長年、日本の対ソビエト情報政策は、タスの声明やノーメンクラツーラの分析、シベリア還りの居る商社や第三国経由とかジェーンwからの貰い物がメインだった、
まぁワッチ主体だったんだろな。
そこに久し振りに生情報取れる人間が現れてしまったんだろな。そりゃ政権も使いたくなる。
ただ生情報取る現場の人間は、佐藤みたいであるべきでしょ。
問題は佐藤の自尊心と野望をコントロールして情報を分析し咀嚼仕切れる能力が上司に無かった事じゃないかと思うね。

225 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 12:10:19 ID:RSG2PYyx0
確かに野蛮人のマナーの写真はあちゃーーーって感じ。
見てらんないw

ノビー臭は確かにするw

226 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 13:03:29 ID:/xlxoFL1O
昔読んでて面白かったけど、こいつの自慢話と気付いて嫌になった。

227 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 13:22:21 ID:RSG2PYyx0
ってか、落合信彦との共通点は本スレでも指摘され済なんだねw

228 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 14:01:15 ID:F/k6ANRL0
しかし、同志社の神学から外務省職員受かるんだからビックラするべ。同志社の癌のような偏差値レベルなのに。

229 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 18:42:48 ID:XWf9SvG70
>>228
こいつノンキャリだろ。

230 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 19:25:13 ID:a6NQ4/P40
>>107
いや当時のヨーロッパは労働者が奴隷だったから文句言うのは正しい。単にやり方が間違ってただけで

231 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 19:46:33 ID:IEOR8VqI0
マルクスってのは高等教育を受けている、ドイツ国籍のユダヤ人。
そして、マルクス主義を批判したオーストリア国籍のヒトラーも実際にやった事はマルクス主義。

232 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 20:07:21 ID:LRXDOtO80
ニューアカと聞いて飛んできました。バブルへGO!

233 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 20:08:58 ID:4TrhkSOh0
先月見たけれど結構興味深かった。

佐藤優 現実的北方領土奪還論 「守れ!わが領土」

ttp://jp.youtube.com/watch?v=vaafDyMCrHo
ttp://jp.youtube.com/watch?v=q17e3jq3hYs
ttp://jp.youtube.com/watch?v=lgLeSI6UfRU
ttp://jp.youtube.com/watch?v=T7PgtXMihkE
ttp://jp.youtube.com/watch?v=CACZ5NhTzF4

234 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 20:19:02 ID:1EdJNkTY0
ノンキャリがひねくれるのも無理ない

235 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 20:19:55 ID:2td/cYbU0
>>10
外務省は
キャリア=高卒
ノンキャリア=大卒・院卒
というわけわかんない世界だな

236 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 20:22:20 ID:Qv61UQxU0
マルクス放任主義

237 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 20:25:42 ID:t3mx+usI0

現在の社会科学の水準からすれば、
江戸時代の学問にこだわる意味や必要性はない。

238 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 20:28:27 ID:i268Fpo10
佐藤優ってパグとかいう変な犬みたいな顔だな。
井沢元彦にも似てる。

239 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 20:43:23 ID:bDLpUYL1O
>>237
ところが驚くことに全ての学問は暴れん坊将軍が活躍した頃に活躍したドイツの哲学者の枠の中に存在している。


240 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 20:53:05 ID:XWf9SvG70
>>235
大学在籍中に国Tに合格して中退するから、キャリアには高卒が少なからずいる。


241 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 21:26:15 ID:FL1+DqoA0
対ロ政策の成功も失敗もクソもない。
このおっさんは、単なる語学の専門職だ。
別に外交の責任的な地位に居た者ではない。

学校で言えば用務員、病院で言えばレントゲン技師、相撲で言えば床山だ。
およそ関係ない立場の人間が、なぜか重用されてるという点を喩えて、
ラスプーチンと呼ばれてたわけだがよ。

242 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 21:27:52 ID:PFGC5giz0
起訴休職なんて制度まであんのかw

243 :青識亜論 ◆GJwX8m7K0g :2008/01/29(火) 21:32:29 ID:9KGs87Hw0
>>239
え、今って反カント主義が盛り上がってるんじゃないの?
ローティとかポモな人たちはカント嫌いというイメージが。

244 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 21:38:57 ID:FL1+DqoA0
そんな人が、たまたま高級官僚や政治家に、なぜか重宝され、
(おそらく外務省に他にロクな人材が居ない故に)なぜか諜報まがいを
やらされ、色々なことを見聞きして、それを本にしてみました、
ちょっと面白いから皆さんもご覧下さいと、その程度の話だろう。

別に、じっくり読んで、社会と人生について何か思索しようとか、
答が有るかもしれないとか、そんな本でありえる訳がない。

パラパラ読んで、どっか面白い所があれば、それで十分だろう。

245 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 22:18:09 ID:VjQCYQIS0
>>239
それって、ニュートンが重力を発明したと言ってるに等しい言説なんだけどね。
文系って馬鹿だから、そういう誤解を平気でする。
誤解を平気でして、その誤解を平然とのたまうんだから、文系の罪深さは
底なし。文系は駆除するべきだと思う。

246 :名無しさん@八周年:2008/01/29(火) 23:46:09 ID:PO7y38Ab0
理系だろうと文系だろうとアホはアホ
だという実例がこのスレにもいるな


247 :名無しさん@八周年:2008/01/30(水) 00:08:35 ID:uPgUkvij0
>>246
文系は害なんだって話を摩り替える文系が多いんだよね。

248 :名無しさん@八周年:2008/01/30(水) 00:32:38 ID:Ln1iWWQqO
獄中記ならジェフリー=アーチャーのが面白い

249 :名無しさん@八周年:2008/01/30(水) 00:53:45 ID:2Q10D5wz0
>247

自分の無能を文系を叩くことで
憂さ晴らしするしかない人間も多いよね


250 :名無しさん@八周年:2008/01/30(水) 09:32:14 ID:0Aa9lPLs0
まあ、生産者から見れば文系も理系も、ウダウダ言って自分の邪魔をする詭弁家でしかないよ。

251 :名無しさん@八周年:2008/01/30(水) 10:21:41 ID:Po1sEb/O0
872 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2008/01/29(火) 20:36:30 ID:6g1eAR8v
それから私見ですが、リビトネンコ問題は、
俺は彼の立場からは当然プーチン犯人説を採らないと思ってた。
先の森プーチン会談でも根回し頼まれた可能性あるし、日露関係修復
の貴重な人脈を持っている。その佐藤さんがプーチン黒幕説(真実だろうが)
を公に断定したら、パイプが繋がりにくくなる可能性があり国益にならない。
プーチン独裁は逆に日本のチャンスという考えだからne。

以上おれの妄想。それから後継者も外しましたね。


↑ちょっと、鋭い考察かと思った。
プーチンに貸しを作る為に、暗殺の首謀者であるプーチンをわざと外したと。
プーチンが日本の新聞読んでりゃいいけどねw

252 :名無しさん@八周年:2008/01/30(水) 19:25:18 ID:er0uv7wvO
所詮同志社だろw

253 :名無しさん@八周年:2008/01/30(水) 20:31:11 ID:iN1E3BGP0
さっき買った あまり売れていない本屋で、初版本ゲット (*^ー゚)b

254 :名無しさん@八周年:2008/01/30(水) 21:50:39 ID:BvErTdy+0
>>252
そう言っていいのは、旧帝早慶出身の奴ぐらいだな
最低でも上智

255 :名無しさん@八周年:2008/01/30(水) 21:57:25 ID:MFFuenDy0
ちょうど今トイレでウンコしながら読むように置いてる本だわ
佐藤本は7,8割買ってるけどあんまりハズレが無いね、ネタの使い回しも多いけど
最初の方しか読んでないけどこの手の変わった人ってやっぱ高校〜大学時代に
人とは違った経験してる人が多いよね

256 :名無しさん@八周年:2008/01/30(水) 22:53:05 ID:0Aa9lPLs0
>>254
キリスト教を勉強したいという、専攻優先の人間だからねえ
国立大学でキリスト教は学べないだろうし

257 :名無しさん@八周年:2008/01/30(水) 23:16:04 ID:HYC9AQOl0
>>254
そのランクの連中は余裕があるからね、>>252 のような下品な書き込みはせんよww。

258 :名無しさん@八周年:2008/01/30(水) 23:18:17 ID:fQxomyBd0
情痴?www

259 :名無しさん@八周年:2008/01/30(水) 23:55:40 ID:MPLlai1Y0
マルクス・グロンホルム


260 :名無しさん@八周年:2008/01/31(木) 00:13:30 ID:IbX0VGzu0
優秀なスパイは少なくともダブルエージェント
エビをつけねばタイは釣れない

261 :名無しさん@八周年:2008/01/31(木) 00:15:01 ID:F9R4qnmf0
“私の”じゃなくて、
「私がマルクス」著:佐藤優
だったら面白いのに。

71 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)