5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【薬害肝炎】 「大臣にもてあそばれた」「首相に突き落とされた」「政府の全員救済案(30億円)、札束でほおを叩くよう」 原告団ら★12

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2007/12/22(土) 12:59:11 ID:???0
・「被害者全員救済」という願いはかなわなかった。国が最後まで救済範囲を限定する
 姿勢を崩さなかったことに、薬害C型肝炎訴訟の原告たちは失望し、和解協議打ち切りを
 宣言した。

 20日午前、会見した全国原告団代表の山口美智子さん(51)は
 「私たちが全面解決という最後の山を登ろうとしているのを、福田首相は
 突き落とした。舛添厚労相も握っていた手を放した」と怒りで体を振るわせた。

 山口さんは、原告に多くの若者がいることを挙げ「早く人生を取り戻して
 あげたかったのに…」と涙ぐんだ後、「降伏したわけではない。多くの肝炎患者に
 報いるためにも、私たちの思いを貫いていく」と必死に前を向いた。

 舛添厚労相はこの朝、東京地裁が国などの法的責任を認めた期間から外れる被害者に
 対し、創設する基金を積み増す案を示した。全国弁護団の鈴木代表は「全員一律
 救済の理念を理解しておられないようだ。札束でほおをたたくような案で、『要は金だろう』と
 矮小化している」と痛烈に批判した。(一部略)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071220-00000048-mai-soci

・「事実上、全員救済するもので、大阪高裁の和解案につながるものと考えます」−政府が
 示した修正案は、責任を伴う「和解金」を支払う範囲を限定し、この範囲から外れる患者に
 対しては基金を設立、分配は原告団に任せるもので、当初の8億を30億円に増額した。
 政府はこれにより、すでに提訴している患者とこれから提訴する患者の推計1000人について、
 間接的に全員を救済できると主張している。原告団は法律を超えて全員を同じように救済
 する政治決断を求めていたが、国は大阪高裁が示した枠組みにこだわった形。(抜粋)
 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20071220/20071220-00000034-nnn-soci.html

★「大臣にもてあそばれた」薬害肝炎・原告団
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/071220/crm0712202029036-n1.htm

※前:http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1198254889/

2 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 12:59:47 ID:LsG5vodU0
罵愚太氏寝

3 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 12:59:51 ID:R0ldeIY+0
ハハハ                             イキデキネーヨ
   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ハライテ-       ゲラゲラ
   ( ´∀`) < わははは         ∧_∧       〃´⌒ヽ       モウ カンベン
.  ( つ ⊂ )  \_______   (´∀` ,,)、      ( _ ;)        シテクダサイ
   .)  ) )   ○   ∧_∧      ,, へ,, へ⊂),     _(∨ ∨ )_     ∧_∧ ○,
  (__)_)  ⊂ ´⌒つ´∀`)つ    (_(__)_丿      し ̄ ̄し     ⊂(´∀`⊂ ⌒ヽつ
          タッテ ラレネーヨ
           ワハハハ


4 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:00:56 ID:wjchGUQm0
で、この人たち仕事何してんの?

5 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:03:52 ID:nt8jG9gO0
●薬害肝炎問題のまとめ Ver2.0

A)大阪高裁
1.基本的見解としての「所見」において、原告案による一律救済が望ましいとし、政府・製薬会社の譲歩を期待。
2.但し、現時点では政府・製薬会社の譲歩が期待できないとして、期限を最も狭くした東京地裁判決に沿った「和解骨子案」を提示
B)政府案
1.骨子案に沿った期限による線引きあり
 血液製剤フィブリノゲンは85年8月〜88年6月、クリスマシンは84年1月以降
2.ア)期限内の人:国・製薬会社の責任を認める
   症状に応じて千三百二十万円から四千四百万円を支払う
 イ)期限外の人:国・製薬会社の責任は認めない
   原告側がつくる財団に30億の支援金としての基金を設け、間接的に救済する
3.合わせて1000人程度を想定。およそ3割が間接救済になる
C)原告案
1.期限・製剤等による線引きはなし
2.薬害被害者には、一律に国・製薬会社が責任を認め症状別に直接支払う
3.薬害患者推定1万人のうち、既に9割はカルテなどが破棄され薬害の立証が不能なため、実際には1000人程度
D)要点
1.大阪高裁も、基本的には原告案を望ましいとしている
2.政府案では、線引きの結果、同じ薬害被害者でも、国・製薬会社の責任を認められず間接救済に止まる者が300人ほどでる
3.原告案でも、立証不能なおよそ9000人の薬害患者については、原告団の陳情により成立予定の「肝炎対策法」による治療費助成などの一般的な救済策しかない
E)期限の問題
1.85年8月以前
フィブリノゲン製剤が承認・製造・販売された1964年当時、C型肝炎は「血清肝炎」と呼ばれ、ウィルスは未発見ながら「血清肝炎」が血清・輸血により感染することは、当時の医学でも常識であり、使用により肝炎に感染する危険性は予測できた。
85年8月以前に国・製薬会社が必要な措置を怠り違法があったことは福岡地裁判決・名古屋地裁判決でも認定されている
2.88年6月以降
88年6月に国は緊急安全性情報を製薬企業に出しただけで、販売中止回収を徹底させなかった。
実際、被害はさらに拡大し、「418人の感染者リスト」だけでも、88年7月以降も、投与された人が少なくとも75人。90年〜93年の感染例は29人にのぼる
F)必読基本資料 弁護団HPブログ
ttp://www.lawyer-koga.jp/
ttp://lawyer-koga.cocolog-nifty.com/fukuoka/

6 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:06:12 ID:7NsHhR4VO
>>4
衣里子嬢は趣味で刺繍して作品を売ったりしているそうだ(ブログ参照)。


しかし彼女の場合、
裕福な家庭のようだし
そんなに焦ってカネカネと叫ぶ必要はないだろうけどね。

7 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:06:19 ID:Ocv70tbO0
福田総理は日本国民には補償も拉致されても朝鮮人のために
日本国民の税金をたくさん使います


8 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:07:46 ID:3uhoqRGEO
原告が批判されてる
政府が批判されてる


喧嘩裏で暗躍し患者に妙な期待を抱かせて一番喜ぶのは誰?
一番得をしてるのは誰?
患者のこと
政府のこと考えてる?
考えてないよね

9 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:08:41 ID:TfrvHuKI0
>6 悲劇のヒロインとして注目を浴びるのは快感です。
切実な問題を抱える患者は一部の人間のエゴのせいでまた我慢の日々か・・・。

10 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:09:19 ID:r+Oe2CCN0
なぜ一律救済すべきか 1/3

東洋大学教授(保健福祉学)片平洌彦

薬害C型肝炎訴訟の解決を目指し、大阪高裁から和解案骨子が示された。その要点は、賠
償対象者を東京判決に依拠して時期を限定し、この時期以外の場合は既提訴者には一定の
賠償をするが、未提訴者はこの時期に限り賠償を認める、というものである。大阪高裁が
「全員、一律、一括」(以下、全被害者救済)が望ましいとしつつもこのような「線引
き」の骨子案を示したのは、「全被害者救済」は「5地裁の判決の内容、結果に反する要
求」だからという。しかし、賠償対象者を東京判決のように時期を限定し、かつ既提訴・
未提訴で差別するのは基本的に理にかなっていない。

 東京判決は賠償対象者を、フィブリノゲン製剤(以下F剤)については、1985年8月か
ら1988年6月までに限定している。85年8月からとしたのは、この時期に製剤の肝炎ウイル
ス不活化処理法の変更によって肝炎感染の危険性がかえって高まったにもかかわらず、被
告企業と国は、その危険性についての『指示・警告義務』を果たさなかった、などの理由
である。また、88年6月までとしたのは、この時期に国が緊急安全性情報を被告企業に出
させたので、『指示・警告義務』を果たした、という理由である。また、第\因子製剤
(以下九剤)については、1984年以降の添付文書には、肝炎の重篤性についての『指示・
警告』がされておらず、従って、この時期以降、『指示・警告義務』違反があった、とい
うのである。

11 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:10:04 ID:IZlN91L00
なぜ一律救済すべきか 2/3

 然しながら、第一に、これらの血液製剤使用による肝炎感染の危険性は、両製剤ともに
承認時から指摘されていたという事実がある。すなわち、両製剤は、承認時点で、(血清
ないし輸血後)肝炎に罹患し、その結果、肝硬変や肝がんになって死亡することもあるこ
とは、国内外で多々指摘されていたのである。しかも、旧ミドリ十字N元専務(後に社
長)などは、そのことを学会誌に「肝炎災害」などと記して、「その罪業の深さを痛感す
る」とまで記していた(1963年)。にもかかわらず、両製剤は、有効な不活化対策を取る
ことなく、国によって承認され、企業により販売されたのである。これは、「病原微生物
により汚染され、又は汚染されている虞(おそれ)がある」医薬品は輸入も販売も禁じて
いた薬事法56条に違反する行為であった。

 このように記すと、被告側は、「有効性はあったので、やむを得なかった」と言うだろ
う。しかし、両製剤の「後天性フィブリノゲン[または第\因子]欠乏症」に対する有効
性の科学的立証は、現在に至るも未だ行われていない。F剤は、米国ではその有効性・安
全性への疑問から、1977年に製造承認が取り消された。しかし、日本では、1998年にその
効能・効果が「先天性低フィブリノゲン血症の出血傾向」に限定されるまで、産科出血な
どの「後天性」の場合にも止血剤として幅広く投与を認められていた。この約20年間の被
告らの対応は、少なくとも不作為的加害行為である。また、九剤については、1972年に当
初「先天性」(血友病B)のみで承認されたものが、単なる「訂正・差換え」で臨床成績
を添付せずに「後天性」を含め承認されてしまった経過があり、「後天性」への有効性を
科学的に立証する臨床成績は現在に至るも出されていない。全く臨床成績を添付せずに申
請した企業と、これを右から左へとそのまま認めた国の行為は、作為的加害行為と言える
のではないか。

12 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:10:45 ID:sbaolxdH0
なぜ一律救済すべきか 3/3

 第三に、緊急安全性情報を出し、その配布を完了させたから『指示・警告義務』を果た
したというのだが、一片の安全性情報を出すだけでは、被害は防ぎきれるものではない。
現に、問題となっている『418人の感染者リスト』を見ると、85年7月以前に製剤を投与さ
れている人が少なくとも41人、そして、88年7月以降に投与された人が少なくとも75人い
る。危険性のある医薬品による被害を出さないようにするには、その危険性が判明した時
点で、販売中止・回収を徹底させるしかないという重い教訓が、今回またしても私たちの
前に、事実によって明らかにされた。被告側が告知をせず、提訴の機会を奪っておきなが
ら、未提訴者への償いは上記期間に限定するなどするのは、到底許されないことは論を待
たない。


 以上から、結論はもはや明らかである。被告らは、救済対象を「線引き」することなく、
全ての被害者を対象に、早急に「和解」を成立させるべきである。そのためのお金が足り
ないというのなら、借金しても償うべきことではないか。以上は、この4年余の間、この
問題を第一の研究課題として取り組んできた私の、学問的結論である。


片平 洌彦:社会医薬福祉学、薬害・難病問題、脂質栄養問題

1969年東京大学医学部保健学科卒業。
1974年東京大学大学院医学系研究科保健学専門課程博士課程修了、保健学博士。
1974年4月東京都神経科学研究所社会学部門非常勤研究員。
1974年9月東京医科歯科大学助手。
1982年8月東京医科歯科大学難治疾患研究所講師。
1990年5月東京医科歯科大学助教授、現在東洋大学教授

日本社会薬学会幹事・査読委員、日本社会医学会理事・査読委員、日本臨床薬理学会評議員、
日本薬剤疫学会評議員・査読委員、日本疫学会評議員、日本社会福祉学会査読委員、
順天堂大学医学部・明治薬科大学大学院等非常勤講師、埼玉協同病院倫理委員会委員

13 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:11:53 ID:pVW8yT1F0
どうも原告の人たちに同情できないんだよな。記者会見とかみてると。

14 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:14:35 ID:Ns+SFbuM0
>>12
法学の素養の無い人が、高裁の和解案を批判できるんだ。無知って恐ろしいな。

15 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:14:44 ID:V1MXGmQM0
治らないかもしれないし、副作用もあるけど、
治療費払ってもらえるなら、肝炎になっても良い奴なんていないだろ?

金のため金のためと騒ぐ奴らは、まず頭を診てもらえ。

16 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:14:48 ID:3uhoqRGEO
>>13
原告に誰か入れ知恵してるように見えない?
本人たちの言葉でもあるだろうけどそれ以外もあるように聞こえて…

17 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:15:12 ID:Sik5T0Lm0
政府はもうめいっぱいがんばったと思うのだが・・・・・

18 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:15:38 ID:RbV2Xhx+0
今日で全てが終わる。今日で全てが報われる
て聞いたことあると思ったら春夏秋冬じゃねえかw
とりあえず30億提示されて札束ほおで叩くようとか原告調子のりすぎ



19 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:15:52 ID:sYOHIYN90
この原告団見てると引く
チャンネル変える

20 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:16:14 ID:uA4AtVjj0
>>13ニュースでたいして見たくないもん見せられる訳だからな
有る意味さっさと原告の言うことを政府がきけば、あんな悲憤慷慨を見せられずに済むのにと政府を恨みに思う
>>16弁護士?
つか平等に、に拘ってるのはわかんなくもない。
恨む気持ちもわかんなくはない。
でもいざ飯時に見ると面倒なんだよな

21 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:16:22 ID:EL94h/Yu0
>>14
経歴と現職を見ると、医学薬学の素養も怪しいぞ

22 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:17:52 ID:OtHmLwRr0
外添はよく頑張った。
原告は文句あるなら裁判所の和解案に言え。

23 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:18:29 ID:Ns+SFbuM0
>>16
被害者救済を損害賠償で解決しようとするから、無理がある。
弁護団は、「自分たちは社会正義の実現者だ!」と勘違いしてるけど、
被害者救済は、立法府の仕事。

政府に圧力をかけようと、野党を回る暇があったら、救済法案を提案すべき。もうやってるけど。

24 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:18:32 ID:VvNUn2K80
原告団の冷静さを失った会見は、正直醜い。


25 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:18:47 ID:m9lT8Q8O0
同情すべき事情全て知った上で、大臣に会いたい、首相に会いたい、一律救済して
欲しい、実行力の無い民主党にすりよったり、xx日までに政治決着して欲しいって矢継
ぎ早に求め過ぎてるからだろね。


しかし、急に露出増えたのは悪意すら感じるなぁ。

26 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:19:45 ID:U0Xn6dMm0
>>17
同意。これ以上望むのは無理がありすぎ。
おかしな入れ知恵してるヤツのせいで、本来なら今回の和解案で
救われたハズの多数の人が真の被害者。

27 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:20:17 ID:2/cA1Tkv0
ttp://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=37050&media_type=wb&lang=j&spkid=153&time=04:03:49.8
まずこの動画の6分あたりから登場する「厚生労働省高橋医薬食品局長」の答弁を見てください
怒りを感じなかったひとはすごいです。医薬食品局長は厚生労働省の薬剤部門の
最高責任者です。こんなクソ役人どもから「一律救済したらお金がいくらあっても足りない」
と脅され、福田と舛添は役人の前に膝を屈しました

28 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:20:56 ID:Sg+LJseZO
被害者が、名を変え現在も存続している製薬会社の方も訴えないのが謎だ。
ま、どうせ国からの方が取りやすいからなんだろうけど。

29 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:21:21 ID:9PXO3Knk0
>>15
>金のため金のためと騒ぐ奴らは、まず頭を診てもらえ。

頭を診てもらうので金くれ! って言いそうな奴らだよw

30 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:21:51 ID:EL94h/Yu0
>>28
民事裁判の被告は国と田辺三菱製薬なんだが。

31 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:22:15 ID:ICBFeGMX0
今回和解してたらトータルで170億円支援されるのに
こいつら何様のつもりやねん


32 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:22:33 ID:iPqpnaCG0
協議を一方的に打ち切ったということは、もう金もいらねってことなんだろな

33 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:22:58 ID:U3X6kbOX0
>>28


34 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:23:51 ID:X7ke0xWH0
三宅さんおっぱい攻撃に陥落
http://image.blog.livedoor.jp/ennriko555/imgs/1/8/18492f03.JPG
肝炎患者が飲酒で楽しく頬を赤らめる。ブラチラしてるのは酒乱か?
http://image.blog.livedoor.jp/ennriko555/imgs/b/1/b1e6fa56.JPG
私お酒好きなんです
http://pds.exblog.jp/pds/1/200710%2F24%2F10%2Ff0122110%5F9485944.jpg
女に目がないイケメン。不倫上等!
http://image.blog.livedoor.jp/ennriko555/imgs/a/1/a1ca8df1.JPG
部落
http://image.blog.livedoor.jp/ennriko555/imgs/a/e/aefa4565.JPG
元厚生大臣w
http://image.blog.livedoor.jp/ennriko555/imgs/6/9/69ad9d04.JPG
黒田福美さんと一緒に
http://image.blog.livedoor.jp/ennriko555/imgs/6/c/6cd864ba.JPG
「私お酒すきなんです」と。確かに彼女はお酒好きでした。
http://iizukajc.exblog.jp/6664478/


35 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:24:13 ID:kx8Wjv4qO
しかし原告は何様なんだ
もう同情する価値なし

36 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:24:26 ID:WVV1xVtK0
>>26
>おかしな入れ知恵してるヤツのせいで、

同意。
入れ知恵している連中は被害者救済なんてどうでもいい。
政府を攻撃できれば満足できる。

37 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:24:40 ID:YeJ/4nx/0
悪いことをしたのに謝罪と賠償をしない国が悪い


38 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:25:14 ID:Ns+SFbuM0
>>32
和解に至らなければ、高裁から判決が下りるけど、高裁の温情をもった和解案に
政府は最大限譲歩してるから、原告にとって和解案より厳しい判決となるのは確実。

39 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:25:16 ID:34edAxX40
もう福田総理に土下座して貰って、お金なしでいいじゃん
これで原告団もなっとくするだろ?
お金の問題じゃないのだし

40 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:25:45 ID:bWCOMGfW0
おっぱい攻撃におかんむりの日本男児
http://image.blog.livedoor.jp/ennriko555/imgs/1/8/18492f03.JPG
肝炎患者が飲酒で楽しく頬を赤らめる。ブラチラしてるのは酒乱か?
http://image.blog.livedoor.jp/ennriko555/imgs/b/1/b1e6fa56.JPG
私お酒好きなんです
http://pds.exblog.jp/pds/1/200710%2F24%2F10%2Ff0122110%5F9485944.jpg
女に目がないイケメン。不倫上等!
http://image.blog.livedoor.jp/ennriko555/imgs/a/1/a1ca8df1.JPG
部落
http://image.blog.livedoor.jp/ennriko555/imgs/a/e/aefa4565.JPG
元厚生大臣w
http://image.blog.livedoor.jp/ennriko555/imgs/6/9/69ad9d04.JPG
黒田福美さんと一緒に
http://image.blog.livedoor.jp/ennriko555/imgs/6/c/6cd864ba.JPG
「私お酒すきなんです」と。確かに彼女はお酒好きでした。
http://iizukajc.exblog.jp/6664478/
川田さんとパチリ
http://image.blog.livedoor.jp/ennriko555/imgs/f/b/fb674455.JPG

41 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:26:05 ID:EL94h/Yu0
>>37
「悪いことをした」部分には謝罪と賠償をすると国は言っている。
が、原告の主張する全ての部分について国が悪いわけではない、とも言っている。

42 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:26:38 ID:I4dAq0WX0
>>37
してるだろw
問題は、政府責任がない範囲まで及んでの謝罪と賠償だからな。
これがまかり通ると、法治国家として意味なくなるだろう。

43 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:27:57 ID:Sik5T0Lm0
なんでも国を悪者にして、日本を悪の国としたいという意図が見えてしまう。

44 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:28:02 ID:VRNJmYRi0
:                  ,r;;;;ミミミミミミヽ,
                 ,i':r"      `ミ;;,
.             彡        ミ;;;i
 ___        彡 ,,,,,、 ,,,,、、 ミ;;;!      ____
 ゙=c_  \    ::  ,ゞi" ̄ フ‐! ̄~~|-ゞ,      /_っ='
     ̄ く:::\  ::   ヾi`ー‐'、 ,ゝ--、' 〉;r'    /:::>'
.       \::::\   `,   / "ii" ヽ  |ノ  /::::/   
.        \::::\   't ←―→ ) /:: ./::::/
.           \::::\  ヽ   _ ::/ /::::/        
              \::::\__`ーr--r'"_/::::/        ざまwwwwwwwwwwwwwww
               \:::::::l ̄   ̄l::::::/
               ソ;;;`;;;;;;;;;;;;;';;;ゝ' 
               {:;;;;λ;;;;;;;;;;;;;;;}
                };;《;;《;;;;;;;;;;;;;{
               」;;≫≫;;;;;;;;;;;l_
             __,,r''" ``=-、;;;;;;;;;;`丶、__                    ___ ―――
          ,, -''" ̄⌒ヽ,,    ``ー;;7''~´`丶、           ̄ ̄ ̄
          (  ,--一''" ~`〜〜''"~ ー--、   )              ___ ―――
           |  〈                〉  |          ̄ ̄ ̄
          |  }                {  |             ___ ―――
         |   |                |   |            ̄ ̄ ̄
.          | |                  | |
         _/   {                    }   \_
       (__,-、__}                  {__,-、__)
       `┻━┻                 ┻━┻"


45 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:28:22 ID:KW0T448N0
この原告に同情する余地はもうねえよ。
被害者だったら、何をしても許されるというものでもないだろう

46 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:28:42 ID:bWCOMGfW0
>>34
三宅先生はどう見ても陥落してないだろ



47 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:29:21 ID:V1MXGmQM0
国が謝罪と賠償をしているとはよく言った。
人殺しがせいぜい怪我をさせたことを謝っているのと同じ程度だろ。
どうしてそんなにお人好しなんだ?
何ですぐに騙される?


48 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:29:59 ID:zu/pTRX/0
北チョン >>>>>>>>>>>>> 薬害に苦しむ日本人


49 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:30:43 ID:mc6hmfbNO
感情もわからなくはないが新聞の社説が原告に批判的になってきてるしなぁ
弁護士も煽ってねぇで止めろよ

50 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:32:29 ID:34edAxX40
>>47
責任者を殺せといってるのかな?
アクメツさん?

51 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:32:51 ID:2pIfgy7DO
あれじゃ同情は出来ても支持できないよ大抵の人は
ゴネてるようにしか見えないもん

52 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:33:41 ID:VvNUn2K80
>>47
じゃあ、おまえは消えた年金の賠償でも求めてろ・・・
ついでに戦前は日本人が殺しまくったアジア諸国に賠償金を払うよう国に求めろよ。
金額は相手の言い値だ。

53 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:34:09 ID:kqBcoKSr0
「大臣にもてあそばれた」=私の体だけが目的だったのね

54 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:35:05 ID:Ns+SFbuM0
>>47
薬害は起こり得るものであり、未知のウィルスの被害を誰も予見できない。
予見できないものを防止することはできない。それに対する賠償責任は誰にも無い。

国にできるのは、薬害をできるだけ少なくするための制度と厳格な運用。


55 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:36:10 ID:S9gegAOM0
まぁ、明らかに原告団は政権転覆を狙ってる罠w


56 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:36:48 ID:Kg1jMr4s0
>>47
2ch世論だって
山口だったかの母子殺人については熱狂的に犯人を糾弾するくせに
国の犯罪となると体制側に擦り寄って擁護だもんな。
太平洋戦争中戦争反対者を非国民って呼んで結果日本を
滅ぼしたクズどもと一緒だよ。

同じ殺人者で肝炎のほうが莫大に被害者が多いはずなのに
なにこの不具合な世論っていいたいね。w

57 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:38:07 ID:VvNUn2K80
>>55
おまいの発言で裏から原告団を指揮してるヤツが見えた。





外山恒一

58 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:38:15 ID:V1MXGmQM0
>>50
まさしく責任者が死刑にでもなれば、薬害は減少するだろう。
お前はそれを望むのか?それ以外にまともな責任の取り方はないのか?
お前はこれまで責任を取ったことがないのか?

>>52
消えた年金の賠償をとことん追い詰めることが、再びふざけた真似をさせないように
することができる唯一の手段ではないか?
アジア諸国にはすでに法的に支払いは終わったと聞いているが、お前はまだ足りないというのか?
事実を勝手に捻じ曲げすり替え、俺の主張を馬鹿げたものとするのはやめろ。

59 :叩く人 ◆.VH0CFA24Q :2007/12/22(土) 13:39:09 ID:BXQ/I5kM0
>>27
>こんなクソ役人どもから
それじゃあ、ただの感情論だな。原告と一緒。

基本的には、418人リストの確認が遅れてる事への追求だけど。
遅れてる人もいると指摘してるが、
そうでない人もいると政府は言ってるようにも見える。

後、
>このリストの実名、固有名詞を本人の了解なく第三者に知られたら困りますが、
>厚生労働省はみんな公務員で守秘義務を持っているんですから、
これは詭弁だな。


60 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:40:27 ID:VWvjbVyt0
この人たちも拉致家族会も同じような感じだな。
オレももっとずうずうしくなった方がいのかな。

61 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:40:49 ID:6F3W2vbC0
>>54
発覚した後早急に対応していればまだ被害も少なかっただろうし
被害者の気持ちも違うよ。


放置してたのが問題なんでしょ?

62 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:41:21 ID:NOjpMbdu0
>>57
体制側(笑)

スイーツ(笑)と同レベルだな。今や。

おまえは自分が主権者という意識がないのか。税金の使い道でも
効率的でないとか、差別的使い方されていないか気にならんのか。

63 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:41:26 ID:3rRfg6zi0
わからない時期までさかのぼって責任をおわせ、しかも死刑。
誰がそんな仕事するかよwww

64 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:41:52 ID:WVV1xVtK0
>>55
権力を奪うためなら利用できるものは利用する。
被害者が救済されなくても、そんなものはしったこっちゃない。

入れ知恵するおかしな連中が被害者救済を妨害する。

65 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:42:56 ID:iOV+0Jg30
きちがい国家に出す金はあるが自国民に保証する金はないんだろうな。
また破産寸前のアメ公の肩代わりなんだろうな。
福田はもういらないな。もうさっさと逝ってくれ。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20071222i202.htm

66 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:43:27 ID:9ecjdSP00
支援のために、彼らに1000円でも2000円でもカンパしてやってくれ。

そして次の選挙は自民党以外の政党に投票すればいい。

67 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:44:02 ID:U0Xn6dMm0
>>47
お前は政府が全能だとでも言う気か?間違いだって犯すよ。だから
政府は責任をとるべき薬害部分については補償すると言ってるの。
なのに原告団はそれすら付き返したの。その上、一部の連中は分かってて
政府に責任の無い部分まで責任取れって叫んでるの。

この国は突然に弱者が強者になる事例の典型。

あと、騙してるのはむしろマスコミ連中だ。

68 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:44:02 ID:1kzKw6IZO
>>57

違うよ。
転覆しても後釜に座れないと意味がない。

今後釜に座れるのは、

【政党助成金を十億単位でネコババして】

【反日団体の幹部の若い朝鮮人女性を秘書にして】

【参院選では解同と山口組の全面的支援を受けた】

小沢一郎の民主党だけだよ。


松岡 徹【民主党】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E5%BE%B9
2002年には部落解放同盟中央書記長に就任する

松本龍【民主党】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E9%BE%8D_(%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AE%B6)
部落解放同盟副委員長

民主党の支持母体の一つが解同だって知らない奴多すぎ。

69 :党友 ◆4WoxXOcgV. :2007/12/22(土) 13:44:17 ID:5jFQnjfHO
日本国民労働党は皆さんの声を活かして、地方、行政、に声を届けます。
皆さんのご意見を活かし、パブリックコメント等も積極的に提出していきたいと考えています。
更に近い将来には地方選に出る計画もあります。
そして、国民主体の政党を目指しため、現在、多数の方の意見を募集しています。
ちなみに個人では現在、将来提出する医療関連政策について、
私案をまとめている最中なので、医療政策についての深い議論も出来ると思います。
また、現行の他の政策に問題意識をお持ちの方や、
現場での労働問題に詳しい方、いらっしゃいましたらご意見を宜しくお願いします。
現在、チャットで待機をしていますので、興味を持たれた方はどうぞ。
・チャット
http://chat4.whocares.jp/chat/cr.jsp?rn=kokurou ・日本国民労働党公式サイト
http://www.nnlp.jp/


70 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:44:18 ID:EL94h/Yu0
>>61
何も「放置」してないだろ?

71 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:44:47 ID:GdY51Wx70
>>58
> まさしく責任者が死刑にでもなれば、薬害は減少するだろう。

つーか、これで当時の責任者を処罰するということになれば、
薬の承認をする責任者は、将来新たなウィルスが発見されないことを予知しなければならない、ということになるからな。
まぁ薬を承認しなければ、薬害は発生しようがないけどね。
ヒステリー起こして役人を吊るし上げろーと言っている人達は、それを望んでいるのだろうか。

72 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:45:07 ID:Ns+SFbuM0
>>58
責任者を死刑にすることになれば、新薬や副作用の予想される薬品は禁止だな。
19 世紀以前の医療水準に逆戻り。

>>60
拉致家族が、政府の無策を糾弾したり、損害賠償訴訟をすることは可能だが、
やってない。何の解決にもならないからね。訴訟で得られるのは、基本的に金だし。

C 型肝炎患者も、救済のための政策を訴えてれば、より共感を得られただろうに。

73 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:45:40 ID:qiluu+4Y0
>>56
原告団が暴論振りかざすまでは普通に国の方が悪者だったわけだが。
被害者の中にはいつ死んでもおかしくない人もいるだろうし、
ここで妥協してもいいという人もいるだろうに、そんなの無視で
突き進む。政府がこの問題を長引かせないため意図を持っているからこそ
和解案を提示しているというのに、満額回答ではないという理由で
誠意を全否定するような奴らを見ておかしいと感じないのはあまりにも鈍すぎ。



74 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:46:23 ID:wViKNDjt0
なにやってんだよ舛添
国に責任なんかねえよ
金だすんじゃねえぞ

75 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:47:51 ID:Lwl/5T6l0
通りすがりの者ですが・・・(工作員ではありません)

1980年代はC型肝炎は特定できていなかった。
非A非B型肝炎とよう分からん状態で教科書に載る程度。
治療法は基本的に肝庇護のみとの状態で、原告団の主張する医学的常識とはかけ離れている。
今の医学的常識に照らし合わせて20年前の事を問い詰めるのは、理解できない。
臨床の場でHCVを測定できるようになったのは90年台に入ってから。

逆に、政府側の譲歩は十分すぎるくらいと思われる。
輸血と同じような肝炎のリスクがあるという注意喚起を怠ったというなら分からないわけでもない。
最近になって、投与を受けた者のリストを放置したのは怠慢で責任問題であるとは思うが、
裁判で争われている内容からいうと原告側は行き過ぎのように思う。

原告の若い女の人も気の毒ではあるが、2回目のインターフェロン(PEG-IFNα-2b、Ribavirin併用?)
でHCV陰性化して経過観察中で多分完治でしょう。
皆揃って「命がぁぁ」というのは違和感がある。
確かに投与されたのはお産の時に多いから、
女の人が多そうだけど、閉経後の女の人はインターフェロン効きにくいからなぁ。
それでも昔に較べれば長期投与でだいぶと効くようにはなったので、
インターフェロンしたらどれくらいの人が治るかぐらい、
マスコミが流さないのは情報操作?

感染者は本当に気の毒で同情せないかんねんけど。なんか今回の騒動はおかしい。

76 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:48:25 ID:V1MXGmQM0
薬害で責任を取って死刑に殉ずるなんて奴が、いる訳がないだろ。
今の厚生労働省に。それに死刑になんてできるわけがないだろう。
責任を取ることが死刑なんて極論で、死刑が無理なら責任を取らないですむなら
責任取る奴なんて、この世にほとんどいないだろ?
そうやって責任から逃れるな。卑怯者。

77 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:48:38 ID:qRXuPXOfO

プロ被害者
 

78 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:49:35 ID:dvuHwObI0
薬害C型肝炎訴訟 〜責任に基づく損害賠償を求めるべきではない〜
http://www.news.janjan.jp/government/0712/0712217658/1.php

この辺がマトモな意見なのかな


79 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:49:37 ID:9RXv9OtJ0
>>「私お酒すきなんです」と。確かに彼女はお酒好きでした。
>>http://iizukajc.exblog.jp/6664478/

Commented by 質問 at 2007-12-21 13:48
x肝炎の患者さんがお酒を飲む事はいいのでしょうか?
肝炎ではお酒は禁忌だったと思ったのですが。

Commented by 返事 at 2007-12-21 15:27
xいいんですよ。
彼女は既に陰性して完治しているのですから。


なんだあの三文芝居、、、、
俺たちの方が弄ばれた気分だぜ

80 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:49:37 ID:ntvCrOaN0
この女たちがなにを要求しているのかわからんのは俺だけではないはず

81 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:49:42 ID:M394tYLA0
>>56
感情論で善悪判断が鈍るやつが非国民とか言い出すんだよ。

まぁあなたみたいなタイプだねw

民主や共産の仕込が無ければ2chの世論は概ね冷静だと思うよ

82 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:51:03 ID:a7Va0m160
金曜ムーブ・12月21日号
@OP 霊感商法に公安警察官関与
http://jp.youtube.com/watch?v=0bozpEjP51U&feature=RecentlyWatched&page=1&t=t&f=b
A大阪府知事選 民主ガリレオ候補 橋下公約批判!
http://jp.youtube.com/watch?v=ZztaeDzys5Y&feature=related
B日本一700億円 超高層ビルを計画 近鉄の野望!
http://jp.youtube.com/watch?v=AHq0hTcwGck&feature=RecentlyWatched&page=1&t=t&f=b
Cムーブの疑問
http://jp.youtube.com/watch?v=WWepB9HPwxE&feature=RecentlyWatched&page=1&t=t&f=b
D夕刊パラパラ シャープと東芝 液晶パネルで提携
http://jp.youtube.com/watch?v=qLcvkkK4Ht8&feature=RecentlyWatched&page=1&t=t&f=b
Eサウジのレイプ事件で被害者女性が鞭打ち刑・・何故?
http://jp.youtube.com/watch?v=pnAls_xw0q0&feature=RecentlyWatched&page=1&t=t&f=b
F財部経済シンクタンク 日本産業ロボットの未来(2/1)
http://jp.youtube.com/watch?v=P4Uk_hxBnrI&feature=RecentlyWatched&page=1&t=t&f=b
G(2/2)
http://jp.youtube.com/watch?v=QoX0hV5mrOU&feature=RecentlyWatched&page=1&t=t&f=b
H馬込容疑者は隠れキリシタンの末裔? タイゾーの公認騒動 他
http://jp.youtube.com/watch?v=Tq7dHyPZG-I&feature=RecentlyWatched&page=1&t=t&f=b
I芸能ムーブ ゴマキ 弟の判決出るまで休業
http://jp.youtube.com/watch?v=lvlmbnkk7vY&feature=RecentlyWatched&page=1&t=t&f=b

83 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:51:13 ID:VvNUn2K80
まてよ、>>57にマジレスされても困るんだぜ

>>62
そもそも俺は、賠償金を払うな、なんて言ってない。
ただ、原告の姿勢が気に入らない。建設的な案も無く、妥協もなし。
司法分権の国なのに、法を超えた賠償をするのはどうなんだ?
君の理論だと、諸外国にも法的には終わってるが、更に払う必要があるんだよ。

84 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:51:27 ID:wViKNDjt0
投与を受けた者のリストってのは、あとになって善意で作られたもんなんだぜ
勘違いも甚だしい

85 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:51:32 ID:EL94h/Yu0
>>75
「投与を受けた者のリスト」なんか存在しないよ。

いわゆる418人のリスト、というのは2002年に三菱ウェルファーマから厚生労働省に提出された、
フィブリノゲン製剤投与後の肝障害等で副作用報告を行った症例のリスト。
名前等の個人特定ができるデータは元々入ってないし、現物は提出当時に報道発表資料に入って公表されてるもの。

86 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:52:43 ID:34edAxX40
>>76
人間の出来る事に限界がある以上
ある程度で双方が手を取らねば解決なんて出来ないだろう?
そもそも原告団の最終目的が荒唐無稽なもの
あなたの望む責任とはなんだね?
いくらでもお金の湧き出る泉か?

87 :サヨク=ゴルゴム:2007/12/22(土) 13:54:01 ID:9PqyVxVjO
このての問題は、サヨクが介入したとたんに被害者の主張や表情が宗教がかってキモくなりがちだなw


まあサヨクは氏ねってこった。

88 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:54:17 ID:uk/yWShp0
厚労省の大臣ポストってハズレくじだな・・・
枡添があてられたのもわかる気がする

89 :禿添:2007/12/22(土) 13:54:41 ID:IWaWD4Sx0
要は金だろ?

90 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:54:53 ID:E2jQZ3uB0
まあ原告団は肝炎患者より政治闘争の方が大事だからな
簡単に和解するわけないだろw 
衆院選挙をにらみながらだらだら続けるよww


91 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:55:07 ID:GdY51Wx70
>>76
「責任」って、何に対する責任なの。
まだ発見されていなかったウィルスを、当時の厚生省が発見できなかった責任か?

92 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:55:23 ID:/+Vx1QbdO
金の問題じゃないらしいし、被害者全員に5億配って終わりにすればよくね?

93 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:55:55 ID:AEiK+fYL0
> まあ原告団は肝炎患者より政治闘争の方が大事だからな
これってなんか根拠あるの?
ただの思い込み?

94 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:56:02 ID:V0KyExXJO
>76
患者が350万人いるみたいだから、厚労省の役人が350万人死ねばいいよな。

95 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:56:56 ID:Lwl/5T6l0
>>85
すいません。
御指摘有り難うございます。

薬害とか言い出したらきりがないと思う。

注射針や輸血や手術などで昔は知らない間に感染してしまっているんだから。
原告団は普通の一般のC型肝炎患者さんとこれこそ「線引き」をしている気がするんですが。

96 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:57:02 ID:4JuqCJIz0
で、こいつら原告のブログやHPはどこにあるんでつか?
こいつらの言い分をじっくり拝見したいのだが。
ベンゴ段は除く。

97 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:57:13 ID:1/9QUPu00
マスゴミと野党を味方につければ倒閣でも脱法でもなんでもできるつう
味しめちゃつたからなあ、今年は。

98 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:57:37 ID:V1MXGmQM0
簡単に言えば、死にいたる薬害の存在を知りながら、
そしてそれを防げたにもかかわらず、それを放置した責任者、
さらに隠蔽したもの、それに加担したもの、
そいつらは殺人罪またはそれに準する法で、起訴すべきだと思う。>>86


99 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:58:11 ID:VR6vqoHH0
昔から「血清肝炎」という言葉があったぐらいだから、血液製剤に肝炎感染の危険性が
あることぐらい知っていたはず。
だから不活性化処理をして血液製剤を造ったんだが、全ての型の肝炎の感染に不活性化
処理が有効かどうかも検証してなかった。
その不活性化も濃度が低く、ウイルス不活化効果も完全ではなかったと言われている。

100 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:58:18 ID:92svWJvv0
30億を320万人で仲良く山分け

101 :名無しさん@5周年:2007/12/22(土) 13:58:31 ID:PqiiSFE+0
なんか、桝添大臣の主な仕事


火消しの為のリップサービス

そんなことは言ってない、誤解だ

102 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:58:41 ID:9PqyVxVjO
>>76
国に「世界に対する無限責任」でも認めろっての?
ブサヨ君w


そのくせ本人は無責任な言いっぱなし体質。それがブサヨ(=諸悪の根源)クオリティw

103 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:58:47 ID:E2jQZ3uB0
「今日ですべてが終わる」
「今日ですべてが報われる」なんて、もうね。
爆笑したわ。

泉谷しげるに謝れ


104 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 13:59:34 ID:34edAxX40
>>98
それは今回の裁判とはなんの関係ない話だよな
今回はいかにして被害者を救済するかが焦点だよ
様は君の話はスジ違いやりなおし。

105 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:00:03 ID:1/9QUPu00
>>97
あ、ねつ造と、デモ人員10倍増と...ま、この国ではマスゴミと
野党と弱者利権のコラボは最強だわ。

106 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:00:22 ID:EL94h/Yu0
>>98
「防げたにもかかわらず」ってのが今日基準の後出しなんだよ。
当時、C型肝炎の原因と有効な対策が知られてたわけではないだろう

107 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:00:30 ID:Lwl/5T6l0
>>99

C型肝炎ウィルスはいつ特定されたのか御存知?


108 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:00:48 ID:Pw2wjurB0
>>59
>>このリストの実名、固有名詞を本人の了解なく第三者に知られたら困りますが、
>>厚生労働省はみんな公務員で守秘義務を持っているんですから、
>これは詭弁だな。

舛添は、厚生労働省に実名がわたると漏れるといっているに等しいんだから、
枝野が言っているように重大問題だよw

>>75

>輸血と同じような肝炎のリスクがあるという注意喚起を怠ったというなら分からないわけでもない。

あの〜、まさにそういう理由で名古屋地裁は責任を広く認めているんだけど(笑)

109 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:01:04 ID:AEiK+fYL0
>>99
これって跡知恵ではなくて、当時からそのように考えられていたの?
あんまり専門的な知識がなくてゴメン。

110 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:01:23 ID:3rRfg6zi0
>>99
だからウィルスも見つかってなかったのに
どう検証したらいいか教えてやれよw
天才ぽいから、凡人の俺にはわかんねw

111 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:02:06 ID:2/cA1Tkv0
>>85
それは違います。>>27の枝野の質問を見てください
田辺三菱は相当数の実名を把握していたにも関わらず
厚生労働省は「わざわざ」その実名を隠したリストを提出させたんです

その理由について舛添は「厚生労働省が情報を持つと情報がもれる」
という信じがたい答弁をしています

112 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:02:16 ID:2zJ04VEA0
>>109
なぜ一律救済すべきか 2/3

 然しながら、第一に、これらの血液製剤使用による肝炎感染の危険性は、両製剤ともに
承認時から指摘されていたという事実がある。すなわち、両製剤は、承認時点で、(血清
ないし輸血後)肝炎に罹患し、その結果、肝硬変や肝がんになって死亡することもあるこ
とは、国内外で多々指摘されていたのである。しかも、旧ミドリ十字N元専務(後に社
長)などは、そのことを学会誌に「肝炎災害」などと記して、「その罪業の深さを痛感す
る」とまで記していた(1963年)。にもかかわらず、両製剤は、有効な不活化対策を取る
ことなく、国によって承認され、企業により販売されたのである。これは、「病原微生物
により汚染され、又は汚染されている虞(おそれ)がある」医薬品は輸入も販売も禁じて
いた薬事法56条に違反する行為であった。

113 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:02:20 ID:VR6vqoHH0
C型肝炎(A型でもB型でもない肝炎)のウイルスが特定できたのは最近だが、
A型でもB型でもない肝炎の存在は前から知られていた。
それが血液を介して感染するだろうということまで考えられていたが、
少数なので製造者側の理屈で軽視されていたんだろうね。

114 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:02:24 ID:V1MXGmQM0
>>104
責任者およびそれに加担した者たちへの、社会的制裁は被害者の救済になんら
関係しないというのか?
お前は殴られて辱められ、死ぬ目にあっても、金さえもらえばそれでいいのか?
だったら君は特殊な人間だ。

115 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:03:32 ID:UF66uSksO
裁判所が認定した国の責任が及ぶ期間は極めて妥当だ。
原告団が言っている薬害以外の肝炎と“思われる患者”も一律救済しろという主張は支離滅裂。虫がいいにもほどがある!

116 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:03:46 ID:SS+s/iwS0
原告の主張は単純に法理論的にみれば、苦しいし、おかしいと思う。
また、おばちゃんたちには同情心もあんまりわかねーが、
しかし、同じ日本人が死への恐怖の前で言ってることを
茶化したり、したり顔な理屈で批判できねー。絶対に!

俺は、この原告を安易に批判する奴とか背景を推理する奴に聞きたいが、
お前ら、自分自身や一番だいじな人が、医者から余命はこれだけで、
後何年も生きられないって、宣告受けた時の気持ちがわかるのかよ。
批判や憶測でトバスのは分かるけど、自分がその立場ならどうなるか
考えてから発言しろ。









117 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:03:52 ID:bWCOMGfW0
参考スレ
http://human7.2ch.net/test/read.cgi/ms/1197602111/

118 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:05:15 ID:34edAxX40
>>114
なら原告団は責任者の処罰を願って今回の和解案を蹴ったとでも?

119 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:05:25 ID:X7ke0xWH0
>>116
そういう不幸な被害者をそそのかして、政治活動に利用しているサヨクは最悪だよな

120 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:05:29 ID:EL94h/Yu0
>>111
メーカーから国への副作用報告に患者の実名は不要だからね。「実名を隠した」情報になるのは当たり前。

121 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:06:19 ID:0O5IAapA0
>>103
同情してたのに、その映像見てとても気持ち悪いと思った


122 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:06:34 ID:AEiK+fYL0
>>112
ありがとう。
この人の意見が一番妥当なのかな。

123 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:07:03 ID:V1MXGmQM0
>>118
札束でほおを叩かれたという発言には、責任追及が一切なされない和解案への
怒りも含まれていると思う。

124 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:07:17 ID:iz1Gr2Bq0
まあ原告団は肝炎患者より政治闘争の方が大事だからな
簡単に和解するわけないだろw 
衆院選挙をにらみながらだらだら続けるよww


125 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:07:18 ID:E2jQZ3uB0
あの会見では女ってすぐ泣けば良いから楽だよな(笑)って感想しかない
政府は冷たいのも分かるが同情だけでは国が滅びる
韓国で葬式の時に雇われる泣き女とかこんなだろうな

そんな事よりガソリン税無くせよ


126 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:07:55 ID:L3goEy5j0
>>116
申し訳ないけどエリコたんは余命がどうとか
そういうレベルじゃないから。
普通に酒好きだし。

127 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:08:46 ID:VvNUn2K80
>>116
C型肝炎を癌とかと勘違いしてないか・・?

128 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:08:48 ID:34edAxX40
>>123
それで今現在経済的な理由で治療できない被害者の方々への責任は感じないのか?
怒りで現実を見失っているのではないか?

129 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:08:54 ID:2/cA1Tkv0
>>120
舛添の答弁を勝手に変えないでくださいw

「わが省が情報を持つと情報が外に漏れる可能性がある」
これが「わざわざ」実名を隠したリストを提出させた理由です

130 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:09:26 ID:L3goEy5j0
>>112
副作用はどの薬にもリスクとしてあるわけで
証明されていなければ国の責任追及は無理。

131 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:09:32 ID:EL94h/Yu0
>>122
法学も薬学も医学も専門ではない何が本業かわからない「大学教授」の単なる感想文。
これが「妥当」だというなら、C型肝炎ウィルスが特定されるまでの1980年代以前の輸血は全部違法。

132 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:10:52 ID:Q0QkSmZS0
福田さんは自身のブログによると
「C型慢性肝炎、1a型です。」とある。
日本人の1a型はまれで、統計上0としている記載もある。

アメリカでは1a型が、ヨーロッパでは1a型と3a型が多い。
(Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071213-00000976-san-soci
平成13年の20歳の時に受けた検査で感染を知った。
放置すると死に至ると知り、目の前が真っ暗になった。
 高校時代は空手で段位を取り、大学では1年休学して
ヨーロッパを一人旅。
好奇心と行動力に満ちあふれた人生は暗転した。

とある。

133 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:10:55 ID:1/9QUPu00
>>116
しゃあないもんはしゃあない。人は、その時の医学水準であきらめるしかない
だろ。オレは虫垂炎の手術してるから、江戸時代だったらハタチで夭折してる
わな。かっけに苦しんだお殿様だって、今からみたらバカみたいだけどな。
故意とがあったのなら、その当人の不法分についてしか請求できないわ。
大事に大事にしてるオレの愛車だって、事故って壊されてもば賠償されるのは
愛情なんて無視の中古車価格だろ。世の中はそういうのをならして、最低限、
「法」という共通基準をつくってやりとりしようとしてるんだよ。その法を
無視しろつうのが、こいつらのいいぐさ。政治に感情論をいれたらダメなんだよ。
そんなイロハのイもわからんのか。感情論を入れるなら、オレの税金をこんな
法に基づかない出費に出されることで害される感情をどうしてくれる。

134 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:11:25 ID:uO7GjQX80
「もてあそばれた」「突き落とされた」「札束でほおを叩くよう」

....きめぇw
こんな陰湿な悪罵は、子供達に聞かせたくない。
左翼が絡んだとたん、人間て品格が下がるな。

135 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:11:48 ID:gcDidpyVO
エリコさん結婚してください!





そして、この金で二人で遊びまくろうぜ。

136 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:12:20 ID:X7ke0xWH0
福田さんは完治したんだから、夢を返せとか言ってないで思う存分パン屋をやりゃいいのに。

137 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:12:58 ID:d5MIVitR0
今回の和解拒否はエリコ嬢みたいのは、まあ、いいかもしれんが
既に肝硬変に突入してる人にとっては酷いな、原告はこういう人の事あんま考えてないのか
和解なんだから双方の妥協も必要だとは思うけど・・・

138 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:13:03 ID:Q0QkSmZS0
http://kumanichi.com/iryou/kiji/safety/yakugai2.html
出生時、血液型不適合で血液を交換した際、止血のために
投与されたクリスマシンが原因だった。
とある。メディアが伝えないので誤解している人が多い。

このとき輸血もされているとはいえ、1a型はアメリカと
ヨーロッパに多いとされるからクリスマシンが原因だと推定
しても無理ないが、原料(米国囚人の売血)の問題なら他
にも1a型感染患者がいて統計上0とされるほど少ないとは思え
ない。
海外生活がない人なら100%クリスマシンが原因として
いいけれど長期海外滞在している場合はそう言えなくなる。
通常生活では感染しないと言われているが、感染者の血液
との接触があれば危険です。
つまり
感染原の可能性は
クリスマシン>ヨーロッパ滞在中の暴露>交換輸血
と思うが
ヨーロッパ滞在中の暴露≧クリスマシン>交換輸血
これも否定できない。


139 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:13:28 ID:1/9QUPu00
>>131
ということとは、未知のD型肝炎ウイルスがまだ見つかっていない
今のも違法だな。 もう、薬は全部違法だな。

140 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:13:52 ID:ec5pQdgc0
>>128
同意。30億円でも手を打っておけば、助かる患者もいたはず。
ゴネて結果的にその人たちへの支援を先延ばしにしている原告団は
そのことを考えていない。



141 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:14:07 ID:eigN9YS30
>>113
ウイルス特定できないと血液スクリーニングできないから避けようがないとは言われてた
輸血による感染は15%前後あったんじゃないかと言われてる
ただ輸血するケースは手術など命に関わることが多いので、輸血しないことによるリスクの方がはるかに大きかった
血液から造られる血液製剤も同じ問題を抱えてるが
血液製剤の場合はその止血剤として使われてた場合の効果は実は無かった
なんでこれが止血剤として広く使われてたのか自体も問題
特に原料の血液で売血分も献血分も一緒にごちゃ混ぜにして作られてた
売血による肝炎感染は既に昔から知られていて、日本でも60年代に献血で賄うように切り替えられてた

142 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:15:01 ID:VR6vqoHH0
>>130
>副作用はどの薬にもリスクとしてある

簡単に言うなよ。
感染の危険性がある、しかも感染拡大していくかもしれないものを
副作用なんて言葉で片付けるつもりか?ゆとりたっぷりだなw


143 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:15:07 ID:vrNwbhQx0
時の首相の政治判断で司法の判断をひっくり返してよいなら
どっかの飲酒運転当時18歳の馬鹿女も起訴にしてください

144 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:15:24 ID:Q0QkSmZS0
新聞社のWEB記事、福田さんのブログによると
1981年      出世時血液型不適合で血液を交換した際、止血のために
          クリスマシン投与
(18-19才)   1年休学してヨーロッパを一人旅

2001年(20才)  母親からすすめられて無症状ながら検査を受けC型肝炎
           ウイルス感染判明
2003年(22才) インターフェロン治療

2004年4月 薬害肝炎九州訴訟 第六回 原告意見陳述
「私のC型肝炎は治っていませんでした」
           (インターフェロン治療の結果)
2007年12月14日ブログ記事
           「今は陰性になりました。」
この経過をみると、福田さんは肝炎ウイルスそのものからの障害はほとんど受けていない。
インターフェロンの副作用と最悪の予後を想像して精神的苦痛を受けたことは間違い
ないと思うが、この人が「一律救済」を訴えることに違和感を感じるのは
このあたりにあるのだと思う。
ついでながらこの人のブログで川田龍平氏が6年前にHIV陰性になったことを
知った。驚いた。参院選のあと各局のインタビューの後キャスターが氏の体調を
気遣っていたがあれはなんだったんだろう。

145 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:15:58 ID:9RXv9OtJ0
一番末端の患者のこと考えていないのは原告団なんじゃねぇの?

146 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:16:29 ID:++7ORi0L0
相変わらず勘違いしてるナイーブ(笑)な人がいるなw

薬害訴訟とか、国を相手にした訴訟が、司法判断を求めて提訴してる
なんて本気で思ってるわけ?

こんな訴訟は、国を交渉のテーブルに引っ張り出す手段でしかなくて、
そもそも「政治判断」による決着を求めてるのは当たり前。なので、実態は
政治活動。原告VS国・政府なんだから、野党と原告が連携するのは当然。

147 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:16:40 ID:KeFrVjuZO
>>134
実はスレタイだけで(宇野そうすけか…)と思ったことは内緒です。

148 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:16:53 ID:05qyYT7qO
和解しないと困るのは原告側だと思うw

149 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:17:19 ID:oay8/14i0
原告団を擁護できない点はここだな

原告になるための要件
薬害肝炎訴訟では、昭和39年(1964年)頃から平成6年(1994年)年頃までの間に、
血液製剤(フィブリノゲン製剤あるいは第9因子製剤)を投与された方で、かつ、
C型肝炎に感染された方について、損害賠償請求訴訟を起こしています。
http://www.hcv.jp/plaintiff.html

しかし
1985年以前に製造されていたフィブリノゲン製剤は、
BPL処理[1]が施されており、C型肝炎ウイルスは結果的に
不活化されていたとの検証実験が報告されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%AC%E5%AE%B3%E8%82%9D%E7%82%8E

原告は期間を設けて線引きするなといってる。


150 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:17:24 ID:0O5IAapA0
>>144
あらあら川田はプロのエイズだったのに、ただの人になっちゃったw

151 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:17:27 ID:gweSC6Un0
なにこの殺し文句。国はお前らの彼氏なのか?
こいつらは勘違いしていそうで気に食わない。

肝炎で死ねばいいのに。

152 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:18:16 ID:1/9QUPu00
>>144
思いっきり弱者利権だな。 これで、2000万円なんだろ。

153 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:18:19 ID:zXHlT+F7O
新しい和解案は30億を8億に減額しようぜ
早く和解しないと0になるぜ

154 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:18:20 ID:ooOPU6iu0
すごいなぁ、、北朝鮮の借金は448億円も肩代わりするのにね。

政治家先生にとっては、
敵国への支援>>>>日本国民の生命と安全
なんでしょうね。

155 :福田さんファン:2007/12/22(土) 14:18:53 ID:pl5fETSoO
福田さんの悪口言うな!

156 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:19:27 ID:6xtwAx3V0
フフン

157 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:19:30 ID:rq2efvD50
司法判断を尊重しないわけにはいかない

158 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:19:35 ID:VvNUn2K80
日常生活で注意することなど で、体調を維持するために 飲酒を控える。 てあった。
過剰に飲まなきゃ、酒飲んでも平気なんかね。
そもそも、100人に1人がC型肝炎とするなら、珍しくないよなぁ

本当に辛い人は、どっかで妥協で早期解決して欲しいんだろうに・・・かわいそす。

159 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:19:35 ID:2jQgFRV10
フィブリノゲン製剤によるC型肝炎ウイルス感染に関する調査報告書
平成14年8月29日
厚生労働省

>米国では、昭和52(1977)年にFDA(食品医薬品庁)が、フィブリノゲン製剤の販売譲渡を禁止した。

>旧ミドリ十字社は、FDAによるフィブリノゲン製剤の承認取消しが掲載された
>昭和53(1978)年1月6日付けの米国FRを入手し、同年1月30日付けで社内回覧している

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2002/08/h0829-3a.html



政府補償案

期限による線引き。 血液製剤フィブリノゲンは1985年8月〜88年6月、クリスマシンは1984年1月以降


160 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:20:14 ID:BmWr0qvdO
>>155
総理のファンですか??

161 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:20:23 ID:nUw5ZAWOO
30億でひっぱたかれたらすげー痛いだろなー

162 :"(,, ゚×゚)"剃毛侍 ◆XS/KJrDy4Q :2007/12/22(土) 14:20:32 ID:ksHcaiix0
他の患者と国民のために1秒でも早く死んでくれ。

163 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:21:00 ID:8+JUpTth0
正直これ以上政府は譲歩できないと思うんだが・・・

164 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:21:31 ID:OrL7XKhf0
C型肝炎訴訟 大阪高裁の和解骨子案提示の所見(要旨)
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200712130075.html
> 全体的解決のためには、一審原告らの全員、一律、一括の和解金の要求案は
>望ましいのではないかと考えておりますが、
>5地裁の判決の内容に反する要求であり、一審被告らの格段の譲歩のない限り、
>和解骨子案として提示しないことにしました。

毎日社説 C型肝炎訴訟 国には全員救済の責務がある 2007年12月14日
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20071214ddm005070038000c.html
朝日社説 肝炎和解案―首相が決断する時だ 2007年12月14日
http://www.asahi.com/paper/editorial20071214.html
産経社説 薬害肝炎訴訟 首相の政治決断が必要だ 2007.12.14
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/071214/trl0712140229000-n1.htm
読売社説 薬害肝炎訴訟 全面解決へ和解協議を急げ 2007年12月14日
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20071213ig91.htm

毎日社説 肝炎和解協議 これが政治決断とは情けない 2007年12月21日
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20071221ddm005070054000c.html
朝日社説 「肝炎和解案」―解決へさらに知恵を 2007年12月21日
http://www.asahi.com/paper/editorial20071221.html#syasetu1
産経社説 薬害肝炎訴訟 国と原告側は妥協点探れ 2007.12.21
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/071221/trl0712210331000-n1.htm
日経社説 口先で終わりか和解の意欲(12/21)
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20071220AS1K2000120122007.html


165 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:21:51 ID:Ns+SFbuM0
>>113
その当時の認識としては、ウイルスが原因であるという確証すらなかった。
玉村豊男が、肝炎になったことを公表した頃だよね。

166 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:22:02 ID:1/9QUPu00
>>154
しゃあないだろ。十何年も前の国際的取り決めだから。その取り決めが
バカだと批判するならともかく。それに、北朝鮮への債権はちゃんと残る
からな。日本国民の生命と安全いうなら、一時金なんてんじゃなく、医療
費でも出せばいいんであって、このお嬢さんのように完治しても2000万
なんてゼニの使い方は「生命と安全」なんて言葉とほど遠いわ。どうみても
「利権」だわな。

167 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:22:11 ID:HYAWOJ+s0
>>129
その答弁について、「平成14年に実名で取らなかった理由を答弁しろ」って委員長から注意されてるだろ。

168 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:22:19 ID:a3PeWnwu0
>>144
血友病の治療中にC型肝炎にも感染してたんだってさ、川田くん。
今はその治療を継続中だって。

169 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:23:05 ID:tVpjm8E60
埋蔵金の話とからめて、原告擁護の論調に持っていこうとしたマスゴミが頭抱えてるな

170 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:23:58 ID:BIMVKwJH0
>>116
それがどうした?
死にそうな人なら何でもしていいのか?


171 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:24:01 ID:U0Xn6dMm0
>>150
今は投薬他でかなり抑えられるとは聞いていたが陰性とは。
だがかなりの金がいるらしいから、どこから金が流れてた
んだろうな?

一般人じゃ無理だぜ。

172 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:24:08 ID:iyFvowW60
スレ読んだけど、なんか予想どおりでした。
感情的な言葉でののしるだけで、希望や要望とか要求内容が実にあいまいだなと思っていたけど。
裁判所の判決無視して、勝手に政府が金出したら、それこそめちゃくちゃな世の中になりますね。

民主党の年金問題も同じですね。批判ばかりで、自分たちの対案も対策もない。

弱者利権、民族差別とか、適当な理由つけて騒いで、
あおって、金をむしりとるんですか。

ちゃんとした情報も、批判もないマスゴミは死んでください。




173 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:24:08 ID:VvNUn2K80
本当に川田はすげえよ。議員の仕事だって楽じゃないだろ。

ただ老けたよなw

174 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:24:13 ID:CbgfXK9J0


  要するに潜在的な対象者が余りに多すぎてヤバイからごねてるんだよ、日本政府(w

175 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:24:20 ID:y4kdwokmo
ただ政権与党はもう能力ないね。
公明みたいに役人のせいにして
無責任。

お前らが決めるんだろ?

176 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:24:47 ID:ypLooWwe0
>>141
 然しながら、第一に、これらの血液製剤使用による肝炎感染の危険性は、両製剤ともに
承認時から指摘されていたという事実がある。すなわち、両製剤は、承認時点で、(血清
ないし輸血後)肝炎に罹患し、その結果、肝硬変や肝がんになって死亡することもあるこ
とは、国内外で多々指摘されていたのである。しかも、旧ミドリ十字N元専務(後に社
長)などは、そのことを学会誌に「肝炎災害」などと記して、「その罪業の深さを痛感す
る」とまで記していた(1963年)。にもかかわらず、両製剤は、有効な不活化対策を取る
ことなく、国によって承認され、企業により販売されたのである。これは、「病原微生物
により汚染され、又は汚染されている虞(おそれ)がある」医薬品は輸入も販売も禁じて
いた薬事法56条に違反する行為であった。

 このように記すと、被告側は、「有効性はあったので、やむを得なかった」と言うだろ
う。しかし、両製剤の「後天性フィブリノゲン[または第\因子]欠乏症」に対する有効
性の科学的立証は、現在に至るも未だ行われていない。F剤は、米国ではその有効性・安
全性への疑問から、1977年に製造承認が取り消された。しかし、日本では、1998年にその
効能・効果が「先天性低フィブリノゲン血症の出血傾向」に限定されるまで、産科出血な
どの「後天性」の場合にも止血剤として幅広く投与を認められていた。この約20年間の被
告らの対応は、少なくとも不作為的加害行為である。また、九剤については、1972年に当
初「先天性」(血友病B)のみで承認されたものが、単なる「訂正・差換え」で臨床成績
を添付せずに「後天性」を含め承認されてしまった経過があり、「後天性」への有効性を
科学的に立証する臨床成績は現在に至るも出されていない。全く臨床成績を添付せずに申
請した企業と、これを右から左へとそのまま認めた国の行為は、作為的加害行為と言える
のではないか。

177 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:25:03 ID:1YDh+qe30
どうして「弄ばれた」とか「突き落とされた」とか過激な言葉ばかり選んで使いたがるんだろうね。
こういう言葉って、例え自分が言われたんじゃなくても不快であまり耳にしたくないもの。
原告団はやり方が本当に下手だよ。弁護士とか何やってんの。

178 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:25:04 ID:KeFrVjuZO
>>155
ごめんね…でも自分も福田総理は大好きだよ!

179 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:25:29 ID:+lwKoBuU0
衣里子さんは象徴として利用されてるだけだな。
彼女もそれに酔ってるところもあるけど。
川田龍平は立場を利用しようとしたバカとは違うな。

それにしても札束でほおをはってほしいもんだ。。。。

180 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:26:30 ID:1/9QUPu00
>>174
日本政府は、俺ら国民のために、おまえのいいぐさによれば「ごねてる」
こいつらのばらまくゼニは、他の使い方すればもっと沢山の人命とか安全に
寄与するかもしれんぜにだぞ。ゼニは天からふるもんじゃない。このゼニは
なにか支出減らすか、おれらの孫子の借金上積みするしかねーんだぞ。

181 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:26:34 ID:AEiK+fYL0
>>176
どっかからの引用?自分の文章?
引用だったら出典をお願い。

182 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:26:38 ID:OrL7XKhf0
報道ステーション・ANN世論調査
http://www.tv-asahi.co.jp/hst/contents/PublicOpinion/200712/index.html

福田総理は、薬害肝炎の被害を受けた患者全員に対して救済を行う政治決断を
するべきだと思いますか、思いませんか?
思う 87%
思わない 5%

民主党:インド洋での給油よりも薬害肝炎救済が先 輿石参院議員会長が会見で 2007/12/20
http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=12409
>輿石東参議院議員会長は、20日午後の記者会見で、
>「インド洋での給油活動よりも薬害肝炎救済が先」として、
>厚生労働委員会、予算委員会での審議に応じない与党を批判した。

民主党:「厚労相は国民の代表ではなく官僚組織の利益代表」肝炎対策めぐり菅代行が批判 2007/12/20
http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=12413
> そのうえで、原告団が主張する、狭義の原告団のみならず、
>同じように薬害により感染した患者の一律救済は「筋の通った要求である」との認識を明示。
>大阪高裁の和解骨子案では、政府の受入れが難しいために完全に盛り込めないことから
>「一律救済が望ましい」との記載に留まったと指摘、「政府に対して更なる検討と譲歩を
>求めたものである」にも関わらず、譲歩の姿勢を見せない国側を厳しく批判した。

【薬害C型肝炎訴訟】 「裏切られた。もうこの内閣には期待できない」と原告団 福田首相の政治決断重ねて要請 首相と面会できず
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1197435823/l50
【政治】小沢民主党代表「我々が政権を持っていないので、みなさんに歯がゆい思いをさせている」 薬害C型肝炎訴訟の原告団との面会で
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1197567386/l50
【薬害C型肝炎】 「11月いっぱいで片付ける」と威勢がよかった舛添厚労相 慎重な言い回しに終始
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1197592379/l50


183 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:26:38 ID:V0KyExXJO
>149どおりの言い分が認められたら、ほとんどの肝炎感染者を救済対象にできるな。
昔のカルテなんてほとんど残ってないし。

184 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:26:39 ID:2jQgFRV10
A)大阪高裁

1.基本的見解としての所見において、原告案による一律救済が望ましいとし、政府・製薬会社の譲歩を期待。

2.但し、現時点では政府・製薬会社の譲歩が期待できないとして、政府・製薬会社が受け入れ可能なものとして、期限を最も狭くした和解骨子案を提示。

B)政府案

1.期限による線引き。 血液製剤フィブリノゲンは85年8月〜88年6月、クリスマシンは84年1月以降

2.ア)期限内の人:国・製薬会社の責任を認め、症状に応じて千三百二十万円から四千四百万円を支払う。
 イ)期限外の人:国・製薬会社の責任は認めないが、原告側がつくる財団に30億の支援金としての基金を設け、間接的に救済する。

3.合わせて1000人程度を想定。およそ3割が間接救済になる。

C)原告案

1.期限・製剤等による線引きはなし。

2.薬害被害者には、一律に国・製薬会社が責任を認める。和解金は、症状別に直接支払う。

3.但し、薬害患者推定1万人のうち、既に9割はカルテなどが破棄され、薬害の立証が不能なため、実際には1000人程度。

D)要点

1.司法も、基本的には原告案を望ましいとしている。

2.国の線引きでは、同じ薬害が立証された被害者でも、国・製薬会社の責任を認められず間接救済に止まる者が300人ほどでる。

3.立証不能なおよそ9000人の薬害患者については、一般的な救済策しかない。

185 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:27:08 ID:Ns+SFbuM0
>>127
キャリアと肝炎発症者も混同してる気がする。

>>142
血液製剤に感染症はつきもの。
HIV のときもそうだけど、加熱処理とかで、効果が下がるのを嫌うのは患者自身でもある。
ちなみに、今回は、血友病患者は原告団から排除してる。

186 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:27:31 ID:TXYL2BsGO
イラクで人質になった3バカの家族と同じになってきたな。

187 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:27:52 ID:U0Xn6dMm0
30億の札束はたしか300キログラム。
はたかれたら即死だ。

188 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:27:59 ID:HYAWOJ+s0
>>159
都合にいいところだけ切り抜いてこないでさ、FDAの措置とC型肝炎が関係ない、ってところまで抜いてこいよ。

>FDAがフィブリノゲン製剤の承認取消し等の措置をとった理由として、昭和53(1978)年1月6日付けの米国FRでは、
>有効性について疑いがあること、不活化処理が困難でプールサイズが大きいためB型肝炎の感染リスクが高いこと、
>クリオ製剤への代替でフィブリノゲン製剤の適応症への対応が可能と判断されたことが記載されている。
>今回、B型肝炎のリスク評価や不活化処理についてFDAに確認したところ、
>  1)  リスク評価は主にB型肝炎の感染の危険性に基づいており、昭和50(1975)年に初めて報告された
> 非A非B型肝炎についてはリスクデータが十分に蓄積されていなかった
> 2)  当時、米国で販売されていたフィブリノゲン製剤には、製造工程における紫外線照射処理、BPL処理等の
> ウイルス不活化処理は行われていなかった
>との回答が得られた。
> この結果、米国におけるフィブリノゲン製剤の承認取消しは、非A非B型肝炎でなく、B型肝炎のリスクを考慮した
>措置であり、また、当時の旧ミドリ十字社の製剤で実施されていたウイルス不活化処理は、米国の製剤では実施
>されていなかったことが判明した。


189 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:28:35 ID:nt8jG9gO0
>>184

ご紹介ありがとう。
>>5で、Ver2.0にアップデートしてあります。

190 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:28:36 ID:34edAxX40
>>183
それが狙いかと思ってしまうほど稚拙
しかも、捏造し放題とか・・・

191 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:29:38 ID:9PXO3Knk0
>>140
完全に屁理屈ww

192 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:29:51 ID:2/cA1Tkv0
>>167
だからそれに対して高橋局長が「患者さんのプライバシーに配慮した」
とか驚くべきことを言ってるじゃないか。

プライバシーのために、薬害で肝炎になった人の実名が分かるのに
把握しなかったんだって。厚生労働省ってどんな役所だよw

193 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:31:10 ID:s11WDPFZ0
http://www.news24.jp/99853.html
皇太子ご一家 クリスマスムード楽しまれる<12/21 22:00>
 皇太子ご一家が21日午後6時過ぎ、東京・渋谷区の「恵比寿ガーデンプレイス」に出かけ、クリスマスのイルミネーションをご覧になった。
 ご一家は、高さが5メートルあるフランス「バカラ」製のシャンデリアの前で写真を撮るなどして、クリスマスの雰囲気を楽しまれた。雅子さまは、にこやかに周囲にいた人に話しかけられていた。
 ご一家はその後、近くのホテルのレストランで夕食を取られたという。


194 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:32:28 ID:GB2rntbh0
しかし福田エリカ姫がプロの活動家だと知ってショックだった
肝炎はとっくに完治していて350万人のために活動・・・
国から最大75兆円を搾り取る大プロジェクトだそうだ
勿論マスゴミはスルーだがネットで知った
ネット君、いちおうありがとうと言っとく

195 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:32:30 ID:ybTBtNyX0
>>54
この薬は(いつだったか忘れたけど)米国から薬害注意が来てたのを国が薬害と知りながら
製薬会社にストップかけず国は薬害と知りつつ放置してたんじゃなかったっけ?

国は責任で薬害でのC肝患者には線引きせず医療費負担は一律でいいんじゃない。

原告の人達を最初銭が欲しいだけだろ!と思ってたが最近国が悪いと思ってきた。

196 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:32:51 ID:nt8jG9gO0
>>192
厚生労働省が、漏れてプライバシー侵害になるから実名は扱わないって言ってるんだもんwww

厚生労働省が所管する個人情報が一体どれだけあるかと思うとジョークとしてもひどすぎる。

197 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:33:53 ID:a3PeWnwu0
何だ
ID:2jQgFRV10はとうとうコピペしか出来なくなっちゃったのか
ところでお前OCN使ってないよな
もしOCN使ってるならコピペ荒らしはほどほどにしてくれ
また規制に巻き込まれるの嫌だからさ

198 :"(,, ゚×゚)"剃毛侍 ◆XS/KJrDy4Q :2007/12/22(土) 14:34:55 ID:ksHcaiix0
問題があると判明する前と後では線引きされ手当然

199 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:35:49 ID:15krA3RJ0
今月号の島本和彦の漫画で札束でほおをたたくシーンがあったな
泉谷の歌詞といい借り物の言葉や表現が多いんでないかいな

200 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:36:00 ID:HYAWOJ+s0
>>195
アメリカでは、「B型肝炎感染のおそれ」で承認取り消し。
でも日本国内の製剤はB型肝炎ウィルスの不活化処理をしていたので感染のおそれはないとされ、
事実として感染の報告もほとんどなかった。

だから、アメリカでの承認取り消しとC型肝炎とは関係ない。

故意にか無知かで混同して書いてるヤツも多いが、そんなのに騙されると正しい理解の妨げになる。

201 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:36:14 ID:bWCOMGfW0
>>177
「私を見くびらないでほしい」も芝居がかった台詞
脚本家でもいるのかな



202 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:37:18 ID:Ns+SFbuM0
>>146
それは、政治過程として政党ではない。もともと、損害賠償では被害者救済に不十分。
立法措置を講じないで、行政府が勝手に被害者救済できるわけがない。

>>150
へ〜、直るんだ。でも、治療時の副作用で体調が悪いのかも知れんね。


203 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:37:40 ID:HFU9jZLn0
>>200

TVマスコミは、米国で禁止のものを10年使い続けたと 煽ってるけどね

204 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:37:55 ID:UiTwZasR0
しかし福田エリカ姫がプロの活動家だと知ってショックだった
肝炎はとっくに完治していて350万人のために活動・・・
国から最大75兆円を搾り取る大プロジェクトだそうだ
勿論マスゴミはスルーだがネットで知った
ネット君、いちおうありがとうと言っとく


205 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:38:44 ID:2jQgFRV10

厚生労働省は自らの過失を減らす(無くす)ため
厚生労働省推定で出したフィブリノゲン投与による肝炎感染者数10594人
という数字を使い、「この人たちが全員訴訟起こしたら数兆円規模になりますよ」
と脅し、福田も舛添も恐れて逃げ出した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/071219/plc0712192158017-n1.htm

だから国の責任は最小限にして、今いる原告(の一部)は「かわいそうだから」
『お金あげますよ、国の責任はないですけど』と言いながら30億をポンっと渡して
『後はそっちで勝手にやってねー!』って言ってしまう、人間のクズのような
対応をやっているのが福田と舛添。

んで今後出てくる提訴者は「あんたはもう遅い」と裁判所に却下させ
支出を抑えられたと厚生労働省ニッコリ(*^_^*)


206 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:39:08 ID:VR6vqoHH0
C型肝炎はA型でもB型でもない肝炎(血清肝炎)として認識されていたんだが
何ゆえ血液製剤を製造するときに無視されたのだろうか?
ウイルスを特定できないことを理由に非A非B型の肝炎感染の危険性を無視できる
訳じゃないだろうに。


207 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:39:15 ID:7NsHhR4VO
>>133>>137
よく言った!
その通りだと思う。

208 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:39:57 ID:BIMVKwJH0
>>203
マスゴミは最低だなぁ

209 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:40:09 ID:v8/0QKiU0
>>196
もし、労働省の役人の中に妻や、子供、両親の名前が有ったらどうしていたか
聞きたい

210 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:40:24 ID:OdNyQmaf0
30億でほおを叩かれたら首の骨折れると思う

211 :"(,, ゚×゚)"剃毛侍 ◆XS/KJrDy4Q :2007/12/22(土) 14:40:46 ID:ksHcaiix0
福祉に「優しさ」と言うものは不要だ。
まして政治においては言うまでも無い。

212 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:41:12 ID:15krA3RJ0
>>202
HIV陰性といってもクスリのみ続けているみたいだけどな
HIVを完全に消し去る治療法はまだないんだとさ

213 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:41:33 ID:bWCOMGfW0
>>194
税金奪取が目的でない分、みなこ(京大生、活動家)の方がましかもしれない


214 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:41:59 ID:AEiK+fYL0
>>206
海外では血液製剤を作らないとかしてたのかな。
日本だけが特別だったらまずいような気がするけど。

215 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:42:14 ID:2jQgFRV10
>>206

変なコピペ信じて、それ以外を何にも信じないバカばっかだからな。

福田・マスゾエと同じで、官僚に都合のいい事だけ吹き込まれている。

216 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:43:47 ID:HYAWOJ+s0
>>206
リスクとベネフィットを比較して、ベネフィットが高ければ使用する。

217 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:44:10 ID:DemJE5Mm0
>>206
B型肝炎ウイルスに対する不活性化処理が偶然C型肝炎ウイルスにも効いていた
ところが不活性化処理を行った結果発ガン物質が発生する事が分かって「薬害」を防ぐ為に
処理方法を変更
従来どおりB型肝炎ウイルスの不活性化処理には成功したが未知のウイルスである
C型肝炎ウイルスの不活性化が行われずに感染が広まる事になった

簡単に要約すると「薬害」を未然に防ごうとしたら未知のウイルスを顕在化させて逆に「薬害」が発生した不幸なケース。

218 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:44:16 ID:ybTBtNyX0
>>198
問題が判明前後で線引きは違うと思うぞ
問題があったのは事実。判明がいつ頃あったか云々は関係ないだろ。

薬害でなったC型肝炎患者には国と製薬会社で一律医療控除だろ。

219 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:45:16 ID:34edAxX40
>>215
おっしゃべれるのかwww
で、お前はどうしたいんだ?

220 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:45:33 ID:AEiK+fYL0
>>218
問題って?

221 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:46:35 ID:VR6vqoHH0
>>207
勘違いするなって。
原告側が和解案を拒絶しても政府の救済責任が無くなったわけじゃない。
国などの法的責任が社会的にも認められている以上、患者の治療に関して
医療制度的に何らかの処置をしないといけないだろ。
そうでないと、それこそ人の痛みを横目に放置国家に成り下がってしまう。

222 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:46:57 ID:HYAWOJ+s0
>>218
だから、「責任」がある範囲をこえてそれ以外も対象に国とメーカーが金銭的支出をする、って案が提示されたのに
教条主義的に拒否する、って態度が理解できない。

223 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:47:00 ID:eigN9YS30
>>206
それなら輸血もそうだけど
ウイルス特定できないなら防ぎようがない
当時は肝炎は重症化することは少ないとも思われてた節もある
ただいずれにしても輸血はどうしても命に関わることが多いから輸血しないというわけにもいかないけど、
血液製剤は止血剤としての必要性自体が怪しい
先天的に特定の血液凝固因子が少ない血友病患者ならともかく、
止血剤として特定の血液凝固因子だけ投与しても意味が無いと


224 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:47:20 ID:xrvNms+70
>>204
姫と言う者はカネねだりなんかしないよ。姫という名の賓を落とすな。

225 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:48:17 ID:2jQgFRV10
>>219
一生懸命釣ってらっしゃるみたいですが釣果ないみたいですね。

226 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:48:29 ID:Ns+SFbuM0
>>206
そんな簡単に特定できたなら、病原ウイルスは、すぐ見つかっただろう。
見つかれば大発見だし。
ところが、非A非B型肝炎が、素人にも知られた病気になってから、発見されるまで 10 年も
かかってる。

後付の理屈だな。

227 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:48:56 ID:GB2rntbh0
>>224
すまん    ぶってぶって

228 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:49:35 ID:/Lx9fVTn0
福田っていう人は完治してるの?
すごい深刻な状態だと思ってたんだが・・・


229 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:49:50 ID:KGC8gRzX0
まだやってたのか。肝炎被害者必死だな。

>>5 
おい、意図的に嘘書いてるnt8jG9gO0、昨日も言ったが間違ってる。

A)大阪高裁
誤.基本的見解としての「所見」において、原告案による一律救済が望ましいとし、政府・製薬会社の譲歩を期待。
 但し、現時点では政府・製薬会社の譲歩が期待できないとして、期限を最も狭くした東京地裁判決に沿った「和解骨子案」を提示

正.当裁判所としても、本件紛争の全体的解決のためには、1審原告らの全員、一律、一括の和解金の要求案は望ましいのではないかと考えているが、
 上記5地裁の判決の内容、結果に反する要求であり、1審被告らの格段の譲歩のない限り、和解骨子案として提示しないことにした。

お前の論調だと、
●『当裁判所は原告の要求を認め政府はいい加減に非を認めろ。但し、現時点では政府が拒否しているのでとりあえず期限を最も狭くした東京地裁判決を元に骨子案を作成した』と聞こえる。
だが正しくは、
〇『当裁判所は原告の要求通りにする方が望ましいとは考えているが、他の5箇所の裁判所では正反対の判決が出ている。よって、政府側が特別に譲歩しない限りは骨子案に記載しないことにした。』だ。
意味が全然違うだろ。意図的に事実を捻じ曲げて思考の方向性をそらそうとするな。正しい情報を開示して論戦すればいいだろ。前提条件を変えて思想誘導するからアカとか言われるんだよ。

ちなみに裁判所の行動見てると、この所見の意味も良く分かるね。
1.裁判所が原告、被告(国)双方の意見を聞く。
2.他の裁判所の結果も勘案する。
3.最高裁まで行くと敗訴する可能性が高く、時間が掛かることは本来患者のためにならない。
4.よって、双方の譲れない部分は残し、他を調整して骨子案にまとめる。
5.国側が大幅譲歩し、本来責任範囲ではない患者も含めた和解金を提示。(多くの国民は『今政府の印象悪いから点数稼ぎでサービスしたなぁ』)
6.原告、和解調停案拒否(多くの国民『えー?なんで?よくわからん』)
7.裁判所『ちょっと原告の主張が良く分からないのでもう一度原告の考える和解案を出してみて』(ポカーン)

これでどうして原告支持できるのか分からん。

230 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:49:54 ID:ybTBtNyX0
>>200
>アメリカでの承認取り消しとC型肝炎とは関係ない。
絶対関係無いとの根拠示してくれ。

どっちにしろ薬害警告はきてるじゃないか。アホかお前は!

231 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:50:03 ID:34edAxX40
>>225
それはお前さんだよね
で、どうしたいの?どうなったら納得できるの?

232 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:50:55 ID:NCfVMOjDO
うわぁ〜誰かへのレスばっかでこのスレ埋まってるw
馴れ合いきめー!


233 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:51:21 ID:SVZmUENG0
>>116
余命わずかな原告団の日記・・・・泣けます

http://iizukajc.exblog.jp/6664478/

234 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:52:43 ID:HYAWOJ+s0
>>230

>>188


235 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:53:18 ID:rzDhEwV/0
まあこれで、自民と福田政権のイメージはかなり悪くなるだろうな

236 :"(,, ゚×゚)"剃毛侍 ◆XS/KJrDy4Q :2007/12/22(土) 14:53:24 ID:ksHcaiix0
>>218
問題があると特定できる術が無い段階で、
且つ特別問題が発生していないのであれば、
そこに遡って責任を被せるのは違うだろ。

総ての医療行為や科学技術に立脚した物事が成り立たなくなる。

237 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:53:28 ID:Q0QkSmZS0
新聞社のWEB記事、福田さんのブログによると
1981年      出世時血液型不適合で血液を交換した際、止血のために
          クリスマシン投与
(18-19才)   1年休学してヨーロッパを一人旅

2001年(20才)  母親からすすめられて無症状ながら検査を受けC型肝炎
           ウイルス感染判明
2003年(22才) インターフェロン治療

2004年4月 薬害肝炎九州訴訟 第六回 原告意見陳述
「私のC型肝炎は治っていませんでした」
           (インターフェロン治療の結果)
2007年12月14日ブログ記事
           「今は陰性になりました。」
この経過をみると、福田さんは肝炎ウイルスそのものからの障害はほとんど受けていない。
インターフェロンの副作用と最悪の予後を想像して精神的苦痛を受けたことは間違い
ないと思うが、この人が「一律救済」を訴えることに違和感を感じるのは
このあたりにあるのだと思う。

238 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:53:37 ID:xDem7KKT0
原告団って金の亡者に思える

239 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:54:03 ID:BIMVKwJH0
30億の基金を原告団なんかに任せていいのか?とすっごく思うんだけど。
勝手に使われるだろ。

240 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:54:06 ID:YeJ/4nx/0
この原告団にはまだ金は支払われていないからいいが
拉致被害者関連家族にはいったいいくらの金が払われたんだ
北朝鮮と人身売買して取り返してきた五人だろ

こっちのほうがよっぽど問題
国民の税金をふんだんに使ってたっと5人しか救済できないってあほだろ?

241 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:54:06 ID:mROqbJpb0
>>230
アメリカで承認が取り消されたのはB型肝炎ウイルスの感染源となってる事が分かった為。
ところが当時の日本で製造している血液製剤ではB型肝炎ウイルスの不活性化処理に成功しており、
感染報告も殆ど無かった。
そして今問題になっているのはC型肝炎ウイルス。
このウイルスが発見されたのは1989年の事です。

242 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:54:16 ID:w9zHSjDoO
いい加減くだらん活動はやめて楽になれ

243 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:54:29 ID:GB2rntbh0
>>233
そりゃあんさん
エリコ様の活動記録でっせ

244 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:54:47 ID:VR6vqoHH0
>福岡地裁判決は、最初の製剤についても、BPLの濃度が低く、
>感染報告が少数というのは調査が不十分だったためで信用できないとして、
>ウイルス不活化効果があったとは認めがたいと判示している。


245 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:56:34 ID:5ht3npmV0
きたないババアばかりだよな
さっさと逝っちゃえばいいよ
肉便器にもならないんだから

246 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:56:41 ID:ybTBtNyX0
>>222
金銭的支出じゃなく、医療費控除じゃないのか?

247 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:56:50 ID:2/cA1Tkv0
旧厚生省をかばう書き込みは時々あるが「フィブリノーゲン」問題について
明快な説明を聞いたことがない

1971年に厚生省は1967年以前に認可された「全ての薬剤」を再評価すると決めた。
「全ての薬剤」を再評価するのはとんでもなく時間がかかるので1978年までかかった。
これを「第一次再評価」という。1964年に認可された「フィブリノーゲン」は当然この
「再評価」の対象に原理的になるはずだが、ならなかったのである。

なぜか。1976年にミドリ十字が「フィブリノーゲン」を「フィブリノゲン」に名前だけ変更したから
である。「フィブリノゲン」は1976年に認可されたので、「1967年以前の薬剤」ではなくなったのである
この薬剤名変更に際し、厚生省は具体的な再評価を何もせずに通した。
これにより本来「再評価」されるべきだった「フィブリノーゲン」は再評価されなかったのである。
誤解しないでいただきたい。「再評価をパスした」のではない。「再評価それ自体されなかった」のである

その後「第一次再評価」が終わった1978年に、厚生省からミドリ十字に役人が天下る
名前は松下。厚生省時代の肩書きは「薬務局長」。「第一次再評価」の責任者であった。
この松下はその後ミドリ十字社長になる。そして薬害エイズで有罪判決(刑事罰)を受ける

248 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 14:59:22 ID:qAwpltNW0
>>237
違和感は感じないよ。
だってエリちゃんは一律救済が認められないと認定枠に入ってないから
「国の責任でC型肝炎になった人」から普通の肝炎患者(もう治ったけどねテヘ)になっちゃうんだもん。
そりゃ必死になるさ。

249 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:00:30 ID:slxioz0T0
こういう政府は潰す価値がある

250 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:01:21 ID:ybTBtNyX0
>>229
え?原告の人達は和解金>金を要求してるのか?

251 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:02:18 ID:q3/dp6l40
いずれにしても原告団は感情的に過ぎますね!もっと冷静な態度がとれないものか?
役人の責任は大いにありますよ、そりゃね。
お金ではないと言っても結果はお金がないと、救済もできないのにね。冷静に話し合いましょうよ。

252 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:02:27 ID:w9zHSjDoO
薬害かどうかに関わらず肝炎患者は全員一律救済しろと主張する原告団のみなさん
肝炎患者と他の病気で苦しむ人達の間に命の線引きをするのは止めてください
肝炎患者の命はその他の病で苦しむ人達より尊いとでも?
いい加減ふざけないでください
たいへん不愉快です

253 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:02:47 ID:zYgqN81+0
これから訴訟をおこす人を含めて約1,000人でしょ。
30億円じゃ、一人当たり300万円にしかならないじゃん。
300万円では和解せんわな。普通に考えても。

254 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:02:54 ID:S9gegAOM0




>>229
しかたがない。
ID:nt8jG9gO0は所見をアサヒルのが大好きなチョンだw
反省というものを知らずに日々工作活動に勤しむだけの存在w





255 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:02:54 ID:xrvNms+70
>>243
理解しんさいよ。
これは、明らかにイヤミですよ。

256 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:04:04 ID:34edAxX40
>>253
30億を均等に割り当てる必要があるのか?

257 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:04:19 ID:X7ke0xWH0
>>253
原告は金の問題じゃないと言ってるが

258 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:04:38 ID:lwviP3Ol0
インターフェロンの投薬代を無料にするのが一番安く済む方法だったりして。

259 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:04:44 ID:ySqzyLge0
記者会見の時の演技がキモくて仕方がないw
目線を上に向けて「私たちは見放されてしまうのでしょうか」
勝手にしろよw
どうみてもリア充にしかみえねぇ。
こんな活動している私たちってすごい。
というか原告団女ばかりなんだけどどういうこと?

260 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:05:28 ID:Ns+SFbuM0
>>247
それが事実だとして、再評価されたら禁止されてたと思う?

261 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:05:41 ID:eSWy06Ks0
>>253
1,000人のうち7割=国の責任なので@2000万円=140億円
1,000人のうち3割=国の責任とは認めない@1000万円=30億円
1,000人で合計170億円だお。

262 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:05:56 ID:2jQgFRV10

厚生労働省側の意見をさも事実かのように言う連中は

光市母子殺害事件の差し戻し審の弁護団みたいだな。


263 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:06:11 ID:HYAWOJ+s0
>>253
1000人に30億円、じゃない。
現在の原告および今後出てくる同様の人の総数を1000人と見込んでいる。(根拠は原告団の主張による)
被告に責任がある範囲内の感染者には賠償を支払い、
責任はないけれどもフィブリノゲン製剤投与とC型肝炎感染が立証できる者について、30億円の基金による救済を行う。

基金の対象者は300人程度と見込んでおり、@1000万円での見積もり。

264 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:06:36 ID:6f0VnWeM0
>>36
俺も同感
入れ知恵している支援者の真の目的は政府批判と弱体化
支援者とはただ単に国家相手の裁判を支援しているだけに過ぎない
奴らは被害者支援が目的ではないんだ
スレタイの表現も支援者が考えたんだろうな
しかし、被害者たちに問うたら「知ってますよ(AA略)」と言われそうだ


265 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:06:54 ID:NOjpMbdu0
>>258
この和解以外にもいろいろやってるよ。
(2007年10月27日読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20071027-OYT8T00161.htm
C型肝炎の治療者、公費助成で10万人に倍増
インターフェロン 1000〜2000億円助成…厚労相表明
ウイルス性肝炎患者に対する国の救済策について、舛添厚生労働相は27日、
治療費の公費助成により、C型肝炎に有効なインターフェロン治療を受ける
患者数を現在の5万人から10万人に倍増させる意向を記者団に表明した。

266 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:07:27 ID:qAwpltNW0
>>253
違うよ。
今後訴訟を起こす可能性がある人も含めて1000人。
このうち7割は薬害認定期間の対象者だから個別補償に応じるの。
で認定期間から漏れちゃう3割の人で30億円を分配。
一人当たり1000万円の計算になります。

267 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:09:10 ID:KGC8gRzX0
>>263

そう。だから原告の求める『一律救済』はきちんと盛り込まれている。
盛り込まれていないとすればそれは『一律”同額”救済』だ。
ゴネてるのはまさにそこの部分。


268 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:10:04 ID:d5MIVitR0
>>259
原告で女ばかりってそりゃ、出産の時の止血で製剤が使われたんだから、当たり前
でも原告の記者会見はあからさまに女の涙を見せ付けるのがキモイねえ確かに
「みんな、ごめんね」号泣のおばさんが一番引いた・・・

269 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:10:44 ID:qAwpltNW0
>>267
だがちょっと待って欲しい。
原告団は金の問題ではないと言っている。

270 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:11:04 ID:ZhSLWcx/0
2006年6月16日北海道の5名のB型肝炎感染者が完全勝訴を勝ち取る。
零歳から6才の頃に、集団予防接種の注射針の使い回しの原因でB型肝炎に
感染したとして1989年6月に提訴した判決で最高裁大小法廷で完全勝訴が出ました。
C型肝炎者も勇気を持って感染者集団を立ち上げ提訴をしませんか?

ちなみに、予防接種その他で肝炎ウィルスに感染した者は、数百万人。

271 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:11:09 ID:vrNwbhQx0
陰性=完治という理解でよいのかな?
治っているなら、自分の気が済むまで国家相手の聖戦を戦うジャンヌダルクでいられるわけだ
このひと絶対近いうちに選挙に出てくるんだろうなあ


272 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:11:53 ID:eI4wWCQ90
参議院宿舎作るのやめて助けてやれよ
つーか参議院廃止しろ 与党も野党も屑ばっかイラネ

273 :名無し募集中。。。:2007/12/22(土) 15:12:19 ID:yfe0izPP0
素朴な疑問があるんだけど
肝炎患者ってお酒飲んで大丈夫なの?

詳しい人、教えて

274 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:13:05 ID:Y0qCA2HVO
ねらはアホやから、金にしか意味がわからないこのままんこのにほんほろんぶ

275 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:14:14 ID:xrvNms+70
>>256
本来、国の責任は無いと判断された部分を8億から30億にアップしたんだろ。
それで原告団基金を設立してもらい分配はそちらで決めてくれって事。
均等かどうかは基金のほうの判断だろ。

276 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:14:15 ID:ZhSLWcx/0
血液凝固製剤「フィブリノゲン」は、
加熱処理を始める一九八七年までに、
計四十万人に投与された。

>計四十万人に投与


「フィブリノゲン」による隠れている感染者は数万人?

277 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:14:26 ID:ybTBtNyX0
>>258
そうそう。薬害でなったC型肝炎患者だけ一律に投薬代無料を原告団は訴えてると思ってたのだが・・

278 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:15:03 ID:LC73E+NFO
素直に金がほしいからみんなの税金を少しだけオラに分けてくれとでも言えばいいのに

279 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:15:17 ID:KGC8gRzX0
>>269

そう。それで『じゃぁ、一体何が目的なんだよ』となって様々な憶測を呼んでいる。
個人的には、今回珍しく朝日が原告に再考を求めて国を支持している所を見ると、
『原告団が作る”肝炎救済団体”のような(NPO/非政府組織)に”基金”という形でお金を際限なく取れるような状態で和解して、新たな”薬害肝炎利権”を作ることを狙っていると洞察している』


280 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:15:44 ID:HYAWOJ+s0
>>276
約1万人、と推定されている。

281 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:17:00 ID:YeJ/4nx/0
>>266
なんで国が一律全員に払えないの?
同じ30億なら国としてもどっちでもいいじゃん。

282 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:17:22 ID:v/tEQc/M0
舛添も応対が悪すぎる
和解を拒否したのに、またまた再開?
あんたら結局金?みたいな雰囲気だったよな

283 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:17:57 ID:HYAWOJ+s0
>>281
「国の責任」を野放図に広げると、今後あらゆることに国が無制限に支出しなければならなくなるため。

284 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:18:08 ID:KGC8gRzX0
>>275

279でも書いたが、狙いが薬害肝炎利権だとすれば、原告が今回反対したのは
”基金が30億で固定”だから。恐らく、無際限に取れるように狙っているはず。


285 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:18:12 ID:w9zHSjDoO
>>271
出てくるだろうな

286 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:18:20 ID:h7zE1YEG0
我がままおばさんの集団にしか見えないな、困ってる人がいるんだろうから
妥協すればいいのに。

287 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:19:17 ID:aBsVSa6Q0
金金金。。。

288 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:19:20 ID:YeJ/4nx/0
>>283
野放図ではなくて、「フィブリノゲンを投与されて肝炎になった人」って限定すればいいじゃん

289 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:19:44 ID:qAwpltNW0
>>271
鬼女板のスレで再発するよとの書き込みに対して
詳しそうな人がいい加減な事を言うなと具体的な数字を出して再発の可能性は無いと反論してました。
自分には医学的な知識が無いのでよく分かりませんが再発の可能性なしのレスの方が信憑性ありましたね。
>>273
お医者さんに相談の上で許容範囲内なら飲んでもいいそうです。
>>279
そう。だから大阪高裁も困ってるのです。。。

290 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:20:17 ID:ZhSLWcx/0
C型肝炎感染者数は、日本全国で150万人。
原因は、輸血・注射針。

291 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:20:20 ID:/hr/6z/Y0
>>286
禿同。
わかったから裁判してくれ。

292 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:20:31 ID:2/cA1Tkv0
>>275
地裁判決で国の責任時期は分かれている
名古屋地裁は 1976年以降責任がある
大阪地裁は 1978年以降責任がある
福岡地裁は 遅くとも1980年には責任がある
東京地裁は 1985年以降責任がある

国が「和解」といっているのは東京地裁判決に沿ったもの。つまり国の責任
を小さく評価している判決。名古屋地裁判決に沿ってやろうとすると
「数兆円かかる」と厚生労働省から脅され、福田と舛添は役人に屈したのである

293 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:21:02 ID:kgOG66LJO
>>271
「●●人も死にました!国が●●人殺しました!●●●人も殺しました!(反復強調)
●●人の無念を国に届けるまで私は戦い続けます!
●●人のような被害者を二度と生み出さない為に!私を!国会に連れて行ってください!!」
とか脳裡で聞こえた


ちなみに内の父親も薬害患者

294 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:21:45 ID:2f/3xqWY0
★原告団の発言集(追加)
「お金が欲しいのではない」
「大臣にもてあそばれた」
「首相に突き落とされた」
「政府の全員救済案(30億円)、札束でほおを叩くよう」
「つきおとされた」
「今日ですべてが終わる」 ←(泉谷しげるからパクリ)
「今日ですべてが変わる」 ←(泉谷しげるからパクリ)
「この内閣にはもう期待できません」
「この内閣に裏切られました」 


295 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:21:48 ID:YeJ/4nx/0
数兆円かかってもええやん
役人だって別に自分の金じゃなくて税金なんだから
何をごねているんだろうね。
悪いことをしたひとが、謝罪と賠償をするのは当然だよ

296 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:21:55 ID:EqOCplfb0
>>267
>盛り込まれていないとすればそれは『一律”同額”救済』だ。
>ゴネてるのはまさにそこの部分。

それがどうしてゴネていることになるのさ。
ゴネるというのは自己利益追求だからこそ言える訳。
自分たちだけ助かればいいと思えないヤツをゴネているとは言わない。
坊やお判りかな。

>>268
>原告で女ばかりってそりゃ、出産の時の止血で製剤が使われたんだから、当たり前
>でも原告の記者会見はあからさまに女の涙を見せ付けるのがキモイねえ確かに
>「みんな、ごめんね」号泣のおばさんが一番引いた・・・

アンタのキモさには負けるよ。。。
とてもキモいよ。

やることやらかして、
始末をつける段になったら値切りに入る。
あたかも被害者が無理難題を吹っかけているかのように世論誘導する。
そんなキモい政府と同じ匂いがするな、アンタたち。

官僚の腹話術人形「ふくだくん」と同類だな。


297 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:22:13 ID:3rRfg6zi0
まじで集団予防接種のB型肝炎患者勝訴してるんだな550万だってww
今回の薬害が破格なのがよくわかるしww
350万人訴えたらまじでヤバス医療ぶっ壊しかねん。。

298 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:22:26 ID:ZhSLWcx/0
フィブリノゲンが原因の1万人を補償しても、
まだ、C型149万人(+B型)が残っている。

299 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:22:27 ID:ySqzyLge0
お金じゃないって言うなら全員一律0円でいいやんw

300 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:22:32 ID:X7ke0xWH0
>>288
投与を証明できた患者だけに限定できればいいと思うが、
そんな昔のカルテなんて残ってないしな。

年金みたいに、「証明できなくても、払え」ってことになりそうでかなわん。

301 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:22:36 ID:vrNwbhQx0
>>279
うわっアサひに見捨てられちゃったのかw

302 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:23:09 ID:xrvNms+70
>>282
誰でもそう思うのが当たり前だろ。

303 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:23:16 ID:rCfHfY9q0
コンタクトレンズの不正請求の返還金でまかなえば
十分おつりがくるだろうに。

304 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:24:05 ID:0O5IAapA0
>>294
「だから私が政治家になります」
って続くのかな?

305 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:24:16 ID:GckcSpMU0
>>12
知らない人だと思ったらこの人は医者じゃないんだな

306 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:26:12 ID:Ns+SFbuM0
>>288
30 年もたつと、認定方法の見直しとかが始まることになってます。

>>292
和解案の骨子を定めたのは、高裁。国はそれに譲歩しただけ。

307 :"(,, ゚×゚)"剃毛侍 ◆XS/KJrDy4Q :2007/12/22(土) 15:27:35 ID:ksHcaiix0
お金の額の問題じゃないことは理解した。

お金を強請れる期間を無期限にしたいんだろう?

308 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:28:11 ID:qAwpltNW0
>>301
一昨日ぐらいのTBSの夕方のニュースでも
「民主党が支援して政治争いの色も見えてきておりますが」
みたいなことを言ってた。
どこもハシゴを外す準備を始めてるみたい。

309 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:28:51 ID:YeJ/4nx/0
>>306
>30 年もたつと、認定方法の見直しとかが始まることになってます。

それって法律家何かで決まっているの?


310 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:29:09 ID:KGC8gRzX0
>>296

全然論理的じゃないな。本心を見透かされて頭にきて書き込みか?
理不尽な要求を突きつけて拒否してることをゴネてるといってるんだよ。


311 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:31:15 ID:pNpLCkRm0
福田に体を弄ばれた。
福田に突き行かされた?

いったい何をされたんだ?!

312 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:32:25 ID:ZhSLWcx/0
この金を使えばいいのでは?
   ↓↓↓↓↓↓

官僚・役人の天下り先を維持するためだけに、年間20兆円以上使われている。
それらの官僚利権を維持する前提で試算・立案を行うから、消費税増税とかの話が出てくる。

◇ 独立行政法人(102法人)
http://www.soumu.go.jp/hyouka/dokuritu_n/dokuhou_ichiran.html
◇ 公益法人(24893法人)
http://www.soumu.go.jp/menu_05/hakusyo/koueki/pdf/2007_honbun_1-2.pdf
◇ ファミリー企業(約3000社以上)
※ 内緒だからリスト無し

313 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:33:02 ID:xrvNms+70
>>295
なんでもかんでもばら撒いてたら俺たちの税金アップアップだな。
どうせ国のカネだからと思ってるんだろうが本来国民、俺たちのサイフだよ。

314 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:33:22 ID:LC73E+NFO
お金が欲しいんじゃないなら福田とますぞえで地面に穴掘ってそんなかに頭つっこんで土下座で終わりでいいじゃん

315 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:33:46 ID:S9gegAOM0
原告擁護派はどっかの大学教授の論文を使いまわしてるみたいだが、いい加減目障りだ。


これらの血液製剤使用による肝炎感染の危険性は、両製剤ともに承認時から指
摘されていたという事実がある。すなわち、両製剤は、承認時点で、(血清
ないし輸血後)肝炎に罹患し、その結果、肝硬変や肝がんになって死亡することもあるこ
とは、国内外で多々指摘されていたのである。しかも、旧ミドリ十字N元専務(後に社長)
などは、そのことを学会誌に「肝炎災害」などと記して、「その罪業の深さを痛感す
る」とまで記していた(1963年)。

これがおおよそ1977〜1985年までの国の責任を言ってる根拠だろ?


>これらの血液製剤使用による肝炎感染の危険性は、両製剤ともに承認時から指
>摘されていたという事実がある。すなわち、両製剤は、承認時点で、(血清
>ないし輸血後)肝炎に罹患し、その結果、肝硬変や肝がんになって死亡するこ
>ともあることは、国内外で多々指摘されていたのである。

危険性の指摘ならいろんな薬でされているだろ。抗がん剤の副作用で別の病気にかかって
死んでしまうこともあるんだから。リスクとその効果を天秤にかけて効果をとったと考えられる。
この文章から国に賠償するほどの非があったとはは読み取れない。


>しかも、旧ミドリ十字N元専務(後に社長)などは、そのことを学会誌に「肝炎災害」などと記して、「その罪業の深さを痛感す
>る」とまで記していた(1963年)。

1963年に把握していたとあるが5地裁で1963年から国に非があるのは一つとしてない。


ただコピペ張るだけじゃなくて自分の言葉で反論してみたらどうだ?
できなければ一切張るなw

316 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:34:33 ID:15krA3RJ0
>>308
TBSぶっちゃけすぎ

317 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:34:42 ID:4rpXk3ya0
>>289

これか。

191 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2007/12/22(土) 01:37:45 ID:HiDDOGoK0
>>189
どの検査で陰性かしらないけど・・・
陰性でも後の検査で再発の可能性もあります。

医師として今回の薬害は殺人に等しい。
HCVに自分が感染したとしたら、感情的に取り乱します。
原告団は、涙を流す程度でありとても理性的に対応していると思います。

製薬会社許せん。
厚生労働省も。

318 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:35:00 ID:ZhSLWcx/0
この金を使えばいいのでは?
   ↓↓↓↓↓↓

兵庫県医師連盟が千数百ページに及ぶ財務省の予算書の科目をひとつひとつ仕分けし、
国家予算の全体像とその使い道を明らかにした。 2003年度予算における歳出(支出)
は一般会計 81兆8千万円、特別会計 199兆7千万円。 これらを連結して重複部分を
除いた国家予算の歳出合計は 232兆6千万円となる。

このうち、社会保障給付や義務教育負担として国民のために使われているのは 60兆4千
万円。 残りは国債などの債務償還、地方交付税交付金、国家公務員の人件費や経費な
どに使われているが、歳出合計の7%にあたる15兆3千万円は官僚の天下り先の特殊法人、
独立行政法人、公益団体に補助金として流出している。

http://www.kyudan.com/opinion/amakudari.htm

>歳出合計の7%にあたる15兆3千万円は官僚の天下り先の特殊法人、独立行政法人、公益団体に補助金として流出している。

319 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:35:23 ID:KGC8gRzX0
>>312

その金はダメだよ。俺らの税負担を軽くするために使うんだから。
論理的にどこかで無駄金が使われているからと言って、他のトコに無駄金使っていい道理はないでしょ。
それこそ役人の発想。無駄はどんなものでも削除しないとね。はい、つぎ。

320 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:36:19 ID:1YDh+qe30
>>304
最初は、国と患者と製薬メーカーの中のシンプルな問題だったのに
そのうちきっと「社会の問題」に置き換え始める気がする。
社会は歪んでいる、腐っている、このような被害者を二度と出してはならない…なんて。
そうなったら半ば「政治家を目指します」と宣言し始めたのも同じだと思っている。

321 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:36:36 ID:2/cA1Tkv0
>>306
だから「責任は認めないがお金は払う」と「譲歩」したんでしょ。
そもそも大阪高裁の所見で「一律救済が望まれる」と書いているのに

>>27の質問の後半をみると弁護士だけあって、枝野が言ったとおりの展開になっていることが分かる
「国はお金は払う。そこは財務省と協議すればなんとかなる。でも責任はなるべく認めたくない」
「お金を取るか真相究明を取るかという選択を患者さんにさせてはいけない」

舛添はそれにたいして「そのようなことは絶対にしない」といった。
だが今回、国が示した和解案は何か、「国の責任はないけどお金はあげる」
と一部の原告に言っているではないか。まさに「金か国の責任追及放棄か」
を原告に強いているのである。この和解を受け入れれば
「国に責任はない。でも”かわいそうだから”お金あげるよ」ということを
原告自身が認めることになるのである

322 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:37:15 ID:AEiK+fYL0
>>318
無駄遣いをやめて浮いた金はもっと有効な使い方があるんでないかな。

323 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:37:54 ID:dP3UTEKN0
>>315
東大医学部→東京医科歯科助教授という疫学・公衆衛生の専門家の医学博士の言葉と、
馬鹿な2ちゃんねらの言葉が対等になり得ると思えるところが
2ちゃんだよなぁwww

324 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:40:25 ID:dC5mxYwS0
>>323
知ってるかい?
松本サリン事件も大学教授がテレビで
「サリンはバケツがあれば家でも簡単に作れる」
なんてとんでも発言をして騒動が広がったんだよ
大学教授も全能じゃないんだ
そしてこの人は9条を守る会の役員を務めている
とても政治色の強い人

325 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:41:23 ID:ZhSLWcx/0
C型肝炎の感染について

 現在、日本全国に200万以上のC型肝炎ウイルス感染者がいると言われ、C型肝炎は
まさに「国民病」とも言える深刻な状況です。

 C型肝炎ウイルスの感染経路は従来、輸血(30〜40%)、入れ墨・覚醒剤の注射(10%)、
そして原因不明(50%)と言われてきました。(母子感染はほとんどなく、性行為による感染
もごくわずかです。通常の生活で感染することはありません。)

 しかし近年、C型肝炎ウイルスの有力な感染原一つとして、昔行われていた予防接種等
の医療行為の際の注射針や注射筒の連続使用による医原性の感染の可能性が強く指摘
されるようになりました。(現在の医療施設では一人一人注射針と注射筒を変えて使用され
ています。)

 更に、最近になって非加熱血液凝固因子製剤の投与を受けた患者が、B型、C型肝炎
ウイルスに感染している可能性が高いことが判明し、医原病の性格がますます強くなると
ともに、厚生行政の対応の遅れが問題となって来ました。

http://www32.ocn.ne.jp/~sujaku/c-kannsenn.html


>近年、C型肝炎ウイルスの有力な感染原一つとして、昔行われていた予防接種等
>の医療行為の際の注射針や注射筒の連続使用による医原性の感染の可能性が


これで、数百万人が感染している。

326 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:41:41 ID:1qISs8yd0
>>308
新聞とテレビでずっと肝炎の特集を組んできた産経も引き気味だよね

327 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:41:51 ID:bLV0a8Uk0
>>323
犬とかサルとかも、油断するとすぐヒトと対等だと思うそうだw

328 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:42:04 ID:HYAWOJ+s0
>>323
「医学博士」じゃないんだよな。
東大医学部っても保健学科だから医者じゃないし、
医科歯科大の助教授の経歴があっても、現職は医薬系の学科なんかない東洋大の教授だ。

なんの専門家なんだろうね。

329 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:43:19 ID:1YDh+qe30
マスコミはそろそろ原告団と距離を置いたほうがいいよね。

330 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:43:35 ID:ZhSLWcx/0
200万以上のC型肝炎ウイルス感染者がいる。
そして、そのほとんどは、医療行為により感染している。
これは、大問題とならない方がおかしい。
官僚が、問題を小さく完結したいはずだ。

331 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:43:58 ID:AEiK+fYL0
>>328
http://www.soc.toyo.ac.jp/welfare/faculty/katahira.html
>社会医薬福祉学、薬害・難病問題、脂質栄養問題
だそうです。

332 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:44:38 ID:mDQQb9xb0
スレタイ、吹いたじゃないか

>>79
仕事できないって言ってたのに…完治?

333 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:44:49 ID:3rRfg6zi0
薬害をおそれているんじゃなく、数百万人に訴えられるのが
政府は怖いんじゃないか?w
無条件救済に薬害してしまうとな、B型が勝訴してるの厚生省
しってるはずだしw

334 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:44:49 ID:7zFRSG/f0
原告が和解協議を打ち切るって自分で言ってるんだから
お望みどおり裁判で決着させてやれよ。wwww
和解なんかするな。
そもそも和解というのは「互譲」と言って互いに譲ることなんだよ。
原告どもは一方的に政府側の譲歩を求めて
自分らは一切譲歩しようとしてない。けしからん連中だ。

335 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:45:06 ID:nt8jG9gO0
>>326
いや、数日前のフジの夜のニュースでは、なによりも高裁所見での一律救済を原点にすべきだと力説していた。

他のメディアが所見の重みに気づいていないで、町村の詭弁にひっかかっている中で、
さすがにずっと取材してきただけあると感心した。

336 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:45:28 ID:S9gegAOM0
>>323
肩書だけで人を判断するんだなw
じゃあ、早稲田大学をでている福田はお前にとって神様か?
幼稚なレスはやめた方がいい。


337 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:45:44 ID:KGC8gRzX0
>>323

なりえるよw
肩書き関係ないだろ。昨日も擁護派が『九条の会』(共産系)の学者の意見載せてたけど。w
情報発信者が非中立なんだがらその情報の方が信用性が低くなるのは当然だろ。



338 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:46:14 ID:viEucQf00
混乱してきた。
フェブリノゲンからC型肝炎ウイルスが感染したんだよな?


339 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:46:54 ID:BKJd4uLu0
>>328
日本社会薬学会幹事・査読委員、日本社会医学会理事・査読委員、日本臨床薬理学会評議員、
日本薬剤疫学会評議員・査読委員、日本疫学会評議員、日本社会福祉学会査読委員、
順天堂大学医学部・明治薬科大学大学院等非常勤講師、埼玉協同病院倫理委員会委員

素人に査読委員はできない。

340 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:47:05 ID:NOjpMbdu0
>>323
はあ?
ミドリ十字がどーのこーので批判されてた人も
厚生省の官僚も
優秀な大学を出ている人ですけど。

341 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:47:15 ID:X7ke0xWH0
>>338
エリコたんは違う

342 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:47:17 ID:KyI27APrO
負ける裁判をせずに30億もらえばよかったのにな。
過ぎた欲は身を滅ぼすとはよく言ったもんだ。

343 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:47:39 ID:xrvNms+70
なんだか街宣みたいだな。だからこの時期か。あほくせぇ!
いいように国、マスゴミ利用してんな。それにバカが乗せられるって訳。
噂が本当ならの話だが・・・


344 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:48:13 ID:nQb3lqhH0
>>336
こいつほんとの馬鹿だな。
その分野の専門家と馬鹿な2ちゃんねらを一緒にできるわけがないだろwww

345 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:48:25 ID:viEucQf00
>>341
彼女は母子感染だっけ?
そこらへんもお涙頂戴論調でマスゴミぼかしてないか?

346 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:48:41 ID:1YDh+qe30
>>342
本人たちだけの問題なら、30億を蹴ってどこまでも頑張る選択肢もあるだろうが
たとえ僅かの金でも今必要だと言う患者にとっては気の毒な話だったな。

347 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:48:47 ID:7zFRSG/f0
昨日ケータイで張り切ってた法科大学院志望の馬鹿今日は来てる?

348 :"(,, ゚×゚)"剃毛侍 ◆XS/KJrDy4Q :2007/12/22(土) 15:48:47 ID:ksHcaiix0
>>338
「不活性化できなくなった後の」が抜けてるんじゃないだろうか?

349 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:49:24 ID:Ns+SFbuM0
>>309
単なる想像でした。もうしません。

>>321
名古屋地裁に沿ってやろうとしないのは、国の判断でなく、高裁の判断じゃないの?

>>323
医学部保健学科(笑)

350 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:49:27 ID:gZM0UwHx0
薬害患者はレベルがあがった
かしこさが1あがった
すばやさが2あがった
うんが1あがった
薬害患者は厄害患者にくらすちぇんじした

351 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:50:07 ID:ZhSLWcx/0
製薬会社には、官僚OBが役員として多数天下っている。
それは、今後も同様。問題を拡大することは、断固阻止したい。
       by 厚生労働省

352 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:50:56 ID:AEiK+fYL0
>>351
もちろん、そういう面はあるだろうけれど、理屈もなしに悪者扱いっていうのも頭悪いよね。

353 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:51:29 ID:y3jh9JX80
>>340
東京医科歯科の助教授となると、「優秀な大学を出た」ぐらいでは通用しない。
少なくともおまいらには来世でも無理だwwww

354 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:52:11 ID:xrvNms+70
>>341
。。。。。。。たん?  アホ か

355 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:52:15 ID:Ns+SFbuM0
>>328
関係ないが、医学博士は、一番怪しい経歴。医者である必要もないし、博士としては最も簡単。
病院に勤務しながら取得できるぐらいだから。



356 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:52:29 ID:NOjpMbdu0
>>344
薬剤会社の人間も、厚生省の官僚も、裁判に出ている弁護士も
皆、その道の専門家ですが。
どの意見が正しいってのは「専門家」という肩書きだけで判断するの?

裁判は就職活動の履歴書欄じゃねーだろ。

357 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:52:46 ID:2/cA1Tkv0
>>349
今回出たのは「国の」和解案。それも分からんでいってたの
高裁はそもそも「所見」で一律救済されるべきであるといっている
今後「高裁の」和解案がでてくる

358 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:52:52 ID:ZhSLWcx/0
>>353
そうそう。帝大出の731部隊医師くらいでないとなw

359 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:53:04 ID:S9gegAOM0
>>344
一緒にしなくてもいいから>>315の反論よろしく♪おバカさんw

360 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:53:47 ID:HYAWOJ+s0
>>339
そりゃ何かの専門家であることは否定しないが、
「フィブリノゲン製剤によるC型肝炎感染に関する国の責任」を論じるのに必要な専門性なのか、って疑問があるんだよな。


361 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:54:29 ID:KGC8gRzX0
>>351

天下りとか出来ないようにすればいいのにな。俺もそう思うよ。
でも今は全く関係ない話題だな。なにがしたいんかね?


362 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:54:42 ID:nt8jG9gO0
>>356
薬害をカバーする直接の学問分野は疫学や公衆衛生だと思うけど、
疫学などを専門にしている弁護士とか官僚なんて、まずいないんじゃないか?

363 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:54:43 ID:pbbx8gv50
もうこの問題は舛添は外して役人に淡々と交渉させるべきだ

364 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:54:45 ID:HYAWOJ+s0
>>357
「国の」和解案ってのは「高裁が示した和解案」を修正したものですが。

365 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:54:57 ID:1jDW2y6y0
>>142
マジレスすると、あんたみたいにゴネる人対策のため、現在は
「血液製剤は完全に病原体を排除出来る訳ではなく、スクリーニングに引っかからない時期に
献血された血液から感染する可能性は残っています。また、未知の病原体が混入している
可能性は否定出来ません。」と言う旨の同意書を書かされるよ。

366 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:55:03 ID:3rRfg6zi0
はげ添は東大助教授じゃなかったけ?
優秀な大学で法律勉強して助教授なんだから、馬鹿にしたらいかん(`・ω・´)


俺は嫌いだけどww


367 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:55:23 ID:v/tEQc/M0
>>324

神奈川大学のおっさんが笑っていたな
あんな河野さんのような家で作ったら作っている人間が死ぬって。
本当の専門家は肩書きに騙されてはいけない

368 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:55:44 ID:s6laSM3X0
……何故、教授がえらいと主張する人達は、次々と現れて単発レスで消えていくのだろうか……

369 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:56:02 ID:Ns+SFbuM0
>>339
日本社会薬学会幹事
日本社会医学会理事
日本臨床薬理学会評議員、
日本薬剤疫学会評議員
日本疫学会評議員、
日本社会福祉学会

えらく長い名前の学会の査読委員や評議員を多数やってるな。有力な学会ではないような気が、、、


370 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:56:52 ID:ZhSLWcx/0
俺は宮廷院卒だが、
教授の肩書きはあまり信用できない。
淘汰が働かないから、玉石混合。

371 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:57:35 ID:62cnSNGs0
一日ぶりに来てみたが、相変わらず擁護派がただのコピペマシンと化しているな。


372 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:57:53 ID:nt8jG9gO0
>>366
彼は政治学科なんだよ。法律知識はかわいそうなくらいない。

以前、朝ナマで、逮捕監禁罪があることも知らなかったのには驚いた。

373 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:58:10 ID:EJ5cpIXR0
>>323
専門家ってのは
守備範囲外では只の人ですよ と

374 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:58:14 ID:KGC8gRzX0
>>357

357がさりげなく嘘をつく件について。
案を出したのは高裁だと何度言えば。
それに今は原告案を聞いている最中。一部報道では既に拒否ったらしいが、
直接見ていないので誤報だと思うがね。

375 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:58:16 ID:D4ZYvKpZ0
そろそろ・・・学歴論争になりそうだな

世の中・・・ノーベル賞学者だってまるでヤクルトで直るような宣伝に出てるからなぁ・・・



376 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:58:21 ID:7zFRSG/f0
おばさんだけならメディアもここまでとりあげなかったかも。
やはりあの薬害ジャンヌ・ダルクの「活躍」が大きいな
のびた君(失礼w) 対 薬害ジャンヌ・ダルク じゃテレビ映り的に勝負ありだろwww
2ちゃんねらーの批判の矛先も鈍りまくりだし


377 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:58:23 ID:v/tEQc/M0
自民が下野したぐらいじゃだめだな
官僚主導の制度をぶっつぶさないと
そのためには、日本は一度潰れるなり革命でも起こらないと無理だな

378 :"(,, ゚×゚)"剃毛侍 ◆XS/KJrDy4Q :2007/12/22(土) 15:58:27 ID:ksHcaiix0
>>367
そうそう、教授なんてのはピンキリ。

379 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:58:39 ID:pbbx8gv50
>>366
自称国際政治学者らしい

380 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:58:50 ID:AEiK+fYL0
>>370
宮廷引率だからあえて指摘するけど、誤字があるよ。

381 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 15:59:31 ID:NOjpMbdu0
>>357
ん?
>高裁はそもそも「所見」で一律救済されるべきであるといっている

このあとに「が」という言葉がつながるだろ。

救済されるべきであるが5つの地裁の判決に反する
とも言ってるやん。

382 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:00:37 ID:2/cA1Tkv0
>>364
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071221-00000113-mai-soci
<薬害肝炎>大阪高裁が第2次和解骨子案提示へ

国が受け入れたのは和解の中の「お金を払う」ことだけ
「国の責任」はごく最小限を除いて否定。
そもそも高裁は所見で「原告一律に救済されるのが望ましい」
と書いているではないか

これを「責任は線引き」して「でも原告全員にお金は払う」という意味だと
受け取るのは厚生労働省の役人以外にはいないだろう

383 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:01:19 ID:62cnSNGs0
>>377
官僚主導の制度の打破なんて、民主にできるとは思えんしな。

384 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:01:24 ID:KGC8gRzX0
>>368

ん?2ちゃんではいつもそうだろ。
論戦で旗色が悪くなると、自分たちと同じ思想を持った都合のいい学者意見をソースにして
『学者がこう言ってるんだから黙れ』となる。だが蓋を開けてみれば『九条の会』(共産系)だったみたいなことは日常茶飯事。
『虎の威を借る狐』ってとこだね。この場合虎ですらないけど。w

385 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:01:32 ID:p4ufY1VT0
>>380
そしてキミにも誤字がある。
旧帝院卒は誤字がデフォルトという事か。

386 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:03:36 ID:nt8jG9gO0
>>381
でも、「国・製薬会社が譲歩すれば」という事をまず言っている。

で、今回、これ以上の政治判断は無理だが裁判所の和解案だったら譲歩も可能なことを国側は匂わせているから、
高裁がそれを汲んで、原告有利な修正案を出してくる可能性は十分あると思うよ。

福田は、それを一番望んでいるんじゃないかと思う。

387 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:05:00 ID:AEiK+fYL0
>>385
混合は間違えて覚えてないとならないよ。
ちなみに僕は院卒じゃないよ。

388 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:05:11 ID:9RXv9OtJ0
原告の言う通りにしたら
国民一人当たり70万円の負担ですw

389 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:05:26 ID:ltfShUTl0
官僚福田総理大臣様じゃこれくらいしか出来んのよ。
原告団の皆さんこのまま十年とまでは行く事無いけど与党自民が
引き摺り下ろされて官僚の慣習が崩壊しないとダメだ。
次期内閣で独法とか財政の健全化までがんばって言い続けてくれ。
絶対報われる日が来る。


390 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:06:08 ID:NOjpMbdu0
>>377
民主党の比例代表でトップ当選した人は官僚の組合の出身だけどね。
そのほかにも数人の組合出身者がいるよ。

391 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:06:08 ID:v/tEQc/M0
史学の教授も凄いからな。
専門分野というのがめちゃくちゃ特殊で狭い
清少納言を研究しているが、平安時代はわからないとか
専門を少しはずれると一気にタダの人になる
そのへん、最近痛感するな


392 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:06:09 ID:6vc3/s2Y0
>>383
そこで社民党ですよ

393 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:06:51 ID:eBwqThe60
ほんとだw
ぎょくせきこんこうだもんね



C型慢性肝炎のキャリア(ウイルス保有者)は
日本で約150万〜200万人と推定され、“21世紀の国民病”とも
いわれるが、約7割の人が治療を受けていない。
長く放置すると、高い確率で肝硬変、または肝がんに移行するという。
http://health.nikkei.co.jp/guide/index.cfm?i=20050906j1004j1


394 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:06:53 ID:X7ke0xWH0
>>389
やっぱり民主党が政権取らないとだめだね

395 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:06:55 ID:0wRWrVoVO
>>382 自分の直前のレスを読むんだwww

396 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:07:08 ID:OC/INB/l0
>>368
単発IDが言っても説得力ない・・・orz

397 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:08:38 ID:ujrB1pn50
消費税10%出財源OK


398 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:09:10 ID:nQWbJCwG0
>>394
福祉の公明党!福祉の公明党をお忘れなく!!

399 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:09:38 ID:KGC8gRzX0
>>386

>「国・製薬会社が譲歩すれば」という事をまず言っている。
裁判所はそんな主導的なことは言ってない。
『他の裁判所では反対の結果だから国が特別にいいですよと言わない限り骨子案に載せない』と言っているだけ。

それ偽の所見に騙されてるだろ。正しくは下の通り。

■3 和解骨子案について
本件と同種事件である薬害C型肝炎訴訟は本事件の1審である大阪地裁の他に福岡、名古屋、東京及び仙台の5地裁で判決言い渡しがなされ、
現在5地裁で係属中であり、今後も同種の事件の訴訟提起が予想されている。
上記5地裁の判決の内容、結果は基本部分において共通点があるものの、相当異なっている点もある。
当裁判所としても、本件紛争の全体的解決のためには、1審原告らの全員、一律、一括の和解金の要求案は望ましいのではないかと考えているが、
上記5地裁の判決の内容、結果に反する要求であり、1審被告らの格段の譲歩のない限り、和解骨子案として提示しないことにした。
その他の点についても上記5地裁の判決内容を比較検討しながら、それらに立脚し、それらから外れないように留意しながら、和解の調整を進めてきた。
したがって、当事者の和解希望案中のある条項につき、ある地裁判決に立脚しているときには、他の条項で、他の各地裁判決を踏まえての対案を要請するような形で調整を続けた。


400 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:09:38 ID:EJ5cpIXR0
>>339
査読委員がそもそも何であるかを知っているのかと(藁

401 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:10:26 ID:CqdVOLoL0
>>345
えりこさんはクリスマシンで感染(ググると出てくるよ)
鬼女板ではもっと深い憶測もされている
鬼女の妄想で終わってくれることを願う
http://human7.2ch.net/test/read.cgi/ms/1197602111/

402 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:11:03 ID:jdFuMJ9J0
細川政権のとき、深夜に急に会見して
消費税を5%にあげる発表して国民にそう叩かれしたよなw

野党が税金あげずになんでも出来るって、お花畑全快w

403 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:12:27 ID:2/cA1Tkv0
>>395
だから高裁の和解骨子が福田と舛添の手にかかると
「国の責任は東京地裁判決に沿う(1985年以降しか責任はない)。でもその他の人も
”かわいそうだから”お金をあげる」

という摩訶不思議なものになるんでしょ。
高裁の所見の「一律救済が望ましく、被告(=国)の更なる譲歩が求められる」
はそういう意味なんだってさ。我々が責任を認めない人たちにも金を恵んでやりゃいいんだろって

404 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:13:09 ID:X7ke0xWH0
>>398
C型肝炎になったのは、前世で罪をおかしたから。
創価学会に入会することで、過去の宿業を断ち切ることができる。

405 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:13:35 ID:nQWbJCwG0
>>399
これ読む限りだと原告団が求めてる「一律救済」の和解案は出なさそうだな。
どこの地裁判決も期間は区切っちゃってるし。

406 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:13:51 ID:eBwqThe60
ヤメロ

407 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:14:23 ID:CRMmIlQm0
山田洋行の水増し  計1000億円
グアムの米軍住宅建設の水増し  2000億円


408 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:14:47 ID:NOjpMbdu0
>>393
江戸時代の人の5割以上が梅毒に感染していた可能性があるって
いう研究を思い出した。
江戸末期の男性は9割の感染率という人もいるが。


409 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:16:27 ID:jdFuMJ9J0
1994年2月3日、細川は未明に突如、消費税を廃止して
7%の福祉目的税を創設するという「国民福祉税」構想を発表し、
世論の激しい反発にあう。

これは小沢と大蔵省事務次官の斎藤次郎を中心に
決定したことであったが、社会、さきがけ、民社各党の批判に合い、
翌日細川は国民福祉税構想を白紙撤回するに至った。


7%だったか。小沢なんてこんなもんだよw

410 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:17:44 ID:CRMmIlQm0
テレビで絶対に報道されない「官僚にとって不都合な真実」を、多くの人に伝えてください。
よろしくお願いします。


【行政/会計】独立行政法人、巨額の繰越欠損金 ”5兆円強”の損金、税金で穴埋め[11/07]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1194612864/

◇ 官僚の天下り先の特殊法人・独立行政法人に、運用と称して「年金積立金」を貸す。
  ↓
◇ 特殊法人・独立行政法人が、官僚の退職金やファミリー企業などに使い込んで、返せなくなる。
  ↓
◇ 国民の税金を投入して補填。

返せなくなっている合計は、現在111.5兆円。 ⇒ 国家税収の2年分以上!
http://www.jmari.med.or.jp/research/summ_wr.php?no=356
国民の税金で肩代わりされたのは、2003年に12兆円、
http://ganjii.iza.ne.jp/blog/entry/158727/
2007年に5兆円。
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20071109AT3S0901O09112007.html

国民は「年金積立金」の運用益がもらえないだけでなく、官僚が使い込んだ分まで補填させられている。

411 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:19:30 ID:PzYlMz+A0
内閣は官僚の犬だな
マスゾエがこれ程使えねー野郎だとは思わなかった



412 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:19:40 ID:pBTJ/1bxO
金いらないなら全員10円で良くね?
精一杯謝りながら10円渡せば許してくれるはず

413 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:20:59 ID:KGC8gRzX0
>>412

それだと『誠意が無い』という明言があるからなぁ。

414 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:21:43 ID:3yR8iwI3O
誰かこいつらがテレビ出てるときに
札束で頬ペチペチやってくれないかな〜

ペチペチ。
ペチペチ。

415 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:23:06 ID:Q0QkSmZS0
>しかも、旧ミドリ十字N元専務(後に社長)などは、そのことを学会誌に「肝炎災害」などと記して、
>「その罪業の深さを痛感する」とまで記していた(1963年)。
この当時は売血が問題とされていた。献血に切り替わるのは1969年。医科学的に原因を追究して
対策することはまだできなかった。
この文章があるからこの時から国に責任があるというのはあまりにも乱暴です。

しかし血液製剤の材料を米国囚人の売血によってまかなっていたらしいことを考えると、この会社
は何を学んでいるのかということになりますな。


416 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:23:06 ID:pBTJ/1bxO
>>413
じゃあどうしようもなくね?

417 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:23:48 ID:Ns+SFbuM0
>>374
だよね。
裁判所が何も示さず、勝手に案を出せって言うのなら、裁判してないって。

>>403
それなら、高裁が国の責任を一律に認めた和解案を何故、示さないの?
一部の患者には法的責任が無いと考えてるからでは?


418 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:26:10 ID:7qgx9APx0
現在、日本には60万人超のニートが存在すると言われている。
彼等が年間10万円納税を行えば新たに生まれる歳入は600億円。
ニートがちゃんと働けば薬害肝炎患者を救えるのではないか?

419 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:26:47 ID:62cnSNGs0
>>416
まさに原告団にとってはそれが目的なんだろう。解決する気があるとは思えない。
少なくとも現時点ではね。

420 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:26:48 ID:xrvNms+70
>>414
笑わせるなってww

421 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:27:50 ID:pNpLCkRm0
民主党が政権とればもっと良い方向に進むのにな
はやく、クソ福田自民は下野すりゃいいんだ。


422 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:29:27 ID:VR6vqoHH0
B型の献血血液はスクリーニングされていたが、輸血後肝炎には非A非B型肝炎が
あること、そしてそれが輸血後肝炎の大部分を占めるとが知られていた。
輸血後肝炎の90%以上は非A非B型肝炎であると分かっていたはずだ。
なぜB型だけスクリーニングされた製剤が承認され使用されていたのか?

423 :"(,, ゚×゚)"剃毛侍 ◆XS/KJrDy4Q :2007/12/22(土) 16:30:35 ID:ksHcaiix0
>>421
僕は、今の問題の根源を作った小沢の居る民主党と、
それを放置し続けてきた自民党、
追求をせずにダラダラとやってきた社民党、共産党、公明党、
自民党からこぼれ出来た小者の国民新党や有象無象、
全部に晒し首になって欲しいです。

424 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:30:36 ID:2/cA1Tkv0
>>417
だから「一律救済が望ましく、被告のさらなる譲歩が望まれる」と所見に出しているじゃないか
その「さらなる譲歩」が厚生労働省にかかると

「責任がない人にも金くれてやればいいんだろ」
というぶっ飛んだ「和解」になるわけだ

425 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:30:39 ID:15krA3RJ0
>>421
まあ確かに民主党政権になったら
原告団の態度が軟化する可能性もなくはないな

426 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:32:15 ID:0+c0EJlX0
肝炎ヨーロッパでもらってきた可能性ってないの?

427 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:32:34 ID:vZuL7oSbO
一方その頃テレ東では、おっぱいテニス

428 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:32:40 ID:2jQgFRV10
>>422

C型は発見されていなかった の一点張り。

役人の代弁者が多すぎ。



429 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:34:31 ID:xNEDtqna0
JRの事故とかでもそうだけど
徒党を組んでる被害者が分裂することもあるな

430 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:34:42 ID:34edAxX40
>>428
無駄に改行しなくて良いから
それだと馬鹿チョンと同じに思われちゃうよ

431 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:35:03 ID:hAcEaiJV0
エリコたんは眼鏡フェラしてればいいよ

432 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:35:04 ID:tFaEYRfn0
俺が今一番話を聞いてみたい人

フィブリノゲン製剤を使用しなかったのは怠慢行為として医師に損害賠償を命じる判決を下した判事

今どんな気持ちでこの訴訟を見てるんだろう・・・

433 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:36:34 ID:14TNjRUD0
>>417
今更なに言うてんねん。
高裁は明確に「国に責任がある投与期間による範囲は当裁判所では
拡大しない」ってスタンスだろ。
それがわかっとるから、首相も安穏と「司法判断に従います」って言えるんやろ。
国が自主的に「責任はないけどサービスでお金あげるなら邪魔はしないよ」
ってのが和解勧告ちゃうんかい。
で、エリコ軍団は「責任がある」っていう言質とるのと、金額積み増しに
妄執してるのが現時点な。






434 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:36:54 ID:DHEXsE6F0
>>426
鬼女はその可能性も挙げている
やっぱりあの板は凄いよ

435 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:37:32 ID:7SPJFwzh0
>>404
現世で学会員になると大罪を犯していることになる。
未来永劫、穢れきった魂は焼き尽くされ続け輪廻転生が出来なくなる。
目を覚ましなさい。

436 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:37:36 ID:KGC8gRzX0
>>424

なんで399は見ないのー?何か都合悪いのー?
それに一律救済はしてるよー。『同額ではない』けどね。
それでその『所見』のどこに『一律同額にしろ!』と書いてあるのかな?

◆和解案◆
修正案では、血液製剤フィブリノゲンは85年8月〜88年6月、クリスマシンは84年1月以降について国・製薬会社の責任を認めた東京地裁判決を基準に、
期間内の原告に対し、症状に応じて1320万〜4400万円の和解金を直接支払うとした。
一方、国・製薬会社は「訴訟活動支援のための和解金」として、原告弁護団がつくる「基金」に計30億円を支払う。
配分方法は原告側にゆだね、今後提訴する患者も含め、「期間外」に製剤を投与された原告を間接的に救済する内容だ。


437 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:37:42 ID:0LhPV+So0
会見の

みんなァァ〜〜〜
ゴミンねェ〜〜〜〜〜〜(泣)

というのを見て桜玉吉の描くババア思い出した

438 :"(,, ゚×゚)"剃毛侍 ◆XS/KJrDy4Q :2007/12/22(土) 16:38:25 ID:ksHcaiix0
・風の息吹きを感じていれば事故は防げたはずだ。
・ウィルスの息吹を感じていれば薬害は防げたはずだ。

似たようなことを言っている奴が居るな。

439 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:40:21 ID:62cnSNGs0
>>432
全く同感。

原告団もこの判事を批判するか、損害賠償を訴え出ているのなら筋が通っていると思うんだがね。
言っているのならどのように言っているのか興味はあるが、誰か知っている向きはないかな?

440 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:40:24 ID:2f/3xqWY0
ヤクザの恐喝の時のきまり文句

「謝れ!!]
「お金が欲しいいわけじゃない!!」
「誠意をしめせ!!」
「我々は被害者だ!!」


441 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:40:25 ID:xWahDHQ0O
会見ではお金の問題じゃないと言いながら、福田嬢がインタビューで
「仕事もしてないし親もいつまで元気か分からないし…」と辛そうに発言したのに引いた。
つまり金の問題かよ。
酒飲めるくらい元気だろ。
原告団の中には本当に早く救済すべき人もいるんだろうから
いつまでもゴネんなよ。

442 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:40:37 ID:NOjpMbdu0
>>428
裁判所もそのような見解ですが。

443 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:41:05 ID:HYAWOJ+s0
>>422
非A非B型肝炎をスクリーニングする方法がなかったから。
原因が発見されるまで承認するな、というなら血液製剤も輸血も使えないな。

444 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:41:23 ID:F/G/niKuO
原告団に一人だけ眼鏡熟女でたまらんのがいる

武力75 知力35 魅力73
この女だけ欲しい

後はなんとでもせい!

445 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:42:45 ID:58OHASmk0
>>424
「さらなる譲歩」=「責任がない人にも金くれてやれ」
なんだよ・・・・法曹業界的には・・・・
責任があると考えているなら、和解案で盛り込んでいる。
裁判所はないと考えるから、当事者で適当に妥協してくれ=さらなる譲歩
なんだよ・・・

446 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:42:56 ID:Ns+SFbuM0
>>424
一律が望ましいのは、法的責任に基づくものでないという判断を示すため、
和解案が一律にならなかったんでしょ。

法的にも責任が認められれば、一律の和解案が示されたはずでしょ?

447 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:43:07 ID:NOjpMbdu0
>>438
この場合に「なあに かえって免疫力がつく(by中日・東京新聞)」
を使うと、シャレにならんな。

448 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:43:07 ID:2/cA1Tkv0
>>436
国の責任を認めない時期の患者も、国がお金をあげる
このような意味不明の行動を取る理由を端的にお答えください

449 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:47:38 ID:Waj77nS/0
>448
人気取りだろ。
上手くいかなかったけど。

450 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:48:20 ID:xBBrBafK0
>>448
温情

451 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:48:43 ID:Ns+SFbuM0
>>428
役人の代弁者って、、、

未発見の病原体がいるという *推測* で、有用な薬品を禁じるのが正しいと思うわけね、君は

>>433
Ns+SFbuM0 の脳内解釈では、高裁は一律に国に責任があると認めてるらしいから。


452 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:48:50 ID:KoQ4M+5M0
>>450
あほかw

453 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:48:53 ID:AEiK+fYL0
>>448
感情論で支持するマスコミやそれに同調する(バカな)人が多いから。

454 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:49:10 ID:YpANZQZp0
すまない、浅学な俺に教えてくれ
原告団は、どのような「救済案」なら納得するって言ってるんだ?
今回、30億を勝手に分配してくださいって言われた人たちも個別に救済しろってことなのか?
それとも、肝炎患者・全250万人(だっけ?)を全て救済しろって言ってるのか?

455 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:49:49 ID:eigN9YS30
>>443
まあ輸血の場合も同じだけど、ただ輸血の場合はじゃあ輸血やめましょうなんていう状況でもないからな
それこそ即命に関わることが多いから
問題は血液製剤が止血剤として有効じゃないのに輸血と併用されて無駄に投与されたような形跡が多い
FDAの件でよくコピペ見るけど、あれの本当の意味は止血剤としての有効性において否定されたから
1978年、アメリカのFDAはフィブリノゲン製剤の製造承認を取り消したが、その理由は

 「ヒトの止血過程は一連の複雑な血管及び生化学上の反応から成るものであることから、
 フィブリノゲン値のみが適切な治療に関する有効な指標となるとは必ずしもいえない。
 フィブリノゲンの投与の適応がある患者では殆どの場合多種の異常が存在しているので、
 フィブリノゲンの単独投与のみでは正常な血液凝固は得られない。
 このようなことから、フィブリノゲン(ヒト)の臨床効果を評価することは困難であり、
 その使用が有効とされる適応症はほとんどない。」

フィブリノゲン製剤は、先天的にフィブリノゲン因子が少ない血友病患者のケースを除いて
有効性は無く、実際に有効性を示す客観的データも実は1964年の承認当時にすら存在しなかった
申請したときのデータは輸血を併用したものだったり(なのに承認されてしまった)
アメリカのFDAが製造承認を取り消した1978年にも見直すチャンスはあったが
せめて血液製剤投与が意味ないなら、非A非B型肝炎に感染する可能性が無駄に増えてしまうだけに

456 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:51:08 ID:Ns+SFbuM0
>>448
患者を救済するため。本来は、立法化するべきだが、原告の一部が変に拘ってる。

457 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:51:14 ID:VR6vqoHH0
>>443
>原因が発見されるまで承認するな、というなら血液製剤も輸血も使えないな。

に対して

>>365
>マジレスすると、あんたみたいにゴネる人対策のため、現在は
>「血液製剤は完全に病原体を排除出来る訳ではなく、スクリーニングに引っかからない時期に
>献血された血液から感染する可能性は残っています。また、未知の病原体が混入している
>可能性は否定出来ません。」と言う旨の同意書を書かされるよ。

危険性を承知していながら公表しなっかた責任が存在するだろ。

458 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:51:32 ID:eFLQ0FUD0
朝鮮の軽水炉に使う448億円の1割の金額で和解できていたんじゃねえの?

順番が逆だろ。右だろうが左だろうが、日本人を先に救えよ。

459 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:51:41 ID:SqdCA80z0
>>448
乞食に金恵んでやったらダメなのか?

460 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:52:01 ID:KGC8gRzX0
>>448

国に責任が無くても病に苦しんでいる人が居るのは事実だから。
ゆえに温情として責任論は度外視して”基金”という形でお金を出すことにした。
まぁ、国側にイメージ回復の意図が無いといえば嘘になるが、今回出し渋ろうとした思惑は全く無いと思うよ。
別に意味不明でも、今回に限ったことでもないけどね。姉歯の耐震偽装のときも、国の責任は無いけど地方自治体と国が合わせて3分の2負担することになった。
国民からすれば『自己責任だろ!』となるんだけどね。


461 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:52:35 ID:9424jQfu0
勝手に過大な救済案を妄想し叶わないとなると弄ばれたとか被害妄想
仕舞いには政府と闘うとアカと共闘
メンヘルかよ

462 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:53:06 ID:14TNjRUD0
>>448
民間企業も結構誠意見せてくれるで。
ためしに、近所のコンビニ行っておでんですじ肉買ったあとに、
腐った生肉食って食中毒になってみ。
コンビニには「何の責任もない」けど、怒鳴り込んだら「見舞金」くれるから。
厳しいとこだったら、「うちのおでんでそうなったことを証明しろ」とかって
いうだろけど、大手のコンビにだとそんなこと言わんわな。ましてや、
「法廷で戦う」なんてことはありえない。相手は客だもの。
ただ、愛のある環境で誠実に育った人間はそんなことしないだけ。
狂人達は、「法的に責任なし」≒「民事責任・賠償責任なし」っていう
当たり前のことを分からないふりしてごねとるだけ。ほんで、救済されるべき
人間を人質にして、「命の線引き」とかアジってるだけ。




463 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:54:23 ID:KoQ4M+5M0
>厳しいとこだったら、「うちのおでんでそうなったことを証明しろ」
これはないだろ
企業側に証明責任があるはず

464 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:54:53 ID:MQTYYmIR0
どんな薬だって制作当時は賛否両論だし神でもなきゃ
100の保証なんかできないが己の身に降りかかれば
役人責めたくなるのが国民のサガ

465 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:55:03 ID:eBwqThe60
>>459
お上にたてつくとこうなるぞとか思ってそうな
村人だね

466 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:55:04 ID:Ns+SFbuM0
>>455
> フィブリノゲン製剤は、先天的にフィブリノゲン因子が少ない血友病患者のケースを除いて
> 有効性は無く、
そっちの方が、問題だな。
大量に処方してた医者は、藪なのか?


467 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:55:12 ID:vrNwbhQx0
原告が主張してる救済案だとどれくらいの金額になるのさ?

468 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:55:46 ID:Q0rmylf40
>>454
なんか良く分からない。
会見聞いていると責任発生期間外の患者と期間内の患者に
線引きをするなってことかと。
肝炎患者全体については今の裁判では原告のことで争ってるから
また別の話になると思う。
まあ期間外の患者にまで責任を認めろってのは絶対無理なんだけど。


469 :448:2007/12/22(土) 16:56:12 ID:2/cA1Tkv0
そしたら薬害でない肝炎も温情で認めるのか?ちがうだろ
責任は認めないがお金は払うのは「今後提訴した人を却下するため」
和解で幅広い期間国の責任を認めたら、今後ますます提訴する人間が出てくる

そうすると「数兆円」になりますよ、と厚生労働省から脅されて福田と舛添は膝を屈した
役人の完全勝利だ。「責任はないですが”おかわいそうなので”今の原告は救済します」
となったら、今後の提訴者は堂々と却下できる
「あれは長年訴訟してきたかたがたへの例外措置です」と

470 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:56:38 ID:14TNjRUD0
>>454
食べたら終わりのガチョウじゃなくて、永遠に金の卵を産み続ける
ガチョウあげれば納得するやろ。それも、「あげるよ」って渡すんじゃなくて、
「心からのお詫びの品としてお受け取り下さい」って渡せばな。
あほらし。




471 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:57:14 ID:ICBFeGMX0
今回和解したら支援金などの総額は170億円な

472 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:57:57 ID:HYAWOJ+s0
>>469
薬害でない肝炎には、インターフェロンによる治療費を温情で公費補助するって法案を国会にかけてるだろ

473 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:58:55 ID:15krA3RJ0
>>458
あれ北朝鮮を救うわけではない
日本の銀行が貸した金が帰ってこないので肩代わりするという話で
結局は日本人を助けていることになる
といっても日本人の企業だが・・・

まあ金が回収できるか怪しい北朝鮮に軽水炉を作る時点で
間違っていたかもしれんな

474 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:59:53 ID:NOjpMbdu0
>>458
落ち着いて関連記事を読んでこいよ。
国側は170億円を出すといってる。30億円って言うのは裁判では国の
責任が認められない範囲の人にも支援しますというお金。

和解がうまくいかなかったのは国がお金をケチったからじゃないよ。

475 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 16:59:54 ID:ybTBtNyX0
もうゴチャゴチャ言ってねえで

国:責任認める。事実国の責任だしな。

国&製薬会社:期間限定の薬害患者だけに見舞金程度の額。

国&製薬会社:期間外の薬害患者にもインターフェロン投与一律月1万(所得に応じて金額変更あり)

これでさっさと和解出来るだろ。

これで国が責任無しと言えば国が悪い。言い逃れだけの悪徳政治でどんどん告訴する。
これで納得出来ないと原告が言えば原告が馬鹿と言う事で告訴却下すべて自己負担。


476 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:00:05 ID:Q0rmylf40
>>434
彼女はクリスマシン?だか赤ちゃんの時に投与されてるとか。
胡散臭い女の子だけどそこまで偽ってないと思うよ。。

477 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:00:31 ID:2/cA1Tkv0
>>472
だからだったら「あなたには肝炎対策法の分の補助しかしません。国に責任はないですから」
っていえばいいの。

478 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:00:59 ID:eBwqThe60
>>470

>永遠に金の卵を産み続ける ガチョウ
=治療費を税金から出すこと

C型慢性肝炎のキャリア(ウイルス保有者)は
日本で約150万〜200万人と推定され、“21世紀の国民病”とも
いわれるが、約7割の人が治療を受けていない。
長く放置すると、高い確率で肝硬変、または肝がんに移行するという。
http://health.nikkei.co.jp/guide/index.cfm?i=20050906j1004j1
なんだから、彼らにはぜひ国民のために頑張ってほしい。

479 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:01:03 ID:RkThuTK00
どうせなら、一回、山拓にもてあそばれて来い!!!!

480 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:01:59 ID:AEiK+fYL0
> 国:責任認める。事実国の責任だしな。
責任を認めたら賠償しないといけないんでないの?

481 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:02:48 ID:14TNjRUD0
>>475
言いたいこと分かるねんけど、最後の行の「告訴」って気になるわ。
小学生か??



482 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:03:56 ID:7BW1vKHx0
>>469
リストラされて20余年
仕事を紹介しても「俺には合わない」「年下にえらそうに言われた」とすぐに辞め
毎晩家の金を持ち出しては夜遅くまで飲み歩き
注意すれば「村の付き合いの為じゃ、俺は家の格をあげるために嫌々飲んでるんじゃ」と逆ギレし
もうお金が無いと言えば「もっと俺を立てろ」とわめき散らし
家族でニュースを見ているとどんな話題でも「政治が悪い」「俺が不幸なのは国のせいだ」という話にこじつける。
そんな無職居候おじが同じ事を言ってたので多分あなたの意見は間違ってると思う。

483 :454:2007/12/22(土) 17:04:18 ID:YpANZQZp0
>>468
期間外・内に線引きするなってのも無茶な話しだなぁ
今後の事も考えると、今回の和解案は無難なものだったと思うんだけど

>>470
それは、いわゆる利権ゴロってやつですか?

というか、原告団の代表者たちと他のメンバーで意思の統一されてんのかな?

484 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:04:35 ID:NOjpMbdu0
>>477
お前の目標到達点はなんなの?
肝炎患者は150万から350万人いるといわれている。
それ全員に1000万づつのお金を配ったら15兆円から35兆円ですぜ。
原告団と同じで落としどころが、さっぱりわからん。

485 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:04:44 ID:0+c0EJlX0
世の中に3種類のC型肝炎感染者がいたとします

1つは、予防接種(針の使い回し)等の履歴のあるグループ
1つは、フィブリノゲンの投与履歴のあるグループ
1つは、どちらの履歴もある、両者にまたがったグループ

この中で、薬害と認定され補償をうけるのは下2つのグループです。
中には、予防接種で感染したにもかかわらず
フィブリノゲン投与履歴により補償をうける人もいるんでしょうね



486 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:06:33 ID:X7ke0xWH0
>>479
小便飲ませてもらうかw

487 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:06:36 ID:2/cA1Tkv0
>>484
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/071219/plc0712192158017-n1.htm
この記事を読んで、厚生労働省と福田と舛添には死んでほしい
と思っているだけです

488 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:07:49 ID:S9gegAOM0
>>486
ついでに親子丼も(ry

489 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:07:52 ID:eigN9YS30
>>466
そういう効能を謳ってたんだから
医者は用法に沿って使用しただけ
実際、ミドリ十字は後年、効能・効果を先天性低フィブリノゲン血症のみに限定する修正をせざるを得なくなった
そもそも危険性が他人の血液によってまちまちになる血液製剤について、薬事法では保健衛生上の
特別の注意を要求しているんだが、少なくとも客観的データもないのに安易に製造・承認されるべきでは無かった
売血の危険性が広く知られてて、輸血も献血中心になった以降もずっとアメリカで売血の血液を買い続けていた
原料が全て献血由来に代わったのは90年代に入ってから


490 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:08:28 ID:KGC8gRzX0
>>469

448、その通り。不公平だよ。だからそういって書き込んでる奴らもいるだろ。
『C型肝炎だけ特別扱いするな』ってね。
だが何故基金を出すことになったかといえば前述の通り。
大体被害者側が一括救済じゃないと飲まないとゴネているんであって、
政府側が一括救済を望んでるわけじゃない。その突き上げ要求に屈したからといって
政府が悪いとする意見には無理がある。てか陰謀説なら寄り原告側のほうが陰謀をたくらんでると思うけどね。
何故なら今回の和解や裁判で国は何も得をしていない。ダメージを負っただけだけど、
原告はちがうだろ?もしかしたらさらに政府が折れて基金を無際限に出すかもしれない。
背後の犯罪性を疑うならどちらが得をするのか考えないといけない。
ちなみに今後自称肝炎患者が大量に出てきたとして、あなたはそれら全てに莫大な補償が必要だとお考えかな?
だとすれば財源を示してもらおうかな。

491 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:09:06 ID:15krA3RJ0
>>485
その辺はしょうがないだろうね

492 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:09:49 ID:Q0QkSmZS0
>>476彼女が偽っているとは思いませんが、可能性は
否定できないと思いますよ。

福田さんは自身のブログによると
「C型慢性肝炎、1a型です。」とある。
日本人の1a型はまれで、統計上0としている記載もある。

アメリカでは1a型が、ヨーロッパでは1a型と3a型が多い。
(Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071213-00000976-san-soci
平成13年の20歳の時に受けた検査で感染を知った。
放置すると死に至ると知り、目の前が真っ暗になった。
 高校時代は空手で段位を取り、大学では1年休学して
ヨーロッパを一人旅。
好奇心と行動力に満ちあふれた人生は暗転した。

とある。


493 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:10:13 ID:Q0rmylf40
>>483
弁護団が一律救済、期間外の患者に対しての責任を認めるって
ことは譲らないと昨日言ってたし第二次和解案も決裂だろうな。
>>485
なんか不条理だよね。
輸血でも製剤でもどちらも医療で感染したことは同じなのに。
補償金無しにして一律肝炎の治療費はごく低額に(低所得者は無料とか)
したらどうかと思う。
現金が出ないならたかり連中もむらがらないだろうし。

494 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:10:43 ID:ybTBtNyX0
>>480
期間限定の薬害によってC型肝炎患者だけに「賠償」として見舞金程度の額
でいいだろ。

>>481
揚げ足しか取れないお前はC肝になっとけ。

495 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:11:15 ID:hNP063900
厚生労働省から旧ミドリ十字(現田辺三菱製薬)に天下りした官僚の一覧とか公表してほしいな。
官僚と製薬会社の癒着を断たないと薬害はなくならないだろ。

496 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:11:15 ID:AEiK+fYL0
>>493
ほかの病気もそうしてほしいんだけど。

497 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:11:29 ID:14TNjRUD0
>>483
外野のうちらにできることは、エリコ達に拉致されてる「被害者」の存在を
世間に知らせることやで。歪んだ目的意識と仲間意識でがんじがらめに縛られて
「和解したいです」っていう本音を封印させられてる人達の存在をな。
とっとと和解してたら、お金の心配せずに治療に専念できる
はずだった人達が今日も不安で泣いてると想像したら…

泣けてくるのぉ。



498 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:12:01 ID:eBwqThe60
>中には、予防接種で感染したにもかかわらず
フィブリノゲン投与履歴により補償をうける人もいるんでしょうね

いるだろうね
と言うか、余りに肝炎が蔓延しすぎてしまってるので、
にもかかわらず、国が長年無策を貫いてきた「おかげ』で、
医療従事者にさえ予防の知識の蓄積もなく来たから仕方ない。

499 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:12:03 ID:Q0QkSmZS0
492続き
http://kumanichi.com/iryou/kiji/safety/yakugai2.html
出生時、血液型不適合で血液を交換した際、止血のために
投与されたクリスマシンが原因だった。
とある。メディアが伝えないので誤解している人が多い。

このとき輸血もされているとはいえ、1a型はアメリカと
ヨーロッパに多いとされるからクリスマシンが原因だと推定
しても無理ないが、原料(米国囚人の売血)の問題なら他
にも1a型感染患者がいて統計上0とされるほど少ないとは思え
ない。
海外生活がない人なら100%クリスマシンが原因として
いいけれど長期海外滞在している場合はそう言えなくなる。
通常生活では感染しないと言われているが、感染者の血液
との接触があれば危険です。
つまり
感染原の可能性は
クリスマシン>ヨーロッパ滞在中の暴露>交換輸血
と思うが
ヨーロッパ滞在中の暴露≧クリスマシン>交換輸血
これも否定できない。


500 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:13:00 ID:OP9tWZNq0
>>487
つまり感情的に物を言ってるだけって事か

501 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:13:19 ID:Ns+SFbuM0
>>489
でも、実際に効果なかったら薬を変えるとかするだろ?
効果があったかないか判断できないのは藪じゃないの。

502 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:13:59 ID:2/cA1Tkv0
>>490
財源がないから国の責任でも賠償しないなどというのはまさに厚生労働省の発想。
人間のクズの発想といってもよい
「数兆円かかる?」いいじゃないか。今年の国債いくらだと思ってるんだ

503 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:14:15 ID:TjQHJ0Ar0
こんなの不公平だよね・・・

(1)C型肝炎患者(一般)、約350万人・・・検査費無料、治療費一部補助。
(2)C型肝炎患者(血液製剤、カルテ無or血友病等or1995年以降)、約1万人・・・検査費無料、治療費一部補助。
(3)C型肝炎患者(血液製剤、1964〜1984年or1989〜1994年、カルテ有)、約300人・・・検査費無料、治療費一部補助、基金から約1000万円。
(4)C型肝炎患者(血液製剤、1985〜1988年、カルテ有)、約700人・・・検査費無料、治療費一部補助、和解金約1500〜4000万円。

                 ↓

(1)C型肝炎患者(一般)、約350万人・・・検査費無料、治療費一部補助。
(2)C型肝炎患者(血液製剤、カルテ無or血友病等or1995年以降)、約1万人・・・検査費無料、治療費一部補助。
(3)C型肝炎患者(血液製剤、1964〜1994年、カルテ有)、約1000人・・・検査費無料、治療費一部補助、和解金約1500〜4000万円。

これなら公平、一律救済万歳!(^_^)V

504 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:14:19 ID:14TNjRUD0
>>494
やっぱり小学生かw


505 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:15:10 ID:Q0rmylf40
>>496
まあそうなんだけど医療で感染するもので肝炎って一番多いだろうし
慢性化する病気、ここまで大きな問題になると。。
他の病気の人は不満だろうけど。
>>497
和解したい原告は何人かまとまって抜けて新たに原告団結成できないのかな。


506 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:15:33 ID:n7hM6ntn0
んな、誰でもなにがしかの持病ぐらいもってるわな。その持病のうちの
ひとつに係ってると?千万という一時金を受け取るなんつうことになったら
この国のモラルは崩壊するぞ。一時金というのがよくない。そんな大金を
手にしたら結構な比率で生活態度が変わる。もし、同じ金額を出すとしても
治療費負担とか補助という形にすべき。国が補償することがなんでもいいこと
のように言ってるやつがいるが、国なんつうものはゼニなんか持っていない。
負担するのはオレらだ。中には他の持病も持ってるものまでもが納めた税金
がこいつらの一時金になる。そのことをよく考えるべき。政府は法に則らない
ゼニは一円たりとも出すな。そのゼニはオレのゼニだ。法治国家だから、
法に基づくものなら我慢もする。だが、法を逸脱するゼニは1円も許さない。

507 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:16:02 ID:CRMmIlQm0
おまえら、官僚のために、国家公務員の皆様のためにこんなこんなことしようとしてますぜ

埼玉・朝霞の一等地 米軍基地跡利用 地元住民頭越し タワー官舎構想
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2007122202074266.html

508 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:16:05 ID:S5HKUk5sO
皆さん、福田が北鮮に450億円を献上しましたよ。
北鮮に献上する金ならいくらでもあるらしいです。

509 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:16:12 ID:dL5ZAD7V0
医療機関や製薬会社にモラルを盾に
原価または赤字での対応を要求すれば
医療機関も表立って文句は言えない
コストカットのやりようは幾らでもあるだろうに

数兆円なんて
役人が書いた数字に踊らされる政治家に
政治判断なんて出来ないだろうなぁ

510 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:16:24 ID:VR6vqoHH0
>497
何度もコピペするけど。

勘違いしないでほしい。
原告側が和解案を拒絶しても政府の救済責任が無くなったわけじゃない。
国などの法的責任が社会的にも認められている以上、患者の治療に関して
医療制度的に何らかの処置を早急にしないといけないだろ。
そうでないと、それこそ人の痛みを横目に放置国家、、

511 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:16:46 ID:6HYBw3/L0
国が土下座するけどやる金はないって言えば納得するのかな?

512 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:17:48 ID:R9lwkvOM0
基金の額でそれだけ実質的な責任を認めるということになるのだから保障が足りないなら増額を求めればいいのに。
大阪高裁で判決が出された範囲の人たちも結局はお金と謝罪なわけだからね。
怒りはわかるが、国が悪いと泣き叫んで国の譲歩を突っぱねて済む問題なのだろうか。挙句の果てには民主党や共産党に頼んで一緒に行動してる。
政治団体だね。

513 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:17:49 ID:56a7p98t0
>>487
事実なら問題だと思うけど
薬害肝炎訴訟を全面的にプッシュしてきたフジ産経以外その話を取り上げてないので
どうかと思うのですが
他のメディアにも調べるように問い合わせてみてはいかがでしょうか?

514 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:17:55 ID:eBwqThe60
>>499

予防接種でか製剤でか の場合と変わらないね
どっちにしろ製剤投与歴あるんだから
あんまりそう言うこと言ってもちょっと
意味内と思う

515 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:18:07 ID:15krA3RJ0
>>499
疑いだすときりがないし海外での感染が証明できない以上
言ってもしょうがないだろ
統計上ゼロに近いとゼロとはまた別だからさ

516 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:18:32 ID:S9gegAOM0
>>483
その通り。
実際28万人がフィブリノゲンを投与されていて、C型肝炎に罹ったとされるのは1万人(国の試算)。
単純計算で最大で27万人にその可能性があるということになる。
で、原告団の要望は一人当たり2千万円だから、国がしり込みするのもわからなくもない。

517 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:19:05 ID:n7hM6ntn0
>>508
献上なんかしてねぇーよ。ちゃんと北への債権をもってるわ。肩代わりするのは
日本の銀行の債権。

518 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:19:13 ID:hjjLZnKa0
すでに泣き女と同じ

519 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:20:11 ID:AEiK+fYL0
> 慢性化する病気、ここまで大きな問題になると。。
ってゆーと大きい声でごねて泣き喚いた人だけが得するてことになっちゃうわけで。

別に505さんに文句言ってるわけじゃないんですけど、
TVで泣き叫んでるのを見るとすごくいやな感じ。

520 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:20:38 ID:Q0rmylf40
>>518
韓国大好き女優の黒田福美さんから泣き方教わったのかも。。

521 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:21:56 ID:jABHIcTF0
まあ、欲張りすぎだな

522 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:22:54 ID:VOiKcLaF0
責任のないものに責任をなすりつけるような
いつから日本人はそうなってしまったんでしょうね。

523 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:22:55 ID:n7hM6ntn0
もう、和解なんてしなくていいよ。 裁判でやれ、裁判で。
もう、最高裁までいけよ。

もう、法に基づかないゼニは一円でも支出すんな。

524 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:23:32 ID:Ns+SFbuM0
>>510
司法判断を患者の救済に使おうというのが、間違いなんだよね。

患者を救済したいなら、立法化すれば財政支出が可能になる。
政府、製薬会社、医者のどれにも過失の無い薬害だって生じるし。

今回の裁判は、薬の使用を禁じるほどの危険性が予期できたかどうかは、
難しいと思う。実際に被害者がいると結果論的に予期できたことにされちゃうけどね。

感染の危険性が判った時点で、早急な対策を講じられなかったことのほうが問題でしょ、むしろ。

525 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:23:54 ID:eBwqThe60
でもね
彼らはテレビでは元気そうに見えるんでしょうけど。
見るからに分かりやすい異変が面に現れてないからな。
でもほんとうに体のだるさ、しんどさは酷いんですよ。
長く生きられないかもしれないし。
その辺は理解してあげてほしいね。

526 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:24:31 ID:14TNjRUD0
>>497
法律詳しくないからわからへんけど、最初に一緒に訴訟起こしたら、最後まで
一蓮托生を強制されるんはおかしいやろ。利害関係変わることもあるやろし。
だから、想像やけど、法的には訴訟分けれると思う。
ただ、原告団の弁護士は「それは無理」って洗脳してミスリードしとるやろな。
誰か弁護士か学者ここにおれへんのかいな。本物限定な。
無知なわいらに教えたって。







527 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:25:02 ID:KGC8gRzX0
>>502

なんだ、政治的ロマンチストだったのか。
そんなんじゃムリだね。だって薬害患者を救うために一般国民は犠牲にならないといけないってことだろ?
あなたがもし民主党員だったら絶対に入れない。国家財政破綻してもいいからなんて国政ありえないからね。
ちなみに今回のお金は全て国民の税金。あなたの『薬害救済金払うためなら国民にいくら負担を強いてもいい』という意見にどれだけの国民が付いてくると思う?
そこらへんがあなたの思考的限界を示しているね。


528 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:25:34 ID:UJ0rZLS00
〇ここまでのまとめ

政府に騙されてるんじゃねーよ、バーカ
       V S
マスゴミに踊らされてるんじゃねーよ、バーカ

どこまで行っても平行線、平行線・・・

529 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:26:06 ID:wlgyWM6U0
>>512
> 挙句の果てには民主党や共産党に頼んで一緒に行動してる。

政府は当然与党なんだから野党に頼むのは当たり前だわな。
国政レベルの話なんだから。

530 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:26:28 ID:Q0rmylf40
>>519
自分もあの会見で泣き喚いて大臣や首相を罵るのはものすごく不愉快。
大きい声でごねると言うか、肝炎に関しては製剤や輸血や注射針経由での
感染の由来にかかわらず国の責任があると思うんだよね。
(危険性が認識される前はないけれど)
かといって使用履歴がはっきりしている責任期間内の人だけ補償金もらうのは
その他の人は今後医療の補助が増えるだろうけど何だか不公平かなと。
感染した人間からするとフィブリノゲンでも輸血でも予防接種でも
同じ感染、本人に責任ないのは一緒。
なので現金は一切渡さずに医療の現物給付が、これもお金はすごくかかるけど
いいかなあと。
お金もらえるとなると医者とぐるになってたかる連中も出てくるだろうし。

531 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:28:08 ID:Ns+SFbuM0
>>529
野党の関係者に当たって、政府に影響を与えようとするのは、司法判断を仰ぐという
立場からは矛盾した態度。

政治的に救済を求めるのなら、与野党どちらでも構わないが。

532 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:28:54 ID:sQNulom90
30億もミドリ十字など製薬会社に天下ったムダ金にくらべりゃはした金だしなぁ。

533 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:30:22 ID:R9lwkvOM0
この人たちの同じように救済つまり一律救済が何を求めているのかわからないのだよね
大阪高裁で判決が出た結果も国の法的責任が認められる部分は病状に応じた4千万から1千万のお金と謝罪ですよね。
だから基金をそのようにわけるということで粘り強く交渉していけばいいだけではないかな?
怒りはわかるけどねぇ。お金は要らないじゃなくて、どうしたら救われるのかを考えれば基金による謝罪で和解協議していけばいい
政府を罵って罵って野党回りしてあんたら救われるのかと。

534 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:30:51 ID:oay8/14i0
原告団を擁護できない点はここだな

原告になるための要件
薬害肝炎訴訟では、昭和39年(1964年)頃から平成6年(1994年)年頃までの間に、
血液製剤(フィブリノゲン製剤あるいは第9因子製剤)を投与された方で、かつ、
C型肝炎に感染された方について、損害賠償請求訴訟を起こしています。
http://www.hcv.jp/plaintiff.html

しかし
1985年以前に製造されていたフィブリノゲン製剤は、
BPL処理[1]が施されており、C型肝炎ウイルスは結果的に
不活化されていたとの検証実験が報告されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%AC%E5%AE%B3%E8%82%9D%E7%82%8E

原告は期間を設けて線引きするなといってる。


535 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:31:23 ID:/J5zZjeZO
>>526
被告の和解案が全員まとめてという案だったんじゃね


536 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:31:42 ID:2/cA1Tkv0
>>527
北朝鮮には440億円ポンと払うのにねw
福田康夫にとっての優先順位が分かるようだわ

そもそも数兆円といっても「いっぺんに」でてくるわけではない
フィブリノゲン投与で肝炎になった人(推定10594人)が
全て提訴したらこうなると厚生労働省からおどされただけ

フィブリノゲン投与によって肝炎になったと新たに分かったので訴訟する
そんなのが「いっぺんに」出てくるはずがない。だから「いっぺんに」数兆円負担
などということはないのである
北朝鮮と役人の聞く耳は持っても、薬害被害者の声を聞く耳は福田にはないのだろう

537 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:32:09 ID:wlgyWM6U0
>>527
> あなたの『薬害救済金払うためなら国民にいくら負担を強いてもいい』という意見にどれだけの国民が付いてくると思う?

ほとんどの国民が賛成するだろうね。
反対するのは、一部の役人と役人の靴を嘗めるのが好きなマゾ国民だろうね。

>>531
>司法判断を仰ぐという 立場からは矛盾した態度。
和解と判決の違い、それと政治判断の違いを理解してないらしいw

>政治的に救済を求めるのなら、与野党どちらでも構わないが。
政府の回答は「全員救済をしません」。
まずは事実を正しく認識しようや。
自民公明を信仰するあまり、ニュースさえ見なくなったバカか?

538 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:32:49 ID:Q0rmylf40
今回の原告団の言ってるのは命の線引きをするな!だから期間の内外や
感染由来で差がつかない、肝炎患者への医療現物補助や給付は
文句無いはずと思うのだけど。
一人一千万やら二千万やらを肝炎患者全員になんて不可能だし
医療で感染した人を限定するのも不可能。
となると全員一律で平等に救済は医療で手厚くするしかないと思う。

まさか線引きを許さないって言ってる原告が、自分は血液製剤感染だから
輸血その他感染の人間とは違う、お金ももらうなんていわないでしょう。

539 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:33:17 ID:15krA3RJ0
>>529
ねじれ国会の状況だから肝炎対策法案作って!などというお願いを
野党にするのはいいと思うんだが、なんか政争の道具となってるような
気もするんだよな

540 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:33:54 ID:ULF/mSmI0
つーかマスコミをバックにつけると際限なく譲歩が引き出せるという悪しき前例はダメだろ

541 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:34:17 ID:AEiK+fYL0
>>537
僕ははっきりと反対意見だけど。

反対だというと「役人の靴を嘗めるのが好きなマゾ国民」と決め付けられてしまうのかな。

542 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:34:56 ID:akEtk7hb0
一番いいのは早くクローン技術を確立して
原告に新鮮な肝臓提供すれば丸く収まるだろ?

543 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:35:59 ID:0+c0EJlX0
フィブリノゲン肝炎確率
 28万分の1万= 3.6%
全人口肝炎確率
 1億2000万分の350万= 2.9%

肝炎確率の低い若年等を含む全人口との分母の違いを考えると、
この数値にそれほどの誤差があるとは考えにくい
フィブリノゲン投与されようが、普通に生きてようが・・・

544 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:37:03 ID:eBwqThe60
>>534
あの・・・この厚労省のサイトを良く読んでくださいまし
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/12/h1209-1/index.html
その当時、フィブリノゲン製剤の原料に混入した肝炎ウイルスを
不活性化するための技術が十分でなかったことから、
平成6年*以前に同製剤を投与された方々は、
肝炎ウイルスに感染している可能性が一般の方より高いと
考えられます。

545 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:37:54 ID:S9gegAOM0
>>539
そうだねw
どうも原告団は必要以上に政府を悪役に仕立て上げている気がする。
責任を超えて賠償はできないという政府の立場も考慮して
もうちょっと穏やかに協議するべきかと。
そうしないから拒否反応を示す人が多数あらわれている。

546 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:37:56 ID:6K4QO16E0
原告の人達は別に焦らなくていいよ。一年後に政権交代するのはほぼ
間違いないんだから民主党に全面救済してもらえばいい。特別会計壊滅して
くれるらしいから十分可能だろ

547 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:38:36 ID:14TNjRUD0
>>535
ソースある?
もしそうなら、真の被害者が脱けれるように案修正したらええのにな。
脱けたい人は救われるし、敢えて泥舟に残る奴は自己責任やし。
それで、残ってる奴等がどういう属性なのか浮き彫りにできるしな。
「命の線引きするな」ってスローガンの効果は凄かったな。
線の中に入ってる人達も、そんなこと言われ続けたら脱けづらいわな。
ほんまやったら、控訴せずに勝訴確定できた人等もおったはずやのに。


548 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:39:36 ID:KGC8gRzX0
>>536

質問に答えてもらってないが。
『薬害肝炎患者』にお金を払うためだけに『国民はどんな負担も耐えなければならない』と考えているのか?
また、それを公言できるのか。だとしたら回りくどくイロイロ書き込まないでタダ一言、

●『国に責任があろうが無かろうが、また、国民がいくら負担を強いられようが原告団の要求どおりお金を払うべきだ』

と述べればいいではないか。もっともそんな意見書いたらさすがに引く奴がでてくるだろうけどな。
何故こんな簡単なフレーズを聞きだすためにこれだけイロイロ書き込みが必要なんだ?
それに不利になると関係ない話持ち出すのもヤメレ。


549 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:39:55 ID:AV0m1Y0W0
図に乗る乞食はもらいが少ない

ってこと?

550 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:40:25 ID:dv9U08JmO
新手ね死ぬ死ぬ詐欺

551 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:40:49 ID:eigN9YS30
>>534
その不活性化処理自体も、極めて多人数分の血液をプールして処理してたのもあって不十分だった話も
1981年の心臓手術症例において、フィブリノゲン製剤を含めた各種凝固因子製剤が投与されたケースに
肝炎が多発していたと、東大胸部外科による報告が1984年にあった、それは

「凝固因子製剤投与・輸血あり」群の肝炎発生率は57%(21例中12例)、
「製剤投与なし・輸血あり」群の発生率は2%
「フィブリノゲン投与」例における肝炎発生率は57%(14例中8例)
「第\因子製剤(クリスマシン)投与」例における肝炎発生率は82%(11例中9例)

原料血漿が汚染された血液だった以上、これを献血由来に変更するだけでも大幅に危険性を減らせたはずだった
非加熱第\因子製剤にいたっては、ウイルス不活化処理が一切行われていなかった

552 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:42:14 ID:QoQ4WmS80
和解案を出すたびに増額するんじゃなくて減額していけば、あわてて和解に応じると思うんだ。

553 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:42:44 ID:mOjnV8d40
あまり図に乗ると、総スカンくうよな?

554 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:44:27 ID:QzwKFE8/0
国は妥当だろ
この原告ら可哀想だとは思うけどいい加減うざい。
ホテル住まいして活動するより治療しろや

555 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:44:43 ID:14TNjRUD0
>>552
お前アホやけどおもろいな。
君は面白いが馬鹿だね。

どっちがええ?



556 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:45:04 ID:zhjqfTze0
基金の範囲内で全員救済してやれよ
一人頭10万でなってもそれは納得するだろ
それで文句を言うならとっとと氏ね

557 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:45:10 ID:qulvY3Ac0
一方、税金48,500,000,000をテロ集団チョンにプレゼンツ('A`)

558 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:45:24 ID:fAMF9kwjO
数兆円?
やはり官僚の考え
肝炎ウィルスと自己免疫力のバランスがポイント
だから、バランスを保っている人には医者の治療は静観
治療の為に1日を使い週に2回以上なら正社員になれない
自民党支持母体である日本医師会と相談して休日・夜間の割増料金の廃止、待ち時間の短縮
この問題は肝炎だけでなく母子家庭など正社員で働けるような社会整備が必要
ワーキングプアも家族の介護・病気などで正社員になれないのが大半
派遣など格差拡大による経済発展はアジア地域に向かない
韓国大統領も格差による国民審判により決まった
日本は世界有数の職人気質
でも格差社会からは日本人特有の性質が育たない

559 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:45:31 ID:2/cA1Tkv0
>>548
薬害なら原理的に厚生労働省の責任です
厚生労働省が認可しない薬は使えませんから

「薬害なら国が賠償する」当たり前です。
「財政上無理」というなら、そういって福田は総辞職してください



560 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:46:13 ID:KGC8gRzX0
>>537

じゃ原告団が『私たちを助けるために国民の方は今後頑張って負担してください』とでもいえばいいんじゃね?
『金じゃない』とかお涙頂戴なんて演出いらんだろ。なんで酒飲んでるシーン放送しないんだ?おかしいよな。
酒飲みながら『私たちを助けるために国民は我慢してお金を払ってね』と真実を訴えればいいだろ。
あほらしい。国民にはそんなことは一切言わず、この場だけで言ってても全く信用できないね。

あ、和解案あった。俺ら反対した奴は払わないけど、救済したい奴だけで基金募れよ。文句無いだろ。
何せたくさんの人がこの人たちのためならいくらお金出してもいいと思ってるんだからな。お前の脳内では。ま、がんばれ。


561 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:47:02 ID:eBwqThe60
たしかにテレビで見る原告団は少々うざいが、
その印象だけで被害者を叩ける神経が分からない
知性とか感性の問題かな

562 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:47:36 ID:QoQ4WmS80
>>555
上の方が好みかな。
でもずっと釣り上がってる時期はどんどん上がっていくと夢見ちゃうかもしれないじゃん。

563 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:48:02 ID:AEiK+fYL0
>>559
結果に問題があればすべて国の責任なの?

564 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:48:09 ID:QzwKFE8/0
>>559
薬には副作用はつきものじゃねーの?
もう少し勉強して個人ではなく国として考えてみろや
全員救済なんてありえないっつーの
バカが

565 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:48:58 ID:r9KqOkGe0
運が悪かったんだよw

566 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:49:23 ID:nxbITh44O
50兆円以上か
薬害利権てすごいのね

567 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:49:55 ID:eBwqThe60
>>564

副作用・・・?
バカ決定。

568 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:51:17 ID:2/cA1Tkv0
>>563-564
だからそうなら国は争えばいいんだよ、我々に責任はありませんって


569 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:53:41 ID:AEiK+fYL0
>>568
責任はないって言ってない?

570 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:53:54 ID:14TNjRUD0
>>562
心理学的にも正解w
話が把握できてへんみたいだけど、金額の「↑↓」は関係ないねんで。
ここ数週間で、エリコ様は「∞」にしか興味ないことが判明したから。


571 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:54:20 ID:R9lwkvOM0
>>568
一部の責任は認めてる。
後は救済措置、それを基金でやるからそこで協議すべきだろう原告も。
俺はそう思う。和解協議の場で一律にどうしていくか話し合っていくべき。

572 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:55:36 ID:eigN9YS30
>>564
この血液製剤は、最初から稀に存在する先天的に血液凝固因子足りない患者以外には、一般的に効果は全く無い
副作用しか無いんだよ
なのに後天性低フィブリノゲン血症とかいうわけのわからない存在しない病態つくって、出血多量に対する効能謳って
承認されて、止血剤として一般的に使われてしまった
承認申請時にまともな臨床試験のデータも無かったのに
FDAはそれを理由として1978年に製造認可取り消しした
メーカー自身も後に効能効果を修正した、薬害発生後に

573 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:56:57 ID:V0KyExXJO
使ったら肝炎になるリスクがある、
と理解した上で使用した奴まで国に責任取れといっているのはおかしいだろ。
これだったらすべての薬の副作用にすら国は責任を取る必要が出てくる。

こんな状態で新薬の許可なんてできないだろ。


574 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:58:47 ID:QoQ4WmS80
>>570
エリコ様はいんじゃないか?治ってるみたいだし何十年だって国と闘えるんだろうし。
しかし、現在薬害で闘病してる表に出てきてない原告達とは条件面や金額面を精査していけば和解に漕ぎ着けるんじゃないかと思うんだが。
まあ弁護団が、4500億で全肝炎患者救済みたいなことをぶちまけてるし、無理といえば無理なのかもしれない。

575 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:59:07 ID:R9lwkvOM0
一部の責任以上は基金で一律にしていく努力を原告も怠っているよ。
怒りはわかるよ。でも、あんなに単純に和解協議打ち切りして政府叩きじゃ解決方法が極端すぎるように感じざるを得ない。

576 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:00:19 ID:62cnSNGs0
で、大阪高裁の第二次の和解案はどうなったんかいな?

577 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:00:21 ID:14TNjRUD0
>>572
お前が裁判官やったら、あの連日の猿芝居見ることなく
わいらも平穏な日々が過ごせたのにな。
ま、お前より優秀な裁判官がそんな風に考えへんかったから、今みたいに
なっとるってことは分かるわな。




578 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:00:33 ID:KGC8gRzX0
>>559

おまえバカ?
その薬の危険性を認識していたかどうかで責任範囲がかわるのはとうぜんだろ。
認可=責任は暴論。
だったら認可された薬だからと言って安易に薬を使った患者の自己責任。
輸血も止血も拒否ればいいだろ。実際エホバだかなんだかは輸血拒否だろ。

てかさぁ、共産系の考え語って虫唾が走るほどキライなんだけど。
何かあるたびに国の責任とか騒ぎ出す。いい加減自己責任も覚えろ。
認可した責任があるというのであれば使用した責任があるじゃないか。
お前と同じ暴論を言えば、『国は使うことを認めた』のであって『使うことを強要した』訳ではない。
使わなければいけない状況に陥った本人の自己責任といわれても仕方が無い。

『ココの道路歩行者専用です』
 ↓
『飛行機が墜落して歩行者死亡』
 ↓
『歩行者専用って書いてあったから歩いてたら死んだので国の責任だ!』

もうね、アホかと、バカかと。

579 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:00:48 ID:2/cA1Tkv0
>>569
責任は東京地裁判決に沿った、1985年以降しか認めない
(名古屋地裁は1976年から国の責任を認めている)

その責任外にある人は「おかわいそうなので」基金を作って
お金あげますというのが国の案。

この案の卑劣な点が分かるだろうか?
まず国の責任を最小限しかみとめないことで「賠償額」を最小に抑えられる
その上でそこから外れた人は「基金」からどうぞとなる

「基金」は青天井であるわけではない。だから今後提訴者が出ても
東京地裁判決内になければ、限られた「基金」からどうぞとなり
国の支出を抑えられるのである

一方「基金」を認めたことにより「あたかも」国が広く責任を認めたか
のようなミスリードを誘っており、それにまんまとだまされているのが
この板の住人の一部である

580 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:03:14 ID:ULF/mSmI0
>>579
卑劣でもなんでもなく妥当な線だと思うが

581 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:03:18 ID:ilbREbap0
>>578
>『ココの道路歩行者専用です』
 ↓
>『飛行機が墜落して歩行者死亡』
 ↓
>『歩行者専用って書いてあったから歩いてたら死んだので国の責任だ!』

>もうね、アホかと、バカかと。

     薬害をこんなレベルで語るなバカ



582 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:04:09 ID:R9lwkvOM0
>>579
その基金で一律にしていく努力を原告はすべきではないか。
「おかわいそう」という風にしか見られないのは感情的過ぎる。
気持ちはわかるけど、1985年以降の責任も病状に合わせて4千万円から1千万円という採決のはず。
それに基金であわせていく、その為の和解の場にすればいい。というか救済を求めるならそういう努力もすべき。

583 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:04:10 ID:AEiK+fYL0
> 一方「基金」を認めたことにより「あたかも」国が広く責任を認めたか
> のようなミスリードを誘っており、それにまんまとだまされているのが
> この板の住人の一部である
責任を認めてないからこそ基金だって普通の人は気づくと思うけど。

584 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:04:19 ID:eBwqThe60
ただの一般人にすぎない患者が肝炎になるリスクを正しく理解できてたと考える方がおかしい。どっからそういうトンデモ論が出てくるんだよw

585 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:05:01 ID:0LDy7PUa0
>分配は原告団に任せるもので、当初の8億を30億円に増額した。

一方、日本政府は400億円の北朝鮮の借金を肩代わりすることを決定していた。

586 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:06:11 ID:2/cA1Tkv0
>>583
だから国の責任がない人は払いませんっていえばいいんだよ
それだと内閣支持率暴落だ、何とかしろといって出てきたのが「基金」案

587 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:06:35 ID:2JHtRnYd0
>>581
でた、必殺レベル分け叩きwwww

588 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:07:00 ID:R9lwkvOM0
>>583
責任を認めているからこその基金だと思いますけど。
その基金を一律にするように和解協議の場で努力していくべきではないですか?

589 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:07:10 ID:ybTBtNyX0
>>561
被害者を叩くだけの輩は、もし自分が手術とかによって薬害肝炎になってたら・・
とか言う被害者の立場を理解出来ない輩だと思う。

俺は製薬会社が問題の製薬卸してた病院リスト見て、時期的に手術受けてた病院が載ってたけど
運よくC肝になってなくてよかったと思うから同じ物で投与された薬害肝炎の人達を擁護する。

原告の人らを罵倒する輩は、もし同じように自分なり我が子がなってたらどうするんだか。

590 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:07:53 ID:ilbREbap0
>>587
君は「みそもくそもいっしょ」という日本語を正しく理解するべきバカ


591 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:08:01 ID:KGC8gRzX0
>>579

お前態とやってるだろ?
ミスリードと言っているお前がミスリードさそってるだろ。
こっちの書き込みは全部事実で発表されているもの。
お前の言っているのはソースのない『妄想』。
てか、いいかげん陰謀説のソースだせよ。

それに、責任は東京地裁判決に沿った、1985年以降しか認めない
(名古屋地裁は1976年から国の責任を認めている)と敢えて書いてるのは、なんだ?

名古屋地裁>東京地裁とお前の脳内で勝手にランク付けされてるのか?




592 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:08:06 ID:AEiK+fYL0
>>586
僕はそういえばいいと思うけどね。
でも
「かわいそうだから金を払ってやれ(俺が払うわけじゃないし)」
って意見をいう人も多いみたいだしね。マスコミとかで。

593 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:08:12 ID:c+e54a4/0
>>581
ホントすごいよねwww

これじゃ、世論と乖離する罠

>>579
正解w


>>584
正解w

594 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:08:51 ID:ntvCrOaN0
>>572
はいはいダウトダウト。

救急医療に使われるはずの無い医薬品が何で救急医療用医薬品にカテゴライズされてんの?
製薬会社のカテゴライズから見て止血もしくは、緊急を要する事態にも使われているはずなんだが?
ttp://www.cslbehring.com/s1/cs/enco/1151517258503/page/1151517258486/ProductListByCategory.htm

595 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:09:31 ID:14TNjRUD0
>>584
自己責任だって言ってるのおるんか?それはあかんな。
誰にも責任がないことで、被害を主張する人にかけれる言葉なんかあらへん。
まあ強いて言えば「運が悪かったね。」やな。
国が悪いんちゃう。線引きの外の人に関しては患者が悪いんともちゃう。

運が悪かったんや。




596 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:10:10 ID:2/cA1Tkv0
>>588
だから責任を認めてないから「基金」なの
1985年以降の一部は「賠償」しますと。

あとは責任はないけど基金をあげます。分配は患者同士で勝手にやってください
今後新たな提訴者が出ても1985年以降でないかぎり「基金」のなかで
好きにしてください、と

597 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:11:02 ID:Jbj0OwUC0
236 :可愛い奥様:2007/12/22(土) 16:58:20 ID:53UtIO0/0
長崎西高の進学先(福田嬢卒業当時)1学年397名

東大3、京大1、東北大1、大阪大1、九大8、長崎大61、熊本大12、大分大4、宮崎大6、
鹿児島大2、琉球大1、大阪府立大1
青山6、専修7、中央5、帝京4、立命館18、日本5、久留米12、福岡20、西南9


237 :可愛い奥様:2007/12/22(土) 17:02:31 ID:53UtIO0/0
広島修道大学(駿台データ)

     偏差値
商学部   41
人文学部  47
法学部   44
経済科学  42
人間関係  41


238 :可愛い奥様:2007/12/22(土) 17:06:40 ID:53UtIO0/0
広島修道大学の著名OB

アンガールズ山根良顕(法学部国際政治学科卒業)

他になし



ワロwwww

598 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:12:30 ID:V0KyExXJO
>595
その「運が悪い」というのを受け入れるのは難しいんだよね。
だからちょっとした瑕疵のあった国にすべてをなすりつけている。
国はある意味被害者だよな。

599 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:12:35 ID:R9lwkvOM0
>>596
その辺りは感情で決まりますね。賠償というのは償いの意味でもあります。
実質的に一律に救済措置になるように基金のなかで協議していけばいいのではないのですか?
分配も含めて協議すればいい話。

600 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:13:11 ID:62cnSNGs0
許認可権限を持つ官僚の絶大な権限に対して責任をきちんと負わせる仕組みは必要だろう。

だが、それを差し引いても今回の原告の行動は不可解極まりない。
これではもはや闘争のための闘争にすぎん。今回の和解案を一定の前進と位置づけ、
一歩一歩確実に官僚支配の牙城を崩していくべきだと思う。

これだけ一般国民に疑念を抱かせている時点で、この原告団の歴史的使命は終わっていると思う。


601 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:13:49 ID:r8XgkxhSO
もうね、何を言いたいのか訳わからない
原告団のボス達が『100%要求通らなきゃダメ』と駄々こねてるとしか思えない

今回の原告団のボス達を可哀想なんて1_も思わない

602 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:14:56 ID:ULF/mSmI0
>>601
原告団以外の薬害被害者にはホント同情するよ

603 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:15:36 ID:40U7Fhfy0
どう考えても法的な枠組内で一律救済は無茶。
枠組外ならともかく。

しかし、利権に関係のない分野には本当に興味ないのな福田政権は。
そこは同情するわ。

604 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:16:17 ID:nEL4ekM80
原告団のうち何人が将来選挙に出るんかな

605 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:17:13 ID:2JHtRnYd0
>>590
原告団も「みそもくそもいっしょ」という日本語を正しく理解するべきだねーw


606 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:17:32 ID:7NsHhR4VO
>>604衣里子嬢は確実。

607 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:18:29 ID:K7HPqCma0
行政が司法の下した判断を越えるべきではないみたいな意見についてはどんな批判がある?

608 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:19:32 ID:2/cA1Tkv0
>>599

単純な算数の問題なんですが
責任を広く認めればその分だけ賠償しなければいけないんです
基金は一定額なので今後新たな感染者が何人発覚しようが
限られた基金の中でやってください、と

y=ax+b
yが国が払う総額、xが「賠償者」、bが「基金」
bを認めてxを最小限にすることでyの最小化を国はもくろんでいるんです
国の責任を広く認めれば、今後xがますます増大するんです
これを「卑劣」といわなかったら何が卑劣でしょう

609 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:20:05 ID:QoQ4WmS80
>>606
次の衆議院選に出てても違和感はないね。

610 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:21:56 ID:AEiK+fYL0
>>608
aの部分が国の責任による患者ってわけでしょ。
ここをどこまで認めるかどうかが大事なわけなんだけど、
今認めてる範囲だと『卑劣』なのかな。

611 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:22:25 ID:R9lwkvOM0
>>608
そんなことはわかってますよ。
その為に原告団は責任の範囲は無限には広がらないという主張を和解協議でしているのではないですか?
無限ではないのだから有限です、基金でもできるだけ一律になるように和解協議の場で努力すべきだと思います。

612 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:22:30 ID:9RXv9OtJ0
              一方、税金48,500,000,000をテロ集団チョンにプレゼンツ('A`)
原告団の主張を飲むと少なくても税金70,000,000,000,000必要ですw

613 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:23:06 ID:KGC8gRzX0
>>584

俺に言ってるのか?
べつに予測可能だろ。確かに『C型肝炎になる』との予測はお前の言うように『国も含めて』不可能だが、
どんな薬にも何らかの副作用があるのは周知の事実。
皮膚病治療に使われるステロイド系の薬のせいで症状が悪化するなんてザラ。
薬の効果は欲しいが副作用が怖いと思うのは普通だろ。
それで使うかどうかは患者次第。俺はなるべくステロイド系は入っていないものか弱めのものをつかうようにしている。
だが、非ステロイド系の薬が100%安全かどうかなんて分からない。それによって障害を負ったとしても、
国がその危険性を知りながら放置したのであれば追求するが、
そもそも危険性を知りえずに放置され、結果として障害を負ったとしても国を責めるのは筋違いだという道理を持っている。
何でもかんでも国の責任にしようという輩は道理が分からないただのたかりや。


614 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:23:22 ID:ETpVPPB+0
この原告団を見ていると、イラク3馬鹿の親たちを思い出す。


615 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:24:01 ID:KgIfdasL0
裁判所の和解案を無視して全員救済を叫ぶキチガイ団体
裁判所にキチガイすぎて詳細の提出を再度求められたなw

616 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:24:15 ID:nt8jG9gO0
>>600-603

まぁ、

「薬害肝炎訴状(福岡地裁)」
http://www.lawyer-koga.jp/kanen-sojyofk.htm

をちゃんと読んで理解してから言うんだな。

617 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:24:23 ID:14TNjRUD0
>>598
国に瑕疵があったのかどうかを明らかにするのが裁判所。
基本的スタンスは「線の外に関しては、国に責任なし。」
でも、運が悪いにも程がある気の毒な人に、事実上の「見舞金」を包んだのを
糞エリコ達が突き帰した。
エリコは、「あんたらは運が悪かったんちゃう。国が悪かったんや」って
最高裁が認めてくれるのを夢見とるんやろけど、早く裁判確定したい患者さんにとっては
巻き添えにされるだけの、まさに悪夢。
わいやあんたが「運が悪かった」って我慢できる人間かどうかは分からん。
でも、裁判所の判決って何なのか理解できる人間やったら、無茶は言わんわな。
わいの希望は、ひつこいけど、線の中の人達を早期に解放すること。
国民が、エリコの悪行に気付いてくれることだけや。

まだそんなに長いこと生きとらへんけど、あそこまでの悪魔見たの初めてや。
これから先もお目にかかれんやろな。





618 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:24:52 ID:S9gegAOM0
まぁ、こういう冷静な記事もあるので参考までに。
http://www.news.janjan.jp/government/0712/0712217658/1.php

619 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:25:22 ID:YN9DLbfWO
ようするに、あらゆる人に賠償を認めなければ、カタリ在日にまで金が廻ってこないから駄々こねてるの?

620 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:25:29 ID:NdjfEXzR0
まぁ少しは同情するよ、

なにせ被害者より北朝鮮に大金をあげちゃう国ですからw

621 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:27:51 ID:nt8jG9gO0
>>613
いやだから、国は危険性をわかっていて放置したという判決が出てるんだが(笑)

622 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:27:55 ID:2/cA1Tkv0
>>610
いくつかある地裁判決の中で国の責任を小さく評価している
東京地裁判決をもってきてますからね。

大阪地裁はもっと広く国の責任を認めてます
大阪高裁での国の和解案が大阪地裁準拠でなく東京地裁準拠なのは
「国の責任がこれなら最小で済むから」以外にありえません

他の理由があるならいってほしいものです

623 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:28:03 ID:eBwqThe60
>>613

だからさ、ステロイドの副作用は周知のことだろ?
患者ですら理解してるだろう。医者は言わずもがな。
翻って当時の製剤にC型肝炎のリスクが高いことは医師ですら
分かってなかった。

なーんでそんな比較するか全く意味不明だなあ〜

624 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:29:43 ID:KGC8gRzX0
>>621

期限があるけどな。

625 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:30:33 ID:ntvCrOaN0
>>623
C型肝炎の場合は医者ですら「症状出てから何とかするか」とか「インターフェロンで治るしいいか」とか思ってたかもね。
慢性肝炎がどれだけ厄介って事がそこそこ知れ渡ったのはつい最近のような気がする。

626 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:30:45 ID:X7ke0xWH0
>>621
ちゃんと期限で線引きしてあるだろ。
仙台地裁は、国に責任はないという判決だしな。

627 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:32:35 ID:R9lwkvOM0
>>622
上でも上がっていますが仙台地裁の判決はどう考えていますか?
それに、国による線引きの範囲が狭いなら狭いと主張すれば良いと思いますよ。
国と和解したいなら一律救済は基金で問うべきです。
それが駄目なら政治団体になって法制備を問うしかないですね。

628 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:33:53 ID:14TNjRUD0
>>622
「国の」和解案ってゆっとるけど、大阪高裁も東京地裁基準を踏襲しようと
しとるのは分かるよな。高裁が大阪地裁基準を採用する気があるんやったら、
和解勧告の際に仄めかしとったはずや。
今回の件で東京地裁基準が採用されるのは、国からの意見じゃなくて、高裁の
意見やって考えた方がええんちゃうか?


629 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:34:10 ID:3rRfg6zi0
>>622
タブンそうでしょ。
全員一律救済にこだわらなければ、他の地裁の判決元に
救済範囲ひろげれるかもよ?
ばかみたいに無茶な一律救済求めるより、いいと思うけど。
85年以前は厳しいかもしれないけど、88年以降ならいくらでも
叩けるでしょ。

630 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:34:18 ID:2/cA1Tkv0
国が「仙台地裁判決が正しい」と思っているなら全面的に戦えばいいだけです

631 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:35:59 ID:AEiK+fYL0
>>630
そうするとまたマスコミが叩いたり原告が泣き叫んだりするよ。

632 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:36:20 ID:ZiK6wdTqO
いい加減、原告団ウザい

いつまで喚き散らしてるんだクズ共w

633 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:36:28 ID:R9lwkvOM0
>>630
原告が全面的な法的責任を認めろ、それ以外に無いというなら全面的に争えばいいだけですね。
そんなに無茶を言うなら最高裁まで行って泣くしかないのではないですか。
はっきり言って可哀想なのはわかりますが、呆れますね。

634 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:36:40 ID:14TNjRUD0
>>621
>>622
だから、地裁がどうこう議論してもしゃあないやろ。アホか。
地裁の判断で双方不服やから控訴審しとるねんから。
今となっては、地裁の判断なんか糞の価値もない。
高裁がどう考えてるかだけが重要なんや。



635 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:37:11 ID:eigN9YS30
>>594
日本では、昭和62(1987)年5月13日、再評価調査会は、同年3月に旧ミドリ十字社より提出された
追加資料を検討した結果、「先天性低フィブリノゲン血症」については有効性が推定されるものの、
「後天性低フィブリノゲン血症」の治療に対して有効性を示すデータは提出されていないと判断した。

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2002/08/h0829-3a.html#1

各国のフィブリノゲン使用状況も載ってるけど、アメリカでは1977年に有効性や安全性の面から認可取り消し
以降今も使われてない
カナダやフランスみたいに条件付で認可されてる国もあるけど、安全性や有効性が保証してるわけじゃなかったり、
代替する薬品や実績がないからとか、先天性異常フィブリノゲン血症に起因する重度のフィブリノゲン欠乏患者の
出血の治療及び予防に限定とか条件付のケースもあるみたいだが


636 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:37:20 ID:62cnSNGs0
>>616
そうか、ならば君は君の信じる道を行けばいい。
多様な意見がぶつかりあって国の制度が改善していくのなら、それが本望だ。

今回の原告団およびここにいる擁護派の論法には、残念だがもうこれ以上賛同できん。


637 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:37:40 ID:2/cA1Tkv0
>>628
大阪高裁所見

当裁判所は一律救済が望ましいと考えており、被告=国は更なる譲歩をすべき
「譲歩」を「国の責任をさらに広く認めること」ではなく
「責任は認めないが一定額の基金で対応すること」

というミラクル解釈をしたのが厚生労働省、福田、舛添

638 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:38:36 ID:o5RI8lGm0
そんなlことより政府は早く拉致問題を解決してほしい。
あっちのほうが可哀想だと思う。

639 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:40:11 ID:ETpVPPB+0
>>618


この記事が気に入ったらクリック! をクリックしたら 「エラーです」って怒られた。




640 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:40:15 ID:40U7Fhfy0
>>616
俺も入るんか?!
その全文は読んでないが、福岡以外でも全国各地で訴訟が行われたことぐらいは知っている

641 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:41:00 ID:SdiiWJ5U0
ID:2/cA1Tkv0は

国は国債発行してるんだから

数兆円くらい借金して国は払え

と主張するバカチョンカメラです

日本国の財政破綻を願う

あちらの国の人です

相手にするのはやめましょう

642 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:41:02 ID:ybTBtNyX0
>>614
確かに原告団はウザイが、この原告団がいたから他の期間外薬害C肝&C肝の患者達も
インターフェロン治療が1万で受けれる様になったんだろ。

643 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:41:02 ID:R9lwkvOM0
福田・舛添を叩く事で法制備による一律救済への道が開けると考えているならどうぞ政治団体化してください。
少なくとも裁判の場では和解協議を考えたほうがいい思いますけどね。そういう一律救済の道もあると怒りを堪えて考えなければならない。

644 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:41:13 ID:cu0PlZmR0
無理だあ 福田じゃあ
早く辞めさせろ

645 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:42:31 ID:vrNwbhQx0
国が認可した薬で感染した一律で救済しろ!
国が許可した建築物が不良品だった一律で救済しろ!

どうちがう?

646 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:43:35 ID:S9gegAOM0
>>639
ホントだ、これはけしからんw

647 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:43:52 ID:ntvCrOaN0
>>635
じゃあドイツは?スイスは?オーストリアは?って話になるんだが。

ドイツの場合は
>同社によると、同製剤は先天性低、異常及び無フィブリノゲン血症及び後天性低フィブリノゲン血症患者の出血性傾向に用いられる。
>また、同製剤は、現在、ドイツのほか、オーストリア、スイスなど計14か国で承認されている。
オーストリアの場合は
>同社のフィブリノゲン製剤の効能・効果は後天性低フィブリノゲン血症、先天性低(無)フィブリノゲン血症、
>先天性異常フィブリノゲン血症に起因する重度のフィブリノゲン欠乏患者の出血の治療及び予防である。

イギリスは単に処理方法が確立できていなかっただけのようにも見えるが?

648 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:45:07 ID:KGC8gRzX0
>>623

ちゃんと嫁。

●確かに『C型肝炎になる』との予測はお前の言うように『国も含めて』不可能だが

どこに予測可能と書いてるんだ?

あと、さっきから俺の揚げ足取りしようとして躍起になってる奴、
理論で勝てないからと言って枝葉のたとえ話に一々食いついてきて
本題から話し逸らそうとするのヤメレ。見苦しいし、いちいちたとえ話の解説なんてしてられねぇ。
おかげで128秒ルールに引っかかりまくりだ。

俺の主張は単純明快。
1.国の責任において罪のあるところは認めて補償する。
2.国の責任の及ばない範囲については責任を認める必要は当然無いが、基金で助けてやれ。
3.但し、際限が無いと『薬害利権』を生むだけだから際限を設けろ。
このとおり。

原告擁護派を突き詰めていけば
『国の責任があろうが無かろうが国民に負担を強いてでも金を出せ』
ということらしいが、だったらそれを公の場で原告団に言ってもらえるように努力しろ。

ところで俺の和解案はどうなった?
お金払ってもいいと思っている人たちだけで基金を作って援助してやるのは?
なんなら今こんなトコに書き込んでないで支援口座でも開設して援助してやればよくね?
偉そうに自分がお金を払っても援助するべきと行ってる奴がもっとも簡単にできる行動を自分から起こさないのは何故だ?
そこらへんにお前ら擁護派の限界があるんじゃね?あぁ、国民には払わせるけどお前らは払わなくてもいい立場か。w
口で言うのは簡単だが行動が伴っていなければ信用に値せんね。


649 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:48:25 ID:S9gegAOM0
>>648
君の主張に一票。

650 :623:2007/12/22(土) 18:48:34 ID:eBwqThe60
>>648
えっとね。
623だと誤解されそうで補足しようと思ってやめたんだけど、
やっぱりした方が良かったな。
医師ですらってのは、患者との比較の話だよ。
国は当然知ってたよ。
「国も含めて予測不可能」ってどこからそんな話が出てくるんだよw

651 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:48:46 ID:2/cA1Tkv0
>>641
自らが招いた薬害に対して
「一律救済したらこんなにお金がかかります」
と、時の首相を脅迫する厚生労働省を擁護する人の方がよっぽど気が知れませんw

お金がないなら例のリストを隠した宮島元局長の全財産ひきずりはがせばいいじゃないですか
それどころかいまも彼は「医薬品機構理事長」で年間何千万円も稼いでいるんですよ
福田が、舛添が彼の責任を追及しないのは何でですか

652 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:50:42 ID:ETpVPPB+0
>>642

インターフェロンをバンバン打てるようになって、
製薬会社はウハウハ、国の借金だけが増え続けます。



653 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:52:01 ID:14TNjRUD0
>>637
東京地裁基準〜無制限までの間に線引くことなんてできるか?
どこで線引こうが、「その外にいる人を見殺しにするのか」って泣くやろ。
あのゴミ虫どもは。
原告団は「無制限」以外は門前払いすることしか考えてへん。

お前はミラクル解釈とか揶揄するけど、ミラクルじゃない解釈挙げてみいや。

でけへんやろ。無限を認めない限り、枠をいじることなんて不可能なんや。

自分が無思慮に言った、「枠拡大」のアイデア。
恥ずかしくないか?ww






654 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:52:03 ID:Tr5CVfuG0
>>651
全財産ひきずりはがしても足りないだろ、常識的に考えて。

655 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:53:23 ID:S9gegAOM0
>>651
お前の頭の中では厚生労働省を擁護ってなってるんだなw
たぶんそんなつもりの人間は一人もいないぞ。

656 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:54:08 ID:59cYCFdI0
>>648
いろいろもっとも至極な意見で感心いたしました。

拉致やったテロくそ国家の北朝鮮の債務448億円を日本が負担することになってるだが、
うまく説明して、俺の怒りを静めてくれんか?

657 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:54:48 ID:AIqEPq7N0
>>651
でも現実問題としては税金から払うことになるんだろ?

658 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:55:33 ID:Jbj0OwUC0

衣里子オタのブログw
http://blog.goo.ne.jp/kokkai-blog/e/e0f85c3575435b3315db8ec9a6fa6ead

http://blog.goo.ne.jp/kokkai-blog/e/d898be4f2e3238647f3dd344eb9fa286


659 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:55:39 ID:15krA3RJ0
厚生省は何人か有罪になってもいいといいと思うが
これそういう裁判だっけか?

660 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:56:14 ID:2/cA1Tkv0
>>655
国の和解案=厚生労働省の和解案

それ以上でもそれ以下でもありません
国の和解案を支持するということは厚生労働省の和解案を支持するということです
「一律救済したら数兆円かかります」と総理大臣を脅迫した厚生労働省を

661 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:56:16 ID:nt8jG9gO0
>>648
>原告擁護派を突き詰めていけば
>『国の責任があろうが無かろうが国民に負担を強いてでも金を出せ』
>ということらしいが、

嘘はやめよう。

原告側の主張は、「薬害が立証された者には、一律に国の責任を認め賠償せよ」というもの。
これと違う擁護派なんていないだろ。

662 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:56:23 ID:UyYWaJYz0
当時の厚生労働省の責任者の一覧ってどこかで公表されてないのかな。
そいつらがやったことなんだから、まずは彼らの責任を問うべきなんじゃないの。

663 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:57:01 ID:a+jLaXuy0
> ほとんどの国民が賛成するだろうね。

しねえよ

664 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:57:41 ID:oItLs6gRO
>>657
仕方なくね?

税金がどうこうじゃなくて、筋論の問題だろ。
製薬会社が平気な顔してんのがムカつくけど。

665 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:58:05 ID:AIqEPq7N0
……あ。いいこと思いついた。
名寄せが不可能で払えない年金あるじゃん。
あれを薬害患者にくれてやればいいんじゃないかな?

666 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:58:30 ID:eBwqThe60
>>657
そうだけど
でも、
C型慢性肝炎のキャリア(ウイルス保有者)は
日本で約150万〜200万人と推定され、“21世紀の国民病”とも
いわれるが、約7割の人が治療を受けていない。
長く放置すると、高い確率で肝硬変、または肝がんに移行するという。
http://health.nikkei.co.jp/guide/index.cfm?i=20050906j1004j1

自分や自分の家族は絶対C型肝炎の保因者じゃないと言えますか?
きちんと検査受けてシロ判定出てる人以外は言えないよ。
だから恩恵を受けるのは彼らだけじゃない。
ぜひ国民のために頑張ってほしい。

667 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:58:40 ID:14TNjRUD0
>>651
>自らが招いた薬害に対して
勝手に脳内で前提事実みたいに言っとるけど、
それがどうなのか争って今裁判してるの気付いとらへんかった?
国の仕組み、裁判の仕組み、これからまだまだ勉強すること沢山あるのう。
高校生になったら頑張るとかじゃなくて、今精一杯勉強せえよ。




668 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:58:50 ID:2/cA1Tkv0
>>662
リスト隠蔽当時の厚生労働大臣は坂口力
何党所属かは特にいいません

が、福田と舛添がここまで役人の処罰に消極的なのを見ると
彼に責任が飛び火することを恐れているんじゃないですかねw

669 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:58:54 ID:nt8jG9gO0
>>662
それには、まず国に責任があることが認められないと無理w
それもあって、国の責任を認めたくないわけ。

670 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:59:28 ID:oay8/14i0
原告団を擁護できない点はここだな

原告になるための要件
薬害肝炎訴訟では、昭和39年(1964年)頃から平成6年(1994年)年頃までの間に、
血液製剤(フィブリノゲン製剤あるいは第9因子製剤)を投与された方で、かつ、
C型肝炎に感染された方について、損害賠償請求訴訟を起こしています。
http://www.hcv.jp/plaintiff.html

しかし
1985年以前に製造されていたフィブリノゲン製剤は、
BPL処理[1]が施されており、C型肝炎ウイルスは結果的に
不活化されていたとの検証実験が報告されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%AC%E5%AE%B3%E8%82%9D%E7%82%8E

原告は期間を設けて線引きするなといってる。


671 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:59:35 ID:S9gegAOM0
>>660
アホだなぁ。結果的にそうなっているかもしれないが、その意図はないといってるのw

672 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 18:59:52 ID:qhKzf2t/0
しかしなんで協議打ち切りなんかしたんだ?
ここから譲歩にむけて話し合えば良いだけナンちゃうの?

673 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:00:18 ID:TjQHJ0Ar0
>>653
そう言うな、原告団も大変なんだよ・・・

2002年の頃とは違い、今じゃ原告200名に弁護団150名の大所帯だ。
5年分の弁護料は成功報酬での後払いだし、原告たちの立場も考えもいろいろだ。
線引きすれば大金を掴める人と掴めない人が出る。
そうなったら内輪もめで分裂しかねんよ。第二の浅間山荘起きるかも知れんよ。
だから一律救済は譲れんのよ。お国に泣いてもらうしかないんのよ。


674 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:00:42 ID:AIqEPq7N0
>>668
公明党だな。じゃ創価に臨時課税。

675 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:00:58 ID:3rRfg6zi0
>>666
薬害以外は治療補助だけでつよ。

676 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:01:30 ID:P1w2CPRF0
国も含めて予測不可能な期間が、まったくない訳じゃないよね?
そこの線引きを命の線引きとか言っちゃうから、わけわからなくなってくる。

他に無駄な金あるなら、こっちにまわせという考えはどうかな。
無駄なことから、他の無駄なことに変わっただけなら変わりはない。
もちろん薬害補償全部が全部無駄なことはないけど。
責任が50%のところを100%なみの支給=50%の無駄

677 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:02:02 ID:9R4BfcK/0
日本の国民を拉致った国には448億円を進呈!!
日本の国民が困っても、助けません!!
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1198312315/






この国の政治屋は朝鮮人がやってるのか?

678 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:02:38 ID:15krA3RJ0
>>672
今の状況は原告団が国に「イエスかノーか」と
無条件降伏を迫っている状況だから譲歩なんてないのよ

679 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:03:14 ID:02ogG5M60
>>661 立証できるんなら、このまま訴訟を続ければいいでしょ
政治決断を求めてるのは一律救済が裁判で認められないからだろうに。
そして原告団が求めているのは、立証された者じゃなくて
自分たちが連れてきた原告全てへの一律救済が目的になっているの
は明らか。

680 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:03:48 ID:AIqEPq7N0
>>666
創価と消えた年金を補償にあてればよろしい。
俺達の血税は極力使わない方向で。

681 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:03:57 ID:TBJ3ts4s0
薬害肝炎】「司法の判断をどういう風にお考えなのか」 町村官房長官、原告団の対応を批判★3 [12/20]
http://ime.nu/www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007122000870

東京新聞5月31日水曜朝刊

【法務省は最高裁判決より外人を守ります】
最高裁判決を覆し大阪入管温情判断 韓国人姉弟に在留特別許可
1 :依頼974@亀太郎ψ ★ :2005/04/19(火) 09:55:44 ID:???0 ?##
 日本に生まれ育ちながら在留資格を得られず、国外退去を命じられていた
大阪市の中学1年李悠紀さん(12)と小学3年悠太君(8つ)の韓国人姉弟に対し、
大阪入国管理局は18日、2人を「定住者」として1年間の在留特別許可を出した。
 母親の高銀烈さん(39)は11日、関西空港から韓国に自主帰国したばかり。
日本から知らせを受けた高さんは「子どもたちの定住が認められ本当に良かった。
一日も早く再会したい」と話した。支援者らは、悠紀さんらの養育者として高さんの
再入国を認めるよう入管当局に求める方針。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050419-00000001-kyodo-soci
☆★池田小学校事件では 管理責任しかないのにほぼ賠償額全額に
  近い額を税金から、裁判なしで被害者に渡した。差別よね。

682 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:04:01 ID:KGC8gRzX0
>>656

言っておくが俺は政府マンセーじゃねぇ。それについては『フザケンナ!』だ。
俺は別に国単位で物事を考えてるわけじゃねぇからな。場合によってはアカと同じこと言うときもある。思想は全く違うけどな。
ただ、どちらの言うことが道理にかなっているかをみているだけ。
今回の原告団の主張はいささか無理があるからダメだろと言っているに過ぎない。

>>661

言ってるじゃないか。

502 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 17:13:59 ID:2/cA1Tkv0
>>490
財源がないから国の責任でも賠償しないなどというのはまさに厚生労働省の発想。
人間のクズの発想といってもよい
「数兆円かかる?」いいじゃないか。今年の国債いくらだと思ってるんだ


683 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:04:12 ID:psUJVfEAO
薬害肝炎の人には和解金30億円で
北朝鮮の軽水路建設費債務は448億円肩代わりするそうです。

684 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:04:48 ID:eBwqThe60
>>670
>しかし
1985年以前に製造されていたフィブリノゲン製剤は、
BPL処理[1]が施されており、C型肝炎ウイルスは結果的に
不活化されていたとの検証実験が報告されている。

あの・・・この厚労省のサイトを良く読んでくださいまし
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/12/h1209-1/index.html
その当時、フィブリノゲン製剤の原料に混入した肝炎ウイルスを
不活性化するための技術が十分でなかったことから、
平成6年*以前に同製剤を投与された方々は、
肝炎ウイルスに感染している可能性が一般の方より高いと
考えられます。

>>675
長い目で見た時に、薬害にたいする国の譲歩を引き出せず終われば
薬害以外への対応にも陰を落とすんではないかなと。

685 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:05:33 ID:3rRfg6zi0
>>673
知るかそんなのww
みんなで均一にわければいいだろ。

686 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:05:50 ID:bastgAfL0
この全員救済理論だと
未来にインターフェロンに発ガン性や何かしら見つかったらおいしいねw

687 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:06:05 ID:jAPqW/1y0
>>680
血税ってどんだけ納めてるだ?安っすい税金しか納めてない
くせに偉そうに。10億100億納めてから言え!

688 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:06:37 ID:WFXWCEVc0
そして北チョンの核開発には10倍以上のお金を無償で差し上げる政府自民党

【政治】 日本政府、北朝鮮の軽水炉建設費債務「448億円」の事実上“肩代わり”決定★5
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1198312315/

689 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:07:20 ID:6NqeK9/V0
福田「安倍が悪い」
枡添「柳沢が悪い」


690 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:07:50 ID:15krA3RJ0
>>683
その金、北朝鮮にくれてやると決まったわけではない。
取りっぱぐれる可能性が極めて高いが
「踏み倒してんじゃねえよ!」と国際交渉の道具に使える。

691 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:07:59 ID:nt8jG9gO0
●薬害肝炎問題のまとめ Ver2.1
A)大阪高裁
1.基本的見解としての「所見」において、原告案による一律救済が望ましいとし、政府・製薬会社の譲歩を期待。
2.但し、現時点では政府・製薬会社の譲歩が期待できないとして、期限を最も狭くした東京地裁判決に沿った「和解骨子案」を提示

B)政府案
1.骨子案に沿った期限による線引き。フィブリノゲンは85年8月〜88年6月、クリスマシンは84年1月以降
2.ア)期限内の人:国・製薬会社の責任を認める。症状に応じて千三百二十万円から四千四百万円を支払う
 イ)期限外の人:国・製薬会社の責任は認めない。原告側がつくる財団に30億の支援金としての基金を設け、間接的に救済する
3.合わせて1000人程度を想定。およそ3割が間接救済になる

C)原告案
1.期限・製剤等による線引きはなし
2.薬害被害者には、一律に国・製薬会社が責任を認め症状別に直接支払う
3.薬害患者推定1万人のうち、既に9割はカルテなどが破棄され薬害の立証が不能なため、実際には1000人程度

D)要点
1.大阪高裁も、基本的には原告案を望ましいとしている
2.政府案では、線引きの結果、同じ薬害被害者でも、国・製薬会社の責任を認められず間接救済に止まる者が300人ほどでる
3.原告案でも、立証不能なおよそ9000人の薬害患者については、原告団の陳情により成立予定の「肝炎対策法」による治療費助成などの一般的な救済策しかない

E)期限の問題
1.85年8月以前
フィブリノゲン製剤が承認・製造・販売された1964年当時、C型肝炎は「血清肝炎」と呼ばれ、ウィルスは未発見ながら「血清肝炎」が血清・輸血により感染することは、当時の医学でも常識であり、使用により肝炎に感染する危険性は予測できた。
85年8月以前に国・製薬会社が必要な措置を怠り違法があったことは福岡地裁判決・名古屋地裁判決でも認定されている
2.88年6月以降
88年6月に国は緊急安全性情報を製薬企業に出しただけで、販売中止回収を徹底させなかった。
実際、被害はさらに拡大し、「418人の感染者リスト」だけでも、88年7月以降も、投与された人が少なくとも75人。90年〜93年の感染例は29人にのぼる

F)必読基本資料 弁護団HPブログ
ttp://www.lawyer-koga.jp/
ttp://lawyer-koga.cocolog-nifty.com/fukuoka/

692 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:08:07 ID:AIqEPq7N0
>>684
危険性が把握されてない時期の使用まで国が責任とって金払う
こんなもん認められて新薬の認可が遅れる方がいやだ。

693 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:08:33 ID:Jbj0OwUC0
税金払わないけど、税金から和解金もらえる無職のエリコちゃんの勝ち☆

694 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:10:32 ID:nt8jG9gO0
>>682
あのさ、原告側の主張と全くかけ離れたものまで一緒にするなよ。

それとも患者なんかさっさと氏ねっていっている奴まで、おまえと同じ側と見ていいんか?

695 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:10:54 ID:2/cA1Tkv0
>>692
フィブリノゲン投与から肝炎になるのは誰でも分かること

坂口力厚生労働大臣(当時)のお言葉です。
いつから「誰でも分かった」のか、いっちょ証人喚問しましょう

696 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:12:16 ID:KGC8gRzX0
>>691

A)大阪高裁
誤.基本的見解としての「所見」において、原告案による一律救済が望ましいとし、政府・製薬会社の譲歩を期待。
 但し、現時点では政府・製薬会社の譲歩が期待できないとして、期限を最も狭くした東京地裁判決に沿った「和解骨子案」を提示

正.当裁判所としても、本件紛争の全体的解決のためには、1審原告らの全員、一律、一括の和解金の要求案は望ましいのではないかと考えているが、
 上記5地裁の判決の内容、結果に反する要求であり、1審被告らの格段の譲歩のない限り、和解骨子案として提示しないことにした。

697 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:12:41 ID:o5RI8lGmO
病気のくせにムッチムチやん、あの女。

698 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:12:43 ID:AIqEPq7N0
>>695
ついでに大作も証人喚問しようや
あと志位もな

699 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:13:52 ID:nt8jG9gO0
>>696
君と「所見」の解釈が違うだけなんだがw

700 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:13:59 ID:EDTflDJ20
金が問題じゃないとか薬害被害者の代表を自称してる奴がどの口で言えるのかね
その金でかなり助かる被害者がいるってのによ

701 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:14:07 ID:/J5zZjeZO
>>687
おれは所得税50万円住民税50万円事業税10万円消費税20万円くらい

702 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:14:21 ID:0O5IAapA0
>>697
陰性だもん

703 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:14:26 ID:TjQHJ0Ar0
>>695
いや、それは正しいかと。
なにしろミドリ十字どころかブラッドバンク時代から、薬の添付文書に”稀に肝炎になりますよ”と書かれていたわけで。

704 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:14:58 ID:15krA3RJ0
C型肝炎が血液感染するらしいとは1960年代にはうすうすわかっていただろうが
じゃあ感染すると肝硬変や肝臓ガンになるとわかったのっていつごろなんだ?

705 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:15:37 ID:S9gegAOM0
>>691

毎度毎度原告に偏ったコピペが好きだな、工作員さんよw
もうちょっと公平なデータは作れないものかね?

>E)期限の問題
>1.85年8月以前
>フィブリノゲン製剤が承認・製造・販売された1964年当時、C型肝炎は「血清肝炎」と呼ばれ、ウィルスは未発見ながら「血清肝炎」が血清・輸血により感染することは、当時の医学でも常識であり、使用により肝炎に感染する危険性は予測できた。
>85年8月以前に国・製薬会社が必要な措置を怠り違法があったことは福岡地裁判決・名古屋地裁判決でも認定されている

福岡地裁判決・名古屋地裁判決でも認定されている
が、しかし、東京地裁、大阪地裁、仙台地裁では認定されていない。

こんな感じで再編集よろしく♪



706 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:17:31 ID:2OyYyHgK0
80年代中ごろまでは、輸血後などに肝炎なることが
大変なこととは思われていなかったと思う。

707 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:17:34 ID:nt8jG9gO0
>>701
安くていいなぁ・・・

>>705
基本的に原告側が正しくて、字数が限られているんだからしょうがないだろw

708 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:17:35 ID:30uaM4e80
A)大阪高裁
1.基本的見解としての「所見」において、原告案による一律救済が望ましいとし、政府・製薬会社の譲歩を期待。


この救済というのは
原告が求めてる謝罪と賠償のことなのか?

709 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:18:49 ID:AIqEPq7N0
>>700
金の問題じゃないならなんで損害賠償請求起こしたんだよ。

710 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:19:50 ID:eigN9YS30
>>647
そもそも後天性低フィブリノゲン血症って何っていう話がある
DIC(汎発性血管内凝固症候群)といわれるものだったり、それは止血メカニズムそれ自体が破綻している
状態で、フィブリノゲンだけが欠乏している先天性低フィブリノゲン血症と症状が全く異なると
実際に薬効のメカニズムはわからないが、効果があったという報告が多ければまだマシだが

医薬品の製造承認には、60例以上の症例報告が必要だが、フィブリノゲンの承認資料は
・提出された61例のうち、1/3以上が同じ人物によるもので、その論文はたった1枚きりのもので、
・22名の患者名と病名、製剤使用量、既往症が書かれた一覧表と
「何らの副作用もなく、いずれも所期の目的を達したので略述する」との記述があるのみのものであったとされてる
・またミドリ十字製のフィブリノゲンではないものも症例報告にある。
・製剤を使った場合と使わなかった場合の比較データがない。
・1988年の医薬品再評価調査会で有効性がないとの内示を受け、それに対しミドリ十字側は反論を出せず、
「異議はございません」との回答を出している

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ryu-sano/ckansosyo3.html

本当に適正なデータとその有効性を認めたうえで、ミドリ十字の血液製剤フィブリノゲンは承認されたのか?
という疑問が生じるのは当然かと

711 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:20:20 ID:nt8jG9gO0
>>708
それ以外、考えられないだろw

712 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:20:27 ID:IfWMidv6O
>>706
将来肝炎になる可能性か
その場で死ぬかの選択だから当然だよな

713 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:21:37 ID:S9gegAOM0
>>707
>基本的に原告側が正しくて、
ここは敢えてスルーさせてもらう。

>字数が限られているんだからしょうがないだろw
2回に分けるという発想はお前にはないのか?

714 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:21:50 ID:eBwqThe60
>>709
損害賠償請求なしの告訴ってあり得るんですか?

715 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:22:16 ID:WAWWVAdO0
謝罪はしません。

716 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:22:37 ID:AIqEPq7N0
>>712
そのとき全員その場で死ぬこと選んでたら税金使わずにすんだんだよ。

717 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:23:22 ID:KGC8gRzX0
>>694

ホントに良く嫁。
このスレで原告擁護『派』と論議してたとき、この結論を導き出す間、
擁護『派』の中からそれはおかしいんじゃね?という意見が一切無かった。

だが、原告擁護『派』も2/cA1Tkv0の書き込みはオカシイと認めるってことか?

『国の責任があろうが無かろうが国民に負担を強いてでも金を出せ』
という考えは2/cA1Tkv0の独断で、さすがに間違っているということでいいのか?


718 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:24:28 ID:nt8jG9gO0
>>713
一度やったが、一回でまとめることにした。

気に入らなければ、おまえが自分で作ればいいだけ。

719 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:24:53 ID:30uaM4e80
>>711
原文どこで見れるんだ?

720 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:25:16 ID:2/cA1Tkv0
>>717
薬害ならば厚生労働省の責任があるので賠償すべき
そうでないなら国は徹底的に戦えばよい

といっているだけです。勝手に要約しないでください

721 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:26:33 ID:eBwqThe60
>>716
お前がその1人だったら良かったのにな。
今お前に使われてる税金が浮いた。

722 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:26:35 ID:oyswEvke0
>>718
結論ありきなわけだ。なるほどね。

723 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:26:41 ID:IWaWD4Sx0
大臣にもてあそばれた、という一文を見て勃起した

724 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:27:47 ID:KGC8gRzX0
>>720

なら>>648の俺の主張でOKじゃね?

725 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:28:12 ID:nt8jG9gO0
>>717
これだけ動きの速いスレでコメントがないことをもって、結論を導き出すなよw

あと、他人の勝手な見解までいちいちフォローできる訳なかろうにw

議論したいなら、原告側
の主張をちゃんと把握してからにしろ。

>>719
肝炎 所見 和解  あたりでググレばでてくるだろ。

726 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:28:32 ID:30uaM4e80
原告側からの資料ばかりでなw
仙台地裁の責任無しとされた判決の元になる国側の資料ないの?

727 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:30:40 ID:icbV0mCQ0
この小児科医って何が言いたいんだ?
http://www5.diary.ne.jp/user/532192/
俺には、よくわからん。誰か教えてくれ。

728 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:31:07 ID:AIqEPq7N0
>>721
お互いにな。

729 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:31:09 ID:/bqxTiIr0
塚さ、中国へ30年間で無償ODAが2兆3000億円だとかさっきTVでやっとった。
2兆の中国以上に金を上げているのがイランとどっかの国(度忘れした)へ無料で上げてる。

日本って人様に金をばら撒けるほど、そんなに金持ちな国か?
他人の国よりも日本の国民だろう大切なのは。
真面目に働いても生活保護より少ないお金しかない国がそんなに他国に金やれる立場か?

少なくとも、ろくでもない国に無償で10兆近くあげるなら、
日本人のC型肝炎被害者にお金上げてもOKだと漏れは思うよ。

730 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:31:53 ID:S9gegAOM0
>>718
やめとく。一つのスレッドに同じコピペは3つも4つも必要ないからな。
それに、お前のようなコピペ厨と一緒にされたくないしな。
周りの迷惑を考えないような無神経な奴ってことならこのまま貼りつづければいいw


731 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:31:58 ID:p4nUYZjM0
>>727
虹の会っていうバリバリのネットウヨの奴だから、無視でOK

732 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:32:36 ID:eBwqThe60
>>728
顔が見えなけりゃ何でも言えるねえwww


俺はC型肝炎だよ。

733 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:32:40 ID:mU9GTqknO
今北。
共産と民主の利害関係、当事者責任追求、このあたりの話で
進展ありますか?

734 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:33:09 ID:30uaM4e80
>>725
 全体的解決のためには、一審原告らの全員、一律、一括の和解金の要求案は望ましいのではないかと考えておりますが、5地裁の判決の内容に反する要求であり、一審被告らの格段の譲歩のない限り、和解骨子案として提示しないことにしました

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200712130075.html

朝日から拾ってきた。
原告は救済すべきだが
原告の求める無制限の救済を望ましいと言ってるわけじゃないのねw

735 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:33:53 ID:IqJgxLJW0
「みくびらないでください」だっけ?
ちょっと前の別の裁判での「なめないでください」を思い出したし、
今度は「大臣にもてあそばれた」・・・か。
こういう言い方を聞くと、教養のない人だなあと思ってしまう。
もっと世間の人たちの共感を得られるような言葉づかいをしたほうがいいと思うよ。

736 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:34:07 ID:AIqEPq7N0
>>732
そうか。じゃあすぐに死んでくれ。

737 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:34:23 ID:nt8jG9gO0
>>730
言っておくが、これはオレのオリジナルだし、できるだけ毎回アップデートしているので、正確に言えばコピペじゃないw

それに、此処に書いてある基本的事実すら知らん馬鹿ばかりだから、折を見て載せないと話にならんのだよ。

738 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:34:59 ID:jAPqW/1y0
>>736
お前が死ね

739 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:35:30 ID:eBwqThe60
>>736


お前・・・・
終わってるよ。
なにも言わない。





740 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:35:33 ID:SBNi31Qp0
>「早く人生を取り戻してあげたかったのに…」

だったら和解しろよ。
なんだこのキチガイ

741 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:36:48 ID:nt8jG9gO0
>>734
いや、原告のものも無制限じゃないんだよw

742 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:37:44 ID:+kS9Qrw30
>>715
損害賠償請求は民事、告訴ってのは刑事の話な。

つうか薬害肝炎関連の話を見ていて思うのは、
なんか刑事と民事と行政訴訟をごっちゃにしてる人が多い、ってこと。
例えば「国の責任」って言ってる人が多いけどさ、
実のところ民事とか行政とかの訴訟の場合の国の責任って、
実際のところ訴えを起こした原告に対するものであって、
社会全般に対して責任とかが生じるわけではない。

要するに悪い者探しと被害者の救済がごっちゃになってるんよ。
そしてさらに被害者救済について本来原告に対する請求が基本なのに、
(つうか民事訴訟法上はそうしないといろいろと問題が出てくる)
それをどういう理屈か分からないけど拡大してるような解釈が見受けられる。

結局原告団の活動はハチャメチャになるし、
それを報道するマスコミは煽るだけだからもっとハチャメチャ。

743 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:37:48 ID:AIqEPq7N0
>>739
すまんな。
俺はこの手のスレで「私も〇〇です」と告白する人間は
俺と意見が一致する人間にしろ、しない人間にしろ、全部偽者とみなすようにしてんだ。
自分の意見を正当化する為に被害者騙る下衆とみるわけだな。
という事で死んでください。

744 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:37:52 ID:30uaM4e80
>>741
原告は最終的に350万人無制限だろ
全く違う

745 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:38:30 ID:icbV0mCQ0
>>731
ありがと。右翼の医者って倫理的にどうなんだって思うけどなぁ。

746 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:39:33 ID:nt8jG9gO0
>>744
ハイハイ、ソースソース

747 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:40:24 ID:S9gegAOM0
>>737
>言っておくが、これはオレのオリジナルだし
大事ににているあたりそんなことだろうと思ったよ。

>正確に言えばコピペじゃない
正確に言っても切り取って張ることはコピペだよ。

748 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:41:36 ID:eBwqThe60
>>743
もうちょっと余裕と優しさと想像力を持てよ。
人を傷つける主義なんて犬にでも喰わせとけ。
俺は強いから大丈夫だけど・・・

あ、言っちまったわ

749 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:42:01 ID:/inx5AND0
背後にうんこ市民団体が居るとわかりやすいよな
使う言葉がすぐ下衆になる

750 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:42:05 ID:IqJgxLJW0
この問題に右翼も左翼もないと思う。
そういうイデオロギーの問題にしてしまうから、
本当に救済されるべきかわいそうな人たちが泣くことになると思う。

751 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:42:16 ID:30uaM4e80
>>745
あ〜ごめん200万でしたかw



200万人ともいわれるC型肝炎患者の代表
http://www.hcv.jp/main.html

752 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:42:49 ID:62cnSNGs0
>>722
彼奴はテレビに映る原告団と同じくずっとこんな調子だ。
原告団もこんな連中ばかりなのかと思うと、すっかり醒めてしまった。

もちろん、原告とていろんな人はいるんだろうがね。


753 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:42:50 ID:nt8jG9gO0
>>747
コピー&ペーストは、この文もそうしているんだが、これもコピペなんだ。へーーーwww

754 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:44:20 ID:KGC8gRzX0
お互いフェアな議論で頑張ってくれ。
またなー。


755 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:44:56 ID:AIqEPq7N0
>>748
だって2chだもの。

756 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:45:10 ID:S9gegAOM0
>>753
この文とはどの分だ?

757 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:45:20 ID:p0vLCsVx0
一律救済って詰まるところ
「わしゃフィブリノゲンで肝炎にかかってしもうた。
昔のことだから病院も覚えていないが、でも治療費出せや!」
って腕にシャブダコや背中に彫り物入れてる奴の治療費も負担し、
幾許かのお金が払われるってことか?

758 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:47:07 ID:eBwqThe60
>>755

ウソw初心者さん?

免疫なくて2ちゃん脳にならないようにな・・・・手遅れかなw


賠償金は、出ないよwww

759 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:47:52 ID:+kS9Qrw30
>>741
つうか俺は原告団の言う和解案よりも数段おいしい和解を国が呈示してきたように思うんだけどね。。。
あれを呑まないとしたら、もう和解なんてできないんじゃないか、って気がする。

結局、原告団は何をしたいのかね?
本当は救済が目的じゃなくて「原因追求」が目的なのかね?
でもそんなこと、民事訴訟の枠内じゃ絶対にできないこと。

760 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:48:18 ID:AIqEPq7N0
>>758
それでもひろゆきなら・・・ひろゆきなら何とかしてくれる。

761 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:48:38 ID:KyI27APrO
>757
ウリ達も肝炎だったから治療費よこすニダ!
っていうだけで金がもらえます

762 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:50:52 ID:YQASpZF7O
>>745
その医者は死刑嘆願の署名活動までしてる。
まともな医者じゃない。

763 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:52:17 ID:TjQHJ0Ar0
>>757
違うよ。

C型肝炎患者350万人のうち、血液製剤により感染した約1万名の中でも、1964年から1994年までの感染者で、証拠としてのカルテが確認
できる者(ただし、フィブリノゲン欠乏症・血友病等の感染者は除く)、という厳選されたおよそ1000人について国は罪を認め一律条件で
補償しろ!ってことだよ。

764 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:52:32 ID:g8adbwAC0
>>49  それ、何新聞?
北海道新聞は相変わらず政府非難のキャンペーン。
特に桝添に対しては「裏切り」、「口先だけ」とサンドバッグ。

765 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:55:34 ID:qlhTMTI40
>>759
同意。
あの訴訟は補償を求めるものであり、この場合補償というのは金銭です。
政治決断だの政策だのは裁判で求めることではなく、今後の運動で求めて
行くべきではないか。野党に相談して政争の道具にさせるなんて愚かしい
と思う。

766 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:56:53 ID:icbV0mCQ0
>>762
そうなんだ。
なんか違和感。

767 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:57:04 ID:gr4iYYao0
>>762
だがしかし霊感グッズのくだりは至極もっともだと思った

768 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 19:58:11 ID:+kS9Qrw30
>>763
つうか真面目な話、和解で金のやり取りを一切せずに、
立法化して補償したほうが安全な感じがするが…
結局これは訴訟で行われてるから、救済可能なのは原告団の中の人だけにすぎないわけで。
原告団は原告じゃない患者の訴訟担当ってわけでもないし、
勝手にそんなことになったらかえって訴訟法的に考えたらまずいことになる。

ただ、これほどまでに原告団が反発する意図がよくわからんな。
今の国のルールだともらえない人が原告団の中に出てくる可能性があるのか?

769 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:02:56 ID:DAC1cqIm0
ゴネ得を許しちゃ駄目だろ。
司法の判断を認めない!なんて言い分が通るなら、無法国家になるだろうが。

最初ちょっと同情してたが、今はもうゆすりたかりにしか見えなくなった。

770 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:03:23 ID:+kS9Qrw30
>>765
ただ、舛添の今の動き見る限り政策的なことはこれからやるでしょ。
つうか起こさないとこれはまずいし、
そうなったら今度は作為の義務付け訴訟とかをやられるはず。

となると、結局のところ、この事件って、
ほとんど解決されてるようなものなんだよな。
わざわざ変な政治決断しなくても。

はっきり言って原告団が何を望んで和解の席に応じないのか、
全く持って見えてこない。
つうか彼ら(彼女ら)の言ってることそのものが意味不明なんだよな…
何を、どうしてほしいのか…

771 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:04:16 ID:FCG9/Xgd0
こいつらゴネすぎなんて思ってたけど、北朝鮮に450億貢ぐくらいなら
こいつらの要望全部応えてやれよと思うようになった

772 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:06:23 ID:nt8jG9gO0
>>769
この場合、司法の判断とはまずもって
「全体的解決のためには、一審原告らの全員、一律、一括の和解金の要求案は望ましいのではないかと考えております」
という高裁の所見です。

何度書いている事やら。

773 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:08:01 ID:YQASpZF7O
さるさるのランキングが跳ね上がったから
格好いい事言ってみたんじゃね?
とにかく俺は医者である事すら認めない!

774 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:09:07 ID:nt8jG9gO0
>>770
B)政府案
1.骨子案に沿った期限による線引きあり
 血液製剤フィブリノゲンは85年8月〜88年6月、クリスマシンは84年1月以降
2.ア)期限内の人:国・製薬会社の責任を認める
   症状に応じて千三百二十万円から四千四百万円を支払う
 イ)期限外の人:国・製薬会社の責任は認めない
   原告側がつくる財団に30億の支援金としての基金を設け、間接的に救済


原告側は、一貫して、このイ)をア)と一緒にせよと言っているだけ。
理解できないというのが理解できん。

775 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:11:30 ID:7ziPW/mHO
政府の無駄遣いっぷりにもう呆れるばかりだな
クズ議員どもが

776 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:13:37 ID:5QP73gzB0

薬害肝炎の歴史 by FBY

 http://www.melma.com/backnumber_53999_2128044/

777 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:14:41 ID:UkEIcppy0
自分らで勝手に落ちておいて「お前が落とした」って
どこの半島人だよ

778 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:16:59 ID:+kS9Qrw30
>>774
やっぱり読めば読むほど理解できなくなるんだが。

というのは不法行為法の観点からいくならば、
フィブリノゲン・クリスマシンの危険性が明らかでなかった部分については、
誰の責任も問うことはできないと思うんだよな。
そしてそうじゃないと過失が存在しないのに責任を負わされるという、変なことが起きる。

さらに損害の算定にしても状況によって千差万別が生じるわけで、
それを考えるとやはりその状況によって算定が変わってくるし、
そうしないと病状が悪い人は減額、逆に軽度な人はもらい得することになる。

となると本当はイ)条項は立法化で事後的に救済を図るのがスジで、
和解条項に乗っける部分じゃないと思うんだよな。
逆に期限内の人に対しても原告団に入っていない人については、
訴訟による解決ができないのだから、やはり立法による救済しか方法がない。

779 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:19:08 ID:O5Gs//6F0
悲劇の被害者として、文句言われない形で金をください
以上

780 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:24:27 ID:IqJgxLJW0
原告の主張を鵜呑みにするのは左翼、原告に物申せば右翼という決め付けにうんざりしています。
どういう人たちがどう救済されるべきかを考えるのに右も左もないと思います。


781 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:25:51 ID:y/VAuum40
悲観する事は無い。
この政府と首相に期待してはいけないという事が分かった朗報。

782 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:39:35 ID:62cnSNGs0
>>780
2chでは、個人的にはウヨ・サヨなんて言葉は単なる罵倒語だと解釈している。
てか、急にスレが静かになったな・・・

783 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:41:10 ID:02ogG5M60
>>774 イ)とア)を一緒にせよと一貫して言ってるという
ことは。
法を無視して、政府を強請る薬害ビジネスであることが
十分理解できるだな。

784 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:44:02 ID:2jQgFRV10

日本の、これから「どうなってしまうの?わたしの年金」 NHK総合
2007年12月22日(土) 午後7:30〜午後10:30

5000万件の“宙に浮いた”加入記録の問題や、社会保険庁職員による横領問題など、
年金制度への信頼が、かつてないほど揺らいでいます。少子高齢化が進む中で、今後、
現役世代の負担はさらに増える一方、受け取る年金の水準は低くなっていきます。

年金の“空洞化”も問題になっています。国民年金の保険料の未納率は33.7%に達しています。

どうすれば、安心で信頼できる年金制度をつくることができるのでしょうか。 今年最後の
「日本の、これから」は、“年金”について、一般視聴者や有識者の皆さんをお招きして、
徹底的に討論します。

http://www.nhk.or.jp/korekara/


785 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:44:56 ID:g17KkDlq0
おれのほおを30億の札束でぶって!ぶって!

786 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:45:20 ID:nt8jG9gO0
>>783
高裁の考えも、基本的には

「全体的解決のためには、一審原告らの全員、一律、一括の和解金の要求案は望ましいのではないかと考えております」

なんだよ。

法を無視じゃなく、法に沿っているの。

何度書けばいいんだよ。

787 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:52:02 ID:02ogG5M60
>>786 いいや、法律上で争うなら
どうぞ訴訟を続けてください。全体的解決のために
国が立場上譲歩するのがいいんじゃないですかと言ってる
だけで、それを断ったからと言ってわめき散らしても
しょうがないでしょ。

788 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:56:02 ID:nt8jG9gO0
>>787
高裁自身が、

「全体的解決のためには、一審原告らの全員、一律、一括の和解金の要求案は望ましいのではないかと考えております」

と言っているのに、原告を

「法を無視して、政府を強請る薬害ビジネス」

なんて言うのは、何もわかってない馬鹿氏ね基地外だろ。

789 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:56:43 ID:vm1OiqS/O
思うんだけどさ、この被害者達の最大の失敗は、この問題に左翼思想を引き込んだこと
じゃないか。狭山にしろ成田にしろ、本来右も左もない被害者救済に、権力闘争だの部落解放だの
持ち出すと、勝てるものも勝てない。自分たちの選択の誤りに早く気付いてほしい。

790 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:57:59 ID:02ogG5M60
>>788 だから納得できない和解案を断っただけでしょ。
どうぞ、あんな醜く大衆を煽るようなことしないで
訴訟を続ければいい。

791 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:58:11 ID:y/VAuum40
左翼も右翼も関係なく、国が被害者を救済すれば良いだけの話

792 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 20:58:59 ID:Zh/cZL040
利益追求の緑十字の工作に官僚と議員が乗っかり、罪もない一般市民が犠牲になった、単純な構図。
国は線引きせず救済すべき。そして関係した議員、官僚を徹底して追及する。政官財の癒着構造がある限り、また同じ事が起こる。

793 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:01:26 ID:pbbx8gv50
和解決裂は国民にとって好材料だ
税金取られたくないよ

794 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:01:31 ID:4r9NhqJ50
>>792
しかもカルテの保存期限5年を過ぎたら一切救済しませんときた。
カルテを早く捨てることを推奨してるとしか考えられんね。

795 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:03:12 ID:CRMmIlQm0
自民党支持者とその家族が感染していた場合はその人だけ救済対象から外すってのはどうよ。


796 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:03:58 ID:02ogG5M60
>>792 国民の税金を食い潰すしても何とも思わない人間が
国の税金が訴訟代金で取られたと言って
政官財癒着を止めるわけねーだろ。国民が疲弊するだけだ。

797 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:04:36 ID:14TNjRUD0
>>783
お前底なしのクズやな。
どこをどう解釈したら「法に沿ってる」なんて言えるんや??
俺はここで議論してる擁護派にもまともな奴おるし、叩き派にクズみたいなの
混ざってると思うで。意見言うのは自由かも知れんけど、節度が必要や。
ある程度話の前提が理解できてて、最低限の法知識がある奴以外は
口出すなって思う。
中でもお前のは酷すぎるんちゃうかって思うわ。
エリコと同じで、単なるアジテーションや。



798 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:04:44 ID:Zy+VJk130
俺の童貞救済マダー?

799 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:05:14 ID:2jQgFRV10

日本の、これから「どうなってしまうの?わたしの年金」 NHK総合
2007年12月22日(土) 午後7:30〜午後10:30

5000万件の“宙に浮いた”加入記録の問題や、社会保険庁職員による横領問題など、
年金制度への信頼が、かつてないほど揺らいでいます。少子高齢化が進む中で、今後、
現役世代の負担はさらに増える一方、受け取る年金の水準は低くなっていきます。

年金の“空洞化”も問題になっています。国民年金の保険料の未納率は33.7%に達しています。

どうすれば、安心で信頼できる年金制度をつくることができるのでしょうか。 今年最後の
「日本の、これから」は、“年金”について、一般視聴者や有識者の皆さんをお招きして、
徹底的に討論します。

http://www.nhk.or.jp/korekara/



800 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:05:23 ID:P1w2CPRF0
>>792
そういった事情も想像出来そうだけど、
今回のは本当に回避不可能だった部分もあるから、こんなに異論があるんじゃないかな?

801 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:07:24 ID:VOlY7Uzg0
世の中のありとあるゆる国・地方公共団体の行為(不作為を含む)は、
すべて過失があるときに限って賠償されてきた。
 (刑事裁判で無罪になった人の補償を除く)

その例外として、国のお金を交付するには、相当特別の理由がいる。

802 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:07:46 ID:BBZf5v/J0
>>797
サイキくん、ドウドウ

803 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:09:40 ID:ZhSLWcx/0
カルテの保存期限5年を過ぎたら一切救済しません。
カルテを早く捨てることを推奨。
                     by 厚生労働省

804 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:10:24 ID:Ns+SFbuM0
>>537
> 和解と判決の違い、それと政治判断の違いを理解してないらしいw
和解は、裁判所の提案に基づく。当事者間で解決できたら告訴は不要。
和解の勧告は、裁判所の法的な判断を伴うから、普通の弁護士なら重く受け止めて尊重するのだが、
この弁護団は、野党と面会することをマスコミにリーク。法的公正さを尊重しているとは思えない。

> 政府の回答は「全員救済をしません」。

救済法は、与党も提案してる。
法的責任が無いのに政府は勝手に金を出せない。そんだけ。

805 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:10:51 ID:p0vLCsVx0
>C型肝炎患者350万人のうち、血液製剤により感染した約1万名の中でも、1964年から1994年までの感染者で、証拠としてのカルテが確認
>できる者(ただし、フィブリノゲン欠乏症・血友病等の感染者は除く)、という厳選されたおよそ1000人について国は罪を認め一律条件で
>補償しろ!ってことだよ。
だったら政府の最終和解案は十分すぎるじゃん。
それでも政府が線引きにこだわるのは、現在の知識技術状況で
過去の行為を断罪されては堪らないって部分と
カルテがない人を救済する場合、どっち道証明できなくて
シャブやら彫り物で感染した奴らにも金が渡る可能性を
排除するのも、税金を扱う立場の人間としては当然だと思うぞ。
マスゾエやフクダはもう少し丁寧に説明したほうがいいよ。
悪くないのに悪者なのは、政治家の責任だと思うが
病人!弱者!かわいそう!って理由だけでバカスコ金払ったら
消費税10%どころじゃ済まないよ。

806 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:12:23 ID:iQ90cVh9O
札束で頬を叩く・・
http://imepita.jp/20071222/761230


807 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:13:02 ID:2jQgFRV10
>>803
それ、うちらが台帳廃棄を指示したののパクりじゃん!!
                     by 社会保険庁

808 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:16:11 ID:ZhSLWcx/0
 すなわち、当時(1964年?)、WHO第3回世界保健総会は、肝炎に関する専門委員会を設置し、
同委員会は、2度にわたり肝炎の危険性に関する詳細な見解と予防策を公表・勧告していた。

 また、被告国自身、1956年、輸血後肝炎(血清肝炎)が多発しているとの知見に基づき、
国立病院ウイルス病共同研究班を設置し、ウイルス性肝炎、殊に血清肝炎の発生頻度、診断、
治療及び予防法に関し調査研究を行い、1963年、輸血後肝炎の発生率が高く、予後が悪い
との知見に基づき、血清肝炎予防に関する研究班を設置し、血清肝炎の診断及び予防につい
て調査研究を行い、1964年、輸血後肝炎が多発するとの弊害を避けるために「献血の推進に
ついて」閣議決定を行っている。

 このように、被告国が、1964年当時、輸血後肝炎の発生率が高く、また予後が悪いことを
認識していたことは、明白な歴史的事実である。

  −中略−

 以上のとおり、1964年以降も輸血後肝炎についての知見は累積し、その重篤性があらため
て確認された。また、1972年のB型肝炎スクリーニング導入後も、「なくならない輸血後肝炎」
すなわち非A非B型肝炎の存在が確認され、それが高度に慢性化し、さらには肝硬変にまで
進展しうる重篤な疾患であることが明確にされたのである。

 被告国が、厚生省研究班の報告を認識していたことは当然である。被告国は、1978年まで
には、輸血後肝炎に関して、高率に慢性化し、肝硬変にまで進展する重篤な疾患であることを
認識していたのである。

http://www.lawyer-koga.jp/kanen-jb4.htm

809 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:17:45 ID:+kS9Qrw30
>>786
つうかそれは判決で言うところの「傍論」でしょ。
言ってしまえば心情としての裁判官の意見に過ぎない。

法適用って観点からすると、それができない理由があるんだよ。
そしてそれを乗り越えてまでの判断は裁判所にはできない。
仮にそれが和解という手段であってもね。

その言葉を文面どおりに取るのではなくて、
なんでそんな言葉を言わないといけないのか、ってことまで考えないとあかんよ。
そしてそれを冷静に考えてみると、
あくまでも裁判所の和解の手続は限定した範囲でやらざるをえないから、
そこからはみ出た部分は行政がやってくださいね、って言ってると考えるのがスジ。

810 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:17:47 ID:k5rL2yuy0
何故この人達にマスコミさんたちが好意的なのか
今の僕には理解できない

811 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:20:31 ID:14TNjRUD0
>>804
せ・や・か・ら、「告訴」って言葉使うなっちゅうねん。
それ以外の部分の説得力ゼロになってまうから。
無知丸出しやで。
お前、痴漢とか強姦とかの示談の話と頭の中でまざっとるやろ。
そしたら、お前が和解とか法的責任の意味も性格に理解できてへんのやろな
って推定されてまうねんで。
今度から気ぃつけや。



812 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:20:38 ID:ZhSLWcx/0
フィブリノゲン製剤投与後の輸血後肝炎発生率×使用者数(製剤製造量÷平均使用量)=被害者数

という式により、フィブリノゲン製剤製造承認後の被害の拡がりを推計すれば、以下のとおりとなる。

 すなわち、フィブリノゲン製剤の製造総量52万7076グラムを平均使用量
2.18グラム(甲A25)で除すると、使用者数は24万1777人となる。

 この使用者数に前記木本報告の輸血後肝炎発生率(67%)を乗ずれば、
16万人以上が肝炎感染被害を受けたと推計できる。
WHO報告の輸血後肝炎発生率(17%)によっても、4万人以上が肝炎
感染被害を受けたと推計できる。

http://www.lawyer-koga.jp/kanen-jb4.htm


被害者数は、10万人を超える可能性もありますね。

813 :"(,, ゚×゚)"剃毛侍 ◆XS/KJrDy4Q :2007/12/22(土) 21:20:45 ID:ksHcaiix0
>>810
何が何でも難癖つけ続ける方針のように感じているなら、
オマイは正常。

814 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:21:06 ID:oay8/14i0
原告団を擁護できない点はここだな

原告になるための要件
薬害肝炎訴訟では、昭和39年(1964年)頃から平成6年(1994年)年頃までの間に、
血液製剤(フィブリノゲン製剤あるいは第9因子製剤)を投与された方で、かつ、
C型肝炎に感染された方について、損害賠償請求訴訟を起こしています。
http://www.hcv.jp/plaintiff.html

しかし
1985年以前に製造されていたフィブリノゲン製剤は、
BPL処理[1]が施されており、C型肝炎ウイルスは結果的に
不活化されていたとの検証実験が報告されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%AC%E5%AE%B3%E8%82%9D%E7%82%8E

原告は期間を設けて線引きするなといってる。


815 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:24:00 ID:6K1tKHO1O
かなりの暴論だけど、実際に民主に政権取らせて、この問題や年金など彼らの主張通りにやらせてみたい気がする

理想論ばかりなのだからほぼ失敗するだろうけど、もしかしてそれでも上手く日本が回っていくのなら構わないと思い出してきた

816 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:24:10 ID:2jQgFRV10
>>814

さっきから官僚の言い訳を張りまくってるが

せっかくあんたの反論も出ているようだから言い返したらどうだ?


817 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:25:40 ID:VR6vqoHH0
何年もの間、非A型非B型、C型肝炎の感染問題を放置してきた国の責任が重大であること。
これを隠蔽するような和解案で決着させられないは当然だろ。

818 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:26:54 ID:nt8jG9gO0
>>809
あらあら。

多くの場合、和解所見は、和解勧告に先立つ、裁判所の基本的見解を示すものとされている。
しばしば勧告以上に重要だったりするんだよ。

厚生労働委員会平成19年10月31日の会議録
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kaigiroku.htm
ttp://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=37050&media_type=wb&lang=j&spkid=153&time=04:03:49.8

の中で枝野が所見について述べている所を見てみ。
さすがに大規模訴訟も手がけてきた弁護士だからよくわかっている。

819 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:26:55 ID:ZhSLWcx/0
1985年に不活化処理方法が変更(HBsグロブリン付加)されたため、
結果HBV(B型肝炎ウイルス)のみの不活化となり、非A非B肝炎
(A型肝炎・B型肝炎以外の肝炎)発生報告例が増加した。
  −中略−
加熱製剤(フィブリノゲンHT-ミドリ)は1987年4月に承認・発売されたが、
これはHIVウイルス、B型肝炎ウイルスには有効だが、非A非B型肝炎
ウイルス(1989年にHCVであることが判明)には十分な処理法ではなか
った。HCVに対し有効な不活化法と確認されたSD処理加熱製剤の発売
は、1994年8月を待たねばならなかった。

Wikipediaより。

820 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:27:25 ID:4r9NhqJ50
>>809
高裁、特に東京高裁なんかはハッキリと
「こういう判決出しますよ」とかなり威圧的に和解を勧めてくる。
だから普通は従わざるを得ない。
これを蹴ったのは国のメンツなんだろうけど、
事実上高裁で勝つのは難しい。
最高裁は法律審だからこの件じゃまずひっくり返らない。
そしてカルテのない被害者には既判力が及ばないから今後も訴訟は続く。
カルテがなくても当時の医学事情から推認することは可能だし勝訴の可能性も高い。
そういう訴訟不経済の面を含めて高裁は和解しろと言ってる。
国が勝つなら和解なんて最初から勧めない。

821 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:28:59 ID:S9gegAOM0
>>798
俺でよければw

822 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:29:47 ID:DaGmCkJH0
そりゃあ、大臣に手篭めにされたんじゃ大変だな

823 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:29:59 ID:xrvNms+70
泣き喚くのって朝鮮人みたいだね。気持ち悪い


824 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:32:42 ID:2jQgFRV10

日本の、これから「どうなってしまうの?わたしの年金」 NHK総合
2007年12月22日(土) 午後7:30〜午後10:30

5000万件の“宙に浮いた”加入記録の問題や、社会保険庁職員による横領問題など、
年金制度への信頼が、かつてないほど揺らいでいます。少子高齢化が進む中で、今後、
現役世代の負担はさらに増える一方、受け取る年金の水準は低くなっていきます。

年金の“空洞化”も問題になっています。国民年金の保険料の未納率は33.7%に達しています。

どうすれば、安心で信頼できる年金制度をつくることができるのでしょうか。 今年最後の
「日本の、これから」は、“年金”について、一般視聴者や有識者の皆さんをお招きして、
徹底的に討論します。

http://www.nhk.or.jp/korekara/



825 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:34:54 ID:8bUxi52j0
これは政府は期限外の人の扱いとその理由について冷静に国民に説明するべきだと思う。
多くの国民は誤解しているしマスコミは恣意的だし混乱しているのだと思ふ。

が、しかし多くの国民は実は興味なかったりするわけだがw

826 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:37:08 ID:2F2Nrpe90
>>820
国が和解勧告を上回る譲歩案を提示したところ、一瞬で蹴っ倒したのは原告なんですが。

827 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:39:30 ID:02ogG5M60
>>820 というか

>一審原告らの全員、一律、一括の和解金の要求案は
>望ましいのではないかと考えておりますが
>上記5地裁の判決の内容、結果に反する要求であり
>1審被告らの格段の譲歩のない限り、和解骨子案とし
>て提示しないことにしました。

全文を載せないとわからないもんだね。
都合のいいとこだけ載せてたけど
実際は更なる譲歩がないと一律救済は求められない
と裁判所は言ってるじゃん



828 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:40:25 ID:Ns+SFbuM0
>>811
ごめん間違えた。告訴ではなく、訴訟だった。

> それ以外の部分の説得力ゼロになってまうから。
> 無知丸出しやで。
> お前、痴漢とか強姦とかの示談の話と頭の中でまざっとるやろ。
別に

> そしたら、お前が和解とか法的責任の意味も性格に理解できてへんのやろな
> って推定されてまうねんで。

推定はいいから、何か間違いが指摘できたら、指摘すれば。

829 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:42:29 ID:+z0NBcLS0
なんだ、要は金ではないのか
何が望みなのだ
おらおらおら、
言うてみい
言うてみい
ここに一千万あるぞ
おらおら
欲しいか
そうだろ
やっぱ金だろ
まだ少ないちゅうとるのか、そこの貧乏弁護士

830 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:47:02 ID:73G3ZDAH0
>>822
それだけじゃない。
札束で頬を叩かれ、あげくに総理に突き落とされたそうだ。

30億の札束じゃあ分厚すぎて痛かろうに・・・

831 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:47:27 ID:+kS9Qrw30
>>820
俺も826と同じ疑問がある。
そもそも蹴ったのは原告であって国ではない。

あと大阪高裁がどのような判決を出すかは分からんけど、
仮に原告の主張完全認容だと、
国の上告理由はおそらく国の過失責任について事実認定に誤りがある、とするはず。
というのは原告側の準備書面見る限り、
やはり78年の時点で国が危険性を認識していたという判断を出すのはやはり苦しいと思う。
となるとおそらく最高裁で差し戻し判決という可能性が高いと思うんだよな。

俺が高裁の裁判官なら、
国・製薬会社の責任を認めるとしてもそれは85年以降としざるを得ないように思う。
となると当然今の原告団の中にも取りこぼしが出てくるだろうから、
それは立法化・行政裁量による救済しかないと思うんだよな…

あくまでも個人的な見解だけどね。

832 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:47:45 ID:H7t/yKLp0
今日の昼ミズポもNHKで全員救済しろって言ってたな。

こいつらがバックにいるってだけで信用できんわ。

833 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:50:00 ID:Gva50IXHO
薬なんてリスクがあっても必要な人が、いるから認可されるんだよね。

834 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:52:30 ID:+kS9Qrw30
>>827
つうか考えてみたら、民事の和解と同じじゃんw

ということはおそらく裁判官は、
国に対して「今のままじゃあ原告団は応じないと思いますが…」みたいなことを言っておきつつ、
一方で原告に対しては「今のままじゃあ国は応じてこないと思いますが…」という。

結局双方に厳しいようなことを言いながら、うまく譲歩を持ち込むのが和解なんだよな。
そして、そこで言ったことは、実のところ本案審理には反映されない。
つうかそんなあからまさまに一方当事者が不利だなんていう裁判官、
だれが信用できるか、って話になるでしょw

835 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:57:25 ID:6MWJDUeC0
薬害被害者の方で前面で活動してる方は相当の勇気が必要だったのではないでしょうか。
肝炎は症状や肝臓がんへの進行の恐怖だけでなく感染症であることから
病気とたたかいながら偏見や差別の中で暮らさなくてはいけません。
実名でしかも顔も隠さず記者会見にでるわけですからその勇気に気づいてあげて下さい。
自分たちだけでなく今後発祥の可能性のある被害者全部を救済したいと原告団は思ってます。
ここで被害者叩きをしている皆さんにお願いします。

836 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 21:59:03 ID:4r9NhqJ50
>>827>>831
原告に対する救済はそれで十分だけども、
カルテの無い被告の別訴を考慮してるんだと思う。
高裁も原告団もね。
カルテが無ければ個々の案件について判断が必要となるから、
>>831のいうように取りこぼしも当然出るだろうし、
訴訟費用が用意できなかったり、勝訴までに死亡することもあり得る。
訴訟の当事者が三者そろって外を見てる特殊な状況だな。

837 :KING of NU ◆tRIFQwHkis :2007/12/22(土) 21:59:41 ID:uP2MMIO5O
>>835
被害者の皆様の気持ちは痛いほと分かります。
ただ、自民党に当たらないでください。悪いのは官僚です

838 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:02:31 ID:2jQgFRV10
>>837

官僚vs国民 で、自民党が官僚の言いなりになって味方になってるからしょうがない。


839 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:03:29 ID:4r9NhqJ50
>>834
>つうかそんなあからまさまに一方当事者が不利だなんていう裁判官、
>だれが信用できるか、って話になるでしょw

それが言っちゃうわけだよw
信用できなくても忌避の申し立てなんて誰もしないだろ?
裁判官は法廷では神様に近いんだよ。

840 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:05:17 ID:MjjGM5f90
>>835
感動したよ。
俺も被害者全員同じように救済されれば良いと思う。350万感染者全員にね。
なにしろ「C型肝炎の苦しみはみな同じ」だからね。

何でも特定の1000人だけ和解金だの基金だので【特別に】救おうとしている輩がいるらしい。
とんでもない奴らだな(怒)

841 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:05:23 ID:3rRfg6zi0
>>838
勝手に国民いれるなよw
原告団だろが、薬害だけ無条件一律救済は不公平だ。

842 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:10:31 ID:6MWJDUeC0
>>837
ん? 自民党に当たってないですよ。
それ以前に自民党は全然取り合ってくれないですよね。
肝炎の被害者だけでなく薬害エイズの川田議員もキャリアをカミングアウトするときに
非常に迷ったそうですし勇気が必要だったそうです。
病気だけでなく在日韓国人しかり障害者しかり同性愛者しかり同和地区の方しかり差別されるの知りながら
社会的弱者が実名でカミングアウトするのは大変なことなのです。
だからどうか原告団にもう少しあたたかい目を。
被害者叩きがあまりにもひどすぎます。かわいそうです。


843 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:11:40 ID:Ns+SFbuM0
>>840
この裁判は、救う救わないじゃなくて、賠償請求訴訟。
国に過失がある範囲でのみ、「賠償」される。

救いたければ、立法化すればいいだけ。原告が拘り過ぎなだけ。理由は知らんが。

844 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:14:56 ID:62cnSNGs0
>>842
注いでいましたよ、あの和解決裂の会見まではね。
でも、あの日以来何かが変わりましたね。

原告団を積極的に叩く気は今もありませんが、応援する気も失せました。

845 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:18:11 ID:oBHZ5UqI0
>>843
国の不作為は問われて然るべき

それに、高裁の所見で述べた部分を重く受け止め、司法では限界の部分を行政で
補うべきだろ




846 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:21:18 ID:3rRfg6zi0
>>845
30億だすっていってるだろがw

847 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:23:20 ID:6MWJDUeC0
>>844
原告団の方たちはきっと少し興奮状態にあるだけです。
落ち着けばあなたもまたあたたかい目で見てくれると思います。

>>845
そうですね。
国はちゃんと原告団の意見をきいて欲しいですね。
でも国=自民党だから…。
自民党の内閣だと全員は救済できないのでしょうね。


848 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:23:23 ID:0ozS87YV0
これだけ大勢の肝炎薬害被害者がいるのだから、当然、その中に厚生労働省の役人の家族も
何人かはいなければおかしいのだが、寡聞にして聞かない。


849 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:25:28 ID:afaFLoLI0
>>848
調べる努力をしていないからでしょうね。

850 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:27:31 ID:6MWJDUeC0
>>846
お金の問題じゃないって原告団の方も言ってるじゃないですか。
金額を増やせばそれでいいという問題でもないですよね。


851 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:27:54 ID:xrvNms+70
>>842
誰のための何の涙なんでしょうか?
さっぱり分かりませんね。

852 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:31:28 ID:3rRfg6zi0
原告団は弱者って・・・
今や野党と手を結んだ弱者にみせかけた圧力団体にしか見ないけどw
救うべきは、原告団にも入れない残りの肝炎患者だと思うけど。。

853 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:33:05 ID:SriVxh0vO
確かに一番悪いのは国なんだろうけどさ
なんか原告側もB級の昼ドラや学園ものの悪役みたいなやりかたなんだよなあ
弁償しろよ→そうやってなんでも金で解決s(ry→
→みんなに言いふらす、泣いてアピール的な

854 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:33:28 ID:Ns+SFbuM0
>>845
不作為を認める判例はないと聞いてるが。

血液製剤投与による肝炎感染対策が迅速に行えなかった点は反省すべきだが、
肝炎感染のリスクを考えて、血液製剤を禁止すべきだったと判定できるのは、
C 型肝炎ウイルスの特定後としか思えない。

法的根拠をあいまいにして、行政府が多額の賠償金を払えば、行政の暴走だろう。

855 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:34:34 ID:2jQgFRV10
>>848
役人の世界は階級主義

モリヤ君みたいな力を持った人にそういう人がいない限り役所が動くわけが無い。

856 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:40:09 ID:5HqX7nlX0
イレズミ利権始まったらしいのお、ワシも仲間に入れや!

857 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:43:59 ID:ElNJsvTgO
今村泰一
宮島彰

858 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:44:22 ID:l/cmzo3H0
>>845
根拠も無く、金を出すわけにはいかないよ。

そもそも未知の副作用の責任をとらなきゃならんのなら
新薬の承認は半永久的に停止だな。



859 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:45:14 ID:VOiKcLaF0
>こういう言い方を聞くと、教養のない人だなあと思ってしまう

知性・教養がまるでないからこそプロ市民やってるんじゃないだろうか。

860 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:46:42 ID:xrvNms+70
時間を急ぐ人も居るだろに
それよりも大切な事があるのかね。
時は二度と戻ってこない大事なものだからね。

861 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:46:53 ID:2jQgFRV10
>>858
いい加減あきてきたが
官僚の言い訳ベースの論理はどうにかならないか?

862 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:49:30 ID:qk4Wid4M0
この問題より、福岡のコバヤシ被告をなんとかしろ

863 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:53:26 ID:VR6vqoHH0
フィブリノゲン製剤は数千人〜2万人以上の血漿をプールして作られており、
肝炎感染の危険性が高いものでした。

1977年12月アメリカのFDA(食品医薬品局)は プール血漿由来の
フィブリノゲン製剤が肝炎ウイルスに汚染される可能性が高いことと効果が疑わしいこと、
フィブリノゲン製剤より危険性の少ない代替的な治療法があることなどを理由として、
フィブリノゲン製剤の承認を取り消し、販売を禁止しました。

このことは1978年1月の日本政府公刊物にも掲載されています。
しかし,製薬会社はその危険性を軽視し、危険性を警告することなく、
フィブリノゲン製剤、非加熱第 凝固因子製剤を大量に製造・販売してきました。

プール血漿由来の製剤自体が危険性が高いことは知っていたということだな。

864 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:55:08 ID:l/cmzo3H0
>>861

言い訳も何も、裁判所の判断を政府が無視しても良いとでも?

感情だけで、涙を流せば何でも言い分が通る訳じゃない。
予見できない未知のリスクまで責任をとれと言う方がおかしいだろ。

おまえさんは100%安全が保証される治療だけを受けろよ。

865 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:56:11 ID:Mp2tQuUb0
>>861
>>官僚の言い訳ベースの論理

国家の、薬剤行政のあり方が、当時どうであったのか。
防ぎ得たか否か・・・が争点なんだから、
それは『反論は一切許さない』って意味だぞ。

866 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 22:58:31 ID:P1w2CPRF0
原告の考える第二次和解案でました?

867 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 23:03:09 ID:afaFLoLI0
>>863
「アメリカではB型肝炎感染リスクがあるとされた」ことは承知していたでしょうね。

868 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 23:03:58 ID:15krA3RJ0
>>863
そのころC型肝炎が肝硬変や肝臓ガンになるとわかっていたのかね?
俺は高校生のころはウイルスがガンの原因となるなんて思ってなかった

869 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 23:04:16 ID:ZhSLWcx/0
勝手に分けろは、無責任すぎる。
今後も訴訟は続発するだろうな。
何しろ、医療行為で数百万人も、
肝炎ウィルスに感染させてるからな。

870 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 23:12:22 ID:iQ90cVh9O
落ち着けよ
http://imepita.jp/20071222/761230

871 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 23:16:31 ID:NitIEpob0
病院行ったら病気が移るんだから、病院へ行くな。病院へ行くヤツはアホ。

872 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 23:16:37 ID:fAMF9kwjO
NHKの年金問題
舛添・社保庁・厚生省・政府関係者
NHKの呼びかけに、だれも出席しない
笑っちゃうね
これが誠意ある対応かなぁ?
誰か言っていたけどハガキを送り膨大な数の返事処理できるの?
バブル崩壊で銀行に巨額融資の金額
断った銀行もあったけど融資した
その金額と比較すると少ない
銀行の不良債権はマネーゲームのツケ
医者は患者に注意・リスクを充分に告知しないで多くの肝炎患者

873 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 23:18:58 ID:RxNwzU0e0
今さらながら、質問

原告団が賠償を求めているのは以下のどれですか?
原告団はどこで線引きしているのですか?
会見ではすべての肝炎患者のためといってたようだけど
HPでは投与期間により原告団にはいれないような・・・

原告団全員
原告団以外のフィブリノゲン製剤投与された人を含める
すべてのC型肝炎患者
B型も含めたすべての肝炎肝炎患者

874 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 23:22:12 ID:FkZzh3ExO
薬害かどうかは証明できませんが肝硬変になりました。
治療費と慰謝料下さい。
おながいしますニダ!

875 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 23:28:33 ID:nt8jG9gO0
>>873
B)政府案
1.骨子案に沿った期限による線引きあり
 血液製剤フィブリノゲンは85年8月〜88年6月、クリスマシンは84年1月以降
2.ア)期限内の人:国・製薬会社の責任を認める
   症状に応じて千三百二十万円から四千四百万円を支払う
 イ)期限外の人:国・製薬会社の責任は認めない
   原告側がつくる財団に30億の支援金としての基金を設け、間接的に救済する
3.合わせて1000人程度を想定。およそ3割が間接救済になる

C)原告案
1.期限・製剤等による線引きはなし
2.薬害被害者には、一律に国・製薬会社が責任を認め症状別に直接支払う
3.薬害患者推定1万人のうち、既に9割はカルテなどが破棄され薬害の立証が不能なため、実際には1000人程度

D)要点
1.大阪高裁も、基本的には原告案を望ましいとしている
2.政府案では、線引きの結果、同じ薬害被害者でも、国・製薬会社の責任を認められず間接救済に止まる者が300人ほどでる
3.原告案でも、立証不能なおよそ9000人の薬害患者については、原告団の陳情により成立予定の「肝炎対策法」による治療費助成などの一般的な救済策しかない

876 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 23:30:03 ID:ElNJsvTgO
今村泰一
宮島彰

877 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 23:35:05 ID:3bIu/rW90
いつも思うんだけどさ
ネット国士様っていつも国の事ばかり考えてるみたいだけど
国からしたらそんな無駄な心配されるより1円でも税金多く払えって思ってると思うよ

878 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 23:35:47 ID:VR6vqoHH0
>最初は責任を認めたらカネが1−2兆円かかるからという話が流された。
>江田憲司あたりを使ってテレビでカネの話を流していた。
>ところが、実はそれは厚労官僚の情報工作で、世論対策用のデマだった。
>原告被害者がいかにもカネをせびっているように見せかけ、
>緊縮財政の中で膨大な支出を要求するのは無理だから妥協しろという
>世論環境へと誘導しようとしたのである。
>彼らが責任を認めないのはカネの問題じゃない。
>これがいずれ刑事告訴に繋がると想定しているからが理由の一つだろう。
>が、注意してニュースを聞いていると、厚労官僚の匿名発言として、
>一律救済で責任を認めたら、次から副作用の恐れのある医薬品が一切使用
>できなくなるからというのがあった。
>この発言を聞いて直感するのは、こいつらきっと、他にもまだ隠している
>薬害があるなという疑念である。

879 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 23:43:50 ID:7NsHhR4VO
既女板の衣里子嬢スレに
現役の医師が出没している模様。
ちょいと注目。

880 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 23:46:34 ID:JnvCNYj20
>>868
確か肝炎が肝硬変や肝癌になることがわかったのは80年代、昭和50年代中頃。
非A非BがB型に比べて肝硬変になりやすいことがわかったのは昭和50年代後半だったかと。

881 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 23:47:10 ID:Mp2tQuUb0
>>878
>>この発言を聞いて直感するのは、こいつらきっと、他にもまだ隠している
>>薬害があるなという疑念である

隠してる?疑念?
隠してないし、疑念ではなく実在。
認可されている薬剤で、副作用の無いものは皆無です。
薬剤は、あくまで治療の有益性と危険性との兼ね合い。
手に入れうる情報で、それを判断しなけりゃいけない。
当時判断できなかったものに責任があるなら、
現在まだ評価が定まってなく、将来的に排除されうるものはいくらでもあるよ。

882 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 23:50:20 ID:afaFLoLI0
>>880
「酒を飲み過ぎると肝硬変になる」なんてのがウソッパチであれは大半C肝だった、ってのがわかったのは最近だしな

883 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 23:51:48 ID:Vkh08+iPO
>>877
いつもそんなしょーもないこと考えてるんだw

884 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 23:52:57 ID:62cnSNGs0
ま、薬の但書きを全て四角四面に受けていたら、
薬の処方なんかおっかなくて何にもできなくなるだろうな。


885 :名無しさん@八周年:2007/12/22(土) 23:58:18 ID:15krA3RJ0
>>880
そっかー
そうだとすると線引きするなら80年代前半の
どこかが妥当だろうじゃないかな

886 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:03:52 ID:hSU+9g2gO
もう医療は完全免責にしないと崩壊するな。
そして信頼できない病院へは行かない事。


887 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:23:27 ID:ijFNxz2j0
>>886
そりゃそうだよ。
格好つけている奴らに問いたいけどさ
お前が厚労省のキャリアで、新薬承認の最高責任者だったとするじゃん。
新薬の承認ってするのか?
俺がその立場なら一切しないね。





888 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:30:53 ID:o+in5LEa0
春夏秋冬

889 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:32:29 ID:MeEikdVp0
>>887
製薬会社の圧力で、即日左遷になるだけw

890 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:34:14 ID:KVHjGm8S0
>>887
おめでとう。
その新薬があれば助かってたはずの人にとって、
あなたの『不作為』責任は重く、当然有罪。

891 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:34:51 ID:BWBM8PBc0
>>887
それはそれで
「米国では数年前に認可されたのに何故日本では認可しない!」
と患者団体とマスコミから突き上げを食らうな

実際そういう動きはあるし

892 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:36:07 ID:+jQ9TEdJ0
>>887
新薬の承認しないなんて。治験がメシのタネである医学部教授が許すはずがないでしょう。
役人にしても禁止するだけなら医官なんていらない、麻薬の摘発と同じく高卒警察官で務まるでしょ。つまり利権を逃すことになるのですよ。

893 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:38:16 ID:Hd8xLwHG0
薬害被害者は可哀相だが原告団はウザイから消えてくれ。

894 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:39:07 ID:jSW9wUrw0
エリちゃんは何時になったら大金手に入るの?
エリちゃん、お酒がぶがぶ呑んで、池面とセックスし放題。

そして、顔も売れたら政界入りして、税金で食べるのよん。

895 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:39:35 ID:jb1gsxbn0
全国原告代表 山口美智子
わずかな原告しか登れない登山道を350万人が登り、頂きにたどり着けるはずがありません。

大阪原告代表 桑田智子
この訴訟はウイルス性肝炎患者350万人の恒久対策を獲ち取るための闘いであるといいわれ、
原告はその代表であると、私も肝に命じて闘ってきました。

九州原告 福田衣里子
責任をもって350万人のウイルス性肝炎患者救済のための道筋を作ることが、
私たち薬害肝炎原告団の役割だと思っています。

薬害肝炎大阪弁護団事務局長 弁護士 山西美明
「あなた達は自分のためだけに裁判をしているのではありません。裁判もすることのできない
多くの肝炎患者の代表選手として裁判しているのです。そのことを常に忘れないでください」

http://www.hcv.jp/1126opinion.html


896 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:40:48 ID:lMT0lnsg0
>>894
ゲスだなあ
あんたは

897 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:40:59 ID:BtGz+z0O0
原告団が急にテレビから消えたような。テレビにも抗議の電話行ったのかなあ。

898 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:42:26 ID:1K/p5kXfO
もう、いい加減贅沢言うなと言いたい。
かわいそうとも全く思わなくなった。
ちょっと運が悪かっただけだろ。
もっと運の悪い奴はたくさんいるし。

899 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:43:43 ID:lMT0lnsg0
>>898
権力持ってる奴は、キミみたいなのが大好き。

900 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:44:50 ID:PkSj0zfC0
こいつら……
アカ弁護士とか市民団体が後ろで糸を引いてるのか?

901 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:45:17 ID:WyLDSWEkO
原告団って まるでコジキ集団

902 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:45:40 ID:Cx0/+6sA0
>>899
それがなにか問題でもあるのか?

903 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:47:15 ID:jSW9wUrw0
飯塚青年会議所の理事長が、ブログを改変。福田の飲酒事実を削除中!
こんな汚い人間が、理事長・・・・。

みんなで追い込もう!自殺するまで!福田も市ね!

904 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:48:48 ID:NNhL+gWg0

民主w自重しろww

■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
「イオン出店反対」 住民投票へ署名4400人 [ニュース速報]


905 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:49:12 ID:lMT0lnsg0
>>902
・・・・・・・・・・・・。
都合がいいって意味ですよ

906 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:49:15 ID:ijFNxz2j0
いくら新薬認めなくても、そのことで罪にはならん。
突き上げ食らおうがしったことか。
「個人輸入すれば?」でOK。大丈夫だよ。
現実外国で承認を受けた薬で日本未承認は腐るほどあるぜよ。
マスコミがどれだけ騒ごうが「治験の結果が」だの「症例の数が」
とか「専門家の判断が分かれて」とかいくらでも言い訳できるよ。

不作為で問われることはないよ。

907 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:49:22 ID:Cb49yOgw0
にしても、明らかに事故で患ってる人を一律救済できるわけが無い。

救済の名目はやっぱし変えないと。

908 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:50:30 ID:Cx0/+6sA0
>>905
都合がいいとなにか問題があるのか?
各人の主義主張の問題だよな。

909 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:51:36 ID:Cb49yOgw0
>>906
厚生省が国内の製薬会社と癒着してるからね。

外国製が入ってきたら国内の製薬会社が儲からなくなっちゃうからね。

910 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:51:39 ID:MmfpOjB80
2004年まで使ってたんだろ。
キチガイ製薬会社、厚生労働省。


911 :名無し募集中。。。:2007/12/23(日) 00:52:06 ID:5bGK8gXm0
テレビの前ダカラって泣くんじゃねーよ
ババァ!!!!
きめーーんだよてめー

912 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:53:52 ID:KVHjGm8S0
>>906
それと同じ理由で、現在問題になってる薬害の、
厚生官僚の罪を問うことは困難なんだよ。
罪には問われないかも知れんが、
現在叩かれてるくらいには、叩かれるぞ。

913 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:55:40 ID:BtGz+z0O0
女を並べて泣かせるやり方も庶民を馬鹿にしてるだろ

914 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:55:52 ID:lMT0lnsg0
>>908
都合がいいって皮肉なんだけど・・・

915 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:56:03 ID:q3rMXpPwO
衣里子嬢は涙を滲ませて…という感じだから少しはマシだけど、厚化粧のオバサンは大声で泣き叫ぶのが見苦しい。日○組の人間だって本当?

916 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:56:41 ID:rLtvBmSY0
>>914
意味不明だぞおまえw

917 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:59:06 ID:lMT0lnsg0
う〜んww夜はあんまり低いのはいないと思ってたけど

918 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 00:59:38 ID:BWBM8PBc0
>>916
たとえば男が「こいつは都合のいい女だ」と思うとき
それは男にとって都合がいいのであり、女にとっては決していいものではない

とでもいえばいいのだろうか

919 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 01:00:44 ID:jSW9wUrw0
>>915
エリコ姫は、完治して酒呑みまくって、あとは黙って2000万円が
懐に入るのを待つだけだから、涙を滲ませてればオケ。

920 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 01:01:22 ID:NNhL+gWg0
>>897
マスコミもここ見たんじゃないのかな
情に訴える作戦は逆効果だと悟ったんじゃないか

原告団やそのバックの民主党よりも、マスコミの偏向報道にあきれかえるよ





921 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 01:02:50 ID:KVHjGm8S0
>>918
単に皮肉が通じないというだけのことだ。
わからないのではなく、通じないだけw

922 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 01:02:55 ID:ijFNxz2j0
>薬害の、
>厚生官僚の罪を問うことは困難なんだよ。
そもそも「薬害」って何か?ってことだよ。
薬の副作用が全て薬害ならあらゆる薬は販売禁止だ。バファリンだって
正露丸だってアウト。パブロンなんて最悪だよ。
そもそも副作用のない薬など薬ではないからだ。

ようは厚労省が「フィブリノゲン、ヤバイかも」といつ認識したか。
それ以前は問うてはならないし、「はいお医者さんたち。使っちゃダメよ」
って命令出した以降についても問うてはならないよ。
で、厚労省が418人のリスト隠していたのは今回の損害賠償とは
直接関係無いよ。
職務怠慢なんだからその意味での罰は受けるべきだけどさ。



923 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 01:03:05 ID:6eHrry+O0





















体制脳患者の集まるスレですww









924 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 01:03:16 ID:jSW9wUrw0
エリコのスキャンダルネタなんて、今の時期、高値だろうなあ。

925 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 01:06:28 ID:klxTL2OZ0
>>904
ワロタw
しかも必死にイオン擁護してこっちが手薄になってるしw
仕入れ値をとことん買い叩いて地元の生産者を疲弊させ、地場スーパーと商店街を壊滅させるイオン
潰れればええねん

926 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 01:06:33 ID:qlWhqQDE0
不幸な人が大勢いるこのご時世で、情に訴える手段なんかそう通用するわけないわな。

927 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 01:08:43 ID:UdehLnbY0
 俺は北朝鮮を救うより、日本のために税金使ってもらいたい!

【政治】 日本政府、北朝鮮の軽水炉建設費債務「448億円」の事実上“肩代わり”決定

928 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 01:08:47 ID:TfIGw3260
薬害を副作用とかいってる奴ははっきり言って頭がおかしいだろ

929 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 01:09:31 ID:KVHjGm8S0
>>922
俺はあんたに同意の上で、現実を指摘してるだけ。

仮に、将来タミフルが異常行動の原因だと判明すれば、
すでに疑われていたにもかかわらず、認可を続けたということで、(世間的に)有罪。
仮に関係ないと判明すれば、
あやふやなうわさで、年少者に投与を制限し、インフルエンザの危険を増した・・・
ということで、やはり有罪。

930 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 01:10:21 ID:BWBM8PBc0
>>924
あんまり言葉が過ぎると、そういう方向から攻撃されるかもね

931 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 01:16:09 ID:3M5gVUPpO
ごめんちょっとわからないんで詳しい人教えて
85年に製造方法が変わるまではC型肝炎ウイルスは不活性化されてたんだよな?
じゃあそれ以前にフィブリノゲン投与で感染したって言ってる人ってなんなの?

932 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 01:16:12 ID:NNhL+gWg0
>>925
工作員の割り振り間違ってるよね


933 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 01:16:46 ID:J3ktluKA0
きょうびの週刊誌に載ってるスキャンダルネタって、2ちゃんから拾ってきたようなのばっかりだしょ?

934 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 01:21:43 ID:lMT0lnsg0
>>931
厚労省のサイト
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/12/h1209-1/index.html
「 その当時、フィブリノゲン製剤の原料に混入した肝炎ウイルスを
不活性化するための技術が十分でなかったことから、
平成6年*以前に同製剤を投与された方々は、
肝炎ウイルスに感染している可能性が一般の方より高いと
考えられます。 」

935 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 01:36:44 ID:cI0CWcmj0
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/body/1189573596/


936 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 01:40:01 ID:2AQMRoiY0
>>900
そうだよ
いわゆる自称人権団体と
共○・社○系のせいほうきょう系便腰

937 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 01:40:02 ID:5bPPdwZK0
>>909
良い事を教えてやる。
日本の血液製剤市場はバイエルとバクスターに乗っ取られたも同然(赤十字も頑張ってはいるが)。
バイエル・バクスターで処理ミスやウイルスや遺伝子組み換えの微生物やその副産物による汚染があったらまたこんな事が起こりかねない。
日本は海外より二手も三手も承認が遅れるからまたマズい事が起きそうな予感がする。
>>931
まあ、BPL処理も完璧では無かったと言う訳だ。
効果薄めに見積もって1/100、効果大きめに見積もって1/100000に感染の確率が下がるってようなもの。
現在の処理のように完璧にC型肝炎の処理ができなかった。(今も処理が完璧かは分からんが)。
これはちゃんと薬害肝炎の弁護士のサイトへ行けば載っている。

とは言え、7/10の確率で感染するものが、7/1000の確率に下がると考えれば効果あるように思えるだろ。
ちなみに、その当時の献血でC型肝炎に感染する確率は大まかに見て1/5位だったと思うぞ。

938 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 02:02:56 ID:Cx0/+6sA0
>>918
で、それがなにか問題があるのか、と聞いてるんだよ。
個々人の考え方・価値観が
結果として体制側にとって有利なものであてはなにが問題なんだ?
常に批判し続けなければいけないのか?

939 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 02:05:23 ID:JhVSEkY50
枡添に
肝炎患者が無理やり輸血すれば
オーケー。。。。

「これであんたも仲間だっ!」

なんか吸血鬼みたいな。。。

940 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 02:08:02 ID:BWBM8PBc0
>>939
輸血肝炎患者は枠外だぞ
あくまで薬害だけ

941 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 02:38:49 ID:ijFNxz2j0
でさ
フィブリノゲンヤバ!って厚生省が思ったのは
集団感染の1987年?C型肝炎同定の1989年?
ポツポツ外国で噂になってた1978年?
いつが正しいの?俺が裁判官ならxx年って言ってくれ。
俺は1987の集団感染時、使用停止命令を出すべきだったと思うから
87に一票

942 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 02:53:24 ID:7PXanQf20
地裁判決で国の責任時期は分かれている
名古屋地裁は 1976年以降責任がある
大阪地裁は 1978年以降責任がある
福岡地裁は 遅くとも1980年には責任がある
東京地裁は 1985年以降責任がある


943 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 02:57:50 ID:/NGATVos0
政府はバカマスコミに左右されず慎重に考えて貰いたい
和解なんて政府のほうから断ってもいいと思うよ

944 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:00:47 ID:ijFNxz2j0
>>942
つまり専門家が判断してもこれだけ時期に差が出るわけだろ?
でも最高裁で名古屋か東京を選ぶのかもっとキツイ判断するのか
わかんないだろ?
だったら時期はきついが、結果的にはほぼ薬害については
全員救済される和解案飲むって悪いことじゃないけどな。

945 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:02:12 ID:lKhJJfAh0
>>944
国には責任がない、っていう仙台地裁判決もあるしね。

946 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:03:41 ID:rQoUOtgV0
>>942
国はこの判決どうりにやればいいのじゃね?
ダメなの?
全員救済て、裁判無視ってことかお!?

947 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:04:02 ID:XqjB0rpQ0
裁判所は賠償額を決める所なのに全ての薬害肝炎患者に対する
責任を認めろって出来るわけないでしょ。

そもそも1985年にミドリ十字がフィブリノゲン製剤の処理法を
変えるまでは偶然にもB型のみならずC型肝炎も不活化されて
いたわけだから。1985年までの患者数は約30人、1985年から
1994年までの患者数は約1万人。当時、出来るだけのことを
していたわけだから1984年以前の患者に対する国の責任は
ないでしょう。それでも救済をするのだから、和解案を受け入れるべき。


948 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:04:14 ID:jszt8pC70
نشخختعهجط عج افهشضصخهسعهربةثعهئهب
ضشسصيثقبفلاغعتهنخم
حجنهعائىعغليغ
رَحَلت
ُ جَنوبا...رحلت شمالا
ولافائ
دهْنشخختعهجط عج افهشضصخه
سعهربةثعهئهبتهظ طجىةزظ
ضشسصيثقبفلاغعتهن
خمحجنهعائىعغليغ
رَحَلت
ُ جَنوبا...رحلت شمالا
ولافائدهْنشخختعهجط عج افهشضصخه
سعهربة
ثعهئهبتهظ طجىةزظ
نخمحجنهعائىعغليغ
رَحَلتُ جَنوبا...رحلت شمالا

949 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:10:18 ID:7PXanQf20
>>948
フラマン語でおk

950 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:11:20 ID:rQoUOtgV0
>>948
だから、そうでもない
それをいっちゃー、おしまいちゃー

951 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:13:37 ID:VoVqXobP0
こいつら背後にプロ市民のにおいがぷんぷんするぞ。

952 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:14:42 ID:7PXanQf20
>>947
裁判所(大阪高裁や最高裁)で出る判決に従え と言うならわかるが

官僚の言い訳通りの内容で原告は受け入れろって

お前は国側の弁護士か?

953 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:17:54 ID:XGkvGNtJ0
小児科医の思うこと
http://www5.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=532192&log=20071219
原告団は患者全員の一律の救済というのをあくまでも主張している。
この「患者全員」というのは、どこまでの人を指すのだろう?
防ぐ手だてがなかった時代に運悪く感染してしまった方々も、
国の責任なのだろうか?
それって、おかしくはないだろうか?
最近は医療訴訟の増加に伴い、輸血や血液製剤を使用する場合には、
必ず同意書をとり、細心の注意を払って必要最低限だけで行っている。
輸血や血液製剤の同意書には、必ずこういう一文がついている。
「未知のウイルスや病原体による感染のリスクはゼロではない」と。
今現在の医学ではわからない未知の病原体に関しては、防ぎようがないのだ。
それでも、どうしても輸血や血液製剤を使わなくてはならない時がある。
それを使用しなければ、助からないときもある。
それしか治療方法がない場合もあるのだ。
C型肝炎ウイルスは、同定される前の時代は、
未知のウイルスだったのである。
今回のフィブリノーゲンによる感染者全員を保障してしまうと、
次には輸血による感染者も全員過去にさかのぼって保障せよ、
予防接種による感染も全員過去にさかのぼって保障せよ、
ひいては今後出てくるかもしれない未知のウイルス感染症に関しても
測定法が見つかった時点ですべての患者を救済せよということになってしまう。
これでは、とても医療は出来ない。
保障はエンドレスだ。
病気など見つけない方がマシということにもなりかねない。
防ぐ方法や治療法が後から発見されたものに対して
「それがなかった時代にまでさかのぼって保障せよ」というのは、
身も蓋もない言い方をすれば、結構無茶苦茶なことだと思う。

954 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:18:43 ID:XqjB0rpQ0
>>952
大阪高裁は、ミドリ十字が処理法を変えた1985年8月から
国は青森県での集団感染が発覚した1987年4月から、
緊急安全情報配布の指示がある1988年6月まで各々に責任が
あると認定したわけだが。

955 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:22:21 ID:8cjvIR7g0
若くして亡くなった患者や、インターフェロンの効果なく肝臓ガンに進行した患者ならわかるけど、
いくら薬害とはいえ、症状も出ていない単なるキャリアに、税金で賠償する必要があるのか?
税金を使うなら、国に刑事責任があることを証明してもらわないと納得できないな。

956 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:24:37 ID:XqjB0rpQ0
原告に同情する連中って基本的知識が欠如してるね。
ワイドショーしか見てないのかな?w

957 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:26:34 ID:klxTL2OZ0
俺の知り合いの女性もC型肝炎だが結婚して普通に暮らしているしなあ

958 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:27:20 ID:kqGhl1jT0
今回の和解案は本当の意味で最後の救済案だと思ったのだがなぁ。
コレを蹴ると言う事は、自ら救済の手を蹴ったに等しいんでね?

そもそも、政府がどーこー言う前に、あんた等を救済しようとしている金は
我々の税金なんだけどな〜…国民も同情を禁じえないから今回の救済で
支出される金に関しては出すことを惜しまないってだけで…吊り上げを
狙った行為は逆効果だと思うんだよなぁ…8億から30億でしょ?十分じゃん。

少なくとも被害者本人が心身の健康的なもので救われるなんて不可能
なんだから、せめて残された家族にいくらか残せるって考え方にシフトした
方が、有意義ってもんだ…あと、本当に切実な人達だって居るんだから
その人達の為にも受け入れるべきだったと思うんだよね。




拒否ッたって事は、そのまま時間切れで死んでも悔いは有りませんってことで

                     F A?





チラ裏終了。

959 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:27:40 ID:0kCoBwiC0
当時のウイルス汚染リスクを高めるプール血漿の製法がそもそも違法的だから
最近になってやっとわかった「偶然にもC型肝炎も不活化されていたが」なんて
ものは、完全に不活化されていたことが証明されない限り言い訳にもならん。

960 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:31:23 ID:KVHjGm8S0
>>952
>>裁判所(大阪高裁や最高裁)で出る判決に従え と言うならわかるが

それは言うまでも無くあたりまえだろ。
そのほうが良いんなら、裁判を継続すればいいだけ。
最高裁の判決には、従えとか言うまでもないだろう。

それは都合が悪いから和解を望んでるんじゃないのか?

961 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:33:17 ID:vGWnYHgk0
。   ゚         | i    ゜     。i    。    ゚l  。    i    ┼┼``
     。  ゜i   ゚    i      !    |    ゜   i          /  ア ア ア ア ア ア ア ア ア ───‐─ ─
                  i     l       i     ! ゚            ゚          。    ゜
  i    ゜  i           |    ゜ i       |       ゜ i   l
             ゜   i         。   i          l        i   l
  |         l    ゚    ;゜   ゜   : ; ; i        l       l           !
:  ゜   i   ゚          i             、i;,| i, ゚,゜   ゜ i      l ゚;   l     。i
   |         。i     l   l   ゜;/ ̄u ̄;j\。´    i    ゚ |         !
゜  。       .|   i      i     :。/ :j :::::\:::/\;゚  !゜   ゜ i        l      | ゜
 l ゜  ゚           。゜    i / u  。<一>:::::<ー>。 ! ゚弄ばれたッ……!
    i   ゜     |           |:j ° .:::。゚~(__人__)~゚j       ゜  ゚ l        。i
  |。     !          i    !  \、 u ;゜.` ⌒´,;/゜   ゜ i     l    ゜ i     l
    !            l       。i      /゚:j⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。     !   ゜    。i
       。  ゚:     ! ゚    l   / ,_ \ \/\ \゜      !        ゜ i  ゚
  、i;,  、|;      、i;, 。  ゜ ;゚ 、i;,と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;._ 。  l  。i ゜    ;゚ 、i;,   ゜ ;゚ 、i;,
´´ ゙ ´ ゙ ´ ``" ´ ´ ` ~ " ゙ ゙" ゙ ´ `"  ゙ ´´ " ´ ' ´ ´ ´ ' " " ゙ ゙ ´ ゙ ´ `" ´ ゙ "´´ ゙ ゙` ´ '  ´ " ´ ´

962 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:33:20 ID:XqjB0rpQ0
当時の標的はあくまでもB型肝炎だった。それが不活処理されていたのだから
無問題。1994年までは完全に近い形でウイルスを不活化するのは技術的に
無理だった。それについてまで責任を認めるのはおかしな話だし
裁判所も認めていない。もっとも国は金を払うと言っているわけだが。

963 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:35:07 ID:0kCoBwiC0
>C型肝炎ウイルスは、同定される前の時代は、
>未知のウイルスだったのである。

輸血後肝炎には非A非B型肝炎があること、そしてそれが輸血後肝炎の大部分を占めるとが知られていた。
輸血後肝炎の90%以上は非A非B型肝炎であると分かっていたはずだ。
血液製剤の危険性は十分に認識できていたはずだ。
なぜB型肝炎ウイルスだけスクリーニングされた製剤が承認され使用されていたのか?


964 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:37:04 ID:8cjvIR7g0
なんだよ、「違法的」ってw。

国、製薬会社、医療従事者、それぞれを相手に刑事告訴の上で、
どこにどれだけの責任があるか立証されない限りはダメだ。
感情論だけで税金を使うなんてコトはあってはならないと思う。

965 :"(,, ゚×゚)"剃毛侍 ◆XS/KJrDy4Q :2007/12/23(日) 03:38:10 ID:roySK0Vw0
>>958
ぶっちゃけ、今回拒否った原告団は時間切れまで長い
(か、そもそもガス欠にならない)。
ガス欠になる本当に救済が必要な人は、
原告団に間接的に殺される事になる。

966 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:38:20 ID:XqjB0rpQ0
>なぜB型肝炎ウイルスだけスクリーニングされた製剤が承認され使用されていたのか?

当たり前のことを・・。あの頃は産後の出血を止めたり
羊水塞栓からDICになって急死したりするのを防ぐために
フィブリノゲンの投与が必要だと信じられていた。
だからフィブリノゲン製剤は必要だった。原因不明の病気の
原因が見つかるまで、「命に関わる病気」の治療を放棄するのか?


967 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:38:43 ID:6L/5p3hp0
如何に金や権力のためとは言え、あの年で大臣にはなりたくないナァ
人生のんびり生きたいよ、なりたくてもなれないけれど!

968 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:38:46 ID:0kCoBwiC0
プール血漿の製法はウイルス汚染リスクを高める、ということも
十分知られていたことだ。

969 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:43:13 ID:8cjvIR7g0
>十分知られていたことだ。

こんな言い回しが反感を買うんだよ。証拠があるなら刑事告訴すればいい。

970 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:46:11 ID:0kCoBwiC0
>証拠があるなら刑事告訴すればいい。

こんな言い回しが反感を買うんだよ。ともいえるw

971 :"(,, ゚×゚)"剃毛侍 ◆XS/KJrDy4Q :2007/12/23(日) 03:48:15 ID:roySK0Vw0
嘘、紛らわしい、推測、誘導、思い込み、決め付け
全部市ね。

972 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:48:30 ID:8cjvIR7g0
正当な手段に訴えることが、誰の反感を買うんだ?

973 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:50:03 ID:scGrhxEM0
もっと現実的な策を持ってくるなら支持できるんだけどねぇ

974 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:50:25 ID:lH5bMPHQO


いつまで続く、

「人体実験!」



975 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:58:30 ID:klxTL2OZ0
最近のエリコのブログは内容がほとんど告知ばっかだね
自分が出演するテレビ番組、トークライブ、街宣のスケジュール、果ては自分の作った刺繍を置いてくれる店まで
本当は何がしたいのかねぇ、この人。

976 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 03:59:49 ID:0kCoBwiC0
>>972
既に各地の裁判の訴状のなかでプール血漿の危険性について主張されていること知ってるだろ。
「違法的」という言葉にひどく反応する必要があるとは思えないけど。

977 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 04:01:18 ID:PZXsz2iD0
北朝鮮に大金くれてやるんだったら、この人たちにやった方がいいよ

978 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 04:03:35 ID:8biZ+w2b0
>975
税金で、遊んで暮らしたいんじゃない?

>976
変な言葉だからさ。

979 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 04:05:16 ID:wDoubfpsO
親しい人がそうらしい、でもカルテとかもうない?だろうし今は何ともない、それによくわからないって何も行動おこしてない。
緊急で手術した病院がフェブリノゲン使ってたらしいけど、もしそれで感染したのならなんともいえない気持ちだ。



980 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 04:08:31 ID:8YXy6zVe0
この日本はどうなってるのー?
みんな、次の選挙は絶対に投票に行こう!
そして嘘ついてる議員の奴等を忘れるな!
そいつらを落選させよう!!

981 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 04:09:35 ID:8biZ+w2b0
生牡蠣食って、劇症肝炎になったやつもいたな。

982 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 04:22:58 ID:lKhJJfAh0
>>976
裁判で片方が主張したから正しい、ってものでもないだろう。
その主張は判決ではどのように認定されているんだ?

983 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 04:32:34 ID:7dJ25EJR0
北朝鮮に400億出すけどなwww

いい加減、この国を見限った方がいいぞ

984 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 04:37:06 ID:N5YKJrGS0
ま、欲を出さないのが一番だね。

985 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 04:43:26 ID:48XsK74D0
認められてなかったとはいえ、非A非B肝炎の存在は医師たちの間で知られててそれの原因がフィブリノゲンというのもわかってた。
やっぱり国にも責任あるのかな。国に万能求め杉なのだろうか。原因までは明確に把握しきれなかったのか

986 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 04:44:17 ID:M2MmaPZc0
.....

987 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 04:49:34 ID:M2MmaPZc0


988 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 04:49:46 ID:KVHjGm8S0
>>985
輸血が原因であることは広く知られていた。
フィブリノゲンに関しては、輸血を上回る危険があると、
認識していた医者は少数だろう。
輸血せねばならない状況の人なら、フィブリノゲン投与しても、
更なる危険は許容範囲内と考えていた医者が多数と思われる。

989 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 04:51:37 ID:ft2bwheZ0
当時の医療でフィブリノゲンを使うのが正しかったんだから、
そのときまで遡って法的責任を科すのでは、医療現場は成り立たない。
原告も分かってるから、言葉遊びで政府批判してるんだろうけど。


990 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 04:52:27 ID:48XsK74D0
>>988
フィブリノゲンのほうはあまり知られてなかったというのか。
それだとまた違ってくるな・・・

991 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 04:55:16 ID:M2MmaPZc0
輸血しなくて死んだらやっぱり訴えられるの?

992 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 05:07:36 ID:KVHjGm8S0
>>990
同じ肝炎にかかっても、当時輸血したことを責める人はいないし、
輸血を認めた厚生官僚も非難されていない。救命処置だから。
大多数の医者にとって、フィブリノゲンは輸血に準じた救命処置・・・
ってのが当時の認識。

今でさえFFP多用する医者は後を絶たないし・・・。

993 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 05:09:39 ID:M2MmaPZc0
じゃあ、原告の人たちは当時の医者がどうすればよかったと思ってるわけ?

994 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 05:11:55 ID:KVHjGm8S0
>>993
国が、いち早く危険性を認識し、全国の医者へ『使うな』と周知すべきだったと。

それが可能だったか否かでもめてるわけ。

995 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 05:13:26 ID:buD2Ofhn0
アホブロガーに学ぶ、薬害C型肝炎原告批判の手引き(嘲)
http://blogs.yahoo.co.jp/nishidasaburou/52955805.html

↑バカ丸出しのブロガーとその取り巻き達ですw
軽く遊んでやりましょう

996 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 05:22:36 ID:M2MmaPZc0
>>996
にゃるほど、で、国は自分が危険性を認識できたと思える時期で線引きしようとしたら
原告側がそれ以前の人も同じ扱いにしろってわけか。
それはちょっと無理難題な気も・・・

997 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 05:27:04 ID:M2MmaPZc0
間違えた
>>994

998 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 05:34:32 ID:Zue5/w9d0
判らなかったから責任無いとは言えないな。
認可していない薬は使わせないんだがら。
認可した以上全責任を負うべき。
担当者に投与したら?


999 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 05:35:26 ID:UdEFbD7b0
おかわり!

1000 :名無しさん@八周年:2007/12/23(日) 05:36:24 ID:yP3dt0Iy0
ごはんがんまい

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

339 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)