5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

経済学を学んだ事のない素人が日本の景気を良くする方法を考えてみた

1 :名無しさん:2010/04/05(月) 16:08:35 ID:JG46fpkF
( ゚∀゚)o彡゚財金一体、ねずみ講くじ(胴元がほぼ収益を上げない宝くじ)で日本活性化!

くじの当選金は政府が400億円ほど用意する。
くじは1枚300円で購入する事ができ、スクラッチを削ると40枚に1枚の割合で
1万円の国内でのみ使用可能な期限付き商品券がその場で当たり、且つ、総額400億円の
当選のチャンスが得られる。
差額の2000円は販管費。

これで税収を年間400億円増やせれば、政府の勝ち。
現行の宝くじでさえ売り上げが年間1兆円程度あるので、+400億円程度の増収は
十分に可能であると思われる。

地方は宝くじで毎年5000億円以上の利益を上げているので反発するだろうから、
2年間だけ減収分の補填を政府が約束する。国債の利回りより若干魅力的に設定にした
宝くじ債などを発行して一定の利回りを宝くじのオーナー(債権の買い手)に還元する方法で
ファイナンスする。
現行の宝くじで利益率は55%もあるのだから、利率3,4%で還元する宝くじ債は十分に成り立つ
だろう。エコファンドへの投資など、投資家には自らの投資に対して社会的意義を求めるという需要があるが、
宝くじ債は日本を盛り上げる為の投資なので、販売がうまくいく可能性は高いと思う。

2 :名無しさん:2010/04/05(月) 16:09:31 ID:JG46fpkF
(続き)

現行のさっぱり当たらない上に超搾取的な宝くじの売り上げでさえ年間1兆円程度あるのだから、
分配を限りなくねずみ講的にして当選金を400億も積めば、5兆円程度までは伸ばせる事だろう。
これで2年間のうちに税収をトータルで1兆円程度増やせれば、政府の勝ち。
財政赤字を増やさずに景気を刺激する事ができる。
金融機関も年間5000億円程度とはいえ、債権の販売額を増やす事ができるだろう。

本当は財務省や日銀が変わって貨幣の流通量を増やしてくれれば一番良いのだが
現状は変わりそうも無い。多くの日本人もこれ以上政府が赤字を増やす事に対しては
批判的である。
貨幣の流通量を増やせないのであれば、貨幣の流通速度に注目するしかない。
どんなに需要がないと言われている時代であっても、幸運に対する需要は尽きる事が
ないと思われる。
だから、幸運を商品にすれば良いのだ。
上記の様な面白いほどポンポンと当たるねずみ講くじの発行は、政府ができるだけ
お金を使わずに景気を刺激する方法としては、優れている事だろう。

3 :名無しさん:2010/04/05(月) 17:23:56 ID:xsHNABsP
何がなにやらさっぱりわからない。

4 :(´ω`  つ ):2010/04/05(月) 18:28:27 ID:23U9bg3M
ポンポン大将がどうしたって?

5 :名無しさん:2010/04/05(月) 19:17:04 ID:IMueOSdL
あざらしは何歳だよ
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1109610.html

6 :目黒ゑびす ◆RC04/GZfx2 :2010/04/05(月) 20:00:49 ID:z5tiWZAu
可処分所得は全然増えないんだからその分民間需要が落ちるだけのような

7 :(´ω`  つ ):2010/04/05(月) 20:50:05 ID:23U9bg3M
>>5
ポンポン大将はこち亀で知ったのです。

8 :名無しさん:2010/04/05(月) 22:54:55 ID:E2gKsIdE
>>3
1万円が40分の1の確率で( ゚∀゚)o彡゚ポンポン と当たっていく景気の良い宝くじでつ
1等の当選額もかつて無い金額となる事でしょう。

販管費は売り上げの14.2%らしいのですが、できればこの部分も国が負担できると
100円を使うと100円以上になって戻ってくるくじが出来上がり効果的でしょう。
スロットで言えば設定4程度のくじです。

消費が増えれば税収も増えますから、その分で国の負担を回収しながらトータルで
経済にプラスにしようというのが目論見です。家計部門の貯蓄を減らせれば成功となります。
低所得者は可処分所得が伸びなければトータルでの消費を増やさないでしょうが(というより、
増やせない)
比較的収入のある層や預貯金、タンス預金に余裕のある層は気分的なものが改善されて
支出を増やしていくと思われます。
経済学者にとっては馬鹿馬鹿しい論理かもしれませんが、人は幸運を感じた時は
財布のヒモが緩む傾向があり、また、ギャンブル的なもので損をした時には、損をした事をすぐに
忘れてしまう傾向があります。
大衆の非合理性をうまく利用していけば、可処分所得がイコールであったとしても、トータルでの
民間需要を増やす事は可能であると考えている訳です。

9 :名無しさん:2010/04/05(月) 23:05:10 ID:oaiToWrk
全然読んでないけど、
とりあえず任天堂株買っとけばいいんじゃね?

10 :名無しさん:2010/04/05(月) 23:06:25 ID:hLm0zkRp
3行にまとめて

11 :ユニシキ:2010/04/05(月) 23:14:24 ID:SD7jqGPC
幸せを本気で経験した事がない幸せ素人が幸せについて本気出して考えてみた

むなしい

12 :名無しさん:2010/04/05(月) 23:26:27 ID:oaiToWrk
一義的には世界から不幸が無くなることが
自分の幸せにつながると思うんだけど、
まあなかなか難しいことです。

13 :名無しさん:2010/04/05(月) 23:35:06 ID:xsHNABsP
40分の1とか言ってないで100パー1万円上げればいいじゃん。

14 :名無しさん:2010/04/05(月) 23:43:01 ID:vni5wPOe
今の日本でねずみ講なんてやったらハイパーインフレ

15 :ビデボ@iPhone ◆vHsBoKkI5I :2010/04/06(火) 14:29:37 ID:pZ/cAlua
2000億ジンバブエドル

16 :名無しさん:2010/04/06(火) 14:36:15 ID:HOHlqV1b
いったい何がどうネズ公なんか分からんのけど
販売金額をそのまま1万円商品券で回して
それと別に国から出した400億を当選金にするゆう話やろ
商品券を現金と同じく使えるなら生活必需品に使うだけやで支出は増えんし
使用用途に制限つけたら売れんくなるか金券ショップ的カラクリが生まれるだけや
ちゅうことで商品券に意味はないただの400億バラ巻き事件や
さらに400億っちゅう数字がどっから出てきたかも分からん

17 :名無しさん:2010/04/06(火) 14:41:39 ID:HOHlqV1b
ファンドの意味もさっぱり分からん
本来種銭集めの為のファンドやろ出資者がリスク背負う分のリターンや
でもこれリスクゼロやないかね出資したら確実にリターンが生まれるシステムやないかね
っちゅうか国が同元やからファンドから種銭拾う意味がないやないかね
ただの現金バラ巻き事件やないかね

18 :名無しさん:2010/04/06(火) 18:25:17 ID:40e3y08h
400億円のバラマキで民需が400億円以上増やせるから
乗数効果すげーよって言いたいんじゃね?


19 :名無しさん:2010/04/07(水) 15:21:46 ID:U5Ow57qz
期限付き商品券という事は、その商品券の価値が時間と共に減っていくということだ
わなw 期限が来たらその商品券の価値はゼロになる。
スタンプ方式でその商品券を流通させると、税収が増えると同時に消費が活性化する事だろう。

減価する貨幣
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E8%B2%A8%E5%B9%A3

「自由貨幣」の経験に関するノート
http://www.grsj.org/colum/colum/%81u%8E%A9%97R%89%DD%95%BC%81v%82%CC%8Co%8C%B1%82%C9%8A%D6%82%B7%82%E9%83m%81[%83g.htm

平成の藩札
http://www.pad-net.co.jp/fswiki/01/wiki.cgi?page=2003%C7%AF12%B7%EE%CB%CC%B3%A4%C6%BB%BC%AB%BC%A3%B8%A6%B5%E6%A1%D6%CA%BF%C0%AE%A4%CE%C8%CD%BB%A5%A1%D7%A1%FC%C3%E6%C0%EE%B8%F9

20 :名無しさん:2010/04/07(水) 20:04:39 ID:lybx0Fwy
まず、みずほブチキレ

21 :名無しさん:2010/04/09(金) 15:13:12 ID:XhroRE8Z
>>20
宝くじの販売インフラは銀行等が持っているのだから、もしやるとしたら今まで通り銀行に宣伝や販売等を委託する事になるわな。
このくじは既存の宝くじ利権を縮小させるものではなく、むしろ拡大させるものとなるお。
くじの販売総額は間違いなく増えるだろうし、それに伴って銀行の手数料収入も増えるから、みずほ銀行は寧ろ喜ぶんでないかお

スタンプ方式で毎月額面の5%を減価させる方法でやるとすれば、売り上げ分のキャッシュを使ってスタンプ券を回収するまでには
20ヶ月のタイムラグが生じるわなw
売り上げが何兆になるかは分からないが、20ヶ月もの間現金を金庫にでも入れておく訳にはいかないだろうから、国債などで運用される事になる
だろう。利息収入だけでも莫大なお金が動くお
宝くじに関係する機関の官僚にとっては、大きな利権となるだろうお

22 :名無しさん:2010/04/10(土) 02:01:19 ID:hgViwIpx
テレビ見ながら酔いながらやでテケトーけどな
結局は自由貨幣を導入したいだけやろ
19の真ん中のリンクは強制的かつ大量に配布されたで
いやおうなしにババ抜きさせられた結果うまくいっただけや
同時進行で現金が流通しとるときに誰が望んで自由貨幣を欲しい思うかね
自由貨幣導入と宝クジは切り離さんとダメや
んで前にも書いたんけど使われたとしても生活必需品だけや
19のリンク先は生活必需品以上の自由貨幣の導入がされとるでうまくいっただけや


23 :名無しさん:2010/04/10(土) 02:06:14 ID:hgViwIpx
んでまぁこの宝クジは何かゆうたら自由貨幣と現金を交換するシステムなわけやね
ただ交換したら16パーほど目減りしてまうわけやね
そんかわし運が良かったら当たりでお小遣い貰えるゆう話や
仮に1兆円売れたとしてな。現行の宝クジは半値の5000億が当選金や
けどこの宝クジは1/10以下の400億しか当選金がないんや
自由貨幣との交換すら完全補償されとらんトコに一般市民がギャンブル張るかいね

24 :名無しさん:2010/04/10(土) 15:51:04 ID:oY5WQfV3
>19の真ん中のリンクは強制的かつ大量に配布されたで
>いやおうなしにババ抜きさせられた結果うまくいっただけや
>同時進行で現金が流通しとるときに誰が望んで自由貨幣を欲しい思うかね
>自由貨幣導入と宝クジは切り離さんとダメや

まあ、ねずみ講くじみたいな増税をせずに単純に宝くじなしで自由貨幣の導入をするとすれば、
1万円分使えるスタンプ紙幣を1000円位で販売すれば良いだろうお。
1000円で買えて1万円分の買い物が出来るんだから、別に強制等せずとも皆
自由貨幣を買っていくわな。
法律を変えてその自由貨幣を法貨として認定してしまえば良い。
法貨であればお店は受け取りを拒否できないだろうお。

毎月5%、スタンプ方式で収入印紙でも貼って減価させるとすれば、20ヶ月後には自由貨幣の発行額分が税
として戻ってくる。それでスタンプ紙幣を償却すれば良い。
国は1000円×販売枚数分の税収を増やす事ができるだろうし、消費が活性化した分でも税収が増える。

25 :名無しさん:2010/04/10(土) 16:43:55 ID:oY5WQfV3
この税金は一体誰が支払う事になるかと言うと、大半が企業の負担となる事だろう。
だが企業は売り上げ増によって恩恵を受けているので、その利益から負担してもお釣りは十分に来るはずだ。
消費が活性化してモノが売れ始めると、企業は生産を増やしたり、人手が足りなくなって雇用を増やしたりして
経済は本来の姿を取り戻していくだろう。

一般的には自由貨幣は普通の貨幣と比べて流通速度が数倍になる。
流通速度が速いという事は何を意味するかというと、供給するマネーが少なかったとしても、その割には経済効果が
出てくるという事で、財政難の日本にとって自由貨幣は検討に値するものである事は間違いがない事だろう。
バラマキの額を抑えつつも、効果のある経済対策が打てるという事だ。
例えば、子ども手当ての給付額を半分に減らしたとしても、それが自由貨幣であれば、全額を日銀券で給付する以上の
経済効果を生み出す事だろう。
まあ、子ども手当ては景気対策ではないので、これは本来の趣旨から外れるが・・・

26 :名無しさん:2010/04/10(土) 17:25:57 ID:oY5WQfV3
オーストリアでは流通速度が17倍になった。
少なくともスタンプ税の支払いを避ける為に、年間の流通回数はスタンプ税の支払い回数よりも上になるはずで、
発行額が少なすぎたら効果はほとんど無いだろうが、数兆円の単位でスタンプ紙幣が出回り始めれば街は活気付いて
いく事だろう。
デフレ不況の真っ只中でこんな事を心配するのは全く馬鹿げた事だが、発行額が多すぎたり、予想以上に金が回り
過ぎて景気が過熱し始めてきたら、途中で償却していけば良い。

このスタンプ紙幣がたくさん流通するとどうなるかと言うと、恐らく銀行員の給料やボーナスの一部が
期限付きのスタンプ紙幣で支払われる事になるだろう。

このやり方はねずみ講くじと違って、発行額分の日銀券をその場で回収してやる訳ではないので、通貨供給量を増やす事になる。
日銀は通貨供給量を増やす為の政府紙幣には断固として反対するだろうから、まあ、上記の案は実現する可能性は
ほぼゼロだろう。

27 :25:2010/04/11(日) 12:44:51 ID:pPcFgzp5
>一般的には自由貨幣は普通の貨幣と比べて流通速度が数倍になる。
>流通速度が速いという事は何を意味するかというと、供給するマネーが少なかったとしても、その割には経済効果が
>出てくるという事で、

>発行額が少なすぎたら効果はほとんど無いだろうが、数兆円の単位でスタンプ紙幣が出回り始めれば街は活気付いて
>いく事だろう。

上記の2つの文には矛盾があったので訂正するお。それぞれの街で流通するお金の、恐らく3,4割くらいは
スタンプ紙幣で流通しなければ、流通速度の点では月末の駆け込み流通以外にはあまり効果が出ないかもしれない。
流通量が3割程度となれば、所得が1億円あって年1000万円の支出で生活している人や、所得が3億円あって
年3000万円の支出で生活している人、要するに消費性向の低い富裕層が支出を増やし始めるだろう。
スタンプ紙幣の贈与税を免除にすると、若年層への所得移転と消費支出が相当改善される可能性があると思われる。

28 :名無しさん:2010/04/11(日) 16:55:17 ID:M3TNRSRB
中央銀行が行い得る新しいオペレーションとしては、上記のスタンプ紙幣を利用したダイレクト・オペレーションが考えられる。
ダイレクト・オペレーションとは今私が勝手に名付けたものであるが、これは何かと言うと、上記のスタンプ紙幣を政府紙幣で
はなく日銀が発行するやり方である。
先述のスタンプ紙幣であれば、20ヵ月後には額面分の金額が税金として戻ってくる訳だが、日銀が発行するスタンプ紙幣の場合は
、20ヵ月後には発行額面分+発行額面に対する銀行の一般的な貸出金利分が日銀に戻ってくる事になる。その様にスタンプ紙幣の販売金額が調整される。
日銀は20ヶ月が経ったら、スタンプ紙幣を償却すると共に、銀行の貸出金利分を各金融機関の貸出シェアなどの何らかの
データを元に、各金融機関に金利収入分を分配する。
このやり方であれば、金融機関に一定の配慮をした上での施策が可能となり、日銀の理解が得られる可能性が高まる事だろう。

29 :ねずタソ:2010/04/13(火) 03:13:55 ID:TrlwKjmY
ダイレクト・オペレーションで各世帯に毎月3万円のスタンプ紙幣を支給するシミュレーションをしてみよう。
世帯数を5000万世帯とすると、毎月1兆5000万円、年間18兆円が全世帯に支給される。
20ヶ月では30兆円である。
貸出金利を3、3%とすると、3万円分のスタンプ紙幣から1000円分が割り引かれて各世帯に支給される。
金融機関へは合計9900億円が支払われ、各世帯は毎月29000円所得が増える。

毎月5%減価させるとすると、20ヶ月間で企業は30兆円を負担する事になる。
実際にはこの5%の割引コストは、企業の仮想値引きの様なものだ。企業同士の値下げ競争にストップを
掛ける事だろう。

運悪くこの5%の割引を受け入れる事になった企業は、不満を持つだろうか?
スタンプ税の支払い発生前には多くの駆け込み流通が発生する事が予想されるが、最も多く支払いが発生するのは
コンビニやスーパー、飲食店などだろう。時間がぎりぎりだったら、近くのコンビニででもスタンプ紙幣を使ってしまう事だろう。

30 :ねずタソ:2010/04/13(火) 03:41:06 ID:TrlwKjmY
コンビニ等であれば、粗利益はだいたい30%前後だろう。駆け込み需要で1000円のスタンプ紙幣に対して50円のスタンプ税が
発生したとしても、250円は儲けが出る。
スタンプ紙幣は最低額面が1000円からで、お釣りは出ない仕様なので、このスタンプ紙幣の利用者は最低でも1000円以上の
買い物をしていく訳だが、コンビニの客単価は一般的には700円程度なので、特にコンビニ等の客単価の低い企業は絶大な恩恵を
受ける事だろう。
スタンプ税の支払いを拒否するどころか、税が発生する直前でも良いからどんどん自分の店でスタンプ紙幣でモノを買っていって
欲しいと願うに違いない。

私は粗利益が5%もないという企業を聞いたことが無い。どんな会社であれ、自分の所から購買してくれるのであれば、スタンプ税の
支払いを受け入れるのではないだろうか?
借入金や公共料金、税金等の支払いにも使える様にした方が良いかどうかは分からない。

31 :名無しさん:2010/04/13(火) 05:17:33 ID:lOaplD4q
もう何か、普通の現金を毎月ばら蒔くだけで
良い様な気がしてきた(´・ω・`)


32 :名無しさん:2010/04/13(火) 23:09:57 ID:EOCZhH1Z
マクロとミクロどっちの話がしたいのかね。

33 :名無しさん:2010/04/14(水) 01:32:43 ID:+8kYuNDy
パチンコ店課税になるね

34 :名無しさん:2010/04/14(水) 01:51:39 ID:+8kYuNDy
パチンコ店から金券ショップに大量に流れて
3%引きくらいで売られる


35 :名無しさん:2010/04/14(水) 03:30:26 ID:1RjtkEck
最近やっと企業の増資が株価下落に繋がると理解した端者ですが、
そうするとあれですか、CDSなんかは経済界から干されそうな企業達の
有馬記念出走権みたいなものですか?

36 :ねずタソ:2010/04/16(金) 01:58:02 ID:eYrVlN7E
>>32
どちらかと言えば、マクロですw

37 :ねずタソ:2010/04/16(金) 14:33:19 ID:qCFOkkSF
>>35
CDSは金融界にとっては、麻薬みたいなものでしょう。
CDSの市場規模は5500兆円程度ですが、金融界はこの麻薬によって、
もう元には戻れないほど頭がイカれてしまったと言えるでしょう。
今日も頭のイカれたカルト金融マンが、様々な国や企業の破綻や保証料の上昇を願って、
活動している訳です。

国債CDSの場合では、保険料の受け取り手は、国の破綻を煽る事で、自分たちの儲けを増やす事ができます。
また、国の破綻を煽る事によって、その国債CDSの需要そのものを増加させる事ができます。
二重においしい訳です。
彼らにとっては、「破綻するよ詐欺」ほど、カンタンに儲かるものは無いのです。
そして本音では、実際に破綻などあり得ない事を理解している事でしょう。
彼らは国債の下落と金利上昇により大きな利益を得るはずです。

国債CDSビジネスで大金を得ているプレーヤーにとって最も面白くない事は、景気回復により財政再建
が実現してしまい、受け取り保険料が減ってしまう事でしょう。

38 :ねずタソ:2010/04/16(金) 14:54:13 ID:qCFOkkSF
日本で国債の金利が上昇したら大変だと言っている人の中には、本心では金利の上昇を望んでいる人たち
が多数いる事でしょう。
彼らは危機を煽る事で利益を得、危機が実現する事で大金を得る訳です。

銅鑼衣紋氏が言うところの「トンデモ経済学の家元」とは、彼らに他ならない事でしょう。
彼らには、そうするだけの「十分な動機」があると思われます。

ソブリン債のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)指数は、昨年9月のボトムから、
2倍近くに上昇しています

・ギリシャ  △250%+
・ポルトガル △217%
・フランス  △122%
・スペイン  △111%
・アメリカ  △100%
・日本    △ 95%

39 :名無しさん:2010/04/18(日) 17:30:07 ID:KvPMHvGO
>>29で述べたスタンプ紙幣は、仕組み的には銀行からの借入金と変わりありません。
では、そのスタンプ紙幣とは、一体誰の債務なのでしょうか?
お題目としては、政府、企業、家計全員の負担でランダムに返済していく事になります。
債務の国家総動員的なものとなる訳です。

この債務は返済者がランダムな債務で、政府、企業のいずれのバランスシートにも債務として計上される事はありません。
簿外債務の様なものとなる訳です。
金融機関にとっては取りっぱぐれ様のない安全な貸し出し先となるはずです。

このスタンプ紙幣の仕組みは、債務の圧縮を願っている政府にとっては、利用価値の高いものとなるはずです。
例えば、子ども手当ての財源をこのスタンプ紙幣に変えたならば、政府は国債の発行額を相当圧縮する事が
できるでしょう。
流通していく過程で負担と便益が完結するので、財源を必要としない訳です。

40 :名無しさん:2010/04/18(日) 17:34:14 ID:KvPMHvGO
ポイントカードの様なものにチャージする電子マネー方式の、銀行間決済が可能なスタンプ紙幣を開発、整備する事ができたならば、
返済期間30年などの長期間にも対応させる事が可能となるでしょう。
その場合は、コンピューターによって、一定の期間毎に自動的に減価させていく事になります。

法人税や消費税をゼロ%にする代わりに、このスタンプ紙幣を10兆円流通させる等の使い方もできるかもしれません。
金利が掛かりますが、徴税コストを考えたらこちらの方が効率が良いかもしれません。

41 :名無しさん:2010/04/19(月) 16:42:00 ID:T/ni7/rf
企業や現役世代の個人の年金負担を半分にする代わりに、高齢者の年金給付の半分をスタンプ紙幣にする等もできるかもしれません。

流通量にもよりますが、スタンプ紙幣とは基本的にはキャッシュの豊富な個人や法人への課税となります。
上記の年金の場合では、貰った年金を全く使わなかったお年寄りは、年金支給額が実質半分となる訳です。

42 :名無しさん:2010/04/19(月) 16:53:31 ID:T/ni7/rf
ただ、実際には黙ってお金が減っていくのを見ている人は少ない事でしょう。自分が債務の返済者になりたくないのであれば、そのお金を使うしかない訳です。

43 :名無しさん:2010/04/19(月) 16:57:33 ID:T/ni7/rf
キャッシュを貯めたい個人や企業は、スタンプ紙幣を額面の数%引きで消費意欲や投資意欲のある層へ売却し、普通の紙幣と交換する事に
なります。
消費や投資意欲のある個人や企業が、その数%引きのスタンプ紙幣を市場で購入し、実質減税の様な形でスタンプ紙幣を使う事
になるでしょう。

44 :名無しさん:2010/04/19(月) 21:33:37 ID:4zT8jdvA
経済まとめ@wiki - マクロ経済学
http://www36.atwiki.jp/ginkouin/pages/52.html


45 :ねずタソ:2010/04/20(火) 02:58:12 ID:4dP6aFOU
>>44
高卒の俺には、難しい数式とかは良くわからんお(´・ω・`)

46 :名無しさん:2010/04/20(火) 16:37:39 ID:quTkRIqr
考えが浅すぎるし集団心理ゆうか「人」を分かっとらん
ロビで展開するよりか経済板かそんなところで展開してきたらええんやないか?

47 :ねずタソ:2010/04/21(水) 15:52:32 ID:6ewjTIj/
>>46
そう。経済学で一番重要なポイントは恐らく心理とか期待だろうお。
デフレのボトルネックは過剰な貨幣愛にあるのだから、スタンプ紙幣は有効でしょう。
消費税を増税するくらいなら、スタンプ紙幣の「消費しない税」の方が結果を出せる
事でしょう。
気が向いたら経済学板へ移動しますお。アドバイスどもですw

48 :ねずタソ:2010/04/22(木) 00:18:12 ID:8NKwzFOs
ダイレクトオペレーションとは何かと言うと、税収の一部を元金と金利の返済部分で
あると見做し信用創造を行うもので、税収部分にレバレッジを掛ける事ができます。
例えば、消費税を1%増やすと税収が毎年2兆円ほど増えるだけですが、ダイレクト
オペレーションを用いて信用創造を行う事により、国民負担は同じ毎年2兆円のままで、
その2兆円を今すぐに何十倍にもする事ができる訳です。
返済期間が30年であれば、1%の消費税増税分で50兆円程度をファイナンス
する事ができる事でしょう。
そして、スタンプ紙幣の所有者その人が債務の返済者であるという性質により、
この50兆円の債務は政府から切り離される事になる訳です。
この仕組みにより、政府は新規国債の発行額を劇的に減らす事ができるでしょう。

49 :ねずタソ:2010/04/22(木) 00:52:35 ID:8NKwzFOs
スタンプ紙幣はマネーそのものが債務であり、ダイレクトオペレーションとは
それを利用したものとなります。
ダイレクトオペレーションとは、スタンプ紙幣を利用した政府債務の民間部門への
切り離しである訳です。
厳密に言えば、政府、企業、家計部門の総動員でこの債務を負担する事になります。

債務を負担といっても、国債であろうが何であろうが結局は政府の支出は
民間部門が実質負担する事になるものである事に変わりありません。
バランスシートの債務を横にスライドさせる様な感じとなります。
日本の様な内国債の国で、政府部門だけに異常な赤字がある国では、効果を発揮する事でしょう。

左に債務が多くて財政が破綻しそうであれば、それを右に移してやれば良いし、右に債務が多くて
破綻しそうであれば、それを左に戻してやればいい訳です。
海外からの莫大な借金がある訳でもなければ、それで国は回るはずです。
国債市場の需給バランスは、このオペレーションによって自由に調節する事が可能となるでしょう。

50 :名無しさん:2010/06/17(木) 22:34:49 ID:w9u02pBa
今日の金融政策には経路面で重大な欠陥を抱えています。
ダイレクトオペレーションならばその様な欠陥とは無縁です。

資産バブルが懸念される時は、貨幣の増加(増量)オペを行い、
資産下落が止まらない不況、恐慌時には貨幣の減価オペを行うわけです。

目安としてはコアコアCPI2〜3%を軸として、それより多ければ増加オペ、
それより少なければ減価オペを行うと。

今日の金融政策では銀行システムを介してしかマネーを供給できません。
日銀が国債を買うにしても、マネーの増加経路は局地的、限定的なもので
しかない訳です。

ダイレクトオペレーションは全体的なマネーの量に対してオペを行うので、即効性が
あり、且つ、絶大な効果を発揮する事でしょう。

不況時に貨幣を減価させるという事は一見、マネーの総量が減るのでデフレ要因になる様に
思われるかもしれませんが、死蔵していたマネーが動き出すので、マネーの総流通量自体は増加し、
インフレ、好況要因となる訳です。
好況時も同様です。マネーの総量は増えますが、死蔵するマネーが増える為に資産バブルを抑える事ができるという訳です。

51 :名無しさん:2010/07/26(月) 02:25:33 ID:72HiYYwR
馬鹿の考え休むに似たり。

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)