5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

回帰だけと議論するスレ

1 :男系絶対カルト:2010/07/16(金) 22:49:54 ID:5SKICpcO
各スレにおける回帰の発言へのレスは、
それぞれのスレでは絶対にしないで下さい。
すべて、いちいちこのスレに書きましょう。

2 :名無しかましてよかですか?:2010/07/16(金) 23:38:10 ID:2o0quYcm
んじゃ私から。

ゲスな煽りは置いといて、回帰が女系を正とする旨は、
@天皇家は男系という血筋ではなく徳で統制された王朝であるから、男系にとらわれてはならない
A男系に固執することは、シナ移民に乗っ取られる危険性を孕む

この2点のみです。
ただ、天皇家の男系継承は認めています。
では検証しましょう。



3 :名無しかましてよかですか?:2010/07/16(金) 23:54:40 ID:2o0quYcm
@の疑問
徳で統制されていれば、男系に拘る必要はなくなるのか?
言い替えれば、皇位継承における「徳」は一度破れば失われる皇統より大事なのかということになります。

例えば、称徳天皇が道教に皇位を譲ろうとしたのは、最も徳の高い人物こそ皇位に就くべきだと考えたためだという説もありますね。
しかし実現しなかった。それは天平期に、徳より血を重んじた事に繋がります。
また、徳という観念において、直系の継承者が男系より勝っているのか、
という説明が必要ですが回帰にそれができますか?

Aの疑問
男系推進はシナ勢力への加勢になるのか?
裏を返せば、女系は保守なのか?ということになります。
大陸勢力と繋がりが深いの社民党は女系推進ですね。
民主党も女系に理解がありますが、先日韓国への謝罪賠償を提案しました。

シナ勢力は、むしろ女系との関連が強そうですね。

4 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 00:02:20 ID:2o0quYcm
本音を言えば、回帰のような小者が何を喚こうが別に構わない。
ただ、論のつまづきに気付ける奴か気になったので相手してみた。

別な場所ができたのでありがたい。
回帰、議論したいなら反論してみろ。

5 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 00:24:58 ID:bqSrdlgQ
回帰、天皇制が何から何までシナから輸入されたものだとすれば、
それを継承してゆく理由を説明できるか?

あともう一つ、お前、前方後円墳体制って知ってるか?


6 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 00:34:47 ID:OQrLsuYK
徳がどうのと言ってる段階で
あいつは何か根本的なことを取り違えてる

7 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/17(土) 02:09:04 ID:yQ/X3grP
>>3
まず@の疑問から
>徳で統制されていれば、男系に拘る必要はなくなるのか?

私は徳で統制されているのであれば男系にこだわる必要は無いと思います。
>皇位継承における「徳」は一度破れば失われる皇統より大事なのかということになります。

ここで大事なのは皇位継承、皇統とは何かと言うことです。
無論皇統が大事ではないとは言いませんが、皇統と引き換えに徳を失わせる
ことは私は良い事ではないと思います。
>例えば、称徳天皇が道教に皇位を譲ろうとしたのは、最も徳の高い人物こそ
>皇位に就くべきだと考えたためだという説もありますね。
>しかし実現しなかった。それは天平期に、徳より血を重んじた事に繋がります。

これには語弊があると思います。
このケースは徳による皇位譲渡と思われがちですが、実は道鏡に皇位を譲ろうとした
段階で覇に当たる皇位の譲渡なのです。
血統により覇よりも徳を重んじたのです。
>また、徳という観念において、直系の継承者が男系より勝っているのか

時と場合によるとおもいます。
現時点では「徳」の秩序を守るための原理として、神武天皇を皇祖とした朱子学的男子
継承が機能しておりますが、これが安定的に続けられる限りは男子継承によって徳は守られ続けます。
しかし、それが出来なくなった時には男子男系よりも長子直系の方が勝る場合があると言うことです。

8 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/17(土) 02:14:24 ID:KSbq/48j
おまいらも好きだねぇ。
対等になって回帰をまともに相手してていい加減アホらしくなってこない?
回帰については↓のスレに詳しい。

先生は真・日本民族論、単一民族論を書かれるべき
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1242448419/

9 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 02:25:32 ID:bqSrdlgQ
>>7
>無論皇統が大事ではないとは言いませんが、皇統と引き換えに徳を失わせる
>ことは私は良い事ではないと思います。

来ましたな。ありがとう。
しかしあなたの答えでは次々に疑問が湧きます。

長子でなければ徳が守られない理由とはなんですか?
今まで男系継承で徳も守られてきたなら、何故その流れを断ち切る必要があるのですか?
しかも何故「今」でなければならないのですか?
具体的に言えば、悠仁親王で徳が失われる根拠とは何ですか?何故愛子内親王なら守られるのですか?

10 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 02:33:21 ID:bqSrdlgQ
あともう一点

>私は徳で統制されているのであれば男系にこだわる必要は無いと思います。

裏を返せば、徳で統制されているなら女系にこだわる必要もないということですね。

愛子内親王は、100代・千年以上にわたる継承の原則を破るほどの徳を備えているということですね。
ならばあなたは、その説明をすべきではないですか?

11 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 02:43:13 ID:bqSrdlgQ
ああ…まだまだ湧いてくる。

>これが安定的に続けられる限りは男子継承によって徳は守られ続けます。
>しかし、それが出来なくなった時には男子男系よりも長子直系の方が勝る場合があると言うことです。

そもそも回帰の言う「徳」とはなにか。
男系が安定継承すれば何故徳も守られるのか。
長子が男系に勝る徳の継承とはいかなる意味か。

「血」に置き換えたら意味が伝わる気がするが。

12 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/17(土) 03:20:09 ID:yQ/X3grP
>>9
>長子でなければ徳が守られない理由とはなんですか?
>今まで男系継承で徳も守られてきたなら、何故その流れを断ち切る必要があるのですか?

長子で無ければ徳が守られないのではなく、男系では徳が守れないのです。
男系の流れを断ち切る必要があるのは2600年余り続けられてきた徳による政体、つまり国体を維持するためです。
>しかも何故「今」でなければならないのですか?
>具体的に言えば、悠仁親王で徳が失われる根拠とは何ですか?何故愛子内親王なら守られるのですか?

さあ、私が決めたことではありませんから。
少なくとも敗戦しなければもっと続ける事が出来たのでしょうけど、少なくとも悠仁様以降は
どうしても考えなければならなくなるでしょう。
愛子内親王と言うより、女系容認が徳による統治を支える要素になるのではないかと思われます。


13 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 03:24:07 ID:H59lCimm
徳なんてつかみどころのないものは言い方一つでなんとでもなる。
結局、徳も覇も実体は単なる実力。勝ったほうが徳でも覇でも好きなように自称する。
それが中国システム。

14 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/17(土) 03:56:18 ID:yQ/X3grP
>>3の疑問A
>男系推進はシナ勢力への加勢になるのか?
>裏を返せば、女系は保守なのか?ということになります。

私は男系推進にシナ勢力がつくことは絶対にあると思うよ。
これを否定してるやつは逆に怪しい。
というより、男系派だから保守とか女系派だからシナ人がつくに決まってるとか
そんなレベルでないことぐらい中国人を見ればわかるはずだ。
やつらはどちらにもつく、そしてどちらにもついて最後に勝つほうに傾くだろうよ。
シナはもう一回19世紀の植民地時代に戻ってもらわないと困る。
あとインドも含めあの一帯だけで全地球上のおよそ約半分の人口がいるとか馬鹿馬鹿しすぎる。
インドとシナが同盟を組むだけで世界支配できるぞ。
>大陸勢力と繋がりが深いの社民党は女系推進ですね。
>民主党も女系に理解がありますが、先日韓国への謝罪賠償を提案しました。
>シナ勢力は、むしろ女系との関連が強そうですね。

こういうバカな質問はホントして欲しくない。
まず反日の女系派、売国女系派、とにかくそういう連中はいる、否定しないしできない。
私にとってはこうした売国左翼は敵である、こいつらは似非女系派だ。
また私は同じように男系派にも覇道のシナ男系派と徳道の日本男系派がいると考えてる。
覇道の男系派は何らかの形で中国や朝鮮と関わりのある疑いがあり、また連中は皇室を見下してる。
こいつらは似非男系派だ、いずれ天皇の権威を利用して覇権主義を行うのは目に見えてる。

15 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/17(土) 03:57:36 ID:yQ/X3grP
>>5
>お前、前方後円墳体制って知ってるか?

しらないが、ただ諸説聞いたことはある。
あれは「盾」だとか「船」だとか、円墳部分は銅鏡だとか。
ほかにも祭壇や「マナの壷」なんて珍説もあるが。
方墳部分は石室だと見れるがそれにしては巨大すぎる。
>>13
それは違うと断言できる。
お前がそう思うのは己の弱さ、信念の無さからだ。


16 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/17(土) 04:06:30 ID:yQ/X3grP
>>10-11
>裏を返せば、徳で統制されているなら女系にこだわる必要もないということですね。

それはその通りでしょう。
徳で統制されているのなら女系にこだわる必要はありません。
>愛子内親王は、100代・千年以上にわたる継承の原則を破るほどの
>徳を備えているということですね。
>ならばあなたは、その説明をすべきではないですか?

私は愛子さまやあるいは佳子様や眞子様といった女性皇族の方々が
今後の日本において重要な存在になってくるのは間違いないと思います。
>男系が安定継承すれば何故徳も守られるのか。

男子継承が今後も安定して行えると言うことは、それは日本で男系継承が
認められ支持されていると言うことに他なりません。
これからもずっとそう続けられるのであれば小林も反対などしなかったでしょうに。
>「血」に置き換えたら意味が伝わる気がするが。
>そもそも回帰の言う「徳」とはなにか。

それはあなた方が血統に本質を置いおられるからそう感じるだけで、私はそうはおもいません。
(特に今となってはね)

三島由紀夫の天皇論もそうですが、大事なのは血ではないと思うんです。
徳とは国民が天皇へ御慕え信頼すると言う繋がり、ゆうなれば「絆」です。
三島はこれを「愛」と表現しましたが、あなた方男系論者が天皇へ忠義を尽くし敬っているのも絆であり愛です。
男系主義者と同じ「愛」を全国民が懐いているのであれば私は男系継承でも文句は言いません。

17 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 04:32:15 ID:ZtigQCMG
ほんま意味解からん。何徳って?
ゲームのし過ぎじゃない?
天皇が天皇で居られるのは男系の血統だからでしょ?
何処かの王様じゃあるまいし徳なんて関係ないよ。


18 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 04:59:04 ID:HW425SXp
良かったなぁ、回帰クン。

男系派と>>1氏に感謝すること。

ま、ここでゆっくり白羽=>>8と愛の巣をつくってくれ。

19 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 09:06:18 ID:bqSrdlgQ
>私にとってはこうした売国左翼は敵である、こいつらは似非女系派だ。

民主党も敵であり似非女系派、ということですね。
しかし女系天皇への典範改正が近くなされるなら、
それは彼ら似非女系派によるものとなりますがそれについて思うところはないのですか?
また小林自身が似非女系派と積極的に関係を深めていることについては?

>また私は同じように男系派にも覇道のシナ男系派と徳道の日本男系派がいると考えてる。
>覇道の男系派は何らかの形で中国や朝鮮と関わりのある疑いがあり、また連中は皇室を見下してる。

それは一体誰のことですか?
妄想でないなら挙げられますよね?

20 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 09:22:39 ID:bqSrdlgQ
>愛子内親王と言うより、女系容認が徳による統治を支える要素になるのではないかと思われます。

何故女系だと徳が守られ、男系だと守れないのですか?

それ以前に、あなたの定義する皇統によって百代以上も護持された「徳」とはなにか、
全く示されていませんね。

21 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 11:30:50 ID:bqSrdlgQ
前方後円墳体制は、

大和朝廷への帰属と引き換えに前方後円墳の築造権を下賜するという支配体制はのこと。

前方後円墳の存在は、地方豪族にとってより強大な勢力の存在を示すと共に、
大和朝廷の支配がその地方にも及んでいたことも示している。
その起源を辿ることで、大和朝廷の拡大過程を知ることができる。

力そのものや武器、宝物と等で権力を見せつけるのではなく、墓制という観点はシナにはない。

回帰は天皇は何から何までシナの模倣というが、必ずしも当てはまらないんだよ。

22 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 11:58:09 ID:0M0oE0uW
古墳の話はスルーでいいよ。
関係ない。

23 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 13:29:32 ID:bqSrdlgQ
>>22
回帰が、天皇制の全てがシナの模倣と言うから、違う面もあると書いたまで。
関係あるだろ。

ちなみに小林は天皇制はシナの直輸入ではないと断言しているし、
徳の継承という考え方もしていない。

なのに何故、小林を理解したから女系は正しいと思ったのだろう。

24 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/17(土) 14:59:40 ID:jpv2zdFp
>>19
>しかし女系天皇への典範改正が近くなされるなら、
>それは彼ら似非女系派によるものとなりますがそれについて思うところはないのですか?

俺個人としてはあまり良い物ではない。
だが彼らに近寄らざる得ないという小林の考えも理解できないものではない。
左翼の手を借りてでも女系を容認させ男子男系の皇統神話を根底から覆す必要があると考えてるのだろう。
>また小林自身が似非女系派と積極的に関係を深めていることについては?

それは「民主党」のことか?一体何のことだ?
民主党に関して言えば単に小林は自民がいやで新しい政権を担う政党に期待してるだけだ。
女系容認派だから民主を容認してるわけじゃないぞ。


25 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 15:02:19 ID:q7pDFW60
>>12
>女系容認が徳による統治を支える要素になるのではないかと思われます。

なにこのアホ発言

女系容認なんてしたら一般男性が婿になる事で皇族になる道を開くということになる
女よりはるかに権威・権力を求めて激しい闘争をする男に、そんな闘争の餌を
まくような事してなにが徳による統治を支える要素だよ

社会をめちゃくちゃにする要素になるだけだろアホ
だから我々日本人の先人は女系を選ばず、もちろん雑系も選ばなかったんだよ

頭いかれてるな回帰は

26 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/17(土) 15:04:23 ID:jpv2zdFp
>>19
>それは一体誰のことですか?
>妄想でないなら挙げられますよね?

政治板の右翼ネラーが尊敬してやまない西村修平のことだ。
本スレの多くの不敬ウヨクが在特会の共感者だと思うとぞっとする。

>保守派の皮を被った極左テロリスト:西村修平
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%9D%91%E4%BF%AE%E5%B9%B3
>> 2009年発売の雑誌WiLLによると過去に毛沢東主義者であった記述がされ
>> 政治活動の参考として毛沢東を評価していると言っている

>日中友好協会(正統)機関紙「週刊 日本と中国」1972年8月14日の1面に「協会派遣学生学習訪中団」なる記事があり、
http://sakuraweb.homeip.net/uploader/src/up129134.jpg
>その中に「協会派遣 学生学習訪中団、出発」名簿3段目左端に「西村修平 専修大」が記載されているわけです。
http://sakuraweb.homeip.net/uploader/src/up129133.jpg
>というわけで、「N村S平は学生時代、日共左派・毛派の『(正統)』の一員として訪中している」という話は、真実でした
>(当初言われていた69年ではなく、72年でしたが)。滞在期間は72年8月4日から27日まで。
>この年表(↓)にも、8月30日の項で「8月中の各訪中団体」のひとつとして「日友協 (正)学生訪中団」の名が記されています。
http://d-arch.ide.go.jp/browse/html/1972/104/1972104DIA.html


27 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/17(土) 15:08:33 ID:jpv2zdFp
>>25
このまま男系主義でいてもお前らのようなむさくるしい男系派しかついてゆかん。
それは国体を失い「覇」による支配になりかねん。
女性を認めなければ国民はついてゆかんぞ。


28 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 15:25:49 ID:q7pDFW60
>>27
デタラメ吐き散らしてないで、きちんと反論しろアホ

女系容認で男の闘争本能を刺激して日本に闘争を巻き起こそうとするお前が
女性を不幸に追いやろうとしてるんだよ

女性は闘争など好まないからな、そのぐらい理解しろよ、思いやりのない奴だな

いまのお前は女性虐待主義者で覇道主義者だよ、よく考えて反省しろ

29 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/17(土) 15:35:28 ID:jpv2zdFp
>>20
>何故女系だと徳が守られ、男系だと守れないのですか?

これまでの時代は男性でこそ徳は守られてきた。
それは男系社会と言う社会秩序が古代から続いてきたからです。
しかし戦後、アメリカ自由主義によりこうした社会秩序はやぶられ男系社会がついに崩壊したんです。
私は今後男系継承による皇統の維持は理解されないと思います。
>それ以前に、あなたの定義する皇統によって百代以上も護持された「徳」とはなにか、
>全く示されていませんね。

徳とは国民が君主を認め信頼するからこそ徳なんです。
日本は天皇による圧制政治による時代と言うのは驚くほど少ないはずです。
(俺が徳なんです。)
皇室がこれまで男系男子を続けてこれたのも、治天の君として徳の支配を以って
君日本を統治されてきたからです。

30 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/17(土) 17:06:24 ID:jpv2zdFp
>>21
>力そのものや武器、宝物と等で権力を見せつけるのではなく、墓制という観点はシナにはない。

募制があるからシナの模倣じゃないのか?
シナの模倣でないんなら日本の王権はもっと独自色の強いものであるはずだが。
>ちなみに小林は天皇制はシナの直輸入ではないと断言しているし、
>徳の継承という考え方もしていない。

言葉のあやだね。
直輸入して日本に合うように改変したといってるまでだろ。
それに小林は日本の天皇制は徳による統治だと言ってなかったか?

>>28
その言葉返すよ。
君のほうがどうみても女性差別・虐待主義者だよ。

31 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 17:18:06 ID:bqSrdlgQ
徳について、何が言いたいのかうっすらと見えてきました。

あなたの言う徳とは、天皇家が護持するものではなく、
国民側が向ける天皇家への尊敬の念のことであり、敗戦による自由主義によりそれは失われ「た」と言うのですね?
で、男系継承は敗戦により吹き込んだ自由主義に合わないのだと。

一般的に言えば、徳とは庶民の持つ価値観のことで、天皇家も現代の男女平等に準じよと。そういうことですね?


まずこの点につき、確認方お願いします。

32 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/17(土) 17:22:55 ID:jpv2zdFp
>>23
>なのに何故、小林を理解したから女系は正しいと思ったのだろう。

それは日本が神政統治に近い、あるいは神政統治で保たれてきた国家だからです。
私はこれが日本における国体であり、徳の支配の本質であるとみている。

これまでは神武天皇の末裔と言うことで天皇の皇位が継承され、それが
神聖なものとして民や豪族、貴族と皆が理解していたからこそ続いたものだった。
これが徳による支配だ。(それが道鏡による即位を防いだ。)

小林はもう、これからの時代は難しいと言ってる。
これだと小林の思想がよく分かる。
男系継承のままで行けば皇統は守られるかもしれないが天皇統治そのものが終焉しかない。
小林が女系容認・女系天皇をも提唱するのは「女性による天皇支持を欠いてはいけない」
という切実なる思いがあるんだよ。

33 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 17:52:21 ID:bqSrdlgQ
浅い見方ですね。

武器や宝物はモノ。渡せばそれでおしまいです。
しかし古墳は土木行為を伴います。大和朝廷は技術者を派遣して設計から工事まで管理します。
工事には莫大な労働力が必要です。その動員は地方豪族の権力強化に繋がります。

つまり前方後円墳体制とは、大和朝廷が地方豪族を武力制圧せずに、支配体制を整備するシステムなのですよ。

地方豪族を打ち倒して親族を据え、中央集権を進めた中国古代の支配体制とは異なりますね。

知ったかで適当ふかすなよ。

34 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/17(土) 17:58:01 ID:jpv2zdFp
>>31
>あなたの言う徳とは、天皇家が護持するものではなく、
>国民側が向ける天皇家への尊敬の念のことであり、敗戦による自由主義によりそれは
>失われ「た」と言うのですね
>で、男系継承は敗戦により吹き込んだ自由主義に合わないのだと。
>一般的に言えば、徳とは庶民の持つ価値観のことで、天皇家も
>現代の男女平等に準じよと。そういうことですね?
>まずこの点につき、確認方お願いします。

理論的に言えば概ね合っています。

ですがお断り申しておきますが「天皇家も現代の男女平等に準じよ」などという
フェミニストやモダニストのようなことを私は申していないということだけは、どうかわかって頂きたい。
この説明では「回帰は左翼である」と非常に誤解を招きやすい。
それは違うと言わせて頂きたい。


35 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 18:09:07 ID:q7pDFW60
>>32
>女性による天皇支持を欠いてはいけない

なにこのノータリン発言

女系容認して婿入りして皇族になる為の醜い争いを男どもが始めて苦しまされる
のは女性なんだよアホ

だから女系など容認すれば皇室は女性にとって害あるものになるから
女性の支持など失うんだよ、もちろん闘争の嫌いな男性の支持も失う

>>25>>28をよく読んで反省しろ

いまのお前は女性虐待主義者で覇道主義者だ

36 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/17(土) 18:41:31 ID:jpv2zdFp
>>33
残念ですね、なぜそこまで古代王権について理解されておられる方が
男系継承などにこだわるのでしょうかね。
理解の苦しみます。

>>35
議論の邪魔ですよ、あっちにおいきなさい。

37 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 18:48:42 ID:bqSrdlgQ
>>24
>左翼の手を借りてでも女系を容認させ男子男系の皇統神話を根底から覆す必要があると考えてるのだろう。

本末転倒です。
シナ勢力に対抗するために、左翼に加担しては、何を守っているのかわからなくなります。
また、左翼とシナ勢力が密接に繋がっていることは、戦争論を通して小林は重々承知のはずです。

「女系だから民主支持」は、小林自身からは語られていませんでしたね。
これは私の推測です。しかし確信モノしています。
小林が経済回復に挙げていた土木を無理矢理止め、尊敬する天皇家を酷使し、沖縄を弄びながら、
選挙前になって鳩山や管にエールを送った支離滅裂ぶりはそれ以外に説明つかないので。

>>26
それ38年前のことですが。
小林は、過去の発言は10年経ってないのにあら探しと言ってますね。
貴方のやってることは、あら探しに過ぎないのでは?
私は、半年前に中国高官のごますりのために、今上天皇を無理矢理引っ張りだした民主党の政治家の方にこそ脅威を感じますが?

38 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 19:02:37 ID:bqSrdlgQ
>ですがお断り申しておきますが「天皇家も現代の男女平等に準じよ」などという
>フェミニストやモダニストのようなことを私は申していないということだけは、どうかわかって頂きたい。

わかりませんよ。
どう違うのか、説明がないのですから。

あと貴方は、女系にすることで女性からの支持が増えるとありますが、
では現在皇室は女性からの支持を得ていない、と言うのですか?何を根拠に?

ところで、前方後円墳体制がシナの支配体制とは違う事は理解して頂けたのですね?

小林と貴方の論点の違いは言葉遊びと仰いますが、
全く違います。
貴方は「何から何まで模倣に過ぎない」
小林は「真似しながら独自性を貫いてきた」

貴方の表現では、天皇家は中国皇帝の劣化コピー
とすら思えます。

39 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 19:10:25 ID:bqSrdlgQ
回帰の言い分を好意的に解釈すると、

天皇家は国民の代表として、国民の価値観に沿った皇位継承をすべき

と聞こえますが、回帰はその価値観がアメリカから入ってきたものという認識はあるのでしょうか?


40 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/17(土) 19:14:17 ID:jpv2zdFp
アホな質問はなさらないで欲しいと言いましたよね?
>>39の質問は私の見解をまったく理解しようともせずに私のあらを探ってるものだと判断します。


ですので>>37>>38にだけ答えます。

41 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/17(土) 19:25:07 ID:jpv2zdFp
>>37
>シナ勢力に対抗するために、左翼に加担しては、何を守っているのかわからなくなります。
>また、左翼とシナ勢力が密接に繋がっていることは、戦争論を通して小林は重々承知のはずです。
>「女系だから民主支持」は、小林自身からは語られていませんでしたね。
>これは私の推測です。しかし確信モノしています。
>小林が経済回復に挙げていた土木を無理矢理止め、尊敬する天皇家を酷使し、沖縄を弄びながら、
>選挙前になって鳩山や管にエールを送った支離滅裂ぶりはそれ以外に説明つかないので。

小林には小林の意思、考え、戦略があると思います。
あの人は一見バカそうに見えますが本も読んでるし感もさえ、リアリストでかなり頭も切れる方です。
それに創造的感性が半端ない。
漫画で成功するような天才的な人の考えなど私のような凡人にはさっぱりですよ。



42 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/17(土) 20:14:18 ID:jpv2zdFp
>>38
>あと貴方は、女系にすることで女性からの支持が増えるとありますが、
>では現在皇室は女性からの支持を得ていない、と言うのですか?何を根拠に?

男系思想は多くの場合女性には無縁の話です。
女性が気になされるのは皇后陛下であったり、妃やその子供達といった所でしょう。
男子しか天皇になれない制度は多くの女性方の関心を欠いています。

>ところで、前方後円墳体制がシナの支配体制とは違う事は理解して頂けたのですね?
>貴方は「何から何まで模倣に過ぎない」
>小林は「真似しながら独自性を貫いてきた」
>貴方の表現では、天皇家は中国皇帝の劣化コピー
>とすら思えます。

ではあなたは何から何までシナの模倣でないといえるのですか?
あなたのように相手の言動をとって問い詰めるやり方は誤解を招きます。
私は日本がいついかなる時代でも中国をみて比べて、自国に中国の制度を部分的に
取り入れ、そういうことをずっと続けてきたのを模倣と言いたいわけです。

43 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 20:23:09 ID:bqSrdlgQ
>>40
>>39は、貴方の趣旨を理解せずに書いたあら探しではありません。
貴方は自分の趣旨を書いていないのですから。
私は貴方のいう徳の意味を理解しつつあると思いますが、
肝心な部分ー男女平等やフェミ思想とどう違うのかーは、まだ全く解りません。従いまして割と貴方の趣旨を先読みしたのですが、これがあら探し程度なら、
さぞや確たる思想的基盤が築かれているものと思います。


>41
>あの人は一見バカそうに見えますが本も読んでるし感もさえ、リアリストでかなり頭も切れる方です。
>それに創造的感性が半端ない。
>漫画で成功するような天才的な人の考えなど私のような凡人にはさっぱりですよ。

さっぱり理解できないけど小林は天才だから信じていいというのでは話になりません。
それは信仰の領域に他なりません。

44 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 20:41:02 ID:ygdP5QZs
女系・女帝なんて単に西洋の模倣じゃないか

45 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 20:47:53 ID:bqSrdlgQ
>>42
>男子しか天皇になれない制度は多くの女性方の関心を欠いています。

…。
そのために女系に移行する必要があるのですか。
まず、何らかの調査に基づいているのですか?
次に、それが男女平等やフェミ思想とどう違うのですか?
また、>>39の私の予測とはどう違うのですか?


下段ですが、私は100%独自性なんて書いてません。
小林と貴方の視点の違いは結構重要ですよと言っているのです。

小林:100%シナの模倣だがそれを独自に解釈してきた→だから独自性を重んじ、シナ男系主義に拘ってはならない
回帰:100%シナの模倣に過ぎない→その男系主義は敗戦で支持を失った、だから女性の関心を引くために女系にすべし

全く違いますよね。

46 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 21:29:48 ID:q7pDFW60
>>30
下のほうで、こっそり捨て台詞吐いてないで反論したら?

>>36
君は反論できないと議論を放棄して捨て台詞はいて逃げるんだね(笑)

この事から君が不道徳で不誠実な人間だと分るね

こんなことでは君には徳を語る資格ないよ
だからデタラメばっかり言ってるのかな?

47 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/17(土) 22:27:18 ID:jpv2zdFp
>>45
>そのために女系に移行する必要があるのですか。

ですから何度も申しますが、現在において側室や女系宮家を
設け、保守や右翼の人々だけではなく一般国民までもが戦前
のように陛下をしたい男子継承を望んでるのであれば女系に移行する必要はありません。
それが出来るならわざわざ女系を支持なんてしません。
>まず、何らかの調査に基づいているのですか?

実際チャンネル桜などで調査されてみると良いですよ。
今の時点ですら頑なに男子継承でなければならないと考えてる人はそれほど多くないですよ。
もっとも彼らがその結果を報じるかは疑問ですが。
>次に、それが男女平等やフェミ思想とどう違うのですか?
>また、>>39の私の予測とはどう違うのですか?

フェミニズムやモダニズムは「男女平等だから」とか「現代の価値にあわせるべき」とか
そういう理由でしか女系を語れないのです。
こんなふざけた話はありません。
女系容認に移行せざるを得ないから移行するのであって、現代のいて男系が保てるのであれば
「男女平等」だの「現代の社会」だの関係ない。
女系になんか移行したいとは思いません。

48 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/17(土) 22:34:49 ID:jpv2zdFp


>>小林:100%シナの模倣だがそれを独自に解釈してきた→だから独自性を重んじ、シナ男系主義に拘ってはならない
>>回帰:100%シナの模倣に過ぎない→その男系主義は敗戦で支持を失った、だから女性の関心を引くために女系にすべし



あなたは日本の神武天皇を皇祖とした祖先崇拝をどう見られているだろうか?
日本独自のものか、あるいはシナ男系のオマージュか?

49 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 23:12:16 ID:bqSrdlgQ
>>47
議論が噛み合っていません。

貴方は、女性の関心が皇后陛下や親王内親王中心であるから、
女系移行によって天皇陛下自身にも関心を持たせよう、と言っていますね。

その旨に沿った調査なら、例えば
・天皇家に関心はありますか?
・天皇家のうち誰に関心がありますか?
・(前問で天皇陛下を挙げなかった人の中で)天皇陛下に関心がない理由はなんですか?
ときて、「皇位が男系に制限されてるから」 という回答が多数を占めた、
等の結果でなければ話が通じません。



50 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/17(土) 23:34:40 ID:jpv2zdFp
噛み合ってないのはあなた。
と言うより天皇制の衰退を認めたくないんだからしょうがないんだろうけど
じゃあ将来愛子さまが皇位継承問題で天皇になれなかった場合に国民が
「なぜ愛子様は天皇になれないのだ?」という疑問や反論に、あなたは「血統が男子にしか認められていないから」
と面と向かって相手を説得させられますか??



51 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 23:37:56 ID:bqSrdlgQ
>>48
神武を皇祖神とした祖先崇拝ですか?
私は全く重視していません。

私が重んじるのは、伝説的要素も含めたあやふやな部分ではなく、
時代によって立場を変化させながらも継承され、断絶しなかった、という事実です。
権力をなくした者は、新たな権力に駆逐されることで変化の象徴になるのが大陸的な価値観ですが、
日本人はそれを行わないばかりか立場を尊重し続けてきました。

それは日本人の美徳であり、天皇家も、尊重されるべき存在として祭祀を司ってきた。

その事実を重んじるべきと考えているのです。
従って、祭祀がどこ起源なのかという議論は、意味があるとは思えません。
ただ、平城京に塀がなかった等、日本は中国の模倣をしながら独自性を保ってきたのは事実です。

52 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 23:49:11 ID:DagZgxVO
なかなか面白くなってきた
どっちも頑張れ

53 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 23:57:15 ID:bqSrdlgQ
>天皇制の衰退を認めたくないんだからしょうがないんだろうけど

天皇制が衰退?
真意を掴みかねます。どう衰退しているのですか?

>じゃあ将来愛子さまが皇位継承問題で天皇になれなかった場合に国民が
>「なぜ愛子様は天皇になれないのだ?」という疑問や反論に、あなたは(略)

「それが日本人が長期間守ってきた伝統だから」と言いますよ。
「ここまで残してきたのだから、俺達の時代で簡単には止められないよ。時代の変化に歩み寄らないものがあってもいいよね」
とも。
数年後なら「愛子様じゃ無理でしょ?」で通じるかもしれませんね。

ちなみにその質問で返すなら、なんだ。貴方は結局、「時代の変化に皇統を合わせろ」と言ってるのですね?
でないと国民の支持が得られないというのなら。

54 :名無しかましてよかですか?:2010/07/18(日) 02:22:48 ID:D75O9EOE
管政権は、慰安婦への公式謝罪と国家賠償を検討してますね。
G8で中国の参加も要請しています。

左翼どころか、シナ勢力との関係も深いじゃないですか。

シナ勢力から守れと言いながら、シナ勢力が後ろ楯にいる民主党を推すなんて訳分かりません。

55 :名無しかましてよかですか?:2010/07/18(日) 13:50:07 ID:zFwm0kPW
54さん、いいぞ、いいぞ。
民主党は、何としてもアノ国とアノ国の国民に選挙権を渡したいようだし。
全く、売国奴とはこういう連中のための言葉だ。

56 :名無しかましてよかですか?:2010/07/19(月) 02:02:08 ID:pcjDG146
会話した結果判明した回帰が女系を支持する理由

@女性に天皇陛下への関心を持たせるため。
・男性中心に天皇陛下を信頼していた時代は敗戦によって失われた。
・女性は皇后陛下や家族にしか関心がなく、このままでは天皇家への関心も失われてしまう。
*予測は憶測であり統計による裏付けはありません。

Aシナ主義からの脱却のため
・男系派のバックには38年前中国側にいた人物が控えている。
・民主党は左翼だが、男系の背後にいる親中派に対抗するために小林は結託した。理解できないがそれは正しい。
*民主党の親中勢力へのについてはまだ答えを頂いていません。

結論:あまりに浅い解釈で、呆れる他ない。



57 :名無しかましてよかですか?:2010/07/19(月) 07:27:47 ID:pcjDG146
某スレで召還を試みた時の返答

941:回帰◆XB7AjTRRiE 07/19(月) 01:46 EPSvSll4
>>936
何でそんなにあせるの?
休戦してるだけじゃない。
休日ぐらいは休もうぜ。


何故あちらに出没してこちらに来れないのか分かりませんが、暫くは待ちます。
きっと各種統計を持って再来して下さるのでしょうね。


58 :名無しかましてよかですか?:2010/07/19(月) 07:44:39 ID:EPSvSll4
>>57
おまえ、DOFなの?

59 :名無しかましてよかですか?:2010/07/19(月) 09:09:45 ID:pcjDG146
何か疑心暗鬼になっているようですね。
でも違いますよ。

60 :名無しかましてよかですか?:2010/07/19(月) 14:53:33 ID:I2OuRPqn
>>59
オレも同じこと聞かれた。よっぽどDOFが脅威なんだろうね。

61 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/19(月) 17:00:49 ID:EPSvSll4
>>60
おまえはどうみてもDOFだろ。
だが>>59もDOFである可能性が非常に高い。
DOFである疑惑がある限り話したくない。
何か自分がDOF白羽でないという証拠を提示されたし。

62 :名無しかましてよかですか?:2010/07/20(火) 00:38:31 ID:iXER8UbI
59は私です。

回帰さん、言い返せなくて悔しいのは解りますが、
私を他の誰かと同一人物だと妄想して逃げるのは止めてください。

色々な統計を集めて出してくれるものと心待にしているのですから。

63 :名無しかましてよかですか?:2010/07/20(火) 00:51:37 ID:iXER8UbI
ちなみに私がどふでない証拠をだせと回帰さんは言いますが、
私何度か奴とは論争したことあります。
2ヶ月程前、たしか男系=シナ起源について。最後っ屁かまして遁走した姿を見て呆れた次第です。

ところで、2chでは名無しさん同士の会話になりますが、
文体から書き込む人の気質を予想し、主張をつかむ事が大事です。

証拠に拘ってますが、上記の文を見てなお私をどふだと思いますか?

思うのであれば、あなたは2ch自体に向いてないと言わざるを得ません。
近い将来、貴方に反論する人はみなどふに見えてくるでしょう。

64 :DOF@本物 ◆D/w5oCAtaw :2010/07/20(火) 02:46:42 ID:EOXNXc67
>>63
>私何度か奴とは論争したことあります。
>2ヶ月程前、たしか男系=シナ起源について。最後っ屁かまして遁走した姿を見て呆れた次第です。

全く身に覚えのない論争を勝手に吹聴されて呆れた次第です。
僕と「男系=シナ起源について」なる論争をして、
「最後っ屁かまして遁走した」というなら証拠を出してください。

>文体から書き込む人の気質を予想し、主張をつかむ事が大事です。

特に回帰などは名無しで潜伏していてもすぐバレるほどクセの強い文体ですからね。(w
彼が昨年2月3日にコテハンデビューする前にも、地理・
人類学板に名無し時代の彼と思しきカオス長文が見られます。

http://mimizun.com/log/2ch/geo/academy6.2ch.net/geo/kako/1193/11937/1193752213.html

65 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/20(火) 02:49:47 ID:EOXNXc67
>974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12 /25(木) 16:25:39 ID:dmUkt4aw
http://www14.plala.or.jp/bunarinn/dairyA/encarta/harukanarutabi/nihonjin/7/115.jpg
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/piyar/image/hito20070731.jpg
http://farm1.static.flickr.com/5/6292648_bf9f60fc06_b.jpg


>1ちまい目の写真では日出男さんは白人のようにみえますが
>2枚めの写真では普通にした絵のような縄文人に見えます。
>つまりこれは、日出男さんが縄文人と白人系の不明人との混血ってことです。

>>883の言うように、北海道には元々白人系やシビリーデなどのオホーツク文化人がいて
>そこに縄文人(倭人)が乗り込んでった?
>しかし、コロポックルなどを聞くと、いまいる白人系アイヌが縄文系を侵略支配したようなことにしか聞こえない。
>つまり、北海道も広いし、あんだけアイヌ系部族がいたんじゃ普通に古人種族るつぼ地帯で良いわけだ。
>北部ではオホーツク文化が栄え、南部では倭人文化がさかえた。
>おそらく北部と南部では身長がちがったのでは?
>北部部族は背の低い南部部族を「コルポックル」と蔑んでいた。
>あるとき争いが起きて北部が南部を支配して、そしてアイヌ民族が誕生した?

>関東北部から蝦夷地として縄文人倭人混血文化人が暮らしていた可能性もあるんだから無理も無いことなのかも。
>朝鮮人を見れば分かるとおり、じつは南部に倭人系が多かったりする。
>倭人系は今や日本全土に多いが特に九州人に典型的多く、昔の朝鮮南部と九州は倭人勢力としてあったんだろうと思う。
>それを踏まえると、もし歴史がちがってたらアイヌも東北から北海道にかけて別国家として朝鮮同様に独立していたのかもしれない。

>そういう意味では沖縄と台湾を同じ文化圏としてみると日本本土から近いところは縄文倭人だが遠ざかると外因の別人種になっていく。
>奇しくも沖縄は倭人系縄文人という列記とした大和民族だが歴史的に別民族として独立してしまってる。

66 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/20(火) 02:51:09 ID:EOXNXc67
>975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12 /25(木) 16:42:48 ID:aF5QGXpG
>しかし、そうした意味では朝鮮もそうだが、いかに民族というものが中国やロシアなど宗主的な権力によって分裂し新たに形成されるかがわかる。
>そうしてみると、日本もそうした宗主的な存在である。
>大和民族とは本来なら関西を中心とした縄文系領域で、そこから支配領域を伸ばして広がり
>九州、蝦夷地と支配しいまや沖縄や北海道を手中に収めた。
>しかし考えてみてほしい、ならばなぜ今の首都は関西では無いのか
>現在の日本は関東が、つまり蝦夷が中心でしかも
>そうした大和の西日本は縄文系というよりはすでに大陸人で、なぜ
>現在は九州同化、蝦夷地同化、琉球同化、北海道同化寸前ときてるから、日本という存在は敗戦で死んだように思えても
>着実に他民族同化共栄圏を広げてきてるわけだ。
>もし”日本民族文化圏”なるものがあるとすれば、それはやはり満州を除いた、かつての大日本帝国の領土域なのだろうな。
>台湾と朝鮮、樺太、千島4島の日本領有化は無理だったが、縄文人を軸とした民族地帯の領土回収と統合ができたというのは
>縄文系人の居無い朝鮮と台湾、強制的に追い出されて浄化された樺太と千島において縄文大和にたいする帰属的な意識はなかったと言うことだろう。

>そういう意味では現在の日本は、縄文民族圏として完結したのかもしれない。
>現在日本では琉球、アイヌ、大和と民族があるがこのたった3民族しか居ないのだから縄文三種一体として共存していったらどうだろうか?

67 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/20(火) 02:52:40 ID:EOXNXc67
>976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12 /25(木) 17:07:44 ID:aF5QGXpG
>くだらない個人主観と、無知な解釈が多々入っておりますがなんというか
>民族的なしがらみは普通に今も脈脈と受け継がれてきてるようなきがします。
>弥生人、倭人、白人系?アイヌ人は縄文人ではありませんので、それぞれ
>の系統の日本人で、どこか暗黙に反発しあってるように見えます。
>といっても、感情的なことではなくて領土的な視点でですがね。
>現代日本はそれらの5族共和を東京という地を中心で体現してる、そんな気がします。
>そして近代以降は、国内のみならず国外の人も多量に流入している。
>もう昔のように渡来人が支配階層としてきて、それぞれの国で戦うということも無いので
>ただ日本という国の中に異民族や居人種の集団ができていく、ただアメリカのような
>多民族多国籍カオス国家になっていく。
>移民の流入しだいでは昔のような民族分断国家になってったりするのかな・・・・・。
>>974
>1ちまい目と3枚目が逆でした、正しくはこうです
http://farm1.static.flickr.com/5/6292648_bf9f60fc06_b.jpg
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/piyar/image/hito20070731.jpg
http://www14.plala.or.jp/bunarinn/dairyA/encarta/harukanarutabi/nihonjin/7/115.jpg

68 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/20(火) 02:54:53 ID:EOXNXc67
>982 :981:2008/12 /25(木) 20:57:07 ID:aF5QGXpG
>あぁ・・・・・・・・・・・・・・・・。
>て、そういうことじゃあないか。

>中山相のあのお発言の真意は良く分からないし、なぜそこまで
>「単一民族」にこだわるのかも良く分からない。
>ただ、おれには「まったく、日本はいつまでも内向きな単一民族で困る」って言うことにも取れた。
>小林が言うように、麻生とかの発言でも議員の発言にいちいち異議を唱える一部アイヌやマスコミとかも
>コバの言うように言葉狩りというのはそのとおりだと思う。

69 :名無しかましてよかですか?:2010/07/20(火) 04:22:36 ID:uP+xP9TZ
>彼が昨年2月3日にコテハンデビューする前にも

さすが回帰研究家のDOF・白羽

70 :名無しかましてよかですか?:2010/07/20(火) 07:59:14 ID:iXER8UbI
>回帰
どふ本人の来臨で、私がどふでないことは分かっていただけましたか?

分かったなら、さあ議論議論。
でも、どふが来たから怖くて書けませんか?
反論できない理由ができて良かったですね。

もう来ない場合、貴方の意見は既に書かれた中で判断します。感想は上にあるとおりです。

時代は男女平等で、女性の関心を得るために必要だから女系にすべし、ですね?


71 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/20(火) 16:17:00 ID:5UBoraVB
>>70
いいでしょう、議論を再開しましょ。
では今夜あたりレスを用意したいと思いますので。
では。

72 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/20(火) 20:14:32 ID:EOXNXc67
どうやら回帰のコテハンデビューは正確には昨年2月3日じゃなくて2日だったようだ。
まぁいいか。

http://mimizun.com/log/2ch/seiji/namidame.2ch.net/seiji/kako/1253/12536/1253629744.html

>608 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/12/23(水) 23:01:43 ID:0jWeisHH
>おそらくこれが現在確認できる最古の回帰発言だろうか
>(これ以前にも名無し時代の回帰のものと思われる書き込みが地理・
>人類学板で確認されているが)?
>回帰もこのあたりで止めておけば良かったのだ。アイヌも大和も琉球も、
>等しく民族なんて幻想、
>というのであれば俺もそれ以上は突っ込むまい。

http://mimizun.com/log/2ch/kova/mamono.2ch.net/kova/kako/1225/12254/1225431666.html

>>213 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/02(月) 18:39:29 ID:mys0HJuf
>>民族なんて幻想だよ。
>>アイヌも大和も、それこそ琉球民族なんか。

>609 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/12 /24(木) 04:09:38 ID:IFhSeCe5
>>608
>ついに反論できなくなって俺の最古の、民族のみの字も知らないときのコメントを・・・・
>よくもまあ・・・・

>まあいい、これからの時代はお前さんのような社会主義者との戦いだ。
>アイヌ沖縄の民族自決は最悪のパターンとして認識しておくよ。
>俺は言うなれば日本民族共和主義者だ。

73 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/20(火) 23:06:19 ID:5UBoraVB
ではレス番号>>54から返答する。
なお>>55はあなたのスレではないが、文句があるのでそちらは聞き流して欲しい。

>>54
>管政権は、慰安婦への公式謝罪と国家賠償を検討してますね。
>G8で中国の参加も要請しています。
>左翼どころか、シナ勢力との関係も深いじゃないですか。

菅政権は旧社会党勢力の影響力が強い政権であります。
彼らが中国朝鮮と親密なのは無理も無いことです。
今回の参議院宣で彼らが失脚されたことは私達女系派にとっても朗報以外の何者でも無いのです。
>シナ勢力から守れと言いながら、シナ勢力が後ろ楯にいる民主党を推すなんて訳分かりません。

自民の後ろにもシナチョンはいる。
社民党や旧社会党ならともかく、ほかの党は支持母体の後ろに中国朝鮮がいると言う認識が正しい。

>55
>民主党は、何としてもアノ国とアノ国の国民に選挙権を渡したいようだし。
>全く、売国奴とはこういう連中のための言葉だ。

もちろんそこは否定しないが、最近埼玉県議会で外国人参政権を認める可決がおこなわれた。
それも自民党の勢力によってだ。
これが現実。

74 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/20(火) 23:42:51 ID:5UBoraVB
>>56
>@女性に天皇陛下への関心を持たせるため。
>・男性中心に天皇陛下を信頼していた時代は敗戦によって失われた。
>・女性は皇后陛下や家族にしか関心がなく、このままでは天皇家への関心も失われてしまう。


昔の日本は誰がなんと言おうと天皇は男子しか考えられなかった。
それは女帝(女王)ではなく皇帝(大王)陛下に臣民が仕えると言う徹底した男性社会的な
背景があったからだ。
だが今はそうではない。
この50年で時代が変わったのではなく、日本人が変わってしまったのだ。
それに比べ朝鮮の男性主義社会や社会主義体制はすばらしい。
日本もそうであれば男系でなんら問題はなかったのだがな。
>*予測は憶測であり統計による裏付けはありません。

統計による裏づけは無いが、現代に生きとし生ける身として統計など無くても
このままでは天皇と言うものは忘れ去られやがて終わるだろうと肌身で感じる。

75 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/20(火) 23:48:42 ID:5UBoraVB
>Aシナ主義からの脱却のため
>・男系派のバックには38年前中国側にいた人物が控えている。

1に関しては完全に撤回する。
男系派の後ろにシナ朝鮮が潜むと言う話は忘れてくれ。
これは完全に根拠ない話であった。

>・民主党は左翼だが、男系の背後にいる親中派に対抗するために小林は結託した。理解できないがそれは正しい。

ようするに、男系派に対抗するために左翼と結託した。
好ましいことではないが、それは戦略としては正しい。
>*民主党の親中勢力へのについてはまだ答えを頂いていません。

民主党は中国と結託してアメリカ依存から抜けようとしてる。
親米ポチはこれを防ごうとしてる。
危ない橋だけど日本が富国強兵を怠ってきたのだから仕方ない。


76 :名無しかましてよかですか?:2010/07/21(水) 00:44:03 ID:/6k+FiFT
>ようするに、男系派に対抗するために左翼と結託した。
>好ましいことではないが、それは戦略としては正しい。

>民主党は中国と結託してアメリカ依存から抜けようとしてる。
>親米ポチはこれを防ごうとしてる。
>危ない橋だけど日本が富国強兵を怠ってきたのだから仕方ない。

反米脱却のためならシナ依存を是認するわけですか。
相手は安保を共有する米ではなく、反日教育してる中ですよ。
しかも高官の起源取りに天皇陛下を差し出す愚をしてまで媚びへつらうんですよ?

国防に興味があり、天皇陛下を敬愛する小林が、
それを越えて民主党を推す様は矛盾と以外の何者でもありません。

戦略的に正しい?敵の敵は味方論理なんて南北朝で流行った外道の考え方ですよ。

77 :名無しかましてよかですか?:2010/07/21(水) 01:48:04 ID:BkZV6ylC

回帰、白羽の共和制マンセー論を逃げずに批判してくれ。

78 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/21(水) 02:16:02 ID:agIsAH65
>反米脱却のためならシナ依存を是認するわけですか。
>相手は安保を共有する米ではなく、反日教育してる中ですよ。

私はもうそういう考えはやめるべきだと思うのです。
なぜなら日本で大統領制度を待ち望んでいるのは、ほかでもないアメリカだからです。
今あなたは東京や日本の都市部で一体何が起きているかわかりますか?
私は日本はもう少しアメリカから離れるべきだと思います。
日本の米軍基地問題を含めてね。


79 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/21(水) 02:25:24 ID:agIsAH65
>>77
白羽の共和制論は典型的な共産主義者や社会主義者など
反帝左翼の理念であり、彼らは朝鮮のコミュニストや民主主義者、社会主義者
と結託した如何わしき勢力である。
DOFと接触したのは2年前のアイヌ論の頃であったが、その頃より社会主義的な
思考傾向が見られ完全な左翼か在日か部落出身者であると私は分析した。
かれは天皇陛下や皇室を民間人にしその常態で祭祀や皇統を守ればいいと
断言していたが、このような実に愚かで馬鹿馬鹿しい考えは理解に苦しむ。

80 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/21(水) 02:43:22 ID:agIsAH65
>>78続き
>しかも高官の起源取りに天皇陛下を差し出す愚をしてまで媚びへつらうんですよ?

それは誤解です。
そうでもしなければ中国との友好的な雰囲気が作れない。
無論作る必要も無いが、ですが今はやっておくのは大事です。
私も去年のあのオザワによる政治利用は非常に頭にきましたが、今考えれば非常にそれは理解できる。
なぜならば国積の問題があるからです。
いま日中で米国積の人質計画が進んでいると思われ、これが成功すればかなり日本にとっても優位な状態が続きます。
もしかしたら30年以内に憲法改正して国軍を設けられるかもしれません。

たとえばあなたは鳩山が実は沖縄で自主防衛の運動をやっていたのだという事実についてどう認識しておられますか?
要するにあれは、小沢・鳩山のコンビが自主防衛問題の解決のために取り組んでいた事でもあったんですよ。
民主党は確かに親中といわざるお得ませんが、しかしオザワと旧社会系では米中に対する考えがどうも違うようです。
オザワ派であれば親中ではあっても売国ではないと感じます。
(ただ両方ともに外国人参政権の問題がありますがね。)
>国防に興味があり、天皇陛下を敬愛する小林が、
>それを越えて民主党を推す様は矛盾と以外の何者でもありません。

そこは私には分かりかねます。
小林自身の考えがあるのでしょう。
ただ、原口大臣など割と民主党の中でも若い方に期待されてる観が見える。
私はここに小林が何故愛子様を擁護し立てているのかという思考が伺えるのではないかと思うのです。
>戦略的に正しい?敵の敵は味方論理なんて南北朝で流行った外道の考え方ですよ。

別にそういうわけではないでしょう。
利害で一致する所だけ協力する関係でしょうから。

81 :名無しかましてよかですか?:2010/07/21(水) 03:05:15 ID:VxvwWFtF
>>80

日本を呑み込もうとしている中国と友好的な雰囲気を
作る必要があるのは何故なのか?
日本の膨大な資金を支出させてでも、友好関係を築くのは
何の為?

>鳩山が実は沖縄で自主防衛の運動をやっていた
彼は、そんなのやっていなかった筈。いつやったんだ?

82 :名無しかましてよかですか?:2010/07/21(水) 07:38:23 ID:/6k+FiFT
>>78
>今あなたは東京や日本の都市部で一体何が起きているかわかりますか?

分かりません。偏向団体による集会くらいは右左となくやっているでしょうが、それほど恐れるべきものなのですか?

天皇陛下の政治利用は肯定されるのですか。
小林の主張の大前提は「皇統を守るため」ですが、そのために危険に曝すような行為を擁護するとは本末転倒ではありませんか?

あと>>81氏も指摘してますが、鳩山の自主防衛活動について教えてください。
辞め際にポロッと溢れた位しか認識ありませんが。

83 :名無しかましてよかですか?:2010/07/21(水) 08:11:19 ID:/6k+FiFT
>回帰
女性の男系派に驚いてるようですが、
鬼女だって女ですよ。

女性の関心引くための女系容認は成り立たないんですよ。

84 :名無しかましてよかですか?:2010/07/21(水) 08:31:49 ID:uSR7Crb/
>日本を呑み込もうとしている中国と友好的な雰囲気を
>作る必要があるのは何故なのか?

もちろん、中国に飲み込まれないようにするのは絶対ですが
だからといって中国人に対して差別的な排他感情を抱くべきではない。
これは朝鮮人に対しても同様だ。
>日本の膨大な資金を支出させてでも、友好関係を築くのは
>何の為?

我々がかつて満州国という強大なアジアの中心国になるはずだった日中韓蒙満の
民族人工国をアメリカなどが作らせなかったからです。
挙句、日本の帝国社会の中心だった東京を壊滅させアメリカ戦後支配の秩序として
アメリカ世界市民租界に作り変えた恨みというのはそろそろ晴らしてゆかなければならないからです。
東京をこのまま世界市民の地域にさせるぐらいなら極東市民の地域にさせます。
>彼は、そんなのやっていなかった筈。いつやったんだ?

鳩山が辞任してから、あのオキナワ騒動が日本防衛の自守独立のために
あの沖縄の問題に取り組んでいた事を話していたからです。
もっと早く言っててほしかった。

85 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/21(水) 08:39:48 ID:uSR7Crb/
おっとコテ忘れ。

>>82
>分かりません。偏向団体による集会くらいは右左となくやっているでしょうが、それほど恐れるべきものなのですか?

今東京で起きてるのは新たなる日本の秩序の完成だよ。
新東京タワー、スカイツリーをシンボルとした東京新秩序、東京国際グローバル新特区の完成。
あなたにこれがどういうことだか分かるか?
いよいよ欧米人やアメリカ世界市民傘下の世界英語公用語市民の入植がスタートされるんだよ。
多民族外人種・外国文化主義の時代に東京が突入するんだ。
もう日本人の築いた国、東京と江戸の町は終わりだ。
これがいかなる事態であるかほとんどの人は気づいちゃいない。
>天皇陛下の政治利用は肯定されるのですか。
>小林の主張の大前提は「皇統を守るため」ですが、そのために危険に曝すような行為を擁護するとは本末転倒ではありませんか?

なぜその様な卑屈な観点からしか思えないのでしょうか?
あなた方の天皇への忠誠心というのは天皇を「教祖」のような聖人にして過保護にする事なんでしょうか?
無論中国や朝鮮は警戒すべきですが、敗戦して領土拡大に失敗してしまったのだから仕方がない。
嫌だと言うなら「天皇の政治利用」をした罪に問えばいい。
小沢を政界からどんな手を使ってでも追放されるべきであって、それすらできない時代と分かってて
なにが本末転倒なのか?
昔なら右翼の義勇青年が暴力的な手段で天誅を下した訳ですが。
大抵の大国にはそうした義勇勢力の暴力装置が働くんですけどね、日本はどうやら男子皇帝を頂く
大国ではもはやない様で。
>あと>>81氏も指摘してますが、鳩山の自主防衛活動について教えてください。
>辞め際にポロッと溢れた位しか認識ありませんが。

彼の本心がそこにあったと知ったとき、まんまとマスコミにやられた観がありました。
鳩山を下ろしたのはアメリカの圧力ですよ。

86 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/21(水) 08:42:31 ID:uSR7Crb/
>>83
どうやらあんまり関係なかったみたいですね。
女だからこそ男子を、殿方を敬う人がちゃんといるようです。
ですが同時に、そういう方ばかりではなく女性天皇や愛子天皇
を望んでいる女性もいると言うことは認められるべきです。

87 :名無しかましてよかですか?:2010/07/21(水) 08:59:54 ID:BkZV6ylC
回帰は、支那・中共に対し我が国が独立・独自性を保持し、
主権を確保し、誇りを取り戻すために、どうすべきだと思う。

88 :名無しかましてよかですか?:2010/07/21(水) 15:28:21 ID:VxvwWFtF
>>84
>差別的な排他感情を抱くべきではない
そういう事を言っているのではなく、
友好関係を気にせず、
現実に目の前に迫ってきてる脅威に対して
強く拒否反応を示す必要があるという事。

現段階で中国と友好的関係を築くという事は、
日本を差し出すという事に繋がっている。
今の日本の気質では友好関係築きながら
脅威だけを跳ね返すというのは不可能。
政府が良い見本でしょう。

89 :名無しかましてよかですか?:2010/07/21(水) 18:26:46 ID:0JNp1cxR
回帰は、天皇陛下のご訪韓と「謝罪」に賛成なのか?

90 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/22(木) 00:33:18 ID:yNs+sF8i
>>88
>そういう事を言っているのではなく、
>友好関係を気にせず、
>現実に目の前に迫ってきてる脅威に対して
>強く拒否反応を示す必要があるという事。

それは確かにあなたの仰るとおりですよ。
ですが、それを断固拒否すると言うことであれば
日本は代わりに衰退の道を選ばざる得なくなると思います。
中国とは手も切れますが、これはこれで危ない道ですし
いつか来た道でもあると思います。
そして、その分いっそうアメリカへの依存は強くなる。
>現段階で中国と友好的関係を築くという事は、
>日本を差し出すという事に繋がっている。
>今の日本の気質では友好関係築きながら
>脅威だけを跳ね返すというのは不可能。
>政府が良い見本でしょう。

政府のみならず国民や資本経済のレベルで無理です。
結局あなたの考えと言うのは親米保守以外の何者でもない。

91 :名無しかましてよかですか?:2010/07/22(木) 01:10:15 ID:SNrfaFT3
>>90
衰退?
関わりが生じた時点で、衰退の道を辿って現在に至っていると思います。
断固拒否は衰退ではなく、衰退からの脱出ですよ。
日本の米への依存は変わらない。私は独立派だけど
現時点では、親米保守でもかまわない。

92 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/22(木) 01:24:50 ID:yNs+sF8i
>>87
>回帰は、支那・中共に対し我が国が独立・独自性を保持し、
>主権を確保し、誇りを取り戻すために、どうすべきだと思う。

そう簡単な話ではないですよ、もちろん。
まず憲法改正と日本軍の再編はもちろんのこと、中国朝鮮に対する
強固な外交政策に、経済政策。
それと、これは私の希望なんですがね、ハングルを入れろとはいいませんが
漢字を独自の形態に変化させる「様な」事が必要であるのではないかと。
結局日本というのは、中国ではない違う異質な国でなければいけないんだと思う。
例えば日本の戦国時代や江戸時代に培われた武士の時代とか、古代日本や神話世界の
姿と言うのは非常に中国とは違う日本的な時代だった。
侍の格好や鎧兜を見てもそうだし、古代の埴輪の服装とか見てもそうだし、城と城下町の
建設とか古墳を見てもすごい中国とは異質で独特なんですよ。
あと、ほぼ分かってない縄文時代とかを見直したり、日本人が縄文人が起因となってこの島に
息づいて来たと言うアイデンティティーも我々は中国や外国とは違うと言う意識になれば言いと思う。
私としてはそういう独特さをもって中国に飲み込まれていくのを阻止するしかないと思うんですよ。
>>89
>回帰は、天皇陛下のご訪韓と「謝罪」に賛成なのか?

賛成なわけないでしょう。
それをやろうとしてる菅政権はオザワ以上に失望的ですね。

93 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/22(木) 01:45:37 ID:yNs+sF8i
>>91
>衰退?
>関わりが生じた時点で、衰退の道を辿って現在に至っていると思います。

それは違いますよ・・・・
結局戦後日本は中国含めた異国の属国に成り下がったんですよ。
しかも朝鮮にも。
むしろ戦後60年の極東は朝鮮の時代でした、そしてこれから中国の時代が来る。

そんな時代が来るのに関わりを絶つと申されるのがあなたの主張ならば
非現実的だといわざる得ません。
おそらくあなたが頼れる国は北朝鮮やモンゴル、それからベトナムやミャンマー
といった旧社会主義国以外にはないと思います。


94 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/22(木) 02:20:30 ID:yNs+sF8i
>断固拒否は衰退ではなく、衰退からの脱出ですよ。
>日本の米への依存は変わらない。私は独立派だけど
>現時点では、親米保守でもかまわない。

そしたら今後の日本での社会的な大改革が必要でしょ。
そんな事が出来るわけですか?
理念だけの思想信仰が目的となってしまい、結局アメリカ資本主義に
飲み込まれてしまうと思うんですけどね。
それこそ戦後の右翼と左翼の地位が逆転するようなことで無ければできやしないでしょう。


95 :名無しかましてよかですか?:2010/07/22(木) 09:35:31 ID:kS1I6nfP
>>92 対中共
 >まず憲法改正と日本軍の再編はもちろんのこと、中国朝鮮に対する強固な外交政策に、経済政策。
→それは反対しない。だが一方で回帰はこんなこと言ってるだろ。

 378 名前:回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/22(木) 02:16:21 ID:yNs+sF8i
>俺は日本での男子男王の継承は、実は3000年も前の縄文時代から続いてきたと言う確信を実は得てる。
 でもそれは、所詮縄文民族信仰的な考察であって現在の男系思想とははっきり言ってかけ離れ全く違うし
 本来の意味も失われてる。君達が日本神話や皇統2600年の歴史を捨てて、奈良ヤマトに息づく3000年の
 縄文神話と信仰の歴史として維新を起こし・・・

どんな確信かは聞かないでおくが、要するに別王朝を主張している。
つまり国家の中心、国民団結の核を失うことで、強い日本どころか国家破壊ではないか。

96 :名無しかましてよかですか?:2010/07/22(木) 12:05:53 ID:SNrfaFT3
>>93
これからは中国の時代がくる
しかしそれは日本の危機でもある
わざわざ呑み込まれるリスクを背負わなくても
中国からアジア諸国にシフトするだけで
充分ですよ。

日本は変わらなければならない。

保守に目覚める人は増え始めてます。
今まで、好き勝手にやってきた左翼の時代も終わりです。
今後は保守の時代かもね。

97 :名無しかましてよかですか?:2010/07/22(木) 12:45:20 ID:kS1I6nfP
>今後は保守の時代かもね。

甘い!


98 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/22(木) 13:03:48 ID:ePlU4XBQ
98年…戦争論一巻ヒット、テポドン発射→右傾化元年
05年…嫌韓流一巻ヒット、衆院選自民大勝、格差拡大深刻化→右傾化ピーク、左傾化元年
07年…参院選民主大勝→右傾化完全終息

この前の参院選民主大敗も民主党の身から出た錆なだけで、
98年〜小泉改革の頃の保守の求心力も今一つ感じられない。
まぁ今後は5〜10年おきくらいに保守(自民)のターンとリベラル(民主)
のターンを繰り返していくんじゃね?

99 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/22(木) 21:43:40 ID:yNs+sF8i
??96
>これからは中国の時代がくる
>しかしそれは日本の危機でもある
>わざわざ呑み込まれるリスクを背負わなくても
>中国からアジア諸国にシフトするだけで
>充分ですよ。

手遅れだな。
90年代ごろから英語の公用語化をしてればよかったのに。

>保守に目覚める人は増え始めてます。
>今まで、好き勝手にやってきた左翼の時代も終わりです。
>今後は保守の時代かもね。


だといいな。

100 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/22(木) 23:41:54 ID:ePlU4XBQ
狼少年の如く「中国が攻めてくるぞ!」を繰り返したところで、
多くの人にとってはそれより自分の生活がまず大事だからなぁ。

101 :名無しかましてよかですか?:2010/07/23(金) 06:13:28 ID:9to2z0ZO

「幸福の科学信者よ、まだまだ希望はあるぞ!!」からのコピペです
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1279086145/

1 :無敵の龍 リョウ サカザキ:2010/07/14(水) 14:42:25 ID:NP7bh/Wn
幸福実現党は天皇陛下夫妻に支持を公に宣言してもらう。秋篠宮文仁(ふ
みひと)夫妻、皇太子徳仁(なるひと)親王夫妻にも幸福実現党を公に宣言し
てもらう。 そして、天皇陛下皇族たちにも次の衆議院選挙で幸福実現党を応
援してもらう。もうすでにこの案は幸福の科学、幸福実現党本部にファックスで
送ってある。幸福実現党が政権第一党になれる希望はまだまだあるのである。
幸福の科学信者よ。落胆するなかれ。まだ、これからである。幸い天皇家も民
主党政権を嫌っている。天照大神の霊言や昭和天皇の霊言を じかにみせれ
ば天皇家皇族たちの支持を得ることはそう難しいことではないはずだ。

これって本物なのでしょうか?
「明治天皇・昭和天皇の霊言」   大川隆法著
http://www.irhpress.co.jp/detail/html/H0242.html
「天照大神の緊急神示」     大川隆法著
http://www.irhpress.co.jp/detail/html/H0283.html

102 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/23(金) 06:57:00 ID:4N0zEypK
ID:SNrfaFT3 氏

結局、わたしら日本人はこの国で王道楽土を開かねばならんのですよ。
それが生き残る道ですよ。

103 :名無しかましてよかですか?:2010/07/23(金) 12:22:09 ID:qCmZBAQv
回帰様

女系天皇作ってアジアと共生する日本に変えましょう。
管首相小沢幹事長千葉法相は私たち市民の希望です。

104 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/23(金) 12:43:28 ID:EtD+QEHs
>>103
残念だが俺はそんなことは微塵も思っちゃいない。
あて違いだ。

105 :名無しかましてよかですか?:2010/07/23(金) 12:52:58 ID:YLdjvRtT
回帰さんはいつになったらDOF本人として正面から持論を展開しますか?
DOFを利口に見せるために実在もしないバカを演じるのって疲れませんか?

106 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/23(金) 18:08:23 ID:MXsDTbRe
>>105
>回帰さんはいつになったらDOF本人として正面から持論を展開しますか?

回帰が僕のトリップパスを知らない限りは
「DOF本人として正面から持論を展開」するなんて不可能でしょう。
幸福の科学の言うような
”守護霊”とやらの存在でも前提にしているのか知りませんが。
回帰に僕を騙らせるなんて回りくどい事しなくても、
僕の持論なら素直に僕自身が今まで直接書き込んできたことから読み取ってください。

>DOFを利口に見せるために実在もしないバカを演じるのって疲れませんか?

回帰をまともに相手にした僕の方が馬鹿を見るだけで正直疲れました。

107 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/23(金) 19:57:56 ID:EtD+QEHs
もうお前いいから出てくるなよ

108 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/23(金) 20:36:28 ID:EtD+QEHs
>>87
日本を救う方法にインドの存在が今後重要になってくるかも分かりません。

109 :名無しかましてよかですか?:2010/07/23(金) 21:22:07 ID:3jD8DehD
なんでインドなの?
アフリカでもいいじゃんよ。

110 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/23(金) 21:26:26 ID:EtD+QEHs
>>109
中国に取って代われるのはインドしかないからです。
ただやはり今後も日本は中国に多く依存するんでしょうが・・・・。

111 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/23(金) 21:42:44 ID:MXsDTbRe
回帰がこのスレから一切出ないなら俺もこのスレには書き込まないでやってもいい。

112 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/23(金) 23:06:10 ID:EtD+QEHs
>>109
本当は東南アジアとかフィリピン、マレーシア、インドネシアがもっと
統一されて治安もよく繁栄してくれていればよかったんだろうだけどな。

113 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/24(土) 01:32:42 ID:u/vPXbAG
小和田恒氏の「国際法に独立宣言を禁じる規定はない」発言で世界の先住・
少数民族は勢い付き、民族紛争や分離問題を抱える国々は戦々恐々らしい。
この男の最終目標はウェストファリア条約体制以来の今日の世界秩序を一旦チャラにすることなんだろうか?
民 族 世 界 大 戦 は じ ま っ た な 。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100723-OYT1T00091.htm

>「コソボ独立宣言は適法」…国際司法裁判所
>22日、ハーグの国際司法裁判所で、コソボの独立宣言に関する勧告的意見を読み上げる小和田恒所長(中央)=AP

 >【パリ=林路郎】国際司法裁判所(オランダ・ハーグ)は22日、
>旧ユーゴスラビア連邦セルビアの自治州だったコソボが2008年2月、
>一方的に独立を宣言したことが国際法上適法だったかどうかについて、
>「国際法に違反しない」との判断を示した。コソボを独立国として承認する国が増え、
>国際機関への加盟を目指すコソボにとっては追い風となる。今回の判断が前例となり、
>世界のほかの地域で分離独立の動きを刺激する可能性がある。

 >小和田恒(ひさし)・同裁判所長(77)が勧告的意見を読み上げ、
>「国際法に独立宣言を禁じる規定はない」と述べた。

 >判断を受け、コソボのセイディウ大統領は「コソボにとって祝福すべき日だ」
>と歓迎し、セルビアに「新しい協調の精神を築こう」と関係改善を呼びかけた。
>セルビアのイェレミッチ外相は、「コソボの一方的独立宣言は決して認めない」と反発した。
(続く)

114 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/24(土) 01:33:31 ID:u/vPXbAG
(続き)
>勧告的意見は、同裁判所が国際法上の争いをめぐって示す見解で、
>法的拘束力はない。

 >国際司法裁判所での判断は、コソボ独立を一貫して拒むセルビアが求めた。
>セルビアは、「一方的独立は国家主権と領土保全の原則の上に成り立つ国際法秩序への挑戦であり、
>無効だ」と主張。国連総会が08年10月、独立宣言の適法性について勧告的意見を出すよう同裁判所に要請した。

 >コソボは法廷で、セルビアを「紛争解決に関心を持たなかった」と批判し、
>独立宣言は合法であると主張してきた。

 >コソボは、米国や欧州連合(EU)の22か国、日本など69か国がすでに国家として承認済み。
>その一方で、ロシアや中国、スペインなど77か国がセルビアの立場を支持し、
>コソボ独立の賛否をめぐって世界は二分されてきた。

 >同裁判所は、判断にあたって、旧ユーゴの内戦の複雑な経緯と北大西洋条約機構
>(NATO)の旧ユーゴ空爆、国連によるコソボ暫定統治などコソボ独立へ至る国際社会の努力を総合的に考慮した。

 >コソボのような一方的な独立に同裁がお墨付きを与える判断は、中国、
>ロシア、スペインなど国内に民族問題を抱える多くの国に波紋を広げる可能性がある。
>コソボ独立を支持する国からも「同裁は適法性の判断自体を見送るべきだ」
>(英国)との提案が出ていた。
>(2010年7月23日01時07分 読売新聞)

115 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/24(土) 02:44:15 ID:a2Df5Mku
ああああ−−!!なんと・・・・・・・!オーマイガー!





と言いたい所だが残念ながら、私が現在構想練ってる北海道・東北独立計画を考案してる
さなかに君は何と言う朗報をもたらしてくれたんだw
そして小和田見直したぞ、ブラボー!
これでアイヌ独立共和国が建設できる可能性が高まった、知らせてくれてありがとうDOF君wwww

116 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/24(土) 02:54:28 ID:a2Df5Mku
君は俺と言う人間の事がいまだよく分かってないらしいなw
これは下書きだけど、おれはちょうど今こういう構想を練ってて
これをちゃんと図案化清書したものを政治板の「ネトウヨは何でアイヌ」スレに貼ろうとしてたのにw

俺は別にアイヌの民族独立に反対してるわけじゃないんだよw
ただ独立国など共和国目指してないなら民族独立の意味も沖縄同様にあまりないし
日本民族のまますごしたほうがいいと言うことで反対してたにすぎないんだよw
しかし俺は俺で今の日本とは違う人工国家が欲しいので沿海州に作れれば理想的だけど
まずは国内の東北や北海道で作れればいいと言うことで構想練ってた最中だったw

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1047672.png

117 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/24(土) 03:11:36 ID:u/vPXbAG
アブハジア、沿ドニエストル、北キプロス、クルディスタン自治区、
ソマリランド、台湾、ナゴルノ・カラバフ、西サハラ、パレスチナ、
南オセチア等についても基準を統一して同じこと言うなら俺も小和田発言支持する。

118 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/24(土) 03:24:23 ID:a2Df5Mku
この件で台湾とかの独立もかなり影響してくるんじゃない?
ふつうに小和田GJだよ。

119 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/24(土) 07:22:46 ID:a2Df5Mku
>>87
あとね、もう一つ

こういう事言うとあれだけど、韓国と仲良くする事がかなり大事になってくる。
まあこれは韓国に限らないんだけど、台湾や中国に対してもそうだけど特に韓国。
韓国と中悪くなるのは日本にとってはマイナスでしかないことをあと10年以内には
知ることになる。

だからこの10年間と言うのがものすごい大事で、そう考えると2チャンなどで
反朝鮮対策やってる連中はただ朝鮮が嫌いな右翼か日本と朝鮮の親密さを
よく思わない中国人の妨害工作であるといえる。
俺としては嫌韓流がこのまま続くのは決してよいことではないと思うね。

あと、日本の大衆真理として中国人に頭上がらない意識があるのは何とかしたいな。
日本には中国を割りと尊敬の目での見るような感情ってのがどうしてもある。

120 :名無しかましてよかですか?:2010/07/24(土) 16:02:15 ID:9XlkAaqA
回帰
>日本の大衆真理として中国人に頭上がらない意識があるのは何とかしたいな。

どうしたらいいと思う? 具体的に頼むよ。

121 :名無しかましてよかですか?:2010/07/24(土) 20:06:20 ID:TNIgy7Lz
相変わらず結論の羅列でそこに至った思考過程は提示なし、か。

国家戦略の構想練ってほくそ笑んでる暇があったら、
自分の人生設計を考えろよ。
世間の中でしっかり足掻いてみろよ。

現実世界で戦えない奴が、役に立つ戦略立てられるとはとても思えんな。

122 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/24(土) 20:34:19 ID:u/vPXbAG
井の中の蛙、大海を知らず。ディスプレイの前のヒッキー、リアルを知らず。
「世間の中でしっかり足掻いて」る、「現実世界で戦」
ってる人達に自室の中から冷笑を浴びせ掛けるのが回帰クォリティだからな。

http://mimizun.com/log/2ch/seiji/namidame.2ch.net/seiji/kako/1253/12536/1253629744.html

>510 名前:回帰 ◆XB7AjTRRiE 投稿日:2009/12/08(火) 14:47:29 ID:8/4otBW6
>>509
>ご観覧ありがとうございます、非国民の意味は分かりませんがあなたのような考えがあたりまえに広まる事を
>マイノリティ主義とかマイノリティ利権のやつらは喜んでいりますよ。
>一応もう少しあなたの意見というのを伺いたいのですが、私から言えることは結局現代のアイヌや離島の沖縄人
>の人々というのはちょっと風変わりな地方の国民という感じでしかないと思いますよ。

>確かに自分は関東から出た事がありませんが、そのぶんネットで幅広く生きてますよ。
>だからちょっと頭でっかちになってる部分はあるけど、結局「狭い常識」に縛られてるのは
>ネットをしないで現実だけで生きてる方々と言うのも十分実態としてあると思うのですよ。
>私がこういう事情に興味持ち出したのは評判の悪い小林よしのりと言う漫画家の書いた
>風刺漫画ですがね、あれも自由な考えでよく見ると実に正論と言わざる得ない。

>あなたは「「人」と触れ合わずに「民族」を語るなかれ。」とおっしゃるが、じゃあ人と触れ合ってそのため
>情がついてしまって、利権や反政府のために民族を語ってる奴が多く居ると言う事をどう感じておいでですか?
>これこそ相当まずい問題ではありませんか?
>彼らがなぜ、すでに帰化した人々をまるで帰化した事が無かったかのようにマイノリティ民族として復刻させ、
>再度マイノリティ化させてるか考えた事はありますか?

123 :名無しかましてよかですか?:2010/07/24(土) 20:43:31 ID:uzjN11Sm
もう一度満洲国を作ればいいのさ

124 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/24(土) 23:47:30 ID:gjaXESH+
天皇はアマスメルミコトであり、いわゆる人間の君主ではなく神なのだ。
天皇は君主皇帝ではなく神としての存在であらねばならない。
現在の天皇制は君主と神聖を兼ね備えている神政統治の状態にある。
だから王権と皇統が一致されなければならないのだ。

それを解消するために君主制、王権からの脱却、離脱をしなければならない。
その代わり戦前のように天皇を神格化させる。
それが私の発見した「皇君分離」の理論。

この理論における皇統は、従来どおり万世男系で引き継がれるため、この考えでは万世一系の皇統は断絶されない。
しかし天皇になる人は君主ではなく神なので「〜系」と言う概念ではなくなる。
天皇は女性も男性でもなれる、女子でも男子でも皇族(天孫族)から出ればOKなのである。
(神に性別はないのだから)
名づけて「天孫制度」だ。

天孫神話象徴統治と大統領制による共和国だ。
何故大統領制度が必要か?
世界から見て日本の大統領と韓国の大統領だったらどっちを信じるか?
日本に決まってる。
逆に日本の総理大臣と韓国の大統領だったら?
韓国大統領だよ。
大統領にはいまや箔があるからだ。

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1049728.png
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1049730.png

125 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/24(土) 23:50:02 ID:gjaXESH+
このように女系容認もいいけど、それならいっそ大統領制度導入と
象徴天皇の神格化でもいいと思うというのが今回、俺の気づいた点でした。
これは小林の天皇論からはかなり離れてしまいますが、三島の考えを
今回取り入れてみた結果こうなりました。

これだと先生は天皇を神とあがめるのでカルトだと仰られるかもしれませんが。
天皇をどうしても人間と言うことにするのであれば、あとはバチカンのように
法王にされる方向があります。
あとはこれまで議論してきたとおり女系容認による双系継承としての君主天皇ですね。


126 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/25(日) 09:08:22 ID:04FS/aCw
>>120
やっぱり同じ意識を持つ朝鮮やモンゴル、ベトナムと仲良くなるしかないですよ。
それとロシアですかね。

あとはやはり漢字の変わりにハングルでも導入すればよいかも分かりません。
日本と朝鮮が文明圏を作れば中国と対抗できる。

127 :名無しかましてよかですか?:2010/07/25(日) 09:48:46 ID:prEuSB5f
●ネトウヨ(ネット右翼)がみっともない12の理由
1.威勢が良いのはネット上だけで現実の行動は何もしない
2.2ちゃんねる発の噂を裏も取らずに事実と断定する
3.愛着を持っている日本文化が伝統文化ではなく漫画・アニメ・ゲーム程度
4.国防重視を説くくせに現実に自衛隊には入らないし入っても役に立たない
5.都合の悪いことはすべて反日勢力の自作自演ということにする
6.特亜・在日・創価・左翼以外の社会悪は平気で見過ごして批判しない
7.戦前戦中・終戦直後の今よりひどい貧困を味わった世代に敬意を表さない
8.自分は何もしてなくても過去の日本人の手柄を自分の手柄のように誇る
9.反中国のくせに高い国産商品より安い中国製品を買うことを恥じない
10.何の話題でも嫌特亜、反左翼に結びつけないと気が済まない
11.たまたま日本人に生まれただけで努力して何かになったわけではない
12.この文章を読んで「これを書いた奴はチョン」と証拠もなく勝手に断定


128 :????????:2010/07/25(日) 11:00:21 ID:u2AbQXoD
回帰へ

>やっぱり同じ意識を持つ朝鮮やモンゴル、ベトナムと仲良くなるしかないですよ。
 それとロシアですかね。
→何で、朝鮮やロシアが同じ意識なんですか?
 それはどいう意識ですか?

>漢字の変わりにハングルでも導入すればよいかも分かりません。
 日本と朝鮮が文明圏を作れば中国と対抗できる。
→なぜ国語を破壊することが、中国と対抗する良策なんですか?

129 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/25(日) 11:54:51 ID:04FS/aCw
>>128
>何で、朝鮮やロシアが同じ意識なんですか? それはどいう意識ですか?

実はロシアには中国移民の恐怖と言うのがある。
特に沿海州など満州周辺から流れて来る中国人がね。
中国の移民と居住を警戒して去年ロシアが岡田大臣に日本へ技術開発の提案を申し込んできたことがある。
日本人ならあんまり移民がないと言うことだそうだ。(要するにロシアは朝鮮にも警戒してる)
極東アジアにいる限り、どこも中国の移民が脅威なのは同じなのさ。


つづく

130 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/25(日) 12:02:06 ID:04FS/aCw
朝鮮もロシアと同じで中国の移民や領土併合に恐れを抱いている。
モンゴル、台湾もそう。
大陸組みの連中は中国の移民が怖い。
韓国のソウルではその居住市民の半分が中国系だという調査がある。
あの国ではそういう事が起きてる。
日本だけでしょうね、こんな甘っちょろい中国移民への対応してる国は。
台湾のあるネットユーザーがそうした日本を見て「台湾のようになりたいのか」と言ったとか言わなかったとか。
意識と言うことについては、潜在的にそういう共通した強迫観念が存在してる。

ただ別に排他をしろといってるんじゃない。
ロシアではやっぱり過激な人種差別事件が起きたりしてるようだけど、同じアジア人である
我々はそういうことは起こっちゃいけない、ただ移民には警戒しないと。

131 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/25(日) 12:10:04 ID:04FS/aCw
>なぜ国語を破壊することが、中国と対抗する良策なんですか?

上記の事から、私たちはグローバル時代につき物である外国移民との関係が大事になってくるわけですが
日本と言う国はそのあたりは実に柔軟に対応してきたと思うんです。
それが日本の生き残ってきた強さであるわけです。
明治維新のことをよく考えて見てください。
実は自らちょんまげを切り国風を壊してまで西洋化したことが最大の文化防衛でした。
実はこれは今の朝鮮にもいえることだと思います。
模倣に近いコピーやオマージュで日本企業と戦いかなりの成果を収めてきました。
またハングルは漢字モドキでもあり、漢字に頼ると言う必要性を最小限に抑えています。

つづく

132 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/25(日) 12:27:12 ID:04FS/aCw
そうした”模倣作戦”というのは、何も朝鮮だけの話ではなく実は日本の得意分野でありました。
しかし、日本の場合はそこから一段進歩させて独自の形態に改良する要素が加わってきます。
これが日本の外国から支配されないと言うからくりなのです。
日本ができる限りの漢字使用を抑える代わりにハングル文字を導入する事はそう不自然な事ではないとおもいます。

あの変革で生まれた近代日本漢字はそのまま中国や朝鮮へ多く輸出されてる。

私は中国語と韓国語にせっせる機会があるのでいつも思うんですが、日本語で使う単語や表現が多いので
(中には意味が違ったりするものもあります)、私たち日本人がおぼえたり理解したりするのは非常に容易です。
特に朝鮮語に限っては文法が同じばかりか「日本語輸入語」が実に多いです。
音節もほとんど日本人にとっては発音しやすく、世界の中で一番バイリンガルが容易な言語であると見ています。
(実はこれには併合時代が大きく関係してます)

逆に中国語は発音や文法が違う上に、「開始」など和製漢語が多いとはいえ実に慣れにくいものです。
広東語に限っては意味不明です。

中国の漢字は非常に略化されてることもあり、また台湾のほうは旧漢字です。
台湾のピンインである注音符も、北京語のピンインも日本人の感覚として葉おそらく使いづらいです。

つづく

133 :名無しかましてよかですか?:2010/07/25(日) 12:46:19 ID:G3Ab7w6C
日本語最大の特徴は表意文字と表音文字が混在していること。
多面的思考や記号化に強い日本人の特性は文字にあると考える人もいるね(養老氏とか)。

回帰はなるだけ漢字を押さえよという。
日帝文化追放のために漢字を廃した国に合わせよだとさ。

韓国に熱い視線送る前に相手が何者かよく知れと言いたい。
ハングル板のコリアンジョークスレやホームランスレ見たら、偏見なしの韓国発生情報で、韓国の諸事情が良く分かるぞ。

134 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/25(日) 12:47:04 ID:04FS/aCw
無論そうしたために英語と言う世界共通語があるのですが、漢字をハングルに置き換えた上で
英語教育もやれば更によいでしょうね。(ただその代わり英語を第2公用語にするような事はしなくていいです。)

そして、ハングルについてです。
ハングルは一部発音や法則やルールで慣れにくいところがあるのは確かですが、ローマ字表記になれた
現代日本人としてはハングルも字の表記はそれほど難しいものではありません。

ただし、日本人の感覚でなれない要素が1つあります。
それはハングルの記号的な形状です。
これは漢字になれた日本人からすれば実に異質で、耐え難いものがあります。
もちろんハングルを草書風に書く事もできるのですが、日本に導入する際は書体を草書風に統一するのもよいかもしれない。
ともかくハングルを導入する背景としては、ハングルの見た目からくる偏見を克服するという意味があります。


つづく


135 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/25(日) 12:59:00 ID:04FS/aCw
>>133
>日本語最大の特徴は表意文字と表音文字が混在していること。

1種類の文字を使う国では、文字を続けて書いたり間隔をあけたりして文字の違いを見極めます。
しかし日本はそれぞれ違う文字を使うことでそれを目安に判断しています。
ハングルを導入した場合、厳密には漢字仮名ハングル混じりと言う形態になってゆく事でしょうね。
>多面的思考や記号化に強い日本人の特性は文字にあると考える人もいるね(養老氏とか)。


日本固有の単語にあわせてそれぞれ違う漢字を当てはめて使用してるという使い方は
そういった創造性につながってくる事は間違いありません。
また、これはハングルでは無いのですが、神代文字の一つであるヲシテ文字を考え付いた人は
実によい発見をしてくれましたと言わざる得ません。
>日帝文化追放のために漢字を廃した国に合わせよだとさ。

漢字を廃止したのは中国の支配文字を追放するためでしょう。
漢字表記をしなくなっただけで日本語単語は今でも多く使用されています。
それに日本だけですよ、漢字を中華の属国文字と言う意識がないままいまだに使用し続けてるのは。
結局中国の大王制度である男系継承だって、それと同じ事がいえるんじゃないかと思いますけどね。
>ハングル板のコリアンジョークスレやホームランスレ見たら、偏見なしの韓国発生情報で、韓国の諸事情が良く分かるぞ。

安心してください、そうした事も今後は少なくなってくるでしょう。


136 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/25(日) 13:03:55 ID:04FS/aCw
日本の男系制度はいわゆるシナ王朝精度ではありませんが、シナ大王制にあやかったものであることは明白です。
男系主義者の方々はそこは絶対に認めないようですけど。

137 :二次元は俺の象徴:2010/07/25(日) 13:14:35 ID:X8J4m/2A
一言かましてよかですか
天照大神はふたなりだと思う。。。たぶん

http://here.xxv.jp/upload/src/here26088.jpg
今日の彼女(天皇)

138 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/25(日) 13:36:46 ID:04FS/aCw
つづき

また、日本人は韓国語の発音が「汚い」「耳障り」だとし、苦手な方がおおいのですが
それは現代語である標準語に慣れ親しんだために感じる事ではないかと思われます。
朝鮮語は一部にモンゴル語的な音節があることを除けば、ほとんど日本の方言と大差ないのが真実です。
地方出身者、それも東北弁の話者ほど韓国語とは変な親近感があるにちがいありません。

そういう改革を行えば、朝鮮人に対する差別や偏見や民族蔑視はおそらく多くは無くなっていく事でしょう。
朝鮮人に対する差別が無くなれば、その分矛先はきっと中国人に向けられます。
中国の方にとっては申し訳ないですが、これはある意味で中国の辺境周辺に生きる人々にとっては
必要な抑止力なのです。

日本人がかつて自ら西洋化し西洋文明の植民地支配に対しての免疫、侵略や経済侵略の余地を
与えないと言う防衛にも結果的につながりました。
そしてそれが強みとなり、今日までやってこれたんだと思うのです。

つづく

139 :名無しかましてよかですか?:2010/07/25(日) 13:40:03 ID:u2AbQXoD
>漢字に頼ると言う必要性を最小限に抑えています。

そのために、平仮名や片仮名があるじゃないか。
なんでハングルにしなきゃならないのか根拠がはっきりしないが。

140 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/25(日) 14:01:36 ID:04FS/aCw
つづき

長くなりましたが、この先、中国に対して同じように対応しなければ将来の日本は華僑の強い国になっているかも分かりません。
経済や貿易、労働者はみな華僑に牛耳られ、金融や闇社会までもがチャイニーズ系になる、地方都市に行けば中華系ばかりだ
、そんなモンゴル人やロシア人だけの現在の相撲のような状況に国家がなりかねない。(そうなれば票の欲しい政治家によって参政権も絶対通るでしょう)
外国人や外国系の方はなるべく政令都市に住んで生活されて欲しいのが私の願いです。
地方に定住するなら日本人として帰化されるべきなのです。

中国人の中には、自ら中国人であることを捨ててまで日本人に帰化して住みたいと言う人が大勢います。
彼らが在シナ人としてではなく、日本人として強い強制力でもって帰化してもらわなければ移民を日本の人口プールに貯蓄できない。
それでは「入植」になってしまい移民では無いのです。
漢字を使用する日本国では、中国人はそれほどアイデンティティーを崩さずとも生活する事が出来きます。
漢字を使ってると言うことは、中国のであるも同然なのです。
移民は日本の人口減を補う事につながるのですから確実にアイデンティティーレベルで帰化させる環境が重要となるのです。


以上です。

141 :名無しかましてよかですか?:2010/07/25(日) 14:21:08 ID:IAo0wLmQ
>>136
日本の男系継承はユーラシア大陸よりも
太平洋圏のポリネシアやメラネシア、あるいはインカなどの中南米に見られるものに近い
インカでは貴族と平民は厳格に峻別され皇帝は神格化され男系絶対であった
またアクヤクーナと呼ばれる女性が飛鳥朝の采女の如く全国から宮廷に集められ皇帝の身の回りの世話をしていた
有名なマチュピチュは祭祀女性の住んだ施設と言われている
太平洋圏で「マナ」と呼ばれる神秘的霊力と
沖縄の「セヂ」、日本神話や祝詞の「イツ(稜威)」の類似性は古く柳田國男によっても指摘されている
これらの社会では、男は公権力を独占していたが、霊力マナの源泉は女にあるとされ
特に、男に対してはその姉妹が霊的守護力を発揮していた
巫女・神女などの女性祭祀者による男性権力者への霊的支援の強さはシナに見られない特徴である

ポリネシアなど多くの地域ではキリスト教が普及したため伝統祭祀は廃れたが・・・

また母音の多い日本語の音節と太平洋の言語の発音上の類似はよく指摘されている

142 :名無しかましてよかですか?:2010/07/25(日) 16:18:08 ID:G3Ab7w6C
>日本人がかつて自ら西洋化し西洋文明の植民地支配に対しての免疫、侵略や経済侵略の余地を
>与えないと言う防衛にも結果的につながりました。
そのロジックなら、中国への防衛のために日本を中国化させるという理屈も可能だろうが。

大体、国対国のパワーバランスを補うための第三国との提携として、自国の言語や文字を売り渡すなんて馬鹿の骨頂だ。
中国が崩壊して提携意義を失ったらどうする?文化的喪失は計り知れないぞ。
さすがニートの天下語り。

まず中韓は反日教育止めさすことが先決だろうが。

143 :名無しかましてよかですか?:2010/07/25(日) 17:00:26 ID:u2AbQXoD
回帰の論を進めていくと向こうの人と合同結婚させられそうだ。
回帰は、過去にそういうことをやってきたんではないか?

 149 :名無しかましてよかですか?:2010/07/21(水) 07:46:30 ID:t7NbpwZt
特アの婿来て国民の安寧があるか

150 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/21(水) 08:05:53 ID:uSR7Crb/
 >>149 キモッ

152 :名無しかましてよかですか?:2010/07/22(木) 16:13:45 ID:kS1I6nfP
 つまり回帰は特亜の婿に賛成か。

153 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/22(木) 21:40:05 ID:M0ViTUv5
 >>152 賛成だね。

144 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/25(日) 19:53:13 ID:R81gH0q4
>>139
いや、要するに韓国と仲良くしないと本当にもったいないってことを言いたいわけですよ。
彼らを理解して仲良くしないと。
結局日本は朝鮮と今のまま分かり会えない状態でいいのかなあと。
日本と朝鮮がお互いの文化を理解し、友好し、国を守る意識が働いてはじめて中国と
対等に渡り合える=中国と健全な友好・協和ができる、要するに昔の事を思い出して
いただければ分かるけど、曲りなりも朝鮮台湾は日本帝国の影響国ですよ。
我々が仲良くすることはそう不自然な事ではないはずです。

ネットウヨクの理論で見ると、まず韓国など彼らは敵なんですよ。
台湾に対してもちょっとでも反日的なそぶりがあれば駄目。
要するに彼らは日本の子分で無ければならない。
ネット左翼は左翼で東アジア共同体ですよ、友愛とか言って日本と中国と韓国に
国境がなくて、英語を使い交流すればいいと考えてる。
これも私に言わせればふざけるなといいたい。
結局どうしても日本帝国の功績を踏みにじる意識が彼らにはある。
私たちの新しい関係と言うのが必要でそれは戦前に懐古しないと言うことが大事です。
(かといってグローバリズムにも淘汰されない)

これは天皇論に関しても同じ事がいえますよ。
右翼や保守は天皇と国民のありかたを、そして日本と周辺国との関係を
戦前の状態に戻そうとしてるわけですから。

145 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/25(日) 20:03:32 ID:R81gH0q4
>>141
>日本の男系継承はユーラシア大陸よりも
>太平洋圏のポリネシアやメラネシア、あるいはインカなどの中南米に見られるものに近い
>インカでは貴族と平民は厳格に峻別され皇帝は神格化され男系絶対であった
>またアクヤクーナと呼ばれる女性が飛鳥朝の采女の如く全国から宮廷に集められ皇帝の身の回りの世話をしていた
>有名なマチュピチュは祭祀女性の住んだ施設と言われている
>太平洋圏で「マナ」と呼ばれる神秘的霊力と
>沖縄の「セヂ」、日本神話や祝詞の「イツ(稜威)」の類似性は古く柳田國男によっても指摘されている
>これらの社会では、男は公権力を独占していたが、霊力マナの源泉は女にあるとされ
>特に、男に対してはその姉妹が霊的守護力を発揮していた
>巫女・神女などの女性祭祀者による男性権力者への霊的支援の強さはシナに見られない特徴である

ブラボー、エクセレント!
実は縄文時代はそういう意味で男性は神秘的な威厳主義がありました。
しかもあなたのおっしゃられるように古代日本はどこかインカ的、ポリネシア的なんです。
これは古代の異物から見られる営みからも十分推察できます。
しかし、現在の天皇制というのは完全にシナ王朝式が取り込まれ、革新されてから続いてきたものです。
およそ3000年前の古代奈良王朝で行われていた男系信仰とはまったく違うものになりました。
残念ながら日本にはそうした古代の時代の遺跡などがそんなに残ってない。
日本独自の古代文化と文明は消えてしまったわけですよ。

146 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/25(日) 20:06:18 ID:R81gH0q4
>>142
>そのロジックなら、中国への防衛のために日本を中国化させるという理屈も可能だろうが。

もちろんそういう方向性も考えていましたよ、でもそれは移民が来るから駄目なんですよ。
欧米から無尽蔵に移民なんてこなかったでしょ?



>>143

ああ、それお前ら男系派に対する嫌がらせで言っただけだけどな。

147 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/25(日) 20:17:42 ID:+i+7yXQH
それと>>139
>そのために、平仮名や片仮名があるじゃないか。


これについては後で詳しく話すが、平仮名やカタカナを使って体系化するにはいくつか問題点がある。
ただ、日本だけでの文明圏を目指すと言うことであればその考えは正しい。


148 :名無しかましてよかですか?:2010/07/25(日) 23:01:22 ID:G3Ab7w6C
>>146
答えやすい部分以外は無視か。

短期的国家戦略のために、文化が培った文字と言語捨てる気なのかと。
みんなの党首の父親が、英語の早期教育のため、日本語をアルファベット表記にしようと提案したが、
同レベルの愚策だな。

ちなみに犬hkスペ「日本と朝鮮」、朝鮮人は終戦で日本から解放され自由を手に入れたとしてたが、
敗戦時の日本で横暴の限りを尽くした朝鮮進駐軍には触れずじまいだったな。
日韓友好のためか?回帰嬉し泣きすんじゃね?

149 :名無しかましてよかですか?:2010/07/25(日) 23:57:11 ID:u2AbQXoD
>朝鮮人は終戦で日本から解放され自由を手に入れたとしてたが

その後、だまされて北へ帰った人達は、日本は天国だったことを知ったろう。

150 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/26(月) 00:18:11 ID:nptBob3e
俺は日本・朝鮮・ロシアでなんか新しい事始められんないかなと思ってるだけだよ。
なかなか相性がいいと思うんだ、この3者は。

151 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/26(月) 01:16:02 ID:aPZJYQaE
>>148
そんなおろかな考えじゃないぞ。

ハングルを導入しないにせよ、漢字の使い方は工夫したほうが良い。
字形・書体を変えてもいいし逆さにつかってもいいかもしれない。
江戸時代はそれが出来てた。http://ja.wikipedia.org/wiki/江戸文字
仮名文字も中世にその一環で生まれたものと言える。
これは完全にクリエイティブな創造的価値において漢字を我々が支配していたことになる。

これは文化の精神的相殺の支配力の問題だよ。
パクリやコピーではなく、日本独自の魔改造でその力を上回ると言うのが
日本の存在を守る上で大事な要素だ。

神代アヒル文字ならハングル以外にキリルなどアルファベットに対しても
同じ効果を働かせる事が出来る。
ローマ字やアルファベットでそのまま表記する大馬鹿な案とは根本的にレベルが違う。

「拡大 かくだい」を神代アヒル文字拡張版で表記した場合
7ト7T◇トOI 7ト7T∀トOI 7ト7TДトOI 7ト7T▽トOI 7ト7T△トOI 7ト7T□トOI
7ト7T卞ΘI 7ト7T◇トΩI 7ト7T≡トOI 7ト7T◇ト∇I 7ト7TΞトOI

ローマ字 KAKUDAI

ハングルはてんしょに似ている。
漢字をてんしょ体で使用するのもよいかもしれない。
そういやあはっぴとかにも書いてあるよな。
日本の記号化センスの最たるは、こういうところが根幹にあるのかもな。

てんしょ
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/5d/Kakuji_sample.png
はっぴにあるような字体
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8b/Kujoten.png

152 :名無しかましてよかですか?:2010/07/26(月) 02:32:46 ID:oJHzxDTC
578 :名無しかましてよかですか?:2010/07/26(月) 01:51:17 ID:oJHzxDTC

別スレの後半でアラシまくったのは回帰。

シナのものまねとか朱子学ウンヌンは回帰のワンパターン持ちネタのひとつ。
神話を使っての女系ウンタラも同じ。

天皇論では、回帰=単なるアフォ、の認識が広まったので
名無しで出てくることが多くなった。
これに引っかかっている。
イライラしながら反論している。
そりゃイライラするさ。
それが回帰の狙いのようなものだ。

回帰の目的は、議論じゃないから、相手にしても意味ないのに。
他のスレで、天皇論の連中をからかってやったと言っている回帰を相手にしちゃダメだ。


579 :名無しかましてよかですか?:2010/07/26(月) 02:00:46 ID:JW8uIUVr
回帰と、あと女系ニートね。
こいつも名無しで出てくるから、気づいたら適当に受け流せばいい。
共通してるのは、その場限りの勝ち負けに異常にこだわる習性。
議論全体で明らかに負けてるのに、その日のIDで勝つことに全エネルギーを注ぐ愚かさ。
まあ小林も同じようなものだが。

153 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/26(月) 06:52:58 ID:aPZJYQaE
まあ個人的に神代文字とかどうでもいいんだけど、日本がハングルを輸入する事で朝鮮と
共同体的な関係を結び国家を拡張する、日本も朝鮮も国が狭いから思想的な視野が
狭くなりがちで選民的に傾く傾向がある。
まず日朝が手をとり、そして極東ロシアと連携する事でいずれ極東ロシアを傀儡国として
独立させると言う・・・・まあいつか来た道だが、>>123の言うようにもう一度満州国のような
国を日本と朝鮮が確保しないと結局中国にだな・・・・・・・・。

154 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/26(月) 07:11:47 ID:aPZJYQaE
それから日本と朝鮮が一つになると、また中国と言う存在が違った感覚で見れるようになる。
だからたったつい60年前の大日本帝国がやろうとしていた理念と言うのがいかに魅力的な
事であったのかを我々はもっと知るべきだしね、日本と朝鮮が結びつく事によって文化の
幅や奥行きと言うのは広まっただろうし、この地図に表示されてる領土ぐらいは我々は
獲得したかったしね。

満州国も内鮮一体も叶わなかったけどね、満州はもう手遅れだけどこの先も日朝が
協力して自分たちの危機を打開してゆくしかないんだからさ。

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1052875.png

それから、日本と朝鮮はいうなればイタリアとスペイン、イギリスとアイルランドの関係にそっくりですよ。
似たもの同士なんだから仲良く協力すればいいと思うけどな。

155 :名無しかましてよかですか?:2010/07/26(月) 13:18:40 ID:oJHzxDTC
>平仮名やカタカナを使って体系化するにはいくつか問題点がある。

どんな問題点か?
今まで平仮名やカタカナを使ってきて何か問題があったというのか?

156 :名無しかましてよかですか?:2010/07/26(月) 13:25:42 ID:oJHzxDTC
 >日本と朝鮮が一つになると、また中国と言う存在が違った感覚で見れるようになる。

違った感覚で見れるようになるためだけのことでなぜ一つにならなければならないのか?
ひとつになる過程で大変な反発・混乱となるだろうが、それは他国の思うままでないのか?
その混乱を利用して他国が漁夫の利をしめ、ますます強大になると思わないか?


157 :名無しかましてよかですか?:2010/07/26(月) 18:14:40 ID:FIyzEfgb
>>145
> 残念ながら日本にはそうした古代の時代の遺跡などがそんなに残ってない。
> 日本独自の古代文化と文明は消えてしまったわけですよ。

縄文時代の三内丸山遺跡の六本柱は巨大な日時計(やぐらを組んだ復元は間違い)
冬至の日に柱の真ん中から日が昇るのが確認されている
こうした柱による祭祀は諏訪大社の御柱祭が有名だが
伊勢神宮を含む多くの神社で現代も柱祭祀は行われている
出雲大社の神殿も古くは巨大柱の上に社が乗る形態だったことが古社の発掘によって確認されている
遺跡が残っていないのは現在も生きた信仰の元に祭祀が存続しているから
天皇のあり方も同じ

158 :名無しかましてよかですか?:2010/07/26(月) 18:24:33 ID:suFwDIzj
じゃあ、御陵とされる古墳等は遺跡の分類には入らないの?

159 :名無しかましてよかですか?:2010/07/26(月) 18:28:47 ID:FIyzEfgb
宮内庁指定の陵墓は遺跡ではなく天皇家の墓として現在も祭祀の対象
(だから発掘できない)

160 :名無しかましてよかですか?:2010/07/26(月) 18:37:19 ID:suFwDIzj
そうなんですね。
あ、でも指定された陵墓の中には記紀に載っている歴代天皇の墓とは違う古墳もあるじゃない。
あれって調査し直さないのかな。

161 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/26(月) 20:24:35 ID:MuqL6anG
>>157
>縄文時代の三内丸山遺跡の六本柱は巨大な日時計(やぐらを組んだ復元は間違い)
>冬至の日に柱の真ん中から日が昇るのが確認されている
>こうした柱による祭祀は諏訪大社の御柱祭が有名だが



なんか、扶桑の伝説みたいだな・・・・
やはり扶桑は日本で良いのか・・・?

162 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/27(火) 00:06:09 ID:i4yuH04m
宮内庁は平成19年元旦に陵墓の公開を許可しているぞ。

>日本の古代国家の成立過程を解明する上で重要な鍵を握る陵墓の調査が本格的に進むことが期待される。
>古代の天皇陵の多くが指定が間違っているとされているが、

>被葬者の真偽を論議する契機になると期待が高まっている。

          尊 王 派 超 涙 目 。 ( 爆 笑
http://www.sinseiren.org/kakokizi_19-1.htm
>1.1
>宮内庁が陵墓立ち入り調査容認、古代史研究前進に期待

>宮内庁は、これまで原則的に立ち入りを禁止してきた天皇陵などの陵墓について、
>広く学術団体の「見学」を認めることを決めた。1日から施行する。立ち入りには多くの制約があるが、
>日本の古代国家の成立過程を解明する上で重要な鍵を握る陵墓の調査が本格的に進むことが期待される。
>陵墓公開をめぐっては、日本考古学協会など15の歴史関係学会が2005年7月、
>大阪府堺市の仁徳天皇陵(大山古墳)など11か所について、立ち入り調査を認めるよう宮内庁書陵部に要望していた。
>これに対し同庁は、歴史関係に限らず、動植物学などの学術団体にも門戸を開くことを決定。
>見学は当面、各学会1人とし、立ち入りは墳丘の1 段目の平たん面までとする――などの条件付きで、
>要望があった陵墓の見学を認めることを先月下旬、同協会に伝えた。
>宮内庁はこれまで「皇霊の静謐(せいひつ)と安寧」を守るためという理由で、
>陵墓立ち入りを原則として拒絶してきたため、そのほとんどが陵墓に指定されている巨大前方後円墳の調査ができず、
>古代史研究の大きな障害となっていた。古代の天皇陵の多くが指定が間違っているとされているが、
>築造年代などを明らかにする手がかりが得られれば、被葬者の真偽を論議する契機になると期待が高まっている。

163 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/27(火) 00:29:11 ID:i4yuH04m
そして先月14日にはとうとう百舌鳥・古市古墳群が国の世界遺産暫定一覧表に掲載された。
世界遺産登録には外部の調査が必要。もはや後戻りできないところまで来た。

http://www.city.sakai.lg.jp/city/_rekibun/mozu/regist/index2.html

>平成22年6月14日、国の世界文化遺産特別委員会が開かれ、百舌鳥・
>古市古墳群が、世界遺産暫定一覧表に掲載されることが決まりました。
>これによって、日本が世界遺産登録をめざす遺産として認められたことになります。
>百舌鳥・古市古墳群は、平成20年に同委員会から、「世界遺産暫定一覧表への記載が適当」
>と評価されました。しかし、暫定一覧表への記載に先立って克服すべき課題が示され、
>市では、早期の暫定一覧表への記載に向けて大阪府、羽曳野市、
>藤井寺市と連携して課題の検討を進めてきました。

>百舌鳥・古市古墳群は、約1600年前に造られた古墳群であり、世界三大墳墓に数えられる仁徳陵古墳を含むなど、
>日本の古墳文化を代表する世界的な遺産として高く評価されています。
>また、長きにわたり市民に守られ、親しまれてきました。市では、引き続き、
>この貴重な古墳群の保存・継承と、歴史文化を活かしたまちづくりの推進をめざして、
>世界文化遺産登録の早期実現に向けて取組みます。

164 :名無しかましてよかですか?:2010/07/27(火) 00:50:22 ID:dWowW/CN
回帰は聞かれていることに逃げずに答えて欲しいな。

165 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/27(火) 02:48:53 ID:z7BAo9uA
>>162-163
それ本スレで貼れよ。
俺は昔から仁徳天皇古墳世界遺産登録には賛成だったし
古墳の事を歴代天皇の墓だなんて思っちゃいない。
しかもあれは本当は神道とは無関係で仏教的な何かなんだろ?

>>164
いまなら新田に問い詰められる小林の気持ちが分かるwwwwww
もちろん答えていきますよー

166 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/27(火) 10:20:34 ID:z7BAo9uA
>>155
>今まで平仮名やカタカナを使ってきて何か問題があったというのか?

日本人は長い間仮名文字をつかって漢字の使用を大幅に下げながらも効率化を高めてきた。
漢字を補佐する仮名は日本独自の文字だし、歴史と伝統の折り重なったまさに日本文明の文字だろう。
ただ、俺としては仮名文字は所詮漢字をサンスクリットやアルファベット類に似せて造形化したツールで
あって漢字抜きでは使えない、「脱漢字」と言う目標を達成できないのである。
>>156
これは中国に同化されないための大きな工夫となる。
成立すれば中国が日朝を支配する事は至難になると思われる。
例えば、ソフトバンクの孫正義が「自分にとっては日本も中国も朝鮮も祖国だ」というような
資本的自由主義、民主党的イデオロギー、経済人種らしい如何にもな考えだが、結局こうした
事は国家や民族が無視(蔑ろに)される事になるので日本や朝鮮としては受け入れがたいものがある。
こんなのは資本家や企業家、そして貿易が強く文明的中心性のある中国しか喜ばないのであって
中国のグローバル資本主義の戦略の小手先理論以外の何者でもないからだ。
中国とは別に独自の文明圏や経済圏を確立しようとした大日本帝國の意思にも反するし
いま日本の遺志を継ぐようにして脱中国的な感情むき出しの朝鮮にしても中国経済中心主義は受け入れられない。

私にはなって欲しくない未来の状態が2つある。
1つは中国が極東を統一してしまう事、もうひとつは朝鮮が旧満州や沿海州に領土を拡大し
日本以上の領土を持つ国家として成立してしまうこと。
これはかつての高句麗のような存在になり、日本の国家生命に大きな衝撃を与えかねない。
そうなれば結局日本は大業を成し遂げようとしても出来なかったヘタレ以外の何者でも無いのだ。



167 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/27(火) 10:25:09 ID:z7BAo9uA
韓国は今後、北朝鮮を統合したら朝鮮族の多い満州東部に北朝鮮移民をおくり中国に干渉できる地盤を固めるでしょう。
あの国はアメリカを真似してる大統領制の国だから中国人左翼にしてみれば東アジアでもっとも魅力的な国だろうし
共産党打倒のために協力者も出るだろうと思う。
今後の南北統一と繁栄しだいで韓国は十分日本を越える大国になりえる。
(今の韓国はその大国化を成し遂げるために作られている種だ)

もし中国崩壊の際、満州の中国人と統一朝鮮が手を結んで朝満共和国でも成立させる動きがあれば一大事だ。
韓国を今のうちに封じなければ日本の将来のほうが危うくなるのだ。
>ひとつになる過程で大変な反発・混乱となるだろうが、それは他国の思うままでないのか?
>その混乱を利用して他国が漁夫の利をしめ、ますます強大になると思わないか?

こういう心配が無いわけではないが、現状は日本のほうが有利であろう。
それと、私としては今後の日本のあり方として日・朝・蒙・路の関係と言うのも何かと有意義ではないかと思ってる。
ロシア語を共通語に導入して極東で共同体でもつくっれば良いのだが。
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1055310.png




168 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/27(火) 10:45:24 ID:z7BAo9uA
そして、だからこそハングル文字は脅威なのだ。
あれは普通に独自の文明圏を担えるぐらいの素質を秘めており、そのせいで
日本が将来朝鮮にも劣るような国にでもなれば先人達に申し訳が立たないわけ。
歴史を見たとき明治の日本人の起こした「文明開化」が世界史レベルで偉業でも
肝心のその国が・・・・・・。

>>158
確かに、日本においてはあれこそいわゆる「文明の遺跡」の類に入るものです。
だからこそ明治維新で古代復古がおきて
ただ>>160が指摘されたように色々と不明瞭な部分が多く存在します。
私は今後そうした部分を隠さず開放してゆくべきだと思いますけどね。

169 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/27(火) 11:21:39 ID:z7BAo9uA
>157

>遺跡が残っていないのは現在も生きた信仰の元に祭祀が存続しているから
>天皇のあり方も同じ

法隆寺などああいったものに関しては確かにそうだが、それは日本が非常に長い歴史と営みを有するという証拠でしかない。
いや、それはすばらしいのだけど俺の言ってるのはそう意味じゃなくてもっとそれ以前の時代の遺跡や遺物の事に関して。
そういう意味で古墳とかは微妙な位置にあり、日本の歴史がこれほど長いので
古墳時代はいわゆる古代文明ではなく日本文明の初期の時代の遺物でしかない。

しいて言えば日本の城のようなもんで、飛鳥時代前の遺物だが感覚として古代ではないのだ。
ただ古墳王朝時代は「文明」と言う意味では日本にとって大きな営みのうちに入るので
世界三大墓として数えられる事は誇りに思える。

しかし逆を言えば現時点では古墳ぐらいしかそういった日本の古代の強い文明力を
示すものがないのであり、文明的な文化と言うのが古墳時代の遺物なのだ。
いわゆる「文明」というものをもつ国を見れば分かるとおもうが、そういう遺跡というのは
本当に存在感があるし、ゴロゴロしてる。
また古代文字と言う要素も存在し神話に関してもすごい奥が深い。
だから俺は神代文字にはすごい魅力があって、あれが江戸時代に作られたもの
だと知るまでは本気で日本起源だと考えてしまったからね(笑)
もっと沖縄の海底遺跡のようなものが沢山無いと日本に独自の文明が存在した
証拠も独自の王朝が続いてきた意味も半減されてしまうのだ。
明治の先人はそれを補う形で国学や神学を構築させ、色々理論的な面は無視した。
天皇精神に代表される万世一系や国家神道もその一端だ。
ただ日本は近代的な街中にそうした中世の建物がポツンポツンとあるのがらしさでもある。
現代風にマッチされる古代の景観が文明を持つ外人たちには実にエキゾチックなのだろう。
彼らに無いものを日本がもってると言うのはそれだけで力になる。
だがそうした状態は、その国の現代文明ないし新興文明のの支配度数を逆にあらわしてる
のだろうし、そのせいで保守の精神が蔑ろにされ国内が資本主義経済的な植民地になることを防げないのも嫌である。

170 :名無しかましてよかですか?:2010/07/28(水) 11:18:56 ID:WUV7tKTU
>だからこそハングル文字は脅威なのだ。あれは普通に独自の文明圏を担えるぐらいの素質を秘めており
>明治の先人はそれを補う形で国学や神学を構築させ、色々理論的な面は無視した。

そんなことをいいながら、日本人に、漢字に代わってハングルを使わせようとする回帰サンの意図な何なのか?

171 :名無しかましてよかですか?:2010/07/28(水) 11:30:50 ID:WUV7tKTU
>明治の先人はそれを補う形で国学や神学を構築させ、色々理論的な面は無視した。

皇統を女系に変えて、女帝の婿に特亜の人間を容認する回帰サンのほうがよほど問題ではないか? 
どう思いますか?

149 :名無しかましてよかですか?:2010/07/21(水) 07:46:30 ID:t7NbpwZt
特アの婿来て国民の安寧があるか

150 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/21(水) 08:05:53 ID:uSR7Crb/
>>149 キモッ

152 :名無しかましてよかですか?:2010/07/22(木) 16:13:45 ID:kS1I6nfP
つまり回帰は特亜の婿に賛成か。

153 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/22(木) 21:40:05 ID:M0ViTUv5
>>152 賛成だね。 俺はカルトじゃないから。

172 :名無しかましてよかですか?:2010/07/28(水) 15:11:27 ID:3NxBgMh1
●嫌韓厨(ネット右翼)がダサイ12の理由
1.威勢が良いのはネット上だけで現実の行動は何もしない
2.2ちゃんねる発の噂を裏も取らずに事実と断定する
3.愛着を持っている日本文化が伝統文化ではなく漫画・アニメ・ゲーム程度
4.国防重視を説くくせに現実に自衛隊には入らないし入っても役に立たない
5.都合の悪いことはすべて反日勢力の自作自演ということにする
6.特亜・在日・創価・左翼以外の社会悪は平気で見過ごして批判しない
7.戦前戦中・終戦直後の今よりひどい貧困を味わった世代に敬意を表さない
8.自分は何もしてなくても過去の日本人の手柄を自分の手柄のように誇る
9.反中国のくせに高い国産商品より安い中国製品を買うことを恥じない
10.何の話題でも嫌特亜、反左翼に結びつけないと気が済まない
11.たまたま日本人に生まれただけで努力して何かになったわけではない
12.この文章を読んで「これを書いた奴はチョン」と証拠もなく勝手に断定

173 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/28(水) 23:20:18 ID:vL9I1JJA
>>171
ああ、俺のその「特亜の婿に賛成」レスは無視して欲しい。
男系主義者をからかうために言った釣レスだから。

>皇統を女系に変えて、女帝の婿に特亜の人間を容認する 
>日本人に、漢字に代わってハングルを使わせようとする

ワロタw
見方によっちゃ最悪だw
確かに朝鮮人と思われても仕方ない理念になってやがるなw
これは元ネトウヨたる俺も受け入れられる物ではないよ。

ただ、俺の言ってる事と言うのは中国の文字である漢字を採用してるなら
ハングルを輸入しても良いわけだろ?ってこと。
俺は漢字を伝統だからだと守る必要は無いと思うわけで、それは女系容認でも同じ事。
(ただ漢字をやめるのはよいが、男系だけはやめるべきではないと言うのも分かる)



114 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)