5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

単一民族】アイヌ沖縄在日部落米シナ利権撤廃【何が悪い

1 :名無しかましてよかですか?:2010/01/15(金) 12:43:28 ID:1Ld14Ozd
ここは『ネトウヨ】アイヌ沖縄の分離独立を議論するスレ1【ネトサヨ』の次スレではないが
政治板らしく利権がらみの観点からマイノリティー問題にメスを入れて議論しようと思う。
特に、民族問題に関してこれからの被差別利権ではアイヌの事を重点的に話あう必要
があり、民族問題としての利権成立がじわじわと完成(フィニッシュ)されつつある。
奄美・沖縄・八重山・与那国問題はほぼ水面下だが、共産や社民系の連中が基地問題
といい未だしつこく粘りついてはがれない。
日本民族の自決とほぼ単一民族的な社会風土の確立はこれからの日本が国際社会で
強く生きていくために必要な条件である。
連中に利権を甘んじれば、ルンペンないしはプロレタリアートによるマイノリティ・移民革命が待っている。

これ以上彼等に利権をゆだしてはならない。

前スレ
ネトウヨ】アイヌ沖縄の分離独立を議論するスレ1【ネトサヨ
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1253629744/



2 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/01/15(金) 13:13:14 ID:1Ld14Ozd
ウィキペディアにも、誤解と誤認を招くさまざまな左翼史観・反日イデオロギーに満ち溢れてる。
こうしたことはもはやカルト以外の何者でもなく、正しい歴史を知らせまいとする支配勢の計略に違いない。
米利権の極みである日教組やGHQ史観から抜け出せよ日本人。
これらの利権は日本を支配するために存在してるのだから。

アイヌ民族のページで、いきなりこうした内容が目に付くように記載されてる。
許しがたい事だ。
>千島のアイヌは1875年の樺太千島交換条約後、そのほとんどが当地を領有した日本政府に
>よって色丹島へ強制移住させられた。
>樺太アイヌ(エンチュー)は第二次世界大戦後にそのほとんど
>が当地を占領したソビエト連邦政府によって強制的に退去させられた。
>彼らの一部は日本(網走等)に移住したが、現在も少数が樺太に住む。


みよ、この悪意に満ちた左翼的アイヌ民族史観を。
日本はロシアと同じか?
俺はこうした一方的な日本の主権を無視した歴史観に、怒り浸透をせざるえない。



3 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/01/15(金) 13:21:49 ID:1Ld14Ozd
他にも、


日本の民族問題
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%B0%91%E6%97%8F%E5%95%8F%E9%A1%8C
アイヌ共有財産裁判
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8C%E6%B0%91%E6%97%8F%E5%85%B1%E6%9C%89%E8%B2%A1%E7%94%A3%E8%A3%81%E5%88%A4


↑このような、明らかに悪意あるページが作られている事に驚嘆。
 もはや利権のための宣伝ページとしか思えない。
そして、前スレ『ネトウヨ】アイヌ沖縄の分離独立を議論するスレ1【ネトサヨ』より、DOFが紹介されてたページでの記述だ・…

>687 名前:Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw [sage] 投稿日:2010/01/10(日) 02:50:03 ID:Hf/uvKGG
http://pucchi.net/hokkaido/newstopics/ainubuyo_unesco.php

>                    < 中 略 >

>この登録を受けて、アイヌの文化保護関連団体が喜びの声をあげています。
>世界にアイヌの伝統文化を広め、認知度を高める効果があると喜んでいるようです。

まるでアイヌ文化が封殺され認知されてこなかったかのような言い草だな・・・。
だから小林も同じように反日的な姿勢態度をとるアイヌ協会を批判したんだろうな・・・。(あたりまえだ・・・・。)

ウィキペディア意外でもネットでのページのほとんどのアイヌ関連サイトが悪害的な情報を垂れ流してる。
若いネットユーザーを洗脳するつもりだろう、やはりまず先に北海道におけるアイヌ団体の利権を解体しなければ
日本と北海道それとアイヌ系とのあいだに健全な未来、そして健全な民主主義はこなそうだ。
北海道が大いに政治利用されてると言う現実に目を向けるべきだ、中川昭一も言ってたろ、「小樽が危ない」って。
今後・・・北海道に大量の移民でもされれば、それこそおしまいだ。
そのときになって初めてアイヌ民族団体の存在してる意味が明るみに出る事だろう・・・・・。

4 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/01/17(日) 18:03:21 ID:tLAxfD88
回帰は絶対に許さない。(※以下の文章は全て引用です)

http://mimizun.com/log/2ch/seiji/1239837812

>>24 名前:民族永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE 投稿日:2009/04/17(金) 08:00:56 ID:I/bL24k3
>>23
>アイヌ民族、琉球民族と言う固有民族が居た事は無い。
>琉球にいたっては民俗であり、大和語族であるからして大和民族である。
>もしくは、漢民族の琉球族である。

>そしてアイヌは民族ではあるが、決して固有的民族=先住民族ではなく
>亜種・亜流民族=少数民族である。

5 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/01/17(日) 18:04:35 ID:tLAxfD88
※以下の文章は全て引用です

>47 名前:大和民族永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE 投稿日:2009/04/18(土) 05:42:42 ID:cSJH+xlF
>>25
>琉球民族が独自の民族であるためには、中国でも和人でもない原住民が居て
>それが結果的に変化したものでない限り独自とはいえない。
>固有の民族には、継続性・連続性が必要でもし琉球が固有的な民族であれば、
>日本や中国とも、その周辺とも違う文化が受け継がれているはずだ。
>要するに、お前さんの言う『独自』と俺の言う「独自」は定義が別ってわけだ。

>沖縄はどう見ても日本と中国という本流から枝分かれしたせせらぎの衝突のよって
>生まれた国で、琉球は亜種国。
>アイヌも和人と北方民族との衝突で生まれたものだろう、琉球とは違い和人文化
>はあまり残らなかったみたいだが、独自の民族を貫く朝鮮民族も似たようなものだ。

>世界にどれだけ固有で正統な文明と文化を持つ国家が存在するかはわからないが
>たとえばエジプトやマヤ、メキシコ、イラク、インドにはかつて大文明や王朝が存在した。
>すべてことごとく欧米の侵略により壊滅したか、これらはすべて古王朝が過去のもの
>として封殺された。
>欧米の世界支配に、自分達と同等になる文明は必要ないとの選択だ。

>ナチズムは結果的に欧米人によるものだが、それはこれまでの欧米人による世界支配とは違い
>民族による正当性が支配の正統性として認められている。
>ナチズムの素晴らしい所はそこにあり、正統的な文明国家の権利が保障され統合的に
>そうした正統でない亜種民族を支配する事によって世界で完全となる民族のパーテーション
>が組まれ、亜種民族による正統民族への攘夷を防ぎ、かつ民族問題などでも揺るがない確固
>として安定的な社会が生まれる、それが民族主義の理念だ。
>これを支持した旧帝国の民族主義派の気持ちが良く分かる。

6 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/01/17(日) 18:05:20 ID:tLAxfD88
※以下の文章は全て引用です

>334 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/15(金) 23:38:22 ID:XkRugqqb
>>日本政府ですらアイヌが先住民族であることを認めた今になって
>>「許さない」って、誰がいかなる権限を持って「許さない」んだろうねぇ。

>許さんよ、特別扱いは。
>当然だとも、それとも特別扱いは許されるとでも思ってるのだろうかね?DOF君は?

>特別扱いでなければ少数民族でも先住民族でもやってるといいよ、俺は邪魔はしない。
>まあ、俺は歴史的経緯や事実をもってアイヌと沖縄の先住民族決議には抗議するけどね。
>いつまでもナチナチと「お前らは少数民族だ」と訴え続けてやる、あとは領土問題だ。
>すでにあの土地は大和民族のものなのか、まだアイヌに帰属されるのか、まあ国際的には
>アイヌに返還されるのが筋だし、おそらくもう一部土地は返還確実なんだろうが、だがあまりなめるなよ。

>君らのような争いも好まない純情な民族に過去2000年殺し合いを体験し勢力を拡大してきた侵略民族の
>怒りを買うことだけはやめとけよ。
>アイヌもたびたび殺したし、今だって殺しが大好きなその末裔だからな。
>いいか、逆鱗に触れるなよ?居間でこそ眠れる龍だが起こすなよ。
>君らに残ったのはもはやその民族だけだ、身のほどをわきまえろよな?
>>自分の出身部族の文化的独自性とやらをきちんと説明して、
>>先住民族認定されるよう運動でも始めてみたらどうだ?

>言われなくともこれから起こすつもりだが?
>今こそ大和民族復興の時!
>もちろんそこにアイヌは含まれないから安心しろ!

7 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/01/17(日) 18:06:07 ID:tLAxfD88
※以下の文章は全て引用です

>386 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/18(月) 15:32:57 ID:4hHtlVUw
>>自由貿易をしていたころのアイヌはもっと豊かな生活を送っていた。
>>写真に残っている質素な姿は、奴隷にされたときの名残だよ。

>ハイハイw
>口では何とでもいえますからw
>>冬はマイナス30度を下回る過酷な環境で生き延びる術を持っていた民族を、
>>見た目でそこまで言うとはな。

>見た目は普通に汚らしい乞食(こじき)じゃねーかよ。
>奴隷の名残だかなんだかしらんけど、それは松前じゃなくてアイヌの奴隷階層じゃねーのか?

>それに俺は別に蔑視してるんじゃなくて西洋の人がアジア人や下流階層にたいし抱いたり、
>現代日本の都会人が田舎地方人や育ちの悪い人間や劣悪な家庭で育った不潔でだらしの
>無い人に対してる抱くような当たり前で当然な軽蔑感、”文明人”的な社会常識的な観点から
>見てるのであって、「そんな民族であったなら自然消滅しても不思議ではない」という”現実”が
>そこにあるのであって、これを否定しアイヌ民族自体の責任を無視し、免除するのならそれは
>沖縄の集団パニック症状による自殺を「軍名による自決」などと偽り日本政府に全部責任を
>任せ押し付けするような行為と相違はない。
>アイヌも琉球人のように文明的な営みがあれば民族の名残としての総体や土地が今でも
>残っただろうし、沖縄人同様にマイノリティを感じることも無く言語も残り、アイヌはアイヌらしく
>現代日本人で活として普通に生活していただろうに。

8 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/01/17(日) 18:09:01 ID:tLAxfD88
回帰のあらゆる発言という発言からはいずれも悪意しか感じられない。

>838 :日本補完計画 ◆XB7AjTRRiE :2009/07/06(月) 01:11:46 ID:0AHioEng
>>832
>中国はチベットと東トルキスタンを普通に独立させるべきだろうね。
>左翼も右翼もそれだけは訴えるべきだ。

>台湾、雲南、ベトナム、内モンゴル、満洲は多民族国家
>として中国が領有することや長期的な同化は普通に有りだが、ウィグル
>とチベットは明らかにおかしすぎるwwww

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1255324477/121n

>121 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/10/23(金) 04:36:39 ID:q0yF12X3
>とりあえず、アメリカはそろそろ日本と韓国を併合して領土拡大するべきだろう。
>なんか危ない時代が来てる気がするから、我々日本人もアメリカ人として生きる
>ことを前向きに考えなくてはならない。
>日本アメリカ韓国オーストラリアイギリスカナダは統合され同一化されるべき。
>アメリカは太平洋全領海を掌握し、不沈超国を目指すべきである。

9 :革命戦士 ◆Ecz22rKivI :2010/01/17(日) 20:55:29 ID:YaPbCAM7









琉球独立万歳 汚い倭人は琉球国から出て行け

アイヌ解放万歳 汚い右翼は北海国から出て行け

10 :名無しかましてよかですか?:2010/01/17(日) 21:01:37 ID:hMxADUPm
>>9
wwwwwwwww

11 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/01/18(月) 15:51:53 ID:Vn587r94
北海道に大量の移民は既に行われている。












和人の移民が。

12 :革命変死 ◇Fcz22rKivI :2010/01/18(月) 16:49:52 ID:iOtyhW/Z









琉球独立万歳 汚い倭人は琉球国から出て行け

アイヌ解放万歳 汚い右翼は北海国から出て行け

13 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/01/18(月) 23:27:13 ID:g1c6M2n6
>>11
和人などいない。
最初から最後までいるのは日本人だけ。
決して日本でこんなことはやらせはしないしアイヌも共犯にはさせない。
日本は乗っ取らせない、決して。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm8428909

>>NPO法人?高槻むくげの会の李敬宰(りけいさい/イ=キョンジェ)会長の、
>>外国人参政権に関する講演会での発言。
>>在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題をどうするのかという人がいますが、
>>外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。
>>というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。ある統計では、100年後には5人の内3人が外国系になるといいます。
>>そうなれば、日本で大和民族がマイノリティーになるのです。だから、私はあと100年生きて、
>>なんとしても日本人を差別して死にたいです。これが夢です。
>>そういう社会が来たら、その時に天皇なんていうのは小数民族の酋長さんみたいなものになります。
>>こうした素晴らしい戦術があるのに、それを、今の左派のように、日本国籍を取ったらダメだということをやっていたら、
>>いつまでたっても天皇制は温存されたままではないですか。
>>――李敬宰 講演 『在日外国籍市民の参政権を考える連続講座 第3回 「在日韓国・朝鮮人と国籍」』より。

14 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/01/19(火) 00:30:26 ID:j89S3FoC
さらに言えば、

「最初から最後までいるのは日本人だけ」という原理でアイヌを同化しようとして
いるのが俺のような民族派だが、アメリカ合衆国的な移民共和主義の原理で
「この国は日本国人民のもの、在日も日本人民、だから日本よこせ」というように
日本を「外国人系」に同化しようとしてるのが在日である。

しかしこの両者の考えは本来なら同じ原理なのだから同じ侵略イデオロギー同士で
手を取り歩調しあわねばおかしいのだが、それが右翼とサヨクという2極式にみごとに
出ているわけで、民族派は在日外国人を排他しアイヌを同族と同化するが
逆に共和派は民族派を排他しアイヌを共和化せず先住民族として排他する。

それがいまの日本の抱えるこれらの問題点だとは思わんか?

15 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/01/19(火) 01:00:47 ID:j89S3FoC
↓沖縄の人は特によく気つけろよ↓

民主党はマニフェストに記載されてない【外国人参政権】を18日から始まる通常国会で 成立させようとしている。
民主党政権は沖縄は既に中国のものだとしている。【外国人参 政権】によりハワイがカメハメハ王国からアメリカになってしまった。
オランダは外国人 によりメチャメチャな国家になって有産階級は国外に脱出する事態になっている。
イタリ アでは中国人の暴動があり、きれいな街並がメチャメチャになっている。カナダでも中国 人暴動の起こる国になった。
オーストラリアでは外国人参政権により中国人に政治が乗っ 取られた状態である。
日本が中国人暴動が起こって薄汚い国になるにはあと10年である 。我々日本人の子供達が断種され強制移住の
憂き目に遭うのはあと20年である。
http://www.youtube.com/watch?v=7Uh6lytfpHs&feature=related

日本を完全に共和制国家にしたい民主党、その思想信条の通りに参政権や基本法、
夫婦別姓、人権擁護法、戸籍廃止をたくらむ。
名苦言「憧れの国」「日本は日本人だけのものじゃない」「友愛」「東アジア共同体」
・・・1000万人移民をいれて「チェンジ」、新しい日本!日本移民主主義人民共和国誕生!


16 :名無しかましてよかですか?:2010/01/20(水) 19:08:38 ID:2WIMDaT5
>>2
そのどこが左翼的なのか説明しろよ怪奇

17 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/01/21(木) 01:01:09 ID:idxr10Zs
>>16
俺はそれより「悪意に満ちた」に噴いた。
回帰にとっては自分が死ぬほど憎んでいるアイヌに対して同情的に、
いや彼らの歩んできた苦難の歴史をありのまんま記述すること自体に
”悪意”すら感じるらしい。

彼はこれまでアイヌに対して「亜種」「亜流民族」「乞食」「ルンペン」
「プロレタリアート」等の語句を使って口汚く罵ってきたが、
実際の彼の心象風景にはそんなどころじゃない、
平安時代の西日本人が考えていたまんまの”鬼”
として映っているのだろう。

政治板にも、あらゆる歴史教科書からアイヌ記述を削除しろ、
ゆとり教育を再開して学校教育の場で子供達がアイヌの存在に触れることのないようにしろ、
って奇声を上げていた狂信的大和民族主義者がいたが、
アイヌの存在自体が受け入れられなくて、地球上から”アイヌ”
の三文字が抹殺されない限りいても立ってもいられない人種なんだろう。
典型的ゼノフォビア。

18 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/01/21(木) 01:16:12 ID:idxr10Zs
回帰ってどんだけ顔薄いんだろ。つか「欠点」っておい…、
そこまで縄文顔が気になるなら韓国か中国にでも住めよ…。

http://mimizun.com/log/2ch/seiji/namidame.2ch.net/seiji/kako/1239/12398/1239837812.html

>67 :大和民族永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/18(土) 13:54:31 ID:cSJH+xlF
>>65
>アホレスにマジレスするのもなんだが、そういう偏見はやめていただきたい。
>日本人もアイヌ人も変わらない、彼らが古代日本人の形質を残してるのは
>少数民族であるから。
>自分は神奈川に住んでるが、アイヌや沖縄の様な縄文系がごろごろ居る。
>アイヌの欠点は、民族や言語こそ北方系だがなぜか現地民は縄文系であること。
>あそこまで縄文系が残れば、沖縄同様に言語も根強く形容するだろうに。

>>66
>「左翼」という言葉だけで、私をそういう目で見るのはどうかとおもうのだが?
>分かりやすく「左翼」とカテゴリーを組んだまで。
>それから、私はいわゆる右翼ではないし、そして「亜流」の意味が違う。
>あなたこそ右翼という勝手な固定的な概念をお持ちだという事を指摘させてもらう。
>そして、私が忌み嫌う存在はいわゆる「右翼」と「左翼」である事も伝えておく。

>まあ、こうした思想に魅入られていない人にはわからんだろうけど
>わたしは三島由紀夫や西尾幹二氏を尊敬している。
>現代人なら、これだけでもちょっと抵抗があるかもしれないし、右翼と決め付ける。

19 :名無しかましてよかですか?:2010/01/21(木) 02:16:53 ID:rhhDBLQQ
>>18
アイヌは北海道、北東北の縄文人のほぼ直系の末裔
和人は西日本縄文人と渡来人の混合文化
縄文人も勿論地域差が大きかった
北海道は縄文時代から大陸と交易をしていた

20 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/01/21(木) 03:10:35 ID:idxr10Zs
九州でも縄文末期には朝鮮半島との交易が始まっている。

21 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/01/21(木) 03:26:18 ID:idxr10Zs
末期どころじゃなかったっぽいな。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B8%84%E6%96%87%E6%99%82%E4%BB%A3

>九州(豊前・豊後を除く)
>狩猟対象はシカとイノシシ。植生は照葉樹林帯。
>最大の特徴は九州島と朝鮮半島の間に広がる多島海を舞台とした外洋性の漁労活動で、
>西北九州型結合釣り針や石鋸が特徴的な漁具である。
>結合釣り針とは複数の部材を縛り合わせた大型の釣り針で、
>同じ発想のものは古代ポリネシアでも用いられていたが、
>この文化圏のそれは朝鮮半島東岸のオサンリ型結合釣り針と一部分布域が重なっている。
>九州南部は縄文早期末に喜界カルデラの大噴火があり、ほぼ全滅と考えられる壊滅的な被害を受けた。

http://www.tsushima-net.org/history/chronicle.php

>紀元前6800年頃 朝鮮系土器・九州系石器の出土
 >越高遺跡(上県町)から、隆起文土器(朝鮮半島系)・九州産黒曜石の鏃
>(矢じり)や銛(もり)が出土。縄文時代早期から、対馬では朝鮮半島・
>九州本土と交流・交易が行われていたことをうかがわせる。

22 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/01/21(木) 19:02:30 ID:AEqtc+Yk
>>17 俺が北海道での外国移民を危惧したとき、北海道にはすでに
大量の和人移民が行われてるとか言ったおまえに、俺を批判する資格があるのか?



>>16
んあ?わからんのか?
一方的なアイヌ中心的歴史解釈だよ。
そんな卑劣な矛盾したバカらしい解釈があるか。
こんなキャンペーンやってる時点でシーシェパードと大差無いね。

23 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/01/21(木) 19:28:03 ID:AEqtc+Yk
>彼はこれまでアイヌに対して「亜種」「亜流民族」「乞食」「ルンペン」
>「プロレタリアート」等の語句を使って口汚く罵ってきたが、

おいおい、嘘をゆうな。
乞食などとは言ったことなんてないぞ?
ただ、アイヌの民族主義者たちに「うぬぼれるな」と言いたいだけ。
民族として自立するのは良いけど、屈辱的な先住民族だけにはなるなと。
アイヌ末裔に対して、批判すべきことを批判しているだけだ。
>>18
欠点というか、学術的な疑問だ。
こんなにも近い地域に住み、文化的にも似通ったアイヌがなぜ北東アジア系の言語を話しているのか?
本来ならば彼らは沖縄人同様に大和言葉の方言語族を話してなければ不自然なはずだが。

>そこまで縄文顔が気になるなら韓国か中国にでも住めよ…。

おまえは人種差別問題に関して、俺を侮辱するついでに朝鮮中国をも侮辱した。
おまえがそういう奴だったとは驚きだな。

24 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/01/21(木) 22:38:50 ID:idxr10Zs
※以下の文章は全て引用です

http://mimizun.com/log/2ch/seiji/namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1239837812/

>386 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/18(月) 15:32:57 ID:4hHtlVUw
>>自由貿易をしていたころのアイヌはもっと豊かな生活を送っていた。
>>写真に残っている質素な姿は、奴隷にされたときの名残だよ。

>ハイハイw
>口では何とでもいえますからw
>>冬はマイナス30度を下回る過酷な環境で生き延びる術を持っていた民族を、
>>見た目でそこまで言うとはな。

>見た目は普通に汚らしい乞食(こじき)じゃねーかよ。
>奴隷の名残だかなんだかしらんけど、それは松前じゃなくてアイヌの奴隷階層じゃねーのか?

>それに俺は別に蔑視してるんじゃなくて西洋の人がアジア人や下流階層にたいし抱いたり、
>現代日本の都会人が田舎地方人や育ちの悪い人間や劣悪な家庭で育った不潔でだらしの
>無い人に対してる抱くような当たり前で当然な軽蔑感、”文明人”的な社会常識的な観点から
>見てるのであって、「そんな民族であったなら自然消滅しても不思議ではない」という”現実”が
>そこにあるのであって、これを否定しアイヌ民族自体の責任を無視し、免除するのならそれは
>沖縄の集団パニック症状による自殺を「軍名による自決」などと偽り日本政府に全部責任を
>任せ押し付けするような行為と相違はない。
>アイヌも琉球人のように文明的な営みがあれば民族の名残としての総体や土地が今でも
>残っただろうし、沖縄人同様にマイノリティを感じることも無く言語も残り、アイヌはアイヌらしく
>現代日本人で活として普通に生活していただろうに。

25 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/01/21(木) 22:44:55 ID:idxr10Zs
アイヌ協会が良くも悪くも人間の集まりであり、
純真無垢の脳内先住民の集まりでも何でもない以上、
不祥事だって起きよう。が、ここまで来るともはや「批判」
の域を超えた誹謗中傷であり、特定の団体に対する名誉毀損だよなぁ?
訴えられても知らんぞ?(※以下の文章は全て引用です)

>189 名前:名無しさん@3周年 投稿日:2009/05/04(月) 19:14:01 ID:n6SxDZBk
>ウタリ協会なんてせいぜい福祉団体。
>一般会員は思想的には左右いろいろ。

>190 名前:大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE 投稿日:2009/05/04(月) 19:31:04 ID:BlJSZXZH
>>189
>ちがう、ルンペンプロレタリアート市民団体

26 :革命戦士 ◆Ecz22rKivI :2010/01/22(金) 21:26:34 ID:ElSl4PQh









琉球独立万歳 汚い倭人は琉球国から出て行け

アイヌ解放万歳 汚い右翼は北海国から出て行け




27 :回帰ZERO ◆XB7AjTRRiE :2010/01/22(金) 23:07:04 ID:7j8AIKN1
>>26
アイヌは解放し独立させる。
だけど琉球は難しい、中国が居るから。
沖縄人はこれからも日本人と一緒になるのがいいだろう。

28 :名無しかましてよかですか?:2010/01/23(土) 01:23:31 ID:ECWQZoZq
>>23
>こんなにも近い地域に住み、文化的にも似通ったアイヌがなぜ北東アジア系の言語を話しているのか?
本来ならば彼らは沖縄人同様に大和言葉の方言語族を話してなければ不自然なはずだが。

アイヌが大和系の言葉を話さなきゃおかしいと思う時点でこいつは馬鹿な大和優越主義者
アイヌから見たら大和言葉は外来語でしかない
アイヌ語が北東アジア系の言語で大和言葉は違うというのは池沼回帰の妄想か?
アイヌ語こそ大和言葉より純粋な縄文系の言語だろ

29 :革命戦士 ◆Ecz22rKivI :2010/01/23(土) 01:57:05 ID:SsnZzm3Z









琉球独立万歳 汚い倭人は琉球国から出て行け

アイヌ解放万歳 汚い右翼は北海国から出て行け



30 :回帰ZERO ◆XB7AjTRRiE :2010/01/23(土) 10:55:25 ID:bYdhr8ja
>>28
だって、アイヌ語は抱擁語だよ?
縄文からみたらそっちのほうがよっぽど外来語のように見えるが。

31 :回帰ZERO ◆XB7AjTRRiE :2010/01/23(土) 21:48:10 ID:bYdhr8ja
小林先生はアイヌ問題あまり深くやると、結局アイヌを独立させなきゃ成らないと
分かってあえて整合性保つために避けてるのかな?
おまえの言うとおりだったってことなのか?DOF?

32 :名無しかましてよかですか?:2010/01/23(土) 22:54:02 ID:Zszejonh
>>30
何故、縄文語が膠着語だったと言い切れる?
逆にアイヌ語が膠着語から抱合語へ変化したかもしれないだろ

人類学に北九州や畿内の弥生人は渡来系が9割近くを占める
それだけの混交が発生したなら、言語的にも大きな変化が生じたと見なすのが自然だ

33 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/01/24(日) 00:29:58 ID:TdzzKY7J
日本・琉球語自体がナショナリズム抜きにして純粋に言語学的に見れば、
明らかにオーストロネシア系言語、アルタイ系言語、
中国語等の度重なる流入を受けて形成されてきた言語だろ。

で、アイヌの場合はシベリア先住民やエスキモー・
アレウトとの交流の方が深かったか、
あるいはそれらがいずれもより古層の民族だから、
そっち方面の言語と似通ってんだろ。

34 :回帰ZERO ◆XB7AjTRRiE :2010/01/25(月) 02:47:21 ID:6yRKOtsC
>>32
それはね、縄文人の存在ですよ。
インディアンなど抱擁語の使い手は、言うなればアメリカ大陸での
新しい部類の入植者達ですよ。
要するに、アイヌ語が抱擁語であるならそれは縄文期よりもごく新しい
時代に影響を受け、変化されてったと見るべきでは?

これと同じ事が大和言葉にも言えるかも分かりませんね。
大和語も輸入語借用語ばかりですよ、アイヌにしても我々にしても
本来のオリジナルの言語が残ってたか疑問ですよ。
(まあそうなった要因はただ一つしかないですけど)
>>33
文化・宗教と言語は比例します。
アイヌは確実にそっちの文明圏での交流が深かったために抱擁語となり、今の形となってるとおもうね。

35 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/01/26(火) 01:01:21 ID:Qnp25iHC
言語なんて絶えず変化していくもの。
一万年も経てば原型留めてない位に変化しきってしまうとも言われている。
本来オリジナルの言語?西南アフリカのコイ・
サン系言語やアボリジニの一部の言語に見られる舌打ち音は、
人類初期の言語の名残と考えられている。

36 :名無しかましてよかですか?:2010/01/28(木) 11:55:04 ID:rw8UXmKf
>>30
「外来語」とは日本語の「語彙」のうち、漢語に由来するもの以外の
特にヨーロッパの諸言語からの借用語を言う。
「よそから来た言語」という意味ではない。
incorporating languageを「抱擁語」とは言わない。抱合語だ。
>>33
アイヌ語の中のオーストロネシア語的要素の研究(村山七郎)もあるし、
アイヌ語と日本語との比較研究(片山龍峯)もある。
どちらも音韻対応らしきものも観察されている。
それぞれ基礎語彙はある程度似通っているという事だろう。
ところが文法構造の上ではアイヌ語は古アジア諸語に類似している。
そして日本語は構造上は朝鮮語・蒙古語・チュルク語に類似。
よってアイヌ語と日本語の共通の祖先(縄文語)を想定することも、まあ可能。
>>34
言語の構造は時にあっさり変化する。アメリカインディアンの言語にも
抱合語だけでなく屈折語も孤立語もある。
英語やスペイン語と接触する以前から、どれもあったのだ。
英語やブルガリア語は屈折語から孤立語に近い形に変化したが、
それでもそれぞれ印欧語族ゲルマン語派・スラヴ語派の一員である事に変わりはない。
言語構造で言語の系統や民族のアイデンティティーは決められない。

37 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/01/28(木) 21:21:09 ID:oKn+HERQ
>>36
安本美典氏は日本語・朝鮮語・アイヌ語の共通祖語として、
”古極東アジア語”を提唱しているね。

38 :元祖ナショナリスト ◆moBilE8PGM :2010/01/29(金) 01:41:27 ID:1osHqK9S
日本語てのは政治的要請によって成り立った人造言語なんだけど。

39 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/01/29(金) 05:11:52 ID:RjsOPHM6
また「ヴェトナム語はフランス語起源」
とかのたまってた偏狭ナショナリストのトンデモ言語学が楽しめるのか。(w

40 :名無しかましてよかですか?:2010/01/29(金) 20:25:12 ID:HFBgMW+G
>>38
岡田英弘がそんな事を言っててなかなか刺激的だけれど、
あれに騙されちゃいかんよw

あの人データの裏付けが皆無で、理念だけでものを言ってるから

「漢文と中国語は別の言語」だなんて言ってるけど、
漢語史を学べば、漢文と現代中国語を結ぶ線は別に途切れてなどいない事がわかるのに、
自分も読者も知らないからって適当な事言ってる
中華イデオロギーを否定したいんだろうし、それは別に反対しないけど、
その為に事実を捻じ曲げるのはいただけない



41 :元祖ナショナリスト ◆moBilE8PGM :2010/01/29(金) 22:39:26 ID:1osHqK9S
>>39
誰がそんな事言ったんだよ?
言ってもいない事を捏っち上げるな。
現代越南語はフランス語の影響を少なからず受けて成り立ってると言っただけだ。

因みに言語は千変万化し、祖語をいつの間にか絶やして入れ替わる例だってある。

42 :回帰ZERO ◆XB7AjTRRiE :2010/01/29(金) 23:26:08 ID:ppPRalq+
>>40
「古代漢文を現代中国人は読めない」とかっていう話は
よく聞くけど、あれはへんだな〜って思う。

>>38
朝鮮語はどうですかね?

43 :元祖ナショナリスト ◆moBilE8PGM :2010/01/30(土) 00:09:55 ID:aj5iw8t6
>>42
チャイニーズも日本人と同じで漢文は習うものだよ。

因みに言う必要ないけど、チャイニーズや日本人が学ぶのは中文だったり、北京語(普通話)な。

それと、朝鮮語てのはやっぱり北朝鮮の言葉で、普段日本人が聞くのは韓国語。
朝鮮=韓国だからこんな茶々入れなくてもいいんだが、飽くまでも朝鮮語は「現代の」を冠する朝鮮語。

44 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/01/30(土) 00:28:07 ID:l6ZIfbsB
偏狭ナショナリストの言語学講釈は眉唾物としてかかるように。
「根幹はヨーロッパ言語でそれに土着民言語でカバーされてたりする。」
「ベトナム語はフランス語が下敷、インドネシア語はオランダ語が下敷。」だってよ。
「現代越南語はフランス語の影響を少なからず受けて成り立ってると言っただけ」
どころじゃねーな。

http://mimizun.com/log/2ch/kova/mamono.2ch.net/kova/kako/1224/12247/1224732549.html

>147 :名無しかましてよかですか?:2008/11/01(土) 21:57:57 ID:D0xt3Z2m
>>142
>言語と文字を一緒にすんな
>インドネシア語やヴェトナム語やタガログ語やスワヒリ語はヨーロッパ語なのか?

>アイヌ語はカタカナで表記するとかえって難しくなる

>149 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2008/11/01(土) 23:00:04 ID:ar1i9IFz
>>147
>それら挙げた言葉は勿論ヨーロッパ言語ではなく、現在お国の「国語」となっているが、根幹はヨーロッパ言語でそれに土着民言語でカバーされてたりする。
>ベトナム語はフランス語が下敷、インドネシア語はオランダ語が下敷。それもこれも植民地統治のなせる技。
>逆にテキストの一部のみ採り入れて文字は改変しなかった日本語とチャイナ系言語(北京語・上海語・広東語など)は偉いと思う。
>アイヌ語には子音で終わる発音があるけど、カとかロをッのように小さくして子音と見せかけるアイデアには驚く。難しいか否かはさておいて。

>160 :名無しかましてよかですか?:2008/11/02(日) 19:34:26 ID:mi5Wg+PM
>>149
>ヴェトナム語に与えたフランス語の影響なんてたいした事はない
>ヴェトナムの新聞の語彙の過半数は漢字語で、その大半は日本人が考案したもの
>インドネシア語の場合はアラビア語・ペルシア語・サンスクリットの語彙が多い
>オランダ語なんてちょっとしかない

>バカコテは知ったかで口挟むな

45 :元祖ナショナリスト ◆moBilE8PGM :2010/01/30(土) 00:32:35 ID:aj5iw8t6
下敷きと起源はお前の中で一緒なのかよ。

46 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/01/30(土) 01:21:31 ID:l6ZIfbsB
>>45
先に「ヨーロッパ言語」が「根幹」「下敷」としてあって、
後から「土着民言語」(?)で「カバーされ」た、と書いてるんだから、
俺じゃなくたって一緒と受け取る。順序が逆だろ。

47 :回帰ZERO ◆XB7AjTRRiE :2010/01/30(土) 19:47:42 ID:eumtGiT4
日本も和製漢語やらカタカナ語やら、ごちゃまぜだよな・・・・


48 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/01(月) 17:56:15 ID:4cmNpCOq
アイヌスレを探し出しては片っ端から長文連投で荒らして、
容量オーヴァーで埋め立てて廻る回帰。

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1210821433/591n

>591 名前:回帰ZERO-ネイションズアイデンティティ- ◆XB7AjTRRiE 投稿日:2010/01/30(土) 23:41:30 ID:kJD8Sy5d
>>590
>もうこういうやり取りしか結局行われないのなら、このスレは落としたほうがいいだろうな。

>日本人がちゃんと反省するべきところは反省し、アイヌを認めて正しい先住民族として
>なって行ってもらうためにもこういうスレはもはや邪魔すぎる。
>鳩山が他人事のようにアイヌを美化してるのは、危険な扇動行為である。

>アイヌの若者はちゃんと目を覚まして大人たちに対抗するべき。
>アイヌの共生観こそがこれからの世界モデルだなどという馬鹿なこと言ってる和人は
>落選させなければ世界が終わる。

49 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/02(火) 01:15:55 ID:V3SYkByW
アイヌストーカーの回帰こそが当のアイヌにとってウザいことこの上ないだろう。

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1210821433/595n

>595 名前:回帰ZERO-ネイションズアイデンティティ- ◆XB7AjTRRiE 投稿日:2010/02/01(月) 18:03:33 ID:XkHaFpn+
>>593
>悪いな、おれは今の心配事がアイヌの存在が左翼とか国連とかの
>良い様に利用されてしまうことだけなんだよ。
>アイデンティティーの問題で沖縄はもうそれほど心配ないだろうが、アイヌだけは不安だ。
>アイヌが扇動に利用されたら「やっぱりアイヌはアイヌだった」とか「アイヌには悪い事をした、反省する」
>見たいな白々しい連中がウザイってだけ。

50 :回帰ZERO ◆XB7AjTRRiE :2010/02/02(火) 02:14:07 ID:rfLY8upG
>>49
お前の言うアイヌって言うのは、協会にいていつまでも古臭い
社会主義的な民族展開をしたいっていうやつら。

俺はそういうアイヌはアイヌじゃないとおもうよ、あくまでアイヌ系日本人だ。
おれはこれからの若いやつらが本当のアイヌ民族に目覚めてくれると信じてる。


51 :名無しかましてよかですか?:2010/02/02(火) 10:47:56 ID:AhZMWSBM
┐( -"-)┌ ヤレヤレ
回帰はんはスレたて止めると言ってはずだかまたたててるし。
懲りん御仁だ。

書き込みを一年位止めて情報収集して考えをまとめたほうがいいのに、
今の口調とDOFはんのコピペストーカー体質の話し合いでは永久にどうどうめぐりだよ。

52 :回帰ZERO ◆XB7AjTRRiE :2010/02/03(水) 05:02:25 ID:SEKa058o
>>51
おれがスレ立てないって言ったのは、あの板での話。
ゴーセン板の古巣に戻るとはいったが、そこでスレを立てないとは言ってない。
まあ、あんまり理由になってないけどな。

ただ俺なりにいろいろな心境の変化があって、あるべきアイヌの姿を考えるようになったのと
そして日本人自身のあり方についても考えが大きく進歩した。
ゴーマニズム宣言で小林が言いたかったことってのは、民族だ差別だのと利権を
使って悪いことしてる輩がいる、そんでオマエラそれに利用されてるだけだって事をわかってほしかったんだと思う。
部落でも在日でも何でもそうだけど、差別されるとかそういう事ってのは結局団体の下で
働いてる純粋な人らを利用したビジネスとか政治活動でしょ?って。
それで民族がどうとか言うから事がおかしいんであって、もうそういうこと言い出したりするようになったら
そら収拾がつかなくなるわけだよ。

在日だって知らないうちに団体が勝手に悪いことやってなんか自分たちが悪くいわれてしまうなんて
迷惑極まりないし、マイノリティとか少数民族がそういう構造に1度はまってしまったら沈下するまで大変なわけですよ。

53 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/03(水) 18:14:01 ID:KWGIP+L2
回帰なんて散々遊び疲れて飽きたらすぐ消えるだろ。
猪みたいに後先考えずその場の勢いだけで突っ走ってるだけ。
飽きるのがいつ来るかは分からんけど。

54 :名無しかましてよかですか?:2010/02/03(水) 18:37:44 ID:Sz2sc9KZ
>>53
お前はんも他のアイヌスレまで行ってコピペストーカー行為は止めれ。
回帰はんへの怨念だけで行動しとるがな、よく飽きないね。

55 :回帰ZERO ◆XB7AjTRRiE :2010/02/03(水) 22:18:55 ID:SEKa058o
>>54
言っとくが、自演じゃないぞw

56 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/03(水) 22:39:24 ID:KWGIP+L2
>>54
回帰が止めるまでは止めない。

57 :名無しかましてよかですか?:2010/02/03(水) 23:28:52 ID:Sz2sc9KZ
は〜あ ┐( -"-)┌ ヤレヤレ

回帰はん、2ちゃんねる全体を見ても別にあんさんだけがそう言う考えでいるわけじゃないでしょ。
DOFはん、あんさんの主義主張がどうあれ完全にストーカーになってるがな。

もう二度と言わないけど、二人とも完全撤退するか、コテハン使用を止めれ。
あんさんら二人だけで他のスレまで荒れてるよ。

58 :回帰ZERO ◆XB7AjTRRiE :2010/02/04(木) 02:33:49 ID:NI8vjUlB
俺がやめるしかないでしょう、初めからわかってた事だがおれはゴー宣読んで色々と気づか
された者としてはこれからも伝えていかなければならない事はある。
これは俺がどう思うかじゃなくて道理や歴史のあり方についての問題だから。
右翼も左翼もフェアーでない卑怯なことをやってるということに自覚のないまま運動をする、
そうした狭い意識の和人だろうがアイヌだろうが在日だろうがこれは変えていかねばならない。
特に2ちゃんのネトウヨというかああいう嫌韓厨や反日左翼は最悪最低だ。
ここまでよくも炊きつけたと思うよ、沖縄に関しても「日本じゃない」見たいな書き込みもいまだ多く見られるし
ニュー速でのアイヌ系のニューススレまでも嫌な扇動がされてきてるからな。
このまま行ったら、本当に日本の教科書を選定してる左翼連中のもくろんだとおりにアイヌ系や在日や沖縄も
日本人に対して全部ばらばらに互いを異質な存在として認識せざるをえなくなる社会になってしまうだろう。

まあそういうわけだ。

59 :名無しかましてよかですか?:2010/02/04(木) 09:40:12 ID:8V9G/K2n
驚いた!
アホコテ小林脳回帰はまだ頭悪そうな寝言ほざいているのかw
で?ネットで顔真っ赤にしてハゲ散らかした結果なにか変化はあったか?


60 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/04(木) 21:02:19 ID:8qyUUc1J
そもそも回帰は言ってること支離滅裂だから何が言いたいのかもよく分からない。
一人でレス数とスレ容量浪費してアイヌスレというアイヌスレを食い潰し、
自分でスレ立てては自分で荒らしつづけているだけ。
こう書くとまた顔真っ赤にして湯気立ち上らせて「くうぅ…お前は〜主義者だ!」
って詰るというお決まりのパターン。

61 :名無しかましてよかですか?:2010/02/05(金) 01:11:15 ID:z7rT0OC1
>>59-60
満足か?wずっとそのコテ半を叩いてろよオマエラw

俺はこのスレに賛成、被差別利権反対〜〜
バーカww ノシ


62 :名無しかましてよかですか?:2010/02/05(金) 01:47:37 ID:QmLF+ZzS
>>61
どうせまたくるんだろw

63 :名無しかましてよかですか?:2010/02/08(月) 02:52:10 ID:Whqe+vj5
>>161
日本は単一民族国家じゃないよ

大きく分けても、

・(広義の)日本民族 ・アイヌ ・ウィルタ ・ニヴフ ・朝鮮半島からの密入国者や難民
・台湾からの難民 ・明系華僑 ・清系華僑 中国系華僑

で9種類

ちょっと細かく分けると、

・(狭義の)日本民族 琉球民族 ・百済難民 ・伽耶難民 ・アイヌ ・ウィルタ ・ニヴフ 秀吉が強制連行してきた朝鮮人 
・朝鮮半島からの密入国者や難民
・台湾からの難民 ・明系華僑 ・清系華僑 中国系華僑

で13種類

(狭義の)日本民族も、

大和、出雲、蝦夷、熊襲、隼人、御宅

と6種類に分かれる。

日本はアメリカやロシア、中国ほどじゃないけど、実は凄い多民族国家。
いわゆる(狭義の)日本人とされてる人たちだけでも6種類は居るのに。

64 :名無しかましてよかですか?:2010/02/08(月) 03:17:20 ID:c3ECY8xD
>>63
単一民族国家ってのがくせもんだよね。
だって国家の構成員たる国民でない者がその主張しても?なわけだよね。

そんな事言ったら漢民族って幾多の民族を取り込んでるがな、君は同じ事言えるの連中に。

65 :名無しかましてよかですか?:2010/02/08(月) 03:19:26 ID:c3ECY8xD
いけね、よく読んだらネタだった。

失敗したw

66 :名無しかましてよかですか?:2010/02/08(月) 08:00:11 ID:sh9GR5wu
しかし、この写真を見ると思いやられる。
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org632328.jpg
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org632329.jpg

アイヌは原始日本の人種特質を維持されたまま民族として存続した古代日本民族。
いわゆるモンゴロイド形質を許容しない古代日本人の社会を貫き存続した人々。
モンゴロイド形質のほうがマイノリティという人種基盤で近代までに来た人々。
日本も弥生〜古墳時代までは(東北は8世紀ごろまで)アイヌ的な感じであったそうだが、
結局日本は大陸形質の渡来系を許容した多人種国であるわけだ。(これは良いことであるが)
現代日本では西洋系や黒人系ハーフは特に珍しいものではなくなったが人種的にはまだまだ
格差があり、日本社会に受け入れがたいような構造というのはおそらく続いてるわけだ。


本州では今でも普通に中国朝鮮からの移民があるので本州すべてが外国人的な人種観にうなる
ということは考えられない。
日本は今後も国際的な多人種混合でいくことが想定できるが、北海道には完全にほぼ外国人種
で成り立つ国家、モンゴロイドがマイノリティである国が日本にもあってもいい。
樺太千島北海道を領土に持つ独立国だ。

将来的な北海道独立をめどに外国人特区として北海道に外国人をたくさん住まわせる。
日本人が自分たちをいまでも縄文民族の子孫だという様に思わないので、もしアイヌが縄文人の
子孫であることを自負して北海道で共和国として独立してくれるのなら・・・・・・・・・・・・・・・
私は先住民族化には基本的には反対だが、もしアイヌたちがそういう事をやるなら支持したいものだ。
沖縄でもいい。


67 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/08(月) 08:02:19 ID:b94H5ztI
>>64
>単一民族国家ってのがくせもんだよね。

80年代頃に「単一民族国家の国民は知能が高い」という迷信があったらしい。
もっとも単一民族国家なんて物自体が幻想の産物だしな。

>だって国家の構成員たる国民でない者がその主張しても?なわけだよね。

日本国内に住んでるアイヌのことなら日本国の構成員たる日本国民だが何か?
民族≠国民。

>そんな事言ったら漢民族って幾多の民族を取り込んでるがな、君は同じ事言えるの連中に。

漢民族に限らず、他に中国には満州族、ウイグル族、チベット族、
チワン族などがいるし、台湾にはタイヤル族、サイシャット族、アミ族、
サオ族などがいる。>>63が言うまでもなく中国は56の、
台湾は16の民族からなる多民族国家だと、
それぞれの政府自らが散々口を酸っぱくして言ってきた。

68 :名無しかましてよかですか?:2010/02/08(月) 09:24:39 ID:XdN+6ACW


中国地方から近畿地方は、歴史的に、新羅系地域、関西の兵庫県にある出石神社は、天之日矛神=新羅王子を祭った神社で、この、出石民族=新羅系民族が天孫降臨伝説の天津神神族の末裔です。
天孫降臨伝説の国津神神族の側が、出雲大社縁の出雲民族です。
では、国津神系とは、土着系アイヌと交わった台湾と日本に最初に渡来した倭人族で、天津神系とは、後の新羅王朝国から最後に、日本へ移住してきた大陸側の倭系民族の事です。
関東圏の蝦夷は、中世期大陸の北斉と高句麗のワイ族(コリョ族)=満州人の渡来系豪族の土地・・会津人は、その豪族の末裔。
会津藩士=江戸っ子都民と秦の始皇帝、満州人とは、高麗=朝鮮人が、祖先で漢族と身内のワイ族で繋がってるね。
関東人は、土着系アイヌ人と今の満州人の混血です。
奈良にも、筒井豪族や葛城豪族などの沢山渡来人が居たが、葛城豪族は9つある天皇家の1つ。

天孫降臨伝説でサルタヒコとアメノウズメが出会う馴れ初めは、民族単位で表すと、婚姻、渡来系の天津神新羅民族と土着系の国津神出雲民族の同族との再会、同化、共生を表しています。
全国に、配祀する新羅神社の氏子地域は、天津神系民族が定住した足跡です。

秋田の百済渡来系、マタギ、九州の熊襲、沖縄のアミ族と琉球


69 :名無しかましてよかですか?:2010/02/08(月) 09:30:33 ID:XdN+6ACW
中国地方から近畿地方は、歴史的に、新羅系地域、関西の兵庫県にある出石神社は、天之日矛神=新羅王子を祭った神社で、この、出石民族=新羅系民族が天孫降臨伝説の天津神神族の末裔です。
天孫降臨伝説の国津神神族の側が、出雲大社縁の出雲民族です。
では、国津神系とは、土着系アイヌと交わった台湾と日本に最初に渡来した倭人族で、天津神系とは、後の新羅王朝国から最後に、日本へ移住してきた大陸側の倭系民族の事です。
関東圏の蝦夷は、中世期大陸の北斉と高句麗のワイ族(コリョ族)=満州人の渡来系豪族の土地・・会津人は、その豪族の末裔。
会津藩士=江戸っ子都民と秦の始皇帝、満州人とは、高麗=朝鮮人が、祖先で漢族と身内のワイ族で繋がってるね。
関東人は、土着系アイヌ人と今の満州人の混血です。
奈良にも、筒井豪族や葛城豪族などの沢山渡来人が居たが、葛城豪族は9つある天皇家の1つ。

天孫降臨伝説でサルタヒコとアメノウズメが出会う馴れ初めは、民族単位で表すと、婚姻、渡来系の天津神新羅民族と土着系の国津神出雲民族の同族との再会、同化、共生を表しています。
全国に、配祀する新羅神社の氏子地域は、天津神系民族が定住した足跡です。

秋田の百済渡来系、マタギ、九州の熊襲と元寇渡来移民朝鮮族と広東人系移民、沖縄のアミ族と琉球

70 :名無しかましてよかですか?:2010/02/08(月) 13:27:21 ID:wn0VC/9u
>>67
読解力がないのか、わざとか・・・

俺はアイヌが日本国民ではないとは言ってませんが。
また>>63は全体として歴史的事例について述べてるから俺は漢民族の歴史を引き合いにだした。俺は間違ってないだろ。

それから>>63の全ては変だけど、特にこれ「(狭義の)日本民族も、 大和、出雲、蝦夷、熊襲、隼人、御宅」 御宅ってなんだよw

71 :名無しかましてよかですか?:2010/02/08(月) 13:30:37 ID:wn0VC/9u
>>66
あくまで君の主張という事で理解した。

>>68>>69
その主張に詳しい本とかあったら教えてくれ。

72 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/08(月) 14:03:59 ID:b94H5ztI
>>70
>俺はアイヌが日本国民ではないとは言ってませんが。

>>64では「だって国家の構成員たる国民でない者がその主張しても?
なわけだよね。」と書いている。日本在住アイヌを日本国民として認めるならば、
なぜわざわざ”国家の構成員たる国民でない者”という表現を使ったのか?

>また>>63は全体として歴史的事例について述べてるから俺は漢民族の歴史を引き合いにだした。俺は間違ってないだろ。

また>>64は最後の一行で漢民族の事例について述べてるから、
俺は漢民族が多数を占める中国・台湾を引き合いにだした。
俺は間違ってないだろ。

>それから>>63の全ては変だけど、特にこれ「(狭義の)日本民族も、 大和、出雲、蝦夷、熊襲、隼人、御宅」 御宅ってなんだよw

それから>>64の全ては変だけど、特にこれ「国家の構成員たる国民でない者がその主張」
”国家””構成員たる国民でない者””その主張”ってなんだよ。(w

>読解力がないのか、わざとか・・・

”どこの”国家の構成員たる国民でない者”である誰”がその”何という”
主張をしているのか、具体的に書かないと相手には正確に伝わらない。
これは相手の読解力ではなく君の文章力の問題だ。

73 :名無しかましてよかですか?:2010/02/08(月) 15:59:33 ID:wn0VC/9u
>>72
なんだか疲れる人だね。
俺は>>63に対して意見してるからあのように短く少し皮肉を込めたつもりだったんだが、
何故アイヌを持ち出したりして脊髄反射的にしつこくまとわり付くの?
変ってるよ貴方。
それとも>>63なの?

74 :名無しかましてよかですか?:2010/02/08(月) 18:06:53 ID:XdWwm2gV
>>64
>>そんな事言ったら漢民族って幾多の民族を取り込んでるがな、君は同じ事言えるの連中に。


日本は島国だから渡来民はみんな吸収されるんだよ。
>>単一民族国家ってのがくせもんだよね。

この言葉に権威を感じてしまう人のほうが曲者だ。
中国も単一的な中華民族なのに。

75 :名無しかましてよかですか?:2010/02/08(月) 18:09:14 ID:XdWwm2gV
>>67
>漢民族に限らず、他に中国には満州族、ウイグル族、チベット族、
>チワン族などがいるし、台湾にはタイヤル族、サイシャット族、アミ族、
>サオ族などがいる。>>63が言うまでもなく中国は56の、
>台湾は16の民族からなる多民族国家だと、

しかし中国はこれらを先住民ではなく少数民族つまり部族だと規定してる。
モンゴルすらも中国の一部と考えてるし列記とした単一民族国家なのではないのかね?

76 :名無しかましてよかですか?:2010/02/08(月) 18:16:42 ID:XdWwm2gV
>>68
アイヌとはオホーツク文化が流入した北海道で花開いた固有民族なので、そこで言われてる
土着系アイヌという表現は適切ではないな、それから天孫降臨伝説は実話で無い可能性が高い。

77 :名無しかましてよかですか?:2010/02/08(月) 18:31:39 ID:wn0VC/9u
>>74>>63かな?
>>72にあきれたので彼(彼女)の相手はよろしく。

78 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/09(火) 01:06:35 ID:vfBqeQfT
>>77
>>72にあきれたので彼(彼女)の相手はよろしく。

俺は>>64に呆れている。

>>73
>なんだか疲れる人だね。

疲れたならネット接続するの止めてしばらく休め。

>俺は>>63に対して意見してるからあのように短く少し皮肉を込めたつもりだったんだが、
>何故アイヌを持ち出したりして脊髄反射的にしつこくまとわり付くの?

>>63に対して意見するのが君の勝手なら、
君が短く少し皮肉を込めたつもりであっても、
>>64に対してアイヌを持ち出して意見するのも俺の勝手。

>変ってるよ貴方。

個性的な論客が現れて思わぬ横槍を入れられて、
スレを自分の思い通りに進められなくて残念だったな。

>それとも>>63なの?

>>63は俺ではない。

79 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/09(火) 01:07:22 ID:vfBqeQfT
>>74-75
>中国も単一的な中華民族なのに。

そこで言う「中華民族」とは「中国国民」程度の意味。
文化人類学的な意味での民族とは違う。

>しかし中国はこれらを先住民ではなく少数民族つまり部族だと規定してる。

中国語で「先住民」と言うと、
「かつてそこに住んでいたが既にいなくなった人々」
という意味になってしまい、もし中国政府が「先住民」
という用語を使わないのであれば、
それは民族浄化が完了しない限り使うわけにはいかないのだろう。

ただし、中国政府は「先住民族の権利に関する国際連合宣言
(United Nations Declaration on the Rights of Indigenous Peoples)」
を支持してはいる。

>モンゴルすらも中国の一部と考えてるし列記とした単一民族国家なのではないのかね?

外モンゴルを自国の一部と考えているのは、中国は中国でも中華民国、
つまり台湾の方。そして君自身が既に
「少数民族つまり部族だと規定してる」と書いているとおり、
民族識別工作を行って56の民族を認定している以上、
その分類方法が学術的には難あれど、
少なくとも中国は公式に単一民族国家たりえない。

80 :名無しかましてよかですか?:2010/02/09(火) 02:33:57 ID:CDSKgS9A
>>79
>外モンゴルを自国の一部と考えているのは、中国は中国でも中華民国、
>つまり台湾の方。

だったら何で中国はモンゴルのチンギスハーンは中国人であるなんて言ってるわけ?
チベットに関しても中国は「あれは唐に敗れた時からの藩」だとして中国の正当な領土として公言してるわけ。
満州にしても黒龍江省という名前にしてるし、ウィグルは新疆だ、詐欺みたいな事をやってるわけだよ。
エスニシティは確立してるかもしれないけど歴史がめちゃくちゃ。

それからあなたね、先住民ていうのは中国ではすでに滅んだ民族の事をさすって言うけど
馬鹿馬鹿しいからあまり細かく言わないけど、そしたら日本の場合はすでに滅んでるうちに入りますよ。
アイヌ民族や沖縄民族はもうすでに滅んだという意味で「先住民族」と言う解釈でよろしいんですね?

81 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/09(火) 05:26:35 ID:vfBqeQfT
>>80
>だったら何で中国はモンゴルのチンギスハーンは中国人であるなんて言ってるわけ?

だったら中国政府が実際に外モンゴルの領有権を主張している根拠出せよ。

>チベットに関しても中国は「あれは唐に敗れた時からの藩」だとして中国の正当な領土として公言してるわけ。

>>75は「モンゴルすらも中国の一部と考えてる」と、
モンゴルの話をしている。チベットの話に論点逸らして逃げないように。

>満州にしても黒龍江省という名前にしてるし、ウィグルは新疆だ、詐欺みたいな事をやってるわけだよ。
>エスニシティは確立してるかもしれないけど歴史がめちゃくちゃ。

同じ事を日本に当てはめれば、廃藩置県時に新たに造られたり、
その地方の一都市名から取られたりした全国の都道府県名、
また現在にいたるまで断続的に行われている市町村大合併で、
本来の地名を抹殺して捏造されつづけている新地名も、
”詐欺みたいな事をやってるわけ”で”歴史がめちゃくちゃ”なんだな?

「新疆」ってある意味正直な地名じゃん。「新たに獲得した領土」という意味で、
当該地域を中国固有の領土とする政府公式見解の嘘を自ずと暴いてんだから。

>それからあなたね、先住民ていうのは中国ではすでに滅んだ民族の事をさすって言うけど
>馬鹿馬鹿しいからあまり細かく言わないけど、そしたら日本の場合はすでに滅んでるうちに入りますよ。
>アイヌ民族や沖縄民族はもうすでに滅んだという意味で「先住民族」と言う解釈でよろしいんですね?

「先住民族」という言葉を「もうすでに滅んだという意味」
と中国語で解釈する君は中国人か?日本語で「先住民」「先住民族」
と言う場合は意味が異なる。

82 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/09(火) 05:27:24 ID:vfBqeQfT
>>80
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%85%88%E4%BD%8F%E6%B0%91&stype=0&dtype=0

>せんじゅう‐みん〔センヂユウ‐〕【先住民】
>「せんじゅうみん」を大辞林でも検索する

>ある民族・種族より前にその土地に住んでいた民族・種族。

>[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%88%E4%BD%8F%E6%B0%91

>先住民(せんじゅうみん)とは、当該国の主要構成民族からみて「原住民
>(げんじゅうみん)」と呼ばれることの多かった人々で、
>当該国に編入する以前から住んでいた人々の事である。
>原住民という言葉が差別的な意味を含むようになってしまってからは、
>先住民という言葉が多く使われるようになった。
>民族単位で見る時には「先住民族」と言う。

http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2519

>しかし、2008年に成立した「国連先住民族権利宣言」では、先住民族について、
>「植民地化とその土地、領域および資源の奪取の結果、歴史的な不正義に苦しんできた」
>と書かれています。つまり、先住民族は、近代以降の植民地政策や同化政策によって、
>自らの社会や土地、固有の言葉や文化などを否定され、奪われてきた人びとである、
>ということです。この認識は、国際的に確立しつつあります。

>また、先住民族とは、自らの伝統的な土地や暮らしを引き継ぎ、
>社会の多数派とは異なる自分たちの社会や文化を次世代に伝えようとしている人びとである、
>という定義もあります(ILO169号条約、国連コーボ報告書など)。

83 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/09(火) 05:43:27 ID:vfBqeQfT
>>80
ついでに中国政府が外モンゴルの領有権を主張していない証拠。
中蒙間で国交が樹立されているということは、
それぞれ互いに独立国家として認め合っているということ。

http://jp.ibtimes.com/article/biznews/090703/37018.html

>モンゴル政府の招待により、中国共産党中央政治局常務委員会の委員、
>党紀律検査委員会書記の賀国強氏が6月25日〜27日、モンゴルを公式訪問。

 >会談の際にモンゴルのTs.エルベグドルジ大統領をはじめ、S.デムベレル国会議長、
>S.首相らと会談するほか、中国共産党の交流関係を持つ、各党の党首と会談し、
>今後の協力に関して意見交換が行われる。この訪問の際に、
>モンゴル・中国国交樹立60周年に因んで内モンゴル自治地区の文化デー、
>モンゴル・中国友好関係の開眼手術を無料で行っている。

 >(Montsame)
http://www.mongoliadirect.com/
>提供:モンゴルニュース、情報、コミュニティーのポータルサイト「 モンゴリアダイレクト」

84 :名無しかましてよかですか?:2010/02/09(火) 11:23:16 ID:vzmYoiqz
ETV特集あるダムの履歴書北海道・沙流川流域の記録
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/liveetv/1265544072/l50


85 :名無しかましてよかですか?:2010/02/09(火) 13:53:23 ID:5D003nhX
>>81
>同じ事を日本に当てはめれば、廃藩置県時に新たに造られたり、

あんちゃんも話しずらさないように。
中国のやってる事って言うのは、日本の蝦夷とか熊襲とかそれから毛人とか
アイヌとかいろいろ居た部族だ民族だのを併合して日本が拡大していった都合のよい
歴史解釈をして、チベットやモンゴル、ウィグル、満洲、あらゆる民族を中華民族として
重ねて、同じように歴史編纂してるわけですよ。
これは民族独立を封じるための歴史支配、これは同化政策ですよ。
廃藩置県なんてレベルじゃない。

>だったら中国政府が実際に外モンゴルの領有権を主張している根拠出せよ。

あなたあの北京五輪の時にね、TV中継でオリンピックのタイロルロゴみたいな映像が
流れ出たときに中国大陸の地図が出てきて、中国領土のところは色が違う色調で
描かれるのですがモンゴルと与那国がまるで中国領であるかのように塗り分けられて
要するに中国の本音というのはそういう事なんだとまざまざに思い知らされましたよ。
それに56の少数民族の子供達が民族衣装で出てきたときも、ちょっと普通じゃ考えられない事になってましたよね?

86 :名無しかましてよかですか?:2010/02/09(火) 13:55:56 ID:5D003nhX
>>82
そう、日本じゃ原住民と同義の意味。
つまり土人=土着人とおなじ意味。
しかしもう旧土人法とかああいったものが不要に成ってるわけで
要するにもう原住民=先住民ではないわけですよ?
違いますか?

87 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/09(火) 15:07:08 ID:vfBqeQfT
>>86
>違いますか?

違う。一方で

>そう、日本じゃ原住民と同義の意味。

と書いておきながら、もう一方で

>要するにもう原住民=先住民ではないわけですよ?

と書くのは矛盾している。先住民が「日本じゃ原住民と同義」なら、
今も「原住民=先住民」ということだ。

>しかしもう旧土人法とかああいったものが不要に成ってるわけで

そう。旧土人保護法は撤廃され、今は「先住民族アイヌ民族」
として正式に定義されるようになった。

88 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/09(火) 15:08:21 ID:vfBqeQfT
>>85
>中国のやってる事って言うのは、日本の蝦夷とか熊襲とかそれから毛人とか
>アイヌとかいろいろ居た部族だ民族だのを併合して日本が拡大していった都合のよい
>歴史解釈をして、チベットやモンゴル、ウィグル、満洲、あらゆる民族を中華民族として
>重ねて、同じように歴史編纂してるわけですよ。
>これは民族独立を封じるための歴史支配、これは同化政策ですよ。
>廃藩置県なんてレベルじゃない。

論点逸らした先に更に論点逸らしを重ねるのかよ。蝦夷征討や北海道開拓、
日露国境確定、琉球処分等に例えてほしかったなら最初からそう言えよ。
>>80が「満州にしても黒龍江省という名前にしてるし、ウィグルは新疆だ」
と地名破壊の話をするから廃藩置県や市町村大合併を引き合いに出したまでだ。

>あんちゃんも話しずらさないように。

勝手にどんどん話しそらしていく君にわざわざ付き合ってやりゃすぐこれだ。

>あなたあの北京五輪の時にね、TV中継でオリンピックのタイロルロゴみたいな映像が
>流れ出たときに中国大陸の地図が出てきて、中国領土のところは色が違う色調で
>描かれるのですがモンゴルと与那国がまるで中国領であるかのように塗り分けられて
>要するに中国の本音というのはそういう事なんだとまざまざに思い知らされましたよ。

それが本当なら証拠を見せてほしい。

>それに56の少数民族の子供達が民族衣装で出てきたときも、ちょっと普通じゃ考えられない事になってましたよね?

それ、”56の少数民族の子供達”じゃないから。
多くは各民族衣装のコスプレした漢族の子供達。
なぜそれぞれ本物の少数民族の子供に民族衣装着せずに、
漢族の子供にコスプレさせたのか本当の理由は俺にも分からないが、
いずれにしても外モンゴルに対する主権認識とは全く関係ないよな?

89 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/09(火) 15:09:12 ID:vfBqeQfT
>>85
http://www2.asahi.com/olympic2008/news/TKY200808150348.html

>写真拡大8日の開会式で、民族衣装を着て登場した子供たち=中田徹撮影

 >【北京=奥寺淳】北京五輪開会式で「中国の56民族を代表して」
>と紹介されて民族衣装を着て場内を行進した子供たちの多くは漢族だったことが分かった。
>北京五輪組織委の王偉副会長は15日の会見で認め、「中国ではよくある演出だ」と意に介さず答えた。

 >この場面は、国旗掲揚をする前に、「五星紅旗」
>を取り囲んで56の民族衣装を着た子供が入場してきたシーン。
>開会式のときに配られた資料には「中国の56民族の子供たち」
>と紹介され、民族の団結と融和を訴えるうえでのパフォーマンスだった。

 >王副会長は「これは演出。俳優(の子供)たちが各民族の衣装を着るのはごく普通のことで、
>何も特別なことではない」と反論。「みんなが親密で幸せであることを伝えるため、
>それぞれの衣装を着ただけのことだ」と話し、演出に対する考え方の違いであるとの見方を示した。

 >漢族を除く55の少数民族のうち、何人が本当の少数民族の子供だったかについては、
>「そうしたデータはない」(同組織委)としている。

 >開会式をめぐっては、テレビで放映された巨人の足跡を表現した花火は、
>過去に収録された映像をコンピューター・グラフィックスを使って加工したことが判明。
>「天使の歌声」と人気を集めた少女も実は「口パク」で、
>歌っていたのも別の少女だったことが明らかになっている。

90 :名無しかましてよかですか?:2010/02/09(火) 19:20:01 ID:5D003nhX
>そう。旧土人保護法は撤廃され、今は「先住民族アイヌ民族」
>として正式に定義されるようになった。


え〜〜なんだそりゃw
なんで日本人に帰化、同化でなくて先住民族に戻るw
それじゃ旧土人保護法の意味が無いじゃないw


91 :名無しかましてよかですか?:2010/02/09(火) 20:22:12 ID:CDSKgS9A
>先住民が「日本じゃ原住民と同義」なら、今も「原住民=先住民」ということだ。

でも、それはちょっと違うんじゃないの?
たしかに北海道の先住民族はアイヌ民族だというのは間違いないけど
それは東北や日本海側の先住民族が蝦夷であるのと同じように北海道に
昔居た人々として、要するにもう「終わった存在」として定義してるのであって
原住民族としてはアイヌ民族はもう存在してないけど、アイヌ系の人々なら存在しますよって話。
アイヌ系の人々を先住民族とか原住民という形で認識するのはいささか間違いではないですか?

>「満州にしても黒龍江省という名前にしてるし、ウィグルは新疆だ」と地名破壊の話をするから

確かに廃藩置県とか北海道とかは、アイヌ民族に対する民族意識の収奪という点で同じかもしれません。
北海道を北海アイヌ道などにし無かったのは新疆とか黒龍江省とかそういうのと同じ同化政策や民族浄化です。

92 :名無しかましてよかですか?:2010/02/09(火) 20:22:57 ID:CDSKgS9A
>>90>>91です

93 :名無しかましてよかですか?:2010/02/09(火) 20:47:46 ID:F4EJr2ER
>>90-91さん

横レスですが、日本では「先住民族」と「原住民」は同義ですよ。ただの言いかえ、「言葉狩り」の結果。
明治からこんにちまで、日本では学術書にも使われてきた客観的な呼称が
いつのまにか差別的な使われ方をするようになり、抗議や配慮のたびに
同じものを「土人」→「原住民」→「先住民族」と言い換えてきた。

台湾の先住民は日本の「先」の字から理解しようとするから、先住民とか言われると
「いなくなってはいないからその呼び名はおかしい」と「原住民」の語を主張するんだけどね。

94 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/10(水) 00:15:56 ID:1nafsNfr
>>91
>でも、それはちょっと違うんじゃないの?

少しも違わない。一方で

>たしかに北海道の先住民族はアイヌ民族だというのは間違いないけど

と書いておきながら、もう一方で

>アイヌ系の人々を先住民族とか原住民という形で認識するのはいささか間違いではないですか?

と書くのは矛盾している。
「北海道の先住民族はアイヌ民族だというのは間違いない」のなら、
「アイヌ系の人々を先住民族とか原住民という形で認識するのはいささか間違いではない」
ということだ。また、一方で

>原住民族としてはアイヌ民族はもう存在してないけど、

と書いておきながら、もう一方で

>アイヌ系の人々なら存在しますよって話。

と書くのも矛盾している。「アイヌ系の人々なら存在します」なら、
「原住民族としてはアイヌ民族はもう存在してない」ということもない。

95 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/10(水) 00:17:19 ID:1nafsNfr
>>91
>たしかに北海道の先住民族はアイヌ民族だというのは間違いないけど
>それは東北や日本海側の先住民族が蝦夷であるのと同じように北海道に
>昔居た人々として、要するにもう「終わった存在」として定義してるのであって

>>82でも挙げたように、日本語では「先住民」という言葉を『もう
「終わった存在」として定義して』ない。再度聞くが日本語で「先住・民」
としてではなく中国語で「先・住民」として解釈する君は中国人か?

>確かに廃藩置県とか北海道とかは、アイヌ民族に対する民族意識の収奪という点で同じかもしれません。
>北海道を北海アイヌ道などにし無かったのは新疆とか黒龍江省とかそういうのと同じ同化政策や民族浄化です。

北”海”道とは北”カイ”道、すなわちそれだけで「北のアイヌ地方」
という意味があるんだけど、やはり本来はアイヌモシリやサマンペモシリ、
ヤウンモシリなどと呼ばれていた。

ただ、地名破壊問題の本質は民族問題に限らない。なぜならば、
一度名付けられれば数千年は残るといわれる地名はまさにその土地の歴史の結晶であり、
内地でも廃藩置県や市町村大合併によって現在進行形で続けられている地名破壊は、
>>80の言う「詐欺みたいな事」「歴史がめちゃくちゃ」そのものであり、
決して無関係ではないからだ。

96 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/10(水) 00:29:03 ID:BsYhevae
>>90
>なんで日本人に帰化、同化でなくて先住民族に戻るw
>それじゃ旧土人保護法の意味が無いじゃないw

1899年に旧土人保護法が制定されてから、
百年の間にすっかり価値観が変わってしまったから。君は>>86
「しかしもう旧土人法とかああいったものが不要に成ってるわけで」
って自分で書いただろ?「旧土人法とかああいったものが不要に成っ」
たということは、今では「旧土人保護法の意味が無い」からだよな?

97 :名無しかましてよかですか?:2010/02/10(水) 01:35:46 ID:U8MbLGpy
>>94
いや、『アイヌ系』と『アイヌ民族』は違いますよ?

98 :名無しかましてよかですか?:2010/02/10(水) 01:44:01 ID:U8MbLGpy
>君は>>86で「しかしもう旧土人法とかああいったものが不要に成ってるわけで」って自分で書いただろ?

ですからそれは、要するにアイヌ民族が日本人に帰化すなわち同化されていくということが
前提にあるのですから、当然同化が完結した時点で保護法は一切不要な物となります。
>「旧土人法とかああいったものが不要に成っ」たということは、今では「旧土人保護法の意味が無い」からだよな?

そうです、今では保護法の意味が無いです。

99 :名無しかましてよかですか?:2010/02/10(水) 01:55:39 ID:U8MbLGpy
>>93
たしかに、日本語では先住民は文字通り「先に住んでた民、人々」ということになります。
アメリカインディアンなどに対して同じように「アメリカ先住民」といいます。
これは未だ現存してるという事を前提の意味で使われます。
しかし、アイヌ民族の場合はすでに同化されてしまったので現在ではそうした意味合い
では使われてないはずです。

100 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/10(水) 04:19:27 ID:BsYhevae
>>99
一方で

>たしかに、日本語では先住民は文字通り「先に住んでた民、人々」ということになります。

と書いておきながら、もう一方で

>しかし、アイヌ民族の場合はすでに同化されてしまったので現在ではそうした意味合い
>では使われてないはずです。

と書くのは矛盾している。>>91
「北海道の先住民族はアイヌ民族だというのは間違いない」
と書いている通り、日本でアイヌが先住民族と定義されているのは、
「未だ現存してるという事を前提の意味で使われ」ているからだ。
繰り返し聞くが、日本語で「先住・民」 としてではなく中国語で「先・住民」
として解釈する君は中国人か?

>>98
>そうです、今では保護法の意味が無いです。

そうだね。

>ですからそれは、要するにアイヌ民族が日本人に帰化すなわち同化されていくということが
>前提にあるのですから、当然同化が完結した時点で保護法は一切不要な物となります。

実情はかなり異なる。旧土人保護法は一旦北海道中の土地を占拠してから、
改めて猫の額ほどの土地をアイヌ各世帯に分配しては縛り付け、
金に困っても使い物にならない土地を売ることも許さず、
15年以内に開墾しなかったら再度没収し、種や農具、
医薬品等を支給しつつアイヌを生かさず殺さず半永久的に農奴化していくための法律。

101 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/10(水) 04:22:33 ID:BsYhevae
>>99
しかも昭和10年代以降は土地の分配の実態がないなど法律そのものがほとんど機能しなくなっていたので、
「もう旧土人法とかああいったものが不要に成ってるわけで」あり、
「保護法は一切不要な物とな」っていたというわけだ。

http://www.k3.dion.ne.jp/~kamishin/Dozinhou.htm

>このため、政府は明治32年に「北海道旧土人保護法」を制定しました。
>これは、アイヌの人たちを日本国民に同化させることを目的に、
>土地を付与して農業を奨励することをはじめ、医療、生活扶助、
>教育などの保護対策をおこなうものでした。

 >しかし、和人の移住者に大量の土地を配分したあとで、
>新たに付与する良好な土地は少なく、付与された土地もその多くは、
>開墾できずに没収されたり、戦後の農地改革では他人に貸していた土地が強制買収されたりしました。

102 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/10(水) 04:23:20 ID:BsYhevae
>>99
>このうち、実際に機能していたのは、付与された土地を他人に譲渡する際に知事の許可を必要としたことと、
>共有財産を知事が管理することの規定のみでした。(共有財産とは、
>明治時代の漁場経営の収益金や宮内省からの教育資金としての御下賜金などの残りを積み立てていたものです。)

>明治期以降、「和人」の大量の移入が進むにつれ、生活の途を失い、
>困窮に瀕していたアイヌの人々に対し、土地を無償で下付し、
>農耕を奨励するなどアイヌの人々の生活の安定を図ることを目的として制定された北海道旧土人保護法
>(明治32年法律第27号)及び同法の特別法として後に制定された旭川市旧土人保護地処分法
>(昭和9年法律第9号)は、昭和10年代以降土地の無償下付の実績がないなどその運用実態も乏しく、
>今日においてはその存在意義を失っているとみられる。

>また、「旧土人」という用語は今日の社会常識に照らし呼称として不適切であることは否定できないものであり、
>無償下付されていた土地の譲渡等に係る許可制も現在では合理性、
>必要性に乏しいと考えられるため、これらの法律は上述したアイヌの人々に関する諸施策の新たな展開に伴い、
>廃止のための措置を講ずることが適切であると考えられる。

>なお、これらの法律の廃止に当たっては北海道旧土人保護法の規定に基づき、
>北海道知事が現に管理している共有財産(平成8年1月末現在 約145万円)は、
>アイヌの人々に関する諸施策の新たな展開に資するよう活用することが最も適切であると考えられることから、
>上述のアイヌ文化振興基金(仮称)に充当することが適切である。

103 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/10(水) 04:24:29 ID:BsYhevae
>>99
>第一條
>北海道舊土人ニシテ農業ニ從事スル者又ハ從事セムト欲スル者ニハ一戸ニ付土地一萬五千坪以内ヲ限リ無償下付スルコトヲ得

>第1条
 >旧土人で農業をしたい奴には、一戸に付き、土地1万5千坪をタダであげる(ただし荒れ地が多いけど、しょうがないね)。

>第二條
>前條ニ依リ下付シタル土地ノ所有權ハ左ノ制限ニ從フヘキモノトス

>一 相續ニ依ルノ外讓渡スコトヲ得ス
>二 質權抵当地上權又ハ永小作權ヲ設定スルコトヲ得ス
>三 北海道廳長官ノ許可ヲ得ルニ非サレハ地役權ヲ設定スルコトヲ得ス
>四 留置權先取特權ノ目的トナルコトナシ

>前條ニ依リ下付シタル土地ハ下付ノ年ヨリ起算シテ三十箇年ノ後ニ非サレハ地租及地方税ヲ課セス又登録税ヲ徴収セス
>舊土人ニ於テ從前ヨリ所有シタル土地ハ北海道廳長官ノ許可ヲ得ルニ
>非サレハ相續ニ依ルノ外之ヲ讓渡シ又ハ第一項第二及第三ニ掲ゲタル物權ヲ設定スルコトヲ得ス

>第2条
 >タダであげた土地は、相続の場合はしょうがないけど、
>あとは他人に譲渡したり抵当に入れたりしてはいけません
>(つまり財産として認める訳じゃないんです)。
 >でも一応、30年間はその土地に税金かけないであげる。
 
>そうそう、旧土人が昔から持ってた土地は(まぁ、
>やっぱりこれも財産としては認められないから)
>北海道庁長官の許可がないと相続以外の譲渡とかはダメだね。

104 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/10(水) 04:25:49 ID:BsYhevae
>>99
>第 三 條
>第一條ニ依リ下付シタル土地ニシテ其ノ下付ノ年ヨリ起算シテ十五箇年ヲ經ルモ尚開墾セサル部分ハ之ヲ没収ス

>第3条
 >タダであげた土地は、15年たっても開墾してないときは、
>悪いけど没収するよ(まぁ、ひどい土地だけど、がんばって開墾してね。
>なにせいい土地は、全部日本人に渡しちゃったからなぁ)。

105 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/10(水) 11:18:17 ID:BsYhevae
>>97
「アイヌ系」と「アイヌ民族」は包含関係であって対立する概念ではない。
よって「アイヌ系の人々なら存在しますよって話」なら、
「アイヌ系の人々を先住民族とか原住民という形で認識するのはいささか間違いではない」。

106 :名無しかましてよかですか?:2010/02/10(水) 12:09:34 ID:IHtzlQMd
>>99
> しかし、アイヌ民族の場合はすでに同化されてしまったので現在ではそうした意味合い
> では使われてないはずです。

それはあんたの勝手な脳内基準w
「先住民族」を「同化されて消滅した民族」という意味に限定して使う事はない。
日本国政府がアイヌを先住民族と認定した以上、同化は完成していないという事。

107 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/10(水) 14:04:53 ID:BsYhevae
>>106
>>99の脳内基準は母語の中国語なんだよ、きっと。

108 :名無しかましてよかですか?:2010/02/10(水) 17:07:12 ID:SiO1/1hb
日本文化チャンネル桜

◆ アイヌ問題スペシャル (仮)  2月13日(土) 22:00-23:00

   平成20年6月、衆参両院で「先住民族」であるとする決議が採択された
   アイヌ民族をめぐる、知られざる実情や真実について、アイヌの血を引く
   砂澤陣氏にじっくりとお話を伺った特別番組をお送りします!

   ゲスト:砂澤 陣
   聞き手:井上和彦 / 解説:小林よしのり


109 :名無しかましてよかですか?:2010/02/10(水) 17:31:18 ID:4FVCpHm6
>>67
中国の漢民族ってのも、そもそも、
複数の国民、人種、民族が寄り集まった集団だけどね。

110 :名無しかましてよかですか?:2010/02/10(水) 18:05:58 ID:+5JnlAUF
>日本でアイヌが先住民族と定義されているのは、
>「未だ現存してるという事を前提の意味で使われ」ているからだ。

ならばどうして旧土人保護法をやめられたのか説明してほしい。
私はいまの保護政策は日本人に帰化されたアイヌ系の、要するに在日朝鮮人の
方々に対する配慮と同じ、生活保護政策であると受け止めています。

>実情はかなり異なる。旧土人保護法は一旦北海道中の土地を占拠してから、
>改めて猫の額ほどの土地をアイヌ各世帯に分配しては縛り付け、

それは帝国主義全盛のあの時代であったのだから仕方のなかった事でしょう。
日韓併合にしてもそうですが、いろんな点から見ればあれは仕方なかった事だとわかります。
同化政策の歴史に埋もれた真実を明らかにしていくことは当然やるべきでしょう。
反省もされるべきです、しかし現在の同化されてるアイヌ系が原住民というのは無理な話です。
それこそちょっと問題を蒸し返してる危ない定義ですよ。

111 :名無しかましてよかですか?:2010/02/10(水) 18:16:47 ID:+5JnlAUF
>>106
>「先住民族」を「同化されて消滅した民族」という意味に限定して使う事はない。

そんなことは言ってませんよ、ただ日本政府がアイヌを先住民族と認定したからって
アイヌ系が原住民のアイヌ民族になる、いまだ同化が完成されて無い等と言う事にはなりえません。
彼らはあくまでもアイヌ系の人たちです、そうした考えはちょっとおかしいと思いますよ。

112 :名無しかましてよかですか?:2010/02/10(水) 18:18:21 ID:+5JnlAUF
>>110
訂正

生活保護政策であると受け止めています。
            ↓
文化や生活の保護政策であると受け止めています。

          

113 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/11(木) 01:35:34 ID:qqQt5YDw
>>111
>そんなことは言ってませんよ、

言った。

>>80
>アイヌ民族や沖縄民族はもうすでに滅んだという意味で
>「先住民族」と言う解釈でよろしいんですね?
>>91
>たしかに北海道の先住民族はアイヌ民族だというのは間違いないけど
>それは東北や日本海側の先住民族が蝦夷であるのと同じように北海道に
>昔居た人々として、要するにもう「終わった存在」として定義してるのであって
>原住民族としてはアイヌ民族はもう存在してないけど、アイヌ系の人々なら存在しますよって話。
>>99
>しかし、アイヌ民族の場合はすでに同化されてしまったので現在ではそうした意味合い
>では使われてないはずです。
----------------------------------------------
>ただ日本政府がアイヌを先住民族と認定したからって
>アイヌ系が原住民のアイヌ民族になる、いまだ同化が完成されて無い等と言う事にはなりえません。

>>82でも挙げたように、日本語では「先住民=原住民」であり、
「未だ現存してるという事を前提の意味で使われ」ている。繰り返し聞くが、
日本語で「先住・民」 としてではなく中国語で「先・住民」
として解釈する君は中国人か?

>彼らはあくまでもアイヌ系の人たちです、

そうだね。

114 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/11(木) 01:39:17 ID:qqQt5YDw
>>110-111
>そうした考えはちょっとおかしいと思いますよ。

具体的に何がどうおかしいんだ?君こそが一番おかしい。
日本語の文脈で日本国内の話について議論しているのに、
ずーっと中国語ではこうアルヨ、中国語ではこうアルヨの一点張り。
言語が違えば思考回路も物事の概念も変わってくる。

君が日本人の考え方をおかしいと感じるのは
文法的に中国語と大幅に異なり、
同じ漢語一つとっても意味に多少のズレがある日本語使って物事を考えてるから。
これこそ文化の違いというもの。

>>110
>ならばどうして旧土人保護法をやめられたのか説明してほしい。

ならばどうして旧土人保護法を2010年現在に施行する必要があるのか説明してほしい。
話の時間軸を突然明治時代にタイムスリップされる前に予め先手を打っておくが、
2010年現在にな。

>私はいまの保護政策は日本人に帰化されたアイヌ系の、要するに在日朝鮮人の
>方々に対する配慮と同じ、生活保護政策であると受け止めています。

在日朝鮮人各世帯に対して猫の額ほどの土地を分配しては縛り付け、
金に困っても使い物にならない土地を売ることも許さず、
15年以内に開墾しなかったら再度没収し、種や農具、
医薬品等を支給しつつ在日朝鮮人を生かさず殺さず半永久的に農奴化していく政策なんてとってたっけ!?
そんな話は初耳だ。

115 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/11(木) 01:43:40 ID:qqQt5YDw
>>110
>それは帝国主義全盛のあの時代であったのだから仕方のなかった事でしょう。
>日韓併合にしてもそうですが、いろんな点から見ればあれは仕方なかった事だとわかります。

帝国主義全盛のあの時代であったのだから”なぜ”仕方のなかった事なのか、
そして「帝国主義全盛のあの時代であったのだから仕方のなかった事」
をなぜ2010年現在も継続している必要があるのか、きちんと答えなさい。

>同化政策の歴史に埋もれた真実を明らかにしていくことは当然やるべきでしょう。

そうだね。北海道抑留や囚人労働、タコ部屋、
人柱等の歴史に埋もれた真実を明らかにしていくことは当然やるべきだと俺も思っている。
北海道開拓史はまさに近代日本史の暗部。

>反省もされるべきです、しかし現在の同化されてるアイヌ系が原住民というのは無理な話です。

だから「先住民族」って言ってんじゃん。そんなに「原住民」
と呼ぶのに抵抗があるなら。繰り返すが、日本語での「先住民族」
という言葉に「同化されてる」という意味はない。

>それこそちょっと問題を蒸し返してる危ない定義ですよ。

何の問題?

>>109
漢民族に限らず、他に中国には満州族、ウイグル族、チベット族、
チワン族などがいるし、台湾にはタイヤル族、サイシャット族、アミ族、
サオ族などがいる。>>63が言うまでもなく中国は56の、
台湾は16の民族からなる多民族国家だと、
それぞれの政府自らが散々口を酸っぱくして言ってきた。

116 :元祖ナショナリスト ◆moBilE8PGM :2010/02/11(木) 01:44:04 ID:JimVZKmA
いつまでも同じ事の繰り返しだな。

117 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/11(木) 01:56:40 ID:qqQt5YDw
みんなこのアイヌ・沖縄スレという回帰主催の永劫回帰空間を楽しんでんだよ。

118 :名無しかましてよかですか?:2010/02/12(金) 01:45:55 ID:ZUP+IB61
>>115
傲慢すぎます。
あなたは中国が一体どういう事をしているのかまるで分かってないです。
アイヌ系の人々を先住民族と呼んで日本を批難し、中国の民族政策を
擁護するというのは身勝手にも程があります。
あなたにアイヌを擁護する資格はありません。
>>116
この方はずっとこの様な主張を繰り返されてきたのですか?
だとすれば現実を見てるとは到底思えませんね。

119 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/12(金) 02:31:39 ID:i6TH3wQB
>>118
>傲慢すぎます。

ゴーマンかましてよかですか?

>あなたは中国が一体どういう事をしているのかまるで分かってないです。

君は知らないけど俺中国人じゃねーし。

>アイヌ系の人々を先住民族と呼んで日本を批難し、中国の民族政策を
>擁護するというのは身勝手にも程があります。

「アイヌ系の人々を先住民族と呼」ぶことがなぜ「日本を批難し、
中国の民族政策を擁護する」ことになるのか、また実際に
「アイヌ系の人々を先住民族と呼」んでいる日本政府及び、
それに反対していないほとんどの国民は「日本を批難し、
中国の民族政策を擁護する」ことになるのか、きちんと説明しなさい。
理由もなく駄々捏ねて反体制喚き散らして国政の足を引っ張るのは身勝手にも程があります。

>あなたにアイヌを擁護する資格はありません。

あなたにアイヌを中傷する資格はありません。

>この方はずっとこの様な主張を繰り返されてきたのですか?
>だとすれば現実を見てるとは到底思えませんね。

偏狭ナショナリストは>>44でも挙げたように、
いたずらにでたらめ乱発して議論を引っ張る戦法を多用している。
現実を見てるとは到底思えない。

120 :名無しかましてよかですか?:2010/02/12(金) 03:14:00 ID:ZUP+IB61
>理由もなく駄々捏ねて反体制喚き散らして国政の足を引っ張るのは身勝手にも程があります。


そっくりそのままお返しします。

121 :名無しかましてよかですか?:2010/02/12(金) 23:42:01 ID:bvXh74gD
ん?DOFはいま体制側支持なんじゃないの?
アイヌを先住民族と認定した国会決議を覆そうというお前らに反対してるんだから
反体制じゃないだろ

122 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/13(土) 04:27:49 ID:MezyI7bK
体制側支持っつーか、
アイヌ先住民族国会決議については支持するという立場。
>>120はぐうの音も出ないまでにコテンパンに論破されたが、
負けを認めるのが悔しいから俺の主張に反論はせず
「そっくりそのままお返し」してるのだろう。

123 :回帰ZERO ◆XB7AjTRRiE :2010/02/13(土) 04:33:55 ID:x/tOwG2G
>>121
DOFはいまは体制側の人間だよなwwww
でも、チェリブロみたらDOFの言ってることってとても保守的なんだそうだwwwww
>>117
>みんなこのアイヌ・沖縄スレという回帰主催の永劫回帰空間を楽しんでんだよ。

おいおいwなんだよ、ひどいな〜〜もう・・・・。

124 :名無しかましてよかですか?:2010/02/13(土) 20:34:50 ID:PyFOm2Jp
オリンピック開会式のセレモニー見たかおまいら?
先住民の協力が不可欠だとカナダ人は考えて
たくさんの先住民の若者のダンスを披露した
これが世界的趨勢といういものだ
これによってカナダも株を上げた
敢えて言うなら先住民族の政治的利用とはこんなふうにするのだ
先住民の若者の顔には白人ぽい顔の人もちらほら
でもそんな事をあれこれ言うのもバカらしい、そういう空気ができている

125 :名無しかましてよかですか?:2010/02/13(土) 20:44:05 ID:PyFOm2Jp
彼らは「アイヌ民族」ではない、同化が進んだ今となっては「アイヌ系日本人」としか呼べない、
という言い回しで「アイヌ系」という概念を強調したのは小林よしのりだろうけれど、
「系」にそんな意味があるわけはないし、学術的にもそんな区別はない。

世界中の先住民はどのみちみんなある程度は多数者に同化してるのだよ。
同化している事が先住民を名乗る事や権利を主張する事の妨げになるわけではないのだ。
あのセレモニーを見て直感してほしいものだ。

126 :名無しかましてよかですか?:2010/02/14(日) 01:06:50 ID:mG7iRtTM
http://www.youtube.com/profile?user=SakuraSoTV#p/u/1/PrNkZHyGx9I

砂沢陣

127 :名無しかましてよかですか?:2010/02/14(日) 17:16:52 ID:2L43qWEV


必見! くわしい  まとめ  ※要保存


検索→   コピペ版 厳選 韓国



128 :名無しかましてよかですか?:2010/02/16(火) 22:52:43 ID:OXqP59oP
>>124

そうであるならアイヌ系の人は誇り高く生きるべき。
いつも利権に貪りつくようではだめだよ。
そこがカナダの原住民との最大の違い。

129 :名無しかましてよかですか?:2010/02/17(水) 15:19:06 ID:LXnFi18w
>>128
カナダ人の総意は正当に回復した権利全体を「利権」としてやり玉にあげたりはしていない。
中継でも解説されていたように、個別の土地問題はカナダ各地で多数発生しているが、
それはそれ、これはこれだ。国による先住権の承認と個別の土地所有権の帰属は別問題。
国会決議に見るように、日本の総意も一応そちらに向かっている。

違うのはセレモニーに参加できるほど先住民の誇りが回復しているかどうか。
誇りと権利を圧殺する多数者側の一部の残留差別者の意思が横行しているかどうか。

アイヌの誇りを文化ごと根こそぎ否定し圧殺しようとしている時代錯誤のお前らが
アイヌに「誇り高く生きるべき」なんて口にするのもおこがましい。
在日特権や同和利権とはぜんぜん別の問題だというのに、一緒くたに見てるんだろどうせ。

130 :名無しかましてよかですか?:2010/02/17(水) 20:45:13 ID:378ekTKK
>>129
おまえ陣氏のビデオ見たか?w

もう終わりにしようぜw

131 :名無しかましてよかですか?:2010/02/18(木) 04:29:29 ID:5StYGreq
>>129

なんでアイヌ協会の幹部に在日韓国人が在籍してんの?
なんでアイヌ人だけ特別扱いで住宅資金や奨学金が容易く借りられて
返済しなくても大丈夫と言う空気が流れてるの?
後ろめたいことがあるから誇り高くいられないのでは?
そもそもアイヌ人で純血なんていないでしょ?
なのに利権まみれで汚いよ。日本人なんだから平等であるべきだ。

132 :129:2010/02/18(木) 10:32:00 ID:SZ4xBcSG
>>131
> なんでアイヌ協会の幹部に在日韓国人が在籍してんの?

アイヌと朝鮮人の混血が増えたのは、大戦中から戦後にかけて徴用脱走組を
アイヌコタンがかくまった結果だね。窮鳥懐に入らば法則発動、ってかw

ほかに開拓以来和人の捨て子を多数拾って育てた結果和人との混血も増えた。
徴用も開拓も国策の結果。アイヌは優しいからどちらも受け入れた。

アイヌのエスニシティを是とする今の国策から見たら、アイヌは大日本帝国の
光栄ある歴史の裏で優しさゆえに貧乏くじを引かされ続けた事になる。

> なんでアイヌ人だけ特別扱いで住宅資金や奨学金が容易く借りられて
> 返済しなくても大丈夫と言う空気が流れてるの?

もしそうなってるとしたら、和人もそれなりに優しいから贖罪意識がそうさせてるんだろう。
不当だと思うなら法律に訴えればいい。訴訟を億劫がってこんなとこで感情むき出しに
愚痴だけこぼすのは文明社会のやり方じゃない最低の戦法。
住宅資金や奨学金の優遇はむしろアファーマティブアクションとして明文化し制度化すべきだ。

133 :129:2010/02/18(木) 10:32:45 ID:SZ4xBcSG
>>131
> 後ろめたいことがあるから誇り高くいられないのでは?

自分らに関する偏見に汚染されてるからアイヌの自虐が減らない可能性はあるね。

> そもそもアイヌ人で純血なんていないでしょ?

純血混血と誇りは関係ない。

> なのに利権まみれで汚いよ。日本人なんだから平等であるべきだ。

純血・混血と先住権は関係ない。
緊急的人道措置であるアファーマティブアクションは恒常原則の機会の平等に優先する。
アイヌだけ思いっきり優遇すれば左翼による反日包囲網の一角が崩れるねw

134 :名無しかましてよかですか?:2010/02/18(木) 12:12:15 ID:SZ4xBcSG
>>130
まず冒頭のお決まりの小林節。口吻に騙されちゃいかんよ。ぜんぶただの印象操作。

「取材の結果実は100%アイヌ民族という人はいないという事がわかってきた」
なんて言ってるが、そんなのはちょっとしかないアイヌ関連の本を読めばすぐに出てくる。
「アイヌと和人の混血が進んでいる、だから日本は単一民族だ」という主張に至っては噴飯もの。
「人工的に民族を創造する政策」っていうのは言いすぎ。創造じゃなくて復興。復興には創作が伴うが、
途中での創作的要素を否定したら和人の日本文化の伝統だって消失するわな。

次に対談。
砂澤仁氏の父親の砂澤ビッキ氏の名はアイヌ関係の本によく出てくる(ビッキは東北由来の
北海道弁でカエルの事、アイヌ語に由来しないこの名は氏の戸籍名ではないだろう)。
「アイヌも沖縄も政治的に利用されている」
左翼だけでなく保守も日本国もアイヌを利用する段階に来たからこそ衆参両院全会一致に至ったわけで。
アイヌ名目でアイヌに生かされない予算が関係省庁に分捕られているという事実で政府を責めるならわかるが
おまいらが砂澤氏発言のこのくだりでアイヌを責めるのは筋違い。フリップで数字を挙げるぐらいすればいいのに。
「旧土人保護法の下敷きにされてきた事実はある」
この辺の重い部分をすっ飛ばすなよお前ら。「踏まえたうえで」でも今は、なんだからな。

135 :名無しかましてよかですか?:2010/02/18(木) 12:15:34 ID:SZ4xBcSG
>>134続き
「僕の中では文字を持たないアイヌは民族ではなく部族だ」
これはアイヌはネイションではなくエスニシティだ、という事を砂澤氏のそして一般日本人の言葉で言うとこうなるって話。
エスニシティの振興が今世界的な潮流になっている、という事がまだ日本では共通認識になっていない。
「自分はアイヌだと言えばご飯が食べられる人が大勢いる」
まあ居留地のインディアンと同じだな。アル中もいるだろう。
「運動するときだけ(アイヌの)着物を着るのはいかがなものか、誇りも何もない」
これは半分アイヌである砂澤氏がアイヌ内部に向けた告発で、外側の和人ましてや差別主義者が
尻馬に乗って得意気に取り上げるようなものではないな。
「(最初は恩恵にあずかっていたけど)中に入ったら黙っていられないタチなのでわーって言い始めたら疎外された」
これはチャランケというアイヌ独自の抗議スタイルなんだよwチャランケは火病とは違うので
協会の体質がこういう人を締め出すのはもったいないとは思うw
「国会の論議の過程を示さないのは利権優先のため」
アイヌ運動家は研究者を嫌ってきたから、研究者の見解が排除されている可能性はある。
もっとも研究者にも極左寄りがいるから本来もっと時間はかけるべきだ。でも決まっちゃったからなあ。


136 :名無しかましてよかですか?:2010/02/18(木) 12:18:00 ID:SZ4xBcSG
>>135続き
「ここからここまでがアイヌだ、という線を引くのがベストだ」
優しさに頼った超法規的な優遇ではなくアファーマティブアクションを明文化すべきだ、ということ。
「(アイヌが受けた差別は)ネイティブアメリカンやイヌイットが受けてきたこととぜんぜん違う(そこまでひどくない)」
これは検証の必要があるが、いい事悪い事含めアイヌ和人双方とも忘れている部分もあるだろう。
「コンプレックスの裏返しで闘争やってご飯が食べれてしまう」
「純粋に歌や踊りや言葉を守りたいとがんばってる人もいる」
予算はこっちに使われるべきなんだが、おまえら同化主義者はこういう人たちも一緒くたに弾圧しようとしてるだろ。
まあ音楽について言えば、沖縄で例えれば伝統音楽の伝承者とりんけんバンドみたいな創作系がいて、
アイヌ音楽については両方に国家予算が割かれていて、それがおかしい、という話。
砂澤氏の言うような自称アイヌに線引きがされればおのずと解決しそうだ。
公認された若手が創作してもそっちは新しいアイヌ文化だ、ということになる。
「血による差別とは断乎戦う、という小林さんの言葉に感動した」
だまされちゃいかんよなあwやるって言ってやらないと思うし、やりだしたとしたらおまいらともケンカする事になる。
だって小林と差別是認のおまいらとでも立場違うし。

まあよく見れば、もちろん砂澤さんの立場は小林ともおまいらとも違う事がわかる。
それでもチャンネル桜でこういう場に出てるのは、アイヌ協会の内紛と矛盾のせいで、
アイヌ協会自体を全否定しているわけではないだろ。

137 :名無しかましてよかですか?:2010/02/18(木) 13:51:07 ID:dAjbNbdm
>「血による差別とは断乎戦う、という小林さんの言葉に感動した」

パチのりの超絶変節癖を知らないのはある意味幸せなのかもしれない

138 :名無しかましてよかですか?:2010/02/18(木) 14:09:15 ID:3LEdJHrz
最近中国の民族の歴史調べてるけど、皮肉なことに中国は弾圧支配はしながらも
ちゃんとエスニシティは守ってると言う現実がある。

だからといって中国が良いとは決して言えないんだが、まあ日本の場合はロシアに
領土が奪われるか奪われないかと言う生命線の瀬戸際だったので、アイヌには
不幸な同化と言う現在までの歴史の道筋を悔いなく受け止めていただくしかない。

139 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/18(木) 14:17:03 ID:ihozeQdp
>>130
>もう終わりにしようぜw

大和民族主義者はとうとう一分の反論の余地も無くなって遁走か。
でもおまいらの大将の回帰が一向にスレ立てることを止めないからなぁ。

140 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/18(木) 14:31:15 ID:ihozeQdp
小林氏は以下の言葉を引用することによって、
かえって自分で自分の首を締めてるよなぁ。
純血の和人も存在しないことになってしまうわけだから。
アイヌ側こそ純血主義じゃないから意味ないけど。

『ちなみに、ナチズムに対する反省からユネスコは1951年に人類学者を招請して
「人種と人種差別に関する本質」を発表。その中で
「純粋な人種が存在するという証拠はない」と明言している。』
(「わしズム」28号19ページ4コマ目)

141 :名無しかましてよかですか?:2010/02/19(金) 02:19:16 ID:fUH0/146
>>140
ナチズムは中国こそ非難されるべきことではないのか?
平和的な統治・統合をしていれば誰からも文句は言われないどころか
今頃アジアの盟主となって日本なんかよりも繁栄していただろうに。

我々日本人がやってきたことは八紘一宇であり、決してナチなどではない。
そもそもの始まりは今の中国人の祖によってこの列島に追放された事で
すべてが始まったことだ、我々も含めアジアはもとより一つだよ。

見よ、今の中国を。
彼らはあれから何も変わっては居ないのだ、我々を中原から追い出したあのときから。
彼らは常に覇権帝国主義を敷くナチであったではないか?違うか?
中原に葦原を取り戻すことはアイヌもとい我々日本民族の使命であり、我々が古今に
行った覇権の横行は決してナチズムではなかったのだ。

そして彼らは古代に我々に対して行ったその罪を背負いながらも、今もまた同じ過ちを
繰り返してしまったではないか。

日本民族はこれからも友愛と八紘一宇の念を持ち、アジア民族を平和的に統合し統一に突き進むのみである!

142 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/19(金) 12:19:59 ID:KEbhbP0u
>>141
>ナチズムは中国こそ非難されるべきことではないのか?

なぜそこでナチス・ドイツの同盟国と戦った中国を非難するんだ?

>平和的な統治・統合をしていれば誰からも文句は言われないどころか
>今頃アジアの盟主となって日本なんかよりも繁栄していただろうに。

日本がナチス・ドイツと同盟組んで中国と戦っていた1940〜45年の間のアジアは平和だったか?
また、どうやって北東はベーリング海峡から南東はアラフラ海、
北西はウラル山脈から南西はスエズ運河までの盟主となれたというんだ?

>我々日本人がやってきたことは八紘一宇であり、決してナチなどではない。

「決してナチなどではない」んならなんでナチス・ドイツと同盟組んだんだ?

>そもそもの始まりは今の中国人の祖によってこの列島に追放された事で
>すべてが始まったことだ、

いつ、何を根拠に「今の中国人の祖によってこの列島に追放された」
と言うんだ?

>我々も含めアジアはもとより一つだよ。

アジアはもとより”小”アジアの一つしかなかった。
そしてそこには中国も日本も含まれていなかった。

143 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/19(金) 12:21:04 ID:KEbhbP0u
>>141

>見よ、今の中国を。

経済発展著しいね。

>彼らはあれから何も変わっては居ないのだ、

そもそも変わらないものなど存在しないが、周り(日本や欧米諸国)
が目まぐるしく台頭したり没落したりだから、相対的にそう見えるんだろう。
人間如きが大陸の動く速度を体感できないように、
悠久の時間の流れは止まっているようにすら感じる。


>我々を中原から追い出したあのときから。

「あのとき」っていつだ?そして「我々を中原から追い出した」証拠とは?

>彼らは常に覇権帝国主義を敷くナチであったではないか?

ナチスが結成されたのは1919年。33年に政権を取り、
40年に日本と同盟を組み、45年に解散している。この間の中国は果たして
「常に覇権帝国主義を敷くナチであった」か?まるっきり逆だろが。

>違うか?

違うか?

144 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/19(金) 12:22:30 ID:KEbhbP0u
>>141
>中原に葦原を取り戻すことはアイヌもとい我々日本民族の使命であり、

それを「覇権帝国主義」という。

>我々が古今に
>行った覇権の横行は決してナチズムではなかったのだ。

ナチス・ドイツと同盟組んでおいていけしゃあしゃあと
「我々が古今に行った覇権の横行」を「決してナチズムではなかった」
と言うなら、それは「覇権帝国主義」と言えば満足か?

>そして彼らは古代に我々に対して行ったその罪を背負いながらも、今もまた同じ過ちを
>繰り返してしまったではないか。

「彼ら」とは誰だ?「古代」とはいつだ?
「我々に対して行ったその罪」とは何だ?

>日本民族はこれからも友愛と八紘一宇の念を持ち、アジア民族を平和的に統合し統一に突き進むのみである!

それを「覇権帝国主義」という。

145 :名無しかましてよかですか?:2010/02/20(土) 06:52:16 ID:BaezzhcS
おいおい、国民党はナチスドイツの支援を受けてたろw
ナチは本当はアジアの正統民族である中国と同盟結びたかった
んだがソヴィエトを包囲する必要があったため日本と組んだ。
日本は軍事技術の目当てでナチスと組んだ。
当時の日本は「人種差別撤廃」を政策として重んじてユダヤ人
助けてたのでまったくナチではないよw
また中華民国は最初から最後までナチだったよ、同族だろうが
小数民だろうが何だろうが殺しすぎ。(ほんとナチスとそっくりw)

それに中華民国が共和制選んだのも清や日本を革命して支配するためじゃない。
今と本質がなにも変わらないね、中国w
それに日本は帝国主義だったけど、決して「覇権」では無かったよ。
全然覇権じゃないよ、もし日本が覇権だったら2次大戦に負けてないもの。
そうだろ?

146 :名無しかましてよかですか?:2010/02/20(土) 07:00:09 ID:BaezzhcS
それから日本人の祖先が大陸から追い出されたのは中国が覇権主義で
大陸から追い出した難民の子孫だからだよ。

縄文人の子孫とかでっち上げ、そんな人らは3000年前からすでに存在しなかった。
アイヌも和人もほとんど大陸から渡来してきた古代中国人がルーツ、もっとも他の渡来人もいたけどさ。

何でアイヌも含まれるかというと、沖縄人とアイヌ人がそっくりなのはそういうルーツ、つながりがあるから。


147 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/20(土) 13:17:37 ID:Bg4Pmbzd
>>146
>それから日本人の祖先が大陸から追い出されたのは中国が覇権主義で
>大陸から追い出した難民の子孫だからだよ。

いつ、何を根拠に「日本人の祖先が大陸から追い出されたのは中国が覇権主義で
大陸から追い出した難民の子孫だからだ」と言うんだ?

>縄文人の子孫とかでっち上げ、そんな人らは3000年前からすでに存在しなかった。

三千年前どころか現在も存在している。
でっち上げだというなら否定する証拠を出してみろ。

>アイヌも和人もほとんど大陸から渡来してきた古代中国人がルーツ、もっとも他の渡来人もいたけどさ。

アイヌも和人もほとんど大陸から渡来してきた古代アフリカ人がルーツ、
アフリカ以外の中国などで人類が発生したという説はいまのところ有力でない。

>何でアイヌも含まれるかというと、沖縄人とアイヌ人がそっくりなのはそういうルーツ、つながりがあるから。

そうだね。

>>145
>おいおい、国民党はナチスドイツの支援を受けてたろw

おいおい、大日本帝国はナチスドイツと同盟組んでたろw

148 :名無しかましてよかですか?:2010/02/20(土) 13:17:39 ID:LjNa+Kjv
アイヌの真実

http://www.youtube.com/watch?v=PrNkZHyGx9I
http://www.youtube.com/watch?v=e07pesr-JhY

149 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/20(土) 13:20:16 ID:Bg4Pmbzd
>>145
>ナチは本当はアジアの正統民族である中国と同盟結びたかった
>んだがソヴィエトを包囲する必要があったため日本と組んだ。

つまり、ナチス・ドイツは日本と同盟を組んだということだな。

>日本は軍事技術の目当てでナチスと組んだ。

つまり、日本はナチス・ドイツと同盟を組んだということだな。
これで三国軍事同盟が事実であったことが証明された。

>当時の日本は「人種差別撤廃」を政策として重んじてユダヤ人
>助けてたのでまったくナチではないよw

当時の日本はナチス・ドイツと同盟を組んでいたので、
まったくナチではないということはない。むしろ共犯者。

>また中華民国は最初から最後までナチだったよ、同族だろうが
>小数民だろうが何だろうが殺しすぎ。(ほんとナチスとそっくりw)

大日本帝国はナチスとそっくりどころか同盟まで組んでたね。

>それに中華民国が共和制選んだのも清や日本を革命して支配するためじゃない。

そうだね。中華民国が共和制選んだのも清や日本を革命して支配するためじゃない。

150 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/20(土) 13:21:40 ID:Bg4Pmbzd
>>145
>今と本質がなにも変わらないね、中国w

そもそも変わらないものなど存在しないが、周り(日本や欧米諸国)
が目まぐるしく台頭したり没落したりだから、相対的にそう見えるんだろう。
人間如きが大陸の動く速度を体感できないように、
悠久の時間の流れは止まっているようにすら感じる。

>それに日本は帝国主義だったけど、決して「覇権」では無かったよ。

それに日本は帝国主義だったし、「覇権」だったよ。

>全然覇権じゃないよ、もし日本が覇権だったら2次大戦に負けてないもの。

戦争負けたら覇権じゃないというなら、同じく二次大戦に負けたナチス・
ドイツは覇権じゃないのか?北ヴェトナムに負けたアメリカは覇権じゃないのか?
アフガン・ゲリラに負けたソ連は覇権じゃないのか?

>そうだろ?

そうだろ?

151 :名無しかましてよかですか?:2010/02/21(日) 00:45:04 ID:iy5Ef2Kv
>三千年前どころか現在も存在している。
>でっち上げだというなら否定する証拠を出してみろ。

遺伝子調査の結果およびアイヌ民族の南方気質な習俗が
すべてを物語ってるじゃない。
アイヌ民族はあきらかに「倭人」がルーツにあり、我々日本人と同じ
弥生時代の南方渡来人の子孫。
沖縄人とそっくりな人が多いわけだよ。

>つまり、ナチス・ドイツは日本と同盟を組んだということだな。

同盟に対した意味は無いよ、同盟してたから日本がナチとか共犯とか
チャンチャラおかしいね。
敵の敵は味方という言葉があるように、陣営の問題。
第一日本とナチスじゃ国家に対する思想とか体制がぜんぜん違う。
>戦争負けたら覇権じゃないというなら、同じく二次大戦に負けたナチス・
>ドイツは覇権じゃないのか?北ヴェトナムに負けたアメリカは覇権じゃないのか?
>アフガン・ゲリラに負けたソ連は覇権じゃないのか?

誰も戦争に負けたから覇権じゃないとは言ってない。
日本もナチスも「覇権になりそびれた」存在。
っで、戦後50年以上覇権してるのが中国、ロシア、アメリカの帝国主義の連中。

152 :名無しかましてよかですか?:2010/02/21(日) 04:38:47 ID:HjTn1aZV
>>147
>いつ、何を根拠に「日本人の祖先が大陸から追い出されたのは中国が覇権主義で
>大陸から追い出した難民の子孫だからだ」と言うんだ?

日本と中国は鏡を合わせた双子の右翼と左翼だ。
日本で国家を作った祖先は時代時代の中国の乱で大陸を追い出された民族や左翼の亡命者や開拓移民だと分かりきってる事。
特にその中には倭人が多く、長江を領域に暮らした倭人はチベット人と祖を睦まじく、YAP遺伝子の調査からも分かってる事だ。
黄河に栄えた中国人は古代に一度ならずし2度も、近代において同じ過ちを繰り返した。

彼等には和の心と言うのが無い、昔から殺すか追い出すか能が無い。
これがナチスだ。
チベット人を「少数民族チベット族」などとペテンし、日本の北海道のアイヌ平定の如く開拓してしまったのだ。
こんな愚かなことがナチスでなくて君は一体何だと言うのだ?
チベット人はどうみても中華民族には含まれない、日本で倭人を直接的なルーツに持つアイヌとは大きく違う。
中国は昔から侵略しっぱなしだ、おそらくコントロールできないだろう、まさにナチズムと言える。
そのてん、大東亜共栄圏はまさに共生という理念にかなった非ナチス的なものだった。
実現されていれば今ごろ東アジア版EUは実現の物として存在していただろう。
まあ君に理解しろと言っても無理だろうけどな。

153 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/22(月) 14:38:23 ID:kwdZdpTN
>>151
>遺伝子調査の結果およびアイヌ民族の南方気質な習俗が
>すべてを物語ってるじゃない。

「遺伝子調査の結果およびアイヌ民族の南方気質な習俗」
とやらが何であるのかを明らかにしない限り、何も物語っていない。

>アイヌ民族はあきらかに「倭人」がルーツにあり、

アイヌ民族のルーツが「倭人」にあることは明らかではない。

>我々日本人と同じ弥生時代の南方渡来人の子孫。

我々日本人と同じ旧石器時代の北方、西方、南方渡来人の子孫。

>沖縄人とそっくりな人が多いわけだよ。

確かにアイヌには沖縄人とそっくりな人が多いね。

>同盟に対した意味は無いよ、

「同盟」とは以下の意味だ。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%90%8C%E7%9B%9F&stype=0&dtype=0

154 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/22(月) 14:39:49 ID:kwdZdpTN
>>151
>どう‐めい【同盟】
>「どうめい」を大辞林でも検索する

>Z8616.gif[名](スル)個人・団体または国家などが、
>互いに共通の目的を達成するために同一の行動をとることを約束すること。
>また、それによって成立した関係。「―を結ぶ」「―してストライキを打つ」

>Z6AFA.gif《「全日本労働総同盟」の略称》昭和39年(1964)
>全労会議と総同盟とが統合して結成された労働組合の全国組織。
>総評に対抗し、民間産業が中心。同62年、連合の発足により解散。

>[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]

「互いに共通の目的を達成するために同一の行動をとることを約束すること」

>同盟してたから日本がナチとか共犯とかチャンチャラおかしいね。

同盟していて日本がナチと共犯じゃないとかチャンチャラおかしいね。

>敵の敵は味方という言葉があるように、陣営の問題。

つまり日本とナチス・ドイツは味方同士で陣営を形成していたというわけだ。

>第一日本とナチスじゃ国家に対する思想とか体制がぜんぜん違う。

第一中国とナチスじゃ国家に対する思想とか体制がぜんぜん違う。

155 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/22(月) 14:41:49 ID:kwdZdpTN
>>151-152
>誰も戦争に負けたから覇権じゃないとは言ってない。

>>145は「全然覇権じゃないよ、
もし日本が覇権だったら2次大戦に負けてないもの。」と書いている。

>日本もナチスも「覇権になりそびれた」存在。

日本もナチスも「覇権だった」存在。

>っで、戦後50年以上覇権してるのが中国、ロシア、アメリカの帝国主義の連中。

「戦後50年以上」とは何の戦争から50年以上なのか。
中国は中越国境紛争終結から26年近く、
ロシアは第二次チェチェン紛争終結から10ヶ月しか経っていない。
アメリカはアフガニスタン・イラクで戦争継続中。

>日本と中国は鏡を合わせた双子の右翼と左翼だ。

何が右翼で何が左翼なのか?また「鏡を合わせた双子の」
中国をナチズムと非難する>>141は鏡に映る自分の顔に向かってナチズムと非難していることになり皮肉。(w

156 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/22(月) 14:42:52 ID:kwdZdpTN
>>152
>日本で国家を作った祖先は時代時代の中国の乱で大陸を追い出された民族や左翼の亡命者や開拓移民だと分かりきってる事。
>特にその中には倭人が多く、長江を領域に暮らした倭人はチベット人と祖を睦まじく、YAP遺伝子の調査からも分かってる事だ。
>黄河に栄えた中国人は古代に一度ならずし2度も、近代において同じ過ちを繰り返した。
>彼等には和の心と言うのが無い、昔から殺すか追い出すか能が無い。
>これがナチスだ。

ナチス結成は1919年のドイツ。
19年以降に日本で形成された国家といえば戦後日本国が思い当たるが、
日本国は52年にアメリカが日本列島の植民地を独立させて造った国であり、
45年の時点で既に解散しているナチスが関わることは不可能だし、
またこの時に縄文人の血を引く先住民を皆殺しにして亡命中国人をごっそり入植させたという証拠もない。

>チベット人を「少数民族チベット族」などとペテンし、

チベット族はブータンにおいては多数派だが中国、インド、
ネパールにおいては少数派なので、後者3ヶ国では
「少数民族チベット族」は別にペテンではない。

>日本の北海道のアイヌ平定の如く開拓してしまったのだ。
>こんな愚かなことがナチスでなくて君は一体何だと言うのだ?

そうだね。
ナチスでなくて日本の北海道のアイヌ平定の如く開拓してしまったね。

>チベット人はどうみても中華民族には含まれない、

そうだね。

>日本で倭人を直接的なルーツに持つアイヌとは大きく違う。

アイヌが倭人を直接的なルーツに持つという根拠はない。

157 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/22(月) 14:44:12 ID:kwdZdpTN
>>152
>中国は昔から侵略しっぱなしだ、おそらくコントロールできないだろう、

モンゴル、満州、ヨーロッパ列強、日本などから侵略されてもいる。
よって「昔から侵略しっぱなしだ、おそらくコントロールできないだろう」
とは言えない。

>まさにナチズムと言える。

具体的にどこがどうナチズムなんだ?逃げてないでいい加減答えなさい。

>そのてん、大東亜共栄圏はまさに共生という理念にかなった非ナチス的なものだった。
>実現されていれば今ごろ東アジア版EUは実現の物として存在していただろう。

無理無理、EUは大東亜共栄圏と違って武力で無理やり広げてきたわけじゃないから。
大東亜共栄圏が失敗に終わったことは既に歴史が証明している。
一方で東南アジア諸国は日本と関係無しにASEANを形成し、
日本は2010年現在オブザーバー止まり。

>まあ君に理解しろと言っても無理だろうけどな。

とうとう己に俺を論破するだけの能力が無いことを悟り、敗北を認めたか。

158 :名無しかましてよかですか?:2010/02/23(火) 06:57:57 ID:+6R0nxDb
Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw



うわあああああああああああ!!
何なのコイツ〜〜〜超ムカツクんですけど〜!
ああ〜言えばこう言う、ただ反対の事言ってれば何とかなると思ってるのコイツ?
おまえのようなポンツクがアイヌ民族の方々を擁護してるなんてお笑いだわ〜w

アイヌ民族の方々が先住民族だなんて当たり前の事だけど、なんでそれがチベット
と同じだなんて理解できませ〜〜ン!

アイヌの方々は日本の少数民族で、北海道の先住民族です。
琉球民族の方々も含めて、日本政府はそれをおととし認めました、それのどこが
ナチスなんでしょうか〜〜〜〜〜?

中国と比べ物にもなりませんねw
ハイ乙〜〜w

159 :名無しかましてよかですか?:2010/02/23(火) 08:26:35 ID:ZOc5We/r

琉球民族をどう認めたんだよw

アイヌの皆さんどうのとか朝鮮半島にお前等単一民族じゃないとか介入してんのは
知ってるが半島がどう民族をばらしたかも解らんw
中国が漢民族の解体に動き出したのは知ってるがな。

160 :名無しかましてよかですか?:2010/02/23(火) 09:20:45 ID:+6R0nxDb
>知ってるが半島がどう民族をばらしたかも解らんw


チェジュだよ、チェジュ。
チェジュ島は李氏朝鮮までは別言語の民族。
まあ、朝鮮はあんまり解体の意味は無いかもしれないがw
>琉球民族をどう認めたんだよw

認めただろw先住民族にw
>中国が漢民族の解体に動き出したのは知ってるがな。


なにそれ〜〜〜〜?
初耳〜〜〜。

161 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/23(火) 12:25:21 ID:sY340Ive
>>159
>琉球民族をどう認めたんだよw

うん、俺も初耳。
アイヌと違って琉球諸島民の民族性については文化人類学者の間でも結論が出ていないのに。

>アイヌの皆さんどうのとか朝鮮半島にお前等単一民族じゃないとか介入してんのは
>知ってるが半島がどう民族をばらしたかも解らんw

韓国の場合、民族認定とはちょっと違うけど済州島(旧耽羅国)
を四年前から「済州特別自治道」として高度な自治を認めている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%88%E5%B7%9E%E7%89%B9%E5%88%A5%E8%87%AA%E6%B2%BB%E9%81%93

あと、以下の書き込みからID:+6R0nxDbはどうも回帰っぽい。

>>158
>おまえのようなポンツクがアイヌ民族の方々を擁護してるなんてお笑いだわ〜w

162 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/23(火) 12:31:52 ID:sY340Ive
しかし主張内容は書き込むたびに変わっても、
知能や人格は呆れるほど進歩の無いコテハンだ…。

http://mimizun.com/log/2ch/seiji/namidame.2ch.net/seiji/kako/1239/12398/1239837812.html

>205 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/07(木) 23:42:11 ID:gyiiZAt0
>>204
>勘違いしてるかしらンが、おれが「ポンスケ」と使ってるのは、三宅久之が相手をバカにするときに
>「ポンスケ(男性詞)・ポン子(女性詞)ポンツク(一般名詞)」なる言葉を使ってるからでww

>わるいなw変な期待させてw
>つか、一応聞いとくけどそれ何の話w
>純血日本人とかwアイヌ文字とかw
>つかあんたmixiでブログやってたのかw

163 :名無しかましてよかですか?:2010/02/23(火) 13:46:15 ID:+6R0nxDb
え〜w
私回帰さんじゃないですよw
それにポンツクってテレビタックル見てるネチズンなら相手を
バカにしたいときに使いたくなりますよw
特に昨日は久さびさに三宅爺からポンツクって言葉を聞いたので
ツィッターで結構話題になってたりw
残念ですけど私は回帰というコテの方ではありません。
私はいまだ沖縄の方とアイヌの方については同じ民族として捉える事が出ないです。
私は神道を崇拝する列記とした日本人なので、私にとっての沖縄人と北海道のアイヌは
いわゆる日本民族ではないと思ってます。
まあ彼らは今では同じ”日本人”かも分かりませんが。
ですから沖縄やアイヌ系の方々が自分達の祖先の地で何されようが私は拒む権利は
無いと思ってますし、それを妨げ邪魔したりして干渉する意味も無いです。
同じ日本人かもしれないけど、『民族は違う』というのが私のスタンスです。
我々の祖先が中国や半島から葦原を探求してこの日本にたどり着き、土着民と融和しながら
今にたどり着いたというそれこそが私達であり、アイヌや沖縄の人は民族としては無関係です。
(まあ貿易ぐらいはしてたかも知れませんけどねw)
むしろ私としてはまだ朝鮮や中国の方々のほうが民族としては親近・同族に思えます。
これは差別ではないですし、区別でも無いです。
どちらかといえば区別に近いですが、区別というわけでも無いです。
たんなる敷居です。

前からお二人のスレは見させてもらってますけど、私は回帰さんのような強引にアイヌや沖縄の
方々まで日本民族に含める考えには賛同できませんし、あなたのような中国を肯定される方の
意見も絶対に無理です。

164 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/23(火) 14:51:40 ID:sY340Ive
HN伏せてしらばっくれてるけど文体が回帰のまんまで笑える。

>>158
>ああ〜言えばこう言う、ただ反対の事言ってれば何とかなると思ってるのコイツ?←
>おまえのようなポンツクがアイヌ民族の方々を擁護してるなんてお笑いだわ〜w←
           ↑

>アイヌ民族の方々が先住民族だなんて当たり前の事だけど、なんでそれがチベット
>と同じだなんて理解できませ〜〜ン!←
>ハイ乙〜〜w←
  ↑

165 :名無しかましてよかですか?:2010/02/23(火) 17:43:25 ID:Dtm94/EJ
アホコテ小林脳回帰は最終的に何処へ回帰するのだろうか・・・・・・・











瀬戸ゼリーか?(笑)

166 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/23(火) 22:23:28 ID:sY340Ive
名無しでも相変わらず電波ゆんゆんに飛ばしまくる回帰。

なんで明治に日本は領土を拡大する必要があったの?
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1255324477/324n

>324 :名無しかましてよかですか?:2010/02/23(火) 07:31:28 ID:+6R0nxDb
>>321
>蒙古人は元々ゲルマン系コーカソイド人種だよ。
>新モンゴロイド人は満州あたりから南下して来た寒冷地対応したツングース人種だよ。

167 :名無しかましてよかですか?:2010/02/24(水) 00:23:32 ID:6mY0k1kh
だから〜〜〜回帰ってコテじゃないってば〜〜〜
私はアイヌや沖縄人まで民族の定義を広げる小林の意見にも回帰の意見にも反対なんだってばぁ・・・



168 :ウィグル独立支持!チベット独立支持!台湾独立支持!かりゆしクラブ:2010/02/24(水) 11:35:23 ID:6mY0k1kh
一応私はかりゆしクラブを応援してる人間です。
回帰というコテの方とはまず相容れない人間と思います。
ただ、私は日本人なのでかりゆし関係者の行ってる2ちゃんでの
UCOMコピペ分断工作を断固として許していません。
アイヌ協会同様の誤まった民族運動です。

Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw さんは回帰さんが小林の論調を
借りてアイヌや沖縄人を日本民族とするように考えることには常に反対
されてて好感を持ってましたが、私をあのようなエセ民族主義者と同一
であるかのようにおっしゃられるのは心外でなりません。
私に対する謝罪と中国を絶対に賛美しないという約束をしてください。
あの国は日本以上にやってる事がメチャクチャです。

169 :名無しかましてよかですか?:2010/02/24(水) 14:25:26 ID:6mY0k1kh
琉球独立!アイヌ自立!民族復興!日本再建!

かりゆしクラブ 琉球共和国国旗 三星天洋旗
初代党首 野底武彦
代表    屋良朝助
http://www.bekkoame.ne.jp/i/a-001/kakumeisensi61-2.jpeg
http://www.bekkoame.ne.jp/i/a-001/sanseitenyo-2008.gif
http://www.bekkoame.ne.jp/i/a-001/noka-kao-4.jpeg
http://www.bekkoame.ne.jp/i/a-001/yara-kao-2008-3.jpeg

170 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/02/25(木) 03:16:46 ID:nMY4LpQy
なんか伸びてるからと、久々に顔出してみれば変なのが沸いてるな。
普段どおりDOFはまじめに相手なんかしてご苦労なこった。

それにもうこのアイヌ利権は終っただろ、砂澤インパクトで蹴りがついたと思う。

つまり根の同じ沖縄も終わり、日本のマイノリティ利権は全て終了。

在日も参政権とれずに消滅、たとえ取れても大いに世間から批難されて終わり。

日本が正しい方向に向かっててほんと清々するよ!
後は、日教組と小沢ら潰せば日本の政界再編の軌道修正が完了する。

171 :名無しかましてよかですか?:2010/02/25(木) 08:48:58 ID:udzk+Srp
>>170
アメリカナイズされることに賛成ではなかったっけ?
















教祖と似てニワトリ脳だから仕方ないか(爆)

172 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/02/25(木) 10:04:56 ID:nMY4LpQy
>>171
教祖は反対だろうけど、おれは賛成だね。
というかすでに手遅れなぐらいアメリカナイズが浸透してる。

現実を見ればわかるよねw

日本人は結局グローバリズムの中で正しい保守を取り戻すしかないと思ってるよ。


173 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/25(木) 22:34:10 ID:VOhot+29
>>171
回帰が訴えてるのはアメリカナイズどころじゃない、
アメリカへの主権移譲・編入。まぁ、
現実にはアメリカ側から願い下げだろうけど。六十年前ならいざ知らず、
沈みゆく船に今更しがみつくのは実に回帰らしい。

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1255324477/121n

>121 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/10/23(金) 04:36:39 ID:q0yF12X3
>とりあえず、アメリカはそろそろ日本と韓国を併合して領土拡大するべきだろう。
>なんか危ない時代が来てる気がするから、我々日本人もアメリカ人として生きる
>ことを前向きに考えなくてはならない。
>日本アメリカ韓国オーストラリアイギリスカナダは統合され同一化されるべき。
>アメリカは太平洋全領海を掌握し、不沈超国を目指すべきである。

174 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/02/26(金) 03:41:54 ID:4cliXQsG
おれはただ1つの可能性を示しただけだよ。
いずれにしても中国との連邦的な関係作りっていうのは
これからかなりの高い確立で実現されていく事だろうし。
それならアメリカと連邦を組んでもいいだろ?
っていうことだよDOF君。

175 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/02/26(金) 03:57:59 ID:4cliXQsG
>>165
瀬戸ゼリーって何?新風の人の事?
まあツラン民族圏なる考えは今の日本には必要だと思うよ。
日本人は漢民族以外の中国人を知るべきでさ。

176 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/27(土) 02:22:39 ID:LdjoI3VQ
ウクライナで政権交代。NATO加盟方針は白紙撤回。
これでまた珍米仲間が一国去り、
アメリカ勢力圏はどんどん後退していくね。

177 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/02/27(土) 10:02:27 ID:mTGcAOxB
もしかして俺を新米ポチだと思ってるわけ?だとしたら大きな見当違いだ。


178 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/27(土) 10:50:24 ID:LdjoI3VQ
回帰の手のひら返しなんていつものこと。

179 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/02/27(土) 15:44:09 ID:mTGcAOxB
手のひらを返す・・・・?
違うな、俺は限りなく地球市民に近い保守だから手が何本もあるんだよ。

180 :名無しかましてよかですか?:2010/02/27(土) 19:02:44 ID:iS/j+zRs
>>177
お前は親米でもなんでもねーよ
漫画読んで目頭熱くしている只のアホ(笑)

181 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/27(土) 19:18:43 ID:LdjoI3VQ
いかんせんその場しのぎで後先考えず煽ってみせたり食って掛かってきたりするだけで、
一貫した持論というものが無い頭空っぽのコテハンだからな。
ある時はナチズムも礼賛してたし。

なんでネトウヨはアイヌ・琉球の分離独立を支援しないの?2
http://mimizun.com/log/2ch/seiji/namidame.2ch.net/seiji/kako/1239/12398/1239837812.dat

182 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/27(土) 19:19:51 ID:LdjoI3VQ
※以下の文章は全て引用です

>47 :大和民族永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/18(土) 05:42:42 ID:cSJH+xlF
>>25
>琉球民族が独自の民族であるためには、中国でも和人でもない原住民が居て
>それが結果的に変化したものでない限り独自とはいえない。
>固有の民族には、継続性・連続性が必要でもし琉球が固有的な民族であれば、
>日本や中国とも、その周辺とも違う文化が受け継がれているはずだ。
>要するに、お前さんの言う『独自』と俺の言う「独自」は定義が別ってわけだ。

>沖縄はどう見ても日本と中国という本流から枝分かれしたせせらぎの衝突のよって
>生まれた国で、琉球は亜種国。
>アイヌも和人と北方民族との衝突で生まれたものだろう、琉球とは違い和人文化
>はあまり残らなかったみたいだが、独自の民族を貫く朝鮮民族も似たようなものだ。

>世界にどれだけ固有で正統な文明と文化を持つ国家が存在するかはわからないが
>たとえばエジプトやマヤ、メキシコ、イラク、インドにはかつて大文明や王朝が存在した。
>すべてことごとく欧米の侵略により壊滅したか、これらはすべて古王朝が過去のもの
>として封殺された。
>欧米の世界支配に、自分達と同等になる文明は必要ないとの選択だ。

>ナチズムは結果的に欧米人によるものだが、それはこれまでの欧米人による世界支配とは違い
>民族による正当性が支配の正統性として認められている。
>ナチズムの素晴らしい所はそこにあり、正統的な文明国家の権利が保障され統合的に
>そうした正統でない亜種民族を支配する事によって世界で完全となる民族のパーテーション
>が組まれ、亜種民族による正統民族への攘夷を防ぎ、かつ民族問題などでも揺るがない確固
>として安定的な社会が生まれる、それが民族主義の理念だ。
>これを支持した旧帝国の民族主義派の気持ちが良く分かる。

183 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/27(土) 19:20:42 ID:LdjoI3VQ
※以下の文章は全て引用です

>214 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/08(金) 09:36:20 ID:ej6mbrrO
>>民族と国家の境界が一致する,というのは「一民族一国家」モデルでしか出てこない発想で,
>>その発想が今あちこちで批判を浴びている,というのがわからんのかこの御仁は? 

>あちこちでどう批判を浴びているのかはしらンが、おおよそ関係のない事。
>どう非批判を浴びようが、日本が単一民族であるという事実を外部からの指図で変える必要も無い。
>むしろ「ヒトラーは天才」だとして過去のナチズムが見直されてきている節もある。
>そして日本帝国も。
>事実上の1民族、1言語、1国家、日本は事実上の単一民族国家。
>結構な事じゃないか。

>391 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/18(月) 17:00:45 ID:4hHtlVUw
>>390
>そうだな、文明的な人間が差別心がほとんど無いからこうした利権やビジネスも
>容認されるし、国家無きナショナリズムが成立してしまうわけだ。
>共和思想はもはや善人を装った道化に過ぎないな。
>やはりナチス思想こそ至高であり、ヒットラー総統はこうした未来を予見なされておられたのだ!!
>ジークハイル!!!
>ハイルヒットラー!


>それに、アイヌをいまだバカにしてる奴が居るとは信じられんね、どこに行ったらそんな面白いものは見れるんだ??
>見物しに出向いてやるから教えろや?

184 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/02/27(土) 19:21:31 ID:LdjoI3VQ
※以下の文章は全て引用です

>630 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/06/05(金) 08:59:35 ID:v9oMZjAK
>DOF・・・・俺はゴー宣板で中国の行うナチス的行為にたいして賛成できない、だから
>から俺は「ナチス信者ではない」といったが、あれは撤回させてもらうよ。
>おれが「中国の行っている行為を支持できない」といったのは民族の同化政策や支配に
>賛同できないと言ったんじゃない、中国がそれを行う事に賛同できなかったのだ。
>つまり、中国ではなく日本がそれをやれば何も問題は無いということだ。
>そして気づいたのだよ!我々日本人こそが再びアジアを統一する共栄圏を作るべきなのだとね!

>DOF・・・俺は根っからのナチス信奉者だったよ・・・。
>もし日本がこの先東アジアを統一し、中国周辺の55以上の民族を中国から開放し統治を引き継ぐ
>ことになったら、そのときには琉球やアイヌも同様に民族として存在すれば良い。

>今のままでは、中国が東アジアを統一する布石でしかないからな。>アイヌ琉球の民族集団の容認
>彼らの分離に成功したら、いずれ日本もろともその少数民族として飲み込む魂胆か?ん?

185 :名無しかましてよかですか?:2010/02/27(土) 20:39:52 ID:iS/j+zRs
回帰ってもしかして皆を楽しませてくれるアイドルじゃね?
今度は何を言い出すのやら(笑)

186 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/02/28(日) 04:13:39 ID:bZpRQMgV
>>181
ナチズムは虐殺と白人崇拝と単一民族主義さえなければ評価できる崇高の高い理念だよ。
ツラン的な文明を掲揚してハーケンクロイツ(カギ十字)をシンボルに頂くその共和制国体は
これからの日本も見習うべきところ。


>>180
かもしれん。


187 :名無しかましてよかですか?:2010/03/04(木) 03:01:58 ID:BdfdoiYJ
>>185
中国四千年というが、現在の中華人民共和国には歴史も文化もない
ではその四千年の文化は一体どこへ行ってしまったのか
影も形もなく消滅してしまったのか
いやそうではない
世界四大文明の遥か昔から続いているがゆえに四大文明とは分けて考えられている日本文明
古代文明の中で唯一現在まで続いているすなわち日本文化
我々が住むこの日本列島に所を移さず存続する世界で唯ひとつの文明に吸収統合されているのである
中国四千年の歴史、それはすなわち日本文化の一部である

188 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/03/04(木) 03:27:28 ID:hbLNTgpk
>>187
エジプト・メソポタミア文明→ギリシャ・ローマ文明→近代ヨーロッパ文明→アメリカ文明、
という歴史観のような我田引水っぷりだな。

189 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/03/04(木) 11:26:42 ID:odlyYdLZ
>>188
その理屈で言えばエジプトメソポタミア文明→古代中国北部→日本文明と受け継がれてる。
日本のほうが現中国よりも古代中国らしいというのはその通りだ。
日本は秦・漢→魏の文明の流れを受けてるように思う。


190 :名無しかましてよかですか?:2010/03/04(木) 19:14:01 ID:BozaUUWq
>>186
「崇高の高い」とか言ってる時点で…。

191 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/03/04(木) 19:18:01 ID:hbLNTgpk
中国は3600年の歴史。
ついでに秦代から数える小林的には2200年の歴史らしい。

フリーチベット! の今
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1240408584/160-161n

192 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/03/04(木) 19:18:49 ID:hbLNTgpk
161 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/03/03(水) 21:55:47 ID:KmSv4WOk
>>158
中国史
紀元前16世紀頃:商(殷)成立
・甲骨文字の発明
紀元前13世紀頃:殷墟に遷都
紀元前1046年頃:牧野の戦いで殷が滅亡して周成立
紀元前841年:レイ王が逃亡して共和政治始まる
紀元前828年:宣王が即位して共和政治終わる
紀元前770年:洛邑に遷都して春秋時代始まる
紀元前5世紀頃:道家興る
・孔子が儒教を説く
紀元前403年:戦国時代始まる
紀元前256年:秦が周を滅ぼす
紀元前221年:秦が華北・華中・華南を統一
・始皇帝が漢字字体・度量衡などを統一
紀元前206年:秦が滅亡して前漢成立
紀元前202年:前漢が楚を滅ぼして統一
紀元前後:仏教伝来
紀元後8年:王莽が前漢の政権を掌握して新成立
25年:新が滅亡して後漢成立
184年:黄巾の乱起こり三国時代始まる
220年:後漢が滅亡して魏成立
221年:蜀漢成立
222年:呉成立
263年:魏が蜀を滅ぼす
265年:司馬炎が魏の政権を掌握して晋成立
280年3月15日:晋が呉を滅ぼして統一
(続く)

193 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/03/04(木) 19:19:36 ID:hbLNTgpk
162 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/03/03(水) 21:56:38 ID:KmSv4WOk
>>158
(続き)
304年:五胡十六国時代始まる
420年:晋が滅亡して宋成立
439年:北魏が北部を統一して南北朝時代始まる
479年:宋が滅亡して斉成立
502年:斉が滅亡して梁成立
534年:北魏が東魏と西魏に分裂
550年:東魏が滅亡して北斉成立
556年:西魏が滅亡して北周成立
557年:梁が滅亡して陳成立
577年:北周が北斉を滅ぼして北部統一
581年:北周が滅亡して隋成立
589年:隋が陳を滅ぼして南北統一
618年:唐成立
619年:隋滅亡
907年:唐が滅亡して五代十国時代始まる
979年:宋による統一
1127年:靖康の変で金が北部を征服
1234年:モンゴル帝国が北部を征服して金滅亡
1271年:モンゴル高原・華北を大元として分割
1279年:元が宋を滅ぼして南北統一
1368年:大明が成立して元がモンゴル高原に撤退
1644年:大清に征服されて明滅亡
1911年10月10日:辛亥革命
1912年1月1日:中華民国成立
〃2月12日:清滅亡
1949年10月1日:共産革命で中華人民共和国が成立して中華民国は台湾に亡命
1978年12月18日〜22日:中国共産党第十一期中央委員会第三回全体会議にてケ小平が改革開放を提唱

194 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/03/04(木) 20:14:54 ID:h17Pk8ZC
孔子の九夷の話が本当なら、日本も2500年の歴史はあるって事だろう。

195 :名無しかましてよかですか?:2010/03/04(木) 23:23:56 ID:JVPszR+F
>>194
皇統御譜・海神族は、紀元前・・(BC711-BC585)神武天皇の末裔です。
スサノオや伊邪那岐に遡ると・・三千年は、行ける。

196 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/03/04(木) 23:33:14 ID:hbLNTgpk
日本の歴史は奴国王後漢朝貢(西暦57年)から数えて1953年。

197 :名無しかましてよかですか?:2010/03/05(金) 00:11:08 ID:ZDwhMhsy
で・・ここの日本氏族って・・
日本氏族大鑑
http://www.geocities.jp/tajima73/index.html

■諸葛氏譜
諸葛亮 孔明(181-234) 
【世系】「大業」の子「大費(柏翳)」が、禹の治水を助けて功があり、帝舜が之を褒めて、始めて贏姓を賜ふ。
その後、殷の紂王に仕えた奸臣「悪来」の末裔の「非子」が、周の孝王(BC900頃)に仕へ、馬の生産に対して功があり、大夫となり西戎の「秦」の地を領すといふ。
■劉氏世譜(漢帝)
劉累(B.C.1734-B.C.1692)
【世系】劉氏は、帝堯陶唐氏の嫡流にして祁姓なり。「祁累」が劉邑に封ぜられたるにより氏とす。
漢高祖皇帝「劉邦」は「劉累」の第123世孫なり。
■贏氏世譜(秦帝)
贏伯益の系図の隅にポツンと・・孔子(BC551-BC479)
【世系】「大業」の子「大費(柏翳)」が、禹の治水を助けて功があり、帝舜が之を褒めて、始めて贏姓を賜ふ。
その後、殷の紂王に仕えた奸臣「悪来」の末裔の「非子」が、周の孝王(BC900頃)に仕へ、馬の生産に対して功があり、大夫となり西戎の「秦」の地を領すといふ。
■孫氏世譜(呉帝)
孫武の孫子
【世系】孫氏は斉の宗族で兵法家の孫武を祖とす。
■毛氏世譜(客家)
毛太華
【世系】毛氏はその先、毛太華に出づ。客家なり。
■漢陽趙氏(朝鮮)
趙之寿
【世系】漢陽趙氏は高麗時代に中華より渡來したる趙之寿に出づ。後裔に趙光祖などを見ゆ。高麗両班なり。

これは・・大陸の時代の移り変わりとモンゴルに遣られた中国の王族の末裔が落ち逃れ、日本や台湾に来たと示唆してるのか?
愛新覚羅に代表される秦氏・・東インド会社の乾氏一族までも・・
諸葛亮 孔明だか孔子の子孫が日本や台湾にいるのはバラエティー番組で観たが・・
これでは、大陸と一体と言われても・・と言いそうだが
日本の歴史の主人公は、倭系朝廷の10天皇家が築き上げ守り継いだ歴史を土台に成り立つ地。
あとから、大陸から移住、落ち逃れ、流刑のされて移り住んでるだけで中国領土だなんて主張されては・・たまらん。

198 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/03/05(金) 01:19:02 ID:H9QST7Um
政治板で反韓熱湯浴を装って、「日本の地名は中華起源アル」
って中国起源説を振りまいている中共工作員ならいた。
(※以下の文章は全て引用です)

http://mimizun.com/log/2ch/seiji/namidame.2ch.net/seiji/kako/1261/12619/1261953591.html

>150 :名無しさん@3周年:2010/01/03(日) 14:27:23 ID:vZponByH
>NHK、「越」を「コシ」に固定して報道してたが間違いだよ
>「越(州)」とは大宝律令(701年)が決めた国名だった。

>大宝律令は天武天皇が西暦681年頃に制定の詔を発して西暦701年頃、
>施行された。「越(州)」という国名は、この大宝律令で定義された国名。
>その後に編纂されたのが古事記(西暦712年)や日本書紀(西暦720年)。
>だから日本語として「越」の語源は古事記や日本書紀にあるのではない。

>だから学術的には、何故、大宝律令で「越州」という言葉を使ったのか?
>それが重大な問題になる。

>記紀以後では「越」を訓読みして当て字していっただけの話だから、それに、
>固執するのは間違いなのである。

>153 :倭人改め恐らく有史以来最大の人権主義者の好々爺:2010/01/03(日) 18:28:49 ID:8ZopFIhw
>>152
>昔から日本でも「エツ」だ!出鱈目書き込むな気違い!
>>151
>チョンがほざくな!

>178 :1:2010/01/04(月) 18:48:53 ID:A02VV6xW
>「コシ(高志)」で固定して解説や報道することは、本来の日本書紀の「国生み」に
>使われてる「越州」概念(百越人、長江文明地域を暗示する蓋然性)をまったく、
>なくしてしまうもので、それは視聴者の科学的考察の範囲を狭めることにしかならない。

199 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/03/05(金) 11:08:15 ID:Bp1vxDUQ
>>197
いや、その通りですよ。
日本は中国史に完全に組み込めるよ。
日本は本来なら大陸と一体であるべきなんでしょうね、朝鮮も。
しかし我々も朝鮮人も昔から完全に中国語は話してなかったん
ですから、我々なんか中国からしてみればアイヌのようなものですよ。
言葉って大事です。

200 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/03/05(金) 11:11:44 ID:Bp1vxDUQ
そしてまた>>198であるように日本をどうしても中華民族秩序、「長城内」に
組み込みたいというシナ工作員が存在してるのも事実だろう。
小沢と中国が移民を使って日本を取り込もうと、チベット化しようとしてるのは
確実だろうから。

201 :名無しかましてよかですか?:2010/03/05(金) 11:58:44 ID:G87vX3Hx
中国と仕事で取引のある人が
日本はそのうち中国になる、みたいなことを中国人からやたら言われてんのね
なんかそういう教育やってんのかね。

202 :名無しかましてよかですか?:2010/03/08(月) 01:16:20 ID:gRpWC1/0
確かに本来の意味での漢民族(曹操や孔明の子孫)は日本にいるよ。
でも中華人民共和国(含朝鮮半島)にはいないんだ。
大陸中国(含朝鮮半島)の民族は中世以降完全に浄化されてしまった。
だから日本人と中国人(含朝鮮人)が遺伝的に近縁にあるというのは間違いだよ。

203 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/03/08(月) 02:43:23 ID:4dMmnkuf
>>202
>確かに本来の意味での漢民族(曹操や孔明の子孫)は日本にいるよ。

「本来の意味での漢民族」とは何か?また、それがなぜ
「曹操や孔明の子孫」といった特定の血縁者に限定されるのか?

>でも中華人民共和国(含朝鮮半島)にはいないんだ。

何を根拠に「曹操や孔明の子孫」は「中華人民共和国(含朝鮮半島)にはいない」
と断定できるのか?そもそも「曹操や孔明」のDNAは特定されたのか?

>大陸中国(含朝鮮半島)の民族は中世以降完全に浄化されてしまった。

何を根拠に「大陸中国(含朝鮮半島)
の民族は中世以降完全に浄化されてしまった」と断定できるのか?
タイムマシンで中世にさかのぼってみてきたのか?

>だから日本人と中国人(含朝鮮人)が遺伝的に近縁にあるというのは間違いだよ。

何を根拠に「日本人と中国人(含朝鮮人)
が遺伝的に近縁にあるというのは間違いだ」と断定できるのか?

204 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/03/12(金) 20:02:40 ID:NTtQ6S3l
回帰の次の目標は日本での文化大革命の実現。

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1245311322/542n

>542 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/03 /12(金) 17:56:16 ID:FJJl2fUG
>↓他の板でもチベットに関して似たような事を言われたよ

>>58 名前:渡る世間は名無しばかり[] 投稿日:2010/03/12(金) 17:27:48.65 ID:LFCJP8wC
>>>>53
>>おそらく あんたロシアをあちこちで売っている人だろうけど 無いって
>>ロシアが東亜経済に興味があるのなら まずウラジオストックをもっと活性化するべき
>>日本海経済の要である港  ロシアはやる気まったく無し
>>中華人民共和 延吉 北朝鮮もつられて発展すると言われてすでに15年 期待外れにも程がある
>>東亜には何もしないそれが今のロシア ソ連時代から負に成ることしか行っていない
>>第二外国語にロシア語でも選択した? 残念
>>>>56
>>今満州ってどこにあるわけ おかしな事を言う
>>あんたはアジアどうのこうのより分裂した旧ソ連の小国にでも乗り込んで活動した方が良いわ
>>西蔵独立主義者は大体行った事も無い上何も分かってない癖に騒いでいるアホだから クジラと同じ  
>>理想を実現するために日本から出て行った方が良いのじゃないか


>独立論者がいる居ないの問題じゃない、これから独立させるまで。
>チベットや台湾などにはその資格がある。
>中国がこのまま併合とか、そんなことは許されるもんじゃない。
>日本が文化大革命起こしてでも阻止しなければ。

205 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/05/21(金) 09:26:04 ID:idcy+1mm
何を思ってか旧宮家利権に目を付け出した回帰。

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1273856971/853n

>853 名前:回帰 ◆rnZX2fpmyU 投稿日:2010/05/21(金) 04:40:14 ID:Np4dgx6/
>>843
>>・男系でもつながり、女系でもつながる方法がある。旧宮家ご関係者の復帰だ。
>>さらに復帰に際し、皇女・女王方との婚姻が実現すれば完璧だ。なぜ小林氏は
>>この方法をゴーマンかまして奏請しないのか。日本の伝統に拘(こだわ)るのなら、
>>今回の危機に際してはこれが最も伝統的な日本の智慧である。

>日本の国家における正統な天皇制の復興という点からしても旧宮家の復帰は必須でしょ。
>せっかく籍を剥奪したGHQの連中やサヨク(コミュニスト)からしても頭の痒くなる話だろう。
>>844
>特に2次大戦の悲劇を経験されてる以上、陛下含め皇室の中から男系廃止を
>持ち出す可能性は大いにある。(特に旧宮家や皇后陛下)

>サヨクに9割ナショナリズムの主導をとられようとも日本の保守の核である天皇までも
>採られたら大変だと三島由紀夫も言っている。

206 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/05/21(金) 22:19:52 ID:GniMoyn4
>>205
俺はただ、その方がアメリカにとっては皮肉なんじゃないかと思っただけさ。

207 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/05/26(水) 04:04:29 ID:ZtW5H8Ts
象徴天皇制が廃止されれば貴賤の別がなくなるらしい。
(※以下の文章は全て引用です)

http://mimizun.com/log/2ch/kova/mamono.2ch.net/kova/kako/1273/12739/1273936457.html

>849 :名無しかましてよかですか?:2010/05/25(火) 00:24:52 ID:wFnzh585
>だいたい部落が天皇を語るなんて笑止千万、お前は子供の一人も残せず虫けらのように死んでいくだけなんだ

>855 :名無しかましてよかですか?:2010/05/25(火) 00:50:57 ID:wFnzh585
>>853
>天皇以外は部落もふくめてみんな平等に平民だと思いたいからか?

>858 :名無しかましてよかですか?:2010/05/25(火) 00:53:22 ID:wFnzh585
>>857
>ちがうだろう?本音を言えよ、部落も臣下だとみとめてくださいってな

>875 :名無しかましてよかですか?:2010/05/25(火) 01:52:17 ID:wFnzh585
>天皇の血統を守るのは貴賤の別を守るためなんだよ
>偽善者ども、よく覚えておけ

208 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/06/01(火) 16:53:22 ID:8W598GEj
革命起こして天皇・皇族を幽閉することを企てる回帰。

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1274879831/97n

>97 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/06 /01(火) 00:00:08 ID:7ZhVPOD/
>>76
>>現に、悠仁様が存在されることの重みはとてつもなく大きい。

>そうですね、悠仁様に命運をかけるしかもはやありませんね。
>悠仁様は「希望」と言う言葉に相応しいのかも分かりません。
>>で、いきなり今度は、ロベスピエール級の過激共和制論者に。

>私が共和制を選んだ背景と言うのはイデオロギーとして担げる大きな力であるからです。
>(共和制は左翼の専売ではないと思います)
>天皇が女系左翼に取られてしまったら、それに対抗するには愛国的共和制しかない
>と思ったからで、そして何より三島由紀夫がそうであるように天皇制も男系という体制
>を以って廃止したほうが存在として正しく終ると言うことも考えていたからです。
>他にも外交的戦略としても共和制のほうが良く、首脳国にも加盟できG9となれるでしょうし
>そして何よりアジアにおける「反日」の効力がほとんど意味をなさなくなると言う打撃は
>日本とアジアの関係を変えるでしょう。(日本の皇制が廃された衝撃は世界に波する)
(続く)

209 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/06/01(火) 16:54:07 ID:8W598GEj
※以下の文章は全て引用です
(続き)
>それともう一つ、ご意見をいただけるとありがたいのですが私は白羽と言う名前で書き
>込まれている方のような高野岩三郎的な日本共和国論者にはやはりなれません。
>私は共和制を一種の皇統維持装置として活用できればと考えています。
>それはどういう事かというと、少々手荒になりますが保守主義者が共和制をもって革新的
>政権を樹立し、その勢いを持って半独裁的な政治を固め江戸時代のように天皇皇族を
>京に封じ、国家的な権力をもって守護する意味も含め幽閉します。
>日本は共和制に成り天皇制は廃止されますが、男系と皇統を維持する事は可能となります。
>これは過激ですし現実的にはほぼ不可能に近い論でありますが、いわゆる現在の日本の
>共和制論者と言うのはアナーキーな考えであり、それは被支配的な国家のあり方にしかなりえない。
>私は女系論者にも同じような理念が伺え、これでは結局日本は将来も女系論者かアナーキスト
>民主主義者の支配下におかれ、アメリカや中国等に振り回され自主的な立場で国家を維持する
>ことは不可能であると、昨日からそんな風に日本の将来像を考えています。

210 :名無しかましてよかですか?:2010/06/11(金) 21:32:01 ID:9t5tr++r
女王卑弥呼でさえ先祖は中国人だったからね。

211 :名無しかましてよかですか?:2010/07/06(火) 12:18:12 ID:qmLKaKbT
マイクロ国家だとかミクロ国家と言われるような国でもなければ、この国に遺伝子のレベルで語れる単一民族の国などない。
所詮、民族を民族たらしめるのは気分なのだ。
そういった意味で、アイヌは間違いなくヤマトではない。
40年前に『本土復帰』した琉球はヤマトだとわかる。歴史的に浅いので今でも些細なよそ者感を抱いているふしはないでもないが、『本土復帰』したのだからヤマトだ。別の民族なら、『本土』、『復帰』などと言ってはくれまい。
言語を根拠に民族を分けることを言い出すのもいるが、ナンセンスである。
北京語に対して広東語、福建語、上海語etc……を方言とくくって漢民族と言い切るのなら、
イタリア語に対してポルトガル語、スペイン語etc……を方言でくくってそれらの国をひっくるめて単一民族ということになってしまう。

民族を分ける根拠は何か?
所詮は気分でしかない。

アイヌはヤマトに対して「我々はお前らとは違う!」と言っている気分なんだから、ヤマトの側でも『遠い奴らなんだな』『違うんだな』としてそのようにすればいい。

ただそれだけのこと。

212 :名無しかましてよかですか?:2010/07/07(水) 00:03:26 ID:DslYevl6
アイヌ問題に関しまして新スレのご案内


なんでネトウヨはアイヌの先住民族化を支援しないの?2
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1278428306/

213 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/07(水) 01:00:08 ID:f/gAJvru
琉球人の言う”ヤマトンチュー”は明らかに他者だろうな。

214 :名無しかましてよかですか?:2010/07/07(水) 12:19:21 ID:eioSPbY1
>>211
社会の中心を女性が荷い男性は単なる精子提供者、という社会を形成する中国の少数民族がある。
よい“種”を求めて男をとっかえひっかえの生活をする女性が望ましいとされる。
その少数民族の女性が単身アメリカで生活をすることとなった。
女性中心社会で育ってきた彼女の仕事に対する姿勢が認められて会社でも一目を置かれる存在なんだそうだ。
が、男女関係の価値観がちがって、トラブルを起こすことがままあった。
男性のことを精子提供者とか性欲解消の相手、というスタンスの民族の視線のままだったことがその原因。

さて、彼女のことを周囲は責めるべきなのだろうか?

異民族どうしが交錯すると大なり小なりトラブルをおこす。
どちらかがどちらかの習慣に合わせないと、あわせようとしないと諍いになる。
そして、あわせることを強いられた側は多大なストレスをいだくことになる。
少数民族の彼女は単身だったからまだよかったが……。


215 :名無しかましてよかですか?:2010/07/07(水) 12:20:06 ID:eioSPbY1
一見さんレベルの体験ツアーのような交流をするならネタとしてはありだが、恒常的に他民族どうしが共に生活をするのはやめるべきだろう。
まさにアメリカがいい例で、銃社会から離脱できない状況にいるのはそういったことも一因ではないか?
善意で行ったことが悪意に受け止められる、それが異文化交流の悲劇だし、理解しあおうというストレスもまた事故に繋がる。

思想のちがいによる衝突を理解しあうのにも多大なストレスを感じるのに、さらに根深いところにある文化の違いなど……。

幸い?
アイヌ側は満場一致でみずからをヤマトではないと言ってくれているようだし、大和側にも少なからずアイヌを他民族だとしか思っていない連中がいる。
同属だと思ってくれている琉球は地域性のちがいということであわせあうことは可能だと断言できる。
身内だからね。
混ざり合って習慣の消失はあっても、ヤマト同士であるいじょうはヤマト文化の変質である。琉球文化は大和文化の一部だから、文化のなかで起こったことは、習慣の消滅であって文化の消滅とは言わないということ。(大和+大和÷2=大和)
しかし、アイヌとは距離をとって付き合わないようにするのがお互いのためだろう。
アイヌ文化は大和文化とはまったく違うから、混ざってしまえば互いの消滅を招く。侵略されたアイヌは望まずして大和文明の脅威にさらされているのは明らかだからだ。(大和+アイヌ÷2=????文化の消滅!)
いっそのこと国を作ってくれれば手っ取り早いが、その気はないようだから意識的に避けあうしかないだろう。

216 :名無しかましてよかですか?:2010/07/07(水) 18:06:21 ID:kJlodSxw
>>213
元々、奄美以南でそれに特別な意味は無かったのよ。

民族分離で強烈に変質し棚ぼたでアメリカなんかの超大国連中につけ込まれた。
残念ながら歴史の皮肉ってやつだ。

217 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/07(水) 18:20:50 ID:gK3PLNwZ
>>215
>一見さんレベルの体験ツアーのような交流をするならネタとしてはありだが、恒常的に他民族どうしが共に生活をするのはやめるべきだろう。
>善意で行ったことが悪意に受け止められる、それが異文化交流の悲劇だし、理解しあおうというストレスもまた事故に繋がる。
>思想のちがいによる衝突を理解しあうのにも多大なストレスを感じるのに、さらに根深いところにある文化の違いなど……。

君一人で他民族を入れないように自宅警備を続けてればいいじゃん。
スイスにでも行ってありもしない民族対立を焚き付けでもする気かい?

>まさにアメリカがいい例で、銃社会から離脱できない状況にいるのはそういったことも一因ではないか?

イギリスの銃規制は厳しいぞ。
アメリカが銃社会から離脱できないのはアメリカ社会に根ざした固有の問題であり、
別に人類普遍の現象ではない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E9%8A%83%E8%A6%8F%E5%88%B6
>イギリスの銃規制(―じゅうきせい)は、オーストラリアのそれに近似しており、
>銃の脅威からどのように公共の安全を保障することができるか、
>そしてどのように銃による死傷事件を防げるかという観点に主眼を置いた内容となっている。
>英国には米国の全米ライフル協会 (NRA) のような強力な圧力団体が存在しないため、
>銃規制賛成派と銃の所持賛成派による活発な議論も見られない。
>これらの理由から英国の銃規制は日本とともに世界でも類まれなる厳しさを誇る。
>銃器不法所持の刑法の罰則規定は日本よりも厳しい。銃器不法所持の罰則は、
>日本は1年以上10年以下の懲役だが英国は5年以上の懲役で罰金の上限なしである。

218 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/07(水) 18:22:04 ID:gK3PLNwZ
>>215
>幸い?
>アイヌ側は満場一致でみずからをヤマトではないと言ってくれているようだし、大和側にも少なからずアイヌを他民族だとしか思っていない連中がいる。
>同属だと思ってくれている琉球は地域性のちがいということであわせあうことは可能だと断言できる。
>身内だからね。

琉球諸島民であれアイヌであれ、
君以外の大半の和人は別に嫌ってないから心配ないけどな。

>琉球文化は大和文化の一部だから、文化のなかで起こったことは、習慣の消滅であって文化の消滅とは言わないということ。(大和+大和÷2=大和)

俺はどっちかと言うと(内地+琉球÷2=原西日本)と考えている。
琉球文化のどこがどう奈良文化なのか分からんけど。

>しかし、アイヌとは距離をとって付き合わないようにするのがお互いのためだろう。
>いっそのこと国を作ってくれれば手っ取り早いが、その気はないようだから意識的に避けあうしかないだろう。

上述の通り、
君がアイヌを入れないように自宅警備を続けるのが一番手っ取り早い。

219 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/07(水) 18:22:54 ID:gK3PLNwZ
>>215
>アイヌ文化は大和文化とはまったく違うから、混ざってしまえば互いの消滅を招く。侵略されたアイヌは望まずして大和文明の脅威にさらされているのは明らかだからだ。(大和+アイヌ÷2=????文化の消滅!)

(大和+アイヌ÷2=新文化誕生!)。これを文化触変(アカルチュレーション)
というので覚えておくように。そのままの形で残すことが求められる”伝統”
文化に限らない広い意味での文化そのものは、
常に融合と細分化を繰り返して変化し続ける生き物のようなもの。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
>アカルチュレーション (acculturation) とは、「異なった文化をもった人びとの集団どうしが互いに持続的な直接的接触をした結果、
>その一方または両方の集団のもともとの文化型に変化を起こす現象」
>(定義。『文化人類学入門』 祖父江孝男 中公新書 P194-195)のこと。

>1935 年、アメリカ合衆国の社会科学調査会議において、ハースコヴィッツ、
>リントン、レッドフィールドの3人の人類学者によって定義された言葉・
>概念。日本語には、文化の接触変化、文化触変、文化変容 などと訳される。

>アカルチュレーションには、反作用のコントラアカルチュレーション
> (contra-acculturaton) がある。反文化変容運動と訳され、土着運動
> (nativistic movement)、千年王国運動 (millenarian movement) などとも呼ぶ。

220 :名無しかましてよかですか?:2010/07/07(水) 19:07:42 ID:rH7OQ1eF
昔の人間がアイヌや琉球の同化にこだわったのはもっぱら領土的な問題からだよ。
戦後60年経って人類が進歩したおかげで、もうそうした心配はなくなってきたけどな。
単一民族を保持しようとする考えは1940年代前後の地政学論だ。

221 :名無しかましてよかですか?:2010/07/07(水) 20:48:32 ID:KJr7JuhL
現在、1940年代前後の地政学論を実行しているのは何処の国?

222 :DOF ◆D/w5oCAtaw :2010/07/08(木) 00:10:19 ID:gOsI2qBS
セルビア・モンテネグロやグルジアは90年代に入って近代国民国家を一から造ろうとして大失敗したね。

223 :名無しかましてよかですか?:2010/07/08(木) 01:15:14 ID:Ju6kZgvp
単一民族なんてセンズリは戦後だろw
国連人権何たらの胡散臭い連中から横槍喰らってるがな。

民族遊びはやるには軍事力が要るし二度も三度も出来るもんじゃない。

224 :名無しかましてよかですか?:2010/07/08(木) 07:59:44 ID:LtU2ishX
>>223
血統主義を採用している以上、実質的にも意識レベルでも単一民族だよ。
特に明治以降は。

225 :名無しかましてよかですか?:2010/07/08(木) 08:06:33 ID:LtU2ishX
異民族の国籍保有者はたくさんいるが、
それをもって日本は多民族国家などというなら相当のバカだ。
でもそんなバカばっかなんだけどな。特にアイヌ琉球関連は。

226 :名無しかましてよかですか?:2010/07/08(木) 12:25:42 ID:Xlg1ICWf
>>219
>常に融合と細分化を繰り返して変化し続ける生き物のようなもの。

だったら、状況(法整備)によって変わっているアイヌ文化を保護する意味がまったくわからんな。
日本ですんでいる彼らにとって不必要だから変質したり変わったりなくなっているんだ。

227 :DOF ◆D/w5oCAtaw :2010/07/09(金) 00:50:47 ID:TUa1UOjl
>>224
大日本帝国を当時の人達は普通に多民族の帝国と認識していた。
単一民族国家論が言われるようになるのはやはり戦後の話。

>>226
>だったら、状況(法整備)によって変わっているアイヌ文化を保護する意味がまったくわからんな。

いーじゃん別に。
その理屈で日本全国のあらゆる伝統文化の保護に反対してみろってんだ。
アイヌ文化だけ狙い撃ちで廃絶しろと言うのなら筋が通らない。
>日本ですんでいる彼らにとって不必要だから変質したり変わったりなくなっているんだ。
必要でなくとも無くす必要がない限り残す。それが伝統ってもんだろ?

228 :名無しかましてよかですか?:2010/07/09(金) 04:59:20 ID:Csj0V/9B
白老のアイヌ語をアイヌ標準語として残したとしても、
津軽アイヌの子孫の俺はどうすりゃいいの。
樺太アイヌや千島アイヌの子孫は?


229 :名無しかましてよかですか?:2010/07/09(金) 12:17:49 ID:qBIKuzk7
>>227
>あらゆる伝統文化の保護に反対

べつに文化を残すことに反対はしない。
俺はアイヌ人の文化ももちろん大和人の文化も保護するべきではないと思っている。
当人たちが好きで残すのならそれは好きにすればいいが、中央地方にかかわらず行政がそれをするべきではない。
禅問答のようにしか聞こえんかも知れんが、
保護するなら『日本文化』であって、『日本にある文化』ではない。
アイヌの文化だから保護をする、大和の文化だから保護をする、となれば、アイヌや大和を贔屓することになるからな。
他にもいえば、いくら長い歴史があるだの何だのといって、
生贄の祭礼やそれにじゅんずるもの、奴隷を使役といった文化など保護する気はない。
実際禁止されている行事祭礼ってのは、残酷だったり、危険だったり、環境保護の条例に抵触したりってあたりだしな。

日本全国、法律で差別されている奴なんかいないよ(外国人は知らんが)。

230 :名無しかましてよかですか?:2010/07/13(火) 14:50:36 ID:2/f7sLcT
>>229
それは一理あるよね。
小林もそういう考えじゃないかな。

231 :名無しかましてよかですか?:2010/07/13(火) 21:37:34 ID:sLE3h0pM
マイノリティだから、ただマイノリティであるというだけで保護をするというのは、天然記念物を保護するというのと変わらない。
アイヌであるというのを根拠に保護をするのは、アイヌを天然記念物扱いするのと変わらない。
アイヌがそれを喜ぶんならそれでもいいんでね?

232 :名無しかましてよかですか?:2010/07/15(木) 13:08:43 ID:JCvQSMSd
少数民族ってのは
弾圧するとしぶとく生き延びるけど
保護すると逆に同化が進んでしまう。

文化保護の名目で実際は経済支援にしかならないから
文化が衰弱するのが現実。

保護を訴えてる連中はアイヌ利権=金づるを守りたいだけ。
またはそいつらに騙されてる純粋まっすぐ君。

233 :名無しかましてよかですか?:2010/07/15(木) 17:33:08 ID:g307vc6b
こう言った議論は現代社会に於いて無意味である。
アイヌ・沖縄は日本国の一部であり歴然たる日本国民!
議論を巻き起こそうとする(混乱)一部の国民は内乱を
先導する国賊に値する。

内政干渉する在日韓国人と同等と考えるべきである。

234 :名無しかましてよかですか?:2010/07/15(木) 20:28:43 ID:339ikp29
あのな、超大国連中の国家戦略が働いてんのよ。

国家の中心性につけ込まれてんの。日本は強烈な国家意思と力が必要なんだがな
金で誤魔化すしかない。

235 :名無しかましてよかですか?:2010/07/16(金) 12:26:35 ID:S2sV2ZM2
>>232
>文化保護の名目で実際は経済支援にしかならないから

その通りだと思う。
そもそも「アイヌの文化だから禁止されている」という実情でもない状況で、文化を保護するといったら金をかけることしかない。
本来、文化というのは金のうんぬんでのこったり無くなったりするもんじゃないからね。
文化というのは、生活から乖離したものではなく、そのものなんだから。
無くなるということは、本人達が必要としてないということなんだよ。

>>234
金でアイヌを飼いならせと?
金がなくなったら、それまでよ、という関係しかできない。

236 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/17(土) 04:52:06 ID:KSbq/48j
>>229
>べつに文化を残すことに反対はしない。

嘘こけ。(w

>俺はアイヌ人の文化ももちろん大和人の文化も保護するべきではないと思っている。

思いっきり反対してんじゃん。(w

>当人たちが好きで残すのならそれは好きにすればいいが、中央地方にかかわらず行政がそれをするべきではない。

日本国内の伝統文化は日本国民みんなで共有する財産なので、
行政には当然それを管理する責任がある。
君の私物じゃないんだから君一人の好き嫌いで処分を決定するなど許されない。

>禅問答のようにしか聞こえんかも知れんが、

君の言っていることは程度の低い言葉遊びにしか聞こえない。

>保護するなら『日本文化』であって、『日本にある文化』ではない。

『日本文化』と『日本にある文化』の何がどう違うのか?きちんと説明しなさい。

237 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/17(土) 04:52:51 ID:KSbq/48j
>>229
>アイヌの文化だから保護をする、大和の文化だから保護をする、となれば、アイヌや大和を贔屓することになるからな。

両方保護すればいいじゃん。アイヌの文化は保護するけど奈良の文化は保護しないとか、
奈良の文化は保護するけどアイヌの文化は保護しないという条件でもない限り、
アイヌか奈良のいずれかをひいきすることは成り立たない。

>他にもいえば、いくら長い歴史があるだの何だのといって、
>生贄の祭礼やそれにじゅんずるもの、奴隷を使役といった文化など保護する気はない。

「生贄の祭礼やそれにじゅんずるもの、奴隷を使役といった文化など」はそれ自体が現存しない限り、
「保護する気」を否定する前に既に存在していないものを保護しようもないはずだが?
まぁ言いたい事は分かる。GHQはタコ部屋を禁止して正解。

>実際禁止されている行事祭礼ってのは、残酷だったり、危険だったり、環境保護の条例に抵触したりってあたりだしな。

毎度のように死者を出している岸和田のだんじり祭りや諏訪の御柱祭、
馬の虐待が指摘されている多度の上げ馬神事などは一向に禁止される気配がないが?
「残酷だったり、危険だったり、環境保護の条例に抵触したり」しなくても、
あらゆる伝統文化を日本から一掃することが君の狙いなんだろうけど。

>日本全国、法律で差別されている奴なんかいないよ(外国人は知らんが)。

非嫡出子や、ある意味皇族は生まれで法律上差別されていると言える。

238 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 23:34:44 ID:mK/c3mTy
>>237
保護をするのは日本文化だけでよい。
アイヌ文化も大和文化も、その他の文化も保護する必要などない。
諏訪の大祭も一度は禁止されるという事態に追い込まれた。
今おこなわれているのは、交渉の末のことだ。でもその交渉の席で「諏訪の人間だから差別されている」などと情けないことは言わんかった。

239 :名無しかましてよかですか?:2010/07/17(土) 23:42:39 ID:mK/c3mTy
嫡子が優遇されていると言いたいのか、それとも冷遇されていると言いたいのかわからんが、産まれ順で差別があるというのならあんたは平等というものが解っとらんな。
あと、皇族は日本国民じゃないんでどうしようもなぁ。まあさしあたってかわいそうだなとは思うが。

240 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/18(日) 01:15:39 ID:+ahkGIR0
>>239
>嫡子が優遇されていると言いたいのか、それとも冷遇されていると言いたいのかわからんが、産まれ順で差別があるというのならあんたは平等というものが解っとらんな。

嫡出・非嫡出に生まれの順は関係ない。DNA鑑定なんてなかった昔、
父親の承認・
否認によって親子関係の有無を証明していた頃の時代遅れの法律。

>あと、皇族は日本国民じゃないんでどうしようもなぁ。

君が>>229で挙げた、
日本全国で外国人を除いた中には皇族は該当する。

>まあさしあたってかわいそうだなとは思うが。

そうだね。

241 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/18(日) 01:16:30 ID:+ahkGIR0
>>238
>保護をするのは日本文化だけでよい。
>アイヌ文化も大和文化も、その他の文化も保護する必要などない。

結局言葉遊びでお茶を濁すしか能がないのかよ。
何をもってアイヌ文化や奈良文化を2010年現在の日本文化と対立する概念とするのか、
アイヌ文化や奈良文化を内包せず、かつ対立する君の言うところの
”日本文化”とは何なのか、きちんと説明しなさい。

>諏訪の大祭も一度は禁止されるという事態に追い込まれた。

「一度は禁止されるという事態に追い込まれ」て、その後はどうだ?

>今おこなわれているのは、交渉の末のことだ。

結局「交渉の末」「今おこなわれている」じゃん。

>でもその交渉の席で「諏訪の人間だから差別されている」などと情けないことは言わんかった。

『交渉の席で「諏訪の人間だから差別されている」
などと情けないことは言わんかった』と言い訳したところで、君が>>229
「実際禁止されている行事祭礼ってのは、残酷だったり、危険だったり、
環境保護の条例に抵触したりってあたり」と現在進行形で挙げた中には、
御柱祭などは含まれていないことには変わりない罠。

242 :名無しかましてよかですか?:2010/07/19(月) 02:03:46 ID:5SSQP6IA
保護する根拠というのが重要だということがわからんかな。
結果的に同じものを保護することになるなら、理由なんかなんでもイイという場当たり的なことをすることなどあってはならない。それを言葉遊びだとしか受け取れんか?

「結果的にあいつらの祭礼は許されているんだから許されていない俺たちは差別されている」

「結果的に就職できなかった俺は、就職できた奴より差別されている」

就職できた人間ほど努力しなかった奴が自分の怠惰を棚にあげ、別のベクトルに努力する姿は滑稽だよ。

時代、場所、性別、家、すべての人が少しずつ違う。同じ結果を得るのに、払う対価がそれぞれに違うことも当たり前。
それを「差別」のひとことで方つけることの愚かさだ。

243 :名無しかましてよかですか?:2010/07/19(月) 02:17:44 ID:tAuviVjI
まあ、

244 :名無しかましてよかですか?:2010/07/19(月) 02:32:26 ID:tAuviVjI
まあさしあたって、差別されていると言えば金を引き出せるという感覚でいる連中がわんさといるというのは明白だよ。
アイヌにしたって、琉球にしたって、外国の差別されていると主張する少数民族たちのやっていることと比べれば切迫したものは感じられない。
陳腐な言い方をすれば、魂の主張ではなく知識の主張でしかない。
「文化は融合して変化するものだから、何も狩猟生活に戻る必要はない」
なんて、
『文化的な生活は捨てられないが、少数民族としての旨味は享受したい』
ってそのまま直訳じゃん。
責任はとらないが、責任者並みの権限と給料が欲しい、なんて馬鹿げている。
得るものがあれば、その時に捨てるものがある。美味しいところどりしてる民族がこの日本のどこにいるんだか。

それから、奈良県エリアを大和と称すから勘違いしてるのがいるが、大和文明ってったって、奈良とは直接関係ないからなァ。

245 :名無しかましてよかですか?:2010/07/19(月) 02:53:52 ID:tAuviVjI
アイヌや琉球が差別される、ないがしろにされるという政策はないんだから、あの被害者意識には辟易させられる。

246 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/19(月) 03:26:35 ID:n7ZvZbb+
>>244
>まあさしあたって、差別されていると言えば金を引き出せるという感覚でいる連中がわんさといるというのは明白だよ。

実際に「差別されていると言えば金を引き出せる」のかしらんが、
引き出せるもんなら引き出しといた方がいいに越したことはない。このご時世、
合法的に金儲けできる限りはしとかないとこの先生きのこれないぜ?
名誉毀損されていると言って実際に金を引き出している連中ならわんさかいるが、
彼らは別に何ら悪いことをしていない。君よりちょっと賢いだけで。

>アイヌにしたって、琉球にしたって、外国の差別されていると主張する少数民族たちのやっていることと比べれば切迫したものは感じられない。

何?切迫したものを感じさせられたいの?マゾ?

>陳腐な言い方をすれば、魂の主張ではなく知識の主張でしかない。

うん、実に陳腐な言い方だね。

>「文化は融合して変化するものだから、何も狩猟生活に戻る必要はない」
>なんて、
>『文化的な生活は捨てられないが、少数民族としての旨味は享受したい』
>ってそのまま直訳じゃん。

それを日本語では「直訳」ではなく「曲解」と言う。

247 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/19(月) 03:27:21 ID:n7ZvZbb+
>>244
>責任はとらないが、責任者並みの権限と給料が欲しい、なんて馬鹿げている。

そうだね。でも権限はともかく給料は欲しいと思うのが正直なところ。(w

>得るものがあれば、その時に捨てるものがある。美味しいところどりしてる民族がこの日本のどこにいるんだか。

君以外のほとんど。資本主義社会ってのはよ、
生き残りを賭けて富を奪い合う残酷な世界なんだぜ。封建社会じゃあるまいし、
変な見栄にこだわってる奴より要領いい奴がこの先生きのこる。
俺もそれが絶対的な価値観だとは思ってないが、
いい悪いは別として現状がそうであることはまず認識しておかねばならない。

>それから、奈良県エリアを大和と称すから勘違いしてるのがいるが、

実際そうだし何が勘違いなんだ?

>大和文明ってったって、奈良とは直接関係ないからなァ。

君の言う「奈良とは直接関係ない」「大和文明」とは何なのか?
きちんと答えなさい。

248 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/19(月) 03:37:54 ID:n7ZvZbb+
キムタクの人って、どうでもいい細かい事にウジウジこだわって、
より大きいことを見過ごしてしまうタイプだよな。
そんなんだから2chでアイヌに八つ当たりするしかなくなってしまったんだろうけど。

249 :名無しかましてよかですか?:2010/07/21(水) 23:51:05 ID:OfASUUK/
>>246
なんだ。
アイヌも関係者もしょせんはハゲタカか。

250 :名無しかましてよかですか?:2010/07/21(水) 23:58:19 ID:nVCZa8BR
>>247
奈良にあった国の名前が大和だった。→そこの王が天皇になった。→大和民族ということは大和による支配の延長が今の日本の原型だということだ。→
日本全国、津々浦々、すべての文明が大和によって消し去られ、大和の文化を押し付けられた。

なかなか香ばしい意見だね。

251 :名無しかましてよかですか?:2010/07/22(木) 00:20:26 ID:yNs+sF8i
出雲は??ねえ出雲はどうなんの??

あそこは大和に消し去られたと言う提議になるの?

252 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/22(木) 12:47:09 ID:ePlU4XBQ
ID:yNs+sF8iは名無しで潜伏中の回帰。

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1279288194/94n

>94 名前:回帰 ◆XB7AjTRRiE 投稿日:2010/07/22(木) 02:20:30 ID:yNs+sF8i
>>断固拒否は衰退ではなく、衰退からの脱出ですよ。
>>日本の米への依存は変わらない。私は独立派だけど
>>現時点では、親米保守でもかまわない。

>そしたら今後の日本での社会的な大改革が必要でしょ。
>そんな事が出来るわけですか?
>理念だけの思想信仰が目的となってしまい、結局アメリカ資本主義に
>飲み込まれてしまうと思うんですけどね。
>それこそ戦後の右翼と左翼の地位が逆転するようなことで無ければできやしないでしょう。
----------------------------------------------------------------------
>>250
>奈良にあった国の名前が大和だった。→そこの王が天皇になった。→大和民族ということは大和による支配の延長が今の日本の原型だということだ。→

>>244の言う「奈良とは直接関係ない」「大和文明」の何の説明にもなってないぞ。

>日本全国、津々浦々、すべての文明が大和によって消し去られ、大和の文化を押し付けられた。
>なかなか香ばしい意見だね。

弥生末期の時点では大和なんて筑紫、出雲、吉備、丹波、越、尾張、
毛野といった数ある地方勢力のひとつに過ぎず、
墓制も祭祀具もてんでバラバラで統一された中央政権なんてなかった。
それが三世紀半ばには大和の箸墓古墳を発端に前方後円墳で画一化されていく。
今の考古学上の発掘成果から明らかになっていること。

253 :名無しかましてよかですか?:2010/07/22(木) 22:51:40 ID:/PFzyQSx
>>251
>>247の言い分だと、出雲もそうだろうさ。俺はそうは思えんけどね。


254 :名無しかましてよかですか?:2010/07/22(木) 23:02:22 ID:ZIAQB9W4
アイヌが他の日本人と違うなんてのは幻想だよ。
大和民族のうちの一部族、そうでなければ他民族国家(集団)のうちの一民族でしかない。
アイヌ人と他の北海道人の違いは、九州人と四国人の違いと同じレベルだ。
最終的に日本を統一した高天ヶ原王朝の対外名を引用して大和と言っているだけ。

255 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/22(木) 23:08:56 ID:ePlU4XBQ
出雲は荒神谷遺跡が発掘されるまでただの神話の舞台としか思われてなかったから無理もあるまい。
梅原猛氏もかつてそういう事を書いてきて、後に訂正している。

256 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2010/07/22(木) 23:30:25 ID:ePlU4XBQ
>>254
>アイヌが他の日本人と違うなんてのは幻想だよ。

ロシアやポーランドのアイヌは明らかに他の日本国民とは違う。。

>大和民族のうちの一部族、そうでなければ他民族国家(集団)のうちの一民族でしかない。

後者が正解。

>アイヌ人と他の北海道人の違いは、九州人と四国人の違いと同じレベルだ。

何をもって「アイヌ人と他の北海道人の違い」と「九州人と四国人の違い」
を「同じレベル」としているのか、アイヌ、他の北海道人、九州人、
四国人をそれぞれ共通のデータを用いて比較してみせてくれ。

>最終的に日本を統一した高天ヶ原王朝の対外名を引用して大和と言っているだけ。

「最終的に日本を統一した」とはいつのことか?1877年の西南戦争か?
「対外名」が「大和」の「高天ヶ原王朝」とは一体何なのか?
その「高天ヶ原王朝」とやらが自称なら敢えて現奈良県の古称と紛らわしい
「対外名を引用して大和と言っている」のはなぜか?きちんと説明しなさい。

257 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/22(木) 23:58:03 ID:yNs+sF8i
先住民族アイヌ民族などいない。

あそこに居たのは最初から最後まで東の日本人だけ。

258 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/23(金) 04:36:06 ID:4N0zEypK
>>256
>>大和民族のうちの一部族、そうでなければ他民族国家(集団)のうちの一民族でしかない。

> 後者が正解。



DOF白羽・・・・お前まだアイヌ民族あきらめてなかったのか・・・・・
人のこと在日呼ばわりしといて、まだ同和根性抜けて無いのか・・・・

259 :回帰 ◆XB7AjTRRiE :2010/07/27(火) 23:56:46 ID:z7BAo9uA
この日本で日本人に縛られる必要の無いアイヌと沖縄は今の日本人には無い強さを持ってる
あるいは文明開化と言う自発的モダン化によって民族が破壊されなかったため維持されてきた
民族信仰の純真さが残ってるように思える。
http://www.youtube.com/watch?v=-U7w3vokwq8&feature=player_embedded
http://www.youtube.com/watch?v=9dgexEvTEjs&feature=related

逆に西日本を中心とする本州の日本人は古来より外来との繋がりによって
常に変わりある種民族と言う信仰を常に放棄してきたのかもしれない・・・・。

それにしても小林がアイヌ協会を攻撃した事は今の天皇論同様権威として
凝り固まった支配を破壊するための、純粋な民族運動とも言えなくない。
沖縄に関してもそうだ、小林は常に一貫してるし間違っちゃ居ない。

そして、その両方の根源が朱子学的な中華価値観の導入によるものだという皮肉が合って
日本は中国人にこそは支配されては居ないが、中国から来たマインドに支配され
しかしそれによって中国からの支配を防ぎ守ってきたと=万世一系と言う矛盾性をはらみ・・・・。

日本の明治維新による近代化もそうだが、欧米侵略者(古代では中華)というそれの直接的な
支配を受けなかった日本は侵略側や国内側のどっちにも順ずることなくダブスタをとる事で
この島の領土範囲を守り続けて来たに違いない。
それができなかった朝鮮は結局は支配側に屈服し順ずる事でしか生きる事のできない悲しい道を
選択する事でしかできなかったのだ・・・・。
(しかし朝鮮はそれで倭国の支配からも逃れた)

そう考えると結局日本という存在が中華思想を捨てて日本周辺弱小的少数民族を
支配し共和的な共生を獲得するのが理想的では無いのだろうかとおもうのだ。
早い話が極東少数民族の人工国家としての日本こそが正しい姿ではないのか?
そして天皇制もその日本周辺の極東民族の太陽神の象徴としてあるべきではないだろうか?
それが縄文の古代より脈々と続いてきた日本の役割ではないだろうか?
中華と欧米による支配主義は似ている、その二つを跳ね除けた唯一の国である日本だからこそ
中華思想や西洋思想的な王朝をやめてそれを乗り越える体制を作らねばならんのだと思うのである。

181 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)