5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ゴー宣 アイヌ沖縄チベットなど民族及びマイノリティ関連統合

1 :名無しかましてよかですか?:2009/01/27(火) 10:23:32 ID:rfp/pEqE
統合スレを立てました。
小林の意思を引き継ぐ人、それに反対する人、討論し続けてください。

2 :名無しかましてよかですか?:2009/01/27(火) 10:48:47 ID:FC1KZ/vs
小林の意思って? そこんとこ詳しく説明して貰わにゃー何も言えん。

3 :名無しかましてよかですか?:2009/01/27(火) 11:40:51 ID:rfp/pEqE
>>2
日本分断主義者、売国左派、民族テロ、民族逆ファシズム、などの
勢力に対する傲慢かつ反抗的な若干右翼な小林よしのりの意思です。
大和民族による単一国民・単一民族としての擁護派。

4 :名無しかましてよかですか?:2009/01/27(火) 11:44:27 ID:rfp/pEqE
ま、要するに中核派の民族活動集団や佐藤など新米・中・露売国人、
自民民主のアホ政治家、マスコミなどのことだな。

5 :名無しかましてよかですか?:2009/01/27(火) 13:32:58 ID:bqmN/VRQ
ぬくにゃんにゃん国がすきだぉー

6 :名無しかましてよかですか?:2009/01/27(火) 13:48:11 ID:1Cpw/s5b
左翼は日本を解体するために
アイヌや沖縄なんかを利用している。

利用というか、他者不信の人格障害者が
溺れた人が救命具にしがみつくのように、根無しがアイヌや沖縄などにしがみついている。


7 :名無しかましてよかですか?:2009/01/27(火) 13:55:25 ID:rfp/pEqE
>>6

日本解体は目的だろうけど、利用なんかしてないし
たねなしではない。

種無しは本土人の偽善国粋主義者のほう。

8 :名無しかましてよかですか?:2009/01/27(火) 14:05:16 ID:bqmN/VRQ
不思議よね日本国は一流大学の教授やらが隣の国を擁護して日本を罵ったり
名の売れた作家が尖閣に行って、ああここは中国に近いから中国のものだ
と言ったり、もうこれは笑う他になにがあるのか

円で給料もらって印税も円なんだか、、不思議だーわい

9 :名無しかましてよかですか?:2009/01/27(火) 15:07:33 ID:1Cpw/s5b
>7
人間不信、自国不信の根無し草だから、精神が漂流状態
利用って言うより、救命具にしがみついている、って感じ。
アイヌや沖縄やなど、自分たちを頼るように洗脳煽動する。
南京や従軍慰安婦とかもそう。
利用って言うより
自分の存在の承認を求めているだけ。って感じかな?

もし、日本解体したとして、その後どうするか自信がないんじゃない?人工思想だから。
それに、左翼は他者不信だから仲良くないし。
他者不信の集まりだから、目的達成したら、必ず内部分裂がおこって崩壊する。
日本の英知を破壊して、左翼の人工思想で自分たちも破滅。って気づいてほしい。


10 :名無しかましてよかですか?:2009/01/27(火) 16:00:54 ID:FC1KZ/vs
具体的に分断って何さ?

11 :名無しかましてよかですか?:2009/01/27(火) 16:55:27 ID:oJaqX3Jl
>>10
長いスパンで考えると、沖縄は琉球国、北海道はアイヌランド共和国になるよ。

12 :名無しかましてよかですか?:2009/01/27(火) 17:15:45 ID:f/7MsvNW
ならねょー

13 :名無しかましてよかですか?:2009/01/27(火) 17:20:07 ID:QuN1Yo7V
日本を解体すれば世の中に混沌が訪れます。

14 :名無しかましてよかですか?:2009/01/27(火) 17:27:37 ID:oJaqX3Jl
>>13
訪れないYO!

15 :名無しかましてよかですか?:2009/01/27(火) 18:13:35 ID:JpMOAxME
安定した日本国に生まれただけで幸福

16 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/01/27(火) 22:53:00 ID:BxVd6wq1
>>1の主旨に従えばマイノリティを扱うのだから、オセット人である若ノ鵬や露鵬と白露山兄弟の話題をふりゃいいのか?

17 :名無しかましてよかですか?:2009/01/27(火) 22:57:04 ID:hNnkNboA
持つべきものはともだちんこ(苦笑)

18 :名無しかましてよかですか?:2009/01/27(火) 23:35:13 ID:NKt3N0Yj
あくまでゴー宣に沿った上でだと思うが

19 :名無しかましてよかですか?:2009/01/28(水) 03:20:49 ID:7usCDty8
サヨクは、日頃人権人権、リンリリンリって煩いのに、チベットでの人権問題と領有の正当性には
沈黙から中共擁護に回るよね。
中国からチベットの分離独立を叫ばないと、日本一般社会に対する人権要求が詭弁であったことがばれちゃうよ。
国家としての中共は、国民党の実質支配圏を引き継いただけで、
マオ首席自らチベットは独立国と認めた経緯がある。
その舌の根も乾かないうちに、人民軍が侵寇したわけだ。
つまり、これって現代に行われた中共サヨクのチベット侵略だよね?
サヨクが、日本での人権や倫理にウルサイのは、まぁ民主主義の観点から良いとしよう。異論はない。
だから中共ポチサヨクは、手前味噌で身勝手なダブスタはやめて、サヨクの理屈に従って、
チベット人に彼等の国土を返還す様、中共にチベットから出てゆく様、促すのがスジってことになるよね?

20 :名無しかましてよかですか?:2009/01/28(水) 08:25:08 ID:J3YpfSK+
【19>>】日本は歴史認識などの贖罪意識から「モラトリアム外交」をやっている様に見えるが、
      中国は大国意識を振りかざしているので 中国は「モラトリアム外交」なんてやっていない

      中国の中南海や党や軍、青年主義団体、フーチンタオ国家主席が、国際政治に揉まれた「プロのリアリスト=現実主義者」だと
      いう観点を見ず、中国の偉大な文化=シルクロード&カンフー&少林寺拳法&太極拳

      という文化で、中国に対する目を曇らせることは危険、オレはリアリストの観点において、中国に対して過剰な幻想は抱いてない、
      フーチンタオ国家主席が、ロマンチストかリアリストかは、オレはわからないが、中国という大国のトップである事を、おれたちは常に意識し
      リアリズム=現実主義、の場においては、緊張感を常に維持しなかればいけない。

21 :名無しかましてよかですか?:2009/01/28(水) 08:27:15 ID:J3YpfSK+

 中国は冷徹な「大人=ターレン」のように、思えるが、態度がでかくずる賢い
  

22 :名無しかましてよかですか?:2009/01/28(水) 08:35:31 ID:J3YpfSK+
日本が「モラトリアム外交」で守るものは貴重だが

 守るものを間違えては ただのゴミか葬ぎ場

23 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/01/28(水) 08:49:50 ID:0ZHsMpi9
>>16
相撲協会の露鵬・白露山兄弟解雇は勇み足。

24 :名無しかましてよかですか?:2009/01/28(水) 16:10:34 ID:9vkzK2Ev
>>16
相撲界のマイノリティ問題か・・・・
こうしたことも現代日本の縮図とも言えなくないのかな・・・。


>>21
中国人って、面白いのは相手を納得させるときに
「ほんとは○○だたのに、○○させてあげてるんだよ?」というような
「今月は本当は給料あげれなかったのに、今回は渡してあげてる
のにそれなのに給料上げろだ?貰えただけでありがたいと思わないの?」
とか、なんだろうね・・・・・なんか酌量の余地で温情身に大目に見て
あげてるみたいなそういう論理構造がある。

25 :大悟と大輔の呉越同舟 オレは言論封殺魔と大林わるのりになりたい:2009/01/28(水) 17:47:46 ID:dQ7IPoLK

オレとしては双方に心苦しいな、、、、KYだがシチュエーションで読める、

 

 

26 :名無しかましてよかですか?:2009/01/28(水) 17:50:47 ID:9vkzK2Ev
>>25
補足すると、給料あげろのやり取りは実はチベットでのことw

27 :名無しかましてよかですか?:2009/01/28(水) 18:45:49 ID:gTPX6s8u
日本国の頭の良いのと中国の頭の良いのと手を取り合って
馬鹿な民衆を導いていかないと、いかんのだろう

28 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/01/28(水) 19:17:00 ID:UEfU7O8F
同じオセット人力士の阿覧が結婚したそうな。
しかしオセット人っつっても、感覚はロシア国民なんだろうなあ。

阿覧っつっても、チベット人歌手のalan(アラン・ダワドルマ)じゃないよ。
しかしながらそのアランもカムのチベット人だけど意識は中華民族なんだろうか?

29 :名無しかましてよかですか?:2009/01/28(水) 19:21:01 ID:9vkzK2Ev
>>28
まあ、併合期間中の日本帝国臣民の朝鮮人みたいなもんさね。


30 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/01/28(水) 19:37:58 ID:UEfU7O8F
同じカフカスの民であるチェチェン人は自分達をロシア人だとは思ってもおらず、とっくに王国が崩壊させられた東トルキスタンの人々でさえ自分達は中国人だとは思っていない。
それはチベット人も同じ。

31 :名無しかましてよかですか?:2009/01/28(水) 20:04:11 ID:xv63jkgM
アイデンティティが既存するのは
国よりもやはり文化だと思う

日本のような島国にいると
足元と目の先でまったく異なる生活・文化・民族
という感覚が実感としてない

海外みたいに○○系○○人とか言う意識がほとんどないから
長い間鎖国してたし、民族問題に関しては日本はまだ疎いと思う
これから移民が増えるから心配だね


32 :名無しかましてよかですか?:2009/01/28(水) 21:07:01 ID:2pcV/qtA
民主党はこの問題に揺さぶりをかけて来ると思うけど、政権とったら何か大きなこと
ぶち上げるかもしれんな。
民主って、もろ左翼な議員も混じってるし

33 :名無しかましてよかですか?:2009/01/29(木) 03:06:48 ID:g0TQ3Vd3
左翼っていうより極左の元過激派から
小沢子飼いの無思想若手(若さしか売りがない)まで
政権ほしさに群れてる野合政党だから何言い出すかわかったもんじゃない。
自民もダメだけど。

34 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/01/29(木) 04:16:46 ID:pdjUHGUT
>>23
現代日本どころか世界の縮図だな。ユダヤ陰謀論は大げさにしても、
どうしても日本や特定の欧米諸国で吹き荒れた反露・
南オセチアキャンペーンの一環に見えてしまう。

35 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/01/29(木) 04:17:45 ID:pdjUHGUT
×>>23
>>24

36 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/01/29(木) 04:18:54 ID:pdjUHGUT
[ヨシフ]グルジアの歴史[ジュガシヴィリ]
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1198401714/405-583n

37 :名無しかましてよかですか?:2009/01/29(木) 06:13:54 ID:/07Q4Rjs
>>31

イギリスの場合はどうなんだかね。
見事に日本とおんなじような感じな気がするけどw

38 :名無しかましてよかですか?:2009/01/29(木) 11:09:02 ID:E6e4B7Pn
>>31
それが、日本の解体の根幹だろう。

39 :名無しかましてよかですか?:2009/01/29(木) 11:38:10 ID:VuuX0Mp2
>>37
グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国だろ
日本とは最初から成り立ちが違う

40 :名無しかましてよかですか?:2009/01/29(木) 14:11:08 ID:YFLWxXhl
>>32

民主というか、なんかもう政界全体でアイヌを民族として
成立させたいどころか自民を批判して対立構造まで
演出したいっていうそういう感じに見える。
さらにひどいのは新党大地の宗雄とアイヌの子孫のおばさん。

41 :名無しかましてよかですか?:2009/01/29(木) 17:58:09 ID:El0zyyW2
分断って言うけど

無理な同化思考は反発を招く
ただ文化的違いを認めれば良い
と言う意味では右翼が分断してると言えるし

違いを認めれば
同じ国・体制としての矛盾が生まれる
と言う意味では左翼が分断してると言えるし

同じ日本人なんだから民族問題なんて関係ない
と言う意味では右翼は共存的とも言えるし

民族問題、歴史や文化の相違を認めた上で同じ国民として支援を考えたい
と言う意味では左翼の方が共存的とも言える


俺の結論としては
右左関係なく相手がどうしたいかに合わせる奴は共存派
一方的に同化・区別を押し付ける奴は実は分断派と言えると思う


42 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/01/29(木) 19:22:17 ID:B7msvbBF
>>39
日本は記紀萬葉以前より統一が早かった。
イギリスは統一が遅く諸民族(部族かな?)が入り混じっていた。

43 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/01/29(木) 19:25:33 ID:B7msvbBF
>>41
山野車輪の嫌韓流のスタンス(飽くまでも)

44 :  .:2009/01/29(木) 21:37:27 ID:2z3NpO+7



●  もしも日本が米英に負けていたら    ●





1 :のび太の大東亜戦争:2009/01/05(月) 23:09:46 ID:0kmeaiwu0
もしも、あの大東亜戦争において、金甌無欠の我が大日本帝国が
万が一にも、鬼畜米英に負けるような事になっていたら……。

今頃、大日本帝國はどうなっていたんだふか……を考えてみるスレです。



http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1231164586/










45 :名無しかましてよかですか?:2009/01/30(金) 02:25:49 ID:L5JOeLjG
雑魚が民族でセンズリこけんだろw

メリケンや中共、白熊の超大国連中だよ民族遊びが出来んのは。
俺たち何たら民族、お前等土人は修正不可。

46 :名無しかましてよかですか?:2009/01/30(金) 05:41:45 ID:8RyEcjrK
日本自体が独立できていないのにアイヌの独立なんて相手にしてられるか

47 :名無しかましてよかですか?:2009/01/30(金) 09:43:32 ID:pMuXtkUJ
大和民族衣装すら着ないのに
必死に日本マンセーされてもなぁ……

ギャグでやってんだろうなぁ

48 :作品:2009/01/30(金) 10:11:03 ID:AtHul11u
アイヌは日本国内の差別を無くして欲しいだけで独立は望んでいない。
独立を言い出しているのは、政治的思惑を持っている人たち。

49 :作品:2009/01/30(金) 10:14:55 ID:AtHul11u
だいたいアイヌだけでのもともと住んでいたところでの独立を本当に鋭いなると北海道だけでなく、本島の一部、北方諸島、樺太、ロシアの日本海に住んでいたから大変な領土になる。
今すんでいる日本人やロシア人はどうする?
ロシアと戦争したいのか?

50 :ウポポ:2009/01/30(金) 12:42:53 ID:3BPUIiVm
ゴラァーそこの 二ポポ! 倭人様に 逆らうんじゃない 生活保護切られるど うたり協会が おまえらの 不正受給擁護しづらくなるじゃろが。罰として 働かすど 小金湯で 鶴の舞いさせるど PS.ちゃんと働けよ 風呂はいれよ んこしたら けつふけよ

51 :名無しかましてよかですか?:2009/01/30(金) 14:35:51 ID:qnTT8LIg
中国ってチベットの件で案外ひどいイメージしかないけど、今は普通だな。
少数民族たくさんいると、こういうフェスティバルもできて楽しそうだな。
http://hi.baidu.com/huyinggeng/blog/item/7d6fc901fcd40700728da553.html

日本もこういう方向でなら良さそうだけど。

52 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/01/31(土) 22:25:56 ID:Romas6SR
OSSETIA IS ONE!

(デイリースポーツオンラインより)
http://www.daily.co.jp/gossip/2009/01/29/0001676497.shtml

>ATSUSHI、命の尊さに感動
 >テレビ番組でナビゲーターに挑戦したEXILEのATSUSHI=都内のスタジオ
 >テレビ番組でナビゲーターに挑戦したEXILEのATSUSHI=都内のスタジオ

 >人気ユニット「EXILE」のボーカル、ATSUSHI(28)が28日、都内でフジテレビ・
>関西系「LIFE IS BEAUTIFUL2」(2月1日、後4・05)のナレーション収録を行った。
>ATSUSHIは昨年に続き同番組でナレーションに挑戦する。

 >ロシア・南オセチア共和国、ベトナム、日本(岐阜)での問題を抱えた女性の出産を通じ、
>命の尊さを学ぶドキュメンタリー。涙もろいというATSUSHIは「感情を抑えるのが大変だった。
>(次回があれば)ぜひ現場へ行ってみたい」と真剣なまなざしで語った。

53 :名無しかましてよかですか?:2009/01/31(土) 22:29:05 ID:NEV3o+gQ
>>45
下品で意味不明

54 :名無しかましてよかですか?:2009/02/01(日) 03:43:32 ID:SAnmGcyP
>>52
南オセチアって、状況ひどいの?

55 :bomb0om:2009/02/10(火) 08:08:47 ID:N/6CYVet
民族が何か分かってないのにこんな議論をかわしてるのがナンセンス。

56 :ahoaho:2009/02/10(火) 08:16:32 ID:N/6CYVet
このスレはダメかな。多分・・・・・・・

57 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/10(火) 16:27:21 ID:MlaUWd9c
>>55
民族とは、なにかってのはもう分かってるじゃない。

だが日本語でそうした概念や言葉を厳密に定義せずにあいまいに
してるから、悪く言えば治的に利用してるからこうなるわけだが
アイヌも琉球も異なる民族だし、見方によっては現代の都会を中心にした
民主主義の日本人も、もうすでに違う民族だ。
九州や江戸・蝦夷なんてもの俺に言わせれば大和民族とは違う民族だし、
中国の四川だ広東だ客家だ、いろいろあるがあれもすべて違う民族といえる。
現代の朝鮮だって南北と別れてるが結局あれなんかも古代からの民族対立の
復縁だとも俺は思ってる。
実際意識しないところで、文化や風習の違いがそうした何らかの
偏見や差別を発生させてるし、それが民族の本質といえるだろう。
そして、それぞれの各民族の独立には”反感”が欠かせない要素となってくる。

交戦して反旗をひるがえせば、やがてそれは民族になるのさ。

58 :名無しかましてよかですか?:2009/02/10(火) 17:07:02 ID:MjzjaruH
>>57
お前が挙げているのはアイヌ以外は全部エスニシティの一部ではあっても
民族ではない。民族未満の要素。それを民族と決め付けること自体が政治利用。

こういうのを指すのにサブカルチャーっていう便利な用語があったんだけど、
普通全然違う意味で使われるしなあw

59 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/10(火) 20:05:17 ID:MlaUWd9c
>>58
サブカルチャーかぁ・・・
まあ要するにある種の民族主義は正統民族によるサブカルチャーの統合だよね。
そういう意味合いでは大和と琉球は同じ民族として統合できるといえるだろう。

>アイヌ以外
ただ、俺はもうひとつ別の意見も持ってて、アイヌは
実際のところ民族ではないと思ってるよ。
アイヌの概念としては部族という表記が日本語でもっとも適正だよ。
コヴァの言うとおり、アイヌは民族ではなかった。
そして、琉球は列記とした琉球民族だった。

60 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/10(火) 20:18:38 ID:MlaUWd9c
ま、ようするに民族が何かって言うのが分からないんじゃなくて
日本語の民族という定義が非常にあいまいなだけなんだよね。

たとえば、「単一民族発言」。
「日本は単一民族」なんて言うけど、その発言に用いられる主語の民族が
それが「大和民族」としての単一民族ならアイヌ協会の反発もまあ分からなくも
無いが、「日本民族」としての単一民族であればアイヌも沖縄もそこには
含まれてるから「アイヌ民族を忘れるな」「沖縄を同化するな」って言われても
「お前さんがたも含まれているんですよ」って話になる。

実際、発言した右翼議員がそういうの言わないからまた問題なんだろうけど
これじゃあ大和民族のファシズムというネタの餌をよだれをたらして待ってる
連中に餌を投げ与えてるようなもんだろ。
もっと頭の良い右派議員が出てこんのかねwマッタク

61 :名無しかましてよかですか?:2009/02/10(火) 21:25:40 ID:rXAfR9cY
漢民族が、便利な「中華民族」というのを用いてるだろ。それが、「日本民族」。

62 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/10(火) 21:52:23 ID:MlaUWd9c
>>61
違う違う、ぜんぜん違う。

63 :名無しかましてよかですか?:2009/02/10(火) 22:36:39 ID:AliJsfmH
アイヌや沖縄も日本民族の一員なら、日本民族=日本国民でいいのではないか


64 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/10(火) 22:59:56 ID:E1snyOn6
>>59
「民族」と「部族」の違いとは何か?

>>60-63
最初から素直に「日本国民」とか「中国国民(中国人民?)」って言えばいいじゃん。
なぜ敢えて「民族」という言葉を選ぶ?

65 :名無しかましてよかですか?:2009/02/11(水) 02:02:34 ID:p3ZXDIdL
>>63
nation stateという意味では?

66 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/11(水) 08:28:56 ID:nKK4kz17
>>64
>「民族」と「部族」の違いとは何か?

部族は、民族という単位を持つに至らなかった少数、ないし複数の民。
結果的に民族として捕らえることもできるかもしれないが、これはいわゆる
民族ではないと私は断言できる。
小林よしのりが、「アイヌは民族といえるのか?」といったのには、実はそういうことなんだと思う。
これは現代におけるアイヌ人と沖縄人の”生き方”についても違いが現れてくる。
アイヌは日本に同化され、近代になってようやくまとまった「民族の成立」を行おうとしてる訳だからね。
国を持ち土地を保有し、沖縄島をもって民族として成立した琉球と、結果的にそうはならかった
民族として成立しえなかったアイヌとの確たる違いであろう。



67 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/11(水) 09:36:50 ID:nKK4kz17
左翼と右翼という言葉を使いますが、ゴー宣的な意味でとらえてください。
>>63-64
>最初から素直に「日本国民」とか
>日本民族=日本国民でいいのではないか

だからそれは琉球とアイヌが民族としての主権を確立した
状態で「日本国民」として内包され構成さるのか否かを問題点にしてる。
なぜ敢えて民族、単一民族として主張するのか?
俺は小林と一連右翼議員の主張する民族主義の考えは、方向は同じでも
内容的にはまったく相反するものだと思ってる。

というのは、中山などの一部右翼勢力の主張している「単一民族」
主義のナショナル精神とは、日本の民族的統合というよりもむしろ
大日本帝国主義の強制に主軸があるわけだ。


68 :名無しかましてよかですか?:2009/02/11(水) 09:58:49 ID:nYfvI3sf
土地をなくし霧散したアイヌの方は
確かに民族としての形態はほぼ失われているが
だからもう民族問題として考えなくていいというのは傲慢だろう

家族単位で言葉も通じず、文化も違う本土に移住した人たちは
今でも本来の日本人との間では
なかなか埋められない格差や人間関係があるだろう

69 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/11(水) 10:09:44 ID:nKK4kz17
>>68
これからの時代、それが必要かね?
俺はこれからの時代は日本がアイヌと琉球に対してどこかイギリスのような
異分子としての存在として関わっていくよりも、統合して同じアイデンティティー
の元で暮らしたほうが十分幸せだとおもうんだが。

小林よしのりもそうした方向を提言してるだろうし。



70 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/11(水) 10:14:55 ID:nKK4kz17
>>68
それから、離散して民族形態が失われたのではなく部族なので
民族という形態を作る段階まで、近代までに差しあたらなかった。
本州ですら明治まで似たような、といってもこっちは民族としては
ある程度できていたんだろうけど、実際大和民族の成立というのは
琉球や朝鮮民族の成立より遅いんだよ。


71 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/11(水) 10:40:40 ID:i7JvqaEM
>>66
>部族は、民族という単位を持つに至らなかった少数、ないし複数の民。

「民族という単位」とはいかなる基準で決まるのか?
台湾のサオ族やイスラエル・パレスチナのサマリア人などは数百人規模でも
「民族」として扱われている。

>国を持ち土地を保有し、沖縄島をもって民族として成立した琉球と、結果的にそうはならかった
>民族として成立しえなかったアイヌとの確たる違いであろう。

それは民族じゃなくて”農耕”民族の話だろう?

>>67
>だからそれは琉球とアイヌが民族としての主権を確立した
>状態で「日本国民」として内包され構成さるのか否かを問題点にしてる。

構成されうる。なぜなら民族と国民はそれぞれ別の枠組みだから。

>俺は小林と一連右翼議員の主張する民族主義の考えは、方向は同じでも
>内容的にはまったく相反するものだと思ってる。

どこがどう違う?どちらも「大日本帝国主義の強制に主軸がある」から敢えて
「単一民族」を主張するんだろう?

72 :名無しかましてよかですか?:2009/02/11(水) 10:44:53 ID:4deOHySg
>>69
その「統合されたアイデンティティ」が「日本民族」ってわけ?


73 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/11(水) 11:28:16 ID:nKK4kz17
>>72
そう、日本民族≒日本国民ね。

74 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/11(水) 11:36:18 ID:nKK4kz17
>どこがどう違う?どちらも「大日本帝国主義の強制に主軸がある」から敢えて
>「単一民族」を主張するんだろう?


ぜんぜん違う。
大和民族主義は、琉球アイヌのそれこそ同化であって大和民族と定義された
ひとつのアイデンティティに統合するという考え。
日本民族主義は、アイヌも大和も琉球も日本列島の民族として統合しひとつにする考え。

75 :名無しかましてよかですか?:2009/02/11(水) 11:56:28 ID:p3ZXDIdL
>>71
日本語の民族という言葉の定義が、これが極めていい加減なものなんです。
(前スレでも書き込みましたが)
印欧諸語のnation state関連と比較しても、この「民族」という言葉の定義の曖昧さを
サヨクが都合のいいように利用して今の混乱があるというわけです。
中国語の「民族」がいかなる定義なのか、ご存知ですか?



76 :名無しかましてよかですか?:2009/02/11(水) 11:58:26 ID:p3ZXDIdL
アイヌ(人間)について。
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1224732549/l50

これの過去ログが拾えたのなら、民族、少数民族などという言葉が政治的に利用しようと思えばいくらでもできるものだと
気づくはずです。
で、サヨクは、これをきわめて効果的に利用してるのです、。

77 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/11(水) 12:04:52 ID:nKK4kz17
>>71
>台湾のサオ族やイスラエル・パレスチナのサマリア人などは数百人規模でも
>「民族」として扱われている。

ならそれは民族ではなく、部族として言われるべきだろうね。
今はそのほうが意味がよく通ると思うし。

つまり、「アイヌは部族としてのアイデンティティ、自治が認められるべきか?」ということになるね。
俺はなんか、こういう「自治が認められるべきか?」という書き方も時代にそぐわないと思うし
過去に日本の行ったアイヌ琉球の同化政策を否定したくもないし、また右翼みたいに未だに
それを、大和民族主義を肯定したくも無い。
だからこそ日本民族という枠組みが必要であって、それは十分に認められるべき権利はあると思う。
大和民族主義は×だけど、日本民族主義は○ってのが俺の意見。
「何だ、名前が違うだけじゃないか!」と思うかもしれんが、ぜんぜん違う。

とにかく、民族活動をするアイヌや左巻きの主張がアイヌ民族からアイヌ部族へ、
対抗的な、抗日的な態度を改め「自治の復権」とか、「部族としての復帰」とか「再興」とかそういう
時代に合わせた、謙った主張をしてもらわない限り、今の無関心の多い日本ではやたら反感を買うだけだろう。

78 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/11(水) 12:26:57 ID:nKK4kz17
ID:p3ZXDIdL

ありがとうございます、そのとおりだと思います。
だから小林のような非極右の民族統合主義の考えまで同じにされ否定されるようになると困るのです。
極右などの発言(失言)が、スキャンダル的に取り上げられると「アイヌ民族を忘れるな」という反論を
かえす・・・、まるで日本がアイヌを民族を弾圧、同化した、現在も同化しているような、そんな言い草じゃないですか。
要するに日本を悪者にしてアイヌ民族を成立させることこそが正しい、正義というようなそういう風潮を作り出そうとしてるのでしょ?
人を悪者呼ばわりして、どっちが悪ですか?中国やロシアのような国に言うならまだしも。
アイヌ民族のイメージを定着させるために印象操作を仕掛け、陽動している民主党と左翼・・・。
現在のマスメディアが如何に民主党に操作されてるかが分かる。

また左翼の推進するアイヌ民族・琉球民族の自立は、国連の主導する
国際社会に沿ったグローバリズムによる民族活動だが、結局背後には欧米列強が居るんじゃないですか。
そしてロシア、中国・・・・・。
中国が海外から口出しされるなら分かるけど、日本は口出しされるいわれはまったく無い。
コヴァはチベットは叩くけど、アイヌ沖縄は叩かない。
当然だ、チベット問題やそのほかの民族事情とアイヌ沖縄はすでに別問題だから。

79 :前スレヨリ@:2009/02/11(水) 12:33:52 ID:p3ZXDIdL
313 名前: 名無しかましてよかですか? 投稿日: 2008/11/06(木) 12:08:11 ID:X8hg5+Hk
「国民」と「民族」
--------------------------------------------------------------------------------
どちらも日本発の造語。「民族」にあたる英語は存在しない。

おおかた、「nation state」の「state」を「国家」と訳したので、
その主体である「nation」(「生まれ」等地縁的な集合)を「国民」と訳したまでは良かったが、
国家を持たない「nation」を訳すのに「国民」では具合が悪かったので「民族」と言い換えたのだろうと邪推している。
やれやれ。

http://www.k4.dion.ne.jp/~bridging/nation.html


80 :名無しかましてよかですか?:2009/02/11(水) 12:35:15 ID:p3ZXDIdL
国民国家(nation state)とは何か
http://www.k4.dion.ne.jp/~bridging/nationstate.html

そんなワケで、どうにも理解は難しいと思いますが、生まれも育ちも国民国家な我々は、
過去の出来事に対して国民国家の常識を持ち込まないように心がけないと、とんだミスリードを犯します。
まぁ、持ち込まないのは無理ですね。せめて「国民国家の色眼鏡で見てしまっているのね」という自覚を持つぐらいの目標にしておきますか。

-----------------------------------------------------------------------------

日本語の「国民」と「民族」
http://www.k4.dion.ne.jp/~bridging/nation.html
どちらも日本発の造語。「民族」にあたる英語は存在しない。
おおかた、「nation state」の「state」を「国家」と訳したので、
その主体である「nation」(「生まれ」等地縁的な集合)を「国民」と訳したまでは良かったが、
国家を持たない「nation」を訳すのに「国民」では具合が悪かったので「民族」と言い換えたのだろうと邪推している。
やれやれ。

ウィキではhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E6%97%8F



81 :名無しかましてよかですか?:2009/02/11(水) 12:35:45 ID:p3ZXDIdL
race
共通の先祖・肉体的特徴・国語などを持つ人類学的単位。
the mongolian race.モンゴル人種 the japanese race日本民族the Anglo-Saxon raceアングロサクソン民族
the white race白人種colored races有色人種

nation
一定の地域に居住し確立された政府の下に主権国家を構成する政治的単位。
the Japanese nation日本国民the British nation英国民the Jewish nationユダヤ民族
(北アメリカインディアンの部族種族にも用いる=tribe。その特別居住地域、部族連合) 

people
共通の利害、文化で結びついた社会的単位。nationと交換可能なことが多いが、もっと感情的色彩の濃い語。
we,the peoples of Asia我らアジア諸国民(民族)
the English people英国民the peoples of Europeヨーロッパの諸国民



82 :名無しかましてよかですか?:2009/02/11(水) 12:42:30 ID:4deOHySg
>>78
じゃあ「日本民族」とやらのコアはどう説明するの?

83 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/11(水) 13:16:09 ID:i7JvqaEM
どうも永劫回帰氏はそのHNが語る通り、
水掛け論に持っていって議論をループさせるつもりでいるようだな。

>>73
だから民族とは文化的な枠組みであり国民とは法的な枠組みであり、
それぞれ範囲が違う。

>>74
>>77
>大和民族主義は、琉球アイヌのそれこそ同化であって大和民族と定義された
>ひとつのアイデンティティに統合するという考え。
>日本民族主義は、アイヌも大和も琉球も日本列島の民族として統合しひとつにする考え。

>大和民族主義は×だけど、日本民族主義は○ってのが俺の意見。
>「何だ、名前が違うだけじゃないか!」と思うかもしれんが、ぜんぜん違う。

結局「『民族』という言葉がある。『部族』という言葉がある。それぞれ名前が違う」
「『大和民族主義』という言葉がある。『日本民族主義』という言葉がある。
それぞれ名前が違う」というだけのただの言葉遊び。

>ならそれは民族ではなく、部族として言われるべきだろうね。

「民族」と「部族」の違いとは何か?

84 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/11(水) 13:16:43 ID:i7JvqaEM
>>77
>今はそのほうが意味がよく通ると思うし。

>とにかく、民族活動をするアイヌや左巻きの主張がアイヌ民族からアイヌ部族へ、
>対抗的な、抗日的な態度を改め「自治の復権」とか、「部族としての復帰」とか「再興」とかそういう
>時代に合わせた、謙った主張をしてもらわない限り、今の無関心の多い日本ではやたら反感を買うだけだろう。

民族の規模に下限を定め、基準に満たない集団を「部族」に言い換えていこうという動きは、
いつ、どこで起きたのか。また、そのような潮流が実際に起こっている例を挙げて欲しい。
なお、アイヌ先住民族認定で反感を買っているのは一部の大和民族主義者ぐらいであり、
小林氏もそこは自覚している。もっとも国民の大半は賛成でも反対でもなく
「無関心」だろうが、少なくとも目立った反対運動は起きていない。

85 :名無しかましてよかですか?:2009/02/11(水) 14:07:12 ID:ylG0EIZ1
二重国籍というのがありますが、同様に二重民族というのは成立しないんですかね?


86 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/11(水) 14:46:21 ID:i7JvqaEM
旧ユーゴ諸国にはいまだに「ユーゴスラヴィア人」を名乗り続ける人達がいる。
先祖のルーツがバラバラで、帰属意識がある特定の民族に定まらなかったりするため。

87 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/11(水) 20:18:52 ID:nKK4kz17
ずいぶん時間をおいてしまい、申し訳ない。
意見、反論させていただきます。
ID:p3ZXDIdL
前スレ引用どうもありがとうございます。
>>79
単純に民族という概念が昭和になって政治利用のため変わってしまった
と言うこともあるとおもう。
>>80
琉球とアイヌの違いも国を持ったか持たなかったという違いでしかない。
ただ、これは小林が言う「民族」という概念とは違う。
小林の言う民族という概念は、国を持ったかもたなかったかを基準にしたもの。
>>81
現在日本にはネイションという単位は居ない。
アイヌピープル、琉球ピープル、ヤマトピープルは居るだろうけど
それは小林の言う民族ではない。

88 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/11(水) 20:37:22 ID:nKK4kz17
>アイヌピープル、琉球ピープル、ヤマトピープルは居るだろうけど

ただ勘違いしてほしくないのは、これはいわゆる琉球人、本土人、アイヌ系人
と言うわけではなくいわゆるそれぞれの民族活動者のことである。
今現在に内部的にそれぞれが独立して居るというわけではない。
日本国民という単一国民国家である。



89 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/11(水) 20:58:03 ID:nKK4kz17
>>82
”コア”については、もうしこしあとで議論したいと思ってる。
とりあえず、今は起源やコア、サブカル、エスニシティを
考えない場合での日本列島の単一民族構成としての是非。
>>83
水掛け論・・・・
そもそも小林よしのりの言いたいことが何であるかを引き伸ばしてるに過ぎない。
小林が何を伝えたかったのか?それを言ってるまで。
別に単一民族主義を押ししすすめることに完全には賛同はしない、そこはもう少し折り合いを
つけて判断するべきだが現時点でアイヌ琉球の自立には反対せざる得ない状況であると判断してる。
今のアイヌ琉球民族運動に俺は反対。

>それぞれ名前が違う」というだけのただの言葉遊び。

ぜんぜん言葉遊びじゃない、概念がぜんぜん違うじゃないか。
それに無関心て言うけど、今起きなくてもこれから起こると思うよ。
この先30年見据えるとかなりややこしい事になってくると思う。
逆に、あなたは部族という表現についてはどうおもわれるか?

>「民族」と「部族」の違いとは何か?

おれはこうした言論分野における概念での、民族体を理解する表現として国を持つ
民を民族、国を持たない民を部族と表現するのはありだと思う。
この場合は農耕民族とか、狩猟民族とか遊牧とか関係なしにスケールの区分として分類される。
要するに民族を扱う分野が違うんで、DOF氏の言う民族概念と小林の言う民族概念はぜんぜん違うわけだ。
政治・思想的な意味での民族というのは、昭和のナチスゲルマン主義の和訳によって概念自体が
また変わってしまったんじゃなかろうか?


90 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/11(水) 21:12:30 ID:nKK4kz17
>>86
ユーゴスラヴィア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%93%E3%82%A2

>旧ユーゴ諸国にはいまだに「ユーゴスラヴィア人」を名乗り続ける人達がいる

いまだにロシアでソヴィエト人を名乗るようなものなのだろうか?
この地域はコヴァにゴー宣やってほしいぐらいだ。
こ〜も民族がごっちゃだと、ほんとによく分からんけど旧大理国の雲南省みたいなもんだろうか?

91 :名無しかましてよかですか?:2009/02/11(水) 23:25:53 ID:ef1Cu5v0
永劫回帰 ◆XB7AjTRRiEさんへ意見貰えるとありがたいです。


国連における日本政府見解(抜粋)。

沖縄県に居住する人あるいは沖縄県の出身者は日本民族であり、
社会通念上、
日本民族と異なる生物学的または文化的諸特徴を共有している人々であるとは考えられていない。

また国連にて活動している団体は、
沖縄の人々の多数意志を代表したものであるとは承知していない、
との認識を表明。

92 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/11(水) 23:48:24 ID:nKK4kz17
>>91
現代において沖縄の方々は普通に日本人として過ごしておられます。
ほかの板で雑談しても「自分は沖縄出身だけど民族活動なんて初めて聞いた、ホントにあるの?」
というようなレスなんかがほとんどです。
それが現代日本における沖縄に対する一般的な面識であるとおもいます。
そして、今後もそうした状態が望ましいと考えてます。


93 :名無しかましてよかですか?:2009/02/12(木) 00:09:50 ID:3kl+1X7e
永劫回帰 ◆XB7AjTRRiEさんへ
ご意見ありがとう御座いました。




94 :名無しかましてよかですか?:2009/02/12(木) 00:33:11 ID:Klb0P0Vl
>>70
お前律令制って知ってるよな?その頃は後の時代よりも日本各地で言葉が通じただろうし
この時点では大和民族は成立してないのか?
民族と部族の使い分けなんかほとんど意味ないよ英語でも区別しないし

95 :名無しかましてよかですか?:2009/02/12(木) 01:10:07 ID:Z32FgsuR
>>92
そりゃそうでしょ。沖縄人が沖縄人だと思うのは民族運動でも何でもないのだから。
そんなのこっちだって見たことないよ。

96 :名無しかましてよかですか?:2009/02/12(木) 01:20:08 ID:WWGFrS1Q
【韓国】日本のカタカナは、新羅の口訣が起源だった ★3 [02/11]

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1234365378/

97 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/12(木) 01:53:37 ID:UWiYcCOR
>>91
>日本民族と異なる生物学的

生物学的な種としては世界中どこまで行っても「日本民族」とは異ならない。
DNAまで突き詰めていけばそれこそ個人単位で違うし。

>文化的諸特徴

文化の独自性の目安として言語の違いが挙げられる事が多いが、
本土の言葉と琉球諸島の言葉の関係については、
それぞれ日本語の本土方言と琉球方言とするか、
同一語族内の日本語と琉球(諸)語とするか、
言語学上の結論はまだ出ていない。確実に分かっているのは、

1.それぞれ共通祖語から約1700年前に分岐したこと
2.それぞれ互いに通じないほどには離れていること

>また国連にて活動している団体は、
>沖縄の人々の多数意志を代表したものであるとは承知していない

最終的に本人達の帰属意識が民族の根拠となることは、一応踏まえているようだ。
なお、政府見解を基準とするなら、当然「アイヌは先住民族である」ということにもなる。

98 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/12(木) 02:00:24 ID:UWiYcCOR
琉球諸島の文化についてもう一つ挙げるなら、
神道とは似て非なる多神教が信仰されていたという点もある。

99 :名無しかましてよかですか?:2009/02/12(木) 03:39:47 ID:n4MWoaMB
>>97
> 1.それぞれ共通祖語から約1700年前に分岐したこと 
> 2.それぞれ互いに通じないほどには離れていること 

まだそんな寝言ぶっこいてるのかw
言語年代学ちゃんとやればそんな数字は出てこない
基礎語彙は同源のものが圧倒的に多い
同源が証明されればそれは変化には数えない
年代が意味を持つのは借用や意味の変化、語彙自体の交替が
一定の年数で変わるという仮説に基くのであって、「訛り」は数に入れないのだ

東京弁と沖縄弁が互いに通じない(双方モノリンガルであった場合だが)のは
5母音→3母音などの音韻変化の結果が大きい 語彙はそれほど違わない

ただ訛ってて聞いてわからない、互いに通じない、と言うだけではそんなに切り離せない
カナダのケベックのフランス語と本国のフランス語だって
「互いに通じない」が、500年しか離れていない。

100 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/12(木) 05:18:05 ID:6YvyGuNw
>>93
要するに、国連の琉球民族活動家達はこれを認めてないわけね。
・・・・・はあ〜こりゃガチだなあ・・・・。
そこまで独立したいか・・・?
これじゃあ将来的に韓国化は必死かぁ・・・?ヤダナぁ
(アイヌだって・・・・ハア)
>>94
それは・・・・
たしかに、大和民族はあったかもしれない。
しかし、今とは総体や姿が違う。
また、蝦夷を大和民族か異民族かにするかにもよる。
>>96
小林芳則(よしのり)wwww

101 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/12(木) 11:41:50 ID:6YvyGuNw
>>97
>生物学的な種としては世界中どこまで行っても「日本民族」とは異ならない。

韓国教授のDNAパーセンテージ発言じゃないけど、この場合は人種的な意味合いでしょうねw
言葉に関して言えば、語族という学術的な民族格差があるにせよアイヌと違い、いわゆる
日本語を話してる時点で学術的ではなく政治思想的な意味合いで、民族が同一であるという
ことにはなら無いのでは?
>当然「アイヌは先住民族である」ということにもなる。

結果的に、民族という概念が政府見解と小林では違うという感じはする。
小林は民族の起源論であり、政府見解や先住民というのは民族とか関係なしに「先住してた人」という意味に過ぎない。
>神道とは似て非なる多神教が信仰されていたという点もある。

でも沖縄の宗教って、古い日本の宗教の形質を残してるのも事実でしょう?
まあ古い日本の宗教っても、輸入物だろうけど。
アイヌはともかく、沖縄と本土では族の起源が同一であることは間違いない。(まあアイヌも本土とは宗教的にはつながりあるんだけど)
>>99
>まだそんな寝言ぶっこいてるのかw
DOF氏さんに聞きたいが、1700年論というのはどういう根拠で支持されてるのだろうか??



102 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/12(木) 11:43:04 ID:6YvyGuNw
民族が同一であるということにはなら無いのでは?  ×
民族が同一であるということにはなるのでは?     ○

103 :名無しかましてよかですか?:2009/02/12(木) 12:14:47 ID:3kl+1X7e
永劫回帰 ◆XB7AjTRRiEさんへ。
>>100まあ今でも十分に韓国化北朝鮮化している団体は多いと思いますけどねw

私も他のスレで色々話しかけて見ると、
ウチナーグチを話せない奴は沖縄人ではない(先島は違うし...)
ナイチャーはウチナーンチュに嫌われている(そうか?...)
こんな感情的なことばかりで言われて、こんな基本情報の意見交換すらできない。

国連で活動している団体は沖縄系では2つ確認できますが、
ウチナーンチュの嫌いなナイチャーの後援で作られていて、
思想なんてもろですからね支持できませんよ。

以上、ご存知かとも思いますが。

104 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/12(木) 13:04:42 ID:6YvyGuNw
ええ・・・まあ、なんというか骨が折れますね・・・・。
最終的にコヴァが批判したいのはこの部分なんでしょうけど。
そこまでしてアイヌや沖縄を復帰させ、存続させたいという勢力の本性をね。

105 :名無しかましてよかですか?:2009/02/12(木) 13:21:43 ID:Z32FgsuR
>>102
>日本語を話してる時点で学術的ではなく政治思想的な意味合いで、民族が同一であるということにはなるのでは?   
だからこれは「民族」じゃなく「国民」だよね?

そのなにもかも一緒くたにする政治的思惑で発生したのが「日本民族」なわけでしょ?

しかし民族たらしめる「コア」に関してはいまだ模索中ときた。

なんかおかしいよね? 愛国心はアカデミズムや心碑を凌駕しても問題ないの?

それこそ「大帝国日本人」を基軸にした単一民族と何が変わるの?

106 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/12(木) 14:26:08 ID:6YvyGuNw
>だからこれは「民族」じゃなく「国民」だよね?
いや俺の言ってる政治思想的ってのはそういうことじゃなくて・・・
要するに同一起源にある民族統合主義という思想における意味での民族。

確かに政治的意味合いで国民国家という統合的な民族形態があり、それが
日本民族≒日本国民となりうるんだろうけど、この時点ではそれぞれ民族の起源が
同一であるかそうでないかと言う問題、コアの部分は含まれてない。

要するに根幹たる民族のコアまで同一化する政治思想的な意味での民族主義、
要するにある種のナチズムって事にはなるだろうが・・・・。

>そのなにもかも一緒くたにする政治的思惑で発生したのが「日本民族」なわけでしょ?

日本の歴史の中で、そうした民族主義を行おうとして発生したのは「大和民族主義」で
日本民族主義というファシズムは発生してない。
だから俺は、「右翼議員がその種の民族主義発言にこだわるなら、大和ではなく
日本民族主義」というのをやるべきではないか?とおもっている。

>しかし民族たらしめる「コア」に関してはいまだ模索中ときた。
>なんかおかしいよね? 愛国心はアカデミズムや心碑を凌駕しても問題ないの?

アカデミズムと民族主義活動の関係は、常に学問が民族主義者によって
都合のいいように改変されたりして利用されてきた。
現代になってようやくそれを正そうとする動き、要するに2次大戦終了から
国連などで行われてる平和主義にもとづく反民族主義活動と平和的民族維持活動がそれだ。
>それこそ「大帝国日本人」を基軸にした単一民族と何が変わるの?

変わる。
もっと学術的かつ、そして大和民族自体もフォーマットの対象にあるから。
これは大和民族が崩壊した今だからこそ考えられることだが、重要なのは
これはそれぞれの民族の起源、コアが同一でなければできない。
「日本国民」の民族主義版とでも言おうか・・・・、といっても昔みたいに主義を掲げはしないが。

107 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/12(木) 14:49:45 ID:6YvyGuNw
分かりやすく言うなら、イギリスがケルトだブリテンだスコット人だという
垣根を越えて、歴史の長期視点から見出されるイギリス列島をひとつの
民族史として考え、帰結させそれこそ永劫回帰する方向をもってそれぞれ
が納得する形で平和的に統合される、イギリス列島をひとつの単一民族体
として確立する、そういうもんだと思ってほしい。

連合王国ではなく連合民族としての、ブリテン島民族共同体の形成。

中国の行ってるような、民族主義版ソヴィエトというべき異民族までも
併合対象にある中華民族主義とは違うことを、どうかわかってほしい。
また右翼の言う日本帝国主義における大和民族主義とも違う、こっちは
中華民族主義に近いものだが俺の言ってるのは同一起源から分化した
民族しか併合はできない、そこで民族という意味が重要になってくるわけ。

108 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/12(木) 15:57:03 ID:6YvyGuNw
DOF氏

>最終的に本人達の帰属意識が民族の根拠となることは、一応踏まえているようだ。
>なお、政府見解を基準とするなら、当然「アイヌは先住民族である」ということにもなる。


■先住民族とは?
先住民族とは、地球の他の地域から異文化・異民族的な起源を有する人々が到来し、
地元住民を制圧して征服して、彼らを植民地政策などの手段により植民地的、もしくは
劣勢な社会状況に追い込む以前の、その地域にわたって、もしくは部分的に居住していた
人々の現存する子孫からなる民族集団である。
先住民族は現在組み込まれている国家の諸制度よりも、独自の社会、経済、文化的慣習
および伝統に従って生活しながら、マジョリティー社会の民族的、社会的、文化的な要素
によって構成されている国家体系に不本意に編入されている状況にある人々のことである。
(国連 先住民作業部会)


小林はアイヌがこれに当てはまるかどうか疑問視してるけど、国連のこの意見で
通しちゃっていいわけ??


109 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/12(木) 16:24:03 ID:6YvyGuNw
また、
(世界民族問題辞典)
先住民族とは、一般に、ヨーロッパを起源とする「近代化」が世界的に展開するなかで、
支配的集団によって民族としての存在を否定され、同化を強制された民族的集団をいう。

(岩波講座文化人類学第6巻 紛争と運動)
1.古来ある土地に住んできたこと
2.現在その土地において異民族の支配下にあって独自の生活様式などを自由に享受できない状況にあること
3.自ら先住民(族)と名乗る、あるいは国連や支援団体によって先住民(族)とされていること


と、ある。

ということは、日本はアイヌ沖縄に対して民族浄化を行ったと十分いえるわけだけど、それでいいの?


110 :名無しかましてよかですか?:2009/02/12(木) 16:32:16 ID:Z32FgsuR
>>109
良いか悪いかで問われれば「悪い」でしかないんじゃない?

111 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/12(木) 16:38:42 ID:6YvyGuNw
某アイヌサイトからの抜粋
>私たち先住民族がおこなおうとする「民族自決権」の要求は、国家が懸念する「国民的統一」と
>「領土の保全」を脅かすものでは決してありません。
>私たちの要求する高度な自治は、私たちの伝統社会が培ってきた「自然との共存および
>話し合いによる平和」を基本原則とするものであります。

>■「民族」の定義
>血筋、祖先の観念、共通の言語、身体的特徴、生活領域、物質・精神文化などがあげられますが、
>現在ではそうした具体的な標識の意識に基づいたアイデンティティ(その民族への帰属意識)が、
>とくに重視されています。
>北海道ウタリ協会によるアイヌ民族の認定範囲として、「第一に、自分にアイヌの血があり、自ら
>アイヌ民族であることを認識し、自ら表明したものであること」とあり、血筋という具体的な標識を
>意識した上でアイデンティティを持つものの集まりとされています。
>「民族」による集団は国籍を持つ集団とは異なり、「日本国民」といった場合、それは日本の国籍を
>持つもののことで、単一民族を指しません。

>アイヌ語で大地のことを「ウレシパモシリ」とよぶことがあります。
>これは、「万物が互いに互いを育てあう大地」という意味です。
>冷戦が終わり、新しい国際秩序が模索されている時代に、先住民族と非先住民族の間の
>「新しいパートナーシップ」は、時代の要請に応え、国際社会に大いに貢献することでしょう。
>この人類の希望に満ちた未来をより一層豊かにすることこそ私たち先住民族の願いである
>ことを申し上げて、私の演説を終わりたいと思います。
>イヤイライケレ。ありがとうございました。

要するに、アイヌは”ネイションだ”ということなんだろうけど、もしここまで言われたら
俺としては独立を支援したいと思うし、そうせざるを得ないのでは?とも思うってしまうわけ。
たぶん権威や奇麗事に弱い習性を持つ日本人は、今後も琉球に関しても
今よりもさらにこういう展開をされてきたら、両者を認めざる得ないだろう。
でも、現実はこうした主義主張は到底認められないし拒否反応と共に拒絶反応が反独立運動に向くだろうね。
皮肉にも、もともと大和民族主義で琉球アイヌを差別してる部類の、一部の単一民族主義者右翼は支持するんだろうけど。

112 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/12(木) 16:39:27 ID:6YvyGuNw
>>110
言い切れますか?
知る手立ては少ないかもしれませんが。

113 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/12(木) 16:51:09 ID:6YvyGuNw
オマケ

《同じく抜粋》
現在の日本国民は、先住民族である「アイヌ」「琉球民族」「在日中国人」「在日韓国・朝鮮人」や
世界各地のさまざまな民族で形成されていて、日本に住む外国人は既に100万人以上、
全人口の1%を占めています。
「日本は単一民族国家」であるという認識は多数者による歴史の誤認であり、少数者に
対する現実の圧迫でもあります。
日本の中に存在する文化の多様性に目を向け、それぞれの歴史や習慣、文化などを
尊重しあう社会へと築いていきたいと願います。






あれ?「在日中国人」と「在日韓国朝鮮人」は先住民族でしたっけ??
たぶん「先住民族であるアイヌ琉球や在日中国朝鮮人などの世界の多国籍人から」
とかきたかったんだろうけど、ちょっとマテ。

まるでこの書き方では、在日中国・朝鮮人は国籍人とではなく国内『民族』である
かのような書き方じゃないか。
確かにコリアン街や中華街とかがあったりして、ネイションのようではあるかも知れんけど
アイヌのサイトでこういうあいまいな書き方していいの?
仮にもアイヌと検索するとすぐに出てくるページなんだけどなあ・・。
俺はこういうこともあって、今のアイヌ沖縄の民族活動は支持できないし、十分信頼に及ぶ
民族活動じゃないとおもってるわけ。

114 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/12(木) 16:54:38 ID:6YvyGuNw
しかも、台湾が無いんだね。
台湾って、同じく民族ファシズムに抵抗するための活動拠点でしょ?
高砂なんてめっぽう少ない、アイヌと似たような心境にあると思うのに・・・。
こういうサイトはアイヌの偽者なんだな〜って分かる。

115 :名無しかましてよかですか?:2009/02/12(木) 17:34:06 ID:Z32FgsuR
>>114
うん。その問いであれば「悪い」としか言えないよね。
適切かどうか?での問いであれば考えるのだろうけども。

その抜粋された演説のどこをどうよめば独立につながるの?
アイヌランド共和国なんて素っ頓狂なデンパも飛ばしてないよね?
アイヌがアイヌだといえば勝手に独立を支援したくなる人が分断者じゃないの?

それに大和民族をもフォーマットの対象にした「日本民族」を、単一民族主義者右翼とかにゴーマンかましている人って見たことがない。
「日本の伝統を破壊するウスラサヨク」と言われるのがオチだと思うけど。

で、日本国民の始点は近代に求めることはできるけど、
「同一起源から発生し文化的にも類似性を持った人々の集まりが日本民族」だとするのであれば
日本民族の始点は歴史のどこに求めることができるの?


116 :名無しかましてよかですか?:2009/02/12(木) 19:28:14 ID:n4MWoaMB
>>115
> 「同一起源から発生し文化的にも類似性を持った人々の集まりが日本民族」だとするのであれば 

別に同一起源から出発する必要はないんじゃないの?

中国のユグル族は古代ウイグル帝国の遺民の流れと
モンゴル遊牧民の流れが融合してできた。
今もモンゴル系言語の集団とテュルク系言語の集団があるが、
両者は頻繁に通婚し、同じ民族だというアイデンティティを共有している

アメリカのアパラチア山脈にヒルビリーというエスニック集団があるが、
イタリア、アイルランド、黒人そしてWASPという異なった起源を持ちながら
英語の方言、料理や音楽などの濃厚な文化的特徴を共有している

117 :名無しかましてよかですか?:2009/02/12(木) 19:30:23 ID:xISbE0ka
−TV番組のお知らせ−
15日(日)午後1時半からのytv読売テレビほか「たかじんのそこまで言って委員会」
▽沖縄集団自決を巡って、田母神俊雄氏と高嶋伸欣(琉球大学名誉教授)、小牧 薫(大江・岩波沖縄戦裁判支援連絡会事務局長)、惠隆之介(ジャーナリスト)が直接対決!
▽徹底討論:ソマリア沖「海賊退治」の為の海上自衛隊派遣は是か非か
▽<ユニクロ、マクドetc>不況下での"勝ち組"に見る「景気浮揚のヒント」
【パネラー】三宅久之、田嶋陽子、筆坂秀世、田母神俊雄、桂ざこば、勝谷誠彦、宮崎哲弥、山口もえ
【コーナーゲスト】高嶋伸欣(琉球大学名誉教授)、小牧 薫(大江・岩波沖縄戦裁判支援連絡会事務局長)、惠隆之介(ジャーナリスト)
http://www.takajin.tv/

118 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/12(木) 19:37:01 ID:UWiYcCOR
>>99
>>101
http://www.kgef.ac.jp/ksjc/ronbun/880240y.htm

>琉球語には奈良時代、もしくはそれ以前の日本語の特徴を示すものがあるといわれ、この
>ことから琉球語と日本語は2、3世紀から6、7世紀頃、日本語と共通の祖語から分かれた
>と思われる。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~hel/jp/prago/okinawa.htm

>日本語と琉球語の違いというのは、ヨーロッパの言語の観点で見れば、
>方言というより、違う言葉と捉えた方が自然で、琉球語は日本語から千数百年前に枝分かれしたそうです。

>そういう事実から推測して、琉球方言の成立は8世紀もしくはそれをさかのぼる
>それほど遠くない時代と推定できるそうです。

>琉球語祖語の南下の時期については、確かなことは分かりませんが、
>11〜12世紀と考えるのは、無理があるそうです。それは、琉球語から
>琉球語祖語は大和政権の支配者の畿内の方言の影響をさしてまだ受けて
>いない段階の古代九州方言に近いと考えていること、「おもろそうし」の
>ような古い宗教的歌謡の中にみられる宗教的な意味あいを持つ語彙の中に、
>本土にも見出される古い漢語と共通の漢語があるなどを理由にあげています。

119 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/12(木) 19:37:33 ID:UWiYcCOR
>>99
>>101
http://ryukyu-lang.lib.u-ryukyu.ac.jp/intro/abs.html

>琉球方言と本土方言は,共通の祖先(日本祖語)から弥生時代を上限とし
>古墳時代頃までの時期に共通の祖先から分かれたと推定されています。

http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku265.htm

>言語年代学による推定結果では東京方言と沖縄方言は約1700年前に分裂したと換算される。

http://www.ocvb.or.jp/card/ja/0000201086.html

>3世紀から6世紀頃、稲作文化とともに、原日本語から分かれた言語が琉球列島全体に広がったと考えられています。

http://www.asahi-net.or.jp/~hi5k-stu/nihongo/uchinaa.htm

>本土方言と琉球方言の分離は二、三世紀から六、七世紀にかけてといわれる。

120 :名無しかましてよかですか?:2009/02/12(木) 19:46:58 ID:WW184lUi
>>117
何故小林を出さない。


121 :名無しかましてよかですか?:2009/02/12(木) 20:22:50 ID:fRA0aUIX
>>117
左右どっちともキッツイのがでるなw

122 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/12(木) 21:19:11 ID:6YvyGuNw
>>118
まあ、俺も貴方の言ってる”民族”の概念がなんとなくつかめてきたよ。
あなたの言う民族としてのアイヌ、沖縄にしてもね。
ただ、やっぱりそういう考えってのはこの時代「分断主義者」だ「差別主義者」
だの世間一般では認知されてしまうと思うんですよ。


123 :名無しかましてよかですか?:2009/02/12(木) 22:26:12 ID:moYwVrz6
NPOとかNGOとかの「人権」「平和」とか言う団体は、殆どが在日組織、社民党関係、共産党関係。

「外国人人権法連絡会」(正式名称)「外国人・民族的マイノリティー人権基本法」と「人種差別撤廃法」の制定を求める連絡会
なんて、はっきりと在日組織とわかるのに h●ttp://w●ww.g-jinkenho.net/
リンク先に「社団法人」」が2つもある。ここも在日組織。

※(社)神奈川人権センター h●ttp://w●ww.bekkoame.ne.jp/ro/jinken/jin●ken-db-12.htm
  ・「アイヌ新法 」  アイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する知識の普及及び啓発に関する法律
   この間のアイヌ騒動も、ここら辺の組織がみんな絡んでるって解った。

※(社)自由人権協会 h●ttp://w●ww.jclu.org/
  私たちは、「外国人・民族的マイノリティ人権基本法」と「人種差別撤廃法」の制定および「 国 内 人 権 機 関 」の実現を目指しています。

 主な活動:(抜粋)
 ・「国際人権活動」
  規約人権委員会へカウンター・レポートを提出したり、人権に関する国際会議に代表を派遣し、
  意見を述べるなどし、日本における人権状況を訴えます。
  国連人権委員会のドゥドゥ・ディエン特別報告者が、2005年7月に来日ししたときに、
  各種NGOとともに、次の日本における人種差別等について情報提供をしました。
 ・「訴訟支援活動」
  主に 会 員 弁 護 士 で弁護団を編成して、人権侵害救済のための訴訟を支援します。主な支援事件:アイヌ人格権訴訟など


124 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/12(木) 22:40:36 ID:UWiYcCOR
>>122
>ただ、やっぱりそういう考えってのはこの時代「分断主義者」だ「差別主義者」
>だの世間一般では認知されてしまうと思うんですよ。

繰り返すけど、アイヌが先住民族認定されたところで目立った反対運動は起きていない。
そこに「この時代」の「世間一般」の認識が現れている。

125 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/12(木) 23:24:27 ID:UWiYcCOR
>>90
やはりコソヴォ独立はNATOやEUの戦略として進められたか…。
俺が去年一年間の日本政府の動向で引っかかるのは、
NATOやEUの後ろに付いて東欧の民族紛争にしゃしゃり出まくっている件。

セルビアのアルバニア系住民がコソヴォとして独立するといったら、
支持してセルビア解体に協力する。
グルジアの少数民族のオセット人やアブハズ人が独立すると言ったら、
「グルジアの領土一体性」と言って反対する。ロシア軍の猛反撃を喰らったとは言え、
民族浄化しようとした側のグルジアには200億円支援するくせに。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090212-OYT1T00830.htm

>ブロンド美人ご用心…欧州委「スパイかも」

>【ブリュッセル=尾関航也】欧州連合(EU)の執行機関、欧州委員会は11日、
>「諜報活動の脅威が日増しに拡大している」として、
>機密情報の流出に警鐘を鳴らす文書を職員に配布したことを明らかにした。
>Click here to find out more!

 >欧州委報道官は同日の記者会見で、
>報道関係者やロビイストを装うスパイがEUの機密を狙っていると指摘し、
>「(スパイは)金髪でスタイルのいい美形の研修生の可能性もある」と述べ、
>オフィス内外で警戒を強める考えを示した。

 >EUの機密情報をめぐっては、昨年9月、コソボ独立支援などに関するEUや北大西洋条約機構
>(NATO)の機密情報を、ロシアの諜報機関員に漏らしたとして、
>エストニア国防省幹部がスパイ容疑で逮捕される事件が起きている。

 >欧州委のドイツ人幹部が、中国企業関係者を装った英紙記者の
>「おとり取材」に引っかかり、中国製品への関税にかかわる非公開情報を漏らしたとされる不祥事もあった。
>(2009年2月12日19時39分 読売新聞)

126 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/13(金) 00:21:38 ID:CiRle+OQ
>>123
あこがれの国・・・・・1000万人移民・・・他(多)民族共和国日本・・・(狂)
ゆくゆくは外来性民族対立の時代へと向かわせる気なんだろうな・・・・。
帝国時代の大和民族の完全解体・・・・。

・・・・もともと帝国時代に形成された偏向的な民族体系を形成したツケなのだろうな。
敗戦により弾圧され抑圧されていた連中が戦後爆発し・・・・・。
奇しくもアメリカ国内で行われてる白人主義の解体と酷似するが・・・・。
これがいわゆるシオニズムって奴なのだろうか・・・?
>>125
おれはまだ、小林の本を熟読するぐらいしかできない、自国の政府や海外の民族事情を
批評・を批判できるぐらいの知識は無いが、国内事情を見てもチベット問題に対する日本政府の
対応を見ても、如何に国が民族問題に対して冷徹でしたたかであるのかという事はよく把握してるつもりだ。
これも大和民族のなせる伝統的な古来から何一つ変わらない卑怯な民族性なのかもしれん。
卑怯者の島・・・・日本。

琉球やアイヌからはこれがどう見えてるのかは知らんが。

127 :名無しかましてよかですか?:2009/02/13(金) 00:25:45 ID:2pGS50Am
778 名前: 名無しさん@自治スレにてローカルルール議論中 投稿日: 2009/02/12(木) 04:47:13 ID:GsBYvOeT0
イスラエルの全人口550万人中、アラブ系市民(パレスチナ人)は130万人。
2040年か2050年までに、それが多数派となる(高出生率のため)。
この脅威が、今回の空爆の影の理由。
イスラエルの指導者と公衆が、「欧米の民主主義的かつ自由主義的な行為規範に縛られているかぎり」、
パレスチナに対しての脅威が消えることはない。

ここでポイントとなるのは、
欧米の民主主義的かつ自由主義的な行為規範に縛られているかぎり」の部分。

何が安定した民主自由国家を脅威にさらすか。内部に「異物」を抱えること。
他民族共生なぞ、イスラエルに住んでからほざけ。

他民族共生などと、ほざいてる連中は、地球上のどの国が他民族共生してうまくいってるのか答えてほしい。
なぜ、日本が、わざわざ、そんな厄介ごとを抱え込む必要があるのかも。

外国人に優しい国は日本人にも優しい、だと。
ふざけるな。外国人は日本に責任を取らんのんじゃ。
寄生するか、通り過ぎるだけだろ。


128 :名無しかましてよかですか?:2009/02/13(金) 00:27:04 ID:2pGS50Am
943 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2009/02/11(水) 23:09:33 ID:X8o5600g
例えばイギリスに帰化する場合
イギリス人としてイギリスの為に行動する良識な市民として
女王陛下に忠誠を尽くします的な文言があるんだとか聞いたんだが
日本人はそのことについてどう思うんだろうか

移民受け入れ1000万だの民主党がいってるけどこのうち9割近くがが中韓人でしょう
彼らは天皇制度なんて許せないと思うよ。そういう人が日本国籍を取得していく。
その子供、孫と40年もしないうちにどんどん増える。日本人は減る一方なのに
この1000万人がいればマスコミは天皇不要論を大々的に展開しやすくなり近い将来天皇はいなくなるね

これの怖いところは後戻りが出来ないこと
十分世論を形成できたと判断したら国民投票で是非をとうことになるだろう
例え一回失敗しても何年か後に再度国民投票すればいい
天皇制廃止が決まるまで十分時間をかけて世論を作り出せばいい
だけど一度天皇制が廃止されたら後戻りは出来ない。復活することは不可能だ。

移民と天皇を結びつけるなんて右翼じゃね?と思われるだろうが
朝日や毎日なら普通にいいだすのは目に見えてる。20年後の社説で
『日本は日本人だけでなくグローバルな人種の国家となった。もう日本人だけの国ではない。
そこで日本人の象徴である天皇は役目を終えたのではないか。多民族国家となった日本において
日本民族の天皇が国家を代表したり税金で維持されてる現状は時代にあっていない』とか平気でいいそうで困る

将来的に天皇制が廃止されても”日本人”の過半数が望んだことならかまわないって
覚悟があるひとのみ移民1000万は賛成すべきだとおもう


129 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/13(金) 00:48:20 ID:xegczkAU
移民1000万人受け入れたら天皇制より日本人の雇用が真っ先に脅かされる。

130 :名無しかましてよかですか?:2009/02/13(金) 11:03:29 ID:tQzzuZAr
>>126
何故にそこまで悲観的?

131 :名無しかましてよかですか?:2009/02/13(金) 15:36:44 ID:0YPfi+oQ
>>100
確かに古代律令時代には民衆には民族意識はなかっただろうな
蝦夷が大和民族だと言うのは無茶苦茶な話だろ
京人に人間だとは思われてなかった位だからな


132 :名無しかましてよかですか?:2009/02/13(金) 15:56:12 ID:gHByxFhm
テレビでアイヌという人が出て家の前にゴミまかれたとか、北海道で
いまも差別が存在するって言っているけど、いまの教育を受けている
世代の話しなのかな・?

133 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/13(金) 17:50:23 ID:CiRle+OQ
>>130
悲観国祖教育で育ったという事もあるかもしれませんが、なんというか
日本の政治をみてるとそう思わざる得ない感じがします。
つねに左翼や売国という勢力であふれてて、その巧みな政治的売国
手腕を見ると日本ってほんと何なんだろうと思いますね。

>>115
>日本の伝統を破壊するウスラサヨク」と言われるのがオチだと思うけど。

ゴー宣もそういう立ち場なんだとおもいますよ。
小林よしのりの場合は、どちらかというと右翼色が強いのでウスラウヨクかも知れませんが。
結局、民族問題が権力の利害関係で形成されるしかないというのは、どこかやりきれない
感がありますけどね。

134 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/13(金) 18:07:55 ID:CiRle+OQ
>>131
しかしですね、蘇我氏って人が居たでしょ。
あのひとって、ようするに蝦夷出身なんじゃないですか?
そういう人が政治の中枢まで入り込んでるというには、
すでに民族が違うという状態じゃないと思うんですよ。
いや、人類学的な意味での民族は違うかも分かりませんがね。

135 :名無しかましてよかですか?:2009/02/13(金) 18:14:43 ID:Ek6RH9Ic
蘇我氏が?いま中国とか名乗っている朝鮮地方の関係だと思うけど

136 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/13(金) 18:35:16 ID:xegczkAU
蘇我氏蝦夷出身説は俺も初耳。蘇我氏の本拠地は南河内、
今の大阪府南東部の石川流域辺りで、渡来系説もあるけどはっきりしていない。
空海なら蝦夷出身説があるけど、彼の蝦夷差別発言も残っている。

137 :名無しかましてよかですか?:2009/02/13(金) 19:13:38 ID:BTRJ8fyp
>>132
それはその人の非常識のせいでされてる事を
出自のせいにしてるんじゃないの?
「二つの風の谷」に出てくる差別なんかもっと小さいネタだよ

差別があるって事にしてそれを批判する内容の劇を
児童に演じさせようとした教師が創作したせりふとか

138 :名無しかましてよかですか?:2009/02/13(金) 22:59:54 ID:NLNeHov0
日本に民族研究を持ち込んだのは外人

139 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/14(土) 00:10:54 ID:K7LnzWzg
文化人類学に限らず今の日本の学問自体、
基本的に近代以降欧米諸国から取り入れてきたものだろ。

140 :名無しかましてよかですか?:2009/02/14(土) 00:42:47 ID:HzMLdO+y
そうだな

民族研究に関しては特に基礎もほぼ全て外人が作って
日本人自身では未だに確立出来てない気がする

元々世界観が日本列島の内側にしかなかったからなぁ

141 :名無しかましてよかですか?:2009/02/14(土) 01:07:46 ID:aDGbm6cn
>>134
蘇我蝦夷の名は蝦夷の強さにあやかってつけたのよ
本当に蝦夷だったら天皇家と縁戚関係にはなれないよ

142 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/14(土) 01:11:50 ID:K7LnzWzg
>>140
>元々世界観が日本列島の内側にしかなかったからなぁ

さすがにそれはない。近代以前に日本人が伝統的に抱いてきた世界観は三国
(日中印)周辺、東〜南アジア一帯の仏教世界であり、
今で言う”東洋”や外務省の定義する特定の”アジア”の範囲とほぼ重なる。

143 :名無しかましてよかですか?:2009/02/14(土) 02:24:13 ID:bXIJX+QE
小学館は聖教新聞に広告出しすぎwwwwwwwwwわかりましたw w w

ヤマダ電機は元旦の公明新聞に広告を出してました
ビックカメラは、あの毎日新聞(東京版、埼玉版)と聖教新聞に毎日広告掲載してます
(毎日新聞まとめで検索)


2009年2月5日聖教新聞 広告掲載企業
★は常連、★なしでも創価系かもしれません

1面:★毎日新聞社「パソコンを始めようシリーズ」、★鹿島、★関電工、小田急電鉄、
聖教新聞社(創価)、旅行読売出版社、マキノ出版、★小学館、電気書院
2面:潮出版社(創価)  1/3広告
3面:名菓・博多の女本舗 二鶴堂
4面:★小学館「サライ」 1/6広告、(株)荒畑園
5面:安藤建設(株) 1/3広告、(株)エスアンドシー、(株)フローラ、(株)トーエネック(中部電力グループ)
6面:★サントリー「DHA & EPA」 1/3広告
7面:第一三共ヘルスケア 1/3広告
8面:三菱商事「テラス大宮大門町」http://www.t-omiya.jp/ 全面広告
9面:★日本図書輸送(株)「ニットは・・」  1/3広告
10面:(株)長寿乃里
12面:★(株)大林組、★ビックカメラ「最大20%ポイントサービス」、大杉製薬(株)「オースギ漢方」

144 :名無しかましてよかですか?:2009/02/14(土) 10:03:09 ID:cjRLw17F
>>132
全く認知していないけど、そんなテレビ番組いつ?どこの放送局でやってたの?KWSKウプきぼ〜んス。

145 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/14(土) 16:01:25 ID:SBMDKFB+
>>140
今も、そうした欧米の倫理観で近代文明は動いているわけだ、
世界は欧米がいまだ支配しているし、こうした民族問題も
結局は欧米の戦略や意図、正義から来てる。
その根幹にはキリスト教的な、欧米文化的な道徳、考え方が
あり全ては神の御意向なわけだ。
欧米の民族観を見てると、そう思わざる得ない。
そういう意味ではナチスドイツの考えはちょっと違うのかも知れんが。

146 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/14(土) 16:28:55 ID:SBMDKFB+
>>138
江戸時代の民族観なんてのは、漢民族の民族観をベースに唐以降の中国的な
捕らえ方の延長で西洋的な民族観とはちがい、民族文化や生活の違いなんて
のはさほど問題ではなかった。
幕末も日本も中国も朝鮮も同じ民族だと思ってただろうし、民族の違うものたち
は朝貢させ、文化や生活習慣を改修させ、改修できなければ徹底的に差別する。
そうやって徐々に侵食して最後に同化して取り込めばいい、そうした考えだろう。
今の中国や帝国時代の日本の民族観と通じるし、要するに民族主義ファシズム的な考えだ。
欧米は知らんが、同化する際はジェノサイドや民族浄化を徹底して行い、完全に
自分達の血筋だけを残すというようなイメージがあるが。(わからん)


147 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/14(土) 16:43:01 ID:SBMDKFB+
そういう意味では、民族としての日本とは結局は中華民族であり大和はその一民俗
か、一部族に過ぎないのかもしれない。



148 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/15(日) 01:46:00 ID:LdRA67sR
きょう俺の好きな不思議発見という番組で、台湾の高砂族が出ていた。
おれはもっと、高砂族というのも現代文化になじんで溶け込んでいる
もんだと思ってたが、いくら民族が違うとはいえあそこまで違うともう
なんだか唖然としてしまう。

それにくらべ、アイヌや琉球は果たして先住民族といえるのだろうか?
はたから見れば、高砂同様まったく違うように見えてしまうのだろうか?

俺はアイヌに関して言えば、少数民族・部族というほうがしっくり来るし
琉球に関して言えばそのどちらでもなく琉球民俗のほうがしっくりくる。
客家のようなもんだろう。

ただし、やっぱり民族という言葉の意味があいまいなせいでどちらも
先住民として、やはりいえなくもないという事だ。

しかし、現代において日本は琉球もアイヌも同化しているためアイヌ民族は
すでにアイヌ家となってるし、琉球民族は沖縄人、つまり沖縄県民だ。
この状態から先住民族へ復帰というのは、少々手荒い行為ではないだろうか??
強行的に民族成立を行っているようにすらみえる。
これはアイヌ沖縄に対する十分な再差別行為にあたらないだろうか?



149 :名無しかましてよかですか?:2009/02/15(日) 20:42:44 ID:jFMtFhXT
>>117
宮平新証言は突っ込まれていた?
産経がスクープのように取り扱った記憶があるが・・・・・・ハシゴ外された愛国者はいまどうしているのだろう?

150 :名無しかましてよかですか?:2009/02/17(火) 06:42:34 ID:Ry68QREe
>>148
>強行的に民族成立を行っているようにすらみえる。これはアイヌ沖縄に対する十分な再差別行為にあたらないだろうか?
再差別を防ぐための「日本民族」なわけでしょ?それと似たような話は明治にもあったね。
琉球人・沖縄人のままでは日本人から差別されてしまうよ。だから「大帝国日本臣民」になろうよ。ってね
゛アイヌ・朝鮮・台湾・・・・゛「大日本帝国臣民」のイメージから外れた所謂「外地の人」を差別することで日本人になってきた「近代沖縄人の病巣・原罪」
つまり沖縄人は差別されたくないから「日本人」になろうとしただけ。
文化の類似点どうこうは後付けだったわけね。

「日本民族」はこれらとは違うと言う。
大和民族をもフォーマットしてしまうらしいから。
であれば、それと同時に「現代沖縄人の病巣・原罪」もフォーマットの対象にしなければいけないのでは?

まぁそれを言えば今度は「単一民族の妄想から逃れられず、近代沖縄人の病巣・原罪を直視できない」沖縄人から「小林はウスラサヨク」と口撃されるのだろうけどね。

日和見気味な小林は一体どこまでゴーマンかませるのか楽しみではある。
しかしこう考えると「日本民族」なんて尊大な言葉を引っ張りだしたものだなと。
結局「日本民族」とは政治的思想から発生し、現在の国境を歴史に求める言葉に終始するだけだと思うけど。

何が小林を焦らすのだろうね?

151 :名無しかましてよかですか?:2009/02/17(火) 13:59:10 ID:KNS89VLE
>>150
>「単一民族の妄想から逃れられず、近代沖縄人の病巣・原罪を直視できない」
ってなんだよ。
琉球民族としてたてば罪が許されるのか?
つうかあんたは、自分が「日本人」だと言われることに違和感を持ってる人間だろ、
もしくは外国人か自分の思想に不都合なだけだろが。

他の人に解説すると、
いわゆる「サヨク」とか「反日日本人」と呼ばれる連中の中には、
自分が「日本人」と呼ばれることに大変な違和感を持つ者がいるです。


152 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/17(火) 21:33:56 ID:Zh29xmm4
あれ・・・・なんかデジャヴュか・・・?
まあいいか・・・。
アイヌ沖縄を考える上で大事なのは、アイヌと沖縄が民族だという固定観念を捨てる事。
といっても、否定するわけじゃないからね、一時忘れておいてほしい。

要するに、もうアイヌや沖縄がそういうことを考える時代はとうの昔に過ぎてる、賞味切れなんだよ。
俺は今の時代にアイヌ系や沖縄人を”民族”として独立させる意味は無いと思う。
俺に言わせれば右翼の差別主義者と同じだよ、ただの民族主義。
「そんなにアイヌ系や沖縄人を差別したいのか?」と言いたい。


153 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/17(火) 21:46:08 ID:Zh29xmm4
ま、つまり中山の単一民族発言も実際には賞味期限であり、批判されるべきなのだろう。
しかし、それをもって「アイヌ民族を〜」と言うのもまた時代錯誤なんだわ。
いつまでも脳みそにカビの生えたようなやり取りしてると、未来に取り返しの付かない
事になっても俺は知らんぞ〜・・・・と言いたいところだ。

日本民族は何か?という事に対して終着する事は何も悪い事じゃない。
今までの日本人が、大和民族が見ようと知ってこなかった時代が、いや
大和民族権威主義によって隠されてきた江戸と蝦夷の実体がようやく封切られたのだ。
むしろ時代としてそれを問える段階に入ったという事は、大正〜昭和の帝国時代に
形成された偏向大和民族の枠組みがようやく取り払われてきたことを意味する。
これはほんらい喜ぶべき事なんだが・・・・・。


154 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/17(火) 21:53:18 ID:Zh29xmm4
>何が小林を焦らすのだろうね?

焦らすと言うより、明らかに横暴だからだろ。
日本や沖縄が中国に民族として併合されたとき、同じように抵抗してくれるだろうか?
アイヌや沖縄を独立させたい人らは、どちらかといえば中華民族の側に回って
中国の日本支配を支持されるんじゃないですか?

また沖縄・アイヌ問題を考える場合に、中国の満州と台湾(タカ砂部族ではない)、香港を考えてもらいたい。
いまさら満州を自治民族として独立させたり、台湾や香港を「あれは中国人ではない」とはいえんだろう?
今の台湾はまるで琉球時代の沖縄に酷似しているのかもしれん。(香港にも似たような感じはある)

それから今の満州族の中華民族への同化を見てると、まるでアイヌを思う。
満州族は満州族として認められては居るだろうが、これはいうなれば満州族系中国人である。
今のアイヌ系日本人と同じだな。

これを新たに満州族自治区などとして独立させる必要はないだろう?


155 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/02/17(火) 22:32:45 ID:2cciAmRR
シボ、エヴェンキ、オロチョン等の満洲系はごく少数だけどいる。
もっとも満漢一体だから区別の付けようがないし。
満洲人は漢化して漢人は満洲化してるから、ご先祖さんで区別つけるしかないんじゃないのか?

156 :名無しかましてよかですか?:2009/02/17(火) 23:04:21 ID:fnYtlj23
シボ、エヴェンキ、オロチョンは満洲と同じくツングース系。
糞コテのウンチクってどうしていつも微妙に間違ってるんだろう。

157 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/17(火) 23:52:09 ID:Zh29xmm4
ん〜なんか微妙に履き違えてるだろ・・・・
問題にしてるのは民族の系統どうこうのじゃなくて、満州ぐらい
同化してる人々に対して改めて独立を推薦するなんてのは
いくらなんでも身勝手なのであって・・・・
国際社会や民族問題を利用して何かしたいって言う反国家勢力がみえみえ。。

158 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/02/18(水) 00:04:29 ID:JEbcBynd
ツングース(トングス)てのは満洲語系で、豚と言う意味なんだけど。
民族が細分化されたのは本当にごく最近。

ツングースを代表して満洲系と言ったのだけれども、駄目か?

159 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/18(水) 00:50:46 ID:Mm7EaaSB
>>158
そういやあ、古代の朝鮮の東側に居住していたと思われる
狩猟民族もツングース系だったな。
朝鮮はもともとエヴェンキ風の名前だったとも聞いたな。

160 :名無しかましてよかですか?:2009/02/18(水) 05:48:54 ID:pO3ePaFb
>>158
「ゴート語、ゲルマン語、ノルウェー語などは英語系だ」
「ラテン語、イタリア語、スペイン語はルーマニア語系だ」
って言ってるのと同じ。


161 :名無しかましてよかですか?:2009/02/18(水) 08:05:15 ID:MlPTKPF5
キバヤシヨシノリ脳みそプリン体

162 :名無しかましてよかですか?:2009/02/18(水) 09:40:06 ID:PMEeRegR
アイヌも蝦夷地にて他民族を同化していることもお忘れ無く
北海道を基盤に展開したアイヌ文化とは多くの異民や先住者らの
慣習や信仰や漁撈や採集や道具を入手したことで成立したハイブリッド文化でもある

163 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/18(水) 14:52:34 ID:bvAHXhfD
まあ、ツングース系を満州系と呼んでも大きくは間違ってないと思う。
ウィルタもツングース人の一派。

164 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/18(水) 17:08:28 ID:Mm7EaaSB
>>162
沖縄のジャーナリスト恵隆之介がこういってる。
「そういえば両民族の顔つきがいわゆる縄文人タイプとして
酷似しているのには驚かされる」

ようするに、北の沖縄、琉球民族が北海道、そしてアイヌ民俗だって言う事さね。
そして、奇しくもその両民族の成立時期が明やモンゴル帝国の躍進のあの時代に関係している。
つまりアイヌ沖縄の分化時期はそう古くないって事だ。
かつての大和民族や韓民族が南下や渡来してきた古代中国系・北方系と混合し
その元居た民族体系を離れ独自の民族として進化したように、アイヌ沖縄両族が明やモンゴル系
という異民族と混合したことによって、新たな民族体を形成したというわけよね。



165 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/18(水) 17:25:31 ID:bvAHXhfD
1万2000年前には既にアイヌと琉球人は別々の集団だったという説もある。

166 :名無しかましてよかですか?:2009/02/18(水) 18:40:01 ID:40JbSZ3r
だからアイヌは何処から来たんだ

167 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/18(水) 20:17:22 ID:bvAHXhfD
アフリカ

168 :名無しかましてよかですか?:2009/02/18(水) 21:35:14 ID:pwk18Hp4
民主小沢代表の議員辞職を達成するスレ
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1234881937/

日本よりも中国の利益を優先させる日本の新聞社(産経を除く)

http://ja.wikipedia.org/wiki/日中記者交換協定
【日中記者交換協定】

・日本政府は中国を敵視してはならない
(中国政府、中国共産党に不利な言動を行なわない)
・米国に追随して「二つの中国」をつくる陰謀を弄しない
(日中関係の妨げになる言動を行なわない)
・中日両国関係が正常化の方向に発展するのを妨げない
(台湾(中華民国)独立を肯定しない)

そして、上記協定に「違反すると、記者が中国国内から追放される」のです。

各新聞社(産経を除く)は
こんな協定に反発しないだけでも報道の自由を本気で守る気は無い!


169 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/18(水) 22:15:10 ID:Mm7EaaSB
>>165
氷河期って、どれくらい人が移動したんでしょうか。
そう考えると、たしかに沖縄に最初住んでいたのは縄文系ではないような気がしますね。
>>166
アイヌはどこから来たんでしょうね。
そしていつから縄文系、蝦夷系と合流しそしてどのぐらい混合たのか・・・。

170 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/02/18(水) 23:08:22 ID:JEbcBynd
1万2000年前まで遡ってたらもはや民族とか関係ないし。
その時の人類の人口ってどんなもんだと。
縄文人の直ぐ隣が弥生人のご先祖さんである新モンゴロイドが居たりインディアンのご先祖さんが居たかも知れないのに。

171 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/02/18(水) 23:42:27 ID:JEbcBynd
しかし民族の近似性を求めた所で、はとこや従兄弟どころか、兄弟ですら遺産の分け与えで揉めて憎しみ合う風土なのに、
果たして「私と貴方は遠い昔兄弟だったんです」と言う主張に意味あるのかな?

モンゴルは兄弟で国を分け合った結果の支那やロシア、インド、トルキスタン諸国があって、
ヨーロッパじゃドイツ人がドイツやオーストリアとか散在する公国とかに分かれてたりするのにな。

172 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/19(木) 02:14:24 ID:0C8mKaOP
>>170-171
半島なんて 13世紀にモンゴルの人為的混血政策で
民族分類すらメチャクチャになるし結局民族なんて案外
その繰り返しでしかないのかも。

173 :名無しかましてよかですか?:2009/02/19(木) 06:45:32 ID:IN2Y7Y0i
永劫回帰 ◆XB7AjTRRiEさんに質問

>>164の恵隆之介の発言、出所を教えてたもー

174 :名無しかましてよかですか?:2009/02/19(木) 08:16:59 ID:eUtvJPgc
アイヌ語の系統については、村山七郎のオーストロネシア系説がある。
アイヌ語の基礎語彙に、マレー語やハワイ語や高砂族の言語を含む
オーストロネシア語族と共通するものがあるためだ。

そう考えた場合、アイヌ語の語順や動詞句の構造といった類型論的特徴は
カムチャダールとかギリヤークのように古アジア語的なので、
それら古アジア諸語との長い年月をかけた接触の結果
北アジア的な地域特徴を獲得した、という推論になるだろう。

175 :名無しかましてよかですか?:2009/02/19(木) 10:52:30 ID:TXTJP5i1
>>174
渡党、日ノ本、唐子のことを原アイヌなどと言ってる人もいるけど
ワジンと言葉が微妙に通じたり全く通じなかったりしていた別々の人達を
ひっくるめて原アイヌというのは胡散臭く聞こえない?
北方民族と人種的に一線を画した部分が色濃いアイヌはどこから来た人たちなの?

176 :名無しかましてよかですか?:2009/02/19(木) 11:09:27 ID:hOPbgIhW
>>164
恵隆之介を持ち出す時点でアレだが、最近の研究ではアイヌと琉球系はそう近縁ではないとなっている。
明(ビン)人は皇帝から下賜されたテクノクラートであるし、
居住地が異なっていたため、明代における混合は少ない。

177 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/19(木) 15:00:55 ID:0C8mKaOP
>>173
激論ムックですよ〜(^^

178 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/19(木) 15:04:00 ID:0C8mKaOP
>>175
>渡党、日ノ本、唐子のことを原アイヌなどと言ってる人もいるけど
>ワジンと言葉が微妙に通じたり全く通じなかったりしていた別々の人達を
>ひっくるめて原アイヌというのは胡散臭く聞こえない?

そこは胡散臭い、十分疑うべき。
俺はそここそがこのアイヌという存在の核心であると思ってる。
>北方民族と人種的に一線を画した部分が色濃いアイヌはどこから来た人たちなの?

といいますと?

179 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/19(木) 15:12:57 ID:0C8mKaOP
>>176
>最近の研究ではアイヌと琉球系はそう近縁ではないとなっている。

文化って事?

180 :名無しかましてよかですか?:2009/02/19(木) 15:56:48 ID:IN2Y7Y0i
永劫回帰 ◆XB7AjTRRiEさん>>177ありがとう。

181 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/19(木) 16:45:56 ID:0C8mKaOP
>>180
いえいえどういたしまして(^^

>>179
撤回、
いくらなんでも「最近の研究ではアイヌと琉球系はそう近縁ではないとなっている」
と言ってるのに、文化ってわけじゃないだろうし。
沖縄はなんと言うか、縄文系も多いけど基本は南方系、ようするに古代に
倭人と呼ばれた中国南部から東南アジア、マレーシアにかけての人々って感じはする。
佐藤優とか西郷隆盛は一見すると縄文系だが、あれは縄文系とは違うと思うし。

182 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/19(木) 19:06:29 ID:RkBByIcF
先島諸島なら台湾以南のオーストロネシア系文化の影響が確認されている。

183 :名無しかましてよかですか?:2009/02/19(木) 19:11:10 ID:hVecdiWV
アイヌ語を喋る人は北海道から始まって居るんですか?
それともどこかから海を渡ってきた人ですか?
唐子・日ノ本・渡党が混じって出来たのがアイヌ語ですか?

184 :174:2009/02/19(木) 22:04:45 ID:eUtvJPgc
>>175
レス番間違っていませんか?

185 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/20(金) 06:58:42 ID:tLMC9xyh
>>183
アイヌ語関連のスレのひとつ
アイヌ語地名の北限は?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/geo/1036024044/

あと、オマケだけどこんなサイト作る奴って何なんだろうな。
http://www.geocities.jp/orionseijin_cacacakah/ainu-izika_01_surabahri/ainu_izika.html
右翼なのか知らんが、こうしたレイシストはこうゆうページ作る人なんだろうな。
アイヌをロシア人と思ってるらしいが、まあロシアにとっては都合よいだろう逆に。
ゴリラ顔言うけど、したら明治天皇もアイヌだなw
http://home.hiroshima-u.ac.jp/mkatsube/001.jpg
http://home.hiroshima-u.ac.jp/mkatsube/002.jpg

186 :名無しかましてよかですか?:2009/02/20(金) 07:01:25 ID:o0nc+s49
>>185
真ん中のそれはただの電波だろ。右とか左とかじゃなく。

187 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/20(金) 07:11:26 ID:tLMC9xyh
あと、ウィキペデア
アイヌ語一覧
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8C%E7%94%A8%E8%AA%9E%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E3.81.AA.E8.A1.8C


コンル konru 氷

とか、どう見ても日本語と関係ある言葉も多いようだね。

188 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/20(金) 07:13:51 ID:tLMC9xyh
シレトコ sir etok 地の果て 大地の終り (知床半島)

知床なんてさー、よく日本語に「床につく」ってことばがあるじゃない。
関係ないんだろうかね。

189 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/20(金) 07:24:38 ID:tLMC9xyh
>>186
電波がここまでひどい感じにかくかね?
明らかに反左翼団体的な意図があるだろ。

・・・・しかし、電波かァ・・・・・。
アイヌ民族決議だって、ある意味電波っちゃ電波なんじゃないのか??
あれだってアイヌ民族をこれから打ち出そうとしてる連中の知識不足って
気がしないでもないけど。
やるなら本格的にやらんと。

190 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/20(金) 07:33:32 ID:tLMC9xyh
白老のアイヌ語単語集http://www.geocities.jp/ainuitak/2.htm

オソロ tosor 尻

というのがあるが、お尻がなまった感じもしないではない。

191 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/20(金) 07:38:48 ID:tLMC9xyh
オシマケヘメスプ tosmakehemesup 脳みそが足りない (オシマクヘメスプペとも言う)


どこのエジプト語だよ・・・(川 ̄□ ̄;)

192 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/02/20(金) 20:54:27 ID:np2KF0Yx
>>188
日本語らしく、尻床(しりとこ)か後床っぽくさせても意味は通じるな。

193 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/02/20(金) 20:57:54 ID:np2KF0Yx
ルイペってロシア語じゃないのか?

魚をロシア語でрыба(ルィバ)って言うし。

194 :名無しかましてよかですか?:2009/02/20(金) 23:14:19 ID:o0nc+s49
アイヌ語と日本語、アイヌ語とロシア語の間の借用関係は
百科事典のたぐいにさえ出ている。おまいら少しは関連書籍ぐらい読め。
ネットでわかることなんてほんのちょっと。

195 :名無しかましてよかですか?:2009/02/21(土) 00:04:30 ID:zkPc6Oqk
そういや蝦夷地だったころの北海道には
三山時代の沖縄みたいな状態ってあったんだろうかね。

196 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/21(土) 05:13:36 ID:SZu6AKxT
>>174
オーストラリアの先住民であるアボリジニとアイヌが似ているといわれる事があるが
いわゆる縄文人が、古代日本が環太平洋と南北アメリカに属するモンゴロイドと
オーストロネシアに属する人種や民俗の混合体系にあったことは十分考えられるとおもう。
アラスカ系統と同じミトコンドリアDNAを持った人が沖縄で見つかってたりするのは
北方系人種が日本列島を経由して南下してた証拠だ。
アイヌがそうした言語の体系の特色を引き継いでるという事は、やはり古代日本の
特色をベースに北方化したアイヌ民俗ということになるんじゃなかろうか?
ただ、中国雲南省や台湾の高砂をみるとやたらインディアン色が強かったりする部族が
居たりするが、これは何を意味してるんだろうか?
割りとアイヌもそういうインディアン的な影響が見受けられるけど、なんというか高砂の
ように根っからインディアン色という感じはしない。
何が言いたいのかというと結局古代日本人が新モンゴロイド化するにあたって
古モンゴロイド人やポリネシアやミクロネシアの系統を引きずってる日本人が迫害されて、
いやむしろ旧支配者と言った方がいいだろうか、新支配者たる新モンゴロイド系の古代中国人が
入植するにあたり敗れた勢力が蝦夷地や九州南部に退行を迫られ、また退行してく間にそれらが
渦のように蝦夷などの現地族を巻き込んでいって、北上し最終的に北海道へと落ち着いた。
後追いをするかのように新モンゴロイド系の支配勢力、つまり大和朝廷が結局は最後日本を統一した。
ただし、旧支配勢力と大和が蝦夷を舞台に激戦を繰り広げたという時代はそう遠い話ではなかったりもする。
アイヌが民族か?という場合、それがもはや北方系なのか、まだまだ日本系なのかを十分見極める必要があるとおもう。



197 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/21(土) 06:10:02 ID:SZu6AKxT
そう考えると、アイヌという存在はいつあのような体形に落ち着いたのか?という事になる。
琉球もそうだ、琉球に関しても三山時代とはいうが、日本では室町日本国王問題があったりしてあやしい時代。

ただ、この問題を突き詰めていくと、最終的にはそれはアイヌと琉球の”肯定”をせざる得なくなるかもしれない。
日本民族をとはいうが、俺もできるならそうあってほしいのだが日本民族は小林の主張している本来の”愛国心”
とはある意味で逆行してる形となるからだ。
ここで重要なのは、アイヌと沖縄にいったいどれだけの”ナショナリズム”が存在していたかだ。
つまり、彼らのナショナリズムの主軸とはどこにあったのだろうか??(アイヌ・琉球はどに愛国してたんだろうか?)

おれは近代というか、ここ数百年のアイヌがいつからそうなったのかは分からんが江戸・日本化してても普通に
清や北方アジア文化圏の民族として形質が向いてるという事実に少し戸惑いを感じている。
結局アイヌも沖縄も中国の手の内にあったんじゃないか?
アイヌはギリヤークやエヴェンキ、ブリヤートなどの連中にどこか文化的な帰属意識が
すでにあったんじゃないか?と、思うと暗くなる。(北方文化圏がロシアに落ちることでその帰属が薄れた?)
でもどちらも日本化もしていたのでアイヌ民俗、琉球民俗と言われてもなんら問題は無い感じはする。
大和=日本とは仕切りが違う枠組みであったのは事実だけどね。

また、アイヌとロシア人はどれほど関係していたのか?ということも気にかかる。
どちらにせよ北海道を争奪する日本とロシアの間で揺れた北海道アイヌと、ロシアに植民地にされるんじゃ
ないかとあせった日本もどこか似ている感じはするという点に”アイヌ琉球を先住民にする”という
事自体少し違うんじゃないかとも思うわけだ。(じゃあ日本は近代国化してはいけなかったのかという事に)
我々が欧米から身を守るために、正当防衛のために同化した範囲というのはどこまでの事なんだろうか??

198 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/21(土) 06:19:57 ID:SZu6AKxT
だからおれは小林のよく言う「沖縄が本土を同化するぐらいの気持ち」というのは、沖縄人の
アイデンティティでどこか無理があるのでは?と思う時がある。
今のアメリカイズムの民主主義になじめない右翼な日本人とか、小林もそうだろう。
民主主義より民族主義、問題はアイヌ沖縄でどれぐらいそういう人がいるか。
沖縄アイヌを日本に統合する方向でのナショナリズムは、もっとなにか確固たる歴史的な”何か”が必要に
なってくると思うし、それを作るのが今の時代かもしれない。
だからそれまでは琉球は琉球民俗、アイヌはアイヌ民俗、大和は大和民俗(民俗≒民族)として、それぞれ
ひとつ前の姿に回帰した状態の方が案外いいんじゃないかとも思ったりするわけで、どっちがいいのか悩ましい。

ただいえるのは、沖縄の左翼団体やウタリ協会とかの主張してる民族独立ってのは非常によくないという事だろう。
アイヌと沖縄の民族独立を行うには、彼らのやり方じゃ絶対にいけないと思うし、それこそ分断主義者の
なにものでもないだろう、彼らによって独立されるぐらいならいっそ日本民族してしまったほうがいいのかもしれない。

199 :名無しかましてよかですか?:2009/02/21(土) 11:06:14 ID:BpyL37nD
>>198
本来の"愛国心"とは?
>だからおれは小林のよく言う「沖縄が本土を同化するぐらいの気持ち」というのは、沖縄人の
アイデンティティでどこか無理があるのでは?と思う時がある。
絶対無理だから安心して。これは小林が沖縄の取り巻きに向けた哀しいリップサービスだよ。
おそらく小林は沖縄で「一生懸命に日本人な沖縄人」を目の当たりにしたのだろうね。
>もっとなにか確固たる歴史的な”何か”が必要に 〜
”日本民族”といった言葉が今の世の中に住む人間を包括する言葉であるつもりなら、その”何か”を歴史に求めるのは無理がありすぎるの。 

>だからそれまでは琉球は琉球民俗、〜ひとつ前の姿に回帰した状態の方が・・・・
大戦が起きないかぎりそれも無理。

自分でも理解しているんじゃない?
結局は”日本民族”なんてのもエゴの塊でしかなく、政治的主張・対立軸から発生し、ごく一部の人たちが自己満足する概念でしかないって?

だから今後が楽しみなの。
一体どこまで「ゴーマン」かませるのかって。
まぁ徐々にフェードアウトしていくだけと思うけど。
小林もサトウナントカって敵ができて案外ホッとしているねかも知れないね。


200 :名無しかましてよかですか?:2009/02/21(土) 17:26:08 ID:3Y7b03mm
三山時代?みんな沖縄島のことしか見てませんがな。
琉球民族に絡める現在の地域は、沖縄・宮古・八重山・そして奄美の四地域でですから、
沖縄人のアイデンティティと言っても、琉球民族を主張している団体の問題意識とは沖縄島主体の沖縄問題や歴史が主題なんでねえ、
賛成派でも他の離島出身者の中には沖縄島の論理に振り回されるんじゃないかとの危機感があるんだよなあ。
>>199さんの見ている沖縄人(多分奄美は抜いてるね)でも、沖縄人のアイデンティティと言われても???な奴もいるんで無い。
  
それに沖縄の民族運動らしきものって過去三回あったような気がするけど、三度とも地元民や出身者から否定されてなかったっけ。

まあ結局、沖縄島の一部左翼団体(日本人としてのアイデンティティを肯定している団体もある)や本土や韓国朝鮮系のその支持者は分断ありきで、
地元からの支持も得られにくいと良く分かっていて国連を使って権威付けを狙っているのだろうね。
アイヌ側の団体が、地道に関係者に支持を貰う運動しているのとはえらい違いです。
そんなんで政府から、「国連にて活動している団体は沖縄の人々の多数意志を代表したものであるとは承知していない」って言われて
、懸念を表明してるんだから本末転倒な事ですな。
そんな感じでこそこそやっているしか見えないんで、フェードアウトしていくのはそっちじゃないの。

201 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/22(日) 04:44:49 ID:HvFa2QFc
>それに沖縄の民族運動らしきものって過去三回あったような気がするけど、三度
>とも地元民や出身者から否定されてなかったっけ。

激論ムックで見たんだが、北海道庁爆破した容疑者として逮捕された
大森勝久というアイヌ活動家が現地のアイヌ系人に活動をやめるよう止められてる。
この人はアイヌでもなんでもない本土の人間らしいけど、なんせ70年代の話だからね
結局、反帝主義でアイヌ独立を叫んでたんだろう。
現在のそうした沖縄問題も、結局それの延長的なもんなんじゃないか?

>地元からの支持も得られにくいと良く分かっていて国連を使って権威付けを狙っているのだろうね。

これが結構効いてるんじゃないかね、マスコミもそういう言論広めてるし。
そしてこれからが大変だろう、そのためにコヴァなどが先手を打ってるのかな??
逆に利用されなければいいけど・・・・
>アイヌ側の団体が、地道に関係者に支持を貰う運動しているのとはえらい違いです。

新党大地の例のアイヌ系女性議員はひどいけどな、ロシアに媚びうる売国議員。

202 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/22(日) 06:03:53 ID:HvFa2QFc
それとちょっと聞きたいんだけど、この問題、アイヌや沖縄の問題って
これから大きく取り上げられたほういいかな?
小林がフェードアウトするのか、活動者側がフェードアウトするのかは
それは分からないけど、どちらかというとこういう問題って実は穏便に
済ませたいってのが両者の本音じゃないのか?
実際大きな問題にされると、それこそ諸刃の剣になるかもしれないし
両者困る事にもなりかねない。
それは利権や売国にも大きく響くから、小手先でしか出れないんじゃない?

203 :名無しかましてよかですか?:2009/02/22(日) 12:31:00 ID:JhIGCen0
>>202
三山時代のどこが”沖縄島だけ”の話なのかよく分らないのだけどもね?

で、よく引き合いにだされるけど”沖縄島”とその”周縁”を持ち出しながらも
”日本民族”の訳の分らない整合性に疑問を持たない人って本当に理解に苦しむだいたい海を隔てた向こう側さえも全て同じと考えている人ってなんなの?。
”伊是名伊平屋”の人達は”沖縄島”を対岸に見ながら育っている。
ペルーでピューマに何度も襲われた南米帰りの沖縄人も、ミンダナオの母親も持つ沖縄人もいるわけね。
アイノコと呼ばれクロンボな肌を持ちながらもいかにも沖縄チックな姓名な人間もいるの。
ヤマトから転校してきて、沖縄の給食が食べれないと居残りさせられるヤマトンチュを見ながら「育ってきた環境が違うんだ」と認識する
アメリカークロンボな肌を持つ沖縄人もいるの。そしてその人はウチナーンチュが知らないOKINAWA的とも言える環境で育ってるの。

沖縄県といった”行政区画”の中に幾つもの”<心碑>…、同郷人、同国人の感覚によらなければ理解できない類の心意伝承。”
があるなんて当たり前で、こっちはソレを子どものころから見ながら育ってんの。
だから、日本国といった共同体の中にある別の心碑に対して「アイヌ・沖縄はひとまず忘れてほしい」なんて漫画で知った気でいる人が言う”日本民族”なんて言葉に懐疑的なわけ。
”日本民族”といった共同体の中に別の心碑があることを許さないのはいったい誰?

”民族”なんて言葉をもっともらしく語れる人間は”ペテン師”の才能があるんだろうね。
で、それを突かれればヤレサヨクだのヤレ反日日本人だのヤレ売国奴。本気で言っているのならある意味感心する。
漫画やアニメの世界のように「絶対的な悪」がいればこのような人たちはラクチンなんだろうね。

>どちらかというとこういう問題って実は穏便に済ませたいってのが両者の本音じゃないのか?
穏便も何も「国が分断される」と勝手に騒いでいる人が現実をみれば済む話だとおもうけど?

>それこそ両刃の剣〜
だから政府の見解が必要なんでしょ?
政府がネウヨや小林みたいな事を言い出したらそれこそオシマイだね。



204 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/22(日) 18:51:28 ID:HvFa2QFc
なるほどー
言いますね、それは確かに小林の見てる沖縄の視野が狭い、「一生懸命に日本人な沖縄人」
しか見てないというのもどこか納得。
確かにそれは民族をもっともらしく語ってる小林さんにもどう思われるか聞きたいですね。
こヴぁやしよしのり氏にそうした手紙って出されましたでしょうか?そういう反論趣旨のものは?
>>199では何をおっしゃられているかはよく分からなかったけど>>203で始めて
何が言いたいのかよく分かりましたよ。
これはアイヌにもいえたことでしょうね。

でもじゃあ聞くけど、別に俺は「アイヌ琉球は忘れてほしい」の類は
現状がもうすでのアイヌ琉球が日本化してるという”前提”でおいてるわけ。
それならば国民国家として、現代日本を中華民族のように”日本民族”と
タグを打っておくということもそんなに無理があるような事じゃないのかな?
とおもったわけで。
ただ、それだと中国と同じだろ、といわれると俺としては半分同意するも
中国とは問題自体が本質は同じでももはや段階が違うとも思ってる。
で、一番聞きたいのは日本は異質だと思ってる沖縄人、また日本をどこか差別
してる沖縄人、自分は日本人ではなく琉球民族だと意識している沖縄人、今どれだけいるのかということ?
俺は所詮漫画で知った気でしかないから、そこは非常に重要なんだ。
小林はそこンところ話さないからね、アイヌに関してもいえるけど、どれだけ”アイヌ民俗”に回帰したい人がいるか?
俺は漫画で知った気でいるから、もうこういう人はほとんど居ないものと思ってるわけ。
もう中国の民族問題とは違い、同化が進んでもう”手遅れだ”ってのが知った気でいる俺の意見。

205 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/22(日) 19:57:58 ID:TDtkQKQF
本当に「同化が進んでもう”手遅れだ”」って思うなら黙っていればいい。
アイヌ・沖縄には取り立てて騒ぐほど日本社会に対して影響力は無い、
ということになるんだから。

206 :200です。:2009/02/22(日) 20:19:50 ID:381jtlCQ
アイヌ側には嫌な言い方だろうけど、沖縄側には領域がある点が違う(あんまり言いたく無いけどね)。
領域があると言う事は地域差があって地域エゴもある訳だから、賛成者でも反対者でも、活動者の沖縄島主体の論理には早晩白けるだけ。

>>203さんの例は面白いけど相変わらず沖縄島が主眼だね、気付いて無い?それから全てのウチナーンチュ同士は平等だとでも言いたいわけ?
ウチナーンチュが平等と言えるのは、現在の日本と言う社会に属してしてから少しづつ実現してきたのであって、それを破壊して前時代的な出自差別、地域差別、果ては階級差別的な社会に戻したのか?
また一応言っとくけど”クロンボな”は差別用語だし、外国にも出自のある人がどの様なアイデンティティを持ってるかはその人しか分からないよ、
その人らに沖縄島しか出自のないウチナーンチュがどの様に接してきたかも知ってるよね。

”大和民族”に迫害される”琉球民族”を国連で持ちだしている連中の思想が気持ちわるいのさ。
繰り返しにもなるけど、活動者達が単独で民族解放を唱えないで、地元ではない者と共闘することを戦略として、そのお友達の祖国である全体主義国家を肯定する。
そんな誰のために活動しているか判らない手前勝手な平等や権利や賠償要求を唱え、日本が彼の国々より不平等だと主張している連中には従う言われは無いよ。
>>203さんは知らないわけじゃないよね、ネットで活動者とその交友関係をを調べられると良い、どの様な思想かはすぐ分かるから。

207 :200です。:2009/02/22(日) 20:20:44 ID:381jtlCQ
206続き。

永劫回帰さんの意見にも被るけど、今回も社会経済機構から言っても地元からは各論賛成、総論反対な感じで無視されるかうやむやにされるんじゃないかな。
戦後すぐの沖縄人連盟の時も政府は同じ見解だったようだし、当時は戦争に負けて今ほど余裕は無かったし、もちろん独立する気があれば妨げもしなかっただろうね。
その時の結末は、連盟内部での主張はあったけど別民族と言うのは否定されたかうやむやされ、地元では復帰への志向だったね。もちろん彼の民族からの接触があったようだけどね。

ついで、社民党の党首も肯定しているっぽいけど、最近基地のグアム移転に反対のコメントだしてるねなんだあれ?活動者達は基地の撤去を主張しているのだがなあ。
Decide One's Fateさんの言うように無視も良いけど、活動者の背後関係を知らせるのはみんなで将来を考える上で重要だと思うけどね。

208 :名無しかましてよかですか?:2009/02/22(日) 22:53:00 ID:JhIGCen0
>>204
小林に手紙? 出さないけど?
で、個人の範囲内でしか言えないことだし、世代によってかなりちがうけど
・日本は異質だと思ってる沖縄人
何を取り上げて異質としたらいいか分らないけど、日本の墓は怖いとは大体共通してよく聞く。
・日本をどこか差別してる沖縄人
本島南部には多いような気がするけど、差別感の類ではなくて、沖縄人の自意識が意固地になっているだけでしょ。
・自分は日本人ではなく琉球民族だと意識している沖縄人
自分は日本人ではなく、沖縄人と意識している人の割合は大だろうけど、沖縄人を琉球民族としている人はそれこそ見たことがない。
沖縄人が沖縄人だと意識するのは民族運動じゃないよ?

>>206
>それから全てのウチナーンチュ同士は平等だとでも言いたいわけ?
○○だから平等じゃなくて、違いがあるからこそ平等といった価値に重みがあるのだとおもうけど?
ミヤコンチュもアマミンチュもヤイマもウチナーンチュじゃないでしょ?
ミヤコンチュからしたらウチナーンチュもヤマトンチュも異邦人じゃないの?

他の人がいう沖縄人がどうかは知らないけど、こっちが言っている”沖縄人”ははっきり言って沖縄本島のことだよ?
本島と別の島は心碑がこれまた違う。だから言っているでしょ?
「沖縄県といった”行政区画”の中に幾つもの”<心碑>…、同郷人、同国人の感覚によらなければ理解できない類の心意伝承。”」って
それとも何?ウチナーンチュで括ってほしいの?


209 :名無しかましてよかですか?:2009/02/22(日) 22:54:41 ID:JhIGCen0
個人的なことを書くつもりはあんまないけどこっちの母親は「南米生まれの南米帰り」だわけ。
異邦な人間が沖縄社会でどれだけ骨を折ったかそっちに言われなくとも知ってるの。
日本といった国が日本民族だけで動いていないと同様に、沖縄社会もまた琉球民族だけ動いてないの。
”琉球民族”といった言葉が今の沖縄に住む人間を包括する言葉であるつもりなら、その”何か”を歴史に求めるのも無理があるとも言えるの。

”琉球民族”といったあやふやな概念を確固たるものにするために、定義を作るのもいいのかもしれないし、別に反対しない。
だけど”琉球民族”が沖縄は”琉球民族”の土地だと声高々にいえば、別の民族を造りだして対抗しなくてもいいの。
「沖縄は琉球民族だけで成り立っているのではない。現実を見ろ」で事足りるでしょ?


こっちが言いたいのはね?
「茶碗の飯をスプーンで食うのに罪悪感がある」と同じように、他者からみればクダラナイの一言
なんだろうけど、否定のしようが心碑の積み重ねが日本人といった意識であると同様に

沖縄人といった意識もまた心碑の積み重ねで成り立ってきた現象なの。これは奄美も宮古も八重山も同様なはずなの。
サヨクやら反日日本人やらが誘導した結果、沖縄人は沖縄人の自意識を選び取ったわけじゃないの。

小林が言う沖縄人はそれこそ「一生懸命に日本人な沖縄人」じゃないか。
「公」のためにそこにある心碑には目を向けずに、見えない敵を紹介し続けてもいいんじゃない?とめやしないよ。
けどそのうち「ゴーマンかましてよかですか?」は「愛国無罪かましてよかですか?」と同義になるのだろうね。

基地関係は別問題で、沖縄には米軍基地があったほうがいいとは思うのだけど?
なにか関係あんの? 見えない敵を追っかけている人には大いにアリかもしれないけどね

210 :200です。:2009/02/23(月) 01:38:55 ID:aO7SfyX6
>>208>>209目が覚めたので。
失礼な言い方するけど、貴方にはどうでも良いことだったのね、その辺は了解した。

まあ少し考えが違うが、クダラナイと思う気持ちでは貴方と私は共通するかもです。

211 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/23(月) 07:42:49 ID:h3Rqj0yf
私も違う意味で目が覚めた・・・・・・
俺はゴー宣の協議に乗っ取り、永劫回帰による民族の
単一性の”確証”を模索していたが、それも今日に終わりました・・・・。

要するに日本民族は狭い器だったのだ・・・・。
私は今日から思想信条をポキーッとくじけた事によりコテを変えて
以後”大和回帰”としてレスしていきます。
私は新たに強めたその思想信条からある程度小林に対する批判を
行わざる得ないでしょうが・・・。


それと、アイヌについて一言いわせて下さい。
”アイヌが民族だ”というのは、アイヌの存在意義に反するのではないでしょうか?
アイヌを民族としてしまったら、それはもはやアイヌではないかと思います。

ただし、ここで言うのはゴー宣的な民族の概念であって、決して人類学的な意味
ではありませんのでどうかあしからず。

212 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/23(月) 08:56:00 ID:h3Rqj0yf
>>206
>活動者の背後関係を知らせるのはみんなで将来を考える上で重要だと思うけどね。

この問題の背後にいる、部落や自治労、在日外国人や左翼団体、売国議員、朝日、沖縄
の新聞や北海道のテレビ局、佐藤優などの人らに対して、どう”賛成”しろと言うのだろ・・・。
彼らに対する反権と反売国的意味でゴー宣信者やってンのに・・・・・


ただ、小林よしのりさんが背後関係を批判するのは良しにしても
同時に沖縄やアイヌについての民族権利それ自体を否定するのは
やっぱりよくなかったんだろうな・・・・。
佐藤優や左翼団体とは違うスタンスで独立論とかを切り出してほしかったかな・・・・。

そして、いまさらアイヌ沖縄擁護には戻れまいし(゜´ω`゜)

213 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/23(月) 09:06:06 ID:h3Rqj0yf
それに、もしコヴァが大和民族を肯定したほうこうで切り出していれば
真の愛国を語る保守言論人として今以上に信頼を得ていたかもしれないと思う。
日本民族という、アイヌ沖縄までを含める、方向性へ妥協してしまったことで
ちょっとどこか「無理が出ちゃったかな?」っていう感じに、やはり収拾が付かなく
なってしまってるのだろうか・・・?

214 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/23(月) 10:24:22 ID:h3Rqj0yf
>基地関係は別問題で、沖縄には米軍基地があったほうがいいとは思うのだけど?
>なにか関係あんの? 見えない敵を追っかけている人には大いにアリかもしれないけどね

基地問題に関していうならこれほど世界平和に反している事も無いだろうとおもう。
まさにアメリカ帝国主義の一環、「何を大げさな」というだろうけど今の日本にはそういう意識がすっぽり無い。
さらに言うなら幕末の欧米の脅威といった事もないし。
コヴァと宮城先生の沖縄マスコミとの戦いの中心はそこだろうね、だから沖縄を全体主義と必要上に叩く。
昭和27年、1952年4月28、サンフランシスコ講和条約で日本は国際社会に復帰したが
沖縄本島と奄美は引き続き米国の統治下におかれた、って時代が違えばこれ植民地じゃん。
72年の本土復帰まで、日本の教科書には沖縄と奄美が無かったそうじゃないか。
もう戦後60年もたってるし、時代が変わってそういう記憶が無くなったからアメリカ
に対しての意識が薄れ変化したってのは本土や世界でも同じだけど、これって悪い意味で洗脳
されてるのと同じだよね、原爆なんてホントいい例だわ。
欧米による戦勝と、グローバリズム、民主主義で完全に騙されてると思う。
そういう悪と正義の2枚舌で世界戦略を行うアメリカに立ち向かうには社会主義しかなかったのも痛い。

いずれ沖縄は竹島や拉致被害者、対馬や千島尖閣と同じような存在になりかねず、
小林の憎む左翼傾倒者による”沖縄隔離化”が進んでる。
隔離化っても、本土からの差別化ってことなんだろうけど広い狭義で現代沖縄人は
それを望んでるってことでいいのかね?


215 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/23(月) 10:36:29 ID:h3Rqj0yf
それから、見えない敵って言うけど、第2の沖縄戦があるかもしれない。
次に戦争になって、特に中国とアメリカの戦争だったら真っ先に狙われるのはほかでもない
沖縄だからね、見えない敵とか言うけどこの先沖縄は中国と友好ムードになるだろうから
将来的に見れば今の台湾みたいに反日化する可能性もあるし、最終的に琉球王朝の時のように
米軍の変わりに中国軍に統治される可能性も十分にある。
本土の活動家や旧社会主義陣営親派、反帝の人々の意思を継ぐもの達の聖地として
引き継がれてる現状や、そうした連中の活動により琉球民族が先住民としての決議が行われたりしたわけで、
近未来に民族学校とか置かれた日には実質的な民族自治区になりかねないし、やがて日本でそうした
民族問題が再生されてしまったという事になる。
これをどうとらえるかによる。

2ちゃんのとある板で、偽沖縄人の分断工作とか普通に実在してるし、もうこういう風潮はとめられないのかも。

216 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/23(月) 10:49:52 ID:h3Rqj0yf
>”日本民族”といった共同体の中に別の心碑があることを許さないのはいったい誰?
>”民族”なんて言葉をもっともらしく語れる人間は”ペテン師”の才能があるんだろうね。
>政府がネウヨや小林みたいな事を言い出したらそれこそオシマイだね。

ID:JhIGCen0さんは、広い意味での現代人、民主主義者だろうか?
2ちゃんとかマスコミとかのメディア言論(これをなんていうのかは知らんけど)では
サヨクとして分類されるようだけど、アメリカという最悪の民主国家があるので
俺の抱く民主主義は良くない。
アメリカ民主主義の帝国を賛美するぐらいなら、自分は日本帝国の民主主義を
賛美したほうがマシだわ。

217 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/23(月) 11:02:48 ID:h3Rqj0yf
>>209
民族だって、もっともらしくそれが真実を射抜くようなまともな形であれば
それはペテンにはならないはずだ。
それこそ人類学的な見地でやればいいと思うし、それを教育で伝えるのも
義務ってもんだろうとおもう。
ただ民族をもっともらしく、こんなあいまいな言葉を使うという点においては
まやかしの道具なのかもしれないが、だがそれを世界に広めたのは
神秘主義に浮かれた魔術王?とかなんとかとかいってヒトラーを批判したメディアだ。
民族主義と聞くと、どこかナチスの影をちらつかせるように情報で仕組んだのは
アメリカのそうした反ナチスのプロパガンダの影響が左翼団体などの支持者や風潮で広まったものだ。
もちろん日本がナチスと同盟してたということもあるだろうが、ナチスと同盟組まなくても
そういう反ナチスのプロパガンダはメディアを通して十分に広まって居ただろう。


218 :この視点はどうだ。:2009/02/23(月) 13:32:30 ID:+CvTszVL
【Erinn】アイルランドの歴史【Erinn】
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1067780146/l50


707 名前: 世界@名無史さん 投稿日: 2008/06/17(火) 01:40:28 0
>>691
アイルランドの立ち位置はチェコや朝鮮と同じ

>>692
俺は琉球に近いと思うね
↑         ↑

いやウチナーはカナリオスに近いと思う。大陸に近いことも含めて。

ちなみにアイルランドはアイヌランドに歴史が似ている。



219 :名無しさん@:2009/02/23(月) 13:43:08 ID:iXIKx+l7
日本壊滅の危機!?

【政治】 「放置すると、日韓関係にヒビ」 外国人参政権付与、成立への流れ加速も…公明に各党同調、自民反対派は沈黙、首相次第か★16

http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1196321879/l50
【外国人参政権反対FLASH】
http://www.geocities. 上と下のURLをつなげてね
jp/ffflash2005/sanseiken.html
(´・ω・`)やぁ
まずはこれを見てほしい。オランダは外国人参政権でむちゃくちゃになったのは君もご存知だと思う。恐らくこのままだと日本も中韓に滅茶苦茶にされるだろう

よく聞いてくれ、僕らの育ってきた、暮らしてきた国がワケのわからん奴らに乗っとられようとしている

日本の建国史上最大最悪の危機なんだ!!

少しでも日本を思う心があるのなら立ち上がって欲しい、行動に出て欲しい

日本をこの手に取り戻そう。これは我々の義務でもあるじゃないか!(`・ω・´)
マスコミはこれを報道しようとしない(詳しくは下を見てほしい)。だからこの文を出来るだけ沢山のスレに張り付けて少しでも多くのの日本人に知らせてほしいんだ
時間はあまりない
日本人であれば行動をおこしてくれ、感謝している

★★外国人参政権反対運動OFF part2★★
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1196265306/l50

日本壊滅!?/マスコミが報道しない外国人参政権のカラクリ!(1/3〜3/3)ttp://jp.youtube.com/watch?v=6pl5jX057gE
ttp://jp.youtube.com/watch?v=A4JvwWW7hHo&feature=related
ttp://jp.youtube.com/watch?v=EeATeLupPAw&feature=related

220 :名無しかましてよかですか?:2009/02/23(月) 13:46:43 ID:m4NqDI8R
頭が痛くなる話だ

221 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/23(月) 20:30:52 ID:PHOEr2f2
>>218
アイルランドは歴史的には朝鮮と似てるよ。
アイヌは地形こそ似てるが歴史的な背景ではスコットランドだもん。

222 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/23(月) 20:32:08 ID:PHOEr2f2
>>219
外国人参政権は民主主義に反するだけの売国だからな。

223 :名無しかましてよかですか?:2009/02/23(月) 22:22:26 ID:vSz9dkXK
よくわからんけど、私はアイヌであり日本人であるというのではいけないのか

224 :名無しかましてよかですか?:2009/02/24(火) 00:05:59 ID:KKcHgDj2
>>211
”大和回帰”でいいと思う。そしてアイヌもアイヌであって、沖縄も沖縄でしかないし。
何かに対抗するために造り出された”日本民族”になるために、大和民族もフォーマットの対象にするのも酷だし、
アイヌ・沖縄を忘れようなんてのも絶対無理。

アイヌであって日本国民。沖縄人であって日本国民。
違いはあるけど日本国民といった平等さに価値がある。素晴らしいでしょ。

正当な批判もあれば、ただの中傷でしかないのもあるけど
へこたれないのであれば、小林には別の角度から沖縄に切り込んでほしいね。
別に”擁護”とかする必要なんて全然ない。

例えば、最近興味が出てきたばかりで、全く理解していないのだけども”天皇とは?”ってやつ
日本国民といった平等さは沖縄の隅々にまで行き届いているけど、
”日本国民の象徴”はそれこそ「天皇の赤子」のままのような気がしないでもない。
こんなこと言えば沖縄の保守は顔を真っ赤にして「アカがどうたらこうたら」言うのだろうけど
沖縄人にとって天皇とは「教化の結果」。
バカウヨがマンセーするような天皇像にはめっちゃ引くけど、知るための対象としたらとても興味深い。
学ぶべき事象といえば不遜かもしれないけどね。
「米軍基地」なんて先客があるところに、いったいどうやって「日本の象徴」を広めていくのか?とかね。
だけど、小林もたぶん気がついたんじゃない?「沖縄」は日本から見たら「寝た子は起こすな」ってポジションだって。



225 :名無しかましてよかですか?:2009/02/24(火) 00:28:13 ID:vymHpf1B
中国は(超限戦)という情報戦を日本、東アジア諸国、アメリカに仕掛けている。
目的は、アジアでに地域覇権確立。台湾領有により太平洋への出口を確保して、
アメリカが海洋戦略によりヨーロッパ列強を西半球から追い出したように中国も
東アジアからアメリカを追い出そうとしている。未来の行動を示すバロメーターは、
日頃の活動である。経済的に相互依存関係を持っていても、インド洋、南、東シナ海など
海洋の活動をみれば、アメリカへの敵対心が如実に表れている。軍事的脅威などないのに
海軍の近代化を中心とする軍備増強。アメリカもまた、近年、インド洋の中国進出により、
インドとの連携を強めている。つまり、ユーラシアのベルト地帯であるリムランドの
連携強化を進めている。青木氏の論が残念なのは、ここらへの地政学的視点がないのだ。
青木氏が重要視しているのは、地経学的視点なのだ。

中国の対アジア、アメリカへの情報戦の重点は、日本、台湾、韓国の政治・軍事的な連携阻止。
(アメリカをアジアから追い出した後に政治的にも軍事的にも各個撃破できる状態にしておく)
最大な重要工作は、日米離間である。中国にとって日米同盟は、海洋進出にとって、
にっくき目の上のタンコブである。その為にアメリカに近づき、信頼を得てアジアの管理を
まかせてもらおうとしている。(遠交近攻策)
中国は、日米離間の為なら何でもする。日本のジャーナリストに日本の協力者の情報だって
売るだろう。青木信者諸氏が(米中同盟)を主張すればするほど中国は高笑いしているのだ。
日本の自立戦略は、戦前の日本陸軍のように多方面に敵を作るようなバカな敵前突破はできない。
できる内部環境の中で頭を使って着実に自立戦略を持たなければならないのだ。


226 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/24(火) 00:37:20 ID:tCSsb7qS
>>223
誰がいけないといっている?

227 :名無しかましてよかですか?:2009/02/24(火) 00:51:55 ID:e6WNa3YD
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1235403566/l50
朝日新聞脱税問題。本社には罪は無いはずだ。

朝日新聞脱税問題。本社には罪は無いはずだ。

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1235403566/l50
朝日新聞脱税問題。本社には罪は無いはずだ。

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1235403566/l50

朝日新聞脱税問題。本社には罪は無いはずだ。

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1235403566/l50

朝日新聞脱税問題。本社には罪は無いはずだ。

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1235403566/l50

朝日新聞脱税問題。本社には罪は無いはずだ。

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/mass/1235403566/l50

228 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/24(火) 00:59:00 ID:3u7oiA4A
>>223
誇りある沖縄県民、沖縄人と小林はよく言う。
わしずむのアイヌ特集でも「日本国民としてのアイヌ」という題名になってる。
小林も「日本人としてのアイヌ、沖縄でいいじゃない」ということは口では言ってる。
ここまでは問題は無い。
ただ、ゴー宣になると傲慢をかまして単一的な日本民族という方向へと持っていこうとする。
日本国民としての誇りある沖縄人琉球民族、アイヌ人アイヌ民族、そして日本人大和民族、
というようなスタンスを否定してるようにおもう。


>>224
>寝た子はおこすな

どうして小林おはそういう方向を支持したのでしょうか?

229 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/24(火) 01:12:55 ID:3u7oiA4A
>>224
>沖縄人にとって天皇とは「教化の結果」。
>バカウヨがマンセーするような天皇像にはめっちゃ引くけど

教化の結果とは、それはどのような感じでしょうか?
実際本土人も明治になるまでは天皇の存在なんて知る人は
ぜんぜん居なかったそうです。
今でこそ普及してますが、沖縄は天皇に対してあまり親近感を
感じないのでしょうか??

バカウヨの天皇像というのは、ようするに単一民族と同じで
帝国時代の教義といえますが、やはり政治においてまだまだ
そういう風潮で表稼げるという現状がありますからね。

230 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/24(火) 01:33:37 ID:3u7oiA4A
>>224
>へこたれないのであれば、小林には別の角度から沖縄に切り込んでほしいね。

これからコヴァはそういう方向へ転換するでしょうか?

>アイヌであって日本国民。沖縄人であって日本国民。
>違いはあるけど日本国民といった平等さに価値がある。素晴らしいでしょ。


ではちょっと聞きます。
俺の意見ではなく、あくまでも想定として。
もし中山国交相のような右翼議員が「日本は単一国民国家である」というような
趣旨の発言をされたとする、これはOK?
また、「日本は単一民族である」と発言した上で、その内訳を「日本はアイヌ民俗、
琉球民俗、大和民俗のそれぞれ違う民俗から構成されその権利を有す」と説明した場合はどうか?

音声からではそのあとの民俗を説明するところが「民族」として伝わるかもしれない、右翼
議員は「単一民族」という言葉を政治利用したいがためにこうしたトリックを使うかもしれない。

231 :名無しかましてよかですか?:2009/02/24(火) 03:34:02 ID:31+RiWk6
よくウヨ厨認定されるおれから見ても「単一民族」という言葉は封印した方が得。
日本人は無神論(者)だ、などと同じように日本人論ブームが生んだ弊害の一つ。
国際言論における使われ方とはニュアンスがあまりに異なっている。
でも旧世代の代議士には難しい言葉を使いたがる者が多いからそういう計算が出来ない。
覚えるとすぐ無邪気に使いたがる。中山さんは確信犯だろうけどなw

232 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/25(水) 00:54:44 ID:2U1JBG8v
いやだから、封印も何も日本は現時点で単一民族なんだから。
琉球だって沖縄県民として暮らしてるし、アイヌも道民として暮らしてる。
中国のように民族を内包してるわけじゃない。
それなのに中山が発言したとき協会が「アイヌ民族を忘れるな」と、まるで
現在までいまだ日本の圧政下にあるような、そういうそぶりを見せた。

単一民族という発言を使う右翼議員もあれだが、そこに反論した
協会も俺もちょっと違うんじゃないかというか、共犯じゃないの?
って思うわけ。
そこに小林は協会側の傲慢を見て、ゴーマンをかましたってことじゃないか?
たしかにアイヌ民族と琉球民族はいたし、今もその民族文化が残ってるし
それは過去に大和民族によって制圧された抑制されたことを意味しているが
だからといって「まだアイヌ民族がいるような」そぶりを見せる協会は
「そこはどうなの?」って小林が突っ込まずにはいられなかったんじゃないか?
そしてアイヌが先住民族かどうなのかということも含めて、アイヌ琉球に対して
ゴーマンかましてるうちに「なんだ、歴史的に見ても日本は単一民族じゃないか」
と暴走し確信する事になってしまったという・・・・。

233 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/25(水) 01:26:58 ID:NxTuc/DU
>>232
>琉球だって沖縄県民として暮らしてるし、アイヌも道民として暮らしてる。

だから何?県とか道というのはただの行政区画。

>中国のように民族を内包してるわけじゃない。

中国も九割以上は漢民族だが?

>そこに小林は協会側の傲慢を見て、

単一民族発言の方が傲慢。ウタリ協会はそれに抵抗しているだけ。

>「まだアイヌ民族がいるような」そぶりを見せる協会

協会はまだアイヌ民族がいるようなそぶりを見せているんじゃなくて、
はっきり「まだアイヌ民族がいる」と主張している。

>「なんだ、歴史的に見ても日本は単一民族じゃないか」
>と暴走し確信する事になってしまったという・・・・。

結局まだアイヌがいるのに単一民族国家論は暴走ということでよろしいな?

234 :名無しかましてよかですか?:2009/02/25(水) 01:42:44 ID:1boB/uTD
小林は明らかに、民族よりもより大きな連帯感を持つ国家の構成員としての国民の方を重要視していると思う。
民族に固執すると血にこだわって偏狭な考えになってしまうと


235 :名無しかましてよかですか?:2009/02/25(水) 02:44:05 ID:0HF8YEXC
>>234
俺は大和民族は存在しないと言われても否定するよ
国家を以て民族とするのは当然受け入れられないな
アイヌが同じ民族だとも思えないしな

236 :名無しかましてよかですか?:2009/02/25(水) 03:34:17 ID:DXZLYwpy
単一民族論を否定したところで左翼の期待するような日本分断にはつながらない事を
誰もが明確に自覚すればよい。

単一民族否定論は単一民族論がないと出てこないものだから、うるさいと思ったら
単一民族論自体を葬り去っても全然かまわない。

237 :名無しかましてよかですか?:2009/02/25(水) 03:40:49 ID:7wqpY1RW
>>228
だから、「何が小林を焦らせているのだろうね?」ってことでしょ?
「日本人←修正(日本国民)としてのアイヌ、沖縄でいいじゃない」でよかったの。

>寝た子はおこすな
どうして小林おはそういう方向を支持したのでしょうか?
いまいちよく分らないけど?  

>教化の結果とは、それはどのような感じでしょうか?
歴史に天皇のゆかりや由来を感じることができないのが沖縄でしょ。
名前は忘れたけど、〜〜若宮?の鎮守の森とかご大層な碑もあったような気もするけど
ビスケット下賜されたから喜ぶべきだ!なんて言い分は教化の結果でしかないよ。

>実際本土人も明治になるまでは天皇の存在なんて知る人は
ぜんぜん居なかったそうです。
ちょっと待ったほうがいいんじゃない?これ?
天皇の事はぜんぜん知らないけども、ゆるやかな権威であった天皇ぐらいは認知していたんじゃないの?
そして、沖縄人からみれば”知らなくても困らない存在”
だけど、日本国民の象徴であるのであれば、沖縄人も「マナーとしての天皇」ぐらいは知っておいたほうがいいんじゃない?
って感じ。こういえば、顔真っ赤にする人がいるかも知れないけどさ。

>これからコヴァはそういう方向へ転換するでしょうか?
小林に聞いたほうが早いんじゃないの?まぁフェードアウトしていくと思うけど。



238 :名無しかましてよかですか?:2009/02/25(水) 03:42:30 ID:7wqpY1RW
>「日本は単一国民国家である」
これは言葉遊びの最たるものじゃない?
日本はアイヌ・日本・沖縄の連合じゃないんだし、帰属先は日本国ひとつでしょ?
でも、「日本は単一国民国家である」と言われても「あぁそうだね」ぐらいしか感じない。

>〜日本はアイヌ民俗、琉球民俗、大和民俗のそれぞれ違う民俗から構成されその権利を有す
その民俗が”民族の習俗”で捉えているのなら問題はないのかもしれない。
どっちにせよ説明が求められる言い方であるには変わらないと思うけど?
それこそ、”見えない敵”が見逃すはずないじゃない。
”ミンゾク”とは”民族”か”民俗”かぐらいは突っ込みはいるよ

>>236
だからそう言ってるでしょ?


239 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/25(水) 04:16:19 ID:2U1JBG8v
>>233
>結局まだアイヌがいるのに

アイヌってまだいるのか?
小林の本しか見てないから、ぜひともそこを教えてもらいたい。
>単一民族国家論は暴走ということでよろしいな?

小林の日本民族論は暴走だとおもます。
アイヌも琉球も、大和とは隔てた歴史があるのは否定できない。
小林はこの部分を、激論ムックでの上里氏のブログへの反論で
結構ごまかして「わしはそんな事一度も言ってない」「またか」としているが
本人はアイヌや琉球の帰属の、根底を揺るがしているという事に気づいていないらしい。
>>238
>その民俗が”民族の習俗”で捉えているのなら問題はないのかもしれない。

こういう発言をする右翼議員はおそらく未来永劫いないだろうけど、もし
互いの”民族の習俗”の相違を認め、リスペクトすると言う形をもって”日本は単一民族”
という事にした場合、見えない敵がどう出るのかはすごく興味があるところ。
おそらく「我々は民族だ」と言い張って認めないだろうとは思うけど、もしそのように
出てきた場合見えない敵さんの置かれる状況が逆に悪化するかも知れない。

240 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/25(水) 04:49:18 ID:2U1JBG8v
>小林の本しか見てないから、ぜひともそこを教えてもらいたい。

まあ、もっとも俺は小林の本と出会う前は完全に”居る”と信じて疑わなかったんだけどな。
まだ沖縄にも北海道にも、なんかそういうような人たちが居ると普通に思ってたし
日本にそういう問題があるとしるや恥だと思い、アイヌ語がもう失われていると知ると深く悲しんだ。
また沖縄の方言が失われつつあると知ると、「琉球語を沖縄で義務化すべき」と純粋におもってたし
アメリカンハーフ系の若い沖縄人が「日本語と琉球語はドイツ語と英語よりかけ離れてる」という事で
欧米に講演をしに出向いてるという特集を番組で見たりしてどこか感激もした。
聖火のときの長野の「フリーチベット」に影響されて、洞爺湖サミットの時に北海道に出向いて
「フリーアイヌ」でもやりにいこうかと思ったほどおれは日本が過去に行った悪行を疑わなかった・・・。
「そうではない」と反論するゴー宣を読んで目からうろこで、2ちゃんの偽沖縄人と対決し
”見えない敵が居る”と思い、そしてこの板を知り今日に至るがようやく小林もどこか間違ってる
と気づくに至ったわけだが・・・。



241 :名無しかましてよかですか?:2009/02/25(水) 09:47:34 ID:0HF8YEXC
>>239
本人にアイヌと言う意識があるならそれはアイヌだろ


242 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/25(水) 15:01:03 ID:vuavpiiy
>>241
「アイヌが同じ民族だとも思えない」ってのはこれは考えようだ。
日本の古来の姿は実にアイヌとそっくりだと思うし、むしろアイヌなんじゃないかとすら思うほどだ。
アイヌ語だって、あれは本当に民族言語なのかとも疑う。(ここは勉強不足だから何もいえないが)
近代においてはすでに部族集団となっていたため、民族が違うと錯覚に落ちてもおかしくはない。
その違いを民族として区分けるのならあれだが、そうした場合沖縄は民族ではなく
日本民族の系統に含まれる1民俗と判断したほうが良いだろうな。
そうした場合、コヴァはアイヌを民族として認めても琉球を民族としては認めないだろうね。

また、アイヌに関しても松前の蝦夷地としての管轄にあったようだが、これは薩摩の
沖縄支配と同様にアイヌ民族もすでに日本の準支配下に置かれてるというのは、どうなのだろう?
アイヌ民族はいわゆるオホーツク文化とされる北方アジア系の文化の影響が強いが
同時に日本の文化の影響も強い。
やはり先住民族としては学術的に無理なんじゃないか?と思う。(学術の学も知らない俺が言うのもあれだが)
大和に弾圧されたマイノリティ民族としては大いに適正かもしれないけど、小林が「どの面下げて
インディアンに会いに行くんだか」というように、コリアンが自分達は黒人と同じだったとして活動する
無理さと同じものを感じる。

コヴァがこれから妥協できるとするなら、アイヌか琉球のどちらかを手放すしかないよね、
この場合佐藤のこともあるし、自分のまいた種もある、沖縄に関してはどうしても曲げる事はできないだろう。
よって推測できる事としては、このままアイヌ問題はフェードアウト、沖縄だけに絞り、たまに欄外や1コマで
回想するか、ぼやく程度で完全に黒歴史にするかもしれんなwあのエロオヤジw

243 :名無しかましてよかですか?:2009/02/25(水) 16:57:21 ID:DXZLYwpy
アイヌ語の例文、挙げておきますね。

Numan  to epitta apto as korka,
昨日    日 じゅう 雨   降る が (昨日は一日中雨が降ったけど)
Tan to  sir=pirka    siri !
この 日 天気・良い ね (今日はいい天気だねえ)
Ku=popke humi !
私・暖かい な (暖かいね)
Ney ta ka sinot=an    kusu   paye=an  ro !
どこ に か 遊ぶ・私達 ために 行く・私達 (勧誘) (どこかに遊びに行こうよ)

                          『エクスプレス アイヌ語』より

244 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/25(水) 17:53:26 ID:vuavpiiy
>>242>>235へのレス

>>241
>本人にアイヌという意識があれば

ここが味噌じゃないか?
アイヌという意識と、アイヌの子孫という意識は違うんでは?
それにアイヌという意識があっても、それは個人の感情か
集団的な”現象”としての感情であるかを見る必要もあると思うし。
ウチナンチュだって、別に独立した民族としてのアイデンティティや
ウチナンチュとしての独立した枠組みはとっくに無いわけだし。
>俺は大和民族は存在しないと言われても否定するよ

俺はこれまで、大和民族という民族がいて、自分もそうだと思ってきたよ。
だからアイヌや沖縄は違うんだとね。
しかし、これら民族のことを考えていくうちに、それは幻にだいぶ近いことを知ったよ。
で、永劫回帰に突入するにいたったわけだが・・・。
>国家を以て民族とするのは当然受け入れられないな

結局、一般的に民族と呼ばれてるものは古来からの”国家=ナショナル”としての
枠組みにおけるものでしかなかったように思える。
明治〜昭和の大和民族という規定の中に、アイヌと沖縄が含まれているということをご存知だろうか?
それが日本帝国のいわゆる内地とされた領土と民族区分だが、朝鮮と台湾とでは一線を隔ててる。
だから小林は「アイヌは民族といえるのか?」という事に疑問を持ったんだろうけど、なぜか
いつの間にやら「アイヌは日本民族なんじゃないか?」という方向にそれてしまってるw
結果的に「大日本帝国内地区分の肯定論」でしかないわけだが。

245 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/25(水) 18:10:33 ID:vuavpiiy
で、これは当時の民俗学により決められていたんだろうけど、ゲルマン民族主義などを見れば分かる
とおり当時の学問は割りといい加減な側面を持つというか、都合のいい政治的格好に捻じ曲げられた。
小林の支持する日本民族論とは、大和民族主義というよりむしろナチスのゲルマンに近い理念に感じる。
起源が同じだから民族統合しましょうって言う。

(余談だが、かつてアイヌ人がアーリア人などという事から日本人はアーリアンであるという説が
出たが、これは日本人がユダヤ人じゃないのと同じ事ぐらいは普通に分かること。
ただ、ケルト系のスエビという民族が日本に来てエビスとなり→エミシ(蝦夷)→蝦夷人と
なったというトンでもギャグぐらいは俺でも思いついたがw)

>>243
どうもです、asが「降る」なの?
英語みたいに考えればkorkaが降るよね。
toが日(ひにち)というが、日本語の”おととい”の「と」も
何か関係あるだろうか?
またヤマトのとが「日」ならもしかするとヤマ=山がもともと
ほんらいの「本=元」っていみで、日本は日の山のふもとなる意味もひょっとしてあるのかもしれない。

あと、きになったのはpopke”暖かい”という単語かな。
日本では暖かい意を”ぽかぽか”という。
これが朝鮮語ではコクンコクンだか、たしかそんな感じで言ったのを見てどこかタイ語みたいな感じで驚いた。

246 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/25(水) 18:17:52 ID:vuavpiiy
それから、マレーシア語では「〜に行く」という表現をする場合先に”行く”という単語が来る。
北海道に行く

 ku    hokkaido
〜に行く 北海道

(だったと記憶してるが・・・・(; ̄□ ̄)。oO(疑問系だから先に動詞がくるのかな?)

247 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/25(水) 18:33:15 ID:vuavpiiy
しかし、>>243のアイヌ語を見てもとてもじゃないが民族起源が同じとも思えんし
結局ロシアx日本での領土争いに巻き込まれた異民族の犠牲者であるという考え
のほうが普通に自然だなあ・・・・・。
小林はここにゴー宣して「アイヌはそもそも大和民族なのか?」という疑問をやるべき
だったんだろうな・・・・・。
実はアイヌも、大和民族同様に日本系の原住民族が大陸から来た異民族によって
すでに支配される事で変化したのだと考えるべきなのかも知れんな。
蝦夷はその中間で、むしろ蝦夷はその北方大陸民族系のほうに落ちてて
日本の東西で中国支配系の大和と北方民族支配系の蝦夷に分かれて対立していたと考えれば・・。
で、おそらく北方民族がどこか消えてしまったのか、徐々に蝦夷を収めていき今では完全に大和に
落ちたという事になる。(結果的に日本民族かも知れんけど、そうした場合民族の系統がもはや違う)

248 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/02/25(水) 23:38:54 ID:m1ka60Zt
関係ないが、テレビでルパン三世スペシャルの霧のエリューシヴって言うのをやっていたが、アイヌ社会(と言うか蝦夷地社会)ってああいう感じだったのかな?

勿論漫画ではあるが。

249 :名無しかましてよかですか?:2009/02/26(木) 00:42:22 ID:15BpCksp
http://d.hatena.ne.jp/Mukke/searchdiary?word=%2a%5b%be%ae%ce%d3%a4%e8%a4%b7%a4%ce%a4%ea%5d

ここにいる連中と違って、Mukkeさんは凄い。
おまえらはどうしようもない。

250 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/02/26(木) 00:52:57 ID:cq9GrFWw
はいはい、ムッケ☆自演乙☆の助

251 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/26(木) 00:59:56 ID:3qbvAcRk
>>249
今日の日に小林は死んだ。

252 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/26(木) 01:00:29 ID:3qbvAcRk
>>250
たぶんDOF氏・・・・だろうか・・?

253 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/26(木) 01:02:39 ID:3qbvAcRk
919 名前:名無しステーション[sage] 投稿日:2009/02/26(木) 00:39:07.95 ID:V6BcAGxC
>>801
ちょっと気になるんだけどンさあ、アイヌ料理と買ってないの?
933 名前:名無しステーション[sage] 投稿日:2009/02/26(木) 00:39:47.47 ID:0mPrH0Gg
>>919
アザラシ肉をアザラシの血で煮た料理とかだぞ


254 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/26(木) 01:17:23 ID:3qbvAcRk
人類学の完全勝利か・・・・
ユネスコなる壮大な神の知識とも言うべき機関がありながらいまだ
世界の民族問題が平定しないというのは信じられん・・・。
国連をもってしても、力不足なのか・・・?
アイヌ問題がこうまでして確固たる真実が判明してるにもかかわらず、
どうしてこの国ではこうまでもおろかな醜態をさらしているのか・・・。
左翼団体はこれについてもっとアイヌに関しての知識を国民に知らせる
義務ってもんがあるだろうに、なぜそれをお抱えの放送機関でもっとやらんのかね・・・。
こうした知識はほとんどの人は知らないでいるだろうし、だから「フリーアイヌ」
といわれても信憑性にかける、チベットと同じ状態が実在したなど90パーセントの日本人
しか居ないこの国で一体誰が信じるものだろうか・・・・。
「ほぼ単一な日本民族という意識で生きてる人が住む国」、それが結果とした答えかだったわけか・・・・。
そして、ありがとう小林・・・・お前さんを信じていた日々はどこか楽しかったよ・・・。
貴方からいただいたその傲慢精神を忘れずに、俺は俺でがんばってゆきます・・・。

255 :名無しかましてよかですか?:2009/02/26(木) 01:31:47 ID:+xCmJbDm
幸せとは得るものでない尊厳もそう
与える無償の愛が幸せというものワニけっして
紙くず銭”のように形あるモノ”ではなく
目に見えない大事な人と人の和”温情の営みの中で得られる
本当の富”ワニよ
h ttp://video.google.com/videoplay?docid=-6891360202794305694
h ttp://video.google.co.jp/videoplay?docid=-5099420037555569527&ei=5UqgSZCLKonKwgOmkuyKDw&q=%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E5%85%9A%E3%80%80%E5%A4%A7%E9%98%AA

256 :名無しかましてよかですか?:2009/02/26(木) 01:45:40 ID:15BpCksp
http://d.hatena.ne.jp/Mukke/searchdiary?word=%2a%5b%be%ae%ce%d3%a4%e8%a4%b7%a4%ce%a4%ea%5d

元素は内容には反論できない、ゴミカスだな。

257 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/26(木) 02:24:09 ID:3qbvAcRk
このムッケとやらは本物のプロ左翼思考者だろうな・・・・
明らかに知性のレベルが小林や佐藤の一段上を行ってる。。。
西尾レベルでなければ、到底太刀打ちできまい・・・・。
所詮コヴァも一漫画家でしかなかったという事か・・・・。

258 :名無しかましてよかですか?:2009/02/26(木) 09:13:41 ID:LLehnAxe
ttp://okinawa-rekishi.cocolog-nifty.com/tora/2009/02/post-a787.html

目からウロコのとらひこが必死

とらひこ個人の「見解」を支持しない限り「ヤマト化が進んでいた」という研究成果を評価してはならないそうだ。
事実と解釈を混同するヴァカの典型的な反論でしたとさ。

とらひこが立てた「琉球と日本は同じだ」という論点の表し方自体があまりにも雑。
主語をぼかして相手の言い方を乱雑にし、それに対して反論するという手法はあまりにもポピュラー。
そんな雑なまとめ方をしたら誰だって反論できる。
こいつは文章を理解できんのか?

とらひこが文章を理解できないのは
小林が沖縄の独自性をきちんと認めていてそれを大切にして言って欲しいと何度も言っていることを完全無視していることからも明白。
おいしいとこどりをしているのは、やはり「とらひこ」なのでありましたとさw

259 :名無しかましてよかですか?:2009/02/26(木) 09:29:39 ID:LLehnAxe
あれだけ明確に書いてあることを読み取れなかったのはとらひこの完全な誤りであり
沖縄論を読んでいないと思われても仕方がない。
逆の言い方をすれば、読んでいないという判断以外に判断しようがないし
読んでも読めていないのでは読んだ意味がない。

自分の過ちを脇において

>ダシに使われただけなのでしょう

などと言い始めるのは片腹痛い。
とらひこの「自戒の念」は口先だけだな。何も反省しとらん。
小林に批判されて醜態をさらした人間がまた一人増えてしまったなw

260 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/26(木) 10:41:50 ID:3qbvAcRk
>>258
おお・・・こりゃまた目からうろこ・・・

なんだ・・・沖縄は完全に日本とは違う民族だなw
なんだこれw
これじゃあ明治の民俗学者もこれには気づかなかったんじゃないか?w
内地の判断を完全に見誤ったんじゃないの?
沖縄を同化したのはまちがえだったな。

しかし、「沖縄は日本民族」だなんて、なんか「日本は朝鮮起源ニダ」
と同じように思えてきたわw

261 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/02/26(木) 16:28:54 ID:cq9GrFWw
要するに、沖縄は狭量な国粋主義の本土(ヤマトゥー)とは違って国際色豊かなんだぞうっていいたいのだろう。

262 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/02/26(木) 16:37:46 ID:cq9GrFWw
>>246
日本語にもあるよ。

行ったぞ、北海道へ。

とか。
倒置法は珍しくない。

263 :名無しかましてよかですか?:2009/02/26(木) 16:57:31 ID:+Q+iFgx0
>>246
それ、kuじゃなくてkeでしょ。発音はケよりクに聞こえるけど。
マレー語のkeは前置詞兼動詞。英語のtoにあたる前置詞としてはたらくときと、
それ自体が動詞としてはたらくときがある。
>>262
マレー語はSVOが基本語順だから、これは別に倒置法じゃないぞ。

アイヌ語はというと、日本語・朝鮮語・モンゴル語などと同じくSOVが基本語順。
古アジア諸語もあらかたSOVで、互いに別系統だから、語順は系統(言語の同族関係)の
決め手にはならないが。

264 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/26(木) 18:38:44 ID:3qbvAcRk
>>263
アイヌ語って、どうなの?
あれはどういう系統に属するんですか?
また、沖縄は琉球語は日本語族でしょうか?


265 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/02/26(木) 19:24:46 ID:/ovTU/7o
>>264
アイヌ語は系統不明だが琉球語は日本語と同系統。

266 :名無しかましてよかですか?:2009/02/26(木) 20:15:18 ID:aO6xet4n
アイヌ語も日本語とかなり近いね

267 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/26(木) 23:47:06 ID:wBWC80Yb
>>265
同系統というけど、どのぐらい近いものなの?

268 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/27(金) 00:37:21 ID:ONf6t9++
で、俺はこれから小林に何を期待すればいいんだ・・・・・



民族が違うのはよく分かったのはいいが、今の時代に民族を
容認する必要ってのは果たしてあるのだろうか・・・?


269 :名無しかましてよかですか?:2009/02/27(金) 10:26:37 ID:xs+Dx1Oe
>>268
びんぼっちゃくんが面白かったのは表裏が見えていたところにある
蒸着した上っ面だけになってしまった作者に期待などしてもなぁ

270 :名無しかましてよかですか?:2009/02/27(金) 14:41:55 ID:wYfTAmbV
>>249
よしりんは民族主義者ではない
日本国民国家主義者

271 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/28(土) 04:56:35 ID:P03Enn6P
民俗学的に見て、アイヌも沖縄も一応は「日本的」な要素は一応あるわけだ。
アイヌは江戸の文化と交流があって、一見すると「日本系民俗」といわれても
間違いではない。
これは沖縄を「中国系」と見るようなものだが、琉球は「琉球語」という
大和言葉を取り入れた言葉があり、これもある意味では「日本系民俗」では?

そうした意味合いで見た場合において、琉球、アイヌ、大和をそれぞれ
日本系民俗として総称で「日本は単一民族」という事はできないのだろうか?

この論理は、アジア全土を「アジアは中華民俗圏の単一民族である」
ということもいえるが、これはアジア全土が中国により支配された場合に
かつそれぞれの民族を同化ではなく「〜族」として認定して初めて有効である。

ようするに、中国は可能な限り民族を保護し、自治ないし自由な民族活動を
容認すれば、今の領土を治めることは国際的に十分容認できるものなのだろうか?

272 :名無しかましてよかですか?:2009/02/28(土) 07:14:56 ID:WHQNxefR
遅レスだが、とらひこ氏は著書のどこかに、
琉球は大和からの移民を基準に成立した日本とは別の国家と言っていたような気がするが、
あと大和と琉球を、一民族・一言語・二つの国家とも、
この考えを逆手に取ると、韓国と北朝鮮、中国と台湾は同一民族なのかとの皮肉にもなるなw
間違いならスマソ。

ああ、それから見えない敵のことなんだけど、
沖縄関係の歴史関係本を読むと、
どの著者(とらひこ氏も含む)もさあ、歴史を現在の政治に利用・悪用しようとする輩がいると述べているのだが、
これなんだろうね。

273 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/02/28(土) 16:48:56 ID:P03Enn6P
>272
>琉球は大和からの移民を基準に成立した日本とは別の国家と言っていたような気がするが、

そうだろうとおもう。。
あと、アイヌもどこかそうじゃないの?
蝦夷からの移民で・・・。
>あと大和と琉球を、一民族・一言語・二つの国家とも、
>この考えを逆手に取ると、韓国と北朝鮮、中国と台湾は同一民族なのかとの皮肉にもなるなw

うんにゃ、韓国もとい朝鮮はまさに中国から見た琉球かもね。
朝鮮は原地語をかなり失ってるせいで、李朝時代の基礎語表の80パーセントは漢語だったと聞いたけど。
日本も朝鮮も過去から現代における中国人移民により成立したということを
のぞけば、日本はかなり原地語を残したままで今に来てる。
まあ日本は中国から見たアイヌのようなもんなのかもしれんが。
ともあれ朝鮮ほどの国でも中国とは違う、独自の民族として十分に主張ができてしまう・・・。
これを考えれば、沖縄が独自の民族としての主張が”できないという”事はぜんぜん無いんだろうね。
それどころか国家独立も不可能ではないんだろうな・・・。
台湾は基礎語表から文化までほとんど中華民族だから、高砂族をどう見るかで同一にも違う国としてもできる気がする・・・。

>>272
>歴史を現在の政治に利用・悪用しようとする輩がいると述べているのだが、

まあ、小林を含める日本側の人から日本を貶める反日本連中までさまざま。
権力者にいたっても国会議員から国連や外国の勢力まで・・・・

274 :名無しかましてよかですか?:2009/02/28(土) 17:36:37 ID:BDOEcVUd
中国史は黄河流域を発祥とする漢民族の拡散の歴史。周辺諸民族をも同化させ(漢文化に染めて同化)、今ある広大な漢民族国家を形成したわけだが、
そのような民族・版図の膨張過程を経ても、いまだに同化しない民族が、あの国の「少数民族」である。

中国政府は、少数民族をも一括して「中華民族」との定義もするが、そもそも「中華」とは「漢」だ。
辛亥革命以降、周辺諸民族の地の併呑を正当化するために拵えられた概念が中華民族であって、中華民族主義的政策が強化される現在、
チベット、ウイグル民族に対する浄化政策が急進的に行われていることも周知の通りだ。

そうしたこともあって、日本でも中国の少数民族問題に関心が高まっている。昨年の北京五輪の開幕式では、
中国の五十六民族(漢民族と五十五の少数民族)の民族衣装を着て行進した子供たちの大半、あるいはすべてが漢民族と言う「偽装事件」が話題となり、
「あの国には少数民族が五十五も存在するのか」と興味を持った人も多いのではないか。

しかし「偽装」と言えば、「五十五」民族と言う数値も偽装なのである。

中国国営新華社のサイト「新華網」によると、「中国は古代より統一された多民族国家だ。新中国成立後、識別と中央政府の確認を経た民族は五十六で、
漢族以外の五十五民族は漢族より人口が少ないため、習慣上“少数民族”と呼ばれる」とあるから、これは明らかに中国政府が捏造した数値だ。

所謂「五十五」のなかには、チベット族、ウイグル族、回族・・・と様々あるが、そこに「高山族」と言うものが含まれている。中国の国勢調査によると、
人口では二番目に少ない民族だそうだが、実はこれは中国の民族ではないのだ。

つまり台湾の原住民のことである。日本時代は「高砂族」と呼ばれたが、中国人は「高砂」と言う日本語が気に食わなかったのだろう。
戦後になって「高山族」に改めたのだが、別にそのすべてが標高の高い山岳に居住しているわけではなく、平地にも離島にも住んでいる。


275 :名無しかましてよかですか?:2009/02/28(土) 17:37:21 ID:BDOEcVUd
ちなみに現在台湾では、彼らを「原住民」と呼んでいる。これは「自分たちこそ台湾の元々の住民である」と言う原住民自身のアピールを受け入れた法定の呼称だ。

■誤報もー数値捏造宣伝に騙される日本人

中国は要するに、「台湾は中国の一部」との宣伝政策上、少数民族の一つとしているわけだが、その宣伝力は大きなものだ。
日本でも、本を呼んでもネットで調べても、「五十五」の数値が一人歩きしている。日本人の少数民族研究者までもがそれに従い、わざわざ台湾原住民も研究対象に入れている始末だ。

そうしたなか、西日本新聞(二月二十三日、朝刊)の記事「暴動1年、中国厳戒続く」は、中国のチベット問題への対抗を批判する内容だが、
そこにも「胡錦濤政権は、・・・55の少数民族と13億人の国民の不満の爆発を最も警戒している」とあった。中国政府が台湾原住民を警戒していると言うのは明らかに誤報だ。

■小さな数値問題ではないー求められる反宣伝戦

そこで私は同社の国際部に電話を掛け、「五十五」の誤りを指摘すると、それは北京支局長の書いたものだと聞かされた。それほどの中国のプロですら、それを鵜呑みにしていたのだ。

このように言えば、「小さな数値」の問題で騒ぎすぎだと思われそうだが、中国は台湾も領土に組み込むとの「大きな野望」に基づく捏造数値である以上、黙ってはいられない。

もし「五十五」と言う常識を、「五十五は中国の事実捏造だ」との常識に変えれば、それと同時に「台湾は中国の一部ではない」も常識となり、
台湾侵略を正当化するための対日宣伝工作に大きな打撃を与えることになるだろう。

そこで私は国際部に「訂正記事を」と求めた。相手はすぐに「五十五」のウソを理解し、「これは訂正になじむ」とし、まずは北京支局長と対応を検討すると答えた。

ここでマスコミが動いてくれれば、中国に対する反宣伝運動には大きな弾みとなるのだが。

「中国に支配される気の毒な少数民族は五十五ではなく五十四だ」を常識に。


276 :名無しかましてよかですか?:2009/02/28(土) 17:58:30 ID:WHQNxefR
中国と言うと、
崎谷満って遺伝学の人が日本人はO2aO2bが多くて長江文明の子孫ではないかと言ってるね。
O3で黄河文明の子孫の今の中国人とは系統が違うのだそうだ。
だから中国人と言っちゃうと誤解されるから、
中国大陸とでも言い換えると良いかもw

>まあ日本は中国から見たアイヌのようなもんなのかもしれんが。
これには同意できるけどね。

でもこの崎谷満って人の本はとっても変、
後半になると琉球民族やアイヌ民族を肯定しましょうとなるだよなあ、
研究者でもこう言うのがいるんですよ、
あんたいったい何が書きたいの?とw

277 :名無しかましてよかですか?:2009/02/28(土) 18:21:49 ID:BDOEcVUd
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA

278 :名無しかましてよかですか?:2009/02/28(土) 20:47:31 ID:WHQNxefR
>>277
おろ載ってるね、ありがとうw
ただ残念だけど、俺のは崎谷満の本を読んでの感想だから。

279 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/01(日) 00:28:40 ID:zXihwBkm
>>276
>崎谷満って遺伝学の人が日本人はO2aO2bが多くて長江文明の子孫ではないかと言ってるね。
>O3で黄河文明の子孫の今の中国人とは系統が違うのだそうだ

日本はどっちも入ってきてるのでは?
それとも、古代の北京辺りの中国人と、今の北京の中国人は系統が違うのだろうか?
日本と東アジア大陸の関係で言えばアイヌ人から北方文化を抜いたような縄文系先住人
をベースに、長江文明の入植と北方中国系・朝鮮原住系入植の混合体だろう。



280 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/01(日) 00:33:30 ID:zXihwBkm
それと、アイヌ語についてだが昔の本州人が今のアイヌ語と同じ系列の
言葉を喋っていたという事はないのだろうか?
こうした場合、アイヌは”ヤマト系”ではないが言語が古代日本語なので
十分に”日本系”といえるのでは?
俺はアイヌ語はもっと別の古代日本とはまったく関係の無い系統だと
思っていたが、昔の日本人がアイヌ語のような言語を喋っていたらどうなのだろうか?
民族文化はもはや北方系だが、沖縄と違って言語を輸入したのではないんだし。

281 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/01(日) 00:42:12 ID:zXihwBkm
>>277
>O1系統は台湾が起源であり、オーストロネシア語族との関連が想定されている。
>台湾と近いにも関わらず、日本列島ではO1はごく少数に過ぎない。


おれもこれ疑問・・・・朝鮮に多い。
おそらく南部に先住してたと思われ・・。
朝鮮語もこの人たちの言葉かな?

282 :名無しかましてよかですか?:2009/03/01(日) 00:43:04 ID:U08x8pU3
>>279
日本人にがO3は少ない見たいよ、それでも比較的に関東に見られるとか。
詳しくは崎谷満の本を見て、大都市とか県レベル以上の図書館で探すと良いよ。

あんたゴー宣しか読んで無い様だけど、結構いろんな本が出ているから調べて見てね。
お勧めは沖縄の復帰関係ね。
とくに題名は言わないけど、独立民族を否定した経緯が判ると思うけど。

283 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/01(日) 00:43:15 ID:zXihwBkm
あ、いや朝鮮に多いのはO2a/O2b系統のほうか。

284 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/01(日) 00:44:45 ID:zXihwBkm
>>282
>関東に

関東には、朝鮮北東部からの移民が多かったみたいだよ。

285 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/01(日) 00:56:54 ID:zXihwBkm
>>282
ああ、関東には少ないってことか。
大陸系さんは当然だけど九州を主として西日本に多いみたい。

>お勧めは沖縄の復帰関係ね。
>独立民族を否定した経緯が判ると思うけど。

さようですか・・・。
今度、読んでみます。
>でもこの崎谷満って人の本はとっても変、
>後半になると琉球民族やアイヌ民族を肯定しましょうとなるだよなあ、
>研究者でもこう言うのがいるんですよ、あんたいったい何が書きたいの?とw

前半では否定してるけど、後半になると肯定してるのかw

286 :名無しかましてよかですか?:2009/03/01(日) 01:11:37 ID:HOPMoNdG
>>258>>259
醜態をさらしたのはお前だよ。
お前のコメント最悪すぎ。ヘタな擁護の仕方するんじゃねえよ。
小林支持者がみんなお前と同レベルだと思われたら迷惑だ。

287 :名無しかましてよかですか?:2009/03/01(日) 15:24:44 ID:9UENrMRR
>>286
逆だろ

とらひこが
小林支持者はこんな下品な奴らなんだぞー!というただのレッテル貼りをしているだけ。
少し冷静な人間なら、そんな無意味なレトリックには影響されないから安心しろ。

こういう場合は
「小林支持者の人たちも、いろいろな人がいるでしょうから、こういう人ばかりではないと思っています」
ぐらいのことは最低限言えないと余裕があるとは言えない。

俺の挑発にブチ切れて、同じフレーズを引用した煽りコメントを返している時点で、とらひこも対等になってるのだが
自分が挑発を受け取っていながら、その挑発を理由に相手の批判を封じるというのはいかにも情けない。

「おまえの態度が気に入らないから、反論されても答えない。もう載せない」
というのは研究者の態度ではないしね。


まあ、またあとでとらひこには再反論しておこう。奴の反論があまりもバカだからな。
投稿しても載せないようだから、こちらにも転載しておく。

どちらにしろ俺はとらひこのネガキャンをしているわけではなく、論理的に決着がつけば
あとはクソと言われようが教信者と言われようがどうでもいいのだ。

288 :名無しかましてよかですか?:2009/03/01(日) 17:04:49 ID:HOPMoNdG
>>287
やっぱりあのコメントを書いたのはお前か。
真性の馬鹿だね。
レッテル貼り?レトリック?
お前が下品なコメントを残したことは事実だろうが。
つけこまれる隙を与えたお前が間抜けなんだよ。

>どちらにしろ俺はとらひこのネガキャンをしているわけではなく

「ごみひこ」だの「しょぼひこ」だのと名乗るのはネガキャンでなきゃ何だ。
お前の自己満足か?
お前の自己満足のせいであのブログ読者には小林支持者が品性下劣な人間と受け取られたろうな。
しかも、ゴー宣で取り上げられて注目されている時にさ。

お前、自分のやったことの意味わかってる?

289 :名無しかましてよかですか?:2009/03/01(日) 17:18:06 ID:DNo77ASn
どうでもいいが、「しょぼひこ」のネーミングセンスは逸材w

290 :名無しかましてよかですか?:2009/03/01(日) 18:26:04 ID:68dBUAsw
>>288
お前大丈夫?
なんで小林よしのり本人でもない俺がそんなことを心配しなきゃならないんだ?

小林もとらひこも、俺にとっては自分がものを考えるための「材料」でしかない。
ただし、どう考えてもとらひこの方がバカだけどw

お前が小林よしのりを布教したいと思っているならそれはそれでいいが
だったらお前が小林ファンのイメージを良くなるような書き込みをしてくればいい話じゃないか?
そんなことまでこっちが関知できるかよ。

あれを見て「小林よしのりファンって品性下劣!とらひこさんが正しい!」と思う人間が居たとして
とらひこはそれで満足している程度の男なんだから仕方がないだろう。

おまえもとらひこも、論理に興味がなくて「宣伝」に興味があることだけは良くわかった。
もしかして、わざわざブログから追いかけてきたとらひこさん本人ですかい?

291 :名無しかましてよかですか?:2009/03/01(日) 19:37:22 ID:HOPMoNdG
>>290
なるほどね、たしかにお前さえよければ他人はどうでもいいわな。
これについてはもう何も言わんよ。
お前の尻拭いをするのも真っ平ごめんだ。

>おまえもとらひこも、論理に興味がなくて「宣伝」に興味があることだけは良くわかった。

お前には「論理」に興味がある節などまったく見えなかったが?
「しょぼひこ」wとか「必死ですね」とかは宣伝ではなく論理なの?
お前が「論理」を発揮した場所って具体的にどこよ?
論理皆無なうえに品性下劣ときたら、考えるための「材料」にすら値しないよ。

>もしかして、わざわざブログから追いかけてきたとらひこさん本人ですかい?

バーカ。

292 :名無しかましてよかですか?:2009/03/01(日) 19:48:44 ID:68dBUAsw
あーあ、キレちゃった。

他人はどうでもいいってなんだよ?
いちいち言っている意味がわからない。お前小林本人なの?

お前はお前、俺は俺、小林は小林、とらひこはとらひこでしょ。

小林の意見を支持するものは小林信者であり、小林信者は品性下劣でース!
なんてくだらないレッテル貼りで切り抜けてるとらひこの方が恥ずかしい。

相手を煽ったら論理がない事になるなら、とらひこも論理が無いことになるわな。
でもお前の中では俺だけが悪いことになってるようだしなぁ・・・なんか不自然なよくわからん思考だわ。

そこまで煽りが嫌いなら黙って俺の反論を待ってればいいだろう
ここにもupしとくとちゃんと言ってるんだから。

293 :名無しかましてよかですか?:2009/03/01(日) 19:50:06 ID:+3WHfsUk
一連の書き込みは自演にしか見えんわ。
だが、支持者の質が問われるような狂信者も実際居るからなぁ。
良い反省の機会だろうて。

294 :名無しかましてよかですか?:2009/03/01(日) 20:04:10 ID:68dBUAsw
そうだろうなぁ
とらひこの話題を盛り上げるために俺が自演している疑いを持つよな普通は。
本人でもないのにここまで必死で食いついてくる意味がわからないもん。

興味がなければスルーすればいいし
小林の宣伝がしたいなら自分でやればよい。
たったそれだけの話なのにね。

295 :名無しかましてよかですか?:2009/03/01(日) 20:10:38 ID:+3WHfsUk
愉快犯、ええ加減にせいや。

296 :名無しかましてよかですか?:2009/03/01(日) 20:10:56 ID:DNo77ASn
>>294
あれで反論のつもりならお気の毒だなw

297 :名無しかましてよかですか?:2009/03/01(日) 20:19:04 ID:68dBUAsw
反論に詰まった人間ほど、相手の態度を言い訳に議論を打ち切るんだよなw
小林の議論から逃げる知識人もみんなそうだ

298 :名無しかましてよかですか?:2009/03/01(日) 20:31:30 ID:+3WHfsUk
>>297
キサンの芸風には厭きた。
もう少し二役の練習に励め。

299 :名無しかましてよかですか?:2009/03/01(日) 20:34:57 ID:DNo77ASn
>>297
お前に言っているんだがw

300 :名無しかましてよかですか?:2009/03/01(日) 21:24:04 ID:FZZ951OI
ならば俺にちゃんと反論すればよい。
つまらん一行レスなら誰だって出来るぞ?

それとも、とらひこさんに同感です。か?w

301 :名無しかましてよかですか?:2009/03/02(月) 02:02:40 ID:3gPxus0Z
>>294
小林本人でもないのにブログに出張してしつこくコメントしてる奴の台詞とも思えんな。


302 :名無しかましてよかですか?:2009/03/02(月) 07:54:06 ID:6yZu0cjb
ここを見ていると小林や砥板に付き合うとすべてを敵に回さなきゃいけなくなると実感するわw

303 :名無しかましてよかですか?:2009/03/02(月) 08:29:12 ID:gwpBROf0
>>301
アホか?
小林ととらひこの議論は公的な議論。
小林ファンのイメージを下げたぁああ!とファビョって食いついてくるのは私的な議論。

304 :名無しかましてよかですか?:2009/03/03(火) 00:07:46 ID:Szd9Ojta
俺様理論が他人に通用すると思ってる時点で終わってる。


305 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/03(火) 05:45:20 ID:iQeGYulr
日本はもう19世紀には樺太まで江戸の直轄だったんだな。

306 :名無しかましてよかですか?:2009/03/03(火) 12:43:27 ID:kQN3mYTF
【先住民族】 政府窓口新設を アイヌ政策有識者懇 報告書明記へ 「そういう機関をつくらなきゃいけない」と佐藤座長
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1235696226/l50


307 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/03/03(火) 23:36:51 ID:GFs5snqL
>>305
その時歴史が動いたか。
伊能忠敬の地図もちゃんと北方領土が描かれていて良かった。

308 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/03/03(火) 23:40:28 ID:GFs5snqL
そうそう、ああいう証拠があるからこそ、ロシアが侵略したと言う事実が残る。
北方領土不法占拠もロシアの言い分は強盗の居直りそのものだもんなあ。

309 :名無しかましてよかですか?:2009/03/05(木) 14:03:42 ID:qlhVg5Eh
746 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2009/03/05(木) 13:56:35 ID:XaaUVAG80
アメリカ人とかイギリス人、オーストラリア人という言い方はあっても、
アメリカ民族、イギリス民族、オーストラリア民族というのはいないと思うんだが。


310 :名無しかましてよかですか?:2009/03/05(木) 14:04:49 ID:qlhVg5Eh
フランス民族? イタリア民族? スペイン民族?

この「民族」のおかしさw

311 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/08(日) 04:19:31 ID:DHN4ewW+
>>308
あの番組は、まえにアイヌの事もやってたね。
あの回は佐藤優のような政府的考えだったけど、今回のは素直によかった。
あの当時の時代背景や情勢が垣間見えて、日本や清の直面してた
欧米列強への脅威、捕鯨、鎖国政策・・・・
それに当時の満州地方は漢人が立ち入る事は禁止されてたそうだから、満州
についてもうちょっと面識を変えたほうがよいかもしれない。
>>309
その場合だと、なんというかその土地土地で区切った感じにもなるし
または、同一系統の民族達という捕らえ方もできる。
ただ、アメリカ民族は普通にインディアンだろうとも思える。
>>310
よく言われるゲルマン民族ってのは要するに「ゲルマニア人の子孫民」みたいな
意味合いがあるそうだが、大和民族とか朝鮮民族とか、中華民族とかこれとは
また違う気がする。
ほんと民族ってのはおかしい言葉だw
アーリアンとまでいくと、またあいまいな感じになるんだろうし。

312 :名無しかましてよかですか?:2009/03/08(日) 11:10:57 ID:95Rco7Lw
*警告*
我々はチベット問題を忘れない。
今年3月以降チベット弾圧が行われた場合、我々日本人は許さない。
その時は4月26日、長野で日本人の怒りを見るだろう。

これは中国共産党に対する警告である。

313 :名無しかましてよかですか?:2009/03/08(日) 12:08:08 ID:2hdlcpO6
>>312
チラシの裏で鼻息荒くしたってねぇ・・・・・

314 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/09(月) 01:27:52 ID:itfUcxER
新党大地の鈴木宗雄はアイヌがサハリン、つまり樺太の先住民族でもあるから
ロシアから石油を分けてもらおうとしてたらしいけど小泉や田中真紀子に阻止されたといってたな。

それに西部が言うには北海道は沖縄同様左翼の強い地域だという。
そして、北教祖なる連中がいたり、沖縄の新聞同様に北海道のテレビは少し問題があったりするそうだね。

民主党政権になればウタリ協会や部落がやはり活動しやすい状況になるのは間違いないだろうし
そう考えると、そのとき歴史が動いたの伊能の日本地図製作でロシアが入る前の北海道や樺太に
対しての記録を残してる背景をテーマにした番組構成は、やはり新党大地や民主党の政策方針にそったもん
なんだろうとおもう。


315 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/03/09(月) 18:34:43 ID:xyYVUS26
樺太の現地人の末裔がロシア国籍だったらどうすんだと。
国籍よりも根拠薄弱な民族を上位に置くと、在日朝鮮人の権利拡大を許す事にもなり兼ねないじゃんねえ。

316 :名無しかましてよかですか?:2009/03/09(月) 21:16:35 ID:/+N6/1I+
dokoma-de

317 :名無しかましてよかですか?:2009/03/10(火) 01:17:13 ID:yCR12hPB
143 名前: 革命的名無しさん 投稿日: 2009/03/10(火) 01:16:42
795 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2009/03/10(火) 01:15:40 ID:Su7ejaPo
170 名前: エージェント・774 投稿日: 2009/03/10(火) 00:55:15 ID:0X/00xEB
  *警告*
  我々はチベット問題を忘れない。
  今年3月以降チベット弾圧が行われた場合、我々日本人は許さない。
  その時は4月26日、長野で日本人の怒りを見るだろう。

  これは中国共産党に対する警告である。

  拡散推奨



http://www.shinmai.co.jp/news/20090307/KT090306SJI090008000022.htm
 長野市の善光寺は、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世から昨秋に贈られた釈迦(しゃか)像を境内の日本忠霊殿で、
7日、一般公開を始めた。

昨年4月に同市で行われた北京五輪聖火リレーで、善光寺はチベット問題への憂慮などを理由に出発地を辞退。
同年11月に来日したダライ・ラマ14世が都内で、感謝の気持ちとして善光寺事務局の若麻績信昭寺務総長に釈迦像を手渡した。

318 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/10(火) 05:47:36 ID:mQpHeNKc
>>315
初心に帰って、わしズムを久々に読んでみると、文化人類学者の河野本道氏は
「アイヌの人々をアイヌ民族と言うにふさわしい根拠が無い」としているね。
しかし、アイヌの最初のころのゴー宣はなんだ、コヴァ結構いいこと書いてあるじゃない。
ムックでのゴー宣はすこし強引杉というか、謙虚さが無いというか最初のコヴァのスタンスは
違うもので、最初のころのゴー宣の主張は良いものだったと再認識した。
やはりこの横暴を許してはならないと思ったよ、この問題が単なる「アイヌ民族主義」である事を。

やっぱりどこか「樺太のオイル」というのを餌でうまい事言ってる宗雄ってのは最低だな・・・。
宗雄は佐藤優や敗戦史観を信じる小国民世代と変わらんバカ政治家だ・・・。
先住民族としてどうにか独立させる構造を日本国内で作りたい、そういう魂胆が見え見えなんだよね。
多分、在日に関してはアイヌ問題を認めてしまうと4世5世と世代の増す在日朝鮮人がいずれ「民族」
として認められ、帰化してもその利権が十分維持されてしまうような仕掛けにもなるんだろうな・・・・。

このアイヌ民族主義に関与してるアイヌ系は、もはやアイヌの精神を失った和人や朝鮮人そのものだとおもう。
「いまさら民族認定されたってかなわんし食ってけ無いから金よこせよ」と言うようにしか聞こえない。
ゴー宣にある、母がアイヌ系という多原香里のコメントと反日ぶりをみると、まるで民主党・社民党の
人間の言う口ぶりであり、すぐさま鳩山のような薄情さと辻本のクドイ顔が浮かんできた。

結局、アイヌがロシア領内に取り込まれた場合に初めて”先住民族”を主張する事ができ、
日本と同化したにいたっては、先住民族である根拠が無い。
そしてアイヌ民族であると言う根拠も無い。
アイヌは自分達をアイヌと言ってはいけないと思う、そんな民族は居ない。
先住民を名乗れるのは、エンチウや千島アイヌがロシアに対して言えるということであって
「そのとき歴史が動いた」で確認した限り、ロシアよりも先に日本が樺太の全容を把握しておりロシアが
居ないことも確認してる、北部にはニヴフが少なからず居たことも分かった。
そして樺太から海を越えた大陸側では、満州人の役人が駐在していた事も分かった。
ロシアが近代以降に来たという情報が残ってるのだ。

319 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/10(火) 05:57:59 ID:mQpHeNKc
仮にアイヌを先住民族と認めたとして、ロシアに圧力をかけれるのはいいが
歴史や人類学的に間違えだし、本当に先住民として状態のおかれた人々がどう思うかである。
いまシーシェパードが捕鯨捕鯨とか言ってるが、これもひどいことをしていたのは欧米であった。

何かがおかしい、結局日本への嫌がらせと日本潰しと言うか叩きだ。
アイヌも含めて日本政府がこれらを自認する必要はどこにも無い。

ただアイヌと言う日本での民俗文化がありそうした部族が居た、民族と言う言葉は
相応しくないから部族でよい、「アイヌ部族が昔居たんだよ、そういう日本の民俗があったことを大切に」

思えば良いのだと思う、琉球も。

とりあえず今の俺の部族と民族の違い、

部族は統一されてない複数の集団
民族はその複数の集団が統一されたときの状態

を示すと考えたほうが良いだろうと言うことを、言っておく。

まあ、そうした場合は琉球は本島のみが琉球民族で、あとは部族って感じになるんだろうけど。

320 :名無しかましてよかですか?:2009/03/10(火) 10:29:50 ID:cPJPnpRb
 移民を大量に受け容れていない現状でも、
http://www.asahi.com/national/update/0309/TKY200903080154.html
http://www.asahi.com/national/update/0309/TKY200903080156.html

を読むと、日本のエリートに占める支那人等外国人の割合が急速に増えつつあることが分かります。

807 名前: 名無しさん@自治スレにてローカルルール議論中 投稿日: 2009/03/10(火) 03:47:30 ID:w9QuL0hL0
千葉県木更津市の山あいにある暁星国際高。寮で暮らす中国・大連出身の2年生、劉詩チーさん(18)の机には
「堅持(チエンチー)(頑張り続けろ)」と書いた紙が張ってあった。勉強に行き詰まると、これを見つめて再び参考書に向かう。目指すは国立大医学部だ。

 全校生徒304人。このうち45人が中国人で、全員が難関校をめざす特進クラスにいる。
昨年、中国人生徒4人が東京大に合格した。同校からは毎年、東大に数人が入る。「うちから国公立大に合格するほとんどは中国人ですよ」と
寺井義行副校長(60)は話す。中国人生徒たちが難関への進学実績に貢献している。

 中国人生徒のほとんどは中国の高校で1学年を終えた後、暁星国際高の1年に編入する。3年生の魏ルーさん(18)は来日時、
「あいうえお」しか知らなかった。朝7時半から夜遅くまで11時限の授業を受け、自習にも励んで、2年半後の今年2月、第1志望の東大を受験した。10日の合格発表を待っている。

 中国人生徒を受け入れるきっかけは94年。北京などの2高校と姉妹校の協定を結び3人を受け入れた。
最初の全国模試で数学や物理で偏差値70をとる中国人生徒を見て、寺井さんたちは驚いたという。いまは江蘇省の名門高校、蘇州中高等部からの生徒が多い。

 中国人高校生が日本にきて、日本の高校の大学受験の戦力となる。教育現場にまた一つ、新しい現象が生まれた。

 各地で難関といわれている進学校でも、中国人生徒が存在感を増している。こちらは日本育ちの子供たちだ。


321 :DOF ◆D/w5oCAtaw :2009/03/10(火) 13:48:07 ID:NrpqIrXo
>>318
小林氏に“謙虚さ”なんて最初からない。
彼は一貫して良くも悪くもゴーマン。

322 :名無しかましてよかですか?:2009/03/10(火) 15:40:39 ID:lsKRWnOT
>>319
もうお前がなんと言おうとアイヌは先住民族と定まったんだ
それをどうしようと思うんだ?
署名でも集めたら取り消しになるとでも思ってんのか?

323 :名無しかましてよかですか?:2009/03/10(火) 17:01:07 ID:7KrPaEmx
和人にも先住民族決議をすればよい。

324 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/03/10(火) 17:17:57 ID:BbFL7tjs
和人は縄文人の末裔だからな。
縄文文化って、特に関東甲信越、東北や北海道に数多く点在するし。
そうなると、北海道の先住民は縄文人てことになる。

325 :名無しかましてよかですか?:2009/03/11(水) 07:11:24 ID:QygBqMmn
>>318

>やはりこの横暴を許してはならないと思ったよ、この問題が単なる「アイヌ民族主義」である事を。

許さないと思うならどーすんのよ?
街宣車で騒ぐつもり?

だいたいね?
アイヌがアイヌであると言えば、゛日本民族゛とやらにどんな実害が発生するのよ?


326 :大悟と大輔の呉越同舟:2009/03/11(水) 10:48:40 ID:OQvLdUAw
【>>325】 その言い分を逆に言えば「もし日本社会とアイヌが、共存共栄=きょうぞんきょうえい」もしくは
        「同化」される事になったら 当事者の和人&アイヌは

        その共同体で成る個人の人格尊厳=そんげん を否定されたと感じるか
        むろんオレは 「地方や官僚や争い永田町の政争レベル」に矮小化しようという意図はないが

        適者生存=てきしゃせいぞん とか 既得権益=きとくけんえき のレベルや人種差別のレベル
        ヘイトスパイラルのレベルだけで アイヌのすべてを語れるわけじゃないだろう

        アイヌとはそうゆう存在だと いう卑小な身の振り方にほかならない

327 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/11(水) 13:34:22 ID:2WoDAFB4
>>324
あと、縄文文化でもっと大事な場所があります。
大阪や奈良です。
大和というのはもともと縄文系の人々だったのです、要するに蝦夷系民族。
そして出雲を併合し積極的な中国化をしていきます。
大陸側国併合⇒大陸文明化の構造は、後の神功皇后の三韓征伐など
奈良時代まで続きます。
そして今でも関西は縄文系の人が”かなり”多く存在してる地域です。

また縄文人もそうですが、その前にアイヌは事実上の蝦夷人でもあるんですね。
つまり熊襲などと同じですね。
なにか、こうした問題に”アイヌは蝦夷人”という認識がすっぽり
抜け落ちているというのが非常に盲点なきがします。
いずれにせよ『先住民族』というのは日本にではなくロシアに対して言うべきことです。
ロシアは北海道を統治する気満々でしたから。
>>323
和人はこの国で弾圧されていないという現状から、こうした
状況を利用した問題がアイヌ琉球の民族問題といえる・・・・。
おかしな話ですよ。

328 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/11(水) 13:39:59 ID:2WoDAFB4
>>322
あの決議って一時的に”容認”しただけで、まだ完全ってわけじゃないんじゃなかったか?
中革派のサイトにそうあったけど。
>>325
>アイヌがアイヌであると言えば、゛日本民族゛とやらにどんな実害が発生するのよ?

実は、今の日本の状態は事実上の日本民族であるんだが
アイヌや琉球に復古されると当然今の日本民族体制が崩壊することになる。
日本民族が崩壊した場合、民族問題が再生されるので単純に考えても
かなりの実害が発生すると思うけど?
在日や外国人差別がほとんど無くなったとはいえ現代社会でもまだ濃いし、そこに
琉球とアイヌを新しく放り込むというのはどうかとおもうよ。
日本民族で抑えられていた大和民族も復活するだろうし。
そうやってねじれよじれで、この国で民族問題が再生されることは目に見える。
社会もそうすることで多民族の人工国家になりやすくなるだろうし。
反日から沖縄が中国やアメリカへ、アイヌがロシアへ落ちない事を祈るまでだが
アイヌ民族やりたい連中はそれが目的みたいなものもあるんだろうし、結局
彼らの思う壺にしかことが運ばないのかな。

329 :DOF ◆D/w5oCAtaw :2009/03/11(水) 17:44:36 ID:nH0ZcwYz
「アレクセイ・ナカムラ」で検索すると出てくるけど、ロシアでもアイヌ民族運動は起こっているし、
北海道のアイヌからも交流を打診している。

330 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/03/11(水) 19:17:26 ID:ur0uAIdt
>>328
フランスにあるエルザス・ロートリンゲンみたいなもんじゃね?
彼等が幾らドイツ人の末裔だとしても、教育でフランス人になっちまうんだから、北海道がソ連に分割占領されても、教育の如何でソ連人になったりするのだろうが…、

と思ったが、沖縄は結局アメリカ人にならなかったから、そんなことはないだろうな。

331 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/11(水) 21:19:17 ID:2WoDAFB4
>>329
結局、マイノリティは日本人となったもの以外の
人のほうが独立心は強いのかもしれない。
彼らにしてみれば、ロシアも敵だし民族を同化されてる日本も敵だ。
特に民族の本地たる北海道を同化してる日本の方が、ロシアなんかより
もよっぽど敵なのかもしれない。
アメリカ人と沖縄人のハーフの人のほうが、琉球民族独立に対する気持ちが強いように思う。
>>330
なるほど・・・。
結局いくら同化されても民族の根幹は揺るがないのかな・・・・。
沖縄人は日本人にはなっているが、アメリカ人にはならなかった・・・。

332 :名無しかましてよかですか?:2009/03/11(水) 21:57:11 ID:bh/JhgRx
沖縄では、公用語が英語ではなかった。
学校での英語教育もなかった(計画はあったが潰れた)。
アメリカにとって沖縄は、単なる軍事的植民地であり
同化政策を取ったわけではなかった。

どちらがいいのかはわからんが。

333 :名無しかましてよかですか?:2009/03/11(水) 22:00:52 ID:QygBqMmn
>>326
意味がわからない。

>>328

日本国民である状態であれば理解できるけど、”日本民族である状態”って何よ? 
当然って言ってのけれる”日本民族体制”ってなに? 初めて聞くけど?????
日本って国は民族性で保持されているんだ? 初めて知ったよ。

>結局いくら同化されても民族の根幹は揺るがないのかな・・・・。
沖縄人は日本人にはなっているが、アメリカ人にはならなかった・・・。

しかし、こんなにも”国民”と”民族”を同一視できるのには天晴れでもある。
じゃあ仮の話をしましょう。
そこに確かにいるアイヌには、着ている衣装がどうだのとイチャモンつけながらも、
アイヌがアイヌだと言えば具体性のない実害に脅えるほど仮の話が好きなようなのでね。


(仮)そっちが言うように「今の日本の状態は事実上の日本民族である」今の世の中で
私という人間は何をもってして”日本民族”であることを証明できる?(仮)


334 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/13(金) 00:32:25 ID:flYuZcpa
>>333
ちょっといま、返答を考えてます。
おそらくそこがこの問題の核心ではないかと思います。

>326
>「地方や官僚や争い永田町の政争レベル」に矮小化しようという意図」

実際もうそうなってると思うんだよ。


335 :名無しかましてよかですか?:2009/03/13(金) 09:18:02 ID:Vl2XtZSu
小林よしのりは沖縄ビジョンをどう受け止めてるんだろう

沖縄ビジョン
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/322.html
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/388.html


336 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/13(金) 23:14:05 ID:JE8ZdYor
意見がまとまったので返答します。
>日本って国は民族性で保持されているんだ? 初めて知ったよ。

たしかに、現在の日本国は民族性で保持されて”いない”。
日本は民主国家で「日本国民」という共通認識の下にさまざまな人たちで
成り立っている、それこそアイヌ系も居れば沖縄人も居るし在日も居る、混血児も居る。
こうした人々はすべて平等であり、現代は在日外国人問題と混血児達を解決する
国際国家への総仕上げをする、そういう段階にあると認識してる。

しかし、事実として日本は旧来の大和民族主義の上に成り立っている。
いくら戦後から民主主義が支配するようになったとはいえ、少し前までは確実に
大和民族による民族性が社会を支配し形成していたし、アイヌや在日、外国人が
差別にあっていたことも事実だ。
>しかし、こんなにも”国民”と”民族”を同一視できるのには天晴れでもある。

同化してるんだから、”同じ民族である”と考えても無理もないと思うが?
民俗文化が違うというのならまだしも、いやむしろ”違った”という過去形でなら納得できますが。

アイヌが古来より朝鮮のように確固たる国家を形成していれば何も問題はなかったし、逆に
国家を持っていた沖縄が、日本語族の言葉を話していなければ大和民族と判断されることも
ぜんぜんなかったでしょうに・・・・。
>私という人間は何をもってして”日本民族”であることを証明できる?(仮)

日本という国に、すでに同化して生きているという時点で十分その証明になる。
自分達が”アイヌ民族だ!””琉球民族だ!”などとするのは、現代においては
そうした民族回帰したいという「一部の」人の願望に過ぎない。
それなら俺だって日本民族ではなく蝦夷民族として民族を主張したいもんだが?

これはコヴァのゴー宣での主張と「日本民族観」とほぼ同じ意見だとおもうし、俺は
小林のスタンスは間違いでないという再確信に至ってる。
逆に言わせてもらうと、多民族主義によって日本本州や沖縄にさまざまな他民族が入ってくる
んだが、そっちに関しては何も感じないのかね?

337 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/13(金) 23:32:31 ID:JE8ZdYor
>>335をみても分かると思うけど、要するにこれは戦後の社会主義者や
民主主義者による共和制国家への日本解体と無血革命だよ。

それでも日本国民という枠の中であれば、あらゆる民族が平等に暮らせる
”すばらしい民主国家”というのを望みますか?


338 :名無しかましてよかですか?:2009/03/14(土) 01:33:31 ID:M4lvPi92
>>336
なんかもう・・・・・繰り返しのような気もしているけどさ

☆1たしかに、現在の日本国は民族性で保持されて”いない”。
日本は民主国家で「日本国民」という共通認識の下にさまざまな人たちで
成り立っている、それこそアイヌ系も居れば沖縄人も居るし在日も居る、混血児も居る。
こうした人々はすべて平等であり、現代は在日外国人問題と混血児達を解決する
国際国家への総仕上げをする、そういう段階にあると認識してる。

で、中東のどこかのように強姦された女子に非があるとして、石打の刑に処すような
強烈な価値観の違いが無いのが今の日本でしょ?
その現状が☆1な訳だよね? そしてこの現状は近代化と民主主義の中で発展してきた”共通認識”でしょ? 
”均質化された共通認識”は”日本民族”なんて訳のわからない人工民族に同化した結果ではないの。
だから、
>同化してるんだから、”同じ民族である”と考えても無理もないと思うが?
何に同化したから”日本民族”なの?

>日本という国に、すでに同化して生きているという時点で十分その証明になる。
いや、だからこれは”日本国民”の証明だよね?

>自分達が”アイヌ民族だ!””琉球民族だ!日本民族だ!←付け加えた”などとするのは、現代においては・・・・・
その願望は悪いことじゃない。 均質化された意識や日常の中であるからこそ”アイデンティティ(民族性・心碑と置き換えてもいい)”
を大切にしたいんじゃないの?それが”琉球・沖縄”であり”アイヌ”であり”日本・大和”な訳でしょ? 
それらが昂って他の心碑を”許さない”だの”わがまま”だの言う人間が理解できない訳ね。

>それでも日本国民という枠の中であれば、あらゆる民族が平等に暮らせる・・・・
力強く”うん”と言う。

>逆に言わせてもらうと、多民族主義によって日本本州や沖縄に・・・・・
何で? 何か不都合でもあんの?

339 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/14(土) 19:44:45 ID:LhTu/Hts
>何で? 何か不都合でもあんの?

たとえば、韓国人や中国人が沢山この先移民してきて
日本で朝鮮民族や漢民族になったとする。
かれらは民族性が強いから殖民活動でおそらく自分らの
コロニーを完全に形成するし社会的な立場もかなり強くなる。
あるとき、彼らが日本でソフトファシズムを起こすようになり
本国の重要な戦略拠点として活用された場合にあなたは
朝鮮民族や漢民族に今の日本に対して思うのと同じように
反対の意を示せるだろうか?
沖縄が将来的に台湾のようになったときも、中国系移民に反対
の意を示し沖縄を擁護する立場に回れるか??

>いや、だからこれは”日本国民”の証明だよね?

在日や外国系人とアイヌ・沖縄は違う。

340 :名無しかましてよかですか?:2009/03/14(土) 20:54:53 ID:rowre+mH
 移民を大量に受け容れていない現状でも、
http://www.asahi.com/national/update/0309/TKY200903080154.html
http://www.asahi.com/national/update/0309/TKY200903080156.html

を読むと、日本のエリートに占める支那人等外国人の割合が急速に増えつつあることが分かります。




341 :名無しかましてよかですか?:2009/03/14(土) 20:56:00 ID:rowre+mH
★★★★★暁星国際中学校・高等学校★★★★★
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/ojyuken/1225011921/l50

43 名前: 実名攻撃大好きKITTY 投稿日: 2009/02/05(木) 07:55:31 ID:FkVpOGsoO
確かに中国人は70どころか80とか90出すもんな
別に昔が特別優秀だったわけじゃなくて比重を今は中国人に置いてるだけ
問題なのは中国人が頑張った実績をホームページや学校案内で中国人の成果と明言しないところ

45 名前: 実名攻撃大好きKITTY 投稿日: 2009/02/05(木) 11:58:24 ID:FkVpOGsoO
成績上位10%ぐらいまで中国人留学生であります先輩!

72 名前: 実名攻撃大好きKITTY 投稿日: 2009/03/11(水) 23:31:11 ID:64ZLqK3r0
>>61副校長・・・。。
「うちから国公立大に合格するほとんどは中国人ですよ」これって誇らしげにいえることじゃないだろ。

73 名前: 実名攻撃大好きKITTY [sage] 投稿日: 2009/03/11(水) 23:35:31 ID:07NcnrrDO
>>72
もう日本人は入学してくれないから中国人カラーを強くして全国から中国人の生徒を集めるつもりなんじゃない?
どうせバカな学校なんだから進学実績は中国人に任せてバカ日本人に金を運ばせる作戦に切り替えるんだろ

342 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/15(日) 02:27:54 ID:ImoJUYqq
>>340
>>341
それぐらいは別に許せるレベルだが、スイスだかオランダの
イスラム教徒の様な状態やアメリカの華僑とかのような
存在なると話は違う。

そして、日本での民族には必ず地方参政権がついてまわる。
悪いけどアメリカみたいになられると困る。

343 :DOF ◆D/w5oCAtaw :2009/03/15(日) 05:03:53 ID:2T6+7CHs
>>342
アメリカみたいになられると具体的にどう困るのか?
帰化人の地方参政権をどうしたいのか?改憲してでも剥奪したいのか?
帰化人の国政参政権及びアイヌ・沖縄県民の参政権は現状通り認めるんだな?

344 :名無しかましてよかですか?:2009/03/15(日) 05:34:49 ID:4Rg23bTg
>>339
問題の核心だと言って考える時間まで取った割には、全然考えてない回答だよね。
「すでに同化してるから」なんて答えてないのと一緒だよ。
もう一回考えてみなよ。

(仮)そっちが言うように「今の日本の状態は事実上の日本民族である」今の世の中で
私という人間は何をもってして”日本民族”であることを証明できる?(仮)

最低でも、「日本民族とは○○である」「自分は○○である」「ゆえに、自分は日本民族である」という三段論法が成立する程度のことは言わなきゃ「証明」にならないよ。

345 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/16(月) 05:43:43 ID:8TLBRif3
>>343
帰化人なら認めます、帰化すればハクシンクンの様な方でもどうぞ。

>>344
>「日本民族とは○○である」「自分は○○である」「ゆえに、自分は日本民族である」

「日本民族とは日本列島に住む人々である」
「アイヌは日本列島に住む人々である」
「ゆえに、アイヌは日本民族である」

ただ、俺はアイヌ人は蝦夷人なので大和民族ないし日本民族でも
あるのではないかと思う。
無論アイヌの民族性は十分にあったと思ってるし、それは明白だとも思う。
でも反面「蝦夷人でしょ?」と思うことがある。
蝦夷人と和人は民族として分離しがたいんじゃないの?
和人と蝦夷人で大和民族、日本民族であってもいいと思う。

346 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/16(月) 05:59:45 ID:8TLBRif3
>アメリカみたいになられると具体的にどう困るのか?

別に俺は朝鮮系の総理大臣や中国系の外務大臣が出たっていいと思ってる。

それこそジェロやウエンツ、土屋アンナ、梅宮アンナ、ベッキーの様なあからさまの外国系
日本人でも、それが日本国籍を取得したちゃんとした帰化人であったり、親が日本人で
あったりするなら、これは沖縄人やアイヌ系人となんら変わりないし王貞治や中華料理屋とか
の人と同じ、その手の日本人は山ほど居るし混血だからといって参政権を剥奪するようなこと
はどうかと思う。

ただし、日本籍を持たない日系人や在日外国人ともなると別だとおもう。
ましてや民族が違うと主張されるともなると。


347 :DOF ◆D/w5oCAtaw :2009/03/16(月) 08:23:25 ID:WPDKhybQ
>>345-346
結局君自身が>>337で問うたことは自分で認めるんだね。

>それでも日本国民という枠の中であれば、あらゆる民族が平等に暮らせる
>”すばらしい民主国家”というのを望みますか?

348 :DOF ◆D/w5oCAtaw :2009/03/16(月) 08:57:55 ID:WPDKhybQ
>>345
>「日本民族とは日本列島に住む人々である」

なぜ日本列島に住んでいれば日本民族と言えるのか?
君以外で“日本民族”を想定してその根拠を居住地に求めている例はあるか?
ちなみに北海道及びウタリ協会では、アイヌ民族を
「アイヌの血を受け継いでいると思われる人、また、婚姻・
養子縁組等によりそれらの方と同一の生計を営んでいる人と定義し、
自らが表明する人」としている。

349 :名無しかましてよかですか?:2009/03/16(月) 11:06:44 ID:/ZPGiyx6
>>348

民族の定義っていうより、ウタリ会の会員になる資格程度なんじゃね?

350 :名無しかましてよかですか?:2009/03/16(月) 14:53:59 ID:s4dGh1ld
>>346
国民国家でありながら象徴天皇制であるなら
それは大和民族主体の日本国民ってことになるんじゃないのか
大和民族(特に農民)の長だったが現在は日本国民の長であるっちゅうことだよな
てことはかつて一方的に吸収されたアイヌや沖縄人との関係は複雑だな
結局真の国民国家を目指すなら象徴天皇制は廃止した方が良くないか?

351 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/17(火) 13:53:05 ID:B5o3fp11
>国民国家でありながら象徴天皇制であるなら
>それは大和民族主体の日本国民ってことになるんじゃないのか

う〜ん・・・、あいまいな意味でそう捉えることもできるだろうね。
ただ、民族主義をやるのに天皇は必ずしも必要じゃないけど。
>てことはかつて一方的に吸収されたアイヌや沖縄人との関係は複雑だな

アイヌだって日本同様に領土獲得主義の時代だった帝政ロシアの脅威に
揺れていたし、どのみちロシア帝国の植民地となってた。
沖縄だって清やアメリカの植民地だ。

ただ、天皇が大和民族の長だったとはいうが江戸時代には
天皇の存在を知るものはごく一部しかいなかった。
それ以前に戦国時代なるものがあって天皇王朝は一度滅びそうになった。
しかしやはり天皇廃止か存続かで当時も揺れたんだろう、徳川が天下統一し
天皇を保護して、天皇は万事を得た。
要するに日本は天皇ではなく事実上の徳川帝国だった。
琉球もアイヌも19世紀以前からすでに徳川帝国の植民地で、天皇にこそ忠誠
は誓ってないが徳川には服属を誓っていたんじゃないのか?

>結局真の国民国家を目指すなら象徴天皇制は廃止した方が良くないか?

共和制国家にするには天皇なんて要らないだろうからね。
だからこそ保守が伝統や皇室、国民国家の両性を保たなければならんのだが・・。
そして、この民族という存在も含めて・・・

352 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/17(火) 13:54:26 ID:B5o3fp11
>>348
アイヌ民族であったって事は、日本民族なんじゃないかね?

353 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/17(火) 13:55:24 ID:B5o3fp11
>>347
その代わり外国系人を固有の民族としては認めてないけどね。

354 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/17(火) 13:58:07 ID:B5o3fp11
>>344
>「すでに同化してるから」なんて答えてないのと一緒だよ。
>もう一回考えてみなよ。
>(仮)そっちが言うように「今の日本の状態は事実上の日本民族である」今の世の中で
>私という人間は何をもってして”日本民族”であることを証明できる?(仮)


そもそもアイヌは”民族”か?
何をもってアイヌはアイヌ民族だと証明できる?

355 :DOF ◆D/w5oCAtaw :2009/03/17(火) 20:27:59 ID:xBAEBu0J
これで一つ合意が成立したぞ。大和回帰は>>337>>345>>346>>353により、
日本国民という枠の中であれば、あらゆる民族が平等に暮らせる ”すばらしい民主国家”というのを認める。
後は彼がそれでも頑なにアイヌの民族性を否定し、居住地を根拠に“日本民族”に固執している件だ。

356 :名無しかましてよかですか?:2009/03/17(火) 22:08:16 ID:SDbgONX7
アイヌ語って日本語と全然ちがうよね。
単語はちょっと似てるのもあるけど。
むしろハングルのほうが日本語とそっくりだよな。
アイヌも日本民族だってんなら、
日本も朝鮮民族って言われて統一されそうだよね。

357 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/17(火) 23:45:32 ID:MDrlpW7f
>>356
古代日本語はアイヌ語と一緒。
長い年月かけて、九州〜大和のほうでは言葉が変わっていった。
そして蝦夷やアイヌにだけ古い日本語が残ってる。

またハングク語と日本語はぜんぜん似てない。
ハングク語はベトナム語や広東語に近い系統。

>日本も朝鮮民族って言われて統一されそうだよね

うん、それは十分可能。
たぶんその場合は百済民族とかになってただろうけど。
あとは中国による中華民族とかだと朝鮮や沖縄、日本を内包できる。

358 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/17(火) 23:51:20 ID:MDrlpW7f
>>355
>日本国民という枠の中であれば、あらゆる民族が平等に暮らせる ”すばらしい民主国家”というのを認める。

おれは「日本国民という枠の中であれば、あらゆる帰化人が平等に暮らせる ”すばらしい民族国家”というのを認める。」
ってだけ。

日本民族は北海道、本州、沖縄に居住してた旧土人民族をひとつに束ねた
新しい民族体形で、日本民族には旧アイヌ人や旧琉球人も含まれる。

アイヌ、沖縄を含めた
「日本は単一民族」「日本は天皇を中心とする神の国」
という表現は反日マスゴミや支援勢力によって潰されました。

359 :名無しかましてよかですか?:2009/03/18(水) 00:28:04 ID:mR3r4IhD
>>357

なんで古代日本語であるアイヌ語から、文法も単語も違う現代の日本語に変わっちゃったの?
まるで違う言語になってるやん。
なんであんなにハングルが日本語っぽく聞こえるんだろ?

360 :名無しかましてよかですか?:2009/03/18(水) 00:49:38 ID:qJpg2vp9
>>351
天皇を知らなくても官位を授かった大名と連続した
文化や血筋を持ってたんだからアイヌや沖縄とは全然違うだろ
アイヌや沖縄は和人に忠誠を誓ってたんじゃなく服従させられてたことを忘れるなよ

アイヌや沖縄、帰化人を象徴天皇制下に組み込む
少なくともそれは潜在的大和民族化とも言えるだろう


361 :DOF ◆D/w5oCAtaw :2009/03/18(水) 01:52:49 ID:EL3LShAL
大和回帰はとにかくデタラメ書き並べていたずらに議論を引き伸ばすという手段に出たようだ。
古代日本語とアイヌ語は、基礎語彙の一致率が低く共通祖語を再構築できないため、全く別言語と言える。
共通祖語があったとしてもそれぞれ朝鮮語とともに分かれてから五千年以上は経っていると考えられる。
安本美典氏などは日本語とアイヌ語の中間的位置に朝鮮語が来るとしている。
そして朝鮮語は広東語やヴェトナム語に比べれば日本語の方が文法的によっぽど近い。

日本、朝鮮、中国、ヴェトナムなどを内包できるのは、
「漢字文化圏」という民族よりずっとおおざっぱなくくり。
わざわざ「日本は単一民族」なんて表現を使う人こそ、
アイヌ・沖縄の文化的独自性や民族性を潰そうとしている。

362 :名無しかましてよかですか?:2009/03/18(水) 06:46:19 ID:BKnM4uuj
日本人が「自分を日本人と実感する瞬間」は、以下の通り。

(1) 味噌汁を飲んで、幸せを感じた時
(2) 温泉につかった時
(3) のんびりと、日本茶を飲んだとき
(4) 畳の上で、のんびりと過ごした時
(5) たくわんを食べた時
(6) 布団にくるまって寝て、安心を感じた時
(7) スポーツの試合で、日本チームを熱狂的に応援している時
(8) 他人の着物姿を見て「きれいだなあ」と思った時
(9) しばらくパン食が続き、突然「米の飯を食べたいなあ」と思った時。
(10) 電話で話していて、何度もお辞儀をしてしまった時
(11) 「桜前線」の動きに注意するようになった時
(12) 梅干しを食べた時
(13) 祭りの太鼓の音に、興奮してしまった時
(14) 外国人に話しかけられ、英語が苦手であせった時
(15) 富士山を見て、誇りを感じた時

  新浪網によると、日本人が「自分が日本人だなあ」と感じる15項目のうち、
10項目は「幸せ」を感じている時でもある。
---------------------------------------------------------
  中国では、日本食に対する関心が高まっている。第一の理由は、ヘルシーさが認められたこと。
また、都市部にコンビニが進出して、「おにぎり」や「おでん」など、比較的低価格で手軽な「日本食」が、
若者を中心に受け入れられたことも、日本食全体に対する関心を高めた。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0227&f=national_0227_019.shtml

363 :名無しかましてよかですか?:2009/03/18(水) 12:04:57 ID:Ac+ZxiwI
>>362
数年前に、ともだちんこと屋久島旅行に行ったわけね。

屋久島入りの前日に富士山はゴミ放棄が凄いんで世界遺産登録の話が流れただのどうだの悲しい話を聞いたのよ。

いまからお邪魔する屋久島もゴミ満載ならこれまた悲しい。
でも悲しむだけではどうにもならないから、もし屋久島もゴミだらけならゴミ拾い登山しようじゃないかって話になった訳ね。

実際登山するとゴミの一つも落ちていない。なんと素晴らしい事か。

ゴミを棄てるのも人間なら、ゴミを拾うのも人間。

何が言いたいかってーと、小林には是非とも街宣右翼を率いて貰って富士清掃活動してもらいたいね。
そうしたら街宣右翼も小林も見直すかもしれない。

まぁゴミを捨てる人間はミギヒダリ保革関係なく終わってるけどね。

364 :名無しかましてよかですか?:2009/03/18(水) 12:45:51 ID:qJpg2vp9
>>362
そんな日常的な事でいちいち日本人意識しねえよwwwww

俺は天皇陛下を拝見したとき、日章旗や菊花紋章を見た時だ
後は海外に出て実感するんじゃないか

365 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/19(木) 02:12:42 ID:KHJgpxza
>>359
>なんであんなにハングルが日本語っぽく聞こえるんだろ?

なんでハングルが日本語っぽく聞こえるんだかw
まあ、しいて言うなら大乗仏教語ニュアンス化してる言語だからかな。
日本語、チベット語、モンゴル語、満州語、朝鮮語、これらは仏教の発音の
影響でニュアンスが変化した。
>文法も単語も違う現代の日本語に変わっちゃったの?
>まるで違う言語になってるやん。

諸外国との付き合いの関係で、過去に何度もそうやって
日本語は改修されてきて変化してった。
奈良〜飛鳥時代とかでの中国語化への改修で、いろいろ
と苦悩があった。
アイヌ同様に文字持たなかったし、朝鮮みたいに民族語を
捨てる段階にまで差し掛かってたりもした。
そうして今みたいな訓読みやカナ当て字の言語が作られた。
今の日本語は人造語みたいなもんだろう。

366 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/19(木) 02:31:36 ID:KHJgpxza
>>361
>共通祖語があったとしてもそれぞれ朝鮮語とともに分かれてから五千年以上は経っていると考えられる。

おまえさんもおまえさんで、そういうデタラメを言ってるけどな。
日本語はビビンパ言語なので、朝鮮語系統のニュアンスも若干輸入して含んでる。
高句麗語の構造がわずかに入ってるんだよ。

>そして朝鮮語は広東語やヴェトナム語に比べれば日本語の方が文法的によっぽど近い。

文法的にはそりゃ漢字当て字語だしw
悪いけど俺は今の日本語は本当の意味での民族語だとは思ってないよw
標準語の様なものだろう。
>大和回帰はとにかくデタラメ書き並べていたずらに議論を引き伸ばすという手段に出たようだ。

俺はそれがゴーマニズムだと思ってるよ。

>安本美典氏などは日本語とアイヌ語の中間的位置に朝鮮語が来るとしている。

アイヌ人と日本人の中間が朝鮮人という遺伝子結果と重なるが
これは日本人が渡来人と混血してるからで、一方的な見方でしかない。
ただの渡来人視点の見解で、日本人とアイヌを「完全に異質」としたい人が良く使う手だ。
確かに和人は渡来系文化民族かもしれんが、それはアイヌも琉球も少なからず
外来系の文化を輸入してるわけで、アイヌ琉球を「大和民族」として同化した意義に反する。
アイヌ民族、琉球民族、本州民族を民俗文化にしてともに近代化を歩むことで
新たに創設された民族が大和民族。
その民族はこの日本のモダニズムという文化が民族文化であり標準語が民族言語。
>アイヌ・沖縄の文化的独自性や民族性を潰そうとしている。

だってもう潰れてるじゃん。
どこに民族なんて居るの?
あえているというなら、在日朝鮮民族ぐらいじゃないの?

367 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/19(木) 03:14:54 ID:KHJgpxza
>>360
>天皇を知らなくても官位を授かった大名と連続した
>文化や血筋を持ってたんだからアイヌや沖縄とは全然違うだろ
>アイヌや沖縄は和人に忠誠を誓ってたんじゃなく服従させられてたことを忘れるなよ

>アイヌや沖縄、帰化人を象徴天皇制下に組み込む
>少なくともそれは潜在的大和民族化とも言えるだろう
>>361
>わざわざ「日本は単一民族」なんて表現を使う人こそ、
>アイヌ・沖縄の文化的独自性や民族性を潰そうとしている。

ま、まあ・・・・そう言いなさんなって・・・(^^;
おれもそれは十分わかってる。
<<本音>>
「大和民族」についても、コテを「大和回帰」に改めたときに
十分に分かったし、この「単一民族問題」の真意というのも日に日をましていくうちに
そのカラクリがようやくわかって来た。
でもほら、おれはゴーマニズム支持者だから・・・・(笑
小林の言ってることも右翼が過ぎてるとは思うけど、やっぱり一理あるわけでさ。
正直言うと小林がチベット問題を批判し、日本民族を肯定するなら
同時に「琉球民族」「アイヌ民族」を肯定して、共和制国家と公民思想をもっと批判
しなければならないとおもうし、また中山大臣の言う「単一民族」にも突っ込みを入れ
ていつもの批判的ゴーマニズム宣言をしないといけないとも思う。
それこそアイヌ民族や琉球民族を批判するなら大和民族や
日本民族にゴーセン入れて根底から中山などの議員も含め批判しなくてはならない。


368 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/03/19(木) 17:02:19 ID:LaCVFiDH
>>361
チャイナの世界観は中原と夷狄しかないよ。

現代は古文として扱われる古い日本語も、朝鮮半島諸国語と漢語と倭人語(後は梵語なんかも)を重ね合わせて出来たものだから、何処の国とか民族とかの言葉と共通してるのか探すの難しいよ。
てか不可能。

369 :サンタ:2009/03/19(木) 18:50:57 ID:f4xTHIn5
>>357
>古代日本語はアイヌ語と一緒
当時の日本列島には様々な言語が混在していたと思うのでアイヌ語と一緒と言うのは無理があると思います。

>>366
>おまえさんもおまえさんで、そういうデタラメを言ってるけどな。
>日本語はビビンパ言語なので、朝鮮語系統のニュアンスも若干輸入して含んでる。
>高句麗語の構造がわずかに入ってるんだよ。
高句麗語の構造が入っているのは同意します。
大和回帰さんの考えの朝鮮語系統のニュアンス(おそらくは文化語のことだと思います)が日本語に入っただけでは
共通祖語が5000年以上であるとのDOFさんの考えは否定することはできないと思います。

>文法的にはそりゃ漢字当て字語だしw
漢字が入ったからといっても文法にはそこまでの影響はなかったと思います。

370 :サンタ:2009/03/19(木) 18:58:40 ID:f4xTHIn5
>>367
大和回帰さんの本音には同意します。

371 :サンタ:2009/03/19(木) 19:11:17 ID:f4xTHIn5
>>354
>そもそもアイヌは”民族”か?
>何をもってアイヌはアイヌ民族だと証明できる?
難しい問題ですね。私の考えでは
自分たちがその「民族」というグループに属していると思えば「民族」に成りえるからだと思います。

372 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/20(金) 00:57:11 ID:lb6gKArC
>>371
>難しい問題ですね。

サンタさんは、難しいと思われますか?
やはり「アイヌ民族」を証明することはできない??

>自分たちがその「民族」というグループに属していると思えば「民族」に成りえるからだと思います。

それは分かります。
そして民族には必ず独自の学術的な民俗文化と、独立した歴史がある。
今一部の若い人たちで関心が高まりつつある”愛国心”における民族性も
そうしたものに起因するからです。
たとえば>>362は日本の民族性の一部の例でしょう。

373 :名無しかましてよかですか?:2009/03/20(金) 10:48:33 ID:8ft39XJR
ちょっと聞きたいんだけど、小林は日本の琉球支配について沖縄論でどういう見解をとっているわけ?
アイヌ問題についてはアイヌに対して否定的だったそうだけど、琉球についてはどうなの?
日本本土に対しても珍しく批判的だと言われているが、
何か沖縄じゃ目をつけられたり圧力かかったりしてるとも聞くんだよな

374 :サンタ:2009/03/20(金) 17:32:31 ID:VpcQLRcZ
>>372
>サンタさんは、難しいと思われますか?
>やはり「アイヌ民族」を証明することはできない??
アイヌの人たち自身が自分たちを「民族」であると自覚しているのならば
「民族」なのではないでしょうか?
例えば、ユダヤ人を見ても混血が進み血統的だけでみれば「民族」ではありません。
しかし、本人たちが「民族」であると思うからこそ「民族」として成立しているのです。
私が思うのは大和民族である我々では証明はできないがアイヌの人だけでしか証明できないと思います。

>>373
詳しいことは覚えてませんが、小林さんは琉球を攻めたことを「侵略」ではなく「統一」と考えていたと思います。

375 :サンタ:2009/03/20(金) 17:33:35 ID:VpcQLRcZ
何を書いてるのか自分自身でもわけが分からなくなってきたw

376 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/20(金) 19:14:44 ID:qAV7bDh6
>>374
アイヌってたしかに日本でユダヤ人みたいになってるからね・・・。
まあ厳密には状態が似てるってだけで、旧土人の延長的な
日本人として認知されてるのだろうけど。

しかし沖縄人を見れば分かるとおり、アイヌも古代から日本列島に
住んでる人々だ。
祖国を負われ離散したユダヤ人とは違う。

377 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/03/20(金) 19:28:32 ID:ab90Lb2o
>>373
アイヌも沖縄もいずれも毀誉褒貶。
歴史には光と影があるとのスタンスだ。

378 :サンタ:2009/03/21(土) 01:42:38 ID:Y3xTMfPm
質問ですが、沖縄の人と本土の人はどのくらい混血しているのでしょうか?

379 :名無しかましてよかですか?:2009/03/21(土) 02:10:08 ID:PskTjMFZ
アイヌも生まれ故郷を追われて首都圏にいっぱいいるよね。

380 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/21(土) 03:25:17 ID:MzGM7WXT
>>379
もともとアイヌは首都圏はおろか富士山あたりまでに住んでたんだけどなあ・・・。
(下手すると関西にも)


381 :名無しかましてよかですか?:2009/03/21(土) 11:52:25 ID:6zU7Xk3k
>>379
卑下も過ぎると嘘臭さ丸出しでみっともないよ。

382 :名無しかましてよかですか?:2009/03/21(土) 12:01:58 ID:IfoGnhQJ
俳優の宇梶剛士さんのお母さんもアイヌですね。

383 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/03/21(土) 12:48:14 ID:CE5+N9yq
アイヌが確実に住んでいたことが分かっているのは、
東北地方及び新潟県下越地方辺りまで。
関西は記紀の神武東征の登場人物の人名(エウカシ、オトウカシ)から、
可能性も否定はできないという程度。

>>375
何を言いたいのかわからない人と話しているとそうなるのも無理ないでしょう。

384 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/21(土) 18:39:59 ID:TWDJgtCe
>何を言いたいのかわからない人と話しているとそうなるのも無理ないでしょう。

それは違うと思うぞ。

>関西は記紀の神武東征の登場人物の人名(エウカシ、オトウカシ)から、

それは知らんかった・・・・やはり古代日本とアイヌの関係は予想以上に深いかもな。
古代日本人が今で言うアイヌ人だったのか、それともすでに和人と蝦夷・アイヌは
別々の民族だったのか考える必要がある。

385 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/21(土) 18:48:29 ID:TWDJgtCe
>>375
それはサンタさんがまだ葛藤や詮索の中にあるからですよ。
私は結局小林の意見に賛成する方向に意志を固めた。
アイヌや沖縄、本州すべて含めて単一的な大和民族ないし
日本民族で良いとね。
それぞれが郷土文化として民族を保持し、日本民族という
枠の中でその一端を担えばいい。
いまさらアイヌや沖縄がそれぞれの”民族”を主張する必要はないとね。

386 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/03/21(土) 22:10:53 ID:m9cRNUs7
昔は東北以北のまつろわぬ民を蝦夷と呼んで、元にしてみれば蝦夷はクイと呼ばれていたけど、今のアイヌに繋がるかどうか意見が分かれる所でしょ?

387 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/03/22(日) 00:14:29 ID:IrAOzQ9Z
大和回帰は小林氏が本気で「それぞれが郷土文化として民族を保持し、
日本民族という枠の中でその一端を担えばいい」
なんて甘い考えでいるとでも思っているのだろうか?わしズム28号49ページでは
「今さら熊送りの儀式や女性の口の周囲のイレズミを復活させられるわけもない。」と、
イオマンテ禁止再開までほのめかしている。

彼はそれらが異民族の異文化だと自覚してて敢えて単一民族発言をしている。
単一民族論の本音は大和スタンダードによる文化の画一化。

388 :サンタ:2009/03/22(日) 01:42:29 ID:Cj6OLITW
山田秀三って人が書いた「アイヌ語地名の研究」によると
アイヌ語の地名の多いのは太平洋側は仙台以北、日本海側は山形と秋田の間あたり。
南限としてるのが福島県までだね。

>>385
あと200年あればアイヌ民族は大和民族に完全に吸収されるとは思いますが
現在のところは大和民族とアイヌ民族は同一であるとはいえないでしょうね。

>いまさらアイヌや沖縄がそれぞれの”民族”を主張する必要はないとね。
「いまさら」どころか「もともと」別民族ではないでしょうか?

申し訳ありませんが大和回帰さんの日本民族の理由・考えを教えてください。

389 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/03/22(日) 02:05:13 ID:+ycPlmap
丁髷、首斬り、腹切りは日本の伝統。

390 :名無しかましてよかですか?:2009/03/22(日) 03:14:24 ID:s6oENshX
>>381

知らないの?北海道じゃ就職も結婚も難しいからって、
アイヌがたくさん首都圏に行ってるじゃん。
アイヌの団体もいくつかあるよ。

391 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/03/22(日) 07:18:50 ID:IrAOzQ9Z
まぁ、北海道以外にも潜在的に北海道在住と同じくらいの人数のアイヌがいるとは言われている罠。

392 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/22(日) 09:49:59 ID:90Gua7as
【中国のブログ】中国は「最も多くの領土を失った国」 日本は琉球群島を奪い、沖縄県と改名し残虐な同化・奴隷化政策をした★2[03/20]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1237646827/


あー
なんだこれーなんだこれー

393 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/03/22(日) 09:59:01 ID:IrAOzQ9Z
沖縄が中国領だったことなんてない。もちろんもともと日本でもなかったけど。

394 :アニマル:2009/03/22(日) 10:26:10 ID:eOUNy15s
ヒトラー、チベット兵そして七人の侍

http://akiba.geocities.jp/pxzuwp/0202/2/114.html

日本は、ヒトラー政権を背後でコントロールしていた。



395 :サンタ:2009/03/22(日) 13:53:48 ID:Cj6OLITW
>>392
中国に冊封を受けていたからといって中国領土というのは無理がある。
邪馬台国や奴国まで中国領土ではないのと同じことだ。

396 :名無しかましてよかですか?:2009/03/22(日) 16:53:56 ID:fFRANqmU
>>387
来年あたり阿寒でイオマンテ行なう予定
よしりんは80年代に通達無視して行われた旭川や白老のイオマンテ知らないんだろ

397 :名無しかましてよかですか?:2009/03/22(日) 17:40:36 ID:ijdWtfZI
>>392
なんだこれーって・・・・・・・中国版小林よしのりじゃないの?

でさ?
そっちが小林の意見に賛同するも構わないけどさ、アイヌ・沖縄の民族性は潰れていると自分勝手に納得しないでくれる?

見えない敵と戦っている人は「アイヌ・沖縄の民族性は潰れた」と聞けば手を叩いて喜ぶかも知れないけどね。

それと聞きたいんだけどさ?
日本民族の歴史のアーキタイプである”神話”はどう理屈つけるの?


398 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/22(日) 20:16:51 ID:DM8c43Ig
>>386
おやおや、それは実に際どい話ですね。
十分に意見が分かれてしまいますな〜。
アイヌの神話にも”アイヌ自身”が出てこなかったり、小人伝説
も口授だから信憑性が無いとかも言われてますからね〜。

399 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/22(日) 20:22:16 ID:DM8c43Ig
>>382
しかし、民族とは男系なのか女系なのかどちらに受け継がれるのかね。
それとも生まれたところや育ったところかね?

400 :名無しかましてよかですか?:2009/03/22(日) 20:24:39 ID:ijdWtfZI
>>398
質問をわざと無視してるの?

401 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/22(日) 20:45:02 ID:DM8c43Ig
>小林氏が本気で「それぞれが郷土文化として民族を保持し、
>日本民族という枠の中でその一端を担えばいい」
>なんて甘い考えでいるとでも思っているのだろうか?

正直言って、その考えはなかったよ。
俺には小林がアイヌを完全に同化ないし民族浄化するという
立場に立っているとは到底思えない。
ましてや大和民族主義者のためにアイヌの民族文化の封殺を
推奨してるとも思えない。

もし小林よしのりが、一方的に沖縄を「悪い島」と呼んで、沖縄人
への再差別をほのめかしているのだとすれば、アイヌ民族の否定
、抹殺も十分考えられるが。
しかし現時点では多少”わるのり”(大吾氏の言い回しではないが)
が過ぎてるとはいえ、小林の提唱する日本民族論はこれからの
日本を考える上でとても建設的で、互いを2分せずとも十分信頼
しあい、過去に対しての決着をつけれるものだと信じている。



402 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/22(日) 21:09:27 ID:DM8c43Ig
>>400
これから応えるの!
ちゃんとしたレスをしたいので、応えやすいものから
先にお答えさせていただきます。

ちょっとお聞きしますが、日本民族のアーキテクトとなる
神話とは、どういったことですか?
過去の日本と沖縄の神話における整合性の部分ですか?
おきなwが日本の神話に含まれて居ないとかの?

403 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/22(日) 21:23:54 ID:DM8c43Ig
>>397
>アイヌ・沖縄の民族性は潰れていると自分勝手に納得しないでくれる?

たしかに民族文化はある、ウチナンチュ魂みたいなのも感じられる。
でも、民族体としては十分潰れてるんじゃない?
今の沖縄は、十分大阪や福岡、東京といったような同じ立場だとおもう。
国際的な感じもすごく似てる。
でもだからって民族としてこれから主張できるか?
といったら、それはかなり意見が分かれると言うかアイヌにしてもそうだけど
かなり難しい問題なんじゃない?

現代沖縄人全体の意見と、民族として成立した場合の沖縄の今後を考えても
ずいぶんと困難な状況を強いる判断になると思う。

>見えない敵と戦っている人

少なくとも見える敵と戦ってるんだけどな・・・。
俺だって擁護側の視点では見れないものはあるけど、この場合どうみても
あなたには見えてない”権力”の思惑が確実に存在してる。
悪いけど俺にはあなたが”見えない敵”と戦ってるようにしか見えない。

>日本民族の歴史のアーキタイプである”神話”はどう理屈つけるの?

日本書紀だって、どう見たって初めからこの地にあったものじゃないし
沖縄に関しても色々古代日本と似通ってる部分があるだけで俺はアイヌ
よりも沖縄のほうがまるで異民族に見える。
だが小林の言うとおり、古い日本が残ってると言う点は完全に否定できますか?
沖縄の根本にある神話や宗教は古代日本とは何の関連性もないものだと言い切れますか?


404 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/22(日) 21:26:52 ID:DM8c43Ig
小林の言うとおり ×
小林の言う    ○

405 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/22(日) 21:40:54 ID:DM8c43Ig
>>387
>わしズム28号49ページでは「今さら熊送りの儀式や女性の
>口の周囲のイレズミを復活させられるわけもない。」と、
>イオマンテ禁止再開までほのめかしている。

なんというか、これは実に都会人的な視点だとおもう。
熊送りの儀式とかやってもいいと思うけど、”野蛮な行事”として封殺されている。
日本人も捕鯨を行うのはそれと同じで”野蛮な行事”なわけだが、やっている。
このあたりの感じは、中国がチベットに行ってるそれと似ているが一概に同じともいえない。

女性の刺青は、現代生活に差支えがあるんじゃないかと思うけど、日本人
だってお歯黒とか眉毛の風習は今はもうしてない。
もし小林が同化主義者なら、こんな心配なんかしないのでは?
確かにこれは民族文化へ対するある種の侮辱かもしれないけど、この現代
にそうした細かな風習までを再現して行こうってアイヌの女性がはたして居るのだろうか?


406 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/22(日) 21:52:48 ID:DM8c43Ig
>>388
>あと200年あればアイヌ民族は大和民族に完全に吸収されるとは思いますが
>現在のところは大和民族とアイヌ民族は同一であるとはいえないでしょうね。

まあ、確かに両者は違ってたでしょうね。
でも、そもそも大和民族やアイヌ民族って今の日本に居るの?

>「いまさら」どころか「もともと」別民族ではないでしょうか?

もともとって言うけど、さらに元々をさかのぼれば大和民族の範囲圏である
古墳時代にはアイヌも和人も同じ民族だったかもしれないよ?

>申し訳ありませんが大和回帰さんの日本民族の理由・考えを教えてください。

まずはじめに断っておくけど、俺は大和民族と日本民族を分けてる。
まあ同じと言ってしまえばそれまでだけど、厳密には違うと考えてほしい。
つまり、中山国交相のようないわゆる”保守・右翼”の言う”大和民族は単一民族である”
という概念と、小林の言う新しい次世代の大和民族構想である”日本民族”というのはまるで違うと。

で、俺の意見としてはその小林論に賛成したもので要するに「超歴史的」な観点からの
与那国から日本列島、樺太千島というに範囲における人々、民族が現代までに淘汰されながら
同化ないし帰化していった状態による「日本国民族」が日本民族であるということ。


407 :サンタ:2009/03/22(日) 22:50:43 ID:Cj6OLITW
>>406
>でも、そもそも大和民族やアイヌ民族って今の日本に居るの?
いますよ。大和民族の一人が私です。

>もともとって言うけど、さらに元々をさかのぼれば大和民族の範囲圏である
>古墳時代にはアイヌも和人も同じ民族だったかもしれないよ?
同じ民族はありえないでしょうね。古墳時代には大和朝廷の勢力圏は
アイヌ民族(当時は成立してはいないとはおもいますが)に及んではいないでしょう。

>与那国から日本列島、樺太千島というに範囲における人々、民族が現代までに淘汰されながら
>同化ないし帰化していった状態による「日本国民族」が日本民族であるということ。
私には淘汰されているとは到底思えません。
今でもアイヌ民族で大和民族と混血していない子孫の人たちまだいるでしょう。
その子孫の人で自分たちはアイヌ民族であるという考えを持った人がいる限り淘汰されているとは思えません。

疑問があれば質問よろしくお願いします。

408 :名無しかましてよかですか?:2009/03/22(日) 23:16:03 ID:ijdWtfZI
>>402
なんだ、無視されたのかと思った。ちょうど>406で出ていたので引用するけど
小林の言う新しい次世代の大和民族構想である”日本民族”の神話という意味で理解して。

”日本民族”には神話が無いなんて洒落にならんでしょ?
じゃあ、保守・右翼の言う大和民族や皇国史観ドップリの神話を引き継ぐの?って話。
それとも、日本民族の中にもアイヌ・琉球その他諸々の神話が存在するってことでもいいの?
もし、後者であればそれは”他民族国家”と言える根拠にはならないの?

>>403
>たしかに民族文化はある、ウチナンチュ魂・・・・・・・
うん。だからその他の都市と”似ている”のは近代化と民主主義の中で発展してきたから似ているの。
”日本民族”といった民族性に同化したから”似ている”わけじゃないのね。

>現代沖縄人全体の意見と、民族として成立した場合の沖縄の今後を考えても
ずいぶんと困難な状況を強いる判断になると思う。

この考えは”民族意識の確立=それに依る権力体制の樹立”が根本にあってこそ言えることだよね?
沖縄の民族性が成立して一体なにが困るのか?
つまりは独立ってことでしょ? 独立すると困難になるよ?って言っているんでしょ?
これから言えるように民族性と国家体制を直結させているから、そこに確かにいるアイヌがアイヌだと
沖縄人が沖縄人だといえば「国が分断される!」と見えない敵に脅えるのでは?

だから見えていないのはそっちだね。
アイヌは吹けば消し飛ぶ時代の徒花?
沖縄人は見える人にしか見えない妖精か何か?



409 :名無しかましてよかですか?:2009/03/22(日) 23:26:00 ID:ijdWtfZI
>>403
>俺はアイヌよりも沖縄のほうがまるで異民族に見える。
この感覚が通常だと思う。沖縄のどこをどうしたら”日本民族”に集約できるのかが理解できない。
お墓の前で血縁が集まって酒盛り。崖の中腹あたりまでヒイコラ登ってそこで先祖の先祖の先祖のお墓参り。
他の都市と似ていると評される現代でも違いなんてのは沢山ある。
>古い日本が残ってると言う点は完全に否定できますか?
”南西諸島は多様性が上手くまとまって機能した好例”であったって認識だから否定はしない。

でさ?
そっちがこんなにも「沖縄と日本」の一体感を言ってくれてるのに、あーじゃないこーじゃないと噛みついてばっかで申し訳ない気持ちもあるけどね?

はっきり言って沖縄が日本であるのは「米軍基地」があるからだと思わないの?



410 :名無しかましてよかですか?:2009/03/22(日) 23:27:03 ID:fFRANqmU
ようするに日本民族って日本国民とほぼ同義にしかならないってことか?

>>407
純粋なアイヌだからこそはっきりシャモ(和人)が憎いと言えるみたいだね
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/hs/hs/essay/files/yamamoto.html

411 :a:2009/03/22(日) 23:33:46 ID:80YY6peM
第二次世界大戦の真実
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1805192
第二次世界大戦の真実
http://www.youtube.com/watch?v=iKbuy7bPYlo

「反日の実態」 ←検索


412 :名無しかましてよかですか?:2009/03/23(月) 00:09:29 ID:uimFd3Qx
l

413 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/23(月) 00:31:03 ID:iZZ6oTst
サンタさん、非常に良い着眼点です。
一応、これだけ先にお答えします。

>古墳時代には大和朝廷の勢力圏はアイヌ民族
>(当時は成立してはいないとはおもいますが)に及んではいないでしょう。

つまりアイヌ民族はその当時存在していないのだから、アイヌではない”何か”が
居たわけで、じゃあそれは一体何か?と言うことになる。
大和朝廷は蝦夷人とかなんとか呼んでいたんだろうが、定説(?)では13世紀ごろ
にアイヌ民族は成立したとかいうけど、じゃあそれ以前の和人が認識していたその
蝦夷と、今のアイヌ民族は一体なにがどう違うと言うのだろうか?

琉球だって14世紀成立とは言うが、日本語族の分岐ではそれよりも何百年も前だ。
じゃあ琉球以前の沖縄には一体なんの民族がいたのか?

いわゆる”大和民族”だって、1〜3世紀ごろ成立しただろうけど、その卑弥呼〜大和
王権の成立した古墳時代以前の人々は”大和民族”とは違う民族だったのだろうか?

なぜ沖縄は倭人語なのか?なぜ現代日本人はその倭人語系統なのか?じゃあ倭人語を
話さなかったであろう大和王権以前の古代大和人や蝦夷人は異民族なのか?

ちょっと前までアイヌ専用スレがあったんだが、そこでは蝦夷人と言う呼び名がのちに
樺太アイヌや千島アイヌの自身らを示す言葉である”エンチウ”になったんじゃないか
という話が出てきて、色々波乱と言うか荒れた事があった。
結局根拠のないものであるとして話題は流されたけど、大昔に蝦夷人という漢字が
どのように呼ばれていたかなんて分からない。
エミシ、エミジン、エミントゥ、エミンチュ・・・・・エゾント、エント、エソゥンチユ(エソゥンチュー)
どんな感じだったのかは分からないが、もし古代にいわゆる和人に呼ばれていた名称が
そのまま使われてきたのなら、それが古代大和語の方言なのか倭人からの輸入語なのか
を確かめなければならないだろう。

文が長くなって申し訳ないけど。。。

414 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/23(月) 00:38:46 ID:iZZ6oTst
>>408へのレスはもう少し後にしたいので先に
>>409へのレスをしたいと思います。
>お墓の前で血縁が集まって酒盛り。崖の中腹あたりまでヒイコラ登って
>そこで先祖の先祖の先祖のお墓参り。

これはねえ、ちょっとなんというか、現代の?というか近世の日本の風習や
習慣に見られないと言うだけで、昔はそういうのもあったんじゃないかとは思う。
ただ、それを”和人の民族”に含めるのかどうかによる。

>はっきり言って沖縄が日本であるのは「米軍基地」があるからだと思わないの?

また米軍かよ!w
なんで米軍基地があるから沖縄は日本のままでいられるみたいな事いえるのさw
じゃあ、米軍なかったら沖縄は日本ではなかったということ?
米軍と言う、ある種の”敵”がいたから日本人として団結するという意思を決めたと言うの?

415 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/23(月) 00:56:18 ID:iZZ6oTst
>>410

(^ω^#) ・・・・・・・・・。(これは小林も怒るだろうな)




まあ、おれもさっきのDOF氏のレス読んで返答を考えてるときに
「え、ひょっとしてこれは民族差別になってしまうってこと・・?」
という嫌〜な感がよぎった・・・。(そういう見方も確かにできる)
ただ、なんというか小林の台詞じゃないが、

「人に不粋な事をいうのは嫌だし差別された経験のある人は傷
つきやすいと思う、でもだからと言ってかわいそうだからと哀れみを
かけるのはもっと嫌なことだ」

アイヌを民族として尊重する、それ自体は悪いことじゃないと思う。
しかし、その民族の子孫を懐柔し助けるようなそ振りをみせて実はそれを反政府や
国家戦略に利用しようとする、そうした連中が裏にいるからおれはこのアイヌ沖縄の
民族容認問題にはとても賛同できないのよ・・・・。
だから俺は小林はやはり正しかったんだと改めて確信できた・・・・。


416 :サンタ:2009/03/23(月) 02:25:42 ID:Gh66Qcj9
>>413
>蝦夷と、今のアイヌ民族は一体なにがどう違うと言うのだろうか?
大和民族に吸収されたか、されてないかの違いだと思います。
分かっているとは思いますが蝦夷と言っても地域性があります。
アイヌ民族の原型となっていくであろう人も住んでいたでしょうが全てではありません。

>琉球だって14世紀成立とは言うが、日本語族の分岐ではそれよりも何百年も前だ。
>じゃあ琉球以前の沖縄には一体なんの民族がいたのか?
琉球民族の成立は知りませんが琉球民族成立以前には民族なんて存在してないでしょう。
ただ琉球民族の原型となる人たちは住んでいたでしょうね。

>古墳時代以前の人々は”大和民族”とは違う民族だったのだろうか?
>倭人語を話さなかったであろう大和王権以前の古代大和人や蝦夷人は異民族なのか?
民族が成立する以前には民族なんてありません。
それと倭人語が話されていたのは邪馬台国の時代です。大和王権以前にも一応は話されていたとは思います。

もしかすると、大和回帰さんは言語だけで民族を考えていませんか?
在日朝鮮人の子孫の人やアイヌ民族の子孫も日本語しか話せない人もいるでしょう。
日本語しか話せなくても大和民族にはなりません。

話は反れますが我々は縄文人とは言いますが縄文民族とは言いません。
つまり「民族」成立以前は「人」なのです。「人」だけでは「民族」とは言えません。

417 :サンタ:2009/03/23(月) 02:29:59 ID:Gh66Qcj9
>>416追加です
>琉球だって14世紀成立とは言うが、日本語族の分岐ではそれよりも何百年も前だ。
>じゃあ琉球以前の沖縄には一体なんの民族がいたのか?
言語的には1700年前とか1600年前とか言われてますよ。

418 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/03/23(月) 12:11:03 ID:NaP5KeE0
>>416
>もしかすると、大和回帰さんは言語だけで民族を考えていませんか?
>在日朝鮮人の子孫の人やアイヌ民族の子孫も日本語しか話せない人もいるでしょう。
>日本語しか話せなくても大和民族にはなりません。

世界には同じ言語を喋っていても互いに違う民族と認識しあってる例はいくらでもあるにせよ、
僕もやはり民族の歴史や分布を考える上で言語は重要な要素を占めると思っていますし、
日本語しか話せなくて自分で日本人としか思ってないような人たちまで、
アイヌや朝鮮人の血が流れているというだけで和人から排除しようとも思いません。

複数のルーツを持っていて和人とかアイヌとか朝鮮人にこだわらない、
もしくはどれか一つに帰属意識を定められない人が、
ただの”日本人”を名乗るのもありだと思っています。
”ユーゴスラヴィア人”が今も存在しつづけるように。
小林氏や大和回帰のようにそれを他人にまで強要するのは異常ですけどね。

あと大和回帰はどうも歴史の時間軸上に、
ある民族の存在を確認できる点を言語の記録の開始や国家の成立をもって定める時、
点を境にその民族が何も無い所から突然現れて、
その点より前の記録が残ってないだけの時代には、
誰もいなかったか全く別の言語が話されていたと考えてしまうようです。

419 :名無しかましてよかですか?:2009/03/23(月) 12:17:35 ID:KiNeHxve
>>415
彼は臨床心理学の研究者だか?
やっぱりプロ市民なのか?

420 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/03/23(月) 17:51:48 ID:rHwWGZho
民族って近代国家設立において生み出された概念。
民族の枠組みを過去に遡って作り出したからこうして現代に至るまでわだかまりが生じちゃってるじゃん。

沖縄をあのまま独立国?にしたって結局財政に破綻を来たしてどっちかの方に吸収されざるを得なくなるんだし。
沖縄の人達は、日本国に吸収合併されても(ごく一部を除いて)誰も文句なんて言わなかった。戦後も。

421 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/23(月) 21:11:20 ID:WkG505xU
>小林氏や大和回帰のようにそれを他人にまで強要するのは異常ですけどね。


心外だな、異常だなんて。
おれはこういう形での民族の容認ってのが嫌なだけですよ。
コヴァもそうじゃないの?
だからそれだったらもう”日本人≒日本民族”で完結すれば良いじゃないって。
日本での異民族は在日朝鮮人や台湾人だけで良い。

422 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/23(月) 21:33:33 ID:WkG505xU
>民族って近代国家設立において生み出された概念。

近代国家設立に生み出されたと言うことは、じゃあ民族という
概念のない近代以前の日本って大和民族なの?

>沖縄をあのまま独立国?にしたって

結局、諸外国の国家戦略なんですよね。
団結されると困るから。
たとえば朝鮮なんて2分されてますけど、あれひとつの国だったら
世界戦略を考えてる国にとっては結構目障りだと思うんですよ。
もし朝鮮が日本敗戦時に団結して、ロシア領の沿海州や樺太、満州
の全部もしくは半分ぐらいを占領して「朝鮮国」として成立してたら
これはもはや強大な国ですよね?

で、日本はそういう風に大国からは見られてるはずなんですよ。
中国やロシアやアメリカなどからしたら、一番衰退してほしい国って
他でもない日本なんじゃないの?

423 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/23(月) 21:36:36 ID:WkG505xU
>>419
プロ市民なのかは知らないけど、やっぱり協力者だろうね。

424 :サンタ:2009/03/23(月) 21:38:59 ID:Gh66Qcj9
>>421
こういう形とは何ですか?

425 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/23(月) 22:11:17 ID:WkG505xU
>>418
DOF 氏
>世界には同じ言語を喋っていても互いに違う民族と認識しあってる例はいくらでもある

アメリカとイギリスなんて、いってみれば同じ国ですよ。
でも違う国として存在しています。
ラテン語圏のヨーロッパはみんな方言みたいな感じだし、だから「単一民族主義」側の
意見としてはナチスがやろうとしたことも分からなくはないです。

でも民族としての国家のあり方の歴史、言語、宗教、存在意義もやはり違うと言うのも
分かるし、これはアイヌ人や沖縄人、日本人の関係でも同じです。
しかし、相した違いを尊重する現代の様な核民族主義とでも言うようなスタイルも
どこか滑稽だとは思いませんか?
国際社会を持って、そうした民族のあり方を正の如く行使するってのはどうなんですか?

単一民族主義って、そんなに悪いですかね?

>民族の歴史や分布を考える上で言語は重要な要素を占める

アイヌ語も琉球語も存在するし、それは紛れもなく日本語ではないだろう。
宗教や風習もすべて違うわけだし、装束の外見もだいぶ違っただろう。
しかし民俗文化を見たとき、果たして我々は完全に”違った”存在と言い切れますでしょうか?

内地として同化したアイヌ・琉球と外地として同化ならざるものとした台湾・朝鮮との違いって
一体なんだったんですか?



426 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/03/23(月) 22:13:28 ID:rHwWGZho
>>422
日本人が近代以前は大和民族でもなんでもなく、その土地に生まれた呼び名で表わしてたに過ぎないっしょ?

江戸の人は江戸っ子とか、熊本なら肥後もっこすとか。

日本と言う括りはあっても、括りイコール民族とはならなかったし。

常に外国の人間を指して自分達との差異を付けて来なかったっけ?

戦国時代ではオランダ人もポルトガル人もイスパニア人もみんな南蛮人だし。



427 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/23(月) 22:14:14 ID:WkG505xU
>あと大和回帰はどうも歴史の時間軸上に<省略>
>誰もいなかったか全く別の言語が話されていたと考えてしまうようです。

アイヌは民族か?と考えた場合、それは紛れもなく居たでしょうし
民族でしたでしょう、現在も活動者は居るし、ロシアンアイヌだっている。
彼らの民族性を否定することは良くないとは思うけど、じゃあ「アイヌを民族として認めるか?」
と言うのは別問題だと思うんです。

なぜ「日本民族としてのアイヌ」ではいけないのでしょうか?

>>424
ゴーセンで批判してるような、対立的な形、つまり日本人を悪としたやり方です。
我々をダシにして民族を容認させたいそうなんです。


428 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/03/23(月) 22:18:45 ID:rHwWGZho
>>426の続き

古代はもっと大雑把で東北以北の住民を蝦夷、朝鮮や支那なんかは唐人(からひと)だった。
これまで他称であった倭人を捨てて自ら中華として位置付けするようになったから自己が消えちゃった。
黒船がやって来たから自ずと自分達は日本人だと認識するようになったけど、チャイナは最悪でついぞ自称、自らは何の民族かを表す事が出来なくなった。
そんなんで、中華民族なる超大雑把なものを開発したんだけど、当然モンゴル人やチベット人は自分達は中国人(中華民族)じゃないと反発して清から離脱したのだけど、それが紆余曲折で今に至る。

429 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/23(月) 23:45:43 ID:WkG505xU
>>408
>”日本民族”には神話が無いなんて洒落にならんでしょ?
>それとも、日本民族の中にもアイヌ・琉球その他諸々の神話が存在するってことでもいいの?
>もし、後者であればそれは”他民族国家”と言える根拠にはならないの?

う〜ん・・・・・・・・それはさあ・・・・・。
>だからその他の都市と”似ている”のは近代化と民主主義の中で発展してきたから似ているの。

いや、それは理由にならないんじゃないの?
それは沖縄が紛れもない日本と関係ある民族であったからで、琉球王朝時代ならまだしも
今の沖縄人と本土人というのは同一的な日本人、現代の大和民族なんじゃないの?
>沖縄の民族性が成立して一体なにが困るのか?

あなたはさ、このあたりの危機感がまるでないんだよ。
独立とかじゃなくてさ、それ以前に琉球民族が容認されて、その先の沖縄や
日本国や本土人にあたえる影響ってのは、あなたが考えてるよりずっと大きいんだよ。
そりゃ琉球民族やりたい側はいいよ、でもわれわれの様なそれを望まない人たちも沢山居るわけでさ。


430 :サンタ:2009/03/24(火) 00:00:49 ID:YRQa77Dm
>>429
私は現在の沖縄の人たちは大和民族に吸収されたか、されてないかは微妙な所
であると思います。
沖縄の人に聞いてみるのが一番良いかもしれませんね。
もし、沖縄の人が自分たちは琉球民族であるというのならば
あなたたちのような認めたくない側も認めなければならないと思います。

431 :サンタ:2009/03/24(火) 00:02:52 ID:YRQa77Dm
>>429追加
私は神話よりも個人の考えの方が重要であると思っています。

432 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/24(火) 00:05:02 ID:FGWymEyr
つづき
>つまりは独立ってことでしょ? 独立すると困難になるよ?って言っているんでしょ?
>これから言えるように民族性と国家体制を直結させているから、そこに確かにいるアイヌがアイヌだと
>沖縄人が沖縄人だといえば「国が分断される!」と見えない敵に脅えるのでは?

これは十分現実的な見える脅威とは思わない?
そもそも、そうした民族問題と国家、政治の関係性を批判してるのが沖縄論なんだし。
独立はできない、だから民族は容認されるべきというのは分からなくもないけど
要するに権力を行使する政府や国が悪い、だから俺達は正しいというスタンスだよね?
見える敵である日本政府が悪くないとは言わないし中国なんて確実に悪いだろう。
でも、その見える敵である日本政府や各党の議員達が、自分らの利益のためにアイヌや琉球を
民族として容認しようとしている、と言う事は考えたことない?

>アイヌは吹けば消し飛ぶ時代の徒花?
>沖縄人は見える人にしか見えない妖精か何か?

そうだとはいわないけど、実にそれに近い状態というか結局
”自称民族”という人しか居ないような気がするんだけど。

だから俺にはあなたが沖縄人はヤマトゥンチュとは違う、琉球民族なんだということが
やりたいと言うだけにしか聞こえないし、それじゃ右翼の大和民族主義者と変わらない。
それが結果的に欧米的な文化人類学的民族主義理念とあい重なって正しいのだとしても
”自分達は○○民族だ!”といったものだけが民族になれるというのって、どこかおかしくない?
アイヌや琉球が民族として容認されるということは、本当に正しいことなのかな?

433 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/24(火) 00:14:47 ID:FGWymEyr
>>428
つまり中国は潜在的に究極ともいえる多民族混合同化をしてきたわけです。
あんだけひろいんじゃ無理もない。

>>430
じゃあサンタさんの言う琉球民族、大和民族ってなんですか?
沖縄の人が「自分達は琉球民族だ」っていったら認めなければいけないの?
なら本土人がみんな「自分達は大和民族だ」といったらそれは当然認められるの?
>>431
個人ねえ・・・・

434 :サンタ:2009/03/24(火) 00:24:52 ID:YRQa77Dm
>>427
>なぜ「日本民族としてのアイヌ」ではいけないのでしょうか?
アイヌ民族が現在まで存在するからでしょうね。

>我々をダシにして民族を容認させたいそうなんです。
存在するのだから仕方がないでしょうね。

>>432
>”自称民族”という人しか居ないような気がするんだけど。
すくなくとも私はアイヌ民族は存在していると思いますよ。

>アイヌや琉球が民族として容認されるということは、本当に正しいことなのかな?
琉球は同化しているかもしているかもしれませんが、アイヌ民族に関しては正しいことでしょうね。

435 :サンタ:2009/03/24(火) 00:34:39 ID:YRQa77Dm
>>433
>なら本土人がみんな「自分達は大和民族だ」といったらそれは当然認められるの?
無論、認められるでしょうね。認められないはずがない。

沖縄の人が「自分達は琉球民族だ」っていったら認めなければいけないの?
もちろんです。

>個人ねえ・・・・
間違えました。個人ではなく集団の多数派です。

>じゃあサンタさんの言う琉球民族、大和民族ってなんですか?
大和王権から始まりその子孫が領土を広げ、蝦夷とかもろもろの民族を同化させていった民族。
琉球民族は琉球民族はいつ成立したのかは分かりませんが、もしかしたら大和民族に同化したかもしれませんが
あくまで存在すると仮定するならば大和民族に同化されなかった民族でしょうね。

436 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/24(火) 00:38:15 ID:FGWymEyr
サンタ氏
>琉球は同化しているかもしているかもしれませんが、アイヌ民族に関しては正しいことでしょうね。

アイヌと琉球って、どう違う?
サンタさん的には、琉球はもはや同化されてると考えていいわけ?

437 :サンタ:2009/03/24(火) 00:45:50 ID:YRQa77Dm
>>436
アイヌは文句なしに私個人の考えで存在していると思います。
琉球民族はよく分かりません。混血の具合も分かりませんしね…。
しかし、沖縄の人が自分たちが琉球民族であると言うのならば隼人のように同化されてないんでしょうね。

438 :サンタ:2009/03/24(火) 00:47:28 ID:YRQa77Dm
>>437
「隼人とは違い」の間違いです

439 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/03/24(火) 00:50:09 ID:5WQtCRgI
今や真の大和民族であるはずの関西人が、
東京への同化を拒む少数民族のようになってしまったのは歴史の皮肉。

440 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/03/24(火) 01:02:03 ID:5WQtCRgI
琉球諸島民の民族意識は微妙らしい。アイヌは明白だけど。
大和回帰が言う「認める、認めない」はいかなる権限を持った人を前提にしているんだろう?
アイヌに関しては日本政府が認め、国民にも反対している人なんてほとんどいないというのに。

441 :サンタ:2009/03/24(火) 01:03:05 ID:YRQa77Dm
>>439
三重県の北部は関西人になるのかね?
一応方言は微量の関西系なんだけれど古今集の東歌には伊勢の唄も書かれてること
から見ても元々は東国の仲間だったらしい。
三重県は関西人になるの?

442 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/03/24(火) 01:14:02 ID:5WQtCRgI
>>441
関西とは関ヶ原以西だから三重県は含まれない。

443 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/24(火) 03:18:05 ID:FGWymEyr
>琉球諸島民の民族意識は微妙らしい。アイヌは明白だけど。

はあ、さようでござんすか・・・。
え・・・・?でもID:ijdWtfZIさんとか、とらひこ?だっけ?
ああいう沖縄の人もいるから、琉球諸島民の民族意識もけっこう明確な部類に入るんじゃないの?
小林はそういうところをどう見てるか知らないけど、覚悟ができやってるんなら
別にかまわないし、好きにやれば良いんじゃない?
それなら俺も「アイヌを民族として容認すべき」と認めるよ。

おれはこう見えても小林とは違い自虐意識のついた軟弱右翼、つまりネトウヨなので日本国
がそうした右翼的な立場から不利になるという自体ものすごく興奮する。
この軍事的、外交的に窮地に追い込まれる感じがものすごくたまらない。
「ああそうですか、そんならやればいいよ、勝手にしやがれ」と思えてくる。

まあ、もともと日本人がまいた種だし戦争しなけりゃもっと長い目でこの単一民族も拝めただろうに。
単一民族主義やナチズム、右翼思想に興味のない君らには何〜の関係もないだろうけど。┐( -"-)┌ ヤレヤレ
>大和回帰が言う「認める、認めない」はいかなる権限を持った人を前提にしているんだろう?

け・・・権限・・・・。
アイヌや沖縄を民族として認めたくないと言う意思を持つ権力者・国会議員とかって返答でいいですか?

>アイヌに関しては日本政府が認め、国民にも反対している人なんてほとんどいないというのに。

はあ・・・・。
あれを”認める”という判断で言うのはキムジョンイルを
北朝鮮国民の意思で選んだとするようことだと。
まるでプーチンのロシア、スターリニズム。
あなたがスターリニズム容認者だとはしらんかったわ。
じゃあこの問題での日本政府の判断は正しいという事でいいわけね?いいのね?

こくみん・・・・?あなたの言う”国民”ってなんですか?
俺の知ってる国民は小林よしのりも含めてみな反対の意を示してますが・・・・?

444 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/03/24(火) 07:06:23 ID:5WQtCRgI
どうやら大和回帰の脳内日本では、
全国的にアイヌ先住民族認定反対運動が巻き起こっているようだ。

445 :名無しかましてよかですか?:2009/03/24(火) 08:45:52 ID:Auz0Kp45
>>443
自分をネウヨ呼ばわりしちゃって・・・・・・少しお疲れのようね。
説明してもらいたいのは沢山あるけどちょっと控えとく。


446 :サンタ:2009/03/24(火) 10:49:30 ID:YRQa77Dm
>>443
私の知っている国民にはアイヌ民族が存在してないと言う人なんて一人もいませんが…

>あれを”認める”という判断で言うのはキムジョンイルを
>北朝鮮国民の意思で選んだとするようことだと。
>まるでプーチンのロシア、スターリニズム。
>あなたがスターリニズム容認者だとはしらんかったわ。
>じゃあこの問題での日本政府の判断は正しいという事でいいわけね?いいのね?
なるほど、大和回帰さんの頭の中では日本はソ連や北朝鮮のように独裁政治を行っている
と思っていいんですね?
大和回帰さんは日本とソ連や北朝鮮の違いも分からないという事でいいわけね?いいのね?

447 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/24(火) 17:19:44 ID:FGWymEyr
>日本はソ連や北朝鮮のように独裁政治を行っていると思っていいんですね?

ああ、これは別に事実だからぜんぜんかまわないよw

>大和回帰さんは日本とソ連や北朝鮮の違いも分からないという事でいいわけね?

別に分かるけど、俺は同じ社会主義の擬似民主主義国だと思ってるよ。
君はもっと社会主義国というのがいかなる仕組みであるかよく理解したほうがいい。
結局日本も彼らと変わらん、だから政治家連中は特亜と馬が合うんだろう。

>>445
その様です・・・・。
申し訳ない・・・・。

448 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/24(火) 17:32:56 ID:FGWymEyr
>どうやら大和回帰の脳内日本では、
>全国的にアイヌ先住民族認定反対運動が巻き起こっているようだ。

いずれにせよ反対にさせる。
そしてきっと小林がそのきっかけを世に広めてくれると信じてる。

それにしても、DOFは本当に卑劣な奴だ。
権限だの反対してる国民は居ないだの、朝日新聞や
鳥越俊太郎、カンサンジュンの言い草だ。
典型的な平和左翼、おまえの言ってる国民などただの子羊にすぎない。
こんなのはなあ、宗教と同じでお前達左翼が陽動しコントロールしてるからに過ぎない。
いまにみてろよ・・・・その状態を逆手にとって逆転させてやるからな。

449 :サンタ:2009/03/24(火) 18:29:49 ID:YRQa77Dm
とりあえずアイヌ民族が存在するのに認めたくないってのは分かった。

450 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/24(火) 18:38:14 ID:FGWymEyr
それとサンタさんに2つ問う。

あなたは、「アイヌ民族は居る」と言っておられてるけど
それってどういう人もしくは人たちの事を示してるの?

そして同時にあなたは「琉球はもう同化されたと思う」という意見と
「仮に琉球民族が居るなら、同化されてない人たちだ」と言う
意見も言ってるけど、それはどういう人・人たちのことを言っておられるのか?

451 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/24(火) 18:38:56 ID:FGWymEyr
×それとサンタさんに2つ問う。
○それならサンタさんに2つ問う。


452 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/03/24(火) 19:08:45 ID:5WQtCRgI
日本政府が去年改めて支持を表明した、「カフカス山脈の尾根をロシア共和国とグルジア共和国の境界線とし、
間のオセチアは分割する」というスターリンの決定には、俺は一貫して反対を訴えてきた。
これで大和回帰が会話の通じる相手ではないことがはっきりした。

453 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/24(火) 20:04:30 ID:FGWymEyr
>>452
馬鹿な・・・・・
俺が言ってるのは先住民族決議についての話だ・・・・・

だれもそっちの話しをしていない・・・・

454 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/24(火) 21:47:36 ID:FGWymEyr
>ロシア共和国とグルジア共和国の境界線とし、間のオセチアは
>分割する」というスターリンの決定には、俺は一貫して反対を訴えてきた。


まあアイヌが似たようなもんだからな。
だがな、同じにするなよなロシアの手先め。
この国でチェチェンやユダヤの様な民族問題を抱え込ませたいらしいが。
そうはいかせるかよ。

455 :名無しかましてよかですか?:2009/03/24(火) 22:41:07 ID:BVmmpDjq
【北海道】「アイヌ修学資金」アイヌの学生989人に対して24億円を貸し付け 返還者はわずか1人だけ、159万円に留まる

 http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1237900111/

やはりアイヌと証する輩やその背後には怪しい団体がついてるのか

456 :名無しかましてよかですか?:2009/03/24(火) 23:23:20 ID:cf8qtQeg
>>448
全ての国民を一つの民族に仕立てて単一民族とする方が余程宗教じみてるだろボケ
今さら認定覆したら世界の恥だろ

457 :サンタ:2009/03/25(水) 00:45:29 ID:LaBT6dEK
>>450
アイヌの血を引いている人でアイヌであるというアイデンティティーを持っている人かな。
琉球民族の血を引いている人で琉球民族であるというアイデンティティーを持っている人かな。

458 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/25(水) 00:59:31 ID:op+KvqrY
>>456
>全ての国民を一つの民族に仕立てて単一民族とする方が

いや、別に誰もそんなこと言ってないし・・・・w

459 :名無しかましてよかですか?:2009/03/25(水) 12:22:19 ID:iWlN6qnT
>>458
意味としては違わないだろ?
今さら決議を覆す方がよっぽど国益を害する

460 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/25(水) 14:01:56 ID:xKK8utsC
>意味としては違わないだろ?

お前は何か勘違いをしてるんだろうが、意味としてはぜんぜん違う。
>今さら決議を覆す方がよっぽど国益を害する

この100年、ずっと”事実上の単一民族”としてこの国ではやってきた
わけだがそれをいまさら覆すほうがよっぷど国益に害する。
甘いんだよ、一見聞こえは良いが多民族国家で平穏に暮らせると思うなよ。
必ず民族右翼が台頭してくるから。

461 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/25(水) 14:24:12 ID:xKK8utsC
>>457
う〜〜ん・・・・・
結局それはさあ、ものすごいなんかその”滑稽”に見えるわけよ。
要するにさ、国家としての独立の”代わり”をしたい訳でしょ?
それってこの日本で必要なことかな?
おれもゴーセンに出会う前はそういう考えを持ってたんだけどさ、
実際そういう区分けをすると「なんだおまえ沖縄差別すんのか?」
っていう状況も出てくるわけ。
アイヌだって、いまさらそんな事言われても困るって人が必ずいるわけで
コヴァが「誇りある沖縄、琉球民族としての沖縄」として「沖縄人は日本人
として、そして琉球民族としての誇りを持たないといかん」って(アイヌも同様に)
本来言うべきなんだろうけど、現実問題として色々そのように「言えない」状況って
のが調べていくうちに段々わかって、
「日本はこのまま単一民族として歩み行くべきだろう」ってことになったんじゃないかと思うわけ。


462 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/25(水) 15:02:31 ID:xKK8utsC
たしかに「日本民族」は現代における大和民族の肯定であるかも知れない。
今度は民俗学的見地からではなく歴史的、政治的な観点から導き出された
琉球とアイヌにたいする民族最終同化案かもしれない。
でも、「じゃあいまさらそれを否定できるような現状か?」ってことも言いたいわけ。
結局反対してるのは反政府活動団体とか、民族活動家とか在日朝鮮人を中心とした
いわゆる戦後のアメリカ型民主主義や北朝鮮型社会主義を渇望した「左翼勢力」であって、
彼らにとって自民とかの保守連中や右翼を批判するためのイデオロギーや”武器”が確保
できなくなると非常に困るわけ。
だからこの55年体制の間に温存してきた民族利権を何が非でも成立させたいというようにしか
おれには見えない。

現代の視点から見たら、まあ現代って言うか80年代あたりからもうそうした「戦後〜冷戦の見直し」
っていうのが出てきたんだとおもうけど、じゃあ戦後から盲進的に受け入れてきたアメリカ万歳、
民主主義万歳、共和国万歳で「ほんとうにそれでいいのか?」っていう疑問が戦後統治から
おそらくバブル全盛までの80年代後半まで続いた「日本解体時代」からようやく抜け出てくるように
なってきたとおもうわけ。
そうした延長に90年代があって、2000年代があって、もうまたすぐ新しいディケイド(10年間)が迫ってる。
俺はこの10年間は日本やアメリカがものすごく変わったと思う。
もちろん中国もロシアも、韓国もひょっとすると北朝鮮もずいぶん変わってついに弾道ミサイルを持ってしまった。
小泉政権と言うアメリカ型の政治に国民が沸いた、9,11のすごい衝撃と不安から”新しい戦争の時代が始まった”
と認識させられ気づけばあの長生きするだろうと思ってた筑紫哲也が死んでしまったり、鳥越もガンだ。
どうも左翼は厄病で時代の神に見捨てられているような感じがする。
麻生政権の実態は森政権以来の強力な保守政治だし、むかしなら絶対に国民から支持を受け得なかった
批判され右翼バッシングのネタであっただろう田母神論文が国民のそれも若いのからお年寄りまでもてはやされる。
この小林のゴーマニズム宣言だってそうだ、やっぱり今の時代ってどこか保守的な考えや戦前の日本が
見直されてきているんじゃないの?



463 :名無しかましてよかですか?:2009/03/25(水) 15:11:48 ID:HANQfb0P
縄文人<馬鹿ですね〜わが子孫、琉球人、本土人、アイヌも
     誰かに煽られて互いに憎しみ傷つけあい、
      ほんと、バカですね〜

464 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/25(水) 15:57:31 ID:xKK8utsC
>>460
補足:
>必ず民族右翼が台頭してくるから。

ようするに強大化したそれら各民族の活動団体が出てきたりすると、
当然それらすべてを否定した右翼団体が、偽ヤマト民族右翼が台頭して
ものすごいうざい事になってくる。
最悪の場合ナチスみたいになってくるかもしれないので、左翼や利権やは
儲かるだろうけど、それは”アイヌや沖縄人”としてものぞましい事ではないでしょ?
民族がどうこうって言うのも分かるけど、実際やると大変だよ?っていってるわけでくさ。
>>463
www

465 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/03/25(水) 18:12:34 ID:GoNFlugc
>>456
元々民族は後から出来るものであって、後世には更に細分化されてくものだから。

昔は腸(ハラワタ)だけだったのが解剖学の発達で小腸、大腸、肛門、十二指腸や回腸とか胃袋とかって細分化されていったように。

466 :サンタ:2009/03/25(水) 20:40:09 ID:LaBT6dEK
>>461
>要するにさ、国家としての独立の”代わり”をしたい訳でしょ?
意味がよく分かりません。

>実際そういう区分けをすると「なんだおまえ沖縄差別すんのか?」
>っていう状況も出てくるわけ。
琉球民族の血を引いている人で琉球民族であるというアイデンティティーを持っている人のような
区別が差別につながる状況って何ですか?

>>465
縄文人の子孫ではあるだろうね。

467 :サンタ:2009/03/25(水) 20:52:54 ID:LaBT6dEK
>>465ではありませんでした。
>>463の間違いです

468 :名無しかましてよかですか?:2009/03/25(水) 22:26:50 ID:natl4WMk
http://miko.iza.ne.jp/blog/entry/966796/
そもそもアイヌというのは「人種」ではない
2009/03/25 15:14


469 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/03/25(水) 22:49:02 ID:7xN+pGvE
>>468
>そもそもアイヌというのは「人種」ではない

その通り。ゆえにわしズム28号で以下のように人種主義の観点からアイヌの民族性を否定するのは全くの見当違いであり、
皮肉にも小林氏はかえって自らの人種主義ぶりを露呈する結果となった。

12ページ5〜6コマ目『本来、出自など、どうでもいい話なのだが、差別を避けるために出自を
隠す若者は、他人に嘘をついているという罪悪感を持ってしまう傾向がある。その罪悪感を
晴らすために、ある日、若者は自分がアイヌであるとカミングアウトする。この時、半分、
あるいは4分の1しかアイヌの血が入っていないにもかかわらず、彼らは全面的に
「アイヌ」のアイデンティティーを選んでしまう。何かそこに無理があるような気がしてしょうが
ないのだが…』

13ページ欄外上「これは在日コリアンに対しても感じる疑問だが、
自称アイヌは百分の一の血になってもアイヌと主張するのだろうか?」

14ページ5コマ目「北海道には2万3782人のアイヌ系が東京にも約2700人いるらしいが、
すれ違っても全く気付かない。そもそも純粋なアイヌはもういない。」

44ページ5〜7コマ目『現在は混血が進んで純粋のアイヌは果たして何人いるのか?先祖の
誰かがアイヌというだけの「アイヌ系日本国民」がほとんどである。さらに、アイヌ系同士の
夫婦は数%に留まり、アイヌ系と和人(非アイヌ系)の結婚が90%超で、アイヌの血は拡散の
一途をたどっている。これで誰をどう「アイヌ民族」と認めると言うのか?』

470 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/03/26(木) 00:33:43 ID:ZJ1lLa7a
え?
わしズムでもアイヌは人であって民族名ではないって描いてなかったかい?
血を否定して見せるのは、ウタリ協会がアイヌの定義を血に見い出そうとしていたからではないのか?

471 :名無しかましてよかですか?:2009/03/26(木) 01:42:31 ID:3Zfvq2SM
【赤旗】 「アイヌはどこにいてもアイヌなのだから国の責任で民族対策するべき」 〜首都圏在住者と議連が対話集会★2
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1237992753/l50


472 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/26(木) 08:33:33 ID:IaniYsgl
>>468
http://miko.iza.ne.jp/blog/entry/966796/
>コリアイヌ? ニダアイヌ?

>そもそもアイヌというのは「人種」ではないわけです。
>アイヌが人種だったら、伊豆には雲助族とか海人族なんてのもいます、
>「アイヌは日本の先住民族」というなら、それはまぁ、確かなんだが、同じように
>伊豆の雲助族や、海人族というのも、「日本の先住民族」ですね?
>コミンテルン(日本共産党)の陰謀というのは、そういうマイノリティを利用して
>ソ連と北朝鮮が北海道を手に入れようとしていたという話。
>アイヌの名を汚す謎の集団
>で、今の、アイヌ云々も同和問題のテンプレートも
>在日デマゴギーも戦後にソビエトと走狗北鮮が用意した
>対日内部錯乱扇動戦略と言いますか情報戦略の一種なのです。
>私から見ればアイヌと言うのは
>大和朝廷が統一してからも気候条件その他で、化外ではないにせよ
>緩やかに中央文化、様式が浸透していく中に於いて差異が発生しただけなのだと思います。
>それが蝦夷なのですが蝦夷の一般的な(アイヌの言語を含めた)生活様式の影響から
>アイヌという民族が存在したかのような錯覚を醸し出す。
>戦後、コミンテルンが雛形を作った”アイヌ”とは蝦夷に対する中央の持つイメージに合致した
>一部のコタンをプロパガンダの全面に持ってきただけなのです。

異論はあるだろう、一応張っておく。
それから注目してほしいのはソヴィエト〜北朝鮮〜コミンテルン云々より
「蝦夷の一般的な(アイヌの言語を含めた)生活様式の影響から
アイヌという民族が存在したかのような錯覚を醸し出す。」


おれはちょっとこういうのもあると思うんだ、現代のロシア・北海道のアイヌが「偽アイヌ民族」
と言うものを信じてしまってる、本土でもサンタ氏の様な人が「作られた偽の大和民族」を信じてしまうように。


473 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/26(木) 09:19:59 ID:pq9ycFS8
>>466
>意味がよく分かりません。

つまりさ、民族として容認されると言うことは少なくとも
日本人の規約から離れるわけ。
琉球人(民族)でありながら国籍日本人でありたいと言う
特権階層にありつけるわけ。
これが俗に言う民族利権で、2重国籍の様な感じになる。
多分日本だけだろうね、こういうことするの。
>琉球民族の血を引いている人で琉球民族で
>あるというアイデンティティーを持っている人のような
>区別が差別につながる状況って何ですか?

要するに君は「琉球民族」を建てても、それが差別につながらないと踏んでるわけだ。
ID:ijdWtfZI←この人も「琉球民族をやったところで別に困ることないだろ」とは言ってるけど、
俺や小林以上に偏屈な人なんていうのはこの日本に沢山居るわけで、
「民族として国や世界から容認される」なんて立場に上がれば当然叩かれるのが目に見えてる。
その覚悟があれば別にいいけど、どうせ在日朝鮮人と一緒に行動するんだろうから
風当たりは相当きついものになるだろうね。

ただ、俺が
>実際そういう区分けをすると「なんだおまえ沖縄差別すんのか?」っていう状況も出てくるわけ。

って言ったのは、要するに「もう自分は日本人だ」と言う人が大半を占める沖縄人が
ほとんどで、琉球民族がこの先市民権を得れば当然沖縄人に対して「琉球民族」と
言う言葉を使わずには居られない状態が来る。
そうしていくうちに「琉球人」というのがどこか特別な目で見られてきて小さい差別は
当然出てくる、そうした中で「俺達を差別するな」という感情は当然出てくるものだと思うけどね?

ようするに、日本人として完全になれた沖縄人からすれば、いまさら琉球民族といわれても一部が勝手に
騒いでるだけで、でもどこかで「おれは日本人じゃなく琉球人なんだ」っていう歯が浮いたような状態になるわけ。
民族は日本ではアイデンティティーを分けるぐらいの力があるので、それは最終的には内地の否定につながる。

474 :サンタ:2009/03/26(木) 13:25:59 ID:kWATAOUh
沖縄の人たちは、琉球人なのか日本人なのかどちらのアイデンティティーを持ってるんでしょうね?
大和回帰さんの言っているように一部の人が琉球人であるといっているだけならば
琉球民族は同化したんでしょうね。

>>472
>本土でもサンタ氏の様な人が「作られた偽の大和民族」を信じてしまうように。
大和民族は存在してないんですか?

それとひとつ質問ですが純血のアイヌの人数は何人くらいいるんでしょうか?
できたらお年寄りを含めない数でお願いします。

475 :名無しかましてよかですか?:2009/03/26(木) 13:57:52 ID:RX3mrL1m
>>473
自分をネウヨというので少し疲れているのかな?と思っていたけども、
相手をロシアの手先だの蔑み、見えない敵に祭り上げる精神性がいかにも小林脳で、疲れているのではなくこれが通常だと理解した。

1999年の恐怖の大王(見えない敵)はそれこそ杞憂だったわけだけど、それを信じ込んでいた人に何を言っても無駄だったなってのを読みながら思い出していたね。

>>414
>う〜ん・・・・・・・・それはさあ・・・・・。
まぁ、気が向いたら答えて。

>同一的な日本人、現代の大和民族なんじゃないの?
現代の大和民族? 何それ?そっちが言う偽の大和民族って事で理解していいの?
沖縄はどう見ても異民族といいながら、現代の大和民族、同一的な日本人と?
ごめんだけどちょっと整理してもらえる?何が言いたいのかわからない。

>あなたはさ、このあたりの危機感がまるでないんだよ。

いやいや、沖縄人が民族性の保持にやっきになっても日本本土および日本人に何の影響もありゃせんよ。
日本人にとって重要なのは「はっきり言って沖縄が日本であるのは米軍基地があるから」なんだから。
そこらへんは小林信者の皆さんも誤魔化さなくてもいいと思うけどね。

>十分現実的な見える脅威とは思わない?
思わない。アイヌ・沖縄よりも北朝鮮のほうがよっぽど怖いね。
あとネウヨも怖いね。中国が沖縄に攻め込んできたら、ネウヨは中国兵と戦うことなく
真っ先に沖縄人を殺しそうな気がする。
>要するに権力を行使する政府や国が悪い、だから俺達は正しいというスタンスだよね?
なにこの善悪二元論。 小林はそんなこと言ってんの?それに賛同したってわけ?

>”自称民族”という人しか居ないような気がするんだけど。
前にも言ったでしょ? 沖縄人が沖縄人だと思うのは民族運動でもなんでもないの。当たり前の感情なの。
そっちが誰に教えられたわけでもなく日本人だと意識するようにね。


476 :名無しかましてよかですか?:2009/03/26(木) 13:59:08 ID:RX3mrL1m
>沖縄人はヤマトゥンチュとは違う。
ごめん。絶対に違う。沖縄本島人とその他の島々が同じでないように沖縄人とヤマトンチュは違う。
それとこっちは”琉球民族”なんていないと思っているけど?
繰り返しだから>>209見てね。”琉球民族”ってのよりも”沖縄人”って言葉がよく似合うの。あの島は。
それに大和民族主義者も日本民族主義者もそう大差はないでしょ。

>”自分達は○○民族だ!”・・・・・・云々それだけの理由で民族云々言うのは確かにおかしいけど、アイヌ・琉球が主張する民族性って単なる思い付きとでも思っているの?
それに、”自分達は日本民族だ!”って言っている人は頭おかしいと思わないの?
>アイヌや琉球が民族として容認されるということは、本当に正しいことなのかな?
”民族”といった概念が今の世の中に住む人を直視しないのであればあまり頂けない。

そして本当に本当に本当にあなたは説明求められることを沢山いうね?
まず、日本人の規約とは? 日本人といった人種に規約なんてのがあったのは始めてしったよ。
具体的にお願いね。
法的根拠で説明ができる”国民”と同一視して終わりじゃないよね?

>ID:ijdWtfZI←この人も「琉球民族をやったところで別に困ることないだろ」とは言ってるけど、
あなたは何を見て何を読んでこっちが「琉球民族をやったところで別に困ることないだろ」なんて言ったと判断してんの? ここはもう少し読み直したほうがいい。
こっちはね?民族性のコアたる心碑と国家は別だと主張しているよね?
それを勝手に直結させて騒いでいるのがネウヨ小林脳なの。
極端な人達が騒いでいるって現実は>>443で吐露している。
小林に希望を抱く! 小林ならやってくれるってね。
現実を直視できたならとても恥ずかしくて言えたセリフじゃない。
もう一回言うけど心碑と国家体制は別なの。
沖縄人は沖縄人の心碑を確かに持っているけど、琉球独立党は沖縄人から支持されない。この現実は日本民族性の現れではないわけ。いちいち説明しなくてもわかるよね?
民族性とか一つ覚えの”覚悟”で国家云々語る小林脳ネウヨの意地に付き合っていたら沖縄人は今度こそ全滅するね。

477 :名無しかましてよかですか?:2009/03/26(木) 14:44:56 ID:3Zfvq2SM
だからさ「民族」って言葉に陥穽があるの。こんなのもともとなかった言葉で近代の造語でしょ。
近代になってからの指標。それまでは、そんなものなかったし、考えもしなかったの。
で、サヨクは、そこに頬かむりしたまま、徹底的にこの「民族」という言葉を政治利用しようとしてるんだよ。

478 :名無しかましてよかですか?:2009/03/26(木) 14:47:07 ID:3Zfvq2SM
たとえば、「民主主義」って言葉も、近代の造語。それを近世以前に探そうと思っても狂ってくるわけでしょ。

福沢諭吉が「民主主義とは下克上のことだ」と言ってるけど、似て非なるものをごちゃまぜにして議論しても
どんどん迷路にはまっていくよ。



479 :名無しかましてよかですか?:2009/03/26(木) 14:49:55 ID:3Zfvq2SM
たとえば、奈良時代平安時代に「大和民族」も「日本民族」もいやしないの。琉球民族だっていやしないんだ。

ばかばかしいよ。



480 :名無しかましてよかですか?:2009/03/27(金) 00:35:10 ID:vP9ltYfs
反応がないから、また書くけど、この民族呼称問題は、第2次世界大戦の責任を東京裁判で裁くようなものんだと思う。
事後法ということ。

現実は、その時代時代でさまざまに人の集団が存在しかかわりあってきたということだけ。
それを近代の造語である「民族」という言葉を用いて通史的に扱うから、話が一向にかみ合わない。
そして、そのかみ合わなさを、サヨクが政治利用するんだよ。

だから、どうしたら、いいか、どういう叙述の仕方があるか、考えなきゃならないと思う。

481 :名無しかましてよかですか?:2009/03/27(金) 01:35:15 ID:ppir4gal
>>480
こっちは>>224としか言えないけどね?



482 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/27(金) 06:48:02 ID:F/tw15iZ
>>480氏と>>481氏は同じ方ですか?
ID変わってるかもしれないので、一応お答えいただけるとたすかります。


ま〜分からなくもないけどね。
国としては日本と言う枠組みの中で、内部に在日なりアイヌ人なり琉球人なり
共存して暮らしたほうが良いだろうというのはさ。

むしろ戦前は普通に多民族帝国だったし、もし日本が戦争に踏み切らなければ
そうした多民族体制ってのは十分守られていただろうに。
たとえば満州国での五族協和なんて、あからさまな多民族国家だしそれこそ
”アジアのアメリカ”だ。
日本でも鮮人や台湾人などといって民族を分けてたし、まあ要するに沖縄人と
アイヌが同化の対象、同一系統民族として認識されていたわけだ。
もちろん当時から反帝国主義に基づく民族独立・民族開放活動がさかんに
あっただろうし、共産党や同和なんてその頃から関わってたんじゃないか?

483 :名無しかましてよかですか?:2009/03/27(金) 07:10:46 ID:ppir4gal
>>482
誰に聞いているわけ?

484 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/27(金) 07:28:32 ID:F/tw15iZ
>>483
ID:ppir4gal氏=ID:RX3mrL1m氏
ID:vP9ltYfs氏 =ID:3Zfvq2SM氏

ってこと?



485 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/27(金) 07:31:12 ID:F/tw15iZ
>>475
サンタ氏
>それとひとつ質問ですが純血のアイヌの人数は何人くらいいるんでしょうか?

これについては私も分からないので控えさせていただきたいのですが
小林よしのり調べでは、もう純潔アイヌは居ないそうです。
ただ、小林調べなので完全に正しいとはいえませんが。


486 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/27(金) 08:15:51 ID:F/tw15iZ
さ〜
今日はここ数日、あまりレスできなかった分たくさんするぞ〜。

>>477>>480
しかも、「単一民族」など支配的な用途として使われるような「民族」には
とことん食いついて批判するくせに、都合が良いんだよなサヨクはさ。
>>479
民族ってのは、観察者が居ないと成り立たない。
自分達でいてる例なんて、ユダヤ人が離散して始めて使うまで
ないんじゃないか?

487 :名無しかましてよかですか?:2009/03/27(金) 08:23:05 ID:ppir4gal
>>484
>ID:ppir4gal氏=ID:RX3mrL1m氏
うん

488 :名無しかましてよかですか?:2009/03/27(金) 09:17:38 ID:vP9ltYfs
ID:vP9ltYfs =ID:3Zfvq2SM です。(本人)

489 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/27(金) 09:56:51 ID:F/tw15iZ
>>487
>>488

レスどーも、確認しました。

490 :名無しかましてよかですか?:2009/03/27(金) 11:06:10 ID:vP9ltYfs
>>486
たとえば、大和民族日本民族だなんて普段の会話でも使わないし、なにかバイアスのかかったときしか使わないでしょ。
たとえばWBCで、日本民族として誇りに思う、なんて言い方はしない。
ここに、この「民族」という言葉の胡散臭さがある。

つまりは、「民族」というのを、政治用語として認定するのなら、
右翼もサヨクもそれを、自分たちの政治に都合のいいように使ってきただけだ。

「民族」という言葉を用いたときには必ず「政治性」が付きまとう。純粋に民族なんて使わないだろう。

最近の「多文化共生、多民族共生」というときの政治性もそうだ。


だから、>>480でも書いたが、現実は、様々の人間の集団が、大きくまとまり小さくまとまり、殺し合い助け合い、
ときにはそれが遠隔地と外交を行い、「国」の名称を与えられ、内部分裂を起こし。

こういう集団の運動を、なにかうまく叙述できないかとは思う。




491 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/27(金) 12:18:22 ID:F/tw15iZ
だからその、時代の覇権国や時代の国際社会における民族の考え方や
それによる維持活動によって定められていくわけで、だから日本において
アイヌ人と沖縄人を大和民族とするのは、(当時)大日本帝国における
”日本中心主義”という考え方からくる歴史観や民族観であって、浦賀に
ペリーが来る様な時代からすればこれは特に不自然でも悪態的でも
なんでもなくて、あなたの言われるように「後になってから駄々をこねる」という
ような現代の韓国人が「統治時代は屈辱的な植民地の時代だった」などと
荒唐無稽とも考えられるも、簡単には否定できないことを言うのと少し似ている。

492 :名無しかましてよかですか?:2009/03/27(金) 12:23:27 ID:BNVbd6Dy
>>485
戸籍上の先祖に和人が居ない人は高齢者にはまだかなり居ると思われます。
混血、純血関係なくアイヌか否かを分けるのは本人の意思ですね。純血の生まれでも和人になりたくて集落を離れ和人を自称する者はアイヌとは言えないでしょ。
逆に和人の生まれだがアイヌに育てられアイヌを自称する者も居ますね。

493 :名無しかましてよかですか?:2009/03/27(金) 18:32:37 ID:vP9ltYfs
>>491
おそらく、保守側が現時点での国家体制や近代国家の枠組みを『基準』にして
そこからの遠近法で「民族」を政治的に使っているかぎりにおいて、
サヨクも、「民族」を政治的に戦略的に十分に活用するだろう。





494 :サンタ:2009/03/27(金) 18:34:28 ID:zo8Mp9iX
>逆に和人の生まれだがアイヌに育てられアイヌを自称する者も居ますね。
まじですか…。それは問題外ですね。

495 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/03/27(金) 18:37:31 ID:OinaEVm3
それも既に小林が岡田英弘と一緒にシンポ出てた時に、倭国から日本へと建国したと言う事について、現在の国民国家の概念の枠組みから逃れられないと描いていたぞ。

フランス革命以前は現在の枠組みの様な国は存在しないと、しながらも。

496 :名無しかましてよかですか?:2009/03/27(金) 18:40:37 ID:vP9ltYfs
人間の集団なんだから、融けあったり、分裂したりもする。その度合いもバリーエーションも様々だ。
それが、自然な隣接集団同士の拮抗関係でそうなったのか、
「国家」の枠組みによって早急にそうなったのかも、様々に事情は異なる。
時代によって異なるのも当然だ。

お前は何人だ、という質問に対して、日本人だ、と答えるのが、ま、現時点で普通だ。
何の疑問もなく、国籍=○○人が一致するという幸福な例が多くの日本人だと思う。
占領下の沖縄において、お前は何人だ→沖縄人だ。これも普通だが、アメリカ人と答えるたのか?
日本復帰後の沖縄なら、お前は何人だ→日本人だ。

たとえば、古代、大陸の「漢書」にあるように漢人たちは、列島に住む人間の集団を「倭」と呼んだ。
私たちの祖先も、自称として「倭」だった。
701年3月「大宝」の年号が建てられた。
独自の律令で、独自の年号を建てたこの集団は、この年の遣唐使で初めて「日本」の国号を用いた。

日本は当時冊封関係になかったので、
「史記正義」には「則天武后が倭国を改めて日本とした」とあるように願いどおり倭が日本と認識されるようになった。

自称も他称も、政治的だ。

497 :名無しかましてよかですか?:2009/03/27(金) 18:57:48 ID:vP9ltYfs
要するに、「民族の歴史」なんてものを本当に通史的に叙述できるか、誰も疑問に思わないのか?
じゃあ、半島に現在いる人間たちを古代から民族史として通史的に叙述できるのか?
「朝鮮民族」として一貫した叙述が、現在からの遠近法で叙述できるか?不可能だろ。
「半島史」は描けても、そこに住んできた人々自体が入れ替わったり過度の混血してしまったりしてるんだから。

じゃあ、現在読めるアイヌ史琉球史も、
その場所地域の歴史としてはわかるが、本当に人間の集団の歴史と受け取っていいのか?

では、日本列島はどうだ。

498 :名無しかましてよかですか?:2009/03/27(金) 18:58:35 ID:1RsUgxEi
アイヌって「人間」っていう意味でしょ。じゃあ俺もアイヌ(人間)だろ。

499 :名無しかましてよかですか?:2009/03/27(金) 20:38:33 ID:ppir4gal
>>497
”民族の歴史”なんて全ての常民に日記でも書かせて、それらをまとめなきゃ無理でしょ。



500 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/03/28(土) 01:59:09 ID:9Cxb2IIy
>>498
その通り。

そして我々はフンでもある。
フンは匈奴語で人。

501 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/03/28(土) 06:49:09 ID:tGwAFPhD
>>498
>>500
それぞれアイヌ語や匈奴語(ってどこまで分かってるんだ?)の文脈の中での話だな。

502 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/03/28(土) 22:34:53 ID:9Cxb2IIy
カムイは神、アイヌは人、シャモは隣の人、それ単体のみで特定の集団をさしていた訳ではないが、いつの間にか「それ」限定にすり変わっていった様だな。

503 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/03/28(土) 23:41:59 ID:tGwAFPhD
アッラーだってアラビア語ではただの「神」という意味。
しかし多くの日本人の認識では「イスラム教の神様」。

504 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/29(日) 06:23:55 ID:L+8BASTr
倭人(和人)だって、もともと日本列島の住人を指してた言葉じゃないしね。
いつの間にか利便の面でそうよばれるようになっただけで。

505 :名無しかましてよかですか?:2009/03/29(日) 09:15:05 ID:VRVaHZ2e
要するに、近代になって捏造された「民族」なんてものに保守側がこだわってる限り、
その勝手に捏造して来たものと同じ箇所をサヨクは戦略的に利用するんだ。
前スレから延々「民族」「少数民族」とは何か問題にしてきたけど、
そんな事後法裁判的なやり方で、国連が少数民族決議なんてものを出してしまうのもおかしな話なんだ。

>>495
そのシンポは読んでないが、現体制を基準にしているかぎり、民族を問題にするのじゃなく
政治を問題にしてるのと同じだと思う。
だからどういう人間にとっても説得力はない。


506 :名無しかましてよかですか?:2009/03/29(日) 09:25:56 ID:VRVaHZ2e
現体制が変わって、100年後別の体制になって
「民族」の議論もまた変更されるのだとしたら、それこそ、お笑い草だ。

「民族」の小さな単位が「部族」なんて言い方も、
とりあえず便宜的にそういうことにしておきましょうということで、
なんら、絶対的で有効なものでもない。
国家にしても、近代の領域国家と古代の国家じゃその概念がまったく違う。
「楽浪海中に倭人あり、分かれて百余国をなす」


だから、俺がずっと前スレから腑に落ちなかったのは、「民族」という怪しげな言葉を平気で
右翼もサヨクも平気でお互いあいまいな了解のもとに
平気で、自分たちを正当化するために使っていられるところなんだ。

話が、かみ合うはずもないし、ほとんど観念論だから、どんなふうにでも現実事実をねじまげられる。





507 :名無しかましてよかですか?:2009/03/29(日) 12:00:28 ID:oZ/Dk7y6
>>506
じゃあ、そっちはどのように説明したらいいと思うの?


508 :名無しかましてよかですか?:2009/03/29(日) 12:34:15 ID:VRVaHZ2e
「なぜ民族が別ですよ、と言いたいんだ。同じ、日本国民だろ。」

あるいは、「なぜ大和民族などという単一民族を想定するんだ。」

509 :名無しかましてよかですか?:2009/03/29(日) 18:15:26 ID:VRVaHZ2e
「日本国民であることの何が不満なんだ」「差別されてると思ってるのか?」「特別扱いされたいのか?」

あるいは「8世紀初頭、律令制度を列島に拡大するため、出羽国や薩摩国大隈国を作ったときに抵抗されたので軍事的に制圧たあげく、
平安末期には外が浜(津軽半島)を東の境界と、鬼界ヶ島(硫黄島)を西の境界として観念された。
この大八州は神仏の加護する領域であり、その外の蝦夷ヶ島(北海道)や琉球は、ケガレた空間とされていたのに、
大和民族などとはおこがましい」



510 :名無しかましてよかですか?:2009/03/29(日) 18:35:24 ID:VRVaHZ2e
俺は「民族の歴史」なんていう通史は叙述できないと書いただろ。
現代の国家体制を基準にしてそこからの遠近法で「民族」なんていう観念論的用語を使って、
この列島および周辺の、「民族の歴史」の叙述なんてものは、そもそも不可能だと思うよ。
でも、今、議論されてるのは、まるで「民族の歴史」という通史が叙述できるとでも思ってるような展開じゃないか。

日本列島史=日本国史=日本人史=日本(大和)民族史なのか?
こんなことを想定できる日本列島の地理的特殊さをもう一度考えて見たらいいよ。

だから、アイヌにしても、沖縄にしても、問題を純粋に「政治」ないしは「経済」として語るべきだと思う。
そうしない限り、「民族」という言葉の陥穽に落ちるだけだ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E6%97%8F
wikiの「民族」の混乱ぶりを見ても、なんじゃこりゃと思うだけだ。

511 :名無しかましてよかですか?:2009/03/29(日) 22:09:39 ID:oZ/Dk7y6
>>510
「民族の歴史」を学術的にどう取り扱うかなんて上等な話はしてないでしょ。
アイヌは日本本土にミサイルなんか向けない。

沖縄人が沖縄人と言ったところで日本にはなんの影響もない。
>>10-11-12で終われる話。



512 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/03/30(月) 00:16:07 ID:pojpLt4g
ミサイルどころか自爆テロすらやらない。
やるのはデモとシュプレヒコールと抗議のファックスだけ。

513 :名無しかましてよかですか?:2009/03/30(月) 02:34:52 ID:UDZCTwfV
差別した和人を呼びつけて恫喝・・・なんてこともしない。
デモだっていつも同じ顔ぶれ。
ほとんどのアイヌは地域で地道に生活してる。

514 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/03/30(月) 17:03:59 ID:pojpLt4g
チャイナではなんかローマ帝国時代の兵隊の末裔の集落が確認されたとかなんだとか。

彼等を受け入れた中華民族は懐が深いそうなんだって。

515 :名無しかましてよかですか?:2009/03/30(月) 18:55:56 ID:43OMIHXc
「先住民族」っていう言い方のおかしさだってほんとは皆気づいてやしないか?
一体、いつの時点での「先住」なんだって。
完全に「現体制」を基準にしてるだけだろ。
昔々に溶け合って混合したら、そいつらはどうなるんだ。どういうふうに「先住」なんてものを決定するんだ。
完全に混じりあってしまったあとに、後から来たほうに「罪」をかぶせるのか?

ほんと、この「民族」に関する問題はおかしな話ばかりだと思う。




516 :名無しかましてよかですか?:2009/03/30(月) 19:18:23 ID:43OMIHXc
日中戦争の罪は問うても、アヘン戦争の罪は問わない、ようなもんだと思う。
じゃあ、最後にババ引いたものだけが、罪悪感を持てというのだろうか。
先住者の先住者はどうして想定しないんだ?w
大体その先住者は様々に混合してできあがったと思わないのか。
ほんと、これをマジに考えてるとしたら、馬鹿らしくて仕方がないだろ。

俺は、小林の、沖縄についてのマンガは、すべてわかって書いてるんじゃないかと想像してる。
だって、あのような王様は裸だと言い続けてきた男にわからないはずがないじゃないか。
「再日本化」というむちゃくちゃな表現も、こうでも書かなければ沖縄のサヨクに対抗できないと感じて書いてると思う。

アイヌもそうだ。「グラデーション」という表現を使ってたが、そこまで書けるなら、「民族」なんてものが
判定者の気持ちのままにいくらでも線引きできることがわかってるはずだ。

だから、現時点での、小林の方法は、対サヨク的なものとしては理解できる。
つまり政治の書なんだと。

517 :名無しかましてよかですか?:2009/03/30(月) 19:29:19 ID:43OMIHXc
共産主義に夢を持てなくなったサヨクの活動場としての、沖縄アイヌ。(部落在日フェミ)
利用されてるほうはいい迷惑だし、サヨクにいちゃもんつけられるのは現体制だけだ。











518 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/03/30(月) 19:34:05 ID:u4ZavHZ+
>>515
本当に「皆」おかしいと思ってんならもっと大々的に反対運動が起こってるはず。
少数派であることを恐れるな。

519 :名無しかましてよかですか?:2009/03/30(月) 21:25:30 ID:43OMIHXc
>>518
あなたは私の書いてきたことを理解してくれるというのか?

520 :名無しかましてよかですか?:2009/03/30(月) 22:00:14 ID:43OMIHXc
すまん。あなたがコテハンで書いてきたことを読みかえしてみた。わかってる人間はわかってる。

521 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/31(火) 02:46:10 ID:zNgusBp/
>>506
>>508
結局、右も左もどちらも胡散臭いというのはあるさ。

>>506
>ケガレた空間

dでも説では、このケガレってアイヌ語らしいw
>大和民族などとはおこがましい

これは右翼?の1部が主張する大和民族なんだろう
けど、明治や昭和に掲げられた大和民族とはまた別もんだろうな。
中山の言う単一民族や大和民族とも違う気がする。
結局この大和民族も定義次第でいくつにでも分けれるんだろうし。

>>515
ようやく小林の言ってる事を語れる人が来たようだw

522 :名無しかましてよかですか?:2009/03/31(火) 06:38:27 ID:OKeOkkMO
>>521
わかってると思うが、>>477-480>>490>>493>>496-497>>505-506>>508-510>>515-517>>519-520は俺だぞ。

523 :名無しかましてよかですか?:2009/03/31(火) 07:11:42 ID:Gg9EFswa
俺、沖縄県民
沖縄は、何人ですか?と聞かれると「沖縄人」と答える人が多い
日本人ですか?と聞かれると、はいと言う
自分達と”日本人”を呼び分ける習慣がある
”日本”の事を本土と呼ぶ
若干ではあるけど、日本に対してコンプレックスがある

524 :名無しかましてよかですか?:2009/03/31(火) 15:09:47 ID:KXFfdi4q
>>515
現体制感覚のまま歴史を遡って日本民族を適用しているのが小林。
中華民族と同じ思想。

525 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/03/31(火) 18:09:16 ID:Y/jaIEmm
現体制下に於いて「先住民族」を「後から」決めるのはおかしな話って事じゃないの?

526 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/31(火) 18:29:45 ID:zNgusBp/
>>522

>>515氏は貴方だったか・・・・・本当にすまない。orz

>>523
嘘をつくなwバレバレだぞw

>>525
そう、だから小林は「アイヌは(現在において)そもそも民族なのか?」と、言ってるw
で、それを説くために「日本民族」を出してきてるんだけど、これがサヨクから大反発w

527 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/03/31(火) 18:36:08 ID:TnOH7kXk
「後から」じゃないと決められないから「先住民族」なんだろ。
異民族に征服されてはじめて成り立つ概念なんだから。

528 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/03/31(火) 21:26:29 ID:zNgusBp/
まあ、結局民族なんて同化したもん勝ちって言う真実や理屈が
まかり通っちゃうと、ユダヤとかが非常に困るからなw
なんのためにナチスをダシに使ったのかも意味が無くなるし
イスラエル自体が消滅しちゃうw

529 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/04/01(水) 01:51:54 ID:XJe7mKxs
そうなると、中国の先住民は「ローマ人」て事になってしまうw

530 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/01(水) 04:54:10 ID:BfcNGzuJ
中では白人の骨が発掘されてんだよな。
といっても3000年前のものらしいが。(海外ドラマ『ボーンズ』より)
なんであれ、中国はキリスト教の影響も強いしユダヤ教やメソポタミア
の様な信仰の流れまであるわ、儒教はまるでイスラムだわで
まあローマ人はあれとして(笑)中国先住民はYAP+引き継いでる日本人や
チベット人だろうという話になったりしないでもない。

中国の民族ということで気になるのは、中国は少数民族たちを先住民としてるのだろうか?
なんかあるアイヌサイトで、事細かに「少数民族と先住民族の違い」とか
克明に補足説明してるとこがあってどこかムカついたけど、肝心の英語じゃそんな区別無いんだろ?

これって明らかに中国の少数民族という表記を意識してるよな。
少数民族だと、最後は同化、自然消滅って事が前提にあったりするのかな??

531 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/01(水) 05:09:31 ID:BfcNGzuJ
>>527
なんか、悪意を感じる書き方だな。
そんな熱燗しい事言ってるから、小林がゴーセンしたくなるんだろ?
だいたい、それってどうなの?ッて話がゴーマンズム宣言だって
いい加減分からないかな?

アイヌ沖縄を先住民にするのはすばらしいことかもしれないけど、肝心
の民族がいないじゃないか。
アレを”居る”といったら、もう何でもありになってしまうぞ?

じゃあ聞くけど、民族の”期限”っていつまでかね?

まあ、たとえあんたの様な人がさ、がんばってアイヌや沖縄を先住民族に
させても、最初のうちはどこか本州人としては複雑で違和感があるかも知れん
し、新しい差別や波紋や問題を生むかもしれないけど、日本国としては十分国益
になるし、お互い民族としての再認識ができるから、これはこれで肯定的に考え
ねばならんということを本来なら小林は日本民族論の落ちとして最後に
伝えなければならないと思うね。




532 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/01(水) 05:51:50 ID:BfcNGzuJ
>>525
うん、絶対おかしいんだよ。
だからおれとか元素氏にも反発の様な感情があるし、それを知ってても
DOFのように卑劣に知らない振りをしてる連中も居る。

要するに、肯定派も反対派も認めなければならない事実がお互いにあるってことで
肯定派は、もうこのアイヌ沖縄の民族問題は「時間がたちすぎてしまったこと」
を認めなければならないという事。
まあイスラエルほど長くは無いけど、同化政策が行われて戦後60年、戦前も
含めればゆうに100年はいくだろう。
時間かけすぎて、ひ孫の連中に「民族ごっこ」をさせてるのがお前ら肯定派だよ。
民族でもなんでもねえ。

反対派が認識しなければならないのは、100年前までに琉球人やその周辺の島の人、
本土の徳川王朝の人々、アイヌの人々が違う民族として生きていたという認識。
日本は徳川の準植民地の状態にあったこれら2つの国と部族を「大和民族」として併合したこと。
彼らの民族性は確実に存在したものとして尊重し、把握しなければならない。
だから「民族」としての容認は当然されるべきであるという事。

で、ここで問題なのはこの「先住」という言葉、これが味噌でネックだったんだよ。
この「先住民族」を政治利用してのが左翼連中だ、これは「単一民族」ぐらいタチが悪い。
だが、実際もう今の風潮では「日本は単一民族だよな〜」ってほうが現実としっくり来るし
もうアイヌも琉球も過去のもので先住民族はおかしいというほうが現代の日本にはある。
しかし同時に「まだアイヌ民族居るよね〜」「彼らは先住民族だ!」「沖縄は琉球民族」って認識も
どこか変に概念として残ってる、つまりどっちもどっちなんだよ。
そうした意見や認識の違いが日本国民に混乱を引き起こしてる。
だが、昨年今頃になって「先住民族」が認められてしまったことに、右翼や保守が危機感を感じたんだろうね。
で、右翼の小林が沖縄論やアイヌ問題を題にわしずむやゴーセンを書いたと・・・・・小林にはこれが
左翼の計画する日本をおとしめる悪の陰謀に見えたに違いないだろう。

すべて知ってて書いてる?いいや、小林よしのりは何も分ってないと思うぞw
所詮素人だったのさ、漫画のプロでも政治は素人。

533 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/01(水) 05:52:33 ID:BfcNGzuJ
>>524
日本民族と中華民族って、どう同じなの?

534 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/01(水) 06:07:41 ID:BfcNGzuJ
>>513
これから起こるんじゃない?w
もう「在日アイヌ人」という線路はしかれた。

>>515
トリックだよ。
時間差を巧みに利用したね。
明らかに間違いなく、アイヌも琉球も「先住民族」なんだろうけど、
2010年にもなっていまさら「先住民族」っていわれても理解しにくいし、何より
肝心の民族が居ないから。
ただ、あのコタン村を自治的な何かそういう民族区として海外の人に
言えば信じるかもしれないし、今の大概の日本人に言っても割かし通じるかも
しれないけど。(これにはテレビや芸能にアイヌ系子孫が出ないことが問題)

535 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/01(水) 06:13:27 ID:BfcNGzuJ
なんでそういうところに出てこないのかいらないし、差別されてるとか言ってるが
沖縄人みたいに民族に認定さえれなくたって十分芸能活躍だってできたはずだろ?
左翼しか居ない、左翼が占領してるあの世界でできないはず無いんだから。



536 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/01(水) 06:14:20 ID:BfcNGzuJ
修正

なんでそういうところに出てこないのかいらないし
                ↓
なんでそういうところに出てこないのかわからないし

537 :名無しかましてよかですか?:2009/04/01(水) 11:35:02 ID:29edwa5t
>>526
いや、本当だが
何がバレバレなんだ?お前の認識と違うから嘘だって言うのか?

538 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/04/01(水) 14:18:56 ID:dTAh2Eu5
>>529
ならない。中国のある地域に一時期ローマからの移民が住んでたってだけの話。
ついでにウイグル族も1759年に清に征服されたことによって、
初めて先住民族面できる。

前にニューヨークタイムズが、ウイグル独立の根拠として3800年前の
「楼蘭の美女」のミイラを挙げていたが、
五世紀頃に今のウイグル族の直系の祖先であるテュルク人(※)に征服されるよりずっと前の、
先住のアーリア人のものなので文字通り「墓穴を掘る」こととなった。
もちろん「新疆(新たに獲得した領土)は中国固有の領土」
という中国政府の主張が間違っていることにも変わりはない。

http://www.recordchina.co.jp/group/g26086.html

※今の「ウイグル族」は1921年にソ連で新疆省出身のイスラーム教徒達が、
古代テュルク人の部族名にあやかって「ウイグル」を名乗り、
政治的に結成された民族。小林氏は明らかにアイヌとウイグル他とで基準を使い分けている。

>>537
そいつは己の脳内妄想を前提にしているから話が通じない。
彼は誰も問題にしていない「民族の”期限”」をずっと自問自答しつづけてればいいだろう。

539 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/04/01(水) 18:18:12 ID:XJe7mKxs
昔、北海道の“ある”地域に蝦夷人が暮らしていて、蝦夷人の派生系である渡党蝦夷が日ノ本や唐子の蝦夷同士の抗争を繰り返して行く内に勝利した。

アイヌは“北海道の”なのか、それとも“日本の”先住民なのかって事で違うんじゃないか?

540 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/04/01(水) 18:25:37 ID:XJe7mKxs
そもそもウイグル独立の根拠を3000年以上前に持って来ようが、ソ連の後押しで東トルキスタンと言う国が一時期出来ていたのだし。
そしてジュンガル王国もあったのだし、三蔵法師が渡った国で亀茲王国てのもあったのだし。
それこそ昔はアーリア人がいたけど、いつの間にかモンゴル人に取って変わって、今はトルコ系とかもう訳分からん。

541 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/01(水) 21:56:49 ID:uWQSwwN3
>>538
欧米中心文化人類学民族至上主義者は氏ねよ。
悪いがお前らの好きにはさせないからな、クソッタレ!

>>537
わからないのか?それこそお前の勘違い。
そういう風に刷り込まれてるか、土着根性で勝手に勘違いしてる内向きな単一琉球民族信奉者。
本土の田舎者人間も同じように勝手に「自分達は大和民族」と勘違いしてる人と同じ。
特に小林よしのりは九州人らしい古臭い大和民族観をもってると最近正直おもった。
むしろ近代における大和民族というのは、九州が発端じゃないかとすら思う。
アイヌの子孫だってもはや例外じゃない、1部のかれらも同様にそういう民族デフレーションに落ちてる。
これは良くない、無駄な誤解を生むだけ。
俺は前から言ってるけど、和人の近代化における民族併合の罪としての償いを
行うという意味で、ある程度の民族の容認は必要だとおもうし当然されるべきだろうとおもう。
しかし、限度ってもんがある。
君の様な人はいずれ和人を、ヤマトンチュを敵に回す要因や要員になる。
こうして70年代の活動家連中はまんまと国内民族問題をよみがえらせることに成功し
大いに自分らの反権力活動に従事できるようになるわけだ。

542 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/01(水) 23:58:53 ID:MRtz+L+8
と、言う国内対立型民族分断工作に利用されるという、政治的な危惧を小林は
批判してるのだが、もう疲れたわ・・・・。

俺は沖縄人はアイヌとは違いどう見ても日本系民族で完全に大和民族の枠組み
に含まれるものでしかないと思ってたけど、もうどうでもいいわ。

日本民族だって、ただ政治の言葉遊びを本気で突き詰めただけで馬鹿らしい。

単一民族発言だって、本気になるのも馬鹿らしいしそれにマジになって反発するのも馬鹿らしい。

日本民族の体系化は難で、今の日本には日本国しかないしメディアは「サムライジャパン」とか浮かれてるありさまw

民族とか無関心なこの国で、「日本民族」だのといっても相手にされないし勝手にやってろレベル。

仮に日本に民族性があったとしても、それは琉球民族やアイヌ民族が含まれてるわけでもないし

どちらも日本が間接的に支配した、息の掛かった民族だってだけで九州から移民した和人の建てた

はずの沖縄琉球でさえもはや完全に同じ民族と島民が言いえないのは・・・・・もうそういう時代になったからとしかいえない。

小林の言う日本民族は、「夢」や「理想」でしかなくそれを行うにはもっと先導できる思想家や民族がうつろになった先の時代

にわずかな可能性があるというだけで・・・ともあれ、だからといって日本の民族問題に潜む「善」の部分の悪を浮き彫りにして

若者に警鐘を鳴らしてくれたことについて小林に感謝します。

民族についてもあまり考える事のない現代人として、アイデンティティがうつろな現代にこういう話題を提供した小林流民族論を

小林よしのり氏にはこれからも継続して追及していただき読者を傲慢で楽しませてほしいと思う。


っていう、趣旨の手紙を小林に出そうか悩む(笑

543 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/02(木) 06:24:59 ID:xemOn/qw
最初から、日本帝国がアイヌや沖縄に関しても朝鮮人や台湾人のように
異民族として扱っていれば問題は無かったのだろうか?

在日も内鮮人として扱えば良いし、新生日本帝国にむけてアイヌや琉球の
民族としての容認は必須事項なのだろうか・・・・

544 :名無しかましてよかですか?:2009/04/02(木) 10:44:43 ID:GfSKEvqu
>>542
そんなに悲観的にならなくても小林は徐々にフェードアウトしていくからそれに倣えばいいんじゃない?



545 :名無しかましてよかですか?:2009/04/02(木) 11:47:32 ID:KRiN1Sxd
北海道弁はアイヌ語とは違うのですか?

546 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/04/02(木) 12:41:12 ID:MijGGEnu
大和回帰の文章は毎回ただ長いだけで中身が無い。

>>545
違う。アイヌ語は日本語ではないが、北海道弁は日本語東日本方言の一部。

547 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/02(木) 13:28:51 ID:xemOn/qw
(・3・)ハイハイ、そうですかそうですか。

   な ん と で も 言 え

548 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/02(木) 13:33:16 ID:xemOn/qw
それよか、サンタさんまだ見てるかな?
結局、サンタさん的な見解が一番自然で無難だという
事を思い知らされたような気がします。

ゴー宣読んでる人で、どれだけの人がそれに気づくかなあ。。。


549 :名無しかましてよかですか?:2009/04/02(木) 19:07:14 ID:zNEk8f+u
俺、沖縄人
俺からすれば日本政府もアメリカもシナも
沖縄を都合のいいように利用したいだけの同じ穴のムジナだな

ちょっとこぼれ話

明治政府によって琉球が本格的に吸収される事に危機感をもった
琉球の有力者達は、繋がりがあったシナ(清)に行き助力を請うた
でも、当時清は欧米列強の植民地にされていた為、
それどころじゃないと追い返されたそうだ
その時清に行った、曾爺さんの話


550 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/02(木) 21:33:12 ID:xemOn/qw
まあ、小林先生はそういう意味で表面的な沖縄しか見てないって話が
前にあったけど、まさにそのとおりだと思うし沖縄の不の部分を無視してる。
そうした日本人視点な主張本で現代日本に溶け込んでる沖縄人に同化を呼びかけてる。
皮肉にも結構共感してる人も多いんだろうし、反面「小林は同化主義者だ!耳を貸すな!」
っていう勢力が確実に存在してるから余計に。

でも、日本政府は沖縄を利用してるとはいうけど、結局それは沖縄の人がいつもまでも同じで
進歩も無く米軍や集団自殺を持ち出して地道に政府批判に利用してるのはおかしな話だけどね。

ようやく晴れて民族を主張できる権利を手に入れたわけだけど、これからどうするわけで?
琉球人さん?

551 :名無しかましてよかですか?:2009/04/02(木) 22:39:41 ID:zNEk8f+u
ったく、なんでそんなツンツンしてるのかね、昔流行ったネトウヨの残党めw

沖縄が基地経済に依存してるのは、日本政府及びアメリカが
そうせざるを得ない構図作り出してるから
沖縄は政府にごねて金をたかってると言われる、その多くは公共事業という形だ
でもその金は本土系の企業に回されて、結局吸い上げられてるのが実体
何故、そんな事をするのか?それは沖縄にはいつまでも貧乏でいて
基地経済に依存してもらわないと困るからだ

>これからどうするわけで?
そうだな、このまま世界最強の国の51番目の州になるのも悪くないね
シナは嫌だけど

552 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/02(木) 23:38:41 ID:xemOn/qw
>昔流行ったネトウヨの残党めw

もう過去のものかよww

553 :名無しかましてよかですか?:2009/04/03(金) 00:01:12 ID:GtrHRCiP
いや、昔はもっと一杯いたじゃん、戦争論とか沖縄論がでた頃は
2ちゃん=ネトウヨみたいな感じで、それよりは減ったでしょ

554 :名無しかましてよかですか?:2009/04/03(金) 00:02:48 ID:GtrHRCiP
>>551
なんでID変わるんだ?

555 :名無しかましてよかですか?:2009/04/03(金) 00:52:48 ID:Hkcc4BG6
>>550
>沖縄の不の部分を無視してる
同意。小林は現代沖縄人の原罪・病巣を無視しているんだよ。
一生懸命に日本人のフリをしている沖縄人。
君が代・日の丸・天皇・皇軍といった、いかにもネウヨが好みそうな事象にしがみつく。
彼らは皮相的であれこれらを遵法しているフリをしていたら”日本人”でいられるって事を知っているからね。

思えばアイヌを強烈に批判するのも小林ネウヨ脳を持った沖縄の取り巻きかもしれないね?
原罪の繰り返しだこりゃ。


556 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/03(金) 00:55:30 ID:qRkhH6iv
>>553
そうだよなあ・・・・
おれは遅咲きだったから、今頃ゴー宣ハマってるけど
昔に比べたらずいぶん減ったというか、変わったよなあ・・・。

それにもうゴー宣も小林も末期だろうし・・・・・(たぶん)
逆に佐藤がいま注目されてるでしょw

557 :名無しかましてよかですか?:2009/04/03(金) 01:01:06 ID:GtrHRCiP
>>555
お前、沖縄の人間と話した事あるのかよ
そりゃお前の妄想の中の沖縄人だろ、誰と戦ってるんだ
だいたい、沖縄に皇民化政策を取り入れたのは日本政府だろ
うちの爺ちゃんも学校で方言を使ったら怒られたって言ってたぞ

558 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/04/03(金) 01:19:52 ID:5D9vyk2/
俺はおぼっちゃまくんで育って、ゴー宣は1巻が出た小6の頃から読み始め、
戦争論1巻が出た頃まではハマッてた。それから十年ほど離れてたけど、
去年アイヌ論で完全にアンチに転向した。
日本の右傾化は戦争論ヒットとテポドン発射が重なった98年から始まって、
05年の衆院選で自民党が圧勝した時が頂点だっただろうな。
あの頃から格差問題も言われ出して、左への揺り戻しが始まった。

559 :名無しかましてよかですか?:2009/04/03(金) 01:47:54 ID:Hkcc4BG6
>>557
沖繩を観察するに,沖繩は言語,風俗,習慣,信仰,思想,その他あらゆる点に於て内地
と其の歴史を異にするが如し。而して或は本県人を以て忠君愛国の思想に乏しと云う。然れど
もこは決して嘆ず可きにあらず。余は之なるが為に却って沖繩人に期待する所多大なると同時
に,又最も興味多く感ずるものなり。

これに集中砲火浴びせたのは沖縄人じゃないか。原罪と言わずしてなんというの?


560 :名無しかましてよかですか?:2009/04/03(金) 02:04:16 ID:GtrHRCiP
>>559
待ってくれ、俺は原罪云々の話はしてない

それに原罪ってなんなんだ、それ天皇の言葉?
それに文句つけたから罪を背負ってるって言いたいの?
俺は天皇に期待してるって言われたら嬉しいけどな

561 :名無しかましてよかですか?:2009/04/03(金) 02:13:33 ID:Hkcc4BG6
>>560
天皇陛下が沖縄人にこんなこと言うわけないでしょ。

562 :名無しかましてよかですか?:2009/04/03(金) 02:19:23 ID:GtrHRCiP
>>561
だったら、誰に言った言葉なのかとか補足してくれ
突然、こんな話振られても困るよ

563 :名無しかましてよかですか?:2009/04/03(金) 02:21:40 ID:pdU3Q9tq
原罪って、聖書由来の言葉じゃなかったっけ?
人が生まれながらにして持っている罪みたいな。
ここでの使い方おかしくないか?

564 :名無しかましてよかですか?:2009/04/03(金) 02:30:03 ID:GtrHRCiP
>>563
うん、俺もそう感じてた
まあ、>>559は沖縄の人間は原罪に等しい罪を背負ってると言いたいんだろうなと解釈した

565 :名無しかましてよかですか?:2009/04/03(金) 02:36:16 ID:Hkcc4BG6
>>563
現代沖縄人が誕生した際に発生した自ら犯した罪と考えればいいでしょ?
なに言葉の由来にこだわってるの?

それにそっちのじいさまは、脱清は伝えたようだけど、沖縄人が日本人のフリをするのにどれだけ必死だったかは伝えていないみたいね。

誰が言ったかなんて小林がそのうちゴーマンかましてくれるでしょ。知りたければそれを待てば?

566 :名無しかましてよかですか?:2009/04/03(金) 02:48:21 ID:GtrHRCiP
>>565

疑問だらけだから箇条書きにするよ

・現代沖縄人の罪って誰に対して犯したの?

・うちの曾爺さんは日本に吸収されないように清に助けを求めに行ったんだ
レスちゃんと呼んで

・沖縄人が日本人のフリをしてるって?
皇民化政策で日本人である事を強要したのは日本政府だって言ったでしょ

・あんた自分で引用した言葉の出典も明かさないの?おかしいよ

567 :名無しかましてよかですか?:2009/04/03(金) 03:18:54 ID:Hkcc4BG6
>>566
皇民化政策の中でも”沖縄の独自性”を発展させる事ができた可能性は十分に存在した。 それを示したのが>>559だよ。
そしてそれをヒステリックに否定したのが沖縄人。

脱清を伝えたじいさんも、方言喋って怒られたじいさんもは、方言札を沖縄人の首にかけた先生は誰であるか教えなかったみたいだね。

日本人のフリをしている沖縄人と言える十分言える事でしょうに。

沖縄人が沖縄人に対して犯した罪だよ。日本人になるためにね。

そしてそれらを色濃く受け継いでいるのが、小林の取り巻きである沖縄のネウヨだね。

だから、小林は沖縄の負の部分を伝えていないの。逆にその”差別されたくないから日本人になった。差別されたくないから一生懸命に日本人な沖縄人”を礼賛してるわけ。

568 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/03(金) 05:59:02 ID:qRkhH6iv
>>558
やっぱり、そういう右傾化の波にあやかったというような
部分も多少はあるんでしょうかね?
「売れるなら右よりの事を書く」見たいな事も漫画で言ってたような気がしますし。
ただ、自分は2〜3年前ぐらいでしたか、小林が朝まで生テレビに
出ていた頃の印象がすごく強くて、ゴー宣を見てもイラク戦争あたり
から完全に右方向を改めたというか、その頃から小林批判が結構出てきたり
わたしはまだ暦が浅いのでなんともいえませんけど、チベット批判してる人が
民族主義肯定してアイヌ否定しちゃいけませんよねw


569 :サンタ:2009/04/03(金) 12:13:40 ID:oQeCbOQe
548
見てますよ。
パソコンが規制されたので書き込めないだけです。

570 :名無しかましてよかですか?:2009/04/04(土) 00:22:39 ID:dPdtrAwb
>>567

>皇民化政策の中でも”沖縄の独自性”を発展させる事ができた可能性は十分に存在した。
>それを示したのが>>559

全然示してないよ、何を根拠にそんなこと言ってるの?
引用の出典も、誰が誰に言った言葉かもあんた自身知らないのに

それと、政府が皇民化政策を押し付けなきゃ、先生が生徒の首に
方言札をかける事もなかったでしょうよ
当時の世相で、師範学校で皇民である事を叩き込まれた教師が
政府の方針に逆らうわけないじゃん

それを沖縄の罪だというなら、それを犯させたのは当時の政府だよ


571 :名無しかましてよかですか?:2009/04/04(土) 02:12:00 ID:6J6WgMys
>>558
俺もおぼっちゃまくん育ちで小五でゴー宣読み部落差別に興味持った
アイヌ論は評価してるよ。異論が出てこないと言うのは潜在的な言論弾圧と思われても仕方ない

572 :名無しかましてよかですか?:2009/04/04(土) 05:39:18 ID:NNlVyElB
>>570
沖縄学、日琉同祖論、

伊波普猷、東恩納寛惇、真境名安興、羽地朝秀

で調べて見よう。

573 :名無しかましてよかですか?:2009/04/04(土) 14:01:48 ID:ilnQsiwM
日本語と朝鮮語についての議論がちょくちょく出てますので貼らせていただきます。
http://www.geocities.jp/nanashisan_hangul/index.html
圧倒的に情報があるのでご参考に。

574 :名無しかましてよかですか?:2009/04/05(日) 01:52:24 ID:smbwD1Wo
>>570
尚寅、公同会運動、一中ストライキ事件も面白いな。

>>567の負の部分って発言はある意味正解だと思うけどね。


575 :名無しかましてよかですか?:2009/04/06(月) 07:10:51 ID:pWeH0YmA
プロジェクトJAPAN 未来へのプレーバック。Part1
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1238852842/l50
NHKの極左売国捏造路線何とかなりませんか?9
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1234342812/l50


576 :名無しかましてよかですか?:2009/04/06(月) 09:35:47 ID:XH2Gh55t
>>567
内地マスゴミを鵜呑みにしてヒステリックに内地に反日同化させようとしてるのは沖縄の左翼だろ
公平な見方への監視・弾圧ぶりは方言札なんてレベルじゃない

577 :名無しかましてよかですか?:2009/04/06(月) 11:22:53 ID:UT+dzojt
>>576
反日同化ってあまり理解できないのだけども?
流行ってんの? その言葉?

578 :名無しかましてよかですか?:2009/04/06(月) 12:52:36 ID:XH2Gh55t
ほーら圧力かけてきた

579 :名無しかましてよかですか?:2009/04/06(月) 13:11:08 ID:UT+dzojt
>>578
どんなけノミの心臓なの?
反日同化って何?
流行ってんの?って聞く事の何が圧力なの?

580 :名無しかましてよかですか?:2009/04/06(月) 14:53:30 ID:XH2Gh55t
反日言論に同化するように圧力をかけてくることを略して言っただけだ。
それもわかんないの?
自分でやってる事を他人に指摘されても、その用語自体が理解できないだろうけどな。
洗脳されてる証拠。
↓さあ罵倒と人格否定が始まるぞ。

581 :名無しかましてよかですか?:2009/04/06(月) 15:54:33 ID:UT+dzojt
>>580
人格否定が始まるぞとか、日本分断が始まるぞとか、ギャグで言ってるのか白昼夢でも見てるのか・・・・・・・小林脳ネウヨはそこらへんの芸能人より楽しいね?

でさ? 君は圧力(反日言論に同化するようにせまる行為)が始まったと勝手に脅えてるけどね?

>>577の文言みて圧力(反日言論に同化するようにせまる行為)がかかったと判断しているチキンハートはおかしいと思わないの?

まあ、おかしいと思わないからネウヨなんだろうけどさ。

582 :名無しかましてよかですか?:2009/04/06(月) 17:00:58 ID:pWeH0YmA
台湾の人気討論番組(朝まで生テレビっぽいやつ)
文献や台湾のお年寄りの証言を元に日本統治時代について話してます

http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=eCDznjqGauQ&feature=related
http://www.youtube.com/profile?user=highcentered3&view=videos



NHKの製作者に見せてやりたい


583 :名無しかましてよかですか?:2009/04/06(月) 18:24:06 ID:Bo/pQM2F
>>581
大城立裕って人は、沖縄は言論統制が強すぎると憂いていたような。

584 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/04/06(月) 18:46:53 ID:9EeOMREQ
>>581
他スレだけど、一番笑えたのは「第三次大戦が始まるぞ」だな。
さすがカルト信者。

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1216013083/854n

>854 名前:大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE 投稿日:2009/03/25(水) 00:31:31 ID:rv/RWSxw
>>アイヌと思ってない人たちまでアイヌ民族として認定されないと、
>>一体何だと言うのだろう?

>おれは最終的にはだんだんそういう事態になって来ると言ってる。
>それが早いか遅いかは分からない。
>第3次大戦が始まったらそれこそどうなるものやら・・・
>>なお、ウタリ協会の定義するアイヌ民族には、
>>直接アイヌの血を引かない配偶者や養子も範囲に入れているので、
>>血縁制というのは正しくない。

>お言葉を返すようだが、結果的にそれは”血縁制”になりうるんじゃないのか?w

585 :名無しかましてよかですか?:2009/04/06(月) 23:59:30 ID:XH2Gh55t
>>581
チキンハートとかネウヨとかノミの心臓とか、それがレッテル貼りの罵倒、印象操作だろ。
580でも577でもないけど、そんな短いレスでさらっと人格否定が出てくる君のセンスがもうおかしいよ。

現場の勇み足で勝手に生まれた方言札がいやなら学校やめればいいだけじゃん。
義務教育だって死刑にも罰金にもならないし投獄もされない。
そんなのをいちいち二言目にはやれ皇民化だのファシズムだの言ってるのって
ちゃんとした検証の結果なの?

586 :名無しかましてよかですか?:2009/04/07(火) 00:33:33 ID:OR7Wvzx1
圧力をかけているだろうという印象操作なのか、
おびえてるというレッテル貼りなのか。なんなのか。

587 :名無しかましてよかですか?:2009/04/07(火) 03:22:09 ID:PaoKLxza
>>584
何故に彼らはこうも自信満々にカルト的末法思想なんだろう?

>>585
行の短さで内容云々言われるとは思わなかった。
>>578の訳の分からない圧力への脅え方がなきゃりゃチキンハートとも言われなかったろうに。
まぁ、君がネウヨじゃなかったら素直に謝るけどね?
検証結果がどうか知らないけど、漫画家と歴史家のどっちの検証に重きを置くかって言われたら、含蓄の差で歴史家と答えるのは当然で責められる事じゃないよね。

588 :名無しかましてよかですか?:2009/04/07(火) 05:53:26 ID:OzOufwUd
>>587
その歴史家達の言ってる事を無視して、
琉球王国が非武装だったと言ったのは大田昌秀だし、
その様に国連に訴えたのは琉球弧の先住民族会だったりするんだよな。

沖縄史関係の本を読むと、
現在の政治思想を持ち込まないでくれって訴えてるものが多いな。

589 :名無しかましてよかですか?:2009/04/07(火) 08:09:07 ID:PaoKLxza
>>588
その歴史家の研究を無視して「琉球は戦わずして逃げ出した」とか、
「沖縄人としての意識より日本人としての意識を」なんて差別されたくないから日本人になろうと日本人のフリをしていた負の意識を現代でも推奨しているのが若い頃【日本精神】を学んできたと自負している、恵隆之助なんだけどね?

それと同様のギャグレベルが「誇りある沖縄」とかの雑談本の面々だよね?

小林の漫画本以上に沖縄を多角的に考察している本なんて沢山出ている現実を無視して、「小林の漫画を買う事はどことなく悪い事をしているように思える風潮がある」って具合にね。

太田を小林の対立軸で語るのであれば、小林ネウヨ脳は自分が批判している相手のスタンスって結局は、自身のカルト的末法思想と表裏一体だと気が付いたほうがいいよね?

そっちの好みに合わせて言えば「右の日教組。左の日教組」ぐらいの差でしかないよ?



590 :名無しかましてよかですか?:2009/04/07(火) 10:28:51 ID:OzOufwUd
>>589
お!やっとコメント返してくれたねw
始めに言っておくけど、小林や恵の本は読んだ事は無い。
私から見ると結局は貴方も、沖縄対日本との対立軸でしかものを考えていない、またはそう見えると言う事。
仕方ない部分も理解できるけどね。

伊波普猷達は琉球処分を肯定的に捉え「日本人になった」としていたのは間違いないし、
沖縄の文化を記録研究することにも万進していたのだから、
>>567の意見も、>>589のも両方肯定も否定もできるわけで、
大田昌秀の間違いがそう思い込む人間を増やすんで、
歴史家にとって迷惑でしかない事も理解して欲しいのよ、答えになってないかなw

>>589は自分は「日本人」ではなく「沖縄人」だと言いたいのだろうけど、
現在の「沖縄人」の枠も、日本政府のよる沖縄県設置が根拠だと言うことも知って欲しいですね。

それで一つ質問するけど「日本人のフリ」って言いまわし何時頃から使われだしたの?

注「〜ね」の後に「?」付けてるけど、断言・質問・同意要請のどれか判らないよ。

591 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/07(火) 11:24:10 ID:wsnlTGyS
>>584
DOFさんごめんね、あなたともう一人の引きこもりがちな
ウチナワ県民にたいする、いろいろと長文で反抗的な返答文を
書いてたんだけど、途中でエロサイト見てたらブルースクリーンでとんじゃった 
つ∀`)

もう一度書く気起こらないから、第3次大戦のことだけ述べておくよ。

第3次世界大戦になれば、沖縄や北海道がチェチェンやグルジアみたいに
ならない可能性も否定できないわけ。
これは2次大戦終局後におきそうになったし、実際今でも樺太や千島が
ロシアさんに占領状態にあるわけ。(樺太は交換条約したけど)
あそこには資源があるわけで、本気で樺太取替えすとなるとおそらくロシアと
紛争になるからまあ樺太は日本は完全にこの先もあきらめるんだろうけど
もし第3次大戦が実際に起こればロシアは確実に北海道に南下してくるから。
中国も米軍さえいなければ沖縄に来るだろうし、そしたら沖の倭やアイヌが
日本戦略でかなり利用されるだろうし、そのとき分離独立も十分可能なんじゃないの?

592 :名無しかましてよかですか?:2009/04/07(火) 12:05:32 ID:PaoKLxza
>>590
そっちが見えるのは仕方ないでしょ。
こっちだって小林ネウヨ脳はデンパ受けているとしか見えないから。

じゃあ、そう見えたとしても現実世界どう?
アイヌが北にいても、沖縄が南にあっても日本分断なんか発生しない。
まぁ街宣右翼は何かしでかすかもしれんがね。

>現在の「沖縄人」の枠も、日本政府のよる沖縄県設置が根拠だと言うことも知って欲しいですね。
>現在の「沖縄県民」の枠も、日本政府による沖縄県設置が根拠だと言うことも知って欲しいですね。
修正した。

沖縄人が沖縄県といった行政区域が設立された時点で世の中にポッと沸いて出たわけじゃない。
琉球処分で琉球人が処分されて、どこぞから沖縄人が流入したわけでもない。
行政の帰属先が変わるごとにその地に住む人間がコロコロ変わったわけでもない。

琉球国→琉球藩→沖縄県と別の国家としての性格を強く帯びたまま日本に組み込まれていった。
その変遷の中で沖縄人は沖縄人になっていったの。
それに、そんなに昔の話を持ち出さなくとも、30年数年前の話だけでも事足りる。
復帰前に生まれた親は自分のことをアメリカ生まれだの言わない。沖縄で生まれて沖縄で育った沖縄人としか言わない。

>それで一つ質問するけど「日本人のフリ」って言いまわし何時頃から使われだしたの?
こっちが勝手に使っているだけだからあまり気にしないほうがいいね。

それに迷惑レベルで言えば小林もトップレベルに入るでしょうよ。


593 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/04/07(火) 18:39:03 ID:uW6eEpp5
琉球国も琉球藩も国家じゃねーよ。

594 :名無しかましてよかですか?:2009/04/07(火) 19:31:08 ID:PaoKLxza
>>593
別の○○○としての性格を強く帯びたまま・・・・・・

好きな言葉入れれば?

595 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/07(火) 21:19:41 ID:wsnlTGyS
>>593
いまの台湾みたいなもんか?


596 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/04/07(火) 22:14:37 ID:uW6eEpp5
当時の琉球は薩摩と同程度の地位。
昔あったエジプトシリア連合国みたいなもの。或いは東西パキスタン。

597 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/04/07(火) 23:10:25 ID:GX1PgjQ8
>>593
×琉球国も琉球藩も国家じゃねーよ。
○琉球国も琉球藩も近代国家じゃねーよ。

598 :名無しかましてよかですか?:2009/04/08(水) 07:38:13 ID:k8Nw7da9
>>590
「小林ネウヨ脳」って、小林や恵の本を読んだ事は無いって言ってるのに〜w

現実世界の事を指摘してないよ。
歴史を都合よく解釈しているのが、両者ともに感じられたから忠告したんだけど、
貴方は最近30年間の感覚で話していたのね、ちょっとがっかり。
貴方も大田たちと一緒か、大田たちによる歴史物語を信じてしまった一人のようだね。

沖縄人ってのは元々沖縄本島人のこと、それが沖縄県人の短縮形として全県人的に使われだしたんだね。
従って現在の沖縄人の枠は日本政府が設定したことになる。

「日本人のフリ」の使い方は理解したが、私は日本国籍者が日本人と理解しているから、貴方も私も日本人だろうね。
でもね、加藤登紀子のように「日本という言葉を発するときに、たえず嫌悪の匂いが私の中に生まれ、その言葉から逃れたい衝動にかられる」
と言っている人達と同じ様に見えるから注意したほうが良いね、同じだと言うなら別だけど。

小林の本は読んでません、だからどの程度迷惑なのかは判らないです。
最後に修正ありがとね、御機嫌よう。

599 :名無しかましてよかですか?:2009/04/08(水) 07:40:21 ID:k8Nw7da9
↑修正、>>590じゃ無く>>592
また間違えちまったw

600 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/08(水) 14:27:45 ID:m/YPCflw
>「日本という言葉を発するときに、たえず嫌悪の匂いが私の中に生まれ、その言葉から逃れたい衝動にかられる」
>と言っている人達と同じ様に見えるから

【韓国のブログ】韓国芸人チョ・ヘリョン「君が代に拍手」で謝罪 4月8日10時1分配信 サーチナ
発端は、先月31日に日本で放送されたTBSのバラエティー番組 「リンカーン」で、歌手八代亜紀
が歌った「君が代」を聞いて笑いながら拍手するチョ・ヘリョンの姿が放送された。
そのシーンがDAUMを始めとする韓国の大手ポータルサイトなどで大きく取り上げられ、物議を醸し出している。
番組には異種格闘技選手チェ・ホンマンも出演したが「君が代」は歌わず無反応だった。
韓国で「君が代」といえば日本の「国歌」というよりも、「軍事主義」を象徴するものとして考えられている傾向が
強く、チョ・ヘリョンは5日、午前イーデイリーSPNと電話インタビューで「『君が代』に対して分からなくて生じた事」、
「あらかじめ分かっていたら出演しなかった」と答えた。
また、所属事務所を通じて「今後このようなことがないように日本の活動を慎重に行う」と再度釈明。
しかし、韓国のネットユーザーには否定的な意見が多くみられた。
日本での留学経験がある韓国のブロガー、ガイアは「『君が代』は、帝国主義的な色を強くたたえていると日本内
でも使用を禁止する学校も多く、国民のなかでも賛否両論が対立している、とても鋭敏な問題の一つだ。
だから日本に住んでいながらも『君が代』を聞く機会は本当にまれだ。一年半日本で暮らした自分自身も、君が代
を聞く機会は、サッカー観戦のため国立競技場に行った時の一度だけだった。
ヘリョンさんが『君が代』を聞いても、何の意味なのか分からなかったということは充分に理解ができる」とコメント。
「彼女は韓国の事をたくさん日本に伝えようとすごく努力して、本当に熱心に活動している。
そして「日本での留学時代、朝に目をこすりながら起きてTVをつけたら、色鮮やかな韓服を綺麗に着こなして、堂々と
バラエティーショーに出演しているヘリョンさんを見た。
なぜだかは分からないけれど、胸がジーンとしたあの時を忘れることができない」と締めくくった。(編集担当:李信恵・山口幸治)

601 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/08(水) 14:28:58 ID:m/YPCflw
日本人のフリをしているのは、何も沖縄人だけじゃない。
そうだろ?

602 :名無しかましてよかですか?:2009/04/08(水) 15:00:09 ID:2BOAp5Z7
>>598
わざわざ、こんなところまで出張ってくる人が「小林や恵の本を読んだ事は無いって言ってるのに〜w 」
なんて言っても”誤魔化している様にしか見えない”

”その様にしか見えない”なんて言い分は、遡ってもみたらここでもかなり頻繁に出ているけど、
じゃあ、そう見えたとしても現実世界どう?と問えば、「現実世界の事を指摘してないよ。」ときた。
もの凄い詭弁使いにしか”見えない” 

しかし、まぁ”その様にしか見えない”のは仕方ないんでしょう。

>日本国籍者が日本人と理解しているから、貴方も私も日本人だろうね。
この認識には別に文句も付けない。
「沖縄人が日本人である明確な理由」はこの認識だけにしか求めることができないから。
だけどこの認識に”日本民族性”なんてのは全くない。

漫画で目頭熱くしている小林ネウヨ脳に懐疑的なので、そっちが読んでないというのであれば話すこともないし御機嫌よう。

>>601
そんな事いうと、一生懸命に日本人な沖縄人は顔真っ赤にしてより偏屈になるだけ。
日本人が日本人であることを緩やかな意識に任せる事ができるのに対して、一生懸命に日本人な沖縄人は未だに”あまりにも分かりやすい日本人像”でしかないから。

603 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/08(水) 15:17:10 ID:m/YPCflw
>加藤登紀子のように「日本という言葉を発するときに、たえず嫌悪の匂いが私の中に
>生まれ、その言葉から逃れたい衝動にかられる」と言っている人達

そういやあ、アイヌ系女性議員の多原だっけ?
彼女もそんな風に思ってるんだろうかな。

国歌や国家の旗に忠誠が誓えない、敬礼する奴はみな公僕ってか?
反権力は時にすがすがしいとおもうし、人間社会にはそうした機構が必要で
決して悪い事ではないんだが、このご時世に反権力という活動が正義視されるほど
悪い世の中ではないし、むしろ国家自体が逆に右翼的な行動や側面を徹底して排除するぐらいだ。

いまや右翼や保守思想支持者自体が少数で、逆にマイノリティを感じるのに
いまだメディアや政界において反権力や反帝史観という存在が強く鎮座し支配している
状態の方がよほど権力的で嫌悪感を抱く。

最近は若者向けのアニメや漫画にもそうした反権的な要素を含んだ作品がブームだそうで、
保守や右翼的な要素のあるゴー宣読者としては実に複雑嫌悪な気分だ。
言論人でも佐藤優なんか最近もてはやされてるようで、いいともで田原が出たときに
第3次大戦の対談本が宣伝されたときは驚いたもんだ。
実際今彼は時の人なんだな〜。



604 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/08(水) 15:27:00 ID:m/YPCflw
ちょっと横レスで申し訳ないね、これだけ書いたら黙りますんで。
>まぁ街宣右翼は何かしでかすかもしれんがね。

街宣右翼を意識する、敵視するという感覚は西日本の関西や広島など
に多く見られ特に反帝共闘世代が強く意識する傾向があるように思う。
あなたもその御一人だろうか?

俺は田舎で生まれ育ったせいか、あんまりそういうのは意識したことが無い。
街宣右翼や右翼団体というのは居たには居たけど、学生時代はいまじゃあまり
言わなくなったけど不良とかそういう若者がファッション感覚で右翼を名乗る
ような、本来の右翼とはかけ離れた様なもんだったと思う。

むしろ私の住んでる地域は創価学会やら天理やら統一やらの宗教布教合戦(笑)の
方が多いぐらいで、どこかそうした右翼というのは蚊帳の外で暴走族程度の認識でしかなかった。
どっちかといえばオウム真理教なんかは私の田舎でも脅威視され結構話題になったけど、右翼は
相変わらず街宣右翼は蚊が飛んでるぐらいでしかった。

結果的にこれは活動資金などの都合で右翼が滅んだことが起因してるんだろうけど
右翼思想自体もはや日本人全体から支持されないという現実もあるし、右傾化ブームで2ちゃんでは
人気のあった維新政党新風のような連中も北京五輪の聖火リレー以来特に目立つことも無い。


605 :名無しかましてよかですか?:2009/04/08(水) 16:18:36 ID:2BOAp5Z7
>>604
そっちが切望する答はどうせ「朝鮮人・韓国籍の人間」でしょうに。



606 :名無しかましてよかですか?:2009/04/08(水) 16:37:14 ID:tTkyeWzz
清国への琉球人亡命者

明治9年  幸地朝常、名城里之子親雲上ら 19人亡命。 
明治12年  湖城以正、神山庸忠ら 13人亡命。
明治13年  富名腰朝衛ら 2人亡命。
明治15年  富川盛圭、国場大業ら亡命。 湖城以恭ら 3人亡命。 真壁徳名ら 亡命。 国頭必達ら 5人亡命。
明治16年  浦添朝忠ら 42人亡命。
明治17年  仲本進輝ら 5人亡命。 宜野座朝義ら 6人亡命。 亀川盛棟ら 4人亡命
明治18年  津嘉山親方父子亡命。

「生きて日本国の属人と為るを願はす、死して日本国の属鬼と為るを願はす、身を廃し首を砕くと錐も亦辞せさる所なり」


607 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/08(水) 18:46:40 ID:m/YPCflw
>>605
俺が言いたいのは、むしろ逆に左翼の方が戦前から一貫して
「朝鮮人・韓国籍の人間じゃないか?」って言いたいんだよ。

右翼はむしろ普通に”日本人”ということに優越持ってる連中だろ。

608 :名無しかましてよかですか?:2009/04/09(木) 04:11:21 ID:7Hp49xhb
台湾問題ですけど、この映画が話題になっていますね。

http://www.youtube.com/watch?v=sttvPQmpjFg

「捨てたのではなく、泣く泣く手放した。。。」



609 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/10(金) 06:24:50 ID:JIW6Sygm
>>606
なんだ、昔から左翼というか反体制の地だったのかな沖縄。
実は民族じゃなくてただの反幕府・反朝廷勢力が沖縄に
立てこもって中国と朝貢を交わしたことで国として成立した
ものだったりしてな。
しかし、当時の沖縄は地位としては藩と変わらんのか?

あと、皇民化皇民化っていうけど、皇国民化しただけで
同化されちゃった沖縄ってどうなの?

台湾や朝鮮も皇民化はしたけど、同化にまでは及ばなかった。
結局これは琉球は大和民族だって根拠にもなるんじゃないの?

激論ムック「沖縄とアイヌの真実」で三浦小太郎氏が佐藤の「ウチナー評論」
について述べた「近代化と遠隔地ナショナリズム」(p56〜59)では、皇民化ないし
同化に伴う近代化、モダニズムによって日本人として平定化されたことで沖縄人の
琉球民族としての意識や精神が強力な遠隔地ナショナリズムに転換されたと書いてある。
日本人になろうとした、皇国民化による強制力もあるだろうけど台湾や朝鮮と違うのは
やはり大和語族を話し、大和めきたる名前を使用してた沖縄人と大和人の根本的な
共通性が速い同化、または即時の同化となって進んでしまったんじゃないの?

また「琉球文藝考」の宮里立士さんが琉球と大和についての相違の見解を同ムックp78の
「日本の古典と沖縄の古典の重なる世界」でのっけてるけど、日本との大きな違いとして
王国成立以降の南方や中国との関係で培われたものが多い反面、古琉球時代以前は
むしろ日本に近かったということを明確に述べてますよ。

610 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/04/10(金) 21:03:47 ID:oq0OkW6O
藩程度。
今は潰れたけどチュシ・ガンドゥクの本拠地だったムスタン王国というネパールの藩王国があって、それと同じ。

嘗てフランスの万国博覧会に薩摩藩が出た時の名前が「薩摩琉球国」。

611 :名無しかましてよかですか?:2009/04/10(金) 23:07:53 ID:5sFHdwzV
>>609
>反幕府・反朝廷勢力が沖縄に立てこもって中国と朝貢を交わしたことで国として成立した
ものだったりしてな。
そうであってほしい”妄想”を史実のように振舞う様はあちらこちらでよく見かける。

>王国成立以降の南方や中国との関係で培われたものが多い反面、古琉球時代・・・・・
あの地域は”多様性が上手く機能した好例”であることは間違いない。
問題は、古琉球時代以前はむしろ日本に近かったということ事を”現代感覚の大和民族・日本民族・日本人”の担保にしようとしているところ。
そしてその愚かさはそっちが>>260で指摘しているとおり
「しかし、「沖縄は日本民族」だなんて、なんか「日本は朝鮮起源ニダ」と同じように思えてきたわw 」であり、
>>392の中国版小林脳でしかない。

612 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/11(土) 08:59:30 ID:sB9CKoqM
>>611
いや、俺はその考えはもうすっかり見改めてる。
妄想とか言うけど、事実そうじゃないの?
先住民が居たとしても、結果的に日本語を持ったきた九州からの移民によって浄化されただろうし。
ただ、確かにあの地域は偏狭で非常に運が良く”独特民族育成環境”にあったとおもうが、結果として
大和民族であることには変わりないんじゃないのか?

沖縄人は「日本民族」という概念で使われていた当時の「大和民族」の枠組みに
十分含まれるべき民俗人だったと思うし、琉球の内地化はどう見ても自然淘汰な同化であると
見なければおかしい、つまりもうすでに江戸時代以前から同化が始まっているか、または同じ民族であるか
ということでしかこうした自然的な同化はありえないわけで。
アイヌに関してはまだ断言できないが、大和、琉球は確実に「日本民族」で十分統括することができると思うし
我々はヤマタニアであるということが言えると思う。

また「日本は朝鮮起源」などの主張は、日本が朝鮮にたいして
「古墳があるから日本民族」とするような行為であって、沖縄に対すてはそうならないと思うけどね。
だからそれはアイヌには適用されんじゃないの?
「アイヌはエゾ、縄文人起源」とか、それと同列に対比するのが正しいかと。

613 :名無しかましてよかですか?:2009/04/11(土) 10:47:28 ID:Y300pqUL
琉球では、古琉球時代から大和とは同源と言われていて、
琉球王国時代に羽地朝秀によってまとめられ、
明治時代に伊波普猷によって体系化されたんでしょ。
>>611この二人は愚か者なの?

元々そう言う考えが琉球側にあった事はまちがい無いですね。

国連に告げ口しに言った団体の代表は、社民党の某議員の秘書みたいですね。

614 :名無しかましてよかですか?:2009/04/11(土) 21:37:42 ID:TWc7OORr
■琉球時代に移住の中国人組織〜沖縄支那党 ジャーナリスト惠隆之介「正論」平成20年3月号
★現知事の本名は「蔡」、前知事は「毛」
 昭和三十七年まで多嘉良朝朋という県人が本島中部に居住していた。彼は終戦直後、「琉球王」とあだ名され、
戦後も在沖米軍に絶大な発言力をもっていた男である。
 彼は昭和十九年十月上旬より米軍からコールサインを貰い、天津から密命を受けて帰省し、沖縄本島内を徘徊
して日本軍の兵力配備状況や重要施設の存在を米軍に通報していたのである。
 彼に指令を出していたのが県出身で同じく天津在住の沖縄支那党の子孫林興徳である。支那党とは、琉球王府
時代、沖縄に君臨した中国の帰化人を主に指す。
沖縄は廃藩置県まで約四〇〇年にわたって中国の間接統治下にあった。このとき実権を握っていたのが支那党であった。
 今でも県内で、家門がこの中国帰化人であることはステイタスシンボルである。なんと現知事、その前任の稲嶺恵一
元知事は選挙の際、それぞれ中国帰化人の子孫であることを誇り、選挙リーフレットにそれぞれ中国人先祖の姓を誇示
しているのである(仲井真氏は蔡、稲嶺氏は毛姓である)。 この支那党は廃藩置県に反対して中国に支援を要請した。
とりわけ日清戦争中、清国勝利の祈願をするため徒党を組んで神社仏閣に参拝し、「黄色い軍艦がやがて沖縄に
救援に来る」と喧伝して日本軍に志願した県出身者の家族を脅迫していた。
当時、沖縄に赴任していた内務省の官吏は、万一に備えて自警団を組織し、家族を疎開させたぐらいであった。
 その他、米軍は沖縄上陸以前に諜報工作のため潜水艦で深夜密かに県出身者を本島北部に上陸させている。
 

615 :名無しかましてよかですか?:2009/04/11(土) 21:38:23 ID:TWc7OORr
戦前明らかに南米に移民したはずの県民が、夜間、本島内を徘徊している光景が目撃されているのだ。
 沖縄戦の直前、米軍の偵察機が日本軍に撃墜され本島中部に墜落した事件があった。第三十二軍はこれに
搭載されていた沖縄県の地図に仰天した。詳細に調査されており、また地名が沖縄方言によるローマ字表記がなされていたのである。
さらに沖縄戦の最中、本島北部では警官が米軍に内通していた史実も残っている。
 ところで沖縄をめぐる情報戦は、沖縄戦の終了をもって終了した訳ではない、今度は冷戦下でさらに熾烈となって
いった。しかし中国が内戦状態に陥ったため、くだんの支那党の子孫も混乱した。
 昭和五十年九月二十七日、中国逝江省沖南金湾で漁労中、中国共産党にスパイ容疑で逮捕された県人二人が
十年ぶりに釈放されて沖縄に戻って来た。 この二人は、台湾国民党の特務機関員と行動を共にしていたと言う。
 最近でも沖縄の左翼団体(反戦地主会等)が北朝鮮と密接な関係にあることが暴露されて国民を驚かせている
(「諸君」平成九年五月号「沖縄『反基地運動家』の呆れた正体」参照)。
 なお検定意見撤回県民大会の参加団体の中には、日中友好協会沖縄県支部や、反戦地主会が実行委員と
して名を連ねていた事も国民は認識しておくべきであろう日本軍は沖縄県民を敵として戦ったのか 


616 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/12(日) 06:18:02 ID:3Wu8EfiZ
結局、そういうことなんだろうね。
アイヌ問題もそう。
政治に限りなく疎くなった、いや疎くなるようにさせられた日本人にとっては
こうした事がまるで映画の様な出来事のように感じ現実だとは認識できずに
その裏にある物を見ようともせず、立ちはだかる右翼や保守を悪だと決め付け
佐藤優の様な思想や左翼の主張をうのみにしてしまう。

小林よしのりの主張は、とても文学的でないから文章で言論を扱う人たちからの
支持があまりされにくい面もあるが、こうした恵氏の様な小林と同じように保守的な視点で
沖縄を擁護する人たちによって補完され、同時にお互いを高めあってる。

617 :名無しかましてよかですか?:2009/04/12(日) 06:30:21 ID:Kj2lOkTz
蔡温の一派かよ.....

618 :名無しかましてよかですか?:2009/04/12(日) 22:42:22 ID:QQaU8rGb
>>612
何を指して運よくなのか、そこらへんの認識は別として
”独特民族育成環境”が何故結果として”大和民族”なのかが理解できない。

沖縄論では
「沖縄ってないちの人からはきっと異国だと思う」の問いから始まる学生のアンケートに
遠い目で「沖縄の若者に希望あり(何に希望を見出したのか知らないが)」としているが、
一転わしズムでは同様のテーマの問題点をネウヨ脳よろしく「中国人学者」「反日マスコミ」
「シナ系沖縄人」「領土問題」に関連付け「沖縄人か?日本人か?」の問い自体を馬鹿馬鹿しいと断じている。

沖縄論とわしズムで何故にこうも小林自身の認識が変化したのか?
まぁ小林の”ブレ”なんてよく指摘されることだから、また始まった程度の感覚で捉えておけば、
さほど気に留める必要も無いのだろうけど、その変化は>>614のトンデモに感化した結果だと思うね。

しかし、小林の作品がパチンコで使われただの、それが売国行為だの非難される中で
「魂なんか売るわけないよ。 日本の歴史を捏造して、中国マンセー、地上の楽園マンセーしているわけじゃないし
拉致を無視しているわけでもないし。日本の国柄を無視してアメリカ様を守っているわけでもないし」
なんて涙ぐましいコメントをみると、そこまで小林イズムなのかと何とも表現しにくい感覚に襲われる。
もう、小林に望むのは「応援してくれているファンは大切にしてやってくれ」としか言えんわ。

>>613
元々そう言う考えが琉球側にあった事はまちがい無いですね。
  ↑本気で考えてない事     ↓そっちが歴史に絡めて本当に言いたいこと
国連に告げ口しに言った団体の代表は、社民党の某議員の秘書みたいですね。


619 :大悟と大輔の呉越同舟:2009/04/13(月) 03:36:26 ID:EVrBSPQ+

 汚れ役ってのは、どういうメリハリをつけているのか・・・・・・・

 汚と聖のバランサー 大林わるのりと言論封殺魔ーその他、だけど
 論敵がわるのり氏に批判され狂っちゃう知識人やその他の人が、精神のバランスを

 汚れ役のあり方にもよるけど、こういう真っ当な憎き敵を、汚れ役をでき味方と敵を作るってのは
 

620 :大悟と大輔の呉越同舟:2009/04/13(月) 03:41:11 ID:EVrBSPQ+
ただ 「汚れ役ヨロシク 的」な態度でいいものかどうか迷うね

あいにく佐藤もわるのりさんもその他の人もカンペキではない


621 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/04/13(月) 20:58:00 ID:gve2t35R
ゴー宣で「ヤノマミは『人間』という意味だ!民族ではない!」
とか言ってブラジル人との同化を推進したりしないのかな?(・∀・)ニヤニヤ

622 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/04/13(月) 22:01:45 ID:7wQtIw7U
日本人からすりゃ土人であり原住民であり、ブラジルではれっきとしたブラジル人だし。

623 :◆XB7AjTRRiE :2009/04/14(火) 07:35:03 ID:m+gzd8nM
>>621
だからさーアイヌ人と琉球人はもうとっくに同化されてんじゃない、ヤノマミとは違う。
小林はそこをちゃんと分けてるからチベット問題と日本の国内問題は分けて考えてるんじゃないのかい?ん?

「そもそもアイヌは民族か?」という、小林の問いは直球的であまり深く考える
ような事ではなさそうだが、ここが最も重要なところで現状認識として現実にアイヌ民族というネーション
がいるかの確認が必要で、ここがあいまいな形で進行されればただの民族利権詐欺になりかねないだろ?

存在として扱われるアイヌ民族や琉球民族は世界の先住民族や少数民族、中国の高山族、雲南省の
人々と同じ感覚で扱われやすいが、こんなもの最近作られた活動とかによる印象であって実際は
帝国時代に完全に大和民族として同化された日本人でしかない。
昔「中国の少数民族政策はすばらしい」と評価したウタリ協会、つまり中国のように国内民族として
区別され容認されれば軽い民族浄化であっても容認できるという事らしい。
(小林とどっちが悪なんだか・・・・。)
俺はもうそう言う事を主張される時点でアイヌは民族なんかじゃないと思うよ・・・・。

その子孫を集めて言語など体系を作り、あたかも民族がまだいるかのように
でっち上げて、新しく再現されたものを民族とはいえない。
どっかの国みたいに。

624 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/04/14(火) 09:08:47 ID:E70JO0mV
現状認識として現実にアイヌ民族というネーションがいるかの確認は、
北海道ではすでに済んでいる。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/sum/soumuka/ainu/jittai.htm

>6回にわたって生活実態を調査
 >北海道は、アイヌの人たちの生活の実態を把握するため、昭和47・54・
>61・平成5・11・18年の6回にわたって「アイヌ生活実態調査」をおこないました。
 >その結果、まだアイヌの人たちの生活のいろいろな面で一般の人たちとの間に格差のあることが明らかになりました。
>平成18年の調査の結果は次のようになっています。

>人口は約2万4千人
 >北海道に住むアイヌの人たちの人ロは23,782人となっています。この人たちは、
>道内の73の市町村に住み、日高支庁管内と胆振支庁管内で約6割を占めています。

中国の軽い民族浄化と、日本の重い民族浄化。
回帰のような民族浄化を正義とする価値観の人間にとっては、
後者の方が良いということなんだろうか。

>昔「中国の少数民族政策はすばらしい」と評価したウタリ協会、つまり中国のように国内民族として
>区別され容認されれば軽い民族浄化であっても容認できるという事らしい。
>(小林とどっちが悪なんだか・・・・。)

例:標準語を体系化して作り上げ、大和民族をでっち上げた某国

>その子孫を集めて言語など体系を作り、あたかも民族がまだいるかのように
>でっち上げて、新しく再現されたものを民族とはいえない。
>どっかの国みたいに。

625 :◆XB7AjTRRiE :2009/04/14(火) 17:22:42 ID:BTPoTlU0
>>624
その調査結果を信じろというのか?
で、
> 人口は約2万4千人
> 北海道に住むアイヌの人たちの人ロは23,782人となっています。この人たちは、
> 道内の73の市町村に住み、日高支庁管内と胆振支庁管内で約6割を占めています。

これって、要するにアイヌ系子孫って事だけどもう日本人として同化されて生活しているわけでしょ?
で、それを根拠に「民族」としての地位を取り戻したいわけだけど、それって果たして「民族」かな?
これは沖縄県民にも言えることだけど、どう見ても余計な、不必要な事にしか思えないんだけど。
>中国の軽い民族浄化と、日本の重い民族浄化。
>回帰のような(ry
>例:標準語を体系化して作り上げ、大和民族をでっち上げた某国

これ本気で言ってるのかは知らんけど、本気で言ってたら本当に残念だ・・・。
文句があるなら、日本にそうした事態を引き起こさせたロシアと欧米に言ってくれ・・・・。

626 :名無しかましてよかですか?:2009/04/14(火) 17:43:54 ID:7e5iBS1U
>>624
実際はその統計より多いと言われているね。
関東や関西に住みついたアイヌはカウントされてないし。
差別が嫌でアイヌであることをひた隠しにしてる人も存在してるし。

世界中で先住民族と言われている人たちがいるけど、
征服した民族と同じ言葉を話し、同じように現代風の身なりをしてても、
ちゃんと民族と認められている。
アイヌだって日本語を話して洋服を着てるからって、
同化していなくなっちゃったわけじゃないね。


627 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/04/14(火) 18:46:06 ID:q16TZUYj
>>624
生活格差が民族の証なのか?
変じゃないか。

628 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/14(火) 18:47:58 ID:RsLthaYx
要するにそこが問題なわけだが、これから民族として果たして認めて良いのか?
おれはここがもっと懐疑的、かつ否定的な意見があってよいと思う。
だが、学者先生方はだれも決して小林のように1線を踏み越えない。
小林よしのりのすごいところはそこで、学者や評論家がメシやメンツのために
決して逆らえない拘束に縛られる事が無いため、ズバズバと傲慢をかます事ができる。
そういう視点で見たとき、初めて気づく事があるわけ。

一体どっちが”傲慢”なのか?

小林は最高の”反権力者”だよ。



(あ〜久々に、というか結局前のコテに戻った、心情的にw)

629 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/14(火) 18:48:31 ID:RsLthaYx
>>626へのレスね

630 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/04/14(火) 18:57:30 ID:q16TZUYj
結局アイヌが民族として確立されるようになったのは、江戸時代の隔離によるものなんだろ。
(隔離以前の)当時アイヌ達も日本語喋れたようだし、和装もしていた様だから。

631 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/14(火) 19:19:04 ID:RsLthaYx
>>630
それほんとに?

632 :名無しかましてよかですか?:2009/04/14(火) 21:20:33 ID:mkFHjEpv
>>631
日本語くらい話せただろう。ついでにロシア語も中国語も。
なにせ交易の民だもの。
ただし母語はアイヌ語ね。

あちこちと交易してたから和服もサンタン服もロシアの服も輸入して着てたよ。
でも奴隷になってからそんな自由が無くなっただけ。


633 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/14(火) 21:45:39 ID:RsLthaYx
>>632
そういやあ、19世紀に間宮林蔵が樺太調査に行ったときはアイヌの通訳がいたそうだ。
やっぱり昔から交流ないとできねーもんなァ

634 :名無しかましてよかですか?:2009/04/15(水) 01:10:34 ID:Swdwbs0m
>>628
反権力者ねえ。
小林よしのりにとっちゃアイヌだって飯のタネのひとつに過ぎないだろうな。
今後アイヌがどうなったって関係ないしね。

635 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/15(水) 01:31:56 ID:E2bWiZkK
>>634
そう見えるだけですって。
小林はちゃんとアイヌ系子孫のためを思って同化を推奨してるに過ぎないのです。

同化が必ず悪とはいえない現実もあるのです、それを覆そうとするから
アイヌのみならず沖縄の民族復帰がセットになるという傲慢が民族活動側
の必要条件になってる事をみれば分かると思います。

636 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/04/15(水) 07:32:37 ID:y2SbvWWA
小林氏自体がすでに一つの権力。メディアを通じて自説を発信でき、
信者もつけている。

637 :名無しかましてよかですか?:2009/04/15(水) 09:04:47 ID:NkgRADEa
アイヌのためを思って同化推奨なんて、
アイヌにとっちゃ自分らを全否定されちゃってるみたいに思えるかもな。
日本もアメリカに同化したら幸せだったかな。

638 :名無しかましてよかですか?:2009/04/15(水) 12:57:31 ID:C4LDR3c+
>>635
別に小林の影響で心情が変わるとは思えないが

反米の作法の頃の小林はどこに行ったんだ?
言ってる事逆じゃないかwwwww

639 :名無しかましてよかですか?:2009/04/15(水) 15:50:26 ID:/IlabXjl
>636
先人の歴史の遺産と人工思想の違い、ってのがあると思う。
信者というなら
ソ連教、アメリカ教、日本教って感じで別れていると思う。

640 :名無しかましてよかですか?:2009/04/15(水) 15:54:47 ID:/IlabXjl
アイヌとか沖縄とか、溺れている左翼の救命具に使われているんじゃないかと。
日本解体のため、共産化のための盾、武器として利用しているんじゃないかと思う。

641 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/04/15(水) 20:10:44 ID:y2SbvWWA
>>638
差別論の頃の小林よしのりなんてもう影も形も残ってないよな。
いつグローバリズム宣言とかやり出してもおかしくはない。

642 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/16(木) 05:35:23 ID:88DJx/Se
>>638
>>641
小林よしのりが、それをわざとやってるって話も前にありましたが
実際のところはどうなんでしょうか?

自分の最初の氏の印象は、どこか共産党的な反権力左翼志向で
ありながらも、特定的な左翼とは違い保守的な姿勢を擁護し貫くという、やはり
共産党的なんでしょうけど、とにかく日本帝国もちゃんと批判する右翼という
そういう印象を受けましたね。
だからおれは「小林よしのりこそ真の左翼」という風に思っていました。
そしてそこがやはり注目を浴びたのでしょうけど、わたしがゴーマニズム宣言の、
小林の考えをここまで聞くようになったのはやはり氏の右翼化、ネトウヨ化にあります。

たぶん、その昔のままの小林なら俺は逆に反対してると思うし、そしたら先生はアイヌ団体
の利権を批判しながらも日本の過去の行為、歴史的なことも含め否定的に扱い、アイヌや
琉球の民族性を擁護し、それから「アイヌ民族、ウチナーとして、そして日本人としての誇りを持て」
って、いいたかったんだろうと思う。

だから沖縄論にはどこかそういう考えが見られるしヤマトンチュを卑怯と批判してるけど、今それが
できないのは結局民族団体という形での被差別利権の構造があって、それは反権力保守の小林としては
当然容認のできないものであるわけで、アイヌや琉球がそうした連中と組んで民族として容認されるという
この流れを、しかも政府も全会一致で採択してしまったこの事象を訴えているのだとおもう。
幸いなのは、まだこれが事実上の”仮採択”であるという事ではあるらしいのだが、民族利権を行使し
利権団体として活動できる状態が事実上できあがってしまったのがやはり問題で、この部分を沖縄やアイヌ
子孫の活動家には知ってもらいたいね。

鈴木宗雄のように「北方領土問題帰結のためにアイヌは先住民族となるべき」というのは、先住民族の
強制でしかなく本当に民族を考えてる人なら反対しなければならない。
そして佐藤優という人物に対しても、小林は宗雄と同類として見ている。

そして厄介なのは、そこに左翼や日本解体主義の人々が実験を握ってるということにあり、これって要するに
日本政府ってのはほとんど日本解体主義的な、社会主義的な、昔で言うアカ的な状態にあるわけでしょ?

643 :名無しかましてよかですか?:2009/04/16(木) 12:51:12 ID:A2NRxtiV
>>642
アイヌ論のきっかけは言論弾圧や被害史観に対して反骨したんだろ
でウタリ協会に取材拒否され自分に対する敵意を感じ、その裏に左翼の影響を感じ取った
そして河野本道というウタリ協会をリストラされ不服に思い告訴した学者の影響を受けた
結果、河野のアイヌもしくはアイヌ民族は存在せずアイヌ系日本国民であるという持論を取り入れた


644 :永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/16(木) 13:16:40 ID:88DJx/Se
>>643
きっかけはそれでしょうね。
中山に対する言葉狩りとか。
しかし本道氏はそういう素性の方でしたか・・・。

645 :名無しかましてよかですか?:2009/04/16(木) 14:12:32 ID:uFKnRTP2
河野本道氏はリストラされてから持論を変えた人。
もともとはアイヌと一緒に活動してたようだけど・・・。
ウタリ協会がもっと河野氏に優しかったら、
また小林よしのりの取材にも対応してたら
「わしズム」の内容も変わったかもね。
Boy meets boyって感じかなあ。


646 :名無しかましてよかですか?:2009/04/16(木) 15:32:56 ID:RV/4dXIm
小林よしのりはアイヌに対する間違った見識を広めた責任をちゃんと取れよ。
ν速+ではお前の本を読んだだけでアイヌの全てを知った気になった阿呆どもが暴れまわってるんだからよ。

647 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/04/16(木) 16:31:23 ID:eyLmv4Zq
正しい見識って何だ?
まさかアイヌは日本列島全体のみならず、日本民族の祖とでも言いたいのかな?

648 :名無しかましてよかですか?:2009/04/16(木) 19:53:17 ID:owULP2i5
アイヌや沖縄とかは
左翼が日本解体、共産化のために、盾、武器に使っていると思う。
日本がバラバラにならないために、国防のために言っていると思う。



649 :名無しかましてよかですか?:2009/04/16(木) 20:09:45 ID:owULP2i5
>641
グローバルってアメリカ化って?
そんなことは言わないよ。


650 :名無しかましてよかですか?:2009/04/16(木) 22:04:03 ID:fUXmFxSb
>>646
アイヌ見たこともないのに、日本人と区別がつかないとか
言いきっちゃったりする奴とか?

651 :名無しかましてよかですか?:2009/04/16(木) 22:25:30 ID:67I9rgwc
>>647
大川周明がそんな事を本に書いたらしいよ。
まぁ結局、その記述を見た蓑田胸喜が抗議してその記述は削除されたらしいが。

652 :”日本”民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/16(木) 23:24:00 ID:NPizg7H9
>>650
そら生活模様や独特の雰囲気はあるかもしれんが、それを言ったら東北人も関東人も
名古屋人も大阪人も福岡人も鹿児島人も地域によって違うし、それこそ貿易色の多様な
長崎や沖縄なんてみんな違うわけでそれこそキリシタンやら宗教信仰によってもさまざま。
日本が歴史上どこかの国の属国ではなく、大国たるゆえんで居られるのは古代より単一的
な文化や価値観を持った民族ではないからで、古来より本州においては東西で大きな勢力
争いがあったとされ、アイヌはその淘汰の中で敗北した勢力の末裔、なれの果てに過ぎない。
それがヤマタ、”和”たる民族のゆえんだ。

653 :”日本”民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/16(木) 23:27:12 ID:NPizg7H9
>>647
下手するとアイヌはもともと沖縄人同様”和人”であったのかも知れんのにね。
そりゃ北方系モンゴロイド民族らと交流はあったにせよ、先住民族である
はずも無く、アイヌが先住民族に認められれば当然沖縄もセットで無いとおかしいわな。

654 :”日本”民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/16(木) 23:32:16 ID:NPizg7H9
>>646
ちょっと、そのスレ教えてもらえんか?

>>648
あらゆる状況から察するに、そう考えるのが妥当であつて
何らかのイデオロギーのよつてでその活動を擁護する人々は
当然ながら日本解体の共犯となる。

ウリ協会が「ハングル文字の方がアイヌ語の表現に適しているから」
などと言い出す前に、この計画を潰さなければならん。

655 :名無しかましてよかですか?:2009/04/17(金) 00:42:03 ID:SPAFni+5
>ウリ協会が「ハングル文字の方がアイヌ語の表現に適しているから」
などと言い出す前に、この計画を潰さなければならん。

ありえない。
アイヌ語を学ぶ人たちの間では主にローマ字を使っているし、
そのほうが合理的。
ウリ協会って、アイヌ協会をバカにしてる?
真面目にアイヌのことを思って参加しているフチやエカシもいるんだぜ?

656 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/04/17(金) 01:10:20 ID:vgjg7b19
>>650
いわゆるアイヌの身体的特徴。

@3Dポリゴンのように彫りが深い
A二重瞼で目が大きく睫毛が長い
B胸毛が生えている
C毛深い
D髭が濃い
E眉毛が太い
F腕や足が長い
G耳が大きく福耳
H鼻が大きい
I耳くそが湿っている
J癖っ毛

他、なんかあるかな?

657 :名無しかましてよかですか?:2009/04/17(金) 01:17:00 ID:lndXPeq3
パチ屋の犬に罵られるアイヌ人がかわいそうです><

658 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/04/17(金) 01:34:45 ID:vgjg7b19
>>656でちょっと、

石原良純はE眉毛が濃く@顔が3D
ジョイマン高木はB胸毛が生えている
ワッキーはA目がギョロっとしていてD髭が濃い
タカアンドトシのタカは北海道生まれだが痩せてた時は@顔が3D
浅田真央はF腕や足が長い
志村けんはE眉毛が太くA目がギョロっとしていてB胸毛が生えている

659 :名無しかましてよかですか?:2009/04/17(金) 01:43:46 ID:SPAFni+5
>>658
その中でかろうじてアイヌに似ているのは石原良純ぐらいだな。
アイヌで有名な俳優の宇梶剛士がいるけど、
そのほかは北村一輝がアイヌに似てる。
女性だと夏川りみとかボヘミアン歌ってた人とか。

660 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/04/17(金) 01:51:16 ID:vgjg7b19
>>659
北村一輝はハーフだよ。
ちなみに中山エミリはクォーターでおぼっちゃまくんが好きでびんぼっちゃまが好きだったようだ。
夏川りみは沖縄人。
ISSAはタモリにエチオピアの少年みたいだと言われてたな。

661 :"日本"民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/17(金) 01:58:02 ID:vTkvfcTL
>>655
も、もちろん冗談ですとも(^^;
ただ皮肉っただけです。

「ウリ協会」だの、「売り協会」だのというのは、前に見た
ニュー速とか東亜でのスレで言われていた事でして・・・・。
口悪い板ですからねえ彼ら・・・・、そう揶揄されると言う背景
に関しても、まじめに活動しておられる方々には考えてもらいたいです。
悔しくないんですかね、自分達をこうした明らかな利権のダシに使われて・・・・。

官僚や政治家の天下りのような連中から、和人や在日のアホ左翼連中、アホ右翼
と彼らの利権族の抗争の渦中にまんまと引きずり込まれているのに、アイヌ家の
皆さんはそんな事お構いなしなんですか?
みなさん結局、本土人や沖縄人同様の政治関心なしの良い意味での
現代人、悪い意味での1億総白痴呆化の平和市民なんですか?

662 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/04/17(金) 02:04:58 ID:vgjg7b19
ちょっとまわりくどいが、中山エミリはおぼっちゃまくんのファンでびんぼっちゃまがお気に入り。

小林恵美はロシア人の曾祖母を持っていてバカ殿に出ているがロシア語の覚えはあまりよくない。

名倉潤はあれはあれで日本人。
天野喜孝は顔も毛も濃いが日本人。

663 :"日本"民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/17(金) 02:19:09 ID:vTkvfcTL
>>659
石原慎太郎や裕次郎はたしか青森だか新潟の出ゃなかったか?
そんで親父が海軍だったんじゃなかったかな。
>>660
沖縄人とアイヌ人は”同質”と言っていいとおもう。
昔の沖縄戦とか、終戦直後のときの写真を見ても沖縄人は
アイヌ人にしか見えないような人がすごく多かった。
北村はハーフだそうだが、普通に沖縄人として通用するだろうし
中孝介は典型的な沖縄人と言う感じの人だが、佐藤優同様鹿児島出身の人だ。

664 :"日本"民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/17(金) 02:24:30 ID:vTkvfcTL
>>662
名倉はどうみてもタイランドからお越しになられた方の子孫だろw

>天野喜孝は顔も毛も濃いが日本人。

おぼっちゃまくんで思い出したが、ちゃまの父ちゃんは
もうそれはそれは・・・・・・・(笑

665 :名無しかましてよかですか?:2009/04/17(金) 02:29:02 ID:SPAFni+5
>>661
年配のアイヌの方々は本州でそういう団体がどんな目で見られているか、
知る機会がないかもね。ネットをやるような年代じゃないし。
アイヌのおばあさんたちは「差別されてる」って言われると、
つい自分たちの境遇に重ね合わせてしまうだろうし。
まあ、一般の道民自体、そういうの詳しくないもんな。

666 :"日本"民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/17(金) 03:13:15 ID:vTkvfcTL
それから、中孝介でもうひとつ・・・・。
かれ、経歴で沖縄の大学で人類学専攻してるんですね・・・。
佐藤同様に両親が沖縄出身の方なのかな?
それで自のルーツの沖縄という文化が気になって人類学を学び・・・。

たぶん、アイヌで民族活動してる多くの若い子達もそういう経歴だと
思うんですが、芸能界とかで活躍される方と言うのはやはり左翼的に
利用されやすい人が多いのでしょうか?
ということは、アイヌ民族が容認された今、数年以内に”アイヌ民族”
という肩書きで芸能活動に従事する人が必ず出てくるとおもうんです。

俺は、こうした事は非常になんというかまずいと言うか、これされると
もうアイヌ民族を否定できない状態が国内で固まっていってしまうとおもうんです。
また、>>665氏の言うように
「アイヌのおばあさんたちは「差別されてる」って言われると、
つい自分たちの境遇に重ね合わせてしまうだろうし。」
「まあ、一般の道民自体、そういうの詳しくないもんな。」

たとえば、在日でも差別利権に深く信仰しているのは、実はおばあさんなど
の戦後の苦しみを味わった年配世代がおおくて、それに準じておばあさん思いの
孫世代がこうした民族活動をしていると言うパターンの方も多いはずです。

そして、最後にとどめを刺すのが道民含めた本州和人系の人々の無知さ。
我々はもう、本気でアイヌ民族というのがいて、弾圧してきたんだと言う状況を
信じざる得なくなり、否定すればするほどなお深みにはまり、さらにチベット問題を
扱う人々とも連動して、もうだれもアイヌ民族にたいして否定的な意見を言える状態
なくなっていってしまう。
こうして悪循環な民族擁護レジュームができあがり、確実にアイヌ系子孫や沖縄人が
日本人と言う枠組みから異質と見はなされ、切り払われていってしまう気がします。
世間ではこれを「差別」とは言わないので、もうどうしようもありません。

667 :"日本"民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/17(金) 03:33:18 ID:vTkvfcTL
つまり、アイヌ、沖縄、在日、チベット、外国人と言う強力な運動が国内で行われる。
民主党や社民党、共産党はこれを支持しまるで攘夷するかのように
「打倒!単一民族主義!」と言うスローガンがあるかのようにマスコミら
と協力して自民体制をこき下ろしていく。(確かに自民の半独裁もまずいが)
自民は自民でこれに乗じる勢力が出てくるし、実際に今でも目立っている。

このようなルサンチマン、道義的革命、絶対否定的論理、祖国敗北主義、
呼び名はどうあれかつての同和解放同盟のような状態が再び出来上がって
いるし、大勢の国民はこれを支持するように教育ないしは洗脳されている。
これは民主主義やグローバリズムの完全な勝利となって今後の日本を変えてゆくだろう・・・・・。

668 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/04/17(金) 05:26:08 ID:5Jy2EBw0
ん?そう言えば十数年前、芸能人やスポーツ選手、
政治家など各界で活躍する被差別部落出身者が東京ドームに集まって、
みんなで一斉に公言してしまおうという「ザ・部落ウルトラ解放フェスティバル」を
発案した漫画家がいたっけなぁ?(w)誰とは言わないけど。
あの頃の「彼」は今や影も形も無い…。

>ということは、アイヌ民族が容認された今、数年以内に”アイヌ民族”
>という肩書きで芸能活動に従事する人が必ず出てくるとおもうんです。

>俺は、こうした事は非常になんというかまずいと言うか、これされると
>もうアイヌ民族を否定できない状態が国内で固まっていってしまうとおもうんです。

ザ・部落 ウルトラ解放フェスティバル
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E9%83%A8%E8%90%BD_%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E8%A7%A3%E6%94%BE%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%90%E3%83%AB

>>665
SPAのIDおめ。

>年配のアイヌの方々は本州でそういう団体がどんな目で見られているか、
>知る機会がないかもね。

本州でそういう団体がどんな目で見られているかなんて、
本州に住んでる俺だって知らない。
繰り返すけどアイヌが先住民族認定されたところで、
目立った反対運動は起きていない。
国民の大半は親アイヌでも反アイヌでもなく「無関心」だからだろう。

回帰のような2ch脳になると、
ニュー速や東亜+を見たくらいで世の中を知ったような錯覚を起こしてしまうようだが。

669 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/17(金) 08:13:18 ID:vTkvfcTL
>>656>>658
元素ナショナリスト氏がアイヌの特徴を挙げているが、こうした特長は
何もアイヌや琉球人だけではなく、普通に和人の特徴でもある。
ただ和人は弥生系との混血が目立ったり、大陸ルーツの人も
大勢居るからで、日本列島という島の中で本体として位置するため
原住系だけではなくて人種の坩堝になるのは当然のことなのだ。
>>668
馬鹿め、逆に言えばそれは小林は部落問題、チベット問題、と
アイヌ・沖縄問題をちゃんと区別しているからだ。
それを同一視する連中の方がどう見ても頭が悪い=左翼が悪い。

結局、これは右翼と変わらない自分らの都合のいい権力の行使、こじつけ。
左翼=反国家右翼、平和原理主義右翼、民主主義右翼。
アメリカなどの国家と同類。

670 :名無しかましてよかですか?:2009/04/17(金) 08:51:44 ID:aRgvljJG
>>648
心配しなくても大丈夫。
君が大好きな日本、ここにいる皆が住んでいる日本は妄想なんかで解体されやしない。
憂国活動家は”阻止せねばならん”とチンプウばりの国士無双っぷりを街宣車で披露してくれるかもしらんが。

671 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/17(金) 09:38:52 ID:vTkvfcTL
>>670
日本が本気で解体いってるアルか?
そんなのぜったいないない、でも大和への同化は解除されるアルネ。
いままで良く耐えてきたアルネ、えらいぞアイヌ沖縄。
せいぜい自分の民族取り戻して大いにがんばるアルね・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・、
これが左翼のやりたかった事か・・・・・。
大和民族がマイノリティーになる政策か・・・・。
さあ、未来はどうなるか見ものだな。
意外にあっけなくて自然同化されるかも分からんし、彼らの思惑通りに
反国家と自由民主主義を掲げる立派な過激左翼活動員に成長するかもしれん・・・。(それは困る)
なんてったって先住民族だもんな、先住民族。
もともと、琉球アイヌどちらも少数民族なのに、先住民族にグレードアップ。
いいご身分だな、この活動推進してる売国利権連中はよ。

おれはもうアイヌや琉球に関しては、「民族」としての差別化は必要ないと思うし、今の時代に
民族で差別が必要なのは、在日朝鮮人とか中国人のほうだろう。(それなら納得がいく。)
もしなにかカテゴリーがほしいなら、アイヌや琉球は「民俗」で生きればいいとおもう。
『民俗』として文化や生活を継承する「民俗文化人」と言う生き方なら琉球、アイヌとも俺は納得だ。
だが、小林の言うように血族として血で日本人と分け隔てる、部落の様な差別化は絶対に認めない。
こんな政策を行う奴こそが差別主義者のレイシストであり、アイヌや沖縄人を再差別するようなことは
絶対にこれから先の時代にはあってはならない。
守りたいのは民族としての利権か?それとも彼ら子孫の文化か?なんだ?

利 権 を 延 命 す る た めに  アイヌ と  琉球 を 利 用 す る な !   
お 前 達 の や ろ う  と し て い る 事 は まるッ と ど こ ま で も お 見 通 し だ !

旧ド人保護法廃止をせず、なぜ今のままずるッと形を変えて引き伸ばしたりした!これは延命処置ではないのか!
真のアイヌ子孫なら先住民族決議に甘んじるな!反旗を示せ!利権など無くとも自分達はアイヌであると主張するんだ!
「自分達は先住民族ではない!立派な日本国民で○○人の子孫だ!「先住民族」という差別化をするな!」とね。

672 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/04/17(金) 10:00:20 ID:5Jy2EBw0
「アイヌのため」とか心にも無いこと書いてきた回帰、
とうとうアイヌ蔑視の本性現す。アイヌが亜流民族とな。

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1239837812/24n

>24 名前:民族永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE 投稿日:2009/04/17(金) 08:00:56 ID:I/bL24k3
>>23
>アイヌ民族、琉球民族と言う固有民族が居た事は無い。
>琉球にいたっては民俗であり、大和語族であるからして大和民族である。
>もしくは、漢民族の琉球族である。

>そしてアイヌは民族ではあるが、決して固有的民族=先住民族ではなく
>亜種・亜流民族=少数民族である。

673 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/17(金) 10:11:32 ID:vTkvfcTL
ただひとつ、この民族利権に結構賛同するアイヌが居る可能性があるという意外は。

しかし、まことにうまい話だ。
先住民族と少数民族では、それぞれに抱くブランドイメージが
大変大きく変わるからだ。
少数民族とした場合、どこかまだマイノリティとしての不平等感、不安感
といった「まだ弾圧されてる感」という感があったりする。
しかし、先住民族はどうだろうか?
先住民族といわれると、どこかこううれしくはないだろうか?
地に足が着いたような、「先住民族!(キラリン)」という感覚にならないだろうか?
自分達はようやくふるさとを取り戻し、そこにどうどうと先住できるような感覚に。

おれは、反日平和左翼の戦後のこうした情報的扇動が非常にうまく働いていると思う。
それを効果的に引き出すための自虐史観教育でもあり、共闘世代による北海道の
全体主義化な自虐マゾ洗脳や迫害風潮をうまく利用し、形成した。
沖縄、長崎、広島・・・・が特に目立つが、そしてアイヌもまたそうなのかもしれん。

だからたぶん、被害者意識をもって育ってる子や洗脳された若い子なんて「少数民族」では
心理学的に不満だと感じると思う・・・。
こうした反応や展開はすべて計算されており、若い子達はこの構造にある裏の背景をうかがい知る
事も無く見事に扇動されていく。
アイヌ系子孫や沖縄人にも、人類学や平和主義思想に扇動されない土着根性で真っ向から批判し、
かつプライドもちゃんとあるような若い子達がいてくれると良いが・・・。
もし、なにかわからない事があれば小林に直接手紙を出して見ると良いし、アイヌ子孫であれば
もしかしたら会って話してくれるかもしれない。(漫画に出てくるアシスタントのおねーちゃんとかがあってくれるかもしれん)
俺はやはり、この歯車をとめられる可能性が極めて難しいと感じるし、むしろもう最終段階の末期だ。
一体どうすればよいのか・・・・・。


674 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/17(金) 10:20:03 ID:vTkvfcTL
>>672
なら聞くが、亜流じゃないと言い切れるか?
おれは「大和民族は中華の亜流だろ」といわれれば否定できない。

自分の民族をどうどうと”固有”だと主張できる奴なんか数少ない。
中華民族のように固有の、独自の文明スタイルを持ってる連中でしかいえない。
あとは堂々と虚勢を晴れるのは世界でも朝鮮民族ぐらいだろう(爆笑)

すくなくとも、堂々と疑いもなしに「先住民族」と自称できる奴は
「単一民族」同様のおごり、高ぶりにすぎない。

そんな事を軽々しくいえる奴は自分の民族を知らない人間の言う事だ。

よって俺はもうジョーダンと相手をおちょくるための皮肉意外に、二度と単一民族とは言わない。

ただし、アイヌや琉球という民族を含めた理念における日本民族や大和民族とは言う。
これは同化ではない、琉球とアイヌの民族性を尊重してただのカテゴリーとしての
日本民族ないし大和民族と主張させてもらうぞ。

ただ、大和民族は一般的にイメージが悪すぎるから、もう大和民族回帰というコテは使用しない。

675 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/17(金) 11:06:58 ID:vTkvfcTL
いや、かっこいい事いったがやはり訂正。
アイヌも琉球も含めた理念での大和民族はだめだ、大和民族ではだめなんだ。

琉球アイヌの民俗文化を尊重したうえでの理念としてのカテゴリーは
日本語で「日本民族」しかありえない。
それ以外ではだめだ。

アイヌ民俗、大和民俗、琉球民俗、これらを総称して”日本民族”と
しないかぎり意味がない。

そして、重要なのがそれぞれを”民族”としない。
それはそれぞれが”民族”であったのはもうずいぶん前の話だからだ。

日本人も変わった、俺は今の日本人を日本民族とはいえないと思う。
もうこの国にアイヌ民族も琉球民族も大和民族も存在しない。
あるのは朝鮮民族だけだ。(皮肉笑)
日本はいつの間にか、朝鮮民族の単一民族支配にあるようだ。(大爆笑)

ジョークはさておき、俺はコテハンで「大和民族回帰」などと使っていたが
正直言って無理していた・・・・。
俺は自分を大和民族だのとは思えないからだ。
つまり、この国にはもう大和の「民俗」しか残っておらずアイヌや琉球同様に
消え行く状態にある・・・・。
もしこの国でこれから民族を主張するなら、もうそれは日本民族しかない、言えない。
アイヌ系子孫、琉球子孫、大和子孫がお互いの民俗文化を尊重しながら分け隔てなく
尊重し、共存していくことこそがこの国にとって一番の未来だ。

676 :名無しかましてよかですか?:2009/04/17(金) 12:27:17 ID:BhOmjMW+
なあ、いい加減、思考の道筋をそのまま表記するのをやめないか。
まとめるとか、簡略化するとか、ほとんど、読む気なくなる。NGワードにしそう。
どんないいことが書いてあったって、お前の書き方じゃ、読む気にならない。
少なくとも、俺は読んでない。

677 :名無しかましてよかですか?:2009/04/17(金) 12:37:13 ID:kJc0swng
日本政府が国策で北海道を開拓したんだから先住民族で間違いでは無いよ
それで今まで謝罪の一つもないから反日感情になる


678 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/17(金) 12:37:48 ID:vTkvfcTL
>>676 ガーン
・・・・・・・・orz

679 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/17(金) 12:56:32 ID:vTkvfcTL
>>676
肝に銘じ反省いたします。

簡単に言いますと、これからの時代にアイヌ子孫と沖縄県民を
「民族」として分けて考えてゆく必要はあるのでしょうか?
やはり>>677氏やDOFさんの言うように、彼らは先住民族と
されるべきであり、琉球を含めお互い過去を見つめて行くべきなのでしょうか?
私にはどうしてもこれが、どこか納得のいかない毒を含んだ「罠」のような感じ
にしか見えないんです。

アイヌと琉球の同化は、アジアに侵攻して来た欧米やロシアが原因なはずで
彼らの侵攻から日本を守るという正統的な領土拡大と防衛であり、またロシアの
不平等な植民地支配政策からアイヌを守るためでもあったのではないですか?
同化という言葉は聞こえは悪いですが、当時の世の中にすれば欧米の繰り広げる
不平等で搾取的な植民地政策にくらべ、同化された方がより平等に扱ってもらえる
という左翼的な風潮があったはずです。
日本はそれに従ったまでではありませんか?

680 :名無しかましてよかですか?:2009/04/17(金) 13:45:43 ID:foC1vbf1
>>673

>少数民族とした場合、どこかまだマイノリティとしての不平等感、不安感
といった「まだ弾圧されてる感」という感があったりする。
しかし、先住民族はどうだろうか?
先住民族といわれると、どこかこううれしくはないだろうか?


う〜んんんん・・・むしろ、北海道の和人やアイヌの間では、
アイヌが先住民族と認められていないことを知らなかったって声が多いような。
ブランドでも何でもなく、当然先住民族だという認識だったと思うよ。
和人があとから入植して、原野を開拓した事が道民にとっても誇りだし。



681 :名無しかましてよかですか?:2009/04/17(金) 17:36:17 ID:YOjA9Tx+
越中から来たとか岐阜から来たとか言うのを誇りにして、
もともとのルーツの地域で伝わっていた民謡とか踊りを、
集落で伝えているところもある。
たぶん内地の和人が思っているより北海道の和人のほうが
アイヌ=先住、和人=入植って意識が強いと思うけど。
そういう人たちにしたらアイヌが自分らと同じとは、
到底受け入れられないんじゃない?
いくら小林がアイヌも日本人とか言っても、
肝心の道民(とくに年配者)は嫌がると思う。

682 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/18(土) 00:01:36 ID:xyBjfVaI
>>681
自分はそういう意識や、先入観がとにかく分断工作に利用されているのだと思うので
それを解決するものとして、先住民族決議や民族利権化は非常に良くないものであると思います。
これは本土の和人だから、傍観者として客観的に見てるから、分かることなのですが
どうみても最初から特定勢力の意に基づくもので、これではアイヌの子孫がかわいそうだと思います。

683 :名無しかましてよかですか?:2009/04/18(土) 00:11:01 ID:DPWk6oYT
左翼だ利権だっていうけど、結局トクするのは和人の土建屋だったりする。
北海道の和人が見てアイヌが利権で潤っているようには到底見えない。
特定勢力の意?
年配の和人がアイヌを受け入れられないのは開拓当初からだしな。
見るからに異人種の人間に対して脅威を感じたり蔑視したりするのは、
どこでもあることだろう。
それと先住民族決議があったからって一般の道民は騒いでいない。
アイヌが少数過ぎて、恐るるに足らないからな。


684 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/18(土) 01:41:03 ID:URQ5fWvk
>>683
>北海道の和人が見てアイヌが利権で潤っているようには到底見えない。

そうでしょう、そうなると良くないでしょう?
ただ、アイヌ民族利権という利権で、和人の利権屋が潤うのはまだこれからの話ですよ。
現時点ではこないだスレでもありましたが、奨学金をたんまり利権側が懐に入れたという話があります。

685 :名無しかましてよかですか?:2009/04/18(土) 03:32:41 ID:ye22fC2v
あの奨学金、もともとは貸付じゃなく支給だったんだよね。
アイヌの進学率が道内の和人との格差があり過ぎてできた制度だけど。
なぜか返済免除される収入が以上に高すぎて、
借りた方にしてみれば返す必要が無いという、
おかしな貸付制度になってしまった。
あれをあたかもアイヌが借りた金を踏み倒したみたいに言われてたけど、
免除されたのと請求されたのに返さないのは訳が違う。
そんな制度を作った道に問題があるんじゃないか?



686 :名無しかましてよかですか?:2009/04/18(土) 03:40:19 ID:ye22fC2v
>>684
いや、昔からアイヌのことで儲けているのは和人だよ。
左翼に限ったことじゃない。
左翼は自分らの主義主張を通すためにアイヌを利用するが、
和人の業者は金もうけのためにアイヌを利用してきた。

687 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/18(土) 04:33:48 ID:URQ5fWvk
>>686
それはそうでしょうね、旧ド人保護法のときも廃止をしないで
今の形として継続しましたからね。
左翼団体と利権業者、そしてそれに賛同する議員。
自分は、なぜアメリカのネイティブがそうした区別を「逆差別だ」として反対
しているのかが、よく分った気がします。
こうして区別している事自体がすでに平等ではないのかもしれません。

最近のニュースの、ベスト電器の一件でも障害者保護団体が利権の資金源
となっていた背景を考えると、同様の事であると思われますね。

688 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/04/18(土) 06:25:38 ID:RnB2s6a6
回帰の反アイヌ主義が、
ゴーマニズムのみならずナチズムにも拠っていたことが明らかになった。

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1239837812/47n

>47 名前:大和民族永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE 投稿日:2009/04/18(土) 05:42:42 ID:cSJH+xlF
>>25
>琉球民族が独自の民族であるためには、中国でも和人でもない原住民が居て
>それが結果的に変化したものでない限り独自とはいえない。
>固有の民族には、継続性・連続性が必要でもし琉球が固有的な民族であれば、
>日本や中国とも、その周辺とも違う文化が受け継がれているはずだ。
>要するに、お前さんの言う『独自』と俺の言う「独自」は定義が別ってわけだ。

>沖縄はどう見ても日本と中国という本流から枝分かれしたせせらぎの衝突のよって
>生まれた国で、琉球は亜種国。
>アイヌも和人と北方民族との衝突で生まれたものだろう、琉球とは違い和人文化
>はあまり残らなかったみたいだが、独自の民族を貫く朝鮮民族も似たようなものだ。

>世界にどれだけ固有で正統な文明と文化を持つ国家が存在するかはわからないが
>たとえばエジプトやマヤ、メキシコ、イラク、インドにはかつて大文明や王朝が存在した。
>すべてことごとく欧米の侵略により壊滅したか、これらはすべて古王朝が過去のもの
>として封殺された。
>欧米の世界支配に、自分達と同等になる文明は必要ないとの選択だ。

>ナチズムは結果的に欧米人によるものだが、それはこれまでの欧米人による世界支配とは違い
>民族による正当性が支配の正統性として認められている。
>ナチズムの素晴らしい所はそこにあり、正統的な文明国家の権利が保障され統合的に
>そうした正統でない亜種民族を支配する事によって世界で完全となる民族のパーテーション
>が組まれ、亜種民族による正統民族への攘夷を防ぎ、かつ民族問題などでも揺るがない確固
>として安定的な社会が生まれる、それが民族主義の理念だ。
>これを支持した旧帝国の民族主義派の気持ちが良く分かる。

689 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/18(土) 06:43:27 ID:URQ5fWvk
そんなキャンペーンしてもらわなくてもw

690 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/18(土) 15:33:46 ID:URQ5fWvk
みなさま、ここ数日は大変失礼いたしました。m(_ _)m
>>676様のご指摘どおり、大変深く反省しております・・・・。
今後はなるべく個人的な書き込みと長文を控え、完結的に返答せていただく所存でございます。
仕切りなおしに、正しくスレにそった内容の話を提示させて頂きたいとおもいます。

また、>>688の記述につきましてはあくまでも私の本意ではありません。
少なくともアイヌと大和では民族自体が違いますし、沖縄にしましても言語が
日本列島と沖縄本島の距離のように遠く、離れすぎてしまったのは事実です。
私は彼ら子孫と、これ以上の同化と融合は決して望みません。
これが本心であります。

691 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/18(土) 15:52:14 ID:URQ5fWvk
では、本題に入らせていただきます。
基本的に小林よしのり氏の主義、主張、方向性はあっていると思います。
しかしながら、小林氏はアイヌおよび琉球に対する帰属を否定しておられます。
しかしながらこれは、現代日本かつなリアリズムな厳しい観点にもとづいたもの
であり、また九州出身という御立場上の、独特な歴史観というか、民族観というか、
『ヤマトタケル日本部族平定論』とでも言うべき観点から見ておられると思います。
(ムック版ゴー宣参照)
私はこの部分が、氏の考えを考察するうえで非常に見落とされている感じが致します。
そして、氏の主張でもっとも重要なのがアイヌの部落化です。
ウタリ協会という団体は、アイヌの民族化にあたり「アイヌの血を引くもの」という
入会制の形を取っておられる。
琉球民族に関しては分かりませんが、この部分が非常に危険であるという事を氏は
訴えかけていると思われます。(また、氏の部落問題に関する思い入れは強いようで)

692 :名無しかましてよかですか?:2009/04/18(土) 16:14:34 ID:YqwfvV0t
本当に、小林はウタリを宣伝材料にしか考えてないのか。
あと、ウタリの知識人ぶってるのやつら、
基本は行動だ。背後で言葉だけ吐いて安穏としてるな!
アキヒト廃帝ぐらいいってみろ!

693 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/04/18(土) 23:14:17 ID:RnB2s6a6
大和民族主義や反アイヌ・沖縄主義を、
中身の無い長文で煽るだけ煽っては引っ込め、
煽っては引っ込めの繰り返し。結局こいつはまともに相手するだけ無駄。

>>690 名前:大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE 投稿日:2009/04/18(土) 15:33:46 ID:URQ5fWvk
>みなさま、ここ数日は大変失礼いたしました。m(_ _)m
>>676様のご指摘どおり、大変深く反省しております・・・・。
>今後はなるべく個人的な書き込みと長文を控え、完結的に返答せていただく所存でございます。
>仕切りなおしに、正しくスレにそった内容の話を提示させて頂きたいとおもいます。

>また、>>688の記述につきましてはあくまでも私の本意ではありません。
>少なくともアイヌと大和では民族自体が違いますし、沖縄にしましても言語が
>日本列島と沖縄本島の距離のように遠く、離れすぎてしまったのは事実です。
>私は彼ら子孫と、これ以上の同化と融合は決して望みません。
>これが本心であります。

694 :名無しかましてよかですか?:2009/04/18(土) 23:53:40 ID:+wRhU7ns
>>692
いい加減にしろ。
本当のアイヌが迷惑する。
アイヌ=左翼って誤解がこれ以上広まってはな。
まあ、おまえの書き方じゃ誰も本気にしないだろうけども。

695 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/19(日) 06:40:58 ID:Lrlu66fM
>>693
言葉狩り楽しいかい?
もうなんか、支離滅裂だな・・・あんた。

> 300 名前:Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw [] 投稿日:2009/04/18(土) 06:28:16 ID:RnB2s6a6
>回帰は保守・コヴァのみならずネオナチでもあった。


日本でのアイヌ事情に関しても認知がすごく低いのに、こういう大事な事をもっと議論しないといけない
のに、政府が勝手に進ませたのは売国や分離政策といわれても仕方のない事。
よほど金になるんだろうね。

696 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/04/19(日) 08:44:14 ID:0HzYO7zK
支離滅裂な人から見れば一貫している者が支離滅裂になるらしい。

>>695 名前:大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE 投稿日:2009/04/19(日) 06:40:58 ID:Lrlu66fM
>>693
>言葉狩り楽しいかい?
>もうなんか、支離滅裂だな・・・あんた。

>> 300 名前:Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw [] 投稿日:2009/04/18(土) 06:28:16 ID:RnB2s6a6
>>回帰は保守・コヴァのみならずネオナチでもあった。


>日本でのアイヌ事情に関しても認知がすごく低いのに、こういう大事な事をもっと議論しないといけない
>のに、政府が勝手に進ませたのは売国や分離政策といわれても仕方のない事。
>よほど金になるんだろうね。

697 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/19(日) 12:53:02 ID:Lrlu66fM
>>696
自分が”一貫”してると思ってるのかねえ・・・・
あんたはただ真実を見たくないだけだろ。

698 :名無しかましてよかですか?:2009/04/19(日) 13:07:04 ID:S1aeU4ox
日本人とか大和民族じゃなくて日本国民だろ。
国民国家だよ日本は。国民には義務と権利がある。それを決めた法律がある。
それを決める国民がいるだ。国民もまた法律によって国民が決める。

日本は日本で国民国家法治国家を築いてきた。それが歴史だ。
その流れのなかでアイヌも琉球も日本国民ということになったわけだ。

部族社会や血族社会のほうが良い。ロシアに吸収されたほうが良かった。
中国に吸収されたほうが良かった。、もしくは、アイヌや琉球は日本に吸収されなければ
独立し、自立し、より幸せでいられたというなら、それを立証しなければならない。

部族回帰論、独立論も良いけど、本気ならばそのプランを具体的に示し、
より幸せになれることを立証しなければならない。

699 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/04/19(日) 13:50:06 ID:7QAMj0q9
一つの国の中で幾つもの民族が犇き合っている場合が多いんだし、巧みに調和されてる国だってある。

グルジアの時でもあったけど、南のオセット人もグルジアに帰属することや独立とかするよりもロシア連邦の方に参加したがっているし。

もしもアイヌが独立と言い出すのなら、軍隊もそうだけど独自の法律を作らなきゃならん。
それもアイヌ自身の手によって。
自治州を作るにしても尚更。

700 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/04/20(月) 02:45:03 ID:n77IsQlo
>>698
>国民国家だよ日本は。国民には義務と権利がある。それを決めた法律がある。
>それを決める国民がいるだ。国民もまた法律によって国民が決める。

それならアイヌ先住民族認定も国民の決定ということでいいんだな?

701 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/04/20(月) 17:46:51 ID:qd7CQjAa
その通り。
国民も政治家もアイヌのことなんて名前と被害者史観のことばかりでちっとも知らなかったけど。

702 :大和民族回帰論 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/20(月) 18:31:46 ID:tWBBmliK
>>701
それじゃいけないってのが、コヴァの意思だと思う。


703 :名無しかましてよかですか?:2009/04/20(月) 19:49:08 ID:IIlzLlFE
いや、俺はナコルルとリムルルを知ってたよ。

704 :大和民族回帰論 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/20(月) 21:04:42 ID:tWBBmliK
ところで、なんで日本ではアイヌがあまり知られてないの?
同化の隠蔽?

>>703
ググって見たけど、なんだかアイヌをなめてるな。
いくらか和風化してるとはいえ、アイヌは「内地に近き異人種」
といわれ、完全に異民族文化をもった人々なのに・・・。
これじゃあ、ぜんぜんアイヌへの興味がこの国ではもたれないな。
「日本帝国に苦しめられた被害者」以外に、2ちゃんのネトウヨの目の敵
として「在日と同類」としてしか広まらん。
これじゃあますます状況が悪くなるだろう。

705 :名無しかましてよかですか?:2009/04/21(火) 00:15:56 ID:l7dhw6d/
日本'では’ではなくお前が知らなかっただけ

706 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/04/21(火) 02:02:45 ID:nlwyz+WN
アイヌをなめてる当の本人が「アイヌをなめてるな」と言う。

>>704 名前:大和民族回帰論 ◆XB7AjTRRiE 投稿日:2009/04/20(月) 21:04:42 ID:tWBBmliK
>ところで、なんで日本ではアイヌがあまり知られてないの?
>同化の隠蔽?

>>703
>ググって見たけど、なんだかアイヌをなめてるな。
>いくらか和風化してるとはいえ、アイヌは「内地に近き異人種」
>といわれ、完全に異民族文化をもった人々なのに・・・。
>これじゃあ、ぜんぜんアイヌへの興味がこの国ではもたれないな。
>「日本帝国に苦しめられた被害者」以外に、2ちゃんのネトウヨの目の敵
>として「在日と同類」としてしか広まらん。
>これじゃあますます状況が悪くなるだろう。

707 :大和民族回帰論 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/21(火) 07:55:10 ID:U82J9wBs
>>705
本当にそう言い切れますか?

>>706
俺は今の日本人は、こうしたアイヌ問題や沖縄問題を完全になめきってると思う。
これに気づいてるのは、ゴーセン信者とかネトウヨ、右翼とか最悪な面子。
もっと一般人にも小林的な考えの人がいても良いはずだが、み〜んなDOF見たいな考え。
アイヌと沖縄って、単に民族問題だけじゃなくて国防上も重要な位置にあるわけで
もう少し国民が一丸となって考えても良いわけでしょう?

このまま「はいそうですか」といって、国民が選んだ事だといってDOFの様な考えを
もった活動家や団体が官軍になるんじゃ困る。

708 :大和民族回帰論 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/22(水) 10:23:29 ID:3Z5SSFvp
基本的に被差別左翼的な勢力が背後に居るのは気にくわんが、どうやら
悔しい事に国防上の観点からも「アイヌ・琉球先住民族化」が一番無難らしい・・・。

まさかこんな結果になろうとは・・・・・。
保守人や右翼は早くこの事に気づいてくれ、次の大戦で沖縄と北海道の
領土を失う口実を中国ロシアにあたえたくなければ・・・。

709 :名無しかましてよかですか?:2009/04/22(水) 10:51:03 ID:qS8OVw2T
朝鮮の犬小林ともだちんこ

710 :名無しかましてよかですか?:2009/04/22(水) 11:15:43 ID:x8CD4G4n
>>708
次の大戦とか何言ってんだお前はwww

711 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/04/22(水) 12:43:17 ID:3qUSeerI
>>710
カルト信者だから。

712 :名無しかましてよかですか?:2009/04/22(水) 23:54:00 ID:jlvjBuZw
・アイヌ団体が日本政府へ謝罪要求 〜”アイヌ”の裏に見え隠れする左翼の姿〜
世界先住民族ネット:アイヌへの謝罪を−−政府懇に提言書 /北海道:毎日

 アイヌなど先住民族の権利回復を図ろうと、「世界先住民族ネットワーク・AINU」(萱野志朗代表)が25日、正式に設立される。
同ネットは21日、道庁で記者会見を開き、政府の「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」への提言書を発表した。
過去に土地を収奪されるなどしたアイヌへの謝罪を求めた。
 提言書では、政府が国会など公的な場で謝罪をした上で、07年に国連で採択された「先住民族の権利宣言」に盛り込まれている
先住民族の自己決定権や自然資源利用権など、アイヌが従来持っていた権利の回復などを求めている。
 同ネットは、昨年7月に開催された「先住民族サミット アイヌモシリ2008」の実行委員会メンバーらが新たに設立する。25日午後6時から、
札幌エルプラザ(札幌市北区北8西3)で「創立の集い」を開催する。

-------------------------------------------

 http://ameblo.jp/lancer1/entry-10247375963.html#cbox

>「世界先住民族ネットワーク・AINU」(萱野志朗代表)

以下はwikipediaより
「萱野志朗が同年参院選に“社民党”から出馬するも落選している。」



713 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/23(木) 08:12:13 ID:vGwPbR2S
>>712
ほらほら、きたよきたよ。
「先住民族の権利回復」っていう名のさ。

「子供の権利」とおっしゃる日教組や、先日ベスト電器
がらみで取りあがった障害者団体の白山会とか、これと
似てる団体なんでしょ?どうせ?

714 :名無しかましてよかですか?:2009/04/23(木) 11:50:08 ID:Dbv8Ey9h
少なくとも、その新しい団体のメンツはアイヌばっかり。
エラはり細目とかのレッテルは無用。

ただし、アイヌの総意だとは思わないけど。

715 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/04/23(木) 23:22:11 ID:wRtDtq8z
新井将敬や白眞勲のようにマイナーな所に出るよりもメジャーな所で取り入って貰った方が受かってたのにな。

716 :名無しかましてよかですか?:2009/04/24(金) 02:20:50 ID:0iXuVu2S
自称在日琉球人ですが
結局のところ俺自身も反感あるし、日本で在日の方に対する“差別”とかいうものがあるとすれば
それは自分たちが反日教育で招いたツケなんだろうと思うよ。ちょっと断ずるけど。
俺も思春期の頃に日本本土に引っ越しして本土で『島人、土人』と言われさんざん喧嘩したことはあるし、
実際に島のオヤジたちの気性は朝鮮系の方々に近くとも遠からず粗暴で酒乱で犯罪気質なこともあるのは重々承知しているから
それはおとなしくて優しい日本本土の方々からすれば迷惑だろうと納得しているし。
差別されて当然だと思うよ島んちゅも。
迷惑はかけたくはないけれどそういう気質もむしろアイデンティティなわけで。
戦後の一時期島んちゅもそれを“差別”として琉球青年団が朝鮮総連なんかとつるんで差別反対やってたのも知ってる。
ただ琉球と朝鮮が違うのは琉球は沖縄県として日本に本土復帰できたわけ。
それでものすごく島の人たちは安心した。反日がかなりおさまったのよ。
俺は朝鮮半島は日本から切り離されたから駄々こねてるんだろうと思う時があるよ。
“差別”を無くしたいのならば日本に憎悪感を抱かせる教育をまずやめてくれ。民族教育とか言ってるけど反日教育でしょ。
そして自分たちを代表している団体なりリーダーなりが日本に対する好感を表明したり貢献したりしなきゃ駄目なんじゃないの?
とにかく在日の朝鮮半島の方々の日本に対する態度や主張は反日に凝り固まりすぎ。
そう思わないの?在日の方々。
大元の増田とここで色々書き込まれている在日の方は大変好印象なんだが大事なことなので。

http://anond.hatelabo.jp/20090416235303

717 :名無しかましてよかですか?:2009/04/24(金) 08:53:54 ID:+ConQcQa
>>716
何でも反日やら在日のせいにするのは「一生懸命に日本人のフリをしている事を指摘されたくない愛国的沖縄人」の得意技と理解しているが、自称琉球人から始まって、何故か最後は在日云々で締めくくるのには、変な意味で凄いなと感心する。

まぁ、そんな事したって明日の朝、テンノーヘーカが「日本人の証」を携えて自宅にやってくるなんて夢物語りは起こり得ないのだがね。何故そこまで必死なのかが理解できん。

沖縄人は死んで始めて「日本人」になれる可能性が少し出てくるからそこに期待しとけばいいのに。


718 :名無しかましてよかですか?:2009/04/24(金) 10:49:01 ID:RKqBhVWP
>>717
必死に日本人のフリをして疲れているのかな君は。

それとも、必死に沖縄人のフリをしている宮古人や八重山人の左翼言動を聞いて、
沖縄は一つと言う幻想を見ているのかな。
そんな事では奄美人もついてこないわな。

719 :名無しかましてよかですか?:2009/04/24(金) 11:03:13 ID:+ConQcQa
>>718
仮想敵と戦って疲れているのか?
奄美人は奄美人。
奄美の方向性は奄美人が主体となって決めたらいい話。

だから何度も言っている。本島周辺の島と沖縄人が一緒じゃないように、日本人と沖縄人は違う。

沖縄と周辺の違いを全面に出しつつも、沖縄人と日本人は違うと事実を突き付けられれば顔真っ赤にして病的に騒ぐのが「一生懸命に日本人のフリをしている沖縄人」

日の丸に身を包み陛下の写真を抱き、君が代に送られながら荼毘にふされれば、来世は日本人に生まれ変わる事ができるかもしれん。
来世に期待しとけ。

720 :名無しかましてよかですか?:2009/04/24(金) 11:23:37 ID:RKqBhVWP
>>719
いやいや、君は自分が沖縄人の言論代表のように発言しているけど、
君自身が沖縄人にして日本人であるとの発言をしてなかったか、
勘違いならすまんが。

どうも自分自身の矜持を、他者に転換することで正当化しようとすら見えるのだが。

一その事なら住民投票を行えばどう、
「貴方は琉球民族ですか?ハイ、イイエ」で。
(「沖縄人ですか」はだめだよ、沖縄人で日本人と思ってる人もハイと答えちゃうから)

721 :名無しかましてよかですか?:2009/04/24(金) 11:25:34 ID:+ConQcQa
>>720
1から読み直せ

722 :名無しかましてよかですか?:2009/04/24(金) 11:50:03 ID:RKqBhVWP
>>720
面倒だから読まんけど、間違いならごめんね。

林泉忠琉球大学准教授の行ったアンケートが参考になると思う。
ttp://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/0f2a5f54bf784bd6d778da345a1b5ed5/?ymd=200711&st=0
適当だけどこれで琉球新報の報道も判ると思う。

これを見る限り、「沖縄人」でアンケートを取るのは色々勘違いがでるので不可が良いでしょう。

それから、今の一連の沖縄側運動の発端になっている人、
松島泰勝龍谷大学教授は奄美でも精力的に講演を行っておられます。
なお松島教授は「沖縄」ではなく「琉球」を好んで使われています。

723 :名無しかましてよかですか?:2009/04/24(金) 12:47:26 ID:+ConQcQa
>>722
読み直さないなら別にかまわん。
「恵も小林も読んだことないのに〜」なんて出張ってくる人間を思い出した。

沖縄人は日本国民であって日本人ではない、なんて当たり前の事を言えば「朝鮮人みたいな事を言うな!」と雉を叩き殺す韓国人の写真を貼付ける読者がいるブログだよな。
勘違いならすまんがw



724 :名無しかましてよかですか?:2009/04/24(金) 15:56:17 ID:rN1DE/7K
>>716
その頃の本土人も粗暴だったでしょ。兵隊崩れだらけで。
結局は新参者扱いよ

725 :名無しかましてよかですか?:2009/04/24(金) 17:22:53 ID:mXjdBrjE
「国家主権回復」大阪デモ行進
〔日  時〕平成21年 4月26日(日) 午後1時集合・2時出発

〔集 会 場〕大阪市西区靱公園東園 (四ツ橋線/本町駅下車200m)

〔行進経路〕靱公園出発→本町→御堂筋南下→難波→元町2解散 (約3`)

〔示威形態〕徒歩によるデモ行進 服装は自由です(隊服可)
ハンドマイク、メガホン、プラカード、国旗、会旗の持参可
《有志の参加、お待ちしております。》

726 :名無しかましてよかですか?:2009/04/24(金) 18:31:14 ID:RKqBhVWP
>>723
アンケートの内容は無視?困った人だな。

727 :名無しかましてよかですか?:2009/04/24(金) 20:32:43 ID:+ConQcQa
>>726
めんどくせーな

>>618
と、ついでに
>>151


728 :名無しかましてよかですか?:2009/04/24(金) 23:08:39 ID:RgJIimYn
お前ら、本当に日本の事を思ってるなら、まず働いてくれ。
働いて所得税を国に納めてくれ。

729 :名無しかましてよかですか?:2009/04/26(日) 04:04:51 ID:gZnArX+N
【社会】「アイヌの権利回復」目指し、世界先住民族ネットが発足 メンバーはアイヌほか大学教授や一般市民など計約400人
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1240664307/l50


730 :名無しかましてよかですか?:2009/04/26(日) 04:08:02 ID:gZnArX+N
「アイヌの血を引く蛮族」 山岡氏、直後に発言撤回
 民主党の山岡賢次国対委員長は31日、自民党の大島理森国対委員長との会談で、
自身と大島氏のことを「アイヌの血を引く蛮族だ」などと発言した。会談後の記者会見で
「差別用語につながる言葉は取り消す。誤解を与えたとすれば申し訳ない」と謝罪し、発言を撤回した。
 会談の冒頭、同席した民主党の安住淳国対委員長代理に対し、大島氏が「(色が)白いですね」と
話し掛けたのを受けて、山岡氏が近くに座っていた大島氏を含めて「こちらは蛮族」などと述べた。
 山岡氏は会見で、アイヌ民族について「日本の先住民族で同じ日本人だ。
特に(差別的な)意識をしたことはない」と強調した。
2007/10/31 12:17 【共同通信】

731 :名無しかましてよかですか?:2009/04/27(月) 15:06:55 ID:UVL1/lKH
どうやらNHKがおかしい。ゴー板版。
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1240812374/l50


732 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/30(木) 23:30:05 ID:PIHmx7YH
近頃アイヌスレが良く立つよな・・・・

733 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/01(金) 04:14:54 ID:Hrv0jj6E
>>730
俺はこの情報は激論ムックの中での野村旗守氏のコラムで読んだんだが
これを初めて読んだとき思ったのは、日本の政界の保守と呼ばれたり古株
的な体質の人にはどうも、戦前に流行した民族主義というか、民族社会主義
的なファッションが変に残っている。
彼ら自身がその思想を真面目に考えて発言していないことは明白であるけど
よくある話題づくりの冗談というか、リップサービス的なトークであるのだが
「神の国」発言同様に言葉狩りによる言論封じがマスコミの取り上げや関連団体
の抗議として幾度か表ざたになってる。
マスコミ=民意によって政権をコントロールできる事が良いと評価する人もいるが
俺としては「馬鹿なメディアにも大衆にも耳はかさん」といいつっぱり、政治を行う
ような政治家が今の時代ほしいものとおもうが。


734 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/01(金) 04:34:28 ID:Hrv0jj6E
まあ、何がいいたいかというとこんな事は左翼の格好の餌食で、
日本の代議士にいわゆる真の保守や真の右翼がいないことが
良く分かるが、兎にも角にもこの現代を取り巻くアイヌであろう
子孫にとっては>>725の様などこか一部の若者に危機に対する
反発があり、自然同化ギリギリの寸前にふみとどまった危機感
の表れであり、もはや左翼の手でも借りたいような状況まで来てしまったのだろう。
つまり、アイヌは琉球人同様にもはや少数民族ともいえぬ状態にまでに衰退して
いた可能性が高いが、70年代の頃に若かった活動者がようやく管理職となり
そうした若いアイヌと結託して行動してるのが現在の状況だろうか?

つまり、少数民族という現状ではもう自然消滅は避けられないので
先住民族に昇格したいということなんだろうけど。
そして、利権の延命という点についても利権族は当然拍手を送るわけだ。
沖縄についても同じ事が言えるが、民族言語が自然衰退しているのに
それを理由に「民族学校を作りたい、教育に義務づかせろ」という
実に都合のいい政府への融通と言うのは、どこか情けないついにそこまで
落ちるところまで落ちたかといわざるを得ない。
どこか今の日本国にも通じる軟弱さだ。

735 :名無しかましてよかですか?:2009/05/01(金) 09:41:30 ID:BE5stnCx
ローマがギリシアを組み込んだときには
ローマ人が文化的にはギリシアに征服されたと笑って認めるくらいだったが。

アイヌの場合、自然消滅というよりも自然同化だろうな。
アイヌの文化に比べて日本の文化は圧倒的で利便性もあったわけだから
しょうがない。日本でなければロシアの文化や共産主義に力づくで飲み込まれただろう。

736 :名無しかましてよかですか?:2009/05/02(土) 01:15:47 ID:Q+UOHylk
まあよ、雑魚を操ったとしても民族遊びにトドメを刺すのは
超大国連中だけだw
連中にとっては国家戦略の道具でもある。

737 :名無しかましてよかですか?:2009/05/02(土) 06:06:17 ID:QhnUUpQe

「利権」言いえて妙だが、同族に対しては「権力」になる。

そんな物は要らない、そんな貴族様を仰ぐ気もない。

738 :名無しかましてよかですか?:2009/05/02(土) 14:54:35 ID:bGz0I6TA
アイヌの日本国民化にあって様々な美談と醜聞があったという歴史を
素直に認め記録にとどめておくのが新旧日本国民共々の義務といえるのじゃないか。





739 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/02(土) 20:24:50 ID:yiRSTe2W
>>738
”建設的提案”としての未来への民族、新しい日本民族になるため
にもそれは必要だろうと思う。
そして、アイヌと琉球の同化なくして近代日本の国家形成と繁栄が
ありえなかったという事も、もっと真剣に考えるべきだろう。
小林もそうした考えを提案してる。
(ただ、ヤマトタケルの話やそうした意味での単一民族というのには異論はあるが)

>>737
裏で陽動してるのは、日本のアイルランド人的存在の在日朝鮮人や韓国の方々が
関係してるので、こうしたボイコット的な反権組織はどうにかして潰した方がいい。

740 :名無しかましてよかですか?:2009/05/05(火) 01:22:35 ID:j81qRBtB
717、719
おい、貴様r。歌わすぞ

741 :名無しかましてよかですか?:2009/05/05(火) 01:30:42 ID:j81qRBtB
717、719
おい、貴様r。歌わすぞ

742 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/06(水) 00:10:09 ID:Ctgb2HYC
>>735
いや、自然同化じゃない。
強制併合だ。
ロシアならカムチャツカの民族のようにアイヌはかろうじて形を残しただろうな。
欧米やロシアなど白人が行ったことを、我々がしなかったことが結果的に災いしてしまった。
また日本文化の利便性にかんして言えば、それはアイヌ民俗の形成地点にまでさかのぼる。

>>738
アイヌ子孫を完全な異民族として隔離させないためにも、アイヌ民俗文化の成立や
その歴史を詳しく歴史教科書に記述し、どうした経緯で併合され日本国民として
今に至るかを紹介せねばならんとおもう。

743 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/06(水) 01:07:08 ID:JVbO/xLX
回帰が在日朝鮮人を少数民族と見なしていることが明らかになった。

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1210821433/323n

>323 :?????? ◆XB7AjTRRiE :2009/05/05(火) 23:55:53 ID:???
>>322
>だが国際的には認められないだろうな。
>なぜ洞爺湖や那覇でサミットがあったかといえば、そういうこと。
>>321
>独立はしない。
>今回やろうとしてることは、先住民族としての復帰。
>と、利権団体の権威のレベルアップ。
>>319
>そこは大事なところです。
>現状では純粋なアイヌはおらず、日本国内では”アイヌ系日本人”
>として生活され、在日朝鮮人などの様ないわゆる少数民族という集団です。

>・アイヌ団体が日本政府へ謝罪要求 
>世界先住民族ネット:アイヌへの謝罪を−−政府懇に提言書 /北海道:毎日

 >アイヌなど先住民族の権利回復を図ろうと、「世界先住民族ネットワーク・AINU」(萱野志朗代表)が25日、正式に設立される。
>同ネットは21日、道庁で記者会見を開き、政府の「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」への提言書を発表した。
>過去に土地を収奪されるなどしたアイヌへの謝罪を求めた。
 >提言書では、政府が国会など公的な場で謝罪をした上で、07年に国連で採択された「先住民族の権利宣言」に盛り込まれている
>先住民族の自己決定権や自然資源利用権など、アイヌが従来持っていた権利の回復などを求めている。
 >同ネットは、昨年7月に開催された「先住民族サミット アイヌモシリ2008」の実行委員会メンバーらが新たに設立する。
>25日午後6時から、札幌エルプラザ(札幌市北区北8西3)で「創立の集い」を開催する。
>------------------------------------------- http://ameblo.jp/lancer1/entry-10247375963.html#cbox

>↑
>利権の拡大、権利の悪用を許すな。

744 :大和回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/06(水) 17:36:34 ID:Es6ziq8K
DOF先生はDOF先生で、分断主義を前向きに思考できるお方のようで・・・・
現状見てどうしてそういうお考えができるのか、私も私ですが貴方も貴方です。

>> 322 名前:Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw [] 投稿日:2009/05/05(火) 19:20:13 ID:nW7SkOva
>>独立するなら日本・アイヌモシリ・琉球で、
>>友好協力相互援助条約や共同国境警備協定を締結するという手もある。


745 :名無しかましてよかですか?:2009/05/07(木) 09:07:31 ID:V/2gfR3r
ぜんぜん話にならない。
分断で利益を得るのは敵性諸国とそのシンパだけ。

日本の公安と外務省何やってんの。
ついでに防衛省も。

746 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/07(木) 11:57:52 ID:JzfIBSxQ
>>745
どうにか国家権力で潰せないものかね。
ゴー宣は影響力あるけどアンチもすんごい多いから微妙で、きっかけにはなっても期待はできない。
むしろ逆にゴー宣や小林が道義的な敵として連中に祭り上げられ「悪の同化主義者」
のように仮想敵として連中の仲では認識されてそうだから。
逆に連中の結束の方が硬くなってたりするやもしれん。

747 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/07(木) 23:46:31 ID:s+eXNg4U
DOFさん、ミクシイでブログしてるみたいw
残念ながら俺は見れないけど、ミクシのID持ってる人は見てみるといいw
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=824285747&owner_id=8573489

748 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/08(金) 10:09:52 ID:NizNrER1
回帰、またしてもナチズム賛美発言。(※以下の文章は全て引用です)

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1239837812/214n

>214 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/08(金) 09:36:20 ID:ej6mbrrO
>>民族と国家の境界が一致する,というのは「一民族一国家」モデルでしか出てこない発想で,
>>その発想が今あちこちで批判を浴びている,というのがわからんのかこの御仁は? 

>あちこちでどう批判を浴びているのかはしらンが、おおよそ関係のない事。
>どう非批判を浴びようが、日本が単一民族であるという事実を外部からの指図で変える必要も無い。
>むしろ「ヒトラーは天才」だとして過去のナチズムが見直されてきている節もある。
>そして日本帝国も。
>事実上の1民族、1言語、1国家、日本は事実上の単一民族国家。
>結構な事じゃないか。

749 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/08(金) 15:26:25 ID:Ln5DSfWp
コヴァ、仲間が居たな


>保守派論客の青山繁晴さんが沖縄タイムス主催のシンポジウムに呼ばれた際に、
>「何故、僕なんかを招待したんですか?(青山は右派系の論客)」って質問したら、
>「沖縄県民はやがて中国に飲み込まれるのではないか。
>そのとき日本はまた沖縄を捨てるんじゃないか。そう不安に思ってるから、中国に
>物申してるあなたの話を聞いてみようと思った」 って沖縄タイムスの人が言ったんだって。

青山繁晴さん「長野事件と中華帝国の脅威」2/2(4分30秒頃から)
http://jp.youtube.com/watch?v=en6dTfHsTao&feature=related

750 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/08(金) 15:32:19 ID:Ln5DSfWp
それにしてもトラヒコといい、ムッケといい、DOFといいアンチ小林は良いが
なぜこうした思考になるのかな・・・・。(いや、俺も俺だがさ・・・)

ttp://d.hatena.ne.jp/Mukke/20081108/1226146816
ttp://okinawa-rekishi.cocolog-nifty.com/tora/2009/02/post-a787.html
ttp://d.hatena.ne.jp/Mukke/searchdiary?word=%2a%5b%be%ae%ce%d3%a4%e8%a4%b7%a4%ce%a4%ea%5d

751 :名無しかましてよかですか?:2009/05/08(金) 20:55:21 ID:dNTyJQvF
>>750
トラヒコ氏には、一民族一言語ニつの国家(過去に)があっても良いじゃないかとの発言も在ったのでは。

これは、沖縄の歴史にも干渉してくる朝鮮半島や中国を皮肉っている様に見えたのだが。

俺の勘違いかな。

752 :名無しかましてよかですか?:2009/05/09(土) 07:55:14 ID:EE1byBX+
このネット社会においては
民間防衛を情報のリークなどで有効活用すべきなんだがな。
民間防衛を見直す意味では、
サピオの関東大震災(自警団、在日、偏向報道)の再考は興味深い点が多い。

諸説あるが
結局、何々民族であることよりも国民であることを優先するのが
国民国家が国民国家であることの最低限の条件だと思うがね。

民族が国民よりも優先される地域は殆ど紛争地域。
漢民族至上主義も紛争の原因の一つだろ。

753 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/09(土) 09:20:27 ID:YK/xQUBY
そうだな特に回帰のようなナチズムを信奉する大和民族主義者は一挙手一投足監視していかないとな。

754 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/09(土) 17:12:26 ID:6DuInSVP
>>752
その記事読んだ事あります、人間の偏見や勘違いからの扇動力の強さには驚嘆します。
また現在の日本は民間防衛という点では崩壊してて、再構築の
段階に入っているが現状ですが、自衛隊が自衛権を発動できないように
民間防衛も実にに軟弱で、70年代80年代以降からずっと自国虐体扇動の活動により
どんどん恐ろしい悲観的な社会になってしまった、そして誰もそれを疑わなくなった。
昔はまだ日本を擁護できる社会風潮や人が沢山残っていて、そうした事についても
まだ民間防衛がで来ていましたが、それが時代とともに衰退し未来がどうなるか本当に不安です。
>>何々民族よりも国民

ここが非常に大事な点ですが、国民や国家が大事なのは当然のことで
あり、それは結果的に単一民族を肯定すると言う意味になります。

>>753
もまいの様なロシア・中国のシンパもかつての左翼のように危険じゃないのか?

>>441 名前:Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw [sage] 投稿日:2009/05/09(土) 06:10:27 ID:YK/xQUBY
>>今の中国を端的に表すなら、帝国主義というより”中央集権”では?
>>帝国主義ならアメリカの方がよっぽどふさわしい。
             ↑
    今の日本と中国を同じにするとは、実に偏向した愚かしい考え。
    今の時代はまさに明治時代に逆戻りした状況で、ロシア帝国、中華帝国、大米帝国、EUの
    世界再植民地化覇権争いにしか過ぎません。

755 :名無しかましてよかですか?:2009/05/09(土) 17:32:17 ID:9WUt5Kul
>>753
それを言うならアイヌや琉球、
果ては周辺国の民族主義者も監視しなくてはならないよ。

民族主義ってそんなもんだろ。

756 :名無しかましてよかですか?:2009/05/09(土) 17:47:07 ID:PE7pbWI6
小林がアイヌや沖縄で正論吐いてるのが左翼には相当脅威なようだなw

757 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/09(土) 21:02:14 ID:9yxasJUq
DOFさんの主張

中国における民族問題は、もはや中央集権であり国内問題である。
こうした過去の問題を覆す、修正は認められない。
これを覆すというのなら、同じように日本におけるアイヌ・沖縄の問題を
も覆さなければならず、中国だけを扱うというのは道理として筋が通らない。


こういうことかい?

758 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/09(土) 23:53:03 ID:YK/xQUBY
本当の事を言われて怒る回帰の図。

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1210821433/343-344n

>343 :名無しさんの主張:2009/05/08(金) 11:02:28 ID:???
>誰が書いてるのかも分からない文章にいちいち反応しないの。
>学者や政治家が言ったら問題だけど、頭のおかしい異常者も多いのが掲示板。
>工作員による濡れ衣作戦ってもの常に気をつけておかないとな。

>344 :?????? ◆XB7AjTRRiE :2009/05/08(金) 18:37:54 ID:sInbY16h
>>343
>誰が頭のおかしい異常者じゃボケェイイ・・・(#^ω^)

759 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/10(日) 14:17:39 ID:IyrqKNEs
>>756
「アイヌは先住民族なのか?」1ページ目1コマ目「これは現代のタブーに挑戦する特集なので細心の
慎重さが必要である。」、3ページ目3コマ目『「先住民族決議」が通ったことで、彼らに過剰な
期待を持たせ、結局は失望して反日運動となり、逆に差別が再生産されはしないか?』、
同4コマ目『そもそも、この日本で和人VSアイヌという民族を二分する対立構図を作り出す
「国連宣言」に、日本が賛成してしまったことが大間違いなのだ!』、7ページ目1コマ目
「『ゴー宣』をやっていたら、時々このような決死の覚悟で臨まねばならない場面がある。」、
8ページ目欄外右『「アイヌ問題」という現代のタブーに挑戦する』など、いたずらに猜疑心や
恐怖心を煽り立てる文句。

対立構図を作り出そうとしているのはどっちだ?もしそうなった場合、アイヌ側が圧倒的不利
なのは目に見えているが。
(続く)

760 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/10(日) 14:20:30 ID:IyrqKNEs
>>756
(続き)
>3ページ目5コマ目「一方で、カナダやアメリカやオーストラリア、ニュージーランドなど、
>確実にその地には先住民しかいなくて、そこに他民族が侵略してきて、 虐殺し、
>民族浄化して作られた国々は、この国連宣言に反対を表明している!」

>・加米豪NZは「それまで自分達が独自に行ってきた先住民政策と相容れないから」 という
>理由で「先住民族の権利に関する国際連合宣言」に反対していること

>・143ヶ国が賛成していること

>という二点を隠し、

>・民族浄化して作られた国々

>だけ強調して印象操作している。

>同コマ「ちゃんとした国家観を持った政治家や官僚がいれば、この方が常識だろう。」

>「ちゃんとした国家観を持った政治家や官僚」「常識」とは反対したアングロサクソン系
>4ヶ国にはあっても、賛成した143ヶ国にはないのか? あまりにもアングロサクソン人中心
>過ぎる物の見方ではないか?
(続く)

761 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/10(日) 14:22:22 ID:IyrqKNEs
>>756
4ページ目4コマ目『「小林よしのり及び『わしズム』への不信感」が取材拒否の主な理由だという。』

小林氏が上記のような印象操作を行う人物なら、不信感を抱かれても仕方ないし、 北海道
ウタリ協会が本当に取材拒否したかどうかも冷静に見極めていく必要がある。山野車輪氏は
嫌韓流の広告掲載を朝日・読売・産経に持ちかけたが拒否された、と主張しているが、
各社は否定している、という例がある。

7ページ目3コマ目『少なくともわしは今後、「日本は多民族国家」とは言わない。
「日本はほぼ単一民族」という表現は使うかもしれない。』

・「多民族国家」と「ほぼ単一民族」との間の線引きは?

・九割以上漢民族ながら自他ともに認める多民族国家である中国はどちらか?

確かに日本はアメリカやロシア、中国のような本格的な多民族国家とは違うとも思うが、
明らかに単一民族国家でもない。
(続く)

762 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/10(日) 14:23:49 ID:IyrqKNEs
>>756
(続き)
同4コマ目『アイヌとは「人間」という意味だ。「民族名」ではない。』

「人間」という意味を持っていれば民族名ではないとする根拠は何か。

同5コマ目『北海道には何種類ものエスニック・グループが住んでいたが、
「アイヌ」で一括りにはできない。』

日本列島には何種類ものエスニック・グループが住んでいたが、
「大和民族」で一括りにはできない。

同欄外上「わしは言論で権力をとる気はない。」

既にメディアを利用して自説を発信することができ、信者も付けている 「権力」の一つと言える。

同7コマ目「さらに言うなら、今現在、両親が和人と混血してない純粋なアイヌという者は
いない。 和人との通婚率は90%以上である。」出典:河野本道著『「アイヌ」─その再認識』
(北海道出版企画センター)

ここで問題にしているのはアイヌの人種的特徴か?
(続く)

763 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/10(日) 14:24:41 ID:IyrqKNEs
>>756
(続き)
5ページ目6コマ目『ジャーナリズムに関わる者が、この「全体主義的空気」や、
「ウタリ協会の抗議」に屈したら話にならない。』

・ウタリ協会は政界を中心に日本を漂う「全体主義的空気」に屈していないだけ

・そもそも一つの民族しか認めないことこそが全体主義ではないのか?

8ページ目1コマ目「ただし、わしはアイヌの文化には敬意を払う。カムイなどの神概念を
始めとして、 ユーカラ、ムックリ、ウポポ、イヨマンテ、紋様、民話・伝承など興味深いものがある。」

それら独自の文化を共有する「アイヌ」が民族でないなら、一体何だというのか?

同6コマ目「アイヌと云う概念が、我々、内地の者にとっても新しくよい概念になるように受け
取るためには、 どうすればいいのか?」

その「アイヌ」の、民族に替わる「新しくよい概念」とは一体何なのか?

764 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/10(日) 16:03:59 ID:okc4Cjdc
>>760
コヴァのそうした危機感は実に正常なものだとおもうし、むしろ今そういう危機感が
日本人にはかけていて国家、民族的な思考の消滅を招いてしまってる。
国連宣言においてもグルジアの件とは裏腹に、いわゆるインディアンなどのネイティブと
我々日本人や沖縄、アイヌとの関係においては当然別のケースとして扱われるべき問題
であるし、これに関してはアメリカなどの主張が正しいように思うが。
また、アイヌや沖縄の子孫もこの先住民族という枠に甘んじるとはいわないが、同調する
のではのではなく、日本列島を構成する1民族の子孫としての自覚を持ってもらいたい。
>>763
全体主義とは言わないが、ウタリの抗議に屈したらいけないと思う。(次のレスに抗議経緯文をつるす)

765 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/10(日) 16:22:06 ID:okc4Cjdc
1986年 中曽根康弘首相 自民党全国研修会にて「日本はこれだけ高学歴な社会に
なって相当インテリジェントなソサエティーになってきてる。アメリカでは黒人とかプエル
トリコとかメキシカンとかそういうのが相当居て平均的に見たら相した教育水準は非常に低い」
と発言してアメリカのメキシコ系議連や黒人議連から轟々の非難を浴びた。
これに対して「日本は単一民族国家だから高い教育水準を保つ事ができる。人種差別をした
つもりは毛頭無い、日本国籍を持つもので差別を受けている少数民族は居ない。」とし
これにウタリ協会が「単一民族発言はアイヌ民族を無視するもの」として抗議した。

2001年7月2日 小泉内閣 平沼経済産業相と鈴木宗雄議員が別々の場所で「日本は単一民族」
と発言、同協会から講義を受ける。
平沼はその後「日本ほどレベルの高い単一民族国家は無い」と発言しまた宗雄は有楽町外国人記者
クラブで「日本は1国家、1言語、1民族。北海道にはアイヌ民族というのが居て、嫌がる人もいるけど
(単一民族発言を)今はまったく同化されてる。」と発言した。
これに対し同ウタリ協会は直ちに抗議しなかったため、当時のウタリ教会執行部は内部の批判を受け交代した。
8月、新執行部は発言の真意を問いただす質問状を平沼、鈴木に送りそれに対して平沼は「単一民族発言は
不本意」「アイヌは独自の言語、文化を持った一つの民族」と回答し鈴木は返答しなかった。
(しかし、宗雄議員はその後すっかりと手のひらを返してしまう)

2005年10月 小泉内閣 総務相 麻生太郎が九州国立博物館会館の記念式典で、
「1文化、1文明、1民族、1言語の国は日本のほかには無い」と発言しウタリ協会と関連団体から講義を受け
「他の国々と比べみんぞく、げんご、文化が大幅に入れ替わることなく比較的まとまった形で継続して来た
日本国の特徴を述べたものです」と説明。

2007年11月 民主党 山岡賢次国対委員長が自民党との会談にて「自民の二人は貴族、こちらはアイヌの血を引く蛮族」
と発言し問題になり、ウタリ協会加藤忠理事長は抗議し翌年2008年9月「日本は内向き菜単一民族」により中山成彬
国土交通大臣に対し、加藤忠理事長が直々に国土交通省を訪れ厳重抗議の上で謝罪させ中山大臣はその他事情も含め
結果辞任した。

766 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/10(日) 16:55:06 ID:okc4Cjdc
たしかにDOFの言うように全体主義・・・とは言いすぎだろうが、残念ながら議員の一部に
ある種の一貫して誤った単一民族思想が普及しているのは否めない。

日本社会という枠において「単一民族」とし発言してアイヌ、琉球の民族性の否定する発言を
行う議員が、なんの弁解もせずその非を暗に認めてしまうというのは保守や右翼としてはどうにも
失格であるとしか思えない、ただのリップサービスで口先だけの支持者へのパフォーマンスなのか
単なるで自己満足での事なのかはしらないが、こうした信念もなく民族主義を語り失言を甘んじ
人権を侵害しかねない、あるいは侵害した事に関してゴー宣の一読者として、コヴァとともに真の
民族主義に立ち向かう者として、俺はこのような情けない事態はとても耐えられない。

旧日本やナチスにおいて本来の民族主義の理念とは裏腹に突き進み掲げられてしまった、こうした
間違った民族主義が保守系議員の思想の中にあるというのは非常に残念でならないし、このような
大和民族主義や日本民族主義は中国と同じであり、俺は否定する。

皮肉にも単一民族発言をする議員が北海道という地に集中するのはどこか皮肉な話だが
この辺りも左派勢力やアイヌ民族団体のどこかしら悩みの種でそれを解決し北海道を支配したい
というのが、沖縄同様こうした反権勢力の活動の一環でもあるんだろう。

北海道出身の保守言論人の西部なんて、あからさまなアイヌ系とおもわれるし、氏の番組に出演し
ている祐徳太子氏もどこかアイヌの様な、旧奥州系という感じがしないでもないが沖縄の様な悲劇に
見舞われることのなかった北海道は、僻地での愛国心が残りこうした人材を輩出しているのかもしれない。
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/images/nishibe.jpg
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/images/akiyama.jpg

767 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/05/10(日) 18:35:19 ID:VQ/brMtQ
>>761
チャイナ(中共)の多民族ってのは、政治的線引きによるもの。
民族識別工作なるものがあって、最大で300以上細分化された事があるが、現在は統合されたりして55+αに収まっている。
同じモンゴル人でもラマ教やってるかイスラム教やってるかの違いなのに意図的に分けられたりする。

宗教で分けられたりしたら日本も最大多数の浄土・天孫族になったり法華族になったり、真言族だったり隠れ切支丹族になったりする。

丁度トルコも戦争に負けて整理縮小された時だってアナトリア(トルコ)の東方正教会の信者はギリシャの方へ移住されてしまったし。
言葉がギリシャ人とは違うのにも拘らず。

768 :名無しかましてよかですか?:2009/05/10(日) 19:08:51 ID:3WSUVzy7
はあ....
日本国民みな平等って事になってるのに、
アイヌにわざわざ謝罪と賠償を要求させるってどうなのよ?

左翼の運動で平等にって考えが浸透してきたのは大いに評価しているけどさあ、
最早限度を超えてるよ。

もうあれだな、
謝罪と賠償を要求するってキーワードでパターン化していて、
うんざりするね。

769 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/05/10(日) 22:32:36 ID:VQ/brMtQ
ある意味どこまで謝罪と賠償が出来るかどうか見物だな。
弱者と少数者をどこまで掘り下げられるのだろうか。

770 :名無しかましてよかですか?:2009/05/10(日) 23:13:36 ID:3WSUVzy7
>>769
国民みんな弱者、少数者って事になるんかいな、
あんたも俺もwww
で、それを弾圧する悪の日本政府、正義の解放者左翼だな。

でもさあ左翼ナショナリストって言葉もあるから、
結局そこでも民族主義による対立って言うものが出てくるね。
でもソ連や中国に実例が出ているのは無視だからな、
あきれるぜ。

771 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/11(月) 06:28:58 ID:cV+qrXWZ
左翼ナショナリズムといえばボリビアのモラレス政権だな。

http://www.afpbb.com/article/politics/2563598/3723933

>【1月26日 AFP】(写真追加)南米ボリビアで25日、
>先住民の権利拡大などを盛り込んだ憲法改正の是非を問う国民投票が行われ、
>地元2大テレビによる出口調査によると、賛成票が8%以上の差で反対票を上回り、
>新憲法は承認される見通しとなった。

 >公式途中経過は現地時間の26日朝、最終開票結果は3-4日以内に公表される見込み。

 >これまでの憲法は大統領の再選を禁じていたが、新憲法承認により、
>エボ・モラレス(Evo Morales)大統領の二期目(5年)就任に向けた再選への道が開かれることとなる。

 >さらに新憲法は、36の先住民コミュニティーについて、自治権や独自の言語の公用語化、
>司法の権利を認め、農地改革として個人の土地所有面積に上限を設けることも定めている。

 >一方、左派のモラレス大統領への反発が強いサンタクルス(Santa Cruz)、
>タリハ(Tarija)、ベニ(Beni)、パンド(Pando)など東部県での出口調査では、
>改憲反対が多数となっているほか、サビナ・クエジャル(Savina Cuellar)
>知事が憲法改正反対運動を展開したチュキサカ(Chuquisaca)県でも、
>賛成票と反対票の差はわずかだった。

 >豊富な資源を持つこれら東部県の知事らは、改憲によりモラレス大統領が、
>ベネズエラのウゴ・チャベス(Hugo Chavez)大統領のように経済効率を
>軽視した急進的な社会経済政策へ傾倒することを懸念している。(c)AFP/Raul Burgoa

772 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/05/11(月) 17:19:56 ID:9X6oLJ5H
モラレスの場合はインカ帝国の復活っぽそうだな。
本人はスペイン語喋っているし、そもそもアンデスの先住民の言語が30以上分かれたままだし。
インカの連帯の実現はほぼ不可能だろう。

因みにモラレス大統領の執務室にはインカ帝国旗が壁に掛けられていたな。

773 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/05/11(月) 17:25:23 ID:9X6oLJ5H
インカの連帯が不可能な理由として、
@言語が分裂状態であるのと
Aインカ帝国に押し込められて呻吟していた民族がコンキスタドレスに寝返っていたこと
Bインカ帝国自体が富士山のように他の部族を征服して成り立った王朝だから

774 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/11(月) 18:19:01 ID:dCrQ6gWh
インカも存続してれば日本のようになっていたのかな・・・・。
あるいは中国の様な、南米全土を巻き込む巨大な大共栄圏かな・・・。
そう考えると、日本は奇跡的にも古代帝国王朝の復古できた国といえる・・・。
明治の人は良くまあ、こんなとっぴで大掛かりな国家改変ができたもんだ。

775 :名無しかましてよかですか?:2009/05/11(月) 18:40:46 ID:aq+54e6C
>>771
面白いね、左翼ナショナリズムwww

776 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/12(火) 04:05:43 ID:Kdbb9JEJ
今なら左翼ナショナリズムといえば中南米の反米左派諸国が顕著な例だ罠。
社会主義政策を推し進めて米主導グローバリズムや新自由主義の脅威から祖国を守る、という。

左翼ナショナリズム
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A6%E7%BF%BC%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0

777 :古大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/12(火) 19:52:41 ID:3m4dWq4h
面白い情報あったよ、戦後共産党がこんな事してたらしい。


> 202 名前:名無しステーション[] 投稿日:2009/05/12(火) 01:07:32.14 ID:zKaM02m1
> >> 199
>民族主義とは?
>ちなみに「日本民族主義」は日本共産党のかつての綱領のひとつだが。
> 216 名前:名無しステーション[] 投稿日:2009/05/12(火) 01:41:13.98 ID:zKaM02m1
> >> 204-204
>漏れも聞きかじりで詳しくは知らんが、共産党が擁護し推進して行くべき「3つの自由」の
>ひとつとして、「民族の自由」を掲げていたらしい
>おそらくは米帝(=アメリカ帝国主義)を批判し、対抗するための主義主張だろう
> 220 名前:名無しステーション[] 投稿日:2009/05/12(火) 02:03:51.46 ID:zKaM02m1
> >> 219
>日本共産党による「日本民族主義」の主張は、おそらく日本国内の“民族”問題がクローズアップ
>されて来る以前の話。
>日米安保体制下で「従属国」の立場にあった(今もそうだが)日本は、アメリカ帝国主義により
>「民族の自由」を脅かされているから、これを「日本民族主義」に基づいて解放すべきだ、と。
>当然、安保+日米同盟破棄、非武装中立を目指すことになる。
> 224 名前:名無しステーション[] 投稿日:2009/05/12(火) 02:26:03.31 ID:zKaM02m1
> >> 222
>それらはまた別の話。
>あくまでも日米関係を軸とした国際社会での日本の立ち位置をどうするか、という中でのものかと思う。
>当時は米帝に対抗するために日本国内の団結を促進した方が良かったのだろうが、現在の左翼は
>日本国家・政府の威信を傷付け、国民を分断する方向に向かっている。
>アイヌや沖縄の“民族”問題をことさら取り上げて紛糾させる意図はそれだ。

778 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/12(火) 20:00:02 ID:3m4dWq4h
あと、ちょっとなんか週刊ポストという誌でアイヌについて取り上げてるようだ。

779 :名無しかましてよかですか?:2009/05/12(火) 20:46:12 ID:gG5u3cff
まあ団塊が学生紛争していた頃までは
反体制=反米=(サヨクも含む)左翼
だったしな。

780 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/13(水) 12:29:03 ID:i+DS8z/n
韓国って三年前から済州島(旧耽羅国)の高度な自治を認めてたんだな。

済州特別自治道
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%88%E5%B7%9E%E7%89%B9%E5%88%A5%E8%87%AA%E6%B2%BB%E9%81%93

>済州道は2006年7月1日から、より高度の自治権を付与された特別自治道に移行した。
>離島である済州道の特殊性を勘案し、外交・国防・
>司法を除いてアメリカの州のような高度な自治権を認めることとしたもので、
>韓国政府が2005年11月、同道を特別自治道とするための関連法案を閣議決定し、
>2006年2月に国会で可決された。

781 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/14(木) 13:58:50 ID:VmT+By+W
>>780
北海道もどこかそういう風にすればよいんじゃないか?

と、言いたいんだろうが日本はもう高度な自治という段階にない残念ながら。
せめてエスニックグループとしての容認だろう。

782 :元素ナショナリスト ◆D9SOojI78c :2009/05/14(木) 16:46:06 ID:BKfqMM4x
高度な自治やろうとして自治体の悉くが借金漬けと言う現状。

783 :名無しかましてよかですか?:2009/05/14(木) 21:15:39 ID:w5Ps0Nsu
>>780
あんたわざと(旧耽羅国)を付けてるだろう。
その政策のどこが耽羅民族の自治権獲得なんじゃ?

784 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/15(金) 07:49:34 ID:S+cQvGOx
>>783
済州島が旧耽羅国であることは否定しようの無い事実。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/tripjeju4.htm
http://homepage.mac.com/netslave/iblog/B136738049/C2009140142/E1720745273/index.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%BD%E7%BE%85
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%BF%CD%E5

785 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/15(金) 13:23:11 ID:7BjYdXRz
>>783
ああ、なるほど。
DOFは琉球にもやれって魂胆か。
やっぱりアイヌ琉球のそうした動きは韓国が主導してんのかな。

786 :名無しかましてよかですか?:2009/05/15(金) 14:00:31 ID:IUlqybWM
そんな雑魚じゃないだろ。裏で動いてんのはw
国連人権なんたらは、半島にもお前等単一民族じゃないと頭ひっぱたいてる。

787 :名無しかましてよかですか?:2009/05/15(金) 20:24:52 ID:6uZxATer
>>784
旧耽羅国だと俺は否定したかいな?
韓国政府が耽羅民族の存在を認め自治権を付与したのか、
または耽羅民族が存在を韓国政府に認めさせ自治権獲得運動を行ってそれが実ったのか、
どっち?

もしそれが現実に起こった事なら大変驚くべき事実だがな、あの韓国がってな。

>>786
それを国連人権なんたらに働きかけているメンバーにも在日の皆さんがいるんだよな、
あ!もしかして耽羅民族解放のためにアイヌ琉球を出汁しているんかいな、
それならすごいが。


788 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/15(金) 20:59:31 ID:S+cQvGOx
俺はまだ客観的事実しか述べていないのに、勝手に猜疑心が頭をもたげ、
自問自答の深みにはまっていく人。

>>787 名前:名無しかましてよかですか? 投稿日:2009/05/15(金) 20:24:52 ID:6uZxATer
>>784
>旧耽羅国だと俺は否定したかいな?
>韓国政府が耽羅民族の存在を認め自治権を付与したのか、
>または耽羅民族が存在を韓国政府に認めさせ自治権獲得運動を行ってそれが実ったのか、
>どっち?

>もしそれが現実に起こった事なら大変驚くべき事実だがな、あの韓国がってな。

>>786
>それを国連人権なんたらに働きかけているメンバーにも在日の皆さんがいるんだよな、
>あ!もしかして耽羅民族解放のためにアイヌ琉球を出汁しているんかいな、
>それならすごいが。

789 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/15(金) 23:09:26 ID:jtA8y4ts
>>786
この問題って、誰が裏で引いてるの?


790 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/16(土) 00:19:05 ID:rUQVRpKD
回帰の脅迫もあまりにも度が過ぎてきたので、予告.inに通報させていただいた。
(※以下の文章は全て引用です)

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1239837812/334n

>334 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/15(金) 23:38:22 ID:XkRugqqb
>>日本政府ですらアイヌが先住民族であることを認めた今になって
>>「許さない」って、誰がいかなる権限を持って「許さない」んだろうねぇ。

>許さんよ、特別扱いは。
>当然だとも、それとも特別扱いは許されるとでも思ってるのだろうかね?DOF君は?

>特別扱いでなければ少数民族でも先住民族でもやってるといいよ、俺は邪魔はしない。
>まあ、俺は歴史的経緯や事実をもってアイヌと沖縄の先住民族決議には抗議するけどね。
>いつまでもナチナチと「お前らは少数民族だ」と訴え続けてやる、あとは領土問題だ。
>すでにあの土地は大和民族のものなのか、まだアイヌに帰属されるのか、まあ国際的には
>アイヌに返還されるのが筋だし、おそらくもう一部土地は返還確実なんだろうが、だがあまりなめるなよ。

>君らのような争いも好まない純情な民族に過去2000年殺し合いを体験し勢力を拡大してきた侵略民族の
>怒りを買うことだけはやめとけよ。
>アイヌもたびたび殺したし、今だって殺しが大好きなその末裔だからな。
>いいか、逆鱗に触れるなよ?居間でこそ眠れる龍だが起こすなよ。
>君らに残ったのはもはやその民族だけだ、身のほどをわきまえろよな?
>>自分の出身部族の文化的独自性とやらをきちんと説明して、
>>先住民族認定されるよう運動でも始めてみたらどうだ?

>言われなくともこれから起こすつもりだが?
>今こそ大和民族復興の時!
>もちろんそこにアイヌは含まれないから安心しろ!

791 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/16(土) 02:23:43 ID:oIFvqjJG
同じ帝国主義のロシアにはコサックという連中が居るが、彼らは遊牧民なので民族としてはどこか
ロシア人とは違うし、それはロシアが多民族を同化しながら作られ拡大し形成していった国家、民族に
他ならならず、正直言って日本が単一民族であるという根拠になにもはるか昔の民族がどうのと
持ち出さなくても、明治に内地として日本帝国人として定義された段階でもはやそれは新しい単一民族
でありそれが古来より民族をつくって来た帝国主義という古典的な人間の支配の歴史そのものだろうに。
俺の発言にしても、内戦で争いながら周辺地域へと拡大し成形されて来た日本の歴史をそのまま述べたまで。

俺は別にアイヌ民族が本当に実在しているのなら別にかまわないけど、フェミだの同性愛だのの権利拡大と同じで
国連などの世界レベルで活動してるこれら勢力の活動というのは実に面倒な厄介ごとだと思う。

792 :名無しかましてよかですか?:2009/05/16(土) 02:39:31 ID:5uFvfbR2
回帰の異常さは、もはや腫れ物レベル
小林信者のアホコテにはろくなのいねぇwww

793 :名無しかましてよかですか?:2009/05/16(土) 03:27:17 ID:szHlV8LJ
小林信者ダブスタ

794 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/16(土) 04:02:25 ID:oIFvqjJG
>>792
見なかったことにしてくれ・・・
自分で言うのもなんだがホントにおかしくなってきてる。
いろいろとわかってきたせいもあるが、自分の言動に
制御が利かなくなってきてる。

それほど日本の小林や議員も含めた保守人という人々にたいする信頼感が
もてない鬱憤というか、俺は日本がいざとなれば十分に世界に対して影響力のある
強い国家になりえると思うし、むしろこれは現在の覇権国家にとっては脅威だろうに。

でも、こんな弱小な保守しか居ないんだったらみんな普通にリベラルなほうを選ぶわけだよ。
こんなんじゃ、グローバリズムと資本主義による均一化なんて止められないし
ましてや中国のような国に頑として言うことすらもできない。
日本の保守言論人や作家って口達者でレベルが高いようで低い、こんなんじゃ
仮想敵としている左翼という存在になんて永遠に勝てない。

795 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/18(月) 18:59:16 ID:5pg0gnI9
首都圏住民・回帰の地方差別発言。
こいつもはや保守派ですらねーだろ。

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1239837812/67n

>67 :大和民族永劫回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/04/18(土) 13:54:31 ID:cSJH+xlF
>>65
>アホレスにマジレスするのもなんだが、そういう偏見はやめていただきたい。
>日本人もアイヌ人も変わらない、彼らが古代日本人の形質を残してるのは
>少数民族であるから。
>自分は神奈川に住んでるが、アイヌや沖縄の様な縄文系がごろごろ居る。
>アイヌの欠点は、民族や言語こそ北方系だがなぜか現地民は縄文系であること。
>あそこまで縄文系が残れば、沖縄同様に言語も根強く形容するだろうに。

>>66
>「左翼」という言葉だけで、私をそういう目で見るのはどうかとおもうのだが?
>分かりやすく「左翼」とカテゴリーを組んだまで。
>それから、私はいわゆる右翼ではないし、そして「亜流」の意味が違う。
>あなたこそ右翼という勝手な固定的な概念をお持ちだという事を指摘させてもらう。
>そして、私が忌み嫌う存在はいわゆる「右翼」と「左翼」である事も伝えておく。

>まあ、こうした思想に魅入られていない人にはわからんだろうけど
>わたしは三島由紀夫や西尾幹二氏を尊敬している。
>現代人なら、これだけでもちょっと抵抗があるかもしれないし、右翼と決め付ける。

796 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/18(月) 18:59:59 ID:5pg0gnI9
※以下の文章は全て引用です

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1239837812/386n

>386 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/18(月) 15:32:57 ID:4hHtlVUw
>>自由貿易をしていたころのアイヌはもっと豊かな生活を送っていた。
>>写真に残っている質素な姿は、奴隷にされたときの名残だよ。

>ハイハイw
>口では何とでもいえますからw
>>冬はマイナス30度を下回る過酷な環境で生き延びる術を持っていた民族を、
>>見た目でそこまで言うとはな。

>見た目は普通に汚らしい乞食(こじき)じゃねーかよ。
>奴隷の名残だかなんだかしらんけど、それは松前じゃなくてアイヌの奴隷階層じゃねーのか?

>それに俺は別に蔑視してるんじゃなくて西洋の人がアジア人や下流階層にたいし抱いたり、
>現代日本の都会人が田舎地方人や育ちの悪い人間や劣悪な家庭で育った不潔でだらしの
>無い人に対してる抱くような当たり前で当然な軽蔑感、”文明人”的な社会常識的な観点から
>見てるのであって、「そんな民族であったなら自然消滅しても不思議ではない」という”現実”が
>そこにあるのであって、これを否定しアイヌ民族自体の責任を無視し、免除するのならそれは
>沖縄の集団パニック症状による自殺を「軍名による自決」などと偽り日本政府に全部責任を
>任せ押し付けするような行為と相違はない。
>アイヌも琉球人のように文明的な営みがあれば民族の名残としての総体や土地が今でも
>残っただろうし、沖縄人同様にマイノリティを感じることも無く言語も残り、アイヌはアイヌらしく
>現代日本人で活として普通に生活していただろうに。

797 :名無しかましてよかですか?:2009/05/19(火) 04:44:47 ID:Kw8Zj32/
>>786
>>そんな雑魚じゃないだろ。裏で動いてんのはw

創価のWikiで、友好・提携組織ってのがあって、

『主な組織 国際連合 - 中国共産党 - 世界子ども慈愛センター - モアハウス大学キング国際チャペル -
ゴルバチョフ財団 - デューイ研究センター 』
『親派・友好者 ミハイル・ゴルバチョフ - ベティ・ウィリアムズ - アンワルル・チョウドリ - アグネス・チャン - 饒宗頤』


などと書いてあるんだが、やっぱりアイヌや沖縄を先住民族にさせようとしている背景には中国とロシアが居るのかな?
俺はアメリカやEUやユダヤが居るのかなと、思っていたけどうも対立構造としてはアメリカやカナダやイギリスと日本
という枠とロシア中国という冷戦構造的な対極つながっていくのかな?
今回日本が中国ロシアのほうに回ったと見ていいの?



798 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/19(火) 14:03:32 ID:iQAkPamR
>>797
NATO・EUが介入したコソヴォ独立は支持してロシアが介入した南オセチア・
アブハジア独立は反対してんだから、現時点での日本政府は親NATO・EU反露。
ちなみに中国は自国の台湾・チベット・ウイグル問題との兼ね合いから、
コソヴォ独立には反対し南オセチア・アブハジア独立も認めていない。
アメリカやロシアならともかく、少なくとも中国がアイヌ・
沖縄で直接介入してくる可能性は低い。

そしてマスコミは勝手に新冷戦新冷戦って煽ってるけど、
俺は冷戦期のような米露二大陣営の時代が再び来るというより、
アメリカ一極支配が弱まって米露中EUないし印伯の多極化時代がくるだけだと思っている。

799 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/19(火) 14:21:08 ID:iQAkPamR
参考までに、ロシアにおけるアイヌ民族運動。

http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/video-archive/?k=2008052802.html

>「アイヌ」を先住民族に―ロシアに初の団体    2008/05/28
>WMP 500K
>「両親の言葉を取り戻したい」と話すナカムラさん=カムチャツカ地方立図書館(津野慶撮影)

 >アイヌ民族としてロシアで初の認定を求めるカムチャツカ地方の団体
>「アイヌ」のアレクセイ・ナカムラ代表(43)が北海道新聞のインタビューに応え、
>「両親が話していたアイヌ語と、民族の伝統を取り戻したい」と述べた。
>同氏が日本の報道機関の取材に応じるのは初めて。民族としての復権を求める背景に、
>日本と旧ソ連・ロシアの間で翻弄(ほんろう)されてきた歴史があった。
>(ペトロパブロフスクカムチャツキーで津野慶)

 >「母はいつも言っていた。私たちはアイヌ民族だよ、と」
>ナカムラさんはサハリンのトマリ(泊居)出身。父ケイゾウさん
>(1978年没)はカムチャツカ生まれのアイヌ民族、母タマーラさん
>(96年没)はサハリンでアイヌ民族の父とロシア人の母の下に生まれた、という。

 >ケイゾウさんの生前、ナカムラさん一家はアイヌ語で会話していた。
>「アットゥシ(服)」「トマリ(湾)」などの単語をナカムラさんも覚えている。
>母タマーラさんはサケやクジラを使ったアイヌ料理でナカムラさんを育てた。
>しかし両親の出生証明書はなく、アイヌ民族であることを示す物的証拠はない。
>旧ソ連は戦後、サハリンや千島列島のアイヌ民族を日本人として扱った。
>ナカムラさんらは、アイヌ民族として生きる道を絶たれた。

 >父ケイゾウさん一族はかつて南千島に住み、日本姓を名乗っていた。
>日本人の入植に押されカムチャツカに移住。その後、
>旧ソ連政府の都市部への転居命令を拒否して31年ごろ、
>日本領だった北千島パラムシル島に脱出した。
(続く)

800 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/19(火) 14:21:53 ID:iQAkPamR
(続き)
>45年に旧ソ連軍が侵攻。一族はサハリンに移住させられ、
>ケイゾウさんはタマーラさんと結婚、ナカムラさんが生まれた。しかし68年、
>「仕事上の失敗」を理由に、カムチャツカに送還される。
>送還先には、他の民族もいた。かつて旧ソ連が進めていた、
>ロシア民族への同化政策の一環、との見方もある。

 >団体「アイヌ」会員4家族のうち、ナカムラさんと同様、日本姓を持つ
>「スズキ」一家は千島出身。残る2家族はロシア姓で戦前からカムチャツカに住んでいたといい、
>複雑な背景をうかがわせる。
>現在、ロシアがカムチャツカの先住民族として認めているのはコリャク、
>イテリメンなど6民族。アイヌ民族は含まれていない。

 >しかし、地元博物館は先住民族としてパネルで紹介している。図書館は、
>北千島マツワ島の「アイヌ湾」で使われていた石臼を展示している。
>ナカムラさんは「石臼はアイヌ民族が使っていたもの。唯一の物的証拠です」と話す。
>ナカムラさんは2002年、人口調査で民族欄に初めて「アイヌ」と書いたが、
>「国の登録項目にアイヌ民族はない」と却下された。その時、民族の権利回復を決意した。

 >今春、活動を知った北海道のアイヌ民族から交流の打診があった。
>モスクワの研究者から、アイヌ語復興への協力も取り付けた。
>「同じ地方で暮らすカムチャダル民族は、先住民族として認定されるまで10年以上かかった。
>何年かかってもやりますよ」

801 :名無しかましてよかですか?:2009/05/19(火) 16:32:02 ID:EP8jQ0to
>>798-800
なるほど、つまりアイヌ沖縄には実にアメリカの戦略らしい意図が関与しているわけだ。
そしてその間にゆれる日本・・・。
日本は北方領土問題を抱えているが、ロシアともこのあたりは融和的に解決してくべきだろうし
アイヌ問題に関してもアメリカを出し抜いてロシアとほぼ2国間での解決も十分よいかもしれん。(できるわけないが)

>そしてマスコミは勝手に新冷戦新冷戦って煽ってるけど、
>俺は冷戦期のような米露二大陣営の時代が再び来るというより、
>アメリカ一極支配が弱まって米露中EUないし印伯の多極化時代がくるだけだと思っている。

まあ、そこはいろいろ異論があるでしょうね。
しかし、ロシアと中国の復活はある意味で新しい冷戦構造といえるのでは?
まあおっしゃるとおり、もうあからさまな2極構造はないでしょうけど。

802 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/19(火) 18:44:31 ID:iQAkPamR
>>801
アメリカというか、アイヌ・
沖縄がどこと関わっているかってこと自体が憶測の域を出ていないし、
アイヌ側からすれば自分達こそ日露間でずっと揺らされてきたことだろう。

逆に第二次大戦中のソ連のように、スターリンが朝鮮人やチェチェン・
イングーシ人などに「日本やドイツと内通している」との疑いを掛け、
中央アジアなどに強制移住させたという、
猜疑心の方が先走って濡れ衣をかぶせてしまった例もある。

803 :名無しかましてよかですか?:2009/05/19(火) 23:29:54 ID:VYxuTdfC
>>スターリンが朝鮮人やチェチェン・イングーシ人などに「日本やドイツと内通している」
>>との疑いを掛け、中央アジアなどに強制移住させたという

高麗人か。

804 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/19(火) 23:31:14 ID:iQAkPamR
>>803
そう。

805 :名無しかましてよかですか?:2009/05/20(水) 03:09:08 ID:Gl4dkvmz
>>802
>>アメリカというか、アイヌ・
>>沖縄がどこと関わっているかってこと自体が憶測の域を出ていないし、
>>アイヌ側からすれば自分達こそ日露間でずっと揺らされてきたことだろう。


つまり、アメリカやロシアにかかわらずアイヌ沖縄の人々自身の自決の行動、また
はその協力者である日本人などの願望であると?

806 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/20(水) 03:43:19 ID:Bn95C+bd
>>805
民族問題を語る上では、
当事者である民族側の視点というのは一番見落とされてはならない。

807 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/20(水) 17:26:20 ID:Bn95C+bd
回帰によればダライ・ラマ14世は中国中心主義になるらしい。その理屈で行けば、
高度な自治であれば日本の北海道支配を受け入れるアイヌ協会は日本中心主義という事になるな。
そして長文連投でガーッと煽りきっといて、ちょっと突っ込まれるとすぐ言い訳して引っ込み、
気を許すとまた付け上がるのが回帰の常套手段。騙されるな。>>661>>690>>794

フリーチベット! の今
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1240408584/83n

>83 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/20(水) 14:51:47 ID:Gl4dkvmz
>>80
>高度な自治であれば中国のチベット支配を認めるって
>要するにただの中国中心主義じゃねーかよボケ

なんでネトウヨはアイヌ・琉球の分離独立を支援しないの?2
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1239837812/407n

>407 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/20(水) 00:03:12 ID:9obfluad
>>子供の言い逃れレベルの発言ですな、とても大人の発言とは思えないね。
>ゴーマニズム宣言読むような大人だからね。
>同僚はゴーセン引いてたがw
>「お前こんなの好きなのか?w」って言われたことあるよ。
>>成る程、この点は認めると言う事ですか?
>ネトウヨであることは認めるよ。
>>これは所謂、相手の言動を恥ずかしく思い軽蔑するのとは訳が違う理由である。
>>自分自身の努力ではどうにも出来ない「民族差別」と言うレベルの理由で、
>>あんたはアイヌ民族を蔑視していると自ら説明したんだよ。
>ぐぬぬ・・・・
>いやいや、俺は「相手の言動を恥ずかしく思い軽蔑する」のとおなじ同義でそれを用いたのだ!
>アイヌ社会全体の生活水準がまるで乞食のような悲惨な貧困状況にあったということを訴えた
>までで決してそこに軽蔑という差別意味など含まれてはいない!

808 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/20(水) 17:27:30 ID:Bn95C+bd
今度はアイヌ問題てwww 小林終わってるな
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1225431666/505n

>505 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/19(火) 01:15:12 ID:Kw8Zj32/
>>504
>おれが差別主義者かって?
>なわけねーだろ。
>むしろ差別が嫌いな人だよ。

>そのスレちょっと訳あって、話は長くなるが悪役というか、スレタイが「ネトウヨはアイヌを」って
>スレなのでおれが真面目にこの問題についてレスしてたら「スレ潰すきか」とか言われちゃってさ、
>嵐認定されたもんだからいったんそのスレから消えようかと思ったんだけど差別主義者の右翼でも
>演じればスレに居させてもらえるかなって。
>まあ、結果あんま手ごたえ無いけど。

>そこのDOFとかいうバカが俺の出没する、5つぐらいのスレッドにやたらかまわず
>そのコピペ投下してるけど、ほんとどっちが異常者なんだか・・・・。
>どうか真に受けないでほしい。

809 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/21(木) 00:42:38 ID:gBei77dR
>>807
お前はホントにバカだなあw

810 :名無しかましてよかですか?:2009/05/21(木) 09:23:32 ID:hvwhsVIS
チベットは既に独立国。国内は至って平和に統治できていた。
中国の介入保護など全く必要なかった。

アイヌは内紛続きでそもそも自力で国を形成するような状態じゃなかった。


811 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/21(木) 15:22:44 ID:lryec0eH
>>810
×チベットは既に独立国
○チベットはかつて独立国だった

812 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/21(木) 15:46:49 ID:Dr7W8m+R
アイヌを認めれば、それは蝦夷やクマソ隼人などと大和を異民族として根から分離できるようになる

大和という中国渡来人系による現地民支配という事になる

813 :元素ナショナリスト ◆dyR0FSWcKc :2009/05/21(木) 16:44:37 ID:TCUO5NNJ
完全同化されてるから分離独立は有り得ないよ。
アイヌの行事も本土のそれと等しく同化してってるって描いてないか?
ご先祖さんがアイヌでしたっていう話。

814 :名無しかましてよかですか?:2009/05/21(木) 17:06:30 ID:MHS/cKMf
>>812
われわれは蝦夷やクマソ隼人の末裔である

と主張している民族グループがいるならね。

815 :名無しかましてよかですか?:2009/05/21(木) 17:52:49 ID:5NyRoMvv
まあ、熊襲や隼人は近代までアイデンティティを持った集団が続かなかったからね

816 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/22(金) 01:34:18 ID:sraa4HkS
本日の回帰さんの爆笑発言
「お前らにアイヌの何が分かるんだよ?」
「お前らは右翼とおんなじで人間的な良心がまるで感じられない」
「結局大和民族=本土人って言う迷信が根付いてるから大和民族理念も理解されずらいんだとおもう」

今度はアイヌ問題てwww 小林終わってるな
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1225431666/595n

>595 名前:日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE 投稿日:2009/05/22(金) 01:18:03 ID:xQ3/WkKQ
>俺の文章を無意味だとか非論理的だとかブログだとか何とか言ってるやつも居るけど、じゃあお前らに
>アイヌの何が分かるんだよ?お前らは右翼とおんなじで人間的な良心がまるで感じられない。
>右翼や中国同様冷酷だし、結局自分らの論理や秩序、イデオロギーのため。

>>586
>結局大和民族=本土人って言う迷信が根付いてるから大和民族理念も
>理解されずらいんだとおもう。

>あと、中国とその少数民族やチベットの関係と、日本とアイヌや沖縄の関係とはまるで違う。
>中国で一番近いのは満州人と漢人の関係であると思うが、だが満州人は漢人と
>同じ民族を根にもってないし、この時点でアイヌと和人はもっと密接であるから
>中国で言うならなんだろ・・・回族とかになるのかな?

817 :名無しかましてよかですか?:2009/05/22(金) 01:54:13 ID:xQ3/WkKQ
>>813
たしかに、もうみんな同化しててアイヌ系日本人しかいないとは書いてはありましたが・・・。

>>814>>815
確かにアイヌの名残はまだ完全には消えてしまったわけではないけど
しかし、じゃあゴーセンは間違えでやっぱりアイヌの先住民族化が正しいのか?
今日のアイヌ沖縄活動を見ると、熊襲隼人を平定したあとに熊襲隼人の子孫が
暴動みたいなのを起こすが、まるでどこかそれを見ているようだ。

818 :名無しかましてよかですか?:2009/05/22(金) 12:10:53 ID:a+GguKzY
「現在アイヌ民族は存在しない」はわかるが
「元からアイヌ民族は存在しなかった」はありえんよなあ
そもそも民族なんぞ存在しない、って立場ならともかくな

819 :名無しかましてよかですか?:2009/05/22(金) 12:57:31 ID:bL8Z6TRJ
すくなくとも、民族という言葉が発明されるより近代以前には「アイヌ民族」はいなかっただろ。

820 :名無しかましてよかですか?:2009/05/22(金) 12:58:47 ID:bL8Z6TRJ
(訂正)すくなくとも、民族という言葉が発明される近代以前には「アイヌ民族」はいなかっただろ。

821 :名無しかましてよかですか?:2009/05/22(金) 13:29:13 ID:Nxd85zTx
「先住民」はいただろ。

822 :名無しかましてよかですか?:2009/05/22(金) 14:54:59 ID:TlW7Ph9e
>>821
じゃあアイヌを先住民と十分に呼べるのか?

823 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/22(金) 15:06:50 ID:sraa4HkS
>>822
十分に呼べるだろ。和人より昔から北海道に住んできたんだから。

824 :元素ナショナリスト ◆dyR0FSWcKc :2009/05/22(金) 15:18:31 ID:l25zrOlL
そもそもアイヌを規定するのには文化なのか血液なのかによる。

825 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/22(金) 16:31:10 ID:sraa4HkS
北海道及びアイヌ協会のアイヌの定義。

http://www.ainu-assn.or.jp/about03.html

>道は、地域社会でアイヌの血を受け継いでいると思われる人、また、婚姻・
>養子縁組等によりそれらの方と同一の生計を営んでいる人と定義し、
>自らが表明する人のみを調査対象とした。

826 :名無しかましてよかですか?:2009/05/22(金) 17:41:39 ID:TlW7Ph9e
>>820
そう。
アイヌ人、蝦夷人と和人によって認識されてはいたがアイヌ民族という
認識はされていなかった。
明治に西洋より民俗学が伝来すると、琉球とアイヌは民俗と定義された。
この民俗とは、もっぱら日本という国、領土の中における規定で民族として
は同一であるという意味合いがおそらく強い。
つまり日本列島という統一視点でのその中での民俗の派生という分野だろう。

>>823
そう言い切れるのか?
和人の定義は?
>>824
現状じゃもはや文化でのアイヌ民族は規定しずらいからな。
血とかアイデンティティで民族化したのち、そうした文化民俗体を
復元しようって魂胆だろう。


827 :名無しかましてよかですか?:2009/05/22(金) 17:46:24 ID:TlW7Ph9e
>アイヌ人、蝦夷人と和人によって認識されてはいたがアイヌ民族という
>認識はされていなかった。

言い忘れたが、それはアイヌ(蝦夷ヶ島)がすでに和人(幕府、松前)の
支配下にあったという要素も強い。

828 :元素ナショナリスト ◆dyR0FSWcKc :2009/05/22(金) 17:56:16 ID:l25zrOlL
>>826
民俗ってのはフォークロアね。
しかし民族をドイツ語にするとフォルクスとなるからややこしい。
無論英語で民族はナショナル(ただ、民族はピープルから訳されてもいるけど)。

ドイツ語と英語は同じゲルマン語系と言われる様だが、英語の方がフランス語の影響を強く受け過ぎていて、逆にドイツ語はラテン語系の悉くを自分達の言葉に置き換えたから、全く別言語になってしまった。

829 :名無しかましてよかですか?:2009/05/22(金) 18:12:42 ID:TlW7Ph9e
>>828
じゃあ、ドイツ語と英語より琉球語と日本語のほうが離れてるってあれは嘘だな。

830 :元素ナショナリスト ◆dyR0FSWcKc :2009/05/22(金) 18:26:23 ID:l25zrOlL
>>829
いや別に離れてる離れてない関係なく、イギリス人だってドイツ語学ぶのに容易じゃないのと同じだよ。
逆もまた然り。
況んや英語とフランス語の関係をや。

結局沖縄の人間だって標準語学ぶのはテレビや新聞からなんだし。

831 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/22(金) 21:02:55 ID:sraa4HkS
回帰、このスレではHN伏せるのか?
>>822>>826>>827>>829

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1225431666/656n

>656 名前:日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE 投稿日:2009/05/22(金) 21:01:21 ID:TlW7Ph9e
>>654
>>日本語の助詞に当たる部分がハングルに置き換わっている程度だった。

>それは日本が朝鮮語変えたって事?
>それとも、もともとほぼ漢語だから文法も似たって事?

832 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/23(土) 00:43:26 ID:fwKkKskk
>>831
うるせーバカ


共和思想に対抗するには匿名しかない

833 :大和民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/05/23(土) 07:56:09 ID:umGfq+lK
つーかおれもうこの板ではコテやめる。
このコテはゴーセン板以外でやる。
あと書き込みも踏み込んだものは避けて適当に傍観し返事することにするわ。
あとは今後の小林先生の今後のゴー宣に期待したい。
じゃあね、DOFノシ

834 :名無しかましてよかですか?:2009/05/23(土) 22:06:43 ID:OUi8ESse
頭のおかしな人には気をつけましょう

利用者が増えるに従って、頭のおかしな人もそれなりに出没するようになって来ています。
頭のおかしな人に関わるとなにかと面倒なことが起こる可能性があるので、注意しましょう。


頭のおかしな人の判定基準

・「みんなの意見」「他の人もそう思ってる」など、自分の意見なのに他人もそう思ってると力説する人
 他人が自分とは違うという事実が受け入れられない人です。自分の意見が通らないとコピペや荒らしなど
 無茶をし始めるので見かけたら放置してください。

・根拠もなく、他人を見下したり、差別したりする人、自分で自分を褒める人
 他人を見下すことで自分を慰めようとする人です。実生活で他人に褒めてもらう機会がないが
 プライドだけは高いとか、匿名の掲示板しか話し相手のいない人です。可哀想なので放置してください。

・自分の感情だけ書く人
「〜〜がムカツク」とか自分の感情を掲示板に書くことに意味があると思っている人です。
何がどのようにムカツクのか論理的に書いてあれば、他人が読んでも意味のある文章になりますが、
そういった論理的思考の出来ない人です。もうちょっと賢くなるまでは放置してあげてください。

835 :名無しかましてよかですか?:2009/05/24(日) 00:18:31 ID:VQUV1hue
幼くて、まだ物心もつかぬとき、私は女活仏に祭りあげられ、人民をだまし、
搾取する道具につかわれました。一九五一年のチベット平和解放ののち、五五
年に北京に行き、毛主席にお目にかかりました。五九年のダライ・ラマの反乱
のとき、ダライ・ラマによってインドに拉致されました。偉大な祖国を思い、
家族も恋しく、インドにある中国の領事館をさがして北京にかえり、毛主席、
周総理に接見しました。いま、チベット自治区政治協商会議の副主席になり、
結婚もし、子供も三人、幸せに暮しています

836 :名無しかましてよかですか?:2009/05/24(日) 00:23:50 ID:YYwbBA72
>>834
それは小林よしのりも入るのか?



837 :名無しかましてよかですか?:2009/05/24(日) 06:27:33 ID:dhnaxzPK
>>836
小林よしのりは議論の対象だから入らんと思う。

838 :名無しかましてよかですか?:2009/05/24(日) 16:59:48 ID:yKtg0cRA
近頃、週間ポストに連載されている井沢元彦の「逆説の日本史」を最近読んで
そういえばと思い出すのだが、小林も「渡り党」「唐子」「日ノ本」について触れていたよな。
日ノ本に関しては、井沢いわくもともとは東北にいた部族が和人の侵攻により
北海道に逃げたものであるらしいが、何でもこの「渡り党」にかんしてはどうもそうとは言えず
津軽安東氏が書き残したという諏訪大明神絵詞によれば「体毛は多いが我々とよく似ており
かろうじて言葉も通じる」と言う風に記録されている。
また、そこに記録されたこの渡り党の風俗は、いわゆるアイヌ民族を示したものだそうだが
これって、いわゆるアイヌが沖縄同様に確実に和人系であり、先住民の異民族であったと言う
その根幹が揺るぎやしないか?

「渡り党」「唐子」「日ノ本」、小林も何気なく描いてたこの点は意外に見過ごされがちだが
結構重要な要点なのかも知れんな。

839 :S.C.為作 ◆S.C.T/lLWs :2009/05/26(火) 13:35:00 ID:Qz4CDsFH
諏訪大明神絵詞で「われわれとよく似ており」と言った安東氏自体が自身の祖先を蝦夷ってことにしているからなあ

840 :名無しかましてよかですか?:2009/05/27(水) 00:26:54 ID:YLMhiLdM
>>839
蝦夷じゃないのか?

841 :名無しかましてよかですか?:2009/05/27(水) 00:54:26 ID:YLMhiLdM
ちょっと聞くが、小林はウィグルについては詳しくやったの?

842 :S.C.為作 ◆S.C.T/lLWs :2009/05/27(水) 10:30:54 ID:48wLID/M
>>840
安東氏が蝦夷なら自分と何処か似た雰囲気を感じるのは自然なことかなあと

843 :名無しかましてよかですか?:2009/05/27(水) 14:53:52 ID:YLMhiLdM
>>840
雰囲気だけならいいが、言葉も通じるからな〜渡党は。

844 :元祖ナショナリスト ◆moBilE8PGM :2009/05/28(木) 18:28:15 ID:y5OsHObB
毛深い渡党こそが和人化した蝦夷って事だろう。
そこを確認した上で描いたのかも。

国境じゃなくて渡党がいわゆる蝦夷のグレーゾーン。

845 :元祖ナショナリスト ◆moBilE8PGM :2009/05/28(木) 18:35:21 ID:y5OsHObB
言い忘れたが、蝦夷地の交易の風景を描いた絵巻には、アイヌと共に和服を着たお奉行さんが描かれていたが、そのお奉行さんの髭の剃り跡が青々としていたな。

もしや蝦夷地の和人てのは和服こそ着てもかつては蝦夷もしくはアイヌだったのかも知れない。

846 :名無しかましてよかですか?:2009/05/28(木) 19:27:59 ID:3IVartGj
たんなる髭の濃い和人武士。

847 :名無しかましてよかですか?:2009/05/28(木) 21:03:11 ID:lahMlj10
>お奉行さんの髭の剃り跡が青々としていたな。
>蝦夷もしくはアイヌだったのかも知れない。

じゃあ沖縄人は元アイヌだろうな。

848 :元祖ナショナリスト ◆moBilE8PGM :2009/05/29(金) 01:10:39 ID:E3sZufrR
アイヌ=毛深い
でも、
毛深い=アイヌ
じゃないのは当然だもんな。

ジョイマンやワッキーやゴルゴ松本は毛深いけどアイヌじゃない。

849 :名無しかましてよかですか?:2009/05/29(金) 04:36:27 ID:QF7jU4Bp
>>844>>845
北海道には館(たて)と呼ばれる古墳のような陣営地が築かれてる。(事実上の国境ともいえるだろうか。)
面白いことに中国の銭が多量にあることから中国と貿易していたのだろう。
おそらく日ノ本や唐子に対して不平等な搾取でもしていたんだろうか?
いずれにせよ渡党は和人に荷担する裏切り者か?あるいは日ノ本と和人が混ざったのが渡党か?
ということは日ノ本がアイヌの前身か?
アイヌ人とは日ノ本と唐子の交じり合った民族か?
いずれにせよ700年〜1400年までの間の関東蝦夷や北海道の情勢というのをもっと考える必要がある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E5%8D%97%E5%8D%81%E4%BA%8C%E9%A4%A8
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%97%E8%8B%94%E9%A4%A8
http://shiro39.hp.infoseek.co.jp/hokaidou/shinoridate/shinoridate.htm
http://www.frpac.or.jp/kodomo/flash/hito/rekishi/image/rekishi_1.jpg

オマケ
http://blogs.yahoo.co.jp/koichi_cojp/11340605.html

このティーカップのアイコンの人といい、どこかインテリで自分の考えに自信が有り
考えが固まってる人ほど小林よしのりのような主張に対して異常なまでの反感を示すが。

850 :名無しかましてよかですか?:2009/05/29(金) 07:40:45 ID:4o3nly0O
いや〜しかし、ネットで調べるだけでも出てくるわ出てくるわ。
こんなにネタがあるんだし、小林は沖縄論同様に蝦夷・アイヌ論を書くべきだろうね。
北海道での過去の事件や民族活動など、ことざらにかいてさ・・・・。
ここまで現実的な脅威として存在していながらもぜんぜん脚光を浴びないで騒がれて
無いという民族ネタは無いぞw(いま騒がれてるかも知れんけどw)
いや、わずかにいろんな人の影響は与えていたのだろうけど、これほど忘れ去られた
民族がこの国に居たのかと思うとほんと泣けてくるw
あるいみで沖縄の左翼よりも質が悪いのに、沖縄の民族しかこの日本では知名度が無いなんてwもうねw
これはもはや封殺とか弾圧とか民族差別どころじゃない、忘却の域にあるだろうアイヌはw

851 :名無しかましてよかですか?:2009/05/29(金) 07:48:06 ID:4o3nly0O
とりあえず元祖ナショナリストさんやいろいろリンクくれた>>849氏にはれいを言うよ。

渡党や蝦夷史はかなり面白いな、それに北海道の江別市にも
古墳らしい物がすでに9世紀にはあったなんて、もっと事細かに調査するべきだろうね。

852 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/29(金) 08:23:18 ID:W3dE7zPf
まぁ、今アイヌを語っているのは左右問わず俺も含めてごく一部の限られた層だろうね…。
俺はアイヌ・沖縄に限らずギリヤーク人、ウィルタ、小笠原諸島、マタギ、
カクレキリシタン、日蓮宗不受不施派など、もっと多様な日本像が見直されてもいいとは思うけど。

853 :名無しかましてよかですか?:2009/05/29(金) 09:45:17 ID:Etvx6jiZ
>>852
隠れキリシタンは、日本人がいかにデウス信仰に傾倒してたかが分かる。
あと、長崎などあっちは非常にキリスト教風土だ。
NHK−BSで日本各地の風土をタレントや歌手、俳優が回る番組があるが
九州の島での教会とか、新潟の沖あいの島にある洞窟とかで密教があったり
非常に新鮮だった。

854 :名無しかましてよかですか?:2009/05/30(土) 03:48:31 ID:OnzOGqcj
小林、この問題もっと突っ込めよ。
ウタリ連中やその協力者の好きにさせるな。
おまえの声はきちんと届いてるぞ!

855 :名無しかましてよかですか?:2009/05/30(土) 06:35:02 ID:Q3MWaLR9
http://hoppojournal.kitaguni.tv/e631990.html

856 :名無しかましてよかですか?:2009/05/30(土) 07:56:18 ID:o0GG7Hr8
結局、「アイヌ民族」の定義は出来ないってことでおk?

857 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/30(土) 08:02:32 ID:cdVomkyt
>>856
北海道及びアイヌ協会のアイヌ民族の定義は以下の通り。

http://www.ainu-assn.or.jp/about03.html

>道は、地域社会でアイヌの血を受け継いでいると思われる人、また、婚姻・
>養子縁組等によりそれらの方と同一の生計を営んでいる人と定義し、
>自らが表明する人のみを調査対象とした。

858 :名無しかましてよかですか?:2009/05/30(土) 08:48:13 ID:VFH+nizX
>>856
おk

>>857
アイヌ子孫の民族の再結成は認めるべきでない。

859 :名無しかましてよかですか?:2009/05/30(土) 09:19:31 ID:Ih94VFrf
>>858
再結成もなにも、アイヌの家系は途切れてないし、
アイヌのコミュニティは昔から道内各地に今でもあるし。

860 :名無しかましてよかですか?:2009/05/30(土) 09:28:14 ID:w+4l2HgU
「アイヌ利権」など許すべきではない!

861 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/30(土) 10:15:39 ID:cdVomkyt
民族の再結成っていうのは、
古代ウイグルと歴史的に連続性の無い1921年のウイグル族”結成”みたいなのを言うんだろ。
アイヌは前近代の蝦夷(えぞ)から連続している。

862 :名無しかましてよかですか?:2009/05/30(土) 10:52:40 ID:o0GG7Hr8
アイヌ協会の定義は悲惨だな。
小林に論破されてもまだあんなこと言ってんのか。

863 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/30(土) 10:54:32 ID:cdVomkyt
>>862
>小林に論破されても

いつ論破された?

864 :名無しかましてよかですか?:2009/05/30(土) 17:16:42 ID:vieE0vXd
アイヌ差別を訴える奴には、ウィルタ・ニヴフを出せば一発で黙るぞ

865 :元祖ナショナリスト ◆moBilE8PGM :2009/05/30(土) 18:05:55 ID:Ij5CiBUf
単純にアイヌは先住民か否かだろ?

アイヌは先住民でもなければ、民族を形成したこともない。

先住民云々の法案が可決されてしまったけど、それまでの政府答弁てか見解では先住民ではなく「少数民族」の扱いだったけど、その立場って考えて見りゃ間違ってなかったのかもな。

今回通した政治家は己れの無知をさらけ出してしまったのだ。

866 :名無しかましてよかですか?:2009/05/30(土) 18:38:24 ID:o0GG7Hr8
>>863
撃論よんでないのか

867 :名無しかましてよかですか?:2009/05/30(土) 19:20:50 ID:VGX2PQz7
>>866
あれが反論・論破だと信じているのは高卒。

868 :名無しかましてよかですか?:2009/05/30(土) 19:31:08 ID:o0GG7Hr8
小林は大卒だが、君は中卒か?

869 :名無しかましてよかですか?:2009/05/30(土) 21:54:21 ID:vK5BC3Cr
>>859
なら再結成じゃなくてアイヌ民族の確立だな。

870 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/30(土) 23:00:16 ID:cdVomkyt
>>865
>アイヌは先住民でもなければ、民族を形成したこともない。

日本語とアイヌ語の固有数詞の1〜10。

日本語…hi(pi)、fu(pu)、mi、yo、i、mu、na、ya、ko、to

アイヌ語…sine、tu、re、ine、asikne、iwan、arwan、tupesan、sinepesan、
wan

基礎語彙が一致しない日本語とアイヌ語は完全に別の言語であり、
アイヌは和人とは別系統の民族といえる。
さあ、早く日本語とアイヌ語の共通祖語を再構築してみせろ。

>先住民云々の法案が可決されてしまったけど、それまでの政府答弁てか見解では先住民ではなく
>「少数民族」の扱いだったけど、その立場って考えて見りゃ間違ってなかったのかもな。

これまでの政府見解では「旧土人」の扱い。
アイヌの存在自体を認めてこなかった。

>今回通した政治家は己れの無知をさらけ出してしまったのだ。

それではこの国の政治家より豊富な君の知識とやらを披露してもらおうか。

871 :名無しかましてよかですか?:2009/05/30(土) 23:58:34 ID:vK5BC3Cr
小林は早くウタリ共闘会潰してくれよ

872 :名無しかましてよかですか?:2009/05/31(日) 00:48:59 ID:2jBc49wy
>>871
小林とて慈善事業じゃないんだから
飯のタネにならんとやらないだろ。
今は天皇論とパチンコな。

873 :元祖ナショナリスト ◆moBilE8PGM :2009/05/31(日) 01:38:46 ID:IO2aRrM0
>>870
フェイト君は誰かとごっちゃにしてないか?

数詞っつったって、いち、にい、さん、しい、ごお、ろく、しち、はち、きゅう、じゅう、って言い方もあるんだし。

この言い方も日本独自。
漢音が元になってるが、この音は日本でしか通用しない。
ひふみよりもこちらが一般的。

日本という国を作るに当たって、漢語を話す漢人や倭語を話す倭人とが協力して来たんだから、言葉に先住性を持たせても意味がない。

874 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/05/31(日) 02:30:52 ID:/WWkeYGC
>>872
書くだけ書いといて逃げただけとの見方もある。

>>873
>数詞っつったって、いち、にい、さん、しい、ごお、ろく、しち、はち、きゅう、じゅう、って言い方もあるんだし。

>この言い方も日本独自。
>漢音が元になってるが、この音は日本でしか通用しない。

詭弁。南朝や唐代の中国語が日本で訛っただけで、日本独自ではない。

>ひふみよりもこちらが一般的。

一般的なだけで借用語であり高級語彙。
ひふみの方こそ固有語であり基礎語彙。

875 :名無しかましてよかですか?:2009/05/31(日) 04:51:22 ID:uCuwate4
>>書くだけ書いといて逃げただけとの見方もある。
もともと乗り気じゃなかっ、小林自身アイヌになんて興味無かったんだろ。
沖縄しか。

876 :名無しかましてよかですか?:2009/05/31(日) 10:58:38 ID:rCIeo5YO
逃げたって、アイヌ協会も抗議してないのにどうやってにげんの?
北海道のなんとかいうオネーチャン議員からは唯一抗議が来たみたいだけど(弁護士つきw)わしズムで反論済みだし
どっちが逃げてるかは明らかかと。

877 :サンタ:2009/05/31(日) 14:14:59 ID:LS96N/Z8
>>874
だろうね。
アイヌ語と日本語は似ても似つかない。

878 :名無しかましてよかですか?:2009/05/31(日) 17:48:51 ID:uCuwate4
言葉か・・・
朝鮮併合時に向こうで生まれた日本人は朝鮮語を話していて日本語は下手であったという。
戦後引き上げで日本語がしゃべれず苦労したそうだが歳をとっても
朝鮮語は多少覚えていたという。
こないだNHKで中国から帰還したひとを題材にしたドラマがあったが、言葉が
しゃべれなければ意味が無いからな。
朝鮮も内地化、日本人化すれば今の北海道やアイヌのようになっていたんだろうな。
沖縄とはちがい、明確に言語に違いがあるアイヌは在日とどこか気持ちが通じるのかもしれないな。

879 :名無しかましてよかですか?:2009/05/31(日) 17:50:15 ID:uCuwate4
こないだNHKで中国から帰還したひとを題材にしたドラマがあったが、言葉が
しゃべれなければ意味が無いからな。
                      ↓
こないだNHKで中国から帰還したひとを題材にしたドラマがあったが、いくら
日本人でも言葉がしゃべれなければ意味が無いからな。

880 :名無しかましてよかですか?:2009/05/31(日) 21:25:57 ID:uCuwate4
>>861
いや違う、同じだね同じ。
連続性うんぬんは関係ない、そんなの言葉のあやでしかない。
形はどうあれ再結成には違いない。
へりくつというか、ほんとに君らは会話のまわし方がうまいね。
そうやって頭の弱い人らはみんなそうした会話術に騙されてく。

アイヌが一度途絶えてるということを、いや途絶えてるという表現に
違和感を感じたんだろうけど君は、アイヌが一度日本に完全に同化され
文化面ではなくアイデンティティや存在面で一度途絶えたという事を認められないか?
じゃあそのままの幕末のアイヌ民族の状態をなるべく保ちながらで続いてきましたか?
してないでしょ?

しかし、そんな事はどうでもいいことだとは思わんかね?
途絶えようが途絶えまいが、民俗文化や歴史や言葉や子孫や
その権利が、そしてアイデンティティが残ってたり、あるいは蘇ったりするかどうかじゃないか?
そうした物がある限り民族は不滅だよ、何度でも蘇れる。
日本がたとえ他の国に吸収されても完全に民族が復元不可能にならないかぎり生きてる。
あとは途絶えた期間が長いかどうかで、蝦夷や熊襲や隼人も民族文化や言語が残ってれば
民族再生、再生成も問題なくできることなんだよ。

ウィグル族、ユダヤ、そして今のアイヌの違いはただの民族の状態がどう残っているかでしかない。
ウィグル族が人工的な新興的な民族結成、つまり再結成ではなくむしろ新結成というべきではないか?

881 :名無しかましてよかですか?:2009/05/31(日) 21:28:59 ID:uCuwate4
ウィグル族、ユダヤ、そして今のアイヌの違いはただの民族の状態がどう残っているかでしかない。
ウィグル族が人工的な新興的な民族結成、つまり再結成ではなくむしろ新結成というべきではないか?
                             ↓
ウィグル族、ユダヤ、そして今のアイヌの違いはただの民族の状態がどう残っているかでしかない。
ただ、そうした場合ウィグル族の場合は再結成とは呼べない。
ウィグル族は人工的な新興的な民族の結成、つまり再結成ではなくむしろ新結成というべきではないか?

882 :名無しかましてよかですか?:2009/06/01(月) 03:33:46 ID:T1YHVrYm
>>864
kwsk

883 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/06/01(月) 06:08:48 ID:NmeDSFPv
ウィルタはツングース系民族、ギリヤーク人(ニヴフ、ニヴン)は民族系統不明。

884 :名無しかましてよかですか?:2009/06/01(月) 06:23:52 ID:T1YHVrYm
しかし、小林も無知というか、中途半端だな〜。
「アイヌ民族なんかどこにも居ない」って、当然じゃないかwアイヌを併合して何年たつと思ってるんだよw
あの当時の「まんま」で民族が居るわけないでしょうよw
現代には現代に風化した、日本化した「アイヌ民族」が居るわけでインディアンだって同じだろうよw
沖縄はどうなってんのかしらねーけど、アイヌは「アイヌ系日本人」という形で民族として存続してるし、遅かっ
たとはいえ国会でのあの決議は日本政府にしては評価のできる決定だった。

小林はいくら天皇論でそれどころではないとはいえ、ちょっと中途半端すぎというか
言うだけ言って投げ出してやめちゃったけど、(なんでやめちゃったんだ)これから
やるのかもしれないけど沖縄同様に深いテーマだと思う。

885 :名無しかましてよかですか?:2009/06/01(月) 06:26:02 ID:T1YHVrYm
>>883
樺太を上から上部にギリヤーク、中断にニヴフ、下段にアイヌだっけ?

886 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/06/01(月) 07:36:27 ID:NmeDSFPv
>>885
そう。そしてギリヤーク人は北樺太とアムール河口にまたがって住んでいて、
ギリヤーク語アムール方言で「人」を意味する単語が「ニヴフ」で、
樺太方言で「人」を意味する単語が「ニヴン」もしくは「ニグヴン」。

http://sakhalin.daa.jp/essay3.htm
ニヴフ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%B4%E3%83%95

887 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/06/01(月) 07:40:59 ID:NmeDSFPv
訂正。樺太では北部にギリヤーク人(ニヴン)、中部にウィルタ、
南部にアイヌだったな。

888 :元祖ナショナリスト ◆moBilE8PGM :2009/06/01(月) 17:23:13 ID:tX1z5lq2
>>884
投げ出してないだろ。
引き続き撃論で民族論を展開してたろ。その場合は佐藤マサルを相手にしてたけど。

相手の反応次第でアイヌ論スペシャルを描くっつったんだから。
その相手であるウタリが無視決め込んだんだからそのまんまになってるだけ。
ウタリは無視してるけど、そのケツ持ちであるマサルやムネオほか大地副代表の多原が反論して来たからどうなるかは分からんけど。

889 :元祖ナショナリスト ◆moBilE8PGM :2009/06/01(月) 17:26:16 ID:tX1z5lq2
>>882
一応ウィキに書かれてるな。
それでも情報不足だから図書館行かないと駄目だな。
不思議な事に図書館はアイヌ関連の本が沢山置いてある。

890 :名無しかましてよかですか?:2009/06/01(月) 23:09:39 ID:SW5PIJG+
>>880
まったく横だけど
>アイヌが一度日本に完全に同化され
>文化面ではなくアイデンティティや存在面で一度途絶えた
ことを
>しかし、そんな事はどうでもいいことだとは思わんかね?
と、同化した側が言ってしまう無神経さが、火に油を注ぐことになってるんじゃないかね?
たとえ一面の真実であって、アイヌ自身もそれを自覚していたとしても
お前が言うなと感情的に反発したくなる気がするわ。

891 :名無しかましてよかですか?:2009/06/02(火) 00:51:57 ID:yBdWAuZU
>>890

琉球人と言われちゃってる俺からすると、
したり顔で語る連中が一番ウザイと思うがね。

ほっとけ!

892 :名無しかましてよかですか?:2009/06/02(火) 05:29:15 ID:cYKSzD32
500 名前: おさかなくわえた名無しさん 投稿日: 2009/05/31(日) 10:24:46 ID:pbySHasm
以前、ようつべでイタリアの人権派っぽい取材陣が
アイヌを人権差別ありきで取材に来たが結果的に
全くそんなことが無く拍子抜けしてアイヌの人と
居酒屋で酒飲んでる映像があったな
本音を聞きたかったのかもしれんが
本当に差別があったら大喜びして報道していただろう

516 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2009/05/31(日) 13:42:48 ID:O+e64rJp
アイヌ系の友人の話では、日本人として普通に暮らしてるのにわざわざアイヌを強調して日本人とは違うイメージを与えるのはやめて頂きたいとの事
517 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2009/05/31(日) 13:48:45 ID:ud7RluYN
正しく降って沸いた災難だよね、
アイヌの人はプロ市民とは縁を切ったほうがいいよとお伝えください

馬鹿マスゴミってこういうのを好んで火付けに回るんだよね・・
518 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2009/05/31(日) 14:55:17 ID:TZXyyyuc
>>516
復帰の時に、沖縄に大量の社会党員が入植して、沖縄を基地外帝国に仕立て上げるのに
成功したから、もう一度やろうとしてるんだろう。
街道が済州島出身者に牛耳られてるのと同様に、本物のアイヌ人が殺されて戸籍を奪われ
かねないな。


893 :名無しかましてよかですか?:2009/06/02(火) 22:24:44 ID:O8IaBlHI
小林、九州でそのまんまが、宮崎県知事が大変なこと抜かしてるぞ
一言物申してやるべきだろう。
【社会】東国原知事「九州は歴史的、民族的に見て、1つにまとまりやすい地域」「究極の目標は九州独立」
 江口「ユナイテッド・ステーツ・オブ・アメリカならぬ、各地域が独立した「ユナイテッド・ステーツ・オブ・ジャパン」の姿を」
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1239721083/

東京亡き日本の地方分権や、日本分断工作の背景がなんとなく掴めてきた気がする。

>> 445 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2009/04/15(水) 00:45:26 ID:JyrMtDqOO
>> 我々ウチナーンチュも薩摩に対しては今さら負ける気しない
>> 借りは返さないといけないと思ってたところだ
>> 488 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2009/04/15(水) 00:49:52 ID:XORS8SmPO
>> 沖縄は独立しても当然でしょ
>> 489 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2009/04/15(水) 00:49:55 ID:+MfZz3630
>> 九州人は人種的に一番朝鮮人に近い。特に北


本当にナショナリズムがなくなってるんだな、この国は。
まあニュー速+だし、若い奴しかいないんだろうけど。

894 :名無しかましてよかですか?:2009/06/02(火) 22:27:07 ID:O8IaBlHI
×まあニュー速+だし、若い奴しかいないんだろうけど。

○まあニュー速+だし、工作員と若い奴しかいないんだろうけど。

895 :名無しかましてよかですか?:2009/06/02(火) 23:25:41 ID:/PEdlov2
>>893
ど、道州制って知ってますか?

東発言は、自分が九州のトップに立ちたいという意思表示。
電波で見たら本質を見誤るよ。

896 :名無しかましてよかですか?:2009/06/04(木) 03:06:53 ID:7H0ZMqvG
>>895
ところで、道州制ってなんで行われてるの?
アメリカに押し付けられてる年次改革案か?
もう10年前からやってる気がするけどさ・・・

897 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/06/04(木) 03:41:51 ID:4tqCmMlY
初めに結論ありきの回帰。

今度はアイヌ問題てwww 小林終わってるな
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1225431666/787n

>787 :日本民族回帰 ◆XB7AjTRRiE :2009/06/04(木) 02:56:15 ID:7H0ZMqvG
>>786
>アイヌなんて居ない。
>居ても民族回帰させるようなことはさせてはならない。

898 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/06/04(木) 04:49:43 ID:4tqCmMlY
>>896
>ところで、道州制ってなんで行われてるの?

行われていない。議論されている理由としては、
中央集権や首都圏一極集中の緩和。

899 :名無しかましてよかですか?:2009/06/04(木) 08:17:39 ID:CouRkfvv
>>898
現在の市町村合併は、道州制へのビルドアップの布石。

900 :名無しかましてよかですか?:2009/06/05(金) 15:05:34 ID:kX8cea4S

大和民族は朝鮮に回帰すべき。

我々琉球民族からすれば、
大和民族は朝鮮オールドカマーで、現在の在日朝鮮人は朝鮮ニューカマーにすぎないのである。
時間差でやってきたというだけの違い。
天皇の顔みれば、どこの出自か明らかだ。
宮内庁は朝鮮の韓神を立派に奉っているわけで、いわば、現在でも
朝鮮を神と拝めている朝鮮代表の皇室みたいなもの。
ニューカマーの朝鮮に罵声をあびせながら、朝鮮オールドカマー天皇を祭り上げてる可笑しな人たちが大和民族(元朝鮮民族)である。

自らの矛盾に気付いてないのが可笑しい。

901 :名無しかましてよかですか?:2009/06/05(金) 18:47:44 ID:uV03Gxln
>>900
へんな奴が来たなあ。
俺も琉球とか言われちゃってる人間だけど、
朝鮮民族の成立過程も知らんで、
偉そうに「我々琉球民族」なんて述べている君の愚かさに噴いたw



902 :名無しかましてよかですか?:2009/06/06(土) 03:46:57 ID:eFVv/6t1
そういやあ、朝鮮の南部、百済に大量の古墳があるんだよな・・・
あんなにあるなんて知らなかったよ・・・・・。
それに半島南部には、南越だの熊襲や隼人の子孫と言われてる
人が居てその地域は他とは顔の部類が違うそうだ。

903 :名無しかましてよかですか?:2009/06/06(土) 13:50:53 ID:hIagXqEP
それやこれやも全て半島起源になるからたち悪い。

さらに病人を利用し大和朝鮮族同祖で日本にトドメさそうと狙う基地外
超大国連中が幾つかあるから終わりは無いw今更だがな。

904 :元祖ナショナリスト ◆moBilE8PGM :2009/06/06(土) 17:52:18 ID:LtzWeyNv
半島起源説とアイヌ起源説は似てるな。

905 :名無しかましてよかですか?:2009/06/06(土) 18:12:36 ID:Goq5w0nf
アイヌから見ても和人と朝鮮人の争いってヘンな感じだな。
見た目は俺らアイヌと違ってソックリだし。
てゆーか北海道の小学校でアイヌいじめる奴って和人も朝鮮人も両方いるのなw
そういう時は結束すんだよなあ。

906 :名無しかましてよかですか?:2009/06/06(土) 22:48:04 ID:3RnvyCGr
>>905
分断工作人うぜー

>見た目は俺らアイヌと違ってソックリだし。

こういう姑息な印象操作で世論と大衆をだます、アイヌレブレスもそうだが。
アイヌの独立派が見習うべきはチェゲバラでなくて韓国やアメリカの植民地からの独立だろうがバカ。

907 :905:2009/06/07(日) 00:14:51 ID:xjZoiOFf
>>906
そんなこたレブルスに言えやw
アイヌがみんな左巻きと思われたら迷惑だ。

俺は本当の事言っただけだよ。
北海道の小中学生は通名とかわからんから、
和人と朝鮮人の区別がつかない。
でもアイヌは見た目でバレるから、
イジメの標的になりやすいんだよ。
だからアイヌの婆さん達は子供や孫を和人と結婚させて、
アイヌの特徴を消そうとするんだ。
良かれと思ってしてり事だが、
濃い顔に生まれたアイヌにしたら、
自分を否定されたみたいで複雑な気持ちになるんだよな…。

908 :名無しかましてよかですか?:2009/06/07(日) 01:12:04 ID:rGSH6dGn
>>907
ホントにアイヌの人か?
俺は同じような手口で印象書き込みしてくる発信源が長野の、偽の沖縄人工作部隊をしってるけど。

仮に本当にあんたがアイヌ家の人でも、もうそうした印象操作に負けてはならないということぐらい分かるだろ?


909 :907:2009/06/07(日) 05:57:30 ID:xjZoiOFf
>>908
結局、印象操作かどうかなんて、
実物に触れてないと見極められないだろ?
俺が本当の事を書いても、同じような書き込みを前に見たとか言われちゃったらさ、
もう苦笑いするしかねえわ…。
俺の発信源調べても良いけどさ、どうせ北海道だし。でもアイヌも琉球も日本中あちこちに住んでるから意味ないんじゃね?

910 :名無しかましてよかですか?:2009/06/07(日) 07:31:05 ID:TQQm3hRL
>>909>>908
どうも琉球野郎です。
アイヌの人が同族かなんてどう思っているかは判らないけど、
自分は同族と思ってるし特段に苛められた経験もないなあ。
因みに発信源は愛知です。

911 :名無しかましてよかですか?:2009/06/07(日) 10:06:49 ID:rGSH6dGn
>>909
まあ本人が本物かどうかはこの際どうでもいいですね、申し訳ない。
とにかく君は自分の書いたレスの内容についてよく考えてみるといいよ。
和人と朝鮮人の対立が変とか、どう見ても視野が狭い。
>>910
>因みに発信源は愛知です。

発信地云々じゃなくて、あきらかに沖縄から書いてるようなふりをして
1日中何度も同じようなスレを立てる連中が居るんだよ。
おかしいだろ?
「ウチナーンチュはヤマトゥンチュと顔が違うよね」とか「ヤマトゥンチュと
朝鮮人は同じ顔してるよね」「ヤマトゥンチュはノッペリ一重だよね」とか1日中
そんなスレばっか立ててるサクラ屋が居るの。
彼らは沖縄人スレだけじゃなくて他にも色々スレ立てるんだけど、なんらかしらの
勢力による印象操作であることは確実だろう。(あれが有名な”ネット朝日”だったのかもしれんが)

912 :名無しかましてよかですか?:2009/06/07(日) 11:57:17 ID:lSZR+NXE
>>911
いやいや、あんな沖縄のアホシュが裏返ったような連中は別にしても、出雲で何度も『日本人ですか?』と聞かれたんだが。

沖縄人と答えるりゃいいのか、日本人と答えりゃいいのか迷っがた(笑)別にこれは差別でも何でもない事はイチイチ言わなくてもいいだろう。

しかし、思想がかった時代の狂信じみた人間にとって『見た目』ってのは、いいネタになったんだろうな。

平成の世の中では『着ている衣装に民族性どうたらだからアイヌはいない』とか頭悪そうな人間もいるが、結局こいつら同根じゃねーかと思わんこともない。

で、神州日本に仇なす不逞鮮人とやらを探したのが、大和人と朝鮮人の見た目的な差がないので、なんともはやの花岡産経どうたらこうたら(笑)

913 :名無しかましてよかですか?:2009/06/07(日) 16:14:45 ID:TQQm3hRL
>>912
なんだお前、何が言いたいだ。

>>911
承知しているよ、912のような視点をずらしまくりの奴だね。
ひろゆきも言ってるような事が2ちゅんねるだと思って、
諦めるしかないかなと思う今日この頃だよ、
削除する人達もあてに成るわけじゃないしなあ。

でもさあ、あの書き方、不逞な人とその支援者の行動ソックリてのは笑えるけど。

連中は町BBS沖縄ではアク禁になってるようだけど、
フラー君て面白い人もいるからそっちも覗いてね。



914 :名無しかましてよかですか?:2009/06/08(月) 00:49:37 ID:AHN0cT66
>>912
>出雲で何度も『日本人ですか?』と聞かれたんだが。

なんで「アイヌ系です」とか言わなかったのよ?
やっぱり言えないもんなのか?

>で、神州日本に仇なす不逞鮮人とやらを探したのが、大和人と朝鮮人の見た
>目的な差がないので、なんともはやの花岡産経どうたらこうたら(笑)

まあ、そういう田舎的な気持ちはよく分かるよ。
でももっと広い視野でこの国を見ないと、その沖縄のアホシュと同じになっちゃうよ?

915 :名無しかましてよかですか?:2009/06/08(月) 01:14:47 ID:AHN0cT66
続き
>平成の世の中では『着ている衣装に民族性どうたらだからアイヌはいない』とか
>頭悪そうな人間もいるが、結局こいつら同根じゃねーかと思わんこともない。

沖縄県民もちゃんと居るし、琉球民族文化もちゃんとある。
同じようにアイヌ道民やアイヌ民族文化と言うのも確実に存在してる。
だけど”民族”は存在してないってのは、わかりますか?
小林ヨシノリの主張は、現実主義ですこし厳しいとは思うけど、確実にその現状というのを捉えてるわけ。
つまり湾曲してるのは「アイヌはいないと主張する右翼」と「アイヌ”民族”は居ると主張する左翼」であって、
顔の違い同様におそらくそうした環境や状況によって大衆はだまされてしまっている。
それをうまく利用してるのか、日本国内でアイヌと沖縄の民族者集団とする活動が日々推し進められ
教育での印象操作もすでに始まってる。
3:36分ごろ
2/2【小山常実】中韓隷属を進 める歴史教科書 ←アイヌ、沖縄の教育内容について触れてる
http://www.youtube.com/watch?v=JGJ4aCCWVIk

1/2【小山常実】中韓隷属を進 める歴史教科書
http://www.youtube.com/watch?v=Vk22tVlOqxs

>>913
うん、まちBBSでアクキンだとはおれも聞いてる。
そんなこんなで、小林も言ってたけどネットも所詮信用ならないというのは正しいよね。

916 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/06/08(月) 02:01:51 ID:Zq3au201
>>915
>沖縄県民もちゃんと居るし、琉球民族文化もちゃんとある。
>同じようにアイヌ道民やアイヌ民族文化と言うのも確実に存在してる。
>だけど”民族”は存在してないってのは、わかりますか?

全く分かりません。><

>つまり湾曲してるのは「アイヌはいないと主張する右翼」と「アイヌ”民族”は居ると主張する左翼」であって、

それぞれ持論が違うんだから、これからも永遠に分かりあえることはないだろう。
互いに気が済むまでやり合おうぜ!

917 :名無しかましてよかですか?:2009/06/08(月) 22:08:39 ID:Jixc+pjb

日本国民同士仲良くするスル

918 :名無しかましてよかですか?:2009/06/09(火) 02:20:57 ID:GIRCrLyi
やはり何らかの形で日本にアイヌブームを起こさねばな、下のような漫画でもいい。
それこそゴーセンは一度ブームになってるから、ゴーセンで火付けもよいかもしれんw
今芸能界でぶいぶい言わせてるウチナンチュに比べアイヌンチュはかわいそう過ぎる、おそらくアイヌ家系の
芸能人はたくさんいるんだろうが、アイヌ系芸能人とか出自を明らかにすることはまず無いからな。
北海道をアイヌ県にするのもよいだろう、いずれにせよそっちのほうが先住民族認定なんかよりずっと良いよ。
(でもアイヌはアイヌ、和人は和人と区切るような政策はダメね☆)
http://www.bk1.jp/product/03055032

919 :Decide One's Fate ◆D/w5oCAtaw :2009/06/09(火) 04:36:57 ID:BUF0pyO/
新たな2ch語「大数民族」誕生の瞬間。

今度はアイヌ問題てwww 小林終わってるな
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1225431666/828n

>828 :日本民族 ◆XB7AjTRRiE :2009/06/09(火) 01:47:55 ID:GIRCrLyi
>>827
>いかに日本が周辺民族同化について分をわきまえていたのか良く分かるよホント。
>仮にアイヌを完全な異民族だと定義しても日本が不当に同化したのはたった一つでしかない。
>かりに朝鮮や台湾と日本領のポリネシアかどっか同化しても、それでも4つか5つだ。
>大数民族から少数民族まで中国はいくつ同化している?

>俺は中国がシナ人、台湾人(高砂以外)と満州人、マカオ人、香港人を統一して単一的な
>『中華民族』としたのなら十分それを支持できるし理解もできる。
>だが今の中国は間違ったナチズムでしかない。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)