5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

学園物語★KOVA17歳15〜ぱらのけ王子〜

1 :名無しかましてよかですか?:2008/07/28(月) 23:14:08 ID:LAnsQbvF
あるところに一人の男がいた・・・。彼はネットで、リアルで、学校で、
職場で、家庭で様々な伝説を作り上げていった・・・・。
彼の名前はコヴァ。このスレッドは彼らの波瀾万丈の日常を記録した
ネタスレである。ネタであってくれ…。本当にネタだよな・・・・

前スレ
学園物語★KOVA17歳14〜渡り叩かれの豚
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1190452672/

まとめサイト
http://www.geocities.jp/gakuen_kova17/

2 :名無しかましてよかですか?:2008/07/28(月) 23:16:20 ID:LAnsQbvF
・このスレって??
もし「ゴーマニズム宣言」に感化されまくった人=コヴァが実際に高校生として生活していたと
したらどうなるだろう…みたいな感じで投稿された文章を楽しむネタスレです。>>1のログを見てね。
たまにコピペを貼りに来るジバクや自画自賛の妄想を書き込みに来る長野や兵庫の汚物はスルーしてね。
人大杉です 2ちゃんブラウザ(無料)を入れましょう http://www.monazilla.org/
・登場人物はどんな感じなの?
木場ヒロシ…一応このスレの主人公。17歳。私立有名進学高校に通う。
        周囲からは「コヴァ」の愛称(?)で呼ばれている。政治思想板の引退した某コテハンがモデルとも言われる。
        かつては最悪レベルの問題児だったが、ここ最近、林間カヅフサの強烈なデンパにやられてしまったのと、
        元ネタが一般人化しつつある現状を踏まえ、社会復帰が進み、日に日に一般人に近づきつつある?
林間カヅフサ…35歳。元ネタのあまりのデムパぶりにこのスレでもほぼコヴァを差し置いて主人公の座をのっとった男。
          一応コヴァたちの通う私立海武学園の教師だが、
          それ以前は長い間ニート生活を送っていた。大阪府比良方市出身。
          怒ったときに「かんしゃくおこす!!!1!」と絶叫する癖がある。
担任…最もコヴァたちの電波を浴びてしまっている人その一でありコヴァ被害者の会会長。
     コヴァの高校の担任にして、日本史の教師なので何かと苦労が多い。30近い年齢だが未だ独身。
     よく「日教組」とコヴァに罵られるが、組合には所属していない模様。
     林間カヅフサが加わってからというもの、ますます頭痛がひどくなる。
     最近、倉田サユリと結婚、ようやく幸せを掴み始めている…?
木場正一…ヒロシの父親。公立中学校の美術教師。日教組の組合員でかなり現場に顔が利く模様。
        サヨクというより左翼思想の持ち主にして「北の将軍様」にそっくりのルックス。
        また、彼の父親は一成といい、コヴァと同じような思想だったらしい。
       なお、現在クビにリーチかかっていてテンパってます。

3 :名無しかましてよかですか?:2008/07/28(月) 23:17:55 ID:LAnsQbvF
木場秋子…ヒロシの母親。最もコヴァの電波を浴びてしまっていた人そのニ。 温和な女性。
     正一との結婚理由は最大の謎か。ここ最近、息子たちが社会復帰しつつあることから、
     長い間の苦しみから解放されつつある。
木場マサオ…ヒロシの兄。おそらく字は「正男」。木場家の長男。23歳。思想的にはコヴァに近い。
         というよりコヴァは兄経由で小林よしのり氏と出会ったものと思われる。
         かつては無職のヒッキーだったが、現在は郵便局のアルバイトとして働いている。
        そして、いまやほぼ一般人と変わらない状態にまで社会復帰を成し遂げた。
教頭…コヴァの通う高校の教頭。定年間近の年齢と思われる。某政党の元代表とは関係ないと思う。多分。
     立場上、コヴァと話すより担任と話すことの方が多く、担任の良き相談役となっている。
     が、よく担任をピンチに追い込むのもコイツである。恐らく、国崎学級にマホ・ジバク
    キモの三人を送り込んだのもコイツの仕業と思われる。ここ最近、GTOの教頭化が進行中。
真保…フェミファシストと損ニーと朝鮮半島をこよなく憎む元帥。あけおめ砲と強力な
    視覚兵器を持つ。ここ最近孤立気味。通称カルボナーラ真保
千葉…銃とジャイアントカプリコをこよなく愛する神○モテモテ王国の自称国王。
    突撃隊長であるらしい。肝井と林間と三人で行動する。本名千葉久之。
    年老いた保険外交員のママーンがいるぞ!DQNと犬が苦手。
肝井…長野県出身のキモい人。ヲタのキモい部分だけ濃縮して、ヲタ成分を全部抜いた
    キモさ純粋培養150パーセント。学園内でかまってくれるのがコヴァご一行のみに
    なってしまったため金魚のウンコのようにひっついてかまってもらっているらしい。
    女装好きでマゾ(本人の弁によるとツンデレ)でアニメやゲームの女キャラのなりきりが大好き。
守本…エイトプリンスシティーの「特に一人の人」。海武学園非常勤講師。
    毎日ゴミ捨て場のゴミ袋をあさっているらしい。本名は守本紳八。
    かつては林間カヅフサも住んでいた大阪府比良方市に住んでいた。

4 :名無しかましてよかですか?:2008/07/28(月) 23:19:07 ID:LAnsQbvF
菊地メグミ…コヴァの義妹にあたる。16歳。M高校1年生。
        かつて正一が岩手への出張の折に知り合った現地の女性との子。
        母を亡くしてエイトプリンスのコヴァ家に居候することに。
        木場家にはすっかり家族の一員として馴染んでいる。
吉田シゲル…コヴァの友人その一。後述の三人娘の一人、吉田キリコの弟で、
         実家は、栃木県ギョーザ市ではいろんな意味で有名な病院を経営している。
         普段は常識人であるが、銀様をはじめとする銀髪美少女に目がなく、
         それらを過度に侮辱されると、理性が飛んで破壊王と化す。
鳥坂…コヴァの友人その二。ファーストネームは特に定まっていない。
    大阪府の出身でアニメ好き。三人の中ではやや存在感が薄い。性格は至って常識人。
精神科医三人娘…都立松沢病院に勤務する三人の女医。
            免下怜、ヨシダキリコ、月宮アユミの3人から成る。
その他のキャラはこんな感じです。
http://www.geocities.jp/gakuen_kova17/zinbutu.html
上記の設定は自然発生的に出てきた物なので、ある程度は無視して書いても
ネタとして完成されてあればごく普通に喜ばれる傾向にあるようです。

・感想を書きたいんだけど?
大歓迎です。ネタ職人さんも喜ぶものと思われます。
ただその感想を元に延々と議論したりするのはスレの趣旨上(ry
あと、キモ味、ジバク、兵庫の汚物はとことん無視してください。
NGワードは下記に挙げるスレにある彼らのカキコから適当に拾ってください。
かまってあげると大喜びするので、とことん無視でお願いします。

5 :テンプレここまで:2008/07/28(月) 23:21:01 ID:LAnsQbvF
・ネタを作りたいんだけど?
貴方が見つけた紳士/コヴァの微笑ましい行動63
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/kova/1215239169/l50
上記のスレでライブ活動を繰り広げている人々を参考にしてネタを作ってくらはい
勿論、ほかのスレや板でネタ元を見つけてそこからネタを作るのも大歓迎です。

・学園物以外でもいいですか?
コヴァがタイムスリップしたり映画の予告編みたく書くのも
特に問題無いようです。要は面白ければ何でもOK??

・思想的にはコヴァに近いんだけど参加したい。
もちろん大歓迎です。ただネタスレである事をくれぐれもお忘れなく…。

・自分が馬鹿にされているような気がしたので煽りたい。
スレの趣旨上(ry

・学園モノじゃなきゃダメなの?新しくキャラ作ってもいいの?
学園物に限ると言うことでは決してありません。どんどん違う年代のコヴァを
作っていって下さい。大歓迎です。既に大学生コヴァはいますし。
でも、年齢が上に行けば行くほど悲惨な
展開に(リストラとかホームレスとか)になりやすいので注意。
新しいキャラはどんどん作ってかまいません。ただ、自分で育てるつもりがないと
厳しいかも。いかに思想的にキャラを立てることが出来るかが正念場ですね。
このスレ割りと名前が出てきても一発キャラで終わる人多いですw
あと、キモちゃんとか理系たんとかいうのは紳士さまやキモヲタを通り越した、
キモイ物体の自作自演なので無視してください。

6 :デンパ統合加速現象:2008/07/29(火) 00:34:12 ID:3rl4sK5y
いつもの政経
林間「それでは、講義を開始する。今日は貴様らでもわかるように、物語調にしてレジュメを作ってやった。
10時間もかかったんだから、俺に感謝しつつ、読むがよい」
一部の生徒がプリントを配られて吹いた。そこには、VIPPERおなじみの
やる夫とやらない夫、さらにちゅるやさんが載っていたからである。
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\   やらない夫、どうしてブサヨは馬鹿なんだお?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   あの連中は自分の脳で考えることをしないんだ。
. |     (__人__)   アメリカ人のようなものだ。
  |     ` ⌒´ノ  
.  |         }    だから、人から与えられた情報を鵜呑みにし、
.  ヽ        }    現実に対応していないんだ。これはブサヨだけでなく、
   ヽ     ノ     アメリカの行動を全て善とするポチにもいえる。
   /    く       だからブサヨとポチは馬鹿なんだ。
   |     \       常識的に考えればわかるだろう?
    |    |ヽ、二⌒)、


7 :デンパ統合加速現象:2008/07/29(火) 00:35:56 ID:3rl4sK5y

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ 解説するにょろ!
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|  ブサヨやポチは上から与えられた情報を鵜呑みに
         レ!小l●    ● 从 |、i|   することしか出来ないから、基本的に馬鹿なんだにょろ!
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !  小林先生や林間先生のような思索深い方はこのような状況には
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│  陥らないんだにょろ。
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

鳥坂「…先生いつの間にVIPPERに…」
林間「おう、VIPは楽しいぞ!俺は暇さえあればVIPをやっている!」
肝井「うはwwwwwwwwボクもVIPPERだおwwwwwwww一緒に遊ぼうおwwwwwww」
林間「うっせえ、お前はニコ厨だろうが!1!!ニコ厨は死ね!1!!!!」
肝井「ぶええええええん、先生ひどいよぶしゃあああああああああん」
吉田「…にしても、先生が昔『ボクはオタクじゃない!1!!』って言ってた頃が懐かしいな、これは」
林間「あん?俺は今でもオタクじゃないぞ!!1!!(脳内に)彼女いるし!!1!!
むしろお前のほうがオタクだろ!?はい、みなさん、今の吉田が馬鹿なブサヨのいい例です!1!!!
吉田は普段から何も考えていないから、VIPPER=オタクだと認識しているのです!1!!!」
吉田「いや、だってこのプリント、ちゅるやさんだけじゃなく、ハルヒとかいろいろ使ってるじゃん」
林間「むぐっ…!ハルヒ?ちゅるやさん?なにそれ?俺アニメなんかガンダムも見たことないし、
むしろそういう固有名詞知ってるお前のほうがキモヲタ!1!!やーいやーい!1!!キモヲタ吉田!1!!
何でキモヲタの分際で生きてるの?死ねば?みんな喜んでくれるよ?」

8 :デンパ統合加速現象:2008/07/29(火) 00:39:21 ID:3rl4sK5y
コヴァ「必死すぎますにょ先生。つか、この駄文の中で普通にやる夫とかがハルヒとかちゅるやさんとか
呼んでますにょ。それに、先生ほど長時間ネットで暇つぶしをしている人が『ちゅるやさんやハルヒをアニメの
キャラと知らなかった』なんて言っても信じてもらえませんにょ。」
林間「じゃ、じゃあ何で吉田は知ってるんだ!1!!!説明してみろ!1!!!配点は50点!1!!!」
コヴァ「キモいのとかが聞いてもないのに、ハルヒだのローゼンだの鍵だのの話をしてたから、
聞いてもないのに覚えちゃったんですにょ。まったく、キモ味風に言えば賠償ものですにょ」
肝井「ぶしゃあああ、それは違うんだよもん。逆だよもん、ボクは澄んだ心の持ち主だったのに、
吉田君たちがボクにエロゲの知識を無理やり植えつけて汚したんだよもん。むしろ吉田君たちがボクに謝罪と賠償を(ry」
コヴァ「お前は黙ってろですにょ。お前のでまかせを聞いてる暇はないんですにょ。」
肝井「ぶしゅ…」
コヴァ「…というわけですにょ。」
林間「べ、べつにいいじゃないか、ちゅるやさんとかハルヒのAAを使ってレジュメ作っても!!1!!
かわいいんだし!!1!!お前は表現の自由を何だと心得てるんだ?ん?」
鳥坂「主張がどう見ても肝井やんけ…」
吉田「デンパ統合極まれりだな」
林間「うっ、うるさい!1!!!俺は気分を壊した!1!!!後は好きにしろ!1!!!以上!1!!!」
以下、オチのないまま終了

9 :名無しかましてよかですか?:2008/07/29(火) 08:49:58 ID:fSPnBrlL
なにげない午後の学校

教頭「国崎くん、実習室のパソコンが壊れたからなおしてくれるかね」
担任「・・・・・はい、まあ私で出来る範囲でしたら」
教頭「15−Aのパソコンだ、操作中画面がかたまるらしいんだ」

担任はマックロソフトのサポートに電話した

サポ「えー、それでしたらヘンターネットエクスプロラの
   画像キャッシュを削除してください」

担任は画像フォルダを開いた・・・するとプレビューが

          ,.-':::::::::::::::::::\
         j';;:::::::::::::::::::::::::::::ス   目が!!目がぁ!!!
        l':::::r',l,.,っ:;-;:::;:(゙ 、;、
         l:l'j -' l/,''-ァ- y lぃ
.         ゙l   ′' /j''゙l  ,l'  ,.-、
.       ,.......゙,   ,''ニ__;.l   ゙y 〉::::::`:::::-::、
      /::::ヾ 、 ,ィ'゙-- ' ,゙-、 / /::::::::::::::::::::::::`:::-
     /:::::::::::::::,ィ゙ - 、=,ッ''l:::゙、ケ入::::::::::::: 担任 :::::::
   r'ス::::::::::::::::::/:l゙ -ッ=---、:::::゙l,;;;;;;;;` -、::::::::::::::::::::
  ,l'::::::::::::::::::::/:::::::゙、,j::::::'.:ヾ.:.:.`.、:::::` :y;;;;;;;`::-、:::::::

コヴァが使っていたPCだった
    

10 :名無しかましてよかですか?:2008/07/29(火) 13:19:05 ID:xVsQVAIp
コヴァでまだ良かったと言わざるを得ない!

マホが使った後のマイピクチャは……

11 :名無しかましてよかですか?:2008/07/29(火) 22:39:55 ID:0/32p1Ga


    ビシィッ  / ̄ ̄ ̄ ̄\      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    / ̄\ ( 人____)    /   うおっぽっぽおおおおおおおおお!!!!
  , ┤    ト|ミ/  ー◎-◎-)  /    しばらく見ないうちにゴー板のスレッド数がたったの
 |  \_/  ヽ    (_ _) ) <     33にまで減らされてしまいましたにょ!
 |   __( ̄ |∴ノ  3 ノ   \    ゴー板及び小林先生に対する侮辱ですにょ!
 |    __)_ノ ヽ     ノ | ̄|   \  やっぱりひろゆきは在日の工作員ですにょ!                
 ヽ___) ノ    ))憂国ヽ.|∩|    \__________

    _  ――   _
  /           \        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /              |     /
 | /| /\ |\ |\    |    /    まあもう『コヴァが暴れているな』とか『ゴー板に帰れ』とか
 \|┿━ \| ┿━\   |  /      聞かないもんな・・・。『ネトウヨ』は聞くが。
   ┏━┓  ┏━┓ ⌒ヽ | <      そういう意味では隔離板としての指名は終わったのかもしれん。
   ┃  ┣━┫  ┃  .ノ.|   \     というかひろゆき氏を在日の工作員認定しているようだが、
   ┗━┛  ┗━┛ ┌' /    \   そう思うなら書き込まなければいいのにな。あと小林氏はネットに          
   | ∪    ∪ ゛ //     \  引きこもってわめいているだけの奴は嫌いだと思うぞ。
   \       //         \__________________
     \ ▽ _/ ̄  

>>1 乙です。ちなみにスレ名はパート16ですね。

12 :アイツ:2008/07/29(火) 22:53:08 ID:ZlDpB15c
担任が職員室に入ってくると、教頭が駆け寄ってきた。
教頭「国崎君!」
担任「何ですか教頭、林間は・・・まだ来てないですが」
教頭「昨日、NARU市で起こった事件は知ってるかね?」
担任「ああ、フリーターの元教え子が逆恨みして刺しに来た話ですね。大丈夫ですよ。
もうすっかりコヴァは(基本的には)良い子ですし、僕の気持ちも・・・」
教頭「国崎君、私がそんなことでキミに話しかけると思ったかね?」
担任「まさか・・・」
教頭「実はね、十年前、私が担任をやってた頃の教え子で、法学部が有名な大学全てに
落ちてそのまま司法試験を・・・」
担任は耳を塞いだ。何故なら教頭の後ろに「実定法実定法」と騒ぐ男が見えたから。
そして、彼の明らかに社会不適応者全開な雰囲気を見て取って目を閉じた。
担任「・・・教頭、僕もコヴァのことは自分で面倒見たんですよ。教頭もたまには自分で
どうにかしたらどうですか。僕に任せないで」

13 :名無しかましてよかですか?:2008/07/29(火) 23:01:47 ID:n91pd0oP
奴が登場フラグかw

14 :名無しかましてよかですか?:2008/07/30(水) 22:15:04 ID:AWUx9GGW
無理して続ける必要なんか無いのに。スレが自然消滅したってことは、
もう需要がなくなったって事だからね。

15 :名無しかましてよかですか?:2008/07/30(水) 23:08:56 ID:pJLUisrm
書き込んじゃう時点でry

森本さんがアクセスに出演したようなので、林間センセーも是非

16 :トークラジオの出来事:2008/07/31(木) 09:40:44 ID:gfOKD4MJ
201×年
コヴァ「おっ、そろそろアックスの始まる時間ですつ。ラジオラジオ・・・
今日の放送は録音しておかねば…」

バトルトークラヂオ「アックス」スタジオ
「みなさん、こんばんわ。参加型バトルトークラジオ、「アックス」のお時間がやってまいりました。
DJの榎一夫です。」
「ナビゲーターの渡辺真理子です。」
榎「えー、今日のテーマは、『外国人の地方参政権に賛成か、反対か』です。まずは一人目…」
バトルトークラジオ「アックス」は毎日のお題を元に、リスナーといろいろ討論するという番組である。
コヴァも結構議論好きなほうなので、このラジオはよく聞いている。
リスナーたちから強硬な反対論者、賛成論者が次々と表れては自説を主張していた。
そして、番組も終わりに差し掛かった頃…
渡辺「それでは、次の方いってみましょう、今晩はー」
「こここ、こんばんは!」

コヴァ「ん?」
コヴァは違和感を覚えた。どこかで聞いたような声である。
渡辺「お名前を教えてください」
「と、と、東京都のカヅフサです、グヘッ」
コヴァは驚愕した。この声は間違いない、林間だ。林間はコヴァが高校を卒業した後、
性犯罪を起こして学校を追放され、行方知れずになっていたが、まさかこんなところで
林間先生の声を聞くとは思ってはいなかった。
渡辺「コウジさん、どんな方なんでしょうか。お年でもお仕事でも、何でも結構です」
林間「えっと、えっとお…そうですね…えっと…高校教師です」
大嘘つきめ、と、コヴァは思った。それは昔の肩書きではないか。
渡辺「へぇ、高校の先生ですか、それでは本題に入ります。カヅフサさんは外国人の
地方参政権に反対ですか、賛成ですか」
林間「反対です!!外国人地方参政権が成立すれば最後、対馬に大量のチョソが詰め掛け、
対馬を奪っていくのは確実です!!!1!ですので、われわれ国民はみんす党政権を打倒するために…」

17 :トークラジオの出来事:2008/07/31(木) 09:42:24 ID:gfOKD4MJ
林間は、みんすが野党の頃はみんす支持だったが、後の総選挙で政権交代がなった後は、
件の外国人参政権等の政策との関係で自民党支持に寝返っていた。
ノンポリでもないのに、つくづく節操の無い男である。

議論は続いた。が、林間の言ってることといったら、韓国人や中国人は倫理観がかけているだの、
韓国人は全員嘘つきだののレイシスト発言を繰り返すばかり。
林間「そもそも、外国人地方参政権は違法なんです!1!!!」
榎「それはちょっと違うんじゃないですか?カヅフサさん、最高裁はかつてこんな判決を出しております。
「外国人参政権は、憲法上保障はされてないが、禁止はしていない」ですので、ちゃんと法律の形で
外国人地方参政権を付与することは違憲ではないのですが」
林間「違法です!!!1!」
渡辺「どうしてそう思われましたか?」
林間「ボ ク が 気 に 入 ら な い か ら で す !1!!1
政府とみんす党はもっとサイレントマジョリティの声に耳を傾けてください!!!1!!
第一、裁判の判決に何の意味があるんですか?てか、その裁判官ブサヨだろ!1!!
そうに決まってる!1!!ブサヨの判決に効力なし!1!!!」
渡辺「あは、あは、あはは…あっ、田中さん」
もう一人のDJ、新党JAPAN代表の田中ペログリ議員が来たようだ。
田中「えー、与党の一員としてですね、意見を言わせていただければ…」
ガチャ、ツー、ツー、ツー
榎「もしもし?カヅフサさん?もしもし?」

コヴァ「…林間先生、こんなところまで落ちぶれていたんでしゅか…」
-----------------------------------------
元ネタは上で誰かが言ってたもっさんのラジオより

18 :名無しかましてよかですか?:2008/07/31(木) 12:45:27 ID:LrldYhkh
早くも小蛆ネタを反映するとはwwwwwwwwwwwwwwwwwww
でも新八先生じゃなくて林間なのね・・・。


19 :アイツ登場:2008/07/31(木) 23:55:42 ID:3sLVBkyL
都庁、都知事と松沢軍団の彼女達が向かい合っている。
都知事「正直な話、キミらには失望したよ」
免下「し、しかし秋葉原の一件は静岡県の・・・」
都知事「言い訳は聞きたくない。君らには都の治安維持のため、決して少なくない予算を割いているんだ。それが何だ。
茨城・岡山・東京・神奈川・愛知・・・次々と事件が起こってるじゃないか!」
免下「私たちとしても全力を尽くして業務を・・・おい、ヨシダっ、月宮っ、なんとか言えっ!」
ヨシダ「何とかって言われても・・・」
月宮「ウチ大阪府からの出向やし、まあ、ハシモトの行政改革にひっかかんなくなりそうなのは儲けたけど」
都知事「ええい!君たちがふぬけてるからこんなことになったんだ!」
都知事は頭上にあるひもを引く。すると三人の床がすぽんと抜けた。
三人「キャッ」
そして床下には大量のローションと、ローションまみれの都知事の自慢の息子達が

 ギャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

松沢軍団
免下「ということでだ」
免下の前髪からは謎の粘液が滴ってる。
月宮「そんなことよりさっさと風呂入った方がええで」
ヨシダ「そうですよ。気持ち悪くないんですか?」
と二人はシャワーでも浴びてきたのかさっぱりとした表情で、月宮は手にフルーツ牛乳を持ち、ヨシダはタオルで
せっせと髪を拭いている。
免下「お前らは余裕があっていいな余裕があって!とりあえずさっさと実績残さないとどうなるかわかんないんだよ
このスカポンタン!」
月宮「ほう、ドロンジョ」
ヨシダ「今やってますよね、弟が見てました」
免下「そういう問題じゃないんだ!とりあえずコレを見ろ!」
免下が差し出してきたのは、ちょっと暗そうな若い男の写真
月宮「で、こいつがなんなんや」
免下「名前は法元実定(ほうもと・さねさだ)。28歳。司法試験受験者だ」
ヨシダ「ふぅん、弁護士さんにでもなりたいんですかね」
免下「コイツをどうにかして、とりあえず実績を作ろうと思う」

20 :アイツ登場:2008/07/31(木) 23:56:53 ID:3sLVBkyL
免下「この法元と言う男、高校は・・・あのコヴァ達と同じ海武高校を出ている。ついこの間、教頭から直々に
飛び込みで仕事を受けてくれないかと連絡があった」
月宮「うっわ、やっぱあの高校か」
ヨシダ「・・・どういう意味ですか」
免下「ただ、コイツの場合、高校時代から法律家になりたくて熱心に勉強はしていたらしいんだがな」
ヨシダ「勉強しているんならいいんじゃないですか」
月宮「せやせや」
免下「まあ、勉強はしていたんだが何というか・・・ちょっと方向違いに自分の思い込みで延々努力を続けてしまうタイプ
らしくて、大学受験には大失敗し、その後法律家になるために勉強を続けているんだが、まだ何も合格してないらしい」
月宮「でも、そんな話よくきくやん。司法試験受けて十数年目で合格とか」
ヨシダ「そうですよ。今まで私たちが扱ってきたのは・・・率直に言えば努力とかできない子達ですし」
免下「・・・下手な苦労は人間を腐らすこともあるんだがな。まあ、ちょっと行ってみようか。今までは余り力を入れて
来なかった予防拘束の研究だ」

シムラシティ、公立図書館
黄色いハイエース救急車は、サイレンを鳴らさず職員用の駐車場に静かに止められた。
免下「ここにヤツはいるらしい。おい、ヨシダ」
ヨシダ「何ですか?」
免下「とりあえずこの『おっとなしい女性コスプレセット』を着て、ヤツとの一次接近を計れ」
ヨシダ「はあ、別に良いですけど・・・」
免下「それと、このさっき買ってきたばかりの『宅建』と『行政書士』の問題集とノートを持ち、『銀行か信金を辞めて
資格浪人になったばかりの右も左も分からない女性』のように振る舞いつつ接近してくれ」
月宮「おい、妙に設定細かいなおい」
免下「教頭の話を聞く限り、かなりまずい状況になってるようだからな。ヨシダを接近させるのが一番だろう。
私じゃアンチフェミ系に染まっていた場合、ビジュアル的に敵視される可能性が高いし、月宮の場合、関西弁で
警戒される可能性が強い。一番無難なのは、ただの頭の軽い美人に見えるヨシダだ」
免下はヨシダの方を見る。
ヨシダ「頭が軽そうとか言わないでくださいー」
免下「まあ、それはともかく、ちゃんとやってくれよ」

21 :アイツ登場:2008/07/31(木) 23:59:33 ID:3sLVBkyL
図書館内、自習室
静かな自習室内で、ブツブツブツブツ独り言の声が聞こえる。その声は妙に大きく、しかも内容が
「実定法の世の中なら・・・」とか「アメリカの陰謀が・・・」とか「周りは政財官の愚民政策によって・・・」など
デムパ120%なので彼の周りには誰もいない。
それが法元実定のここ五年ぐらいの「日課」であった。
その独り言のセカイには誰も入ってこない。そう、誰も・・・。しかし、今日は違った。

ヨシダ「何か凄く大きな声で独り言をしゃべっていて、周りに誰もいないヒトがいるんですが」
ヨシダは耳元の小さなインカムで免下にそう言った。
免下『そうか、それが法元だ。早速接近してくれ。もちろん、インカムははずしてな」

ヨシダ「あのぅ・・・隣よろしいですか?」
法元の目に、大人しそうな赤毛の美女の姿が目に映る。眼鏡に、野暮ったいロングスカートが素敵だ。彼にとって、
実の親とコンビニ店員を除いて十数年ぶりに声をかけてきた異性。
法元「ぼぼぼぼぼ、よろよろよろよろしいですがぐがぐがぐが」
ヨシダ「じゃあ、隣座りますね(はぁと」
微笑むヨシダ。完全に法元の心は彼女に奪われた。この間数十秒。・・・ヨシダキリコが、研究志向の強い精神科医で
あることはこの世において恐らく幸運なことなのであろう。個人向け営業や詐欺師ではなくて
法元「あふあふあふあふ」
ヨシダはおもむろに免下に渡されたテキストを法元に見せつける。
ヨシダ「あのね私、この間まで銀行の窓口で働いていたんですけどね。契約切られちゃって、それでクビにならない
お仕事ってないかなと思って、法律の資格の勉強を始めたんですよ」
もちろん口から出任せだが、これで法元の心はわしづかみにされてしまった。
法元「あのですね」
ヨシダ「はい」
法元「世の中すべて法律が間違っているんですよ!世の中が実定法の世の中になれば、政財官の愚民政策である
奴隷システムは消えて、真の愛国者達が報われるすばらしい社会になり、帝国主義は消え、経済的には公平な
仕組みに変わり、私もあなたもすべてが幸せに・・・」
それは突然だった。いきなりスイッチが入ったかのようにまくし立てる法元。でも、ヨシダは顔色一つ変えず
微笑みながらうなずき続ける。・・・勿論手元の携帯メールで状況の変化は逐一報告されているんだけれども。

22 :アイツ登場:2008/08/01(金) 00:00:07 ID:i/6mOXL3
ヨシダ「そうなのですか、それは素晴らしいですね」
これは賭だった。ここで法元のリビドーに火をつければ自分が危うくなる。しかし、外出する可能性も高まる。
ヨシダは賭けていた。
法元はすっかり舞い上がっていた。誰も理解してくれず、誰も認めてくれない自分の考え方に賛同してくれる
『女性』がいた。これは『彼ら』にとって一番嬉しいことである。それが正に現実に・・・。
法元「ああああ、あのですね。これから実定法を否定したヤツのところに行きましょう!そう、あの反日勢力の
売国奴法律家の「鳴海孝之」のやってる鳴海塾へ・・・」
いきなり法元は立ち上がり、グイとヨシダの手を引っ張った。そしてそのまま図書館の外へと。

二人が図書館から出てきたのを確認する月宮
月宮「出てきたで」
免下「そうか」
免下は二人の方へ車を動かす。

法元「あのねあのね、その鳴海ってヤツは・・・」
プオン
法元の目の前に黄色いハイエース救急車が。
免下「やあ、法元実定君。私は、都立松沢軍団の軍団長、免下だ」
法元「誰だ!分かったぞ!真に正しい私を捕らえに来た政財官の使者だろ!」
免下はにやりと笑った。
免下「そうだ」
次の瞬間、四方八方から待ち構えていた松沢軍団が法元に飛びかかり、確保された。

法元「うおおおおおおおおおおおおおおお〜〜〜〜不当逮捕だー、不当拘束だー」
法元は軍団員に鎮静剤などを投与されている。
彼の様子を見ながらハンドルを握る免下がつぶやく。
免下「・・・現行法は無効だとか言っておきながら、自分が危なくなったら非合法を主張か。これだから
法律家ってヤツはうんざりだね」

23 :名無しかましてよかですか?:2008/08/01(金) 00:48:13 ID:0TCFtBkA
免下姉さんかっけー

24 :名無しかましてよかですか?:2008/08/01(金) 15:31:13 ID:iyv93SC/
( ´∀`)b グッジョーブ

25 :そういえば:2008/08/01(金) 21:26:59 ID:i/6mOXL3
コヴァ「シゲル君はそういえば中学時代は結構ボクみたいな感じだったんですよね」
シゲル「まあ・・・授業妨害とかはやらなかったけど、ダチにコヴァみたいなもいたし、結構親しかったよ」
コヴァ「でも、高校入った頃はボクチンにかなりきついことを平然と言ったりしてましたよね。
なんでですかね?」
鳥坂「そういやそうだったなあ」

コヴァ「うぽぽぽぽおおお!!11ニッキョーソ!死ねですつ!ニッキョーソの三族なんてみんな死んじゃえばいいんですつ!」
担任「おい!コヴァ、お前は・・・」
シゲル「そもそもコヴァの親はニッキョーソだろ。そうしたらお前も死ぬぞ」
コヴァ「ヨシダは笑える。ボクチンは愛国者だから見逃されます。愛国者の犯罪行為は見逃されるものなんですつ!」
シゲル「それってダブスタじゃあ・・・」
コヴァ「高校生なのに競馬やってるなんてなんと言う犯罪系なんでしゅかね、ヨシダは」
シゲル「なあ、それはダービースタリオンっていうゲームだろ。オレが言ったのはダブスタ、『ダブルスタンダード』
(二重規範)のことだぞ。全くこれで文筆業になりたいなんて・・・せいぜい分泌家ぐらいじゃねえの」
担任「ヨシダっ、もうそれ以上コヴァを追い込む・・・」
コヴァ「うぽぽぽぽおおおおおおおおおおおおおおお〜〜〜!!!11ニッキョーソもヨシダもみんな


      サ    ヨ   ク  ぅぅぅぅぅぅぅぅ」

ファビョーン

26 :そういえば:2008/08/01(金) 21:27:53 ID:i/6mOXL3
コヴァ「懐かしいでしゅね」
シゲル「ああ、昔の話だ」
鳥坂「で、なんで元お仲間だったのにそんなにキツいこと言ってたの?」
シゲル「まあ、何て言うか過去の過ちを取り戻そうと思ってね。それに・・・」
二人「それに?」
シゲル「何故か知らないけど、コヴァなヒト、特に重度の人が話していると何を次に言い出すか大体分かっちゃうんだよ
実はオレ。だから、どうしてもケンカ売るつもりはなくても相手の痛いところを的確に突いちゃって・・・」
鳥坂「恐ろしいな」
コヴァ「シゲル君のお姉さんのボクチンの仲間たちの心の襞に入り込む技術と、シゲル君の的確に相手の弱点を突いて
追い込む技術が合わされば正に外道だとボクチンは思ってましゅにょ」
シゲル「・・・・オレのことを、一体どう思ってるんだ・・・」
鳥坂「それはともかく、中学時代どんなやったんだ。騎士とか言う知り合いが前に来たけど」
シゲル「実はオレ、中学受験一度失敗して地元の中学に入ったから、それでどうもなじめなくてね。しかも家の
事情の方は知ってるだろ」
鳥坂「ああ、地元で大変有名なクソスレ建てた>>1専用病院だっけ」
シゲル「まあ、だからあまり友達がいなくて、唯一近づいてきたのが転勤族の親を持つ騎士だったんだよ」
コヴァ「そうなんでしゅか」
シゲル「最初はゲームやったり、一緒に塾で弁当食うぐらいの関係だったんだけど、そのうちにわしずむとか
持ってきてね」
鳥坂「分かり易いな」
コヴァ「懐かしいですね。ボクチンはお兄さんが色々読ませてくれたですにょ。高校受験失敗したあと」
シゲル「で、最初は知らなかったことを知って楽しかったんだけど・・・」

騎士「あのねーあのねー。全てはチョソとユダヤの結託による日本人絶滅化計画の一環なんだよー」
騎士「あのねーあのねー。全ての教師はグリンゴン星人が化けた反日の使者なんだよー」

27 :そういえば:2008/08/01(金) 21:29:11 ID:i/6mOXL3
シゲル「だんだん、可哀そうな感じに騎士がなってきちゃって・・・」
鳥坂「うわあ」
コヴァ「あー、その気持ち分かりましゅね。とにかく何か全てがボクチンの敵になっていくような感覚で、その中で
自分ただひとりが正義のヒーローなんだっていう感覚でしゅね」
シゲル「そう、コバヤシセンセーの場合、そういう感覚植え付けるようなところがあるからね。で、あるときとうとう」

教師「えー、教育実習生として鬱乃宮大学から来た釘宮先生だ」
釘宮「釘宮です。教科は音楽です。みんな!仲良くやりましょう!」

鳥坂「すいませんすごくいやな予感がするのですが名字の時点で」
シゲル「それでその先生がね、ちっこくて可愛らしい感じで、そのくせ生意気で」
コヴァ「・・・ボクチン、昔台湾から来た先生に対してですね」
鳥坂「いやー、聞きたくないー」

騎士「くくくくぎゅうう先生!あのですね僕が今から貴方をニッキョーソの魔の手から」
釘宮「騎士君、私は先生なんですよ!先生にいったい何を」
騎士「ぐへへへへへへへ」

生徒「センセー!騎士君が体育倉庫に釘宮先生を連れ込んで無理やり」

シゲル「未遂では終わったんだが、二度と釘宮先生は教室に戻って来なかった・・・」
鳥坂「うわあああああ」
コヴァ「・・・」
シゲル「そして、高校受験の時だ。オレはここに受かって、県立高校は受けないことにしたんだが、騎士は
県立高校を受けて・・・・見事に落ちた」

28 :そういえば:2008/08/01(金) 21:31:05 ID:i/6mOXL3
鳥坂「田舎で公立落ちたってことは、滑り止め私学に行ったのか?」
シゲル「うん、騎士は江川学院に進むことになったんだけど、オレが上京する前日、騎士はオレに会いに来たんだ」

シゲルんちの前
騎士「シゲルくーん」
シゲル「なんだよ騎士」
騎士「ボク、全てが分かったよ」
シゲル「どういうことだよ」
騎士「あのね、真の愛国者は迫害されるんだって」
シゲル「・・・」
騎士「だから、高校に合格して報われたシゲルは・・・売国奴だって」
シゲルは無言で内線で実家の病院勤務の看護師を呼んだ。

シゲル「ってなことがあってね。あとはまあオレはこっちに出てきたと」
コヴァ「それで、騎士君は今どうしたんですかね?」
シゲル「さあ、噂じゃ愛国心が高まり過ぎて結局問題を起こして、高校を辞めなきゃいけなくなって
それで家を追い出されてこっちに来てるとか・・・」

池袋の漫画喫茶
一心不乱にニヤニヤ動画の珍風動画にコメントを書く少年が・・・。
店員「・・・あのぉ・・・お勘定は」
騎士「うるさい僕は今愛国者として貴重な活動をしているんだ!金のことなんてくだらない!」
意外と近くで「哀哭」活動をしていたりして

29 :名無しかましてよかですか?:2008/08/02(土) 00:24:17 ID:ofuzlxkT
性欲×劣等感×口先愛国者≒無限大

30 :名無しかましてよかですか?:2008/08/03(日) 19:20:48 ID:82ADzW4X
262 名前:エキセントリック厨年林間のテーマ :2008/01/26(土) 23:57:23 ID:6hRUC3RM
エキセントリック エキセントリック エキセントリック中年林間

今日も2chが荒れているのは
エキセントリック(厨年!)林間がいるからさ〜

早いぜ 早すぎるぜ 林間キューブ
装備も充実うれしいな 仕置きの手段さ
(スライドドアに金髪さん連れ込みー)

呼べば答える腐れ縁 ただれた仲間だ 人畜有害の人材

(ポチジバク)
(ミックミクにしてやるんじゃよー)
(まほきゃすと)
(あけおめ砲!)
(キモ味)
(ブシャシャシャシャー)
(さあ!みんな逝くぞ!)

元先輩は枚方出身 今は講師の 訳あり森本〜(エロ団め〜)
敵か味方か コヴァボーイ(えっ、仲間なんでしゅか?)

だけども 寂しいこともある(吉田の姉ちゃん、きっと中古なんだろうな・・・)

頑張れ日本 頑張れ日本 ボクは愛国者(自称)
喰らわせろ 喰らわせろ 誰も知らない謎の組み合わせタカキューとユニクロ

エキセントリック エキセントリック エキセントリック中年林間

31 :ポニョ・・・:2008/08/04(月) 23:54:53 ID:vd0CkeQ2
まほきゃすとの歌できたよー

まーほまほまほワタシノコー 無職の国からやってきた
まーほまほまほワタシノコー セックスしたいよ四十路の子
ヒクンヒクン シャーシャー コトリっていいな 描いちゃお
ブーンブン ドーンドン   フェミは憎いな 荒らしちゃお
あの子を描くと ファンがブチ切れるよ
あけおめ ヒクヒクン あけおめヒクヒクン
コトリが大好き(性的な意味で) ヒクンヒクンシャーの
まーほまほまほ不動産屋の子 浅草橋からやってきた
まーほまほまほワタシノコー フラスペ作って目つぶしだ!

32 :名無しかましてよかですか?:2008/08/10(日) 21:23:46 ID:ULCnvUcT
sage

33 :帰ってきた楽しい実験シリーズ:2008/08/11(月) 22:43:58 ID:IzF/rahp
林間センセーを迷路に入れ、ゴールにご禁制の金髪美少女写真集を置く。

林間「おいオレをこんなところに入れてどうするんだかんしゃくおこすーー!1!1」
コヴァ「林間センセー、ゴールに今では法に触れるタイプのエロ本がありましゅよー。金髪の」
林間「なにいいいいいいいいいいいいい」
猛烈な勢いでゴールを目指す林間

・・・一時間後
林間「やっとたどり着いたぞぉぉぉぉぉぉ」
チンチンを弄り始めましたね。ええ、もう

シゲル「ところでタイムは?」
コヴァ「夏休みに入ってから毎日やってるのに、全然タイムが縮んでないでしゅにょ
むしろ同じコースなのに伸びてましゅにょ」
鳥坂「やっぱ、学習してないんやろか・・・」

34 :ジバクSOS:2008/08/12(火) 05:14:18 ID:ltCnQbF5
公明盛大に、コピペ投稿重視のキャラクター
おなにーなのかしら? 自称セレブが速度全開!!

気付いたこれは、特別な精神判った!!
本気みせちゃうよ火病っちゃうから・・
現実を突き抜けた2ch(世界)で、不思議な荒らし感じたよ・・・瞬間が好き
*1
右翼は武器でしょ、やっぱウヨクが正しいの・・・。
泣いてる小さな私が立ち向かう!!1111
難だろ、カキカキ、やぱ手当て(措置入院)が必要ね!!
仏滅な気分は特アのせいかもSOS・・・・。



35 :ジバクSOS:2008/08/12(火) 05:16:20 ID:ltCnQbF5
りっぱリリカルに不快謎解紳士のストーカー
狙ってみたら、ウヨ思想が全部玉砕!!
今すぐキメて嫌韓はパッション!!理解って
心、論破(とけ)ちゃうよ、火病ちゃうよね
永久にかたられる新風に、引かれる意味が隠された右よりの思想・・・
紳士は神でしょ  だって紳士は最強よ
アニオタ裏腹、私は戦うの!!
合図は目と目で、きっと電波のキチガイが
宿ったスレで あたなといっしょにGOGOGO!!!!111111

>*1リピート
高鳴るハァトは特あのせいなの!!!!11!!SOS


ttp://jp.youtube.com/watch?v=_nRk04XR4GI

36 :ジバクSOS:2008/08/12(火) 12:33:05 ID:ltCnQbF5

訂正・デバグ
>>34
08行:右翼は武器でしょ、→ウヨクで勝つでしょ!!
09行:難だろ、カキカキ、チョwwwっと手当てが必要ね
>>35
09行:宿ったコピペで

37 :京王線は女性専用車両のパイオニア:2008/08/12(火) 22:52:01 ID:8yCSUSzR
23時過ぎ、京王新線新宿駅ホーム、そこに・・・やつらがいた。
「うっせーぞこのクソ腐れ(ピー)」
「女はスイーツ(笑)でも喰ってろよ!」
勿論並んでいるのは女性専用車両がある先頭車両

某チャットに集う男達だ。勿論、そこに真保もいる。
さっきからホームの女性専用車両の場所に陣取り、成人はビールを飲んだり、
飲めない人間はご禁制のょぅじょの本やエロフィギュアを広げてご満悦だ。
勿論周囲の女性はいかがわしい目で見るが、そんな視線を投げかけられるたび
彼らは暴言を吐く。

そんなこんなで駅員がやってきた。
駅員「あの・・・、ここで余り騒ぐのはちょっと・・・」
「なんだとお前は男なのに女性専用車両に賛成するのか!」
「そうだそうだ!」
「おい、真保やっちまえ!」
真保「フラスペッ」
駅員「うわあ、目が、目があああああああああああああああ」
駅員の目がつぶれるのと同時に調布駅行きの快速電車が入ってきた。
「よし、これからもっと女性専用車両で嫌がらせするぜ!」
「おーっ!」
意気揚々と男達は女性専用車両に乗り込んでいき、電車は新線新宿駅を出て行った。
駅員「・・・この三週間、ずっと彼らの嫌がらせが続いている・・・。もうこうなったら、
あそこを呼ぶしかない・・・」
駅員はホームに倒れながら、眩んだ目を必死に働かせ例の場所に電話をした。
駅員「もしもし・・・」

38 :京王線は女性専用車両のパイオニア:2008/08/12(火) 22:53:34 ID:8yCSUSzR
車内でも彼らの狼藉は続いた。
酒が飲める人間は酒盛りをし、そうでない人間はエロゲやオネイニーをし、常磐線でも
早々見られないようなカオス状態を演出していた。そしてそれだけでは済まず乗っている女性に
対しここにも書けないような数々の暴言を・・・。
「はっはっは、今宵も大勝利だな」
真保「はい、男性大勝利ですね!」
「明日もまたやろうな」
と、明日への意欲を彼らが無駄に燃やしているところ、こんなアナウンスが
「次は八幡山ー 八幡山−」
真保「そういえば八幡山にクソフェミを実現化させたようなクソ女医がいてね」
「へえ、そりゃあ面白いなあ」
「そういえば真保君は若いのに無理矢理松沢に入れられたんだっけ?」
真保「あそこは女しかいませんよ医者。で、看護師は野郎ばっか」
「そりゃあおかしいな!よし、今度はあそこに糾弾しに行こう!都知事なら分かってくれるさ!」
真保「まあ、ヨシダって言う女医は結構見た目は可愛いんですけど腹黒で、月宮っていう大阪民国
出身の女医はどうでもいいんですけど、問題は免下って言う三十路間近の女がね」
「三十路で女医か、生きていく価値もないな」
「禿同。死んでょぅじょに生まれ変われば別だけどなw」
真保「いや、アレは例え四歳児に生まれ変わってもクソフェミですよ。ムキムキマッチョの男達を
手足のように操っていますし」
「それは酷いな、絶対に都知事に言って懲戒免職にしてもらわないと」
真保「あと、機嫌が悪いと必ず僕らに高圧電流流すんですよ。絶対万年生理不順ですよ」
「ひどいなそりゃあ」
しかし、何かが変だ。
「なあ、さっきから電車がホームに止まってないか?」
真保「あわわわわわわ」
「どうしたんだ真保?」
そしてホームには黒山のこの顔|´∀`| の人だかりが

39 :京王線は女性専用車両のパイオニア:2008/08/12(火) 22:54:42 ID:8yCSUSzR
八幡山駅のホームには・・・
           _,,... ...,,_             /
          ,. '´::::::::::::::::::::::::::`丶、        | 話は全部聞かせてもらったわ
          /ゝ、::::::::::::::::::::::::::/ヾ;::\       | 
       //⌒v レ ´ヽ_/:::::/    ヽ::.ヽ     | よくもヒトのことを三十路とか生理不順とか
       ,'::::::::::/ /::´7/:::::/       ヽ::.゙、      .| 
        |:::::::::::' `::::::::::::::::/       ',:::::',     .| バカにしてくれたわね
        |::::::::::::::::::::::::::/レ ≧、、   ,イ !::::::i   ∠
       l:::::::::::::::::::::::::{、〃 トイ- 、_|ソ-{::::::|     | 最強のおしおきが必要ね
         l::::::::::::::::::::::::゙!`、 し′ノ ̄!゙__ノ:::::j    | 
       ヽ::::::::::::::::::::::|  ー一     〉/::::::,'      \______
           \::::::::::::::::::!     _ /:::::::/
          \::::::::::::ト、   └'/;:::::::/
           rl`丶、:|  `f ー ′ヾ/    (BGM:グレゴリオ聖歌)
             ,/ ``ー- ...,_|、
          / \       ,r癶、
          / .:.:.:.:.\   /:::::::::::ヽ、._
      ,.r:':.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:\/|:::::::::::::::',:.:.:ヽ、
     〃´⌒ヽ、:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:\::::::::::::::l:.:.:.:| ',
      {{     \:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶、::::::l:.:.:.| !


ぐっどらっく メン同盟

40 :名無しかましてよかですか?:2008/08/13(水) 06:49:25 ID:WB1c2deG
まほが主人公の話は珍しいな。
オモロイ

41 :ジバクSOS:2008/08/13(水) 11:52:23 ID:BTDFBNiE
結局マホは女性専用車両に何がしたいんだろう?


42 :名無しかましてよかですか?:2008/08/16(土) 17:18:45 ID:CccmQUz8
コミケのシーズンになりましたので、
三大汚物がコミケ会場で大暴れする話をリクエスト。

43 :名無しかましてよかですか?:2008/08/16(土) 21:38:45 ID:iD6QOICB
それよか林間先生が、爆破予告犯人に間違えられて連行される話が見たい・・・。


44 :林間INお盆:2008/08/18(月) 22:34:34 ID:YEhWljjZ
林間ハウス
いつものようにヴァルキリーたんのエロゲーでちんちんをいじっている林間
林間「ハァハァハァハァハァ・・・」
そこに・・・
免下「確保ー」
松沢軍団が殺到し、あっという間に確保される林間。
林間「おい!今日は何もやってないぞ!1!!かんしゃくおこす!!1ふじこふじこ!1!」
免下「はっはっは、貴様、昨日コミケットランドへ手榴弾を投げると脅迫電話をかけただろう!」
林間「しらんわ!つーかコミケッタランドって何だよ!!!!」
免下「それはな・・・」
そのとき、一緒に来ていたヨシダの携帯が鳴る。
ヨシダ「もしもし・・・えっ・・・はい、はい・・・。玲ちゃん」
免下「貴様のような・・・ん?何だキリコ」
ヨシダ「都知事からの電話だったんだけど・・・別人だったって。比良方市の大森和英っていう無職の男だったから
林間ちゃんと病院が間違えたって」
沈黙
免下「・・・えーと・・・」
林間「人違いだってかんしゃくおこす!11!僕は無職じゃないぞ!愛国的な学校の先生だぞ!1!!11」
免下「いやあ、今回のは本当に悪かったと・・・」
林間「謝れ!謝れ!そしてキリコたんとワタシノコーさせろおおおおおおおおおおおおお」
ヨシダ「へ」
林間「あの潤んだ瞳の、赤毛の、おっぱいの、童顔のエロ女医に拙者の愚息はもう、もう」
ヨシダ「あ、あのう・・・」
林間「わーたーすぃーのぉーこぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」
そして襲いかかる林間
免下「やっぱり確保ーーーーーーーー」
どっちみち入院することになる林間先生でした。

45 :名無しかましてよかですか?:2008/08/20(水) 16:57:34 ID:C2jLgnyW
なんで林間センセーは問題にならないのだろうか

46 :名無しかましてよかですか?:2008/08/23(土) 20:06:13 ID:pcxSB/4y
「りんかん君(33)を救え」募金

りんかん君(33)は生れつき働かない難病で
治すには現金2億円必要です。
皆様、募金よろしくお願いします。


47 :名無しかましてよかですか?:2008/08/24(日) 20:15:40 ID:Hr5we4dy
VIPin林間でお願いします

48 :名無しかましてよかですか?:2008/08/25(月) 17:24:03 ID:KnE/2SYy
りんか〜ん三十路の子 汚物の国からやってきた
りんか〜ん三十路の子 かまってほしいよレス乞食
ブシャシブャシャアッヒャヒャヒャ 脱糞っていいな 居座ろう
ブーンブーン ドーンドン 僕珍にたてつく奴 みなブサヨ
チンチン シュシュ チンチンシュシュ
どこに行っても 相手にされないよ
コテ粘着大好き かんしゃく起きーる!
りんか〜ん無職の子 兵庫県からやってきた
りんか〜ん荒しの子 今日も自宅を警備だ


49 :新伝説誕生:2008/08/26(火) 08:10:18 ID:NLG22Y2B
いつもの職員室

林間が一心不乱に息を荒くしながらキーボードを叩いていた。そして…
林間「やった!11!!勝ったぞ!1!!ブサヨをやっつけた!!!1!俺はやっぱり議論に強いな!!1!」
国崎「おい…林間…何遊んでるんだよ…てめー、今日中に俺が与えた仕事できなかったら、
どうなるかわかってるんだろうな!!」
林間「国崎!1!!こいつを見てくれ。」

パソコンのディスプレイには大型掲示板ぬちゃそねろのスレが映っていた。

460 名前:名無しかましてよかですか?[sage] 投稿日:2008/08/25(月) 09:51:16 ID:RinGKaNg
そんな働いてもいない社会の寄生虫の統合失調症兼鬱病患者に言われてもなーww
タネがばれてるのに必死にクネクネ踊っても無駄なんだよブサヨニート病人さんよ

461 名前:名無しかましてよかですか?[sage] 投稿日:2008/08/25(月) 09:55:37 ID:KnE/2SYy
こっちは毎日が日曜日状態更新中の推定先生と違い、
今日から遅れながら夏休みですから

林間「コイツニートだぜ!1!!!夏休みは盆にしか取れないのを知らないんだろうな!1!!
その後で院生と嘘を言い出したり、つなぎ変えて必死に自己弁護してるけど、
コイツがニートなのは確定!1!!そして、俺の大勝利!1!!!」
国崎「あー、林間よ…それについてだが…」
林間「あ?」
国崎「リーマンの夏休みってのは夏の間にある程度自由に選んで取れるんだぞ。
たとえば、この学校でも生徒たちの夏休みの期間の範囲内で7日間夏休みが取れるんだが…
つか、日本中のリーマンが盆にいっぺんに夏休みをとったら、社会にどんな影響を与えるかわかるだろ?」
林間「おい、林間、コイツは院生と言ってるんだぞ、弁護が矛盾してるぞ!!1!!
やった!!!1!国崎を論破!!1!!!おれはまさに800勝無敗の鋼鉄の霊将!1!!!」
国崎「その人をニートニート言い出したのはだれだよ…」

50 :名無しかましてよかですか?:2008/08/26(火) 11:30:39 ID:Kw9SYmuQ
仕事早!
まぁ、そもそも
奴の発言「が」無知丸出しだと言う指摘だから。
彼が院生だろうがなんだろうが、
何の論理矛盾は無いんだけどねw


51 :名無しかましてよかですか?:2008/08/26(火) 22:35:21 ID:GuNmdMlP
根拠はないが、モーヲタで金髪好きの林間先生は、アイマスが好きだと思う

52 :本当にあった怖い話:2008/08/27(水) 15:57:00 ID:VlIbCYoD
台東区浅草橋、ボンゴレーノ不動産
社長「ふう」
野久保「どうしたんですか社長」
社長「いや、なんでもない。ところでまた解約だって?」
野久保「申し訳ありません。お客様の方が、もう住んでいられないと」
社長「今年になってから、やたらと解約が増えたなあ・・・。そろそろ、店を閉める時期かもしれん」
野久保「しかし、どうして皆すぐにアパートを出て行ってしまうんでしょうねえ」
社長「理由を聞いても、皆一様に何故か口をつぐむし・・・。野久保君」
野久保「はい」
社長「今度、解約されたマンションに行って調べてきてくれないかなあ」

浅草橋某所、ボンゴレーノアーバン二号棟三階の2LDK
野久保「・・・何もないよなあ」
引っ越していったばかりのせいか、部屋はがらんとしている。
野久保「ん?」
何故か窓が塞がれている。
野久保は窓が気になった。
何となく嫌な予感はしたが。でも、勤め先の倒産よりは恐怖体験の方がまだマシだ。
そう思って勇気を振り絞って窓を塞いでいたカサを外した。
そこには

ひくんひくんしゃー

見事なマホノコトリのイラストが

野久保「うわあああああああああああああああああああああ」

53 :本当にあった怖い話:2008/08/27(水) 15:58:31 ID:VlIbCYoD
野久保は部屋を飛び出し急いで営業車に乗って店へと戻った。
野久保「しゃしゃしゃしゃしゃ社長!」
社長「どうしたんだい野久保君!」
野久保「ママママンションに、得体の知れない生き物が」
一瞬黙り込む社長、そして

社長「ハツヨシィィィィィィィィィィィィィ」

・・・事の次第はこうだった。
社長の長男・ハツヨシは、早稲田高校を出るものの、大学の内部進学に失敗し、結局熊谷の
某大学に進み、卒業後もたまにアルバイトをする程度の生活を二十年近く続けていた。
そのうち例に漏れずギャルゲーやエロゲーにハマり、彼が描き出したクリーチャー。それが
例のイラストだったのだ。
ある日、ニートですらない三十路正式な職歴なし無職の分際で、長男としての権利を主張する
ハツヨシに社長はブチ切れ、宅建を取る、もしくは派遣で工場に入らない限りオコヅカイは
あげないという強硬措置を執り、それがきっかけでハツヨシは父親である社長を逆恨み、自らが
描いたクリーチャーのイラストを自社物件に住み込む住民に無差別に見せていったのだ。
効果は抜群だった。クリーチャーを見せられた住民は次々と部屋を出て行った。
どうだ、自分のクリエイティブな才能はこんなに凄いんだ!そう、ハツヨシは誇らしげに言った。

野久保「社長・・・」
社長「皆まで言うな、皆まで。・・・私は、子育てを失敗したのだろう。こんな自らの食い扶持も
稼げないのに、人に迷惑をかけて誇らしげな人間を生み出してしまうとは」

社長は、泣いた。

54 :名無しかましてよかですか?:2008/08/28(木) 09:48:39 ID:Ppy0O3Gv
本当にあった怖い話ネタかw

55 :名無しかましてよかですか?:2008/08/28(木) 23:54:02 ID:+MOW3w51
早稲田高校卒のハツヨシ君か・・・

56 :名無しかましてよかですか?:2008/08/30(土) 12:14:48 ID:ZbcjqjUe
林間の理想社会って(理想的状況って)・・・

57 :名無しかましてよかですか?:2008/09/01(月) 17:54:04 ID:Kf67KBVv
いつの間に板の一番下にw

58 :どっかの誰か:2008/09/02(火) 22:12:47 ID:lkkDfJDw
山本直樹のRED読んで思った。

ハルヒみたいなのがアレとかソレとかナニみたいなのを率いてみたのがああいう
事件じゃないのかと。まあ、要するにアレとかソレとかナニが暴走する可能性は
まずあり得ないことなのかも知れない。

運動に関与して一時は敗北者となった人間が言うのもどうなんだという話なんだが

59 :名無しかましてよかですか?:2008/09/04(木) 09:21:58 ID:elQ1LxUW
まぁせいぜい新風の鉄砲玉あたりでしょ

60 :名無しかましてよかですか?:2008/09/11(木) 21:46:26 ID:F+o+gUDT
さげ

61 :林間先生の大東亜戦争:2008/09/14(日) 16:22:07 ID:IXHldKHZ
新学期
林間「えーと、今日はお前らに大東亜戦争の真実を語る。プリントを配るぞ」
シゲル「すいませんもう別に内容については突っ込みませんが、何で耳としっぽが生えた下半身パンツの女学生が」
林間「パンツじゃないから恥ずかしくないモン!1!!」
シゲル「なるほど、そういう考え方もあるな。しかし、それは世間の常識とは違う、とだけ言っておくな」
鳥坂「てかどうみてもストライキュウィッチーズやん」
コヴァ「萌えアニメで大東亜戦争でしゅか、とうとう突き抜けたでしゅね」
鳥坂「いや、オレはアニメ雑誌でこれ見た時点で予想してた」
コヴァ「しかし、コードギャースやマンダム●●には手を出してないんでしゅね」
林間「そうだぞ!オレはガンダムなんてよく分からないからな!だから一般人だ!1!!!」
シゲル「なるほど、それも考え方ではあるな。でもそんな人はこんなパンツアニメは知らないと思うぞ」
林間「パン(以下省略)」
シゲル「ところでこれはどこで知ったんでスか」
とプリントを林間に見せつけるシゲル
林間「ニヤニヤ動画に決まってるダロガ!ニヤニヤ動画こそ真の愛国者が集う場所・・・」
シゲル「だめだコイツ、早く何とかしないと」
鳥坂・コヴァ「無駄ですやにょ」
鳥坂「そういえば、フェイトもいるなこのプリント」
コヴァ「なのはの金髪キャラ・・・」
林間「悪いか!オレは金髪さんが大好きだって知ってるダロガ」
シゲル「あ、とうとう開き直った」
林間「ほら、このストウィにも北欧産の銀髪が」
シゲル「あー、悪いけどオレはそんな節操ない人間じゃないから。つーかロリキャラ自体あんまり・・・」
林間「hるうよいおふぇfthdwr5つうjっふじこ!1!!1!!」
コヴァ「あ、火病起こしたですにょ」
鳥坂「病院に連絡な」
シゲル「しかし、なんで林間ってクビになんないんだ?それに・・・最近肝井っているか?」

62 :名無しかましてよかですか?:2008/09/14(日) 22:18:24 ID:NXyztGhp
>>シゲル「すいませんもう別に内容については突っ込みませんが、何で耳としっぽが生えた下半身パンツの女学生が」
ガハハハハハハハハハハwwww。
するとこれや、これも好きかな・・林間先生
http://www.konami.jp/visual/skygirls/
http://rikujyo3ka.com/index.html




63 :名無しかましてよかですか?:2008/09/15(月) 08:57:26 ID:KukMeumB
>>61-62
ガン○ムとかコード○○スとかなら一般人でも
知っている人はある程度いるかも知れないが。

そんな作品知っている人皆無だろ?
つーか、なんつうふざけた作品だよ。


64 :社会人物語KOVA26歳:2008/09/15(月) 10:52:41 ID:xWJvlysR
社会復帰した我らがコヴァこと木場ヒロシは、無事ローゼン大学へと進み、卒業後は大手印刷会社へと就職することが
できた。さて、今日は給料日、久々に秋葉原に繰り出したコヴァだったが。

某大手電機量販店
木場「ふぅ、一月に一回の楽しみですね」
とアニメDVDやフィギュアなどを探るコヴァに、昔懐かしい声が
××「ブシャーーーーン、ブッシャーーーン」
木場「何か凄く懐かしい声がしますね」
××「僕だよブッシャーーーン」
木場「・・・えーと、どちらさまですかね?」
××「忘れちゃったの、うぐぅ」
木場「・・・思い出しましたですよ・・・」
目の前で体をよじるガリガリガリクソン、もとい太った何て言うか微妙な感じに社会不適応者全開な感じの男の存在を
木場は思い出した。高校時代、私服だからって似合わない女装でよく登校してきた気の毒な子だ。
木場「さよならですにょ」
肝井「アアーン、僕だよー、肝井だよぉ〜〜〜。こんな美少女のぼくちんふぐう」
木場は自然と手が肝井の鳩尾に食い込ませていた。
木場「あの頃のことはもう忘れるですにょ」
肝井「でっでっで、でも、今のボクチンのことは気になるでしょ?」
木場「どうせ派遣社員辺りですにょ」
肝井「・・・エスパー?」
木場は思った。常に学年最下位をぶっちぎりでキープし、卒業時に「僕はクリエイターになる!」と言って貰った大学
受験料をどっかの怪しい専門学校に全額ぶっこんだ男なのだから、現状を派遣社員だろと言っても十分お世辞なのだがと。
肝井「あるいは新世界の王?すごーいすごーい!今何やってるの?分泌業?クリエイター?」
木場「印刷会社の営業マンですよ。いっつもトガシ某には泣かされていましゅ」
しかし、肝井はこの後予想外のリアクションを取る。
肝井「えー、営業〜キモーイダサーイ。やっぱり格好いいのはクリエイティブな仕事よね。ボクチンは今派遣社員だけど、
いつかは受理エイティ武なスパクリエイターとして羽ばたいてみくる(以下略」

65 :社会人物語KOVA26歳:2008/09/15(月) 10:53:29 ID:xWJvlysR
肝井の痛いい話は延々続いた。
木場「ううう」
肝井「えっ、やっぱり奴隷生活は苦しいよねえ?だからボクチンの素晴らしい将来設計を聞いて」
木場「ふざけんなあああああ」
今度は肝井の顔に木場の拳がめり込む
肝井「うぐう、ボクチン可愛い女の子なのにいい」
木場「どの口がほざきますかね!と言うかどうするんでしゅか26にもなってそんな夢みたいなこと言っていて!
いつかナイフ振り回して捕まるつもりですかね?」
肝井「ちーがーうーの!今はボクチンは奴隷商人に買われていて羽ばたけない状況だけど、いつかは受理エイティ武な・・・」
ひっくりがえってじたばたする肝井
木場「ふう、今はいいでしゅけどこれからどうするんですかね?それにクリエイターって何かしていますかね?」
肝井「今考えているところだよ!誰かにパクられたら困るから言えないよ!」
木場「何という駄目思考。駄目人間としての功夫は相当積んでいますね、肝井」
肝井「それに仕事で忙しいから作れないよ!」
木場「ちなみにお仕事は」
肝井「一日八時間も働いているんだぞ!働き過ぎだ!」
木場「昨日、こっちはトガシ某の原稿待ちで会社に泊まったんですが」
肝井「やーいやーい奴隷奴隷〜」
木場「駄目だコイツ、早く何とかしないと」
木場は無駄だと思って肝井を置いて部屋を出た。そして肝井の将来を考えるに、せめて犯罪だけはしないで欲しいと
祈るのであった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
本当はもっと痛い話にしようかと思ったけど、書いている方が辛くなって来ちゃったのでこんなんで

66 :林間先生からの「いやげもの」:2008/09/15(月) 14:16:02 ID:O86hwo4q
ある日、ヨシダマンソンでは吉田の生誕17周年パーティが開かれていた。
鳥坂「吉田、誕生日おめでとー」
コヴァ「うぽお、おめでとうですにょ。という事で、
これはボクと鳥坂君からプレゼントですにょ」
吉田「おー、前から欲しかったあの歌手のCDじゃないか。」
凛「シゲル、あたしからはこれね」
吉田「あは、これはかわいいパンダの枕だな、へー、このスイッチで声が出るのか。
鳥坂、コヴァ、凛、ホントありがとう。俺は幸せだな…」
キリコ「さぁさ、ご馳走がさめないうちに食べましょ」
その時、玄関の呼び鈴が鳴った。かなりせわしなくピンポンを連打している。

吉田「誰だろ?」
吉田はインターホンに出た。
林間「よ、よ、よ、吉田!1!!誕生日おめでとう、お前に俺様の手作りプレゼントを
もって来たぞ!!!1!感謝しろ1!1!!」
コヴァ「手作り…?もしかして自分のひり出した汚物を持ってきたんじゃないでしょうね?キモ味みたいに」
林間「うっさい転向ブサヨ!1!!!肝井と一緒にすんな!1!!!」
コヴァ「いや、最近林間先生の行動がどんどんキモいのに近づいてるんで」
林間「あんな将来性犯罪者確定のエロゲアニヲタストーカー妄想キチガイ野郎と一緒にすんな!!!1!
とにかく開けろ!1!!!」
コヴァ(先生も同類じゃないでしゅか…)
吉田はやれやれといいながら、玄関を開けた。
林間「吉田!!1!!ほら、プレゼントだ!1!!開けてみろ!1!!!」
吉田「…何すか?このCD-RかDVD-Rの詰め合わせは」
林間「俺のお気に入りのアニメ「ストライキュウィッチーズ」と、「陸上5課営業室」だ!
特に陸上のほうはヒロインが金髪だからお勧めだぞ!1!!俺は30発以上抜いた。
そしてこっちはお前の大好きなFEの女性限定プレイのプレイ動画が詰まってて…」
吉田(いらねー)
コヴァ「ていうか、法律違反…ROM人より先に捕まる気でしゅか?」
林間「黙れブサヨ!1!!!親も殺せないくせにいい気になるな!1!!!
とにかく吉田、それ見ろ!1!!!そして連休明けに感想を聞かせてくれな、わかったな!1!!!」
林間はそういうと、そそくさと去っていった。

67 :林間先生からの「いやげもの」:2008/09/15(月) 14:17:32 ID:O86hwo4q
鳥坂「へー、それ林間から貰ったの?まさに「いやげもの(※みうらじゅん氏が命名した
貰っても凄く嬉しくないお土産のこと)」やなー」
凛「ばかなの?あいつ。もうちょっとシゲルの気持ちも考えて欲しいわ。
しかも、「連休明けに感想を聞かせろ?」どうせ見てないとキレて暴れるんでしょ。
嫌がらせにも程があるわよ。」
鳥坂「それにあいつのこったから、ウィルスでも仕込んでそうだしな。捨てちまえ」
吉田「じゃ、捨てるか」
吉田は林間から貰ったディスクを持ってマンソン下のゴミ捨て場にやってきた。
肝井「吉田君ブシャー」
吉田「…今度は肝井かよ」
肝井「吉田君の誕生日おめでとー、だから誕生日プレゼントでボクに何かちょーだい」
吉田「何で俺がお前に恵まにゃならんのだ…じゃあ、これいるか?捨てようと思ったんだけど」
肝井「なにこれーブシャー、DVD?わかった!!吉田君のことだから、どうせエロゲの詰め合わせ」
吉田「あ?じゃあやんね」
肝井「ごめん!さっきのは取り消すよ、だからちょーだい」
吉田は肝井にゴミ袋を渡した。肝井は受け取ると最大限にキモい笑顔でにっこりしながら家に帰っていった。

翌日、学校
林間「スーンスーンスーン走る喜びぃ〜♪ん?肝井じゃないか、どうしたんだ?」
肝井「林間先生…許さない…」
林間「あ?俺お前に何かしたか?」
肝井「しらばっくれないでよね!!林間先生が吉田君にくれたディスクの中にウィルスが入ってて
HDDの中身が全部消えちゃったんだ!!先生のバカーー!!」
林間「何ぃーーーー!!!1!吉田にやったディスクをおまえ使ったのか?」
肝井「林間先生なんてもう許さない!!おおお〜っ、赤ちゃんが産まれるぅ〜〜〜!!!」
林間「ぎゃあああああああああああああああ!!!!」
ウィルスを仕込んだディスクで吉田に日ごろの復讐を行おうとした林間先生は
こうして自業自得のしっぺ返しを受けたのでした。

68 :名無しかましてよかですか?:2008/09/16(火) 23:00:33 ID:xMwxBxrp
ヴァルキリー好き
モーヲタ
ストライクウィッチーズ好き

どんどん堕ちていくな林間

69 :名無しかましてよかですか?:2008/09/17(水) 07:32:58 ID:JuW6qTMG

>特に陸上のほうはヒロインが金髪だからお勧めだぞ!1!!俺は30発以上抜いた。
アリス少尉が汚されていく気がしてならない・・・・ヴァルキリーシザーズ?

つうか林間先生軍オタ嫌いじゃなかったの・・いや硬派な方についていけないからにわかな方に靡いてしまったのか?


70 :名無しかましてよかですか?:2008/09/18(木) 02:35:21 ID:VtpCJV7l
パンプキンシザースか……あれ見て(or読んで)林間先生みたいなことを言う奴がいたら呆れるけどな。

まさかリアル林間はそこまで堕ちていないと信じたいが。

71 :名無しかましてよかですか?:2008/09/19(金) 01:09:25 ID:/wqnpb3f
パンシザは比較的まともな(真面目な)コンセプトの作品だよ・・・コードギアスとかに比べればね
まあ、作品に思想を持ち出しても聞く気の無い人間には伝わらないもので、兵庫さんの脳には
金髪の隊長さんしか知覚されていないのかもしれないが・・・。


パンシザはこと地味ながらゴンゾ作品の中では・・・て、今話題のパンツじゃない耳と尻尾もそうだったっけ?やれやれ

72 :日本の恥・林間センセー:2008/09/19(金) 21:20:32 ID:DUYJpg/S
いつもの海武学園
林間「オレは・・・ベラルーシに行く・・・」
鳥坂「何でそんなマイナーな国に・・・」
林間「それはなっ・・・」
シゲル「世界一美女が多い国、だからでスよね?」
林間「違うぞ違うぞ、大国間に挟まれても独立をだなあ(しどろもどろしどろもどろ」
シゲル「あのぅ、例の番組見たでしょ」
林間「見てないモン見てないモン!みやげは吉田には買ってきてやんないぞかんしゃくお(以下略」
林間はどこかへ行ってしまった。

お彼岸明け、林間は帰ってこなかった。

一週間後、担任の家に美味しく煮込まれた林間ボルシチが届いた。

73 :名無しかましてよかですか?:2008/09/21(日) 08:26:52 ID:tLEHXmR1
>>64-65
続編として、社会人コヴァが林間センセと秋葉原で再会する話をリクエスト

74 :社会人物語KOVA29歳〜林間先生50歳〜:2008/09/21(日) 20:12:02 ID:96yDWLJM
社会復帰した我らのコヴァは、無事ローゼン大学へ進み、その後大手印刷会社に就職するものの
「もっと自分が考えたモノをみんなに伝えたい」
と一念発起し、とある中小出版社(民明書房)へと転職した。そしてそこでネコ口の小柄な女性・此方さんと出会い結婚。
今は春日部の2DKの賃貸マンションに住んでいた。そんなある日・・・

秋葉原
コヴァ「秋葉原も久々だなあ」
此方「そだねー、結婚してからはもしかして初めてかも」
コヴァ「でも、昔に比べたら何か物足りないですね」
此方「デートによく使っていたのも神田の会社から近かったってのもあるしねえ」
コヴァ「ボクが中学受験の帰りに初めて来たときはびっくりしたよ」
此方「あたしはお父さんによく・・・」
そのときだった
××「jち8お9っp:あr89p;お:−つじゅl0「@−l;お@:え3」
暴れる男が両側を頼もしい警備員に抱えられ店(メロソブックス)から引きずり出される。
此方「なんだろ」
コヴァ「見ちゃ・・・ん?」
コヴァはその男の顔に見覚えがあった。
コヴァ「まさか・・・」
林間「おい!警備員!愛国者のオレになんてことをするんだかんしゃくおこすぞ!」
警備員「はいはい分かったから、良いからそのポッケとかカバンに詰め込みまくった本やゲームを出そうな」
どさどさどさどさ
その男の服や鞄からは大量の金髪美少女がらみのナニが
コヴァ「林間センセー?」
林間「やっ、貴様は裏切り者のアンチコヴァのコヴァ!」
どうやら気づいたらしい。そして
林間「おい、警備員!違うぞこれは!これはこの木場ヒロシと言う愛国を裏切った男がオレに万引きしろと命じたんだ!」
コヴァ「え?」

75 :社会人物語KOVA29歳〜林間先生50歳〜:2008/09/21(日) 20:13:03 ID:96yDWLJM
ただ警備員も髭ボーボーで白髪交じりの髪によれよれの服の林間の言うことなので、半分いぶかしげにコヴァに聞いた
警備員「あのう、この人が言っていることは」
コヴァ「違います。ただ、古くからの知り合いです」
林間「ちがうぞー、この売国奴がオレに電波で命令して金髪さんを保護しろと−」
警備員「知り合いって・・・」
コヴァ「高校の先生だったんです。政治経済の」
林間「違うぞ−。愛国思想だぞー」
此方「・・・ヒロちゃん、大丈夫なのこのヒト」
コヴァ「あー、その点はボクの妹が何とか。ほらみゆきさんとこの」
此方「ああ、八幡山の」
警備員「あっ、八幡山の菊池先生のお兄さんでしたか!それはそれは」
コヴァ「じゃあボクから連絡しておきますね」
警備員「宜しくお願いします」
コヴァは妹に電話をかける。どうやらすぐに最新鋭のハイエース救急車が現場に到着しそうだ。

春日部のマンション
コヴァ「やー、でも疲れたなあ、今日は。まさか林間センセーに会うとは」
此方「昔からあんな感じだったの」
と、夕飯とビールを出す此方
コヴァ「まあね。でも、昔はあんなにまでは酷くなかったよ。・・・あそこまで酷くなったのは、勤め先の学校で、北欧から来た
女子留学生になにかしようとして懲戒免職を食らってからかなあ。電波とか陰謀とか表に出すようになって」
此方「・・・ふうん・・・」
コヴァ「あ、ごめんな。昔の話しちゃって。暗い話は忘れよう。さー、ビールだビール」

松沢軍団閉鎖病棟
軍団員「菊池先生、林間はどうしましょうか」
菊池「ここまで酷くなっちゃうとねえ・・・。福祉に切り替えて一生ここで飼うのが一番かも」
林間「うおおおおおおおおおおおおお、うぽぽぽぽおおおおおおお、オレは愛国者だー、愛国者の愛国行為はすべて
許されるんだー。オレをここから出せー、そして木場ヒロシを打倒しすべての金髪さんを・・・」

76 :便乗&勝手に続き:2008/09/22(月) 00:33:16 ID:vV1C5h7s
林間がコヴァ夫婦と再会する数日前のこと…

秋葉原
吉田「秋葉にくんのも久しぶりだなー、そういえば、俺が高校生の頃は
怪しげなショップとかメイド喫茶とかが軒を連ねててな、カオスだったよ。」
吉田嫁「そういえば、昔そういうのもあったわねー」
その時だった、小学生が数人でホームレスをリンチしているではないか。
吉田「コラーーーーーーッ!!」
小学生「やべ、逃げろ!!」
吉田「大丈夫ですか、ったく、最近のガキは………林間先生?」
小学生にボコボコにされていたのはなんと林間だった。あれから不摂生な生活をしてたのだろう、
実年齢以上に老け、昔から小汚い格好はさらに汚くなっていた。
林間「よ、吉田…!」
吉田「こんな所で何やってるんですか」
林間「何でもいいだろ、お前には関係無いッ!」
吉田「はぁ、そうですか…」
吉田嫁「シゲル、知り合い?」
吉田「ああ、一応俺の高校時代の政経の先生」
林間「吉田、誰これ」
吉田「うちの嫁ですが」
林間「ぎゃにいいいいいい!1!!!俺が五十路になっても北欧金髪美人の嫁をもらえないのに、
何でお前が先に結婚しているんだよ!1!!きさま!1!!譲り合いの精神を知らんのか11!!!
この譲り合いの精神の無い日本人の恥め!!1!!かんしゃくおこす!!!1!!123」
吉田「相変わらずデンパなことで…」
林間「…ん?よくみるとお腹が膨らんでる…ま、ま、ま…」
吉田「あと4ヶ月したら子供が産まれるんですよ」
林間「なんだとおおおおおお1111!1!gj理ghjろうgふぃhjろうgふぃほうりgfh
ッふぃfじぇfジョイfじょふぃじぇおふぃhじょぎ5j093djqd@wd!11!1!
吉田の劣悪で性犯罪者遺伝子でエロゲヲタでチョンチャンコロでひくんひくんしゃーな
遺伝子を継ぐガキが生まれるだとおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!?????」

77 :便乗&勝手に続き:2008/09/22(月) 00:34:16 ID:vV1C5h7s
吉田&吉田嫁「…(何を言ってるか意味がわからんが、ものすごく嫉妬してるみたい…)」
林間「許さん!1!!!1絶対に許さん11!!!お前のような劣悪な人間の子供は
今すぐ流産すべきだ!11!!今すぐ流産しろおおおおおおおお!1!!!!
流産しないなら俺が流産させてやる!!1!!いぐううううううううう1!!!!」
完全に発狂した林間は吉田嫁に襲いかかろうとしたが、吉田にキン蹴りを食らわされ、悶絶して崩れ落ちた。
吉田「…もう秋葉原に行くのはやめよう。帰ろ」
吉田嫁「うん…」

コヴァが林間に再会して数日後、春日部、コヴァマンション
吉田「へー、お前も林間に会ったのかよ」
コヴァ「そうなんだよ、ボクもあと一歩間違えてたら林間先生みたいになってたかと思うと…」
此方「で、ヒロちゃん、その林間って人はどーなったの?」
コヴァ「メグミが言うには、八幡山で一生飼うことになるかもだって。」
吉田「それがいいな。」
吉田嫁「でもあなた、頭のおかしい人をいじったりするのはネットの中だけにしてくださいね、
現実の基地外ほど怖いものは無いって身にしみてわかったから」
吉田「いや、あれは昔から一方的に絡んできただけだし…ありゃ、もうこんな時間だ」
此方「晩ご飯でも食べて帰る?遠慮しないでいいよ」
吉田「それじゃゴチになります」
コヴァ「せっかくだから、お義父さんも呼ぼうか」
此方「そだね」
林間と再会した数日後、あの時の喧騒が嘘のように、吉田とコヴァのいつもの穏やかな時間が流れていった…

-------------------------------------------------------
元ネタは林間先生のゲス発言より

78 :名無しかましてよかですか?:2008/09/22(月) 02:28:31 ID:UWYAEJe5
> 此方「あたしはお父さんによく・・・」

ああ、そのキャラですか。


79 :社会人物語鳥坂29歳:2008/09/22(月) 21:58:10 ID:vV1C5h7s
2020年、タマシティ イルボンアニメーション

林間が吉田やコヴァと再会する数ヶ月前のこと。
「かんしゃくおこす!!11!かんしゃくおこすうううう!11!!」
受付嬢「あのう、お客様、駄々をこねられても困ります」
「うわあああああ!1!!!鳥坂にあわせろおおおお!11!!
おわあああああああああ!1!!!おわああああああああああおおおおお!1!!!」
どこかのドイツの破壊神ばりに絶叫しながら駄々をこねていたのは林間先生だった。
受付嬢「困ったわ…どうしよう…鳥坂さんの電話番号を見ず知らずの人に教えるわけにも行かないし…」
その時、入り口から一人の男が入ってきた。29歳になった鳥坂であった。
鳥坂はビッグスロープ大学卒業後、大手商社に入社したが、1年ほど働いたあと、
突然辞表を提出し、イルボンアニメーションに入社した。鳥坂には夢があった。
「創作をする側に関わりたい」という夢が。
鳥坂は入社してから人当たりのよさと真面目さ、頭の回転の速さを生かし、めきめきと頭角を現し、
現在では同社のアニメ「世界名作劇場 崖の下のポニョ助」の脚本を務めるまでになっていた。

鳥坂「どうしたんですか?」
受付嬢「あっ、鳥坂さん、あの、鳥坂さんに面会したいという方が…」
鳥坂「…あなた誰です?」
林間「俺だよ、林間だよ、高校時代の恩師の林間だよ1!!11」
鳥坂「あー、林間先生か(人相が危なくなりすぎて誰かわからんかったわ)
ていうか、自分で恩師って言わないでくださいよ、おこがましい」
林間「だまれだまれ!11!!今日は貴様を叱りに来た、貴様、本を出したそうだな!11!!」

80 :社会人物語鳥坂29歳:2008/09/22(月) 21:59:33 ID:vV1C5h7s
鳥坂「耳が早いことで…」
林間「何で10年以上前から分泌業のボクが本を出せず、一円も印税をもらえないのに、
何でお前が本を出して印税生活してるんだよ、おかしすぎるよ!11!!」
鳥坂「林間先生はこの10数年で本を出すために何をやったって言うんですか?
文章力を磨くための修行、知識を得るための読書、出版社の人とのコネクションの構築、
林間先生はこれをやりましたか?」
林間「俺の文章力は昔から完成されていた!11!!俺は昔から読書をして知識量はお前の10倍ある、
出版社の人とのコネクションはいろいろ手紙を出したが、誰も返事を返しやがらん!!1!!」
鳥坂「…どうですか、ボクが出版社の人を知ってるんで紹介しましょうか?
新しいライターが欲しいって言ってましたし」
林間「ほ、本当か!11!!う、うう…お前って本当はいい奴だったんだな…ありがとう!!1!!
本当にありがとう!1!!!!印税が入ったら何に使おうか、ベンツでも買おうかな、
それとも家でも買おうか、いや、金髪美少女を(ry」
鳥坂(わかってねえな、このおっさん…俺の本でも印税なんかほんのお小遣い程度なのに…)

数日後、某出版社
編集さん「えーと、林間カヅフサさんですね。鳥坂君から聞いたけど、
国防関係の本を出したいそうですね。今、そういう人材がいないんでこちらとしては大助かりですよ」
鳥坂「で、林間先生、いったいどういう本を出したいんですか?」
林間「日本国防指針です!ぜひ全政治家に提言したい!!1!!
あ、すでに草稿を持ってきてます。ぜひ読んでください」
編集さん「へー、どれどれ…」

81 :社会人物語鳥坂29歳:2008/09/22(月) 22:00:37 ID:vV1C5h7s
日本国防指針 林間カヅフサ
日本の国防には強靭な肉体が欠かせない、強靭な肉体を持った日本人を作るために北欧から金髪美少女を
輸入して自衛隊員および愛国者に配給、結婚させ、生まれた子供を兵役に就かせるべきである。(中略)
内乱を防ぐため、反日教育の終了を掲げて警察はありとあらゆる組合に入っている教員を全員逮捕して
死刑にすべきである。組合教員の師弟には親の殺害を奨励すべきである。(中略)
自衛隊の統制のために、愛国者を師団長として派遣し…(以下省略)

鳥坂「…(ひ、ひどい!ひどすぎる!!こんなの本に出来ないよ!!!)」
編集さん「…(これじゃ修正のしようも無い…)」
林間「どうです、この出来栄え!ボクとしてはちょっと控えめに初版500万部でいきたいんですが…」
鳥坂「ごめん、林間先生、こんなの本に出来ないよ、初版100部でも絶対完売できない…」
林間「なんだと!11!!それはどういう意味だ111!!」
編集さん「これ、林間さんの願望をただ垂れ流してるだけじゃないですか。こんな本、買う人はいませんよ」
鳥坂「はっきり言って、10年以上前に出てたホホイ言吾の『ぼくのかんがえたはんせんぐんじがく』よりひどいです」
編集さん「もういいです、林間さんの力量はわかりましたから、お引取りください」
編集さんは林間の首根っこをつかむと、会社の外へ追い出した。
林間は追い出されたあとも日本語にならない声で何か喚き散らしていたが、
たまたま近くを通りかかったDQNに「うるさい」という理由でボコボコにされたあと、泣きながら帰路についた。

82 :名無しかましてよかですか?:2008/09/22(月) 23:49:34 ID:rZQqp00K
嫌われ推定の一生、と言う単語が脳裏をよぎった

83 :林間的思考回路:2008/09/23(火) 13:07:48 ID:/+nb5gp8
いつもの林間の粘着タイム
林間「吉田ァ」
シゲル「なんですかセンセー」
林間「お前は美人の姉ちゃんが二人もいるくせに彼女まで持ちやがっていつもイチャイチャクチュクチュ・・・」
シゲル「センセー、あのですね。きー姉ちゃんは忙しいし、もみじ姉ちゃんはそもそも実家・・・」
林間「うるさいうるさいうるさい!美人のおねいさんがいること=いっつも家でもうそりゃあ放送のできないような」
コヴァ「思い込みですにょ」
林間「コヴァー!聞いたぞお前も可愛い義理の妹がいると!」
コヴァ「ゲッ、こっちにも飛び火したぞ」
林間「オレが金髪さんとワタシノコーできないのに、貴様らはホントに・・・かんしゃくおこすかんしゃくおこすーーー」
キーンコーンカーンコーン
コヴァ「あ、授業終わったですにょ」
シゲル「何でコレが政経なんだろ・・・」
林間「チッ、じゃあこれで授業を終わりにする!宿題は吉田とコヴァが死ぬこと!1!!1以上!1!!」

職員室にて
林間「授業終わったぞー」
林間はあまりにも問題があるため、学年主任になった担任に授業が終わったごとに報告する義務を教頭に
課せられている。
林間「国崎ー、今日はコヴァがオレに妹の自慢を・・・」
担任「妄想はとりあえず、報告は後で聞くからな」
担任は何かパソコンで書類を作っている。
林間「ところでナニ作っているんだ?反日行動の計画書か?」
担任「一体何処からそんな発想が出てくるんだよ。前のコヴァか」
林間「じゃあなんだよ」
担任「実はな、大学院時代の指導教員から頼まれた英語論文の翻訳と、『月刊問題児研究』の原稿が重なって・・・」
担任はそこまで言いかけて、「あ」と小さく声を漏らした。

84 :林間的思考回路:2008/09/23(火) 13:10:09 ID:/+nb5gp8
林間「なんだと貴様ァァァァ、何でお前がそんな分泌の仕事しているんだよかんしゃくおこすうううう」
担任「いや、オレ、一応大学院出てるからこういう仕事は前からやってて、最近は余裕が出てきたから増やしたんだよ」
林間「何で貴様のような反日隠れニッキョーソが分泌の仕事ができるのに何でオレができないいいいい」
担任はお前がアホだからだよと言いかけたが口をあえてつぐんだ。
林間「分かったぞ!お前が反日勢力としてオレを組織に売って、その利益で・・・」
担任はお前を売って職場が静かになる以外どういうメリットがあるんだよと思ったが黙っていた。
林間「わかっちゃったわかっちゃった!オレはすべてを理解したそして!すべての真相を・・・」
ぶち
担任「ああっ」
どうやら林間は足を担任のノーパソのコードに引っかけたらしい。やりかけのデータが全部消える
林間「クソっ、このブサヨコードめ!おや?」
見ると担任がOTL
林間「よっしゃー、ブサヨの反日行動計画書に打撃を与えたぜー」
林間は小躍りして職員室を出て行った。

コヴァの教室
担任「しかし、なんで林間ってあそこまで理解できないんだ?」
シゲル「先生はまだ反日勢力の一端ぐらいですが、オレなんて近親相姦常習者扱いですよ」
コヴァ「ボクチンも義理の妹が居ると言うだけでそういう扱いですにょ」
鳥坂「エロゲ脳やな、そういう設定のエロゲとかギャルゲって多いからそういうもんだと思い込んでしまう」
シゲル「オレんちなんて、確かに客観的に見れば姉ちゃん達は美人ですけど、女系家族で全員S入っているから
林間が思うような状況とはほど遠いんですが」
コヴァ「ボクチンも妹によく金属バットで殴られたですにょ」
担任「研究者って言うのも楽な仕事じゃないんだけどなあ。林間の場合普通の評論家と混同している節があるが、
研究者って言うのはなるのも難しいし、収入的にはおいしい仕事とは言いにくいぞ」
鳥坂「結局林間って浅い思い込みだけなんだよね」
シゲル「あれで三十路半ば過ぎっていうのはなあ」
コヴァ「ボクチンにとって他山の石ですにょ」
担任「一体、あいつどうやって生きてきたんだろうなあ。あそこまで学習力、理解力がないのによく大学まで行けたよな」

85 :名無しかましてよかですか?:2008/09/24(水) 20:56:24 ID:GoK4Y+lD
3年前くらいにはよく来てて、最近久しぶりに見てるんだけど
林間って今もこんな感じなの?



86 :名無しかましてよかですか?:2008/09/24(水) 21:11:30 ID:kbXyzBPL
>>85
むしろ酷くなってる。
24時間近く粘着とかストライクウィッチーズにハマるとか

87 :名無しかましてよかですか?:2008/09/24(水) 21:31:51 ID:7Zjs83kS
>>86
そうなのか…
今はどの板とかスレにいるの?
リアルタイムで見てたゼロ戦inコヴァの頃は楽しかったなあ。


ストライクウィッチはDVD買おうかと思ってるw
仕事の関係で見れないから。

88 :名無しかましてよかですか?:2008/09/24(水) 21:39:06 ID:tfBBqkY3
>>87
軍板のですがスレにいるよ。「ですが」で検索すればわかる。

最近の推定さんはひどいよ、マジで。自分と意見が違う奴が
みんなブサヨに見えるらしいし、妊婦に流産しろと願ってるし、
鳥坂が本を出したのを妬んで鳥坂に粘着してるし。

89 :名無しかましてよかですか?:2008/09/24(水) 21:59:12 ID:6zjjGe4h
このさいスト魔女にはまることは悪い事だとは思わん・・・アマゾンでも結構な売れ行きだそうで
市民権を得たパンツ尻尾で大人しくしていだけるなら・・・・・・・。

しかし、8月からの妙なアクセスの伸びや最近山口県からのアクセスが確認されてそうで
林間先生の周辺に何か変化があったのではないかと・・・。

90 :名無しかましてよかですか?:2008/09/24(水) 22:04:54 ID:kbXyzBPL
推定さんの最近の変化一覧

・兵庫から山口に引っ越す
・串が使えるようになった
・自分の敵は全部ブサヨ、自分の味方(都合のいい人)は全部自分と同じ考え
・ストパンハァハァ
・フェイト・T・ハラオウンにハァハァ
・因果堂と言う同人サークルに粘着
・ニコニコ動画大好き

91 :名無しかましてよかですか?:2008/09/25(木) 12:42:58 ID:HQEBWthu
これはレベルアップなんか?そうなんか?


92 :名無しかましてよかですか?:2008/09/27(土) 08:21:17 ID:FXUIb8D3
>>79-81
そのさらに続きで、今度は長野のキモいのが
鳥坂のところに
「コレアニメの原作に使ってね」
と自作のラノベや漫画を持ち込む話をリクエスト

93 :社会人物語KOVA29歳〜キモいのは相変わらずry:2008/09/27(土) 11:38:46 ID:acvPeDA+
東京神田・民明書房
大手印刷会社から転職したコヴァの勤め先である。コヴァはここで硬派な学術書の共同出版の仕事を主に
手がけていた。
コヴァ「もしもし、あ、セントラル大学の猫井准教授ですか。実はですね、『現代法社会学』のゲラが
今できあがりまして、先生にそのチェックを・・・」
そのときだった。狭い雑居ビルの玄関の方から悲鳴が聞こえた。
「うきゃあああああああああ」
聞き慣れた声。此方の声だ。コヴァは嫌な胸騒ぎがして、用件もそこそこに上司の宮下部長に電話を渡し、
悲鳴の方へ駆けだしていく。

民明書房・コミック事業部
自費出版、同人誌のアンソロなどを商業ベースに乗せることを主な目的とした部署だ。ここにコヴァの嫁、此方は
勤めていた。
コヴァ「どうしたー、此方−」
此方「あ、ヒロちゃん」
半べその此方、そしてその向こうには此方に襲いかかろうとする3年ぶりに目にする嫌な顔が。
肝井「ブシャシャシャシャシャシャシャ」
3年の間に更に横に1.5倍になり、口からは異臭を放ち、目は濁りいやらしそうな顔をしている辺り、要するに
肝井はナニも変わらなかったらしい。
コヴァ「・・・なにやってるんですか」
肝井「ボクがねー、漫画とライトノベルを持ち込んだらこな・・・」
コヴァ「黙れですよ」
此方「・・・ヒロちゃんの昔の友達?」
コヴァ「ホラ、前に秋葉原で」
此方「ああ〜」
此方は思い出した模様。
肝井「忘れちゃうなんて酷いよー、ブッシャーーーーン、こな」
コヴァ「うるさい黙れ」

94 :社会人物語KOVA29歳〜キモいのは相変わらずry:2008/09/27(土) 11:39:34 ID:acvPeDA+
コヴァ「ところで何しに来たんだ」
肝井「それはボクチンが受理エイティ部なスパクリエイター・・・」
此方「持ち込みに来たみたいなんだけど、なんかあたしみたら興奮し始めて・・・」
コヴァ「しょうがないでしゅにょ。ボクが代わりに見ますね」
肝井「そんなボクはボクの才能はこな」
コヴァ「はいはいこっちこっち」

会議室
コヴァは黙って肝井の持ち込んだ漫画とラノベを見ていた。勿論ラノベは肝井の挿絵付き
肝井「どう?どう?」
コヴァ「・・・」
肝井「面白かった?面白かった?出版できる?」
コヴァは深く息をすると
コヴァ「デストローーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーイ」
バリバリバリバリバリバリ
肝井の原稿を目の前で引きちぎった。
肝井「ブッブッッシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!酷いじゃないか!友達じゃないか!」
コヴァ「誰が友達ですかね?それはともかく、漫画・ライトノベルともに全く良いところがないでしゅにょ。
むしろ何でここまで褒めるところがないのか疑問に思ったぐらいですにょ。漫画は絵はがたがた仕上げはボロボロ
ストーリーは自分勝手で独りよがりでしかも読んでいて不愉快。といいましゅかまだ吉田君にホモ的愛情を注いで
いるんでしゅか。最後の方気持ち悪くてみてられなかったですにょ!小説の方もストーリーはメチャクチャだし
キャラに魅力はないしまだ米田チェッコリ先生の方がマシに見えましゅにょ!そもそも最後の原稿用紙二十枚以上に
渡って書かれた大文字の『謝罪汁』ってなんですかね?吉田君やニッキョーソはともかく、何でボクまで謝らなければ
いけないんですかね?全部ヒトのせいにして生きることなんてできないんでしゅにょ。そもそも僕たちはもう29ですにょ。
ボクはあの後ちゃんと勉強して、東大は無理だったけどローゼンの法学部入って大東亜印刷に就職したけど、でもやりたい
ことは編集者だと思って転職活動してようやくここに入社して・・・」
そのときコヴァはあることに気づいた。
コヴァ「おや?肝井は」
そして絹を裂くような此方の悲鳴

95 :社会人物語KOVA29歳〜キモいのは相変わらずry:2008/09/27(土) 11:40:29 ID:acvPeDA+
肝井「ブシャブシャブシャブシャ〜、原稿が破られた報復だ!ボクはこな」
廊下に出ると肝井が此方を抱えてどこかへ行こうとしている。
コヴァ「おい!肝井!どこにいくんですかね!」
肝井「オレは彼女とこれから愛に満ちたワタシノコーを」
此方「ヒロちゃん助けて−」
此方も腹を蹴っているようだが、ジャバザハットもかくやという肝井の腹に此方の軽い攻撃は通用しない。
肝井「ブシャブシャブシャブシャ」
エレベーターで下に降りる肝井、コヴァは宮下部長に一言断ると肝井を追いかける。
コヴァ「待てーーーー」
肝井「ぶふーぶふーぶふー、被害者特権だー」
肝井が明治通りを秋葉原方向へと逃走しようとしたそのとき、階段を猛烈な勢いで下りてきたコヴァの跳び蹴りが肝井の
後頭部を直撃する。
コヴァ「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」
べき
肝井「ブッシャーーーーーーーーーーーーーン」
此方を離す肝井、コヴァは急いで回り込みお姫様だっこをする。
コヴァ「ま、間に合ったですよ・・・」
此方「怖かった−。ねえ、このヒトこれからどうするの?」
コヴァ「こいつも妹のところに預ける。実家が長野県で農家をやってるみたいだから、ニート農村下放法に則って長野の
公的な病院の管理下に置かれるだろう、たぶん」
そういうとコヴァは携帯を松沢へとかける。
此方「ありがとう・・・ヒロちゃん」
此方の左手に光る結婚指輪
肝井「ブ、ブシャア、ところでこな」
此方「え?」
コヴァ「肝井、このヒトはオレの妻だ」
肝井の脳内でコヴァの言葉がリフレインする
妻だ妻だ妻だ妻だ妻だ妻だ妻だ妻だ妻だ妻だ妻だ妻だ妻だ妻だ妻だ妻だ妻だ妻だ妻だ妻だ妻だ妻だ
肝井「ぶしゃ?」
コヴァ「オレとお前の間には、もうこんなに差が出来ちゃったんだよ。この十年で」

96 :社会人物語KOVA29歳〜キモいのは相変わらずry:2008/09/27(土) 11:42:54 ID:acvPeDA+
遠くから黄色い救急車の音が聞こえる。メグミの車だ。
コヴァ「さて、仕事に戻るか。宮下部長に謝らないとな」
此方「今日残業?」
コヴァ「まあ、この一件で結構時間取られちゃったからなあ。今日は終電かなあ」
此方「そうだねえ。ねえ、駅からマンションまではタクシー使おうよ」
コヴァ「そうだな・・・」
二人は雑居ビル内の会社へと戻っていく。
歩道にたった一人取り残された肝井。隣にすっと黄色い横っ腹に「都立松沢病院」と書かれた救急車が止まった。
肝井「・・・」
救急車からはごっつい男達がぞろぞろと出てきて、肝井を両側からつかむ。
メグミ「午後二時四十五分、肝井味平確保」
そしてそのまま車に乗せられていく。
肝井「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおい」
肝井が泣き出した。
何故、同じところにいたはずなのにここまで差がついてしまったんだろうと。
メグミ「ちっ、蜂熊印の強力鎮静剤を」
白い服を着た男が怪しい色のアンプルを注射器に注ぎ肝井に注射する。
肝井「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」
静脈注射は、肝井の心と頭を冷ますほどの効果はなかった。同じところにいたはずの二人が、方や職を持ち
幸せな家庭を作りつつあるのに、方や・・・。
肝井が泣く度に注射は増加され、その日、松沢軍団で使った注射器のアンプルの量はコヴァ全盛期に勝るとも
劣らない量となった。

97 :名無しかましてよかですか?:2008/09/29(月) 19:20:34 ID:OzZ7OtvY
推定とキモ味て、何度原稿をデストロイされたら気が済むんだろ?

98 :名無しかましてよかですか?:2008/09/29(月) 20:58:50 ID:hXQpwYcQ
>>97
死ぬまで。バカには治るバカと治らないバカがあるけど、二人は確実に後者。

99 :名無しかましてよかですか?:2008/09/30(火) 19:23:40 ID:YMbiMsKL
意外にもコヴァは治るバカだったのか。

100 :名無しかましてよかですか?:2008/09/30(火) 20:11:27 ID:wiOXHaiB
菊地君が社会復帰しちゃったから、それをモデルにしたコヴァが社会復帰出来るのは
ある意味当然じゃないかと。

101 :名無しかましてよかですか?:2008/09/30(火) 20:32:07 ID:tuCaWOal
>>99
菊地は最盛期がまだ20歳と若かったし、働き出すと
あまり文句も言わずにかなり真面目に働いていたようだからね。

普通のワープア派遣の1割も働かないくせに文句だけは人一倍吐くキモ味とか
おそらく30代の現在に至るまで一度も働いたことの無い林間先生とは違う。
まぁ、キモ味に関しては妙な妄想をおこして怖がって行かなかった首都圏に
行って働くようになったし、脱糞頻度も三大デンパの中では一番少なくなったから
ずいぶんとマシになったと思うけど。

今でも連日のように軍板で脱糞を繰り返す林間先生はもはや手のつけようが無いw

102 :名無しかましてよかですか?:2008/09/30(火) 20:45:28 ID:wiOXHaiB
まあ、菊地も最初は色々2chで言ってたけど、半年も経つと殆ど来なくなって
もう二年以上来てないんじゃなかったっけ?<菊地

「無職」や「ニート」は菊地でも嫌だったようだな

103 :名無しかましてよかですか?:2008/09/30(火) 20:53:30 ID:YMbiMsKL
あのころはお仲間(小林信者)もまだ結構いたからねえ。
あれだけ孤軍奮闘できる林間先生とは、根っこからして違ったのかも知れんな。

104 :名無しかましてよかですか?:2008/09/30(火) 21:20:25 ID:wiOXHaiB
林間センセーの場合、菊地と同じく「コヴァ」ではくくれないから・・・。

菊地もあのまんま三十路まで居たら林間みたくなってたのかもしれんね

105 :名無しかましてよかですか?:2008/09/30(火) 21:59:25 ID:yH5tza+P
945 名前:名無しさん@九周年 :2008/09/30(火) 20:26:23 ID:+2o9d3ih0
2chの影響か知らんが高2の弟の嫌韓ぶりが最近酷い
家族団欒で食事してるときでも何の脈絡もなく韓国の話をするから両親も凄い困惑してる

自分の国籍も知らずに

106 :自己矛盾:2008/10/01(水) 20:08:19 ID:CLOC0eHy
いつもの林間の妄想タイム

林間「ぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお、中山大臣を
任命したローゼン太郎は今すぐ衆議院を解散し総選挙を〜」
鳥坂「・・・」
林間「そして我がみんす党と西村ティンゴがああああああああああ」
シゲル「・・・・」
林間「大勝利ぃぃぃぃぃぃぃ」
コヴァ「・・・黙ってなきゃいけないんですかね?」
シゲル「黙っとけ、沈黙は金だ」
コヴァ「もし、中山大臣がみんすだったらどういう反応をしたんですかね?あと、
みんす党の支持基盤って・・・」
鳥坂「黙っとけ、とにかく黙っとけ」

107 :名無しかましてよかですか?:2008/10/04(土) 10:08:23 ID:xUaaIAaD
思想は違えどこの人のやってること林間先生に似てない?
ttp://www5b.biglobe.ne.jp/~nomaki/adachi_index.htm


108 :名無しかましてよかですか?:2008/10/06(月) 20:27:29 ID:pdVG2AW3
>>107
林間センセーの方があからさまに酷い

少なくとも、妊婦に対して(あきまへん)みたいなことは言わないだろうし

109 :名無しかましてよかですか?:2008/10/06(月) 20:34:51 ID:yjkl+qyi
あったらイヤなもの





林間カヅフサと行く
北欧10日間の旅

110 :名無しかましてよかですか?:2008/10/06(月) 21:11:51 ID:w+rhWkos
>>109
他には、

・千葉ヒサユキと行く東京山の手日帰り旅行
(内容は山の手方面を歩きながら千葉のエセセレブ自慢を聞かされる)

・肝井味平と行く秋葉原日帰り旅行
(肝井の聞きたくも無いヲタ知識を延々と聞かされる)

・法元実定(>>19-22)と行く永田町日帰り旅行
(法元のボクチンを拒絶した(と思い込んでいる)社会への
恨み辛みを交えたボソボソしゃべる独り言を延々と(ry)

111 :名無しかましてよかですか?:2008/10/06(月) 23:34:14 ID:pdVG2AW3
林間の場合、北欧ポリスメンにそのままとっつかまる可能性が・・・。
旧共産圏なら、一生日本へ帰ってこられないかも

112 :名無しかましてよかですか?:2008/10/07(火) 07:49:12 ID:cV1BJQ5W
>>111
いや、自国に留めて毒電波を撒き散らされるのも困るし、
むしろ返したほうが日本のダメージにもなるから、喜んで返してくれるよ。
つーか、活動資金まで提供するかもしれん。

113 :嫉妬戦士 林間カヅフサ:2008/10/07(火) 14:42:30 ID:uNVJax83
ある日の担任宅
担任「ただいまー」
佐由理「おかえりなさい!」
担任「ん?どうしたんだ、今日はやけに嬉しそうじゃないか」
佐由理「うん、とっても嬉しい知らせが届いたの」
担任「え?何だい?」
佐由理「赤ちゃんが出来ました…」
担任「やったああああああ!!!」

翌日、学校
吉田「へー、おめでとうございます!かわいい子が産まれるといいですね」
コヴァ「ボクとニッキョーソとの付き合いはかれこれ結婚前からでしゅから、
ものすごく感慨深いですにょ…」
担任「ありがとな、お前ら」
ところが、鳥坂はさっきから何か考え込んだ表情をしていた。
吉田「ん?どしたの?鳥坂。考え込んじゃって」
鳥坂「先生、このことは他の先生にも言いましたか?」
担任「ああ、神崎先生や他の中のいい先生には報告したけど」
鳥坂「林間には絶対に伝わらないようにした方がいいですよ」
担任「?…林間がどうかしたか?あいつが嫉妬するのはいつものことだろ」
吉田「はっ、そうか…」
担任「何のことだ?」
コヴァ「何日か前に林間先生が授業の中でこんな事を言ってたんですにょ。
『反日勢力の人間の嫁が妊娠したら、その血を絶つために流産させなければならない、
そして愛国者には腹を蹴飛ばしたりして流産させる権利がある』って…」
担任「マジで?」
鳥坂「最初は何かのジョークだと思っとったんですが、目つきが本気なんです」
コヴァ「まともな人間の目じゃなかったですにょ」
吉田「今のうちに手をうった方がいいですよ」
?「その必要は無い!」

114 :嫉妬戦士 林間カヅフサ:2008/10/07(火) 14:44:31 ID:uNVJax83
4人は声のした方を一斉に振り向いた。林間だ。
林間「そうかそうか…国崎に子供が出来たか…ならば、堕胎させねばならんな…」
担任「おい、林間!」
林間「反日勢力と障害者は日本に必要ないので、殺してその呪われた劣った血を絶つ。
これは愛国者に課された使命である!!1!!」
吉田「基地外…(ボソッ)」
林間「黙れ便意兵!11!!陰口叩いてる暇があったら俺と論戦で勝負しろ!11!!
まぁ、俺の完全勝利以外はありえんがな111!!!
おっと、こうはしておれん、今すぐ堕胎作業に移らねば!11!!」
林間はそういうと、駐車場に向かってダッシュした。
担任「ヤバイ!はやく止めないと佐由理が!!」
コヴァ「落ち着いてくださいにょ」
吉田「林間の軽挙妄動なんかに惑わされず、どっしりと腰を構えて対策を練るべきです。
とりあえず姉に連絡しておきますね。コムサをはじめ、林間の持ってるめぼしい道具には
全て発信機を取り付けています。よって、あいつが佐由理さんに危害を加えることは出来ません」

115 :嫉妬戦士 林間カヅフサ:2008/10/07(火) 14:45:33 ID:uNVJax83
30分後、担任夫婦の住むのマンション
佐由理は買いこんできたマタニティグッズを脇に抱え、
まだ殆ど膨らんでいないお腹をなでながら幸せを噛み締めていた。
すると、そこへ林間があらわれた。
佐由理「え、えーと、雅人さんの学校の林間さんですよね」
林間「違う!!1!!俺は正義の使者、堕胎仮面こと弁慶明だ!!1!!
正義の為、貴女のお腹の子を処分しに来た。覚悟!!1!!」
佐由理「いやーーーーー、誰か助けてーーーー!」
月宮「はい、確保ーーーー!!」
すると、周囲から数人のマッチョたちが飛び出し、一瞬のうちに林間を取り押さえた。
月宮「ほんま懲りんやっちゃな、そんなに幸せな奴が憎いんか?」
林間「違う!1!!!俺はな、日本の未来のために」
月宮「何正当化しとんな。お前がなんと言おうとお前のやろうとしたことは立派な犯罪やで」
林間「愛国者を逮捕するなんて」
月宮「誰が愛国者や。愛国者だろうが売国奴だろうが犯罪者の取り扱いに区別を設けんのが今の日本の刑法やで。
まぁ、お前の場合は『自分より幸せな奴をひどい目に合わせたい』という下衆な心を
愛国の名の下に粉飾してるだけだけどな」
林間「だまれだまれだまれ」
月宮「あー、うるさいやっちゃ、鎮静剤でもうったるから寝とれ」

プス

月宮「本当大変でしたねー、元気な赤ちゃんが生まれるように祈ってますよ」
月宮は林間を捕獲し、黄色い救急車に乗せた後、佐由理にいたわりの言葉をかけて
黄色い救急車に乗って松沢に戻っていった。

116 :名無しかましてよかですか?:2008/10/07(火) 20:01:37 ID:vAyiZpSu
戦乙女ヴァルキリーには妊婦エンドがある→
軍事板で行った林間の一連のゲス発言→

    ,ィィr--  ..__、j
   ル! {       `ヽ,       ∧
  N { l `    ,、   i _|\/ ∨ ∨
  ゝヽ   _,,ィjjハ、   | \
  `ニr‐tミ-rr‐tュ<≧rヘ   >  つまり林間はボテ腹萌えだったんだよー
     {___,リ ヽ二´ノ  }ソ ∠ 
    '、 `,-_-ュ  u /|   ∠
      ヽ`┴ ' //l\  |/\∧  /
--─‐ァ'| `ニ--‐'´ /  |`ー ..__   `´
    く__レ1;';';';>、  / __ |  ,=、 ___
   「 ∧ 7;';';'| ヽ/ _,|‐、|」 |L..! {L..l ))
   |  |::.V;';';';'| /.:.|トl`´.! l _,,,l | _,,|  , -,
    ! |:.:.:l;;';';';'|/.:.:.:||=|=; | |   | | .l / 〃 ))
    l |:.:.:.:l;';';'/.:.:.:.:| ! ヽ \!‐=:l/ `:lj  7
    | |:.:.:.:.l;'/.:.:.:.:.:.! ヽ:::\::  ::::|  ::l /

117 :名無しかましてよかですか?:2008/10/07(火) 20:09:51 ID:5XgDSvtO
林間のゲス発言の原文が見たいな。

118 :名無しかましてよかですか?:2008/10/07(火) 20:16:28 ID:vAyiZpSu
>>117
マジでゲス発言なので閲覧注意

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1216995892/358
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1216995892/360

119 :名無しかましてよかですか?:2008/10/08(水) 09:45:21 ID:nF7i6qLG
肉じゃがとか糸こんにゃくとかマジで引くわ。
ネタ元の面目躍如といったところか

120 :名無しかましてよかですか?:2008/10/08(水) 22:18:43 ID:NK+OIbGd
林間IN北欧・・・

121 :名無しかましてよかですか?:2008/10/10(金) 16:47:05 ID:SD1XEG5P
林間こそ生まれる前に糞と一緒に下水へ流されるべきだったのに

122 :ヒキサヨニート ◆FzAyW.Rdbg :2008/10/10(金) 21:22:42 ID:xECE6VTK
ここまで酷いとは・・・・・・・・・・

しかし、連投でエグイレス垂れ流すなぁ・・・それとも願望丸出しか?・・もう病気の域だね
また、林間先生って鬼畜系の同人とかが好きなのかな?
普通なら思っても踏みとどまる内容だよこれは・・・・・・・・チンピラでもドン引きするわ
そんなに当該の新婚夫婦が憎いなら
「ケッ、溝鼠みたくクソガキ沢山こさえて野垂れ死にやがれ、ペッ」位の捨て台詞でやめりゃ良かったものを

つうか、北欧女神陵辱じゃ飽き足らなくなりましたか・・・そうですか・・。


123 :名無しかましてよかですか?:2008/10/10(金) 22:58:12 ID:hbeNEuO6
林間は鬼畜系大好きだろ・・・戦乙女ヴァルキリー大好きっ子だし。
あと、モー娘。(ハロモニ)も大好きだし

恐らく家には師走の翁の一連のエロマンガやら、ルネのエロゲーやら官憲に
踏み込まれたら非常に具合の悪いモノが大量にあるに違いあるまいて

124 :吉田シゲル29歳〜林間、最後の聖戦:2008/10/11(土) 00:55:31 ID:XEty1BEE
都内某所、ヨシダカウンセリングルーム、と看板が掲げられた瀟洒な一軒家。
中で向かい合うは臨床心理士資格を持つ吉田シゲル29歳と、教員免許はとっくの昔に失効してしまった
林間カヅフサ50歳
林間「ふっふっふ、オレはこの時を待っていた」
シゲル「そうですか、私は望んでいませんでしたが」
林間「この場で、この1対1の場面で、お前はこのオレの目の前でぐちゃぐちゃに切り裂かれて内蔵がはみだ(以下略」
興奮しまくしたてる林間に向けてシゲルは少し悲しそうな顔をする。
シゲル「・・・」
林間「何だ。その目は、お前はいつもそうだ。このオレをそうやって冷笑的に見下してそれで勝ち誇ったような
フリをしている!でもそれはオレの論理に絶対に勝てないからだろう!なぜなら、オレとやりあった瞬間貴様の
自意識はこっぱみじんに(以下略」
シゲルは手元の書類に何かを書き付ける。
シゲル「林間さん、いや、林間先生とここではお呼びしましょうか」
林間「フン!オレを論破してから偉そうな口を叩けかんしゃくおこす!1!!!11!!」
シゲル「何故、ここに呼ばれているのかお分かりですか?」
林間「行政官の陰謀によって、真面目で素晴らしい愛国者であるはずのオレが虐げられ・・・」
シゲル「本当にそう思ってるのですか?」
シゲルはまっすぐに林間の目を見据えた。
林間「・・・あ、ああぁあぁぁ、うん。そうだ。そうに決まってる。オレは本当ならクリエイティブな思想家として・・・」
シゲルは悲しそうに何かをまた書き付けた。
シゲル「本当にそう思ってるのですか。念には念をいれます」
林間はやや逆ギレ気味にこう答えた。
林間「そうに決まってるからに決まってるじゃないか!何で分かってくれないんだ!」
林間の目には何かが光っていた。
林間はいつもこうだったのだろう。思うような高校に行けず、不本意だった高校三年間。その後重ねた浪人の日々。やっと
大学に滑り込みそこで保守系の教員と過ごした思想的な日々。そして大学院へと進み、そこを追放され重ね続けたエロゲと
反日娘。の日々。やっと学校の教員になり、僅かながら自力で過ごした日々。一日一日を誠実に生きていれば力になった
はずの日々は、林間カヅフサにとってはただの敗北の日々でしか無かった。そうとしか彼は理解していなかった。
それが、彼の生き方だった。

125 :吉田シゲル29歳〜林間、最後の聖戦:2008/10/11(土) 00:56:38 ID:XEty1BEE
シゲル「・・・本当はこういう言い方はしたくはないのですが」
林間「何だ、オレに怖じ気づいたのか」
シゲル「はっきり言ってメグちゃんからこの仕事任されたとき、私は嫌でした」
林間「何でだ」
シゲル「・・・はっきり言いましょう。これはあなたをもう二度と社会に出さないための心理調査なんですよ」
林間「・・・分かってた」
シゲル「はい?」
林間「オレをみんな結局いじめるんだろ。そういうことなんだろう。お前なんてそうだよなあ昔は仲間だったのに
今じゃ姉ちゃんにそそのかされてオレをいじめて・・・」
林間の声は涙声だ。
シゲル「違いますよ」
シゲルは努めて、出来るだけ冷静に言った。
シゲル「松沢の特別隔離病棟に入れば、とりあえず天寿は全うできます。もし、これで入らなくても良いという結果が
出た場合も、都の方から仕事の紹介が」
林間「違う違う違う」
シゲル「・・・違う?」
林間「何でオレはこんなに国を愛しているのに国はオレを愛してくれないんだよ」
結局そこか。シゲルは半分諦めたような、半分納得したような素振りで林間を見る。
シゲル「愛国心っていうのは、報われない愛なんです」
林間「何でだよ。国を愛さないサヨクやポチよりよっぽどオレの方が」
シゲル「国は所詮組織です。国にとっては税金を納めている限り、国民がそんな思想信条を持っていようがかまわないんですよ」
林間「だからそれがおかしいんだよ。オレは、こんなに国を考え、国を愛してるのに国は報いてくれない・・・」
林間がうわごとのように繰り返す言葉に、シゲルは諦めたようだ。
シゲル「では、分かりました。これで以上です」
林間「おい、オレとの議論がまだ残ってるだろう!オレとやり合え!」
シゲルは少し考えた。
シゲル「はいはい、分かりました。私よりあなたの方が素晴らしい愛国者です。・・・これで満足ですか?」
しかし、林間の反応はシゲルの反応とちょっと異なっていた。
林間「なんでいつもそうやってオレとみんな議論してくれないんだよー!!!11かんしゃくおこすーーー!1!!」

126 :吉田シゲル29歳〜林間、最後の聖戦:2008/10/11(土) 00:57:33 ID:XEty1BEE
シゲル「カウンセラーなのに、こういう言い方はよくないとは思いますが」
林間「オレと議論しないのはオレに負けるのが怖いからだろ!だって、オレは千戦千勝の鬼神・・・」
シゲル「あなたは、議論をしたいのではなく、あなたの言葉を認めてくれるヒトが欲しいだけですよね」
林間は虚を突かれたような顔になった。
林間「ち、違うぞ!それは違う!」
シゲル「そうですか、ならいいですけど」
林間「やったー。これでまた勝ったぞー」
林間はスキップしながら左右を松沢軍団に押さえられつつ、車に乗せられていった。もう、林間は社会に出ることはないだろう。
永遠に

松沢軍団
メグミ「ふぅん、やっぱりね」
シゲル「はい、判断は変わりません。やはり永久に隔離するしか・・・。社会性が死んでいますし」
メグミ「うん、じゃあありがと。・・・そうだ、何で兄貴と林間センセはここまで差が出ちゃったんだと思う?」
シゲルは電話の向こう口で少し考えた。
シゲル「そうですね、やっぱりコヴァの場合、若かったのが一番大きいんじゃないかなあ」
メグミ「そうだよね。もう高校三年生の時は普通に受験生だったしね」
シゲル「それにコヴァの場合、あの後ローゼン大学に受かった後、大学の応援団入ったり体鍛えたり自分を変えようと
しましたよね。アレも大きかったんじゃないかなあ」
メグミ「そうそう、何か夏でも学ラン着てオッスオッス言ってた。似合ってたけど、妙に」
シゲル「それで結局景気は微妙だったけど大東亜印刷に入れて、今は出版社でしょ」
メグミ「今は奥さんと春日部に住んでいて、今度東鷲宮か幸手に家建てるって」
シゲル「大学時代、応援団で風俗に連れて行って貰ってからガラっと変わった印象もあるなあ。女性を怖がらなく
なったというか」
メグミ「・・・結局、自分を変えようとすることが出来るのか、それでヒトにあって自分をどんどん変えていけるのかって
ことが大切なのかもしれないわね」
シゲル「そうかもしれませんね」
メグミ「じゃあ、電話切るから。また仕事では宜しくお願いします」
電話を切ったメグミを待つのは、数十人・数百人の患者達

127 :名無しかましてよかですか?:2008/10/11(土) 08:49:37 ID:7rxb83w/
最近の林間のゲス発言見てると
死亡ENDがお似合いだよなあ、あのクズには


128 :パンツじゃ(ry:2008/10/12(日) 14:52:50 ID:aQZ+W3NZ
いつもの海武学園

林間「と言うことでな、パンツじゃ(ry」
シゲル「センセー」
林間「むむっ、貴様教師に刃向かう気か!」
シゲル「刃向かう価値もないですけど、センセって確かアニメとか嫌いじゃあ」
林間「フゥ、これだから萌えアニメにしか興味がないヤツは困る」
何か背後でブシャブシャ呻いているがクラス全員スルー
シゲル「・・・いや、センセー、ストパンはどうみても硬派ではないでしょう」
林間「ふっふっふ、それが甘いというのだよ」
シゲル「どういうことでスか?」
林間「私は昔、零戦IN林間と名乗ったことがあった」
鳥坂「あ、認めた」
コヴァ「突っ込まない方がいいですにょ」
林間「その時思ったんだ、人は皆、戦闘機のような心情を持つべきだと。そしてその
精神を見事に反映した反特定アジア的愛国アニメとしてストパンが」

後に吉田シゲルはこう語ったという

「下劣な欲情を理論武装し始めたとき、林間はもう終わったと思いました」

129 :社会人物語鳥坂29メグミ28仕事はつらい:2008/10/13(月) 08:19:01 ID:18IBFBza
とある、都内のカフェ。
メグミ「ゴメン遅れちゃった、待った?」
鳥坂「いや。仕方ないよ。お互い忙しいんだから」
鳥坂とメグミはコヴァの結婚式をきっかけにヨリを戻し。
それ以降再び付き合い始めていた。
鳥坂「しかしメグミちゃんも、もうすっかり一人前の精神科医だよね。
    松沢軍団を仕切っているし」
メグミ「いや、私はまだまだよ。でも鳥坂君が脚本手がけているテレビアニメ大好評じゃない。
    国崎先生の息子さんも大ファンだって」
鳥坂「そういってもらえると嬉しいよね。やっぱ人間って誰かからほめられたりすると、
    それが本当励みになるよな」
などと話していると、鳥坂の携帯がけたたましく鳴り響いた
鳥坂「はい、どうした?えっ?キモいのがまた『ぶしゃぶしゃ、ボクの作品をアニメにしてよー』
    とか言いながら居座っているって?わかった今すぐ行く」
   「メグミちゃんゴメン。でもこういう仕事しているとこういう奴らの相手しなければいけないんだよね」
メグミ「分かっている。であんまり危険な事はしないでね。私もすぐ軍団連れてくるから」
鳥坂「ああ助かるよ、では」





130 :社会人物語鳥坂29メグミ28仕事はつらい :2008/10/13(月) 08:49:46 ID:18IBFBza
イルボンアニメ
鳥坂「どうした、どうした」
女子社員「鳥坂さん、この人です」
肝井「鳥坂くーーん。キモちゃんだよ。これアニメの原作に使ってよ。ぶしゃぶしゃ」
鳥坂「どれ。取り合えず見せてみろ」
鳥坂は肝井の持ち込んだ原稿に目を通すと、5分も経たないうちに
鳥坂「こんなもん、デストロイじゃ!!ヴォケ!!!!」
肝井「何すんだよ」
鳥坂「こんなもん、どないしてアニメにしろつうねん!!誰がキモい物体のホモ話なんか見るかつうねん!!」
肝井「ぶしゃーーーー、よくも原稿破ったな。謝罪汁、謝罪汁」
すると、鳥坂は「じゃかあしい!!!ヴォケ!!!」
と言いながら肝井にドロップキックをかませると、携帯を取り出し。
鳥坂「あ、メグミちゃん。大至急肝井を収容してくれ」

その日の夜
鳥坂「ゴメンな。せっかくのデートだったのに途中で抜け出したりして」
メグミ「いいよ、だって鳥坂君の事は理解しているつもりだから」
鳥坂「じゃあ、これからゆっくり楽しもうか」
メグミ「そうね」


そのころ松沢病院特別隔離病棟
肝井「こらーーー鳥坂ーーーー、メグミーーーー謝罪汁ーーー」
今日も松沢に肝井の叫びがこだまする







131 :コヴァカルタ:2008/10/13(月) 12:55:47 ID:kTDXt4Cc
あ・・・愛国者の犯罪行為は見逃される!
い・・・いつかはしたいよワタシノコー
う・・・美しい巫女さんと日本
え・・・エロゲーは日本文化です
お・・・お母さんに家庭内暴力

か・・・韓国シネシネ
き・・・菊地君は伝説のヒト
く・・・国のためにしねるぞおおおおおおおお
け・・・血縁が繋がっていない巫女の妹を支給して下さい
こ・・・コヴァじゃない、中道的日本人だ!

132 :コヴァカルタ:2008/10/13(月) 13:00:52 ID:kTDXt4Cc
さ・・・サクラ大戦がきっかけでした
し・・・シネシネ反日勢力
す・・・ストパンは、八紘一宇の精神
せ・・・セックスしてーよー、あんちくしょうボォゲ
そ・・・そりゃあボクは愛国者ですから

た・・・担任は、ニッキョーソ
ち・・・違いの分かる、愛国者
つ・・・強いぞ凄いぞ自衛隊
て・・・テレビは嘘つき、真実はネットの中にだけある
と・・・友達よりも、愛国思想

133 :コヴァカルタ:2008/10/13(月) 13:10:24 ID:kTDXt4Cc
な・・・名前が左右対称!?在日だな正体割れたぞボォゲ!
に・・・日本中の愛国者が集うニコニコ動画
ぬ・・・ぬぅっ、愛国者の成績が悪いとは模擬試験はサヨク!
ね・・・猫耳・犬耳生えてるウィッチーズ
の・・・ノリが悪くてクラスでいつもひとりぼっち

は・・・バルキリーを陵辱する!
ひ・・・ヒロちゃん、おやつ買ってきたわよ、おいババア!これロッテ製品じゃねえかふざけてんのか!
ふ・・・フルボッコ、家の中でママンを特に
へ・・・平和憲法クソ食らえ、オレはいつも虐げられてきた
ほ・・・保守と言えば巫女さん、巫女さんと言えばはいてない

134 :コヴァカルタ:2008/10/13(月) 13:16:35 ID:kTDXt4Cc
ま・・・祭りでサヨクのブログを炎上
み・・・巫女さんは、日本の宝
む・・・ムラムラしてきたので、楽しいウイニー
め・・・明治神宮から出入り禁止
も・・・もう嫌だ、お母さんが家を出て行きました

や・・・靖国神社を平日昼間に徘徊
ゆ・・・ゆとり教育ではないですね、ボクは有名な中高一貫校をでてるんですよ。高卒ですが
よ・・・ようやく愛国者が報われる時代が来るはず

135 :コヴァカルタ:2008/10/13(月) 13:23:19 ID:kTDXt4Cc
ら・・・らき☆すたの鷲宮神社へ、そして埼玉県警にテイクアウト
り・・・林間は、三十路無職職歴無し童貞
る・・・ルンルン気分だ、サヨクを論破したぞ!
れ・・・恋愛は、シミュレーション経験は豊富
ろ・・・ロリコンではない!ただ汚れ無きおにゃのこが大好きなだけだ(力説)

わ・・・ワタシノコー、ああ憧れのワタシノコー
を・・・お母さんを殴る
ん・・・ん?見慣れないクルマだな。おや、脇腹に「都立松沢」って書かれてるぞ。
   なんでゴツいヒトがいっぱい沸いてきたの?まさか・・・

ミギャアアアアアアアアアアアアアアアアアア

136 :学園KOVAまとめサイトの中の人:2008/10/16(木) 22:43:10 ID:09o6JDSD
前スレを補完しました。
dat化されて2ヶ月ほど経過したあとの更新なのですが…。

http://www.geocities.jp/gakuen_kova17/

>>131-135
マトモになる前のコヴァの狂気が現れていて
懐かしさを感じつつ笑ってしまいました。
「ん」で回収されていくオチの余韻も楽しいです。

137 :ジ・エンドオブ・コヴァ!?:2008/10/16(木) 23:32:18 ID:LVQi46lV
このセカイが退屈なことなんて分かりきっていて、そのことが幸せなんだと思っていた。
あの日までは

T県T市、T県警本部
「遠くからご足労ご苦労様です」
県警の警備部長が深々と頭を下げた。下げた先には都立松沢軍団の軍団長・免下玲が。
「いや、こちらこそわざわざ宿泊費や交通費まで負担して貰っているのだからそんなに気を遣わずに」
「しかし、こんな妙齢の女性がなあ」
いぶかしげに免下を見る公安課長に対し免下はちくりと
「まあ、お呼びになったのはこちらの本部長さんですけどね」
と少々上を意識させておく。
「ではこちらへ」
通された先は大会議室。正面には本部長が待ち構えていた。
T市S学会・M記念会館連続爆破事件
「・・・と言うことでこの事件は通常の公安事件と言うよりも、我々の扱う、俗に『コヴァ』『ネトウヨ』『紳士様』に
よる犯行だと考えられます」
免下の説明に対し、本部長は納得しているようだが、現場責任者は難しそうな顔をしている。
「免下さん」
「はい」
「その、こばとか紳士服とか言うのはどこにいるのかね」
警備部長が免下に問いかけた。
「そうですね。どこにでもいます」
「どこにでもって・・・そんな無責任な!」
「ただ、ヒントとしては先ほども言いましたように大学化学系教養教育レベルの知識と、深夜に自由に移動できるような
人間が犯人ですから、地元大学の化学科か薬学科を中退、もしくは除籍したヒキコモリが感化され」
「プロファイルはいいがそのヒキコモリをどうやって捕らえるんだ!」
警備部長は激高した。
「もういい、私は評論家を呼べとは言ってない。私は帰る」
そして部屋には本部長と免下だけが残された。

138 :ジ・エンドオブ・コヴァ!?:2008/10/16(木) 23:33:14 ID:LVQi46lV
T市中心部
「すまなかったねえ。キミのことはいくつかの保守系の政治家さんを通して、都知事が治安維持の切り札として投入した
優秀な精神科医だと聞いていたからまさかこんなことに」
「いいですよ本部長。誤解されるのは慣れていますから」
免下は目下に広がる吉野川に目を落とす。
「ところで今日は泊まっていくんだろう」
「はい、お言葉に甘えさせていただいて。・・・そうだ、市内の人権団体の所在地、社民党本部の所在地、反権力性が強い
市民団体の所在地って分かりますかね」
「ああ、うん、一応把握はしているが」
「地図、渡していただけませんか?」

深夜三時、T市内、某人権団体の県支部
「ふ、はぁ、ふ、はぁ」
パーカーのフードを目深にかぶり、手には消しゴムのようなモノを持った眼鏡の小太りの若い男が居る。
「ぼ、ボクはずっといじめられてきたのに、人権は守ってくれなかった・・・」
目には狂気、いや、狂喜が宿っている。この一撃で自分の今までの人生で味あわされてきた苦痛を一気に返すことが出来る。
そんな確信に満ちた自信満々の目。しかし、その完璧に構築されたセカイは一言で壊された。
「誰だっ」
若い女性の声。若い女性に現実においては嫌悪のこもった声と機械的な声でしか受け答えをして貰ったことがなかった
彼は酷く動揺した。振り返ると白衣の女性、眼鏡をかけ性格はきつそうだ。免下玲だ。
「ひ、ひぃ」
彼はやっとのことで声を絞り出した。そして
「うぃあぇへ」
変な叫び声とともに消しゴムを人権団体の建物の方に投げた。
「待てっ」
免下が彼を追いかけようとする。彼の恐怖心は最高潮だ。そして・・・スイッチを押す

破裂音、大音響、光と音と爆風

139 :ジ・エンドオブ・コヴァ!?:2008/10/16(木) 23:34:12 ID:LVQi46lV
東京本郷、ヨシダ姉弟のマンション
ばたばたばたばた、ばたばたばたばた
「姉ちゃん、朝からうるさいよ。今日は何かあったの?」
あくびをかみ殺しながら自室から出てくるシゲル。姉であるキリコは荷物をせっせせっせとハードゲイなお手伝いさんに
手伝って貰いながらカバンに詰め込んでいる。
「あのね、レイちゃんがT県で爆発事件に巻き込まれて大けがしたみたい。明け方に向こうの大学病院から連絡があったの」
「へえ、なんで・・・ってT県!?四国の?」
テレビがつけっぱなしになっている。さっきからみのがボードをペチペチ叩きながら徳島で大きな爆発事件があったことを
伝えている。
「だから今日はいつ帰ってくるか分からないから−」
「お嬢様−、タクシーが来ました−」
姉はお手伝いのその発言に分かったというと急いで玄関から外へ出て行く

いつもの海武学園
「それにしてもT県かー、大阪の向かいだなあ」
「ボクも朝起きたときびっくりしちゃいましたよ」
コヴァと鳥坂がT県で起きた事件について話している。
「おはよう、今日は早く起きちゃって・・・」
そこに眠そうな顔で加わるシゲル
「吉田君、今日の」
「T県だろ。知ってる。姉貴朝イチでタクシー乗って羽田行った」
「うお?どういうことですかね?」
「テレビじゃまだでてなかったな、そういえば」
「何かあったんか、シゲル」
「・・・姉貴の同僚で、コヴァの主治医の免下さんが巻き込まれた」
「うぽ?」
「まじでか」
「どういうことですかね?」
「さあ、オレもよくはしらん。ただ、姉貴はそう言ってた」
「しかし、免下が絡んでるってことはT県の事件って・・・」

140 :ジ・エンドオブ・コヴァ!?:2008/10/16(木) 23:35:26 ID:LVQi46lV
「多分、ボクチンの仲間が」
コヴァが神妙そうな顔をする。
「でも、ボクチンはやってないですにょ!」
「そうやろ、お前んちに万が一警察が来ても、エイトプリンスからT県まで行く方法はないと言えばええし、そんなこと
考える警察官はトツカワ警部ぐらいや」
「でも、その前に爆破されたのが保守政党リベラル派大物議員記念会館で、その前がS学会支部、で両方は三国志の
イベント共催していて今日は人権団体・・・確かに何か・・・」
シゲルが何かを考え始めたそのときだった
「おーい、授業始めるぞ」
担任の国崎先生が入ってくる。そういえばいつもは林間が教える政経の授業じゃなかったのか
「えーとな、いつも政経と倫理を教えていた林間だけど」
「とうとうクビになったんですか」
クラス中からどっと笑いが起きる。確かに授業で「金髪ヴァルキリー拉致監禁調教」やら「しっぽとおぱんつ飛行少女」やらに
しか教えてくれない林間センセーは何故この高校で教えられるのか謎なぐらいの人間ではあった。
「残念だけどどうも違うらしい。何か休みをまとめて欲しいと言い出してな、いっそあのクソ教頭がクビにすればいいのに
何故か休暇を認めてオレが林間の代わりに授業をすることになった。林間と違ってちゃんと授業やるからな、真面目について
こいよ!」
また教室に笑いが起きる。そのとき、コヴァはクラスにいくつか空席があるのが気になった。
一つは肝井、一つは真保、一つは千葉、いずれもクラスの問題児であったが、いずれもコヴァと親しく付き合ってた時代も
あったし、同志でもあった。今は違うけれども。しかし、気になる存在ではあった。
「そういえば肝井とか来ませんね」
コヴァは隣の席のシゲルに聞く
「どうせどっかに入院させられたんだろ」
「それならいいんでしゅが・・・」
コヴァは何かがひっかかっていた。そう何かが
林間センセー、肝井、真保、千葉が学校に来なくなったこと。このことに何か嫌な予感をコヴァは感じ取っていた。
「何か嫌な予感がするですつ・・・」

141 :ジ・エンドオブ・コヴァ!?:2008/10/16(木) 23:36:27 ID:LVQi46lV
T県T大学付属総合病院
免下が目覚めると、周りには医師が集まっていた。
「ここは・・・」
「意識が戻ったか!」
「よかったあ〜」
と免下のあまりない胸に顔を埋めるのは同僚のヨシダキリコ
「ずっと気を失っていたんだよ。傷は、やけどぐらいでそんなに深くなかったからすぐに退院出来ると思うけど」
「それより、アイツは・・・」
「アイツって、犯人だよ。犯人。小太りで眼鏡かけていてパーカーかぶった30前後の男」
「・・・何か、典型的ね」
「ああ典型的だ。・・・ああ、なんてことだ。あそこで松沢軍団さえ連れてきていれば・・・ああ、ああ・・・」
免下は再びがっくりと肩を落とす。あわててとりなそうとするキリコ
「だ、大丈夫よ。きっと警察のヒトがすぐに見つけて・・・」
「いや、ここの警察は多分彼を見つけられない」
免下は以前のやりとりを克明に思い出していた。そしてこんなことをキリコに聞く
「新聞は手元にあるか、あったら爆発物について何か書いてあると」
「えーと、どうやらプラスチック爆弾の・・・」
免下の脳裏にある単語がよぎる
「セムテックスか」
「そうそうソレ、セム何とか」
「プラスチック爆弾でも特に強力で300gもあれば飛行機を木っ端みじんにできるセムテックス・・・。可塑性に優れた点は
T4など他のプラスチック爆弾と同様だが温度差に強く破壊力が高くいわゆる非欧米で作られ中東のテロリストに愛用された・・・」
「確かにそんな説明が書いてあるわね、新聞に」
「・・・大変なことになった・・・」
「どういうこと?」
「彼らが、とうとう日本社会に対して牙をむき始めてしまった・・・」
「えっ?」
「もう手遅れなのかも知れない・・・」
免下は立ち上がり、ベットからどこかへ行こうとする
「・・・急いで彼らを止めないと、これは本当にまずいことになるぞ!」(続く

142 :ジ・エンドオブ・コヴァ!?:2008/10/18(土) 11:27:41 ID:XdIlVphj
松沢軍団、オペレーションルーム
「で、何?」
ここのところ免下の負傷、ヨシダの看病で病院に籠りっきりの月宮が不機嫌そうな声を上げる。
「これです」
オペレーターが画面を指示した先、そこには何もなかった。
「何もないやないかい」
そのまま部屋に戻って寝ようとする月宮を止めるオペレーター。
「それがおかしいんですよ!だって、ここでは二十四時間都内全域の彼らの動きを把握しているんですよ!」
「機械が故障とか」
「違うんですよ。彼らは皆、都外に出て行ったんですよ!」
「都外つーことは、何か引きこもり矯正施設の、ホラ、オサダんとことか都知事ヨットスクールとか」
「それももう確認しました!全くそれらの施設は受け入れていないそうです。それどころか、自宅の保護者や監督責任者に
聞いたところ、自販機やコンビニに行くと言ったままフラっと消えたと言う話が殆どで」
「別にヒキコモリつーてもあいつらはアクティブやろ、だからなんか名古屋でコミケとか伊勢神宮とか、あるいは逆に
その余りにも空しい人生に絶望して富士の樹海とか」
「つ、月宮先生!」
「ほな、ウチはもう寝る。そんじゃ」
その時だった。部屋の電話が鳴る。めんどくさそうに電話を取る月宮
「ふぁい、松沢軍団。え、大阪?うん、うん・・・」
月宮の眠そうな顔が少しづつ変わっていく。
「はい、それで、えっ、そっちもそんなに、はい、はい、わかりました」
再びオペレーター達に向いた時、彼女の顔はさっきとガラッと変わっていた。
「大阪でも同じようなことが起きたらしい」
そして再びの電話、次はキリコの実家がある栃木からだった。その後もいくつかの病院から連絡が来たが、全てが彼らの
集中管理を行っている都道府県の病院からの連絡で、いづれも内容は「彼らがいなくなった。追跡できなくなった」
「我々は、一体どうすれば」
軍団員が月宮に聞く。月宮はそしてこう答えた。
「そうやな。何も無いことでも神さん仏さんに祈ろうか」

143 :ジ・エンドオブ・コヴァ!?:2008/10/18(土) 11:28:39 ID:XdIlVphj
退屈なことって悪いこと?
悪いことじゃない。むしろいいことだ。世の中がつまんなくて、退屈で平和で、それはいいことだ。
でもその退屈な平和の世界で、苦しんでいる人がいる。
それは違う。世界には退屈でも平和でもない世界のせいで苦しんでいる人がいっぱいいるだろう。
でも、それは遠くの世界のこと。もっと私たちは目の前にいる苦しんでいる人のために手を差し伸べなければいけない。
彼らこそ、本当に退屈で平和な社会の被害者なのだから。

木場ヒロシ、17歳。私立海武高校二年生。・・・彼女いない歴17年
「はぁ、今日はシゲル君はリンさんとデート。鳥坂君は予備校ですか」
一人京王線に乗り自宅を目指すコヴァ。乗り換え駅の新宿で買ったサピオを昔とは違った気持ちで眺めながら、
いつものように帰るつもりだったが。
「キャアアアアアアアアアアアア」
絹を裂くような声
見ると、黒髪の可愛らしい女子高生が、おっさんに付きまとわれている。
「うおぅ!」
コヴァは咄嗟に飛び出して行った。そしておっさんに中学時代ラグビー部だった仕込みのタックルを一撃
「うわあ」
「何と言う売国的な犯罪者!こんな黒髪の可愛いオンナノコーに痴漢をするとは許せないですね!」
「違う、違うんだ」
おっさんは何かパクパク口を動かして主張する。
「こ、こいつが、『電車の中で痴漢プレイを』って言ったから」
「私、そんなこと言いません・・・」
彼女は今にも泣きだしそうだ。その顔を見てコヴァの怒りは心頭に達した。
「うおおおおおお!!!!こんな可愛い女の子に痴漢して、何と言う言い訳ですかね?みっともないですね
日本人として恥ずかしくないんですか!」
そしてコヴァの巨体がおっさんにのしかかった。

次の駅でおっさんは駅員に引き渡され、ポリスメンに連れて行かれた。おっさんは「オレは無実だあ」と叫び続けていた。

144 :ジ・エンドオブ・コヴァ!?:2008/10/18(土) 11:29:48 ID:XdIlVphj
「ふう、愛国者は勝ったですつ」
「ありがとうございます」
コヴァの目の前で、彼女が頭を下げた。
「いや、ニポーン男児なら当然のことですつよ。えっへん」
と、胸を張るコヴァ
「ところでお名前は?」
「木場ヒロシです」
彼女の顔が一瞬微笑み、次に頬を染めながら満面の笑みに変わった。
「わ、私は、藤宮麗夢っていいます」
「レイムさんですか。ハイカラですねえ」
「あ、あのですね。本日は助けていただき本当にありがとうございました!」
「いえいえ、どういたしましてです」
「実は、私、ずっと貴方のことが気になってたんです!」
「うぽ?」
「いつも電車の中で、落ち着き払って真面目で難しそうな本や雑誌を一心不乱に読みふける貴方の姿。
私とっても素敵だと思うんです」
「・・・それって・・・」
「・・・つきあってください」

東京大手町、エブリデイ新聞
「またメールボックスがいっぱいになってるよ」
「英字版の件か」
「ああ、裁判沙汰に持ち込んだやつもいたし本当に困った困った」
「でもある意味見直す時期だったとは思いますよ。ウチの方針って、貧乏だからと言ってあまりにも自由だった気が
しますし。Sさんのようにある程度方向性打ち出していかないと」
「じゃあ、アソコの提灯記事ばっか書くかw」
「小包でーす」
「はーい」
記者たちは荷物を受け取った。

145 :ジ・エンドオブ・コヴァ!?:2008/10/18(土) 11:31:04 ID:XdIlVphj
「でも印刷は・・・」
その時、荷物から何か嫌な音がしていることに気づいた。
カチカチカチカチ
そう、時計のような
「何か変な音しないか」
「とりあえず、開けてみよう」
ここでX線にでもかけていれば、彼らの運命は変わったのかもしれない。
一人の記者は強引に包み紙を開け、出てきた容器の蓋を取る。

夕方、とある街にて
二人の男女がともに何かを語らい、共に歩いている。話の内容はよく分からない。
しかし、男がある言葉を呟くと女は感極まったように喜び、男に甘えるように飛びついた。
ただ、平和で退屈な街の、よくあるバカップルに見えた。

表面上は

松沢軍団
「ただいま〜」
荷物を持ってキリコが帰ってきた。
「お帰り、疲れたわ。ウチは寝る」
月宮がげっそりしている。まあここ数日、免下とキリコの不在でほぼ不眠不休で働いてきたのだ。
「おみやげ、いらないですか」
「いらんいらん、ウチに今必要なのは八時間以上の睡眠と休息や。んじゃ」
と、月宮は裏に引っ込む。
「そういえば免下医長の容態はどうでしょうか?」
「幸いなことに症状は結構軽いみたい。あと数日でこっち戻ってくるって」
買ってきた土産の包み紙を自分であけて、何か中身のまんじゅうを食べ始めるキリコ
「皆さんもどうですか?」
そして軍団員に勧める。軍団員達も悪い気はしないのかまんじゅうを食べ始めた。
そのときだった
「緊急通報、緊急通報、都内各所にて爆弾テロが発生、繰り返す・・・」

146 :ジ・エンドオブ・コヴァ!?:2008/10/18(土) 11:32:23 ID:XdIlVphj
靖国神社
シゲルとリンはここにいた。
「ねえ、シゲル君、やっぱり靖国神社って良いよね」
「ああ、そうだね」
とは言いつつも視界の隅に入る昼間から軍服の挙動不審な中年男性や、黒いバスやらが視野に入ってしまうのは
シゲルの業であろうか。
「こういうところで、私は日本人に生まれてよかったなあって思うの」
「そうだね、ボクも神社は好きだからそう思うよ」
心の中では、「何か面白い人でもいないかな、ワクワク」と思っているのだが、リンの前でそう言う気持ちを
表に出すのはさすがに憚られる。だが、目の前にまるで絵に描いたようなそんな感じの人がいたらどうすればいいのだろう。
「・・・」
目の前にいたのは、一生懸命何かを祈る宅配業者風の服を着た若者。だが、その雰囲気はどこか不自然だった。例えば
明らかに服に着られているような感じがあったり、そのガチムチ系宅配業者のイメージに合わない猫背の暗そうな青年で
ある辺りが。シゲルは思わず声を掛けてしまった。
「あの・・・」
くるっと青年は振り返った。青年の顔は、外部への敵意でいっぱいだ。
「ここって良い場所ですよね。心が洗われる」
青年が振り返ると、シゲルはそんな彼らに気に入られるようなセリフを吐いた。
そのとき、遠くで何かが爆発するような音が聞こえる。その音を聞くと青年の目は大きく見開かれた。そして
「gりゅく7う@いいrっj7ぃゆ0い5ysf、wp」
声にならない声。多分、それは歓喜の声だったのだと思う。青年はどこかへ走って行ってしまった。
「・・・シゲル、シゲル君」
リンの声が聞こえる。
「あっ、ごめんごめん。ちょっと、気になってね」
「今日は私とデートでしょ?何変な人に声かけてるの?もう、シゲル君たら」
リンのポニテがくるりと回る
「いや、ホントにごめん。じゃあ何か食べようかボクのおごりで・・・」

エブリデイ新聞社、社民党本部、ニッキョーソ本部などで発生した爆弾テロの被害は、死傷者を数十人出すほどの大規模なモノ
だった。いずれも簡単な時限式発火装置を用い、爆弾の種類はT県の事件と同じセムテックス・・・(続く

147 :名無しかましてよかですか?:2008/10/22(水) 18:41:26 ID:u/OsPqos

>>ID:XdIlVphj


日本の愛国勢力が本気で行動を起こしたら

反日勢力は全員殺されて街路樹に吊るされる。

反日施設はすべて炎上させられる。

148 :名無しかましてよかですか?:2008/10/22(水) 18:44:17 ID:DO8cTdy/

>>ID:LVQi46lV


ざまあ、怖いのかw。似非リベラル勢力が物理的に攻撃されるのがw。

149 :名無しかましてよかですか?:2008/10/23(木) 19:29:47 ID:gepXTFto
これは麹町?兵庫?


150 :名無しかましてよかですか?:2008/10/23(木) 19:45:21 ID:sMHn+Qv2
>>12,19-22のネタ元かな?

151 :ジ・エンド・オブ・コヴァ:2008/10/24(金) 00:46:31 ID:xSCuipPy
某県某所
「やあ、林間さんですか」
林間は怪訝そうに男を見た。
「う、うあはい林間ですが」
男は笑みを顔にぺったりと接着剤で張り付けたような顔をしている。
「それでは、行きましょうか」

翌日、いつもの海武学園
「ふふふふん、ふふふふん♪」
コヴァが軽やかステップを踏んでいる。
「どうしたコヴァ、何かええことあったんか」
鳥坂が聞くとコヴァは満面の笑みでこう答えた。
「彼女ができました」
「・・・またどうせ投げっぱなしの一発キャラやろ」
「何のことですかね?」
「・・・まあ、ええか」
「でも、僕にもようやく彼女ができましたよ。愛国活動を始めて四年、ようやく彼女ができたんですにょ!」
「ほーかほーか、そりゃあよかったな」
とそこに通りかかるシゲル
「おい、シゲル。コヴァに彼女できたって」
「へえ、おめでとう」
「えっへん」
「それでどんな子なの?」
「藤宮麗夢さんって言って、黒髪の巫女装束が似合うような・・・」
コヴァが意気揚々とゆっくりのように頬をふくらませて語る様子を見て、シゲルは何かが気になったらしい。
「なあ、それって本当に彼女か?」
コヴァがぎろんとシゲルの方を向いた。
「いやさ、いくらなんでもいきなり黒髪の巫女装束が似合うって・・・」
「なんですかシゲル君!麗夢さんに何か引っかかるんですか!」

152 :ジ・エンド・オブ・コヴァ:2008/10/24(金) 00:47:07 ID:xSCuipPy
コヴァは激怒した。珍しい、火病以外のコヴァのブチ切れ
「シゲル君はリンさんのことを疑ったことがあるんですか!謝ってください!」
「いや、そうじゃなくてな。何て言うか宗教のソレとか、そういう可能性をだな・・・」
「シゲル君はリンさんに対してそういうことを思ったことがあるんですか!」
コヴァは本気で怒っている。
「思ったことはないけど・・・」
「じゃあ何で僕にだけそういうことを言うんですか?小太りで小さい僕には恋愛をする資格さえないとでも
言うんですかね?」
「だから可能性をだな・・・」
そこに鳥坂が割って入った。
「まあまあシゲル、ここは抑えて抑えて。まあ、オレもちょっとそういうことは考えたんだが・・・」
「鳥坂君もですか!」
鳥坂はしまったという顔をしている。
「そうですね、鳥坂君は彼女いませんもんね。この前林間先生に振られたことバラされてました。笑える」
「ちょ、それはな」
「シゲル君もリンさんに、髪型を好きなゲームキャラと同じにするようにさせていたりして、見た目は普通の池麺風だけど
中身は銀様ハァハァのキモヲタですからね。笑える」
「・・・ちょっと、頭冷やそうか、コヴァ」
シゲルは指をポキムポキム鳴らす。
「両方ともいきなり自分の好みストライクゾーンど真ん中の彼女ができた僕のことを羨ましがって、宗教とか言い張る
んでしゅよね。天才のボクチンには分かってましゅにょ」
「コイツ、好き放題いいよるな」
「誰が銀様ハァハァだって・・・、オレはな、リンも銀様で」
「とりあえずシゲル落ち着け、間違いなくキャラ崩壊するから」
そして、その時コヴァは決定的な一言を吐いた。
「信じてもらえないならそれでいいでしゅにょ。僕には麗夢さんがいますから。それじゃあ、バイバイです」
コヴァは自分の席に戻ってしまった。
後に取り残された二人

153 :ジ・エンド・オブ・コヴァ:2008/10/24(金) 00:47:50 ID:xSCuipPy
山口県某市
林間は笑い顔の男から「指示書」を受け取ると、それに指定されていた場所へと向かった。適宜捨てて行った指示書に
よれば市内のマンキで、ようつべでアニメを見ている男と会えと言う話だったが・・・。
市内唯一のマンキに入り、それらしい男を探す。そこに聞きなれた音楽が
「わーたしにでっきることー♪」
「す、ストパンじゃないかー」
林間は大声をあげた。
男は、林間が大好きな例のパンツをズボンと言い張るアニメを見ていた。
「おや、小野さんから連絡を頂きました林間さんですね。私は桧山です」

松沢軍団
「死傷者数十人・・・」
「規模でいえば三十年前の反日武装戦線の事件よりも酷いですよ」
新聞を見つめながらキリコは憂い顔だ。
「わーっとる。わーっとるけど・・・」
そこに
「貴様ら、何たるんでる」
聞きなれた声が
二人が振り返ると、そこには頭に包帯を巻いた免下医長が
「れ、玲ちゃん!」
「感動の再会はともかく、事情の説明からだ。あと、都知事から連絡などは来ているか」
月宮は首を振る
「と言うことはまだ犯人像が警察では絞り込めてないと言うことか。至急警視庁、いや、警察庁と公安調査庁へ
連絡をとれ!私自ら上に直訴する!一刻一秒を争うぞ」
そういうと松沢軍団たちは即座に声を上げ動きはじめる。
「被害報告は・・・」
「被害はテレビで見た。知りたいのは誰がやったかだ」
キリコに対して、声を上げる免下
「それはまだよくわからないみたいですが」

154 :ジ・エンド・オブ・コヴァ:2008/10/24(金) 00:49:08 ID:xSCuipPy
「それについてだがおそらく間違いない形で、コヴァが絡んでいるだろう」
「そりゃあウチも薄々それは分るけど」
月宮がそう言いかけた時、免下がある可能性について言い始めた。
「ただ、一つとんでもない可能性がある。それは・・・」
「それは?」
「いや、まだ、その可能性はないと信じたい。それはないとね」

林間がソレを知ったのは秋葉原のとあるマニヤックなショップだった。
偶然同じストパンの同人誌を手に取った男とケンカになり、そのまま店を追い出されたときだった。
「おい、愛国者の私に対して何という暴挙だ!謝れ!」
そう、林間が言った途端、相手の様子がおかしくなった。
「えっ(まごまご、まごまご)」
「どうしたんだ、愛国者の私に対して怖じ気づいたのか!」
「いやあ、そうじゃなくって・・・」
「では、そのペリーヌたんの同人誌の代金は貴様が」
「そうじゃなくて、ちょっと僕の話を聞いてくれませんか。ご飯、いや、お酒も奢りますので」
秋葉原のとある居酒屋
男は林間に対して吉野と名乗った。
「いやあ、まさかあんなところで国を憂えるヒトと出会えるなんて」
「そ、そうか?やはり日本人は誇りある民族として」
といい気になった林間が余計なことを放言しそうになったのでソレは止めた。
「コホン、それはともかく、ちょっと耳寄りな話があるんですが」
「何だ吉野君」
「実は、本当に日本を憂える人々のための団体があることはご存じでしょうか?」
「一応東村ティンゴ議員の後援会に入ってるが何か?」
その言葉を聞いた途端、ぱっと吉野の顔が明るくなった。
「えっ、それならもっと素晴らしいですよ!実はですね、我々は日本を本当に憂える若者の団、通称NHUW団を作って
おりまして、是非そのような保守系の大物へパイプのある人物を求めていたんですよ」
「・・・大物へのパイプ・・・」
林間の心は揺れる。しかし、落ち着いてあることを聞いてみた。
「ただ、そう言った団体って宗教だったりしないか?チョソがらみの」

155 :ジ・エンド・オブ・コヴァ:2008/10/24(金) 00:50:06 ID:xSCuipPy
そう林間が聞くと、吉野は我が意を得たりというような得意げな顔をする。
「これを見てください」
吉野が取り出したのは写真・・・ブロマイドだろうか?
「これが我が会の会長です」
そこに写っていたのは、可愛らしい女性の姿。

いつもの海武学園
「国崎君、ちょっと」
教頭が担任を呼び止めた。久しぶりに担任は何か嫌な予感がした。
「なんでしょうか教頭」
「実はな、最近学内で妙な団体が」
「愛国サークルなら実質的に休眠状態でしょう」
コヴァが創設し、今は林間が中心で活動している愛国サークル(と書いて変態クラブ)について言及する担任
「まあ、それは知ってるのだが・・・。最近、林間君が来なくなる前から学内で少々妙な団体が活動してるという
話を耳に挟んでね」
「宗教ですか?」
教頭は首を振った。
「宗教ならまだ対処のしようがある。それにキミを呼び止めることはしないよ」
「ですよね」
苦笑いする担任
「また、妙な思想団体が潜り込んでるようだ。しかも既存団体ではない」
「で、一体教頭は何を」
「まず、これを見てくれ」
「長期欠席の生徒の一覧ですか」
「肝井や真保が混ざってるからうっかり勘違いしそうになるが、この中にはそれまで特に問題もなかったのにある日
突然学校に来なくなったようなのも含まれてる。そして」
教頭はある写真を担任に見せる。
「可愛らしい女性の写真ですね」
「来なくなった、いや、居なくなった生徒の部屋に落ちていた写真だよ」
「担任・・・」
「・・・とりあえず、国崎君、これについて探ってくれ」(続く

156 :名無しかましてよかですか?:2008/10/25(土) 22:06:05 ID:cBOkn4px
林間センセーの妊婦陵辱グロ萌え話マダー(チンチン

157 :林間センセーにありがちなこと:2008/10/27(月) 16:53:09 ID:ZdigNSwO
休日の秋葉原、ストパンのイベントのために並ぶ人々。
その中に・・・林間が居た。
林間「おい随分混んでるな!何でオレがこんなに後ろの方なんだよかんしゃく起こす!1!!!」
林間はそうやってブツクサ言うと、デブヲタの間を無理矢理すり抜けようとし始める。
ヲタ「だ、誰だデブー」
ヲタ「押されたデブー」
林間「うるさいし臭いんだよお前ら!君たちのようなデブ軍事ヲタニートには、高尚な思想家である私のような
ことはできんだろうがね」
ヲタ「ムキー、マナー違反でつ!」
そんなことを言われながらどんどん前方へと移動する林間、しかし
警備員「はいー、そこのヒトー」
林間「ん?誰のことかな?」
警備員「そこの無理矢理人を押しのけて前方に行こうとしているヒト〜」
林間「違うぞ!オレはこのデブ軍事アニメキモヲタどもに無理矢理押し出されて」
警備員「そう、そこの見苦しい言い訳をして周囲から白い目で見られている上に自分もこんなアニメのイベントに
参加する時点で自覚がないガリ〜」
林間「なんだとかんしゃくおこす!1!!!」
警備員「はい分かったから最後尾からまた並んでね」
林間「違うぞオレはあいつらに押し出されて無理やりこんなところにまで」
警備員「はい、こっちに」
と警備員に腕を捕まれる林間
林間「うるさいこの高卒派遣社員!1!!!!」
・・・
ポカーン
林間「高卒派遣社員の分際で、高尚な思想家である私の腕をつかんで無理矢理どこかへ連れて行こうなぞ笑止千万!
むしろ私の邪魔をするこのデブ軍事アニメキモヲタをB層であるなら排除しろかんしゃく起こす!!11!」
ヲタ「・・・意味が」
警備員「・・・全く・・・」
ヲタ「分からないデブ・・・」

158 :林間センセーにありがちなこと:2008/10/27(月) 16:53:57 ID:ZdigNSwO
林間「いいかこの私は零戦in林間という名を持つぬちゃそねろでも有名な愛国思想家であって、ストライクパンツーズは
この私の名前からも分かるように汚れ無き少女達による愛国という私の思想を見事に反映した愛国的アニメであり」
ヲタ「・・・これは・・・」
警備員「コイツ駄目だ。早く何とかしないと」
林間「その事実上プロデュースを行った私が最前列で中のヒトのイベントを見られるのは必然であり、本当はマスゴミ
特別席をくれるように権蔵に毎日電話したけど誰も相手にしてくれなかったことでかんしゃくおこす!1!!!」
ヲタ「風が語りかけます」
ヲタ「痛い・・・痛すぎる・・・」
林間「ましてや警備員のような社会的B層が」
警備員「すいません。オレ学生ですが」
林間「どーせおめーなんか就職できねーよ!1!バーヤバーヤ!!!!11!」
ヲタ「何という駄目人間・・・」
林間「そもそもストライクパンツーズは、私のように思想を深く知った人間にしか理解できない高尚で深遠なる作品であり」
ヲタ「ないない、それはない」
林間「ここにいるデブキモ軍事アニメヲタなんぞには決して理解できない代物なんですよ?それがキモヲタには分からん
のですよ」
ヲタ「・・・ガンダム・・・」
林間「ガンダムなんて知らないって言ってるだろこのクソキモデブアニメ軍事ヲタどもがああああ」
遠くからサイレンが聞こえてくる。
聞こえてくるのは黄色い救急車のサイレン
多分もうすぐ中にいっぱいマッシブな男達が乗った車に乗せられて、林間は遠くへ連れて行かれてしまうだろう。
林間「・・・特に金髪のペリーヌたんをだな」
林間は、まだそのことを知らない。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
元ネタは軍事板での昨日のやりとりにいろいろ加えてみました。
ストパンについて本気ででこんなことを考えていないことを祈るだけです。

159 :名無しかましてよかですか?:2008/10/28(火) 23:50:37 ID:HxjB1L9J
>>158
ちょっと元ネタ見てみたくなったwwwwww

160 :名無しかましてよかですか?:2008/10/29(水) 00:58:15 ID:FekQfrMC
チョット調べてみたらこの辺りかな・・・・。
ttp://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/war/1220444292/

>443 :濃霧が晴れ、日本の復活の時が来た ◆Wv96gxtPI2 :2008/09/12(金) 23:31:24 ID:zj9jidV3
ーー省略
>俺のギアはじわじわ上がりだしてるんだぜ、そしてお前は
>いつもと違い名無し仲間や自演バリアを剥がれているわけだ
>一方俺はいつも一人、自演もしていない、何一つあそこと変わっていないわけだ

>本当の意味での政治議論を教えてやる
ネタ以上に独走を続けてますねwwwwwwww
仁Dバリに「右翼とミスファビョリングシステムの進化はこれからだ」みたいな感じに・・いえ、全然バトルにもなってないんですが・・・・。


161 :推定林間センセーのタマコー達:2008/10/29(水) 20:18:12 ID:VxGdALuK
425 :最低人類0号:2008/10/29(水) 00:28:48 ID:0G5y4gtU0
所要時間5分で書いた

     信長女子高生☆マイの天下統一

 驚いたのなんのって、よくあるじゃん、SF小説とかでイキナシ
タイムストリップじゃなくて、タイムトリップ?あの改造マシンで
過去に戻っちゃう映画、バックットゥーザフューチャーっての?
あるいはドラえもんのタイムマシンだっけか、過去に戻れるってヤツ。
子供のころはああ言うの見てワクワクしてたけどさ、もうマイも17歳だし
そんな子供の頃の夢とか忘れてさ、バッチリメイク決めて、よし今日も
可愛いってクラブに踊りに行ってイケメンの男の子にナンパされてさ、
そういうのをあしらって遊ぶってのが面白い毎日を過ごしてたって訳。

それがある日の帰り道にさ、道がなんかおかしいの。いつも駅から
歩いて帰ってる道なのにさ、だんだん景色が変わっていくの。なんか?
屋敷町みたいな風景になってさ、あれ?はぁ?どこここ、って思ってたらよ、
ちょんまげの侍みたいなのが数人ものすごい勢いでかけて来る訳。
アタシションベンちびりそうになってたんだけど、そいつらアタシの周りを
取り囲むと平伏して「殿!良くぞご無事で!心配致しました!」とか言ってんの。
誰が殿だオイオイとか思ってたら、無理やり馬に乗せる訳。アタシミニスカなのよ?
股が痛い痛いと思ってたら、豪勢な馬鹿でかいお城にドカドカ入っていくわけ
「殿のおな〜り〜」とか言っててテラ暴れん坊将軍、とか思ってたらその殿は
どうもアタシなわけで、壮絶な人違いと言うか、これなんてドッキリ?さては
その辺にテレビカメラがあるわけね、ってんで横の若い侍さんのヅラを
取ってやろうとしたら、取れなくて、侍涙目で「殿お戯れはご勘弁を・・・」とか
言っててマジ興ざめってか股間が痛くて仕方ないんだけど、とか思ってたら
引き摺り下ろされて、ドンドン奥の間に入っていったらテラ大奥みたいなのが・・・

林間先生の力作その1

162 :推定林間センセーのタマコー達:2008/10/29(水) 20:19:09 ID:VxGdALuK
426 :最低人類0号:2008/10/29(水) 00:29:22 ID:0G5y4gtU0
これで10分程度

   信長女子高生☆マイの天下統一 (司馬バージョン)

西暦2008年、平凡に、かつ比較的優雅に高校生を楽しんでいた
春川マイという女子高生が、歴史の時空の裂け目に捩れ込んで
戦国真っ盛りの、永禄二年の尾張の国へと迷い込む事になる。

日本史上最大の革命児と言われた織田信長に成り代わり、彼女が
破天荒な活躍を見せる一台絵巻をこれから読者諸兄に提示しようと思う。

思えば、戦国の覇者は本来は信長であるはずだった。明智光秀の
裏切り行為なくば、その後の日本史はいかなるダイナミズムを見せたであろうか。

しかも筆者はあえて、その主人公をジャンヌ・ダルク風にしようと思った。
女性が作る歴史、これが日本史上には散見すら出来ぬ。推古天皇、北条政子、
淀君、挙げられないこともないが貧しいの評価を免れまい。そこで筆者は
可能な限り想像力を駆使し、なんと女子高生に信長の代わりを演じさせようと思うのだ。

戦国時代に必要だったのは知略や賢政であったのは論を待たないが、その根本に
なるのはやはり武力、シンプルな強さである。その対極の女子高生に天下を
取らせようと言うのだ。しかも、里美八犬伝のような妖術の類も使わせない。

彼女には運(ラック)を与えようと思う。後は勇気だ。現代に生きるかよわきはずの
女子高生の奮闘物語、ぜひ読者諸氏も期待し、彼女を応援しながら
ページを捲って貰いたい。読者は読後、本当の勇気の意味を知るはずだ。
なぜなら彼女は女性そのものなのだから。

力作その2

163 :推定林間センセーのタマコー達:2008/10/29(水) 20:20:09 ID:VxGdALuK
427 :最低人類0号:2008/10/29(水) 00:31:40 ID:0G5y4gtU0
これは15分ぐらいはかかった 出来もイマイチかもな

信長女子高生☆マイの天下統一 (川端バージョン)

 緩やかに大河は流れゆき、元の水にはあらぬと鎌倉時代の
出家僧は書き残した。大いなる流れは一つの姿を明鏡に現し、
決して揺るがない。しかし、人は往々にしてその無常に納得を見せず、
在りし日やさらには古い古い物語にすら、こうであったならと言うような
詮無い想いを巡らす事がある。筆者もまた、史上最も激しく大河が
ざわめき咆哮したある時代に対しそれを感じている。室町の果てに
応仁の乱が起こり、華美を極めた貴族から狡賢さを発揮した足軽までが
十数年無益な戦争を続けたのち、倦怠と退廃と混沌が襲ったあの時代に。
どうしても書いてみたい物語が存在する。それは、筆者の本分としている
純文学とはジャンルが違う。保守的な私の読者には不評を買うであろう。
だが、価値の交錯ともしもの発展上に、一体何が起きるのか、起こしうるのか。
大河の一滴を変えて見せれば、現代に連なる流れはどうなるのか。
筆者らしからぬ冒険心において、この小説を始めたい。時は永禄二年、
織田信長17歳の頃になる。彼を、とある現代人に置き換えてみようと思う。
それも、年で言えば女子高生になるのだが、読者諸兄はこの年齢の
女子をどう捉えるかは想像もつかない。つかない所から書くのが筆者に
取って心地よい挑戦なのだ。この長いトンネルを抜けるのは大変かも
知れないが、書かずにはいられない。遠くで雲雀が鳴いているのが
聞こえた。数百年前の今日も、同じように鳥たちは自然の賛歌を
謳っていただろう。風は山々を越えて流れ、流るる川はその分厚い氷を
春のうたた寝と共に溶かし始めた頃である。彼女は、やってきたのだ・・・。

力作その3

164 :推定林間センセーのタマコー達:2008/10/29(水) 20:21:23 ID:VxGdALuK
896 :ベ☆ンメ・イ [sage] :2008/10/29(水) 01:00:29 ID:???
しょうがないから本領をほんの少しだけ見せてやる 私の戦闘力は53万です。       


           〜ですが政治青年の死〜

 眩暈がした。目の前が赤と青と黄色に交互に変わり続け、耳のそばでバチバチッと
言う電線が弾ける様な音が数回した。おでこが痛くなったので意識が明瞭になった。
前に置いてある小さなテーブルに頭をぶつけたらしい。焦点が定まってくる。
目に飛び込んでくるのはテレビの画像だ。衆議院解散総選挙の速報番組だ。
トサカの瞳に移るのは「自民惨敗、民主大勝利、政権交代へ。」のテロップと、確定とされる
それぞれの政党の獲得議席数だ。自民145議席、公明21議席、民主235議席、社民8議席・・・
開票率は75%を超えているので、もう与野党逆転は確定らしい。かすかに遠くのほうで
バンザーイの声が聞こえた。そう言えば近所に民主党の選挙事務所があったっけ。
トサカは体の震えが止まらなかった。熱いブラックコーヒーをがぶ飲みする。手が震えて
セーターにこぼれた。その染みが、心臓から流れ出る血しぶきに見える。終わった。
何が終わったのか分からないけど終わったんだ。俺のこれまでが全否定される気持ちだ。
体の奥底からとめどない寒気が襲ってきて、思わず横になる。テレビからはアナウンサーや
コメンテーターの声が聞こえてくる。内容は一切把握できないが、それをじっと聞いている。

165 :推定林間センセーのタマコー達:2008/10/30(木) 23:23:41 ID:TQm3unsh
901 :ベ☆ンメ・イ [sage] :2008/10/29(水) 01:00:59 ID:???
30分も経ったろうか?体が反作用で熱さを求めたのだろうか、逆にカッカしてきた。
その余熱が、トサカを動かす。こんな事は認められない。断じて認められない。やるんだ。
僕の数年を全否定するわけにはいかない。僕が僕であるために。心から応援していた
自民党の仇を取ってやる。やるとも。耳にはまだ、近所の民主党選挙事務所の歓談らしき
モノが聞こえる。許さない。日本を特定アジアに売ろうとする愚か者の売国奴どもが。
トサカは型落ちのシビックのエンジンをかけた。左右も見ずに車庫から飛び出す。
アドレナリンが出ているのだろうか?脳味噌が異常に回転している。走馬灯のように
掲示板で自民支持の論戦を張ったことを思い出している。こと細かいことまで思い出せる。
俺は、勝ち続け、多数派であり、正論を言っていたんだ。それが潰された。絶対に許さない!
 トサカには信号を確認する正常な判断能力すら既に無かった。彼は赤信号で交差点に
突っ込んだ。長距離トラックに頭から猛スピードで突っ込んだ。全ては終わった。

雲流るる果てに、一人の政治青年が死んだ。誰もその死の意味を知りえなかった、トサカ自身さえも。


これで最後です

166 :名無しかましてよかですか?:2008/10/30(木) 23:42:14 ID:yg6qvOWc
>>161-165
どうにもひどいね。

167 :名無しかましてよかですか?:2008/11/01(土) 21:07:54 ID:63A4fyiq
これは何の冗談だ?
ネタ以上にネタを素でいっているwwwwwwwww


168 :もっけの災い:2008/11/02(日) 15:52:59 ID:lq/biN6w
いつもの海武学園
教頭「と言うことで、今週から教育実習生を迎えることになった」
担任「さて、帰るか」
教頭「勿論指導担当は国崎君だ」
と、担任の襟元をガッシとつかむ教頭
教頭「何処へ?」
担任「いきなり偏頭痛が」
教頭「最近は色々楽になってきたのではないかね?」
担任「そうは言っても・・・、今までが今までだし・・・」
教頭「ほお、私が信用できないと」
担任「いえその全くそんなことは考えておりませんし滅相も・・・」
教頭「では紹介しよう。千葉KI大学から、放送大学大学院在学中の船橋テツヤ君だ」
と、そこには一見普通のやせ形の男が。
船橋「船橋テツヤです。宜しくお願いします」
担任「あ」
意外と普通っぽい感じだ。担任は少し安心した。
船橋「指導教員の国崎先生ですね。これからお世話になります」
担任「あ、どうもどうも」
と担任はつられて頭を下げる。
教頭「国崎君、何か言いたいことはあるかね?」
担任「いいえいいえ、滅相もありません。こんな好青年の指導を任されるなんて光栄ですよ」
教頭「それはよかったよかった」
教頭は席に戻る。
船橋「それでは国崎先生、授業について教えてください」
担任「じゃあとりあえず日本史から・・・」
船橋は担任の話を熱心に聞いた。担任も安心して船橋に授業のやり方について教えた。しかし担任はあることを
見逃していた。そう、それは船橋のカバンについていた某少女向けアニメのキーホルダーを

169 :もっけの災い:2008/11/02(日) 15:54:01 ID:lq/biN6w
何回かの授業見学を経て、船橋が教壇に立つことになった。そして担任はその日別の教室の授業に・・・
コヴァ「今日は船橋って言う先生が授業やるみたいですつ」
鳥坂「別に誰でもええけどな」
シゲル「そうだな、林間みたいじゃなきゃ別に良いよ」
船橋が教壇に立った。
船橋「えー、今日は世界史として」
次の瞬間、教室中がポルナレフ一色になる。
船橋「ナルモでポソと防空ずきんチャチャとお漏らしの泣く頃への素晴らしさを語ろうと思う」
ポカーン
コヴァ「い、今起こった(以下略」
船橋「まず、やはり」
そのとき、蛮勇をふるい手を挙げるモノが!
真保「センセー!一番素晴らしいのは四歳児グフゥ」
真保の発言も発言だったが、それに対してグーパンチを見舞う船橋
真保「殴ったな!よくも殴ったな!親父にも殴られたこと無いのに!」
船橋「うるさいんだよオレに逆らう気か?おい、そもそも四歳児ってお前はペドか」
いつもならシゲル辺りが突っ込むのだが、あまりの展開の早さに誰も突っ込めない。
真保「違う、本当のフェミニズムに犯されていない少女のふぐうげはあ」
真保に暴力を見舞い続ける船橋に、突っ込んでいくのが一人。・・・肝井だ
肝井「ブルスワーモルスゴーかまって〜かまって〜美少女のボクタンをかまぶげぁ」
肝井のアタックを壁に埋めてスルーする船橋。
鳥坂「まずい、これはまずいことになってる」
コヴァ「ど、どうしたらいいんですかね?」
そのとき、隣のクラスから救いのネ申が
守本「ブヒー、ナニー?みんな楽しそうだけどー」と守本センセーがやってきた。
シゲル「ああっ、気持ちいいまでに役に立たないっっっっ」
その状況を見たクラス委員長の池田が教室を飛び出し、担任を呼びに行く。
船橋「チッ、逃げやがったな!そうだ、今日はとりあえず防空ずきんチャチャの」
林間「何ィ。防空ずきんチャチャだと。なら私も黙っているわけにはいかないな」
そして林間の参戦で事態はいっそう悪化し続けるのであった。

170 :もっけの災い:2008/11/02(日) 15:55:12 ID:lq/biN6w
林間「防空ずきんチャチャと言えば、やっぱりあのマジカルプリンセス!そしてマジカルプリンセスと
言えば金髪!1!!!!あんなのを縛ったり叩いたり(中略)糸こんにゃく!!!!111」
クラス全員が極めて気分を損ねています(グロ耐性がある真保と、気絶している肝井除く)。
そして、その林間の妄言を聞いた途端船橋は下を向いた。
「やった。船橋を黙らせた!やっぱり基地外には基地外だな!」と皆が一瞬思った次の瞬間。事態は更に悪化
船橋「ほう、マジカルプリンセス陵辱ですか。確かにマジカルプリンセスは陵辱にしか値しない。だが、最も
調教に向いたのはチャチャの12歳バージョンを縛ったり叩いたり(中略)肉じゃが!1!!11」
林間「んだとー。調教陵辱は金髪のお姉ちゃんとかエビたそに限るんじゃー」
船橋「いいややっぱり12歳の子を無理矢理調教陵辱することが」
林間「しねええええ」
船橋「地獄におちろおおおおお」
二人が取っ組み合いをする中、鳥坂とコヴァがシゲルに言う
二人「とりあえず止めてきてください」
シゲル「オッケー」
と、二人が取っ組み合いをする方向に行こうとしたとき、シゲルは下に落ちていたあるイラストに気づいた。
真保の机から落ちたらしい。まほ銀燈のイラスト・・・。
真保「ん?さっきはいきなり殴られて・・・」
真保は気がついたらしい。しかし、目の前にいたのは
シゲル「・・・ちょっと、頭冷やそうか・・・」
完全にヤンギレたシゲルの顔。途端真保は林間と船橋の方に投げられた。
二人「うぎゃあああああああ」
そして怒り任せに教壇の上に登ったシゲルはこう林間と船橋に吐き捨てた。
シゲル「クックック、今のオレには怖いモノはねえ。そう、神でも魔王でもな」

 国崎学級終了のお知らせ

クラスメート全員の脳裏にこんな電光掲示が現れた。

 あぼーーーーーーーーん

171 :もっけの災い:2008/11/02(日) 15:56:39 ID:lq/biN6w
松沢軍団
シゲル「んー、よく寝た。アレ?」
見守るのは鳥坂とコヴァ。二人とも結構ボロボロになっている。
鳥坂「・・・何も覚えてないんかい」
コヴァ「とりあえずボクはもう二度とシゲル君の前で銀髪ロングキャラ美少女キャラについて言及しないですにょ・・・」
鳥坂「・・・あと、ねーちんが何か血液とか取ってどっか持って行ったのが怖すぎる・・・」
シゲル「何暗い顔してるんだよ。って何で姉ちゃんの勤め先に」
コヴァ「気にしない方がいいですにょ」
鳥坂「ああ、授業中ガス爆発が起こって、近くの病院があいて無くて、と言うことにしとけ」

林間「チクショー、かんしゃくおこすうううううううううう」
船橋「私は正しいんだー。正しいからオレの言うことを聞けええええ」
林間「だから金髪さんはお姉さんの方が」
船橋「いいや12歳ぐらいのが一番可愛くて美しい」
免下「二人とも黙れ」
と、鎮静剤の量を増加させられる二人。
免下「ところで何で今日はキリコの弟まで入院させられたんだ」
月宮「あー、そういうことなら行けばよかったなあ」
免下「どういうことだ」
月宮「大の大人二人相手に大立ち回りしとってな、目が正気じゃなかったし」
免下「何だ、弟は実はソッチなのか?」
月宮「まあ、元は何やコヴァのようやし、育ち方によってはそういう感じになった可能性はあるんやない。と言うことで
キリコが今分析しとる」
免下「・・・何だかなあ。しかし、私はむしろあの船橋という男が気になるなあ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まほきゃすとスレ参照。タイトルは彼のコテハンからとってみました。
船橋テツヤ君がレギュラーになるかどうかは彼のくねりっぷり一つにかかっていますがw

172 :名無しかましてよかですか?:2008/11/02(日) 17:43:35 ID:kpRs2gz2
一瞬で元ネタ分かったw

173 :名無しかましてよかですか?:2008/11/03(月) 11:20:37 ID:zicfrZcv
元ネタのヒトが三十路過ぎだと一気に酷くなりますね。

コヴァ・・・20代前半で引退
−−−−引退したモノの壁−−−−
千葉・・・現役。20代後半?
肝井・・・現役。26
−−−−三十路の壁−−−−−
守本・・・現役。来月で41
真保・・・現役。40
推定林間・・・現役。30代前半?
船橋(NEW)・・・現役。30代前半?

やはり「引き返せない」ってことでしょうか。

174 :名無しかましてよかですか?:2008/11/03(月) 12:29:30 ID:5eUEGzAv
>>158
オタクを極めたお前らは当然、ストライクウィチーズを見たんだよな?
僕は見てません。時間の無駄。なにより、社会常識をもった大人として、
そのような萌えアニメを見たら負けだと思っている。

コードギアスを婦女子向けだと思っていたが、純情ロマンチカを見た後だと、そうとは思えなくなったw
首都圏では黒執事といい、少女漫画原作や女性向けアニメも結構放送されてんだな・・・


175 :名無しかましてよかですか?:2008/11/03(月) 20:49:00 ID:R5p+2t5k
ミルモでぽんがメンバーに加わったか・・・。


176 :名無しかましてよかですか?:2008/11/03(月) 21:50:58 ID:9MNajnRi
林間先生はニコ動で有名な荒らしだった!?
という話が出てます。

もうネタが生きて動いてるとしか。

177 :名無しかましてよかですか?:2008/11/04(火) 17:44:36 ID:7Dym9KNB
ちなみに推定林間のニコ動での名義、弁明についてはこちらを参照

ニコニコ大百科より
ttp://dic.nicovideo.jp/a/%E5%BC%81%E6%98%8E

はてなダイアリーより
ttp://anond.hatelabo.jp/20070630090318

分かったこと
・最低でもキモやティキと同級生(菊地、ネオ麦、加藤、酒鬼薔薇とも同期)
・属性は意外と広い?
・90年代末からのエロゲユーザー(東ハト大好き)
・やっぱりニート

178 :名無しかましてよかですか?:2008/11/05(水) 14:00:14 ID:mUh7RSQ5
>>177
>推定林間と称される荒らし
完全に荒らし扱いにワラタ

179 :名無しかましてよかですか?:2008/11/08(土) 13:40:33 ID:YV2Cpt2M
sage

180 :名無しかましてよかですか?:2008/11/08(土) 14:22:54 ID:F8owX5RO
>>177
うーん、そのくらいだとちょっと頭のゆるんだ人間の平均値的な姿だし、
同一人物とまではいえないような。

あの手の国士様の主張がそっくりなのは、ようするに2chで流布している
コピペを鵜呑みにしてるからってだけでしょ?

181 :名無しかましてよかですか?:2008/11/08(土) 19:36:20 ID:7p+mWl/M
ただあえて荒らしの悪名を借る林間も分からないけどな
別人だとしても

182 :名無しかましてよかですか?:2008/11/08(土) 19:50:10 ID:F8owX5RO
>>181
え、自分で名乗ってるの?

183 :名無しかましてよかですか?:2008/11/09(日) 13:51:30 ID:18vlwIO3
>>182
軍事板では何回か「弁明」と名乗ってる。>>164-165に転載した文では

>896 :ベ☆ンメ・イ [sage] :2008/10/29(水) 01:00:29 ID:???
>901 :ベ☆ンメ・イ [sage] :2008/10/29(水) 01:00:59 ID:???

だから推定林間=弁明説が固まっているんだよ。性癖や政治志向だけじゃない

184 :名無しかましてよかですか?:2008/11/09(日) 19:01:47 ID:Vy65XaDS
>>183
なるほど、ソレは失礼した。
そこはみなかったみたいだ。

だとすると確定かねえ。

185 :名無しかましてよかですか?:2008/11/11(火) 22:20:51 ID:n5no8Smh
>>183
「うそだッ!」
   /  / /    |    /|   /:::/:.:.:.:.:.:.:|::::::   
  /  〃 i     .::|   /:.:.|  |::l::|:.:.:.:.:.:.:.:|::::::
 ,゙  /|   |   .:::|. \|:.:.:.:|   |::l::|/:.:.:.:.:.:j/::   
 ! ,' !  ::|    ::::|!. ,ィ|≧ゝl、_.;|::ィ|/_:._/ィllヘ         
 l ,' │ ::|:..  ::::|く/ {ひlll|::|ヾ|:.N:.::´〃ひlllリ::   
 ヾ  '、  |\  ::::|:.\\こソ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、、\こソ        
     '、 :|  \ :::\:.:._,、__彡 _' -─ 、`゙ー=        
      ヾ、/.::>:、:;ヽ、__  /ーァ''"´ ̄ ヽ         
      / .::::::::::::::::ヘ ̄   {|::/       }    
     /...::::::::::::::::::::::::::\  V      j}  




186 :名無しかましてよかですか?:2008/11/11(火) 22:24:32 ID:n5no8Smh
           /    /\ |/,,.._,7- 、_        / -‐' ,!  
           |    ./      !   /` ー--ォ--ー'   ゲ   
       !   ハ   |      l   /!    {     /´  
       ハ-ー 、|_|   |     ,. -!´ ./ l     }、    !
       | ヽ,  !=ヾー- | ー‐≦-‐// /   // `   レ'    ニコニコで鍵げーを馬鹿にしていた「弁明」と
       !./ハ, |  `ト, |  ,/  /´ヾy'   /  !     {     林間先生は別人!
   \   <.i  K:)  \!   (:) /_,. ィ'    ヽ,    ヽ    これは林間先生を嵌める罠だ!
ヽ    \_\   _,,ノ    、_  ´~,. /     ∧     \    林間先生がニコニコ動画の嵐のわけがない!
 \ヽ、   \´ `~´'"   ,  `゙` ̄彡      |'´|.      ヽ    これはおまえらの自作自演! 
 / ヾ ` ー─弋   , ィ=- -=ォ, <´_, --─'´   l  l       '
./        /ヽ、ヽ{廴__,ィゾ  /       |ヾ, l
      /!/  |`ミ‐- 、,_,. ィ=' ´| |       |   !
    .// /   ヽ `` ─'  /ヽ |ヽ |     |    !

187 :名無しかましてよかですか?:2008/11/14(金) 03:06:09 ID:mI/4G+/F
スレタイがキモい…

188 :林間家脱糞事件:2008/11/15(土) 00:25:52 ID:E1nH+GdM
※お下品ネタです。食事中の方、ご注意願います。

ある日の朝、林間ハウス
林間「ああ、いい天気だ、今日は久々に布団を干そうかな!」
林間は嬉しそうな顔で布団を持ってベランダに出た。

むにゅ

湿ってて冷たくてやわらかい、泥のようなものを踏みつけたようだ。
林間「ん?」
林間は顔を下に向けた。そして、驚愕した。それは紛れも無い、大便であった。
林間「ぎゃああああああああ!!!」

そして、舞台は学校に移る
林間「肝井ーーー!!1!!肝井はいるかかんしゃくおこす!1!!!」
肝井「ぶしゃ?どうしたの林間先生?」
林間「ヴァルキリーキィーーーック!!」
林間はいきなり肝井の頬を横から薙ぐように靴のつま先で蹴り飛ばした。
肝井「ぶ、ぶしゃ…何するの、ぶしゃあああん、ぶしゃあああああん!!!」
林間「やかましいこの脱糞王!11!!俺の家のベランダで糞したのは貴様だろ!!!1!」
肝井「ボクそんなことしてないよ、信じてよ、ぶしゃああああん!!!」
林間「野グソが趣味なのは世界ひろしといえ、お前しかいないだろ!11!!」
肝井「ボク知らないよ、本当だよ、ぶしゃあああああああん!!」
林間「じゃあ、誰がやったんだゴラ!!1!!…ははーん、わかった」
林間はコヴァたちの方を向くと、ものすごい勢いで詰め寄った。
林間「貴様らかー!!1!俺の家のベランダで糞を垂れたのは!11!!」
コヴァ「は?肝井じゃあるまいし、そこらで大小便をしたりしませんよ」
林間「でも、肝井の奴は知らないって言ってるぞ!1!!」
吉田「どーせ、猫のを人間のと勘違いしてるんでしょ」
林間「いいや、猫のにしては大きかったぞ!!あれは人間のに違いない1!!!」
鳥坂「いや、猫でも体がでかかったり、デブ猫なんかは
人間並みのやつをしますよ。ソースはうちの大阪の実家」

189 :林間家脱糞事件:2008/11/15(土) 00:29:27 ID:E1nH+GdM
林間「ぬ…本当か?よーし、わかった。また来るかもしれないから、
今日から寝ずの番をして犯人を突き止めてやる!!」

林間はその日の晩、寝ずにベランダを見張ろうとした。
が、あっさり睡魔に負けて眠ってしまった。
そして翌日、またもや大便がベランダに鎮座していた。

その日の政経
林間「あー、今から講義を始めるが、その前に見てもらいたいものがある。」
林間はプロジェクターの本体にメモリーカードを入れると、プロジェクターを再生した。
生徒たちは一瞬で気分が悪くなった。
なぜなら、スクリーンにはでかでかと大便が写っていたのだから…
コヴァ「ぐぉぇ…まさか視覚攻撃でくるとは思いませんでしたにょ…」
吉田「クソを映すな、クソを!おええええええ」
鳥坂「わざわざプロジェクターで見せるとか何考えてるんだおえええええ!!」
林間「今朝もまたウンコがあったんだよ!!1!!お前ら、誰か知ってるやつはいないか!?」
だれも質問に答えなかった。(答えられなかった)

そして、夕方、林間ハウス前
林間「くっそー、俺は本気で困ってるのにみんな知らないって言いやがって…
おまけに教頭や国崎にしかられたし…ん?」
林間ハウス前で3人の見覚えのある高校生がダベっていた。
林間「お前ら、珍風連の柳生と有馬と面妖じゃないか!ここで何をしている!!」

補足:柳生反兵衛、有馬大輔、面妖太郎…13代目スレの長編、
学園戦記KOVAの登場人物であり、都立春風高校の生徒である。

柳生「あっ、清廉会…も追い出された林間じゃないか!
…別に何でもいいじゃんお前には関係ないだろ、おっさん」
林間「おっさんと言うなかんしゃくおこす!11!!まだ35歳なんだぞ!1!!!
あと、ここは俺の家の前だ!11!!関係大有りだ!11!!」
有馬「ああ…知らなかったよ…ちっ、柳生、面妖、場所移そうぜ」

190 :林間家脱糞事件:2008/11/15(土) 00:31:36 ID:E1nH+GdM
林間「ちょっと待てコラ、もしや…俺の家のベランダで糞を垂れたのは貴様だな!!1!!」
3人「は?」
林間はこの時、3人の表情が一瞬強張ったのを見逃さなかった。
面妖「おっさん大丈夫か、病院紹介してやろうか」
林間「しらばっくれても無駄だぞ!1!!謎は全て解けた!11!!お前は俺の作った
蒼森鎮守会(林間一人の愛国団体、活動実態無し)の愛国活動を妨害し、
俺を脅迫するため、ベランダで糞を垂れたんだろ!1!!!
そうだな!?はいと言え!11!!」
面妖「意味がわかんねーよ」
林間「意味がわからんならわからんで結構だ!1!!
今すぐ貴様ら全員とっ捕まえて警察に突き出してやる!1!!!」

2時間後…
林間「エグッ、エグッ、一人も捕まえられなかった…しかもDQNにぶつかってしまって
散々いたぶられた…なんて俺はついてないんだかんしゃくおこす!1!!!」
既に日はとっぷりと暮れていた。林間が玄関を開けようとすると、足元で擦り寄るものがいる。
林間は肝井か?と思い、頭を踏み潰そうとしたが、違ったら面倒なことになるので、下を向いた。
そこには結構大きな猫がいた。
林間「ん?どうしたんだ、お前。見た感じ、飼い猫っぽいが…最近寒いし、うちに泊まってくか?」
林間は猫を家に招き入れ、温めたミルクを飲ませ、猫まんまを食べさせた。
林間はその様子を「ぬこかわいいよぬこ」と、ニコニコしながら眺めていた。
しばらくして、猫がベランダの入り口に行き、戸を引っかき始めた。
林間は「この寒いのに、どうしたんだ?」と思いながらも、戸を開けた。
猫はベランダに出ると、昨日今日と大便が鎮座していた辺りに行き…糞を垂れた。
林間は瞬時に、犯人がこの猫であると確信した。林間は手近にあった部屋用のホウキをつかむと、
林間「てめえええ!11!!このクソ猫が!11!!ブッ殺す!11!!!」
と、叫びながら、猫に襲い掛かった。驚いた猫は、ベランダから屋根に伝って庭に着地すると、
助走をつけて林間ハウスの塀を越え、道路の方に行ってしまった。

191 :林間家脱糞事件:2008/11/15(土) 00:33:54 ID:E1nH+GdM
林間ハウスを脱走した猫がしばらくとぼとぼと歩いていると、「みこ!」と呼ぶ声がした。
猫が振り向くと、そこには、有馬、柳生、面妖がいた。
有馬「みこ、昨日今日とずいぶんと探したんだぞ、逃げちゃ駄目じゃないか…
それと、林間の家でうんちをしたのはお前だな?あいつの家には二度と行っちゃいけないよ」
有馬はみこと呼ばれた猫を優しく抱くと、柳生、面妖と別れ、家に帰った。

林間は翌日、学校で事件の顛末を話した。(ただし、林間は猫が有馬の猫であることを知らない)

そして、仕事を終え、自宅に着いた林間が家のドアを開けようとすると、
また足で擦り寄るものがいる。林間が下を向くと、肝井だった。
肝井「ぶしゃあああ、林間センセー、ボクにもミルク飲ませてー、ご馳走してー
ボクもかわいいよ、にははうぐぅがおがお」
林間は無言で肝井の頭をガシッ、ガシッと全力で何度も踏みつけた。
肝井が動かなくなったのを確かめると、今回の事件で溜めたストレスを発散したのか、
すっきりした表情で家の中に入った。
                                         (おしまい)

元ネタ:最近の新風連スレより(瀬戸ブログにグロ画像があるので訪問の際は注意)

192 :名無しかましてよかですか?:2008/11/15(土) 12:44:10 ID:Nolatic9
もうこのネタ来たのかよ
仕事はや!

193 :評論家:2008/11/17(月) 01:32:16 ID:Xnm7JQm4
>>188-191
面白くない。下品すぎで文学的価値は皆無。あと、キモ味は野グソなんかしない。
野グソはキモオタであるおまえらの趣味だろ?
まともな羞恥心があれば、オタクであることを自慢したり、エロゲーを買ったりしないはずだし!

194 :名無しかましてよかですか?:2008/11/17(月) 01:50:31 ID:wL5wVCnr
>>193
仕事は?

195 :名無しかましてよかですか?:2008/11/17(月) 11:01:09 ID:Rh+qe8fu
>>188

事実は小説より奇なりとはよく言ったものでw


196 :名無しかましてよかですか?:2008/11/24(月) 10:13:48 ID:x+WniqPP
因みに推定、ツマラン小説モドキかいてるならこれに応募して分泌家を目指せ
http://marigold.kululu.net/lune/val_fd/invitation.html

197 :名無しかましてよかですか?:2008/11/24(月) 22:42:31 ID:k/wR6esU
>>196
応募したかったな。
でも、ヴァルキリープレイしたのが3年ぐらい前だから、内容忘れちまったw


198 :名無しかましてよかですか?:2008/11/26(水) 13:36:19 ID:3SqfGZ3A
>>197
掴んだ!これでおまえらがエロゲーを買っているキモオタであることが証明された!
さぁ、早くボクをキモオタ扱いしたことを謝罪するんだ!!

199 :名無しかましてよかですか?:2008/11/26(水) 15:44:42 ID:HiWkuWMi
>>198
掴んだ!これでおまえが失職して白昼堂々ネカフェでネットに入り浸っていることが証明された!
さぁ、早く横浜寿町の住民にならないうちに次の仕事を探すんだ!!


200 :名無しかましてよかですか?:2008/11/26(水) 16:22:13 ID:3SqfGZ3A
>>199
シフト制を知らないニート乙wwwwwww
そんなんだから、キモオタは一般人からニートだと思われるんだよwwwwwwww

201 :名無しかましてよかですか?:2008/11/26(水) 16:50:14 ID:HiWkuWMi
本当に交代制なら、今は寝ている時間のはず。
本当に働いているなら、白昼から外に遊びになんか出ないはず。

まぁひとことで言えば、すぐバレル嘘はつくなということだ。

202 :名無しかましてよかですか?:2008/11/26(水) 17:19:39 ID:3SqfGZ3A
>>201
ニート必死すぎwwwwwwwwwクソ吹いたwwwwwww
家にいる時間はずっと寝ていなくちゃいけないのかよwwwwwwwww
あと、今日は何処にも出掛けてないしwwwwwww

203 :名無しかましてよかですか?:2008/11/26(水) 19:49:06 ID:X81+46fd
少なくとも多分シフトが飛び飛びになってるのは確定っぽいな
次は契約打ち切りの予感。そして帰りの交通費もヲタグッツに突っ込んで
寿町の住民に

204 :196:2008/11/27(木) 00:19:04 ID:S4rV5Uo9
>>202
だから何?
お前に言われなくても自覚してるんですけどw
糞が糞を笑う状況のほうが、よっぽどおかしいだろ。

うぐぅ、ボクは薄い人に言われたくないよ。



205 :197:2008/11/27(木) 00:26:29 ID:S4rV5Uo9
ごめん、197だ。
>>196すまない。

206 :キモいのの未来:2008/11/28(金) 01:09:56 ID:nzJ86lQ1
十五年後、ベイシティ・ハッピーゴールデンタウン
テレビのホームレス特集のカメラの前で、女性アナウンサーが話し始める。
女性アナ「えー、ここ、日雇い労働者の町、ハッピーゴールデンタウンでは・・・」
そこにやってくるキモい男
「ブシャアアアアアアアアアアアア」
女性アナ「きゃああああああああああああああ」
「ボクの理系たーーーーーーーん」
テレビに「しばらくお待ち下さい」の文字が流れた。

幸手市某所。木場家の団らん
此方「・・・アレって・・・」
木場「間違いない。肝井だ・・・」
一人娘がどうしたの?と顔を見合わせる二人に聞いてくる。
此方「な、なんでもないから・・・」
木場「そうそう、なんでもないからね」
その時、木場の携帯が鳴った。
木場「もしもし」
相手はシゲル
シゲル「今、テロ朝みていたんだが」
木場「シゲル君、何も言わないで下さい」

207 :たとえ好景気だったとしても:2008/11/28(金) 19:34:09 ID:OV2czJO5
10年後、ヨコハマシティ
201×年、日本国民はバブル景気以来20年ぶりの好景気を味わっていた。
また、これをさかのぼること数年前、時の与党が労働者保護の政策を打ち出していたこともあって、
この影響でそれまで不遇をかこっていた非正社員たちも数多く正社員として雇用されたり、
派遣社員のままでも、やはり、正社員に比べて低いものの、まぁまぁの給料をもらえるように
なっていた。ワーキングプアはもはや過去の現象となっていた。
(もちろん、完璧に滅んだわけではないが)そんなある日のことである。
コヴァ「あー、うまかったですねぇ〜」
鳥坂「ほんまやな、わざわざ大阪から来た甲斐あったわ」
吉田「幸せだなぁ…」

すると、どこかから聞きなれた声が…
肝井「吉田君、鳥坂君、木場君ブシャー」
コヴァ「き、肝井…」
肝井「ブシャー、ボクを助けてよー」
鳥坂「いったい何があったんや、それとその格好は?」
肝井は、上下真っ白のジャージを着ていた。
吉田「たしかあの白ジャージは悪叉駄塾神奈川校の制服だよ」

悪叉駄塾神奈川校
数年前、ニート更正に抜群の実績を誇る悪叉駄ユリコが創立したニート、もしくはかろうじて無職ではないが、
著しく勤労意欲の低い者を更正させる塾である。神奈川校は現在全国展開している悪叉駄塾の中でも
かなり特殊な部類に入り、栃木のヨシダ病院と提携して、思想系デムパ系ニートを収容し、
社会復帰のための教育を施している。

肝井「吉田君、ボクをあそこへ連れ戻す気なの!?やめてよ!!僕はあそこに戻りたくない!!」
吉田「あんな所に入れられるのは相当ヤバイ奴らばかりだぞ。いったいどういう人生を送ってきたんだ」
肝井「ボクは横浜で穏やかに働いていたんだ!それを会社の奴らが!!」
吉田「いいから、高校を卒業してからのお前の履歴を聞きたい。いったい何をしてたんだ」

208 :たとえ好景気だったとしても:2008/11/28(金) 19:39:02 ID:OV2czJO5
肝井の語った内容は、以下の通りである。

18歳…何とかお情けで高校を卒業。千葉の聖プラネットクリエイターズ学園に進学。
19歳…夏休みの間に聖プラネット(ryが倒産、長野に戻り長野理科大学理学部物理学科に
     秋季入学するが、翌年3月末をもって退学。理由は理系たん(笑)がいなかった事と、
     授業についていけなかった事。ちなみに、長野理科大学の偏差値はかろうじて
     40を超える程度の大学である。
20歳…親のつてでフリーターとして某大手家電量販店で働く。
21歳…店長から正社員昇格を打診される。が、勤務時間が長いことを嫌がり、断る。
23歳…元から良くなかった勤務態度がさらに不真面目になってくる。
     携帯でぬちゃそねろを荒らして遊んでいた所、2歳年下の専門卒の社員に強い口調で
     カンカンに怒られ、プライドがひどく傷つけられる。
24歳…これではいけないと思い、店を退職。派遣会社に登録し、派遣社員としてオフィスで働く。
25歳…安定期(彼の人生から見て相対的にではあるが)。
     数年ぶりに友人もできた(ちなみに、彼も後に悪叉駄塾神奈川校に…)
26歳…企業の人手不足が激しくなる。派遣先から正社員登用を打診されるが、断る。
    その直後、大きなヘマ(どう考えても、職場で遊んでいたとしか思えないほどのヘマ)
    をして短期間で2回派遣先を変わった後、横浜の企業に派遣されるが、
    そこでも遊んで真面目に仕事をしなかったため、悪叉駄塾神奈川校に入塾させられる。

肝井「…という訳なんだよもん、ぶしゃあああああん!」
コヴァ「…肝井、そりゃお前が悪い」
吉田「人間、自堕落に生きてるとこういう奴になるといういい例だな」
肝井「違うの!!ボクは氷河期世代のワーキングプアなんだよもんぶしゃあああああ!!!」
鳥坂「俺にはほんまの氷河期世代でワープアやった従兄弟がおんねんけどな、
お前のふざけた台詞きいとったらマジ切れすると思うで。本当の氷河期世代に謝れ。
お前のような奴が氷河期世代の代表面すんじゃねえ」
肝井「ブシャー、ブシャー、ボクを否定する奴は経団連の手先でキモヲタで…」
そこへ、一台の黄色い救急車が現れた。そして、車から老女が降りた。

209 :たとえ好景気だったとしても:2008/11/28(金) 19:41:26 ID:OV2czJO5
?「見つけたぞキモ味!さっさとこの車に乗れ、このクソデブが!!」
吉田「お、悪叉駄さん」
悪叉駄「ああ、ヨシダ病院の坊ちゃん、捕獲に協力してくれたのですか?」
吉田「まぁ…結果的にはそうなるかな」
悪叉駄「どうもありがとうございます。さあ、何をグズグズしている!さっさと乗り込めこのハゲ!!」
肝井「ボ、ボクはハゲじゃないやい…」
悪叉駄は肝井の顔面を思いっきり蹴った。
悪叉駄「誰が口答えしていいと言ったこのハゲ!!ハエの糞より価値もないクズが!!」
肝井「ブブ〜」
肝井が救急車に乗り込むと、悪叉駄は吉田に一礼して車に乗り、悪叉駄塾に戻って行った。

鳥坂「なぁ、吉田…肝井があの状態やったら、もしかすると他の連中も…」
吉田「ああ、俺は知らないけど、多分みんなあそこにいるんだろうな…」

悪叉駄塾神奈川校
悪叉駄「ついたぞ!さっさと降りろハゲデブ!!モタモタするな!!日が暮れちまうぞ!!」
肝井「サ、サー、イエッサー」
肝井が車を降りると、そこには真保、千葉、林間、北越谷、良樹、柳生、
面妖、有馬、桜井、柘植、瀬戸らが待っていた。
千葉「一人だけ逃げるなんて卑怯なのじゃよ」
柘植「しかし、ヨコハマチテーまで逃げた肝井君をストカーするとは、
奴らの接着鰤は総統ですな。半日勢力恐るべし」
林間「さぁ、一緒に苦しもうぜ、肝井よぉ」
瀬戸「もう逃がさないぞ…永遠に!」
再び、肝井とその不愉快な仲間たちの辛い日々が始まった。

210 :名無しかましてよかですか?:2008/11/28(金) 20:11:12 ID:l79f+yD0
珍風連も勢ぞろいかw
肝井が脱糞したらさぞビビるんだろうなw

211 :名無しかましてよかですか?:2008/11/28(金) 20:27:48 ID:r3ItawO5
最早ネタ組織として、不動の地位を築いているよなw>珍虱連

212 :評論家:2008/11/28(金) 21:51:28 ID:4gyFFnPN
キモオタは妄想と現実の区別もつかなくなったかwwww
さすがに「オタクは世間で受け入れられている!」
とか、「オタクを極めなければ社会不適合者」などと言うだけはある。
しかも、小説としても駄作の極み。
結局、他人をこき下ろす事でしか自分を保てない
哀れな人格がまたも浮き彫りになった結果となった。
バブル崩壊後は今の世界的な金融危機と同じような状態になったのだが。
銀行の統廃合が進んだり、そのころ、闇金融が問題になったり、自殺者もついには3万人になり、
派遣はいまや4割(産経新聞、YAHOO ニュース他)になった。
ねえねえ、何で正社員になれるなら、昔よりさらに非正規雇用が増えたのだろう・・・・
現実社会と乖離し、妄想の世界に生きているかのようだ。







213 :名無しかましてよかですか?:2008/11/28(金) 22:11:56 ID:/TjWdEh1
>>212
ようハゲ。毎度の捏造ご苦労様です。

214 :名無しかましてよかですか?:2008/11/28(金) 22:35:52 ID:4gyFFnPN
はあ? おまえらが、言ったことは記録してあるけど何か?
まったく、キモオタは必死すぎwwwww
もうそろそろ現実を見ようね♪

215 :名無しかましてよかですか?:2008/11/28(金) 23:59:47 ID:rDJlM7SI
>>212
あぁん?最近だらしねぇな?

216 :名無しかましてよかですか?:2008/11/29(土) 17:03:07 ID:Q/0KU5YE
>>207-209
これからの時代マジでそういう施設が必要になってくるような気がする。
連中の場合、「働く気が無い」のだから、ワープア以前の問題だからな。
それに妙な愛国思想がプラスされたりしたなら・・・・・。



ところでこの事件って、このスレの元ネタになりそうなのだが
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081129-OYT1T00510.htm?from=top

217 :名無しかましてよかですか?:2008/11/29(土) 17:25:26 ID:9UmjUzrO
>>216
レボみたいな奴だなw

218 :名無しかましてよかですか?:2008/12/02(火) 23:22:04 ID:BtQEGNEA
さげ

219 :パンツじゃ(ry:2008/12/03(水) 20:18:41 ID:ciCM87pI
放課後、コヴァ達が街を歩いていると
林間「パンツじゃ(ry」
鳥坂「えーと、もうつっこまんでいいよな」
コヴァ「うおぅ、これは厳しいですにょ」
目の前には下半身ブリーフのアホアホマ・・・もとい林間と千葉が
シゲル「ふう、目の前には何も見えないが?そうだそうだ今日はサンデーの発売日」
コヴァ「現実逃避してますにょ」
鳥坂「いや、多分美的センスから外れているために知覚できんと違うのか」
林間「く、くぉのぉオレのことを無視しやがってシゲルのヤツかんしゃくおこす!オレはこんなに思っているのに!!!」
と毛ズネ全開で死んだ方が良いセリフを叫ぶ林間センセーの前に、黒タイツをはいた肝井が
肝井「ブシャーン、私サー」
とシゲルに飛びかかる。
刹那
シゲル「・・・、虫、か・・・」
肝井から緑汁がデロデロリン
林間「何ぃ、サーニャ肝井が通用しないだと!今度こそ検討しないと・・・」
ってメガネかけ始めたのはもしかしなくてもペリーヌのつもりなんですか?林間センセー
そして
千葉「ワシがいるんじゃよ」
そうでしたね。あんさんも元ネタは下半身はブリーフでしたね。
コヴァ「ど、どうしますにょ?」
鳥坂「大丈夫だ、大丈夫そろそろ来るで・・・」
コヴァ「???」
そんな二人を放置し、ブリーフマン達のテンションは上がり続ける。
林間「ネウロイ達が弱ってるわ!」
千葉「そうなんじゃよ!いくんじゃよー」

220 :パンツじゃ(ry:2008/12/03(水) 20:19:35 ID:ciCM87pI
二人「行くぞ!おー!」
そのとき、二人の肩をポンポンと叩くヒトが
振り返ると・・・

                    ,ィ⊃  , -- 、
          ,r─-、      ,. ' /   ,/     }     ち
          {     ヽ  / ∠ 、___/    |
   署     ヽ.      V-─- 、  , ',_ヽ /  ,'      ょ
           ヽ  ヾ、  ',ニ、 ヽ_/ rュ、 ゙、 /
   ま        \  l  トこ,!   {`-'}  Y        っ
             ヽj   'ー'' ⊆) '⌒`  !
   で    , 、      l     ヘ‐--‐ケ   }        と
        ヽ ヽ.  _ .ヽ.     ゙<‐y′   /
   来     }  >'´.-!、 ゝ、_  ~  ___,ノ
         |    −!   \` ー一'´丿 \
   い    ノ    ,二!\   \___/   /`丶、
        /\  /    \   /~ト、   /    l \

黄色い救急車ではなく、白と黒の車に乗せられて二人(+1)はどこかへと連れられていった。
コヴァ「・・・」

その後・・・
担任「はい、国崎ですが。・・・・はい、・・・・はい、・・・下半身ブリーフで・・・ええ、松沢に移送したから引き取れと」
久々に涙目になる担任であった。

221 :名無しかましてよかですか?:2008/12/05(金) 00:19:33 ID:R8wyl3Jy
>>219-220
「いくらなんでも、人として超えてはいけない一線ってのがある」って事を
この汚物どもに教えてやれる人間はいないのか?

222 :名無しかましてよかですか?:2008/12/05(金) 17:45:42 ID:jjNs897B
>>221
いたら元ネタの汚物たちはあそこまでひどくならんだろ。

223 :名無しかましてよかですか?:2008/12/05(金) 17:47:16 ID:E0HuSOb9
甘やかす馬鹿やら提灯持ちすらいたからな。
病気は悪化するばかり。

224 :名無しかましてよかですか?:2008/12/05(金) 19:12:31 ID:qxlJF8Gw
勝手に妄想で好き放題書いて同情するってどんな精神障害者だよ

225 :名無しかましてよかですか?:2008/12/05(金) 22:02:26 ID:GBJk6i5H
はっきり言おう。おもしろくない。何か元ネタがあるわけ?
・・・・・・・・・
ググレカス! といわれる前に、"パンツじゃ"でぐぐった。
パンツじゃ の検索結果 約 7,500,000 件中 1 - 10 件目 (0.04 秒)

2008アニメ流行語大賞は「パンツじゃないから恥ずかしくないもん ...
ttp://d.hatena.ne.jp/karimikarimi/20081202/1228143899

>大賞の「パンツじゃないから恥ずかしくないもん」はストライクウィッチーズにおいて
>「パンツのようなもの」を丸出しにしている羞恥心について言及する言葉で、
>女性の履くあたかもパンツであるかのように描写されたズボンを指す。

おまえら、こんなアニメ見て喜んでるのか・・・うえwwwww
キモオタは羞恥心を身に着けるべきだ。

魔法少女では高町なのは(19) 通称、白い魔王には勝てない。
こんなパンツアニメ見ているなんて、少し 頭冷やそうか・・・

226 :目クソ対鼻クソ:2008/12/05(金) 23:53:32 ID:jjNs897B
いつもの政経

林間「席に座れー、講義を始めるぞー」
肝井「ブシャー、林間先生ー」
林間「席に座れこのエロゲヲタのキモハゲデブ!!」
肝井「ブシャー、そんなに邪険にしなくてもいいじゃない。
先生に見せたいものがあるんだよ」
林間「何だ?」
肝井はネットのサイトを印刷した紙を林間に手渡した。
林間「2008アニメ流行語大賞…?」
肝井「それの1位は林間先生の大好きなストライクウィッチーズ。
その流行語は「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」。
やっぱり、林間先生や吉田君のようなキモオタはこんな気持ち悪い
萌えアニメを見て喜んでいる変態!同じ魔法少女でもボクの好きななのはは…」
林間「ちょっと待て、なのはとかいうアニメの方が萌えアニメだろうが!」
肝井「チッチッチッ、違う違う。薄いな、林間先生は。
なのはは燃えアニメだよもん。一度見てみなよ。
ニヤ動でなのはたんがなぜ冥王と呼ばれるのかわかるから。
あと、なのはをその辺のゴミ萌えアニメと一緒にしないでよねっ!」
林間「しらねーよ!そんなキモヲタしか見ないアニメについて解説されても、
俺には何のことだかさっぱり理解できないな!!」
肝井「キ、キモオタだと!!ボクは初対面の頃から先生にボクはキモオタじゃないって
何度も言ってるのに、なんで信じてくれないの!?」
林間「お前は初対面の時に吉田の姉のお風呂シーンを盗撮したビデオを俺に見せたり、
あまつさえ吉田ん家にあがりこんで吉田の姉を犯そうとしたろうが!!
お前はキモヲタどころか、犯罪者だよ!犯罪者!!」
(9代目スレ>>121-124参照)
吉田「おい!ちょっと待て!!さっきのは聞き捨てならんぞ!!」
林間「うるさい吉田!俺は今こいつと議論しているんだ、邪魔するな!!」
吉田「へいへい…(あいつら、あんなことしてたのかよ…警察に通報すべきか?)」

227 :目クソ対鼻クソ:2008/12/05(金) 23:57:03 ID:jjNs897B
肝井「林間先生、ボクばっかり悪者にしますけどね、吉田てんてーを陵辱しようとしたのは
林間先生のほうでしょ!!そもそも僕はそんな提案してないし!犯罪者は林間先生のほうだよ!!
あと、吉田てんてーのお風呂シーンって何のこと?林間先生が盗撮したの!?
ボク吉田てんてーが最近お腹周りの脂肪を気にしてたことなんて知らないし!」
吉田(お前もかよ…)
林間「む…お前と俺との初対面の話はどうでもいい。お前はアニメを何本も見てたり、
ギャルゲやエロゲを買い込んでいるのに、キモヲタじゃないだと?どういう根拠で言ってるんだ?」
肝井「ボクはアニメは週に2〜3本しか見ないし、先生や吉田くんじゃあるまいし、
エロゲーなんか買わないし、ギャルゲーも買ったことないし、それに日々、キモオタを
批判しているから、キモオタじゃないし!」
林間「あぁ?週に1本でもいい年してアニメなんか見てたら立派なキモヲタだろうが!
あと、お前のアパートにはそういうヘンタイゲームが腐るほどあるだろうが!
パッケージに気持ち悪い女の絵がデカデカと描かれた奴が!」
肝井「あれはビジュアルノベルゲーム!林間先生や吉田君が薄汚い性欲を満たすために
やってるエロゲーと一緒にしないでよね!!まぁ、確かにかわいいけどさ。」
林間「ちょっと待て!俺がいつ性欲を満たすためにそういうゲームを買った!!!1!」
肝井「先生のお家にヴァルキリーとかいうエロゲーがあるでしょ!!
ないとは言わせないよ!!他にももみじとか…」
林間「あ、あれはな!!11!実際にオンナノコとやる時の為の素振りだ素振り!!1!!
決して吉田のように薄汚い性欲を満たす為にやってるんじゃない!!!1!
そういえば肝井よ、コヴァから聞いたぞ、昔、クラス替えのたびにお勧めのエロゲを
尋ねまわってたんだってな、お前こそ薄汚い性欲を満たす為にやってるんじゃないのか?」
突然、ガラッとドアが開いた。

228 :目クソ対鼻クソ:2008/12/05(金) 23:58:16 ID:jjNs897B
担任「うるせーぞ!!静かにしろ!!2つ離れた教室までお前らの騒ぎ声が聞こえるぞ!!
騒ぎたかったら休憩時間にやれ!!」
吉田「あ、国崎先生」
肝井「ブシャー逝き人さん、林間先生ったらひどいんだよもん。ボクをキモヲタと…」
担任「吉田、いったい何を騒いでたんだこいつら」
吉田「実は…」
吉田は今までのくだらないやり取りを担任に伝えた。
担任「なるほど…」
肝井「ね!ボクは悪くないでしょ!!逝き人さんならボクが一般人なのをわかってくれるよね!?」
林間「国崎、18歳未満でエロゲをやってる生徒をどう思う?俺が校長ならこんな奴即刻退学だ!!」
担任は凄まじい大声で怒鳴った。
担任「大バカ野郎!!」
肝井「ぶ、ぶしゃ?」
担任「アホかお前ら!そんなくだらない事で貴重な授業の時間を費やしてたのか?バカだ!
お前ら極上のバカだ!!そんなのな、俺からみれば目クソ鼻クソの争いだ!!
俺からみればお前らはどっちもキモいヲタだよ!これで満足か?デベソ」
担任はそう言うと、教室から出て行った。
二人はしばらく火病を起こしてなにやら喚き散らしていたが、
林間は一通り喚いた後、授業を打ち切り、職員室に帰る途中で階段を踏み外して怪我をした。
一方、肝井は発狂のあまり教室で脱糞をしようとしたが、生徒たちが対肝井用に教室に
備えてあった催眠ガスを肝井に吸わせ、事なきを得た。                      (おしまい)

229 :名無しかましてよかですか?:2008/12/06(土) 00:45:56 ID:5rpWaWxb
>>228
>一方、肝井は発狂のあまり教室で脱糞をしようとしたが、生徒たちが対肝井用に教室に
>備えてあった催眠ガスを肝井に吸わせ、事なきを得た。

残念ながら弛緩作用のある薬だと寝グソという惨事も……

230 :名無しかましてよかですか?:2008/12/06(土) 02:23:13 ID:prrZgKEF
といいつつ、リアルでは毎月エロゲーを買っているID:jjNs897Bなのでした。
「なのは」は、STSがいいんじゃないか!
お前らにお薦めのエロゲを尋ねたのは秋葉原症候群から
救ってあげようと病状の原因であるエロゲのタイトルを知りたかっただけだし!

それはそうと・・・
リア厨からエロゲをやっているエロゲ大王・ティキにしか言えない想像の斜め上の発言
「18歳以上になったらエロゲを卒業しろ」を思い出したwwww


231 :名無しかましてよかですか?:2008/12/06(土) 06:04:44 ID:2T7DTfZC
「なのは」は萌えアニメとも燃えアニメとも言い難いが、オタアニメなのは間違いない。

232 :名無しかましてよかですか?:2008/12/06(土) 06:49:43 ID:i4fTr8ji
どうでもいいわ

233 :まあ、いつものアレです:2008/12/06(土) 12:33:47 ID:fp1rSesg
とうとう林間による世界征服が達成された。セカイは林間の思想で支配され、林間主体思想の元、セカイは恒久平和を
約束された。
「林間様ばんざーーーーい」
窓の外からは人々の歓喜の声が聞こえる。私、林間カヅフサは記念のワイン、ロマネコンチの48年モノを開けると、
グラスを二つ用意しそれを注ぐ。
「あぅぅぅ、へぅぅぅぅ」
目の前にいるのは妻・キリコ、まあ、クスリとか色々あってまあ完全な(ry)になってるけど(ry)だけは保持している
辺り調教のプロの私の面目と言ったところか。
私はテレビをつけてワインを飲むことにした。全裸の美人アナウンサーが恥ずかしそうにしながらニュースを読む
「ほ、本日・・・反林間様勢力である日教組の公開処刑が実行・・・はぅぅぅぅ」
映像は現場へと切り替わった。
「ニッキョーソしねえええ」
アレな人たちの歓喜の声が上がる中、真ん中でボコボコにされているメガネは確か・・・まあ、あの頃のことは忘れよう。
ここまで長かった。そして私の脳裏に浮かぶは死んでいった同志達のこと、千葉、肝井、守本・・・。
そこに
「林間様!大変です!」
おや、軍の大将軍である真保が来たぞ。
「是非、あなたに会いたいと言うヒトが・・・」
「誰だね」
そこに現れたのはどこかで見たことがあるような顔、しかし、それは男だったはず・・・。
「り、林間様!」
そう、そこにいたのは性転換手術を受け、金髪美少女になった吉田シゲル
「私、間違ってた!本当はずっとあなたが好きだったの」
私はシゲルの顔をじっと見る。
「だから手術も受けて女の子になって・・・」
私は一呼吸おいてこういった。
「どんな、責め苦も耐えられるかね」
シゲルは頷いた。どうやら、私の大勝利の日は今日であるらしい。

234 :まあ、いつものアレです:2008/12/06(土) 12:36:22 ID:fp1rSesg
都立松沢軍団の一室、ベットに寝かされているのはすんげえ幸せそうな顔をした林間
免下「と言うことでこれが林間の潜在意識の中にある理想社会で」
鳥坂「説明いらんから」
コヴァ「ある意味出てこなくてほっとしたでしゅにょ」
担任「オレも処刑されてただけだからな」
肝井「ぶしゃあああん、なんでボクチンが死んでるのおおお」
鳥坂「むしろ問題はあの二人やな」
と、振り返ると周囲の空気を変な色に染める姉弟が
キリコ「別に気にしてはいないわよ。ええ。ある意味私はああやって心の隙間に(カナカナカナカナカナカナ」
シゲル「・・・早く何とかしないと、ああ、早急に早くな(カナカナカナカナカナカナ)」
コヴァ「まあまあ、二人とも落ち着いて」
シゲル「しかし、あのガチホモ、オレのことをそんなに女にしたいのかあいつ(カナカナカナカナカナ)」
免下「・・・まずかったかな」
林間は相変わらず幸せそうだ。夢の内容を映し出すモニターについては

 説 明 し な い 方 が 良 い

林間「フフフフ、糸こんにゃく〜」

勿論起きた後姉の方から加療という名の虐待をくらい、弟からは向ける愛情とは裏腹に
拒絶されるんだが

235 :名無しかましてよかですか?:2008/12/08(月) 00:15:26 ID:C8qHsAm9
>>227
>林間「あぁ?週に1本でもいい年してアニメなんか見てたら立派なキモヲタだろうが!

これ、実際にはティキが言ったことじゃんwwwww
勝手にリンカン先生に置き換えるなんて恥を知れ!


236 :名無しかましてよかですか?:2008/12/08(月) 00:28:11 ID:na8vl+py
ゴミクズはしゃべるな

237 :名無しかましてよかですか?:2008/12/08(月) 00:41:24 ID:C8qHsAm9
血税で毎月エロゲーを買っているキモオタのことですね。
わかります。

238 :名無しかましてよかですか?:2008/12/09(火) 20:22:32 ID:iAynrUDv
すっかりパンツスキーと言うことになってるな、林間センセー

239 :名無しかましてよかですか?:2008/12/10(水) 13:36:54 ID:2yfRhQtv
あと12日で5ヶ月規制でこのスレが落ちますが、次スレとスレタイどうします?

240 :名無しかましてよかですか?:2008/12/10(水) 14:21:35 ID:OI69qL+C
> 5ヶ月規制
5カ月?7カ月じゃなくて?

241 :名無しかましてよかですか?:2008/12/10(水) 14:23:38 ID:zWYzOJ56
>>239
「デンパコデンパ」はいかが?

242 :名無しかましてよかですか?:2008/12/10(水) 14:32:06 ID:2yfRhQtv
>>240
前スレは五ヶ月で落ちてた。昔は半年だったのに…

243 :担任のパラレルワールド紀行:2008/12/14(日) 20:47:18 ID:ANqNZacd
ある日の海武学園
担任「それでは、今日の授業はここまでです。お疲れ様でした。」
授業を終えた担任は職員室へ戻ろうと階段を下りようとした。
ところが、担任は足を踏み外してしまった。
担任「うぎゃあああああああ!!!」
ガツン…!
後頭部を強打した担任はそのまま気を失った。

担任が目を覚ますと、そこは自室だった。それも独身時代の。
担任「ちょっとまて、ここは前の家じゃないか…なんで俺がここに?
佐由理ー!佐由理ー!おーい、佐由理ちゃーん!居ないかー!?」
だが、いつもならすぐにかえってくる佐由理の返事は全く返ってこなかった。
担任は佐由理に電話をしようと携帯電話を開いた。
だが、どこを探しても「国崎佐由理」の名前はなかった。
担任は佐由理の電話番号を思い出そうとしたが、全く思い出せなかった。
担任が自室をよく見ると、部屋は異様に散らかっていた。さらに、PCの机の上には
大量のエロゲが山のように積まれていた。
担任「何だこりゃ…まるで林間の部屋じゃねーか…はっ、もう7時じゃないか!急がないと!」
担任は朝食もそこそこにそそくさと学校に出かけた。
学校に着いて、自分の席にすわり、授業用の資料を整理していると、本棚がおかしい事に気がついた。
あれだけ所狭しと置かれていた日本史、世界史、地理の専門書が消えうせ、その代わりに
ネトウヨの脳内に住んでいそうなステレオタイプな日教組教師がもっていそうな本が大量に並べられていたのである。
担任「だ、誰がこんな事を!…もしや!!」
担任は珍しく早く来ていた林間に聞いた。
担任「林間先生、私の机をいじったりしてませんよね」
林間「どうしたんです、国崎先生。藪から棒に。私はあなたの机をいじったりしませんよ。
なんでそんな事しなきゃいけないんです。したらしたで国崎先生、プライバシー権の侵害だ、
人権侵害だ、帝国主義者による侵略だと大騒ぎするのに…」
担任はものすごい違和感を感じた。
担任「で、でも、私の机に左翼系の人が読んでそうな本が。私はあんな本は持ってないですよ」

244 :担任のパラレルワールド紀行:2008/12/14(日) 20:49:43 ID:ANqNZacd
林間「何寝ぼけた事言ってるんですか、あれは全部国崎先生の本でしょうが。
あ、そうだ。これは教頭先生からも聞いたでしょうけど、国崎先生、教育熱心なのは
わかってますから、生徒たちにあまり思想的に偏った教育はしないでください。
生徒の家から苦情を受けて謝るのは学年主任の私なんですからね。」
担任「ちょっと待て林間、俺が学年主任だろ?」
林間「…?国崎先生、熱でもあるんですか?君はただの非常勤講師でしょ。」
担任「俺が非常勤!?」
林間「そうでしょ。先生、頭でもうったんですか?」
担任は頭を抱えた。ふと、林間の机に置かれている写真立ての一枚の写真に目がいった。
担任はその写真を見て凄まじい衝撃を受けた。
林間が佐由理ととても仲が良さそうに写っていたのである。
さらに、その周りには林間や佐由理に似た子供が3人、写っていた。
担任「り、林間…この写真は?」
林間「おいおい、君も会ったはずでしょ。俺の家内の佐由理と子供たちだよ。」
担任は妻が他人の、それも林間の嫁になっている事に衝撃を受けたのか、
反論もせずにふらふらと自分の席に戻った。そして、海武学園の年間便覧を見た。
本来担任がおさまっているはずの6人の学年主任のところに、林間の名前があり、
「非常勤講師」の所に、担任の名前があった。ついでに、自分のクラスの担任も
自分ではなく、林間が担任となっていた。
担任「夢なら覚めてくれ…」

この日のコヴァのクラスの日本史の時間
担任「それでは座ってください。今日は教科書217ページから、化政文化についてです」
クラスからざわめきが起きる。そして、生徒たちのざわめきからこんな声が聞き取れた。
「すげー!国崎がまともに授業している!」
「あれ?今日は凄いまともだぞ」
担任(いったい何だこれは…俺と林間の立場が完全に逆じゃないか…)
コヴァ「うぽぽぽぽぽぽぽおおおお!!!!ちょっと待ってくださいにょ!
僕珍たちはいつもの授業のほうがいいですにょ!!」
吉田「そうだ!俺たちが今学ぶべきは愚かなる極東の小国の歴史などではない!!
林間先生!!今日もエロゲについて教えてよ!その方が実践的だよ!!」
鳥坂「国崎先生はいつ、ウヨクに転向したんですか!!恥を知れ!!」

245 :担任のパラレルワールド紀行:2008/12/14(日) 20:51:27 ID:ANqNZacd
肝井「いいかげんにしなよ!木場君も吉田君も鳥坂君も逝き人さんも
学校は遊び場じゃなくて、勉強する場だと何回言えばわかるんだよ!!」
生徒たち「そうだそうだ!」
担任(…うちのクラスの連中も立場が逆になっとる…)

授業を終えた担任は吉田に声をかけた。
担任「吉田、エロゲの歴史をしろって…お前、エロゲなんかしてなかったじゃないか」
吉田「何を言ってるんですか先生!エロゲは日本文化の一部であり、
文化の高みに立つ現代芸術じゃないですか!それに、エロゲをしないやつは負け組みだし!!」
担任(これじゃ肝井の脳内吉田じゃないか…)
担任は続いて肝井に話しかけた。
担任「肝井。鍵とかいうゲームはエロゲだよな。」
肝井「…まぁ、確かに18禁版があるからね。でもね、僕がやってるのは
エロ要素のない非18禁版で、18禁版なんか一度もやったことないよ。」
担任(おかしい!確実におかしい!肝井はこれまで鍵とかいうエロゲをエロゲ扱いしたら
火がついたように暴れだしてたはずなのに…こんな冷静な回答は初めてだ)
担任は廊下を歩きながら考えた。
担任(不可解だ…いったいこれは何なんだ?…もしかして、これはうわさに聞くパラレルワールドか?)
その時だった。担任は宙に浮いたように感じ、そして
ドデデデデデデデデ、ガッ!!

「…さん、起きて。遅刻しちゃうわよ」
「ん…」
担任が目を開けると、目の前には吉田キリコが
担任「うわっ!吉田先生!!」
キリコ「…?やーね、雅人さんたら寝ぼけて、私たちが出会った頃の夢でも見てたの?」
担任「吉田先生、なんであんたが僕の家に?」
キリコ「…本当に寝ぼけてるの?私は国崎キリコ、あなたの妻よ」
担任(…またパラレルワールドか?少なくともさっきの世界よりはまともっぽいが…)
担任は気を取り直し、食卓に座った。食卓では吉田シゲルが飯を食っていた。
担任「よ、吉田…」
シゲル「ん?どしたの義兄さん。てか、学校じゃないんだから、シゲルって呼びなよ。」

246 :担任のパラレルワールド紀行:2008/12/14(日) 20:54:17 ID:ANqNZacd
担任「…し、シゲル君、良ければ、今日は一緒に学校に行かんか?
ちょっと相談したい事が…」
シゲル「いいですよ」

そして、海武学園へ向かう車の中
シゲル「で、相談って何です、義兄さん。」
担任はこれまでの事を全て話した。
シゲル「へぇ、そんな事が!?今の義兄さんの人格が異次元から来た
義兄さんなんて信じられないなー
…しかし、あっちの世界では義兄さんの嫁さんが佐由理さんとはねー」
担任「そういえば、こっちの世界の佐由理さんは…」
シゲル「2年ほど前に義兄さんの煮え切らない態度に痺れをきらして振っちゃったよ。
その後の消息は聞かないなー。元気にしてるといいんだけど。
で、佐由理さんに振られて傷ついていた義兄さんはバカ事件を起こして松沢に収容された
昔のコヴァや……コヴァを引き取りに来たついでにねーちゃんに相談をして、
それがきっかけで恋愛関係になり、そして半年前に結婚したってわけなんだけど。」
担任「そうか…ところで、俺はもう二度と元の世界に戻れんかな…」
シゲル「知らないよ、俺に聞いても。もう一回後頭部を強打したら?」
担任「…いや、死ぬかもしれんからやめとく」

そして学校
担任「それでは出席を取る。青木、青山、井上…(中略)肝井!肝井はまた休みか?」
コヴァ「ニ、ニッキョーソ…」
担任「ん、どうした?」
コヴァ「キモいのは1ヶ月前に理系短がどうのこうのと言って女子大生のアパートに侵入して
強制猥褻行為をしようとして逮捕されて、そのまま退学に…」
担任「え゛っ!」
コヴァ「ニッキョーソ…記者会見のときにあんなに涙を流して
テレビカメラの方を向いて謝ってたじゃないでしゅか…」

247 :担任のパラレルワールド紀行:2008/12/14(日) 20:55:43 ID:ANqNZacd
担任「す、すまん癖でな、つい…木場、櫻井、須藤…(中略)千葉!千葉は…?」
吉田「先生…千葉は…3ヶ月前に朝鮮学校の小学生に向けて
改造エアガンを撃って逮捕されたじゃないですか」
(しまった、連中について説明しとくの忘れてた…)
担任「ほ、本当にすまん…津島、手嶋、戸田…(中略)真保!」
鳥坂「真保は『正しい日本を取り戻すほうが先だ』とか言ってガッコやめたでしょ」
担任「う…」
生徒「先生、疲れてるんですか?あの3人はもう居ないのに…」
担任「…すまん」
HRを終えた担任は吉田に話しかけた。
吉田「ごめん、義兄さん、あいつらの事を説明し忘れてた。ごめん。」
担任「いや、いいんだ。しかし、俺は教師失格かな…
生徒たちを守るところか、犯罪者を2人も出してしまった…」
吉田「このクラスではそんな事誰も気にしてないよ。
あの3人ならそのうち犯罪を犯すだろうってのは誰もがわかってた事だし」
担任「犯罪を犯した3人…?はっ、そういえば林間は!?」
吉田「あいつは…半月前に見ず知らずの妊婦さんの腹を蹴飛ばして
流産させて…後は言うまでもないよ」
担任「そ、そうか…」
担任は茫然自失のまま、職員室に戻ろうとした。
まさかあの4人が超えてはならぬ一線を越えてしまうとは…
そして担任は階段で三度、足を踏み外し、気を失った。
                                            (後半へ続く)

248 :どっかの誰か ◆ZIzI6wcjZ2 :2008/12/14(日) 21:03:45 ID:IXM5PIjm
担任ktkr

249 :名無しかましてよかですか?:2008/12/18(木) 20:59:56 ID:e5bqbymZ
sage

250 :名無しかましてよかですか?:2008/12/21(日) 11:54:07 ID:3VXvY2NJ
そろそろ恒例の、クリスマスネタをリクエスト

251 :クリスマスじまん大会:2008/12/23(火) 11:25:18 ID:Ng0RSVLV
12月25日。いつもの林間の妄言タイム(という名の政経)
林間「昨日はな、先生」
鳥坂「はいはい嘘嘘」
林間「うっせーぞオレの話を聞けかんしゃくおこす!1!!1」
シゲル「でも嘘なんだろ」
コヴァ「センセー。今年はペリーヌさん辺りですか、黒パンストの」
林間「なんだとコヴァ生意気言ってるんじゃねえぞふじこふじこ」
コヴァ「図星ですにょ」
シゲル「あっ、でも」
二人「なに?」
林間「ふっふっふ、そうなのだ今年はキリコたんと」
シゲル「松沢で林間は檻の中、ねーちゃんは檻の外に」
林間「本当のことを言うなかんしゃくおこす!1!!111」
シゲル「それよりなんで松沢にテイクアウトされたんだ?」
林間「それはな・・・」

話は二週間以上前にさかのぼる。林間は池袋にいた。
林間「ふう、これでオレの分泌家人生に・・・」
ちなみに紙袋の中に入っているのは非合法のゑロ本です。そのとき
「やーいやーい、この在庫女王〜」
「てめえいくら会社に損失を与えたと思ってる!」
目の前にリーマンにフルボッコにされる金髪女性が
彼女は消え入りそうな声でこういった。
「や、止めてください・・・」
その様子を見た林間はその場に駆け寄りこういった
「え、これ放置露出野外暴行プレイ?じゃあ混ぜて混ぜてー^^」

最悪だ

空気が凍り付きリーマン達は林間をフルボッコにした。

252 :クリスマスじまん大会:2008/12/23(火) 11:26:19 ID:Ng0RSVLV
林間「ひ、酷い目にあったぜ・・・」
池袋の路上に放置されるボコボコの林間。そこに駆け寄るさっきの金髪女性
「あ、あのう・・・」
林間「き、金髪ヴァルキリーたん!11!!」
ナージャ「私はヴァルキリーという名ではありませんが・・・。(結果的に)私を助けて下さって
ありがとうございます」
林間「ふ、気にするな。まあ、クリスマスにワタシノコーの一発でもさせてくれれば」
ナージャ「私はナージャといいます。さっきのは某大手おもちゃメーカーの男達で、私が主人公のナニが
売れ行きが悪く大量の在庫を抱えてしまったため・・・」
林間「ナニ?在庫が多いだと?よっしゃ、この勝ち組セレブのお兄さんが何とかしてやろう!」
ナージャ「ほ、本当ですか?ナージャ嬉しい!」
林間に飛びつくナージャ
林間カヅフサ、38歳、人生のピークだったのかもしれない。

その後林間は全国各地にあるおもちゃメーカーの倉庫と問屋の在庫をすべて言い値で買い取り、そのために方々から
金を借り、家を担保に入れ、ナージャのために尽くした。それもこれもナージャとクリスマス・イブにワタシノコーを
するため・・・林間はすべての情熱を傾けていた。

そしてクリスマスイブ当日
林間「何とか在庫を全部回収して現金化して、商品もすべてさばいたぜ!」
ナージャ「ありがとうカヅフサさん」
林間「そしてこれがその代金が入った預金通帳だ!」
ナージャ「本当に感謝します・・・。じゃあ、今からそのお金でクリスマスケーキを・・・」
ナージャはそういうと通帳を林間の手からひったくり林間の家を出て行った。
林間「ああ、行っておいで」
林間はこの後過ごす、ナージャとのクリスマスイブで頭と精巣はいっぱいいっぱいだった。

ナージャは結局帰ってこなかった。
林間が「だまされた」ことに気づいたのはナージャが家を出てから三時間後だった。
そして、だまされたことに気づいた林間は、カッターナイフを持ってイブのエイトプリンスの街へと
飛び出していった。

253 :クリスマスじまん大会:2008/12/23(火) 11:27:21 ID:Ng0RSVLV
・・・結局、例によってカプールに襲いかかろうとして林間はピーポ君に捕まり、そのまま松沢に転送。
宿直のねーちんに引き渡され座敷牢の中で一日を過ごし、翌朝解放され学校にやってきたらしい。

鳥坂「くー、泣けるわ」
シゲル「素晴らしいクリスマスでしたね(微笑み&棒読み)」
林間「うっさいお前らに言われたかないわ特に吉田には!1!」
コヴァ「ところでお金はどうしたんですかね?」
コヴァがそのことに気づいたとき、教室の扉を乱暴に開ける音が
ガラガラッ
ウシジマ「ちーす」
ドアの開けた先にいたのは、何て言うかウシジマ君
林間「あっ、ウシジマさんっ!(もぬもぬもぬもぬ)」
コヴァ「闇金でしゅか」
ウシジマ「林間さん、今日までに貸した一千万、倍にして返すと」
シゲル「うわあ」
鳥坂「実家東大阪だから結構こういう話あったな」
林間「えっ、そのっ、あのっ」
ウシジマ「とりあえず家の方は今うっぱらったけど、まだ元金にしかならんわけで」
シゲル「絵に描いたようなヒトだなあ」
鳥坂「しかし、ここまで手際が良いって」
ウシジマ「ついでにウチのナージャに手を出した慰謝料をな」
林間「うわーん」
鳥坂「やっぱグルか」
コヴァ「でしゅよねー」
ウシジマ「まあ、今ちょうどロシアの海底トンネルの仕事があって、十年も働けば」
林間「うわあああああああああん」
ウシジマ「ほら、林間センセ。生徒達にさよなるの挨拶を」
林間「うわあああああああん」
コヴァ「気の毒にもほどがありましゅにょ」
そのまま林間センセーはどこかへ連れられていった。

254 :クリスマスINナイトメア:2008/12/24(水) 23:08:49 ID:TRwCJITb
林間センセーの築30年の3DK狭小住宅
林間「さあて、日課のセルフワタシノコーも終わったし、今日は寝るか」
今日はクリスマスイブ、いつもなら夜中過ぎまでぬちゃそねろを荒らすけれども、林間センセーは見栄っ張り
なので今日は書き込みません。
林間「うるさいなかんしゃくおこすぞ!1!!!」
そんなとき・・・
ぽわわわわ〜〜〜〜〜ん
林間の万年床の枕元に立つ、一人の金髪女性
林間「バ、バルキリーたん!1!!」
そして『彼女』は、林間にこんなことを語りかけた。
彼女「私は、あなたに昔お世話になったものです」
林間「よーし、お礼にワタシノコーを」
彼女「残念ながら、私は今のところ力が弱くてワタシノコーはできません」
林間「分かった!おk。要するにぶっかければ」
ってズボンを下ろすなズボンを
彼女は少しかなり結構変わってしまった彼を見ながら、少し困惑しながらこう言った。
彼女「・・・昔、水族館で会った夢魔ですよ」
林間「夢魔?ああ、そんなエロゲが」
彼女「ところで貴方が本当に望んでいるのはそんなことですか?いくらここで私と『金髪さんとのクリスマス』を
演じて貰ったところで、彼らは信じないのではないのですか?」
林間「彼らって・・・」
彼女「木場ヒロシ、鳥坂ヨシユキ、吉田シゲルの三人に代表される貴方の教え子達ですよ」
林間「・・・確かに・・・」
彼女「それに、そのうちの吉田シゲルについては、憎くて憎くて、いや、愛しくて愛しくてしょうがないのではありませんか?」
林間「・・・」
彼女「私に任せてください」
林間「一体何を」
彼女「私に任せていただければ、吉田シゲルを貴方の思い通りにしてあげることができますよ」
そういうと彼女は消えた。

255 :クリスマスINナイトメア:2008/12/24(水) 23:09:56 ID:TRwCJITb
翌日の放課後、シゲルはコヴァ、鳥坂と分かれて自宅へと帰った。
シゲル「ったく姉ちゃんが忙しいからクリスマスって言っても別に」
そういいつつ自宅マンションのドアを開けようとすると鍵が開いている。シゲルは不思議に思った。アドンとサムソンは
大概夕飯の準備をすると新宿方面に出かけるし・・・。少し嫌な予感がしてシゲルは家の中に入った。
キリコ「おかえりー」
飛び出してきたのは同居中の姉だった。何故かミニスカサンタ服だ。
シゲル「きー姉ちゃん・・・今日は大学病院で研究だって言ってなかったか」
実の姉と言いつつきわどい格好に目をそらしたくなるシゲル
キリコ「いーのいーの、だって今日はクリスマスだし〜」
少々酔っているのか頬が赤い。
シゲル「んじゃ松沢の方に行って免下さんと月宮さん助けて来いよ。オレは暗黒竜ハードLV5クリアとか色々しなきゃ
いけないんだから」
キリコ「えー、そんなあ〜。お姉ちゃんと一緒にクリスマス、たのしもっ」
何かが変だ。そうシゲルはこの時点で気づいていた。姉・キリコは基本線おっとりお姉さんだが、半分ぐらいはアレな
人々の本音を引き出すための演技という意味が強く、家では存外しっかりしている。こんなどっかのコヴァが好きそうな
(「失礼でしゅね」byコヴァ)類のアレに出てくる姉とは意外と遠い。もし、ここでアドンとサムソンが凄く幸せそうな
顔で寝ていることに気づいていれば、シゲルは彼女の正体に気づいたかもしれない。しかし、そうはならなかった。
シゲル「ったくしょうがねえな」
二人のクリスマスが始まった。そういえばこういう風にクリスマスを祝ったのはいつ以来だろう。シゲルはそう思った。
元々吉田家で事実上絶対的権力を握る母が余りクリスマスに執着せず、上の姉二人とも年が離れているのでこんな風に
祝うのは本当に久しぶりの気がする。
キリコ「じゃあ、あーん」
姉がシゲルの口にケーキを押しつけてくる。全く、こんなこと恋人にすればいいのに。・・・案外、恋人に振られてヤケで
こんなことをやってるのかもな。そんなことを思いながらシゲルはケーキを口に含み、のどに流し込んだ。

シゲルの意識は暗転した。

彼女「まあ、ざっとこんなものよね」
部屋には寝転がったシゲルと、一人の金髪女性。
彼女「さて、次は・・・」

256 :クリスマスINナイトメア:2008/12/24(水) 23:10:56 ID:TRwCJITb
「えー、今から、真保トシヤ君いじめに対する、被告人吉田シゲルの裁判を行う」
シゲルが次に気づいたとき、シゲルは何故か裁判所の被告席に立たされていた。
シゲル「なんで・・・?」
林間「私が裁判長、林間カヅフサであーる」
シゲル「ちょwwwww」
林間「何か文句あるか?あるのなら貴様は裁判を受けず、一生あの『マホノコトリ』と一生添い遂げることになるぞよ!」
と、林間がえづきながら指さした先にはマホノコトリがウエディングドレスを着て白目をむいていた。
シゲル「うえっぷ」
林間「なら、裁判を始める!被告人吉田シゲルは、●月☆日、私立海武学園校内にて真保トシヤ君に対し暴行を働き、
『愛国者特別刑法』に触れました!」
シゲル「たんま」
シゲルが手を挙げた。
シゲル「その、『愛国者特別刑法』って何だ?」
林間「ふっふっふ、それはな『愛国者の犯罪行為はすべて見逃され、愛国者に対する犯罪行為はすべて有罪』という
素晴らしい法律だ!」
むちゃくちゃだ。シゲルは思った。一体何でこんな法律が・・・と思ったときに、部屋の扉を開く音が
「ちょっと待ったーーーー!」
林間「ぬ、何やつ?」
船橋「ボクの名前は船橋テツヤ!リベラル左派の弁護士さ!」
林間「ええい、ブサヨめ〜。あ、シゲル自体ブサヨだから船橋で良いのか」
シゲル「おい、ちょっと待て何でオレが左翼なんだ」
船橋「えーと、吉田シゲル君を弁護します。なぜなら彼は左翼だからです。だから愛国者法で裁くのは不適切です。何故なら
我々左翼はこの国の成立自体を認めておらず」
シゲル「ちょっと待って!タンマタンマ!」
二人「何だとこのブサヨ/ネトウヨ!」
シゲル「何で勝手にオレが左翼になってるんだよ」
林間「オレに逆らうのはすべて左翼じゃあ!」
船橋「と言うことで私が弁護します」
シゲル「そりゃあ先生に逆らうのはよくないことかも知れないけど、皇室や日本の文化に対しては敬意を持ってるし、
この国自体も好きだし」
船橋の顔が曇った。

257 :クリスマスINナイトメア:2008/12/24(水) 23:12:18 ID:TRwCJITb
シゲル「でも、だからと言って極東アジアすべて滅ぼせとか思わないし、社会の不公平感もあると思ってる」
林間の顔が曇った。
二人「き、貴様〜」
シゲル「へ?」
二人「このブサヨ/ネトウヨめえええええ」
シゲル「うわあああああああああああああああああああああああああああ」

松沢軍団
シゲル「うう〜ん」
免下「全く意識が覚醒しない」
キリコ「ど、どうしよう・・・」
月宮「キリコ、とりあえずその象印の各種ヤバい薬品の入った注射器しまえ。全部打ったら死んでしまうで」
25日の帰宅後、部屋に転がっていたのは意識を失って倒れていたシゲルだった。キリコは慌ててシゲルを勤め先に
持って行くも打つ手がないとのこと。
免下「・・・一生、目覚めないかもしれないな。意識自体は覚醒に近いのだが、そこから何故か覚醒しない状態が延々
続いている」
キリコ「そんな・・・」

その頃林間ハウス
林間「なー、これからどうするんだよ夢魔さん」
夢魔「これから貴方が味わった苦痛をシゲル君に注入していきます。目覚めたとき、シゲル君は貴方の思い通りの
シゲル君になっていますよ」
林間「そうかあ、じゃあ何か楽しみだなあ」
夢魔「ええ、一つずつ苦痛を」

シゲルはある府立高校の前に立っていた。普通の府立高校だ。
シゲル「なんでこんなところに」
生徒「あー、吉田やー。某有名私学に行くと言って全部落ちて誰でも入れるここに来た吉田やー」
シゲルは中学受験に失敗したことを思い出した。少し心が痛んだ。
そして意識が飛ぶ

258 :クリスマスINナイトメア:2008/12/24(水) 23:14:12 ID:TRwCJITb
どこかの大学の研究室
教授「えー、吉田君かね。んー、なんていうかこの論文やけどね。全く日本語になってないし・・・」
そこでシゲルはあることに気づいた。これって誰かの意識・・・あるいは記憶の中じゃないのかと。そう、そしてそれは
恐らく林間が絡んでいると・・・。
教授「まあ、博士課程どころか修士をあと一年やらんと修了は」
シゲル「あの、それは林間が」
教授「林間ってまさかあの林間君かね!バカ言っちゃいけない!次の研究室助手の林間とキミの論文が同価値だと
そんな馬鹿なことはあるまい」
シゲル「だからこれは林間のヤツが」
教授「ええい、言い訳はうんざりだ。留年したまえ、吉田君」
そして意識は飛ぶ

「全く、大学院まで出てこんな簡単な仕事もできないのかねえ」
「ねえ、おじちゃんなんで家にいるの」
「しっ、見ちゃいけません」
「あ、吉田んちの変態だー石投げろ−」
また意識が飛ぶ

ここはどこだろうか。大型スーパーのファストフードコートのような
「つまりボクは神の子なんだナー」
目の前にいたのは守本センセー
シゲル「な、何で守本センセーが」
守本「ボクチンとキミとは同じ中学の先輩後輩なんだナー。ピザおごってやるんだな」
シゲル「えっ、だってセンセーはセンセーじゃあ」
守本「センセーだなんて照れるんだナー」
意識は飛んだ。

「味平はまた勉強してるのか?」
「ええ、熱心に海武学園の過去問を解いてたわ」
「長野にいたから厳しいと思っていたんだが、味平はかなりがんばってるな」
意識は再び飛ぶ(続く)

259 :クリスマスINナイトメア:2008/12/25(木) 01:09:43 ID:ZPu/Bcs5
神奈川県の公立中学校
「何でみんな目覚めないんだ!我々国民は迫害されている!」
クラスの皆は冷たい視線をシゲルに投げかける
「なあ、吉田。政治なんかよりも、今は受験勉強の方が大切なんじゃないか」
意識は飛んだ

どうやら、林間を中心としていろんなアレなヒトの記憶を行ったり来たりしているようだ。
一体、誰がこんなことを・・・。

松沢軍団
コヴァ「うおぅ、シゲル君が倒れたと聞いてきましたよー」
鳥坂「一体誰が・・・って」
シゲルは再びベッドの上でうめき始めた。
鳥坂「なあ」
鳥坂は小声でコヴァを呼び止める。
コヴァ「なんですかね?」
鳥坂「コレさ、林間の仕業じゃね?」
コヴァ「・・・ありえましゅね」
免下「おお、コヴァと鳥坂か、茶ぐらいは・・・」
鳥坂「あ、僕ら用事思い出したんでちょっと出かけてきまーす」

林間ハウス
林間「ところで今どういう状況だ?」
夢魔「たっぷりとシゲル君はあなたたちの悪夢を吸って、十分ほぐれてきたところ・・・これからが本番です」
林間「そうか、じゃあシゲルはオレ達が味わってきた屈辱を十分に理解したと言うことだな」
夢魔はゆっくりと頷いた。
夢魔「そして、今から仕上げに入ります」
林間「仕上げって?」
夢魔「ふふ、見たいのなら、今すぐ部屋のテレビをつけてください。面白いモノが見られますよ」

260 :クリスマスINナイトメア:2008/12/25(木) 01:11:09 ID:ZPu/Bcs5
シゲルは目覚めた。
シゲル「あれ・・・?ここは」
どこかのホールだろうか、しかし、随分と暗い雰囲気だ。カチ
いきなりスイッチが入った。そこには・・・

「吉田キリコ、菅間リン告別式」

シゲル「えええええええええええええええええええええええええええええええええ」
絶叫するシゲル
そのとき聞こえてくる会話
「全く、大学入試に失敗したからってお姉さんと恋人を殺してしまうなんて・・・」
「事故とか言ってるけど実際心中よね」
「恋人に酷い事してたんでしょ、縛ったり叩いたり」
「子供が出来たから殺したって聞いたわよ」
「そういえばお姉さんとも肉体関係があったとか」

違う、違う、そんなことはない。何でいきなりこんなことに。そうだ。これは夢だ。たちの悪い夢に決まってる。
そう思って駆けだしたシゲルは何かにけつまづいた。
シゲル「うわっ」
そこにあったのは・・・姉と恋人の棺
シゲル「嘘だ、ウソだ、うそだ、うそだうそだうそだうそだ・・・」
コヴァ「シゲル君」
シゲル「こ、コヴァじゃないか。これ、アレだろ、林間が」
コヴァ「何を言ってるんでしゅかこの誠死ねが」
コヴァが悪魔顔になった。
シゲル「どういうことだよ・・・」
鳥坂「大学受験に失敗してリンを性的な意味でいたぶってたところに、姉にまで性的欲求を感じて襲って姉は精神的に
不安定に。おまけに妊娠が発覚して二人を口封じのために事故に見せかけて殺した。そうやろ」
シゲル「違う!」
担任「吉田は・・・真面目で優秀な生徒でした。・・・ただ、女性関係でちょっとだらしないところがあってこういう結果に」
両親は泣いている。そして周りから投げつけられる軽蔑の視線

261 :クリスマスINナイトメア:2008/12/25(木) 01:12:10 ID:ZPu/Bcs5
シゲル「ちがうんだあああああああああああ」
シゲルの叫び声は、虚空へと消えた。

林間ハウス
林間「吉田ざまあwwww」
夢魔「いいでしょう、んふー。これでもう彼の自意識は崩壊寸前のはず。あとは貴方のビジョンを注ぎ込めば」
そのときだった。
コヴァ「ちょっと待ったでしゅにょ!」
玄関を蹴破ってコヴァが鳥坂が乱入してきた。
林間「ゲッ」
夢魔「あらら」
コヴァ「シゲル君を昏睡させていたのはやっぱり林間センセーの仕業でしゅねー」
林間「えっと、そのあの夢魔ってこのお姉さんが」
林間が指さした方には誰もいない。
鳥坂「誰もおらんやないけー」
林間「えっ、そのあの今まで金髪のおねいさんが」
コヴァ「もう駄目でしゅね」
鳥坂「まあ、松沢連れて行けば吐くやろ」
林間「うわーーーーん」

松沢軍団
リン「シゲルが入院してるのってここ?」
キリコ「やっぱり私が蘇生させるぅぅぅぅぅ」
月宮「そうやけど、おいっ、キリコお客さん来てるで、落ち着けっ」
月宮は必死にアレな医療行為を施工しようとするキリコを止めている。
免下「おや?お客さん?」
リン「はい、シゲル君と・・・ちょっと付き合ってます菅間リンです」
照れながら言うリン
免下「ふうむ。リンさんか・・・。シゲル君についてだけどな。多分これは現代医学じゃどうにもならないと
私は思ってる。多分気持ちの問題だろう。つまり彼はここに戻ってこようと思っても戻ってこれない。そう思うしかない」

262 :クリスマスINナイトメア:2008/12/25(木) 01:13:15 ID:ZPu/Bcs5
リン「それって・・・」
免下「まあ、眠れる森の美女のようにキスでもしたら起きるのかもしれんがなw」
免下はあきらめの表情を浮かべながら、自嘲するように笑った。
リン「分かりました」
リンは何か覚悟を決めたようだ。そして

夢魔は林間ハウスの様子を上から見ている。どうやら林間は黄色い車に押し込められたらしい。
夢魔「林間様も可愛そうに・・・」
夢魔は手元にあった写真入れを見る。そこには予想外にショタ風味の林間が
夢魔「25年前はあんなに素敵だったのに、あんなヒトにしちゃうなんて!私!絶対にかたきを取る!」
彼女はひとり、そう決意して再び自分が居るセカイへと戻っていった。再び林間の敵に隙が生じるまで

シゲルは真っ暗な空間の中にただ一人取り残された。
ここは一体・・・何処なんだろう・・・。
そのときだった。口に暖かいモノが触れた。
ギュン
シゲルにとって、それは24時間ぶりの目覚めであった。

松沢軍団
鳥坂「でーい、林間連れてきたでー」
コヴァ「さっさと吐くですにょ!」
林間「だからオレは金髪さんに」
シゲル「おはよう」
そこには起きて元気にコーヒーを飲むシゲルの姿が。そしてリンはそんなシゲルの手をぎゅっと握っている。
月宮「何かベタだけどさっきリンがキスしたら起きた」
シゲル「まあ、そういうことだ。うん」
何故かシゲルは照れくさそうだ。
リン「実はファーストキスだったんだよねー」
シゲル「余計なこと言うなよ・・・」
そしてその発言にいきり立つ数名の男達
鳥坂「なんやとー」コヴァ「うぽぽぽぽおおおー、ファーストキスはサヨクー!」

263 :クリスマスINナイトメア:2008/12/25(木) 01:14:07 ID:ZPu/Bcs5
そして
林間「オレなんかじゅお@0て6うおぉいpdhk;おいふゅ0おーrdびうw」
完全に嫉妬でぶっ壊れる林間でありました。

【完】

おまけ
鳥坂「しかし、リンと林間って元は同じヒトやな」
コヴァ「そういえばそうでしゅね」
鳥坂「かたやシゲルの恋人、かたやシゲルに執着する中年男」
コヴァ「元ネタのヒトもシゲル君の元ネタの某コテハンさん大好きでしゅよね」
鳥坂「つまりだ。要するに同じ人物二人からモテモテってことか」
コヴァ「そう考えるとギャルゲキャラみたいでしゅよね、シゲル君って」
鳥坂「しかし、ねーちんもそうだがあの姉弟はデムパに本当に好かれるよなあ」
そこに林間乱入
林間「おうよ!あいつはオレの突いてはいけない敏感なところを・・・」
コヴァ「気持ち悪いですにょ」
鳥坂「ガチホモトークはいらんで」
林間「なんだとかんしゃくおこす!1!!!」

そして投げっぱなし

夢魔「・・・林間様に仇なす人間は許せない・・・次はあの、コヴァって子が面白そうね・・・」

また何かあるのか?

264 :名無しかましてよかですか?:2008/12/30(火) 04:10:42 ID:1QELd+1u
sage

265 :新年あけましておめでとうございます:2009/01/01(木) 16:49:55 ID:5yHz/E+M
うぽ うぽぽぽぽぽぽん うぽ うおおおおおん
担任「ってまたソレか」
コヴァ「仕方ないでしゅにょ」
担任「そういえば去年の暮れ、こんなニュースが」

ニート・引きこもり支援新法制定へ 通常国会で政府提出へ
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081229/plc0812290136000-n2.htm

コヴァ「さ、産経でしゅか・・・」
担任「これで見ると民生委員がニートやヒキコモリの家を訪れるようになるようだな」
千葉「ミギャー、チョソの陰謀なのじゃよー」
コヴァ「うおぅ、随分久しぶりでしゅね」
千葉「ヒキコモリニートは愛国の戦士だから愛国無罪なのじゃよー」
担任「こういうヒトを面倒見なきゃいけなくなるのか・・・。そういえば弟は教育委員会から
福祉関係に移ったって言ってたなあ」
コヴァ「えっ、ニッキョーソの弟さんって公務員なんでしゅか?」
担任「ああ、栃木の田舎で市役所職員やってる」
コヴァ「そういえば教科書採択で会いましたね」
担任「ああ、もう二度とお前と会いたくないと言ってたな」
千葉「ミギャー、勤労はサヨクなのじゃよー、ワシはセレブじゃよー」
コヴァ「そういえば林間センセー達はどうしましたかね?」
担任「・・・ああ、それなんだが・・・。とうとうコミケに逝って・・・」
コヴァ「説明しないでくださいわかりましゅにょ」

266 :名無しかましてよかですか?:2009/01/03(土) 12:06:35 ID:5yAOH5fx
「林間センセコミケに行く」をリクエスト

267 :名無しかましてよかですか?:2009/01/03(土) 18:12:47 ID:A1EJAQtH
最初に釘を刺しておくが、コミケなんてものを物語にしたら、そいつはキモオタ。
なんでコミックマーケットのことを知っているんだよ? 

ボクなんてコミックマーケットの存在すら知らなかったのに、
おまえらが教えてくれたんだからwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

268 :名無しかましてよかですか?:2009/01/04(日) 23:31:40 ID:cYXEH5VA
全然釘になってませんね。
頭大丈夫ですか?

269 :名無しかましてよかですか?:2009/01/10(土) 21:03:41 ID:SptjyFnz
sage

270 :林間先生、コミケに行くの巻:2009/01/11(日) 00:46:03 ID:LepSn6vl
2008年12月26日、林間ハウス
林間「…というわけで、今年の愛国サークルの部会はこれで終了する。
来年こそはブサヨを殲滅し、日本のあるべき姿を取り戻そうではないか!!!11」
パチパチパチ…
林間「ところで、俺は大晦日に個人的にブサヨの街宣活動を監視をするために
コミケにいこうと思うが、誰か一緒に来るか?」
千葉「ぜひ参加するのじゃよー。せっかくなのでブラックラグーンのどーじんを買うのじゃよー」
真保「せっかくだから、俺の秘蔵コトリピンナップをを販売してもらおう」
肝井「一般人のボクとしては、コミケなんて単語を聞くだけでも吐き気を催すけど、
仕方がないのでついていってあげるよ。か、勘違いしないでよねっ!ボクがコミケに行くのは、
なのはやひぐらしやデスノやエヴァや鍵ゲーやハルヒの同人誌が欲しいんじゃなくて、
キモオタを観察してあげるためなんだからねっ!」
守本「ボクチンも行きたいけど、叩き団の陰謀で出入り禁止になってるんダナー、ボクは神なのに…」

そして12月31日、コミケ会場
林間「すごい人数だなー」
千葉「見ろ、人がゴミのようなのじゃよー」
肝井「うわー、キモオタが沢山いるキモーイ、だからここには来たくなかったんだブシャー」
真保「声がうわずってて、顔が喜びに満ち溢れてるぞ肝井」
肝井「そ、そんなことないもん!!本当に気持ち悪いんだってば!吐こうか?」
林間「やめろ!…さぁ、ブサヨを探すぞー。真保、俺についてこい。
肝井と千葉はあっちを頼む」
千葉「了解なのじゃよー」

271 :林間先生、コミケに行くの巻:2009/01/11(日) 00:47:27 ID:LepSn6vl
さて、キモジバと別れた林間先生は…
林間「あっ、すいません、これとこれとこれを下さい」
店員「1800円になります」
真保「センセー、サヨクを探すんじゃなかったんですか?
さっきから同人誌買ってばかりじゃないですか」
林間「真保、急いては事を仕損じると言うじゃないか。
せっかく来たんだから、楽しまないと」
真保「でもセンセー、もう1万円分は同人誌買ってますよ。
あんたブサヨ監視なんかどうでもよくて
本当はコミケに来たかっただけ違いますか?」
林間「だまれ!ところでこの紙袋もってて」
真保「俺はセンセーの荷物持ちしに来たんじゃない!!」
林間「あっ、ヴァルキリーたんの同人誌がこんなに沢山!!
すいません!これ全部、三冊づつ下さい!!!」
真保「だめだこりゃ」
林間「おい、真保、金がなくなったから金貸してくれ!外に出たら返すからさ」
真保「アホかあんたは」

一方、キモジバは
肝井「すいませーん、これとこれとこれとこれとこれ」
店員「2200円になります」
千葉「エロゲスキー君、そんなに金を使って大丈夫なのじゃよ?」
肝井「ほっといてよ!あ、あと、これはボクが買いたくて買ったんじゃなくて、
キモオタヲチャーのボクがキモオタの思考や嗜好を分析するために買ってるんだからねっ!!!
け、決して欲しいわけじゃないんだよっ!!」
千葉「その割にはエヴァやハルヒといったエロゲスキー君の好きなアニメの同人誌を
大量に買い込んでいるのはなぜなのじゃよ?しかも、キャラがアスカやみくるのような
エロゲスキー君の好きなキャラばかりに偏ってるのはなぜなんじゃよ?」
肝井「うるさいうるさいうるさい(AAry それ以上難癖つけると、ここでウンコするよ」

272 :林間先生、コミケに行くの巻:2009/01/11(日) 00:50:08 ID:LepSn6vl
そして
林間「いやー、ブサヨを探すために会場を回っていたら、
ついついこんなに買い込んじまったよ。肝井、お前もやけに大量に買ってるじゃないか」
肝井「こ、これはキモオタ分析のための資料なんだから、勘違いしないでよねっ!!
そ、それよりも、吉田君たちを見なかったね。キモオタなのに…」
林間「けしからん、直接呼びつけてやる」
トゥルルルルルルルル…
吉田「…もしもし」
林間「吉田!お前今どこにいる!?」
吉田「…栃木のギョーザ市の実家ですけど」
林間「うそつけ!!お前がコミケ会場にいることは予測済みだ!!正直に吐け!!」
吉田「正直に言ってますけど?それより、家の新年の準備しなきゃいけないんで。じゃ」
プツ、ツーツーツー
林間「ええい!吉田の奴め!!次は鳥坂だ!!1!!」
TRRRRRRRRRRRR…
林間「林間だ。お前、コミケ会場のどこにいる!?」
鳥坂「いきなりなんですか、今僕はビックスロープの実家ですわ」
林間「うそつけ!!1!!さっきコミケ会場でお前を見たぞ!1!!白状しろ!!1!!」
鳥坂「先生、なにか危ない薬でもやってるんですか?」
ブツ、ツーツー(ry
林間「畜生、あいつら俺を馬鹿にしやがって!1!!!
俺は教師だぞ、年長者だぞ、偉いんだぞ!!1!!」
とおうるるるるるるるるるるるるん
コヴァ「もしもーし」
林間「おお、コヴァ。緊急事態だ。今すぐコミケ会場に来い!!」
コヴァ「今、家でパパンと年越しそばを打ってる最中で忙しいんですにょ。よいお年を」
ガチャリ
林間「うぎゃあああああああ!!1!!
かんしゃくおこす!1!!!かんしゃくおこすぅううぅぅ!!!!1!
もういい、不愉快だ!!おい、お前ら、引きあげるぞ!!」

273 :林間先生、コミケに行くの巻:2009/01/11(日) 00:52:17 ID:LepSn6vl
その後のデンパ軍団の大晦日と正月
林間…林間にしては珍しく平和な寝正月を過ごした。
実家にお年玉を送るよう要求し、怒られた。
千葉…相変わらずネットで脱糞。
肝井…コミケ会場から直行して長野に帰る予定だったが、
大量の同人誌の重さが響いてか、新幹線に乗り遅れた。
ちなみに、同人誌は長野からUターンするころには恥ずかしいシミと
イカくさい臭いがプンプン染み付いていた。
真保…みんなと別れた後、勝手にフラスペを販売しようとして追い出された。

以下、大したオチのないまま終了

274 :むしろこんな感じかと:2009/01/11(日) 11:35:37 ID:pWmzP7YL
いつもの海武学園、愛国サークル部室
林間「・・・決めた」
林間は一人決意していた。
林間「今年はコミケに行くぞおおおおおおおおお」
守本「林間君、とうとうコミケに行くのですつか」
林間「も、守本センセー!」
守本「コミケに行くのなら、是非私もついていきたい。しかし、悪辣なゑロ団とえっさいの陰謀で
私は半永久的に出禁を食らってしまった・・・」
守本はそこでボロボロのデジカメを差し出す。
守本「是非、これでレイヤーたんの尻を後ろから撮ってきて欲しいですつ。後ろからは盗撮にならないし(なります)」
林間「分かったぜ・・・」
守本「あと、ついでにこれがコミケカタログだ。健闘を祈る」

冬コミ一日目、前日
林間「はぁっ、はぁっ、はぁっ」
夜の湾岸を走る林間、背後からはスタッフが
スタッフ「事前徹夜行列は厳禁だぁぁぁぁぁぁぁぁ」
林間「何だと徹夜こそがコミケの醍醐味じゃないかかんしゃく(ry」
林間、捕まって自宅強制送還。

冬コミ一日目
前日思いっきり夜中に走って疲れ果てたせいか、寝過ごす林間。そして現地到着は十二時ぐらいに
林間「あんまり混んでないな。やはり、天才的思想家で将来の日本のリーダーのオレに皆遠慮したからかな?(ニヤソ」
基本的にコミケで一番混むのは三日目で、一日目二日目はそれほどでもないけどな。
林間「さぁて、今日はあんまりソッチ(ゑロ)はないけどいくつかチェックしておいた金髪ゲームキャラ拉致監禁本を
買いに行くぜ!」
林間は中へと入っていった。
・・・
林間「かんしゃくおこすうううううううううううううううううううううううう」

275 :むしろこんな感じかと:2009/01/11(日) 11:37:44 ID:pWmzP7YL
十分後、絶叫する林間が
そう、林間の目当てだったゑロ同人誌はすべて売り切れていたのである。よくあることである。
しかも一冊(本命だった政権伝説3リース拉致監禁調教本)は目の前で売り切れてしまい、林間を火病らせた。
林間「むきー、かんしゃくおこすううううううううううう」
と、サークルさんに襲いかかる林間。

林間は、強制的に排除された。

二日目。
肝井「べ、別についてきたいからついてきたわけじゃないんだからね!1!!1」
アニメの日だったので、肝井と一緒に朝から行列に並ぶ林間。勿論、守本からグラサンを借りて林間は変装している。
肝井「ところで何でいつもと違うメガネなの?」
林間「聞くな。・・・クソッ、やはりコミケスタッフはブサヨなのかもしれないな(ブツクサブツクサ)」
三時間後、ようやく入場を果たすと、二匹はさっそくなのは方面へ。

十分後

肝井「ウンコするよ!ここでウンコするよ!」
林間「うおおおおおおお〜〜〜このブサヨどもめえええええええええ」

何があったのかは想像に任せるけど、やっぱり何かがあって暴れる汚物二匹が。
結局二匹は湾岸警察署のお巡りさんに連れられていった。

スタッフ「・・・全く、あいつら昨日も暴れていたな」
スタッフ「そういえばあの手の連中に対してすごく効果のある軍団があると湾岸署の青島さんが言ってましたよ」
スタッフ「なんだそれは」
スタッフ「確か・・・」
スタッフ「・・・よし、やむを得ん。そこに頼もう」

276 :むしろこんな感じかと:2009/01/11(日) 11:38:56 ID:pWmzP7YL
二日目の夜
林間「うっうっ、ただ単に金髪さんの無修正妊婦陵辱同人誌が欲しいだけなのに・・・」
肝井「ボクもゑロを描いていたヒトを啓蒙したいだけなのにうぐぅ」
そこに現れたのは・・・守本
守本「くじけるな林間と肝井よ!お前達は間違っては居ない!信じるのだ!おのれのフォースの力を!そして
みだらなレイヤーたんの尻を後ろから撮るのだ!」
二人「も、守本センセー!」

コミケ三日目
行列に並んでいる林間と肝井。二人ともメガネやヅラで武装し、殆どコスプレ状態だが何故かスルーされた。
そして入場。二匹は昨日守本に言われたようにいちもくさんにコスプレ広場を目指した。
林間「ここがコスプレ広場・・・」
二人はその雰囲気に圧倒された。しかし、昨日守本から伝えられた「レイヤーの尻を撮る」という極秘任務を
果たさなければならない・・・。二人は潜入した。
林間「後ろからは」
肝井「盗撮にならないっ」
そして視野に入ったのは何か色っぽい露出度の高い格好をしたねーちゃん。ダッキだろうか
林間「ターゲット、ロックオン!」
林間はこそこそと段ボールをかぶって彼女へと近づく・・・。
林間「ふっふっふ、待ってろよぉぉぉぉぉぉ」
そして二人の目の前に彼女の尻が、そのときだった。
××「あら?どうしたの林間ちゃん、肝井ちゃん」
聞き慣れた声。その甘くて妙になれなれしいしゃべりは・・・
キリコ「じゃーん」
二人「吉田姉ぇっぇぇぇぇぇ」
そして周りにいたのはカメコではなく、松沢軍団。
キリコ「確保−」
以下、中島みゆき「世情」
免下「お疲れ、しかし、楽しいかコスプレ」
キリコ「はい♪みんなに注目されますから、その分変な人を洗い出すのにも便利なんですよ♪レイちゃんもやる?」
免下「いいや、私はやめておく・・・」

277 :むしろこんな感じかと:2009/01/11(日) 11:40:47 ID:pWmzP7YL
年明け、年賀状が措置入院中の林間と肝井に届きました。

          _____
         / ヽ____//
         / コ /   /
         / ミ /   /
       ./ .ケ / 準 /
       ./ ッ ./ 備 /
      / ト / 会 /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /  お前らについては   /ヽ__//
     /               /  /   /
     /半永久的に出禁です。  /  /   /
    /   ____     ./  /   /
   /              ./  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /


守本と同じ運命になる二人であった。

このほかに、年明けに出たアニメ雑誌に姉のコスプレが載っていて
シゲルが茶を吹き出したり、その写真を見てトリオ・ザ・出禁が関係妄想を
うにゃうにゃと展開させるなど色々あったりするんだけど今宵はここら辺に
しておきたいとございますです。

278 :名無しかましてよかですか?:2009/01/11(日) 15:51:09 ID:4+9IwQGF
ワラタwww

279 :小ネタ:2009/01/12(月) 11:28:04 ID:X5OUMTn2
もし、学園物語の人物が本を出版したら…

ブサヨを斬る!/林間カヅフサ・著
『ブサヨは、ネット上においては便意兵として影からコソコソと愛国者叩きを行っている。
これは、卑怯で臆病なブサヨの本質をあらわしているといえよう。その点、私のような
愛国者は、有事の時はいつでも師団を指揮する覚悟がある。』(14頁)
林間が書いた評論本。内容は無知に満ち溢れている。内容のうち、吉田叩きが6割。

北欧女性の『美』/林間カヅフサ・著
『絹のような白い肌、透き通るような青い目、日本人女性では再現不可能な
見事なプロポーション、そして目を奪われるような美しい金髪。
これが北欧女性の魅力である』(10頁)
林間の金髪女性愛好ぶりをストレートに表現した本。殆ど妄想で書いてます。

理系たんとボク/肝井味平・著
『四つん這いになって床に置いたPCのキーボードを叩く彼女の後姿に、ボクの胸は熱くなった。
ボクはそのまま、無言で後ろから彼女を抱きしめた。腕に、彼女の豊かでやわらかい胸が当たって
とても心地よい。理系たんは、そっと、「味平くん…好き」と言った。』(161頁)
肝井がかいた恋愛小説。肝井の好きなどっかのエロゲよろしく、主人公がどんな行為を行っても
女の子は全てそれを許容するダメ人間仕様となっている。
終盤の「ブツン!ズッニュー!!」という表現はもはや伝説。
他、『アリサ・ランディール博士とボク』『デスノート2 〜キモオタ絶滅計画〜』を収録。

公務員不要論/肝井味平・著
『公務員は泥棒である!彼らは人から奪うことしか考えず、人々に分け与えることはない。
さらに、教師は最悪の生物である。やつらは仕事をせずに遊んでいるに決まっている!!』(3頁)
全編にわたって公務員(特に教師)への憎しみを書き連ねた本。
林間の本同様、無知に満ち溢れ、全編妄想で構成されている。

280 :小ネタ:2009/01/12(月) 11:31:06 ID:X5OUMTn2
真性モテモテ帝国/千葉ヒサユキ・著
『その時、わしのマシンガンが火を噴いた!!弾丸が次々とチョンとチャンコロを破裂させる。
このようにして、大日本帝国は、チョン、チャン、ニガー、ラティーノを滅ぼさねば
ならないのである。』(21頁)
千葉の書いた本。たった21ページだが、その中身は評論で始まったかと思ったら、
エッセイに移ったり、小説になったりと千葉の精神の壊れっぷりを伺える。

性差論/真保トシヤ・著
『人が一生の内で、一番可愛くなれるのは、4歳の時です。全ての女は、4歳児の「あどけなさ」
「初々しさ」「裏表の無さ」といった、「究極の美徳」を見習うことが、不可欠です。
こうした普遍的な人類の性質を、「ロリコン」呼ばわりするのは、フェミニストです。』(187頁)
真保の書いた評論本。内容は言うまでもない。

懺悔/木場ヒロシ・著
『私が改心したのは、一人の教師との出会いであった。彼を仮にR先生としておこう。
彼を反面教師にしたからこそ、私は真っ当な道に戻れたのである。』(103頁)
コヴァの書いた自伝。酷使様時代の悪行と酷使様から脱却できたきっかけ、
若い人への忠告が盛り込まれている。

281 :名無しかましてよかですか?:2009/01/15(木) 00:03:21 ID:Ttidq5Tf
>>272
考えてみれば、冬コミの会場でやれコスプレだ、同人だ。
って騒いでいる一方で、世間一般では、「正月の準備」とか
「帰省(人によっては旅行)」とかで、忙しく動いているんだよな。
 
そう考えると、コミケって結構異様なイベントのような気もするが。

>コヴァ「今、家でパパンと年越しそばを打ってる最中で忙しいんですにょ。よいお年を」
コヴァ父の知られざる趣味なのかもな>そば打ち

282 :小さな疑問:2009/01/15(木) 23:22:48 ID:KQPajatD
いつもの海武学園
シゲル「そういえば・・・」
コヴァ「なんですかね?」
シゲル「教育実習生で来た船橋とか言うヤツと、林間ってすげえ似てないか?」
コヴァ「そういえばそうでしゅね」
鳥坂「せやな」
シゲル「二人ともデムパで金髪の女の子を拉致監禁するのが好きで・・・」
そこに林間登場
林間「何だと貴様ー!オレ様をあんなブサヨと一緒にするつもりかかんしゃくおこすー」
シゲル「あれ?いたんスかセンセー」
林間「おう、私はキミが居るところならどこにでも来る!」
鳥坂「ストーカー・・・」
林間「誰がストーカーだって!かんしゃくおこす!1!!べ、別に好きだから追いかけている
わけじゃないんだからねっ」
シゲル「誰かエチケット袋持ってる?」
コヴァ「もうなれましたね」
シゲル「それはともかく、二人ともデンパで金髪好きで、アニヲタで実質ニートで社会不適応者で
高校大学辺りで思想にかぶれてそのまんま人生ドリフト状態って考えれば」
コヴァ「そっくりでしゅね」
鳥坂「せやな」
林間「誰があんなブサヨそっくりだってーかんしゃくおこすー!1!!」

283 :小さな疑問:2009/01/15(木) 23:28:21 ID:KQPajatD
シゲル「そう、二人の区別は思想だけなんだ。そういえば船橋は出身地は
横浜だっけ?」
林間「私は出身地は大阪だが生まれは港町神戸だが」
鳥坂「えっ、そんな話初耳だけど」
コヴァ「そうですにょ」
林間「フッ、私はそういうおしゃれな街で生まれたのだ」
シゲル「てことは東西の港町生まれと出身地も相似形ってことか」
シゲルは何かを考えたらしい。
シゲル「なあ、変な事言っても良いか?」
コヴァ「別に気にしませんにょ」
シゲル「林間と船橋を等速でぶつけたら性質だけが違うから消滅するんじゃ
なかろうかと」
鳥坂「物質と反物質の関係か」
シゲルは無言で頷いた。
シゲル「・・・やってみたいなあ・・・」
そういいつつ顔を紅潮させるシゲルを見て、コヴァと鳥坂はあのねーちんの
弟なんだと思うのであった。

284 :名無しかましてよかですか?:2009/01/15(木) 23:50:39 ID:8U76hU8w
船橋はレギュラーに定着しそうだなw

285 :名無しかましてよかですか?:2009/01/17(土) 19:51:06 ID:B1AvjnuI
双方をぶつけたら核爆並のエネルギを発生させるんじゃないか?


286 :ヘタレ屋:2009/01/18(日) 12:58:10 ID:DI8vXqvR
いつもの政経
林間「以上で、本日の講義は終了する。ところで、君たちに頼みがある。まずこのチラシを読んで欲しい」

『キッヅステーションは「イタリア」の放送中止を撤回せよ!

「イタリア」は真の歴史を語るすばらしい名作アニメである。
韓国が言いがかりをつけてきたのがその証拠といえよう。
しかし、キッヅステーションはその言いがかりに負けて屈服してしまった。
国民よ、立ち上がれ!!キッヅステーションに勇気を与えよ!!
われら1億2000万国民が立ち上がれば、蛮族など粉砕できる!!
「イタリア」のテレビ放送を実現させようではないか!!』

林間「どうだ、日本文化を守るために誰か協力しないか。幸い、今度の日曜にキッヅステーションの
入っているビルの前でデモが行われる予定だ。協力するやつは手を上げてくれ」
手は3つしか上がらなかった。言うまでもなく、ジバキモマホである。
林間「おい…どういうつもりだ?」
生徒「アホらしくてやってられんわ」
林間「何がアホらしいだかんしゃくおこす!1!!!!お前は韓国の日本侵略を肯定するのか!?」
生徒「俺がいつ韓国の日本侵略を肯定しましたか!?そもそもあの程度で侵略になるんですか!?」
林間「芽は小さいうちに摘んどけって言うだろうが!!1!!それを拒否するお前は
韓国の侵略を肯定したことになるんだよ!1!!!わかったか!!」
生徒「わかるわけないでしょうが!あの程度でいちいち反応している林間先生らのほうが異常ですよ!!
第一、あんなマイナーなアニメごときでデモおこそうなんて、アニヲタかネトウヨくらいですよ!!」
肝井「ぶしゃあ、ボクもあんなキモオタしか見ないアニメなんてどうでもいいけど、
鍵ゲーアニメのようなメジャーアニメまで言いがかりをつけられたくないから、参加するお!!」
生徒「鍵エロゲのアニメのどこがメジャーなんだよ…」
肝井「メジャーだもん!!今はキモオタの陰謀でマイナー扱いされているけど、
ボクが新世界の神になってキモオタの心を浄化し、秋葉原症候群から救出すれば、
名実ともに国民的アニメになるし!!今に見てろよ、お前らの大好きな
萌えアニメなんか、ボクが新世界の神になったあかつきには滅ぼしてやるから!!」
生徒「勝手に言ってろ…」

287 :ヘタレ屋:2009/01/18(日) 12:59:16 ID:DI8vXqvR
そして日曜日、千代田区某所
キモヲタ「キッヅステーションは『イタリア』の放送中止を撤回しろデブー」
キモヲタ「あんな名作を葬り去るのは、韓国に屈服するのと同じガリー」
キモヲタ「つ、つ、ついでに日本政府はこれを理由に韓国に攻め込むべきなんだな!!!」
真保「『イタリア』の放送中止は糞ニーの陰謀!!」
千葉「ミギャー、わしに武器を配給するのじゃよー、そしたらチョソを皆殺しにしてやるのじゃよー」
肝井「『イタリア』の放送中止を撤回しないと、ここでウンコするよ!!
ついでに、デスノートとひぐらしと鍵ゲーアニメの再放送もして!!」
林間「戦乙女ヴァルキリーのアニメ化を熱望する!!!1!!」

それからさらに数日後

【社会】一旦は放送中止になっただったテレビアニメ「イタリア」が放送中止へ
1 名前:ぽたこん( ´∀` )φ ★ 投稿日:2009/XX/XX(木) 14:12:10 ID:???0
キッヅステーションは、イタリアやドイツなど国を擬人化したギャグマンガ原作で、
一旦は放送中止が決まっていたアニメ「イタリア」の放送中止を撤回すると発表した。
同社は「視聴者の皆様の力強い要請」と説明している。(以下略)

林間「やった!!日本ばんざーい!!韓国ざまぁwwwwww」
ああ…これで名作が見れる………ところで、キッヅステーションってどうすれば見られるの?
地上波の一部分だったっけ?それとも、BS?」
真保「えっ!?」
千葉「…知らないのじゃよー」
肝井「CSのスカイパーフェクTVかケーブルテレビで見られるよ。ボクが契約してるから、見ようよ!
か、勘違いしないでよねっ!ボクはいい子だからみんなに見せてあげるんだからねっ!」

288 :ヘタレ屋:2009/01/18(日) 13:00:12 ID:DI8vXqvR
そして数日後、キモ味アパート
林間「汚い部屋だなぁ」
千葉「エロゲスキー君、わしらお客のために菓子とジュースを持ってくるのじゃよー」
真保「俺の部屋のほうがマシだぜ。こんなウンコ臭い部屋は初めてだよ」
肝井「ぶしゃあ、ほっといてよ!あっ、始まるよ!!」
「やあこんにちは、ボクヘタリアです」
林間「wktkしてきたぜ…」
「やぁ、ヘタリア君」
「ウホッ、いい男…!あなたと同盟したい…」
千葉「…?」
「や、やめてくださいよー、ドイッチュラントさん」
「いいじゃないか、君との仲なんだし…独伊同盟は永遠だろ?」
「やあ、ドイッチュラントにヘタリア。ボクも混ぜてくれないか?」
真保「…???」
「ううっ…君まで酷いやヤポンスキー君…アッー!」
「アッー!アッー!アッー!これぞ日独伊三国同盟…」
林間「こ、これはいったいどういう事だ…」
肝井「どういう事って…林間先生が言い始めたんじゃないか、『イタリア』は名作だって」
千葉「まさか金髪スキー君、原作を一度も読んだことがないのじゃよ?」
林間「う、うん」
真保「読んでないのに、何で名作だと言い切れるんですか?」
林間「だ、だって…韓国がいちゃもんつけてくるから、てっきり名作だと思ったんだもん…」
千葉「そんなの理由にならないのじゃよー!もう頭にきた、貴様をヤってやる!!」
林間「アッー!」

おしまい

289 :名無しかましてよかですか?:2009/01/20(火) 07:48:04 ID:1OXrp1Vj
>286−288
世間では、「不況」や「失業」が社会問題となっているのに、こいつらときたらアニメの放送中止にファビョって抗議行動かよ・・・・・・。






「さっさと氏んでね」と言いたいのは俺だけ?

290 :名無しかましてよかですか?:2009/01/24(土) 12:06:25 ID:VkIqKmCt
林間VS船橋は見たいなあ

学校消滅するかも知れんが

291 :名無しかましてよかですか?:2009/01/27(火) 20:22:07 ID:k17gWMYl
                       _____________________
           _ノ`⌒`ヾ´⌒ヾ、    /
        ノ´:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   |  国崎!このスレ含めて3スレにわたって500KB規制ではなく
        ノ;':::::,ィl::::;i_l」トl、::::::::::l  |  半年規制でスレが落ちる事となったわけだが、
.    く   〈;ィイレ'ハlf⌒ r==、ハ:ll | お前らブサヨがコヴァ憎しで涙目で頑張っていても
     る   N(  )^ー' j rソl <  このスレの退潮は止められんぞ!1!!!
        っ +    l´ノ .  r´ ノ ヘ', │ 
            〈(  ヽ`_.ィ j /__/ヽ !  すなわち、これは俺の大勝利というわけだwwwwww
             `  ヽ´__ノ´ ̄`7::: !  
            ,.-'^,ゝ、  /'´:; ̄:`ヽ |  なんか言ってみ?ん?
         〈l l | |ニlヽ、ノ//.:.:.:.:.:} | 
          ヽLbj‐'トノー'´.:.:.:.:.:.:.ノ | 
          {:L._,ノ..:.:.:.:.:.:.:.:.:/ノ:. | 
         ,.‐7´リ.:.:.:.:.:.:.::/:/:..:.:.: \
       / /.:.:.:'.:.:.:.:.:/:,:.イ〉.:.:.:.:.:.::.:.:ヽ、___________________
    _  ――   _
  /           \        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /              |     / 大勝利って…誰もお前と戦ってねーし
 | /| /\ |\ |\    |    /  
 \|┿━ \| ┿━\   |  /    あと、500KBにいかなくなったのは
   ┏━┓  ┏━┓ ⌒ヽ | <    お前が軍板に引きこもってる事が大きいんだが。
   ┃  ┣━┫  ┃  .ノ.|   \   
   ┗━┛  ┗━┛ ┌' /    \ 
   | ∪    ∪ ゛ //     \ 
   \       //         \__________________
     \ ▽ _/ ̄  

292 :名無しかましてよかですか?:2009/01/27(火) 20:43:08 ID:k17gWMYl
                      _____________________
           _ノ`⌒`ヾ´⌒ヾ、   /
        ノ´:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ |    まぁ、そんな事はどうでもいい。次スレの話だが、どうする?
        ノ;':::::,ィl::::;i_l」トl、::::::::::l |   俺はこんなブサヨのオナニースレはいらんと思うが、
.    く   〈;ィイレ'ハlf⌒ r==、ハ:ll | 次を立てるんなら、また相手してやってもいいぞ。
     る   N(  )^ー' j rソl <
        っ +    l´ノ .  r´ ノ ヘ', │ という事で、次スレのスレタイ案だ。
            〈(  ヽ`_.ィ j /__/ヽ !  
             `  ヽ´__ノ´ ̄`7::: !  学園物語★KOVA17歳17〜崖の上のブシャ〜
            ,.-'^,ゝ、  /'´:; ̄:`ヽ |  
         〈l l | |ニlヽ、ノ//.:.:.:.:.:} |  何か意見があるのなら、遠慮なく書き込め。
          ヽLbj‐'トノー'´.:.:.:.:.:.:.ノ |  回答期限は明日の11時14分までだ!
          {:L._,ノ..:.:.:.:.:.:.:.:.:/ノ:. |  回答なき場合は俺の大勝利とする!!
         ,.‐7´リ.:.:.:.:.:.:.::/:/:..:.:.: \_____________________
    _  ――   _
  /           \        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /              |     /  というわけで、次スレのスレタイ案を募集しています。
 | /| /\ |\ |\    |    / これよりもいいスレタイ案があったら遠慮なくカキコしてください
 \|┿━ \| ┿━\   |  /   無ければ、林間の台詞中にあるスレタイで立てます。
   ┏━┓  ┏━┓ ⌒ヽ | <   あと、林間が回答なき場合は俺様大勝利とか言っていますが、
   ┃  ┣━┫  ┃  .ノ.|   \  無視してください。いつもの癖なんで。
   ┗━┛  ┗━┛ ┌' /    \__________________           
   | ∪    ∪ ゛ //     
   \       //        
     \ ▽ _/ ̄  

293 :名無しかましてよかですか?:2009/01/29(木) 06:56:51 ID:QEj1muGq
なんか半年から8ヶ月に伸びたみたいよ?

294 :名無しかましてよかですか?:2009/01/29(木) 09:20:33 ID:FpcU8cpo
                      _____________________
           _ノ`⌒`ヾ´⌒ヾ、   /
        ノ´:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ |   な、なんだってー(AAry
        ノ;':::::,ィl::::;i_l」トl、::::::::::l |   
.    く   〈;ィイレ'ハlf⌒ r==、ハ:ll | そんな事は一言も聞いてないぞ
     る   N(  )^ー' j rソl <  
        っ +    l´ノ .  r´ ノ ヘ', │ あ、わかった、これも全てブサヨの陰謀ふじこふじこ
            〈(  ヽ`_.ィ j /__/ヽ !  
             `  ヽ´__ノ´ ̄`7::: !  
            ,.-'^,ゝ、  /'´:; ̄:`ヽ | 
         〈l l | |ニlヽ、ノ//.:.:.:.:.:} | 
          ヽLbj‐'トノー'´.:.:.:.:.:.:.ノ | 
          {:L._,ノ..:.:.:.:.:.:.:.:.:/ノ:. | 
         ,.‐7´リ.:.:.:.:.:.:.::/:/:..:.:.: \
       / /.:.:.:'.:.:.:.:.:/:,:.イ〉.:.:.:.:.:.::.:.:ヽ、___________________
    _  ――   _
  /           \        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /              |     /
 | /| /\ |\ |\    |    / 
 \|┿━ \| ┿━\   |  /   
   ┏━┓  ┏━┓ ⌒ヽ | <  ご迷惑をおかけしました
   ┃  ┣━┫  ┃  .ノ.|   \
   ┗━┛  ┗━┛ ┌' /    \           
   | ∪    ∪ ゛ //     \
   \       //         \__________________
     \ ▽ _/ ̄  


295 :基本的に嫉妬で生きる生物:2009/01/31(土) 00:22:20 ID:IB2skzDR
肝井味平、28歳。彼は今日、とうとう住む家を失った。
高校を出た後、うさんくさい温泉ガンダム学園に入学するもそこは倒産、その後底辺理科大学に入るもそこでも女子学生を
つけ回し除籍処分、20からはアルバイトを転々とするようになった。景気が回復してきた22歳頃からは期間社員や派遣社員の
職にありつくようになるが

・自分は絶対に正しいという自己中心的な性格
・周りを見下し絶対に孤立する性格の悪さ
・十円単位の時給に固執するケチさ加減

が災いしいっそう職を転々とするようになった。この頃のことを、とある人材派遣会社の営業マンはこう言った

「弊社史上最悪の人材」

と。

そんなわけで肝井は地元の長野で働き口が無くなり、有機農業をやってる親の誘いも断って、親の財布から金を
盗んで東京へと高速バスで移動した。
不幸か幸いかすぐに非正規の仕事は見つかった。たんぽぽを刺身の上にのせる仕事である。時給単価も港町横浜という
こともあり高く、寮も用意されたこともあり肝井はその仕事がすぐに気に入った。

しかし、その頃には再びの景気減速が始まっていたのである。肝井の勤める工場も減産に入った。最初は肝井も喜び
休みの前日は毎日のようにネットカフェへ通った。しかし、ある日とうとう・・・
「えー、とうとう我が社も本格的な減産に取り組むことになったお。そこでワークシェアの形を取り、主婦の方には
平日昼間の6時間以内、派遣会社を通している方には土日祝日全日か、もしくは平日夜間、正規の社員はそれぞれの
シフトがあいたところに入って貰うことにしたお」
パートと非正規社員の雇用を極力守り、正規社員に負担を飲んで貰おうというかなり思い切った策である。しかし、
肝井はキレた。
肝井「そんなんじゃ給料は減るし大好きなネットが出来なくなるじゃないかブシャー」
肝井は、会社を辞めた。寮も「相部屋なんて嫌だブシャ」といい出て行った。
世に言う、ネカフェ住民の爆誕であった。

296 :基本的に嫉妬で生きる生物:2009/01/31(土) 00:23:58 ID:IB2skzDR
最初の数日は退職がらみで会社からせびった金でネカフェにこもり遊んでいたが、そのうち貯金に手を出す、借金をする。
仕方なしに日雇いで働き疲れたからとネカフェにこもり遊ぶ・・・。

数年後
肝井「おい、五千円くれよ五千円!オレ、今日寝るところが」
横浜駅前を女子中学生にまとわりつく若年ホームレスが居た。そして、それに目をつけたのが某テロ朝である。

スタッフ「もしもし」
肝井「ブヒ」
スタッフ「あのう、ここに住んでいる・・・」
肝井「違う!オレは駅前の『ネット喫茶・ワタシノコー』を住所とする格差社会の被害者、肝井味平だ!!!!」
スタッフ「・・・(面白い)」
その日から密着取材が始まった。そこで肝井はあることないことないことを言い続けた。
例えば

・才能に恵まれ、東京の有名な中高一貫校に入学したが周囲の無理解によって精神的な傷を受けた。その後京都の大学の
理学部に進むも自分の才能を認めてくれない上にいじめを受け、辞めさせられた。
・高校時代いじめの中心となっていたのはヨシダという人物。姉との近親相姦を行い、自分と姉との間を引き裂いた。
・好きになった女性は皆嫌がらせを受けたり、襲われたりして自分から離れていった。
・会社では優秀なので周囲から孤立し、辞めざるを得なかった。IBMで嫌がらせを受けた。

スタッフはそれを半分疑いながら、半分信じながら上手く肝井を手の上で転がしていった。特に同僚の朝比奈さんの
協力を得て、肝井をほぼてなづけることに成功した。

スタッフ「さて、そろそろかな」

その頃スタッフは肝井が言う「ヨシダ」という人物についておおよそ探り当てていた。数年前社会人生活を経て臨床心理士の
大学院を修了し、現在はデムパの心理的治療によって名を高めつつある「吉田繁」なる人物が肝井が言う「ヨシダ」であると
分かった。そして彼は、いやいやながらもますます多発するようになったアレな事件に対して的確にコメントできる論者
としてブジや日テロの番組に出るようになっていた。(続く

297 :名無しかましてよかですか?:2009/01/31(土) 12:05:07 ID:6DGsEGwO
そのヨシダは神隠しバラバラ殺人事件の犯人と同じ、性奴隷や監禁などの鬼畜エロゲー
が大好きな性犯罪予備軍だと判明した。TV局は取材内容を急遽変更し、
エロゲオタクの実態に迫るドキュメンタリー番組とした。
取材を重ねていくうちに肝井の言うヨシダと心理治療士と同姓だったことが判明し、まったくの別人であった。
自分は絶対に正しいという自己中心的な性格、それはヨシダのほうが比較にならないほど酷かった。
一般人の肝井に対して暴言を浴びせ精神的苦痛を与えた。
周りを見下し絶対に孤立する性格の悪さを晒し、増加の一途を辿っている貧困層に対し
手取り10万は遊ぶための金、遊んでいるから10万円であると無知から相手を罵倒したことも。
スーパーが閉まる直前に半額になった商品を求めてくる主婦も彼にかかれば
十円単位の時給に固執するケチさ加減と換言されてしまうのだった。
その原因は取材であっさりと分かった。彼の親が年収700万以上の公務員だから庶民感覚がなかったのだ。
同じ取材班で先月に格差社会を調査したばかりだったのだ。
この不況はマスコミにも及んでいる。まったく不況を受けないのは公務員しかいない。
そこにいた取材班は誰しもがそう意見した。
ニート生活が長いこともヨシダの社会常識が無いのに一層の拍車をかけていた。
さて、ヨシダの生態を観察取材したTVクルーたちに名案が浮かんだ。
この性欲異常者を治療する過程もTVで放送に盛り込む案である。
ヨシダを心理治療士の吉田繁に治療してもらうという案である。
TVクルーはすぐに彼の診療施設に向かって話を聞いた。彼はヨシダの病状を次のように分析して言った。
「過度の人間不信からくる一般人への敵意すまり猜疑心。そして妄想、異常性欲、排他的な攻撃性
周りを見下し絶対に孤立する性格の悪さ、社会常識の欠落。それがすべて秋葉原に代表される二次元文化に根ざしている。
複数の症状あることからこれを秋葉原症候群と名づけた。」

298 :名無しかましてよかですか?:2009/01/31(土) 12:26:16 ID:DVYJyv/P
読みづらい長文はスルー。


読ませるほうの長文(>>295-296)こそ、求む。

299 :名無しかましてよかですか?:2009/01/31(土) 13:58:25 ID:h78cLe8m
すげえなあ。「ヨシダ」と「吉田」は同じ人物のハズなのに、キモ味の中では
どうしてだか別人物になってしまっている。

300 :名無しかましてよかですか?:2009/01/31(土) 14:52:00 ID:6DGsEGwO
ヨシダは双子だったんだよ!
ひっきー吉田は村の因習に従って東京に出て行った。残ったほうが群馬にいる。



301 :基本的に嫉妬で生きる生物:2009/01/31(土) 15:11:52 ID:IB2skzDR
都内某所、吉田シゲルのマンション
シゲル「疲れた・・・」
今日はラジオ人生相談に講演会、その後カウンセリングを患者へと行い、ようやくさっき今日二度目の食事を
タクシーの中で取り、家に帰ってきたところだった。ちなみにこの後SNSの更新と、書き下ろし新書原稿の
ゲラチェックが待っている。
何故彼がこんなにも多忙になったのか。理由は実は姉達のせいである。十五年ほど前、上の姉がコミケでコスプレを
やったところ一部マスコミが興味を持ち「美貌の精神科医」としてテレビデビューを果たし、その後下の姉もテレビに
出るようになり、上の姉が栃木の某私立医大で准教授を務めるようになり、下の姉が婿を迎え実家を継いだ今、
マスコミがらみの仕事が一気に弟に振られるようになったということなのだ。ちなみに本人の意志は関係ない。
シゲル「さて、留守電・・・」
そして、留守電の内容にシゲルは驚愕する。

北関東某所、シゲルの実家
スタッフ「ここ・・・ですよね」
個人経営というのには大きすぎる病院と、地方としても異例と言える広い邸宅が目前に見える。
肝井「ぶしゃあ」
肝井は頷いた。
肝井が言う「ヨシダ」なる人物が、あの美貌の精神科医姉妹の弟の「吉田繁」であること。このことはスタッフを
喜ばせた。何故か彼は、テレビ局に出るとき内容よりも局を気にする傾向があった。そしてテロ朝は彼が余り
出たがらない局の一つであり、以前スタッフは彼のマネージャーと揉めたこともあった。そこで、この肝井と言う
ネカフェ住民の妄言を元に彼を自局に引きずり出そうという作戦を立てたのだ。

それに・・・彼の実家が数十年前、それはそれは精神医療がらみでアレな事件を引き起こしていたことも調べていた。
姉達はどちらかと言えばコメンテーターと言うよりタレントよりの活動をしていたが、それは事件について知られることを
恐れたシゲル達の母親の意向が強かった。しかし、シゲルは母親のその意向を突っぱね、ニュースやワイドショーの
コメンテーターとして活動することを望んだ。姉に強引に巻き込まれたのだ、それぐらいのわがままは言わせろと
シゲルは言うだろうがそれが結果的にこんな事になろうとは。

302 :基本的に嫉妬で生きる生物:2009/01/31(土) 15:13:28 ID:IB2skzDR
肝井「ここがヨシダの家です」
スタッフ「ここってヨシダ姉妹とその弟のカウンセラー吉田繁さんの実家では」
肝井「はい、私は弟のシゲルに人生をメチャクチャにされました」
すーぱーぢぇいちゃんねる。
よく、ホームレス特集を行う夕方の番組である。肝井はその番組に出演した。そこで彼は、ワイドショーのコメンテーター
としても有名な吉田繁と高校時代同級生だったと明かし、彼にいじめられたと証言し、彼の発言やカウンセリング方法は
自分へのいじめから開発されたモノだと告発したのである。

・・・勿論、そんなことを肝井が自分で言えるはずがない。せいぜい>>297のような毒デムパが彼の言える知性の限界である。
しかしそこはテレビのチカラ。台本と編集とカメラワークで「有名人に追い込まれた気の毒な人間」肝井味平を作りあげて
しまったのだ。

北関東某所、シゲルの実家
リリリリーン
それは一本の電話から始まった。姉・もみじが受話器を取った。
「もしもし、週刊パトスですが、お宅のシゲルさんが高校時代いじめを・・・」
「もしもし、週刊アサピですが、お宅のシゲルさんがいじめをしていたと・・・」
そして玄関からも
ドンドンドンドン
「おい、こら、週刊初潮ですが昔お宅のシゲルさんがコヴァで、そのくせ現在愛国者法に対して反対を表明・・・」
もみじ「ねえ、これどういうこと!」
あわててもみじは姉の勤め先である大学に電話をかけると
もみじ「お姉ちゃん、これって」
キリコ「んー。こっちにも新聞とか来てる。テレビも。今、学長に学長室まで来いって呼び出されてる」
もみじ「どういうことなの?ウチの子もお姉ちゃんの子達も怯えてるし、早く何とかしないと」
キリコ「・・・とりあえずシゲちゃんとこに連絡入れないとまずいかなあ・・・」

シゲルのマンション
もみじ「ってことがあって・・・、ホントに何も知らない?」
シゲル「オレも知らないよ!てかなんでそんなことに」
ドンドンドンドン
外から聞こえる階段を上がる音。あるいはエレベーターが上がってくる音

303 :基本的に嫉妬で生きる生物:2009/01/31(土) 15:14:52 ID:IB2skzDR
シゲル「まさか」
「吉田さーん、吉田シゲルさーーーーーん」

とうとうシゲルの家にまでマスコミは押しかけてきた。
さて、どうしようか。
・・・しょうがない。ちゃんと自分で話をしないと
シゲルは腹をくくった。
シゲル「あー、今開けます」
「パトスですが」「アサピですが」「ぶんぶんマルですが」「毎朝ですが」「初潮ですがあんたコヴァ−?」
シゲル「とりあえず何でこんな事になってるんですか?」
記者「これですよこれ」
一人の男が記事を見せた。そこには
「人気カウンセラー吉田繁 激烈いじめをしていた過去」
シゲル「・・・何ですか?それ」
記者「数日前、某テレビで行われた仰天告白ですよ」
シゲル「・・・そもそも何で私がいじめを」
記者「高校時代、いじめられていたそうです」
シゲル「誰ですか?」
記者「肝井味平という、現在ホームレスです」
肝井味平・・・、シゲルはその名前を幸いにすぐに思い出すことが出来た。確かクラスのデムパでいじめられていたと言えば
確かにそうだが本人の問題があまりにもアレだったため難しい問題をはらんだタイプの子だったはずだ。
シゲル「確かに居ました。覚えています」
そこでシゲルは慎重に言葉を選んでこういった。
シゲル「しかし、彼に対して私はいじめていません。もし彼がそう主張するのであれば直接彼と話したいと私は考えています。
それと・・・、私と彼の関係についてもっと知りたいのであれば、今日本文教大にいる国崎教授にも聞いて下さい。彼と私の
担任でしたから」
そういうと、シゲルはマンションの扉を強引に閉めた。
シゲル「さて、どうなるかな」
そしてシゲルはマネージャーへ、仕事量をしばらくセーブすると伝えた(続く

304 :名無しかましてよかですか?:2009/02/02(月) 12:38:57 ID:4YzC7ihl
しかし、肝井味兵はホームレスでなく、すべてが妄想だったことが判明した。
これも秋葉原症候群の初期症状と判断され、カウンセリングと投薬治療が必要と判断された。
しかし、ヨシダはそれから逃げた。

ヨシダ「ぶしゃぶしゃ〜。アルバイトは無職と同じ! 手取りで10万? 冗談だろ? 
年収200万以下なんて現代日本にいるの?
向上心があるなら派遣でも正社員になれるのに、成れないのは怠け者!
御宅は世間で認められている! 俺の周辺はみんな御宅だ!
金がある俺は毎月エロゲー買うよ。いまさら葉鍵? 薄いな!」

これが以前ヨシダが言っていたことである。いかに世間と隔離、隔絶していて
妄想世界に浸っていたか分かる。

しかし、肝井味兵はそんな者たちに対して、「おなじ仲間として彼らを救う」
と立ち上がった。秋葉原症候群という病気ならそれを治療して失われた常識を取り戻す。
以降、肝井味兵、勇敢で孤独な頑張り物語が始まった。

305 :\____________________/:2009/02/02(月) 16:44:49 ID:HNrKtRYR
        ∨
      _____    
   / ̄/      ̄ヽ        
  //  /         ヽ     
  |||  | -=・=-  -=・=- ヽ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | .|| ||  `ー'(、●^●,)ー'   ヽ   / …という小説を書いてきたよぶしゃあ
 |  | ||    ノトェェイヽ     l  <  これが現実にならないかなあ
 |  | ||     ヽ`ー'ノ     /   \ 
  | i ゝ             /      \__________________
 / /∧|\___。つ._--   


    ビシィッ  / ̄ ̄ ̄ ̄\      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    / ̄\ ( 人____)    /  
  , ┤    ト|ミ/  ー◎-◎-)  /  …そうやって自分の妄想の世界に引きこもってるから、
 |  \_/  ヽ    (_ _) ) <   お前は精神年齢が幼児レベルで止まってるんですにょ。
 |   __( ̄ |∴ノ  3 ノ   \  もう多くは言いませんにょ。せめて「大人になれ」
 |    __)_ノ ヽ     ノ | ̄|   \                 
 ヽ___) ノ    ))日本ヽ.|∩|    \__________



306 :名無しかましてよかですか?:2009/02/02(月) 17:13:04 ID:ot61lhmq
つか「肝井味兵」って誰なんだろなと思ったり。

…あぁ、>>305で「肝井味平」が書いた小説モドキに出てくる主人公の名前が「肝井味兵」なのか、
おk把握した

307 :名無しかましてよかですか?:2009/02/02(月) 18:20:31 ID:bjMjydoH
しかし、おまえらキモオタは「気持ち悪い」と世間で思われていることは認めてないんだろwwww
やっぱりリアルで秋葉症候群に罹っているじゃんwwww

308 :名無しかましてよかですか?:2009/02/02(月) 18:28:59 ID:bjMjydoH
【萌え産業】アニメ「らき☆すた」効果…あの神社“萌え”大盛況/鷲宮
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1231580709/

 ■「清酒らき☆すた」(鷲宮町商工会提供
 http://www.zakzak.co.jp/gei/200901/image/g2009011006jinja02_b.jpg

 町中の商店に、ファンが書き残したキャラクターのイラストが飾られ、まさに「らき☆すたの町」となったが、
地元住民の一部は複雑な思いを口にする。

 落ち着きを取り戻し始めた7日午後、飼い犬とともに参拝に訪れた男性(68)は、「この神社は源頼朝が
武運長久を祈ったことで知られる関東最古の大社。オタクのイメージばかりが先行してしまうのはどうも…」
と不安顔。家族で祈祷を受けたさいたま市の男性(55)も「いい年をした男たちが『らき☆すた』のみこしを
担いだりグッズを買い込む姿は正直気味が悪い」と語る。

309 :名無しかましてよかですか?:2009/02/02(月) 19:02:02 ID:eRVCGNTX
キモいオタクってキモ味寄生虫そのものなんだけどね

310 :名無しかましてよかですか?:2009/02/02(月) 19:05:07 ID:bjMjydoH
仲間認定乙。だから、仲間のおまえらを救う。

311 :名無しかましてよかですか?:2009/02/02(月) 19:33:23 ID:PgexC9VT
仕事ねえんならとっとと長野に帰れよ

312 :名無しかましてよかですか?:2009/02/02(月) 20:45:30 ID:HNrKtRYR
      _____    
   / ̄/    U ̄ヽ        
  //  / U       ヽ     
  |||  | -=・=-  -=・=- ヽ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | .|| ||  `ー'(、●^●,)ー' U ヽ   / >>311
 |  | ||    ノトェェイヽ U  Ul  <  あの…その…この…ボ、ボクは仕事が忙しくて
 |  | || U   ヽ`ー'ノ   U /   \ 正月も家に帰れず…
  | i ゝ  U       U  /      \__________________
 / /∧|\___。つ._--   


    ビシィッ  / ̄ ̄ ̄ ̄\      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    / ̄\ ( 人____)    /何を見え透いた嘘を言ってるんでしゅか  
  , ┤    ト|ミ/  ー◎-◎-)  /  実家を追い出されて帰れなくなったといえば
 |  \_/  ヽ    (_ _) ) <   すむ事じゃありませんか
 |   __( ̄ |∴ノ  3 ノ   \  いまさら体裁を取り繕ってもお前が最低のクズという評価は
 |    __)_ノ ヽ     ノ | ̄|   \もう覆せませんにょ                 
 ヽ___) ノ    ))日本ヽ.|∩|    \__________

313 :名無しかましてよかですか?:2009/02/02(月) 21:29:40 ID:XdUnRajP
>>312
酷えぇwwwwwwwww

314 :名無しかましてよかですか?:2009/02/02(月) 21:41:43 ID:bjMjydoH
>>312

            /  / + ん ⌒y' +   ノ⌒)  ノ:|ハ
        .′ |)V⌒  /'    /ヽ x / +|  i
         |   |ノ + (__んノ /′ノ /) (__,| |
        _|__ ノ`¨ 7 ―..┬‐.ァ..―――――く  |
          `i 7′ :ト :/|.:/|.:i:.ハ:∧:.ト、 :|ノ:.:.ヽ、`:廴
        |/イイ:/lル,≧ミーハ′}ー},ム≦ト、トヽ:V 丁
        }  从 /'|_r::ci`    ' |_r::clヽVト:ト} |
         / .  | .:l {{ 廴ツ      廴ツノ' }: |   ∧   私、そんな顔してないよ!
       i   |:.i ww     ,    ww 小:|  '  ヽ
      ノノ  ∧小.             八 :|    i
     /     ノぐ} {)\   ∠`ヽ   , イ} :/{    {
      /   / ヽ|l{  |.i> . __ . イ/.// :∧ヘ    ハ
     .   (_))イ´ |: :l  l..ヽ、 ` ー ´ /../ ': :i{/.ヘ 〉、   ヽ
     }  |     |: :|   ヽ_.\_彡'_;;/ |: :l|  `=ト、   丶
    ∧   }     } |  (こ)__ ヽ/.._jD) |! :l|    |    ∧
    /....\ノ    |. :l|    ̄ヽ/|ヽ/   |! :l{    |    /....\

315 :おまえらがまた無知を晒した件:2009/02/02(月) 21:58:47 ID:bjMjydoH
派遣やアルバイトは正月も働く。それどころか正社員も有給休暇取れない。
一方公務員は、サボっても汚職しても解雇もされない。

【産経・外信】今や日本はイタリアより怠け者の国…祝日は倍以上、ハッピーマンデーなどという他国からは呆気に取られる制度も★3

6 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2009/01/04(日) 20:21:07 ID:w6vKDuG50
休む=怠け者って発想からして奴隷根性丸出しだよなww

7 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2009/01/04(日) 20:21:19 ID:74ncX7x60
夏休みの長さを比べないで、祝日の多さだけを比べるなどというのは、なんと愚かな事か。

17 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2009/01/04(日) 20:22:35 ID:XgpXGqJ/0
日本以外で過労死してる国ってどんだけあんのさ。

カレンダーと定時通りに働いてる連中がどんだけいんだよ。
38 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2009/01/04(日) 20:25:43 ID:z7IRuInR0
イタリアって昼飯+昼寝で三時間ぐらい休憩するんじゃなかったっけ。

39 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2009/01/04(日) 20:25:43 ID:HoGTaXwnO
祝日があればあるほど休みがなくなる仕事をしているんですが
今年の5日連休のどこでも休みを入れられないんですが
その週は毎日夜中まで働いて朝から配達、制作、片付け、次の週の準備をしなければいけないんですが
どうしてくれんだああああああああああああああああ

60 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2009/01/04(日) 20:27:45 ID:7kPJsbaB0
カレンダーだけ見てそんな事言われてもなぁ。
小売業やサービス業なんか、休日が増えれば、それだけ休みが取れなくなるんだぞ。
製造業なんか、とっくの昔に独自のカレンダーで操業してるし、裾野の下請けもそれに倣う。
結局、カレンダーの赤い字通りに休んでいるのは公務員だけなんだが、
古くは「毎日が日曜日」なんて言われるくらいだから、一般企業とは別の世界で、判断基準には入れられないでしょ。

316 :http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1231068000/:2009/02/02(月) 22:02:32 ID:bjMjydoH
87 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2009/01/04(日) 20:30:45 ID:6SROgptC0
この場合比較するなら休日の数じゃなくて労働時間だろ。
コラムだからって手抜き杉だぞ(´・ω・`)

96 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2009/01/04(日) 20:31:09 ID:bxu6Bwi80
だから産経は購読しない

97 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2009/01/04(日) 20:31:17 ID:HNQ1OvOZO
バカンスがある国に言われても

98 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2009/01/04(日) 20:31:17 ID:vA5JNFmOO
労働時間比べないと意味ないんじゃないのか?
この記者はアホなのか?

121 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2009/01/04(日) 20:33:52 ID:Fgt4VexI0
世間一般のカレンダーは、休みでも働いている製造業や流通、小売業は、いくらでもあるわ
特に大手の流通、小売業は、正月返上で働いているし
ほんとにマスゴミて世間知らずなんだなと。

122 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2009/01/04(日) 20:33:53 ID:mmiyCDkb0
この記事書いた記者の会社にはサービス残業なんてないんでしょうね……

123 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2009/01/04(日) 20:33:56 ID:6J7c9QI30
こいつ馬鹿だろ、こんな奴士ね倍井野に!

124 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2009/01/04(日) 20:33:56 ID:i6IvRqok0
体がぶち壊れるまで働いている人がどれだけ多いか分かっているのか・・・?

126 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2009/01/04(日) 20:34:02 ID:JONeIb6f0
毎日定時に帰らせてくれる会社がどんだけ日本にあるんだろうな
イタリアなんて定時に帰るのが当たり前だぞ

317 :名無しかましてよかですか?:2009/02/02(月) 22:53:23 ID:JLyT5qM3
結局、どんなにへこましても脳内仮想敵を発揮してコピペ荒らしになるだけだから相手にするだけ無駄だと言うのに

どうせ30になったら確実に路頭に迷う屑なんだから無視無視

318 :名無しかましてよかですか?:2009/02/03(火) 20:36:44 ID:x5UMG4kt
はあ? もう魔法使いだからwwww

319 :名無しかましてよかですか?:2009/02/03(火) 21:33:20 ID:x5UMG4kt
無視しているとおまえらの秋葉原症候群は治らない。

320 :名無しかましてよかですか?:2009/02/03(火) 22:05:25 ID:/gIuh0us
>>317
もう派遣先の寮を追い出された時点で路頭に迷ってる

321 :名無しかましてよかですか?:2009/02/03(火) 22:17:14 ID:x5UMG4kt
            , -       __     _
            /   ,. ィ ´ ̄: : : : : : `:ヽ //‐'─.、
           ll  /:,.─: :─: : -. : : : ヽ: /´ \: : :|
           ヽ/: : l : : : : : : : : : : : :`ヽ: | ヘ/: : i:|
          //:`: :--: : : : : : : : : :.\: : :`! /ハ: : :.j:|
         / ,ィ7V: : :ヘ: : : : :\: : : : : \: |/ヽl: : : l:|
 .       /  ////!: j : : ヽ: : : : : \:,.斗: : V:ヽ:l: : : |:l   現実と小説をごっちゃにしちゃだめだぞ★
        ll /////__:l: : : : \: \ト-`ィて心Vリ }: : : |ハ   おまえらには CHAOS;HEAD というアニメを薦めておくよ!
        /   /'∠:!: : : ト、ヽ>‐`  Vrzソ レl: : : |:∧   ビシィ!
 .     ,.'  ノ  .イ: : jV: ::ヽ '´ ___        i: |: l: :ハ:.∧   
     /  ィ‐‐<l V: :|: \ト:\' ̄   ,     /:/!/: : ハ: ∧
     /  /   Vl !ヽl: : : .\: ヽ    ‐ '  イ.イ: l:l: : : ∧: :ヽ
 .   /  /    ヽ. |: :.\: : l: : : >'≧ ‐‐ '  l~>!j、: : : ∧: : :\
   /  /      /: : ::,.ィ´ ̄´  /      `) l:l V: : : :ヽ: : : :.\
   /   /,ヽ    /::v‐'    \/`ー  ,.-- .イ  l:l V:ハ: : : \: : : :\
_.ィ/___,.イ |-v─ ´ ̄ \    /./      / ./!:!~~V::l ̄ヽ: :ヽ`j: : l
\|o    ∧ヽ       ヽ/ /ト、 ___,.o7 ´ \j:l  |::|   \: j |: :/
  》o ─'   ` ─    / /\_/   / /     .l:l  |::|    \|:/
  |       __ .> ´/ /   o/  ̄/o'     l:l  |::|      \  ヽ
  ` ̄ ̄  ̄ ノ/: : :/ / /    ./   / /      l:l /゙!::!        ヽノ

322 :名無しかましてよかですか?:2009/02/04(水) 10:44:14 ID:dpQ91Q51
ははは・・・もうしらない。


323 :名無しかましてよかですか?:2009/02/08(日) 00:49:41 ID:kHzzBR1K
脱糞が多いので見やすいようにリンクはってみる
>>295-296
>>301-303


324 :基本的に嫉妬で生きる生物:2009/02/08(日) 15:17:51 ID:OGKfrWLf
某テレビ局
いわゆるアレが言うところの反日テレビ局であるが、肝井はキャッハウフフと喜んでいた。
肝井「ブシャーブシャーブシャー!やったこれで受理エイティブな仕事が出来るぞ!」
スタッフ「しかし、すごい反響ですね貴方の告白」
肝井「そもそもキモヲタで殺人犯の吉田君がボクのことを無視するのが悪いんだようぐぅ。
可愛いボクをかわいがるべき!そうだ!林間センセーも呼んで・・・」
そのときだった。
ピーピー
一枚のファックスが送られてきた。それは・・・吉田シゲルからだった。
内容はこうだ。

「吉田です。肝井味平のことについて、一度ちゃんと誤解を解きたいのでテレビでの公開討論会を申し込みます。
勿論、ギャラはなしでいいですし、そちらのテレビ局に赴きます。ただし、いくつか条件をつけたいです。
一つは客観的証人として日本文教大の国崎教授(私たちの高校時代の担任です)をはじめとする当時のことを
知っている人間を呼んで欲しいこと。もう一つは、肝井の発言について、きちんと検証をすることを求めます」

スタッフ「・・・どうしますか?」
プロデューサー「へえ、公開討論会か。面白いじゃないか、やろう」
肝井「しかし、肝井の顔は曇った」
スタッフ「おや、どうしたんですか?」
肝井「えと、その、ブシャア」
プロデューサー「いいじゃないの肝井さん。公開討論会で粉砕してやりましょうよ」
肝井「そ、そうですつね」
プロデューサー「それじゃあ裏を取るため取材をまず・・・」

肝井はその言葉を聞くとどこかへ行ってしまった。そう、肝井は恐れていた。
今まで自分が言っていた言葉が殆ど事実無根の妄言であることを知られることを

325 :基本的に嫉妬で生きる生物:2009/02/08(日) 15:18:55 ID:OGKfrWLf
公開討論会宣言はマスゴミに衝撃を持って伝えられた。そりゃあ大人気の評論家と、そのスキャンダルを暴いた
男が全面対決するのだ。シゲルの元には様々なヒトから電話がかかってきた。

鳥坂「おい、シゲル。ホントに肝井とやりあうのか?」
シゲル「だって家にまで迷惑がかかりつつあるからな。しょうがないよ。そうだ。鳥坂、お前某テレビ局だよな。
さすがに他局には出られないか?」
鳥坂「う〜ん、そりゃあ難しいなあ。それに今企画抱えてるし」
シゲル「分かった。何か心配駆けて悪いな鳥坂」

コヴァ「し、シゲル君。本気でしゅかね」
シゲル「ああ、悪いが本気だ。ところで林間とかはどこで何やってる?」
コヴァ「真保君と千葉君はラーメン屋さんを浅草橋でやってますが・・・テレビは出ないんじゃないですかね?
林間センセーは半永久的に出ていけないタイプの病院に隔離されちゃってますにょ」
シゲル「そうなんだ。分かった。ありがとコヴァ」

担任「吉田。オレもテレビでないと駄目か?」
シゲル「客観的事実指摘出来るのは先生だけですから」
担任「それはいいんだが・・・。何だ、アイツが脱糞したときどうするかという問題が」
シゲル「それは問題ですね。一応防疫対策は取っておきましょうか」

それと平行してシゲル自身も様々な肝井に関する情報を集めることにした。しかし、その情報のいずれもシゲルの
想像の範囲を超えるモノではなく、高校時代の想像通りの姿をリアルに肝井は刻んでいた。そしてある一人の
女性の元にシゲルはたどり着いた。彼女の証言は、衝撃的なモノだった。

同じ頃、テレビスタッフも肝井について細かく調べていた。そして分かったことは、肝井自身が言っていたことが
殆どすべて虚構であったことだ。肝井が言ってたことで事実だったこと。それはせいぜい有名進学校に通っていた
ことぐらいであって、経歴も職歴も彼自身の能力も彼が妄想で作り上げた姿だったのだ。
スタッフ「どうしようか・・・」
プロデューサー「・・・まあ、面白いことにはなりそうだな」

326 :基本的に嫉妬で生きる生物:2009/02/08(日) 15:20:09 ID:OGKfrWLf
公開討論会当日
肝井はドキドキしていた。勿論悪い意味で
肝井は実にちっこい人間である。小蛆さんのように自分の肯定のために確固たる妄想を自分の中で作り上げるほど
ある意味強靱な精神を持ち合わせているわけではなく、千葉のように病的なまでに自分の妄想を信じ込んでいるワケ
ではない。どっちかと言えば林間や船橋のようにただ「かまってもらうため」に妄言を言うだけであり、例えて言うなら
小学校の時
「ボクんち、家でヘラクレスオオカブト飼ってるんだ」
と言うようなクラスに一人はいた虚言癖の持ち主である。
そんな場当たり的虚言癖の持ち主が、テレビという逃げられない場で公開討論を誹謗中傷していた側から申し込まれ
逃げようがない状況に追い込まれる。
肝井は今にも逃げ出したかった。

そして、公開処刑がはじまる。

まず、VTRが次々と肝井のウソを暴いていった。次にクラスメートや担任の証言が「天才」どころか「自称天才」
ですらないクラスにいるちっこい存在である肝井の存在を暴き出し、職場で孤立する肝井の姿まで描き出した。

肝井はもうノックアウト寸前だった。
今にも肛門からドリュンと何かが漏れ出しそうだった。
しかし、まだまだシゲルのターンは終わらないのであった。

モニターに次のVTRが映し出された。メガネに黒髪のロングヘアの大人しそうないかにもアレに受けそうな女性
肝井はそのVTRに映し出された女性に見覚えがあった。
そう、彼女は・・・。
長野の底辺理科大学時代つきまとい部屋に押しかけて押し倒そうとした国立S大の理学部生・・・。

「はい、よく覚えています。忘れたいんですけどね・・・」
彼女はそう言うと、肝井が「理系た〜んグヘヘヘ」などと言いながら後ろから襲いかかろうとしたことを告白した。

327 :基本的に嫉妬で生きる生物:2009/02/08(日) 15:21:34 ID:OGKfrWLf
肝井「ブブブブブッブッシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン」
そういうと肝井の肛門からスカトールがドリュンドリュンとry

・・・

・・・

肝井が目を覚ますと、そこは練馬の高校生の肝井が住んでるボロ下宿だった。
夢、だったのだろうか。
やけにリアル・・・いや、うそだうそだうそだうそだうそだ・・・・
肝井はそう自分に言い聞かせた。

予言は、覆せそうにはなかった。

[終わり]

328 :名無しかましてよかですか?:2009/02/09(月) 21:08:18 ID:UR32votg
乙、面白かった

329 :名無しかましてよかですか?:2009/02/09(月) 21:53:14 ID:y/vsvwzT
次は千葉と船橋のやおいかw

330 :ド汚物園に仲間が増えたよ!:2009/02/10(火) 15:10:27 ID:xG70galz
千葉「うおおー、チョンが攻めてくるんじゃよー」
船橋「何言ってんだバカ!よし、お前の性根を叩き直してやる!」
千葉「お前はチョンの手先だな!サヨクは皆殺しじゃよー」
船橋「お前の言うサヨクとは何だ?マルクスか、レーニンか、ゲバラか?」
千葉「サヨクもチョンもチャンコロも皆殺しじゃー!!(*´Д`)ハァハァ」
船橋「ネトウヨと自民政権こそ直ちに潰すべきだー!!(*´Д`)ハァハァハァ」

鳥坂「何やってんだ、あの二人?」
シゲル「一応討論のつもりらしい」
コヴァ「二人とも、今まで誰からも相手にされなくて
    まともにかまってくれる人は初めてだったみたいで興奮してましゅね」
鳥坂「だからあんなに恍惚とした表情で喧嘩してるのか」
肝井「まさにツンデレプレぃぼぎゃ(殴られる)
コヴァ「あの二人は結論が違うだけで、今に至った経路は同じでしゅから」
シゲル「そして何より問題なのは、今が国崎先生の授業中だということだ」

コヴァ「あ・・・廊下に引きずり出されましゅた」
鳥坂「凄い光景だな…国崎先生、ウヨ認定とサヨ認定を同時に食らっとる」
コヴァ「しかもあっちからさらに面倒なのが来てましゅよ」


331 :名無しかましてよかですか?:2009/02/10(火) 15:11:51 ID:xG70galz
林間「うるさいぞお前らかんしゃく起こす!!!1!またブサヨの教育への介入か!」
千葉「ミギャー、左翼と組んだチョンの陰謀なんじゃよー」
船橋「うるせー!ネトウヨの存在価値はチャチャの足元にも及ばん!」
肝井「ブシャー、僕チンもまぜてー」

国崎を置き去りにし、4人は絡み合い、組み合い、もつれ合い、階段を転げ落ちて
そのまま先にあるトイレに転がりながら突っ込んでいった。

シゲル「汚物にふさわしい場所に収まったな」
コヴァ「船橋センセーもすっかりあの3人に馴染みましゅたね」
担任「今日も無駄に時間が潰れて授業が進まなかった…
   教育実習生が生徒より率先して授業を荒らすってどういうことだよ?」

ちなみにその後、あの4人はトイレでなぜか全裸になって
ハッテン行為に及ぼうとしていたところを職員に発見され、無事警察に送られたということです。

[終わり]

332 :はじめての共同作業:2009/02/11(水) 10:06:58 ID:OhzxakWv
林間「うるせえ、マジカルプリンセスを縛ったり叩いたり(中略)肉じゃが!」
船橋「いいや、やっぱり12歳のチャチャを叩いたり縛ったり(中略)糸こんにゃく!!11!」
林間と船橋が楽しそうにケンカしている。
そこに・・・

可愛らしい金髪の女の子が通りかかった

二人「ウホッ、良い金髪美少女」

逃げてー女の子逃げてー超逃げてー

二人はさっきまでのトムとジェリー状態は嘘かのように即座に仲良く金髪の女の子を捕まえようとする。

林間「オレ、この子捕まえたらヴァルキリーの鎧着せるんだ」
船橋「いいややっぱり赤ずきんだろ」
林間「なん、だと・・・」
船橋「ほう、やりますか・・・」
怯える金髪の女の子!
そこに

現カリフォルニア州知事(母国は東欧某国)っぽいヒトが

州知事「ほう、ウチの娘に何をしようと?(CV玄田哲章)」
林間「ええと、その」
船橋「全てこの反動が悪いんですボクは無実です〜〜」
林間「てめえ何言ってるんだこのブサヨ!11かんしゃくおこす!11!!」
州知事「まあ、事情は分かった。じゃあ覚悟はできてるな(CV玄田哲章)」
ぎゃあああああああああああああああああああああああああああああああ
二人は全身骨折、内臓破裂状態で発見され、普通の病院に運ばれたそうな。めでたしめでたし

333 :名無しかましてよかですか?:2009/02/11(水) 17:57:35 ID:ZdmZt3yb
そろそろ恒例の「バレンタインネタ」を一つ・・・・・。


334 :それぞれのバレンタイン:2009/02/14(土) 14:47:41 ID:sfkwo/ND
2月13日、いつもの海武学園
シゲル「さてと」
シゲルは自分の下駄箱を開ける
肝井「ぶしゃあ」
すぐに閉めた。そこにいたらおかしいナマモノがいたからだ。すぐに用務員の北越谷を呼び、下駄箱を開けさせた
肝井「ぶっしゃーーーん、かまってーかまってー愛してー愛してー」
北越谷に襲いかかる肝井。即座に北越谷に成敗され病院へと送られた。

教室に入るとニヤニヤしながらコヴァと鳥坂が話しかけてくる。
鳥坂「どーだった?首尾は?」
シゲル「えっ、下駄箱に肝井突っ込んだのお前らか?」
不機嫌そうな顔になるシゲル
コヴァ「何のことですかね?」
鳥坂「しらんでそんなの」
シゲル「さっきオレの下駄箱に肝井が入ってたんだよ。ついでに上履きもヤツにベロベロなめられてて気持ち悪かった
から今国崎先生に言って学校のスリッパ借りてきたところ」
鳥坂「・・・大変だったな」
コヴァ「しかし、下駄箱でしゅか」
シゲル「ところで首尾とかって何だ」
コヴァ「リンさんのことでしゅにょ」
鳥坂「そう。男子校であるこの学校において、珍しく彼女持ちのうらやましい存在であるお前がな、バレンタインの
首尾がどうだったのかと」
コヴァ「ボクチンや鳥坂君はせいぜいママンだけでしゅからね」
鳥坂「ウチ、この前正月に帰省したときチロル渡されて『これで我慢して』と言われたしな」
シゲル「バレンタインって・・・明日だろ」
コヴァ「そりゃあそうでしゅけど・・・」
シゲル「オレはまだ何も聞いてない。まあ、あんま期待するのも悪いかなあとは思ってるけど・・・」
鳥坂「何という王者の余裕・・・」

335 :それぞれのバレンタイン:2009/02/14(土) 14:48:55 ID:sfkwo/ND
そこに・・・
林間「貴様ら−。明日はポチの陰謀の日だな−」
一時間目は、運が悪いことに政経だった。
林間「チョコなんぞにうつつを抜かす人間は反日勢力だぞかんしゃくおこす特にシゲル!1!!!」
シゲル「・・・(来たか)アベシ元総理の嫁の実家の件は?」
林間「うるさいうるさいうるさいかんしゃくおこすかんしゃくおこーーーーーす!1!1」
クラスのみんなは内職を始める。
林間「そこでだ。今日は吉田に明日のバレンタインの予定を聞く」
シゲル「今のとこ特にないですよ。宿題やってちょっと勉強して特に用もなければ外に出よう・・・」
林間「嘘つけー。バレンタインの日に彼女持ちがそんなことするはずがない!!!1!正直に言え」
シゲル「正直って・・・リンからも何も言われてねえし・・・」
林間「先生が本当の吉田のバレンタインを当ててやる!感謝しろ!」
コヴァ「なんででしゅか」
林間「まずな!朝、キリコたんが胸と(以下検閲)ワタシノコーワタシノコー、そのあとはリンも混ざって(以下検閲)
ってなことをやってそのあと(以下検閲)肉じゃが!!1!!」
コヴァ「欲望丸出しにもほどがあるでしゅにょ。千葉君が鼻血を噴出してハンバーガーヒルみたいになってましゅにょ」
林間「そういうことをやるんだろこの鬼畜は!!!」
シゲル「何でそんなことをしなきゃいけないんですか」
林間「うるさい美人の姉ちゃんが二人もいておまけに彼女も居るのに何故しない!”1!!」
コヴァ「本人の欲望でしゅにょ」
シゲルはふぅとため息をついた。そこに
担任「お前は何ヤバいこと叫んでるんだ!隣のクラスの八木先生が怒ってたわ!つーか、勝手にオレの代わりに
ホームルームやると言って何をやってるんだ貴様は!」
林間「だから朝から吉田がいかに犯罪者かっていうことをだな」
担任「貴様はホームルームさえまともにできんのかあああああ」
担任のハイキックが林間の額にめり込んだ。

336 :それぞれのバレンタイン:2009/02/14(土) 14:50:13 ID:sfkwo/ND
2月14日 バレンタイン当日
千葉「とうとうきたんじゃよ・・・」
ブリーフに改造モデルガンを突っ込んで何靖国参拝してるお前
千葉「我々のようなもてない男達が、運命のモテモテの地、すなわち」
ちなみに千葉の背後には真保や何故か法元がいます。
千葉「行くのじゃよー」
数時間後、渋谷にてピーポ君に捕獲される三人がいた。

吉田姉弟の住むマンション
シゲル「今日は姉ちゃん仕事か。宿題も終わったし勉強もしたし、何すっかなあ」
そこに
アドン・サムソン「坊ちゃまー」
シゲル「何だよアドン・サムソン」
サムソン「こんなのを捕まえました−」
東京都指定のゴミ袋から頭を出しているのは、林間と
林間「貴様ー、何故リンと(以下検閲)糸こんにゃくー!!!11」
船橋「オレは林間とは違う痴的な文化人だー厨核派とも友達だぜええええええ」
何故か船橋
シゲル「・・・なんで休日まで一緒にいるんだよ」
林間「違う!今日はインターナショナルスクールへ言ったら頼もしい警備員が」
船橋「米帝反動の陰謀によって、真のリベラルを金髪のおにゃのこに」
シゲル「つまり金髪の女の子を追いかけていたら一緒になって、せっかくだからウチまでストーカーと」
林間「違うぞこのブサヨー」
船橋「違うぞこのネトウヨー」
アドン「どうしますか?」
シゲル「黄色い車で、姉ちゃんの勤め先に送っておいてよ」
アドン「分かりました」
そのときだった。シゲルの携帯が鳴った
シゲル「もしもし」
相手は・・・

337 :それぞれのバレンタイン:2009/02/14(土) 14:51:48 ID:sfkwo/ND
2月14日 松沢軍団
キリコ「じゃーん。チロルチョコー」
入院患者の居る檻の前でコンビニの袋を取り出すキリコ
月宮「そんで」
キリコ「これを檻の中になげまーす」
「うぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」
檻の中にいるのは、今日一日だけでここに担ぎ込まれたアレな人たちで、一つのチョコを巡って大げんかだ
免下「・・・何が楽しいんだ?」
キリコ「ボランティアですよボランティア♪」
その日一日、チロルを投げるキリコと、そのチロルに群がるアレなヒトが観察されたという・・・。

その頃 都内の某公園
リン「ごめんね、いきなり連絡しちゃって」
シゲル「別に良いよ。・・・することもなかったしさ」
そして、リンは一つの包みを渡した。
リン「はい、チョコレート」
シゲル「あ、ありがと・・・」
リン「はじめてだったから、ちゃんと出来たか自信ないけど・・・」

その頃 エイトプリンスコヴァハウス
コヴァ「なんですかね?メグミさん」
コヴァは義妹に何故か台所に呼ばれていた。父正一、兄マサヲも一緒である。
メグミ「義理っていうか失敗したのをもったいないからあげるだけだけど、お父さんとお兄ちゃん達に
チョコレート!はい!」
それぞれ何か黒い塊を渡される三人
メグミ「別にバレンタインってワケじゃないし、義理でもないんだからね!じゃあ今から私、本命を先輩のところに
もっていくから!じゃ」
メグミは外へ出かけていった

鳥坂「って、結局もらえてないのワシだけかいっっ」【終わり】

338 :名無しかましてよかですか?:2009/02/15(日) 22:33:57 ID:Mj+ri119
ガ板のいけぬまスレに

>(^+^)頭にアルミホイルを巻きながらいつも誰かと戦う とうしつくん

・・・ファー様・・・

339 :名無しかましてよかですか?:2009/02/19(木) 20:09:35 ID:By41EF2c
お題

何故デムパの性癖は特徴的なのか?

340 :訴えてやる!11!!:2009/02/20(金) 10:16:32 ID:3O6cNcYT
ある日の休憩時間
鳥坂「でさー、アレがこうなって…」
吉田「はははw」
林間「吉田ーー!11!!鳥坂ーーー!1!!コヴァー!1!!!!かんしゃくおこす!1!!!!」
コヴァ「ど、どうしたんでしゅか」
林間「俺は決めたぞ、俺はお前たちに訴訟を起こす!!」
コヴァ「本気でしゅか」
林間「ああ、本気だぞ。お前らいつも俺を名誉毀損しやがって…俺はもう我慢ならん!!1!!」
吉田「は?名誉毀損?」
林間「そうだよ!!1!!俺の事を金髪スキーだの、エロゲヲタだの、ストーカーだの、
ダニや肝井以下の寄生虫だのとたまいやがって…」
鳥坂「おい、最後のは言った覚えないで。あと、金髪スキーとかエロゲヲタとかストーカーは事実やないけ」
林間「うるせーーーー!1!!俺が言ったといったら言ったんだよかんしゃくおこす!!!1!」
コヴァ「そうでしゅか…じゃあ、ボクらも林間先生を訴えますけどいいでしゅね」
林間「あ!?お前らに俺を訴える権利があるのかよ!1!!!おい、知的障害者の馬鹿コヴァ。
『訴えの利益』っていう専門用語知ってるか?訴訟を起こすにはそれ相応の利益や必要性が無いとダメなんだよ!1!!
ま、知的障害を病んでる下等生物のお前にはわからんだろうがな!1!!!!」
吉田「ありますよ。さっきコヴァに知的障害者だのと言いましたよね。」
鳥坂「あと、授業中に俺らをよく、「知的障害者」だの、吉田と言う名の身体障害者がいるだの、
障害者の人を生きる価値はないからさっさと死ねだの、国家の寄生虫だのと言ってますよね」
林間「かんしゃくおこす!11!!!かんしゃくおこすううううう1!1!!!
お、お、お、俺はな!!11!障害者を馬鹿の意味で使ったんじゃないぞ!1!!!!
お前らが障害者並みだと馬鹿にしてはいるがな!11!!!」
鳥坂「論理破綻しとる」
林間「うっせえ!1!!!俺は今から裁判所に訴状を書きにいく!1!!!
賠償金を取られる日を小便漏らしながらガクブルして待ってるんだな!1!!!」
コヴァ「あーあ、行っちゃった」
吉田「裁判所に行っても、訴状を受理してもらえんと思うがな」

その日、裁判所の受付でめちゃくちゃな内容の訴状を提出するも、
受理してもらえず受付のお姉さんにわめき散らす林間の姿があったとさ

341 :大悟と大輔の呉越同舟:2009/02/22(日) 13:20:32 ID:QGeyo+9g

 ファビョリかたがなんとも、

342 :名無しかましてよかですか?:2009/02/25(水) 19:00:53 ID:/vRGH7HV
【Japan Militaly Review】日本軍事産業の有名広報誌、竹島奪還想定計画を掲載

ttp://gunken.jp/blog/images/2009/honshi0903.jpg

日本の軍事産業の実質的な広報誌である
「軍事研究」の2009年3月号に「竹島への砲爆撃作戦は可能か?」で、竹島奪還を机上演習してるぞ。


・竹島に設営されている、韓国側の警備施設や砲台は強固なものではなく、いわゆるソフトスキンである
 F−2支援戦闘機4機(爆撃は3機で行う、1機は、周辺海域にいる韓国海洋警察のパトロール船を撃破する)
 からの、JDAM爆弾12発投下で破壊可能である。
 それを援護するために、F−15J 戦闘機40機、電子戦機4機が必要。
 護衛艦は、発見されるリスクが高い。
 艦砲射撃は不可能。
 特殊部隊を速やかに送り込み制圧。

・韓国側は三つのどれかを選ぶだろう。

1.竹島喪失を受け入れる 2.竹島近海への限定戦闘に移行する 3.陸空海軍や海兵隊などを総動員し対馬や壱岐への全面侵攻作戦に出る
 
・3番目の状況に移行した場合
 対馬や壱岐は、韓国軍の拠点から近いため、激しい攻撃を受けるだろう。
 北九州の自衛隊防空部隊は、駐屯地にいる。
即応態勢にないため、空襲を受ける可能性が高い。

・対馬の警戒態勢を抜本的に見直し、増強すべきだ。




343 :名無しかましてよかですか?:2009/02/25(水) 21:19:30 ID:Dxt25YoL


          ,. -''_´、__  ``__ヽ、      
         /‐-、__l   ` ̄┌ー 、ヽ     と、いうわけなんじゃよー!!・・・・。
       /l ー、_ュ、     ´二二_ヽヽ  
      / | 、`ー―      /`ー'´ ,r |ヽ  
     _,.|/  ` ー''´      ヽ ̄ ̄,  | l
 ,. r:'T::|      / n n   `ー'´    ヽ|
 ヽ、|::::|::|     ./      ヽ       |、_
   `''ー|     /        ヽ      .|:::|:::l::ヽ
     |::ヽ   レ‐-、__,,. -‐-、ヽ     |:::|;::l;-'′
|:::::ヽ  |  ,. -::::::::::-ュ、 ヽ  /  |´
      l::::::l  | /::::::::::::::::::::::::ヽ l  |  .| 
      ヽ::::. ヽ'-''´ ̄    ̄`` |  l  /
      ヽ::::. ヽ、__,.r‐−- 、_ ノ   /   
       ヽ:::::.           ....:/
        ヽ::::::....       ...::::::/
         ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/




344 :名無しかましてよかですか?:2009/02/27(金) 01:00:45 ID:YxSwv9EM
林間センセーのネタ元のヒトに高校中退疑惑が

345 :名無しかましてよかですか?:2009/02/27(金) 16:58:35 ID:uYXpzLe9
>344
ソースは?

346 :名無しかましてよかですか?:2009/02/28(土) 02:31:48 ID:ZuYQrQzI
林間オチスレだろ?
雑談から生まれた話で信憑性はないけど・・・。

347 :さらば、肝井!?:2009/03/01(日) 08:45:02 ID:rL96KjEz
ある日の海武学園
肝井「ぶしゃああ、ねぇねぇ、吉田くぅ〜ん」
吉田「…」
肝井「いい事教えてあげようか」
コヴァ&鳥坂「…」
肝井「ボク、3学期いっぱいでこの学校を辞めようと思うんだけど…」
吉田「お、おい!今なんて言った!!『この学校を辞める』って言ったな!!」
肝井「そうだよ。で、ボクとしてもさっぱりしてから辞めたいんで、
その前に吉田君、いや、葉鍵を馬鹿にした君たちみんなに謝罪して欲しいんだ」
コヴァ「おまえなー、いい加減にしてくださいにょ。
そんな要求誰も呑まないから、さっさと辞めろですつ」
肝井「ぶしゃ?そんなこと言っていいのかな?かな?(レナAAry
ボクは君たちが謝罪してくれれば、明日にだって学校を辞めてもいいんだよ?」
吉田「おい、どうする」
生徒「この際だ、謝罪しとけば?」
生徒「そうだな、もし奴が約束を破ったら…後は分かるな」
鳥坂「よっしゃ、今一度奴を信用してやるか」
コヴァ「というわけですにょ。今から謝罪しますにょ」
肝井「よっしゃよっしゃ。それじゃ今からこう言ってね。
『日本が誇る偉大なる葉鍵を馬鹿にしてごめんなさい。過ちは二度と繰り返しませんから。
これからは一般人として、日々、葉鍵を嗜み、絶世の美少女にして新世界の神たる
肝井味平くんに秋葉原症候群から救っていただいた事を一生感謝いたします』って。」
吉田「ぐぐぐ…」
コヴァ「我慢我慢」
生徒一同「日本が誇る偉大なる葉鍵を馬鹿にしてごめんなさい。過ちは二度と繰り返しませんから。
これからは一般人として、日々、葉鍵を嗜み、絶世の美少女にして新世界の神たる
肝井味平くんに秋葉原症候群から救っていただいた事を一生感謝いたします」
肝井「ぶしゃああああ、気持ちがいいんだよもん。それじゃあね、バイバイ」


348 :さらば、肝井!?:2009/03/01(日) 08:47:03 ID:rL96KjEz
吉田「こうして肝井は、海武学園から去りました。もちろん、奴が去ったところで
林間や千葉などがいるため、悪夢のような騒ぎは収まらないのですが、
ある意味、林間以上のトラブル発生源が1つ消えたことはとても喜ばしいことでした」








翌日
肝井「ぶしゃあ」
吉田「貴様…学校を辞めたんじゃなかったのか!?」
肝井「えー?あの謝罪は心がこもってなかったから不可だよ。
それに昨日は○○くんが病欠してたからクラス一同の謝罪とは認めないよ」
吉田「そうかそうか…やっぱりそうくると思ってたよ」
鳥坂「もう二度とあいつの言うことは信用せん」
コヴァ「予想はしてましたが…クズもいいところですにょ」
吉田は指パッチンした。すると、教室にアドンとサムソンが現れた。
吉田「やれ」
アドンとサムソンは肝井をどことも知れぬ場所へ連れて行った。

349 :林間センセーの妄想日記:2009/03/01(日) 19:35:37 ID:7Sxd8Gke
1月
林間「やい吉田ぁ!やっぱりお前も正月にはキリコたんともみじたんとリンに対して姫は(以下略)」
シゲル「・・・」

2月
林間「吉田ぁ!節分にはラムちゃんコスプレでキリコたんともみじたんとリンに(以下略)」
シゲル「・・・」

3月
林間「おい吉田ぁ!春と言って露出(以下略)」
シゲル「・・・」

4月
林間「おい、新学期早々だからって制服で(以下略)」
シゲル「・・・」

5月
林間「さわやかな初夏の草原で(以下略)」
シゲル「・・・」

6月
林間「梅雨時と言えば濡れ濡れ(以下略)」
シゲル「・・・」

7月
林間「夕立と言えばラム(以下略)」
シゲル「・・・」

350 :林間センセーの妄想日記:2009/03/01(日) 19:37:47 ID:7Sxd8Gke
8月
林間「やいてめえ吉田ぁ!海で(以下略)」
シゲル「・・・」

9月
林間「吉田ぁ!夏の終わりに(以下略)」
シゲル「・・・」

10月
林間「こら吉田ぁ!体育祭でブルマ(以下略)」
シゲル「・・・」

11月
林間「秋のメガネ(以下略)」
シゲル「・・・」

12月
林間「てめえ吉田サンタコス(以下略)」
シゲル「・・・」
コヴァ「・・・大変でしゅね」
シゲル「・・・一体、林間センセーの頭の中ってどうなってるんだ?」
コヴァ「多分コミックフラミンゴとか、コミックRIN辺りでしゅかね」
シゲル「・・・聞かなかったことにしよう」

351 :名無しかましてよかですか?:2009/03/02(月) 12:48:21 ID:hcx6nCHe
>249ー250
それって、林間センセが自分がやりたい事を言っているだけのような気が・・・・・。

352 :林間センセーの現状:2009/03/05(木) 20:30:57 ID:h28f7Cva
突然最近、コヴァの家に手紙が届き始めた。
内容は…

林間センセーの妄言をそのまんま

しかも最後に「これを論破してみろ!でもオレがいるブログは探せないだろうけどな!1!!!」

と書かれている。

いつもの海武学園
コヴァ「と言うことなんでしゅよ」
鳥坂「…それ、ウチにも届いてる」
シゲル「勿論オレんちにもだ」
コヴァ「間違いなく林間センセーでしゅね」
そこに
林間「ちっがうぞこのアンチコヴァども!1!!!!1」
コヴァ「認めたでしゅにょ」
林間「誰がオレの仕業だってかんしゃくおこす!111!!」
シゲル「ほらかんしゃくおこした」
そういうと林間は三人が持っている手紙を奪い取った。
林間「ほうほう、これは素晴らしい考えだ。これは…きっと私の大ファンのフェイトちゃんみたいな金髪の
おリボンちゃんで嗜虐的(以下妄言)」
鳥坂「で、それがどうしたオッサン」
林間「ふ、貴様らのような知的障害を負ったアンチコヴァどもには論破できないだろう〜。悔しいだろ〜
悔しいだろ〜。悔しかったらカーチャンの(以下ゲス発言)」
コヴァ「林間センセー!そこまで言うのはあんまりだと思いますでしゅにょ!」
林間「貴様らの親が(以下ゲス発言)」
鳥坂「なあ、なんでこんなのが教師なん?」
シゲル「それはみんな思ってるから」

353 :林間センセーの現状:2009/03/05(木) 20:32:06 ID:h28f7Cva
林間「まあ、とりあえず貴様らはオレのことが論破できるまで…」
シゲル「じゃあ、その手紙に書いてあったことについて議論しましょうか?」
コヴァ「うおう、ハングルファイトでしゅね」
鳥坂「おおっ、あの幻の企画をもう一度」
シゲルはうなづいた。
シゲル「審判は私の方は担任の国崎先生とコヴァにお願いします。公平を期すため、林間先生の方も自分で
審判を捜して連れてきて下さい」
林間「おお!いいとも…ぎったんぎったんのぐっちゃんぐっちゃんにしてやるからな!11!!」
シゲル「では、明日の金曜日、午後四時半からこの教室でお願いします」
林間「う、おお、いいぞいいぞ!クビを洗って待ってろよ!!!!!」

翌日、林間はやっぱり来ませんでした。


そして、木曜日から金曜日にかけて、ぬちゃそねろでハングルファイトの審判を捜し求め、その分際で
きつい条件をくっつけまくったため荒らし扱いされる林間先生とおぼしき男の姿が・・・。彼は、結局自分の
ブタログをジッパー達に見つけられ、さんざん荒らされて閉鎖したそうな。めでたしめでたし

354 :名無しかましてよかですか?:2009/03/05(木) 21:33:04 ID:LPaZvdE9
>>352-353
リクエスト乙www

355 :名無しかましてよかですか?:2009/03/07(土) 12:42:28 ID:B1NLF5lA
日本カヅヨシ&テルコ夫婦の息子問題連絡協議会

356 :名無しかましてよかですか?:2009/03/07(土) 18:50:29 ID:r/WTyGPW
>>355
八王子の森本さんですか?それとも、柳橋の野澤さん?

357 :名無しかましてよかですか?:2009/03/08(日) 18:56:29 ID:aQD327MF
PTAの会合でデムパなお子さんを持ってるご両親がそれぞれ名乗ってみたら
全員カヅヨシとテルコの夫婦とか

358 :リアルな現状:2009/03/10(火) 21:00:33 ID:l4cLY4QB
兵庫県某所

テルコ(仮名)「カヅちゃ〜ん」
林間「うっせえババア!オレは眠いんだよクソッ」
テルコ(仮名)「そんなこと言わないで、今日はハロワに」
林間「んだとぉ。オレはな、あいつらの邪魔が入らなければ(2chでの一連の
アレを指しているらしい)今頃受理エイティブな評論家として」
テルコ(仮名)「そんないつまでも夢みたいな事を言ってないで、あなたもう
35なのよ。もうニートとも言えない」
林間「うっせえ市ねこのババア!てめえに産んでくれなんて頼んだこともねえのに
なんでそんな偉そうな口尾叩くんだ!」
カヅヨシ(仮名)「母さんに何てことを言うんだカヅフサ!母さんに謝りなさい!」
林間「うっせーぞクソジジイ!団塊の世代の癖に大口叩いてるんじゃねえぞクズ!」
カヅヨシ(仮名)「な…」
林間「市ねええ」
ボコドカバキドカバキドカ

こうして日々林間の生活は続いている。ライフラインである、カヅヨシ(仮名)とテルコ(仮名)の
命が燃え尽きるまで

359 :名無しかましてよかですか?:2009/03/18(水) 20:38:08 ID:OFH83ups
教頭「え〜職員会議を始める前に皆さんに素晴らし…もとい残念なお知らせをしなければなりません。
   我が校に非常勤講師として勤務しておられました守本先生ですが、先週大学中退というのは
   実は弟さんの在学証明書を元にした偽装で、本当は田中角栄もビックリの小学校早退だった
   そうです。本来なら懲戒免職ですが、ご両親と親子3人ジェットストリーム土下座やってくれ
   まして、来月1日付けで依願退職ということになりました。お年を召したお母様に『この子頭
   弱い子なんです』なんて泣かれたらもうねぇ…今後のこともあるので国崎先生と林間先生は
   会議の後で私のところにお願いします。」

360 :人間やめますか?:2009/03/19(木) 15:49:22 ID:X4zNjeAJ
ある日の政経

林間「妊婦には攻撃を加えて肉じゃが糸こんにゃく(ry
ブサヨの母親は犬にレイプされて絶頂氏(ry」

突然、ドアが開いて教頭が現れた。
教頭「吉田君、大変だ!君のご実家から連絡があって、お祖母さんが危篤だそうだ、
お姉さんがこちらに向かっているそうだから、すぐに下校の準備をしなさい」
吉田「は、はい!」
吉田はそそくさと荷物をまとめると教室を出て行った。

林間「ふーん、吉田の婆さんが死ぬのか…それはいい事だ」
クラス中が一瞬にして凍りついた、が、林間はそれに気づかない。
コヴァ「せ、先生、冗談としても悪質すぎますにょ」
林間「冗談?俺は本気でめでたいと思ってるが、何か?」
鳥坂「マジキチ…」
林間「大体からしてだなぁ〜、先天的突発性獣欲魔で顔は最悪、頭は最低、性格極悪、
経済力ゼロ、エロゲヲタ、10代で女と付き合うような道徳規範無視、近親相姦大好き、
そして教師を敬う気がないあの吉田がこれまで天罰が下されることが無かったことがおかしいんだ。
吉田の婆さんはあんな人間のクズを育てた罰で地獄に落ち、
地獄の火の中に投げ込まれるべき云々」
コヴァ「…本気でしゅか」
林間「当たり前だ!!だいたい、吉田がいい目ばかり見る時点で世の中間違っとる!
俺には絶対こんな不合理は許せんぞ!!1!!制裁だ、天誅だ、折檻だ!!11!
吉田の野郎に正義の鉄槌を加えてやる!!1!!その為にはどんな卑劣な行為も
全て正当化されねばならんのだ!!11!わかったか!11!!
ああ〜ついでに栃木に向かう途中で吉田の車が事故を起こしてトリプル葬式にならないかな〜」
鳥坂「吐き気がする…林間がここまでクズだったとは…」
コヴァ「もう同じ人間と思いたくありませんにょ」
林間「文句あるんなら議論で俺を打ち負かそうぜ!!さぁ、バッチコーイ(バンバン」
鳥坂「お前とは…もう話をする気も起きんわ!!」
鳥坂は林間を車田風アッパーで殴り飛ばした。

361 :人間やめますか?:2009/03/19(木) 15:54:15 ID:X4zNjeAJ
林間「きききき貴様、よくもこの俺を殴ったな!!ママンにも殴られたこと無いのに!!11!
痛いよ〜!!でもボクの勝ちだもん。この勝負、感情的になって暴力を振るった鳥坂の負けだもん」
鳥坂「まだそんな事言うか!他人の命を冒涜するお前だけは絶対に許さん!!」
鳥坂が第二撃を加えようとすると、後ろから手をつかまれた。振り返ると、教頭がいた。
教頭「林間君、さっきの君の暴言はすべて聞かせてもらった。君には教師としての資質が
著しく欠けているようだねぇ…守本君と一緒に退職してもらおうかな〜」
林間「そ、そ、そ、そんな!!だったら、だったら鳥坂はどうなんです!!あいつは教師である
私に対して暴力を振るいました!!あんな奴は退学、いや、除籍にしてください!!」
教頭「鳥坂君、君には停学1日と校内カウンセラーとの面談を命ずる。
いくら暴言を吐いていた林間君が悪いとはいえ、暴力は悪い。いいね」
鳥坂「はい」
林間「いやだ〜〜!1!!!そんなボクは殴られ損じゃないか!!!1!かんしゃくおこす!11!」

数日後
吉田「…というわけで、婆ちゃんは何とか一命を取り留めたよ。快復までは時間はかかりそうだけどな」
コヴァ「よかったでしゅね〜。ボクのお祖父さんも同じ病気で亡くしていましゅから、
心配で心配でなりませんでしたにょ。」
吉田「にしても鳥坂、林間なんか殴ること無かったのに。あいつが人類最底辺クラスの人間なのは
とっくに分かってることなんだから、殴るだけ損だぞ。1日だけとはいえ、停学になっちまったし」
鳥坂「今でも軽はずみなことだったと思ってるよ。国崎先生からもおかんからも同じ事言われたけど。」
コヴァ「そういえば知ってましゅか、林間は教頭先生たちに泣きついて何とか首は繋がったようですにょ。
今度同じことをしたら問答無用でクビになるそうでしゅが」
吉田「はぁ…来年もあいつとの腐れ縁も続くんかなー」
                                                     (おしまい)

362 :勝手に続き:2009/03/19(木) 20:16:16 ID:0G9+EqTx
シゲル「そういえばさ、ウチって病院やってるじゃん」
コヴァ「そうでしゅね」
シゲル「それで上二人が姉だから、オレにも医大に行ってほしいとか母さんが
言ってるんだよ。でも、オレとしては精神科医より心理学を学びたい」
鳥坂「それで」
シゲル「…母さん、どうも地元の某私立医大に推薦枠確保したって豪語していて、
このままそこに入れたいらしいんだよね。…停学くらったら推薦って…」
鳥坂「止めとけ。それだけは人としてアカンから」
コヴァ「気持ちはわかりましゅが、いくらなんでもそれはないでしゅにょ」
シゲル「…わかったよ…」

363 :皆さんもご注意を。:2009/03/21(土) 20:40:21 ID:YSvh1P3p
「はい林間ですが」
「たたた大変だよパパ!!!11!カズフサだけど、かんしゃくおこしてブサヨの妊婦の
 ボテ腹蹴ったら相手が流産しちゃって警察に捕まっちゃったんだ!!1!どどどうしよう!
 お電話替わりました、国選弁護人として息子さんの案件を担当しております人権派のヤスダ
 と申します。息子さんは傷害容疑で書類送検されてますがこのままでは傷害致死か、最悪
 の場合殺人で起訴されるでしょう。そのような事態を防ぐため、示談金としてこれから言う
 口座に大至急300万円振り込んでください。」

アレな息子のおかげで悪質な詐欺の被害に遭う林間のパパだった…

 

364 :名無しかましてよかですか?:2009/03/23(月) 23:18:20 ID:6wNxFPtH
犯人は多分仕送りとめられた林間本人…

365 :名無しかましてよかですか?:2009/03/24(火) 00:05:47 ID:6wNxFPtH
そして奪った金でこれを買う

ttp://mbstruth.sakura.ne.jp/hp/wagn/cha/chatop.html

366 :宇宙からの侵略:2009/03/24(火) 10:25:47 ID:zwSKR4k2
200X年、地球は宇宙人に侵略されようとしていた…

地球上空2万キロの宇宙船
隊員「隊長!サン星系第三惑星アースに到着いたしました!」
隊長「おお、なんと言う美しい星だ。ぜひともわが君に献上したいものだな…
アースの文明レベルは25…衛星間移動ができる程度のレベルか。
よし、いつもの手で行くぞ!俺は今から惑星アースに潜入して原住民に擬装して
情報収集をする。しかるべき後に地球に攻撃を開始する!!」
隊員「はっ!幸運をお祈りします!」

ちょうどその頃、東京都ダイコン区江古田の海武学園教職員用駐車場に
一台のボロ車がものすごい勢いで滑り込んできた。
林間「畜生!!11!もう9時じゃねえか!!1!!
これだから独身は嫌なんだかんしゃくおこす1!!1!
ああ…ボクの元にヴァルキリーたんみたいに優しくて僕のいうことを何でも聞いてくれて
男好きするような体型で金髪碧眼の絹のような白い肌の女が嫁に来てくれないかな〜」
隊長「フフフ…あいつがいい。あいつの体、借りるとしよう」
隊長は驚くべき速さで林間を車と車の陰に引きずり込むと、林間の頭に手を押し当た。
すると、隊長の体は林間と瓜二つの姿になった。
隊長「ふむ、林間カヅフサ、35歳。海武学園高等部公民科教員か。当分の間
こいつになりきるとするか。よし、こいつにはもう用は無い」
そういうと隊長は林間をボコボコにして事前に作っていた穴に埋めた。

そして、海武学園職員室
担任「林間!!今何時だと思ってやがんだ!!毎日毎日ふざけるな!!」
隊長「申し訳ございません!もうこのようなことは二度と繰り返しません!!」
(国崎雅人、こいつの上司か。ここは下手に出とくか)
担任「…?今日はやけに素直だな。いつもはわけの分からん言い訳ばかりしてるのに…
まぁいい。今日の1時限目にお前の授業は入ってなかったからな。
今のうちに次の時間の準備をしとけ。次の時間は俺のクラスだぞ。」
隊長(このアホ、普段一体どういう勤務態度をしとるのだ。…人選を間違えたかな)

367 :宇宙からの侵略:2009/03/24(火) 10:27:49 ID:zwSKR4k2
そして、いつもの林間の妄言タイム
隊長「それでは授業を始めます。教科書201ページを開いてください」
生徒たちは狐につままれたような感じを覚えた。林間は授業を始める際に授業に役立つ
ニュースと称して数々の暴言を放つのがお決まりになっていたが、今日はそれが無い。
何も無く授業が開始されるのはこの1年間で初めてである。
そして、授業時間は何事も無く流れ、何事も無く授業が終わった。
生徒たちはますます不可解な感じにとらわれた。
林間はいつもは授業の途中で脱線して妄言・暴言をかましたり、吉田たちに絡んだり、
さっさと帰ったりしているのが普通である。おまけに、今日の授業は実に内容がしっかりしていた。
林間には基本的に政治経済の知識は殆ど無いため、授業は基本的に教科書を棒読みするだけの
スカスカな授業になることが普通なのだが、今日の授業はそうとう勉強していないと
やれないようなかなり深いところまで踏み込んでいた。

休憩時間
コヴァ「今日の林間先生の授業は異常ですにょ。あんな授業は一度も受けた事がありませんですつ」
鳥坂「どっかに頭をぶつけて頭が正常になったんちゃうか?」
吉田「実は他人の変装だったりしてなw」

そして放課後、愛国サークル
隊長「今日はこの中の本から一冊を選んで読んで感想文を出して欲しい。どんな些細な事でも結構だ」
そう言って隊長が差し出したのは政治経済や軍事、国家に関する専門書であった。
千葉「金髪スキー君、今日はやけに真面目なのじゃよ?普段なら、
情報調査と称して金髪少女をストーカーしたり、銀髪スキー君の家に嫌がらせをしにいったり、
秋葉原に出かけてヲタグッヅを購入したりしているはずなのに…」
肝井「そうだよ、そんなのつまんないよ。さすが低脳文系なだけあって頭が悪いですねwwwwww」
隊長「バカモン!貴様それでも愛国者か!」
肝井「ぶ、ぶしゃ」

368 :宇宙からの侵略:2009/03/24(火) 10:30:27 ID:zwSKR4k2
真保「じゃあこういうのはどうです、今から幼稚園に行って4歳の(ry」
隊長「貴様ら!!もう我慢ならん!!愛国活動をなんと心得る!!肝井、千葉!!
愛国とは自らの能力を高めて国に尽くすことではないか?ヲタグッズを買いにいったり、
他人に嫌がらせをしたり、幼稚園に行って4歳児を(ryすることのどこが愛国活動だ!!
恥を知れ!!もう俺は我慢ならん…こんなふざけたサークルは即時解散だぁぁあぁぁぁ!!!」
その時であった、外から「ちょっと待った!!」という叫び声がした。
部室に本物の林間が入ってきた。
肝井「ぶ、ぶしゃ?林間先生が二人?あ、わかった、林間先生たち、異時間同位体でしょ!」
隊長「き、貴様!!」(バカな!息の根を止めたはずだ!)
林間「フッフッフ、殺したはずの男が生きていて驚いたか?俺は死なん!!11!
この林間カヅフサは愛国者としての使命を果たすまでは死ぬなと天に言われているのだ!!」
(注:林間が異常体質なだけです)
千葉「これはいったいどういうことなのじゃよ?」
肝井「あ、わかった!この林間先生、宇宙人でしょ!情報統合思念体に(ry」
隊長「まさか正体を見破られるとは!!おのれ、貴様ら生かしておけん!!」
隊長はそういうと、元の宇宙人の姿に戻り、林間たちに襲い掛かった!
真保「まぁまぁ、宇宙人の兄さん、そういきり立つなって、俺のコトリピンナップでも見て落ち着きなよ」
そういって真保は隊長の眼前にマホノコトリを突きつけた。
隊長「ぐわあああああああ!!!ヒクンヒクンシャー」

数時間後、宇宙船
隊長「うーん、うーん、ヒクンヒクンシャー」
隊員「軍医殿!隊長の容態は?」
軍医「身体的には一時的に失明しているだけですんでるが、精神的ダメージが大きすぎる」
隊員「そうですか」
隊長「もういやだ、あんな星には二度と行きたくない、帰ろう、母星に帰ろう!!
うーん、うーん、気持ち悪いよー、お母ちゃん、お母ちゃん…ヒクンヒクンシャー」
隊員「百戦錬磨の隊長があんなにダメージを受けるなんて…アースを攻めるのは
やめるべきだな。よし、副官命令だ!母星に帰還する!」

こうして地球は救われたのであった。その後、林間たちは宇宙人に接触したことを
方々で語ったが、いつもの信用がゼロなので誰にも信じてもらえなかったそうである。

369 :名無しかましてよかですか?:2009/03/26(木) 18:38:53 ID:V52ILsoG
                      _____________________
           _ノ`⌒`ヾ´⌒ヾ、   /
        ノ´:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ |   国崎、このスレの寿命もあと2日だな!11!! 
        ノ;':::::,ィl::::;i_l」トl、::::::::::l |  次スレも幸せの天使たるこの俺がお前たちブサヨを
.    く   〈;ィイレ'ハlf⌒ r==、ハ:ll |  バッタバッタと切り倒し、一般国民に幸せを届けてやるから、
     る   N(  )^ー' j rソl < 覚悟しろよ!11!!
        っ +    l´ノ .  r´ ノ ヘ', │ 
            〈(  ヽ`_.ィ j /__/ヽ ! ところで、次スレのスレタイ案だが、 
             `  ヽ´__ノ´ ̄`7::: ! 学園物語★KOVA17歳17〜コヴァと林間の神隠し〜 
            ,.-'^,ゝ、  /'´:; ̄:`ヽ | 学園物語★KOVA17歳17〜崖の上のブシャ〜 
         〈l l | |ニlヽ、ノ//.:.:.:.:.:} | の2つから決めようと思う。何か意見があれば遠慮なく書きこめ。 
          ヽLbj‐'トノー'´.:.:.:.:.:.:.ノ | 異論が無ければDAT落ちの後、コヴァと林間の〜の方でスレを立てよう。 
          {:L._,ノ..:.:.:.:.:.:.:.:.:/ノ:. |  
         ,.‐7´リ.:.:.:.:.:.:.::/:/:..:.:.: \_____________________
    _  ――   _
  /           \        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /              |     / お前はどう見ても疫病神だろJK…
 | /| /\ |\ |\    |    / 
 \|┿━ \| ┿━\   |  /   ということで、住人の皆さん、職人の皆さん、
   ┏━┓  ┏━┓ ⌒ヽ | <   次スレもよろしくお願いします。
   ┃  ┣━┫  ┃  .ノ.|   \ 
   ┗━┛  ┗━┛ ┌' /    \__________________           
   | ∪    ∪ ゛ //     
   \       //        
     \ ▽ _/ ̄  

370 :もう何がなんだか:2009/03/28(土) 00:47:48 ID:UiGH6SJJ
林間「私はイチローにヒットを打たせた幸福の妖精!11!!」
コヴァ「…」
鳥坂「もうあかんて、もうこれは」
シゲル「そろそろ本当に二度と出られない閉鎖病棟に入れる時期かもな」
林間「うるさいこのブサヨルネッサンスどもめ!私は日本をつかさどる天使として(ry」

担任「こんなスレですが、次スレもよろしくお願いします…」

371 :名無しかましてよかですか?:2009/03/29(日) 06:34:50 ID:vjhrDv8+
あれ?落ちないね。

372 :名無しかましてよかですか?:2009/03/29(日) 12:55:40 ID:31N3/RJd
一応この板最古のスレが立った日付が08/06/01だから、
もし↓のスレが4月1日で落ちれば10ヶ月…か?
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/kova/1212290207/

ていうか、段々遅く(長く)なっている気がする

373 :名無しかましてよかですか?:2009/03/29(日) 17:26:32 ID:vAyeVwz8
                      _____________________
           _ノ`⌒`ヾ´⌒ヾ、   /
        ノ´:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ |   >>372 
        ノ;':::::,ィl::::;i_l」トl、::::::::::l |  ま、マジか!?
.    く   〈;ィイレ'ハlf⌒ r==、ハ:ll |  やい、国崎!!1!!貴様、俺に恥をかかせるために
     る   N(  )^ー' j rソl < 運営と結託してDAT落ちまでの期間を延ばしたな!!1!!
        っ +    l´ノ .  r´ ノ ヘ', │2度も俺を罠にかけやがってかんしゃくおこす!1!!! 
            〈(  ヽ`_.ィ j /__/ヽ !  
             `  ヽ´__ノ´ ̄`7::: !  
            ,.-'^,ゝ、  /'´:; ̄:`ヽ |  …いや、スレの寿命が延びたのは幸せの妖精たる俺様のおかげだな!
         〈l l | |ニlヽ、ノ//.:.:.:.:.:} |  せっかくスレ寿命が延びたんだから、
          ヽLbj‐'トノー'´.:.:.:.:.:.:.ノ |  これからもこの世の妊婦に(ryしまくってみんなに幸せを届けてやるかな!1!!
          {:L._,ノ..:.:.:.:.:.:.:.:.:/ノ:. |   
         ,.‐7´リ.:.:.:.:.:.:.::/:/:..:.:.: \_____________________
    _  ――   _
  /           \        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /              |     / 本当、お前って肝井と同じでとことん自分に都合のいい頭してんなー
 | /| /\ |\ |\    |    / 
 \|┿━ \| ┿━\   |  /    
   ┏━┓  ┏━┓ ⌒ヽ | <   
   ┃  ┣━┫  ┃  .ノ.|   \  
   ┗━┛  ┗━┛ ┌' /    \__________________           
   | ∪    ∪ ゛ //     
   \       //        
     \ ▽ _/ ̄  


374 :名無しかましてよかですか?:2009/03/29(日) 19:22:10 ID:GsMVWCnR
Tempサーバーじゃないから、スレ数も増えてるし、自然落ちまでの設定も長くなったみたい。

375 :担任倒れる:2009/03/31(火) 20:32:24 ID:HPXUkHs0
林間と不愉快な仲間たちの迷惑行為に耐え続けてきた担任だったが、
コヴァの更正とともに完治したはずのストレス性十二指腸潰瘍を再発
させ、教員用トイレで血を吐いて倒れているところを発見されて病院
に担ぎ込まれた。

教頭「国崎くんは当分の間入院が必要のようだ」
林間「ブサヨのニッキョーソはひ弱でいけませんな」
教頭「(誰のせいだと思っとるんだ、人のこと言えんけど)国崎くんが
   復帰するまでの間、君の監視…もとい実習指導に教育委員会の問題
   教職員対策課の方から来ていただいた人がいるから。紹介しよう、
   佐藤大好き先生だ」

376 :担任倒れる:2009/03/31(火) 21:23:02 ID:HPXUkHs0
教頭が指し示す先には、左の頬に恐ろしげな向う傷のある、オールバックで
堅肥りの「どう見てもヤのつくサービス業者です。どうも(ry」な男がいた。

林間「教頭!!1!かんしゃくおこしますよ!!!1!!この愛国者にブサヨ
   の教育介入など不要で…」
教頭に食って掛かる林間の襟首を佐藤のゴツい手が捕まえた。

佐藤「てめえは学も教養もねえくせになに言ってやがんだコラァ」
BLAM! SPAM! THOK!
佐藤「このボケ!カス!役立たず!」
強烈な『指導』を受けながら、根が小心者なので中村さんのように
「畜生いつか殺してやる」などと口走ることもできず、ただ一刻も
早い担任の復帰を願うだけの林間だった…

つづく

377 :暴言我慢大会:2009/04/05(日) 08:39:33 ID:KDV9cga6
4月3日、海武学園
生徒「貴様!まだ始業式も始まっていないのに補習だと!ふざけるな!」
生徒「どうせまともな授業をしたことが無いんだから、時間の無駄だろ」
生徒「てめえ、月の出てない夜には気をつけろよ」
林間「おだまり!!111今日のネタは時事ネタだから、どうしても今日したいんだよ!1!!!
かと言いながら、クラスの半分は出席してくれたじゃないか。」
コヴァ「補習終了後は豪勢な食事をおごってくれるって言ってましたからね」
吉田「そういや、首都圏に実家がある奴はほとんど来てるな」
林間「さてと…それでは早速授業を始める。昨日、埼玉県のゴーライスフィールド市で火災があって
小学校入学前の女児が焼死したそうだ。彼女の冥福をお祈りします。でも、無職の母親が
ロリコン共に売り飛ばしたかもしれないから、ここで死んだのは幸せだったかもしれないねw
そういえば、女の子には兄と弟がいたらしいが、きちょまん的に考えれば、
こいつらと無職の母親が代わりに煙に巻かれて死ねばよかったけどなwwwww」
生徒「さっそくこれか、いつ聞いても胸糞悪い」
吉田「マジ人間として終わってるな。同じ人間と思いたくねえ」
林間「やかましいぞかんしゃくおこす!11!!!…授業を続ける。北朝鮮のミサイルについてだが、
ぜひ大阪に落ちて大阪が滅亡して欲しいなwwww今なら鳥坂もいることだしwwwwww」
吉田「日本人がいっぱい死ぬことを望む愛国者ってものすごく滑稽だと思わないか?」
コヴァ「林間先生の脳内じゃ愛国者以外は日本人じゃないんでしょうね」
生徒「質問、何で大阪に落ちて欲しいんですか?」
林間「あそこはタンツボだからな。あそこに住む人間で善人など一人もいない…
どいつもこいつも極悪人だ、死刑にするべきだ、よくもこのボクをバカにしやがって
よくもこのボクをいじめやがって、よくもよくもよくもよくもよくもよくもよくも」
吉田「要は故郷にいい思い出が無いから滅べってか、バカじゃないの」
コヴァ「そもそも林間先生の場合は99%自己責任だとおもいましゅが」
林間「おだまり!!11!!俺に歯向かうと東京にテポドン落とすぞ!11!!!」

378 :暴言我慢大会:2009/04/05(日) 08:42:28 ID:KDV9cga6
コヴァ「今度は脳内金正日でも始めたんでしゅか?」
林間「違う、俺は今まで正体を隠していたんだが、俺は実は幸せの妖精なんだ。
WBC決勝戦でイチローにヒットを打たせたのも俺だし、一昨年の参院選でみんす党に
勝利をもたらしたのも実は俺だし、ヴァルキリーが発売されたのも俺の力によるものだし、
将来の帝がお生まれになるように仕向けたのも俺の力だったんだよ」
吉田「あのー、先生、よろしければうちの実家の一度入ったら二度と出られない
精神病院に入院しませんか?てか、入院してください」
林間「俺は正気だ!1!!!大体だな、おまえのおとっつぁんはお前のおっかぁの
だらしなく汚らしいガバマンにおとっつぁんのテポドンを突っ込んで汚い汚汁を
汚い子宮にばら撒いてお前と言う汚物を産んだくせに、いい気になるな!1!!!!」
コヴァ「よくもまぁここまで人を侮辱できるもんでしゅね。大体、林間先生だって
同じような方法で生まれてきたんじゃないでしゅかね」
林間「うるせーーーー11!1!!もう大阪だけじゃ我慢できねえ、
こっちにもテポドン落ちてこーい!1!!!もうこうなったら
日本中にテポドンが落ちちまえ、ギャハハハハハハハ」
コヴァ「吉田君、松沢病院に連絡してくださいにょ」
吉田は「いつまでこんな状況が続くんだろう、早く林間と別れたい」
と思いながら、松沢に通報した。

数日後
松沢軍団員「林間君、吉田先生がこれを」
松沢軍団の一人から何も書かれていない白い封筒を受け取った林間は封筒の中身を取り出した。
なにやら、紙が数枚入っている。
「請求書 林間カヅフサ様 食事代46,960円也 とんかつ大王」
「請求書 林間カヅフサ様 食事代73,250円也 宝寿司」
「請求書 林間カヅフサ様 食事代63,000円也 焼肉のカルビ薗」

林間は卒倒した。                                          (おしまい)

379 :名無しかましてよかですか?:2009/04/05(日) 09:19:04 ID:Yw7xUHQq
>>377
>よくもこのボクをいじめやがって、よくもよくもよくもよくもよくもよくもよくも

故郷離れているアレな人達って、結構故郷にいい思いで持っていない香具師が多いのかもな。


380 :名無しかましてよかですか?:2009/04/07(火) 12:48:54 ID:T+yukgMK
新学期なので、新入部員勧誘ネタをリクエスト

381 :実録・愛国サークルの興亡:2009/04/07(火) 20:49:40 ID:Y2eVjdaP
4月X日、海武学園でも入学式が行われ、新入生が入ってきました。

高等部1年のあるクラスでのオリエンテーションの時間
教師「えー、次はクラブについての説明です。うちの学校では数多くのクラブがあり、
勧誘活動も来週末まで活発に行われております。で、ここで皆さんに注意して欲しいことがあります。
本校の認可サークルはすべて腕章をつけて勧誘活動を行っております。
腕章なしの勧誘活動を行っているサークルは宗教団体などのダミー団体の可能性があるので、
勧誘されても絶対に断ってください。特に、現代社会の林間先生の主宰するサークルは
特に危険なので、絶対に近寄らないように」
生徒「質問!先生が顧問をしているってことは、認可サークルじゃないんですか?」
教師「いいや、非認可だよ。実際に授業が始まったら分かるけど、あの人は頭がまともじゃないんだよ。
メガネかけてるよれよれの背広かへんなコスプレしているガリガリの先生が林間先生だから、
彼を見つけても決して関わろうと思わないように。」
生徒一同「はーい」

その頃、愛国サークルでは…
林間「ふっふっふ、職員室からこっそりと腕章を盗み出してきたぜ」
千葉「何でわしらのクラブは非認可扱いなのじゃよ?」
林間「しらねーよ、今年も教頭に認可してもらうよう頼んだんだが、拒否されたんだ。
大体だな、同和問題研究会だの、少数民族研究会だのが公認サークル扱いなのに、
愛国サークルが非認可扱いされるのが気に入らん。」
肝井「正義の側は常に迫害されるものだよぶしゃあああ、ボクだって一般人であるがために
悪のキモオタに迫害をうけてるしね」
真保「林間先生、こんなチラシじゃ人が来ませんよ。僕に任せていただければコトリを…」
林間「絶対にやめろ!!11!余計なことをするな1!11!!」
千葉「そろそろ新入生が下校を始める時間帯なのじゃよー」
林間「よし、行くぞ!皇国の荒廃この一戦にあり、各員一層奮励努力せよ!」
一同「おーーーーーーっ!!!」

382 :実録・愛国サークルの興亡:2009/04/07(火) 20:52:55 ID:Y2eVjdaP
そして、校庭
「君いい体してるね、わがアメフト部に入らないか?」
「馬術 や ら な い か ?」
「小説好きな方、文芸部はどうっすかー?これでも芥川賞作家や直木賞作家を出してるんだよー」
「コンピュータ部に入れば君も3年後にはプログラマーだよ!?」
各クラブが新入生を熱心に勧誘する中、林間たちも勧誘活動を始めた。

林間「あ、あ、あい、愛国サークルはどうでしゅかぁ…」←次第に声が小さくなる
肝井「ねぇねぇ、僕と一緒に遊ぼうよ、僕と遊んでくれたら鍵へぶらっ」←殴られた
千葉「わしと一緒に護国活動をするのじゃよー」←サバゲー部と間違えられた
真保「君、4歳の女の子に興味は無いかい?実は今、政治の世界では
これらの自由を剥奪しようとする動きが起きているんだ」←変質者扱いされた

1時間後…
林間「畜生、何でうちのサークルの話を聞いてくれる人がいないんだかんしゃくおこす!1!!!」
真保「明日もがんばりましょう。がんばれば人も来るさ!」

2週間後、コヴァたちのクラス
林間「ようブサヨ諸君」
吉田「ん?」
鳥坂「なんやねん、その後ろにいる連中は」
林間は後ろに新入生と思わしき生徒を10人近く連れていた。
林間「良くぞ聞いてくれた、紹介しよう!!1!!うちのクラブの将来を担ってくれる
有望な人材だよ!11!!ハッハッハ」
コヴァ「あれ?2日目に腕章を盗んだのがばれて教頭先生から勧誘活動禁止命令が
出されてたんじゃないでしゅか?」
林間「校外でやったんだよ」
吉田「校則違反じゃねーか…公認サークルでも校外での勧誘活動は禁止されてるんですよ、先生」
林間「うるせーぞ!11!!お国のためなら多少のルール違反は見逃されるはずダロガ1!!!!
…お前らはその様子から見ると、勧誘に大失敗して今年も進入部員がゼロだったようだな」
鳥坂「えっ、俺んとこのバスケ部は30人くらい入りましたよ」
林間「ちげーよ!1!!!お前と吉田とコヴァの3人で結成している売国サークルのことだよ!!1!」

383 :実録・愛国サークルの興亡:2009/04/07(火) 20:54:16 ID:Y2eVjdaP
コヴァ「…あの、友人関係はサークルとは言わんですにょ」
林間「嘘だッ!(レナAAry 人が何の打算や目的もなしに結びつくはずが無い!!11!
知ってるか?一般人の間では「周りはすべてライバルだと思え」って…
ガキならともかく、大人に近い高校生なら友人などいないはずだ!!1!!」
デンパな主張をする林間の後ろで生徒たちがひそひそ話をし始めた。
生徒A「おい…なんかやばくね?」
生徒B「ああ、お国のためならルール違反してもいいって法治国家の国民のすることか?
愛国無罪をさけんでいた中国人とどこが違うんだ?」
生徒C「友人の概念が無いってのもやばいと思うぞ…俺、抜けるわ」
生徒D「待てよ、お前は日本がどうなってもいいのか?」
生徒C「あんな先生と一緒じゃ救える国も救えないよ!じゃ」
生徒A&B「俺も…」
林間「お前とは話が通じん!!11!もう知らん!11!!みんな、部室に帰る…あれ?減ってない?」
生徒E「あのー、5人くらい入るのやめるそうです」
林間「何だとーー11!!あの転向ブサヨどもめ!1!!!」

そして4月30日、いつもの政経
林間「…」
林間は魂が抜けたような顔をしていた。なぜなら、この日の朝、最後の新入部員が退部したからである。
この間何があったのか、以下、最後に退部した部員の愛国ブログをダイジェストで抜き出してみよう。

4月12日(Sun) 愛国サークル活動日誌(1):靖国にもブサヨっているんですね
先生や先輩たちと一緒に愛国活動に行く。場所は靖国神社。自分は靖国に来るのは初めてなので
楽しみだった。靖国に着くと、ガタイのいい神主(?)に先生たちがいきなり追い出され、
一緒に来ていた自分たちも二度とここに来るなと言われた。自分が何をしたと言うのか。
神主たちもサヨク思想に侵されているのだろう。ああ、嘆かわしい。

384 :実録・愛国サークルの興亡:2009/04/07(火) 20:55:16 ID:Y2eVjdaP
4月15日(Wed) ケンカをやめて、二人を止めて
部室に行くと先生とK先輩が取っ組み合いの喧嘩をしていた。聞くと、アニメの女の子について
口論になり、殴り合いになったらしい。そんなくだらない事で喧嘩しないでくださいと言ったら、
両方とも火がついたように怒り出した。自分もアニメは好きだが、
さすがに先生のように喧嘩をする気にはなれない。元気をそんなことに使うくらいなら、
愛国活動に使うべきだと思う。

4月19日(Sun) 愛国サークル活動日誌(3):ひどい一日
今日は最悪な1日だった。部会で麻生支援のチラシを近所の各家庭にポスティングする
提案をしたら、先生がファビョりだした。愛国者なのに、ミンス支持ってありえないわ。
しょうがないので、児ポ法改悪反対のチラシのポスティングをすることになったが、
途中でマンションの住人の人と揉め事になり、怒り出したK先輩が野グソした。
他にも、DQNカップルにT先輩がエアガンを乱射して乱闘になり、
こっちは臭いわ痛いわとひどい巻き添えを食った。
解散後、一緒に入ったS君がやめると言い出した。でも自分はあきらめない。
先生も先輩も変人だけど、愛国者だし、いい人たちだと思う。卒業まで、
日本の将来のために絶対に投げ出さずにがんばりたいと思う。

4月20日(Mon) No title
友達とダベりに部室に行ったら、M先輩が気持ち悪い絵を書いていた…
あまりに気分が悪いので、今日の日記はこれまで。

4月26日(Sun) 疑問
今日も友達が愛国サークルをやめた。残ってるのはもう自分だけだ。
このサークルは本当に「愛国」サークルなんだろうか…やってる事は
愛国とはぜんぜんかけ離れたことばかりだ。

385 :実録・愛国サークルの興亡:2009/04/07(火) 20:56:28 ID:Y2eVjdaP
4月29日(Wed) 更新終了のお知らせ
中学生時代から足掛け2年にわたって国のかたちと政治と愛国について
ブログを書いてきましたが、もうやめることにします。愛国サークルもやめます。
理由は授業が忙しすぎるのと、愛国活動をすることがバカらしくなったからです。
サークルの先生も先輩も口では愛国愛国と言っていますが、サークルでは
欲望を満たすことばかり考えてて、もうついていくのに疲れました。
そして、ネットの片隅でこんなブログを書いている自分も五十歩百歩、
先生や先輩らとあんまり変わらない事をしていると思いました。
やはり、日本を良くするのに一番よい方法は偉くなるしか無いんだろうか…
自分が日本を心のそこから愛していることは変わりありませんが、表立って
活動をすることはもう無いと思います。今までありがとうございました。

こうして、林間の新入部員勧誘作戦は失敗に終わったのであった。
このブログを書いていた彼は35年後に内閣総理大臣に就任し、数々の功績を残したのだが、
彼は、愛国愛国と声高に叫ぶ人間が嫌いなので知られていた。
そのルーツはこの事件にあったのかもしれない…
                                                    (おしまい)

386 :名無しかましてよかですか?:2009/04/08(水) 12:51:22 ID:RaBQZ6MM
GJ!!

387 :どうやって予選を通過したのか?:2009/04/12(日) 19:58:56 ID:iK6U9Znp
『クイズ・ミリオネア、本日最初の挑戦者は林間カズフサさん35歳!私立高校
 の教員として働く傍ら、生徒たちと愛国心について研究するサークルを主宰する
 林間先生、だがそのサークルは学校の認可を受けていないので部費がもらえず、
 思うような活動が出来ないのが悩みの種。そんな林間先生の1000万円の夢は、

「東欧の人身売買業者から金髪美少女買ってきてヴァルキ(放送上不適切なため削除)肉じゃが!!1」

 林間先生の挑戦が始まる!』

388 :どうやって予選を通過したのか?:2009/04/12(日) 20:06:20 ID:iK6U9Znp
林間「ライフラインのテレフォンお願いします」

もんた「わかりました。ちなみに電話にはどなたが?」

林間「千葉と真保と肝井と守本センセ〜の4人です」

彼らはこの直後、史上最悪の放送事故を引き起こすこととなる(特に真保)。

389 :名無しかましてよかですか?:2009/04/14(火) 00:46:33 ID:sFqFH3gF
>>387-388
早く、続きを・・・・・・。

390 :名無しかましてよかですか?:2009/04/14(火) 08:11:28 ID:inVxtaQJ
スラムドッグミリオネア公開にタイムリーなネタだなw

391 :どうやって予選を通過したのか?続き:2009/04/14(火) 20:36:13 ID:WuLwrMDW
コヴァとメグミが居間でテレビを見ていると、今では弟と同様に更正を果たし、
日本郵政の外務職員として近所の郵便局に勤務しているマサオが帰ってきた。

マサオ「ただいまー、おっ、ヒロシの学校の先生が出てるやつか」
コヴァ「そうでしゅ、本当は国崎先生が出るはずだったんでしゅが十二指腸潰瘍
    で緊急入院しちゃったんで代わりに一番ヒマそうだった林間先生が出る
    ことになったんでしゅ。テレビ局の人は直前まで国崎先生が出ると思って
    たみたいでしゅが」
マサオ「おいおい大丈夫か、『1000万円の夢』のフリップにモザイク掛けられて
    るぞ。音声は『ピー』で加工してあるし、どんな夢を語ったんだ?」
コヴァ「あんまり想像したくないでしゅね…」

392 :どうやって予選を通過したのか?続き:2009/04/14(火) 21:00:11 ID:WuLwrMDW
コヴァ「2問目でライフライン使う人初めて見たでしゅ。よく教師になれたもんでしゅ」

もんた「制限時間は30秒です、落ち着いて伝えてください」
林間「いくぞ!大化の改新は何年?794年、645年、710年、1192年、どれだ!!1!」
千葉「2問目でそんな問題が出るなんて何かの陰謀なんじゃよー!」
真保「まあまあ、僕の新作でも見て気を落ち着けて。テレビに出ると思って大きなパネルに引き伸ばした
   んだよ。大迫力の4歳児の美だよ」

コヴァ「なんかヤな予感するでしゅ、兄ちゃん、テレビ消すでしゅ!」
コヴァがテレビを消すと同時に同じ番組を見ていた近所の家々から悲鳴が上がり、救急車やパトカーが慌しく道を行き交った。
そして木場家の台所に設置してあった市の防災無線が緊急放送を流し始めた。

メグミ「お兄ちゃん、怖いよ!」
コヴァ「大丈夫、兄ちゃんたちがついてるでしゅ。しかしえらいことになったでしゅにょ…」

393 :どうやって予選を通過したのか?完結編:2009/04/18(土) 15:12:04 ID:ILBgjuUc




こうして、ブジテレビ空前絶後の放送事故は起こってしまった。

なお、この映像はようつべやニヤ動においても即座に削除されるという
危険度200%の映像として日本国民の脳裏に焼き付けられた。

真保トシヤはブジテレビから訴訟を起こされ、被害者団が結成され多額の
負債を負った。そして、児童ポルノ法の改正案が前向きに検討され始めた。

…それがまさかあんな事件につながるとは誰も思わなかった。
しかし、その事件について語るにはまた別の時に話そう。

394 :名無しかましてよかですか?:2009/04/19(日) 09:39:56 ID:eu6i1lb9

つぎはまほが主役か楽しみだ

395 :名無しかましてよかですか?:2009/04/21(火) 22:06:07 ID:ptXKJZzr
真面目な話林間の家は神戸市の福祉関係の部署や民生委員の監視下に
ありそうだよな

396 :名無しかましてよかですか?:2009/04/23(木) 22:27:45 ID:v/4gk8ZK
林間先生をこの板で見かけてはや4年
こっちは来年就職なのに三大汚物どもときたら


397 :名無しかましてよかですか?:2009/04/25(土) 19:47:30 ID:1G42rjMA
担任の子供無事出産で悶絶死しそうな
嫉妬戦士 林間カヅフサ の続編希望

398 :嫉妬の戦死 林間カヅフサ:2009/04/25(土) 20:18:58 ID:SIaO2jSG
いつもの海武学園
林間「よっしゃー今日は大東亜戦争の真実について」
鳥坂「オッサン、何でパンツアニメのプリントを」
林間「うるさいうるさいアレはパンツじゃなくてズボンなんだよかんしゃくおこす!1!!!」
シゲル「マジキチ…」
コヴァ「そういえば何で今日はニッキョーソいないんでしゅかね?」
林間「さあな!とうとう真実をこの知識人で文化人で分泌業の私に知らされるのが怖くて逃げだしたんじゃないかな!」
コヴァ「それだけはないですにょ」
林間「うっせーこのアンチコヴァめ!オレのことを裏切ってよくものうのうと生きてられるよなこの恥知らず!1!!」
コヴァ「恥知らずでいいですにょ。ボクチンも最近林間センセー見てて昔の自分が恥ずかしくなってきたですつ」
林間「なんだとーかんしゃくおこすーーーーー!1!!11」
生徒「そういえば今日は国崎先生は病院行ってるんだよな」
生徒のある一言に食いつく林間
林間「えっ、病院?そうかそうかとうとうあの基地外日教組も病院送りか」
生徒「違うよ今日はサユリさんの出産…」
そこまで言いかけてクラスの空気が凍りつく
シゲル「ま、マズい!」
林間「しゅ、出産だとおおおおおおおおお。あの反日主義者で実は在日のペ雅人に」
コヴァ「ボクチンもそこまでは考え付かなかったですにょ」
林間「子供が生まれるだとおおおおおおおおおおおおおおおお!1!!!」
そして
林間「今から病院行ってくる!今日は自習!よーし先生生まれた子をそのまま(中略)肉じゃが!!!!」

鳥坂「マジキチやな。おいシゲル、ねーちんに電話」
シゲル「それは大丈夫。もう病院で張ってるみたい」
コヴァ「うおう、それはきっと芳樹君対策でしゅね」
二人「芳樹って?」

399 :嫉妬の戦死 林間カヅフサ:2009/04/25(土) 20:19:41 ID:SIaO2jSG
コヴァ「サユリさんの弟で、ニッキョーソの義弟で処女厨でシスコンの愛国者ですにょ」
鳥坂「…もうやだ自称愛国者って」
シゲル「たぶん、コヴァの周りだけそんななんだよ。多分」

某病院
じりじりと病院の玄関を固めるマッシブな男たちを見つめる絵にかいたようなデブヲタ…。
担任の義弟で、医大中退ニート・芳樹だ。姉の結婚及び中古化で生きる希望を失い数年に渡ってひきこもって
いたが、姉の出産と聞いていてもたってもいられず病院へとやってきたが…。病院の玄関は松沢軍団軍団員が
化けた頼もしい警備員によって厳重に警備されている。
芳樹「ちくしょう。今から姉さんの子どもを育てて姉さんそっくりに育って…くぱぁ」
随分見ない間にすごく立派なHENTAIお兄さんに育っていた模様。そこに芳樹に負けず劣らずのHENTAIが
林間「あのクソ雌腹から生まれた子がレイプ魔に育つように呪いをかけるぜええええええ」
火炎放射機を持っていたらまとめて汚物は消毒したくなりますが、その二人の汚物の邂逅…
林間「ええと確か国崎サユリとか」
芳樹「えっ、国崎サユリって」
林間「なんだ貴様もあの男の嫁に用事があるのか」
芳樹「国崎サユリは僕の姉さんです。僕がやさしく(中略)するはずだったのにあの国崎とかいうクソ男が」
林間「そうだな。国崎はクソ男だ。だからあの(中略)肉じゃが」
そして対決
芳樹「ね、姉さんになんてことをするんだかんしゃくおこす!1!!!」
林間「うるせえ!1!!なんだ貴様もシスコンか。シスコンはクズしかいないよな吉田とかいう屑とか」
芳樹「姉さんを馬鹿にするなああ」
林間「うるせえしねええええええ」
そこに
「どうしたんだい?」
二人「うっせーなすっこんでろ」
振り返ると頼もしい松沢軍団が

GOODLUCK 林間&芳樹

400 :名無しかましてよかですか?:2009/05/03(日) 03:28:22 ID:JLbwdbmx
age

401 :名無しかましてよかですか?:2009/05/06(水) 09:26:54 ID:E/bfOyko
三バカの連休中の過ごし方を
リクエスト

402 :デンパたちのGW:2009/05/08(金) 19:49:10 ID:BM5QbSpD
5月1日
コヴァ「明日から連休でしゅね、今年の連休は5連休でしゅから結構嬉しいですにょ」
鳥坂「そやなー、俺も久しぶりに大阪でゆっくりできるわ。
コヴァ、お前は爺さんの故郷の山梨に帰るんやろ?吉田は帰らへんのか?」
吉田「まぁな…中学時代の友達にも会いたいけど、帰ったら帰ったで
実家でどんな不愉快なことが起きるのか予想できるからな…」
鳥坂「同情するでぇ」
肝井「あのねー、ボクはねー」
コヴァ「キモいのは黙ってろですにょ」
コヴァは背後に立った肝井に裏拳をぶちかました。
肝井「ぶしゃああああああ、いじめだーーーーー!!もう許さない、ここでウンコを…」
鳥坂「だーーーーーっ!!やめろやめろ!!わかった、話を聞いてやるから!!!」
肝井「ぶしゃぶしゃぶしゃ、どうしてもボクの予定を聞きたい?」
吉田「話さないのなら帰れ」
肝井「あっ、ウンコが出そう」
吉田「ぜひあなたのお話を聞かせてください、肝井君!!」
肝井「ぶしゃあああああ、キモオタの癖にボクと対等と思っちゃだめ!
最初からボクにうやうやしくする態度をとってればいいんだよ。
ボクの予定は…
2日 ぬちゃそねろで情弱に対する啓蒙活動
3日 秋葉原でキモオタの監視活動
4日 長編漫画「デスノート:キモオタ絶滅計画」執筆
5日 ニヤ動で愛国動画の支援
6日 鍵ゲーで一日中涙を流す
だよっ☆」
吉田「うわぁ…」
コヴァ「ま、連休の過ごし方なんて人それぞれでしゅからね。
奴もこれが最高の休暇のすごし方なんでしょ。これで満足したなら、さっさと帰れですつ」
千葉「わ、わ、わしの予定も聞いて欲しいのじゃよー」
吉田「ジバク…ま、予想はつくが」

403 :デンパたちのGW:2009/05/08(金) 19:50:23 ID:BM5QbSpD
千葉「わしの予定は…
2日 ネットで愛国活動
3日 ブサヨの憲法集会に乗り込んで一刀両断
4日〜6日 ネットで愛国活動
じゃよー」
鳥坂「まぁ…ジバクらしいっちゃ、ジバクらしい」
吉田「3日の予定に犯罪のにおいが…」
コヴァ「千葉隊長はチキンでしゅから、せいぜい集会の参加者を
睨みつけるのがやっとだとはおもいましゅけどね…多分」
真保「俺の予定も聞いて(ry」
コヴァ「どうせ5日間ずっとフラスペを描くかネットでソニーを罵倒するとかでしょ」
真保「…お前、人の心が読めるのか?だが、ただフラスペを描くだけじゃないぞ」
コヴァ「なんかするんでしゅか?」
真保「俺は今、長編漫画を描いている。その名も『センズリマン』だ!」
コヴァ「アカチン茸から餅を飛ばす男が主役でしゅか?」
真保「違う!!4歳の幼女を(ryする内容だ!!」
吉田「うへ、きめぇ」
林間「お、俺の予定(ry」
鳥坂「いきなりなんやねん、おっさん」
林間「聞きたくなくても発表するぞ!!1!!!
2日 彼女と一緒に潮干狩り
3日 改憲派の人たちに幸せの波動を、護憲派のヒトモドキに不幸の波動を送る活動
4日 仲間たちと語り合う
5日 こどもの日なので、妊婦を(ry肉じゃが糸こんにゃく!1!!!!
6日 バルキリーの新作(ry
だ!11!!どうだ!1!!!完璧だろう!!1!!!」
吉田「どうコメントすればよいのやら…」
コヴァ「突っ込みどころ満載ですにょ」
鳥坂「このおっさんはなんでこう、ばれるような嘘ばかりつくんだろうか…」
林間「負け惜しみ乙111!!リア充の俺の連休予定がそんなにうらやましいか、
くやしいのうwwwwwwwwくやしいのうwwwwwwwwwww」

404 :デンパたちのGW:2009/05/08(金) 19:51:48 ID:BM5QbSpD
コヴァ「林間先生がリア充?」
鳥坂「ま、自分でリア充だと宣言するのは自由やから」
林間「お前たちはその知的障害を病んだ頭でなんとしても俺をぼっちのヒキヲタだと
思い込まないと正気を保てないようだが、俺はこの通り、彼女も仲間もいる!!!1!
ざまぁwwwwwwww俺こそまさに真のリア充!11!!!」
コヴァ「林間先生ってよく彼女がいるって主張するけど、実際に彼女がいたのは
1度だけでしゅよね。(12代目スレの>>372-376参照)」
吉田「恥子か…もう思い出したくもないな…」
鳥坂「おっさん、仲間って何の仲間だよwネットでもリアルでも村八分状態なのにw」
林間「だまれだまれだまれ!!11!!お前ら俺に彼女や友人がいるだけで
必死になりすぎなんだよ!1!!!!非リア充乙!!11!!!」
鳥坂「そんじゃあ、前回彼女さんとデートしたときに何してたんですか?」
林間「そ、それは…映画館にいってだな!!1!!うん、確か見た映画は
『ハロー・ポッターの開かず番の看守』だ、間違いない!!」
コヴァ「先生〜、それは5年位前の作品ですにょ」
林間「わ、悪いな!!どうやら勘違いしていたようだ!!
俺が見たのは6作目の『フェニックスの傭兵団』だった!!これは間違いないぞ!11!!」
鳥坂「アホ。フェニックスの傭兵団は5作目や。おまけに、それ2年位前の公開やで」
林間「うるせーぞ低脳!11!!!人間誰にだって間違いはあるダロガ!1!!!!
それにな、2年前の公開って言ってるが、俺が行った映画館は古い映画を
見せてくれるところなんだよ!1!!!そんな映画館の存在を知らないなんて、
お前らってとことんリア充とかけ離れた人生を送ってるんだな!11!!!
勝ったのでこれで失礼する!1!1!!」

さて、4人の実際の連休はどんなものになったかというと…
林間…1日夕方に妊婦に(ryしようとして逮捕
肝井…3日に秋葉原で見つけたかわいい子をストーカーして逮捕
千葉…3日の集会ではコヴァの予想通り、参加者を睨みつける事しかできなかった
真保…コヴァの予想通りの5日間を送った
                                    (おしまい)

405 :とうとう一線を越えた模様:2009/05/08(金) 22:43:52 ID:0xsz+5Qx
日本製「性暴力ゲーム」欧米で販売中止、人権団体が抗議活動
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090507-00001111-yom-soci

肝井「ブシャア、これだからキモヲタは」
シゲル「はいはいそんなもんやんねそんなもんやんね」
肝井「ブッシャーーン、この嘘つきキモヲタが」
シゲル「だからソレはオレが一般論を普通の人の立場から言っただけで」
肝井「ちがう!ボクのような泣けるゲームが好きなのが一般人…」
コヴァ「でも18禁のシール貼ってありますにょ」
肝井「とか言ってボクのやる一般向けは」
鳥坂「どっちもかわらんどっちもかわらん」
肝井「ブブブブッシャアアアアアアア」
そこに
林間「おい、貴様ら。昼間っから学校でエロゲの話か」
コヴァ「林間センセーに言われたくないですにょ」
シゲル「それよりこれ、センセーにとっても他人事じゃあ」
林間「なになに、レイプ、妊娠、中絶、肉じゃが、パンツじゃないから恥ずかしくないもん…」

何か林間の中でスイッチが入りました。

林間「おお」
鳥坂「どうしたん?」
林間「おおおおおおおおおお」
シゲル「おい?一体どうしたんだ林間!」
林間「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
ぼぼぼぼぼぼくくくくくのののおおおおおおおおおヴァルキリーたんがああああああああああああああああ」
そういうと林間は駈け出した。

406 :とうとう一線を越えた模様:2009/05/08(金) 22:50:17 ID:0xsz+5Qx
コヴァ「…どうしたんでしゅかね?」
その時、シゲルがあることに気付いた。
シゲル「マズい!」
鳥坂「シゲル一体…まさか」
シゲル「あいつ…」
シゲルは慌てて携帯を取り出し姉の元に連絡した。早く、林間を止めなければとてつもないまずいことになる。

某所、某国際的人権団体の前
林間は拡声器を持ち立っていた。そして
林間「…」

悲劇は起こってしまった。
このとき、松沢軍団のハイエースが首都高の渋滞に巻き込まれていなかったら…歴史は変わっていただろうと
とある歴史家は後に振り返った。

この第二のライシャワー事件と言われた国際的スキャンダルをきっかけに、ローゼン政権は児童ポルノ法の
規制強化を表明した。そして、与野党問わず全ての政治家が何故か一致団結し児童ポルノ法の規制強化が行われた。

これもまた、ある事件への一里塚であった。
すべてが、ある方向に押し流されようとしていた。

407 :名無しかましてよかですか?:2009/05/09(土) 23:41:19 ID:NbY0kFvJ
林間「オ、オレは知らんぞ!そんな国際問題になりかけている『レイプレイ』
なんてゲームは知らんしやったこともない!ただ、ゲームなのだからプレイする
自由は最大限認められるべきだよかんしゃくおこす!1!!1」

シゲル「先生…(生暖かく見守る目)」
コヴァ「…もう少し考えてほしいですにょ…」
鳥坂「もうだめかもしれんね」

408 :名無しかましてよかですか?:2009/05/21(木) 20:18:42 ID:zZE/5Kmr
よもや神戸と八王子であんなことが起きるとは…

おまけに東急田園都市線沿線はティキが昔すんでいたらしいし

409 :名無しかましてよかですか?:2009/05/23(土) 09:42:59 ID:4chhx/Xa
パンツじゃないモン林間センセー&赤パンティ守本センセー

比良方市立某中学校出身二大変態の爆誕であった…

410 :名無しかましてよかですか?:2009/05/23(土) 19:56:29 ID:4chhx/Xa
そしてピーポ君に連行

411 :名無しかましてよかですか?:2009/05/24(日) 03:45:50 ID:OOSvk4hP
おいこら赤パンツを持ってくるなwwwwwwwwwwwwww.


412 :名無しかましてよかですか?:2009/05/27(水) 21:17:43 ID:fypgAvB0
黒い家じゃないが民生委員やお節介な学界のオバチャンや市の福祉課の
職員に襲いかかる傍ら、やってきた警察官に対しては

「こいつらは反日勢力の共産党員だからとっとと捕まえろ!1!!」

なんて神戸市の片隅の一軒家でパパンとママンの元にパラサイトして
生活する林間カヅフサさん(35歳)の様子がありありと想像できるんだが

413 :名無しかましてよかですか?:2009/06/06(土) 16:17:21 ID:fgmYnFWN
林間「…そ、そんな…愛国者なのに…」
林間はただ立ち尽くしている。

コヴァ「林間センセー…」
ポンとコヴァの肩に手を置く担任
担任「…ほっといてやれ」

理由は…
いわなくても分かるよねw

414 :名無しかましてよかですか?:2009/06/06(土) 17:54:53 ID:Ui98SjC1
>>413
相変わらず鳥坂への恨み骨髄のレスに混じって、今回の小林のイイワケを大絶賛してたから、
案外ダメージはすくないやもしれん。

415 :コヴァの若大将:2009/06/09(火) 19:39:59 ID:ReH/rC51
コヴァ3兄妹が自宅の居間でテレビを見ていると、
いつになく深刻な顔をした両親が家族会議を招集した。

コヴァパパ
「マサヲ、ヒロシ、メグミ、おまえたちに黙っていたが、
 実はおまえたちにはマサクモという弟がいるんだ…」
コヴァ
「パパ!それは一体どういうことでしゅ!?」


つづく

416 :木場ヒロシ大学編外伝:2009/06/10(水) 20:55:15 ID:eDIaL4fM
※この話はコヴァが高校在学中に一般人に戻れなかったというパラレルワールドが舞台です。ご了承ください。

大学卒業後、人材派遣会社に勤めていた吉村タクヤは心安らかな日々を送っていた。
彼は、忙しい社会人になった今でも、大学時代の思い出を毎日のように思い出す。
その思い出のほとんどに関係してくるのが、手間のかかる子だったアイツ…
今、彼はどうしているのだろうか?とりあえず、彼は1,2回生ごろの荒れた生活が原因で
卒業が延びることは判明していた。彼とは、4回生の卒業式直前に、卒業祝いと称して
飯をおごってもらったのが最後である。その後も、律儀に実家のほうに年賀状を送ってくれてはいるのだが、
近況報告などは何もしないため、今、彼がどんな状況にあるかはわからない。
在学中に某SNSにも入会させたのだが、日記はどうでもいいことばかりで、今の彼は伝わってこない。
携帯電話のメモリーには彼の携帯番号がまだ残っている。そうだ、今日あたり電話してみっか、タクヤはそう思った。

そしてタクヤがその日の仕事を終え、自宅に帰り、ビールを飲んでいると、不意に電話が鳴った。
タクヤ「もしもし」
コヴァ「あっ、タクヤ君、久しぶりでしゅね、コヴァですにょ」
タクヤ「おーっ、コヴァかよ、ちょうど良かった。おれもお前と連絡を取ろうと思ってたんだよ。
どうしたんだ?」
コヴァ「ボク、ようやく来年からタクヤ君と同じ身分になりますにょ」
タクヤ「おっ、就職決まったのか!?やったじゃねーか!…で、どこよ?」
コヴァ「凹凸印刷って言う会社ですにょ。」
タクヤ「ほー、印刷会社か。凹凸印刷ってどっかで聞いたことがあるな」
コヴァ「国内最大手の印刷会社だそうですにょ。」
タクヤ「マジか!おまえ、本当にツイてるよ、いや、すげー実力があったんだなー
いやー、なんか自分のことみたいですげーうれしい気分になってきたよ。そうだ!
コヴァ、今週末あいてるか?よかったら飲みに行こうぜ。俺のおごりでな」
コヴァ「いいんでしゅか?」
タクヤ「俺はリーマンですよ?飯の一食や二食はたいしたことないわ」
コヴァ「わー、ありがとうですにょ。それじゃあ楽しみにしてますからね」

417 :木場ヒロシ大学編外伝:2009/06/10(水) 20:57:34 ID:eDIaL4fM
そして週末、都内某所
タクヤ「え…と…コヴァだよな…」
コヴァ「そうですにょ」
タクヤはコヴァの変わりように驚いていた。コヴァがあれから結構痩せていたのもそうだが、
見た感じがぜんぜん違っていた。コヴァには失礼だが、彼は小汚い、いわゆるキモヲタの
典型的外見の持ち主だったが、今の彼はおしゃれとはいわなくとも、
かなり清潔感のある外見となっていた。
タクヤ「人は変わるもんなんだな…」
タクヤはコヴァを焼肉屋に招待することにした。そして、焼肉屋に向かう最中、一人の男が話しかけてきた。
肝井「ブシャーーーーン!!木場君元気ぃ?あっちゃんだよにぱ〜☆」
タクヤ「あっ、お前!」(詳しくは8代目スレ>>16-20>>111-115を参照)
数年前に比べると、横幅が何回りか大きくはなっているが、それはまさしく肝井であった。
コヴァ「肝井…最近見かけなくなって安心してたのに、またストーカーをしてるんでしゅか、
いい加減にしてくださいですつ!」
タクヤ「ストーカーって…」
コヴァ「あの退学騒動のしばらく後からずっとずっとストーカーをしてくるんですにょ。
こいつ、実家にまで押しかけてきやがって…」
肝井「ちがうよ!ボクはストーカーなんかしてない。君に謝ってほしいだけなんだ。
さぁ、木場君、ここであったが100年目、今こそボクに謝罪しろ!!!」
コヴァ「あのでしゅねー、ボクは何度もお前に謝ったでしょうが。鍵エロゲのことは。」
肝井「ブシャーーーン!!鍵はエロゲじゃないと何度言ったらわかるんだ!!
鍵は日本が誇る文芸作品であり、能や狂言、人形浄瑠璃などのように伝統芸能として後世に残すべき(ry」
タクヤ「相変わらず物凄いキ○ガイだな、お前の旧友は」
コヴァ「こんな奴、最初から友人じゃないですにょ!それよりもさっさとここから離れましょうにょ」
肝井は下を向いて何かブツブツ言っていたが、コヴァたちは肝井を無視してどこかへいってしまった。
肝井が我に返ると、コヴァたちはどこにもいなかった。より狂乱した肝井は、その場で脱糞した。

418 :木場ヒロシ大学編外伝:2009/06/10(水) 21:00:14 ID:eDIaL4fM
それから、タクヤとコヴァは焼肉屋で楽しく談笑した。
タクヤ「コヴァがまだ大学生なんで実感は無いけど、俺達ってもう若くないなぁ…」
コヴァ「そうでしゅね。そういえば、タクヤ君、あの彼女とはまだ付き合ってるんでしゅか?」
タクヤ「まーね。そのうち、彼女と結婚することになるだろうから、そん時は来てくれよな」
コヴァ「勿論ですにょ。…そろそろ出ましゅか」
タクヤ「ああ」
そして、店の外へ出たコヴァとタクヤ。
タクヤ「仕事はつらいことも多いが、やりがいのある事も多いぞ。頑張れよな。」
コヴァ「ええ、ボクは今までの遅れを取り戻すためにバリバリ働きますにょ。」
二人はそう言葉を交わした後、別れた。

さて、一方その頃松沢病院では…
松沢軍団「この部屋に入ってろ!」
肝井「ブシャアアアアアア!僕に命令するな…あっ!」
部屋の中にいたのは肝井も見慣れた3人。
林間「肉じゃが!肉じゃが!糸こんにゃく!!11!!」
千葉「わしは日本国大元帥陛下であり、その責務はチョソを地上から抹殺ブツブツ…」
真保「世界で最も尊いのは私と4歳の女の子でゆえに私には4歳の女の子を賞味する権利がブツブツ…」
肝井「また林間先生と千葉君と真保君だーー!かまってーかまってーにぱぱぱぱぱ〜っ☆」
                                                   (おしまい)

419 :名無しかましてよかですか?:2009/06/17(水) 19:19:21 ID:jaInX7WS
http://backnumber.dailynews.yahoo.co.jp/?b=7&t=d&c=entertainment

林間センセ涙目w

420 :名無しかましてよかですか?:2009/07/01(水) 20:34:11 ID:M+1bMer8
sage

421 :名無しかましてよかですか?:2009/07/19(日) 20:59:24 ID:dbMq7C/t
保守。
最近ネタが書き込まれないのは、もはや作品に出てくる
コヴァ達を遥かに凌駕する紳士様達が現れたからでしょうかね・・・。

見えない敵と戦う+民のガイドライン ★9
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/gline/1247826517/

このスレとか見てると紳士様達とは別の意味で
「日本終了かも」と思ってしまいます。

422 :名無しかましてよかですか?:2009/07/20(月) 12:34:28 ID:7K2dRCPk
>>421
だって、三大電波のうち林間先生は元ネタの情報がほとんど入ってこないし、
キモ味もジバクもネタになるような行動をしないし(せいぜいキモ味の
「社会人なら大抵、友人はいないはず!!」があるくらい)、
そりゃ過疎化もひどくなるよな…

423 :名無しかましてよかですか?:2009/07/24(金) 11:36:17 ID:aptQOsa1
7月18日
林間「父ちゃーん、母ちゃーん、あなたの息子が帰ってきましたよーん!!」
林間母「か、カヅフサ!!ど、どしたの、まさか教師をクビに…」
林間「違うよ、今日から3連休だろ?だから帰ってきたんだよ。ママー、オムライス作って」
林間母「ほっ」
林間父「カヅフサ、悪いが帰ってくれんか」
林間「えっ」
林間父「お前が家におるとな、お前が無職になって帰ってきたと勘違いされてまたご近所で
陰口を叩かれるやろうが。わしはおまえを息子として愛しとるけどな、これ以上母ちゃんが
近所のおばはん連中の陰口におびえる姿は見たくないんや。ほら、これやるから、
今日は帰ってまたお盆に来い。」
林間父は財布から5万円を取って林間に差し出した。
林間「うっ…うっ…ひどいや父ちゃん、俺より世間体のほうが大事なのかよ、もういい!!1!!
もう二度とこの家に帰るもんか、わーーーーーーん!!!111!!」
林間は父の5万円をひったくるように受け取ると、なきながら外に出て行った。
林間父「許せカヅフサ…」
林間母「あんた…もっと別の帰し方があったやろうが!」
林間父「母ちゃん、わしはさっきも言ったようにカヅフサを息子として」
林間母「あんな大声で泣き叫びながら外に出てかれたら、ご近所でうわさされるやないの!」
林間父「あっ…!」
林間母の指摘で林間父は取り返しのつかないことをしてしまったと認識したが、すでに後の祭りだった。
林間父が窓を開けると、近所のおばさんの話し声が聞こえてきた。
「奥はん、さっきの奇声聞いた?あれ、林間はん所の息子はんやで」
「あの子また帰ってきたのかしら…ほんま怖いわ」
窓を閉めた林間父は泣いた。

424 :名無しかましてよかですか?:2009/07/24(金) 11:38:06 ID:aptQOsa1
さて、実家を飛び出した林間は愛車で比良方市の市内を走っていた。そして、腹が減ったので
コンビニで弁当を買おうと思い、近くのファミマ(正式名称:ファミコンマート)に車を止め、入店した。
すると店内で林間の好み一直線の北欧系の女性店員が変な男に絡まれているではないか。
林間(あいつを追っ払えればリアルヴァルキリーたんにお近づきになれる!!)
林間はポークビッツがギンギンになるのを感じつつ、店員に食って掛かる男に話しかけた。
林間「おう、おっさん、いい加減にしろよ、お姉ちゃんが困ってるだろうが」
男「何やお前は!!ファミマの社員か!!」
林間「い、いや、ただの一般市民だけど…それよりおじさん、
店のお姉ちゃんが困ってるから、絡むのはやめなさい」
男「うるさい!!お前にわしの心がわかるか!!ここの店長をやっとるファミマの社員は糞や!!
よくもわしを不採用に…」
林間「不採用?コンビニの店員になろうとして落とされたの?」
男「ああ、そうや。ここの店長はわしを落とした見る目の無い糞や。」
店員「だからと言って私に絡まれては困ります」
林間「そうだろそうだろ。まぁおっさん、落ち着きなさい。」
男「だまれ!!!食いghgfhjrghjrg98rgjg9j0れgj!!!」
その時、外からこの店の店長が帰ってきた。
店長「あっ!お前!!またうちの店員に絡んでたのか!!何やお前は!!こいつの仲間か!!」
林間「いや、俺は無関係!全くの無関係です!」
男「おう、帰ってきたな人非人!!」
店長「やかましい!お前のせいでうちの売り上げがいくら下がったと思っとるんや!!」
男「お前のような男が店長を務めとる店など潰れて当然や!!」
店長「お前が方々にばら撒いた怪文書ののせいでな、俺は今日も大阪の本部で釈明に追われたんや!!」
林間「怪文書?」
店長「そうなんですよ。この馬鹿、わかってるだけで、市内の真宗のお寺や神社やセブンイレブンさんや
ローソンさんなどの店舗のオーナーさん宛てに怪文書を郵送してましてな。」
男「ほかにも皇太子殿下にもお送りしたぞ!!」
店長「おまけにこいつ、比良方周辺のネカフェを渡り歩いてぬちゃそねろに私の実名を書いて
職場の同僚と一緒に犯罪者扱いですわ。」
林間「うわぁ…」

425 :名無しかましてよかですか?:2009/07/24(金) 11:39:54 ID:aptQOsa1
男の所業にドン引きする林間だが、彼自身も東京で吉田たちや担任とのやり取りを自分に
都合よく改変した上でその怪文書をいろんなマスコミに送りつけているのだから、
つくづく自分には大甘な男である。
店長「パナ何とかをクビになってうちのバイトの面接に来たんですが、落とされてからというものの、
毎日何回かうちの店にやってきてはこうやって店員に絡んでくるんですわ。」
林間「雇ってあげてもよかったんじゃ…」
店長「とんでもない!!このおっさん、面接の場で時給は3000円とか、めちゃくちゃなこと言いよりましてな。
おまけに面接の時点で統合失調症とわかるくらい、精神状態もやばく、とても採用なんかできませんわ。」
男「このくらいの給与は当たり前やろうが!わしはパナ何とかで設計をしとったんやで!!
それにわしは藤原氏に清和源氏、足利、武田、前田、徳川、さらにはパナ何とかの創業者、
松上幸之助の血もひいとる高貴な血筋の人間や。おまけにわしは皇太子殿下の友人であり、
警察、防衛省、全国の神社仏閣とつながりがある人間や、こんな店、わしがちょいと本気だせば
本社ごとつぶすことができるんや。わしの時給、3000円でも少ないくらいやで。
3000円で我慢したるっていってやってるのに、このクズ野郎は。もうええ、おのれとは話しができひん。」
男は携帯を取り出すと、電話をし始めた。
男「おう、わいや!石川や!!ここにファミマの店長がおるから捕まえにこいや。あと、ミンス党の手先が
きとるから、そいつも捕まえてくれや。あ?場所?ファミマの○○店や。五分以内に来いよ。」
電話を切った男は勝利を確信した顔で言った。
男「グワッハッハッハッハ!!これでおのれらもおしまいや。あとは塀の中でわしの人生を破壊したことを
反省するんやな。グワッハッハッハッハ!!」
まもなく、サイレンの音と共にパトカーが現れ、店内にポリスメンたちが入ってきた。そして…
警官「石川ヒサユキ!脅迫罪及び業務妨害罪及び(ryで逮捕する!」
男「馬鹿野郎!!おのれらが逮捕するのはわしの人生を破滅に追い込んだゴミクズ店長と
そこの日本滅亡をたくらむミンス党工作員やろうが!!!ふざけるな!!!!」

426 :名無しかましてよかですか?:2009/07/24(金) 11:40:36 ID:aptQOsa1
警官「はいはい、話は署の中で聞いてあげるからね。…ん?お前、林間カヅフサやないか?
確か今は東京で教員をしとるはずやが…なんでこっちへ帰ってきたんや?こいつも連れて行け!」
林間「ちょ、やめろーーーーーー!1!!!」

比良方警察署
刑事「そうやったんか、里帰りで帰ってきただけやったんか。そりゃ悪いことしたなー」
林間「人をいきなり犯罪者扱いしやがって!!11!!どうしてくれるんだ!!11!!」
刑事「だっておまえがこの町にいた頃はよう中宮病院のお世話になっとったからなー、
さらに、お前が東京に移ってからもうちの署に松沢病院からお前を拘束したとの報告が頻繁に入っとったし、
さらに現場にお前が石川のアホと一緒におったから、何かしでかしたんやないかと思ったんや。
お詫びに今、カツ丼を出前したから、飯でも食ってけや。お詫びのしるしや」
林間「う…ん…まぁ、今日は穏便にしましょう。」
出前の兄ちゃん「ちわーす、恵比寿軒でーす。カツ丼お持ちしましたー!!」

一方その頃、隣の取調室では
男「警察はわしの味方のはずやろうが!!何でわしを逮捕するんや!!お前、覚えておけよ、
ここの署長はわしとはツーカーの仲やからな!!お前を路頭に迷わすくらいどってことないんやで、わしは!」
刑事「はいはい、ぬちゃそねろにコテハンを襲うとか書いたりしたことは認めるんですね?」
男「正義の為に行動して何が悪い!!さてはお前もミンス党の…」
刑事「全然話がかみあわねぇ…こりゃ、栃木の吉田病院に入れるしかないか?」
                                                            おしまい

427 :名無しかましてよかですか?:2009/07/31(金) 09:53:04 ID:1TiTdrz+
林間の実家は星飛雄馬の家みたいに柱に「父ちゃんのバカ」とか書いてあるのだろうか

428 :名無しかましてよかですか?:2009/07/31(金) 20:07:05 ID:AyNAEE92
部屋の壁に赤パンツさんのような地獄曼荼羅があってもいいかもしれん。

429 :名無しかましてよかですか?:2009/08/09(日) 08:10:07 ID:Bx/4BFKu
中央林間
林間田園都市
りんかんサンライン
特急りんかん



他に何がある?

430 :名無しかましてよかですか?:2009/08/28(金) 22:51:22 ID:4gn+rpgY
選挙二日前保守。

431 :名無しかましてよかですか?:2009/08/29(土) 19:13:44 ID:h9I00aIv
KOVA17歳メンバーの夏休み

コヴァ…遅れた勉強を取り戻そうと意外と規則正しい生活
林間…みんす党圧勝予想にヘブン状態のまま生活
真保…保守系集会に参加しナンパしようとして失敗→病院送り
守本…裁判が怖くて布団ダイブしながら2chに書き込む
千葉…知らない間にしやわせ実現党と行動をともに

担任…子育てに追われる日々

免下…靖国神社を見張っていました。

鳥坂&月宮…大阪に帰省

吉田姉&シゲル…地元でしやわせ実現党と公職選挙法に触れない範囲でバトル生活
         どうやら因縁があるらしい

432 :高校編ふたたび:2009/08/30(日) 10:06:50 ID:W1qXYVx3
担任は夏休みをエンジョイしていた

担任「ふぅ・・・実家では、ひさびさに休めたなあ。
    さて今日は選挙でも行って来るか」
そこへ見慣れたデブが一匹通りかかる
コヴァ「日教組!いい朝でありんす!」
担任「あれ?(夜型で引きこもりの)オマエ
    こんな早朝の11時からどこいくの?」
コヴァ「選挙に決まっておろうが!ニッキョーソーーーーーッ!」
みると、コヴァの右手には投票入場券の束が握られていた
担任に冷や汗が流れる
コヴァ「ニッキョーソ!反日の家庭からかっぱらってきたでござる!
   タロサの政党にいれて、ミンスを敗北させるでありんすw」

担任はコヴァを取り押さえると、投票用紙を奪還して各家庭に
謝罪に回った

433 :名無しかましてよかですか?:2009/09/02(水) 23:20:18 ID:E3IT0gNr
ヨシダ姉弟としあわせ実現党の因縁が気になる

434 :例の因縁:2009/09/03(木) 23:33:12 ID:rFI32K19
話は一寸さかのぼって夏休み前のこと
駅前でクソまじめそうなスーツ姿の男たちがアレなことを口走っている。
名前は

『しやわせ実現党』

シゲル「しやわせ実現党って……」
コヴァ「どうかしましたかね?さすがに珍風味のカルト政党はちょっと勘弁してほしいですにょ」
シゲル「いや、そうじゃなくて」
鳥坂「なんや、しやわせの化学と何かあったんか?」
シゲル「中の人を言うなw。いや、実はな、あそこの教祖の嫁がギョーザ出身なんだよ。んで、最初のころ
教祖をサポートした幹部クラスって大体こっちの方出身で」
鳥坂「そんで」
シゲル「時々あそこの教祖の御本が郵便ポストにポスティングされてたり、タクシードライバーから
『素晴らしい本ですよ』といきなり渡されたり、知り合いからいきなり郵送されてきたりするんだよ
ギョーザの場合……」
鳥坂「うっわコメントしずらっ」
コヴァ「あそこってそんなストレートな布教するんでしゅか」
シゲル「ああ、そこでまあいろいろ問題が起きて、そんときに県の当番精神科医をやってたのがウチの親父で
カーチャンの差し金もあって例のように例のようなことをやってたんだが……」
コヴァ「説明はいりましぇんが、ノウハウはあったんでしゅね」
シゲル「ああ、教祖様の御本を籠の下に仕掛けておくとか、美人な看護師をエサにハニートラップにひっかけるとか
大体コヴァ対策の基本は既に十年以上前に確立されていたんだが……」
シゲルはため息をついた。
シゲル「ある時、3K新聞の記者の信者がスネークしてきて、ウチの病院の内情をばらしたんだ」
二人「……」

435 :例の因縁:2009/09/03(木) 23:34:16 ID:rFI32K19
シゲル「結局それが元で親父は捕まって医師免許はく奪、婿養子だったからカーチャンの逆鱗に触れて今じゃ
あの広い家の前のある粗末なプレハブに独り暮らしだ。まあ、関連企業で総務やったりしているみたいだけどな」
二人「……」
シゲル「オレは幼稚園の頃だからあまり覚えてないけど、友達は少なくなった。東大に入ったばかりのきー姉や、
地元国立大の付属中に入ったもみじ姉ちゃんはショック受けてたみたいだけど」
二人「……」
シゲル「んでもって、その後731部隊帰りの爺さんが一時的に院長として復帰したんだけど、その後は基本的に
県からの天下りを受け入れてるような状態で、老人福祉施設としての経営に重点を置くようになっていろいろ
カーチャンとしては忸怩たる思いがあるみたいなんだよ」
コヴァ「…なんか、すごい話でしゅね」
鳥坂「うん、なんかコメントしずらい」
シゲル「つーことで……」
その時シゲルの携帯が鳴った。
シゲル「もしも…、あ、お母様!は、はい、はい、はい、はい、了解いたしました。キリコ姉さんも一緒にと
ええ、もう、はい、分かりました」
鳥坂「…なんや」
シゲルは直立不動で電話を受けている。そして、電話は終わったようだ。
コヴァ「どうしたんですかね?」
シゲル「カーチャンから話が来た。選挙期間前に入る前に、極力排除する方針だそうだ。県からも許可もらって
やるみたいで、人手が足りないからって」
鳥坂「ちょっと待て、なにするんだ一体」
コヴァ「そうでしゅよ。さすがに政党に対しては……」
シゲル「うん、オレもそう思うんだけど……。まあ、『また栃木か』ってぬちゃそで言われるようなところだから…」
鳥坂「関東一危険な場所扱いやったな、そういえば」

436 :名無しかましてよかですか?:2009/09/13(日) 23:03:45 ID:ixePLAWo
脱糞
抽出レス数:13

遺伝子で糞尿文化を記憶しているトンスラーらしいスレwww

437 :名無しかましてよかですか?:2009/09/22(火) 16:06:36 ID:MYZNEf0/
はいはいキモ味キモ味

438 :逮捕直前記念・さよなら守本先生:2009/09/24(木) 18:23:16 ID:tzVtWD4w
コヴァ「シゲルくん、前から気になってたんでしゅが、どうして守本センセ〜は
    林間たちに負けないくらいアレなのに病院に入れられないんでしゅか?」
シゲル「それはな、以前センセ〜がストーカー騒ぎを起こして警察からウチに連
    れて来られたことがあったんだけど、その時『バカなの、すっごいバカ
    なの。でも刑事責任は問えるの』って鑑定結果が出たんだ。度を越えた
    バカはアレな人との区別がつきにくいってことだな」

同じ頃、校舎の裏では…

守本「林間くん、そしてみんな、皆さんを男と見込んで頼みがあるですつ。僕珍が
   某イベント総統・括の午鳥ゐっきりとその配下のミリオタ集団、そしてエロ
   団と日夜戦っているのは周知の事実ですつ。その奴らが身の程知らずにも
   僕珍に公開討論会を挑んできたのですつ!」

439 :逮捕直前記念・さよなら守本先生:2009/09/25(金) 20:18:29 ID:xwBcc250
守本「奴らは僕珍に対して法的措置を行う前に公開の場で真意をただしたい
   などと言ってるのですつ!まったくレイヤーさんのケツを盗撮したく
   らいでイベントを出禁にするわ、仕返しにないことないこと言いふら
   して他のイベントを潰したり経営してる店を閉店に追い込んだりした
   程度のことで訴えるなんてケツの穴の小さい連中ですつ。そこで皆さん
   には僕珍と一緒に討論に参加して、僕珍の正しさを証明して欲しいのですつ!」

440 :名無しかましてよかですか?:2009/10/12(月) 21:26:46 ID:yeKtBvFW
sage

441 :>>438>>439の続きを勝手に書いてみた:2009/10/13(火) 22:01:08 ID:ZTcYPG9E
林間「守本先生!!1!1ボクも手伝わせてください!!1!!
ネット上で虐げられている者同士、手を合わせて戦おうではないですか!!!1!
千葉!11!!真保!1!!!!お前らも手伝ってくれるな!?」
千葉「OKなのじゃよー」
真保「おそらく守本先生を年単位で粘着して叩き続ける連中はフェミ女しかありえません。
女どもは自分が劣った生物である事を棚にあげ、男に嫉妬しているのです。
守本先生、ボクにお任せください。男の強さを見せ付けましょう。」
守本「ありがとうですつ!!僕珍、感激に堪えませぬ」
肝井「ぶっしゃああああ、ねーねーボクは?」
林間「お前は役立たずだからイラネ。家で鍵エロゲでもしてシコって寝てろ」
肝井「ぶぶぶぶぶっしゃあああああ!!!!ボクを仲間はずれにするなんてひどい!!
それに鍵ゲーはエロゲじゃ(ry、ボクを参加させないとここでウンコするよ!!」
林間「わかったわかった。その代わり俺たちの邪魔をしたら貴様の鍵エロゲを全てたたっ壊すぞ!」
肝井「うにゅ…わかったよ…」

そして公開討論会当日
ヲチャA「…それでは、守本さん逮捕直前記念公開討論会を行います!
守本さんの希望で助っ人の方が参加を申し出ておりますが、彼らの参加に異論のある方は
おられませんか?…ないようですね。それではただいまより討論を開始します!」

ヲチャの多くが事前に予測していた事だが、討論はあっさりと迷走した。
そもそも、守本の答弁は質問内容とかみ合わない事を言うばかり、林間らの援護答弁も
全く援護になってなかったり、時には、逆に守本に追い討ちをかけるような答弁になっていたり、
質問の鸚鵡返しをして話をそらそうとしたりと、もはや討論とはいえなかった。
そして、そのかみ合わない答弁のないようもネット上で言っている事の焼き直しばかりで
ヲチャたちを楽しませる要素は殆どなく、守本が口を開く度にヲチャたちは嫌な顔をする始末であった。

442 :>>438>>439の続きを勝手に書いてみた:2009/10/13(火) 22:03:06 ID:ZTcYPG9E
むしろ、彼らの興味は林間らに向かいつつあった。そもそも、守本の助っ人と言う時点で
まともな人間ではないという事はわかっていたが、彼らの答弁をきく度に、ぬちゃそねろなどで見かける
あの人物なのではないかという疑問が湧き、それは次第に確信に変わっていった。
ヲチャたちは色めきだった。そりゃそうだ。コヴァ板三大荒らしに視覚兵器製作者が相手である。
そのうち守本には質問が全く来なくなってしまった。守本は自分の勝利を確信した。

そして夕方
林間「いやー、今日も大勝利だったな11!!!
守本先生、ボク達がついている限り大丈夫ですからね!!!1!」
守本「ぶしゃあああああ!これからも君たちを頼りにしてますつ。これからもよろしくお願いするですつ」
謎の声「それは無理だな」
守本「だれですか!!」
振り向いた先には警察官と教頭が…
警察官「守本紳八、迷惑防止条例違反、業務妨害罪で逮捕する!!」
教頭「守本君、このような事になって残念だ。私どもが数年前に君を採用したとき、
これがきっかけで君が立派な社会人になる事を期待していたのだが…
残念だが、今日を持って君を解雇する。君が更生できなかったのは私の責任だ、許してくれ。」
守本「ちょ、ちょっとまってください!!これは何かの陰謀ですつ!!
あっ、わかった!!お前叩き団のエロ団だな!!は〜な〜せ〜!!!
り、林間先生、どこへ行くですか?ああ〜〜!!僕を置いてかないでぇ〜〜〜!!!」
                                          (おしまい)

443 :名無しかましてよかですか?:2009/10/22(木) 23:48:06 ID:o575teYY
あげ

444 :名無しかましてよかですか?:2009/10/24(土) 07:46:03 ID:3DPfhscm
>>438-442
ちょっと待て!!
「守本逮捕」ってどういう事?

なんで此処に来て、事態が大きく動いているんだ?

445 :名無しかましてよかですか?:2009/10/24(土) 14:38:05 ID:FNZTPkW8
牛島えっさい氏への威力業務妨害と名誉毀損、
takeru氏への名誉毀損、
a2z氏への偽計業務妨害と名誉毀損、
これらに対する告訴が受理され、捜査着手されたから

446 :名無しかましてよかですか?:2009/10/24(土) 18:45:17 ID:fzGYDuvk
ちなみにご自宅に私服刑事がいらっしゃってるので、多分そろそろ中島みゆきの
「世情」

447 :カヅテルホテル殺人事件:2009/10/31(土) 21:46:10 ID:JPL1d10n
※この話は所謂スターシステムを利用した話です。

雷雨交じりの雨が降るある日の事、カヅテルホテルの従業員、木場ヒロシは客室のシーツ換えのため、
エレベーターのボタンを押した。13階に止まっていたエレベーターが4階まで下りてきたところで、
一際激しい雷が落ち、ホテルの照明が全て落ちた。どうやら停電してしまったようだ。
停電は5分ほどで復旧し、エレベーターが1階まで降りて来た。
開いたエレベーターを見て彼は悲鳴を上げそうになった。若い女性が倒れている。
その若い女性は誰もが知る、現在売出し中の女優、菅間凛であった。
菅間凛はまだ息があるようだ。木場は急いで支配人の国崎雅人を呼んだ。

国崎が介抱すると、菅間凛はまもなく目を覚ました。
国崎「あっ、大丈夫ですか!」
菅間「あ…」
菅間凛は弱弱しく天井の非常口を指さした。
菅間「あの非常口から男が忍び込んで私の首を絞めてきたんです」
国崎「なんですって!?もし下手をすれば殺人事件になっていた…
ホテルとしてもこの事件を許すわけにはいかない、おい、木場、警察を呼べ!!」

通報から間も無く、近所の警察署から、部下を数人を引き連れた刑事が現れた。
「警視庁の『ヴァルキリー刑事』こと、林間カヅフサ巡査部長です。こいつらは私の部下の
『流血願望刑事』千葉ヒサユキ、『ロリコン刑事』真保トシヤ、『脱糞刑事』肝井味平」
千葉「千葉刑事なのじゃよー、犯人は全てわしが銃殺刑に処するのじゃよー」
真保「真保です。どうせマンコが腐った大人の女が被害者なんだから自己責任ということで
捜査をしなくてもよいと個人的には思っておりますが、まぁ、仕事なのでしょうがなくやってあげましょう。
ところで部長、人を捕まえてロリコンとは何ですか、ロリコンとは。私は女性の全盛期は4歳で、
後は劣化していくだけだと言っているだけではないですか。」
林間「うるせえ!!1!!ロリコンが嫌なら、今度からお前は『ペド刑事』にしてやる!11!!」

448 :カヅテルホテル殺人事件:2009/10/31(土) 21:48:18 ID:JPL1d10n
肝井「ブシャー、肝井味平巡査だよっ。犯人は毎日エロゲーばかりやってるキモオタに違いない!!」
林間「じゃあお前が犯人だな。真保、千葉、肝井を逮捕しろ」
肝井「ブシャー!!だったら部長も犯人じゃないですか!!このエロゲオタ!!だいたい、
二つ名の『ヴァルキリー刑事』も、エロゲーの(ry」
林間「お、俺は日夜正義のために頑張っている愛国者だからいいんだよ!!1!!
貴様は俺の趣味にもケチをつけるのか、この動く産業廃棄物が!!1!!」
国崎「あのー(大丈夫か?こいつら)」
林間「むっ、すまんすまん。それではまず、状況説明だが、エレベーターが停電で止まっている最中に
犯人の男が非常口からエレベーター内部に侵入し、女優の菅間凛さんを絞殺しようとした。
と言う事ですね?」
国崎「はい。私たちが発見したとき、菅間さんは窒息死しかけておりました。」
林間「犯人はどんな男でした?」
国崎「停電で真っ暗だったのでわからないと仰っております。ただ、息遣いと力強さで性別は男だと。」
林間「その後のホテルの人の出入りは?」
国崎「はい、お客様もホテル関係者も外出しないように言ってあります」
林間「そうですか…ということは、犯人はまだホテルの中にいると考えて相違ないですね。」
真保「部長、犯人がわかりました」
林間「…どうせ犯人は女と言い出すんだろ」
真保「いいですか、みなさん。犯罪と言うもの女性的なものです。つまり、この事件の犯人は女に違いない!!」
木場「…お前はいったい何を言っているんだ?」
林間「あいつのいつものパターンだ。」
真保「えーと、女、女はと…あっ、いた!あの人が犯人です!!」
菅間「あ、ああ…」
木場「お巡りさん、あの人は被害者ですにょ」
真保「で?女と言うものは4歳までは無垢ですが、それ以後は悪の心が次第に染み付いていくものです。
つまり、大人の女の心は完全に悪に支配されていると言う事です!!お分かりですか?」
林間「わかるかこのペド野郎!!11!」

449 :カヅテルホテル殺人事件:2009/10/31(土) 21:51:31 ID:JPL1d10n
真保「私のカンが言っている!!あんたが絶対に臭い!!」
菅間「あ…」
真保「私の鼻は誤魔化せませんよ、貴女はにおいます!!」
菅間「ああっ…」
菅間凛はそのまま気を失ってしまった。

捜査は続いたが、殆ど証拠の残らない事件のために捜査は難航し、さらに事あるごとに林間刑事や
その部下たちがアホな行動ばかりするため、事件は一向に解決の兆しが見えなかった。
そのうち、日が暮れたので林間刑事たちはホテルに泊まりこんで捜査する事となった。

林間「食事はまだかね?」
林間はフロントに電話をして食事を催促していた。
千葉「金髪スキー君、セレブたるもの、どっしり構えるべきなのじゃよー
食事の催促をするなんて貧民の証なのじゃよー」
林間「いいかね、あの女優と同じメニューだ、忘れるなよ」
肝井「ぶしゃ?どうして女優さんと同じメニューなの?」
林間「うむ、あの菅間凛という女優、このホテルに泊まると特別注文で、
ある料理を注文するという情報を苦労の末に聞き出したのだ」
肝井「で、どうして部長がその特別料理を食べるの?」
林間「決まってるだろ、女優が食うものだぞ、絶対高級料理に決まってる!!11!
俺だって高級料理を一回や二回食いたいんだよ!1!!!!」

間も無く、料理が運ばれてきた。林間は自分の特別料理を見たとき、目を疑った。
林間「何これ」
木場「香味野菜と芋の味噌スープでございますにょ。」
林間「ラッキョウ、サツマイモ、ニラ、ニンニク、ネギ…なんで納豆まで入れる」
千葉「いかにも臭そうなのじゃよー」
木場「菅間さんはこの料理が大好物で、うちに来たときは毎回これを食べるんですにょ。
それでは、失礼いたしますにょ。」
林間「…お前らのほうが美味しそうじゃないか。いいなぁ、そのステーキ」
3人はあっさりと林間の要求を拒否した。林間は涙を流しながら香味野菜と芋の味噌スープを食べた。
                                                  (後半へ続く)

450 :カヅテルホテル殺人事件:2009/11/02(月) 00:24:10 ID:YC+nQqQX
翌朝
真保「まだ雷の野郎が鳴ってやがる…いい加減にしてほしいな、こっちは寝不足だよ。
まぁいいや、みなさん、朝食を食べるために1階のレストランに向かいましょう。
…部長、どうなさいました?」
林間「うーん、何か腹の調子が…」
肝井「あんな刺激の強そうなものばかり食べたからだよ」
林間「まぁいいや、行こう」

4人はエレベーターに乗って1階のボタンを押した。エレベーターが4階まで降りてきた所で
停電でエレベーターが停止し、明かりも消えた。
真保「あれ?」
肝井「ぶしゃ?」
千葉「どうしたのじゃよ?さすがは三流ホテルなのじゃよー。
一流ホテルなら発電機を備えるはずなのに…おや?金髪スキー君、どうしたのじゃよ?」
林間「で…出る…」
肝井「なにが?」

次の瞬間、ブッという音と共に凄まじい臭いを発する気体が室内に充満した。
真保「ぎゃあああああああ、死ぬううううううう!!!」
千葉「ぐえええええええ、母ちゃん、助けてほしいのじゃよー!!!」
肝井「処女のまま死にたくないよブシャー!!」
林間「まだ諦めるな!!天井の非常口から脱出するんだ!!1!!」
だが、非常口を半分開けたところで4人はついに気を失ってしまった。
そして数分後、停電が復旧し、エレベーターは1階に降りてきた。
客「また殺人事件だ!!!」
客「今度は4人だぞ!!」
再び支配人の国崎が林間を介抱すると、林間は目を覚ました。
国崎「大丈夫ですか!!犯人は!?」
林間「は…犯人がわかりました…すみませんが後で私たちの部屋にいらしてください」

451 :カヅテルホテル殺人事件:2009/11/02(月) 00:25:32 ID:YC+nQqQX
林間たちの部屋
林間「国崎さん、ここだけの話ですが、私たちが推測した事件の真相はこうです。
事件前日の夜に大好物の香味野菜と芋の味噌スープを食べた菅間さんは翌日、ホテルを
チェックアウトする為にエレベーターに乗るが、折悪しく、途中でエレベーターが停止してしまった。
おまけに運の悪い事に催してきた彼女は我慢できずにあの凄まじい悪臭を放つ気体を
密室と化したエレベーターに発散させてしまい、遠ざかる意識の中、
何とか助かろうと非常口を開けようとしたが、その途中で力尽きてしまった。
停電が復旧すると、換気扇も動き出し、空気が入れ替わった。1階までエレベーターが降りてきた所で
木場さんが失神した彼女を発見、国崎さんの介抱で彼女は目を覚ますが、女性、それも女優という立場上、
まさか自分のおならで死に掛けたなんて絶対に言えず、天井の非常口が開いているのをいいことに、
襲われたととっさの嘘をついた。事件の原因が原因だけに、昨日、真保に『臭う』とか『臭い』とか
いわれた時は気を失いそうになるくらいショックだったのです。」
国崎「だからあんなに過剰反応だったんだ。」

そのとき、菅間凛が部屋に入ってきた。
菅間「み、皆さん…このことはどうかご内密に」
林間「わかってます。しばらくはマスコミとかも騒ぐかと思いますが、じっと耐えてください。
1ヶ月位すればそのうち話題にもしなくなると思いますから。こっちの方もなぁなぁにしときます。
真保、千葉、肝井、お前らもいいな」
千葉「わかったのじゃよー」
真保「ほら、やっぱりボクのいった通り女が」
林間は拳銃の銃口を真保の額に押し当ててドスの聞いた声で念を押した。
林間「わ・か・っ・た・な!!11!」
真保「は、はい!!」

452 :カヅテルホテル殺人事件:2009/11/02(月) 00:26:46 ID:YC+nQqQX
そして1階ロビー
肝井「菅間さん、おなら位気にすることはないよ」
菅間「!」
肝井「人間だもの、おならの一発や二発くらい恥ずかしい事はないよ」
菅間「!!!」
肝井「いくら女優といっても所詮は人間、おならもすればおしっこやウンコも…」
菅間「fgふぃじょgふぃじょいjggじごjげい!!!!!!」

肝井が奇声のした方向を振り向いたとき、全て手遅れだった。
菅間凛はどこから取り出したのか、包丁を手に、鬼の形相で彼に飛び掛っていた。

肝井「ぶ、ぶしゃあああああああああああああん!!!!」

林間「肝井は死んだ…空気を読めず、デリケートな女性心理を理解せず、
彼女の秘密を漏らしそうになったから殺されたのだ。
これがタイトルの「カヅテルホテル殺人事件」である。」
                                         (おしまい)

453 :名無しかましてよかですか?:2009/11/03(火) 12:15:56 ID:+z90d9zr
「1.2のアッホ」かよ!

454 : :2009/11/03(火) 16:06:53 ID:5v4IFWYX
シゲル「何故だろう…、キルミンずぅのネズミが他人とは思えねえ…」
コヴァ「…」
鳥坂「何も言ってやるな、何もな…」

455 :名無しかましてよかですか?:2009/11/03(火) 16:23:51 ID:6iySjMGO
>>453
よく元ネタがわかったなw

456 :453:2009/11/03(火) 16:36:39 ID:+z90d9zr
>>455
守本小蛆と同い年じゃ。
あの頃のジャンプは勢いがあった。


ついうかそのまんまのオチじゃん。キモがノロ和役で

457 :バーチャル総理になろう!:2009/11/17(火) 21:27:15 ID:EKjcQQ6p
元ネタ:檜山良昭『新・大逆転!太平洋戦争を阻止せよ』(1989年、光文社新書)

ある日の愛国サークル
林間「今日の活動だが、今日はゲームセンターへ行こう」
千葉「ゲーセンにたむろするDQNを射殺するのかじゃよ?」
肝井「いや、ちがうお!ritolbastaz! tha arked (注:Little Busters! the arcadeのスペル間違い)が…」
真保「何を言っているんだ、北へ。アーケードが」
林間「馬鹿野郎!1!!どれもちげーよ!!11!俺たちはゲームセンターに行き、
『総理の決断IV』をプレイすることとする!!!1!!」
肝井「なに?それ?エロゲー?エロゲーオタきんもー☆」
林間「自分の知らんものをなんでもかんでもエロゲに結び付けるエロゲ脳は黙ってろ。」
肝井「一般人かつ神であるボクが知らないものなんてエロゲー以外ありえないし!」

『総理の決断』、この世界ではそれなりに有名な政治シミュレーションゲームである。
プレイヤーは総理大臣となり、日本をより良い方向へと導いていく事がゲームの目的である。
第1作目は90年代後半にPSで発売され、約30万本のヒットを達成した。
それから2年後には1の問題点を解消した『総理の決断II』が発売、これも前作以上のヒットとなった。
それから3年半の月日を経て、2005年には1970年代を舞台に、巨大与党の派閥争いに主眼を置いた
『総理の決断III』がPS2で発売された。そして『III』から4年、シリーズを発売していたメーカーは
アーケードメーカーとして有名な某企業と経営統合し、その象徴として、『総理の決断IV』は、
今年2009年、アーケードゲームとして全国のゲームセンターで稼動開始したのである。

さて、その『総理の決断IV』は、まるで夢のような技術を用いて作られた事で話題になっている。
プレイヤーは、まずボックス型の筐体の中に入り、設置されているヘルメットをかぶる。
このヘルメットには脳波コントローラがついており、プレイヤーはボタン等を押さなくても、
考えるだけでコマンドを入力する事ができる。さらに、ゲームの情報は脳波コントローラを通じて
プレイヤーの脳へダイレクトで送信され、その結果、プレイヤーはゲームを現実と錯覚し、
その結果、プレイヤーはきわめてリアルなバーチャルの世界を体験できるようになるというものである。

458 :バーチャル総理になろう!:2009/11/17(火) 21:31:25 ID:EKjcQQ6p
また、ボックス筐体の内部は360度を強強度液晶モニターで覆われており、
ゲームの臨場感をさらに盛り上げてくれている。また、ボックスの外には外部観戦モニターが設置されており、
中の人がどういうプレイをしているのかボックスの外部から見ることができるようになっている。
本作のメーカーはこのゲーム筐体の特許を取り、このタイプのアーケードゲームを『総理の決断IV』以外にも、
恋愛シミュレーションゲームやシューティングゲームといったジャンルにも活用する計画を立てている。

さて、前置きが長くなったが、『総理の決断IV』は、第二次大戦の少し前、2・26事件直前の
1936年1月からゲームが始まる。プレイヤーは総理としてこの難局を切り抜けるのがゲームの目的である。
エンディングは総理の座を保ったまま、10年間総理を務める、つまり、1945年12月までゲームを進めるか、
戦争でソ連かアメリカに勝利することが勝利条件である。
プレイ内容は自由で、ひたすら戦争回避に努めるのもよし、戦争をしまくるのもよしと、自由度は高い。
ただし、かんたんにクリアされないよう、何もしないとあっさりゲームオーバーになってしまう。
ちなみに、プレイ時間が長い事と、子供にはあまりお勧めできない作品であるため、プレイ料金は500円である。

場所は変わり、エイトプリンス市内のゲームセンター『嵐』
林間「おお、これが『総理の決断IV』か。早速はじめようぜ。」
千葉「それじゃあ、トップバッターとして、まずわしが行くのじゃよ」
千葉はボックスの中に入り、中の座席に座り、脳波測定ヘルメットをかぶり、コイン投入口に
500円玉を投入した。薄暗く、機械的な室内が、明るく、威厳のある部屋に変わった。
間も無く、官房長官が入ってきた。官房長官はニダーのAAそっくりな顔の男だった。

ボックスの外で林間たちが話をしている。
肝井「ニダーそっくり」
林間「えーと、ここの説明書きによると、官房長官は今自分が一番支配したい人間になるようだ。」
真保「だからニダーなのか。」
実在の韓国人で無いのは、一度も本物の韓国人に会ったことが無いからだろうか。

459 :バーチャル総理になろう!:2009/11/17(火) 21:33:42 ID:EKjcQQ6p
千葉「ニダー官房長官、早速命令を下すのじゃよー。まずは半島と満州に絶滅収容所を作り、
チョソとチャソを頃しまくるのじゃよー。」
ニダー「了解しましたニダ。朝鮮総督府に朝鮮人の絶滅収容所の建設を命令しますニダ。
結果が出るまで、少々お待ちくださいニダ。…、…、…結果が出ましたニダ。
宇垣一成総督は総理の命令を拒否しましたニダ。満州国当局は総理の行動に激怒していまスミダ。」
千葉「なんじゃとー!!わしの崇高な理想が…ええい、次はカプリコ工場を作って
わしにジャイアントカプリコの安定供給がなされるようにするのじゃよー」
ニダー「カプリコって何ニカ?それよりも総理、一大事ニダ。天皇陛下がこの法案の提出に激怒しているニダ。
また、陸海軍も大臣の辞任をちらつかせて総理に揺さぶりをかけているニダ。
各植民地で大規模な反乱が起きたニダ。右翼と左翼がテロの準備を始めだしたニダ。
列強諸国が次々と抗議をしているニダ。中国がわが国にあなたの辞任を
要求とする最後通牒を突き付けたニダ。満州国の溥儀皇帝もこれに同調し、最後通牒を突きつけたニダ。
辞任しないと開戦になってしまいまスミダ。」
千葉「なんじゃとー!!戦争じゃよ!戦争するのじゃよ!!わしの望みがかなえられない世界なら、
もうこうなったらわし以外、みんな死んでしまうといいのじゃよー」
ニダー「かしこまりましたニダ…ん?」
その時だった、ドアが乱暴に蹴破られ、刀を持った軍人が千葉に斬りかかった。
軍人「全人類の敵、国賊千葉ヒサユキ覚悟ー!!!天誅ーーーーーー!!」
千葉「ミギャーーーー!!!」

GAME OVER
内閣総理大臣千葉ヒサユキ 昭和11年2月、若手将校により殺害される。

林間「さすが千葉だな、2分で終わったぞ。所詮は糖質の知的障害者だな!1!!!
師団長候補の俺なら2時間は持たせられる自信あるぜ!!1!!」
肝井「うぐぅ、次はボクがやるー!!」

460 :バーチャル総理になろう!:2009/11/17(火) 21:35:46 ID:EKjcQQ6p
肝井がボックスの中に入って間も無く、プレイ画面が映し出された。肝井の前に現れたのは、
肝井の好きなアニメだの鍵ゲーだののキャラを手当たりしだいミックスしたような少女である。
少女「内閣官房長官のハルヒ・アスカ・コナタ・高町です。ご命令をどうぞ」
肝井「ぶしゃああああ、理系たん、会いたかったお。抱きしめてあげるからこっちへ来て…」

林間「いきなりゲームと関係ないことはじめてるぞ」
千葉「しまった!!そういう手もあったのかじゃよ!?」

高町官房長官はプログラム的なその温かみの無い表情のまま顔色一つ変えずに言い放った。
高町「ご命令をどうぞ」
どうやらゲームと全然関係ない事を命令しても聞いてないことになるらしい。
肝井「ブシャ?ツンデレだなぁ、理系たんは。まぁいいや、ボクに物理を教えてよ!!」
肝井は総理の椅子から立ち上がると、うれしそうな顔で高町官房長官に近づいた。
高町「総理、ご命令をお願いします。」
官房長官は相変わらず機械的に言い放った。
肝井「君が来ないなら僕が抱きしめてあげる!!大好きだよ!!理系たん!!」
肝井は官房長官に飛び掛かり、彼女を押し倒した。次の瞬間、官房長官の姿がスッと消えた。
肝井「あれ?ボクの理系たんどこへ行ったの?」
その時、ノックも無しに部屋の中に人が入ってきた。
中に入ってきたのは、吉田、コヴァ、鳥坂にそっくりな警察官たち。
警官「警視庁の吉田です。肝井総理、あなたを婦女暴行の現行犯で逮捕いたします。」
肝井「ぶしゃ?吉田君、何で君たちが警察官なの?警察の任務はキモオタ=犯罪者を取り締まる事だろ!
キモオタの吉田君たちがなんで警察官になってるの!!?ふざけるなfjうぃfじぇfjwふぃ!!!」
鳥坂「あー、うるさいやっちゃな、わけのわからん事をいいおってからに。さっさと取り押さえちまえ」
コヴァ「了解ですにょ」
肝井「ぶ、ぶっしゃあああああああああん!!!!」

GAME OVER
内閣総理大臣肝井味平 昭和11年1月、婦女暴行の現行犯で警察に逮捕される。

461 :バーチャル総理になろう!:2009/11/17(火) 21:37:26 ID:EKjcQQ6p
林間「ぎゃはははははは!!!1!肝井の奴、命令一つも下すことなくゲームオーバーになりやがった!!
しかも婦女暴行で逮捕なんて、奴にふさわしい末路だぜ!!!腹いてーwwwww」
真保「よし、次は私だな」

意気揚々にボックス筐体の中に入る真保。次の瞬間、外部モニタにマホノコトリの顔が一瞬映し出されたかと思うと、
筐体が「バン!バン!」という破裂音を立てはじめ、筐体から煙が立ち昇り始めた。

林間「まずい!他人の振りをするぞ」

煙で充満したボックス筐体から出てきた真保は激怒した店員にそのまま奥へ連れ去られてしまった。

林間「まぁ、幸いにもこのゲームの筐体は3台ある。次は俺の番だが、こっちの筐体でプレイしよう。」
林間は隣のボックスの中に入ると、ヘルメットをかぶり、プレイ料金500円を投入した。
間も無く場面が総理大臣官邸に切り替わった。
                                                       (後半へ続く)

462 :名無しかましてよかですか?:2009/11/17(火) 21:52:54 ID:xnZJHaNO
これは期待

463 :評論家:2009/11/19(木) 02:16:59 ID:xG9F02na
しかし凄いな。このスレは。私念と妄想と被害者への誹謗で溢れている。
差別のオンパレードだ。このどこに公平さや紳士諸君を嗜める冷静さがあるというのだ?
作者自身の自己満足文字列にすぎず、まともな人間なら拒否反応を示すことだろう。

理系たんなるものへも、「考察:初期宇宙論にたいするトーラスにおける重力場モデルとその解釈」
と言った話題から入るはずであり、理系たんへの興味が俗物的なものに終わっている点が
理系たんをそこらへんの萌えキャラと同列に扱っているのが残念でならない。
ここを掘り下げて「知の欺瞞」をベースにした理系と文系との隔たりについても論じていただければ幸いである。

464 :バーチャル総理になろう!:2009/11/19(木) 18:51:06 ID:dM+a5T1r
林間内閣の官房長官は担任だった。
国崎「内閣官房長官の国崎雅人です。ご命令をお願いします。」
林間「おう、これから何年もしないうちに戦争だからな。原爆を作れ。核武装して国を守る」
国崎「げんばく…?とは何ですか」
林間「ちっ、核武装できないのかよ、クソゲーめ…命令変更。軍事費をじゃんじゃん増やせ。」
国崎「了解いたしました。結果が出ますまで少々お待ちください…、…、…、
総理、軍事費増大の影響で国民生活に影響が出ています。失業率が急上昇しております。
東北地方を中心に娘の身売りや欠食児童などの社会問題がますます深刻化しております。」
林間「あぁ?そんなの我慢しろよ。民族の独立の維持がかかってるんだぞ!?
お前はアメリカに負けてよいのか?このアメポチ野郎!!!1!!」
国崎「それでは、何も対策はしなくてもよいという事でよろしいでしょうか?」
林間「当たり前だ!!1!!アメリカを滅ぼすために我慢しない国民など、俺の日本にはいらん!!!1!!」
国崎「わかりました。…、…、…、総理の無策のせいで、陸軍がクーデターを企図しているようです。
重臣も倒閣を検討しております。対策をお願いいたします、総理」
林間「ちっ、しょうがねえな。失業者に手当てを支給しろ。未成年の子のいる家には児童手当だ。
さらに欠食児童対策に給食を無料化しろ。刑法を改正して人身売買を行う奴は徹底的に厳罰に処すようにしろ。
さらに公共事業を行って失業者を救済するぞ。さらに軍事産業に金をつぎ込め。」
国崎「財源が足りません」
林間「赤字国債を発行しろ」

こんな感じで林間内閣の政治は続いた。林間内閣の政策によって一時深刻な状態にあった国民生活は
落ち着きを取り戻しはじめ、日本軍は史実と比べ、随分と近代化の進んだ軍隊となった。
だが、昭和14年に入る頃にはあっという間に財政破綻が目前に迫ってしまった。
当たり前である。林間内閣の財政支出は毎月のコマンド入力と共にどんどん増加しており、
それでいて似たような政策をとっている現政権とは違って、減らそうという努力が全く見られなかった。

465 :バーチャル総理になろう!:2009/11/19(木) 18:52:19 ID:dM+a5T1r
追い詰められた林間は、ちょうどおり良く発生した日華事変の拡大をおおっぴらに認め、
朝鮮や中国の占領地域での搾取を強め、増収を図ろうとするが、これがきっかけで朝鮮では
朝鮮系日本兵を中心に反乱が発生、中国では住民の支援の下、国民党軍、共産党軍などが
激しくゲリラ攻撃を行い、列強諸国、とりわけ米国との関係が急激かつ極度に悪化していた。
昭和14年夏、林間内閣は完全にがけっぷちの状況にあった。

国崎「総理、今月も重臣、財界などから総理の辞任を求める意見が多数出されております。
議会からも政友会や民政党などから、今後総理の協力はしないという造反者が多数出ている模様です。
このままでは総理辞任、ゲームオーバーとなりますよ」
林間「むむむ…よし、こうなったら資源の豊かな南方を英蘭の魔の手から解放する!!
どうせそのうち植民地解放戦争はしなければならないんだ。今やろう!!
山本五十六海軍中将を連合艦隊司令長官に任じ、アメリカの真珠湾を奇襲させてくれ。」
国崎「了解いたしました。…、…、…、報告いたします。わが国は米、英、蘭の三カ国に宣戦を布告、
連合艦隊の空母部隊が真珠湾を奇襲し、敵に大打撃を与えました。また、陸軍がフィリピン諸島、
マレー半島に上陸を開始しました。ソ連がわが国に宣戦布告いたしました。」
林間「よしよし、うまくいっているようだな…何!?ソ連が宣戦布告だと!!1!!????」
国崎「はい。何を驚かれているのですか?わが国とソ連との間に同盟や不可侵条約等が存在しない以上、
こうなる可能性があることは予測可能だったはずですが。」
林間「し、しまった…不可侵条約を結ぶのをすっかり忘れてた…」

466 :バーチャル総理になろう!:2009/11/19(木) 18:54:43 ID:dM+a5T1r
結局、ソ連軍の予期せぬ参戦が仇となった。軍の近代化のおかげもあってか、史実より幾分少ない兵力でも
南方制圧には成功したものの、北方戦線ではソ連軍の人海戦術の前に日本軍は敗退を重ね、
他の戦線に投入されていた兵力を北方戦線に差し向けるも、その隙を突いた米軍に次々と
制圧した南方諸国を奪還され、さらに日本連合艦隊対米国太平洋艦隊の一大決戦であるマリアナ沖海戦では
よせばいいのに、林間が指揮を執ったものだから、日本軍は主力空母のみならず、多くの戦艦を沈められ、
1日にして連合艦隊を壊滅状態に陥らせてしまった。昭和15年が終わる頃には太平洋戦線では
日本軍はマリアナを失い、フィリピンに追い詰められ、北方戦線では遼東半島の関東州を
確保するのがやっと、朝鮮半島では全土をほぼ制圧され、済州島と鬱陵島のみが残された状態となった。
そして、朝鮮半島に急ごしらえで作った飛行場からソ連軍の爆撃機が連日北九州を空襲していた。
そして、この惨状に、日本の将来を憂いた重臣たちによるクーデターによって首相の座を追われ、
昭和16年1月、林間はついにゲームオーバーとなってしまったのである。

林間「んもーー!1!!!かんしゃくおこす、かんしゃくおこすーーーー!1!!!
俺は愛国者だぞ!!1!!愛国者なら、難易度をちったあヌルくしてくれてもいいだろ!1!!!!」
千葉「同意じゃよ。わしの願望を実現してくれないゲームなんてクソゲー!!」
肝井「そうだそうだ!!ボクは理系たんと愛し合いたかっただけなのに、何でキモオタに弾圧されるんだ!!
神はボクに現実のあの汚らわしいメス豚を愛せよとおっしゃられるのか!!」
その時、隣のボックス筐体からファンファーレが鳴った。ボックス筐体の周囲にいた10人の人たちが
歓声をあげた。どうやら、エンディングまで到達したらしい。
中から出てきたのは…コヴァだった。
吉田「コヴァ!!おめでとう!!すげーよお前!!」
鳥坂「ほんま驚いたわ!!終盤の怒涛の勢いは凄かったぞ」
コヴァ「どうもありがとうですにょ」

467 :バーチャル総理になろう!:2009/11/19(木) 18:56:28 ID:dM+a5T1r
林間「コヴァーーーーー!1!!!貴様何をしているかんしゃくおこすーーーーー!!!!1!
校則ではゲーセンには立ち入り禁止だろうがかんしゃくおこす!11!!!退学だ!1!!!!」
吉田「は?うちにはそんな校則ありませんけど?今作ったんですか?」
コヴァ「大体、後ろの二人は?ボクチンらが退学なら、キモいのやジバクも退学になると思いますがね。」
林間「黙れ!!1!!!禅譲の心の無い奴など、本校には必要ない!11!!」
鳥坂「謙譲だろ、おっさん」
林間「うるせえうるせえうるせえ!11!!!とにかくお前らは退学なんだよかんしゃくおこす!11!!!
今から教頭にお前らを退学にしてもらうように頼みに行くぜ!!1!!いぐううううぅぅぅぅぅぅ!1!!!!」

物凄い勢いで外へ飛び出した林間は勢いあまって車道に飛び出して車にはねられ、重傷を負った。
それから数ヵ月後、コヴァたち三人は春休みに吉田の家でこんなニュースを見た。

アナウンサー「脳波コントロールヘルメットを使用したアーケードゲームを遊んだ人の中に、
現実と仮想の区別がつかなくなる被害を受け、病院に運ばれていた人がいる事がわかりました。
(中略)こちら、都立松沢病院では現実と仮想の区別がつかなくなった人たち8人が入院しています。
テレビアサピーでは彼らの様子を取材いたしました。」

テレビに映し出されたのは、モザイクがかかっているが、それは明らかに林間たちであった。

468 :バーチャル総理になろう!:2009/11/19(木) 18:57:54 ID:dM+a5T1r
千葉「ミギャー!わしの拳銃が火を噴いて(ピー)と(ピー)を殺しまくるのじゃよー
バキューン、バキューン、ババババーン!!」
肝井「理系たん!!理系たん!!ボクの理系たん!!もっとボクを罵って!!
もっとボクをいじめて!!お願い!!もっと罵声を!!ぶしゃぶしゃぶしゃ」
真保「4歳の女の子!!4歳の女の子!!4歳の女の子!!」
林間「俺は首相だぞ!!!1!!ここから出せよかんしゃくおこす!11!!」

吉田「何だ、いつもの連中じゃねーか」
鳥坂「何て言うか、いつもの言動とたいして変わっとらんやないけ」
コヴァ「うーん、いつもの言動よりちょっとだけ狂気が増しているから、
病気にはなってるんじゃないでしゅかね
もっとも、一般人と比較したら全く変わってないも同然でしゅが」
                                             (おしまい)

469 :名無しかましてよかですか?:2009/11/19(木) 19:41:58 ID:1+Mxb6PI
何たる笑撃のエンディングww
…何はともあれ、長編乙!

470 :評論家:2009/11/19(木) 20:09:43 ID:U4lf2f3M
>肝井「理系たん!!理系たん!!ボクの理系たん!!もっとボクを罵って!!
>もっとボクをいじめて!!お願い!!もっと罵声を!!ぶしゃぶしゃぶしゃ」

まったく意味不明。‘理系たん’というのは秋葉系にはツンデレ属性と認識されているのか?
いつ、多次元宇宙モデルや量子重力モデル、ホログラフィック宇宙論についての話がでてくくるのか?
知性に裏打ちされた容姿端麗な存在こそが宇宙が生んだ奇跡であり、
宇宙の深遠を一晩でも語れるものこそ理系たんに相応しい。

この物語の作者は人類が織り成した知のハーモニー、ピタゴラス、デモクリトスから
ニュートン、オイラー、パスカル、ガウス、ガロア、マックスウェル、アインシュタイン、シュレディンガー、
ファインマン、ホーキングまでの科学の辿った道筋を学んで来い。
愛と知識が全てを凌駕し、神に至る道であると知れ。





471 :評論家:2009/11/19(木) 21:18:18 ID:U4lf2f3M
アルキメデス、パスカル、デカルト、ニーチェ、フーコー、カント、サルトル、フーコ、ポッパー・・・
優れた理系は優れた哲学者でもある。
ここの作者は理系たんの魅力を’萌え’などとわずか一語で語れると言うのか?
まさに愚昧であると言うほかなし。理系たんの魅力は果てしない無尽蔵な知にある。
その漆黒な長い髪こそ、深遠な知を宿す理系たんに相応しい。
二元論的に理系たんを語ることは人類の叡智、
つまり、人類が発祥して蓄積した知識体系に対する冒涜である。
人類は知識を探求し神と等しい存在にもなれる可能性を秘めているのに、
’萌え’などという個人的刹那的感情に身を委ね理系たんを評価するのは愚行でしかない。
万人受けを狙うなら作者のID:dM+a5T1rは少し頭を冷やして再考すべきだ。

472 :名無しかましてよかですか?:2009/11/20(金) 00:55:34 ID:f3oKgGBP
評論家の資格も能力もないハマゴミが
何かブシャブシャ言ってます


頭冷やすのはどう見てもハマゴミです。

473 :名無しかましてよかですか?:2009/11/23(月) 21:14:57 ID:kMbwL0nP
      _____    
   / ̄/      ̄ヽ        
  //  /         ヽ     
  ||| | -=・=-  -=・=- ヽ      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | .|| ||  `ー'(、●^●,)ー'   ヽ   / ぶしゃぶしゃぶしゃ、生活保護で生きている
 |  | ||    ノトェェイヽ     l  <  リアルのクソ女なんか氏んじゃえばいいのに
 |  | ||     ヽ`ー'ノ     /   \ 
  | i ゝ             /      \__________________
 / /∧|\___。つ._--  

    ビシィッ  / ̄ ̄ ̄ ̄\      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    / ̄\ ( 人____)    /  お前の元ネタも早かれ遅かれ将来は
  , ┤    ト|ミ/  ー◎-◎-)  /    申請しそうな気がするんでしゅが、
 |  \_/  ヽ    (_ _) ) <    それはいいんでしゅか?
 |   __( ̄ |∴ノ  3 ノ   \    それとも、キモ味はどんなに困窮しても
 |    __)_ノ ヽ     ノ | ̄|   \  生活保護など、一切受けずに餓死してくれるとでも?               
 ヽ___) ノ    ))憂国ヽ.|∩|    \__________


474 :名無しかましてよかですか?:2009/11/23(月) 21:23:08 ID:kMbwL0nP
       _____  
   / ̄/      ̄ヽ          ____________
  //  /. , ─ 、   , ─ 、       /キモ味は格差社会の犠牲者だからいいんだよ!!!
  | | | | i .● )  i..● )ヽ    /  あんなクソリアル女と一緒にするな!!!
  | .|| ||  `ー'(、●^●,)ー'   ヽ /    被害者のキモ味を叩く奴は人間じゃない!!!
 |  | ||     iuUuui.     l <    ついでに理系たんが存在する事を認めない奴は人間じゃない!!
 |  | ||    ´|,-v-、| `   /  \   理g路儀j路儀j路儀jごりjごりgjれおぎjろいgじ
  | i ゝヾ   ヽニニノ    /    \  憂いfhるぎhるぎhrgrhぐりhぐいghぷぎhrg
 //∧| \___。つ._--       \jr語彙j語彙jgろいgjろぎjろぎjろぎjrぎrg!!!!!
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    ビシィッ  / ̄ ̄ ̄ ̄\      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    / ̄\ ( 人____)    /  
  , ┤    ト|ミ/  ー◎-◎-)  /  
 |  \_/  ヽ    (_ _) ) <  …松沢でも呼ぶとしますにょ
 |   __( ̄ |∴ノ  3 ノ   \
 |    __)_ノ ヽ     ノ | ̄|   \                 
 ヽ___) ノ    ))憂国ヽ.|∩|    \__________

475 :怪人まほきゃす島:2009/11/24(火) 23:59:14 ID:OLw3P0tW
※これは所謂スターシステムを使った作品です。性格・口調等がいつもとかなり違うのでお気をつけ下さい
※元ネタ?消防の頃にちょっと読んだけどうろ覚えですが何か?つか多分無視するわ

帝都・東京
暗く闇が迫りつつあるというのに、人々は享楽の限りを尽くしていた。そんなどこかの時代に似た世界。

浅草のとある劇場
シゲル「ま、またか」
特高の吉田シゲルはまた膝をついて倒れ込んだ。
彼の目の前にはこの劇場で一番人気「だった」踊り子の「ようなもの」
マホツリ「ヒクンヒクンシャーヒクンヒクンシャー」
支配人の鳥坂は吉田を問い詰める。
鳥坂「これはどういうことでっか!ウチのトップスターのマツリが。何か、その、ええと、とりあえず
世間様に出せないような姿になっとるって!」
シゲル「こっちだって事前に警告文は特高から送っただろう。レビューの内容によっては『怪人・まほきゃすと』を
刺激するから自重しろと…」
鳥坂「そんなアホみたいなヤツのためにレビューの内容をつまらなくするなんて、芸人魂としてやって
られますかいな!しかも特高の命令だなんて…」
シゲル「…ほう、さっき何と言いましたか」
鳥坂「だから特高の命令に従う…あ」
鳥坂ヨシユキ、治安維持法違反および公務執行妨害で逮捕
シゲル「…全く、これだから芸能関係者は…ブツブツ」
そう言いながらシゲルは懐からペンダントを取り出した。ペンダントの中には一人の銀髪の美しい少女の写真
シゲル「…敵は、取るからな」
そしてマホツリを見ながらシゲルはペンダントを堅く固く握りしめる。

476 :怪人まほきゃす島:2009/11/24(火) 23:59:57 ID:OLw3P0tW
帝都の外れ、江古田村。そこに一軒の洋館があった。かかっている看板は「国崎探偵事務所」
コヴァ「うおう!大陸浪人崩れ!」
そこに小うるさく顔を出したのは警視庁殺人課の木場刑事だ。太っていて声がでかく、扉をすぐにばんばん
叩くのですぐに気がつく。
国崎「なんですか今日は朝早くから」
探偵・国崎雅人は玄関から顔を出した。いつも木場刑事からの連絡は朝早くなので慣れていると言えば慣れて
いるが…。いっつも仕事の内容が大変なのは何故だろう。O県の45人殺しとか
コヴァ「おお、今日は大陸浪人に仕事をやろうと思ってな」
国崎「またそれですか。いつもいつもめんどくさい仕事は私に投げてきていますよね」
コヴァ「おう。オレは国と家族のためを第一に考えているからな。ソレを考えると仕事の早いお前に任せるのが
一番だ」
国崎「…なんでいつも私なんですか」
コヴァ「ああん、大陸でアカと繋がりを持っているとも言われるお前を一流の探偵にまで引き上げてやったのは
どこの誰だと思ってる?」
国崎「分かりましたよ。ええ、分かりました。それで用件は」
コヴァ「うおう、そうだそうだ。用件はな…『怪人・まほきゃすと』って知ってるか国崎」
まほきゃすと、聞いたことのある名前だ。確か美しいダンサーや女給を中心に襲う暴行魔で、彼に襲われた
人間は二度と見ることが出来ない顔にされるという…。
コヴァ「それは表に出している情報だな。うん。」
国崎「表に出しているといいますと?」
コヴァ「まあ、いい。ちょうど円タクで来たんだ。このままその場所まで連れて行ってやる。勿論オレの
おごりでだ」
国崎は家の中に入ると、帽子と外套を身につけ、居留守役のリンに「ちょっと木場さんと出かけてくる」と
言付けをすると、コヴァと一緒に円タクに乗り込んだ。

477 :怪人まほきゃす島:2009/11/25(水) 00:01:13 ID:OLw3P0tW
帝都の外れ・松沢村・国立松沢脳病院
国崎「…木場さん」
コヴァ「おう?」
国崎「なんで脳病院なんですか」
コヴァ「だから表に出している情報とは違うと言っただろう」
木場は受付で警察手帳を見せ、メンゲレ氏に用件があると言った。
国崎「メンゲレ氏とは?」
コヴァ「よくは分からんがナチスドイツで人体について研究している医学者らしい。んで、患者のことに
ついてとても興味を持っているんだとよ」
そういうとコヴァはメンゲレの研究室を開けた。

そこは異形の巣だった。
「ヒクンヒクンシャーヒクンヒクンシャー」
「オニイチャン、コトリノコトスキ?」
「ウーン、マソコヌレテキタ」
「アケオメホーアケオメホー」
国崎「うっぷ」
コヴァ「洗面台はあっちだ。まあ殺人課で猟奇殺人には慣れているオレでも最初はきつかったからな」
国崎が胃の中身をはき出すと、一人の外国人が近づいてきた。
メンゲレ「ヘリリッチ(素晴らしい)。今日も又一人素晴らしい実験体が入ってきましたね」
国崎「グーテンモルゲン、ヘル・メンゲレ」
コヴァ「おお、お前ドイツ語も出来るのか。友好国の言葉が出来るのは素晴らしいな」
国崎「一応外語学校出てるんですよ。挨拶ぐらいできます」
コヴァ「そうか」
メンゲレ「おや、ヘル・コヴァ。今日のお客様は誰だね」
コヴァ「オレがよく仕事を頼む探偵の国崎だ」
メンゲレ「キミは我が母国の言葉を理解するようだねえ。少し気に入ったよ。」

478 :怪人まほきゃす島:2009/11/25(水) 00:02:37 ID:OLw3P0tW
国崎「…(少しって)」
国崎は何か引っかかるモノを感じながら会話を続ける。
国崎「ところで、この異形のモノ達は」
メンゲレ「これは、視覚兵器だ」
国崎「視覚兵器って…」
メンゲレ「国民の士気を挙げるような美しい女性達が見るも無惨なバケモノになる。これを兵器と言わず
何と言おうか」
メンゲレ「これを研究し、我が国に持ち帰り決戦へ持ち込めば…」
コヴァ「とまあそういうこった」
国崎「とまあそういうこったって意味が分からないんですが」
コヴァ「この博士が言うには、このバケモノ達は彼女たちを実際に変化させているのではなく、ある特殊な
脳波に作用してオレ達にバケモノに見せているらしい。だからここにいるんだよ」
国崎「と言うことは幻覚…」
コヴァ「まあ、そうだな。でも、こっちとしてはそれを打ち破る方法が分からない。…ここだけの話だが
軍の一部が動いて何かやってるって話もあるけどオレにはさっぱりだ」
国崎「じゃあどうしようもないじゃないですか。研究が進むまで」
コヴァ「それがそうでもない」
国崎「え?」
コヴァ「あいつは必ず犯行前に予告状を出す。必ず木曜日に翌日の犯行予定をな。そして名前も分かっている」
国崎「その名前は…」
コヴァ「怪人まほきゃすと、だ」
国崎「怪人まほきゃすと…」

479 :名無しかましてよかですか?:2009/12/05(土) 01:19:19 ID:uDvsjD9Z
sage

480 :名無しかましてよかですか?:2010/01/11(月) 21:26:42 ID:3EjJCTEB
sage

481 :名無しかましてよかですか?:2010/01/15(金) 12:49:31 ID:HvaKAQ2+
少し遅れたが、三大デムパの年末年始ネタをリクエスト

482 :それぞれのじっちゃん達の人生:2010/02/21(日) 09:43:14 ID:nTmGwNi4
コヴァの祖父:木場一成(こば・かずしげ 1926〜2003)
山梨県山梨町(現・山梨市)の出身。陸軍軍人の木場勝利の三男として誕生。
父・木場勝利は彼が2歳にも満たないときに山東出兵で戦死した。
小学校卒業後、兄の援助で中学校に進学、後に旧制高校を経て、
旧制東京高等師範学校(在学中に東京教育大学に改組。後の筑波大学)に進学、卒業。
卒業後は東京都の高校の教諭になる。とある都立高校教頭の時に定年を迎え、その後
さらに5年ほど近所の私立高校の教諭を務めた。ちなみに名前の由来は
父が尊敬していた軍人、宇垣一成にちなんだもの。教師としての教え子からの評価は、
「厳しい先生だったが、先生から教わった事が将来の役に立った」と肯定的に見る評価もあれば、
「教育勅語や歴代天皇の名前など、現代では役に立ちそうに無い知識を無理矢理覚えさせられた」と
否定的な評価を下す人もおり、評価は両極端に分かれる。

林間の祖父:林間克房(りんかん・かつふさ 1920〜1989)
大阪府大阪市出身。市内で複数の下宿屋、書店を営む林間克則の長男として誕生。
幼少時より大言壮語癖、虚言癖が目立ち、その為か、幼少時より友人が少なかった。
中学校中退後は十数年以上もブラブラ遊んで過ごす。この間、担任の祖父の国崎雅勝と出会う。
陸軍に志願するが、訓練についていけず、上官の木場勝之助少尉(当時)の判断で除隊させられる。
昭和36年に父が死去した事で父の家業を継ぐが、ほとんど社会経験の無い彼が行った事業は悉く失敗、
昭和42年には危機感を抱いた社員一同のクーデターで社長の座を追われる。後任の社長には
当時高校を卒業したばかりの息子・林間和良が就任するが、カツフサ時代の失策は林間書店に
致命的な損害を与えており、建て直しを不可能と見た和良は翌43年に林間書店を解散した。
平成元年、女子高生を性的暴行目的で襲おうとして返り討ちにあい、そのときの傷が元で2ヵ月後に死去。
孫のカヅフサには元陸軍大将、陸軍師団長、京都帝大法学部卒と経歴詐称を行っていた。

483 :それぞれのじっちゃん達の人生:2010/02/21(日) 09:44:16 ID:nTmGwNi4
担任の祖父:国崎雅勝(くにさき・まさかつ 1922〜1997)
山梨県甲府市出身。会社員の国崎雅晴の長男として誕生。中学校卒業後、
父親の勧めで大阪の官立外国語学校に進学。卒業後は満鉄に就職、その後、昭和18年に召集を受け、
准尉として木場勝之助大尉の副官を務める。猪突猛進な性格の木場大尉とはあまりソリがあわなかったらしい。
インパール作戦に参加するが、九死に一生を得て何とか生き延びた。
戦後は栃木県に引越し、県の公務員として勤務。退官後は住んでいた町の商工会長などを務め、
ちょっとした町の名士として知られていた。文才があったのか、後に「インパール死の彷徨」、
「満州国風土記」、「南満州鉄道株式会社」(全て民明書房刊)の3冊を執筆、出版している。
満州はお気に入りの土地だったらしく、日中国交樹立後は、数度にわたり同地を訪れている。

吉田の祖父:吉田観蔵(よしだ・かんぞう 1924〜2001)
栃木県ギョーザ市出身。内科医の吉田真蔵の五男として誕生。東大医学部卒業後、松沢病院に約20年勤務。
40代半ばの時に吉田精神病院を開院し、県下最大の精神病院として名を馳せるが、
吉田が幼小時の頃にある重大な事件を起こして逮捕、懲役2年の実刑判決を受ける。
逮捕後、院長職を吉田の母である一人娘に譲り、華厳の滝の近くの別荘で死ぬまで隠遁生活を送った。
なお、この別荘には頻繁に同病院の関係者が訪問しているのが目撃されており、
人望が厚い人物だったようである。

鳥坂の祖父:鳥坂一郎(とりさか・いちろう 1940〜1982)
大阪府大阪市出身。会社員の鳥坂慎太郎の長男として誕生。海武学園高等部卒業後、東大に進学するが、
学生生活の殆どを学生運動に捧げる。25歳の時に学生運動に見切りをつけて大学を中退、
それから数年間いろいろな職を転々とした後、鳥坂製作所を設立、代表取締役社長に就任する。
鳥坂製作所は直後に起きたオイルショック後の不況で倒産の危機にあうが、これを乗り越え、
磐石とまでは言えないまでも、そこそこ基盤のしっかりした企業に成長する。
しかし、これからという時に末期癌である事が発覚、弟に万事を託して没した。
山と谷のはっきりした波乱万丈の人生であったが、本人はおおよそ悩まない性格で、苦労性とは縁遠い性格であったという。

484 :それぞれのじっちゃん達の人生:2010/02/21(日) 09:46:07 ID:nTmGwNi4
真保の祖父:真保寛次郎(まほ・かんじろう 1933〜)
東京市浅草区(現・台東区浅草)出身。大工の真保嘉昭の次男として誕生するが、
昭和20年の東京大空襲で兄が死亡したため、事実上の長男として育てられる。
昭和40年代後半に大工集団である真保組を一番弟子に譲り、浅草にて真保不動産を設立。
バブル期にはかなり大規模な会社になったが、その後の平成大不況後は小規模の不動産会社に戻った。
平成20年、75歳の誕生日を迎えたのを契機に、真保父に後を譲って引退した。

千葉の祖父:千葉昭一(ちば・しょういち 1926〜1989)
東京市麹町区(現・千代田区麹町)出身。男爵千葉茂の四男として誕生。
昭和元年生まれだったので、昭一と命名された。戦時中に高校を休学して予科練に入る。
特攻隊員として戦死するはずだったが、出撃予定日の2日前に終戦を迎え、命拾いした。
戦後は実家が没落した事から、ごく普通のサラリーマンとして過ごした。
昭和64年、死去。奇しくも昭和改元の翌日に誕生し、昭和の終わる前日に亡くなった。
昭一の娘に当たる千葉ヒサユキの母は幼少時の千葉にしばしば祖父が華族の出身である事を話していたが、
どういうわけか、成長後、彼は自分をセレブだと思い込んでしまうようになってしまった…

肝井の祖父:肝井陳平(きもい・ちんぺい 1928〜)
長野県長野市出身。農家の肝井耕平の長男として誕生。県立農業学校卒業後、
農家兼地方公務員として人生を送る。あの肝井の祖父とは思えないほど勤勉な性格であり、
80を過ぎた今でも農作業を率先して行っている。怠惰で我侭な性格の孫・味平の将来を案じ、
何とか一般人レベルに矯正しようとしたことがあるが、これがかえって肝井味平の反発を買い、
なぜか肝井は公務員への尋常ではない憎悪を抱く事となった。なお、肝井味平の従兄弟に当たる
肝井良平(長男の子)や信濃川あずさ(長女の子)など、他の孫にとっては良き祖父である。
余談であるが、彼の妻も夫と一緒に肝井味平のDQNすぎる性格を矯正しようとしたが、
やはり夫同様反発を買い、肝井は祖母の出身地である大阪と現実の全女性に対し、蔑視思想を持つようになる。

485 :それぞれのじっちゃん達の人生:2010/02/21(日) 09:47:18 ID:nTmGwNi4
おまけ
コヴァの大伯父:木場勝之助(こば・かつのすけ 1917〜1944)
一成の長兄。小学校卒業後、地元の中学校に進学するが、翌年、戦死者の息子である自分なら、
学費は無料になると聞き、父の軍人遺族年金を少しでも浮かせるために東京の陸軍幼年学校に入学。
昭和14年、陸軍士官学校卒業。翌年、林間の祖父、カツフサの上官になった。
昭和19年、大尉の時にインパール作戦の途上にて戦死。享年26。
ちなみに、某辻ーん大佐や某無駄口将軍などのお気に入りだったらしい…

486 :名無しかましてよかですか?:2010/03/15(月) 20:17:46 ID:zXu1f1Yq

    ビシィッ  / ̄ ̄ ̄ ̄\      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    / ̄\ ( 人____)    /   うおっぽっぽおおおおおおおおお!!!!
  , ┤    ト|ミ/  ー◎-◎-)  /    元ネタ達が瀕死状態なせいか、放置されて久しいですにょ!
 |  \_/  ヽ    (_ _) ) <     あと、ドスパラでボクチンの公式グッズが販売開始されたから、
 |   __( ̄ |∴ノ  3 ノ   \    期末手当で忘れずにゲットするですにょ!
 |    __)_ノ ヽ     ノ | ̄|   \ http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1003/15/news033.html
 ヽ___) ノ    ))憂国ヽ.|∩|    \__________

    _  ――   _
  /           \        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /              |     /
 | /| /\ |\ |\    |    /    まぁあんな放蕩生活送ってりゃ、そりゃあ瀕死にもなるだろうよ、
 \|┿━ \| ┿━\   |  /      常識的に考えて。
   ┏━┓  ┏━┓ ⌒ヽ | <      てかその周辺機器、ただ名前が「KOVA」ってだけで、
   ┃  ┣━┫  ┃  .ノ.|   \     かつてここで猛威を振るってた「コヴァ」とは関係ないだろう…
   ┗━┛  ┗━┛ ┌' /    \   あと期末手当は退職する同僚への餞別や何やらで消えるから
   | ∪    ∪ ゛ //     \  別に使い道を心配する必要はないぞ(泣
   \       //         \__________________
     \ ▽ _/ ̄  


487 :林間の不愉快な休暇:2010/03/21(日) 12:58:21 ID:gWXuDJX2
春休み、林間は兵庫県東部のマウントササシティに向け、愛車のヴァルキリー号を走らせていた。
林間の祖父母に会いに行くためである。二人は共に90歳を超えているが、御健在で、
流石にだいぶ衰えてきたとはいえ、とても90歳以上には見えなかった。
林間はこの祖父母が大好きである。遊びに来たときには必ず小遣いをくれたし、
林間がガチニートだった頃でも、決して怒りはせず、優しい言葉をかけてくれた。
もっとも、娘である林間の母は一緒に暮らしてないからそういうことが言える、と愚痴っていたが。

そうこうしているうちに、マウントササシティ郊外の農村地域にある祖父母の家についた。
庭の畑では祖父母と同居している伯父が次のシーズンに向け、土いじりをしていた。
この伯父は数年前まで神戸で働いていたのだが、4年前に定年退職し、同年に末っ子が
大学を卒業して独立、長年連れ添ってきた妻の急な病死をきっかけに、神戸の家を
結婚していた長女に譲り、故郷に戻って両親の世話をしながら、この家の農業を一手に担っていた。
伯父「カヅじゃねーか、久しぶりだなー、おい」
林間「伯父さん、お久しぶりです。お爺ちゃんとお婆ちゃんは?」
伯父「居間でテレビでも見てるよ」

祖母「カヅちゃんじゃないの、久しぶりねぇ〜」
林間「お婆ちゃん、元気そうで何よりだよ」
祖父「おお、カヅ!元気にしてたか?小遣いやろうか?おっと、いけねえ、
お前はもう働いてるんだったな、グハハハハハハ!」
林間は小遣いがもらえなかったので、少しがっくりした。
祖父「それにしても、俺の見込んだとおりだったよ。お前はこうして東京の一流高校の
先生になれたんだからな、本当、お前は俺の自慢の孫だ」
林間「やだなぁ、爺ちゃん。高校教師なんてまだ次の段階へのステップに過ぎないよ。
ボクはその内分泌業に就いて日本を動かす大物になるんだから。」
祖父「分泌…?ああ、文筆業か。まぁ、頑張んな」
林間「ああ、そうだ、東京土産があるんだ。ちょっと待っててね」

488 :林間の不愉快な休暇:2010/03/21(日) 12:59:55 ID:gWXuDJX2
林間は車に戻ると、トランクを開けた。
そこには我が物顔で寝ている肝井と千葉の姿が!おまけに、お土産は全て食われていた。
林間「貴様らーーー!!1!!起きろーーー!1!!かんしゃくおこす!11!!」
肝井「むにゃむにゃ…あ、おはよー」
林間「おはよーじゃねえよ!!!1!この寄生虫!!1!!」
千葉「なんじゃよー、騒々しいのじゃよー…このど田舎はどこなのじゃよ?」
林間「ここは俺の祖父母の家だよ、お前らはいつもいつも俺の邪魔ばかりしやがって、
一体俺になんの恨みがあるんだ1!1!!!」
肝井「だってー、せっかくの春休みなのに、だれも遊んでくれないんだもん!」
千葉「金髪スキー君がチョソを討伐すると思ったから、嫌々ながらついてきてやったのにブツブツ…」
祖父「…カヅ、その子達は?」
林間「うちの教え子だよ。こいつら、いつの間にかトランクに入り込んで勝手についてきて、
おまけに爺ちゃん婆ちゃんのためのおみやげも食いやがってええええええっ!!11!」
祖父「まぁ、カヅ。若いうちはそういう無茶もしたくなるもんさ」
林間「爺ちゃん、そういう問題じゃないんだよっ!こいつらを甘く見てると痛い目に合うよ!!
爺ちゃんと婆ちゃんの寿命が確実に10年は縮んじゃうよ!!…とにかく、俺は駅に
こいつらを連れて行って東京へ送り返すから。」
祖母「まぁまぁ、カヅちゃん。どうせお爺ちゃんと私と伯父さんしかいないんだから、
二人くらいお客様が増えても大丈夫よ。」
林間「でも…」
肝井「ボク、肝井味平です。おじゃましまぁ〜す」
千葉「わしは千葉ヒサユキなのじゃよー。お邪魔するのじゃよー
(ここは地方愚民に真の日本人たる東京山の手民の余裕というものでも見せてやるのじゃよー)」
林間「ああっ、おい!!」
祖母「あら、もう夕方?今日はぼたん鍋にでもするかねぇ」

そして夕食の時間
祖母「美味しい?」
肝井「はい、美味しいです。長野の実家でも食べたことは無かったので…」
千葉「珍味なのじゃよー(野生の動物を食うとは、やはり地方愚民は蛮族であり日本人じゃないのじゃよー)」
林間(けっ、猫被りやがって…早いとここいつらを何とかしないと…こいつらが本性を表したら、
爺ちゃんと婆ちゃんの寿命が縮んじまうし、俺もこの家を出禁になる)

489 :林間の不愉快な休暇:2010/03/21(日) 13:01:22 ID:gWXuDJX2
祖父「うんうん。いい子だ。君たち、ここを自分の家だと思ってくつろいでもらっても構わんからね
春休み中、うちにいても構わんよ。もっともわしらは明日から1週間タイへ旅行にいくけど…」
肝井「どうもすみません」
伯父「その間の世話はわしとカヅでやるから、楽しんでな」

夕食を食べた林間たちはお風呂に入り、そして布団を敷いた部屋へ。そこへ灘の日本酒を持ってくる伯父さん。
伯父「カヅ。酒でも飲めや」
林間「えっ、でもボクは下戸で…」
伯父「理屈はいいからっ」
いつもはおとなしい伯父ではあるが、すでに出来上がってるのか、やけに強気である。
林間は差し出された酒をチビリチビリ飲んだ。
伯父「お前らも飲むか?ん?」
林間「伯父さん、こいつらはこう見えても高校生ですよ。酒を飲ませるのはちょっと」
伯父「うるせえ!ニート暦10年が偉そうに言うな!!1!」
伯父さんはそういうと、グラスに酒を注いだ。肝井はその酒をぐいっと飲んだ。
千葉はこれが上流階級の酒の飲み方だと主張したがっているような変な持ち方で酒を飲んだ。
林間「あああ、飲みやがった!!ここにいるのが俺じゃなきゃ退学だぞ退学!!!!1」
千葉「ゴホッ、ゴホッ(やはり日本酒は貧民が飲む酒なのじゃよー。わしのようなセレブは
ワインやぶどう酒やスコッチやウィスキーで決まりなのじゃよー)」
(作者注:千葉はワインとぶどう酒、スコッチとウィスキーを別種の酒と誤解している。)
肝井「ふーっ、美味しいお酒ですね」
伯父「おっ、肝井君は味がわかるのか?」
肝井「実家に帰った時たまにおじいさんの酒を飲んでますので」
林間「この不良め」
肝井「チッチッチッ、林間先生頭が古いね、高校生でも酒を呑むのは当たり前だよ。」
林間「そういうことじゃねえ!教師が目の前にいるのに堂々と飲むなあああああっ!!11!」

490 :林間の不愉快な休暇:2010/03/21(日) 13:02:50 ID:gWXuDJX2
それから20分後…
肝井「ヒック」
肝井は不意に立ち上がると、ズボンに手をかけた。林間は反射的に肝井の後頭部を強く殴った。
肝井「あいとわ」
肝井は気絶した。
伯父「カヅ!!お前なんてことするんだ!!11!」
林間「こいつ今ウンコしようとしたんですよ」
伯父「は?何言ってんだお前」
林間「こいつはね、興奮したり嫌なことがあると、すぐにその場でウンコしようとするんですよ」
伯父「何馬鹿なこと言ってんだお前は、この子はそんな非常識な子じゃないだろ」
林間「伯父さんはこいつの本性を知らないからそう言えるんです!!こいつはね、とことんわがままで自己中で
自堕落で極度なエゴイストで幼稚園児より世間を知らない昆虫レベルの馬鹿なんですよ!!11!」
殆どが林間にも当てはまることだが、自分のことは棚にあげて肝井の欠点を挙げる林間。
伯父「お前…教え子をそういう風に貶めるなんて、教師として失格だぞ!!1!!!」
林間「貶めてない!!1!!本当にそういう奴なんです!1!!!」
伯父「お前、もう帰れ!!11!!当分お前の顔は見たくない!1!!!」
林間「ええ、帰りますとも!1!!!!」
伯父「おお、帰れ帰れ。ただし、肝井君と千葉君はうちでしばらく過ごしてもらうよ。世話は俺がする」
林間「そいつらの毒で伯父さんの寿命が縮まらなきゃいいですけどね11!!!!」
林間はそう言うと、激怒しながら車に乗り、東京へ帰ってしまった。
肝井達はそれから1週間ほどして帰ってきた。

二人が帰ってきた日の晩、林間の元に胃潰瘍で伯父が入院したとタイから帰国したばかりの祖母から電話があった。
伯父は病床でなんども「俺が悪かった。カヅの言ったとおりだった。カヅには悪いことをした。」と言ったという。
                                                             (おしまい)

491 :名無しかましてよかですか?:2010/03/22(月) 06:22:59 ID:lMZSFjTl
林間が帰った後なにがあったかは想像したくないな・・・つうか林間せんせい飲酒運転で捕まらなかったのかな?


492 :楽しい実験シリーズ:2010/03/25(木) 12:38:42 ID:baYTfPKA
帝都電力中央研究所にて

キリコ「今から実験を始めたいと思います」
ヘルメットをかぶり壇上に立った彼女が連れてきたのは

真保「四歳児ー四歳児ー、汚れ無き四歳児とヒクンヒクンシャーあけおめー」
林間「肉じゃがー、妊娠−、いぐぐううううううううう」
守本「ボクチンにょぅじょの局部をみせろおおおおおおお」

アグネスを今すぐ呼んでくるべきの淫獣3頭

重役「…一体この変質者達で何が出来るの言うのかね」
研究者「全く、我々をバカにしにきたのかね吉田君」
キリコ「いえ、違います。今から実験をするのはデムパの性欲を電力に変えることに成功した認証実験です」
技術者「そりゃあまあデムパというか変質者かもしれないけど…」
重役「そんなことできるのかね」
キリコ「軍団の皆さん。セットお願いします」
と、御神輿状態で彼女が発明したという発電装置に繋がれる淫獣3頭

守本「ょぅじょの局部ぅぅぅぅぅぅぅぅ」
林間「ザーメンタンクのヴァルキリィィィィィィ」
真保「四歳児のすじぃぃぃぃぃぃぃ」

そして、セットが済むと、キリコは3匹の前で服を脱ぎ始め、胸をさらけ出してみた。

三匹「えうrhjyt89yj5rtyj54ちぃpr、y5えyr6,いっy8い、うywつf4h54うj4」

493 :楽しい実験シリーズ:2010/03/25(木) 12:40:57 ID:baYTfPKA
その瞬間
どーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん
雷鳴
松沢軍団「瞬間的に約100万kw発電達成!その後も安定して40万kw以上の発電量を継続しています」
松沢軍団「発電量を安定させるためにご禁制のエロ本を投入フェイズに移行します。余剰電力は充電器へ充電しております」

服を再び着たキリコ
キリコ「と言うことで実験段階ですがデムパ力発電の実験でした。この発電なら本人の性欲を電力に変える、いわゆるオルゴンエネルギーを
利用しており、性犯罪の抑止および、若年層における雇用問題の解決にも繋がると考えられます。また、本人が生き続ける限り半永久的に
発電が可能というメリットも…」

プレゼンを続けようとしたとき、一人の松沢軍団が異変に気づく
松沢軍団「こ、これは」
松沢軍団「まさか、数値が異常を」
松沢軍団「今まで実験室ではエロ同人誌やエロ漫画を与えていたのに、今日は三次のおっぱいと局部をみせたから…」
三匹「うぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

どっかーーーーーーん

研究所、大爆発

松沢軍団
キリコ「シクシク、シクシク」
免下「…どうしたんだ…」
月宮「帝都電力の研究所吹っ飛ばして、例の装置売り込むどころか出入り禁止になったらしい…アホやな」
キリコ「アホとか言わないで下さいぃぃぃぃ」
ちなみに三匹は研究所が半分吹っ飛んでも元気でした。

494 :名無しかましてよかですか?:2010/04/19(月) 12:57:52 ID:x6wUNUFE
例の事件の後のカヅヨシさんとテルコさんを思うと…

495 :名無しかましてよかですか?:2010/04/22(木) 08:27:55 ID:NQezqHDQ
>636 :公認もぬ監視所:更新チェーツク! ◆aZNxA.MASM :2010/04/22(木) 07:01:01 ID:XRYPD/FV0
>あばらや 更新ーっ problem.html
>自分x4
>----8<---以下引用----8<---
>+ ただ特に日本の文化には神道の文化もあるわけで(実は自分も母方の母方とか傍系をずっと辿ると神社だったりするのだ
>が)。神と通じる「巫女」は必ず処女だと昔から決まっているし、「源氏物語」の紫の上の話(自分は登場キャラでは紫の
>上が一番源氏には合ってると思ったのだが)もあるし、「少女」に対して聖性や純粋さを見いだす価値観や暗黙のモラルが
>昔からある国なんだというのが、ある意味日本文化の「取り得」だったわけだよね。
>- ただ特に日本の文化には神道の文化もあるわけで(実は自分も母方の母方とか傍系ずっとたどると神社だったりするのだ
>が)。神と通じる「巫女」は必ず処女だと昔から決まっているし、「源氏物語」の紫の上の話(自分は登場キャラでは紫の
>上が一番源氏には合ってると思ったのだが)もあるし、「少女」に対して聖性や純粋さを見いだす価値観や暗黙のモラルが
>昔からある国なんだというのが、ある意味日本文化の「取り得」だったわけだよね

小蛆さんが木場ヒロシになったようですつ

496 :フェミのフォビア:2010/04/22(木) 18:03:24 ID:xSLLiHIj
ある日の朝
担任「今日も雨かぁ…」
その時、担任の携帯からワルキューレの騎行が流れた。担任は着信音の個別設定を駆使して音だけで誰からかを
判別できるようにしていた。例えば、教頭の場合は「ゴッドファーザー愛のテーマ」、警察関連の場合は
「世情」に設定している。そして、ワルキューレの騎行ということは…松沢病院関係である。
担任「はい、もしもし国崎です。」
キリコ「あ、国崎先生、今お時間よろしいですか」
担任「また誰かが問題を起こしたんですね」
キリコ「…心中お察しします。今日はキモちゃんが…」
担任「はい…学校帰りによらせていただきます…」

そして夕方、松沢病院
担任「ヨシダ先生、奴は今度は何をやらかしたんですか?」
キリコ「昨日の夕方に突然奇声を上げ始めて、それが真夜中まで続いて、我慢できなくなったアパートの住人の方が
警察を呼んで確保してもらって、で、キモちゃんということで、警察の方にこちらへ連れてきてもらったんですけど」
担任「何で奴はいきなり発狂したんですか?」
キリコ「それがちょっとわかんないんですよね。うわ言でハルヒがどうの、長門がどうのって言ってたんですけど」
その時、担任ははっと思った。そういえば、つい最近テレビでハルヒを使った某お菓子メーカーのCMが流れていた事を。
担任はその時は、特になんとも思わなかったが、もしや…
担任「ヨシダ先生、奴の発狂の原因がわかりました。」
ヨシダ「えっ?」
担任「最近某お菓子メーカーのCMでハルヒのキャラを使ったCMが流れているじゃないですか」
ヨシダ「ああ、そういえば…」
担任「これは仮説なんですけど、奴はそのCMを見て…」
ヨシダ「うーん、でもCMを見て発狂する意味がわかりません。むしろ日陰の存在だった深夜アニメが
ゴールデンタイムのお茶の間とかで堂々と流されて喜びそうなのに」
担任「忘れちゃいませんか?最近は奴のキモヲタとしての側面が強すぎてあまり注目はされませんけど、
奴は元々酷使様の側面も持っていることを。そしてそのお菓子メーカーの創業者の方は在日コリアンです。」

497 :フェミのフォビア:2010/04/22(木) 18:07:08 ID:xSLLiHIj
ヨシダ「つまり、コリアン系企業とコラボしたことを知って発狂した?
でも、いくら発狂の沸点が異常に低いキモちゃんでも、数時間絶叫し続けるほど発狂するかしら。
むしろ彼なら腹立ちまぎれに「ぬちゃそねろ」をあらして終わりそうな気がするんですけど」
担任「それなんですよ。何で奴はあそこまで発狂してたのか…もうひとつくらい要因がありそうなんですけど」
その時、筋骨隆々の男性看護士が肝井が目を覚ましたことを伝えた。
担任「ヨシダ先生、ここは奴から直接聞き出すしかないでしょう」
ヨシダ「ええ」

担任「肝井!」
肝井「ぶしゃああああ、逝き人さん、怖かったよぉ〜、看護士がみんなボクをいじめるんだよぉ〜!!」
担任「おおよしよし、ところで肝井、何で昨日の晩にいきなり絶叫したりしたんだ」
肝井「…だって……在………が……元…女…」
担任「聞こえないぞ、もうちょっとハッキリ言え。それじゃ社会に出て困るぞ」
肝井「だって、ハルヒを在日企業と三次元の女が穢したんだもん」
担任「はぁ?」
肝井「ボクのハルヒを犯罪行為を行ってワーキングプアを虐待して遊び半分に殺している在日企業と
醜くて汚らわしくて傲慢で悪臭の漂う三次元の女が穢したんだよ、ぶしゃああああああああああん!!!!
女なんか!女なんかみんなこの世から消えてしまえええええええええええ!!!
女ああああああああ!!!くたばれええええええええええええええ!!!!」
肝井の絶叫を聞いたさっきの松沢病院の看護士が象用の鎮静剤を持ってきて注射した。

担任「つまり、肝井発狂の要因はハルヒを在日企業と現実の女性にコラボされた事だったと。」
ヨシダ「…でも変ね。キモちゃんってあそこまで強烈な女性恐怖症だったっけ?私たちには何でもないのに…」
担任「だって先生、私たちは創作上の人物で実在の人間ではないじゃないですか。
奴が憎悪するのは実在する、現実の、いわゆる「三次元」の女性ですからね。」
ヨシダは納得した。
                                                (おしまい)

一方、真保はCMを元に、3体のマホノコトリがマホノハルヒ、マホノユキ、マホノミクルに
変身するという内容の漫画を描いていた。これが完成したら肝井に見せようと思いながら…

498 :ちぇんじ!ネオ守本センセー:2010/04/23(金) 12:22:29 ID:EwDnkDC7
学歴詐称で講師から草むしりに配置転換になった守本は、授業に出なくなってすむようになった時間を
例の愛国サークルの部室で過ごしていた。

そして…

守本「神と通じる『巫女』は必ず処女なんだナー。そしてボクチンは神だからレイヤーたんはボクチンに
使える『巫女』として局部をブシャブシャブシャブシャ」

なんか登場当初のコヴァみたいな感じに

コヴァ「失礼ですにょ」
シゲル「いや、そのりくつはおかしい」

そんなわけで守本センセー、よたよたしながら九段下へGO

靖国神社
守本「少女に対して聖性や暗黙のモラルがブシャブシャブシャブシャ。そしてボクチンは神だから当然巫女さんと
ワタシノコーができるしブシャブシャグヘッ」
よろよろしながら靖国神社に侵入する不惑不審者に、当然反応する靖国神社特務部隊
特務「隊長!不審者の侵入です!」
隊長「よし、個別鑑定開始!」
特務「推定…三十路以上。ニートっぽい色白で太った男で足を引きずってよろよろしてますどうぞ!」
特務「今日は平日昼間、十分警戒すべきかと」
特務「指紋・声紋・虹彩いづれもデータがありません。珍風関係、およびコヴァではない模様」
隊長「ううむうむ。少し様子を見るか」

499 :ちぇんじ!ネオ守本センセー:2010/04/23(金) 12:25:13 ID:EwDnkDC7
しかしそんな命拾いもつかの間、いつものように守本センセーはおみくじを売っている巫女さんに接近
巫女「いらっしゃいませー」
守本「フフーブフー、ボクチンは神様で株と小蛆と緋色と検診と早乙女アルトのモデルなんダナー」
巫女「は?」
守本「だから神様であるボクチンに局部を見せてしょ、処女を…ワタシノコー」
巫女「たすけてえええええええ」

特務「隊長!」
隊長「む、いかん!突撃だ!」

守本「ボクチンは神、だから神に仕える巫女はボクチンに処女を捧げるべき!だって巫女の処女は神様の…」
そこに
ドスーンドスーンドスーン

なんていうかケルベロス大集合

守本「えっ、こ、これはナチエロ団の仕業ですつか?:;」
隊長「確保ー」

その後例によって松沢に運ばれ、キリコに「ベンツでスピンターン」などと意味不明の言いがかりを
ふっかけつつセクハラをしようとするが象印の鎮静剤で成敗され、「ばかなの、すっごいばかなの」の
称号を得ることになる守本であった。

500 :おまけ:2010/04/23(金) 12:34:44 ID:EwDnkDC7
いつもの海武学園

守本「ブヒッグヘッブヒッ」
シゲル「あ、守本センセーおはようございます」
守本「ひぃぃぃぃぃ、怖いです!男のいる女医さん怖いですつぅぅぅぅぅ」
守本、逃走。
シゲル「何があったんだ…」
コヴァ「知らないですにょ」
鳥坂「まあ、あのヒトも林間や肝井に隠れてるけど相当ヘンやし……」

吉田マンソン
シゲル「ってことがあってね。姉ちゃん何やった」
キリコ「別に…治療しただけですが、コヴァちゃんや林間ちゃんと同じように」
シゲル「でも、あのビビり方は一体…」
キリコ「それはね、守本センセーは『BSB』なのよ」
シゲル「『BSB』ってなんだよ」
キリコ「ばかなの、すっごいばかのの、の略」
シゲル「……」
キリコ「守本センセーの場合ね、私みたいなおっぱいの大きい一見従順そうな女の子は
大好きなんだけど」
シゲル「…(四捨五入どころかあと一息で三十路の癖に)…」
キリコ「何か言った?(微笑み」
シゲル「別に…」
キリコ「ちょっとでも気の強そうなところを見せたり刃向かったりすると怖くなっちゃうみたい。
例えアニメやゲームのキャラクターでもね」
シゲル「うわあ」

501 :おまけ:2010/04/23(金) 12:39:42 ID:EwDnkDC7
キリコ「それで私の弟のシゲちゃんにも怯えてるってワケだと思う。基本的に
守本センセーって快不快のレベルでしか物事を考えることが出来ないから、怖いことをした
ヒトの血縁ってだけで十分怖がると思うわ」
シゲル「なんか、気の毒なぐらいバカだな」
キリコ「そうねえ、あそこまでバカだと治療のしようもないし……」

翌日、林間と一緒に吉田姉弟を誹謗中傷するビラを学校に撒こうとした
守本センセーは教頭達に阻止された。内容は勿論弟が姉をry

502 :名無しかましてよかですか?:2010/04/29(木) 14:39:24 ID:kTRb++Fh
そろそろ
例の愛知の事件をヒントにした
話が出来てもいい頃だと思うが。

503 :来襲!林間の従兄弟:2010/05/01(土) 13:47:32 ID:w49HNbkS
4月18日夜、林間ハウス
林間「プハー!風呂上りの一杯はたまりませんなーwwwww」
テレビを見ながらおつまみを食べ、ビールに舌鼓をうつ林間。すると…
テレビのアナウンサー「次のニュースです。愛知県リッチリバーシティの一家殺傷事件で、
犯人の男は中学卒業後、15年間引き篭っており…」
林間はギクッとした。リッチリバーシティ、中卒、15年も引篭もり、現在30歳…思い当たる節がありまくりであった。
テレビのアナウンサー「逮捕された山田山田男容疑者(30)は、警察の調べに対し…」
林間はホッとした。リッチリバーシティの従兄弟が遂にやってしまったのかと思ったからである。

林間家の人間は概ねごく普通の人間なのだが、数十年に一人のスパンでデンパが現れる。
例えば、林間の祖父林間カツフサはその一例である。そして現代、林間家には2人、異常な人間がいた。
その一人がわれらが林間カヅフサであった。
Trrrrrrrrrrrr… 林間の携帯に着信があった。林間はディスプレイを見て驚愕した。【宇宮タカヤス】

宇宮(うぐう)タカヤス…林間の従兄弟であり、林間の父の妹の息子である。
愛知県リッチリバーシティ生まれ、30歳。地元中学卒業後は家にひきこもり、
以後、ほぼ全期間にわたり無職である。…これでただの引きこもりならいいが、
彼の場合は時々外出し、そのたびにトラブルを起こすので林間家では恐れられていた。
林間は体中から脂汗が出てくるのを感じた。そして、電話に出た。

林間「…どうした」
タカヤス「カヅ兄ちゃん元気ぃ〜?ボクは元気だようぐぅ〜」
口調が肝井に見えるが、肝井ではない。タカヤスは葉鍵をはじめ、趣味が肝井と極めて似通っているせいか、
思考口調行動がやたら赤の他人である肝井とそっくりという存在であった。
林間が肝井と喧嘩をすることが多かったのは、この従兄弟が肝井とそっくりで、彼と同じ道を歩ませたくないという
思いが根底にあったからである。それだけ、彼は同じくデンパである林間の目から見ても異常と思えるような人間だった。
タカヤス「カヅ兄ちゃん、ボクはこの連休に兄ちゃんのところへ遊びにいくからねにははじゃあね〜プツ」
林間「おい!コラ!!11!!バカタカ!!!1!俺の話を聞けこの野郎!!11!!」

504 :来襲!林間の従兄弟:2010/05/01(土) 13:50:54 ID:w49HNbkS
4月30日、夕方
林間「ふぅ、もう少しで今日の仕事もおしまいだな…あーーーっ、連休嬉しくねえ!11!!!
何が悲しくてあんなキチガイデブヲタと一緒に過ごさにゃならんのだブツブツ…」
その時、タカヤスから着信が来た。とりあえず無視することにした。すると、今度はメールがきた。
『カヅ兄ちゃん、俺今東京駅にいるけど、何で迎えに来てくれないんだよ』
林間は殺意がわいた。そして、こっそりとメールを返した
『俺は来ていいと言ってないだろ、それと俺はエスパーじゃないんだから、お前が来る時間なんかわかるかっつーの!
だいたい俺は仕事中なんだよこの知的障害者の中卒無職ニート。死ねよ』
仕事が終わる頃には林間の携帯のメール受信ボックスはタカヤスからのメールで埋め尽くされていた。

林間「えらく遅くなっちまったな…タカのバカは帰ったかな」
林間がそう呟きながら駐車場へ向かっていると、駐車場の方からボコッという鈍い音が響いてきた。
林間が急いで駐車場の方へ行くと、何故か林間の車が駐車場の電柱にぶつかっていた。
林間「え…?何で俺のなの…」
車の運転席には不審な人影があった。林間が車に近づくと、車から男が降りてきた。
ぬちゃそねろによく貼られるキモヲタAAにそっくりな顔、体重0.1トンを超えてそうな巨体、アニメキャラのTシャツを着て
リュックサックを背負い、手にはアニメグッヅの店の紙袋…こんなテンプレ的なキモヲタの格好をしているのは、
間違いなく、林間の従兄弟、宇宮タカヤスである。
林間「…貴様、俺を怒らせるために東京に来たのかこのバカタカ」
タカヤス「カヅ兄ちゃん、何で怒ってるの?怒るのは迎えに来てもらえなかったボクの方だし!!11!!」
林間「いい加減にしろこの非常識野郎11!!!!」

505 :来襲!林間の従兄弟:2010/05/01(土) 13:53:38 ID:w49HNbkS
翌日、林間はタカヤスをエイトプリンス市内の某所に連れていった。
タカヤスの話ではある人物と待ち合わせているらしい。
タカヤス「あっ、あそこいたいた」
林間「うん…げえっ!肝井!!」
肝井「林間先生!?うぐぅ、ボクと林間先生は運命の赤い糸でつながっているんだねっ!ぶしゃあ」
タカヤス「カヅ兄ちゃんとN県月宮さんって知り合いなの?」
肝井「では、あなたがうぐぅちゃん?ボクと林間先生は将来を誓いあい、夕日が恥じらうほど愛しあったへぶしっ」
林間は肝井をぶん殴った。
林間「ただの教え子だ!!11!こんなガチホモキモヲタ野郎と一緒にするな!1!!!」
肝井「ぶしゃあああああああん、キモオタは戦乙女ヴァルキリーとか言うエロゲーをしている林間先生じゃないか!!」
林間「な、ナニを言う!1!!俺がエロゲをしていた証拠を出してみろ!!1!!10秒以内で!!!!1!
大体だなぁ、お前らは鍵エロゲをやってるくせに偉そうなこと言えるのか1!!!!1?あ??」
肝井&タカヤス「「鍵はエロゲーじゃない!1!!!1!鍵をエロゲー扱いした林間先生/カヅ兄ちゃんは
謝罪しろ謝罪しろ謝罪しろ謝罪しろ謝罪しろ謝罪しろ謝罪しろ謝罪しろ謝罪しろ謝罪しろ謝罪しろ
荒らし用AAry荒らし用AAry荒らし用AAry荒らし用AAry荒らし用AAry荒らし用AAry荒らし用AAry」」
林間「もう嫌…」

一方その頃
担任「いやー、悪いね、うちの子の一歳の誕生日のプレゼント買うの手伝ってくれて。おまけにプレゼントまでくれて」
コヴァ「ニッキョーソには普段世話になってましゅからね」
シゲル「国崎先生には高校の3年間世話になるしね」
鳥坂「だから俺たちがクラスを代表して先生の子供へプレゼントをするんですよ」
担任「ハハハ、悪いな」

更にその頃…
キリコ「はい、こちら松沢精神病院のヨシダです。ああ、愛知の県立羽柴精神病院さん…え?
要注意患者が東京へ来ている可能性が大って?しかも林間さんの従兄弟?
わかりました。すぐにターゲットを捜索し、確保いたします。」

エイトプリンスシティ中心部の繁華街にあるデパートを舞台に今、事件が起ころうとしていた。
                                                       (後半へ続く)

506 :名無しかましてよかですか?:2010/05/01(土) 20:34:27 ID:cnDvaDRF
最悪板の推定さんのヒートアップ酷すぎワロタ

507 :来襲!林間の従兄弟:2010/05/02(日) 08:48:13 ID:5PdcQ9te
エイトプリンス第一デパート
林間「えらく混んでるな…って、何で俺までついてきてるんだよ11!!1!」
タカヤス「だって、カヅ兄ちゃんがいないと帰れないじゃん」
林間「肝井に送ってもらえよ。あいつは俺をストーキングしてるから、家を覚えてるぞ」
肝井「うぐ?なんのことかなー」
林間「しらばっくれやがって…とりあえず、お前らが行きたいのは8階のヲタグッヅ街だろ」
タカヤス「ヲタグッヅ街っていうな!!ホビーショップ街といえ1!!!1!」
林間「はぁ…」
8階に上がった林間達は隅の方にある同人ゲーム専門店へ向かっていった。
その時、肝井とタカヤスが女子小学生のグループとぶつかった。
女子小学生「あっ、すいません」
そのまま無視して行く2人。
女子小学生「ちょっとおじさん!ぶつかって何も言わないの!?サイテー」
タカヤス「うるせえこの売春婦就業予定者!1!!!なんでお前のようなヒトモドキに謝らなきゃいけないんだよ!1!」
肝井「そうだそうだ!!理系短みたいに知的ならいいけど、おまえら足し算と引き算もできないだろ!!」
女子小学生「え…?」
タカヤス「どうせお前らはあと何年かしたら獣のようにセックスをしてクソをするように子供を産んで
子供を虐待して殺して獣のようにセックスをしてクソをするように子供を産んで(以下ループなので略
まぁつまりだね、肉じゃが糸こんにゃく!11!!!」
肝井「三次元の女って文句だけ多くてほんと大嫌い!!それに引き換え、理系短のような超現実の女性は…」
女子小学生達は二人の狂気がかった言動に恐怖を覚え、叫び声を上げて逃げ出した。
デパート内はどこも混雑しているというのに、彼らの周囲1メートルにぽっかりと空間が出来ていた。
二人はそんな状況もわからずか、高笑いしていた。一方、林間はこの騒ぎの隙に家に帰ることにした。

508 :来襲!林間の従兄弟:2010/05/02(日) 08:52:04 ID:5PdcQ9te
30分後
林間「やっと家についたぞ。さっきまでのことはさっさと忘れてヴァルキリーたんを俺の如意棒で懐妊させて
生まれた幼女を腹パンチ虐待して殺して死体写真撮影(ryゲハwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
そこへ現れる免下。
免下「林間、宇宮タカヤスを知らないか。お前のところへ来ているはずだが」
林間「…何でタカのバカを知ってんの?」
免下「奴は県立羽柴精神病院から半永久的な監視対象とされている危険人物だ。
ところが、奴は昨日の昼にこっそりとリッチリバーシティを脱出してな、昨日は名古屋市内を
徹底的に調べたんだが、見つからなかったんで、それで中宮や松沢に電話をかけたそうなんだが…
林間、あんたは宇宮タカヤスの居場所を知ってるか?」
林間「30分前の話だけど、エイトプリンス第一デパートの8階ににいると思うよ」
免下「そうか、わかった。…こちら免下だ。ヨシダ、奴は第一デパート、30分前の時点で8階にいた。急げ
奴を確保したらお前の実家の病院に運んで欲しい。後は頼む。」
林間「これであのバカとも腐れ縁が切れるwwww俺メシウマwwwwゲハwwwwwwwwwwwww」

一方、コヴァ達も同デパートの8階にある同人ゲーム専門店『Do仁!』に来ていた。
シゲル「コヴァ、ここになんの用があるんだよ。お前エロゲは卒業したんじゃないのか」
コヴァ「違いますにょ。ここに東方の最新作が入荷したんですにょ」
担任「東方って何?東方仗助の親戚か?」
シゲル「違いますよ、ヲタの世界では有名なシューティングゲームです。…ん?なんだあの人だかりは」
鳥坂「何かあったんですか?」
客「あの客さっきから数十万円単位で商品を買ってるんだけど…この不景気の時代に羽振りのいい」
シゲル「何だあのおっさん…肝井!?」
肝井「うぐ?逝き人さんに木場くんたちじゃないか!」
コヴァ「キモいの…」
タカヤス「知り合い?」
コヴァ「…誰でしゅか」
肝井「林間先生の従兄弟の宇宮タカヤスさんだお。この人とってもイイ人なんだ。おまけに一般人だし」
担任「…どこが一般人なんだ?肝井の同類にしか見えんが」
シゲル「要は萌えアニメや鍵エロゲが大好きでそれらの趣味を少しでも馬鹿にされると年単位で
謝罪要求をして空気読まずにあちらこちらで脱糞する一般人(笑)ね」

509 :来襲!林間の従兄弟:2010/05/02(日) 08:55:14 ID:5PdcQ9te
肝井&タカヤス「「鍵はエロゲじゃない!!1!!鍵は日本が誇る文学作品で源氏物語等と
比肩する後世に残すべき文化的遺産であり云々…」」
シゲル「ああ、頭が痛い…肝井が二人になったようだ…」
ヨシダ「そこまでよ!」
月宮「観念せえや、宇宮タカヤス!愛知の羽柴病院の依頼でな、お前を捕まえに来た。」
シゲル「ねーちゃん…」
タカヤス「ちょ、ちょっと待ってよ、ボク何も悪いことしてないよ!!」
月宮「おのれは病院の許可無くしてリッチリバーシティを出ることを禁じられているはずや」
タカヤス「た、助けて…ねぇ、助けてよ逝き人さん、友達でしょ?」
コヴァ「…いま出会ったばかりじゃないでしゅか」
鳥坂「一度会ったら友達なのかこいつは。じゃあ毎日会ったら兄弟なのか?」
コヴァ「ドレミファどーなっつ懐かしいですにょ」
担任「にこにこぷん世代にわからん話をするな」
タカヤス「店長さん!ボクを助けてよ!!身内でしょ!?」
店長「あの…身内とか言われても困るんですけど…」
月宮「さ、覚悟しいや。それと、お前、リッチリバーシティ市外への出入り禁止処分を受けた際に
これを犯したら栃木のヨシダ病院に入る事になってるからな。もう出られんで」
タカヤス「そんな、ひどいよーカヅ兄ちゃんー」
ヨシダ「林間ちゃんはお家に帰ったわよ。それと、お前のような非常識な人間は俺に二度と近づくなだって。
あの林間ちゃんにすらあそこまでひどく言われるなんてご愁傷さまねえ」
タカヤス「ううっ、みんなひどいやー」
その時だった。今まで黙っていた肝井が口を開いた。
肝井「タカヤスさんは誰にも渡さない。ボクは決めたんだ!タカヤスさん、逃げて!時間はボクが稼ぐから」
タカヤスはダッと店の外に飛び出した。そしてそのまますぐ近くにあり、
たまたまこの階に止まっていたエレベーターに乗り込み、下へ降りた。
肝井「ボクはもう仲間を失うのは嫌なんだ!自分から動かなければこの間違った世界は変えられないんだ!!」
肝井はズボンとパンツをずり下ろすと、ケツをコヴァや松沢軍団のいる方に向けた。
ドリュンドリュンドリュンドリュンドリュンドリュンドリュンドリュンドリュンドリュンドリュンドリュン
松沢軍団はコヴァ達や他の客を巻き込んで一瞬で全滅した。

510 :来襲!林間の従兄弟:2010/05/02(日) 08:58:45 ID:5PdcQ9te
エイトプリンス第一デパートを脱出したタカヤスは自分を見捨てた林間、そして家族に復讐することを決意、
護身用に持っていた昔懐かしいバタフライナイフを握りしめて林間の家に向かった。
一方、林間は自宅でヴァルキリーでオネイニーをしていた。そして2戦目に突入しようとしたその時、
家のベランダのガラスがバリンと割れる音がした。林間は青ざめた。まさかタカヤスが復讐に来たのでは…
林間はPCの電源ケーブルを抜いて強制的にPCの電源を落とした後、とっさに仮眠用ベッドの下に潜った。
林間の予想はぴったりと当たった。タカヤスは林間への恨み言をブツブツ言いながら部屋中を探しまわった。
タカヤス「カヅフサの野郎、俺がガキの頃にウンコを漏らしたのを囃し立てやがって、あのせいで俺は中学卒業まで
いじめられ続け、怖くて高校にも進学できなかったんだあいつだけは絶対に許さない絶対に殺してやる
あいつを殺したら今度は分泌業の俺をニート呼ばわりして厄介者扱いした家族だ全員逃がさない全員潰す
特に労働厨の弟どもは俺を常に上から目線で罵倒しやがって特にあいつはひどい死に方させてやる」
林間の記憶にはそんな記憶はなかった。確かにタカヤスと外出したときにタカヤスがウンコを漏らしたのは覚えている。
が、その時囃し立てていたのは確か奴の友人だったはずである。
見捨てられた憎悪のあまり記憶がごっちゃになってしまったのだろうか。
幸いにもタカヤスは林間の隠れていたベッド下は調べずに部屋を出ていった。
林間の体は恐怖のせいで下半身を中心にびしょ濡れになっていた。

林間は震える手でタカヤスの実家へ電話をかけ、タカヤスが復讐に来るかもしれないから気を付けてくれ、
俺はもしかしたら殺されるかもしれないと言った後、そのまま緊張の糸がプツリと切れて気を失った。

ところが、事件の終わりは意外にあっけなかった。タカヤスは林間の部屋を出た後、愛知県へ帰ったのだが、
リッチリバーシティ駅に降り立ったその場で待ち構えていた県立羽柴病院の羽柴軍団に逮捕されたのである。
こうして第二のリッチリバーシティ一家殺傷事件は避けられることに成功したのであった。

511 :来襲!林間の従兄弟:2010/05/02(日) 09:01:03 ID:5PdcQ9te
数日後、ヨシダ精神病院特別隔離病棟
タカヤス「ぐすっ、ぐすっ、みんなひどいよーボクは友達が欲しかっただけなのに…グスッ」
?「タカヤスさん?」
タカヤス「誰?」
肝井「ボクだよ、タカヤスさん!肝井味平だようぐぅ。」
タカヤス「肝井君?何で君もここに?」
肝井「ボクはタカヤスさんを助けるために戦っただけなのに、あいつらボクをここに閉じ込めたんだ。
ボクをキモオタに改造して経団連や三次元の女の手下にしようと思っているんだ。でもボクは屈しない。
ボクはこの間違った世界を正し、新世界の神として君臨するまで戦い続ける。」
タカヤス「肝井君…ボクも君と一緒に神様になるよ!!」
隔離病棟を舞台に、この日、狂気で結ばれた友情が成立した。
                                             (おしまい)

512 :名無しかましてよかですか?:2010/05/04(火) 03:42:03 ID:6E0Bs6Z8
残念4次元殺法コンビの誕生かw

513 :名無しかましてよかですか?:2010/05/06(木) 14:33:25 ID:S3VbGl8e
>源氏物語等と 比肩する
鍵は背徳性とエロ不足で源氏物語には及ばんよ。
あれは、純愛、熱愛、忍ぶ恋、不倫、浮気、不義密通はもちろん、ツンデレ、ヤンデレ、ロリ調教、強姦、近親、寝取り、寝取られ、孕ませ、托卵など、
エロ、萌え要素満載の、平安時代の仏書院だ。

現代の18禁や萌えなど、紫式部は千年も前に通過しているのだ・・・

514 :小ネタ:2010/05/14(金) 18:05:43 ID:5XRYhJdv
お題:林間がもし大好きな某戦乙女だったら?

いつもの政経
林間「あぁん…今日も講義を…あああん…始めますううぅん…それじゃあ、あんっ!
18ページをひっ!開いてください…いぐうぅぅ!!1!!」
吉田「喘ぎ声混じりに授業するなよ」
鳥坂「はじめの頃は笑えたけど、毎日聞いてるとぶっちゃけウザくてキモイな」
コヴァ「なんでこんな変態教師がクビにならないんですかね」
林間「おだまり!!こんなに美しくてエロティックな私に欲情しないなんて、あなた達それでも男なの!?」
吉田「先生は痴女すぎて性欲なんか湧きません」
鳥坂「ベヨネッタもビックリやな」
肝井「ベヨネッタ?それエロゲー?きんもー☆」
鳥坂「何でお前の脳内では自分が知らないもの=エロゲって図式が成り立つんだよ!!
…ボソッ(まぁ、ベヨネッタに関してはあながち間違っちゃいないけれど)」
コヴァ「自分の世間知らずを隠すためにとりあえず知らないものは
エロゲと認定すればいいと思ってるんじゃないですかね、このバカンボは」
肝井「はいはい!!童貞の君たちの方が世間知らずだし!!童貞氏ねばぁ?
お前ら童貞のくせに必死なんだよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
コヴァ「キモいのが童貞ではない…?となると、可能性は一つ、肝井…まさかお前、林間先生と…」
林間「き、肝井君、しゃべらな…」
肝井「ぶしゃ?林間先生が相手とわかるなんて木場君ってエスパー?」
吉田「つか、赴任当初からクラスの生徒に声かけて夜の相手を求めてたじゃねえか」
鳥坂「あまりに気味が悪いんでクラス連中はほぼ全員断ったがな。
何人か性欲に負けそうな奴はいたけど、最終的には友人の助けで耐えたし」
肝井「ボクは林間先生に筆おろししてもらってから世界が変わった。
林間先生の肉体はこの世でかけがえの無いものだよ。鍵と同じくらいにね」
その時、教室のドアが不意に開き、ICレコーダーを握りしめた守本紳八(42歳、現在草むしり係)登場。
守本「グフフフ、林間さんこれで君も終わりなんダナー。君は現人神たる僕珍の女のくせに、生徒に手を出して…
これが世間に広まれば君は逮捕だ。僕珍の復讐も貫徹されるというわけなんダナー」

515 :小ネタ:2010/05/14(金) 18:06:43 ID:5XRYhJdv
コヴァ「先生、よりによって守本センセーの彼女に」
林間「ご、誤解よ!!11!守本先生とは体が疼いて誰もいなかった時に2,3回」
千葉「肝井とヤッた?守本先生と2,3回?林間先生がわしに筆おろししてくれたときに
処女と言ったのは嘘だったのじゃよーーーー!?ミギャーーーー!!!
汚らわしい中古女とセックスしてしまったのじゃよーーーー!!!」
真保「せ、先生の嘘つき!!ボクと一つになったとき、先生は処女だって言ってくれたじゃないか!!!
やっぱり大人の女はクソだ!!乾いたボクの心を満たせるのはやはり四歳の幼女だけなんだ!!」
肝井「ぶしゃああああああん、ボクは林間先生が処女だって言ってたから筆おろししてもらったんだ!!
中古の女なんかいらない!!これだから三次元の女は大嫌いなんだ!!三次元の女はみんなビッチだ!!」
林間「もう私の人生はおしまいよ、こうなったらみんなまとめてヴァルハラへ送ってあげる!!
いぐぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!1!11!!123」
コヴァ「おお、なんという処女厨の山でしゅか」
吉田「なんつーか、あいつら見てるとマジ寒気がするんですけど」

教壇はカオスな状況になっていた。今日も政経の授業はこれで成り立たないだろう。
そんなカオスな光景を見ている担任と教頭。
教頭「…林間さんと守本君は今日限り解雇を申し渡す。あと、肝井、真保、千葉は無期停学。」
担任「はっ」

516 :名無しかましてよかですか?:2010/05/16(日) 14:19:08 ID:iSTE5uuR
あの三人が童貞切っちゃったらマトモになると思うんだが

517 :小ネタ2:2010/05/21(金) 12:26:09 ID:XKmCpL28
お題:いっそのこと、林間とか変態どもを除いて性転換してみる。
私立海武女学園
都内を代表する、江古田の森にある名門女子校である。
「じゃあ、僕は今から大学の研究室に行ってくるから」
「お兄ちゃんありがとう」
車からポニーテールの可愛らしい女子校生が降りてくる。
赤いスポーツカーが正門前から走り去っていく。
私の名前は吉田モコ、ちょっと内気な女子校生ぶべらっ
鳥坂「あー、えー加減突っ込んでおかんとこのまんま少女漫画風モノローグだけで延々行きそうやったんで、つい」
と、振り返るとそこにはカチューシャをしたメガネ女子校生と
コヴァ「ああ、それは正解でしゅね。ていうかてっきりキモいのかと」
黒い長い髪を姫カットに切りそろえた女子校生が
シゲル「ゲッー。二人ともいたの:;」
鳥坂「そのキモい顔文字やめれ」
コヴァ「しかし、朝起きたらびっくりしましたにょ。よもやボクチンがチェ・サンジュに」
鳥坂「そのネタはいろんな意味で荒れるからやめれ。つーか学校も女子校に変わってるし、コヴァは黒髪の美少女、
オレはデコメガネ、で、シゲルはリンもどき」
コヴァ「ボクチンがこれだからてっきりシゲル君は銀様になってると思ったんですが、違うんでしゅね」
シゲル「まあ、オレは銀様も好きだけど彼女をポニテにするぐらいポニテも好きだからな(キリッ」
鳥坂「んー、最近この人実はかなりヤバい気がするんだけど、気のせいか」
そんなこんなで教室に
コヴァ「女子校になったと言っても、生臭いにおいが甘ったるい匂いになっただけで小汚いのは変わらないですにょ」
シゲル「姉ちゃん達が言うには、別学は男女問わず汚いって話だぞ」
鳥坂「まあ、そうやろな」
そこに担任が…
担任「はぁい、授業をはじめまぁす」
ふわふわヘアーのメガネで色気を振りまくアラサーが
鳥坂「なあ、これからオレの中で『栃木出身者はTSでノリノリになる』って法則作ってええか?」
シゲル「…それは勘弁して…」

518 :小ネタ2:2010/05/21(金) 12:27:57 ID:XKmCpL28
さて、そんな学校を裏山から観察する変態部隊
林間「ふっふっふ、昨日の晩にATM襲って金はある」
千葉「銃も用意したんじゃよー」
守本「ブヒブヒッ、学校までの道案内は僕に任せろなんダナー」
真保「ふふふふ…、全員コトリにできるのね…、うふふふふふ…」
そう、林間が大好きなゲームで良くある設定の、銀行強盗したばかりの男達が!
林間「さあ!行くぞ(ニルヴァーナへ)」
四人「おーっ!」

担任「それでぇ日本軍は英領インドシナへ進駐を」
鳥坂「吉野屋かキャシー塚本か」
シゲル「まあ、あのキャラ立てもどうよって思うよ。確かに」
コヴァ「昔、ニッキョーソの部屋に行ったとき、人妻と女教師もののAVが大量にあってですね」
そのときだった。ガラスを割って変質者ども乱入
林間「ウェーハッハッハッハ!この学校はテロリストである『日本の真の独立を目指すダイナマイト竹島と
愉快な仲間達が乗っ取った!言うことを聞かないと殺すぞ!」
千葉「まず服を脱ぐんじゃよー」
守本「ムフームフー、子どもの裸を見せろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」
担任「きゃああああ、助けてぇぇぇぇぇ」
シゲル「なるほどね、こういう展開か」
コヴァ「ああ、エロゲでよくあることでしゅね。元教員も混じってましゅし」
真保「それではさっそくあけおめ砲を」
三人「それはやめて、それだけはやめて」
そのときだった。一人の女子校生が制服を全て脱いで、四人の前に立ちふさがった。見た目は可愛いが、何か…嫌なオーラが
肝井「私の名前は肝井ミコ。みんなの代わりになるから…むしろかまってーかまってーかまってえええええええええ」
そういうと肝井は四人に襲いかかった。

519 :小ネタ2:2010/05/21(金) 12:29:09 ID:XKmCpL28
肝井をおとりにしてクラス全員で校庭に脱出する。そうこうしているうちにパトカーといつもの黄色い救急車がやってくる。
機動隊が突入したとき、クラスでどういう事が行われていたかは…ここでは公表できない。ただ、しばらく教室が使用禁止に
なったことは事実である。
鳥坂「さぁて、事件も一件落着したことやし」
コヴァ「そうでしゅね。元凶をまず」
校庭の茂みが一カ所ゴソゴソと動いた。
鳥坂「そこかあああああああああああああ」
鳥坂の蹴りが炸裂する。そこにいたのは…鈴木清順似のじいさん
ネ申「バレテーラ」
シゲル「元ネタ分からないよ…」
鳥坂「またしょーこりもなく、しかも今回は随分性別変換してくれたなオッサン」
コヴァ「まあ、ちょっと楽しかったでしゅけど」
シゲル「まあ、オレも」
ネ申「じゃろ?じゃろ?」
鳥坂「そう言う事いうとまたこのジジイしょーこりもなくまたやるで!オッサン、
いい加減に…」
ネ申「うう、年寄りをいじめて何が楽しいんじゃ。せめて、みんなに被害が及ばないように肝井だけは美少女にしておいたのに…。
そんなこと言うと今度はここで公表できないような内容にして…それこそ林間のお気に入りの」
鳥坂「…黙れジジイ」
鳥坂の目は、本気だった。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ネ申は、「萌えのネ申」と言い性別転換ネタが大好きです。過去ログ参照

520 :映画化記念:2010/05/28(金) 19:05:10 ID:ewkfneus
「オレはリーダーの林間カズフサ、通称推定林間。ヴァルキリー陵辱の名人だ。
 オレのような天才策略家でなければ百戦錬磨の愛国者たちのリーダーは務まらん」
「オレの名は真保トシヤ、通称まほきゃすと。自慢のあけおめ砲で4歳児たち
 はみんなイチコロよ。ハッタリかまして水銀灯からハルヒまでなんでもヒク
 ンヒクンシャーにしてやるぜ」
「お待ちどう!オレは千葉ヒサユキ、通称ジバク。在日外国人皆殺し銃の名人だ。
 奇人?変人?だからなに?」
「オレの名は肝井味平、通称キモ味。葉鍵ゲームの天才だ。大統領の前でも
 脱糞してみせらあ。でも3次の女は勘弁な」
「愛国者に冷たい世の中に敢えて立ち向かう俺たち愛国野郎Rチーム!!1!
 スレッドを荒らして欲しいときにはいつでも呼んでくれ!1!1」

声の出演・羽佐間道夫・安原義人・富山敬・飯塚昭三

521 :名無しかましてよかですか?:2010/06/18(金) 01:40:15 ID:D4eiSz8Q
>>520
もう富山敬は…うぅぅ…

458 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)