5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【艶歌】演歌は日本の心か?【怨歌】

1 :演歌素人:03/10/22 03:07 ID:9ZFQ/pGT
「日本の心」のようなコピーが当たり前のようにつけられる演歌。
しかし果たしてそれは適切なのでしょうか?
演歌が良い音楽かどうかというお話ではなく演歌に「日本の心」
「日本人の心の故郷」「日本人の魂」といった枕詞がつけられるのは
適切なのかどうかを考えるスレです。

2 :演歌素人:03/10/22 03:26 ID:9ZFQ/pGT
以下素人の疑問を述べます。
・歴史的見地から
現代演歌の始まりは一般に明治頃とされており、雅楽や民謡等の方が古いものなのではないか?

・普及度
単純に音源の売り上げだけを見たら演歌以外のものの方が多いのではないか?
誰でも知ってる・歌えるということなら小学唱歌や童謡の方が人口に膾炙してるのではないか?
郷愁や懐かしさといった側面でも童謡等は日本人の心とも言えるのでは?

・音楽的側面
現在の演歌で使われる楽器の殆どが西洋楽器。音階も西洋音階が使われている。
(西洋音階については自信無いです。所謂ヨナ抜き音階ではあると思いますが
A=440kHzみたいなのは西洋音楽の概念なのでは?)

また、演歌のルーツに朝鮮があるのではないか、という話もあります。
2ちゃんでは朝鮮ネタは荒れるから避けたいところですが、演歌が朝鮮
の影響を受けているというのはよくある朝鮮の捏造なのでしょうか?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 04:58 ID:a6KG10KD
朝鮮の歌謡曲がルーツである事は確かだね。
淡谷のり子さんが言ってました。

4 :史上最強のマンコ ◆3jSEXDYw/w :03/10/24 08:39 ID:/VRFbhqH
>>1
おまえは日本人廃業しろ

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 09:30 ID:gm+HfMbg
荒れそうなスレの予感。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 11:37 ID:DHMGHyVA
>>4
お前はお前で早く北に送金してやれ。
お前の親族はみんな飢えているぞ。

7 : :03/10/24 19:44 ID:q80yGVGP
>>5
その前に沈んでいきそうな悪寒

で、東海林の股旅ものや藤山と古賀が組んだ流行歌は演歌になるんかなと。
洋楽器による日本風旋律による歌曲の発生なぞ新しいものですし、
明治の演歌はまったく違う。唱歌も雰囲気が違う。
中山の新民謡や流行歌も違う...

戦前にテイチクが買収したOKレコード(朝鮮後流行歌専門)
の歌は悉く演歌調だよな。




8 :丸子順平:03/10/24 19:52 ID:NVWg+ekT
荒れそうだけど、良スレですね。勉強になるよ。

9 :演歌素人:03/10/24 20:02 ID:xTbI8XdE
演歌の歴史でぐぐってみました。
ttp://ww6.tiki.ne.jp/~teramoto/enka1.htm

現在演歌と言っていますが、その昔は流行歌または歌謡曲と言われていました。演歌の元は浪曲や民謡から発生したものと思われます。
明治時代には、演歌師と言われた人がバイオリンを弾きながら、政治批判をしていました。オッぺケケ節の川上音二郎が有名です。
昭和に入り、古賀政男が明大マンドリン倶楽部を創設し、〔影をしたいて〕を
発表しました。彼は、朝鮮に居た為メロディが朝鮮の影響を強くうけていました。たしか、北島三郎がデビューした頃から演歌と言い出した様な
気がします。
演歌の音階は、5音階が基本です。現在は西洋音階もずいぶん混ざってきています。専門的には、ペンタトニックと言います。四七抜きと言ってファとシの音が使われません。


10 :演歌素人:03/10/24 20:03 ID:xTbI8XdE
こちらは「演歌は本来「洋楽」(いまで言うJ-POP)である。」と刺激的な
タイトルがついた文章があります。
文章が長いこともあり要旨を外すのが嫌なのであえて抜粋はしません。
ttp://www.ok-corp.co.jp/enka.html

11 :丸子順平:03/10/24 20:06 ID:NVWg+ekT
恨(ハン)の歌で
演歌(恨歌)という説ですね。

当て字っぽいけどね。演歌とあっちの音楽って似てるかな?
昔、一ヶ月弱仕事で韓国に居たけど意識したことないな。

釜山に居たので、やたら「釜山港へ帰れ」は流れていたけど
これは、歌謡曲ですよね。

12 :丸子順平:03/10/24 20:07 ID:NVWg+ekT
すまん字間違えた 恨を怨にしてください。

13 :演歌素人:03/10/24 20:14 ID:xTbI8XdE
このようなスレを立てるに至った理由なんですが演歌がスポットを浴びる
時にステレオタイプな「日本の心」「日本の伝統」といったコピーがつけられる
ことに疑問を抱いたからです。
私も含め演歌に明るくない人は演歌がずっと昔からある音楽のように
思いがちです。それは勉強不足・知識不足のせいでもありますが
上記のようなキャッチコピーもそうしたことの一端を担っているとは思います。

>>1で述べたように演歌が良い音楽かどうか、という話ではなく演歌は
本当に日本のアイデンティティなのかどうか考証したい、ということです。
例え演歌が昨日今日生まれた音楽であろうが「日本の心」では無かろうが
音楽的な価値が減ずるものでは無いと思っています。

14 :丸子順平:03/10/24 20:19 ID:NVWg+ekT
流行歌でいいんじゃない?
演歌も時代に合わせて変化しているんだから。

15 :演歌素人:03/10/24 20:33 ID:xTbI8XdE
皆様レス有難うございます。

やはり朝鮮ネタは避けられないと思いますので一応このような考えもある
ということでリンクを貼らせてもらいます。
朝鮮の影響を感じる人も多いようですがそれだけで全てがすっきり説明できるわけでは
なさそうです。

ttp://homepage1.nifty.com/forty-sixer/Pusanhang.htm

http://216.239.57.104/search?q=cache:hqI94bgooHAJ:member.nifty.ne.jp/taejeon/songs/song09.htm+%E6%BC%94%E6%AD%8C%E3%80%80%E6%9C%9D%E9%AE%AE&hl=ja&ie=UTF-8&inlang=ja

>>14
そうですね。
一口に演歌と言っても色々ですからね・・・。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 20:49 ID:T1qHHGci
この板にあっては大変貴重な良スレとお見受けいたします
少々私感を述べさせていただければ
GSやフォークなど新しい音楽が台頭してきたあたりから
演歌〜日本の心 といったイメージが固まってきたように思います
当時の大作家や大御所歌手達が感じていた危機感の反映
といったふうに自分は解釈しております

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 21:02 ID:T1qHHGci
半島からの影響は勿論あると思いますが 私はむしろ
ハバネラのようなスペイン・ラテン音楽の要素の方が強く感じられます
無論 クラシック、シャンソン ジャズ ハワイアンなどの
影響もあるでしょう
こうしたさまざまな要素が非常に特異な日本的感性のフィルターを通って
演歌というスタイルで見事に日本の精神的風土に同化しているのは
大変興味深いところです

18 :演歌素人:03/10/24 21:09 ID:xTbI8XdE
>>16
なるほど・・・
フォークで有名な「神田川」も同棲を扱ってるということで当時の良識派
の人は眉を顰めた、なんて話しもありますね(本当かどうか知りませんが)。
音楽的にだけでなくそうした風俗や思想が揺れた時代だから反動として
旧来の価値を尊ぶ姿勢が生まれた、ということもあるかもしれませんね。

若いつもりも無いんですが昔の生の知識は無いので勉強になります。

補足ですが、演歌が(>>2で述べた音楽的側面のようなことがあるにせよ)
日本人に親しみ易い音楽であることは間違い無いと思っています。
ただそれが「日本人の心」であるからなのか他の理由によるものかは判りませんが。


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 21:20 ID:T1qHHGci
現在、日本でも韓国の歌手の活躍が目立ちますが
歌番組などで日本の歌手と同じステージで歌っているのを見ると
同じ演歌、歌謡曲というスタイルで同じような作家の曲でありながら
間の取り方、節回しなどがだいぶ違うことに気づかされます
半島系の人たちのリズムの取り方は かなり独特且つ強烈ですね
日本の歌手は逆にリズムよりも微妙な歌い回しや言葉の響きを
優先して歌っているように聞こえます
聞く人によってはごく些細な差異かも知れませんが
私はむしろそこに大きな文化の隔たりを感じます
無論、両者の優劣や好き嫌いといったことではなく
日本的な感性の特異性を強く再認識しました

長々と連続カキコはご容赦を

20 :演歌素人:03/10/24 21:33 ID:xTbI8XdE
>>17>>19
興味深いカキコ有難うございます。

演歌にスペイン・ラテン音楽の要素が感じられるというのは面白いですね。
自分はどっちも素人なのでちょっと判りかねるんですが・・・すいません。

古賀氏の名前は演歌の歴史を語る上では欠かせないのかもしれませんが、
彼が朝鮮で育ったからといって朝鮮の音楽そのものをやるわけではないですし、
たとえ朝鮮の音楽そのものをやろうとしてもやはり日本人の解釈を通した
音楽になるでしょうね。例えばホワイトブルースやブルーアイドソウルといった
感じでしょうか。
私も純血主義者ではないし異文化との交流から面白い音楽が生み出されること
は珍しくないので歓迎したい位なのですが歴史・ルーツは気になりますね。

21 :丸子順平:03/10/24 22:09 ID:NVWg+ekT
これから、異文化との交配は進むんじゃないの
南米の日系の方々が演歌歌手でデビューしてるし
私はバネサに期待してるよ、歌うまいし。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/24 22:18 ID:T1qHHGci
>>20
半島からの影響についてはキッチリ説明できる方が
そのうち現れると思うので あくまで私感ですが
大陸的なメロディーや三拍子のリズムなどから
古賀先生が流行歌のヒントを得た 位な感じではないかと思います
演歌の直接的なルーツはやはり日本の民謡、俗謡等ではないでしょうか
はなはだ誤解を招きかねない言い方ですが
古賀先生が過ごした当時の半島に日本のような成熟した大衆芸能の
バックグラウンドがあったとは思えないのです
当時の日本人が必死で取り入れようとしたのはクラシック、ジャズ
といった西洋音楽であり それと同等に半島の音楽を
取り入れようとしたとは考えにくいですね
古賀先生の心を引いたのは高度な音楽性や成熟とは無縁の
庶民の芸能の素朴さだったのでは?

23 :丸子順平:03/10/24 22:20 ID:NVWg+ekT
日本の伝統歌謡のバックボーンって詩吟あたりかな?
演歌と通じるところがあるけどね。


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/25 22:57 ID:S2YmfZ5g
半島と言うより大陸じゃないか?
詩吟

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/27 23:41 ID:V6/MQhbs
長唄の影響ってあんまり無いのかな?
民謡の影響についてはよく言われるけど長唄についてはあまり言われないよね。
長唄って歴史もあるし割と普及した大衆芸能だと思うから影響あってもよさそうだけど。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/29 22:45 ID:AkyXDw6O
接待で芸者揚げて長唄聴く身分になりたいです

27 :千 幾三:03/10/31 05:11 ID:4zEmB7+S
拙者は勧告には2年ほど住んでいたが向こうにもえんかはたくさんあった
どれも日本の歌より切ない切ない物ばかり、聴いていて悲しく涙が出ます
韓国の歴史にその本質があるのでしょう。ソ連・中国・日本に挟まれ
常に迫害を受けてきた悲しい悲しい歴史韓国には敬意をはらうべき
40年前は今で言う演歌は少なかった歌謡曲と言う趣きだった
だから演歌の歴史はまだ浅いが独特な節回しやら作詞の中の情緒やらが
日本の国民性や哀愁のせつなさが心をうつのでしょう。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/03 03:29 ID:q7lBGihN
演歌が日本の心を称する時点で間違っとる。
ただの歌謡曲だよ。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/04 14:44 ID:8KAa/Ne0
演歌は日本の心・・・とか言われると、キミは右翼か?と聞きたくなるのは俺だけか?
あまり深く考えずに28氏が書いているように単に歌謡曲の一種(あるいは1ジャンル)と考えればいいと思うのだが?

30 :20代男 ◆N1NWa9fVcY :03/11/04 18:48 ID:sDbdKKpZ
演歌は日本の心、というのは大雑把すぎると思うんですよね。
忘れられた昭和の雰囲気とか世俗が旋律や歌詞から感じられるという
のはある。そういう意味でごく限られた時代の日本を表現したものだとは
言えると思う。まあ、つまり流行歌、歌謡曲ってことですねw


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/04 22:44 ID:9SuPOpBk
でも心情的には演歌は日本のアイデンティティーであって欲しい、
というのはよく判る。
演歌は「日本的な情念」を表現してる音楽だと思うから。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/14 07:28 ID:q4NcZxcF
「演歌は日本の心」と言うひとってさ、多くの場合演歌のルーツやら歴史やら
音楽的特徴やらに疎くない? ヒットした有名曲しか知らないおっさんが業界の
コピーに乗っかって得意になってるだけのような気がする。演歌にとっては不利益
な状況だな。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/16 22:12 ID:HbLskaz8
俳句、短歌にみる風情、情景がを想像しながら聞くのが演歌。

ガキの歌う、やたらと字の数が多い、抑揚のない、
振り付けでごまかす、つまらん歌など興味も湧かぬ。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/16 23:12 ID:HonoCTTB
>>33
なんとなく釣りっぽいけど・・・

「俳句、短歌にみる風情、情景」と、
演歌の(歌詞が)描いているものとはかなり隔たりがあるんでは?


でも、後半の

>ガキの歌う、やたらと字の数が多い、抑揚のない、
>振り付けでごまかす、つまらん歌

ここは同意できる気が。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/17 08:18 ID:yrr4oKOD
自分はもちろん演歌は好きなんだけどおっさん連中に
「日本人なら演歌でしょ」みたいなこと言われるとなんか腹立つ。

36 :20代男 ◆N1NWa9fVcY :03/11/19 02:38 ID:Dq7OhmYQ
押しつけを感じるからですね。>35

逆に「なんで若いのに演歌なの?」と聞かれるのも嫌だし。
演歌ってビミョーな立場。

37 :史上最強のマンコ ◆3jSEXDYw/w :03/11/19 21:18 ID:0LNTmKSI
演歌は間違いなく日本の心、日本人の気質を歌っていますよ。

若者は「古い」だの「臭い」だの「暗い」だのクレームつけてきますが
米国人化している国賊には理解できないのでしょうね。

38 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/07 17:16 ID:B+cyk9Pa
>>若者は「古い」だの「臭い」だの「暗い」だのクレームつけてきますが
>>米国人化している国賊には理解できないのでしょうね。

この卑屈さが演歌をダメにしている。演歌ファンとして寂しい。
自分は「演歌は日本の心か?」という問いには「ハイ」と答えるが、「日本
の心をうたっているのは演歌だけ」という主張には同意できない。
様々な日本人がいて、様々な暮らしをしていて、そこから生まれる歌なら
好きか否かは別として、「日本の心」なのだと思う。
米国の音楽の影響は、実は演歌も受けてきているわけで、その成り立ちを
見ても国粋主義とは相容れない。
ビジネス(売上げ)としてポップスに差をつけられた劣等感なのだろうか。


40 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/08 00:17 ID:2XZrbqYc
昭和初期のビクター、コロムビア等の「外資系」レコード会社が、親会社の指示で米国のポピュラーの制作手法をまねて、作家にオリジナルの楽曲を作らせて、プロの歌い手に吹き込ませて流行らせるようになった。
今の演歌はこの流れが続いているもので、日本的な旋律を取り入れつつも、伴奏もギター等の洋楽器が主体となり、まさしく「和製ポップス」として始まったのです。
そう、その時代のバリバリの米国かぶれ文化。「国賊」だの云々言ってる人は精神論者か、単に若者が嫌いなだけでしょう。


41 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/08 21:12 ID:52PcjCQJ
音楽的側面にスポットを当てれば、スレタイの問いについてはどうやら否定
されたと見ていいかな。
歌詞から掘り下げていったら如何?


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/08 21:37 ID:SNeM+oeD
洋楽の影響があるにしても半世紀以上かけて
日本人好みのスタイルになっていったんだろうから
音楽的にも別に日本の心でいいのでは?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/08 22:15 ID:Av/g6u5z
42に賛成だね。日本人の気質や生活に合うということだろうな。
でも押し付けがましい演歌主義者は嫌だね。
当たり前すぎるけど、演歌でもJ−POPでもいいものはいいし、ダメなものはダメ。


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/09 15:55 ID:WTmHfo99
俺んち母子家庭で貧乏だったから、ファミコン買えなかったよ。。。
すっげーうらやましかったな、持ってる奴が。
俺が小6のときにクラスの給食費が無くなった時なんて、
「ファミコン持ってない奴が怪しい」なんて、真っ先に疑われたっけ。
貧乏の家になんか生まれてこなきゃよかった!って悪態ついたときの
母の悲しそうな目、今でも忘れないなぁ、、。
どーしても欲しくって、中学の時に新聞配達して金貯めた。
これでようやく遊べると思ったんだけど、ニチイのゲーム売り場の
前まで来て買うのやめた。そのかわりに小3の妹にアシックスの
ジャージを買ってやった。いままで俺のお下がりを折って着ていたから。
母にはハンドクリーム買ってやった。いっつも手が荒れてたから。
去年俺は結婚したんだけど、結婚式前日に母に大事そうに錆びた
ハンドクリームの缶を見せられた。
泣いたね、、。初めて言ったよ「生んでくれてありがとう」って。

45 :男です女です名無しです:04/01/02 01:31 ID:TNqS7u+k
>>44
演歌だ!

46 :男です女です名無しです:04/01/12 23:56 ID:4WsQl5kL
文部省唱歌を日本の心とかふるさとと言うけど
在来の音楽を破壊し洋化する明確な役目を持った言わば洗脳ソング。

さて演歌はと言えば40が説明している通り。
結局のところ日本人の心という言葉は単なる懐かしさ、つまり
少し前の時代への郷愁を表す時に使われるだけのこと。
歌は世につれ、という言葉を考えてみて欲しい。

演歌は演歌ファンの心に過ぎないがそれで十分素晴らしい。
日本人の心なんてオナニーが過ぎてて恥ずかしいからやめて欲しい。


47 :男です女です名無しです:04/01/25 19:46 ID:z1Prv6P3
>>9
>古賀政男が明大マンドリン倶楽部を創設し、〔影をしたいて〕を
>発表しました。彼は、朝鮮に居た為メロディが朝鮮の影響を強くうけていました。(中略)
>演歌の音階は、5音階が基本です。現在は西洋音階もずいぶん混ざってきています。
>専門的には、ペンタトニックと言います。四七抜きと言ってファとシの音が使われません。

極東地域の音階は一口に「ヨナ抜きペンタ」と括られる事が多いが、
朝鮮半島の民謡には「ヨナ抜き長音階」が多く、多くが3拍子から成っている。
対して日本のソレは「ヨナ抜き半音階」が殆どで、2拍子または変則的な4拍子。

演歌の多くが「ヨナ抜き半音階+2拍子」である事を考えると、
演歌のルーツが朝鮮半島にあるとは、到底考えられない。
そこのHPにある「メロディが朝鮮の影響云々」は、はっきり言って論外。

まあ、これはあくまでも音楽的な構成に限った話であって、
歌唱などについては朝鮮半島の影響はあると思うが。

48 :男です女です名無しです:04/02/02 23:59 ID:woVn17ZU
ageてみる

49 :男です女です名無しです:04/02/03 10:09 ID:aba6EbLQ
歌謡曲=演歌ではない

50 :男です女です名無しです:04/02/13 16:04 ID:YKfkpsH5
尾崎豊の曲のアレンジを変えると演歌になる。

51 :男です女です名無しです:04/02/13 23:16 ID:ojzIJfnb
>>44
優しい人だな〜、読んでて涙流れたよ。
俺んちも中学から母子家庭、
お金の掛かる事にはワガママ言えなかったなって、
当時の事 思い出してしまった。

52 :男です女です名無しです:04/02/15 02:03 ID:1NUBZM8T
ジャーマンメタルは演歌に通じると言われてた

53 :男です女です名無しです:04/02/16 19:03 ID:AibtTYP0
「演歌は日本の心」って言い方は演歌の現状を見てないor見たくない人
が現状から目をそらすために作った詭弁

54 :男です女です名無しです:04/02/24 21:13 ID:Yg+aGtir
トラッカーは演歌好きが多くデコトラの装飾はジャポニズム
に溢れている。日本の心ということで何か関連があるかもしれない。

55 :男です女です名無しです:04/02/27 16:24 ID:P2H4HyO7
にほんの心は演歌です。と昔、城乃内早苗さんが歌っておられましたね

ポップスは真似事で歌えるけど、演歌は基本が解らないと歌えないと思います。


56 :男です女です名無しです:04/02/27 17:40 ID:tFd939j4
>>55
演歌の基本=にほんの心って意味ですか?

57 :男です女です名無しです:04/02/28 00:23 ID:Tsf7yMqf
>>56
演歌は難しいという事を書きたかったんです
説明不足でスマソ

58 :男です女です名無しです:04/02/28 00:30 ID:QZBlr6pS
和製ポップスはJ−POPなのか?

59 :男です女です名無しです:04/03/10 18:07 ID:yFvwuLLm
演歌以外にないよな

60 :男です女です名無しです:04/03/13 04:58 ID:bUZqlBJl
俺の勘違いだったらすまない。J-POPに圧され演歌は端に追いやられているような
感じがしてならない。もっと対等にならんのかな?演歌は今の若者に
受け入れられるものだとおもっている。何故なら演歌は日本の心だと俺自身
思っているから。

身勝手に長々語ってしまいすまない。俺は演歌を愛している。

61 :男です女です名無しです:04/03/21 04:15 ID:HpGGs5jX
どんな未来が訪れようと 演歌は残ってほしいと思う。

62 :男です女です名無しです:04/04/09 22:47 ID:cuXARVDg
↑よ!お見事!

63 :男です女です名無しです:04/05/16 11:33 ID:B14sSWg2
日本の心は民謡です。演歌は古いJ-POPです。

64 :男です女です名無しです:04/05/16 22:30 ID:WKnyxglR
J-POPと演歌を分ける必要があるのかなぁ…

65 :男です女です名無しです:04/05/16 22:44 ID:lf0RqJ1C
一緒にする必要もある?

66 :男です女です名無しです:04/05/17 03:59 ID:a2dznFek
「演歌」という言葉の起源からいけば、上の方にあったように
政治思想を歌ったもので「演説の歌」ということから演歌に
なったようです。当時は政治思想を声高に演説することは、
弾圧の対象になっていたため、歌にして「歌詞は意味が無い」と
逃げていたそうで、歌詞が全てカタカナで書かれていたことも
あったようです。
音楽的には完全に朝鮮系の影響を受けているようで、戦前から
戦後しばらくまでの流行歌とは一線を画すようですね。

私も「日本の心」というと、民謡ではないかと思います。
もちろん民謡もずっとたどっていくと海外からの影響を受けた
ものもいくらかはありますが、演歌ほどではありません。

67 :男です女です名無しです:04/05/18 18:55 ID:EkN+Hd89
百年後「日本の心」と紹介される音楽はどんな音楽なのか・・・

68 :男です女です名無しです:04/05/19 11:14 ID:E5LW/oZ4
>>67
浪花節だったりして・・・

69 :男です女です名無しです:04/10/18 14:20:39 ID:MdDK1IGn
こういう歴史的考察のスレは一つ必要だと思うのであげ

70 :男です女です名無しです:04/10/22 10:57:12 ID:pD7UXQlK
でましたお得意の、〜の起源、ルーツは朝鮮半島から

何でもパクルなお前らチョソは・・・・
地球上ではいらない人種なのでもう一度日本が
統治しますので全員木偶の棒にケテーイ







71 :男です女です名無しです:04/11/10 14:36:51 ID:ohC8Mdo6
>>70
未来永劫関わりを持ちたくないので統治するとか言わないで下さい。

72 :男です女です名無しです:04/11/14 15:46:15 ID:UdhpVyYA
演歌の歴史に詳しい識者の登場を望むage


73 :男です女です名無しです:04/11/20 17:03:00 ID:M15mRlcm
>>67
J-POPで間違いないよ

74 : :04/11/22 11:57:10 ID:FVX1S5BV
 \蚊なんて古賀政雄がたった一人で作ったものだろうがヴォケ。
金になったから893どもが古賀のエピゴーネンをチマチマ作っているのが現状。
\蚊=893の資金源

75 :男です女です名無しです:04/12/04 13:15:29 ID:R9b9XPmV
明治の演歌は単に名前が同じの別物と考えて問題ないはず。
またあくまで洋楽を日本的に受容したもので
(純)邦楽とは一線を画すものであることまでは異論ないだろう。
でその先が問題。今の演歌は古賀メロディーとはだいぶ違う。
それに演歌は戦後かなり経ってようやくジャンルとしてまとまっている。
その変化を考える上でブルーカラーとの結びつきが重要になると思う。
ブルーカラーは基本的に曲調歌詞共に刺激の強い歌を好む。
戦後のブルーカラーの要求にあわせているうちに自然に
今の形になっていったのではなかろうか?
朝鮮文化の影響という観点も興味深いが、作り手よりもむしろ受け手に
おそらく少なからぬ朝鮮人ブルーカラーがいたことを考える方が重要なのかも。

76 :男です女です名無しです:04/12/08 03:08:56 ID:HnTUUkDO
テレビで北朝鮮の民族音楽を聴いたが
演歌とロシアの民族音楽のミックスみたいだった。
後テンポが演歌の倍くらい速かった。

77 :男です女です名無しです:05/01/08 12:31:38 ID:rOyLum4P
個人的には、もともと歌謡曲は外国のポピュラーソングを日本風に味付けした、
都会的でモダン指向なもので、それに(あえて)民謡や浪曲の要素を取り入れた
のが戦後の演歌というイメージがある。

78 :男です女です名無しです:05/01/15 23:22:36 ID:pg1a7lpn
ロック好きの奴がストーンズとビートルズとかに遡って更にブルースに行き着く、みたいな
話はありがちだけど演歌のルーツを遡る人、言い換えれば好きな演歌歌手だけでなく遡って
オッペケペー節(現代演歌とは異なるにしても)に至る、みたいなケースってあまり無い気がする。

79 :男です女です名無しです:05/01/24 17:11:06 ID:5tIBBcp4
なーぜなーぜわたしをすてた・・・・の渥美二郎さんはいまどうしているのでしょいか、まだながしをしているのでしょうか?
あまりにも自分の半生を歌った歌詞はかなしすぎます。産みの親にすてられ同じアパートのK山さんに育て助けられS本興業の会長に助けられ、今、いまどうしているのでしょうか。
近藤さん(通名)もさぞ心配している事でしょう。

80 :男です女です名無しです:05/01/27 01:43:59 ID:xbz4VR8/
    Λ_Λ    Λ_Λ
    ( __ __)   ( __ __)     /⌒\
   (6 ・ 」・).  (6 ・ 」・)    (    )
    (  ∀)   (  ∀)    |   |
   /    \ /    \   |   |
  ⊂  )   ノ\つ )  ノ\つ  ( ・∀・)  Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (_⌒ヽ  (_⌒ヽ     )   ノ  ( ・∀・) < このスレタイって、
     ヽ ヘ }   ヽ ヘ }   (_⌒ヽ   (_⌒ヽ   \_____
      ノノ `J   ノノ `J     )ノ `J    )ノ `J

     Λ_Λ     Λ_Λ
     ( __ __)   ( __ __)  .  /⌒\
    (6 ・ 」・).   (6 ・ 」・)   (    )
     (  ∀)    (  ∀)    |   |
    /    \  /    \   |   |
  ⊂  )   ノ\つ )   ノ\つ ( ・∀・)  Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    / __ <   / __ <      )   ノつ ( ・∀・)  < ノーヘル賞ものだね。
  /  '´ ヽ ) /  '´ ヽ )   / __  /  / __  /     \_____
∠/    ノノ∠/    ノノ  ∠ '´ )ノ ∠ '´ )ノ

81 :男です女です名無しです:05/02/03 11:32:55 ID:N55BC6ms
かつての作曲の第一人者古賀政男は韓国メロディーから多大な影響を受けたそうだね。
「日本の心」を歌うはずの演歌歌手にもなぜか韓国人や韓国系の人が多いし、
演歌とは実は韓国メロディーだったのかもしれない。

82 :男です女です名無しです:2005/04/04(月) 22:06:26 ID:/5EZP3Ka
昭和後期以降の「演歌」はそれ以前の歌謡とははっきりと区別されます。
戦前の古賀メロディーはどれもテンポが軽快で、とてもモダンですよ。
「軍国の母」などは今の「演歌」に近い、いいようのない暗さを漂わせますが、
それでもだらだらと感情を垂れ流す現在の演歌歌唱とは一線を画しています。
やはり古賀メロディーは、当時の録音で聴いてナンボでしょうね。
そのルーツがどうかという問題はどれも後付の、為にする議論に思えてなりません。

83 :男です女です名無しです:2005/04/04(月) 22:12:37 ID:VTQQPR++
演歌には「怨歌」ばかりでなく、「艶歌」「援歌」もあります。「艶歌」は日本調の艶っぽい歌。「十三夜」「下町育ち」など。「援歌」は応援歌。「365歩のマーチ」「おしてもだめならひいてみな」など水前寺清子がよく歌います

84 :日本人の耳:2005/10/15(土) 06:24:29 ID:YewgutLW
歌謡曲は日本人の歌。鐘の音の余韻をどこまでも聞ける。楽音と雑音に分ける
民族と、雑音も音楽の材料にする民族の差。語尾の微妙なニュアンスを聞き分
けられる日本人。
最近のポップスも演歌もよく恥ずかしくもなく、何のアイデアもなく作品を
発表できる作曲家が多すぎるとあきれている。やがてJ−ポップスも演歌も崩壊して、新しい
日本の歌、が出現し、永く歌える味わいのある曲が出てくることを期待する。




85 :男です女です名無しです:2005/10/15(土) 18:45:28 ID:MNqqj6il
初めて覗きました、書き込むつもりは無かったけど、
>>84日本人の耳 さんの文にひきつけられました、はじめの3行に大拍手
後の3行は「崩壊して」を除き賛成です!

86 :男です女です名無しです:2005/10/27(木) 17:40:28 ID:GPJMfGtd
NHKが夜8時によくやる、演歌・時代劇ミュージカルなどは見るに耐えませんね。
演歌は戦後の輸入音楽で、ジャズやロックより歴史が浅く、
江戸時代には演歌など影も形もないのに、
何で、演歌をタイムスリップさせるんですかね?

それにしても、演歌不振の時代に演歌ショーを何本も作るのは無理。
どの番組も同じ歌手ばかり出すので、新人の出番が減り、
また新人が出ても、自分の歌を歌わせてもらえず、
ますます演歌が低迷しています。

低迷してるのに日本の心とは笑えます。
もう演歌離れは進んでいるんですから。

87 :男です女です名無しです:2005/10/27(木) 18:03:29 ID:IstbWrS7
ワンパーターンのど演歌・糞演歌は聞くに堪えない。日本文化の恥
   尚 曲名を上げるとスレが荒れるので割愛

88 :男です女です名無しです:2005/10/27(木) 18:26:45 ID:6Vcwpv01
>>86
NHKの視聴者も、自分の好きな歌手の姿が見られる、声が聞けるという、
単純な理由で、歌番組を見ているだけ。
勿論、歌手のCDテープなど買うつもりは毛頭ない。
(CDなど触った事も無い層が視聴者の大部分を占めるのでは?)

89 :男です女です名無しです:2005/10/28(金) 02:57:20 ID:F8GCD4lT
NHKの火曜日の放送は我が家の老人も聞いてるよ。
20年前は今のJ-POPにあたる歌手が出ていても演歌じゃないのに聴いてる。
20年目は今頃の音楽はつまらんといっていたくせにこの番組に出ていると
なぜか聴いてる。
 単にNHKの番組創りに共感してるだけかも知れない。

90 :男です女です名無しです:2005/10/28(金) 02:59:01 ID:F8GCD4lT
>89
目は前のあやまり

91 :男です女です名無しです:2005/10/28(金) 03:19:59 ID:qZBtJcu/
中村タカ子に聞いてみよう!

92 :男です女です名無しです:2005/11/03(木) 23:07:54 ID:xajT1BTv
演歌は昭和の心です。

93 :男です女です名無しです:2005/11/05(土) 11:01:22 ID:pGC8PcV4
演歌・演歌系の楽曲が演歌として独立していったのは昭和の終わりごろ
ほとんど大部分の期間は歌謡曲・流行歌だったとおもう。アイドル歌手や
ニューミュージックといわれる歌手・作品が主流になるにしたがい 演歌系の
歌手や作家等がそれらとは一線を引くように離れていったようにおもう。
春日八郎や三橋美智也・三波春夫・・・など演歌歌手とは言わなかった。

94 :男です女です名無しです:2005/11/19(土) 02:31:36 ID:qgVSu0F4
ガキの頃、美空ひばりは演歌歌手だと思ってた


95 :男です女です名無しです:2005/11/19(土) 18:59:07 ID:I2g9nGxg
昭和30年代を代表する、都会派のフランク永井、浪曲調の三波春夫、民謡調の三橋美智也、歌謡曲の春日八郎は、ジャンルは違えどすべて「流行歌歌手」でくくられていた。

96 :_:2005/12/21(水) 04:41:10 ID:0xl8yA1w
NHKでさっきやっていたけど演歌の音階はモンゴルで生まれたんだ
そうな。んで朝鮮半島を経由して日本に広まったんだと。


97 :男です女です名無しです:2005/12/23(金) 14:49:30 ID:HNXoMR3d
演歌は日本の心?俺にとっては、そう思っていないけどなぁ・・・、個人的には、演歌を聴くことからスタートしたもんなあ。

98 :男です女です名無しです:2005/12/30(金) 03:08:26 ID:Fexmz6O7
古賀政男の「かなしい酒」、美空ひばりの「りんご追分」世に名曲といわれるものは、演歌というのとは違う気がする。
歌詞の内容が、酒場の女や漁師を対象としたものが増え、社会の主流から取残された人々に愛される歌ができた。それが今の演歌ではないかな。
カラオケがはやり普通の人達も単純明快、起承転結が同じ歌いやすいメローディー受入れたのだと思う。
しかし余りにもメローディーラインが似かより、粗製乱造の安易な歌詞を作りすぎて、さすがに演歌しか音楽ではないと思う人達にさえ飽きられてきた。
アメリカのカントリーも全く一緒でカーボーイのための分かりやすい音楽が単純な3コードで作りすぎ、だんだんどれも似通ったものになってしまって、ホワイトカラーの人々が離れてしまった。
演歌は日本の心ではなく、主流から置去りにされた人々の心のよりどころだった。

99 :美奈子の手下:2005/12/30(金) 11:24:11 ID:tQul2vuC
演歌板のアホ達よく聞け!

美奈子は氷川以外の演歌歌手なんか糞以下って言ってんだよ?

お前らも早く氷川ファンになって美奈子のご機嫌とれや?
これは美奈子からの命令だぜ?

逆らったらログ確保されるから逆らうんじゃねーぞ?

わかったら糞以下演歌歌手のファンなんか止めて
氷川のファンになれや?

美奈子は本気だぜ?
わかったか能無し中年が!!

100 :男です女です名無しです:2005/12/30(金) 12:05:11 ID:iap0Kn37
ところで美奈子って誰なんだ?
思い付くのは本田美奈子か愛野美奈子ぐらいなんだが。

101 :男です女です名無しです:2005/12/30(金) 12:08:39 ID:Fexmz6O7
吉田美奈子ダベ
mmmm. 斎藤美奈子だ

102 :男です女です名無しです:2006/02/16(木) 11:29:18 ID:zAioeQqS
昭和40年代、GSやフォークに歌謡曲が駆逐されていった頃に演歌が生まれたのでは?

103 :男です女です名無しです:2006/02/17(金) 23:52:30 ID:BQzy+0hj
古賀メロディーは昭和3年に生まれているし
演歌自体は昭和30年に生まれているようだが

104 :男です女です名無しです:2006/02/18(土) 12:17:43 ID:jS8n+zJR
>>102-103
演歌が一般に認知されて『日本の心』とかもてはやされるようになったのなら昭和40年代だ
それ以前の歌謡曲は日本民謡とかクラシックとかジャズ風のものがほとんどで演歌とは異質だ
それがビートルズやディランの音楽が流入して昔ながらの日本の音楽が軒並みが駆逐され
それについていいけなくなった当時の大人たちが演歌に逃げ込んだのだと思う

105 :男です女です名無しです:2006/02/24(金) 10:34:00 ID:ObuC9hBS
住人募集!!演歌くそみそテクニック

 加藤謙のスレはここで我慢しる!
   http://that4.2ch.net/test/read.cgi/enka/1108910865/

 今年は紅白ぜったいね!(中村タカ子さん談)
 演歌ファンからホモマニアの方まで大歓迎!!
 何を書き込んでもOKのスレ!
 来れ廃人!廃盤歌手のスレへ!

 加藤謙プロフィール
  菅原都々子最後の弟子
  ホモ演歌歌手    
  

          ※コピぺ推奨

106 :男です女です名無しです:2006/02/24(金) 10:55:47 ID:C24RQDjw
>>105
このひと早速脳病院につれていかれました

107 :男です女です名無しです:2006/05/31(水) 19:27:55 ID:C7SQ7Otx





























































108 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

109 :男です女です名無しです:2006/08/10(木) 23:04:14 ID:idewXyio
演歌の元祖って川上音二郎じゃないの?
オッペケペー節ってどんな音楽だったんだろう?
どっかに音源無い?

110 :男です女です名無しです:2006/10/24(火) 06:31:47 ID:DSb2+bMo
外国からみれば、日本のメロディーは演歌しかない。
JPOPみたいなのは、韓国にもあるし、台湾、香港、中国どれを聞いても言語の違いをのぞけば国籍は不明に聞こえる。
戦後作られた4,7ぬき音階で作る日本の演歌はその他の国のペンタトニック音階よりも
哀調があるし、長調の4,7ぬきでさえやはりどこかに哀愁を感じさせて、日本の独自性を
だしている。
演歌こそ日本の音楽だ。

111 :男です女です名無しです:2006/10/24(火) 08:45:19 ID:Jthxqmdc
民謡もあるでよ

112 :男です女です名無しです:2006/10/25(水) 11:17:39 ID:v7kFn3BX
現実には四・七ぬき音階は殆ど出つくしてしまったので、今の職業作曲家
の中から新しいメロディーラインが出来る可能性はきわめて低い。
これが演歌の衰退の大きな理由だ。多分年に1-2曲程度しか後世に残らない
だろう。はたしてこれで日本を代表する音楽ジャンルといえるだろうか?


113 :男です女です名無しです:2006/11/02(木) 11:29:19 ID:5nvC+OWp
演歌は日本の心として残る。
しかし現在の演歌はCDの売上も聞く人も間違いなく減っていく。
これは四・七ぬき音階が限界に達しているからだ。
歌手の責任でも作曲家の責任でもない。
四・七ぬきという狭い枠での限界なのだ。

114 :男です女です名無しです:2006/11/02(木) 18:03:22 ID:Ck9nyRaA
>四・七ぬきという狭い枠での限界なのだ。
それはそうとも言えるかもしれないが、
>歌手の責任でも作曲家の責任でもない。
は、完全に作曲家のレベルが落ちていると思う。


115 :男です女です名無しです:2006/11/08(水) 21:54:38 ID:UTklW+XG
この板って他の音楽系板と違って
その板の系統の音楽やってるプレイヤー少なそうだよな。

116 :男です女です名無しです:2006/12/04(月) 09:43:16 ID:OL3f9F9j
これを観たまえ
http://www.youtube.com/watch?v=JBpoCcbX9Rc


117 :男です女です名無しです:2006/12/04(月) 10:03:04 ID:Y/uUL3cb
演歌衰弱歌詞心意味無しナイナイ図崩し
その責任者は知りも(学)ないのに厚黒顔が揮うから

118 :男です女です名無しです:2006/12/04(月) 10:31:13 ID:punT/e28
>>117学が無いのは
×ナイナイ図崩し
○ないない尽くし

119 :男です女です名無しです:2006/12/07(木) 16:16:35 ID:2fXEIRHe
>>28
>>29
そうだね。で、思うんだけど、演歌って何で “不倫”がテーマっぽいのが多いんだろ?

演歌が日本人の心なら、不倫は文化?みたいに公に認められているみたいでイヤだな。

何で、怨念こもった音楽?聞いて酔い知れるのか訳分からん。

120 :男です女です名無しです:2007/02/11(日) 20:33:24 ID:DsvOGCtu
演歌を100%知っているわけではないが一般的イメージとして
女が泣く→男女同権を叫ぶ時代にあまりに時代錯誤
仕事ひと筋→働き者と言えば聞こえがいいが、家庭を顧みない、ワーキングプアなど社会問題に触れる
故郷を想う→国際化に加えネットの普及などで外界の情報が容易に手に入り、故郷にいながら異世界に簡単に触れられる

ってな感じが強い。

121 :男です女です名無しです:2007/02/20(火) 01:49:35 ID:sIUgcIFD
演歌とは男女の機微に関するテーマが圧倒的に多い。
多分にそれは作詞家が日常を過ごす場所が夜の世界だからではないだろうか。
彼らが会社員だったり、スポーツ選手あるいは主婦だったりすれば、社会に根ざした作品になる。
職業作詞家と芸術とは俗と崇ぐらいに両極端だ。
期待する方が無理だと思う。

122 :男です女です名無しです:2008/01/24(木) 17:15:59 ID:jsjN9MkU


123 :男です女です名無しです:2008/01/29(火) 00:26:51 ID:Dvv6ys7k
まあ今の時代に演歌がはやらないのもわかるかもしれないな
演歌は苦しい生活を歌ったものが多いから

124 :男です女です名無しです:2008/01/29(火) 03:35:44 ID:2RyfV1rM
男と女の機微に関する、それもどろどろとしたのが、飽き飽きしているから
氷川きよしのズンドコ≠竍ソーラン節≠ェ良いと思う
戦後派の団塊の世代は暗い男に泣かされる女の歌など聴きたくも無い
罪が無くひたすら元気で可愛い氷川の歌が一番!

125 :男です女です名無しです:2008/01/29(火) 11:02:23 ID:9zGPq+TT
>>124
ファンに合わせて内容が無さ過ぎる。


126 :男です女です名無しです:2008/03/15(土) 06:03:13 ID:9wdwh71F
戦前には演歌なんてなかった気がするが

127 :男です女です名無しです:2008/03/19(水) 23:14:15 ID:Ad7FCzdy
はいはい、おじいちゃん。

128 :男です女です名無しです:2008/03/19(水) 23:51:54 ID:AVIuyfgz
藤山一郎、岡晴夫、灰田勝彦の青春歌謡御三家が亡くなって
から日本の正当派歌謡曲をつぐひとがいなくなって
クサイ演歌がいかにも日本のココロのように
ふるまってる。

129 :男です女です名無しです:2008/03/20(木) 07:13:23 ID:HZPq+N7r
昭和歌謡が絶滅して、演歌が正当な後継者の如くふるまっている
現状はおかしい。

淡谷のり子なんか、ツタヤのCDコーナーで演歌歌手のカテゴリに入ってる。
本人が見たら怒り出すだろう。


演歌歌手が時々思い出したように昭和歌謡を歌いだして

古き良き歌を歌い継いでいきます〜

とか言ってるのを見ると、マジでぶん殴りたくなる。

130 :男です女です名無しです:2008/03/20(木) 23:28:59 ID:TdYoURP2
笹川良一がいけないんだ!
あいつが石油ショック後に
日本の現代文化の発展を拒むために
クサイ演歌をいかにもはるか昔からあった
日本文化のように演出した。
笹川が死んで10年以上たってからは
さすがにマインドコントロールは
とけたね。

131 :男です女です名無しです:2008/03/22(土) 17:41:10 ID:qhvUlG/u
ラッタッター

132 :男です女です名無しです:2008/03/22(土) 22:50:34 ID:xo02BMRZ
笹川良一は、ユダヤの手下だった。
だから あいつは日本が洗練されたオシャレな文化が
花開くのを妨げるためにクサイ演歌をさぞかし日本の
心のように演出して、
日本人のオシャレな向上心を妨げようとしたんだ!

133 :男です女です名無しです:2008/03/22(土) 23:00:34 ID:xo02BMRZ
演歌は日本の心って、言ったって日本人がこよなく
愛する桜について歌った歌は演歌にはなにもないけど、
J-POPでは、森山直太郎、コブクロ、ケツメイシ
が有名だけど
日本の心ってわりにはサクラを歌う曲が演歌には
ないのはどうゆうわけですか?

134 :男です女です名無しです:2008/03/22(土) 23:10:25 ID:xo02BMRZ
ありもしない演歌ブームを支えてるのは朝鮮民族だ!

135 :男です女です名無しです:2008/03/23(日) 00:31:07 ID:stG/XYlb
>>133
ヒント 夜桜

136 :男です女です名無しです:2008/03/23(日) 23:20:47 ID:42tEhSXF
だって、具体的に桜を歌った演歌って
有名なのはないじゃん?
オレが作ったろか?
よし、オレはサクラ(ソメイヨシノ)を歌う
演歌の名作を作曲はできないけど、
作詞してやるぞ。

137 :男です女です名無しです:2008/03/23(日) 23:30:30 ID:42tEhSXF
演歌はクズ。

138 :男です女です名無しです:2008/03/24(月) 07:47:04 ID:sTonI+Zr
>>136

桜を唄った曲はある。
お前が知らないだけ。
勉強してこい。

例えば、福島の「滝桜・・・千年の恋」とかある。
長野の「高遠さくら悲恋」、岐阜の「薄墨桜」とか。

演歌ファンは知ってるぞ。
勉強不足だけ。

139 :男です女です名無しです:2008/03/24(月) 11:05:01 ID:ImdLJRuG
でも桜を歌ったメジャーな曲はないじゃん。
上記の曲にしても五木ひろし、八代亜紀、北島三郎
あたりのメジャーどころに歌ってもらわなけりゃ
世の中に浸透しないわな。

140 :男です女です名無しです:2008/03/26(水) 23:06:39 ID:Akl6MKeV
援歌…北島三郎
艶歌…五木ひろし
怨歌…森進一
炎歌…冠二郎
円歌…千昌夫
ってトコかな。ちなみに細川たかしは円天歌

141 :男です女です名無しです:2008/04/01(火) 22:10:28 ID:BgRerSRd
演歌界は日本の心は演歌といいはるからには、
業界をあげて日本人がこれほど心から愛する桜を
歌った演歌のヒット曲をもっとプロデュース
しなけりゃ、笛ふけど踊らずだわな!

142 :男です女です名無しです:2008/04/07(月) 11:27:55 ID:gOE0BqtX
具体的な朝鮮の歌が無い件

143 :男です女です名無しです:2008/04/07(月) 17:15:55 ID:CosnEA81
飯田さんの今日のIDは何ですか?

144 :男です女です名無しです:2008/04/07(月) 18:49:12 ID:nW6+mBlv
>>139
あるよ、有名なのが。
「夜桜お七」
山川豊の「夜桜」も知る人ぞ知る佳曲。

145 :男です女です名無しです:2008/04/10(木) 05:48:40 ID:asclY6N7
>>142
うん。それがないと検証のしようがない
誰も知らんの?

146 :男です女です名無しです:2008/04/20(日) 11:29:13 ID:ClzyUuEd
>>142
珍島物語

147 :男です女です名無しです:2008/04/20(日) 12:38:16 ID:fSOl4CUM
演歌は50歳以上のための音楽!しかし、ジェロの登場で若者にも支持されだしている。

148 :男です女です名無しです:2008/04/20(日) 15:25:23 ID:HL61BcYY
ジェロは秋元と所属事務所が若い人にも演歌を浸透させようという戦略で呼んだ
人気と話題取りのためのあやつり人形でありこれで若い人が北島三郎や都はるみを
聴くわけがない・・・。せいぜいルックスの氷川が話題取りにソーラン節を
リメイクのがせいいっぱいです。
事務所の戦略としてはジェロは1発屋のつもりだろう・・・。

149 :男です女です名無しです:2008/04/20(日) 15:57:00 ID:/tsr7Aqo
エン カ ヨシ イクゾウ
俺歌 吉 幾三

150 :男です女です名無しです:2008/04/20(日) 21:37:16 ID:HW9coTPM
>>142
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88

151 :男です女です名無しです:2008/04/23(水) 17:24:50 ID:03m6r0gq
演歌歌手は純粋に歌が上手いと思うが、曲のほうが似たり寄ったりなんだよなあ。
演歌界は優秀な歌手より優秀な作曲家をもっと育てるべきだと思う。

152 :男です女です名無しです:2008/05/01(木) 22:26:20 ID:LjoNKoXO
>>151

同感!歌手ばかりではなく、若手の作家も欲しいね。

153 :男です女です名無しです:2008/11/18(火) 12:33:36 ID:qsD6L+Mp
「俺ら、東京さ行ぐだ」「365歩のマーチ」「襟裳岬」みたいな純演歌調から外れた曲がもっと出てこないとダメだね。
極端な話、パンクやメタル調演歌さえあってもいいと思う。

154 :男です女です名無しです:2008/12/20(土) 20:07:20 ID:j5/Q50f3
ジャズやクラシックだって冬の日本海や桜や富士山見ながら聴くと琴線に触れる曲はある。
だから演歌なんていらね。
さっさと絶滅しろ!

155 :男です女です名無しです:2008/12/20(土) 22:12:00 ID:C9RpHfsN
私の母は83歳になるが、やはり演歌はシックリ来るらしい。一番のファンは
亡き美空ひばり。それでも好きな曲、嫌いな曲もあるらしい。母の時代、モダ
ン(?)な人はジャズも聴いていたし、シャンソンにも浸っていただろう。それ
でも主流は演歌(歌謡曲)であったことは事実。今の時代、演歌がしっくり来な
いのも現実。しかしどんなに小さなマーケットになってもシックリする人がい
る以上、演歌は細々ながら生き続けるでしょう。あまり声高に「絶滅しろ!」
なんて言わないで下さい。

156 :男です女です名無しです:2008/12/21(日) 00:11:47 ID:TQP1ooxR
昔(昭和30年代ぐらいまで?)の歌謡曲といま演歌つって売り出されてる曲ってかなり違わね?
昔の歌を残したり発掘したりするのは大事だが80年代以降(カラオケ以降?)の演歌は消滅しても一向に構わんな。


157 :男です女です名無しです:2008/12/21(日) 13:01:00 ID:rJujk1BD
>>154
お前は頭がおかしいんだろ

158 :男です女です名無しです:2008/12/25(木) 15:52:37 ID:pdhxPBT3
演歌は退屈でつまらないから聴いていると眠くなる
だから夜眠れない人は演歌を聴こう

159 :男です女です名無しです:2008/12/26(金) 13:50:13 ID:Kanw5ECU
演歌なんて大規模に捉えた「流行」だろ
廃れるのは当たり前じゃボケ
大体演歌のどこがいいんだ?似たような曲ばかりだわ歌詞は臭いわでいい所無しだろ

160 :男です女です名無しです:2008/12/26(金) 22:48:20 ID:Mtxzhccs
これからの鼠先輩が引っ張る。
ぽっぽ

161 :男です女です名無しです:2008/12/30(火) 01:34:14 ID:RqsQ3mhW
ジェロもいいけど、誰か日本人で逸材はいないのか
相撲だって外国人だらけになってから皆興味なくなってきたからなぁ

162 :國學院大學卒:2009/02/27(金) 21:19:29 ID:G/kuA2S3
薄っぺらいポップスは
もう飽きた。
こってりと義理人情を
歌い上げた演歌希望。

163 :男です女です名無しです:2009/03/03(火) 21:08:42 ID:6OfoGTGJ
>>162
と、低学歴の主張でしたw

164 :男です女です名無しです:2009/04/14(火) 20:46:12 ID:TFj7VdMt
若き頃の村田英雄みたいな
やつが登場しないかな

165 :男です女です名無しです:2009/04/15(水) 15:10:05 ID:Gqnw+PBo
村田先生、三波先生、三橋先生のような逸材が現代には居ないのが問題ですね


166 :國學院大學卒:2009/04/15(水) 20:20:34 ID:9WIjsq68
演歌のテーマは義理人情。
世に人の営みがある限り
消えることなき永遠の
テーマです。

167 :男です女です名無しです:2009/04/20(月) 16:00:47 ID:dtNwO7uf
ラップなんて豚のお経よ!
by美輪明宏

168 :男です女です名無しです:2009/04/22(水) 21:34:38 ID:hoLT9upv
最初の演歌はラップだったじゃないですか
オッペケペー節

169 :男です女です名無しです:2009/04/24(金) 03:21:00 ID:iI0uNAQz
演歌は日本の心ですという概念を捨てなきゃ演歌界には未来がない。

いくら高齢化社会とはいえ演歌関係者や演歌の指示層は先ぼそりするだけ。

よく言われているように演歌の新しい作り手がいないというのが、最大の要因だしまったく意識改革がされてないのも大きい。

一番手っ取り早いのは明治維新や戦後みたいに古いのは徹底的に排除して灰の中から新しい演歌を現れるのを待つことだね。


そうか本当の名曲だけを歌い継がせて古典芸能化にするかとかw

170 :男です女です名無しです:2009/05/04(月) 08:30:18 ID:r5uN4PPW
倒産する会社みたいだな

171 :男です女です名無しです:2009/05/04(月) 19:03:24 ID:Y/7oFkvm
竹島宏 山内恵介 松原健之 長谷川真吾

期待の若手の名前並べてみたけど、名前からして売れなさそう。
こんな平凡な芸名付けたの誰だよ。やっぱ老害のお師匠様か?
氷川きよしって良い名前だなぁ〜 
名付けたのはビートたけしだっけ 
やっぱ外部の人間が関わらないと駄目だなぁ

172 :男です女です名無しです:2009/07/01(水) 17:52:43 ID:XyveuPRx
>>53 まったくその通りです。あなたは正しい。

173 :男です女です名無しです:2009/07/01(水) 21:42:52 ID:HUnG3vz8
芸名なんかいらないんじゃないか?
本名で売り出して素の自分を見せるほういいだろ

174 :男です女です名無しです:2009/07/01(水) 23:56:33 ID:WlHw2tir
>>109
若干遅レスだが、あれはむしろラップだ。
演歌の直接の原点は「籠の鳥」や「船頭小唄」だと思う。

175 :男です女です名無しです:2009/11/26(木) 22:18:59 ID:QqxGH1gy
50歳なんてビートルズ聴いてた世代かそれより下だよ。
最も洋楽の黄金期を日本にいながら味わえた世代。
その世代の人間達が演歌なんて好むわけない。
演歌なんてもうかなり高齢者のたしなみ程度じゃないの?

176 :男です女です名無しです:2009/11/27(金) 06:42:47 ID:XTTW1ai3
50歳です。中三トリオと同世代。スター誕生とか毎週見てた。
ビートルズは姉の世代。大学時代はチューリップとかユーミンが人気。
カラオケで歌うのはイルカの「なごりゆき」。
マイケル・ジャクソンも同世代で良く聞いた。
演歌を聴きだしたのは最近。Jpopは全く興味ない。

177 :男です女です名無しです:2009/11/27(金) 21:55:02 ID:Krh9PvKA
演歌なんて70〜80年代が黄金期で90年代あたりは既に衰退し始めた。
演歌が元気だった時代は邦楽も洋楽も元気な時代だった。
今は演歌に限らず音楽業界全体沈んでる。

178 :男です女です名無しです:2009/11/28(土) 02:29:29 ID:0I/1Q3Rv
演歌歌手って女性はバーのホステス (銀座の一流から場末まで)、
男性はヤクザ(親分からちんぴらまで)に見える。
歌ってる世界もアナクロで古くさい。義理人情とか情念とか「情」
にこだわりがある。ウエットで湿っぽい。
韓国人の友人がいるけど、演歌は韓国歌謡に近いと言ってた。

179 :男です女です名無しです:2009/11/28(土) 18:11:26 ID:5hM7J70O
クラシック、ジャズ、ロックその他邦楽の名曲なんかは時代を超えても他の演奏家や歌い手にカバーされて次の時代にも引き継がれてるけど演歌はそういうの聞かないな。
津軽海峡冬景色とか雨の慕情なんかを新しい世代の歌手が歌ってもいいんじゃない。

180 :男です女です名無しです:2010/01/27(水) 06:28:36 ID:mUDWBPp5
演歌は間違いなく日本の心です
おじいちゃんおばあちゃんを大切にするように、
演歌を大切にしていきましょう

181 :男です女です名無しです:2010/01/27(水) 15:46:22 ID:VbTarEK5
>村田先生、三波先生、三橋先生のような逸材が現代には居ないのが問題ですね

大江裕を浪曲や民謡で鍛えたら40までには何とかなるだろう。

182 :男です女です名無しです:2010/02/19(金) 06:53:00 ID:bSNotGE2
年取るとさみしくなって、自分の生まれた国がいとおしくなるもの。
ど演歌は確立した形式美で日本歌う。
>>179,181
島津亜矢がそれだ。

183 :男です女です名無しです:2010/05/01(土) 13:21:15 ID:RBMnsL6e
>>96
>NHKでさっきやっていたけど演歌の音階はモンゴルで生まれたんだそうな

ええ!?NHKの人がそんなデタラメを言ったんですか?
モンゴルから東西に広がったのは民謡の音階(ニロ抜き短音階)ですよ。
演歌のヨナ抜き長音階(ドレミソラド)は、田舎節(「ソーラン節」など)の音階(ラドレミソラ)と似て非なるものでして、
雅楽の律音階(ソラドレミソ)とも似て非なるものです。
演歌のヨナ抜き短音階(ラシドミファラ)は、都節(「さくらさくら」など)の音階(ミファラシドミ)と似て非なるものです。
演歌は、曲が始まって途中までは伝統音楽っぽく聞こえるのですが、最後は西洋式にドかラで終わる雑種の音楽です。
これに対して、ニロ抜き短音階(ラドレミソラ)は田舎節音階(ラドレミソラ)と同じです。たとえば、演歌ではないが
ピンク・レディー「ペッパー警部」
途中で他の音も使われていますが、ほぼ純粋な日本民謡です。他にも
キャンディーズ「春一番」
かまやつひろし「我が良き友よ」
沢田研二「時の過ぎ行くままに」
JITTERIN'JINN「夏祭り」
演歌にも、ヨナ抜きより数は少ないがニロ抜き短音階=田舎節音階の曲があります。たとえば
美空ひばり「リンゴ追分」もともと民謡調だから当然か。
北島三郎「与作」    歌詞が民話調なので、作曲家も民謡を意識したか?
五木ひろし「夜空」   歌手は明らかに演歌として歌っているが、曲は民謡。男が泣く歌なので現代的かも?
因みに、ニロ抜き長音階(ドミファソシド)は琉球音階(ドミファソシド)と同じです。

関連スレ?音楽一般板
【ヨナ抜き】音階から邦楽を語るスレ【ニロ抜き】
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/music/1272110865/


184 :男です女です名無しです:2010/05/01(土) 16:42:05 ID:RBMnsL6e
民謡音階がモンゴル起源と言いきれるかどうか・・・
ブルース→ロック、ジャズで使われるブルー・ノート・ペンタトニックはラドレミソラである。
アフリカ起源かもしれない?

185 :男です女です名無しです:2010/05/02(日) 07:46:14 ID:iWB+7MgI
ラドレミソラで正しいけど、ドミ♭ファソシ♭ドと書かないとブルー・ノートらしくないね。
フラットを取ると沖縄音階になる。

186 :男です女です名無しです:2010/05/02(日) 19:53:41 ID:iWB+7MgI
ヨナ抜き長音階はスコットランド民謡や米国のカントリー・フォーク、南米のフォルクローレでも歌われ、国際的に人気がある。
ニロ抜き短音階も北ユーラシア一帯、アフリカ、米国のブルース・ロックンロールで歌われ、同様にグローバルである。
演歌で圧倒的に多いヨナ抜き短音階は、日本に特有のものらしいが、あまりに暗い。
これからはニロ抜き長音階(琉球音階)の曲を作って欲しい。


187 :男です女です名無しです:2010/05/03(月) 01:16:36 ID:H05LQsNL
演歌で100年後に残ってる曲はあるかな?

188 :男です女です名無しです:2010/05/03(月) 02:01:44 ID:+pk3WHEz
>>186 訂正
南米のインディオやネイティブアメリカンはニロ抜き短音階(マイナーペンタ)だったようです。
北ユーラシアと共通か・・・

>>187
ないんじゃね?

189 :男です女です名無しです:2010/05/03(月) 11:35:38 ID:H05LQsNL
>>188歌謡曲ならどうだろ?
琉球歌からは、花が残るな

190 :男です女です名無しです:2010/05/03(月) 15:17:26 ID:+pk3WHEz
>>189
「島唄」もいいと思う。琉球音階は不思議に癒される
「島唄」は、もともと沖縄でなく奄美群島の民謡を指す言葉なので怒った人もいるがw
歌謡曲では「時の過ぎゆくままに」が良いね

191 :男です女です名無しです:2010/05/03(月) 15:32:30 ID:31vAggrG
民主が国会から無理やり法の番人追い出して、 違憲なヤバイ法案全部通そうとしている。
【政治】小沢2法案の行方で後半国会大荒れ必至 議会制度協議会を開催しないまま与党が法案の採決を行えば、憲政史上初★2
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1271346252/
【民主党】国会法改正案【やりたい放題】
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1268913963/

国会法改正案に盛り込まれるもの
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100317/stt1003171902014-n1.htm
(1)国会で答弁する政府特別補佐人から内閣法制局長官を除く
(2)副大臣、政務官の定数を増やす
(3)政府参考人制度の廃止
(4)行政機関の職員や学識経験者らからの意見聴取会の開催

例えば、外国人参政権について
●before
与党「外国人に参政権法案を提出します」
野党「これ憲法に違反していない? 憲法解釈の専門家連れてきて」
内閣法制局長官「最高裁での判決は、参政権を国民(日本国籍者)以外に与えるのは違憲であると判断されています」
●after
与党「外国人に参政権法案を提出します」
野党「これ憲法に違反していない? 憲法解釈の専門家連れてきて」
小沢「合憲だよ合憲」 鳩山「合憲ですね、最高裁(の傍論)でも認められています」 枝野「ゴウケンデス」

その他、専門家である官僚答弁が禁止されることで
ありとあらゆる物事に対して「専門家である官僚の解釈」が失われ、「素人に毛の生えた閣僚の解釈」が国政を左右することになります

192 :男です女です名無しです:2010/05/03(月) 16:27:26 ID:Yt0QJbnu
日本人は演歌を歌って日本人の魂を取り戻し団結して韓国に負けないように
せねばシェアどんどん奪われる〜。

193 :男です女です名無しです:2010/05/08(土) 14:45:14 ID:3cCUneN+
演歌の基本型は3種類
@明るい演歌 A民謡っぽい演歌 B暗い演歌
@はドレミソラド (ヨナ抜き長音階=メジャー・ペンタトニック=カントリー調)
Aはラドレミソラ (ニロ抜き短音階=マイナー・ペンタトニック=ブルース調)
Bはラシドミファラ(ヨナ抜き短音階)超マイナー・ペンタとでも言うべき?
@Aの音階は古今東西あるが、Bは近世の日本と韓国ぐらいしか無いようだ。

エチオピアの歌が演歌だ!という噂を聞いたので調べてみたが、Aの民謡音階のようですね。
ttp://www.youtube.com/watch?v=2x547D6BHzM

194 :男です女です名無しです:2010/05/09(日) 15:05:37 ID:M4XALY4/
演歌は日本語の歌詞を大事にして、ユリやコブシを多く使う、
という音楽的特徴もあるだろう。
しかし、歌手が演歌系の人脈につながっていて、「自分は演歌歌手だ」
と思っていれば演歌、という定義しかできないような気もする。


195 :男です女です名無しです:2010/05/09(日) 18:59:18 ID:vQKjTU5O
演歌板一とんちんかんなスレはここですか?



196 :男です女です名無しです:2010/05/09(日) 20:28:34 ID:BcXfH1ZM
これが演歌の神髄。
沁みるよ…。

http://www.youtube.com/watch?v=D3-TgDjcBL0&feature=related


197 :男です女です名無しです:2010/05/10(月) 20:49:19 ID:tjrI0v5m
浪曲が演歌のルーツ。

198 :男です女です名無しです:2010/05/15(土) 18:00:02 ID:J4vig/77
天皇陛下の即位十周年式典ではYOSHIKIが、二十周年にはEXILEが奉祝曲を歌った。
演歌歌手たちはどう思って聴いたのかな?

199 :男です女です名無しです:2010/05/15(土) 20:00:25 ID:psqvVx12
なぜそこで演歌歌手が出てくるんだ?
EXILEでも演歌歌手でもなく、オペラ出演歴のある本物のクラシック歌手の出番だと思うが

200 :男です女です名無しです:2010/05/15(土) 20:16:45 ID:J4vig/77
>>199
いや、一応「日本の心」を自称しているから。
というか、西洋クラシックはないでしょ。
雅楽がいちばんふさわしいと思う。

201 :男です女です名無しです:2010/05/16(日) 05:34:18 ID:GMZelrXp
はからずも演歌の本質をえぐったなエグザイルが。
股旅もの、ネオン街もの、漁師ものなど、演歌は日本人の一般庶民
の心情を歌ったものだな。そこには反権力のにおいがある。
天皇には似合わない感じだ。

202 :男です女です名無しです:2010/05/16(日) 12:27:13 ID:uSrm6x6X
EXILEの奉祝曲は「太陽の国」「太陽の花」だったか。
演歌に「夕日」はあるが、「太陽」「朝日」は滅多にない。
ちあきなおみの「朝日のあたる家」は米国のブルース。


203 :男です女です名無しです:2010/05/23(日) 01:03:31 ID:Q6xDHiZd
>天皇陛下の即位十周年式典

藤山一郎にやってほしかった(とっくに亡くなってるけど)

204 :男です女です名無しです:2010/05/29(土) 14:56:53 ID:NopsLwrB
演歌は内容が俗っぽいし、歌い方が下品な歌手も多いから、
改まった席で歌うには場違いにも程がある。
庶民が居酒屋やカラオケで楽しめば良い。

205 :男です女です名無しです:2010/05/30(日) 14:44:47 ID:CRyj2mw8
ピアニストの辻井伸行氏も、カラオケでは氷川きよしを歌うという。
西洋音楽は日本人にとっては「よそゆきの音楽」に過ぎない。

206 :男です女です名無しです:2010/05/31(月) 00:07:02 ID:kfH35qLU
氷川きよしだろうが「荒城の月」だろうが、舶来の音階で書かれ舶来の楽器で演奏されるわけだが

207 :男です女です名無しです:2010/06/03(木) 07:49:46 ID:mMcqPJ7c
>>201
左翼は死ね

208 :男です女です名無しです:2010/06/05(土) 13:33:44 ID:Ed35zr5g
>>206
音階や楽器は西洋だが、コブシや発声法は西洋ベルカントではなく、浄瑠璃や浪曲の伝統を生かしている。
民謡風の演歌は民謡音階(ラドレミソラ)そのものだし、三味線も使われる。


209 :男です女です名無しです:2010/06/05(土) 15:49:34 ID:Gr0H9scB
音楽のジャンルに違いがあっても、故郷や母を題材にした曲は多くの日本人の琴線に触れる。
日本の心を表現する方法が演歌である必要はないと思う。

210 :男です女です名無しです:2010/06/06(日) 12:43:00 ID:pO/w8NjU
内容はそれを表現するのに最もふさわしい形式を生みだすものだ。
七五調、こぶし、演歌こそ日本人の歌にぴったり。

211 :男です女です名無しです:2010/06/07(月) 05:09:18 ID:CeNJgUiR
ロックもジャズも
演歌歌手が歌えば演歌です。

212 :男です女です名無しです:2010/06/07(月) 07:23:26 ID:0DV/rt3k
演歌って純日本製ではなく元は朝鮮民謡でしょ?

213 :男です女です名無しです:2010/06/07(月) 16:17:32 ID:2Q/cVr6M
いいえ、謡曲、長唄、小唄、端唄、都都逸から浪曲まで
日本のオリジナリティがいっぱい詰まってます。


214 :男です女です名無しです:2010/06/07(月) 16:32:55 ID:DwNkPG0Z
「日本の心」とは具体的に言うと何ですか

215 :男です女です名無しです:2010/06/07(月) 18:09:06 ID:19hXNIRU
>>213
いやいやそれはボーカル表現の部分で楽曲の根幹ではないよね?
朝鮮民謡をギター曲にまとめた「古賀メロディ」が今の演歌の母体なんでしょ?

「日本の心」のようなコピーが演歌に付くのは個人的に抵抗があるな
(否定はしないし演歌好きの人を悪く言う気もないけど)
俺としては「日本の心」=「童謡」かな。(西洋音楽だけどw)

216 :男です女です名無しです:2010/06/08(火) 09:19:11 ID:ueitVoMa
>>215
ギター曲といった時点で、すでに西洋音楽w
>213が正解

217 :男です女です名無しです:2010/06/08(火) 16:17:22 ID:8PjV//nD
流行歌の一種である演歌はヒットしてもその世代がいなくなれば忘れ去られる。
先細る一方でヒット曲の出ない演歌より、童謡や唱歌、抒情歌のように
流行り廃りのない歌の方が日本の心を伝えるのに適している。

218 :215:2010/06/08(火) 19:22:36 ID:+zzBxEme
>>216
>ギター曲といった時点で、すでに西洋音楽w
わ、わけがわからんですよw

219 :男です女です名無しです:2010/06/13(日) 11:47:41 ID:ggZhpGax
ギターは西洋の楽器だから。
やっぱり三味線、お筝(琴と筝は違うが)、尺八ですよ。

220 :男です女です名無しです:2010/06/13(日) 12:22:39 ID:7CIa3HdT
>謡曲、長唄、小唄、端唄、都都逸から浪曲まで

どれも事実上ほぼ全滅状態にあるものばかりだな。
都々逸だけは僅かに笑点で生き残ってはいるか。

221 :男です女です名無しです:2010/06/13(日) 14:25:24 ID:QJzXu/pc
長年演歌のこぶしやえぐる様なビブラートを嫌悪してきたけど
JポップJロックJラップの劣悪さも凄まじい
やっぱり日本語は音楽にのりにくい
童謡と質のいい歌謡曲だけでいいわ

222 :男です女です名無しです:2010/06/16(水) 22:09:23 ID:krR5b6wd
演歌を一括りに日本の心だとするのは違和感があるが、
東京だョおっ母さんは演歌が生み出した究極の日本の心だと思う。

223 :男です女です名無しです:2010/06/17(木) 06:36:36 ID:BAmrKs5c
歌は時代を映した鏡だと言うが、日本の心も日本の古里も失った現代
歌を作っても演歌にならない。やはり演歌は昭和時代の遺物だ

224 :男です女です名無しです:2010/06/17(木) 14:15:50 ID:utB+BZ4P
演歌ってそんな小難しく考えるようなジャンルの音楽かよ

225 :男です女です名無しです:2010/06/17(木) 19:39:25 ID:e80RmAA5
演歌を聞く層に低学歴が多くいるのはガチ。接点のある職業といえばトラック野郎、祭りの出店、農家、田舎の旅館など。逆に洋楽、洋画かぶれは学歴高い場合が多い。何故なんだぜ?

226 :男です女です名無しです:2010/06/17(木) 22:13:23 ID:utB+BZ4P
>>225
これ以上ない恥ずかしいレスを堂々と書けるとはいい根性だな

227 :男です女です名無しです:2010/06/17(木) 22:27:06 ID:Ao1q62ua
>>225
疑問型に「だぜ」は使わないだろ馬鹿

228 :男です女です名無しです:2010/06/17(木) 23:24:15 ID:KnyJn+Ww
>>225
ラジオをかけながら野良仕事しているからだろう

229 :男です女です名無しです:2010/06/17(木) 23:38:41 ID:/6+ydH7c
労働歌の要素が確かにあるな
西洋音楽はダンスミュージックが基になってるケースが多い

230 :男です女です名無しです:2010/06/18(金) 00:54:39 ID:JGAxWw8n
>>225
エイベックスヲタのくせに

231 :男です女です名無しです:2010/06/18(金) 06:32:26 ID:oF38J7kH
>>225
朝食にパンにコーヒーの人と、ご飯に味噌汁の人の違いでもある。

232 :男です女です名無しです:2010/06/18(金) 10:15:55 ID:0+LxQ9A7
>>225
そんなデータが実際に出てるのかよ


233 :男です女です名無しです:2010/06/18(金) 11:50:07 ID:DaVAIkC+
演歌にしろポップスにしろ大衆音楽だからな。
エリート階層は俗に映るのは確かだろう。
基本的にクラシックや童謡などを好む人が多い。

去年童謡のコンサートに行ったらお忍びで皇后陛下が
いらっしゃって驚いたが演歌のコンサートに来ることはないだろう。

234 :男です女です名無しです:2010/06/18(金) 17:43:21 ID:r9jHB+Wk
演歌好きに品やセンスが無い人が多いのは事実
演歌以外の音楽に興味が無く、他の音楽をけなす「演歌一本」の人も多い
クラシック愛好家にも「クラシック以外音楽ではない」的な人は居るが品やセンスは対照的
こんな感じかな?

235 :男です女です名無しです:2010/06/18(金) 18:08:09 ID:JGAxWw8n
>>234
「熊井はでかい」まで読んだ

236 :男です女です名無しです:2010/06/18(金) 18:19:22 ID:X9Ue/JBE
演歌というのは江戸時代からある田植え唄や茶摘み唄みたいな民謡にルーツがあると思う。
上流階層と相容れないのは当然ではないか。

237 :男です女です名無しです:2010/06/19(土) 06:59:33 ID:pzpCvIXt
>>232

君の周囲の人を観察してごらんよ。


238 :男です女です名無しです:2010/06/19(土) 07:11:14 ID:pzpCvIXt
>>234

服装や階級にも強く反映されていますね。リスナーも歌手本人も。演歌歌手の出身はたいてい地方漁村の貧乏一家及び底辺高校卒。坂本冬美なんて工場勤務あがりでしょ。
坂本龍一は芸大卒。

239 :男です女です名無しです:2010/06/19(土) 11:00:07 ID:YqSOTYu5
歌手が表現する詞の世界を読み取り心に響くものがあれば
芸術であると言えようが、テレビなどの場合歌詞を省略して
歌うことが多い。演歌は芸術ではなく娯楽として捉えている人間が
多い表れだろう。だから演歌の地位は低い。

240 :234:2010/06/19(土) 17:39:24 ID:VaYs7EIX
>>238
ちょwあくまで俺は傾向があるって言ってるだけだよ(偏見イクナイ)
>>239
娯楽から芸術へ昇華した音楽は多いんだけどね
ジャズ、ロック、オペラetc、クラシックでさえ当時のダンス音楽の要素があるしね

俺の勝手な考えだが、演歌はボーカル表現に純日本的な浪曲や都都逸etcの
「節まわし」を入れたこと、又それを誇張してしまったのが好き嫌いを分けてる気がする
童謡がルーツ音楽の俺はロック〜クラシックまでOKだけど、こぶしのきいたド演歌は・・・w
純日本的な浪曲や都都逸なんかは別に嫌な気はしない(詩吟はキツイが、、、)
あと、日本人はボーカルしか聴かない(聴けない)人が多いね
楽曲を「うた」と言う。やっぱり日本語がリズムの言語では無く「節」の言語だからじゃないかな?
「うた」は日本人にとって元来歌うものではなく読むものだった 
色々考察すると面白いね!

241 :男です女です名無しです:2010/06/20(日) 00:14:58 ID:Ao3q/oN5
学歴厨氏ね
ゴチャゴチャとやかましいんじゃ

242 :男です女です名無しです:2010/06/20(日) 18:52:09 ID:WDV83/p3
だからそういうところが・・・・

243 :男です女です名無しです:2010/06/20(日) 21:00:00 ID:Ao3q/oN5
>>242
> だからそういうところが・・・・

後に続く言葉は何だ?演歌板ってこういうレス多いな

244 :男です女です名無しです:2010/06/20(日) 21:44:29 ID:7MZmP4o1
歌詞の意味が理解出来ないことが多そうですね

245 :男です女です名無しです:2010/06/21(月) 21:42:43 ID:m9LyDPg/
でも演歌を好む世代と童謡を好む世代ってほぼ共通じゃねえか?
中年世代だと子供に童謡を押し付けたがることはあっても実際に自分が
童謡を好きな訳じゃない。
若年以下だと放っておいたら童謡なんぞには絶対に見向きもしない。
結局音楽の好みが演歌とか童謡ってのはどっちにしろ現時点で70代以上の
老人層ぐらいのもんだろ。
60代になるともうどちらもかなり怪しくなる。

246 :男です女です名無しです:2010/06/21(月) 22:26:27 ID:8ZjlcjT/
60歳前後だとニューミュージックやフォーク若しくは洋楽だな
演歌と童謡ならまだ童謡の方が馴染みがあるという世代だ

247 :男です女です名無しです:2010/06/22(火) 00:00:56 ID:VCuyhMpm
>>246

オヤジは団塊だけど田舎者だからか井上陽水の曲さえ知らないぜww 農家で洋楽ファンの団塊なんて会ったこともないけどね。

248 :男です女です名無しです:2010/06/22(火) 00:16:18 ID:VCuyhMpm
>>245

よく新聞広告で昔の日本家屋の絵をイメージして、童謡CDの通販を展開してる会社あるけど完全に老人層しかターゲットにしてないな。

249 :男です女です名無しです:2010/06/22(火) 06:47:02 ID:x6T9dEZJ
若い世代にまで人気だった演歌(青春歌謡)は星影のワルツまで。
それ以降に青春時代を送った人は演歌を聴く人が少ない。

250 :男です女です名無しです:2010/06/22(火) 08:45:29 ID:ijT0SSjV
逆に青春歌謡を聴いていたひとたちは、演歌はほとんど聴かない。


251 :男です女です名無しです:2010/06/22(火) 09:37:53 ID:cLWbTo1p
昭和30年以降に生まれた人(55歳以下)は都会の音楽が田舎にも伝播していたから
演歌派はごく少数に限られる

252 :男です女です名無しです:2010/06/22(火) 14:40:35 ID:y1uM7T7R
演歌の定義えを具体的に教えてください!

メロディー、歌詞、歌唱法(こぶし)なんですかねえ?
昭和40年代前半までは、浪曲、民謡、詩吟、流行歌、歌謡曲というジャンルはあったけど
演歌って言葉は無かったようなんですが・・・。
これが演歌だ!って知ってる歌に詳しい方、お願いします

253 :男です女です名無しです:2010/06/22(火) 17:34:53 ID:VCuyhMpm
団塊なんて日本一のレコードセールスを誇るB'zの存在の認識すら怪しい世代www あいつら基本的に横文字音楽にテンパる習性があるよな。

254 :男です女です名無しです:2010/06/22(火) 19:16:17 ID:e7u6qDVu
>>252
つ「wiki」
>>253
B'zは知らないほうがいい。ド演歌並にひどい音楽だ。

255 :男です女です名無しです:2010/06/22(火) 22:20:30 ID:CIwELbDp
1960年代後半からグループサウンズ、加山雄三らのシンガーソングライター、
などが歌謡曲から分化。70年代に入ってGSがアイドル歌謡に、シンガーソング
ライターが拓郎、陽水らのフォーク、さらにニューミュージック、J-POPへ。

若者がそれらに引っ張られ、残った大人をターゲットにした歌謡曲が演歌となったのかな。
決定的だったのが、72年、73年オリコン年間連続1位の「女の道」74年オリコン
年間1位の「なみだの操」のど演歌、いっさいのモダニズムを排した古臭さへの回帰。
このスタイルが今日、演歌として継承されてるのでは。

256 :男です女です名無しです:2010/06/23(水) 07:25:03 ID:HitajAxf
いわゆる漫画世代、ガンダム世代の音楽的センスの無さは超怒級w


257 :男です女です名無しです:2010/06/23(水) 09:58:39 ID:PE7vksvg
ジャンルは違えど小室は日本のポップスのクオリティー向上に本当に貢献したと思う。彼は作詞作曲アレンジ、演奏までやるわけだから、。

258 :男です女です名無しです:2010/06/23(水) 12:28:43 ID:EjcC58YF
多くの演歌は世相を反映していないため現実感がない。
高度成長と共にそれまで流行歌が題材としてきた日本の原風景が
急速に失われ、現実世界と乖離し始めた。
今の演歌は昭和30年代前半の流行歌の延長線と考えていい。
フォークやポップスの方が本来の流行歌の性質を帯びている。

259 :男です女です名無しです:2010/06/23(水) 13:25:08 ID:c/gxOS7H
昭和30年のヒット曲
月がとっても青いから 月が明るく感じることなどあるのだろうか
この世の花 想わぬ人に嫁ぐことなどあるのだろうか
りんどう峠 馬に乗って嫁入りすることなどあるのだろうか
おんな船頭唄 観光でない渡し舟はどれくらい残っているのだろうか

隔世の感があるが詞の世界が現実にまだ残っていたのだろう

260 :男です女です名無しです:2010/06/23(水) 18:24:25 ID:w0lQKkE7
「女の道」「なみだの操」このレベルになると○○ガイに思えてしまう
>>257
小室は日本のレベルの低い音楽をさらに劣化させた張本人の一人
曲にのせた日本語の美しさ・良さを徹底的に破壊してしまった(子供の替え歌レベル)
それが今のJ-POPなどへ引き継がれてる
スレ違いだからこのへんで、、、

261 :男です女です名無しです:2010/06/24(木) 12:18:19 ID:YP3L8c1c
>>260
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


これがキモい(笑)

262 :男です女です名無しです:2010/06/24(木) 22:26:43 ID:EJvDjj/g
日本の情緒も風情も感じなくなった殺伐とした世の中で育って
演歌の作詞や作曲が出来る若者はいるのかな

263 :男です女です名無しです:2010/06/24(木) 23:33:25 ID:JeBaQo9Y
演歌にシンガーソングライターっていないよな

264 :男です女です名無しです:2010/06/25(金) 06:44:00 ID:RhI0obvL
吉幾三がおる。
歌番組が激減したのが流行歌衰退の直接的原因だろう。それは視聴率が取れなくなったから。
なぜ大衆が飽きたのか?80年代に入るとすべて二番、三番煎じの感が。
業界がターゲットを絞ることで国民的大ヒットが消えた。娯楽の多様性で相対的に流行歌の地位の低下。
演歌は保守的になった。それは流行歌の生命を消した。J-POPはアメリカ音楽にキャッチアップしすぎて
日本語の歌が乗らなくなった。


265 :男です女です名無しです:2010/06/25(金) 17:25:39 ID:4cjFvEtl
>>264
吉幾三がいましたか
彼は生粋の演歌人じゃないからかもね
生粋の演歌界の人ってどこか勘違いしてる所があると思う
先生とか弟子入りとか苦節○年とか
演歌を格式のある特別なものと思ってる、または思いたいようなね

266 :男です女です名無しです:2010/06/25(金) 17:45:34 ID:RhI0obvL
御大とひばりを頂点とした権威のヒエラルキーが表向きは支配してる感じ。
大物ほど誰も逆らわないから、裸の王様状態で、本人も楽したいからレッスン
手抜く。声も出ない、歌下手でもそれが個性だと勘違い。40才でも若手扱いして、
出るクイを打つ。完全に懐かしの老人歌手集団になっていて、後はシラネという感じ。

267 :男です女です名無しです:2010/06/25(金) 18:04:39 ID:WhhMmIU5
20歳前後が肉体的にピークなのに演歌界ときたら下積み下積みで
気付いたら30代半ばの歌手が多すぎる
氷川きよしみたいにデビューと同時に売れないとダメだ

268 :男です女です名無しです:2010/06/25(金) 18:17:21 ID:4cjFvEtl
そして大衆からの乖離が益々進む
一種壊滅へ突き進むカルト教団の幹部と信者みたいだね
ま、信者(演歌マニア)もお布施(CD購入)しないんだけどw

269 :男です女です名無しです:2010/06/25(金) 18:29:59 ID:fO0lLEzm
演歌業界の人間はそれが解らないんだよ
修業させてるうちに旬を逃して失敗してる例なんかゴマンとあるのに、それを全く反省しないもんな

下積み、修業で苦節何年とかそんな威張れるようなもんか?
演歌はある程度年齢行ってから唄うのが味が出るとか錯覚だろ。都市伝説の一種だな

270 :男です女です名無しです:2010/06/25(金) 19:56:26 ID:V8m1j+3/
いやそうじゃないだろ。
歌手が20代までのときには同世代には全く見向きもされず、演歌を好む
老人層には若造と鼻にも掛けられないのでレッスンとどさ回りで時間潰しを
せざるを得ないだけだろ。
歌手が中年層に入ってようやく老人層に「おっ?こんなのがいたのか」と
気付かれる可能性が出て来て運がよければある程度名が売れる。
場合によっては 吉幾三のように全く別のジャンルから取りあえず知名度だけ
強引に上げると言う荒技を使う。
作り手どうこう歌手がどうこうと言う話じゃなくて、もう演歌はどうやっても
受けなくなっているんだよ。
今や老人層でさえ新人の老人は演歌に見向きもしていない。
長山洋子もミキティーも演歌に手を付けた途端にそれまでのヲタがパッタリ
反応しなくなった惨状を見ている水樹奈々なんて結局は演歌に染まることは
ないだろう。
彼女が30代半ばになる頃には大方の演歌支持層が出口を跨いでいるだろうから。
大御所にしたって北島三郎あたりなんかは別に素でふんぞり返っているんじゃ
なくて「大御所キャラを演じて色物的に振舞う」しか大衆に切り込む手段が
ないってことを受け入れちゃってるんじゃないの?
業界の人間だって売るために修行させてるんじゃなくて、売る手段が
どうやっても見つからないから修行という大義名分で時間稼ぎしてるんだよ。

271 :男です女です名無しです:2010/06/25(金) 20:09:51 ID:VMI/M6tD
演歌を聴く層に合わせて内容も老人向けになっている
50年前は希望、初恋、望郷を題材にしたものが流行ったが
最近は年寄り向きの名所、老夫婦、孫を題材にした唄が流行る
演歌も確実に老いている

272 :男です女です名無しです:2010/06/25(金) 20:23:24 ID:WhhMmIU5
>>271
演歌ではないが「千の風になって」も中高年にヒットしたな

273 :男です女です名無しです:2010/06/25(金) 21:18:12 ID:RhI0obvL
墓石業者真っ青の歌。これからこういう歌が演歌の新しい方向かも。
「三途の川の船頭さん」「哀愁墓場」「大骨無情」

274 :男です女です名無しです:2010/06/25(金) 22:28:05 ID:fO0lLEzm
俺の言うことが全て

275 :男です女です名無しです:2010/06/25(金) 22:42:33 ID:VMI/M6tD
>>273
更に進んで
「あの世の花」「黄泉のプラットホーム」「極楽音頭」
なんかいいんじゃない

276 :男です女です名無しです:2010/06/25(金) 23:50:21 ID:RhI0obvL
「ひばりの幽霊情話」「南無法松の一生」「骨まで愛して」(そのままだ)
「死の床旅情」「涙葬送」「赤いランプの救急車」「青い散脈」

277 :男です女です名無しです:2010/06/26(土) 07:14:43 ID:8TNEbr0U
>>273-276
アイロニーにもユーモアにもなってない。
いわゆる「おもろない」ネタだねw

278 :男です女です名無しです:2010/06/26(土) 08:44:25 ID:26Ggjddz
演歌は老人の心

279 :男です女です名無しです:2010/06/27(日) 17:32:46 ID:vTNXQDn2
演歌自体老人が作っているからな
若い者が聴いていたら奇人変人扱いされて当然

280 :男です女です名無しです:2010/06/28(月) 09:02:47 ID:thpY/cbF
しかし、考えてみれば年寄り向けのものが
ひとつくらい有ってもいいよな。


281 :男です女です名無しです:2010/06/28(月) 11:43:08 ID:7VGmrzvs
どうだろ?
年寄り向けと言っても、例えば老人用オムツとか介護用品みないなものは
人が存在する限り次々と新規顧客が供給されるけど、演歌に関しては
もう新規顧客は事実上無いに等しいからなあ。

282 :男です女です名無しです:2010/06/28(月) 15:44:10 ID:AS5QXhR1
古臭くて、貧乏くさいのが演歌みたいですね

これが演歌といえる事を知っている人は居ないんだね
演歌って何だろう・・・?



283 :男です女です名無しです:2010/06/28(月) 17:38:40 ID:thpY/cbF
人生の悲哀や生活の貧しさが基本になっていて、
そこにひとのやさしさや喜びを見出す、というのがテーマではないのか。
浪曲やかつての新派劇などと共通するところも多い。

最近はしあわせ演歌なるものも出現してきて、船村徹はそれが大嫌いと云っている。
やはり演歌はマイナーなメロディで、泣けなければ駄目らしい。



284 :男です女です名無しです:2010/06/28(月) 18:37:15 ID:il9dWdmu
>>282
中途半端に和風の、特異なセンスの人による特異なセンスの人のための特異な音楽

285 :男です女です名無しです:2010/06/29(火) 10:48:09 ID:/j9G4zaC
>>284
じゃ良い音楽ってことだね


286 :男です女です名無しです:2010/06/29(火) 11:03:08 ID:Q36Z45+M
流行歌時代は幸せな歌が大いに歌われていたというのにねえ

287 :男です女です名無しです:2010/06/29(火) 18:44:11 ID:hRsr778l
演歌と言っても男女の愛だの恋だのに偏っていて
とてもじゃないが「日本の心」だとか「日本人の魂」
を表しているようには思えない。

288 :男です女です名無しです:2010/06/29(火) 23:44:24 ID:LGj8z91q
>287さん

演歌についてお仕着せがましく語る気はないが、男女の恋愛だけではなく
「望郷演歌」とも呼ばれている誰もが郷愁と懐かしさを感じる“ふるさと”を
モチーフにしたり、海に生きる男の生き様を描いた作品もあり、日本人の
まさに生きる過程で体験するドラマチックな人間模様を作り上げているのが
「演歌」ではないかと・・・。そんなことを勝手にイメージしております。

浪花節的なお涙ちょうだいの演歌は好きではないが、演歌の良さを少しでも
理解するには自分自身もそうであったように、さまざまな人生経験や修羅場を
くぐり抜けないと心の奥底には響いて来ないのかも知れませんね〜。

289 :男です女です名無しです:2010/06/30(水) 04:19:04 ID:GYvW/dA4
>>288
>理解するには自分自身もそうであったように、さまざまな人生経験や修羅場を
>くぐり抜けないと心の奥底には響いて来ないのかも知れませんね〜。
失礼だがそれが「演歌特有の視野狭窄的な思い込み」に思える
単純に音楽として優れていれば若い世代にも受け入れられるんじゃないかな?
演歌好きは他の音楽を知らなさ過ぎるのに演歌至上主義で「演歌=日本の心」と悦に入ってる
まさに視野狭窄で、どこかカルト宗教みたいで気持ち悪い

290 :男です女です名無しです:2010/06/30(水) 06:36:33 ID:EjNLmP6K
まいいじゃないの。
絶滅危惧種保護のためにもw


291 :男です女です名無しです:2010/06/30(水) 07:00:01 ID:uq0om2jx
演歌を好き好んで聴く若者なんて40年以上前から少ないんじゃない
若い人ほど流行に敏感だから時間が止まっている演歌に
興味を示さないのは当然のような気がする

292 :男です女です名無しです:2010/06/30(水) 07:36:34 ID:jXP/hruB
>>290
こんなレスするのは要領の無駄

293 :男です女です名無しです:2010/06/30(水) 07:49:49 ID:jXP/hruB
>>288
>演歌の良さを少しでも
理解するには自分自身もそうであったように、さまざまな人生経験や修羅場を
> くぐり抜けないと心の奥底には響いて来ないのかも知れませんね〜。


そうやって聞く側のハードルを上げ、「演歌とは高尚で芸術的な音楽」だと思ってる演歌マジヲタって痛いんだよ
演歌なんて「たかが娯楽音楽」だろ?人生経験とかなんちゃらわざわざ難しく考える必要はない。耳障りがいいから聞く、これだけだろ。

マジヲタが若い歌手よりベテラン好むのもそのへんだな。そうやって若い歌手の出る杭叩いてんじゃねえよ。

294 :男です女です名無しです:2010/06/30(水) 08:39:12 ID:EjNLmP6K
>>293
こんなレスするのは要領の無駄

「要領の無駄 」・・・・・・・・・・・?



295 :男です女です名無しです:2010/06/30(水) 08:45:01 ID:jXP/hruB
…ばかりで何を言いたいのか

推敲もせずに変換間違えた事は詫びる

296 :男です女です名無しです:2010/06/30(水) 11:35:07 ID:8X8x/sy3
ここはヒネた考えの奴が多いのには笑えるな。

演歌が嫌いなら聞かなきゃいいだけのことだろ!?

自分の好きな音楽だけ聞いてろよ!

297 :男です女です名無しです:2010/06/30(水) 19:31:30 ID:GYvW/dA4
>>296
ヒネた考えではなく的を射た客観的分析が多いと思うけど?
「ヒネた考え」で片付けてしまうのが演歌好きの浅さを物語ってる

298 :男です女です名無しです:2010/07/02(金) 00:14:25 ID:vGhgk0IF
>296
まさに偏った持論が多く、説得力ある投稿文を2チャンネルで
期待するのは無理。

299 :男です女です名無しです:2010/07/02(金) 05:59:47 ID:/B77jxA4
つかこの演歌板自体がもうすぐ絶滅する演歌を惜しむフリして
その絶滅する過程を面白がるネタ板みたいなもんだろ?

300 :男です女です名無しです:2010/07/02(金) 08:50:46 ID:xYBglxjr
>>300
つか2ちゃんにはこの手の痛くも無い腹を探る手合いが多いなw


301 :男です女です名無しです:2010/07/27(火) 21:04:33 ID:Lp4yDsc2
何かと伝統が重んじられる日本で、
歴史の浅い演歌が日本を代表する音楽となるのはまだまだ早い
日本の心だなんて偉そうなこというのは百年早い

302 :男です女です名無しです:2010/07/28(水) 00:45:01 ID:l7r1q39r
100年どころか30年も持たないだろうから、今の内に言えるだけ言っとけってことだろ

303 :男です女です名無しです:2010/07/28(水) 12:57:44 ID:cGxPJ8Xl
立川志の輔が

「落語はお年寄りの人が楽しむもんだと思ってるじゃないですか。
お年寄りの人が楽しむもんなんじゃなくて
人生経験がたくさんある人でないと落語って面白くないんですよ。」

ってラジオで言ってた。
多分それは演歌も同じだと思う。
まだ人生経験の浅い若者が演歌を聴かないなんて当たり前だし
「演歌好きの若者がウジャウジャいる」なんて状況があったら逆に気味が悪い。
年齢層が偏り気味なのはある意味健全だから、演歌の将来なんて別に心配してない。

304 :男です女です名無しです:2010/07/28(水) 16:36:38 ID:kiBHKQgu
今演歌を支えている世代は年齢を重ねたから演歌を聴くようになった訳でなく
若い頃から聴いてきた音楽の延長である。
江戸時代から伝承され確固たる基盤があり完成された伝統文化である落語とは比肩出来ない。

305 :男です女です名無しです:2010/07/29(木) 04:41:45 ID:m+ZNL6Pe
日本人なら演歌の一つや二つ歌えなきゃ恥ずかしい

306 :男です女です名無しです:2010/07/29(木) 04:43:03 ID:m+ZNL6Pe
どんなにアンチがネガキャンしようと
演歌は絶対になくならない

307 :男です女です名無しです:2010/07/29(木) 11:11:44 ID:srWCDcGb
演歌のみに囚われず、自分の胸にキュンと沁みた音楽を聴いていればいいのさ。


84 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)