5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ダルムシュタット夏季現代音楽講習会

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 22:37:26 ID:dsGBIVaG
古くはブーレーズ、ノーノ、シュトックハウゼンなどの時代から、
ファーニホゥ、ラッヘンマンなどを経て、現在もなお世界から若き作曲家が集まる講習会。
個別作曲家スレだけでなく、一連の歴史的な流れや相互の影響を語り合いましょう。

公式サイト(隔年開催、次回は2006年。締め切りは春頃)
http://www.imd.darmstadt.de/
ウィキペディア・ドイツ語版
http://de.wikipedia.org/wiki/Darmst%C3%A4dter_Ferienkurse

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 22:49:48 ID:YhNdiz97
スレ立てありがとうございました。
自分は2002年に参加したんですが、この年はトリスタン・ミュライユを初めロバート・HPプラッツ、
ベルンハルト・ラング、細川俊夫、ヴォルフガング・リームなどがいました。
リームとはホテルのエレベーターで一緒になって、あまりの巨体につぶされそうだと思ったりwwwww
同じ年に一緒に参加した篠田さんという方の体験記があるので、雰囲気の参考になるのでは。
http://www.sound.jp/composer/next/masanobu_col.html

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/11(水) 01:01:17 ID:SffKu3gO
役目は終わったと豪語する人もいないわけではないが、依然として若手の登竜門であることには変わりないだろう。
90年代後半からの数年は空間配置(分かりやすく言うとグルッペンみたいな)、
その後ここ数年ではシアターピース的なパフォーマンス作品と、年毎の流行の対象というものはあるみたい。
流行といえば古くは「新しい複雑性」のようなスコアを書くことが流行していたわけだし。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/11(水) 18:17:36 ID:SffKu3gO
そもそもダルムシュタットといえば常に流行とそれに対するアンチの立場という見方がまず挙げられる。
第1回1947年にはストラヴィンスキーやベルクなどが研究対象になり、ヘンツェなどが
優秀な生徒として頭角を現したが、第3回1951年にはウェーベルンの極小様式に
研究対象が移り、ブーレーズのセリー・アンテグラル(トータルセリー)を初めとする
セリー主義へと「流行」が移っていき、ヘンツェがダルムシュタットを離れるきっかけにもなった。
その後リゲティやクセナキスなどセリー楽派以外の作曲家も紹介され、ジョン・ケージが
招待された時には偶然性のヨーロッパにおける流行発信地にもなった。

さてここからファーニホゥの新複雑主義やラッヘンマンなどの流行にたどり着くまで
長いブランクがあるのだが、漏れもすぐに並べられるほど把握してないので、
改めて歴史をさらい直してみるぽ(´・ω・`)

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 02:02:46 ID:vSUEZi3d
寝る前に保守カキコ。
1998,2000,2002はCDが出ているので、最近の動向をまとめて聴いてみたい方はどうぞ。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 22:40:32 ID:M5gmjXc2
最近Ernstalbrecht Stieblerが微妙に気に入ってるのだが、col legnoのDarmstadt 1998のCDに
収録されてるStieblerのQuart plusって作品はどんなもんすか?コントラバス独奏のやつね
お薦めの声があったらオイラもうCD買っちゃうよ


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 22:44:22 ID:vSUEZi3d
>>6
シュティーブラーってゲルハルトじゃなくって?
まって、そのCDは持っていると思うが記憶に無いので確認しないといけないが、
奥底にしまいこんで今ぱっと出てこない。確か細川俊夫も入ってる赤と銀の色だよね?
つーか今ネットラジオでシューベルト聞いてるし。しかも半分酔ってるし。後で確認する。スマソ

8 :k.n. ◆MG64yE6TCE :2005/05/14(土) 04:23:09 ID:V6n93f2s ?
ゲルハルトはシュテーブラー

シュティーブラーの1998のはあんまりいい印象を受けなかったけど
静止主義やってんのはあの人だけだから、彼のファンなら買えばよい
それよりも、WORLDEDITIONからでてるunisono divisoのほうがいいかも。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 13:11:52 ID:AgIwSMvT
ウィキペディアにダルムシュタット夏季現代音楽講習会の
記事を書いてくれる人いませんかね?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 21:08:54 ID:ZyJakbah
前から書かなければとは思っていたが、いまだ着手しきれない。
秋吉台や武生みたいにとりあえずスタブだけでも書いておくかな?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 02:30:32 ID:kgxuaRpl
とりあえずレスの付きそうな話題を振ってみようかな・・・
初期ダルムシュタット派の中では誰が好き?
漏れはブーレーズかな。初期作品だと、主なき槌はもちろんとして、あと水の太陽とか。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 12:15:44 ID:1Nngl8HH
>>11
誰か一人と言われたらやっぱりシュトックハウゼン。
一曲ごとに新アイディアを出していたばかりでなく、
それぞれが音楽として面白かった(これが肝心)。
70年代以後の曲はあまりよく聴いてないが。

13 :7分74秒:2005/05/20(金) 00:24:15 ID:Xbv7aq8s
武生とダルムシュタットの交換留学制度ってどうなってるの?
外国人招聘勢はある程度わかるとして、日本からは誰が行ってる?

14 :7分74秒:2005/05/21(土) 16:40:48 ID:5FZaWalM
といっても反応無しか・・・
2002年は三浦則子さんが派遣されてた。同年に三上良太さんがシュティペンディエン賞を獲っている。
2004年は知らん。

15 :6:2005/05/28(土) 05:33:38 ID:SfeerBJZ
迷った末にDarmstadt 1998のCDを買ったがQuart plus...いい曲じゃあないか
オイラはおおいに癒されたよ

World Editionのやつも視聴してみたらなかなか良さそうだったな

16 :7分74秒:2005/06/06(月) 23:02:17 ID:hb0Ww0qn
これだけ書き込みが少ないって事は、ここの住人はリアルタイムで新しい潮流が
生まれつつあるような講習会や音楽祭の動向には興味が無いということか?

17 :7分74秒:2005/06/06(月) 23:06:33 ID:++xXgJq5
正直興味はあるのだが、知識がない。orz

18 :7分74秒:2005/06/06(月) 23:35:15 ID:hb0Ww0qn
そうか・・・ウィキペディアも未執筆のままではまずいから、概略だけでも書いておくべきかな。

19 :7分74秒:2005/06/07(火) 00:06:24 ID:bsUuCLI/
とりあえずウィキペディアに概略だけ書いた。もちろんもっと色々書き足されるべきではあるが。

20 :7分74秒:2005/06/07(火) 00:07:06 ID:fL357Rog
スタブつけるの忘れてた。また色々思い出したら書いておくかな。

21 :7分74秒:2005/06/17(金) 00:12:17 ID:gsTRMFCr
こっちも保守あげ。ウィキペディアはその後変化無し。
またちょっと書き足しておくか。

22 :7分74秒:2005/06/18(土) 13:40:25 ID:3KNTOM8u
>13, 14
2004年は打楽器の畑中明香さんが
シュティペンディエン賞を受賞されました。
作曲はドイツ人ばっかりの受賞だったと思います。
武生からの派遣は無くなったとのウワサもありましたが
どうなったんでしょうね?

23 :7分74秒:2005/06/19(日) 08:56:53 ID:Nuj4G61h
ダルムでの政治的立場が弱体化したかでは?
新しい潮流といっても正体は作曲家たちの覇権をめぐる政治ゲームなんだし。

24 :7分74秒:2005/06/30(木) 02:19:29 ID:fpUZxSox
武生からの派遣はロワイヨモンには今年もあるらしいが。

25 :7分74秒:2005/07/03(日) 20:31:15 ID:xHFz45Bg
誰が書いたのか知らんが日本語が支離滅裂杉。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%88%E6%A5%BD%E6%B4%BE
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF%E6%A5%BD%E6%B4%BE

k.n.氏へのフォローをしておくと、元となる原文を書いたのは彼ではなく、ログオンしないユーザーが
この支離滅裂な文章を書いた。履歴を見れば分かる。
195.93.60.* ←whoisで見てみたがAOLユーザーだな。
k.n.氏など後から書いた人たちはこの奇怪な日本語を元に肉づけしているから
根本的な読みにくさは変わっていない。

ちなみに最近項目が追加された(ご自身か身内が書いたとしか思えない)
某日本人若手女性作曲家の項目などもこれに近いIP。AOLなのは確実

というか利用者会話に
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85%E2%80%90%E4%BC%9A%E8%A9%B1:195.93.60.110
>このパソコンはドイツのものでドイツで書いているもので
とあるのでドイツ関係の人なのだろう。ここまで書いてその女性作曲家と交流がある
(ことがウェブ上で確認できる)といえば、大体予想は付くが・・・
というかそもそも上の楽派にリンク貼ってあるしwwwwwww

26 :7分74秒:2005/07/16(土) 11:49:00 ID:mNu1jhgC
そろそろ今年のサントルアカント講習会をやってるころだが。
秋吉台、武生には今年行く人いる?
ロワイヨモンには武生からOさんが行くらしい。
漏れのときはM君が武生からの派遣で来て、日本人二人で楽しかったな。後でパリ案内したり。
他国籍の連中も面白いのぞろいだった。
しかし講師の一人がファーニホウだったせいもあるのか最近の流行なのか、
全体として新複雑主義の書法に倣った人が多かったのが気になった。後ラッヘンマン風も。
某R君なんか完全にスペクトル丸出し。ああさすがフランス人だなとは思ったが。

27 :Matsurimoerer ◆MG64yE6TCE :2005/08/13(土) 12:08:46 ID:f5LlcPZo ?#
新複雑やるにしても、ワンテンポ遅い。。
ただ、この潮流から学ぶことは悪くない。私も10年前はそうでした。
今でもこの路線で走りつづけてるのはヒュープラーとマーンカフくらいしかいないかも
最近デンクの作品集が出たけど、あれがダルムシュタットで流行った新複雑の典型例だ。一聴を薦める。

28 :7分74秒:2005/08/16(火) 13:17:02 ID:EUrGzrZ1
今日から秋吉台が始まったらしい。
今年は忙しくて行けない・・・
でもコミケは行ったけど_| ̄|○

今年は湯浅氏が声に関するレクチャーをするというから、多分ヴォイセス・カミングとか
アタランスとか芭蕉の俳句〜とかの解説をやるんだろう。
以前東京の作曲フォーラム2000で同種の解説をしていたが、そのときは2時間枠で
今回は1週間あるからさらに詳しくやるんだろうな。

29 :7分74秒:2005/08/17(水) 15:25:28 ID:LFy0MdIE
hosyu


30 :7分74秒:2005/11/08(火) 07:59:31 ID:h7f4gQ2k
保守

31 :7分74秒:2005/11/11(金) 22:12:02 ID:/gI/Xwdw
>>5
ソース

32 :7分74秒:2005/11/11(金) 22:42:17 ID:DRvalGdM
>>31
ググれ。

33 :電脳プリオン:2005/11/18(金) 23:24:16 ID:ScJMjtsx ?
知らない人ばかりだ。

34 :7分74秒:2005/12/10(土) 13:25:14 ID:XM4bnd6Q
来年行く人、手挙げて。
オレは考え中。
食事がめちゃめちゃまず〜いらしいからな。
音楽もそれにまけずに酷いらしいし。
ちょっと耐えられないかも。

35 : ◆30rKs56MaE :2005/12/10(土) 19:05:26 ID:cSwRq9M9
>>34
飯がまずいのは本当。
得体の知れないひどく味のバランスの悪いミートソースのかかったヌードルとか、
ひどい時はチーズとハムで冷たい食事のみなんて日もある。
あのまずい給食を乗り切るコツは、メインを少なめにしてサラダを大盛に取ること。
でもそれは会場の中学校の給食がまずいのであって、ドイツ料理全体がまずいのでは決してない。
うまいドイツのソーセージが食いたくなったら、たまには旧市庁舎前のビアガーデンにでも
繰り出すのがいい。他にもいくつかうまい店がある。あるいは中華料理屋もあるし。
まあそりゃ頻繁に外食したら高くつくけどさ。
音楽がひどいのかどうかは感性によるのでなんともいえない。
ただ一度「現場の体験」を肌で知ることは貴重な体験になると思う。
近場にはハイデルベルクやアシャフェンブルクなどにそれぞれ30-60分程度で行けるし、
好みでない作曲家のレクチャーの時などは息抜きに半日観光へ行くのも乙。

36 : ◆30rKs56MaE :2005/12/10(土) 21:01:36 ID:cSwRq9M9
まだちょっとシーズンには早いかもしれないが、一応各リンク。

ダルムシュタット
http://www.imd.darmstadt.de/
サントルアカント
http://www.acanthes.com/
ロワイヨモン
http://www.royaumont.com/

開催日、開催地、講師、参加条件、講習会のための新曲を書くのならその編成、
参加金額などをよく確認すること。
全て3-4月締め切り。選考条件はどこもたいていは既存曲の楽譜と音源を送る。
それぞれ奨学金補助が出るので、推薦をもらえそうな組織から推薦状を書いてもらい
一緒に提出すると良い。
英語が出来ることは最低条件。一般会話に加えて楽典用語も覚えておくこと。
加えて現地語(ドイツ語またはフランス語)が出来ると尚良い。

37 :7分74秒:2005/12/11(日) 02:48:07 ID:F8UfXdaj
>>35
「クッソ不味いよ食ってられね〜よよくこんななんかの餌みたいなの食う気するよな〜さすが四六時中戦争ばっかしてた連中だぜ〜」
とか日本語でわめいてたら睨まれるかな?

38 : ◆30rKs56MaE :2005/12/11(日) 08:49:44 ID:ppB50JKu
>>37
実際先日IRCAMのコーヒー自販機前で給食のまずさをその場の全員がこき下ろしてた。さすがフランス人。
現地では日本人が多いので見苦しい真似はしないほうが賢明。

対して、ロワイヨモンは高級レストラン並みの待遇。
昼から生牡蠣など高級食材をビュッフェで取り放題、夜は一流レストラン並みに給仕が振舞ってくれる。
ワインも一級(AOC)とまでは行かないが地酒(Vin de Pay)でも悪くない。
食いすぎて胃がもたれたほどで、一度パリに帰る機会があり(電車で一時間ほど)、
パリの日本食材店で滞在2年目にして初めてインスタント味噌汁を買ってロワイヨモンに戻ったほど。
ちなみに食器は貸してもらえるので、袋タイプのものだけで十分。簡易容器付きでなくても良い。

サントルアカントは、漏れの参加した年まではアヴィニョンで食事と宿泊は自前だったが、
その次の年からメッスに移り制度も大分変わったようなので、今の食事事情は良く知らない。

39 : ◆30rKs56MaE :2005/12/11(日) 09:10:11 ID:ppB50JKu
ちなみにそのロワイヨモンは、選考さえ通れば奨学金が効くので全てタダです。
タダで美味い料理が食い放題。しかも漏れの食ってる横でブライアン・ファーニホゥが
No more pasta, oh my god!とか食いしん坊発言をしていた(本当)。
パリとは地方電車で一時間足らず。もちろん普通電車なので切符は安い。
もちろん肝心の講義やレッスンは真面目そのものなのでご安心を。

40 : ◆30rKs56MaE :2005/12/11(日) 09:22:59 ID:ppB50JKu
ヴァンドペイを出すのは一流じゃないだろという突込みが来そうなので先に自己フォローしておく。
恐らく若手作曲家向けということでサービスの質を落としているという可能性はある。
ギャルソンの態度にはかなり満足できた。
最後の打ち上げで若手向けにはクレマン、講師向けには本物のシャンパーニュが
出てきたのを漏れは横目で見つつオレンジジュースしか飲まなかったが。
まあ飯を食いに行くわけじゃないし、あくまでオプションなのがたまたま若手にとっては
過剰なまでにサービスがいいというだけの話なんだけど。

41 :7分74秒:2005/12/11(日) 21:25:21 ID:3y9hYA5s
で、誰か行くの?

42 :7分74秒:2005/12/13(火) 10:52:31 ID:Bvb6QKDx


43 : ◆30rKs56MaE :2006/01/19(木) 08:19:59 ID:21LVyPQo
ここ最近の研究の忙しさから考えると、とてもダルムシュタットなどの夏期講習会まではいけそうにない。
せっかく二年に一度の開催年にヨーロッパにいるチャンスなのに、残念だが・・・。

44 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

45 :7分74秒:2006/09/03(日) 23:06:01 ID:VmAe9GFR
武生行くよ

46 :7分74秒:2006/09/04(月) 04:18:14 ID:F8Lv2U9Y
>>43
忙しいって言う割に毎日2ちゃんで長文カキコと覗きとエロゲのやり放題じゃん
研究って覗きとエロゲの研究???

47 ::DTonic:D:2006/09/04(月) 19:03:38 ID:ZZ2JQ+bS
ダルシムダットは行ってみたいな
今の仕事やめたら

48 :7分74秒:2007/07/09(月) 09:56:55 ID:aGBPCDYZ
age

49 :7分74秒:2007/07/09(月) 12:25:38 ID:7duKlJ18
ダルムシュタットなら俺の横で寝てるよ^^

50 :7分74秒:2007/08/19(日) 09:57:35 ID:8EYVvghW
age

51 :7分74秒:2007/09/05(水) 00:04:33 ID:/+x0q9wM
はいどんどん


52 :7分74秒:2007/10/15(月) 18:16:12 ID:9o9ylS+W
まずい飯喰わされて云々って自身の講演で散々悪口言って、それが終わってすぐの給食で
誰よりも早くさっさとその給食を喰いに行った邦人作曲家もいたな。

53 :DTMER:2008/07/08(火) 14:34:25 ID:9wxrBaom
野田先生ダルムシュタットでてるの?
どんどんビッグになっていくなぁ

54 :7分74秒:2008/07/08(火) 17:07:34 ID:3qKr+Cbc
ダルムシュタットの豚飯は有名だよ。
あれ食ったら嫌でも大作曲家になるよ。

55 :7分74秒:2008/07/08(火) 20:21:04 ID:NghtyiSf
                 _,.. ---- .._
              ,. '"       `丶、
              /            ` 、
            ,..-‐/    ...:  ,ィ  ,.i .∧ ,   ヽ.
.         ,:'  .l .::;',. :::;/..://:: /,':/  ', l、 .i  ヽ
.          ,'  ..::| .::;',' :;:','フ'7フ''7/   ',.ト',_|, , ',.',
       ,'   .::::::!'''l/!:;'/ /'゙  /     '! ゙;:|:、.|、| 'l
.         ,'.  .:::::::{ l'.l/  、_  _,.      'l/',|.';|
       l  :::::::::::';、ヾ      ̄     `‐-‐'/! ';. '
.         ! :::::::::::/ `‐、--        ゝ   |'゙ |
       | ::::::::/   \    、_, _.,.,_ ノ::: !
       |::::/.     _rl`': 、_     ///;ト,゙;:::::./
..      `´      /\\  `i;┬:////゙l゙l ヾ/    
                ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.|
.            /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | |
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./
.          /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、
           ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.';_,゚.,ノ.:./,:':.:.:.:',  | |`、:|
           !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.::/:.:.:.:.:.:.ヽ, / ,!:.:`、

     ノダケンさんが日本現代音楽界の最高権力者になりますように

56 :7分74秒:2008/07/08(火) 22:14:29 ID:3qKr+Cbc
今頃、誰かの曲貰って一生懸命練習してるだろう。

57 :7分74秒:2008/07/13(日) 10:54:16 ID:QAUR6pmU
要するに
セミナーは単なる研究・情報公開の場ではなくて
社会における(特に政治家・自治体対象)「学問」としての"現代音楽"のステイタスを誇示し、補助金を搾り出す場でもあるのだな。
ヨーロッパ人てしたたか、というか日本人が正直馬鹿すぎるのか


58 :7分74秒:2008/07/15(火) 07:50:25 ID:YxZs4NE2
なーる

59 :7分74秒:2008/07/15(火) 17:09:45 ID:PtW5aCfh
もちろん、そのためには凄い説得力が必要なのだよ。

なぜ現代音楽の重要で必要なのか?ちゃんと政治家や官僚に説明できる人材は必要。
日本は「方丈記」みたいに愚痴ばっかりいっていて誰もできないじゃん。
じゃないと永遠に日本は現代音楽小国。
尾高賞も譜面と楽譜と選考過程も全部公開しなさい。
じゃないと議論も喧嘩も盛り上がらない。
事を起こさなければならない。
事を起こしたくない人は本当に作曲辞めなさい。
何にもならないから先人みたいに一生愚痴で終わって死ぬだけですよ。
だから社会の誰も注目しない。
何喧嘩してんだと注目させるぐらいじゃないとだめですね。
欧米の作曲科ってそういうこともきちんと教えるのですよ。
伝統があるからただでダルムシュタットの補助が来るわけではないのです。
彼らには作品だけではなくてそれだけの能力があるのです。
欧米の作曲家たちはみな話しの達人だらけですよ。

60 :7分74秒:2008/07/15(火) 17:30:53 ID:GWpsa8/g
なーる

61 :7分74秒:2008/07/15(火) 18:03:29 ID:Cm7x3IAy
わかったからおちつけ

62 :7分74秒:2008/07/15(火) 19:10:27 ID:YJnNIHV6
日本の作曲科も4年で追い出さないでそういうことも教えたら?
結局将来是非必要なことなのだよ!
教えられないのなら作曲の教授辞めなさいよ、恥ずかしい!

63 :7分74秒:2008/07/15(火) 19:17:46 ID:vRXg+EJ9
作曲というよりディベートの方法に特化した教育方針だな。
中身がなくても他人をけなして得意がる"説得力"だけ作曲家といったものが出来上がる悪寒はするが。
実際ダルムでそーゆーの何人か見かけたよ
日本人だと自国堕しで喝采浴びてる奴もいな。

64 :7分74秒:2008/07/15(火) 19:30:23 ID:lz03BIcm
>>63まじめにいうと日本の作曲家には積極的に自作について説明するコミュニケーション能力が致命的に欠けているしそれを補う教育機構もどこかに必要だ。
ただ、どっかのセミナーはやりすぎだな、と思うのは自分がひ弱なせいなのか知の仮面を被った暴力の快楽に向いていないためなのだろうか。


65 :7分74秒:2008/07/15(火) 19:37:33 ID:ZS5UtAex
現代音楽においてはディベートに勝ち残った音楽が中身があることになるんじゃないの
この二つが分裂することがあるなら現代音楽はどこにも立つ瀬がないはず

66 :7分74秒:2008/07/15(火) 21:12:55 ID:kp2flYAs
日本では、とうにその二つは分裂している。
というか、一度だって同じだったことはない。
今はもはや「中身がなくても他人をけなして得意がる"説得力"だけの作曲家」
だけになってきた。

昔日の栄光、今いずこ。


67 :7分74秒:2008/07/15(火) 22:55:03 ID:YJnNIHV6
その勝ち残る作曲とは何ぞや?
スキャンダルと金持ちの親がいたらあなたの作品は残るぞえ?
その中身がないとは何ぞや?
何を持って中身がないのか?
あなたの耳の弱さか?
読譜力の弱さか?
知識に浅はかさか?
昔日の栄光は実は全く存在しなかった!

68 :7分74秒:2008/07/16(水) 09:22:56 ID:cGLS8gy8
素朴な疑問だが
「現代音楽においてはディベートに勝ち残った音楽が中身があることになる」
の根拠は?
単なる「説得力」だけでなく説明してくれる奴いないか

69 :7分74秒:2008/07/16(水) 17:39:30 ID:d1Y0meSI
例えば独創性ね。
ここで人まねはもう残らないですね。

議論ね。
曲を初演して討論会を開くと必ず批判が来るものですね。
そこをどう説得させて自分の正当性をしめすかでしょう。
ケージ・クセナキス・ノーノ・ブーレーズ・ラッヘンマンらはその点でプロ中のプロですね。
結局は彼らの言ったとおりに曲が残るものだね。
批判にちゃんと答えられないような作曲家は結局初演で好評でもすぐ消えるみたいだね。



70 :7分74秒:2008/07/16(水) 18:29:03 ID:f50ISeo5
>ディベートに勝ち残った
それって「単に政治的に勝利する」ってだけじゃん。
そんなものは、くだらないよ。

独創性って言ったって、「単に人がやらなかった新しいこと」
ってだけじゃ、つまんないでしょ(そういう曲たくさん聞いたけど)。
「よかった」ことの理由に独創性を持ちだすなら、まだわかるけど、
判断の最初に持ってくるのは、愚の骨頂よね。

>彼らの言ったとおりに曲が残るものだね。
「残った」? まだ死んだばっか・・どころか生きてるのもいるうちに
「残った」もなにもないよ。あと50年くらい待ちなっての。

そうそう、69さんは、68さんの質問にはほとんど答えていないよ。
  

71 :7分74秒:2008/07/16(水) 19:52:29 ID:F9o4bQG6
>>69
上っ面だけの優等生的模範解答といったところ・・
        ・・・・・・・・・いや、その「上っ面」のみということが真実なのかもしれない。


72 :7分74秒:2008/07/16(水) 20:37:33 ID:6aaJnQjm
手段が目的になってる曲は残らない。
作曲者が正当性を示さないといけないような曲は残らない。そういう曲は作曲者が死んだら終わり。

73 :7分74秒:2008/07/16(水) 21:16:51 ID:cOpSS1l1
>>72
事例は?

74 :7分74秒:2008/07/16(水) 21:29:47 ID:6aaJnQjm
>>73
ハウアー

75 :7分74秒:2008/07/16(水) 22:38:38 ID:d1Y0meSI
それって「単に政治的に勝利する」ってだけじゃん。
//////////////////////////////////////////////
何か凄い誤解しているね。
論理的に勝利することだよ。
物理学の法則と同じ。
なぜこうなるか説明して第三者が追試して正しければ誰も文句ないだろ?
もう少し音楽の政治ばっかじゃなくて世の中のことを知れよ!

76 :7分74秒:2008/07/16(水) 22:39:37 ID:d1Y0meSI
もっと音楽史も勉強しないととても恥ずかしいよ!

77 :7分74秒:2008/07/17(木) 00:51:41 ID:8X/USPK+
クセナキスは疑似科学をよく批判されてるじゃん。
それでも残ってることが論理学と音楽が無関係なことの証拠。
あるいは例に出す人を間違えてる。

78 :7分74秒:2008/07/17(木) 05:52:55 ID:eBvQ9KHE
関係ないよ。
論理とは事実であるということ。
既に起こったことは事実であるということ。
だからこれからもこうなるであろうと予測できること。
それでよほどバカな頭を持っていない限りは納得する能力があること。


79 :7分74秒:2008/07/17(木) 09:53:55 ID:VXtQQPbL
何の話をしてるの?斉一性の話?
考え方が条件に対して論理的であろうと聴く人に同じ振る舞いを示す音楽がないのは分かってるだろ。
物理学の法則と一緒にする方がバカ。

80 :7分74秒:2008/07/17(木) 12:58:00 ID:8gw5LbVY
>>78は物理学というより数学の法則が統べての現象にあてはまると考えているのではないか?

81 :7分74秒:2008/07/17(木) 18:50:56 ID:Xpm65aWr
>だからこれからもこうなるであろうと予測できること。

よほどバカな頭を持っていない限りは
音楽の話しをしていると言っても誰も信じない。

懸念されるのは、頭はいいのに、使い方を100%誤っているってケース。
 

82 :7分74秒:2008/07/18(金) 07:25:44 ID:XI8vDCl1
違うよ、お前ら天動説を主張するのは自由。
でも地動説の我らは馬鹿らしくて笑っちゃうよ。

83 :7分74秒:2008/07/18(金) 08:07:36 ID:tqQLmjdS
カンノとはまともなコミュニケーションが取れない
日に日に日本語が怪しくなっていく

84 :7分74秒:2008/07/18(金) 17:34:33 ID:ANA1oknZ
やはりお前らはおかしい。
罪ではないが笑ってしまう。

85 :7分74秒:2008/07/18(金) 17:34:54 ID:QqW5Q2Li
>なぜこうなるか説明して第三者が追試して正しければ

音楽でこれって、思いっきり天動説だ罠。
だいたい、第三者が・・・
・・・どころか作曲者ご本人が再度触れても別の意味を持つから、
繰り返し演奏したり聴いたりする訳で、
「第三者が追試して正しい」ようなものは
演奏される意味もないし、演奏する意欲も起きない。


86 :7分74秒:2008/07/18(金) 20:39:51 ID:Nc01nKwo
ポニョの歌聴いたら思考力が一気に低下した。何だこの洗脳音楽は?

87 :7分74秒:2008/07/18(金) 22:09:04 ID:ANA1oknZ
元々日本語自体がおかしいの。

88 :7分74秒:2008/07/19(土) 09:40:41 ID:ek+fBZrq
音楽の論理学

これほどナンセンスなテーマはない

89 :7分74秒:2008/07/19(土) 11:09:30 ID:7T2mcAem
でも音楽家・学者・評論家が集まって定期的いお祭り気分で合宿して自分たちの"在る"場所を再認識する場とゆうのはあっつた方がいいな。
極度に誠司化するとダルムの二の舞なのだがw

90 :7分74秒:2008/07/19(土) 11:52:17 ID:HEqX7/gU
>>89
ようするにコミケみたいなもんだよね

91 :7分74秒:2008/07/19(土) 12:15:20 ID:tJdZIOzV
>>89 >>90
ようするにカルト教団みたいなもんだよね?

92 :7分74秒:2008/07/19(土) 16:50:34 ID:gvC+njZ8
税金スレに神様が顕現しました
ダルムシュタットは永遠であることを現地の方々にお伝え下さいww

93 :7分74秒:2008/07/19(土) 16:57:06 ID:qpGuOzII
ばかだなあ、「定期的いお祭り気」なのはずねえだろ!
「定期的喧嘩祭」だよ、「定期的喧嘩祭」!!!!

94 :7分74秒:2008/07/19(土) 17:45:31 ID:1n4JsMUP
ペニスと聞いて

95 :7分74秒:2008/07/19(土) 18:02:46 ID:qpGuOzII
「定期的現代音楽衝突祭」。

96 :7分74秒:2008/07/20(日) 10:54:03 ID:Hh0ay+R0
結局現代音楽に税金使う必要って無かった事になるのか?

97 :7分74秒:2008/07/20(日) 17:21:51 ID:w0dsyuiM
ダルムシュタット税金入ってるよ。
総予算が1500万ぐらいかな?

98 :7分74秒:2008/07/20(日) 19:09:27 ID:SHwU2wJ4
>極度に誠司化すると

うまいっ!
 

99 :7分74秒:2008/07/20(日) 21:19:22 ID:w0dsyuiM
ドナウエッシンゲンは税金はないがSWR放送の受信料が半分、後はフリュステンベルク・ビール会社の寄付が半分だったが、
SWRが金もうないというのでドイツ銀行やジーメンスらが財団を作り100%補助まで持って行ったよ。

100 :7分74秒:2008/07/22(火) 10:47:35 ID:x4ju0vxs
ダルムに限った事ではないが当然の様に「○○に比べて日本は駄目」とか言う人間て
相手に自分達の持っている(不利なものも含めて)情報が無いとたかをくくってる人が多いな。
あと論の展開がパターン化している、固有名詞を得意げに連発するするところも。

これは何かの法則というか習性の様なものでもあるのだろうか。

101 :7分74秒:2008/07/22(火) 14:05:36 ID:+ZYkdtqh
>>88
論理の音楽学ならあり?
しかし音楽に論理は全くない?

102 :7分74秒:2008/07/22(火) 18:47:14 ID:DxEu5Tts
>>100
それも一つの村社会なんだって自覚が欠けているとは言えるよね。

103 :7分74秒:2008/07/22(火) 19:02:46 ID:X8AvzI7s
>>102
日本でいうムラ社会よりたちがわるいよ。

104 :7分74秒:2008/07/22(火) 19:51:26 ID:TTD4h60p
>>100
同じ人しか書いてないから

105 :7分74秒:2008/07/22(火) 20:21:57 ID:/8PLplps
98はおやじだな

106 :7分74秒:2008/07/22(火) 23:06:17 ID:GogYCVWv
お前の音楽には論理がない。

107 :DTMER:2008/07/22(火) 23:55:10 ID:Sjcz56+e
[[[[[♪音楽はどこまで「言語」か♪]]]]]
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1084635848/

こちらへどうぞ

108 :7分74秒:2008/07/23(水) 03:43:25 ID:vcVfI1KD
いや、行かない!

109 :7分74秒:2008/07/23(水) 16:50:27 ID:o0je1QPj
酒飲みのSolf・Schaeferがやっと定年で辞めるそうなので良かった。

110 :7分74秒:2008/07/25(金) 07:44:19 ID:ycmFyiI2
ほかの現状レポ希望

111 :7分74秒:2008/07/25(金) 16:54:45 ID:4AErrBdZ
野田君に聞いてくれ!

112 :DTMER:2008/07/27(日) 22:42:51 ID:bg5ODzdJ
つーか野田先生ってどこ行ったの?
MIXIにいなくなってから

113 :7分74秒:2008/07/28(月) 03:39:34 ID:jeSbYwlf
ここはアホらしくて書かないってさ。
方丈記などに行ってるよ。

114 :7分74秒:2008/07/28(月) 03:42:04 ID:jeSbYwlf
Wikipediaの管理側がオウムの信者やサイエントロジーで固められているらしいので野田も完全に諦めたようだ!


115 :7分74秒:2008/07/28(月) 19:59:27 ID:wpjfULRs
オウムって反ユダヤじゃなかった?

116 :7分74秒:2008/07/28(月) 23:59:48 ID:8LMp1GQb
やはりあそこは管理人の素性ぐらいを出さないと誰も信用しないよ。

117 :7分74秒:2008/08/02(土) 03:33:43 ID:UR6Q4jp5
野田君は自分のHPにダルムシュタットの報告をするようだ。

118 :7分74秒:2008/08/02(土) 06:12:47 ID:jYeAteco
助川さんのHPのBBSで菅野さんと助川さんのやり取りが公開されてるね。
後半野田さんも加わってる。
音楽論の話では助川さんが少し往なしぎみだけど、こういう世代を超えた、
そして外国にいる派とのコミュニケーションは有益だな。
野田さんが2chはアホらしいというのもわかる。

119 :7分74秒:2008/08/02(土) 09:55:33 ID:+7yjpI12
>>118ハイカルチャー(と自称する)人も頭に穴が開いてるなというのも分かった

120 :7分74秒:2008/08/02(土) 11:27:05 ID:h4mLn8L+
>>118
この板そのものが失敗
クソスレで埋め尽くして廃板にしよう
きみももうここには来んな

121 :7分74秒:2008/08/02(土) 16:28:42 ID:fbOrXUZZ
120見たいの書くやつあるから2chはアホの塊といわれるのだ。
問題の多い「ダルムシュタット」のテーマそのものは良い。
同じく問題の多い「ドナウエッシンゲン」もあっても良いな。

122 :7分74秒:2008/08/04(月) 00:10:30 ID:/OpFvSum
ダルムシュタットの内ゲバなんぞガソリンの値上げの100万分の一ほどの関心ももたれてない

123 :7分74秒:2008/08/05(火) 01:12:38 ID:+y0A/Xu0
>>120
菅野先生、まだ諦めるのは早いですぞ。
何とかしてこのどうしようもない2ch現代板をまっとうな物にするべく
がんばりましょうぞ!!!
不肖私目もお供いたしまする。!!

みなも菅野茂先生に続け〜〜〜〜!!!!!!!

おお〜〜〜〜!!!!!

124 :7分74秒:2008/08/05(火) 05:44:48 ID:SUbVUQrx
内ゲバがあるからこそダルムシュタットという。
内ゲバがなかったらもうダルムシュタットの魅力はないよ。

125 :7分74秒:2008/08/05(火) 06:57:27 ID:p4d0clCw

【社会】外務省官僚のホテル宿泊代踏み倒し問題、デヴィ夫人が自身のブログ内で”ホテル経営者”に対し遺憾の意を表明★8
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1217858504/

外務省官僚の宿泊代1538万円不払い事件
(前略)
なんとすごい騒ぎなのでしょう。各紙朝刊から、各局テレビ朝から晩まで。 びっくりいたしました。
片岡都美さん、私はあなたが大好きです。(中略)

何故、このような騒ぎをおこすのですか?西洋の諺で「実に恐ろしきは、裏切られた女」、
日本の諺にも「可愛さ余って憎さ百倍」というのがありますが、まさにこの事件にぴったりの言葉と言えるでしょう。

あなたはこの外務省官僚の方に、一生に一度の恋をなさっていたのではなかったのですか?
今から6〜7年前ということは彼が33歳のころからのお付き合いですよね。
フジモリ元大統領とかぶっているのが気になりますが、これ以上はプライベートですので伏せておきましょう。(中略)

片岡さん、あなたは私が本人不在のフジモリ元大統領の参議院選挙応援をあなたに依頼されしていた昨年の初夏、
車で私を送る途中でこの官僚の方を生涯ただ一人の人、心から愛しているとおっしゃっていましたね。

これまでに常々、彼のことは聞かされていましたが、そこまでとは知りませんでした。
あなたは私に彼に会って、奥さんと別れて、あなたと結婚するように説得してくれないかといいました。

その時、私の目の前にいらしたのは、一人の男性を心から愛し、悩み苦しみぬいて涙を浮かべている一人の女性でした。
(中略)
しかし、日本のマスコミも何という騒ぎようでしょう。最低です。この人達は常識というものを持っていないのでしょうか。
普通ホテルでは、長期滞在の場合、宿泊客には週単位で請求書を出します。
そうあれば、不払いとか未払いという事件は起こっていない筈。今回の不払いの件について、彼は突如今年7月、
1538万円の請求書をもらうまで、周知の愛人関係にあったため、逢瀬の場と思っていたから、支払い義務が生じるとは思っていなかったのではないでしょうか?
(以下略)

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba
http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-10122972981.html



126 :7分74秒:2008/08/05(火) 16:15:38 ID:7QBA30CV
1538万円というのはダルムシュタットの毎回の総予算だなあ!

127 :7分74秒:2008/08/05(火) 17:56:53 ID:7QBA30CV
ドナウエッシンゲンもこれぐらいか?

128 :7分74秒:2008/08/06(水) 08:54:10 ID:/23hxWPo
         __ , -------- 、__
      , - ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     / ;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;\
    /,,;,,,,,  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ,,,,,,,;:::丶
   / :::::::::;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;:::::::::::::::ヽ
   i゙:::;:::::||::::::ii:::::::::::||::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::゙i
  i゙::::|;;;;| |;;;;| |::::::::::| |:::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::::::|
 . i゙::::::i     ''''''''''' '───' |;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|
  .|:::::::|,-====-´  ゙ヽ,,,,,,,,,,,,、    |:::::::::::::::::::|
  |;::::::::|,-----、    ~ニニ,,_`    |:::::::::::::::::::|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  `ヽ、i (、i´ノ     ´い,, ノ '    |;;;::::::::::::::/  < 芸術の終焉・・・
  .   i ^~~~ー==--  ー'-+、     / ゙-、;;;;/    \_______
     {      ヽゝ          '-'~ノ
    λ   ''゙゙゙'''-''---、       /-'^
     ヽ,    ^~^         (
     /  `丶 、     , -   /^l
     |   /( ノ `''''''´~  __, - '  ゙i、



129 :7分74秒:2009/01/17(土) 00:50:27 ID:dwEdG238
去年のオケの最終公演の望月京の作品はゲオルク・フリードリッヒ・ハース丸写し作品で最高傑作だったなあ!
えっ?何の最高傑作?
そりゃ、ハースノ最高傑作という意味でだよ!!!
これで受講料を全額返してもらう根拠がはっきりした!

130 :7分74秒:2009/01/18(日) 21:37:34 ID:7Dig/fmp
最近のダルムシュタットやドナウエッシンゲンの招待作曲家は、
平気で人の模倣ばっかりする作曲家が圧倒的だね。
聴衆もそれがどこから来たかわからないらしくて、
ブラヴォーと拍手ばっかりする馬鹿者の集合体だなあ!
彼は参加料や受信料を返して欲しいと思うなあ!

131 :7分74秒:2009/01/18(日) 22:43:20 ID:m3HZU/Sz
こんなところで愚痴ってないでダルムシュタットやドナウエッシンゲンの運営部に直接言ってみたら?
望月だってホームページ持っているんだし、直接メールでもしてみなよ。

132 :7分74秒:2009/01/19(月) 04:31:59 ID:qJzrlBjZ
あえてここに書くことがみんなに伝わって意味があるのだよ!

133 :sage:2009/01/19(月) 11:32:17 ID:agy2djdC
ならばもう少し知性のある文体でしっかり論理的に頼む。
品性さえない下劣な文章は読むに耐えない。

134 :7分74秒:2009/01/19(月) 17:54:42 ID:h0UTwF94
ここのほうが断然視聴率高いしね。

何書いてもマネはマネ、けしからん!
受講料返せ!

135 :7分74秒:2009/01/20(火) 06:37:45 ID:xk7Kkpuj
他の作曲家の模倣は俺でもできるよ。

今にそれで必ず尾高賞とって見せるから見ていろよ。

136 :7分74秒:2009/01/23(金) 23:52:20 ID:Zj5pt8pl
普通の聴衆が聞いて区別できるようなオリジナリティってまだ残ってるのか?

137 :7分74秒:2009/04/14(火) 15:39:04 ID:R9M4wIOA
ドイツの今年度文化予算でダルムシュタットの詳細を・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いいよもう。

138 :7分74秒:2010/02/08(月) 18:03:18 ID:TdT7b5Zr
先月ダルムシュタットの劇場でオルフの歌舞伎(文楽?)オペラ初演したらしい。
ここ数年オルフの舞台作品を上演してるらしいな。
観客はジジババばっかだったけどダルムシュタットにもまともな神経の人間がいたのが確認できたのは収穫w

139 :7分74秒:2010/02/08(月) 18:05:03 ID:TdT7b5Zr
あげ

140 :7分74秒:2010/02/08(月) 20:05:12 ID:/jgLQ5to
>>138
あのな、夏の現代音楽の講習会と、町の劇場はまったく別なの

37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)