5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ミスター催眠強姦 米村敏郎●

1 :名無しの情事通:2010/04/21(水) 01:02:02 ID:hE9AXJzf0
ミスター催眠強姦米村敏郎とは第87代警視総監米村敏郎のことである。

米村敏朗が誇る上尾拠点の活動実績
米村敏朗が重点犯罪拠点にするまでの上尾の活動内容は、他の警視庁公安部の活動拠点と同様に、重要人物
の監視を装った予算と利権獲得拠点であった(警視庁公安部が治安のために監視活動を行う事はない)。
2001年公安部長となった米村敏朗は、すでに警視庁公安部にとって重要拠点であった、上尾拠点を催眠強姦
を中心とする犯罪拠点に改装させた。
米村敏朗自身が催眠強姦の欲望に踊り、自身の下半身の要求を満たす拠点が作られたのである。
以後、警視庁公安部上尾分室では、催眠強姦による慰安婦狩り競争、処女狩り競争、警視庁公安部全員参加の
催眠強姦研修、女性拷問(注)、女性協力者、婦警の処刑などの警視庁公安部の最重要拠点として活動してき
たのである。
かくして警視庁公安部上尾分室は、催眠強姦2000人 殺害20人(内女性拷問殺害6人)など米村敏朗が誇る活動
実績を上げたのである。

2 :名無しの情事通:2010/04/21(水) 01:03:01 ID:hE9AXJzf0
公安警察の本質を証明する活動「催眠強姦」

米村敏朗が警察に入って歩んできた公安は、犯罪を本業とする組織である(国民は、公安が治安を守り国民を
守るという180度の勘違いをしている)。
公安は、公安自身の目的で犯罪を実行する組織である。公安警察官には、法を守る意思も国民を守る意思もまっ
たくない。公安が犯罪を実行する対象は国民である。その実態は組織の利益と個人的欲望処理でしかない。
したがって、必然的に公安警察の最重要目標は「組織防衛」に収束する。
催眠強姦も公安警察官の欲望処理が目的である。公安活動技術の研修というのは警視庁公安部だけにしか通用し
ない大義名分である。
このような大義名分が、研修の実行対象の大半を占める少女に対して、むごたらしく執行されているのである。
催眠強姦は公安警察の本質を最も表す国民に対する犯罪である。
催眠強姦を上尾拠点の主要活動にしたのが米村敏朗である。


3 :名無しの情事通:2010/04/21(水) 01:35:19 ID:hE9AXJzf0
警視庁公安部が催眠強姦を行う理由は次の4つである

@教育研修目的 Aデータ収集目的 B活動対象への攻撃目的 C警察官の欲望処理

@教育研修目的(技術の実地訓練)
 警視庁公安部は、催眠強姦を公安活動の基本にしている。警視庁公安部の催眠強姦には高度な技術が使われている。
 催眠強姦はオートロックマンションも含めて、すべての家の鍵を開錠し、誰にも気付かれず侵入し、強姦被害者本人
 にも気付かれずに行われる。人は寝ている時でも、体をつつかれただけで半数は目を覚ます。さらに体を揺すられれ
 ば90パーセントは目を覚ます。下着を剥ぎ取られ、強姦されれば100パーセントが目を覚ます。しかし、警視庁公安部
 の催眠強姦では、強姦中に目を覚ました人はほとんどいない。これは強姦に、催眠ガスなどの薬剤が使われるからで、
 開錠技術と合わせ、警視庁公安部の侵入工作の基本に据えられている。
 次に、薬が切れて強姦被害者が目を覚ますと、すかさず警察として被害者の所へ行って、事件処理=証拠隠滅をする
 (絶対に所轄署扱いにさせない)。これには催眠強姦の際設置した被害者の盗聴、監視装置が使用される。
 事件処理には、予め採取しておいた特定人物の精子を証拠品として使用し、警視庁公安部にプールしておき、事件は
 隠蔽する。被害者には、その場で、その特定人物を犯人と断定しておいて、告訴をしないよう心理誘導をする。
 この一連の工作(犯行)を首尾よく実行するとその研修者には一定の評価が与えられる。

4 :名無しの情事通:2010/04/21(水) 01:36:12 ID:hE9AXJzf0
@教育研修目的の催眠強姦 

警視庁公安部による催眠強姦の特長は a)深夜に鍵を開けて侵入するb)被害者が被害に遭っている間、ずっと寝
ていて気付かない c)下着を引き裂いたり全裸のままにしておく等、犯行後被害者が強姦された事に、すぐ気付く
ようになっている d)すぐに公安による事件処理が行われ、聞き込みや目撃者探し、刑事鑑識による実況見分等の通
常の捜査は絶対行われない d)犯人が即座に断定的に示される e)被害者と家族に対して事件の隠蔽を目的とし
たマインドコントロールが行われ、事件が完全に隠蔽されるf)犯行が行われている地域で、事件の実態をカムフラー
ジュするための、徹底した情報操作が行われる。例外なく以上の特徴を持っている。
すべて公安による事件処理が行われ、絶対に所轄署扱いにさせない。その理由は、公安の犯罪は、常に担当する監視対象者
の仕業に見せかけて行われる(ここでは事前に証拠として使用するため、監視対象者の精子を盗み取って用意している)。
所轄署が、正規の事件処理をした場合、現場検証や聞き込みを通じて、証拠として用意したのとは別人の(真犯人である
公安自身の)証拠が収集されてしまう可能性が高いからである(強姦ほど多くの証拠の残る犯罪はない)。
被害者に気付かれずに強姦するという、高度な技術を行使しながら、後で必ず被害者が犯行に気付く様にした上、自分の遺
伝子情報である、体液をのこしていくと言うのは極めて不自然。それは、「他人の仕業に見せかけるため」に残した証拠
である。男性から精子を盗み取るのと、女性を催眠強姦する技術は、ほとんど同じである。


5 :名無しの情事通:2010/04/21(水) 01:37:38 ID:hE9AXJzf0
[公安の精子催眠盗取の方法]

公安の精子催眠盗取は全身麻酔状態で行われる。これは催眠強姦と同じであり、使われる技術も「入れる場所と物が
違う」だけでほとんど同じである。通常、射精は脳からの信号で起こる為、全身麻酔状態では精子は取り出せない。
現在、公安が使っている精子採集装置は、低周波マッサージ器の応用で、一方の電極を肛門から挿入し前立腺付近に
当て、一方の電極を腹部に当て、電流を流すことで筋肉を収縮させ、射精を起させるという原理である。出てきた精子
は尿道にチューブを差し込んで容器に集める。
この方法で精子を盗取された後には、次のような異常が起きる。
前立腺の炎症が起きる事が多く、尿がたまると熱せられるような不快感を感じ、早く排尿したくなる。物を挿入される
ため、尿道の先のほうと肛門に痛みや不快感がある。また、確実に精子を取り出すため、同時に睾丸を圧迫し搾り出す
方法が取られる結果、意識を回復してから下腹部に鈍痛を感じ下痢をする事も多い。
意識を回復してから、この様な症状が起きるため、公安に精子を催眠盗取されたことは、被害者には必ずわかる。
公安の監視対象者は、必ず何度かこの方法で精子を催眠盗取されているはずで、この様な症状が起きた時は、精子を
を証拠偽造に利用した催眠強姦が行なわれている可能性が高い。公安の催眠強姦と精子の催眠盗取はセットで行なわれ
る事が多い。これは現在、全国各地の公安の活動現場で行われている。

6 :名無しの情事通:2010/04/21(水) 01:41:55 ID:hE9AXJzf0
2001〜2003(警視庁公安部長 米村敏朗)のころに上尾分室で行なわれた事

大統領なる人物が深夜、慰安婦の待機する部屋へお忍びでやってきた。
慰安婦 「いらっしゃいませ 今日は私でゆっくりと楽しんでいってくださいませ」
   (たどたどしい言葉使い、かなり若い。聞きなれない声なので、このことのために警視庁公安部
    で用意したとびきりの女性のようだ)
大統領 「あっ、まあ、」
   (現場警察官とは違う、細いがプライドの高そうな声と口調。警察より官僚を連想)

これは警視庁公安部が慰安婦狩りで見つけた、とびきりの女性を警視庁公安部が大統領と呼ぶ人物に
献上した時のもようだ(この時期、大統領と呼ばれる人物は言わずと知れている)。
米村敏朗はこれにより更なる出世コースを手中にしたのである。
(2008年、米村敏朗も大統領と呼ばれる地位まで昇りつめた)

7 :名無しの情事通:2010/04/24(土) 04:15:31 ID:Kx/Izhd10
米村敏朗は上尾の拠点で催眠強姦を開始し、それを警視庁公安部の重要活動にした公安部長であり
2000人を超える催眠強姦被害者と、その過程で殺害された21人の人々の怨念を身に受けるべき者
である。

7代警視総監 米村敏朗
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
兵庫県出身。京都大学法学部卒業。卒業後、1974年に警察庁入庁。主に警備・公安畑を歩み、警備・公安企画課長、
警視庁機動隊長、警視庁副総監などを歴任。

主な経歴
1974年 - 警察庁入庁
時期不明 - 警視庁機動隊長
時期不明 - 秋田県警察本部長
1983年 - 警視庁神田署署長
2001年 - 警視庁公安部長
2003年 - 警察庁長官官房審議官(警備局担当)
2004年 - 大阪府警察本部長
2006年 - 警視庁副総監
2006年 - 警察庁警備局長
2007年 - 警察庁長官官房長
2008年 - 第87代警視総監

8 :名無しの情事通:2010/04/24(土) 04:25:19 ID:Kx/Izhd10
一線の刑事や警らのお巡りさんには雲上の世界の話だが、警察では女を振舞うのが最高の接待とされる。
この接待を行うと出世が約束されることが多いようだ。米村敏郎も公安部長に就任して上尾でこれを行った。
警察の立場上、上に登るほど一夜の慰みものにする女を手に入れるのは難しい。手に入れるのが難しい物ほど
贈物の価値が高い。警察で女が最高なのはそれ故なのである。最高と言ってもそれが、スキャンダルになる
ようなら贈り物にはならない。贈り物には、保身は命に代えても保障しますという、ノシが付くから出世が
約束されるのだ。
振舞われるのが事をわきまえたプロなら良いが、「上等ぎる女」が振舞われた場合は、ノシをつけるために
失踪者が1人増える事になる。これは警視庁公安部上尾署(上尾分室)からわかったことである。
米村敏郎は女を献上するに当たり、後始末はきちんとしておくよう最初から指示していたようだ。米村敏郎と
はそういう男だ。

9 :名無しの情事通:2010/04/24(土) 05:42:38 ID:Kx/Izhd10
催眠強姦と少女殺害の首謀者、責任者 米村敏郎

催眠強姦に歴史と実績を誇る警視庁公安部には、ここにしかない催眠強姦の流儀がある。
女を催眠状態にすることによってしか強姦出来ない警視庁公安部にとって、女性は人形、ダッチワイフと同じで
ある。夜中に他人の家に侵入し、女の又間をまさぐる行為は“下道中の外道”米村敏郎でもなければ3回もやれば
たいがい嫌になる。
そこで警視庁公安部では、男を受け入れた結果として出血することを女の性として味わう。これが警視庁公安部
の催眠強姦の流儀なのだ。だから警視庁公安部の催眠強姦に関わる者達は、出血という女性反応が確実に起きる
と思える女、明らかな少女しか女と言わないのである。
この流儀が警視庁公安部の催眠強姦のもっとも危険なところだ。警視庁公安部には催眠強姦中に顔姿を見られた
時は、殺害して証拠を隠滅すると言う鉄則がある。催眠強姦中に目を覚ました女は、すべて殺害され死体を処分さ
れる。
切開手術に等しい警視庁公安部の少女への催眠強姦は、薬剤の効きが弱いと激痛により目を覚ます可能性が高く、
目を覚ます事は殺害されることに直結する。警視庁公安部が活動する地域では、警視庁公安部に目尾付けられた
少女は、寝ている間に強姦され殺害されて、死体を処分されてしまう危険性が高い。
米村敏郎は、警察としてのせめてもの良識を見せて、未成年者の催眠強姦は禁止するべきだったが、決してそう
しなかった。米村敏郎は催眠強姦と少女殺害の首謀者、責任者である。

10 :名無しの情事通:2010/04/24(土) 05:44:05 ID:Kx/Izhd10
警視庁公安部が催眠強姦を活動の基本とする理由

催眠強姦は、公安警察が女性への工作を行う上で最も効果的な手段とされている。
 この工作はa、公安の活動対象者と周囲の女性の分断工作 b、女性協力者獲得工作 c、公安警察官の性欲処理(慰安婦)
 獲得工作である。
公安警察が個人を活動対象とする場合は、大半が治安のためなどではなく、公安自身の目的から行われる。
公安が個人を対象に活動する場合、公安は対象者を社会的に孤立させる必要から、その手段として、その人物の仕業に見せ
かけて強姦、窃盗、薬物混入事件等の犯罪を行うことを常套手段としている。

a、公安の強姦工作は、活動対象者の周囲の女性を活動対象者の仕業に見せかけて強姦するもので、その際 顔、姿を見せて
  行う通常の強姦では工作にならないので、催眠ガス等を使用して意識を失わせ催眠強姦が行われる。
b、強姦した後、「守るなどの口実」で、その女性に接近し、その女性を協力者化するきっかけにする。
c、接近した女性を口説いたり、強要したりしながら、肉体関係を前提とした協力者に仕立て上げる。協力者化に成功した
  女性は命令で誰とでも関係を持つような女に教育される。肉体関係前提の女性協力者は公安にとって、スパイとして、
  非合法工作要員として、また公安の慰安婦としても利用価値が極めて高い。
警視庁公安部上尾拠点は、催眠強姦で成果を上げ警察組織内で高く評価されている。これは日本の警察の体質を最もよく表す
部分である。米村俊朗はこの催眠強姦で警察トップにまで登り詰めたのである。

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)