5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

世間の評価は高いのによく分からない曲&演奏3

1 :名無しの笛の踊り:2009/02/11(水) 09:38:23 ID:ccujoFXu
前スレ
世間の評価は高いのによく分からない曲&演奏 2
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/classical/1189224227/

世間の評価は高いのによく分からない曲&演奏
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1158453977/


2 :名無しの笛の踊り:2009/02/11(水) 09:45:26 ID:7KzGhQZt
>>1
スレ立て乙

では、定番だけど、古便のバイロイド第九。
別スレがたつのもすごく当然かと。

3 :名無しの笛の踊り:2009/02/11(水) 10:18:19 ID:bsOq2ieO
カザルスの無伴奏。

4 :名無しの笛の踊り:2009/02/11(水) 10:44:43 ID:/gt1ehy/
ベートーヴェンの「ディアベリ変奏曲」かな。難しすぎて、俺にはわからない曲。
後期ピアノソナタは大好きなんだけど。

5 :名無しの笛の踊り:2009/02/11(水) 11:46:43 ID:5X1ja9pA
ヘンデルの「王宮の花火の音楽」と「水上の音楽」かな。
私の肌に合わないというか、どの曲も調子っ外れに聴こえて忍耐が要った。
CDというか演奏者を変えても同じだから、演奏のせいじゃないんだよなあ。

6 :名無しの笛の踊り:2009/02/11(水) 11:48:45 ID:VRI513ui
俺はセルで開眼した

7 :名無しの笛の踊り:2009/02/11(水) 15:58:38 ID:J7bgmaLZ
モーツァルトどんだけがんばって聴いても全部ダメ

8 :名無しの笛の踊り:2009/02/11(水) 18:39:51 ID:rH7AThbM
>>7
ドン・ジョヴァンニかコシ・ファン・トゥッテの
第1幕フィナーレ(約20分)を半月間毎日聞き込めば
(たぶん)ちょっとは好きになると思うよ。

9 :名無しの笛の踊り:2009/02/12(木) 00:00:02 ID:wRTxosCF
とにかくベートーヴェンとショパンがダメ

10 :名無しの笛の踊り:2009/02/12(木) 07:21:36 ID:MW052tiC
交響曲の雄ベートーヴェン
器楽の雄ピアノ
そのピアノの雄ショパンがダメって
ほとんどダメじゃん。

11 :名無しの笛の踊り:2009/02/12(木) 09:33:27 ID:8tzgO+Tr
おはようございます
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader919138.jpg.html
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader919139.jpg.html
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader919142.jpg.html
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader919143.jpg.html
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader919144.jpg.html

12 :名無しの笛の踊り:2009/02/14(土) 07:22:30 ID:hDu7aVxH
ベートーヴェン・・・自分も苦手。
交響曲の全部と著名なピアノソナタと聴いたけど、
何度聴いても、途中で飽きてしまって、ながら聴きになってしまう・・・。
マーラーの2番のような長い曲でも飽きることが無いのに。

13 :名無しの笛の踊り:2009/02/14(土) 07:36:47 ID:3sbxHSUk
ベートーヴェンは当時の古典派やロマン派からは大きく逸脱していて
今聴いてもモダンな感じがするけど、その分個性も強いから
苦手な人は苦手だろうね。
要は慣れ。

美しい演奏で聴けば飽きるなんてないと思うが
それを感じとる感性がなければ何を聴いても同じなのかなぁ。
グールドとアラウの演奏が優美で繊細で美しい。

14 :名無しの笛の踊り:2009/02/14(土) 21:19:20 ID:bQ1Mq6vH
ベートーヴェンの交響曲はそれぞれ個性が違って、凄いとは思うのだが
何故かハマらないんだよなあ
だから飽きるほど聴きこむこともない
ブラやチャイコは何度聴いても興奮、感動するが

15 :名無しの笛の踊り:2009/02/14(土) 21:38:59 ID:pFZ37Rwr
ベートーヴェンのピアノソナタはLP時代ケンプで聴いたが
CDになってからギレリスの聴いて何でこんなに和音が汚いんだろうと思った。
バックハウスは録音が多すぎてどれがいいのか分からん。

16 :12:2009/02/14(土) 23:09:58 ID:WDmMmZsl
>>13
演奏の問題じゃないと思う。
なんというか「くどい」んだよ。
わかりやすく言うと、似たような内容のボケと突っ込みをしつこく使ってくる漫才を
聞かされているような・・・と言えば良いか・・・?
かといって「ソナタ形式」云々でも無いと思うんだよね。
ベートーヴェンの先輩格のハイドンなどは愛聴しているから。

17 :名無しの笛の踊り:2009/02/14(土) 23:41:12 ID:qgxv1kJ4
>>16
言わんとするところは分かる。しかしその暑苦しさがベートーヴェンの味なんだがな。

18 :名無しの笛の踊り:2009/02/15(日) 00:11:44 ID:Yvq3WYfc
>>15
それ、ピアノが平均律で調律されてるからじゃないの?

19 :名無しの笛の踊り:2009/02/15(日) 02:39:26 ID:LMKgeViF
また平均律厨か…まさにくどい。
今日というかここ数日で違うサイトなのに
同じ内容何回もみた。

20 :名無しの笛の踊り:2009/02/15(日) 03:50:31 ID:8Gy8BCNB
>>16
そういう欠点を一番感じるのが、ヴァイオリン協奏曲。
マジでアクビが出る。

21 :名無しの笛の踊り:2009/02/15(日) 03:58:54 ID:oWlZeA/F
かわいそうな人たちだ

22 :名無しの笛の踊り:2009/02/15(日) 05:05:10 ID:QUid95JV
シューベルトは苦悩の中に孤高の境地を感じるが
ベートーヴェンは昼メロ三文芝居の伴奏音楽みたい>ピアノソナタ

23 :名無しの笛の踊り:2009/02/16(月) 00:19:41 ID:6DXHpuDm
批判必至であえて書くが
ベートーベン=男気のクラシック
チャイコフスキー=オカマちゃんのクラシック
な2つの流派が有る気がする

そしてオレはそんなオカマ文化のクラシックの方が好きだったりする

24 :名無しの笛の踊り:2009/02/16(月) 01:47:07 ID:iTSfyU7l
バッハの「フーガの技法」が異様につまらない。
教科書の朗読を聞いているみたいだ。
そもそも、あれは鑑賞を前提に書いたものとは、とても思えない。
あくまで教材だと思う。
音楽のプロを目指す人には意義があるのだろうが、一般の愛好家には不可欠とは
言えないのではなかろうか。

25 :名無しの笛の踊り:2009/02/16(月) 13:58:18 ID:/yvXtqHX
>>24
誰の演奏聴いたの?

グールドやゲーベルの演奏だと凄くカッコいい曲だし、
旋律も結構甘くてロマンティックだったりすることがある。

26 :名無しの笛の踊り:2009/02/17(火) 22:40:08 ID:IHEkbcmc
グールドは楽器以上に本人が歌ってる。

27 :名無しの笛の踊り:2009/02/17(火) 22:56:10 ID:JwsqmRHK
メニューイン
ヴァイオリンも指揮も聴かず嫌い

28 :名無しの笛の踊り:2009/02/17(火) 23:39:46 ID:iHwsC5F2
>>24
近現代モノのスペシャリスト、エマールの演奏を聴きましたか?

29 :名無しの笛の踊り:2009/02/18(水) 03:32:12 ID:ZIIHPY+m
シオン サコン モナムール

30 :名無しの笛の踊り:2009/02/18(水) 10:34:53 ID:6uQSeQPf
自分の場合「フーガの技法」は聴かず嫌いのようになっている。
ずいぶん昔にNHKFMで、誰かがやってた演奏を聴いて、
途中で退屈して爆睡してしまい。以来、トラウマ。
ぼくの第一印象は「バイエルの練習曲を聞かされているような感じ」だった。

31 :名無しの笛の踊り:2009/02/18(水) 19:12:07 ID:PhgmGar0
>>30さん
エマーソン弦楽四重奏団の演奏を聴いてみて下さい。
四つの楽器でやってますから、メロディーが追っかけ易く緊張も途切れないので、
全曲がアッと言う間ですよ。

32 :名無しの笛の踊り:2009/02/18(水) 20:05:51 ID:53IqRh1G
エマーソンはいいね。
この曲はどの楽器形態でやるかで決まるけど。

33 :名無しの笛の踊り:2009/02/18(水) 21:05:34 ID:rLgrljYH
エマーソンいい?聴いてないや。
ケラーは聴いたことあるが。

34 :30:2009/02/18(水) 23:11:40 ID:9L9unQvo
>>31
面白そうな演奏を紹介してくれてありがとう。
機会があったらHMVのサイトなど使って探してみるよ。
ちなみにラジオで聴いた演奏は、誰か忘れたけど、
オルガンかチェンバロによる演奏だったと思う。
今思い返しても、あれはひたすら眠かった・・・。

35 :名無しの笛の踊り:2009/02/21(土) 11:51:18 ID:c2BTX3lV
フーガの技法、俺様的にはヴァルヒャのオルガン版が未だに最高。
エマールは面白いが緊張が強すぎて疲れる。
コープマンのチェンバロ版、昔聴いたクルト・レーデルのオケ(弦楽合奏だったか?)版
いずれも退屈した。

つーことで、演奏によってえらく印象が違う。どこがどう違うか説明はできないんだがw

36 :名無しの笛の踊り:2009/02/21(土) 13:31:21 ID:/tYv8ksx
初心者によくオススメされる
アイネクライネナハトムジークってそんなにいい曲ですか?
あれでくつろげるとか信じられません。
むしろ、またか…と思うとイライラします。
メロディもたいした事ないし…
そう思うのは自分だけ?

37 :名無しの笛の踊り:2009/02/21(土) 13:53:27 ID:Oa6Lkk0G
>>36
逆に君の「くつろいで聞ける曲」が何なのか例示してくれないと、
説明のしようがないね。

38 :名無しの笛の踊り:2009/02/21(土) 13:57:58 ID:IM1T0+lL
>>36さん。実は私も、そうなんです。どう聴いてもアレは名曲とは思えません。
モーツァルトは傑作も多いですが、駄作も多い人です。アイネクライネは駄作の
代表格だと思います。しかもモーツァルトの音楽は、音楽としての純粋度が高く
音の有機的繋がりが強いので、一音たりとも聞き落す訳には行きませんから、
聴き終わってヘトヘトになり、もう二度と聴くもんかという気になります。
36さん、あなたは決して間違ってません。

39 :名無しの笛の踊り:2009/02/21(土) 14:00:01 ID:AGxVgSdg
同感…。
というか。最近はそうでもないが、モーツァルトの「いわゆる名曲群」は、
クラを聴き始めた最初の10年くらいは退屈で時間の無駄に思えて仕方なかった。
(今でもむしろ「モーツァルトの佳曲」と呼ばれる類の曲の方が、魅力的に思える)
//
ある演奏家の最初に聴いたレコードが、モーツァルトの「名曲」だったばかりに、
その演奏家への認識を、自分の中で遅らせてしまったこともありました。
例えば、アーノンクールやワルターや、ハーゲン四重奏団に、ランパルもそう。
→ハーゲンはまさに、アイネ・クライネ〜を聴いて誤解したんですよ。
未だに私も、アイネ・クライネに関しては、面白い演奏だなあ…と思えるものがありません。

40 :名無しの笛の踊り:2009/02/21(土) 14:41:40 ID:3IxybuJL
モツヲタの俺もアイネ・クライネは苦手だな。
曲の構成が明快すぎる&巷に氾濫しすぎる。
「何を今さら」て気分が先に出てしまう。

何も先入観のない、まっさらな脳みそで聴けば
衝撃的な傑作なんだろうと思う。ああもったいない。

41 :名無しの笛の踊り:2009/02/21(土) 14:44:41 ID:ZRLdmVco
先入観一切無しでは聞けないぐらいに、
テレビも映画も使いすぎたというのがあるかもしれない。

42 :名無しの笛の踊り:2009/02/21(土) 17:07:22 ID:WBaT6rpy
K.522 音楽の冗談
K.523 歌曲「夕べの想い」
K.524 歌曲「クローエに」
K.525 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
K.526 ピアノとヴァイオリンのためのソナタ第42番
K.527 オペラ「ドン・ジョヴァンニ」

この多面性こそがモーツァルトの魅力なのに、
K.525のもつ一面だけがやたらと取り上げられているからなあ。

一連のを並べて聴けばやっぱりすごい曲だと思うよ。

43 :名無しの笛の踊り:2009/02/21(土) 17:34:30 ID:8KVb3/xv
昔オーディオ専門店に立ち寄ったらアイネクライネが流れていて
何人もの人たちが静かに聞き入っていた。
「いい演奏だなぁ・・・」と思って立てかけてあるディスクを見たら
カラヤン&ベルリン・フィル盤だった。
曲の素晴らしさとオーディオの大切さも再認識できた。

44 :名無しの笛の踊り:2009/02/21(土) 17:45:43 ID:8zdCZ28H
>>43
そうそう
クラシックってオーディオを変えればまた新鮮に聴けるんだよね
だからクラシックは最高なのさ
クラシックって素晴らしいな

45 :名無しの笛の踊り:2009/02/21(土) 18:50:41 ID:abbF1fhM
>>42
36jyないkど、目から鱗だわ。ありがとう。

46 :名無しの笛の踊り:2009/02/22(日) 20:32:41 ID:zGcyel6A
ノベンバー・ステップス

なんの予備知識もなく聴いたときは、
能の世界に通ずる
奥深く霊感あふれる幽玄世界を描いたものだと思っていました。
秋の収穫を喜ぶ音楽らしい。
やっぱり予備知識なんか要らないんじゃないかと思いました。
                            以上

47 :名無しの笛の踊り:2009/02/22(日) 22:16:35 ID:gH2qDR13
そんな話初めて聞いた。だが断固無視するぞw

48 :名無しの笛の踊り:2009/02/25(水) 05:51:32 ID:SJWBl3L9
>>43
カラヤンがすごいだけだろ

49 :名無しの笛の踊り:2009/02/25(水) 06:51:27 ID:7UJYny66
>>46-47
なんかワロタw

50 :名無しの笛の踊り:2009/02/26(木) 18:22:45 ID:asYhB+bJ
>>46
つまらん曲じゃん

「仰げば尊し」、作詞者、作曲者ともに不詳です。
 1884年(明治17年)発行の小学唱歌に掲載され、翌年には音楽
 取調所(現在の東京藝術大学)の卒業生を送る演奏会で歌われた
 のが始まりだといわれています。メロディはスコットランド民謡で、作詞は
 当時の学者たちのである、いや、メロディに対して歌詞がぴったり合い
 すぎているので日本人による作曲ではないか等など諸説あるようです。
 でも、やっぱり外国の曲でしょう。 どこかしらん?

51 :名無しの笛の踊り:2009/03/11(水) 08:02:12 ID:kSaT2Iba
エネスコ ルーマニア狂詩曲第一番

52 :名無しの笛の踊り:2009/03/11(水) 08:57:07 ID:yZ1meXkr
>>51
別に世評高くないだろ、それ?

53 :名無しの笛の踊り:2009/03/11(水) 09:11:45 ID:D3kJAxNy
アイネクライネって
出だしの4小節のあと続きが思い出せなくて
チャイコのVn協につながっちゃう。
でVn協の主題のメロディーのところから
へんてこに転調したアイネクライネの出だしにもどって
ずっとループする。

なので私はどっちの曲も好きになれない。
というかこの嫌なループから早く抜け出したい。

54 :名無しの笛の踊り:2009/03/11(水) 13:25:08 ID:hULbfnn2
>>53
いっそのこと、しばらくの間その2曲だけを繰り返し聴いてみたら、どうですか?

55 :名無しの笛の踊り:2009/03/11(水) 23:41:41 ID:D3kJAxNy
>>54
ありがとう。なんとかチャイコは消去できた。

でもこんどは
アイネクライネの出だしのあと
ずんどこ節が始まるようになってしまった。

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)